ニュース

地震はイランを荒廃させる

地震はイランを荒廃させる


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1990年6月21日、イランのカスピ海付近で地震が発生し、推定50,000人が死亡し、さらに135,000人が負傷しました。マグニチュード7.7の揺れにより、この地域の単純に建設された家屋が大混乱に陥りました。

真夜中の30分過ぎ、ほとんどの人が家で寝ていたため、イラン北西部のカスピ海沿岸を中心とした激しい地震が夜の静けさを打ち砕きました。ザンジャーン州とギラン州の20,000平方マイルの地域は完全に荒廃しました。この地域には農場と海のリゾートの両方が含まれ、すべてが取り壊されました。 1つの80マイルの範囲に沿った町では、すべての建物が瓦礫になり、すべての居住者が殺されました。

さらに、翌朝のマグニチュード6.5の余震によって引き起こされたラシュトの破裂ダムは、広大な農地を一掃しました。地滑りにより多くの道路が通行不能になり、瓦礫の下で最初に生き残った人々の多くは、空気の供給がなくなる前に救助することができませんでした。地震により推定40万人が家を失った。

世界的な救援活動が行われた。イラン政府は、イスラエルと南アフリカからの援助を拒否したものの、米国からの援助を惜しみなく受け入れた。イランと母国との関係が希薄であるため、西側諸国からの多くの救援隊員は、ほんの短い時間の後、重要な支援が提供される前に帰国しました。


過去からの10の最悪の地震

このリストは時系列であり、網羅的でも決定的でもありません。規模の大きさや人的損失ではなく、歴史的な証拠や研究が豊富にあるイベントについて説明しています。可能な場合は、モーメントマグニチュードスケール(MMS)を使用して、地震マップが利用できないWikipediaの地震マップを使用して破壊的な測定を行いました。この地域の一般的なマップが使用されています。 10年前だったので、さまざまな地質学リソースを使用して、詳細に関する自分の知識を更新しました。

歴史的な地震は、同じ地域で大規模な自然災害が再び発生する可能性を、どのような時間枠で判断するために実際に非常に重要です。残念ながら、人間の心は地震などの破壊的な出来事をすぐに忘れたり、単にそれを思いとどまらせたりする傾向があるようです。これは、私たちの心の中でまだ新鮮な自然災害が発生したこのリストと後続のリストで示されます以前のいくつかの機会に同じ近くで。長年の研究の後でさえ、私は、そのような破壊的な出来事の後に私たちが地震活動地域で私たちの都市を再建することはまだ信じられないことに気づきます。

この地震についてはほとんど知られていませんが、地震と自然災害の最初の書面による説明であるという区別があります。それは古代中国を記録する竹の年鑑で言及されているように、それはこの区別を保持しています。

竹の年代記の中で言及されている人命の損失はなく、それは現在の中国の山東省である夏王朝からのファ王の治世の7年目に泰山で発生しました。

泰山は中国文化の中の五大山の一つであり、日の出、誕生、そして再生に関係しています。

泰山は、北から南に向かって高さが高くなる傾斜した断層ブロック山です。これは、台山コンプレックスとして知られる中国東部のカンブリア紀からの古変成層の最も古い例です。

山東省は、現代の中国北東部で最も地震活動が活発な地域の1つであり、1976年の唐山地震の震源地に近く、1975年に山東省のMiaodaoで中程度の地震が発生し、この地域は頻繁にマグニチュード6以上。

この地震は広範囲に及ぶ結果をもたらし、スパルタの都市国家の多くを破壊しました。地震とその後遺症により2万人もの死者が出た可能性があり、ヘイロタイの反乱を引き起こしたと推定されています。この反乱は、スパルタとアテネの間の条約の崩壊につながり、それが第一次ペロポネソス戦争に直接つながりました。

Strabo、Pausanias、Plutarch、Thucydidesの著作で生き残った出来事は、さまざまな信頼性に起因しているため、地震に関連する正確な震源地とマグニチュードを特定することは困難でした。

地震はスパルタとアテネの間の不信の高まりの一因となった。ペロポネソス戦争の古代ギリシャのクロニスタであるトゥキディデスは、多くのギリシャの都市国家がスパルタでのヘイロタイの反乱を鎮圧するのを助けるために軍隊を派遣したと報告した。アテネはシモンの指導の下で約4,000の重装歩兵を送りましたが、この派遣団は他の都市からの重装歩兵が滞在することを許可されている間、アテネに送り返されました。トゥキディデスによれば、スパルタ人はアテナイ人が側を変えてヘイロタイを支援することを懸念していた。アテナイ人は侮辱されたため、スパルタとの同盟を拒否した。蜂起が鎮圧されると、生き残った反政府勢力の一部はアテネに逃げ、戦略的に重要なコリントス湾のナフパクトスに定住しました。スパルタとアテネの間の不一致は紀元前460年に戦争が勃発するまで激化するため、同盟は復活することはありませんでした。地震でヘロタイの住民がスパルタに反抗するために押収されたことを考えると、スパルタはヘロタイが鎮圧された後、彼らの社会を改革し、非常に厳しくなりました。

ギリシャのスパルタ地域は、最も破壊された紀元前464年の地域から50 km以内に位置する、2008年のペロポネソス地震を含む多くの最近の地震にさらされています。地震学的には、ギリシャはユーラシア、アフリカ、アラビアのプレート境界に位置しており、ギリシャの下にあるさらに小さなマイクロプレートを生み出しています。スパルタ地震の原因は、東向きと北東向きの変形帯があり、年間約30mmの速度で移動する走向移動断層である可能性が高い。

後のペロポネソス戦争中のこの地震の補足として、ギリシャの歴史家トゥキディデスは紀元前426年に発生した津波について説明し、彼は津波の原因を地震と最初に関連付けたと書面で説明しました。この地震の震源地はまだ発見されていませんが、証拠は海底地すべりではなく、ユービア湾の断層の1つに沿った地殻の動きを示しています。したがって、津波の原因に関する彼の研究によるトゥキディデスの推測は、彼が責任のある実際の地震の当事者ではありませんでした。

ロードス島の巨像とカメイロスの街を破壊するために歴史的に重要です。

ロードスは、小アジア、中東、アフリカの交易路の近くにあるため、何千年もの間、交易所として文化的および商業的に重要でした。地震発生時のエーゲ海の主要な港湾都市として、エジプトの別の有名な地震犠牲者アレクサンドリアとこの区別を共有しました。

