ニュース

ワルシャワ蜂起が終了

ワルシャワ蜂起が終了


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ワルシャワ蜂起は1944年10月2日に終了し、生き残ったポーランドの反政府勢力がドイツ軍に降伏しました。

2か月前、赤軍のワルシャワへの接近により、ポーランドの抵抗勢力はナチス占領に対する反乱を開始しました。ロンドンで民主的なポーランド亡命政府を支持した反政府勢力は、ソビエトが都市を「解放」する前に、都市の支配権を獲得することを望んでいました。ポーランド人は、彼らが都市を奪うことに失敗した場合、ソビエトの征服者がポーランドに親ソビエト共産主義体制を強制的に設立することを恐れました。

供給が不十分なポーランド人はドイツ軍に対して早期に利益を上げましたが、ナチスの指導者アドルフ・ヒトラーは援軍を送りました。残忍なストリートファイトでは、ポーランド人は徐々に優れたドイツの兵器に打ち負かされました。その間、赤軍はワルシャワの郊外を占領しましたが、ポーランドの反政府勢力を支援するための努力はしませんでした。ソビエトはまた、問題を抱えたポーランド人への物資を空輸するためにソビエト空軍基地を使用するという英国の要求を拒否した。

63日後、武器、物資、食料、水を失ったポーランド人は降伏を余儀なくされました。余波で、ナチスはワルシャワの人口の多くを国外追放し、都市を破壊しました。ワルシャワの抗議者たちが邪魔にならないように、ソビエトはポーランドに共産主義政府を樹立する際に組織的な反対にほとんど直面しませんでした。


1944年のワルシャワ蜂起:簡単な歴史

1944年のワルシャワ蜂起は、第二次世界大戦中の主要な出来事であり、ポーランドとその首都ワルシャワの歴史の非常に重要な部分でした。

前世紀にポーランドの首都で起こった最も有名なイベントの1つは、 Powstanie Warszawskie (ワルシャワ蜂起)1944年の第二次世界大戦の終わりに向けて。このイベントのようなポーランドの歴史の重要な部分を理解することは、ポーランド人自身のアイデンティティを理解するために重要です。

1944年のワルシャワ蜂起の背景

第二次世界大戦の初め、1939年9月、悪名高いポーランド侵攻が行われ、9月キャンペーンとも呼ばれました。ナチスドイツのアドルフヒトラーは、ドイツを国際連合から撤退させた後、ファシストイタリアのベニートムッソリーニと「鉄鋼協定」に署名し、一緒にローマ-ベルリン軸、または枢軸国を結成しました。 、両国が防共協定に署名したとき、共産主義とソビエト連邦の脅威についてお互いをサポートするために。

ソビエト連邦とナチスドイツは敵でしたが、両国は非侵略的妥協案であるモロトフ・リッベントロップ協定に署名することに合意しました。まだ征服されていない州をすでに勝ち取っていた。

ポーランドは、ヨーロッパに位置しているために敵の真っ只中にあり、西からのドイツ人、東からのソビエト、さらには南このキャンペーンは1939年9月1日に始まり、約1か月後の10月6日、ポーランドが正式に降伏しなかったとしても、侵略者によってポーランドから十分な支配権が奪われたときに終了しました。議論されたように、ソビエトとナチスは彼らの間でポーランドの土地を分割しました。

だから今それは&#8217s 1944年夏 ドイツは5年間ポーランドを占領してきました。

1944年ワルシャワ蜂起

1944年7月末、ポーランドはドイツ占領5年目です。しかし、ソビエトの赤軍による攻撃のために、ドイツ軍は国中を後退しており、ソビエトはワルシャワに近づいており、将軍&#8220Bor&#8221&#8216 Komorowski、 Armia Krajowa (ポーランドレジスタンスホームアーミー)は、ワルシャワでの蜂起を組織し、ドイツ軍の撤退と彼らが想定していることと一致させます。 &#8216W時間&#8216( wybuch、つまり&#8220outbreak&#8221)は、1944年8月1日の17:00になります。Komorowskiは、ポーランドの抵抗勢力がワルシャワを再開する前に、約1週間の戦闘を計画しています。

ポーランドの抵抗に知られていないのは、ドイツ人がワルシャワを要塞の1つとして擁護し、首都圏を使用して赤軍に対抗することを決定したという事実です。

クリスチャンアイラーズ

Christian Eilersは、旅行、文化的な物語、読書、教育を通じて世界について学ぶことを常に愛する旅行とキャリアに関するアドバイスライターです。ニューヨーク市出身の彼は、旅行していないときは、自分の街に豊富な文化的影響を見つけることができ、次の国の手招きがもはや無視できなくなるまで彼を満足させることができます。


63日後、1944年10月2日 AK(地下軍)のワルシャワ蜂起の最後の戦闘機が降伏しました。結果はひどいものでした、ナチスは燃え始めました、直接の命令で都市のすべての建物をダイナマイトしました &#8220ワルシャワを灰に還元&#8221.

この破壊は、ワルシャワ蜂起のずっと前に計画されていました。 パブストプラン。計画は、ワルシャワを破壊して、&#8220と呼ばれる完璧なナチスの都市を建設することでした。Neue deutsche Stadt Warschau&#8221&#8211新しいドイツのワルシャワの街-。この計画によれば、ワルシャワは人口13万人のドイツの地方都市になりました。

ワルシャワのパブスト計画

第二次世界大戦の初めに130万人がワルシャワに住み、ワルシャワ蜂起の初日、1944年8月1日に90万人がワルシャワに住み、63日間の戦いの後、廃墟となった都市は1000人未満に数えられました。

人件費は莫大です 150000から200000 民間人は63日で殺されました。

より多い 15 000 反乱軍とその間 200020 000 ナチスは殺されました。

700 000 人々は街から追放されました。

8090% 街の破壊された(100% 旧ゲットーで)


コンテンツ

1793年の第二次ポーランド分割後、ポーランドの土壌にプロイセンとロシア帝国の駐屯地が存在することはほぼ継続的でした。 [5] [6]外国の占領軍は、すでに弱体化した国家の経済的崩壊とワルシャワの人口の急進化の両方に貢献した。 [7]ポーランドの裁判所での外国の影響は、しばしばロシア大使ニコライ・レプニンによって具体化され、ポーランドの分割の間、ポーランド政府とszlachta(貴族)、そして国民全体に影響を及ぼし始めました。 [7]

1792年のポーランド・ロシア戦争に敗れた後、常任理事会はロシアから軍改革を制定するよう圧力をかけられ、ポーランド軍は半分に削減され、復員した兵士はロシア軍とプロシア軍に徴兵した。 [8]この動きは多くの将校によって密かに反対され、解散したユニットの武器と物資はワルシャワの倉庫に保管されていた。 [9] [8]

クラクフでのKościuszkoの宣言(3月24日)とその後のRacławiceでの勝利(4月4日)のニュースを受け取ると、ワルシャワの緊張は急速に高まりました。 [10]ポーランドの王スタニスワフ・アウグスト・ポニアトフスキはコジオスコの蜂起に反対し、常任理事会は4月2日にそれを非難する宣言を発表した。 [11]王は、王冠の大ヘトマンとして王に次ぐ軍事司令官であったピョトル・オサロウスキーと常任理事会の元帥であるヨゼフ・アンクヴィッチを、ロシア大使であり全ロシア占領の司令官であるイオシフ・イゲルストロムに派遣した。ポーランドの軍隊は、ロシア軍と王に忠実なポーランド軍の両方をノビ・ドブル・マゾビエツキの軍事野営地に避難させる提案をしました。 [12]

イゲルストロムはその計画を拒否し、ロシア人がワルシャワから避難する必要はないと考えた。 [13]彼はアレクサンドル・フルシチョフ将軍の下に軍団を派遣し、コシウスコを迎撃し、ワルシャワに接近するのを防いだ。彼はまた、蜂起の疑わしい支持者の監視を強化するよう命じ、ワルシャワを通過するすべての郵便物を検閲しました。 [14]イーゲルストロームは、暴動と関係があると疑われる人々の逮捕を命じた。 [15]これらには、アントニ・マダリンスキー将軍、カジミェシュ・ネスター・サピエハ、イグナシー・ジアウィンスキー、王の侍従長ヤン・ワレンティ・ウィジエルスキー、セジム・スタニスワフ・マワチョフスキー元帥、イグナシー、スタニスワフ・ポトッキなど、より著名な政治指導者が含まれていました。 [16] [15] [17]同時に、ロシア軍は、ミオドワ通りのワルシャワ兵器庫を占領することにより、スタニスワフ・モクロノフスキー将軍の下で弱いポーランドのワルシャワ駐屯軍を武装解除する準備を始めた。 [18]これらの命令は、ポーランド人に漏らされたため、状況を悪化させるだけでした。 [19]

ロシア軍は、ロシアから援軍が到着するまで、都市を確保するために最も重要な建物を占領する計画を準備しました。ヨハン・ヤコブ・ピスター将軍は、「安全でない」ポーランドの部隊の兵舎を囲み、部隊を武装解除し、革命家が武器を押収するのを防ぐためにワルシャワ兵器庫を占領することを提案した。 [16] [20]同時に、親ロシアの立場で知られるユゼフ・コサコウスキー司教は、4月19日の聖土曜日に教会を軍隊で囲み、ミサに出席したすべての容疑者を逮捕するよう提案した。 [21] [13]

ポーランド側では、一部の指導者の逮捕によって弱体化し[22]、過激なポーランドのヤコビンとスタニスワフ・アウグスト・ポニアトフスキ王の中道支持者の両方が、ワルシャワから彼らを追い出すためのロシア軍への全面攻撃の計画を準備し始めた。 、それはまだ理論的には独立国家の首都でした。 [23] [24]コジオスコはすでにワルシャワに支持者を擁しており、その中には蜂起の準備を使命としてワルシャワに派遣された使節であるトマシュ・マルシェフスキーも含まれていた。 [25] [26] [27] [17] Maruszewskiは革命協会を設立しました(ZwiązekRewolucyjny)、以前は独立していた反ロシア派閥を組織する。 [25] [28]協会はそのメンバーの中に、ワルシャワに駐留しているポーランド軍の様々な高官を含めた。その中には、ミカウ・チョメントフスキー、クリスチャン・ゴッドフリード・デイベル・デ・ハメラウ将軍、ユゼフ・ゴルスキー少佐、スタニスワフ・コスモフスキー大尉、フリデリク・メルフォート、ディオニジー・ポニアトフスキー、ユゼフ・ゴップ中尉、ユゼフ・ゼイドリッツがいた。 [25] [29]

蜂起の最も影響力のあるパルチザンの中には、ワルシャワの駐屯軍の軍事司令官であるジャンオーガストチコウスキー将軍がいた。 [30]彼とステパン・ステパノヴィッチ・アプラクシン将軍は革命家から街を守る計画を考案し、ロシア人にポーランドの部隊によって守られたアーセナル、王宮、火薬庫を去るよう説得した。 [16] [31]チコウスキーはまた、ポーランドの部隊で働く兵士の数を減らすというロシアの計画を弱体化させ、それはまた後のポーランドの成功に追加された。 [16]また、著名なハンバーガーである靴職人のヤン・キリニスキは、他の町民からの支持を集め始めました。 [32] [33]王は受動的なままであり、その後の出来事は彼からの支持または反対なしに展開された。 [34]

