ニュース

偉大なインカ帝国の皇帝パチャクテク:ペルーの有名な「アースシェイカー」

偉大なインカ帝国の皇帝パチャクテク:ペルーの有名な「アースシェイカー」


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

あなた自身の帝国を確立する旅に出るのは間違いなく重くて骨の折れる仕事です。しかし、有名なインカの支配者パチャクテクにとって、それは運命的な努力でした。冷酷な征服と巧妙な外交を通じて、この伝説的なインカの人物は、インカ帝国を確立し、この人々の運命を永遠に変えることに成功しました。パチャクテクが権力を握り、王国が拡大したという話は、彼の領土を単一の都市から西南アメリカ全体に広がる広大な帝国にまで拡大した古代史において比類のないものです。悲しいかな、パチャクテクの功績からわずか数十年後、スペインによるこの地域の征服はインカの運命を永遠に変えるでしょう。

クスコの太陽の神殿で祈るパチャクテクの絵。 (クロニスタマルティンデムルア/ )

彼の場所を獲得するために戦う:パチャクテクの初期の人生

パチャクティはインカではパチャクティインカユパンキ、またはパチャクテクとして知られており、彼の出生名はクシユパンキでした。彼は後にパチャクテクという名前になりました。これは大まかに「世界のリバーサー」または「アースシェイカー」を意味し、彼の業績が文字通りインカの世界を好転させたことを意味します。

彼は高貴なインカハナン王朝に生まれ、8の息子でした NS サパインカ、またはクスコ王国の支配者。彼の父は有名なビラコチャであり、それが征服した領土に対するクスコの影響力を固めた熟練した有能な支配者でした。しかし、パチャクテクは次男として父親の後継者になることはなく、どうしても変えたかったのです。このチャンスは、クスコ市がライバルのチャンカ族から大規模な攻撃を受けたときにようやく起こりました。

  • ペルーの考古学者が銀の遺物、巨大な寺院、クスコ近くの天文台を発掘
  • ビラコチャの「汗と涙」–インカの宗教の3つの最高神

パチャクテクの像はクスコのアルマス広場にあります。 (Pixabay)

クスコは、13年に発展した小さなインカの都市国家として始まりました NS 世紀AD。アンデス山脈の肥沃なクスコ渓谷を占領し、すぐに小さくてますます強力な王国と見なされ、成長を続けました。そして、それはそれを大きなライバルにし、競合する部族にとって儲かる賞品にしました。

チャンカは、アンデスに生息し、クスコの西、アンダワイラス市に住んでいたいくつかの民族グループの1つでした。パチャクテクの父、ビラコチャの治世中、チャンカは彼の主なライバルであり、彼らの力は劇的に増加しました。クスコへの攻撃がついに来たとき、ビラコチャはチャンカ軍が圧倒的であるように見えたので彼が都市を守ることができないことを理解しました。したがって、彼と彼の後継者で息子のインカ・ウルコはパニックに陥り、街を運命に追いやった。

しかし、パチャクテクは残った。彼は統治者としての自分の価値を証明する可能性を認識し、パニックに陥った擁護者を急いで結集し、防御を開始しました。部隊は一夜にして組織され、パチャクテクは彼らの頭に決心して立った。伝説によると、彼はその夜、インカの創造神であるビラコチャに祈りました。ビラコチャは彼に現れ、彼に援助を与えることを誓いました。

そして彼が必要とする援助。チーフUscovilcaに率いられたChancaの戦士たちは、朝、街に4本柱の大規模な攻撃を開始しました。パチャクテクと彼の信奉者のバンドは、彼らがひどく数が多かったにもかかわらず、信じられないほどの回復力と決意を持って戦ったと言われています。おそらく、女性と子供を含むクスコの市民も彼らの街のための戦いに参加しました。

クスコから撤退した部隊が丘からパチャクテクが攻撃者を阻止しているのを観察したとき、彼らは勇気を取り戻し、助けに戻った。これらの援軍により、パチャクテクはクスコを首尾よく防御し、チャンカに対して大勝利を収めました。

有能な指導者および後継者として父親に自分自身を証明するために必死で、パチャクテク(当時はユパンキとして知られていました)は彼に戦いのすべての戦利品を提供しました。彼の父は代わりに彼らを彼の後継者のインカ・ウルコに与え、若いパチャクテクをひどく侮辱した。それにもかかわらず、後者はまだ人々に彼の価値を証明したかった。

チャンカが新たな攻撃のために再編成し、より多くの数であったので、彼はかなり早く2度目のチャンスを得ました。これを聞いて、パチャクテクは彼らを待ち伏せするために彼の力で急いで行きました。彼はこれを達成し、まだ野営している間にチャンカ軍を見つけました、そして彼の奇襲攻撃は素晴らしかったです。激しい戦いが続き、パチャクテクはなんとかチャンカのリーダーを斬首した。これを見て、敵は壊れて逃げ、逃げる間に多くの人が死にました。

「自分の手」でインカ帝国を作った第9代インカサパのパチャクテク皇帝。 (クスコスクール/ )

戦いから栄光へ:パチャクテクは彼の父王を追放する

パチャクテクは栄光の英雄としてクスコに戻った。彼は街を守るだけでなく、伝統的なインカの敵であるチャンカに対して大敗を喫しました。今回展開された出来事については、歴史が少しぼんやりしています。彼の父親(おそらく当時は年をとっていた)がクスコの上の小さな丘の砦に後退したことは知られており、おそらく恥ずかしい思いをした。伝説によると、彼は「悲しみのために」そこで亡くなりましたが、パチャクテクを彼の新しい後継者として認識し、1438年頃に彼の次男がチャンカに対して2度目の自分自身を証明した後に辞任した可能性が高いです。