ロードスの巨像は主に、ロードスがマケドニアの包囲を守るのを助けてくれたギリシャの神々のおかげで建てられ、与えられました。ロードスが成長するにつれて、それは地中海の非常に豊かな貿易都市になり、巨像を建てる傲慢さを誇示しました。富。

しかし、都市を保護するどころか、像は完成後30年未満、そしてかなり無知に立っていた可能性があります。この地震の後、巨像はアラブの侵略者によってアラブの侵略者によって売却される前に、ロードスの港で腐敗したままになりました。エデッサのユダヤ人商人。

その経済的重要性とその文化的重要性のために、ロードスはおそらく多くの政党によって都市/国に提供された援助の最初の例でした。他のいくつかの都市国家は援助と援助を貸し出し、エジプトのプトレマイオス3世でさえ、巨像の再建(神託によって再建されなかったと見なされた)に資金を提供することを申し出ました。

前のエントリとして、ロードスは地中海のプレートテクトニクスの一部であり、特にエーゲ海とアフリカプレートの境界にあります。これは、推力、伸長、走向移動断層があり、これらの応力のために島が反時計回りに回転しているため、私たちの世界で最も複雑な地震帯の1つです。これらのストレスとは別に、島は更新世の北西に傾くことにもさらされてきました。

ローマ時代で最も破壊的な単一の出来事の1つで、小アジア(現代のアナトリア)への貿易を事実上一掃しました。

地震は、ローマの歴史家タキトゥスとプリニウス長老、ギリシャの歴史家ストラボンとエウセビオスによって報告されました。プリニウスはそれを「人間の記憶の中で最大の地震」と呼んだ。

この地震により少なくとも12の都市が破壊され、エフェソス、サルディス、マグネシアの近くに震源地があったと推定されています。サルディス、マグネシア、テムノス、フィラデルフィア、アイガイ、アポロニス、モステン、ヒルカニス、ヒエラポリス、ミリナ、サイメ、トモーロス、ペルガモン、エフェソス、キビラはすべて少なくとも部分的に破壊されました。しかし、これらのうち、ペルガモン、エフェソス、キビラだけがタキトゥスによって言及されていません。エフェソスの破壊の報告は、西暦23年にこの地域を襲ったさらなる地震に起因する可能性があります。

災害と人命の損失に加えて、西暦17年の地震は夜間に発生し、ローマ皇帝ティベリウスが地震に関連する問題に対抗するためにサルディスだけに少なくとも1,000万セステルティウスの援助パッケージを送ったほどの経済規模でした。ローマは、地震の影響を受けたすべての都市が経済回復を可能にするために地震後5年間税金を支払わないことを布告しましたが、サルディスは災害から完全に回復することはなく、リディアン帝国の元首都であったため、おそらく最後の打撃を与えましたその帝国の残骸。

逆に、これらの援助パッケージのために、それは手元の資金にアクセスするために詐欺や詐欺を作成した人々/グループの最初の記録例の1つでもあり、船のローマの歴史家による報告が海に出航し、塗装され、元の船に名前が変更されました失われた船の交換に援助を求める所有者。

地震学的には、この地域は死海トランスフォームシステム、北アナトリア断層、東アナトリア断層、紅海リフト、およびアラビア、アフリカ、ユーラシアプレートとの相互作用の影響を受けています。

アナトリアのこの地域は多くの激しい地震にさらされており、何千年もの間人類の文明の中心地であったため、これはテーマになるかもしれません。

アンティオキアは現代トルコの南東に位置し、死海トランスフォームの北端の三重会合点の間のプレートトランスフォーム境界、主にアフリカプレートとアラビアプレートの間のトランスフォーム境界との南西端の上に文字通り座っています。東アナトリア断層。鮮新世から最近の沖積堆積物で満たされたアミク盆地の一部であるアナタキャ盆地に位置し、特に地盤の動きと液状化の影響を受けやすくなっています。

世界のこの地域とその周辺で最も壊滅的な地震と人命の損失が発生したため、これらのリストが進むにつれて、アンティオキアについてもっと聞くことができます。

115 ADの地震は、115ADの12月13日に発生しました。モーメントマグニチュードスケール(MMS)で見かけの等級7.5の地震は、すべての地震研究において地盤設定がいかに重要であるかを示しています。壊滅的な影響への地面の揺れ。

この地震は、当時のローマ皇帝トラヤヌスとその後継者のハドリアヌスが地震とその余波に巻き込まれたことで特によく記録されており、彼らの筆記者が起こった出来事を説明したときの彼らの見方を示しています。

最も鮮明な説明は、ローマの歴史の中で作家のカッシウスディオからのものであり、アンティオキアは地震の時に皇帝が市内で越冬したために満員になったと述べています。したがって、皇帝の旅の後、多くの貿易業者、民間人、兵士がいました。カッシウスディオは、彼が目撃した破壊の鮮明な絵を描きます。これには、地震の直前の遠い咆哮、木が根こそぎにされて空中に投げ出された地震中の激しい地面の波、落下した破片によって殺された兵士と民間人、倒壊した建物に閉じ込められた人々の救助の試みと余震が含まれていました閉じ込められた個人が飢餓で死ぬのを見るとともに、より多くの恐怖を加え、死者数を増やす地震の。

アンティオキアに加えて、アパメア市も地震によって破壊され、ベイルートは甚大な被害を受けました。土地の荒廃に加えて、津波はレバノンの海岸線を浸水させ、おそらくカイザリアマリティマの港を破壊した地震によって発生しました。合計26万人がこの事件の最中またはその後に亡くなったと言われています。

西暦365年7月21日の朝、海底地震がクレタ島沖で発生しました。地震はモーメントマグニチュードスケール(MMS)で少なくともマグニチュード8であると推定され、津波が続いて津波が発生し、東地中海沿岸の多くの部分、特にギリシャ中部と南部、リビア北部、エジプト、キプロスとシチリア。クリティ島では、ほぼすべての町と集落が破壊されました。このイベントによって発生した津波は、リビア、ナイルデルタ、アレクサンドリアに広範囲にわたる影響を及ぼし、船が3km内陸まで投げ出されたとの報告もあります。

このイベントは、この地域を襲った群発地震の中で最大のイベントであったようであり、近年、地震のクラスターが西暦4世紀から6世紀の間にこの地域を襲ったという証拠が増えています。

地震によって解き放たれた途方もない力の結果として、クレタ島全体が9メートル隆起し、実際に多くの周囲のプレート境界の再活性化を引き起こし、その地域でさらなる地震を引き起こした可能性があります。この地震はまた、地震現場を取り巻く地殻帯内のより低い深さで蓄積された圧力に信憑性を与える現代の同等の地震よりも大きいように思われるでしょう。地震の発生源はヘレニック海溝であり、最近の研究では、この規模の地震は5、000年程度ごとに発生することが強く示唆されています。