反対勢力編集

ポーランド軍の大部分は、復員のさまざまな段階にある不規則な民兵または通常の部隊で構成されていたため、ポーランド側で戦っている軍隊の正確な数を見積もることは困難です。 [35]ロシア駐屯軍の給料ロールは保存されており、イーゲルストロームが利用できる正規兵の数はかなり正確である。 [35]

ポーランドの正規軍は、3000人の兵士と150頭の馬で構成されていました。 [35]ポーランド最大の部隊は、950人の兵士を擁するポーランド王領連隊のフットガードであった。 [36]連隊は、市内中心部から離れたジョリボルシェの兵舎に駐屯していたが、王宮と戦略的に重要な建物のいくつかを守る責任も負っていた。 [37]第10歩兵連隊は600名に減らされることになっていたが、1794年4月にはまだ約850名の兵士を集めることができた。 [38]さらに、縮小されたフュージリア連隊の2つの会社がアーセナルの近くに駐屯しており、まだ248人の兵士がいた。 [39]

ポーランド軍には、復員のさまざまな段階にあるさまざまな小さな部隊が含まれていました。その中には、第4騎兵連隊、第5騎兵連隊の331人、かつて強力だったポーランド王冠連隊のホースガードの364人が含まれていました。 [40]プラガの東部地区には、680人の男性と337頭の王立ウーラン中隊と工学大隊(「ポントニエ」)がいた。 [35] [39]後者の部隊はヴィスワ川を渡り、戦闘に参加したが、馬を川の反対側に残さなければならなかったため、標準的な歩兵として機能した。 [41] [42] Kazimierz Bartoszewiczは、蜂起のモノグラフで、さまざまな非正規軍に仕える町民の数は3000を超えず、おそらく合計で1500から2000の間であると評価している。ワルシャワに彼らのユニットを追ったポーランドのユニット。 [34]

ロシアのワルシャワ駐屯軍の名目上の戦力は、1500人の騎兵、39門の銃を持った少なくとも1000人の砲兵、不特定多数のコサックを含む11,750人でした。 [43]ロシアの将校の間での広範な腐敗のため、ロシアの歩兵大隊は、名目上の強さ960ではなく、500人以上の兵士を武装させることはめったになかった。の中に Gazeta Wolna Warszawska 新聞によると、ロシアの駐屯軍には、7,948人の男性、1,041頭の馬、34の銃がありました。 [35] [43]彼らのほとんどはシベリアとキエフの擲弾兵連隊の兵士だった。 [43]さらに、イーゲルストロームは、ポヴォンスキ墓地とマリモントの間の野原にある市の西に駐屯しているフリードリッヒ・フォン・ヴェルキー将軍のプロイセン部隊に支援を要請することができた。後者の部隊には1,500名の兵士と4門の大砲がありました。 [16] [30] [44]

ロシア軍は1792年のポーランド・ロシア戦争後に市内に残されたポーランド軍よりも数が多かったものの、ロシア兵は市内各地に散らばり、多数の倉庫を守ったり、将校の住居の前に前哨基地を配置したりしました。 [43]さらに、武装蜂起の場合の彼らの命令はしばしば矛盾しており、通常のポーランドの部隊と戦う可能性を考慮していなかった。 [45]

オープニングムーブ編集

土曜日に教会を取り巻くというロシアの計画がポーランド人によって発見された後、蜂起はすぐに始まるべきであると決定されました。 [46]聖水曜日に、ポーランドの駐屯軍は密かにボレーと砲兵の突撃を与えられ、夜通し都市の様々な場所に派遣された。 [30]ロシア人は蜂起の準備を意識しており、彼らの軍隊も追加の弾薬を装備していた。 [16] [47] 03:30に、約20人のポーランドの竜騎兵がミロー兵舎を出てサスキ庭園に向かった。 [48]鉄の門を守る2門の大砲を装備した小さなロシア軍に遭遇し、戦隊はロシア軍の陣地に突撃し、銃を捕獲した。 [48]その後まもなく、ロイヤルホースガード連隊の残りは兵舎を徒歩で去り、2つの方向に向かった:ウォラの都市の外門に向かって、そしてロシア軍が攻撃を準備していたワルシャワ兵器庫に向かって。 [16]アーセナルの乗組員には、 国立騎兵隊 ヴィスワ川を一晩渡ったジャン・イェジ・ギースラー大佐の下で。 [49]

05:00に、アーセナルへの計画されたロシアの攻撃が始まりましたが、ポーランド軍からの予期せぬ反対によって撃退されました。 [48]最初のショットの後、アーセナルの乗組員はすぐに戦いに加わった民間の志願兵に武器を配り始めた。 [48]兵器庫は確保されたが、建物や兵舎ではなく路上でロシア兵のほとんどを捕まえるというポーランドの計画は失敗した。大砲で武装したそのようなグループの1つは、ワルシャワの旧市街を突破してクラシンスキー広場に向かい、他の2つのグループはドゥーガ通りに沿って行進し始めました。 [48]彼らの行動は、蜂起を都市のすべての部分に広げた。 06:30まで、通常の部隊と民兵は、ナレフカ、ボニフラテルスカ、クロポット、レシュノの各通りでロシアの前哨基地と衝突した。 [50]

関係するすべての部隊が双方の計画について知らされていなかったので、最初の衝突は多くの混乱を引き起こしました。そのような部隊の中にはロイヤルフットガード部隊があり、それは城の広場に突入し、そこでさらなる命令を待つことになっていた。小さな軍隊は、城の中庭に現れるとすぐに君主を守ることを約束しましたが、近くの戦いの音を聞いて、部隊は王を去り、ミオドワ通りでの戦いに加わりました[51] [52]ロシア軍、アーセナルの門での最初の失敗の後、押し戻され、ミオドワ通りに向かって撤退し、そこで彼らはイゲルストロムの宮殿の前に集まった。そこで彼らはクラシンスキ宮殿の庭園に駐屯している小さなポーランド軍によって砲撃されましたが、ポーランドの部隊を破壊し、再編成と結集に成功しました。 [16]イーゲルストロームの本部が市内の他の地域から切り離されており、市内中心部の外に駐屯しているロシアの部隊に増援の要請を送ることができず、ロシアの指揮系統が実質的に麻痺している。 [53] 07:00までに混乱は部分的に解消され、ミオドワ通りでの激しい戦闘は、アーセナルとイゲルストロムの本部の近くで通常の戦闘に変わり、双方が両方の建物を確保するのに苦労した。 3つのロシアの攻撃グループ(それぞれ大隊の強さ)が、トウォマツキエから、ミオドワ通りに沿って、そしてフランシスカンスカ通りから、3つの側面からアーセナルを攻撃しました。 [53]すべてのロシアの攻撃は両側で大きな損失で撃退され、ポーランド人はミオドワ、セナトルスカ、レシュノ、ポドウェール通りのロシアの陣地に対して反撃を開始したが、ほとんど成功しなかった。 [53] [16]

レズノ通りへの攻撃は、カルメル会教会の前の位置を占めるロシア大隊を狙ったものでした。 [54]数時間の激しい近接戦闘の後、ロシア軍は教会自体に撤退することを余儀なくされ、そこで戦闘が続いた。ロシアの兵士は降伏し、ほとんどが将校である小さな分遣隊だけが教会内で戦いを続け、そこで彼らのほとんどが死んだ。[16]また、ボニフラテルスカ通りに駐屯していたチトフ少佐のロシア大隊は、07:00頃にポーランド人に攻撃された。 4時間の戦闘の後、ロシア人は市の西部郊外に向かって撤退しました。 [16]

06:00、フィリップ・ハウマン大佐の指揮するポーランド第10歩兵連隊は、市内中心部の南にあるウヤズドゥフの兵舎を離れ、王宮に向かって進軍を開始しました。 [55] [56]ロシアの階級の混乱の影響として、連隊は、ロシアの指揮官が何をすべきかわからなかったので、そこに駐留するロシアの部隊に反対されないノビ・シフィアト通りとシフィトクルジスカ通りに到達した。 [55]それは、600人以上の兵士と5個の大砲からなるクラコウスキー・プルゼドミエシエ通りでロシア軍によって阻止され、ミワゼヴィチ将軍によって指揮された。 [55] [56]ロシア軍は、カジミエツ宮殿(現在のワルシャワ大学が回復)と聖十字架教会の前の両方で、通りの両側に戦略的に移動した。ハウマン大佐はロシアの司令官と長い交渉を開始し、ポーランド軍の通過を許可するよう求めた。 [55] [56]交渉は破られ、08:00にポーランド連隊がロシアの陣地を襲撃した。 [56]その後の小競り合いの後、ポーランドの部隊は部分的に分散し、撤退しなければならなかった。 [55] [56]スタニスワウ・リプニッキ少佐の部隊の一部はドミニカ教会に撤退し、そこで戦いが続いた。 [55] [56]シプニエフスキー中尉の下にある他の部隊がブラニッキ宮殿に突入したが、他の部隊はロシア人を追い越して旧市街に向かってさらに進んだ。 [56]そのため、ミワゼヴィチ将軍の指揮するロシア歩兵とガガーリン王子の指揮する小さな騎兵隊は勝利したものの、窮地に立たされて取り囲まれた。 [56] [55]さらに、ヤン・キリニスキ[注1]の下で小さいながらも騒々しい民兵部隊が後部に現れ、その地域のすべてのポーランド軍部隊があらゆる方向からロシア軍を襲撃し、その結果、ロシアのユニット。 [55] [56]ミワゼヴィッチ将軍は、カジミエシュ宮殿に向かって部隊の残党と共に退却しようとして負傷し、ガガーリン王子はサスキ庭園に向かって何人かの騎兵と共に退却し、そこで彼らはほとんどすべてを殺した民間人に待ち伏せされた。 [56] [注2]その後、第10連隊は正午頃に改革され、城広場に向かって移動し[60]、旧市街でのより小さなロシア軍との戦いに参加した。 [61]

市内中心部編集

第10連隊の勝利は、ロシア軍の士気を壊したため、蜂起のターニングポイントをマークしました。 [20] [62]正午以降、イゲルストロムの本部の前で、ミオドワ通りとアーセナルでの戦闘が続き、両陣営は市内各地から援軍を集めた。ロシア軍部隊は最強の防御力を発揮し、フランシスコ会教会の方向に退却することを余儀なくされたが、ポーランドの初期の攻撃を撃退し、ポーランド軍が背後から攻撃するために使用していたクラシンスキー宮殿を占領した。同時に、宮殿の庭はポーランドの手に残り、激しい戦いがその地域にも広がりました。 [53]ポビシレの自治区のヴィスワ川にあるサノフスキーの家の場合のように、都市の他の地域では、小さなロシア軍が孤立した邸宅で身を守った。そこでは小さなロシア軍が午後遅くまで第10連隊に対して激しい抵抗を示した。 [16]近くでは、メイヤー少佐の指揮下にあるロシア軍が、それぞれ大砲で武装した2つの会社で構成されており、クウィシンスキーの浴場で数時間防御した。 [64]第10連隊による繰り返しの告発の後、ロシアの司令官は80人以下の兵士を残され、川の反対側に退却した。 [16] [65]