  • ペルーで発見された新しいインカの儀式用複合施設には、人身御供の証拠が含まれている可能性があります
  • 神話と遺伝学のマッチング:現代のDNAを通してインカの起源を明らかにする

パチャクテクは兄のインカ・ウルコを殺害した。しかし、他のいくつかの情報源は、彼が彼の父によって認識されず、クスコの支配者として彼自身を戴冠させたと述べています、9 NS サパインカ、父親の許可なし。いずれにせよ、彼はクスコの支配者としての地位を維持し、父親のビラコチャは1448年頃に亡くなりました。

次の20年間で、パチャクテクは卓越した統治者、賢明な外交官、そして絶対に冷酷な指導者としての彼の価値を証明するでしょう。彼はクスコの街を再建して拡大し、インカ帝国の誕生への道を開く一連の征服と拡大を始めました。多くの点で、優れたチャンカ軍に対する彼らの「奇跡的な」勝利は、インカの士気を高めるのに役立ちました。

インカ軍は「神の支援」を持ち、止められないという評判を得ました。しかし、それの多くは彼らの優れた兵器とよく発達した戦術によるものでした。インカの戦士は間違いなく最も装備の整った戦士でした:鹿の皮の盾、スリング、骨と銅のメイスと斧を持っていました。そして、インカ軍の全体的な規模は、パチャクテクに彼の領土を拡大するために必要な優位性を与えた「外交的」レバレッジの素晴らしい形でした。クスコの再建が終わった後、彼はこれをしました。

半伝説的な情報筋によると、彼は10万人の兵士の軍隊を編成し、都市から彼らを行進させました。この数は少し不釣り合いに見えますが、パチャクテクが多くの男性を集めたことは確かです。その数は彼に近隣の部族や都市よりも有利になるでしょう。クスコ周辺の荒野を軍隊が進軍することで、それ以降急速に発展した有名なインカ道路網の基礎が築かれました。軍は、有利で戦略的な場所に新しいルート、川の流れ、交差点をマークしました。インカの道路の拡大するネットワークは、ライバルの都市にできるだけ早く到達するために使用されました。

パチャクテクがクスコの北西にあるビルカバンバ州に到着したとき、その都市の擁護者たちはインカ軍の規模に驚いた。パチャクテクは、試行錯誤された「交渉」の方法に頼っていた可能性があります。彼はわずかな贈り物を提供し、彼の要求を述べ、相手が拒否した場合、彼らは広大なインカ軍に直面しなければなりませんでした。

ケチュア語で「満足のいく鷹」を意味するサクサイワマンのインカ寺院要塞の遺跡。この寺院や他のインカの防衛システムの防御境界は、しばしばこれらのような巨大な石のブロックを利用し、そのいくつかは数トン(数千キログラム)以上の重さがあります。これまでに記録された最大のインカの石のブロックは70トンまたは約70,000kgの重さでした! (英国ロンドンのマッケイサベージ/ CC BY 2.0 )

インカ帝国の拡大:都市が征服された後の都市

ビルカバンバはもともとパチャクテクのアプローチを認識しており、十分に防御されていましたが、インカ軍の規模を見て、市民は戦わないことに決めました。伝説によると、ビルカバンバの指導者はパチャクテクを非常に恐れていたため、立って戦うように忠告した最高の将軍を率いた。

戦いなしでビルカバンバを奪った後、パチャクテクは着実なペースで彼の拡大を続けました。彼は次に、ソラスの人々が住むチャンカのソラス州と対峙した。彼らはパチャクテクの力に抵抗しようとしましたが、すぐに鎮圧され、インカに別の領土を与えました。

次に彼は軍隊を北に行進させ、暴力的で好戦的な伝統で悪名高いグアマンガ市の部族に到達した。彼らはどうしてもインカに抵抗しようとし、飢えと渇きのために最終的に降伏する前に、パチャクテクの軍隊による長期にわたる包囲に耐えなければなりませんでした。

パチャクテクの次のリストは、さらに北にあるジャウジャ渓谷とその住民でした。彼らに到達すると、彼は3万人の戦士の軍隊が彼の進路を妨害しているのを発見しました。彼は戦士たちを猛烈な戦いに導き、最終的には困難な勝利を収めました。

この古代の絵​​は、パチャクテクがコジャ王国の首長に会ったことを示しています。 (Yuraq-yaku1 / CC BY-SA 4.0 )

これらの北方への拡大の後、パチャクテクは南東に注意を向けました。彼はチチカカ湖流域に移動しました。彼はまた、この領土を征服し、その過程で、ルパカとコラの部族を鎮圧しました。その後、彼は征服キャンペーンの残りを息子のトゥパック・インカ・ユパンキに任せ、彼自身がクスコに撤退して回復し、生まれたばかりの帝国の増大する行政上のニーズに対処しました。

パチャクテクの息子トゥパックは、エクアドルの方向にインカ軍を率いて、ライバルのチムー文明と戦い始めました。また、クスコの南東にあるコジャスウユ県の人々もインカの拡大に該当しました。

コラ族の巨大な軍隊と戦うことは、インカ軍にとって最大の課題の1つでした。パチャクテクの引用の1つは、この戦いに端を発していると思われます。この戦いは1日続きました。彼の軍隊の士気を高めることを求めて、彼は叫んだ:

「ああ、クスコのインカ!すべての土地の征服者!あなたは、あなたより劣っていて、武器が不平等な人々があなたと同等であり、長い間抵抗しなければならないことを恥じていませんか?」

これらの征服の後、パチャクテクは彼の広大な領土を統治することに集中することができました。そして、それはインカ帝国になりました。彼は熟練した外交官および統治者として知られており、インカの長期的な支配を確保するのに役立った多くの法律を導入したことで知られています。これは、彼が将来のニーズと戦略に集中する能力を持っていたことを明らかにしています。

彼は帝国全体の管理システムを確立し、征服されたすべての支配者を征服し、彼らの忠誠心を確保するのに役立ちました。これは一種の税制であり、これらの統治者は羊、布、トウモロコシ、または単に金で敬意を表し、自分たちの地域を管理し続けました。このように、パチャクテクは、インカ帝国が確立され、数世代にわたって生き残るのを助けた精巧な政権の基礎を築きました。

パチャクテクは、クスコの北約80 km(50マイル)に位置する壮大なインカの要塞であるマチュピチュを建設したことでも知られています。それはおそらく彼の私有地として建てられました。

パチャクテクの最大の贈り物の1つは、今や世界的に有名なマチュピチュの城塞の建設でした。これは彼の私的な隠れ家であったと言われています。 (米国マサチューセッツ州ボストンからのアイスライト/ CC BY 2.0 )

都市国家から印象的な帝国、スペインの破壊へ

パチャクテクの支配の終わりまでに、彼の広大な帝国は、現代のエクアドルのキト市から北に、チチカカ湖まで南に広がっていました。インカの富と権力をまったく新しいレベルに引き上げたのは、広大な領土でした。そして、パチャクテクは彼らをこの栄光に導くために必要なリーダーでした。

パチャクテクは残忍な男でした。南アメリカの先住民文化では、死と人身御供は奇妙なことではありませんでした。これは、パチャクテクの統治全体で完全に示されています。チンチャイスユ州での軍事作戦が半成功した後、チャンカの戦士が反乱を起こし、見捨てられたとき、彼は自分の兄弟の2人であるカパックユパンキとワヤナユパンキを処刑しました。

  • 伝説のPaititiを見つける:インカの長く失われた最後の都市
  • チチカカ湖:インカの創造論の大釜

彼はまた彼自身の息子の2人、AuquiYupanquiとTilcaYupanquiを処刑しました。彼の敵はこれ以上うまくいきませんでした。彼は捕虜に対して冷酷で悪名高く、南アメリカの先住民文明で一般的であったように、慈悲を示すことはめったにありませんでした。

パチャクテクは西暦1472年頃に亡くなりました。以前のすべてのインカの支配者のように、彼はミイラ化され、彼のミイラは毎年彼の人々の前で崇拝され、パレードされました。彼のミイラは後にスペインの征服の余波で失われました。

パチャクテクが死んだとき、帝国全体が一年間彼を悼み、子供たちは帝国全体で犠牲になりました。また、約3,000頭のラマが殺されました。クスコだけで2,000頭、その他の場所でさらに1,000頭です。

しかし、インカの人々のそばにいる誰かがこの偉大な支配者を悼んだのかどうか疑問に思う必要がありますか?征服された部族に対する彼の支配は非常に権威主義的で抑圧的であり、彼は彼のニーズに合わせて彼の帝国の空の部分を再人口化するために全人口の多数の再配置を行いました。

それにもかかわらず、彼はクスコの小さな王国を広大なインカ帝国に変え、畏敬の念を起こさせる迅速さでこの部族の影響を広めることに成功した非常に有能なリーダーとして際立っています。そして、その偉業は彼をすべての古代南アメリカの英雄的な人物の一番上に置きます。


その高さでインカ帝国の最も驚くべき都市の創造。ペルーのアンデス山脈の高台にある古代都市です。マチュピチュを作ったのは誰ですか?マチュピチュの建設は、15世紀半ばのいつか、インカ帝国の皇帝パチャクテク、アースシェーカーの命令によって開始された可能性があります。

アンデス山脈の海抜7,000フィート以上にあるマチュピチュは、ペルーで最も訪問者の多い観光地です。インカ帝国の象徴であり、西暦1450年頃に建てられたマチュピチュは、1983年にユネスコの世界遺産に指定され、2007年には世界の七不思議の1つに選ばれました。


参考文献

パチャクテクの主な情報源には、ジョンH.ロウ、「スペイン征服時のインカ文化」、 南アメリカのインディアンのハンドブック、vol。 2(1946)、pp.183-330 Burr Cartwright Brundage、 インカ帝国 (1963)と クスコの領主:彼らの最後の時代のインカの人々の歴史と説明 (1967) ペドロデシエサデレオンのインカ、ハリエット・デ・オニス(1959)とベルナベ・コボによって翻訳された、 インカ帝国の歴史、ローランドハミルトン(1979)によって翻訳されました。

追加の参考文献

ベンソン、ソニア、デボラJ.ベイカー。 南北アメリカの初期の文明。ミシガン州デトロイト:U-X-L、2005年。

Bouysse-Cassagne、Thérèse、ThierrySaignes。 Sabrees y memorias en los Andes:追悼のThierry Saignes。パリ:Institutdeshautesétudesdel'Amériquelatineリマ:Institutfrançaisd'étudesandines、1997年。