この地震は、ローマ帝国の終焉の頂点にあり、最も強力な西洋の宗教としてのキリスト教の信仰の出現であるため、重要です。したがって、自然災害を政治的、物質的、または宗教的な出来事に対する神の対応/介入または警告として説明するさまざまな傾向によって文章が複雑になっているため、地震に関する多くの報告は疑わしいものです。異教の古い宗教が疎外され始め、キリスト教の宗教に対する敵意が高まり、両側の作家は彼らの特定の教義に合うように証拠を歪め、多くのキリスト教が支配する地域で部分的な記録しか残しませんでした。

ソフィストのリバニオスと教会の歴史家ソゾメノスは、異教徒を復活させようとしたジュリアン皇帝の死に対して、西暦365年の大地震を他の小さな地震と混同し、彼らの視点に応じて、神の悲しみまたは怒りのいずれかとして提示しているようです。宗教、2年前。

しかし、幸いなことに、私たちはこれらの視点を持っているだけでなく、たとえばキプロスのクリオンを含む他のソースからの地震への多くの言及があります。 365ADイベントでの永久的な破壊に。

この地震は、津波がどのように反応するかについての最初の文書化された正確な説明にとっても重要です。これは、津波がどのように発生するかという3つのフェーズを区別して説明した最初の記述であり、レポートは、最初の地震、突然の海の後退、それに続く内陸に広がる巨大な波に関連しています。これは、イベントの日時を教えてくれたアンミアヌスマルチェリヌスと呼ばれるローマの歴史家によって説明されました。彼は、当時の異教徒とキリスト教徒の間の宗教的争いにさらされていなかったようです。

敬意を表して、このイベントを記念して、アレクサンドリア市は6世紀まで「恐怖の日」として知られる毎年恒例のイベントを開催しました。

前回の大地震からわずか4世紀後、私たちはアンティオキアとこの地域を壊滅させた別の大地震に戻りました。西暦115年の前回の地震では、約26万人が死亡し、このイベントでは少なくともさらに25万人が死亡しました。次に、知識を深める傲慢の代表的な例を示します。まったく同じ場所で、まったく同じ建築材料を使用して、400年余りで50万人が死亡しました。

地震は西暦526年5月20日から29日の間に発生し、マグニチュード7MMSを超えると推定されています。破壊は、都市の大部分を破壊した地震によって引き起こされた火事によって高められました。

多くの大地震と同様に、この地域は翌年に多くの余震に見舞われ、これらはセレウキアピエリア港を最大1メートル持ち上げるのに十分な大きさを含む深刻な被害を引き起こすのに十分な大きさでした。

地震はオロンテス川の島に建てられたドムスアウレアを含む多くの重要な建物を破壊しました、報告はアンティオキア港の後ろの山の陰に建てられた家だけが無傷で生き残ったことを示唆します。多くの犠牲者の中には、アンティオキア総主教のエウフラシウスがありました。彼は、頭だけが焼けずに、ワインスキンメーカーが使用しているピッチの大釜に落ちて亡くなりました。

大教会と他の多くの建物の再建は、コンスタンティノープルのジャスティン1世によって支払われ、エフライムによって監督されました。オリエンテは、彼がアンティオキアのカルケドン派総主教としてユーフラシウスに取って代わったのを見ました。不運の連続として説明されています(または、無神論者の説得力がある場合は皮肉なことです)ジャスティンによって支払われたアンティオキアの最近修復および改装された宗教的および政府の建物の多くは、西暦528年11月の別の大地震によって破壊されました。はるかに少ない犠牲者。

そして再びここで、私たちはアンティオキアの近所に戻り、アラビアプレートとアフリカプレートの境界の一部を形成する死海トランスフォーム(別名死海トランスフォーム)を含む構造環境に戻ります。

レバノンでは、断層帯は断層トレースの右ステップオフセットに関連する抑制曲がりを形成します。この曲がりに関連するトランスプレッション変形は、最近確認されたレバノン山の衝上断層など、多くの衝上断層を形成しました。これは、都市の根底にあり、沖合の海底で発生すると解釈されています。

地震は西暦551年7月9日に発生し、見かけの等級は少なくとも7.6MMSでした。多くの沖合の地震と同様に、津波はフェニキアの海岸線の多くとフェニキア内の貿易に使用された船の多くを破壊した海の推力によって発生しました。死者数は3万人と推定されており、アントニヌス・オブ・ピアチェンツァの報告によると、ベイルートだけでその数字が示されています。

沖合の断層は約100kmの長さで破裂した可能性があり(一部の報告では150kmの距離がさらに長いことが示唆されています)、津波は特に大きく発生し、地震はアレクサンドリアからアンティオキアまで感じられました。

興味深い事実は、最近発見されたレバノン山の推力が破裂して津波を引き起こしたことです。これは検証されており、トリポリとベイルートの間の一連のマリンカットテラスによって記録された第四紀の隆起と一致しています。提案された推力。小規模では、約80cmの垂直方向の動きを示す隆起した朱色のベンチは、この地震の震源地と津波の原因である可能性を裏付ける西暦6世紀のものとされています。中新世後期以降、この推力を超える上昇が続いたことが、レバノン山山脈の形成を説明している可能性があります。

ここでは、死海トランスフォーム断層に別の強い地震がありますが、これは書面による証拠がほとんどなく、さまざまな理由でこの出来事を神に非難したという報告によって泥だらけになっています。

この地震は、パレスチナとヨルダンの間の地域を襲いました。おそらく、西暦749年1月18日にゴラン高原を中心としており、マグニチュード7の地震をはるかに超えていると推定されています。これは、当時のさまざまな宗教的教義の下で実際の科学と報告がほとんど許されなかったことと、すべての主要な出来事を神の怒りに関連付けることを除いて、他のすべての抑圧がいかに許容されたかを示すもう1つの興味深い例です。

地震はティベリア、ベイトシェアン、カバ、ペラの都市を破壊し、レバントの他の多くの都市が甚大な被害を受けた一方で、それらはほとんど住めないままにされました。さらに、地震は数万人の犠牲者を出したと伝えられています。

報告の価値は、次の2つの報告によって要約できます。アレクサンドリアのコプト司祭は、エジプトの家屋でサポートビームが移動したと報告し、シリアの司祭は、ターボル山近くの村が「4マイルの距離を移動した」と書いています。信頼できるレポートはそうではありません。