その間、王とタルゴヴィツァ連盟の何人かのメンバーはワルシャワ城に避難しました。その中には、ピョトル・オサロウスキー、ヨゼフ・アンクヴィッチ、グレート・クラウン・マーシャル・フリデリク・ヨゼフ・モジンスキ、そして王の兄弟カジミェシュ・ポニアトフスキがいました。 [66]そこから彼らは平和を取り戻そうとしたが、成功しなかった。 [67]ポニアトフスキーは、2人の信頼できる人物を軍の指揮官に指名した。イグナツィ・ヴィソゴタ・ザクルゼフスキーがワルシャワの市長になり、スタニスワフ・モクロノフスキー将軍がワルシャワ軍の最高司令官になったが、どちらもすぐに蜂起を支持するようになった。 [68]

同時に、イワン・ノヴィツキー将軍はエルサレム・アベニューの西端にロシア軍の半分以上を集めました。 [55] [62] 4,000人の兵士が、発砲されることなくそこから撤退した。 [55] [62]集結した部隊の中には、ロシアの計画によれば、ワルシャワ南部全体を確保するための部隊があった。バゴー少佐が指揮する第10連隊との戦いに参加する部隊の[62]ノヴィツキーは、数時間の揺れの後、3000人の兵士と10門の大砲の救援部隊を組織し、市内中心部に向かって行軍を開始した。 [61]柱は反対せずにマルサウコフスカ通りを横切り、サクソン広場に到達した。 [63]そこでは、6ポンド砲1門で武装した100人以下の民間人のごくわずかな部隊が出会った[注3]。 [62] [61]ポーランドの部隊は大砲から発砲し、広場を横切って北端のブリュール宮殿に向かって徐々に後退し始め、ずっと発砲した。 [61] [62]同時に、ロシアの司令官は命令を出さず、彼のコラムは単に発砲した。 [61] [69]数、訓練、装備ははるかに劣っていたが、ノヴィツキーが部隊の支配を失ったため、ドロズドフスキーの部隊はロシア軍の攻撃を受けなかった。 [61] [69]ロシアの兵士は階級を破り、無防備なサスキ宮殿に入り、そこで彼らはアルコールでいっぱいの地下室を押収した。 [61]ポーランド人は、攻撃されることなく、ほぼ3時間砲撃を続けた。 [61] [69]ポビシレから戻ってきた第10連隊の会社がクロレフスカ通りに現れたとき、ロシア人はエルサレムアベニューに向かって無秩序な後退を開始し、イゲルストロムを彼の運命に任せた。 [69] [61]

ロシア部隊の撤退により、ポーランド人は、ワルシャワの新市街から旧市街の北門に向かう千人の兵士による攻撃を含む、ロシア軍による他の攻撃も撃退することができました。ロシア軍は旧市街に突入したが、すべての銃と半数以上の部隊を失った。また、ティシュチェフ将軍の指揮下で、ミオドワ通りからアーセナルへの攻撃が繰り返された。 [16] 3列で接近しているロシア人は彼らの作戦を調整せず、ポーランド人がそれらを別々に扱うことを可能にした。 [71]ティシュチェフの下の最初のコラムは、ミオドワ通りから15:00にアーセナルに接近した。 [72]建物の砲塔の1つが爆発したが、ロシア軍が援軍を集める前に、ポーランド人は30分以内に暴行を撃退した。 [72] 2番目のロシアの列はクラシンスキー庭園を通ってアーセナルに接近したが、茂みに隠されたいくつかの大砲からの大火によって止められた。 [72]ティシュチェフが個人的に指揮した第3ロシア大隊は、西からアーセナルに近衛兵によって止められたレズノ通りに沿って接近した。 [72]激しい戦いの後、砲弾が彼の足を引き裂いた直後にティシュチェフは死に、彼の残りの部隊はポーランド人に降伏した。 [72]

このような状況で、ポーランド人はイゲルストロムの宮殿と彼の周りにいた軍隊の位置を捕らえることを目的とした反撃を開始しました。 [72]これらには、ヨハン・ヤコブ・ピスター下の大隊、パルフィエニエフ大佐が指揮するメアリーウィルから引き出された大隊、有名なシベリア連隊の大隊、およびバウア准将の下の騎兵隊が含まれていた。 [72]パルフィエニエフの部隊を除くすべての部隊は、以前はアーセナルと王宮への攻撃の失敗に関与しており、全員が戦闘で強化されていた。ポーランド人が宮殿の向かいのセナトルスカ通りに沿っていくつかの建物を取り、窓からロシア人に発砲したとき、ロシア人は彼らの階級を再編成することができず、宮殿と近くのカプチン教会に隠れました。 16:00の前に、Działyńskiの連隊はSenatorska通りに到着し、宮殿への正面攻撃を開始しましたが、ロシアの擁護者によって血まみれに撃退されました。 [73]近くの家の窓や屋根からの絶え間ない火事により、彼らは反撃を仕掛けることができず、両側が膠着状態に達した。 [73]そのため、イーゲルストロームはほとんど選択肢がなく、外部からの援軍を待つしかなかったが、それは起こらなかった。 [73]暗くなった後、チトフ少佐の下の小さな部隊がイーゲルストロームに突入したが、彼の力は膠着状態を打破するほど強力ではなかった。 [68]

宮殿にたどり着くことができなかったポーランド人は、カプチーナ教会と隣接する修道院の前でロシア軍の陣地を襲撃しました。ロシア人は中庭に撤退し、そこから戦闘が修道院全体に広がりました。 [74]ポーランド人は中庭を確保し、そこに大砲を置いたため、修道院を襲撃することができたが、両陣営に大きな損失をもたらした激しい白兵戦が夜遅くまで続いた。 [74]次の夜、いくつかの小さなロシアの部隊は結束を失い、自力で撤退しようとした。 [74]多くの兵士が略奪に従事し、クラシンスキーの宮殿は蜂起の間に兵士によって略奪された最も著名な建物の1つでした。 [74]

一晩中、街のさまざまな場所での戦いが続いた。孤立したロシアの部隊は、市内のさまざまな場所にある家で身を守った。 [61] [74] 4月18日の早朝、モクロノフスキーは市内に残っている主要なロシアの拠点であるミオドワ通りの大使館に集中した。 [75]民間の志願兵で補強されたポーランドの部隊は、建物の中庭への繰り返しの攻撃を続けた。 [75]全員が血まみれに撃退されたが、ロシア人もまた、特に通りの反対側に位置する建物からの絶え間ない火事によって、重大な損失を被った。 [75]ロシア人は、ミオドワ通りとドゥウガ通り、そしてクラシンスキー広場と宮殿で区切られた小さなエリアを持っていた。 [75]彼の宮殿のさらなる防衛は無駄であると信じて、イゲルストロムはそこに400人のトークン軍だけを残し、クラシンスキー宮殿に撤退した。 [75]彼は市内中心部から突破するために出撃を準備することを計画したが、周囲の通りはすべてポーランド軍と大砲で埋め尽くされていた。 [20] [75]

イーゲルストロームは、蜂起中に彼の軍隊のほとんどを指揮することができなかったため、10:00頃に降伏する許可を要求した[75]。 [4]休戦が認められた後、彼はポヴォンスキのワルシャウ近くのプロイセン収容所に撤退し[1] [61] [75]、さらに都市から離れてカルチェフに向かった。 [76]イーゲルストロームで退却した部隊の正確な数は不明であり、出所によって異なるが、ほとんどの推定では、8門の大砲を備えた300人から400人の男性とされている。 [76]イーゲルストロームの撤退が発見されるやいなや、ロシア軍の陣地への攻撃が再開された。 [76]大使館を擁護し、イゲルストロムの退却を覆った残りの部隊は、最終的に弾薬を使い果たし、キリンスキーの民兵の支援を受けて、カリノフスキー下の第10連隊の部隊によって17:00までにその陣地が制圧された。 [76] [33]ポーランド軍は地下室でロシア人によって拘束された政治犯を釈放し、1763年以来のポーランドでのロシアの秘密作戦のすべてをカバーする大使館の秘密のアーカイブのほとんどを確保することができた。大使館のための最後の戦いは、パルフィエニエフ大佐でした。 [76]捕獲された文書の中には、ロシアの給与に関するさまざまなポーランド当局者のリストがあった[77] [78]、それらの多くは後に処刑された。ポーランド軍はまた、95,000の黄金のドゥカートを超えて、ロシア大使の宝庫を占領しました。 [76]このポーランドの勝利は蜂起の終わりを示し、最後のロシア軍部隊は敗走または撤退した。 [76]ロシアの抵抗の最後の小さなスポットは、その日に排除または降伏した。 [76]

混沌とした戦いの間に、ロシア軍は2,265人の男性を殺し、約2,000人を負傷させた。 [注4] [76]さらに、1926年のロシア兵が161人の将校を含む捕虜にされた。 【注5】

ポーランドの正規軍の損失は800から1000人の死傷者に達し[76]、民間人の死傷者とさまざまな非正規軍ユニットの損失は700を超えなかった。[76]

いくつかの要因がロシアの敗北に貢献しました。イゲルストロムは駐屯軍の規模を縮小し、コジオスコの主要部隊に対処するために部隊の一部を派遣し、残りの連隊を無能に配置したため、互いに簡単に切り離され、ポーランド軍に圧倒された。 [4]暴動の開始から、ポーランド軍は民間人に助けられ、群衆が都市の兵器庫を占領した後、彼らの側に驚きを持っていた[79]、ロシアの兵士は都市全体で攻撃を受けていることに気付いた。 [80]

ワルシャワでの蜂起は、コジオスコの大義全体にとって重要な勝利を示し、ワルシャワでの勝利の反響が全国に広がりました。 [81]イグナツィ・ザクルゼフスキーは市の最高司令官兼市長になった。 [82]モクロノフスキー将軍は、同時に彼のいとこであった王に、蜂起を支持するよう繰り返し懇願した。王は拒否し、市内の権力は暫定臨時評議会(ポーランド語: RadaZastępczaTymczasowa)Zakrzewski、Mokronowski、JózefWybicki、Kilińskiで構成されています。モクロノフスキーは、コジオスコに反対したため、すぐに評議会から除名されました。 5月27日、評議会は解散し、権力はコジオスコの最高国家評議会(ポーランド語: RadaNajwyższaNarodowa)。 5月9日、JózefAnkwicz、JózefKossakowski、hetmanPiotrOżarowski、hetmanJózefZabiełłoを含むタルゴヴィツァ連盟の4人の著名な支持者が、反乱裁判所によって死刑判決を受け、ワルシャワで絞首刑に処されました。 [83]数週間後の6月28日、怒った暴徒が刑務所を襲撃し、タルゴヴィツァの他の支持者を絞首刑にした。 [84]フェリックス・ポトッキは、彼の肖像画が絞首台に掲げられているのを発見されなかった。 [85]コジオスコはすぐにリンチの暴徒に終止符を打ち、「昨日ワルシャワで起こったことは私の心を苦しみと悲しみで満たした。法律に従わない者は自由に値しない」と宣言した。 [86]

ワルシャワの国民民兵は2万人以上の兵士に成長し、ロシアと戦うポーランド軍の大部分を構成しました。 [33]これには、ピーター・ジャズヴィンスキーによって組織された1200人の騎手と、キリンスキーの下で6000人の騎手が含まれていました。 [86]