カール、ジョン。 古代アメリカの詩人。アリゾナ州テンペ:バイリンガルレビュープレス、2005年。

de Diez Canseco、MaríaRostworowski パチャクテクインカユパンキ。リマ:IEP、Instituto de Estudios Peruanos、2001年。

エスピノサアポロ、マヌエル。 Hablan los Incas:CrónicasdeCollapiña、Supno、Inca Garcilaso、FelipeGuamánPoma、Titu Cusi y Juan Santacruz Pachacuti。キト、エクアドル:Taller de Estudios Andinos、2000年。

西、デニス。 インカ帝国。サンディエゴ、カリフォルニア州:ルーセントブックス、2000年。

サンダースニコラスJ。 クスコのインカの都市。ウィスコンシン州ミルウォーキー:世界年鑑図書館、2005年。

アーバノ、エンリケ、サンチェス、アナ。 AntigüedadesdelPerú。マドリッド:ヒストリア16、1992。


パチャクティインカユパンキ

Pachacuti Inca Yupanqui(多くの場合単にPachacutiまたはPachacutec)は、クスコ渓谷とそれ以降で征服して帝国を創設した9番目のインカ統治者(r。1438-1471CE)でした。パチャクテクは、マチュピチュのサイトを設立したことでも知られています。

インカの支配者の称号であるパチャクテクは、彼が加入時に自分自身に与えたもので、「世界の逆転者」または「地球を揺るがす者」を意味し、同じ言葉がインカによって画期的な出来事または「彼らが信じていた時間と空間は、歴史を通して定期的に発生しました。それなら、彼の民を繁栄と帝国の創設への道に導いた統治者にとって、適切な十分な称号は、最終的には南北アメリカでこれまでに見られた中で最大のものになるでしょう。

広告

Rise to Power

インカの半伝説的な初期の歴史によると、パチャクテクは、戦争のような隣人であるチャンカが西暦15世紀初頭にクスコを攻撃したときに目立つようになりました。当時のインカの支配者であるウィラコチャインカと彼の息子のインカウルコは、この脅威に対処するのに効果がないことを証明し、街から逃げました。若い王子パチャクテク(当時はクシユパンキとして知られていました)と、太陽神インティによって送られた輝くタブレットのビジョンに触発された忠実な戦士の小さなバンドは、滞在して立ち上がることにしました。それでも、物事は必死に見え、パチャクテクは支援のメッセージを送る以上に彼を助けるように神々に呼びかけました。これは、その場所の周りにある岩をインカの戦士に変えることによって行われました。この軍隊で、パチャクテクはチャンカをクスコから追い出しました。この神の助けに感謝して、リーダーは石の戦士を設立しました(プルラウカス)街中の神聖な神社で。

帝国の構築

パチャクテクは、クスコを超えて野心を持った最初のインカの支配者であり、クスコ(ファンタナイ)渓谷とそれ以降の領土を征服し、インカ帝国を開始しました。インカ帝国は成長し、西暦1532年からスペインが征服するまで続きました。まず、インカ語を話すすべての人、ケチュア人に市民権が与えられました。これは、征服されたすべての人々に対して享受できる特権的な地位であり、すべての重要な政府および行政機関を保持する権利を与えました。

広告

その後、パチャクテク南東部を移動して、コラとルパカの文化を含むチチカカ湖の流域を征服しました。その後、パチャクテクはクスコに引退し、兄弟と息子のトゥパック・インカ・ユパンキ(彼が共同支配した可能性がある)は、アンデスの征服を継続する任務を与えられ、おそらくエクアドルとチム文明に南に侵入した。政府に集中することで、パチャクテクは、インカが長期的に地域支配を継続できることを保証するさまざまな国家機構を導入したことで評価されています。

政府とクスコ

インカの支配者(サパ)征服された人々によって商品または労働の形で支払われた賛辞と課税のシステムを導入しました。これらはインカを不人気にしましたが、町と神聖な場所を結ぶ大規模な道路網を作成するために生産的に使用されました。貯蔵庫のシステム(qollqa)また、農業の収穫量が少ないときでも豊富な食糧供給を確保するために、帝国の周りに建設され、点在していました。王位継承を簡素化するために、パチャクテクは、王位継承者が引き出される主な妻を指名する統治者のシステムを扇動しました。パチャクテクは歴史家にインカの歴史の重要なエピソードを塗装された錠剤に記録させ、それを後世のために首都の建物に保管しました。最後に、彼は市場の日と祝日のカレンダーを修正しました。

無料の週刊メールマガジンにサインアップしてください!

彼の征服と収入がより安全になったので、おそらく記念碑的なティワナクへの感動的な訪問の後、パチャクテクは彼の首都を拡大し、その多くの土の構造を印象的に細工された石細工に置き換えることに着手しました。彼はクスコの北部地域を排水し、そこに新しい儀式センターを建設し、クントゥルカンチャとして知られる宮殿を自分で建設しました。彼はまた、コリカンチャ複合施設にインティ寺院を再建し、クスコへの北のアプローチを保護する要塞のようなサクサイワマンの建設を開始しました。パチャクテクは、ウルバンバ渓谷の両端にあるピサックやオリャンタイタンボなどの他の戦略的に重要な場所に都市寺院の要塞の場所を建設し、海岸のタンボコロラドなどの帝国の前哨基地に多くのウェイステーションを建設しました。