他のより信頼できる情報源は、地中海での津波、ダマスカスでの数日間の余震、そしてジェリコでの破壊を含む地球に飲み込まれた町を報告しました。エルサレムの死者数は数千人にのぼります。アルアクサモスクを含む多くの建物が深刻な被害を受けました。ウムエルカナティルの町とその古代のシナゴーグは破壊されました。地震が海底の突き上げから直接ではなく、地震によって引き起こされた海底地すべりによって引き起こされたと思われる津波を引き起こしたという証拠も増えています。

さらに深刻な結果として、断層帯は紀元前31年、西暦363年、西暦749年、西暦1033年に記録され、約350年から400年の周期を示す強い地震を経験したため、この断層は重大な脅威をもたらします。これは、その地域が別の地震のためにかなり遅れていることを示しており、その千年近くの期間にわたる緊張は、西暦749年の出来事よりもかなり大きな地震を解き放つ可能性があります。

多くの人が知っているように、イランは現代で最も壊滅的な地震のいくつかに苦しんでいます。しかし、これらのほとんどは、西暦856年12月22日に発生したこの地震と比較すると青白いです。

地震の見かけの等級は7.9で、地震自体で少なくとも20万人が死亡しました。これは、東部の南端に沿って約350 kmに及ぶメイゾ地震地域(最大被害地域)を拡大した周囲の地質によって悪化しました。タバリスタンとゴルガーンの一部を含む現在のイランのアルボルズ山脈。

地震の震源地は、当時ペルシャのクミス州の州都であったダムガン市の近くにあると推定されています。これは、USGSによって、記録された歴史の中で6番目に致命的な地震としてリストされています。大地震の後、この地域で多くの余震が発生し、数年間続いたが、クラサン西部を中心とした例外的な余震が1回発生し、さらに破壊された。

イランは、アラビアプレートとユーラシアプレートの間の大陸衝突の複雑なゾーン内にあり、南のビトリス-ザグロス帯からグレーターコーカサス山脈、アプシェロン-バルカンシル、北のコペトダグ山脈まで広がっています。震源域はアルボルズ山脈に位置し、南北の斜めの短縮は、スラストと正弦波(左側)の走向移動断層の組み合わせによって適応されます。

繰り返しになりますが、これは熱心な研究の領域であり、この地震を引き起こした断層帯であるアスタネ断層系は、およそ3、700年の周期性を持っているように思われます。

アルボルツに沿って発生した被害には、アヘバヌ、アスタン、タッシュ、バスタム、シャフルドの町が含まれ、この地域のほとんどすべての村が深刻な被害を受けたか、完全に破壊されました。パルティアの旧首都である&Scaronahr-e Qumisと呼ばれるHecatompylosは、地震後に破壊され、完全に放棄されました。ダムガンの半分とブスタムの町の3分の1も破壊されました。


歴史のこの日:巨大地震が南イタリアとシチリアを荒廃させる(1908)

歴史上この日、ヨーロッパ史上最も破壊的な地震が記録されています。地震の中心はイタリア本土とシチリア島の間の海にありました。この地域は太古の昔から地震に悩まされており、定期的に多くの人々を殺し、都市や町を破壊してきました。 1908年のこの日、早朝の午前5時頃、大規模な地震がメッシーナ海峡を襲いました。地震はマグニチュード7.5でした。地震は非常に強力だったため、海岸線が数フィート沈み、地震の余波で地域の地図を変更する必要がありました。

地震により、シチリア島のメッシーナ市とカラブリア州(イタリアのつま先)のレッジョディカラブリア市が平準化されました。地震はまた、多くの小さな町や村を破壊しました。この地域の住宅は建設が不十分であり、どこでどのように建設されるかを規制する規制はありませんでした。これは、多くの建物や住居が崩壊し、住民を中に閉じ込めたことを意味しました。数え切れないほどの人々が壁や屋根を崩壊させることによって彼らのベッドで殺され、生き埋めにされることの恐怖をより経験しました。幸運な人たちは、服だけを背負って通りや野原に駆け出し、所有物はすべて失われることがよくありました。地震はまた、大津波、はるか内陸に衝突した巨大な波を引き起こしました。巨大な波は、最初の地震を生き延びた多くの人々を殺し、救援活動を妨げました。この地域は荒廃し、基本的な物資が不足していました。レッジョディカラブリアの最大90%が破壊され、メッシーナでも同様のレベルの破壊が発生しました。 2つの都市は、メッシーナ海峡を越えてほぼ向かい合っています。レッジョディカラブリアの街はまだ地震の傷跡を負っています。地震の後、さらに多くの小さな地震が発生し、これらは多くの廃墟を破壊し、多くの救助者を殺しました。激しい嵐は、雨がその地域を泥沼に変えたので、救助活動を非常に困難にしました。

メッシーナの教会への地震被害(1908年)

地震で約10万人が亡くなったと考えられていますが、本当の姿はわかりません。 1693年、地震で5万人以上が亡くなりました。 1783年には、さらに数千人が別の壊滅的な地震で亡くなりました。 1980年代、イタリア南部、特にナポリ周辺は、数千人が死亡した地震によって壊滅的な打撃を受けました。 1908年の地震は、人々が逃げる前に、そして彼らが眠っているときに襲ったので、とても壊滅的でした。


歴史のこの日イランで地震が数千人を殺した(1990)

今日の歴史の中で、ひどい地震がイランを襲った。地震の震源地はイラン北部でした。カスピ海の近くの地震は、1990年のこの日に4万から5万人の人々を殺し、数え切れないほどの負傷者を出しました。

地震のマグニチュードは7.7でした。地震はその地域の多くの単純な泥の家を破壊しました。多くの貧弱な建物は単に崩壊し、すべての住民を殺しました。地震は、現代においてこの地域で最も壊滅的なものの1つとなるはずでした。この地域には、激しい地震活動の長い歴史があります。地震は真夜中過ぎに襲った。ほとんどの人は眠っていて、災害に対応する時間がありませんでした。これはおそらく、地震が日ごとに起こったかのように、多くの人々が震えのためにトランプの家のように落ちた家から逃げることができたかのように、より壊滅的なものにしました。

震災後の瓦礫(1990)