蜂起はロシアでも公然とコメントされた。この敗北の結果、イーゲルストロームは恥ずかしそうに呼び戻された[79]が、将来の戦いで自分自身を償還することになる。 19世紀、ワルシャワでの戦いはワルシャワの暴徒によって非武装のロシア兵の「虐殺」と呼ばれたため、1794年の蜂起はロシア帝国の歴史学で悪い光の中で提示されました。 [注6]ロシアの歴史家プラトン・ジュコビッチは、聖体拝領中に正教会で虐殺された非武装のロシア兵の多くの恐ろしい、しかし事実に反する記述との出来事の関係を示した[80]ワルシャワには正教会がなかったにもかかわらず、その時[88]、キリンスキーの民兵の参加はひどく過大評価されており、ロシアの駐屯軍が武装していないという説を確認する情報源は他にない。この戦いでの敗北は、プラハの虐殺の理由の1つと見なされることがあります。プラハでは、ロシア軍がその年の後半にワルシャワを再征服した際に、1万人から2万人の民間人を殺害しました[注7]。 [89]

ワルシャワ蜂起は、ワルシャワの未知の兵士の墓に「WARSZAWA 17 IV – 4XI1794」の碑文で記念されています。

脚注編集

  1. ^ その軍隊の民間人の数はおそらく150人以下でしたが、彼の回想録のキリンスキーはロシアとポーランドの両方の数を真剣に誇張していました。 [57]彼の回想録の中で、彼は4000のロシア軍と5000の民兵部隊を引用している。[58]
  2. ^ 人気のある伝説によると、ガガーリンはある鍛冶屋の弟子との戦いで亡くなり、彼は鉄の棒で彼を殺しました。 [58] [59]
  3. ^ クキエルは言及します 60〜100人の男性、[61]ピスター 50から60、2人の砲兵将校. [62]
  4. ^ ウィリアムズは2,000人の死者、[1]クキエル2,250人を引用している。 [2] PWN百科事典は「4,000人以上の兵士が失われた」と述べていますが、この数には死者と負傷者の両方が含まれています。 [3]
  5. ^ クキエルは1,500人の囚人を引用している[2]。ランボーとサルトゥスは2,000人に言及している。 [4]
  6. ^ ジュコビッチの言葉で: 1794年のワルシャワでの聖週間の木曜日に、共謀者たちは互いに遠く離れて配置されたいくつかのロシアの分遣隊を攻撃しました。これは前代未聞の規模の虐殺を開始しました。ある教会では、聖体のために武装していない500人の兵士が殺されました。流血に襲われた群衆は兵器庫を略奪し、ロシア人はすべての窓や屋根、通りにいる人、家から逃げている人から際限なく撃たれました。誰も通りを歩くことができませんでした。群衆はロシアの制服を着た人をひったくり、殴り殺した。王の軍隊はこの嫌な虐殺に参加しました。王自身には、蜂起を主導する勇気も、それを止めるための措置を講じる勇気もありませんでした。結局、ロシア軍の残党はワルシャワを去らなければなりませんでした. [87]
  7. ^ 見積もりはさまざまです。詳細については、プラガの戦いに関する記事を参照してください。

引用編集

  1. ^ NSNSNSウィリアムズ、Googleプリントp。 418。
  2. ^ NSNSNSNSクキエル、p。 186。
  3. ^ NSNS「IgelströmIosifA。」、¶1-2。
  4. ^ NSNSNSNSRambaud&Saltus、Googleプリントp。 122。
  5. ^クキエル、173〜175ページ。
  6. ^トカルツ、p。 52。
  7. ^ NSNSビデルー、p。 161。
  8. ^ NSNSZahorski、pp。17–36。
  9. ^Tokarz、pp。43–45。
  10. ^Bartoszewicz、pp。188–190。
  11. ^Storozynski、p。 185。
  12. ^トカルツ、p。 69。
  13. ^ NSNSBartoszewicz、p。 188。
  14. ^トカルツ、p。 46。
  15. ^ NSNSTokarz、pp。48–49。
  16. ^ NSNSNSNSeNSNSNSNSklNSNSBartoszewicz、pp。190–211。
  17. ^ NSNS「Rozbiciespiskuw Warszawie」、¶2-7。
  18. ^Reszka、¶「BitwapodRacławicami」。
  19. ^ウィリアムズ、Googleプリントp。 418。
  20. ^ NSNSNSPistor&Prawdzic-Chotomski、p。 150。
  21. ^Wojda、p。 100。
  22. ^Bartoszewicz、pp。185–188、190。
  23. ^Bartoszewicz、pp。185–188。
  24. ^Tokarz、pp。51–59。
  25. ^ NSNSNSSzyndler、93〜94ページ。
  26. ^ルコウスキー、p。 258。
  27. ^トカルツ、p。 49。
  28. ^トカルツ、p。 51。
  29. ^トカルツ、p。 54。
  30. ^ NSNSNSクキエル、p。 183。
  31. ^Pistor&Prawdzic-Chotomski、p。 37。
  32. ^トカルツ、p。 60。
  33. ^ NSNSNSBorejsza、59〜60ページ。
  34. ^ NSNSトカルツ、p。 68。
  35. ^ NSNSNSNSeNSBartoszewicz、p。 192。
  36. ^トカルツ、p。 61。
  37. ^Tokarz、pp。61–62。
  38. ^Tokarz、pp。62–63。
  39. ^ NSNSトカルツ、p。 64。
  40. ^Tokarz、pp。65–67。
  41. ^Korzon、pp。370–374。
  42. ^Bartoszewicz、pp。192–193。
  43. ^ NSNSNSNSeトカルツ、p。 32。
  44. ^Tokarz、pp。32–40。
  45. ^Tokarz、pp。40–42。
  46. ^Storozynski、p。 186。
  47. ^トカルツ、p。 42。
  48. ^ NSNSNSNSeクキエル、p。 184。
  49. ^ハーブスト、p。 7。
  50. ^トカルツ、p。 110。
  51. ^ポニアトフスキー。
  52. ^Bartoszewicz、p。 193。
  53. ^ NSNSNSNSKukiel、pp。183–190。
  54. ^トカルツ、p。 115。
  55. ^ NSNSNSNSeNSNSNSNSkクキエル、184〜185ページ。
  56. ^ NSNSNSNSeNSNSNSNSBartoszewicz、pp。194–195。
  57. ^Bartoszewicz、pp。190、192、195。
  58. ^ NSNSBartoszewicz、p。 195。
  59. ^クディノフ、¶43「ФёдорСергеевич(1757–1794)」。
  60. ^Bartoszewicz、pp。195–196。
  61. ^ NSNSNSNSeNSNSNSNSklクキエル、p。 185。
  62. ^ NSNSNSNSeNSNSBartoszewicz、p。 196。
  63. ^ NSNSクキエル、185〜186ページ。
  64. ^Tokarz、pp。157–159。
  65. ^トカルツ、p。 159。
  66. ^トカルツ、p。 106。
  67. ^Tokarz、pp。107–109。
  68. ^ NSNSBartoszewicz、p。 199。
  69. ^ NSNSNSNSBartoszewicz、pp。196–197。
  70. ^Bartoszewicz、p。 197。
  71. ^Bartoszewicz、pp。196–199。
  72. ^ NSNSNSNSeNSNSBartoszewicz、pp。197–198。
  73. ^ NSNSNSBartoszewicz、pp。198–199。
  74. ^ NSNSNSNSeBartoszewicz、pp。199–200。
  75. ^ NSNSNSNSeNSNSNSBartoszewicz、p。 200。
  76. ^ NSNSNSNSeNSNSNSNSklBartoszewicz、p。 201。
  77. ^Nałęcz、p。 10.10。
  78. ^Suchodolski&Ostapowicz、pp。159–160。
  79. ^ NSNSレドンヌ、p。 59。
  80. ^ NSNSZhukovich、¶1-13。
  81. ^Storozynski、p。 188。
  82. ^Storozynski、p。 197。
  83. ^Storozynski、p。 192。
  84. ^デイビス、p。 540。
  85. ^Storozynski、p。 195。
  86. ^ NSNSStorozynski、p。 196。
  87. ^Zhukovich、¶2。
  88. ^Grygorowicz、pp。331–332。
  89. ^シェフォフ、79〜80ページ。