マチュピチュ

Pachacuti IncaYupanquiはおそらくマチュピチュ(「古い丘」を意味する)を設立しました。 1450CE。この場所の目的は学者によって合意されておらず、要塞、帝国の隠れ家、征服された地元の人々の利益のためのインカの権力の象徴、または儀式の境内であった可能性があります。おそらく最も可能性の高い役割は後者でした。ほとんどの建築物は宗教的な目的で設計されており、この神聖な場所に入ることができるのは一部の人だけになるように、場所の要塞が設置されている可能性があります。この解釈をさらに支持するために、谷に沿って点在するいくつかの住宅集落にサイトをリンクする道路が発見されました。町はピーク時に約1,000人の居住者を収容でき、インカのすべての場所の中で最も神聖な場所の1つにランクされました。統治者の死後、サイトの所有権はパチャクテクの家族の後継者に譲渡されました。ピサロとスペインの征服者が南アメリカに到着する少し前に、この場所はインカによって放棄されました。

広告

死と埋葬

インカの支配者は西暦1471年に亡くなり、彼の望みによれば、インカは1年間喪に服しました。その後、彼らは偉大な指導者の1か月にわたる祝賀会を開催し、その間に彼の私物が帝国の隅々をパレードし、クスコで模擬戦闘が行われ、2,000頭のラマが犠牲になりました。帝国の周りでさらに千のラマが犠牲になり、また、支配者が生前に訪れたすべての場所で子供たちが犠牲になりました。

パチャクテクはミイラ化されており、クスコの高台にあるケンコ(Q'enqo ')のパタラクタと呼ばれる神社に埋葬された可能性があります。死後も、支配者は崇拝され続け、彼のミイラは(マルキ)は、他の過去の統治者とともに、定期的に外の世界に出かけ、そこで儀式的に食事を与えられ、時には政治的争いの時に「相談」されました。さらに、インカの髪と指の爪は彼の神聖な像に組み込まれ、クスコの真上にあるタンボマチャイにあるパチャクテクの大きな石の狩猟小屋は神聖な場所になりました。 ワカ。インカの公式アーカイブでは、彼の身長と業績は、州の工芸品と帝国におけるほとんどすべての重要な発展がパチャクテクにクレジットされていることでした。

広告

トゥパックインカユパンキが引き継いだ サパインカ そして彼の父の帝国計画を続け、最終的に帝国の大きさを倍増させました。西暦1559年、スペイン人は征服後にインカ帝国によって密かに隠されていたパチャクテクのミイラを発見しました。それはフアンポロデオンデガルドによってリマに送られましたが、輸送中に失われたか、おそらくインカ文化の他の多くのシンボルのように単に破壊されました。


グレートサパインカ

13世紀頃から、現在のペルーのクスコ市周辺には、南米西部全体を含む帝国を統治したインカ帝国として知られる、偉大で力強いケチュア人が住んでいます。彼らはフランシスコ・ピサロ率いるスペインの征服者が到着し、1532年に彼らを征服するまで、約200年から300年の間容赦なく支配しました。その後、彼らはスペイン人と結婚して衰退したため、もはや存在しませんでした。

しかし、インカ帝国が終わるずっと前に、彼らの最大の指導者であり、帝国の創設者でした。 パチャクティインカユパンキ(またパチャクテク)パチャクテクとして誰にでも知られています。彼は9番目のサパインカ(皇帝)であり、1438年から1471年までクスコ王国で統治していました。しかし、彼の治世中に、彼はクスコ王国をに変えましたタワンティンスユ、インカ帝国として知られています。今日のほとんどの考古学者は、アンデス山脈の有名なインカの遺跡であるマチュピチュがパチャクテクの邸宅として建てられたと信じています。

パチャクテクは「地球を揺るがす者」を意味するケチュア語の名前であり、まさにパチャクテクが支配者になり、彼の王国を帝国に変えるためにしたことです。ケチュア語でユパンキは「名誉をもって」を意味します。パチャクテクは最終的に、彼が求めていた土地を取得するために別の南米ペルーの人々であるチムーの人々を引き継ぎました。南アメリカ西部の。

皮肉なことに、パチャクテクは父親のインカ・ビラコチャをサパ・インカとして引き継ぐことは想定されていませんでしたが、彼の偉大な戦士のスキルはインカ帝国の大敵であるチャンカを打ち負かし、彼は彼の人々の支持と父親の認識を勝ち取り、王子になりましたそしてインカの共同支配者。

偉大な太陽神殿であるコリカンチャや偉大な要塞であるサクサイワマンなど、今日のクスコ地域に残っているモニュメントの多くは、彼の治世中に建てられました。彼のインカ帝国政府は非常に権威があり抑圧的でした。

南アメリカ西部のほとんどを征服した後、パチャクテクは彼の帝国全体に広大な道路システムを開始し、すべての広大な土地を結びつけ、彼の力を強化しました。皮肉なことに、この巨大な道路システムが、最終的に天然痘病やその他の病気を帝国にもたらし、1500年にインカ文明を壊滅させ、スペイン人がインカを征服するのを助けました。

パチャクテクは次男であるトゥパック・インカ・ユパンキとの継承を続けました。彼の長男であるアマル・ユパンキは当初、パチャクテクの後継者として選ばれましたが、彼は戦士ではなかったため、トゥパックはパチャクテクとアポスの死後、サパインカになりました。パチャクテクは最終的に1471年に病気で亡くなり、トゥパックはサパインカになりました。