地震は2つの州の20,000平方マイルの地域を壊滅させました。この地域は主に貧しく、地方の住宅は非常に貧弱に建てられていました。町で。地震に見舞われた地域のいくつかの地域では、建物が立ったままではなく、すべての住民が殺されました。イラン軍は救援活動の最前線に立っていた。イランは国家緊急事態を宣言し、多くの国の資源が多くの負傷者を助けるために配備されています。地震の被害を受けた地域は荒廃し、そのインフラは深刻な被害を受けました。水の供給が途絶え、多くの人が地震の被災者の病気につながるのではないかと恐れていました。イラン政府はホームレスにテントを発行し、災害で避難した多くの人々のためにキャンプを設置しました。

さらに複雑なことに、ダムが破裂した災害。ダムは揺れによってひどく損傷していた。農地は洪水に見舞われ、多くの人々が命を落としました。地すべりは、人を殺したり、家を破壊したり、道路を封鎖したりするなど、大きな問題になりました。これは、家の瓦礫の下に閉じ込められていた多くの人々が助けを得ることができず、瓦礫の下で窒息死したことを意味しました。ある推定では、地震により約50万人が家を失った。

イランは大規模な救援活動を開始する立場にありませんでした。国はイラクとの長い戦争を終えたばかりで、限られた資源しか持っていませんでした。さらに、米国は1979年にアメリカ人質を捕らえたとしてイスラム共和制に制裁を課した。これはイランが国際的に孤立しており、この危機的な時期でさえ、敵と見なした西側を深く疑っていたことを意味した。 。

世界的な救援活動が行われた。イラン政府はしぶしぶ米国からの援助を受け入れた。国はイスラエルと南アフリカからの援助を拒否した。多くの西側諸国とのイランの困難な関係のために、西側諸国からの多くの救援隊員が早く帰国しました。彼らは人々を救い、多くの負傷者を助けることができる重要なスキルを持っていたので、これは救援活動を弱体化させたかもしれません。


以下にリストされているのはすべてです 37 1500年以降の推定マグニチュード8.5以上の既知の地震。十分なデータがある時間枠に限定されているため、1世紀あたりの頻度の概算が得られます。 (時間枠には、以前の1361年の正平地震や869年の貞観地震のような範囲外のイベントは含まれていません。どちらもマグニチュード8.5以上と推定されています。)

地震計の開発と展開の前(1900年頃から)、マグニチュードは、損傷の程度と重大度の履歴レポートに基づいてのみ推定できます。 [2]

ランク 日にち 位置 イベント マグニチュード
1 1960年5月22日 チリ、バルディビア 1960年のチリ地震 9.4–9.6
2 1964年3月27日 プリンスウィリアムサウンド、アラスカ、アメリカ合衆国 1964年アラスカ地震 9.2
3 2004年12月26日 インド洋、スマトラ、インドネシア 2004年インド洋地震 9.1–9.3
4 2011年3月11日 東北地方太平洋 2011年東北地方太平洋沖地震 9.1 [3]
5 1730年7月8日 チリ、バルパライソ(当時はスペイン帝国の一部) 1730年バルパライソ地震 9.1–9.3(推定)[4]
6 1952年11月4日 カムチャツカ、ロシアSFSR、ソビエト連邦 1952年カムチャツカ地震 9.0 [5]
7 August 13, 1868 Arica, Chile (then Peru) 1868 Arica earthquake 8.5–9.0 (est.)
8 January 26, 1700 Pacific Ocean, US and Canada (then claimed by the Spanish Empire and the British Empire) 1700 Cascadia earthquake 8.7–9.2 (est.)
9 April 2, 1762 Chittagong, Bangladesh (then Kingdom of Mrauk U) 1762 Arakan earthquake 8.8 (est.)
10 November 25, 1833 Sumatra, Indonesia (then part of the Dutch East Indies) 1833 Sumatra earthquake 8.8 (est.)
11 January 31, 1906 Ecuador – Colombia 1906 Ecuador–Colombia earthquake 8.8 [6]
12 February 27, 2010 Offshore Maule, Chile 2010 Chile earthquake 8.8 [6]
13 August 15, 1950 Assam, India – Tibet, China 1950 Assam–Tibet earthquake 8.7
14 October 28, 1707 Pacific Ocean, Shikoku region, Japan 1707 Hōei earthquake 8.7–9.3 (est.)
15 November 1, 1755 Atlantic Ocean, Lisbon, Portugal 1755 Lisbon earthquake 8.5–9.0
16 February 4, 1965 Rat Islands, Alaska, United States 1965 Rat Islands earthquake 8.7
17 October 28, 1746 Lima, Peru (then part of the Spanish Empire) 1746 Lima–Callao earthquake 8.6 (est.)
18 March 28, 1787 Oaxaca, Mexico (then part of the Spanish Empire) 1787 Mexico earthquake 8.6 (est.)
19 March 9, 1957 Andreanof Islands, Alaska, United States 1957 Andreanof Islands earthquake 8.6 [6]
20 March 28, 2005 Sumatra, Indonesia 2005 Nias–Simeulue earthquake 8.6 [6]
21 April 11, 2012 Indian Ocean, Sumatra, Indonesia 2012 Aceh earthquake 8.6
22 December 16, 1575 Valdivia, Chile (then part of the Spanish Empire) 1575 Valdivia earthquake 8.5 (est.)
23 November 24, 1604 Arica, Chile (then part of the Spanish Empire) 1604 Arica earthquake 8.5 (est.)
24 May 13, 1647 Santiago, Chile (then part of the Spanish Empire) 1647 Santiago earthquake 8.5 (est.)
25 May 24, 1751 Concepción, Chile (then part of the Spanish Empire) 1751 Concepción earthquake 8.5 (est.)
26 November 19, 1822 Valparaíso, Chile 1822 Valparaíso earthquake 8.5 (est.)
27 February 20, 1835 Concepción, Chile 1835 Concepción earthquake 8.5 (est.)
28 February 16, 1861 Sumatra, Indonesia 1861 Sumatra earthquake 8.5
29 May 9, 1877 Iquique, Chile (then Peru) 1877 Iquique earthquake 8.5 (est.)
30 November 10, 1922 Atacama Region, Chile Catamarca Province, Argentina 1922 Vallenar earthquake 8.5 [7]
31 February 1, 1938 Banda Sea, Indonesia (then part of the Dutch East Indies) 1938 Banda Sea earthquake 8.5 [6]
32 October 13, 1963 Kuril Islands, Russia (USSR) 1963 Kuril Islands earthquake 8.5 [6]
33 October 20, 1687 Lima, Peru (then part of the Spanish Empire) 1687 Peru earthquake 8.5 (est.)
34 October 17, 1737 Kamchatka, Russia 1737 Kamchatka earthquakes 8.5 (est.)
35 June 15, 1896 Pacific Ocean, Tōhoku region, Japan 1896 Sanriku earthquake 8.5 (est.)
36 July 25, 1668 Shandong, China 1668 Shandong earthquake 8.5 (est.) [8]
37 March 31, 1761 Atlantic Ocean, Lisbon, Portugal 1761 Portugal earthquake 8.5 (est.) [9]

Century Number with
magnitude ≥ 8.5
1501–1600 1
1601–1700 5
1701–1800 9
1801–1900 7
1901–2000 10
2001–2020 5
合計 37

Note that historical records are known to be incomplete. Earthquakes that occurred in remote areas prior to the advent of modern instrumentation in the early to mid 1900s were not well-reported, and exact locations and magnitudes of such events are often unknown. Therefore, the apparent increase in large earthquake frequency over the last few centuries is unlikely to be accurate.