参考文献編集

  • (ポーランド語)Kazimierz Bartoszewicz(1913) "»ŚwiętaInsurrekcyja«wWarszawie" [ワルシャワの "HolyInsurrection"]。 DziejeInsurekcjiKościuszkowskiej [コジオスコの蜂起の歴史]。ウィーン:フランシスゼクボンデ。 NS。 368.OCLC10599661。 2011年9月28日にオリジナルからアーカイブされました。2002年に次のように転載されました。
  • Kazimierz Bartoszewicz(2002)。 Powstania polskie 1794DziejeInsurekcjiKościuszkowskiej。ポズナン:クルピス。 ISBN978-83-88841-17-0。
  • ロバートビデリュー(1998)。 東ヨーロッパの歴史:危機と変化。ラウトレッジ。 NS。 161.ISBN978-0-415-16112-1。
  • さまざまな著者JerzyW。Borejsza(2002年6月6日)。ジョセフ・クライツマイケル・ハルツェルリー・H・ハミルトン(編)。 フランス革命の世界的影響。ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局。 pp。59–60。 ISBN978-0-521-52447-6。
  • ノーマンデイビス(1984)。 神の遊び場:ポーランドの歴史。コロンビア大学出版。 NS。 540。ISBN978-0-231-05351-8。
  • (ポーランド語で)
  • Aleksander Grygorowicz(1999)。 「Nowożytnaarchitekturacerkiewna」[現代正教会の建築]。 KrzysztofLeśniewskiJadwigaLeśniewska(編)。 Prawosławie [正教会](PDF)。ルブリン:ルブリン-ヘウムの正教会主教区。 pp。331–332。 ISBN978-83-907299-9-2。 2009年3月26日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました。 2014年10月2日取得。
  • スタニスワフハーブスト(1959–1960)。 「ジャン・イェジラー」。 Kazimierz Lepszy(ed。) PolskiSłownikBiograficzny. VIII。ワルシャワ:ポーランド科学アカデミー。 NS。 7.OCLC2098998。
  • Jerzy Lukowski(2013)。 Liberty's Folly:18世紀のポーランド・リトアニア連邦、1697-1795 (2版)。ロンドン-ニューヨーク:ラウトレッジ。 ISBN978-1-136-10364-3。
  • (ポーランド語で)
  • Tadeusz Korzon(1882–1887)。 WewnętrznedziejePolskizaStanisławaAugusta [スタニスワフ8月の治世中のポーランドの歴史]. IV。クラクフ:ポーランド技能アカデミー。 pp。370–374。 OCLC831226863。
  • (ロシア語で)
  • Dmitriy Kudinov(2005)。 "РодословнаяросписькнязейГагариных" [ガガーリン王子の系譜]。 КнязьяГагарины(ガガーリン王子) 。 2006年6月27日取得。
  • (ポーランド語で)
  • マリアン・クキェル(1929) 「Bitwawarszawska」[ワルシャワの戦い]。 ZaryshistoriiwojskowościwPolsce [ポーランド軍の簡単な歴史](3版)。クラクフ:KrakowskaSpółkaWydawnicza。 pp。183–190。 OCLC5900707。 2014年10月2日取得。
  • ジョンP.レドンヌ(1996)。 ロシア帝国と世界、1700年から1917年:拡大と封じ込めの地政学。オックスフォード大学出版局米国。 NS。 59.ISBN978-0-19-510927-6。
  • (ポーランド語で)
  • TomaszNałęcz(2003年12月15日)。 「Łapówkabywałacnotą。」Gazeta Wyborcza:Dużyフォーマット (インタビュー)(51)。 PawełWrońskiによるインタビュー:10。ISSN0860-908X。 2014年10月7日取得。
  • ヨハン・ヤコブ・ピスター(1806)。 MémoiressurlarévolutiondelaPologne、trouvésaBerlin [ベルリンで書かれたポーランド革命の回顧録] (フランス語で)。パリ。 NS。 167.OCLC19682696。 (ポーランド語)翻訳:
  • JohannJakobPistorBolesławPrawdzic-Chotomski(transl。)(1906) Pamiętnikiorewolucyipolskiejz roku 1794。ワルシャワ:BibliotekaDziełWyborowych。 NS。 150.OCLC38991852。
  • (ポーランド語で)
  • スタニスワフアウグストポニアトフスキ(1995)。 ZbigniewGóralski(編)。 Pamiętniki [紀要]。 Aleksandra Januszewska(翻訳)。ワルシャワ:リンパイ。 pp。281(2)。 ISBN978-83-86016-85-3。 OCLC749381029。
  • アルフレッドランボーエドガーサルトス(1902年)。 ロシア。世界の国々。レオノーラB.ラング(翻訳)。ニューヨーク:P。F。コリアーと息子。 NS。 122.OCLC3099256。 IGELSTRoM。
  • (ポーランド語で)
  • Grzegorz Reszka(2005)。 PrzemysławSierechan(編)。 「Insurekcjakościuszkowska」[コシチュシュコの蜂起]。 polskiedzieje.pl 。 2014年10月2日取得。
  • (ロシア語で)
  • ニコライ・アレクサンドロヴィッチ・シェフォフ(2002)。 「ВАРШАВАI(Польскоевосстание、1794)」[ワルシャワの最初の戦い– 1794年のポーランドの蜂起]。 БитвыРоссии [ロシアの戦い]。 Voyenno-istoricheskayabiblioteka。モスクワ:ACT。 ISBN978-5-17-010649-3。 Сражениеотличалосьбольшимупорствомикровопролитием。 Русскиесолдаты、помняорезнесвоихтоварищейвВаршавеполгоданазад、пощадынедавалиникм
  • アレックスストロジンスキー(2009)。 農民の王子:タデウシュコシチュシュコと革命の時代 。ニューヨーク:トーマスダンブックス、セントマーチンズプレス。 pp。370.ISBN9780312388027。
  • (ポーランド語で)
  • SławomirSuchodolskiDariuszOstapowicz(2008)。 Obalaniemitówiステレオタイプ:od Jana IIISobieskiegodoTadeuszaKościuszki [神話と固定観念を打ち破る:ヤン3世ソビエスキー王からタデウシュコシウスコまで]。ワルシャワ:ベローナ。 ISBN978-83-11-11050-2。
  • (ポーランド語で)
  • BartłomiejSzyndler(1994)。 Powstaniekościuszkowskie1794 [コシチュシュコ蜂起1794年](1版)。ワルシャワ:アンカー。 ISBN978-83-85576-10-5。
  • (ポーランド語で)
  • WacławTokarz(1934)。 Insurekcja warszawska:17 i 18 kwietnia 1794r。 [ワルシャワの反乱:1794年4月17日と18日]。リヴィウ:オッソリネウム。 OCLC30636631。 2014年10月7日取得。
  • ヘンリー・スミス・ウィリアムズ(1905)。 世界の歴史家の歴史。 17:スイス(結論)、ロシア、ポーランド。ニューヨーク:展望会社。 OCLC12277434。
  • (ドイツ語で)
  • Karol Fryderyk Wojda(1796) Versuch einer Geschichte der letzten polnischen Revolution vom Jahr 1794 [1794年の最新のポーランド革命の歴史のスケッチ]。チューリッヒ:オレル&フュッスリ。 OCLC832203084。 2014年10月2日取得。
  • (ポーランド語で)
  • Andrzej Zahorski(1992)。 「Powstaniekościuszkowskie1794」。 Stefan KieniewiczAndrzejZahorskiWładysławZajewski(編)。 Trzy powstania narodowe [3つの国家蜂起]。 KsiążkaiWiedza。 NS。 428.ISBN978-83-05-12578-9。
  • (ロシア語で)
  • プラトン・ジュコビッチ(1912年)。 「КонецПольши」[ポーランドの終わり]。 РоссияподскипетромРомановых1613–1913 [ロマノフ家のセプターの下のロシア]。サンクトペテルブルク:Izd。 VysochaĭsheuchrezhdennagoKomitetadli︠a︡ustroĭstvaprazdnovanīi︠a︡trekhsotli︠e︡tīi︠a︡t︠th︠s︡arstvovanīi︠a︡DomaRomanov NS。 318.OCLC9834250。
  • (ポーランド語で)
  • 「IgelströmIosifA。」。 PWN百科事典。ワルシャワ:ポーランド科学出版社PWN。
  • (ポーランド語で)
  • Jasiorowski。 「RozbiciespiskuwWarszawie」[ワルシャワの陰謀の阻止]。 パトロン。ヤンキリニスキのモギエルニツァ学校。 2014年10月2日取得。
  • アーセナル(著者)(2006年1月6日)。 「フォーメーションの起源」。 アーセナル、ポーランド連隊協会。 2006年5月28日にオリジナルからアーカイブされました。 2006年6月19日取得。

さらに読む編集

  • Andrzej Zahorski(1985)。 Warszawawpowstaniukościuszkowkim(コシチュシュコの蜂起におけるワルシャワ) (ポーランド語で)。ワルシャワ。
  • Andrzej Ajnenkiel(1994)。 Tadeusz Rawski Janusz Wojtasik(編)。 Powstaniekościuszkowskie1794 [コシチュシュコの1794年の蜂起] (ポーランド語で)。ワルシャワ:Ergos、Wojskowy InstytutHistoryczny。 NS。 451+。 ISBN83-86268-11-5。

200ミリ秒15.9%Scribunto_LuaSandboxCallback :: getExpandedArgument200ミリ秒15.9%? 180ミリ秒14.3%Scribunto_LuaSandboxCallback :: getAllExpandedArguments 80ミリ秒6.3%getmetatable 60ミリ秒4.8%40ミリ秒3.2%Scribunto_LuaSandboxCallback :: plain 40ミリ秒3.2%20ミリ秒1.6%Scribunto_LuaSandboxCallback :: fetchLanguageNames20ミリ秒1.6%[その他] 60ミリ秒ロードされたウィキベースエンティティ:1 / 400->


成功したワルシャワ蜂起

赤軍がヴィスワ川で行き詰まった状態で、そこで待つ代わりに、赤軍のポーランド旅団がポーランドに入り、ワルシャワでの蜂起を助けたとしたらどうでしょう。 (ポーランドの部隊は川を渡ったが、ドイツ軍によって虐殺され、ここではるかに成功したキャンペーンを構想している)

彼らは、蜂起を支援するためにイギリス空挺部隊がワルシャワに投下されたという話でさえあったと思います。

蜂起が成功した場合はどうなりますか。


独立したポーランドのあるヨーロッパ。

アトレウス

ランダムキース

ミケーレ

アトレウス

アレフ

頭に浮かぶことの1つは、遅かれ早かれロシア人が次の攻撃を開始し、彼らがすべての力を必要とすることを知って、ドイツ人がワルシャワ蜂起と戦うために軍事資源を浪費することさえわざわざした理由です。

ナチスの指導者からワルシャワを破壊する(蜂起を復讐する)という圧力があったとしても、なぜ地元のドイツ軍司令官は西部戦線の多くの司令官がしたのと同じことをしなかったのですか? 、など&quot。

完全な力のポーランドの国内軍はスターリンが破壊するのがはるかに困難であり、そのような試みはスターリンと西側勢力との関係を弱めたでしょう-それはナチスにとって良いことだったでしょう。

ランダムキース

完全な力のポーランドの国内軍はスターリンが破壊するのがはるかに困難であり、そのような試みはスターリンと西側勢力との関係を弱めたでしょう-それはナチスにとって良いことだったでしょう。


それはもっと多くのシーンを作ります、まさになぜわざわざ、その時までにヒトラーと彼のスタッフはそれがちょうど復讐についてであったという現実に触れていなかったと思います。赤がドアをノックしてワルシャワ蜂起と戦うのは戦略的な意味合いではありませんでした。

Korwar

セラフィム74

ミケーレ

マーカス

OperationGreen

ソビエトはちょうど大規模な攻撃をしていました。上昇が起こったとき、彼らは立ち止まって後部を整理しなければなりませんでした。本当の問題は、上昇が激怒したとき、なぜ武器と物資を落とすイギリスの飛行機だけなのかということです。ソビエトは地上に軍隊を置く必要はありませんでした。彼らがする必要があるのは、ポーランド国内軍のために食料と武器を落とし続けるか、少なくともイギリス空軍ユニットにSU滑走路に着陸する機会を与えることでした。これだけでも、ポーランド国内軍に多大な助けを与えるでしょう。

ライジングにとってさらに興味深いのは、計画どおりにポーランド独立パラシュート旅団がホームガードを支援するためにワルシャワにパラシュートで降下した場合はどうなるでしょうか。彼らがイギリスの将校と一緒に立ち寄った場合、彼らはソビエトとの連絡を助けることができた。


しかし、最も重要な質問は単純です。

ポーランド人が勝ち、ドイツ人が追い出されたとしましょう。これらの勇敢な極を殺害するOTLのようにスターリンを止めるものは何ですか?ソビエトはいたるところにあり、英国と米国は助けることができません。スターリンは彼らが将来彼を脅かすことを許さなかったでしょう。

セラフィム74

ドイツ人がワルシャワから撤退した場合、 アレフ 提案されたように、通りは澄んでいたでしょう。町は優れた橋頭堡です-反撃から防御するのは簡単です、それはすでに橋と道路を持っています。ドイツ人が撤退する前に橋を吹き飛ばしたとしても、最初から橋を建てるよりも橋を建て直す方が簡単です。


コンテンツ

協力の欠如と、ソビエト側の積極的な積極的な動きやその他のいくつかの要因により、ワルシャワ蜂起と嵐作戦は、ポーランド領土の一部を解放するという主要な目標を達成できなかったため、亡命政府はポーランド政府に忠実でした。ソビエトの傀儡政権の代わりにそこに設立される可能性があります。それが可能であったかどうか、そしてそれらの作戦が他の永続的な効果をもたらしたかどうか、歴史家の間でコンセンサスはありません。いくつか [ 誰? ]嵐作戦とワルシャワ蜂起がなければ、ポーランドはソビエト共和国として終わり、運命は間違いなくそれよりも悪いと主張する 独立 傀儡国家、したがって作戦は少なくとも部分的にソビエトと西側同盟国への政治的デモであることに成功した。

国内軍のほとんどの兵士(ワルシャワ蜂起に参加した兵士を含む)は、NKVDまたはSBによって捕らえられた戦争の後に迫害され、尋問されて投獄され、さまざまな容疑で裁判を待っていました。それらの多くはGulagsに送られるか、処刑されました。

ドイツの捕虜収容所に送られた人々のほとんどは、後にイギリス、アメリカ、ポーランドの軍隊によって解放され、西側にとどまりました。その中には、それぞれロンドンとアメリカに滞在した蜂起指導者のタデウシュ・ボル・コモロフスキとアントニ・フルスシエルも含まれます。家族に再び加わることを期待してポーランドに戻ることを選んだ人もいました。多くの場合、帰国した人々は、ポーランドでずっと過ごした仲間の運命を共有していました。