パチャクテクとアポスインカの治世中に建設が開始されたマチュピチュ。

マチュピチュのインティワタナストーン、「太陽を照らす」。


    ペルーのアンデス山脈の高いマチュピチュ。ペルーの霧に覆われたアンデス山脈の高いところに、15世紀にそこに住んでいたペルーの偉大なインド人インカの偉大な王宮であるマチュピチュが立っています。インカ、の。

ペルーの旅行専門家に連絡する

マチュピチュツアーを計画するときは、旅行コンサルタントに、パチュクティに関連することを学び、見たいことを忘れずに伝えてください。彼らは彼の遺産と帝国のすべての最高のものをチェックするために特別な旅行を設計します。彼らはあなたがペルーへの旅行であなたの視野と知識を拡大する準備ができているようにあなたの旅の前にいくつかの背景を得て彼についていくつかの読書をすることであなたを導くことさえできます。

私たちのブログにアクセスして、南米の最新の旅行ニュースをすべて最新の状態に保ちましょう!南アメリカへの夢の旅の計画を始めるために、今日私たちに電子メールを送るか、電話をしてください!


コンテンツ

インカには4つのタイプの起源があります

1つは、PaqariqTampuのColinade lasVentanasのTiciViracochaが、4人の息子と4人の娘を送り出して村を設立しました。その過程で、シンチ・ロカはマンコとオクリョに生まれ、シンチ・ロカはついに彼らをクスコの谷に導き、そこで彼らは新しい村を設立しました。そこでマンコは彼らのリーダーになり、マンコ・カパックとして知られるようになりました。 [1]別の起源神話では、太陽神インティはマンコ・カパックとママ・オクリョにチチカカ湖の深さから出現するように命じ、クスコの街を見つけました。彼らは洞窟を旅してクスコに到着し、そこでフリンクスコ、またはクスコ王国の最初の王朝を設立しました。第三の起源神話では、インカの太陽神が妻に孤独だと言いました。彼女は彼が彼を崇拝し、彼と付き合うために文明を作ることを提案した。彼はこれを賢明な計画と見なし、実行しました。インカはクスコ湖から生まれ、アンデスに住み、太陽神を崇拝しました。最後の起源神話では、太陽の息子であったマンコ・カパックと、月の娘である妹のママ・オクリョが、帝国を築く場所を探すために太陽から送られた。彼らはいつも彼らと一緒に特別なロッドを運ぶことによって彼らが正しい場所にいる時を告げることになっていた。ロッドが地面に沈んだところはどこでも、これは彼らが新しい都市を作ることになっていた場所でした。ロッドはクスコの地面に沈みました。

これらの神話の知識は、インカには書物がなかったので、口頭の伝統によるものです。彼の部族のリーダーになったマンコ・カパックは、確か​​な証拠がないにもかかわらず、おそらく存在していました。考古学的な証拠は、インカ神話の最初の人物であり、歴史的にその存在を裏付けることができるシンチ・ロカ(シンチ・ロカとも呼ばれる)の時代まで、インカは比較的重要でない部族であったことを示しているようです。

インカの人々は、12世紀頃にクスコ地域の部族として始まりました。マンコ・カパックのリーダーシップの下で、彼らはクスコ・ケチュアの小さな都市国家を形成しました Qosqo.

1438年、サパ・インカ(最高指導者)のパチャクテクの指揮の下、その名前は「世界を揺るがす者」を意味し、彼らは広範囲にわたる拡大を始めました。パチャクテクが征服した土地は、アンデス山脈の約半分でした。

パチャクテクは、クスコ王国を帝国、タファンティンスユに再編成しました。これは、インカを先頭とする中央政府と、強力な指導者を擁する4つの州政府、チンチャイユ(NW)、アンティスウユ(NE)、クンティスウユ(SW)で構成される連邦制です。 、およびQullasuyu(SE)。パチャクテクはまた、家族の家または隠れ家としてマチュピチュを建てたと考えられています。 [ 要出典 ]

パチャクテクは彼が帝国で望んでいた地域にスパイを送り、彼らの政治組織、軍事力、富について報告しました。その後、彼はこれらの土地の指導者にメッセージを送り、帝国に加わることの利点を称賛し、高品質の織物などの高級品のプレゼントを提供し、インカの支配者として物質的に豊かになることを約束しました。インカのルールを faitaccompli そして平和的に黙認した。その後、統治者の子供たちはクスコに連れて行かれ、インカの行政システムについて教えられ、その後、彼らの故郷を統治するために戻ってきました。これにより、インカは元支配者の子供たちをインカの貴族に教え込み、運が良ければ、娘たちを帝国のさまざまな場所で家族と結婚させることができました。

インカの息子が軍隊を率いるのは伝統的でした。パチャクテクの息子トゥパックインカは1463年に北への征服を開始し、1471年のパチャクテクの死後もインカとして彼らを続けました。ペルーの海岸。トゥパックインカの帝国は北に広がり、現代のエクアドルとコロンビアにまで広がっていました。

トゥパックインカの息子ワイナカパックは、南部に重要な領土を追加しました。その高さで、タファンティンスユはペルー、エクアドル南西部、ボリビア西部と中南部、アルゼンチン北西部、チリ北部、そしてコロンビア南西部のごく一部を含んでいました。

タファンティンスユは、言語、文化、そして人々のパッチワークでした。帝国の構成要素はすべて均一に忠実ではなく、地元の文化もすべて完全に統合されていませんでした。 The portions of the Chachapoya that had been conquered were almost openly hostile to the Inca, and the Inca nobles rejected an offer of refuge in their kingdom after their troubles with the Spanish. For instance, the Chimú used money in their commerce, while the Inca empire as a whole had an economy based on exchange and taxation of luxury goods and labour (it is said that Inca tax collectors would take the head lice of the lame and old as a symbolic tribute).