  • This list is a work in progress. Information is likely to be changed.
  • The list refers to current country boundaries rather than those at the date of the earthquake.
  • Please note, multiple countries could have the same earthquake listed, such as the 1906 Ecuador–Colombia earthquake being listed for both Ecuador and Colombia.
  • Unless otherwise noted, magnitudes are reported on the Moment magnitude scale (Mw).

This is a list of major earthquakes by the dollar value of property (public and private) losses directly attributable to the earthquake. Rank values are assigned based on inflation-adjusted comparison of property damage in US dollars. Wherever possible, indirect and socioeconomic losses are excluded. Damage estimates for particular earthquakes may vary over time as more data becomes available.

ランク Event 位置 Magnitude Property damage
1 2011 Tōhoku earthquake and tsunami 日本 9.1 [3] $235 billion [93] [94]
2 1995 Great Hanshin earthquake 日本 6.9 $200 billion [95]
3 2008 Sichuan earthquake Sichuan, China 8.0 $86 billion [96]
4 2004 Chūetsu earthquake 日本 6.8 $28 billion [97] [98]
5 1999 İzmit earthquake 七面鳥 7.6 $20 billion [97]
6 2012 Emilia earthquakes イタリア 6.1 [99] $15.8 billion [100]
7 2011 Christchurch earthquake South Island, New Zealand 6.3 [101] $15–40 billion [102] [103]
8 2010 Chile earthquake チリ 8.8 [104] $15–30 billion [104]
9 1980 Irpinia earthquake イタリア 6.9 [97] $15 billion [97]
10 1994 Northridge earthquake Los Angeles, United States 6.7 $13–44 billion
11 1976 Tangshan earthquake Hebei, China 7.8 $10 billion [105]
12 1999 Jiji earthquake 台湾 7.6 $10 billion
13 April 2015 Nepal earthquake ネパール 7.8 $10 billion [106]
14 1989 Loma Prieta earthquake California, United States 6.9 $5.6–6 billion
15 1923 Great Kantō earthquake Tokyo, Japan 7.9 $600 million [97]
16 1906 San Francisco earthquake サンフランシスコ、アメリカ合衆国 7.7 to 7.9 (est.) [99] $400 million [99]

The following is a summary list of earthquakes with over approximately 100,000 deaths:

The 50 most studied earthquakes according to the International Seismological Centre (ISC), based on a count of scientific papers (mostly in English) that discuss that earthquake. The "Event #" is linked to the ISC Event Bibliography for that event.

ランク Event origin time ISC Event # 論文 ISC code Event
1 2011-03-11 05:46:23 16461282 1519 TOHOKU2011 2011 Tōhoku earthquake and tsunami
2 2008-05-12 06:27:59 13228121 1217 WENCHUAN2008 2008 Sichuan earthquake
3 2004-12-26 00:58:52 7453151 836 SUMATRA2004 2004 Indian Ocean earthquake and tsunami
4 1999-09-20 17:47:16 1718616 640 CHI-CHI1999 1999 Jiji earthquake
5 1994-01-17 12:30:54 189275 466 NORTHRIDGE1994 1994 Northridge earthquake
6 1995-01-16 20:46:51 124708 451 SHYOGO1995 Great Hanshin earthquake
7 1989-10-18 00:04:14 389808 424 LOMAPRIETA1989 1989 Loma Prieta earthquake
8 2009-04-06 01:32:42 13438018 420 LAQUILA2009 2009 L'Aquila earthquake
9 2010-02-27 06:34:13 14340585 392 MAULE2010 2010 Chile earthquake
10 1992-06-28 11:57:35 289086 383 LANDERS1992 1992 Landers earthquake
11 1999-08-17 00:01:38 1655218 361 IZMIT1999 1999 İzmit earthquake
12 2015-04-25 06:11:26 607208674 298 GORKHA2015 April 2015 Nepal earthquake
13 1964-03-28 03:36:13 869809 249 ALASKA1964 1964 Alaska earthquake
14 1985-09-19 13:17:50 516095 236 MEXICOCITY1985 1985 Mexico City earthquake
15 1960-05-22 19:11:20 879136 236 CHILE1960 1960 Valdivia earthquake
16 1971-02-09 14:00:40 787038 227 SANFERNANDO1971 1971 San Fernando earthquake
17 2001-01-26 03:16:40 1763683 221 BHUJ2001 2001 Gujarat earthquake
18 2010-09-03 16:35:46 15155483 216 DARFIELD2010 2010 Canterbury earthquake
19 1976-07-27 19:42:53 711732 195 TANGSHAN1976 1976 Tangshan earthquake
20 1976-05-06 20:00:12 713583 187 FRIULI1976 1976 Friuli earthquake
21 1980-11-23 18:34:52 635924 178 IRPINIA1980 1980 Irpinia earthquake
22 2003-09-25 19:50:07 7134409 177 TOKACHI-0KI2003 2003 Hokkaidō earthquake
23 2013-04-20 00:02:47 607304721 172 LUSHAN2013 2013 Lushan earthquake
24 2011-02-21 23:51:42 16168897 170 CHRISTCHURCH2011A 2011 Christchurch earthquake
25 2016-04-15 16:25:06 610289055 170 KUMAMOTO2016 2016 Kumamoto earthquakes
26 2004-09-28 17:15:24 7406045 166 PARKFIELD2004 Parkfield earthquake
27 2005-03-28 16:09:35 7486110 165 NIAS2005 2005 Nias–Simeulue earthquake
28 2004-10-23 08:55:58 7421058 162 MID-NIIGATA2004 2004 Chūetsu earthquake
29 2012-05-20 02:03:53 601025379 153 EMILIA2012A 2012 Northern Italy earthquakes
30 1999-10-16 09:46:45 1643776 150 HECTOR-MINE1999 1999 Hector Mine earthquake
31 2001-11-14 09:26:10 2331800 148 KUNLUN2001 2001 Kunlun earthquake
32 2005-10-08 03:50:35 7703077 144 KASHMIR2005 2005 Kashmir earthquake
33 2002-11-03 22:12:41 6123395 141 DENALI2002 2002 Denali earthquake
34 1988-12-07 07:41:24 417441 139 ARMENIA1988 1988 Armenian earthquake
35 1999-11-12 16:57:19 1650092 137 DUZCE1999 1999 Düzce earthquake
36 1979-10-15 23:16:57 657282 132 IMPERIAL1979 1979 Imperial Valley earthquake
37 2003-12-26 01:56:53 7217667 128 BAM2003 2003 Bam earthquake
38 1923-09-01 02:58:35 911526 127 KANTO1923 1923 Great Kantō earthquake
39 2010-01-12 21:53:10 14226221 125 HAITI2010 2010 Haiti earthquake
40 1983-05-26 02:59:58 577008 114 SEAOFJAPAN1983 1983 Sea of Japan earthquake
41 2012-05-29 07:00:04 605482196 111 EMILIA2012B 2012 Northern Italy earthquakes
42 1997-09-26 09:40:25 1043512 102 UMBRIA-MARCHE1997B 1997 Umbria and Marche earthquake
43 2000-10-06 04:30:17 1839998 100 TOTTORI2000 2000 Tottori earthquake
44 2008-06-13 23:43:46 13377361 97 IWATE-MIYAGI2008 2008 Iwate–Miyagi Nairiku earthquake
45 2007-07-16 01:13:21 12769769 96 CHUETSU-0KI2007 2007 Chūetsu offshore earthquake
46 2010-04-13 23:49:37 14573075 96 YUSHU 2010 2010 Yushu earthquake
47 1977-03-04 19:21:54 700695 96 ROMANIAN1977 1977 Vrancea earthquake
48 2011-10-23 10:41:22 17394270 91 VAN2011 2011 Van earthquakes
49 1975-02-04 11:36:05 731961 80 HAICHENG1975 1975 Haicheng earthquake
50 2007-03-25 00:41:57 11703278 73 NOTO-HANTO2007 2007 Noto earthquake