ワルシャワ蜂起の勇気は、冷戦の間ずっとポーランドで反ソビエト感情を高く保ちました。戦後の共産主義政権は、ソビエトの責任を軽視し、さらには完全に否定する広範なプロパガンダでこの感情に対抗しようとしました。それにもかかわらず、蜂起の記憶はポーランドの労働運動連帯を鼓舞するのに役立ち、1980年代に共産党政府に対する平和運動を導き、1989年に共産党政府の崩壊と民主主義の出現につながりました。


コンテンツ

1944年、ポーランドはほぼ5年間ナチスドイツに占領されていました。ポーランド国内軍は、ドイツ軍に対する何らかの形の反乱を計画しました。ドイツは、ソビエト連邦、英国、米国が主導する連合国の連合と戦っていました。国内軍の当初の計画は、西側連合国がヨーロッパをナチスから解放したときに、侵略軍と連携することでした。しかし、1943年にソビエト軍が攻撃を開始したとき、ポーランドは西側連合国ではなくソビエトによって解放されることが明らかになりました。

この国では、すべての悪が発する1つのポイントがあります。その点がワルシャワです。私たちが一般政府にワルシャワを持っていなかったら、私たちが戦わなければならない困難の5分の4はありませんでした。 —ドイツ総督ハンス・フランク、クラクフ、1943年12月14日[19]

ソビエトとポーランド人には共通の敵であるドイツがありましたが、戦後のさまざまな目標に向かって取り組んでいました。国内軍は親欧米の資本主義ポーランドを望んでいましたが、ソビエトの指導者スターリンは親ソビエトの社会主義ポーランドを設立することを意図していました。前進するソビエト赤軍は、同盟国としてではなく、「同盟国の同盟国」としてのみポーランドに来る可能性があることが明らかになりました。 [20]

「ホームコマンダーは、彼の政治的思考において、ドイツとロシアの両方がポーランドの伝統的な敵と見なされた2人の敵の教義に誓約しました。ポーランドへの支援は、もしあれば、西"。 [21]

ソビエトとポーランド人はお互いに不信感を抱き、ポーランドのソビエト党派はしばしば国内軍の前線の下でますます団結するポーランドの抵抗と衝突しました。 [22]スターリンは、ドイツ人がポーランド軍将校のカティンの森事件を明らかにした後、1943年4月25日にポーランドとソビエトの関係を断ち切り、スターリンは殺害を命じることを認めることを拒否し、ドイツの宣伝として主張を非難した。その後、スターリンはルデンコ委員会を創設しました。その目標は、あらゆる犠牲を払って戦争犯罪でドイツ人を非難することでした。西側同盟は、反ナチ同盟を無傷に保つためにスターリンの言葉を真実として受け入れた。 [23] 10月26日、ポーランド亡命政府は、ソビエトがポーランドに入る前にソビエト連邦との外交関係が再開されなかった場合、国内軍はさらなる決定が出るまで地下に留まるという指示を出した。

しかし、国内軍の司令官であるタデウシュ・ボル・コモロフスキは別のアプローチを取り、11月20日、嵐作戦として知られるようになった彼自身の計画の概要を説明しました。東部戦線の接近で、国内軍の地方部隊はドイツ人に嫌がらせをすることになっていました ドイツ国防軍 後部で、可能な限り入ってくるソビエトユニットと協力します。大規模な蜂起の軍事的必要性については疑問があったが、計画は続けられた。 [24]Bór-Komorowski将軍と彼の民間顧問は、亡命政府から、適切と思われるときはいつでも一般的な蜂起を宣言することを許可された。 [25]

1944年7月13日、ソビエトの攻勢がポーランドの古い国境を越えたとき、状況は頭に浮かびました。この時点で、ポーランド人は決定を下さなければなりませんでした:現在の困難な政治状況で蜂起を開始し、ソビエトの支援の欠如の危険を冒すか、反逆して、国内軍を無力またはより悪いナチスの協力者として説明するソビエトの宣伝に直面します。彼らは、ポーランドが赤軍によって解放された場合、連合国は戦争の余波でロンドンを拠点とするポーランド政府を無視することになるのではないかと恐れていました。ポーランド領土の解放におけるポーランドとソビエトの協力が成功した後(たとえば、夜明けの門作戦)、最前線の背後にいるソビエト治安部隊がポーランドの将校を射殺または逮捕したことが明らかになったため、戦略の最終決定の緊急性が高まりました。そして、ソビエト支配下の部隊に強制的に徴兵された下位階級。 [22] [26] 7月21日、国内軍の最高司令部は、ワルシャワで嵐作戦を開始する時期が差し迫っていると決定した。 [27]この計画は、ポーランドの主権の政治的表明として、またドイツの占領者に対する直接の作戦として意図されていた。 [7] 7月25日、ポーランド亡命政府(ポーランドの最高司令官カジミェシュソスンコウスキー[28]の知らないうちに、その意向に反して)は、ワルシャワでの蜂起の計画を承認しました。ローカルで。 [29]

1944年の初夏、ドイツの計画では、ワルシャワがこの地域の防御の中心地として機能し、あらゆる犠牲を払って開催されることが求められていました。ドイツ軍はこの地域に要塞を建設し、軍隊を増強しました。このプロセスは、ナチスの指導者アドルフ・ヒトラーを暗殺するための7月20日の計画が失敗した後、遅くなり、その頃、ワルシャワのドイツ人は弱く、目に見えて意気消沈しました。 [30] [31]しかし、7月末までに、この地域のドイツ軍は強化された。 [30] 7月27日、ワルシャワ地区の知事、ルートヴィヒフィッシャーは、ポーランド人が都市の周りに要塞を建設することを想定した計画の一環として、10万人のポーランド人男性と女性に仕事の報告を求めた。 [32]ワルシャワの住民は彼の要求を無視し、国内軍の指揮官は、彼らの動員能力を無効にする可能性のある報復または大量の切り上げについて心配するようになった。 [33]ソビエト軍はワルシャワに接近しており、ソビエトが管理するラジオ局はポーランド人に武装して立ち上がるよう求めた。 [30] [34]

7月25日、ポーランド愛国者同盟はモスクワからの放送で次のように述べました。

「ポーランド愛国者のポーランド軍は、戦いを渇望している何千人もの兄弟に、敗北から立ち直る前に敵を粉砕するよう呼びかけています。すべてのポーランドの家屋敷は、侵略者との闘いの拠点にならなければなりません。失った。" [35]

7月29日、最初のソビエト装甲部隊がワルシャワの郊外に到着し、そこで2つのドイツ軍パンツァー軍団(第39SSと第4SS)によって反撃されました。 [36] 1944年7月29日、モスクワにあるラジオ局コジオスコは、「ワルシャワへのアピール」を数回発し、「ドイツ人と戦う」と呼びかけた。

「ワルシャワは、間もなく解放される戦いの銃をすでに聞いていることは間違いない。ソビエト連邦で訓練を受け、現在ポーランド領土に入っているポーランド軍は、現在、人民軍に加わってポーランド軍の軍団を結成している。 、独立のための闘争における我が国の武装勢力。明日はワルシャワの息子たちが仲間入りします。彼らは連合軍と共に西方に敵を追いかけ、ポーランドの土地からヒトラー主義のバーミンを一掃し、プロシア帝国主義の獣に致命的な打撃を与えた。」 [37] [38]

その日、Bór-Komorowskiと数人の将校が会議を開きました。ロンドンから到着したヤン・ノヴァク・イェジオランスキは、連合国からの援助は限られているとの見解を表明したが、彼の見解は注目されなかった。 [39]

「7月31日の午後の早い時間に、抵抗の最も重要な政治的および軍事的指導者は、8月1日に彼らの軍隊を戦闘に送るつもりはなかった。それでも、Bor-Komorowskiのスタッフの別の午後遅くのブリーフィングが5時に手配された。 (。)午後5時30分頃、コル「モンテー」がブリーフィングに到着し、ロシアの戦車がすでにプラガに入っていて、市内での自軍作戦の即時開始を主張したと報告しました。 「モンテーの報告によると、ボル・コモロフスキーは、ワルシャワでの「ブルザ」の開始の時期が熟していると判断したが、それとは反対の彼の以前の信念にもかかわらず、その日の間に二度表明された」。 [40]

「Bor-KomorowskiとJankowskiは、ソビエトの戦車がプラガに侵入していると誤って報告されたときに、反乱の最終命令を出しました。したがって、彼らは、ワルシャワをめぐるロシアとドイツの戦いがクライマックスに近づいていると想定し、これが彼らに赤軍が首都に入る前にワルシャワを占領する絶好の機会。モスクワの意図に関係なく、ワルシャワの人々にドイツ軍に立ち向かうよう呼びかけるソビエトのラジオアピールは、暴動の責任を負うポーランド当局にほとんど影響を与えなかった。 [41]

行動の時が来たと信じて、7月31日、ポーランドの司令官ボルコモロフスキ将軍とアントニフルスシエル大佐は翌日の17:00に軍の完全な動員を命じました。 [42]

ドイツに向けられた敵の諜報活動全体の枠組みの中で、ポーランドの抵抗運動の諜報機関が大きな重要性を帯びた。ポーランドの抵抗運動の範囲と重要性は、最小の破片グループに細分化され、見事に組織化されており、主要な警察の治安活動の実施に関連して(さまざまな情報源で)開示されています。

ポーランド軍

ワルシャワ地区の国内軍は2万人[3] [44]から49,000人の兵士を数えた。 [4]他の地下層も、合計2,000人[45]から、国軍と共産主義人民軍の兵士を含む約3,500人の男性にまで及ぶと推定されています。 [46]彼らのほとんどは、パーティザンおよび都市ゲリラ戦で数年間訓練を受けていたが、長時間の日光戦闘の経験が不足していた。嵐作戦にワルシャワを含めることを決定する前に、国内軍が国の東に武器をシャトルしていたため、軍は装備を欠いていた[6]。 [47]他のパルチザングループは国内軍の指揮下にあり、ワルシャワゲットーの廃墟にあるゲンシュフカ監禁収容所から解放されたユダヤ人を含む多くの志願兵が戦闘中に参加した。 [48]ユダヤ人戦闘員の士気は、反ユダヤ主義の表示によって傷つけられ、戦闘部隊の元ユダヤ人囚人の何人かは、反ユダヤ主義のポーランド人によってさえ殺された。 [49]

ワルシャワでポーランドの地下部隊を指揮したアントニ・フルスシエル大佐(コード名「モンテー」)は、部隊を8つのエリアに分割しました。 Żoliborz、Marymont、Bielanyで構成されるŻoliborz(エリアII)のワルシャワのサブディストリクトIII(エリアIII)、オホタのサブディストリクトIV、オホタのサブディストリクトIV、モコトウのサブディストリクトV(エリアV)モコトウでは、プラガのサブディストリクトVI(エリアVI)プラガでは、ワルシャワ西部郡のワルシャワ郊外のサブディストリクトVII(エリアVII)とオホタの自治区VIII(エリアVIII)で、妨害と流用の総局(ケディフ)蜂起本部に所属したままでした。 [50] 9月20日、ポーランドの部隊が保有する都市の3つの地域に合わせて、下位地区が再編成された。全軍は、ワルシャワホーム陸軍軍団に改名しました(ポーランド語: Warszawski Korpus Armii Krajowej)そして9月14日に大佐から昇進したアントニ・フルスシエル将軍によって指揮され、3つの歩兵師団(Śródmieście、Żoliborz、Mokotów)を形成した。 [50]