Economic productivity was based on collective labor which was organized in order to benefit the whole community. The ayni was used to help individual members of the community in need, such as a sick member of the community. The Minka or teamwork represented community service and the Mita was the tax paid to the Inca in the form of labor. The Inca did not use currency, economic exchanges were by reciprocity and took place in markets called catus.

Spanish conquistadors led by Francisco Pizarro explored south from Panama, reaching Inca territory by 1526. It was clear that they had reached a wealthy land with prospects of great treasure, and after one more expedition (1529), Pizarro traveled to Spain and received royal approval to conquer the region and be its viceroy.

At the time the Spanish returned to Peru, in 1532, a war of succession between Huayna Capac's sons Huáscar and Atahualpa and unrest among newly conquered territories—and perhaps more they were said to have hidden a city or gold in a vault. Significantly, smallpox, which had spread from Central America—had considerably weakened the empire.

Pizarro did not have a formidable force with just 170 men, 1 cannon and only 27 horses, he often needed to talk his way out of potential confrontations that could have easily wiped out his party. Their first engagement was the battle of Puná, near present-day Guayaquil, Ecuador Pizarro then founded the city of Piura in July 1532. Hernando de Soto was sent inland to explore the interior, and returned with an invitation to meet the Inca, Atahualpa, who had defeated his brother in the civil war and was resting at Cajamarca with his army of 80,000 troops.

Pizarro met with the Inca, who had brought only a small retinue, and through interpreters demanded that he convert to Christianity. A widely disputed legend claims that Atahualpa was handed a Bible and threw it on the floor, the Spanish supposedly interpreted this action as adequate reason for war. Though some chroniclers suggest that Atahualpa simply didn't understand the notion of a book, others portray Atahualpa as being genuinely curious and inquisitive in the situation. Regardless, the Spanish attacked the Inca's retinue (see Battle of Cajamarca), capturing Atahualpa.

Thereby, the victory of the comparatively small Spanish force can be attributed to the presence of Spanish horses, which were unknown to the Inca before the arrival of Pizarro, as well as to the usage of guns and cannons by the Spanish men. Furthermore, the local educational investments, which had an impact on economic growth and development, did not equal those of the Spaniards, with the numeracy level of Peruvian Inca Indios amounting to half the numeracy level of Spanish invaders. [2]

Pizarro used the capture of Atahualpa to gain gold as a ransom. Atahualpa offered the Spaniards enough gold to fill the room he was imprisoned in, and twice that amount of silver. The Incas fulfilled this ransom. Over four months, almost 8 tons of gold was collected. Pizarro was supposed to let the ruler of the Incas free once the ransom was paid, but he refused to release the Inca after that and instead had him strangled in public. During Atahualpa's imprisonment Huáscar was assassinated. The Spanish maintained that this was at Atahualpa's orders this was one of the charges used against Atahualpa when the Spanish finally decided to put him to death, in August 1533.

The Spanish installed his brother Manco Inca Yupanqui in power for some time Manco cooperated with the Spanish, while the Spanish fought to put down resistance in the north. Meanwhile, an associate of Pizarro's, Diego de Almagro, attempted to claim Cusco for himself. Manco tried to use this intra-Spanish feud to his advantage, recapturing Cusco (1536), but the Spanish retook the city.

Manco Inca then retreated to the mountains of Vilcabamba and founded the Neo-Inca State, where he and his successors ruled for another 36 years, sometimes raiding the Spanish or inciting revolts against them. In 1572 the last Inca stronghold was discovered, and the last ruler, Túpac Amaru, Manco's son, was captured and executed, bringing the Inca empire to an end.

After the fall of Tahuantinsuyu, the new Spanish rulers repressed the people and their traditions. Many aspects of Inca culture were systematically destroyed, including their sophisticated farming system. The Spanish used the Inca mita (mandatory public service) system to get labourers for mines and plantations. One member of each family was forced to work in the gold and silver mines, the foremost of which was the silver mine at Potosí. When one family member died, which would usually happen within a year or two, the family would be required to send a replacement.

The major languages of the empire, Quechua and Aymara, were employed by the Catholic Church to evangelize in the Andean region. In some cases, these languages were taught to peoples who had originally spoken other indigenous languages. Today, Quechua and Aymara remain the most widespread Amerindian languages.

The legend of the Inca has served as inspiration for resistance movements in the region. These include the 1780 rebellion led by Tupac Amaru II against the Spanish, as well as contemporary the guerrilla movements Túpac Amaru Revolutionary Movement (MRTA) and Sendero Luminoso in Peru and Tupamaros in Uruguay.


Machu picchu information

Machu Picchu is also one of the Inca's best kept secrets, since they did not left written records and Spanish chronicles make no mention of the citadel, it remains a mystery. It was discovered only in 1911 by the American Yale professor Hiram Bingham. The building style is "late imperial Inca" thought to have been a sanctuary or temple inhabited by high priests and the "Virgins of the Sun" (chosen women). Excavations revealed that of the 135 skeletons found,109 were women. No signs of post Conquest occupation were unearthed.