modified from figure 2, "The most studied events", at the ISC's Overview of the ISC Event Bibliography.


Earthquake Rattles Northeast Iran, Injures 14

The earthquake rocked Sankhast town at 3:34 am local time, followed by at least 17 relatively strong aftershocks.

The quake has damaged dozens of houses in villages.

Director of the Iranian Red Crescent Society’s provincial office said at least 14 people have suffered injuries in the incident.

Rescue and relief teams have been deployed to the area.

Iran is one of the most seismically active countries in the world, being crossed by several major fault lines that cover at least 90% of the country.

The deadliest quake in Iran's modern history happened in June 1990, devastating many areas in the northern province of Gilan and killing around 37,000 people.

In 2003, a magnitude 6.6 earthquake in the province of Kerman flattened the historic city of Bam, killing more than 26,000 people.


History's 10 Worst Earthquakes

The Daily Beast’s rundown of the most powerful, deadliest earthquakes ever.

デイリービースト

Getty Images

The death toll continues to climb as Japan recovers from the most powerful quake in its recorded history and the towering tsunami that followed. Japan’s Kyodo News agency said between 200 and 300 bodies have been found on a beach in Sendai, the population center nearest the quake’s epicenter, and another 110 people have been confirmed dead elsewhere. But the agency said the death toll will likely surpass 1,000 . Read more and view photos of the devastation plus view shocking video from Japan's disaster zone.

Here The Daily Beast’s rundown of the most powerful, deadliest earthquakes ever.

The Shaanxi earthquake—also known as the Hua County earthquake—is the deadliest quake to date, resulting in approximately 830,000 deaths. On the morning of Jan. 23, 1556, it destroyed a 520-mile-wide area in China, killing 60 percent of the population in some of the 97 affected counties. One witness writes, “Mountains and rivers changed places and roads were destroyed. In some places, the ground suddenly rose up and formed new hills, or it sank abruptly and became new valleys.” Because a majority of civilians were living in yaodongs, or artificial caves in loess cliffs, fatalities reached an all-time high as the caves collapsed, killing those inside. Modern estimates predict the magnitude was around 8.0, not a record high, but the earthquake still ranks third on the list of deadliest natural disasters in history.

Although some say there were early warnings of the Tangshan earthquake, it hit Chinese civilians unexpectedly at 3:42 a.m. on July 28, 1976, shaking people from their beds and leveling the entire city in a matter of seconds. The 7.8-magnitude quake killed more than 240,000 people, leaving survivors without access to water, food, or electricity. Relief workers also caused an accidental traffic jam on the only drivable road, and although 80 percent of those stuck under the rubble were saved, a 7.1-magnitude aftershock struck the afternoon of the 28th, killing many more and cutting off access to those trying to provide aid, making it one of the deadliest quakes of the 20th century.

The Haiyuan earthquake hit Dec. 16, 1920, killing more than 73,000 in China’s Haiyuan County and approximately 127,000 in surrounding areas. The 7.8-magnitude quake—reported as 8.5 magnitude by Chinese news sources—caused nearly all of the houses to collapse in Longde and Huining, with damages in seven provinces and regions, including dammed rivers, landslides, and severe cracks in the ground. Seiches were even observed in various lakes and fjords in Norway. Aftershocks from the earthquake occurred as long as three years later, but the effects did not come close to the severity of the first.

Set in a nest of fault lines in northern Syria, Aleppo—now known as Halab—was hit with an 8.5-magnitude earthquake in 1138, jolting areas as far as 200 miles away from the city. The most damage was seen in Harem, where crusaders had built a large citadel that was crumbled below the castle, killing 600 castle guards at the time. Although residents of Aleppo were warned by foreshocks and some fled to the countryside, the quake was much larger than anticipated, and the city and all homes surrounding it were brought to the ground.

Indian Ocean Earthquake

Underwater earthquakes are believed to be the most dangerous because they can create tsunamis and tidal waves, which is exactly what happened on Dec. 26, 2004, when the Indian Ocean earthquake wreaked havoc on India, Indonesia, Sri Lanka, and Thailand—and beyond. With a magnitude of between 9.1 and 9.3, this earthquake is the second largest ever recorded, and it also had the longest duration, lasting between eight and 10 minutes. Devastating tsunamis hit land masses bordering the ocean, prompting a widespread humanitarian response. Initially, reports said the quake killed approximately 100,000, but later calculations showed it resulted in more than 230,000 deaths.