外国の戦闘機の正確な数(obcokrajowcy ポーランドの独立のためにワルシャワで戦った)は、不規則な登録を引き起こしている蜂起の混沌とし​​た性格を考慮すると、決定するのは困難です。それらは数百にのぼり、少なくとも15か国を代表していると推定されています–スロバキア、ハンガリー、イギリス、オーストラリア、フランス、ベルギー、オランダ、ギリシャ、イタリア、アメリカ合衆国、ソビエト連邦、南アフリカ、ルーマニア、ドイツ、さらにはナイジェリア。戦前にワルシャワに定住した移民、多数の捕虜収容所、強制労働収容所からの脱出、ドイツの補助軍からの脱走兵など、これらの人々はポーランド地下国家のさまざまな戦闘と支援隊に夢中になりました。彼らは地下の赤白の腕章(ポーランドの国旗の色)を身に着け、ポーランドの伝統的な独立戦闘機のスローガン「Zanasząiwasząwolność」を採用しました。一部の「obcokrajowcy」は、敵との戦いにおいて卓越した勇気を示し、亡命中のAKとポーランド政府の最高の装飾を授与されました。 [52]

戦闘中、ポーランド人はエアドロップと敵からの捕獲によって追加の補給品を入手しました。これには、いくつかの装甲車両、特に2台のパンサー戦車と2台のSd.Kfzが含まれます。 251台の装甲兵員輸送車。 [53] [54] [55]また、レジスタンスワークショップは、短機関銃、Kパターン火炎放射器、[56]手榴弾、迫撃砲、さらには装甲車(Kubuś)。 [57] 8月1日の時点で、ポーランドの軍需品は1,000門の銃、1,750丁のピストル、300門の短機関銃、60丁のアサルトライフル、7門の重機関銃、20門の対戦車銃、25,000丁の手榴弾で構成されていた。 [58]「そのような軽兵器のコレクションは、都市のテロキャンペーンを開始するのに十分だったかもしれないが、都市の支配を掌握するのには十分ではなかった」。 [59]

ドイツ人

1944年7月下旬、ワルシャワとその周辺に駐屯していたドイツ軍ユニットは3つのカテゴリーに分けられました。最初で最も数が多かったのはワルシャワの守備隊でした。 7月31日の時点で、ライナー・シュタヘル将軍の下で約11,000人の軍隊を数えました。 [60]

これらの設備の整ったドイツ軍は、何ヶ月にもわたって街の重要な位置を守るための準備をしていました。数百のコンクリート製の掩蔽壕と有刺鉄線が、ドイツ人が住んでいた建物と地域を保護していました。駐屯地自体とは別に、ヴィスワ川の両岸と市内に多数の軍隊が駐屯していた。 2番目のカテゴリーは、ポール・オットー・ガイベル大佐の下で警察とSSによって形成され、当初は5,710人の男性を数えた[61]。 シュッツポリツァイ武装親衛隊。 [62] 3番目のカテゴリーは、分遣隊を含むさまざまな補助ユニットによって形成された。 バーンシュッツ (手すり)、 Werkschutz (工場警備員)とポーランドの民族ドイツ人(ポーランドの民族ドイツ人)とソビエトの元捕虜 ソンダーディエンストSonderabteilungen 準軍事組織。 [63]

蜂起の間、ドイツ側は毎日援軍を受け取った。スタヘルは、8月初旬に総司令官としてSS将軍エーリヒフォンデムバッハに交代しました。 [64] 1944年8月20日の時点で、ワルシャワでの戦闘に直接関与したドイツ軍ユニットは、2つの戦闘グループに配置された17,000人の兵士で構成されていた。

  • 反共産主義者S.S.SturmbrigadeR.O.N.A。の1,700人の兵士を含むバトルグループRohr(少将Rohrが指揮) Russkaya Osvoboditelnaya Narodnaya Armiya (ロシア国民解放軍、ロシア、ベラルーシ、ウクライナの協力者で構成されたドイツの指揮下にあるカミンスキー旅団としても知られている[65]。
  • SSが指揮するバトルグループラインファルス-Gruppenführerアゼルバイジャン軍団(東方部隊の一部)を含む攻撃グループディルヴァンガー(オスカールディルヴァンガーが指揮)、[66]攻撃グループレック(メジャーレックが指揮)、攻撃グループシュミット(シュミット大佐が指揮)、さまざまなサポートおよびバックアップユニット。

ナチス軍には、約5,000人の正規軍隊4,000人のドイツ空軍要員(オケンツィエ空港で1,000人、ビエラニーで700人、ボエルネロボで1,000人、スウジェビエツで300人、市内の対空砲兵隊で1,000人)、およびセントリー連隊の約2,000人の兵士が含まれていました。ワルシャワ(Wachtregimentワルシャワ)、4個歩兵大隊を含む(パッツ, バルツ、No。996およびNo. 997)、および約350人の男性。 [64] [67]

W-hourまたは「GodzinaW」

何日も躊躇した後、7月31日の17:00に、ポーランド本部は「W-hour」をスケジュールしました(ポーランド語から) wybuch、「爆発」)、翌日の17:00の蜂起開始の瞬間。 [68]装備不足の抵抗部隊が一連の調整された奇襲夜明け攻撃のために準備され訓練されたので、決定は戦略的な誤算でした。さらに、多くの部隊がすでに動員され、市内の集会所で待機していましたが、何千人もの若い男性と女性の動員を隠すことは困難でした。戦闘は「W時間」に先立って、特にジョリボルシェ[69]と、ナポレオンスクエアとデブロウスキースクエア周辺で始まりました。 [70]ドイツ人は蜂起の可能性を予想していたが、その大きさや強さには気付いていなかった。 [71] 16:30、フィッシャー知事は守備隊を完全に警戒させた。 [72]

その夜、抵抗はドイツの主要な兵器庫、主要な郵便局と発電所、そしてプルデンシャルの建物を占領しました。しかし、城広場、警察署、空港はドイツの手に委ねられていました。 [73]最初の日は、残りの戦いのために戦場を確立するのに重要でした。レジスタンスファイターは、シティセンター、オールドタウン、ウォラ地区で最も成功しました。しかし、いくつかの主要なドイツの拠点が残っており、ウォラの一部の地域では、ポーランド人は大きな損失を被り、早期撤退を余儀なくされました。モコトフなどの他の地域では、攻撃者はほぼ完全に目的を確保できず、住宅地のみを制御していました。ヴィスワ川の東岸にあるプラガでは、ポーランド人はドイツ軍の集中によって隠れるように送り返されました。 [74]最も重要なことは、異なる地域の戦闘機が互いに、そしてワルシャワの外の地域と連携できず、各セクターが他のセクターから孤立したままになったことです。戦闘の最初の数時間後、民間人がバリケードを建て始めている間、多くの部隊はより防御的な戦略を採用しました。すべての問題にもかかわらず、8月4日までに、都市の大部分はポーランドの手に渡りましたが、いくつかの重要な戦略的ポイントは未解決のままでした。 [75]

私のフューラー、タイミングは残念ですが、歴史的な観点から、ポーランド人がしていることは祝福です。 5、6週間後に出発します。しかし、その時までに、首都、頭、この元1,600万〜1,700万人のポーランド人の知性は消滅します。このヴォルクは、700年間東への道を封鎖し、最初から邪魔をしてきました。タンネンベルクの戦い[1410年]。この後、ポーランドの問題は、私たちの後に来る子供たちにとって、もはや大きな歴史的問題ではなくなり、実際、私たちにとってもそうではありません。

最初の4日間

蜂起はソビエト軍が到着するまで数日続くことを意図していたが[78]、これは決して起こらず、ポーランド軍はほとんど外部の援助なしで戦わなければならなかった。市内のさまざまな場所での最初の2日間の戦闘の結果は次のとおりです。

  • エリアI (市内中心部と旧市街):部隊は割り当てられた領土のほとんどを占領しましたが、ドイツ軍からの抵抗の強いポケットがある地域を占領できませんでした(ワルシャワ大学の建物、過去の超高層ビル、サスキ宮殿のドイツ軍駐屯地の本部、 Szucha Avenueの近くのドイツ語のみのエリア、およびVistulaに架かる橋)。したがって、彼らは中央の要塞、他の地域への安全な通信リンク、または北部鉄道線と城塞を介したジョリボルシェの北部地域との安全な土地接続を作成することができませんでした。 [要出典]
  • エリアII (ジョリボルシェ、マリモント、ビエラニー):ユニットは、ジョリボルシェの近くで最も重要な軍事目標を確保できませんでした。多くの部隊が都市の外の森に退却した。彼らはジョリボルシェ周辺のほとんどの地域を占領しましたが、MieczysławNiedzielski大佐(「Żywiciel」)の兵士は城塞地域を確保できず、ワルシャワグダンスク駅でドイツ軍の防御を突破しました。 [79]
  • エリアIII (ウォラ):ユニットは当初、領土の大部分を確保しましたが、大きな損失(最大30%)を維持しました。一部の部隊は森に退却し、他の部隊は地域の東部に退却した。ウォラの北部では、ヤン・マズルキエヴィチ大佐(「ラドスワフ」)の兵士が、ドイツ兵舎、スタウキ通りのドイツ補給基地、オコポワ通りユダヤ人墓地の側面を占領しました。 [要出典]
  • エリアIV (オチョタ):この地域で動員された部隊は、領土も軍事目標も捕らえなかった(ゲンシュフカ監禁収容所、ナルトウィッツ広場のSSとシポの兵舎)。大きな犠牲者を出した後、国内軍のほとんどはワルシャワの西の森に撤退した。中尉の下で約200から300人の男性の2つの小さなユニットだけ。 Andrzej Chyczewski( "Gustaw")はその地域に留まり、なんとか強い抵抗のポケットを作りました。その後、市内中心部の部隊によって補強されました。ケディフのエリート部隊は、なんとか地域の北部のほとんどを確保し、そこですべての軍事目標を占領しました。しかし、彼らはすぐに南と西からのドイツの戦術的な反撃によって拘束されました。 [要出典]
  • エリアV (モコトゥフ):この地域の状況は、敵対行為の開始以来非常に深刻でした。パルチザンは、厳重に防御された警察地域を占領することを目的としていました(Dzielnica policyjna)Rakowiecka Streetにあり、MokotówFieldの旧飛行場のオープンテレインを介して市内中心部との接続を確立します。両方のエリアは非常に要塞化されており、開いた地形からしか接近できなかったため、暴行は失敗しました。一部の部隊は森に退却しましたが、他の部隊はドルニーモコトゥフの一部を占領することができましたが、他の地域へのほとんどの通信ルートから切り離されました。 [80]
  • エリアVI (プラガ):蜂起はヴィスワ川の右岸でも始まりました。そこでは、主な任務は川の橋をつかみ、赤軍が到着するまで橋頭堡を確保することでした。立地が他の地域よりもはるかに悪かったため、外部からの支援の機会がないことは明らかでした。いくつかのマイナーな初期の成功の後、中佐の力。 AntoniŻurowski(「Andrzej」)はドイツ人によってひどく数が多かった。戦いは中止され、国内軍は地下に押し戻された。 [68]
  • エリアVII (Powiat warszawski):この地域は、ワルシャワ市域外の地域で構成されていました。ここでのアクションは、ほとんどの場合、ターゲットをキャプチャできませんでした。 [要出典]