Inca Empire

When the Spanish arrived on the west coast of South America in the 1500s, a large portion of the region was ruled by the powerful and sophisticated Inca Empire. The Empire had ruled much of the region since the early 1400s. The center of the Inca Empire was the city of Cusco.

2500 BC - Around this time people in the region began farming. They grew potatoes, corn, cotton, and other crops. They also started forming villages.

900 BC - The Chavin civilization begins to form in the northern Andes highlands.

850 BC - The Chavin build the city and temple of Chavin de Huantar. It is located around 160 miles north of where Lima, Peru is today.

700 BC - The Paracas civilization begins to form.

200 BC - The Chavin civilization collapses.

100 AD - The Nazca civilization begins to flourish. The Nazca are known for their complex textiles and ceramics. They are also famous for the Nazca Lines drawn in the desert floor. These lines form the shapes of large animals when viewed from the air.

200 AD - The Paracas civilization collapses.

600 AD - The Huari civilization begins to form in the area.

800 AD - The Nazca and Moche civilizations come to an end.

西暦1000年 - Many more cultures begin to form in the area during this time including the Chimu.

1200 AD - The Chimu build their capital city Chan Chan.

1200 AD - The Inca tribe, led by Manco Capac, founded the city of Cuzco in the Cuzco Valley region.

1200 AD to 1400 AD - The Inca live in and around the city-state of Cuzco. During this period of time they do not try to expand their area of control.

1438 AD - Pachacuti Inca Yupanqui becomes the leader of the Inca. He begins to conquer nearby tribes and expand the control of the Inca Empire. He reorganizes the government into the Tawantinsuyu and builds the city of Machu Picchu.

1471 AD - Tupac Inca Yupanqui, Pachacuti's son, becomes emperor. He will greatly expand the Inca Empire.

1476 AD - Emperor Tupac defeats the Chuma Empire and their lands become part of the Inca Empire.

1493 AD - Huayna Capac, Tupac's son, becomes emperor. The Inca Empire will reach its peak under the reign of Huayna Capac.

Decline and Fall of the Inca Empire

1525 AD - Emperor Huayna Capac dies from a plague. This was likely smallpox brought by the Spanish conquistadors. A large portion of the Inca population will die from smallpox and other diseases over the next several years.

1525 AD - The sons of Emperor Huayna, Atahualpa and Huascar, fight over the crown. The Inca Empire fights a civil war for the next five years.

1532 AD - Atahualpa defeats Huascar and becomes the emperor. At the same time, Spanish conquistador Francisco Pizarro arrives in Peru. Pizarro captures Atahualpa and holds him for ransom.

1533 AD - The Spanish execute Atahualpa and install Manco Inca as Emperor.

1535 AD - Francisco Pizarro founds the city of Lima, Peru and names it the capital of the region.

1537 AD - Manco Inca flees to Vilcabamba and forms an Inca government separate from the Spanish.

1541 AD - Francisco Pizarro is killed.

1572 AD - The Spanish execute the last of the Inca emperors, Tupac Amaru, signaling the end of the Inca Empire.


継承

Pachacuti's given name was Cusi Yupanqui and he was not supposed to succeed his father Inca Viracocha who had appointed his brother Urco as crown prince. However in the midst of an invasion of Cuzco by the Chankas, the Incas' traditional tribal archenemies, Pachacuti had a real opportunity to demonstrate his talent. While his father and brother fled the scene, Pachacuti rallied the army and prepared for a desperate defense of his homeland. In the resulting battle, the Chankas were defeated so severely that legend tells even the stones rose up to fight on Pachacuti's side. Thus "The Earth Shaker" won the support of his people and the recognition of his father as crown prince after the death of Urco. [3] :61,65,71,

Pachacuti rebuilt much of Cusco, designing it to serve the needs of an imperial city and as a representation of the empire. Each スユ had a sector of the city, centering on the road leading to that province nobles and immigrants lived in the sector corresponding to their origin. Each sector was further divided into areas for the ハナン (upper) and hurin (lower) moieties. Many of the most renowned monuments around Cuzco, such as the great sun temple Qurikancha, were rebuilt during Pachacuti's reign. [3] :66–69,75

Despite his political and military talents, Pachacuti did not improve the system of succession. His son became the next Inca without any known dispute after Pachacuti died in 1471 due to a terminal illness, but in future generations, the next Inca had to gain control of the empire by winning enough support from the apos, priesthood, and military to win a civil war or intimidate anyone else from trying to wrest control of the empire.

Pachacuti is also credited with having displaced hundreds of thousands in massive programs of relocation and resettling them to colonize the most remote edges of his empire. These forced colonists were called mitimaes and represented the lowest place in the Incan social hierarchy. The Incan imperial government was highly authoritative and repressive. [3] :70,72–74,76–85

He sent his son Tupac Inca Yupanqui an army to repeat his conquests and tyranny, and extend his realm to Quito. Pachacuti then built irrigating channels, cultivated terraces, made roads and hospices. The Road of the Inca stretched from Quito to Chile. [3] :89,91–92

Pachacuti was a poet and the author of the SituaSacred Hymns of the city purification ceremony. Pedro Sarmiento de Gamboa attributed one song to Pachacuti on his deathbed: [3] :95 "I was born as a lily in the garden, and like the lily I grew, as my age advanced / I became old and had to die, and so I withered and died." [5]


ビデオを見る: 巨大帝国インカの遺跡を巡る魅力あふれる世界遺産に絶景の数々 (かもしれません 2022).