In 856, in the area we now know as Iran, an earthquake of 8.0 magnitude hit the capital city of Damghan, destroying the city, countryside, and nearly every village within 200 miles of the epicenter. Situated between two major tectonic plates, Iran is an area of frequent earthquake activity, but residents of Damghan were unprepared for a temblor of this magnitude. The quake resulted in approximately 200,000 deaths.

Another Iranian earthquake hit Feb. 28, 1997, when the 15-second quake rippled through northern Iran, with deaths tallying up to 150,000. There was severe damage to roads and electrical power lines, and all communications and water distribution became near impossible, leaving the city of Ardabil in a state of desperation. Hospitals overflowed with patients, and even as it tried to recover, the area was hit with nearly 350 aftershocks, the highest recorded at 5.2 on the Richter scale.

In 1730, an 8.3-magnitude earthquake hit Japan’s second largest island, Hokkaido, causing landslides, power outages, road damage, and a tsunami causing 137,000 fatalities. The island was struck by a similar, though not as intense, earthquake in 2003.

The 7.3-magnitude earthquake that hit Turkmenistan’s capital, Ashgabat, in 1948 tore much of the city down, collapsing almost all of its brick buildings, heavily damaging concrete structures, and derailing freight trains with effects felt across the border in the Darreh Gaz region of Iran. The Turkmen government has upwardly revised the official death toll from 110,000 to 176,000 the quake also killed the mother of future dictator Saparmurat Niyazov and resulted in his placement in a Soviet orphanage, an important component of the former leader’s self-mythology.

Great Kanto Earthquake

The Great Kanto Earthquake of 1923 devastated Tokyo and Yokohama, causing huge fires and resulting in as many as 142,000 deaths, but it may be best remembered for its horrific aftermath, when rumors that Koreans were looting businesses and poisoning wells led to the deaths of an estimated 2,500 non-Japanese immigrants. The Japanese government has heavily funded disaster preparation ever since, holding “Disaster Prevention Day” on Sept. 1, the Kanto quake’s anniversary.


コンテンツ

Acclaimed Iranian director Abbas Kiarostami has fictionally incorporated the earthquake and its effects on northern Iran into multiple films of his.の And Life Goes On (1992), a director and his son search for child actors from a previous Kiarostami film Where Is the Friend's Home? (1986), which was shot in a city that, by the time of the second film's production, is recovering from the earthquake. Kiarostami's next film Through the Olive Trees (1994) follows a film crew as they shoot scenes from Life, and Nothing More. in one of these scenes a man discusses his marriage having taken place a day after the earthquake. Critics and scholars often refer to these three films as the Koker trilogy, and rank them among the director's finest works.

  1. ^ NSNSNS ISC (19 January 2015), ISC-GEM Global Instrumental Earthquake Catalogue (1900–2009), Version 2.0, International Seismological Centre
  2. ^Berberian et al. 1992, pp. 1752, 1753
  3. ^ NSNSNSNS
  4. USGS (September 4, 2009), PAGER-CAT Earthquake Catalog, Version 2008_06.1, United States Geological Survey
  5. ^Berberian et al. 1992, p. 1731
  • Berberian, M. Qorashi, M. Jackson, J. A. Priestley, K. Wallace, T. (1992), "The Rudbar-Tarom earthquake of 20 June 1990 in NW Persia: Preliminary field and seismological observations, and its tectonic significance", Bulletin of the Seismological Society of America, 82 (4): 1726–1755

This article about an earthquake in Asia is a stub.あなたはそれを拡張することによってウィキペディアを助けることができます。

This Iranian history-related article is a stub.あなたはそれを拡張することによってウィキペディアを助けることができます。


Massive Earthquake Devastates Iran, Killing 15,000 and Destroying Towns

IRAN--At least 15,000 people have died in a severe earthquake that struck Iran Saturday night at 7:38 p.m. local time, demolishing 40 villages and badly damaging 60 others.

Rescue workers in Iran said yesterday they feared the official death toll would exceed 15,000 because they have not yet received reports from remote areas of the country, where thousands are believed buried under the rubble. Officials added many people may be trapped alive in the ruins.

The worst damage occurred in the ancient city of Tabas, where the earthquake registered the most severe tremors. Observers in Tabas said yesterday the city was completely flattened, as most of the city's buildings were completely destroyed in the warthquake.

The quake killed an estimated three-fourths of Tabas' 13,000 inhabitants. Most of the survivors were seriously injured, and many flew to Tehran for treatment.

The earthquake affected two-thirds of the country, shaking buildings as far away as those in the capital city of Tehran, 400 miles from the center of the earthquake.

The Iranian army sent 700 soldiers, four medical teams and many rescue workers to help house 1000 survivors in tents along Tabas' airport runway. Planes dispatched by the Iranian air force maintained an airlift of blankets, food, water, tents and medical supplies.

One eyewitness said yesterday of the damage, "Tabas has become a mound of rubble, bent iron beams and dirt."

The city, on the edge of the Iranian desert, is an agricultural center in a region which produces dates, grains, and oranges.

Iranian officials said yesterday the casualty rate may be very high because many people in the smaller villages go to bed earlier and were trapped in their homes when the earthquake struck.

New tremors continued to shake Iran yesterday, as many residents feared a second earthquake.

In addition to the damage inflicted on Tabas, Iranian officials said yesterday the earthquake destroyed at least 80 per cent of the town of Firdaus, about 100 miles east of Tabas. The officials could not estimate the death toll in Firdaus.

The earthquake also struck the towns of Isfahan, Kerman, Rafsanjan, and many other towns and villages near the Kaveer Desert.

The earthquake reached 7.7 on the Richter scale. The Richter scale is a measure of ground motion recorded on seismographs. Every increase of one number means a ten-fold increase in the magnitude of the earthquake.

Shah Mohammed Reza Pahlavi declared a three-day mourning period, and the government radio broadcast readings from the Koran.

The Shah and his wife, Empress Fara, appealed to Iranians to contribute to a relief fund. Tens of thousands of Iranians remain homeless after the earthquake, and government officials expressed concern that the severely cold nights and hot days would endanger the health of those remaining without shelter.

The earthquake comes shortly after another national disaster in Iran--a theater fire that killed hundreds of people. The fire set off rioting throughout Iran to protest the Shah's government.

Want to keep up with breaking news? Subscribe to our email newsletter.


ビデオを見る: רעידת אדמה בצילה. היינריך פון קלייסט - חלק שביעי (かもしれません 2022).