ポーランドの指揮系統内の追加のエリアは、妨害工作および迂回局のユニットによって形成されました。 ケディフ、本部を守るためのエリート隊であり、「武装救急車」として使用され、最も危険にさらされている地域で戦闘に投入されました。これらの部隊は、シルドミエシチェとウォラの一部を エリアI、最初の数時間で最も成功しました。 [ 要出典 ]

蜂起の開始段階で取られなかった最も注目すべき主要なターゲットの中には、オケンツィエとモコトウフィールドの飛行場、市内中心部を見下ろす過去の超高層ビル、中心部と北部の間の通路を守るグダニスク駅がありましたジョリボルシェの自治区。 [ 要出典 ]

蜂起の指導者たちは、ワルシャワへの赤軍の急速な参入(「戦闘の2日目または3日目、遅くとも7日目まで」[81])のみを頼りにしており、ロシア人。この時、亡命政府の首長ミコライチクは1944年8月3日にモスクワでスターリンと会い、ワルシャワへの彼の差し迫った到着、ポーランドでの彼の政府の権力への復帰、そしてポーランドは、交渉の基礎としてカーゾン線を認めることを断固として拒否している。 [82]これを言う際に、ミコライチクはソ連とスターリンが交渉の基礎としてカーゾン線の承認を求める彼らの要求を繰り返し述べ、彼らの立場を変えることを断固として拒否したことをよく知っていた。 1944年3月23日、スターリンは、チャーチルがテヘラン後のカーゾン線政策を「力の1つ」として言及したにもかかわらず、カーゾン線から離れることはできなかったと述べた。 [83]したがって、ワルシャワ蜂起は政治的目標を達成するために積極的に使用された。暴動への支援の問題は、明らかに交渉における立場を弱めるかもしれないという理由で、ミコライチクによって提起されなかった。 「2時間半の議論の本質は、ポーランドの将来についての厳しい意見の不一致でした。蜂起は、ポーランド人によって交渉の切り札と見なされていましたが、ミコライチクの立場にとって不利になりました。サプリカント(。)蜂起については何も合意されなかった。 [84]武器で「国内軍」を助けるという問題は提起されただけだったが、スターリンは新しい政府の形成が決定されるまでこの問題について議論することを拒否した。 [82]

ウォラ虐殺

蜂起は8月4日、国内軍の兵士がウォラとオホタの最西端の自治区に最前線を確立することに成功したときにその遠地点に到達しました。しかし、それはドイツ軍が西方への撤退を止めて援軍を受け取り始めた瞬間でもありました。同日、SS将軍エーリッヒ・フォン・デム・バッハが蜂起に反対するすべての部隊の指揮官に任命された。 [68]ドイツ軍の反撃は、残りのドイツ軍のポケットと連携し、ヴィスワ川からの蜂起を遮断することを目的とした。増援部隊の中には、ハインツ・ラインファルトの指揮下にある部隊が含まれていました。 [68]

8月5日、ラインファルトの3つの攻撃グループが西に向かって前進を開始しました。 ウォルスカGórczewska エルサレムアベニューの主要な東西通信線に向かう通り。彼らの前進は止められたが、連隊はハインリヒ・ヒムラーの命令を実行し始めた:ラインの後ろで、特別なSS、警察と ドイツ国防軍 グループは家から家へと行き、年齢や性別に関係なく住民を射殺し、彼らの体を燃やした。 [68]ウォラとオホタで殺された民間人の推定値は、2万人から5万人、[85] 8月8日までにウォラだけで4万人、[86]または10万人にも及ぶ。 [87]主な加害者はオスカール・ディルヴァンガーとブロニスラフ・カミンスキーであり、彼らの軍隊は最も残酷な残虐行為を犯した。 [88] [89] [90]

この政策は、激しい都市の戦いに関与することなく、ポーランド人の戦いの意志を打ち砕き、蜂起を終わらせるように設計されました。 [91]時が経つにつれて、ドイツ人は残虐行為が抵抗を強めるだけであり、ドイツの司令官が自由に使える何千人もの男性が都市のゲリラ環境で抵抗に効果的に対抗することができなかったので、何らかの政治的解決策を見つけるべきであることに気づいた。 [92]彼らは、国内軍にさらなる戦闘の無益さを示し、降伏を促すために重要な勝利を得ることを目指した。これは成功しませんでした。 9月中旬まで、ドイツ軍は捕虜となったすべての抵抗戦闘機をその場で撃ちましたが、9月末から、捕虜となったポーランド兵の一部は捕虜として扱われました。 [93]

膠着状態

これは、戦争が始まって以来、私たちの戦いの中で最も激しいものです。それはスターリングラードの街頭戦闘に匹敵します。

ウォラを失ったにもかかわらず、ポーランドの抵抗は強まりました。 ゾシュカワセク 大隊はなんとかワルシャワゲットーの廃墟を占領し、ゲンシュフカ監禁収容所を解放し、約350人のユダヤ人を解放しました。 [68]この地域は、ウォラでの抵抗戦闘と旧市街を守る人々との間の主要な通信リンクの1つとなった。 8月7日、ドイツ軍は民間人を人間の盾として使用する戦車の到着によって強化されました。 [68] 2日間の激しい戦闘の後、彼らはなんとかウォラを二分し、バンコビ広場に到着した。しかし、その時までに、バリケード、通りの要塞、戦車の障害物の網はすでに十分に準備されていて、両陣営は膠着状態に達し、激しい家から家への戦いがありました。 [ 要出典 ]

8月9日から18日の間に、ドイツ軍による攻撃とポーランド人からの反撃が成功し、旧市街と近くのバンコビ広場周辺で会戦が激化した。ドイツの戦術は、重砲[96]と戦術爆撃機の使用による砲撃に依存していましたが、対空砲兵器がなかったため、ポーランド人は効果的に防御できませんでした。明確にマークされた病院でさえ、Stukasによって急降下爆撃されました。 [97]

スターリングラード攻防戦は、都市がその中で戦う軍隊にもたらす可能性のある危険性と地元の支援の重要性をすでに示していましたが、ワルシャワ蜂起はおそらく、都市の地形で、民間人は、より設備の整ったプロの兵士に対抗することができますが、都市の住民の側にかなりの犠牲を払うことになります。 [ 要出典 ]

ポーランド人は、8月末に撤退の決定が下されるまで旧市街を保持していました。 9月2日までの連続した夜、旧市街の擁護者たちは、蜂起のさまざまな部分の間の主要なコミュニケーション手段であった下水道を通って撤退しました。 [98]何千人もの人々がこの方法で避難した。残ったものは撃たれるか、ドイツ人が支配を取り戻した後、マウトハウゼンやザクセンハウゼンのような強制収容所に移送されました。 [99]

ベルリンの着陸

ワルシャワの東にある第4SS装甲軍団に対するソビエトの攻撃は8月26日に更新され、ドイツ軍はプラガへの撤退を余儀なくされました。コンスタンチン・ロコソフスキーの指揮下にあるソビエト軍はプラガを占領し、9月中旬にヴィスワ川の東岸に到着した。 9月13日までに、ドイツ軍はヴィスワ川に架かる残りの橋を破壊し、川の東にあるすべての位置を放棄したことを示しました。 [100]プラガ地域では、ズィグムント・ベルリン将軍の指揮下にあるポーランド軍部隊(したがって、 berlingowcy –「ベルリンの男たち」)はソビエト側で戦った。彼の最初のポーランド軍の3つのパトロール(1 Armia Wojska Polskiego)ツェルニアクフとポビシレ地域に上陸し、9月14/15日の夜に国内軍と接触した。ポーランド人が川を渡ったとき、ソビエトによって提供された砲兵カバーと航空支援は敵の機関銃の火に効果的に対抗することができず、上陸軍は大きな損失を被りました。 [101]主要部隊の小さな要素だけが上陸した(第9歩兵連隊、第3歩兵師団のIおよびIII大隊)。 [102]

第1ポーランド軍による限られた上陸は、蜂起を物理的に支援するために到着した唯一の外部地上部隊を表しており、彼らが受けた損失のためにソビエト最高司令部によって削減されました。 [102]

ドイツ軍は川の近くの国内軍の陣地への攻撃を強め、それ以上の着陸を防いだが、ポーランド軍が新たに予想されるソビエト上陸の波に備えてこれらの重要な陣地を保持している間、数日間大きな前進を遂げることができなかった。東海岸のポーランド軍部隊はさらに数回上陸を試み、9月15日から23日まで、大きな損失を被りました(すべての上陸用舟艇と他のほとんどの渡河設備の破壊を含む)。 [102]赤軍の支援は不十分だった。 [102]第1ポーランド軍による抵抗との連携の繰り返しの試みが失敗した後、ソビエトは彼らの支援を散発的な砲兵と航空支援に限定した。ドイツ人が抵抗を取り除くことを妨げた条件はまた、ポーランド人がドイツ人を取り除くことを防ぐように働きました。第9軍の5機甲師団に対する作戦がその時点で問題であったため、川を渡る計画は「少なくとも4か月間」中断され、第1ポーランド軍の指揮官であるベルリン将軍はソビエトの上司によって任務から解放されました。 。 [22] [103]

9月19日の夜、川の反対側からのさらなる試みが行われず、負傷者の約束された避難が行われなかった後、国内軍の兵士と第1ポーランド軍の着陸した部隊は彼らからの撤退を開始することを余儀なくされた川のほとりの位置。 [102]上陸した約900人の男性のうち、ヴィスワ川の東岸に戻ったのはほんの一握りだった。 [104]蜂起を支援しようとしたベルリンのポーランド軍の損失は、5,660人が死亡、行方不明、または負傷した。 [7]この時点から、ワルシャワ蜂起は一方的な消耗戦、あるいは許容できる降伏条件をめぐる戦いと見なすことができます。ポーランド人は、市内の3つの地域、Śródmieście、Żoliborz、Mokotówで包囲されました。 [ 要出典 ]

1939年、ワルシャワにはおよそ135万人の住民がいました。蜂起の開始時、100万人以上がまだ市内に住んでいました。ポーランドが支配する領土では、蜂起の最初の数週間、人々は自由な国の通常の日常生活を再現しようとしました。文化的生活は、兵士と一般市民の両方の間で、劇場、郵便局、新聞、および同様の活動で活気に満ちていました。 [105]ポーランドスカウトの少年と少女は、地下郵便サービスの宅配便業者として行動し、人々を助けるかもしれない情報を送信するために毎日の命を危険にさらした。 [68] [106]蜂起の終わり近くに、食糧、薬の不足、過密状態、そして都市への無差別なドイツの空中および大砲の攻撃は、民間の状況をますます絶望的にした。 [ 要出典 ]テルミットレースのキャンディーピースなどのブービートラップは、ポーランドの若者を対象としたワルシャワのドイツ支配地区でも使用された可能性があります。 [ 要出典 ]

食糧不足

蜂起は数日のうちにソビエトによって緩和されるはずだったので、ポーランド地下国家は食糧不足が問題になるとは予測していませんでした。しかし、戦いが長引くにつれて、都市の住民は飢餓と飢餓に直面しました。ポーランドの部隊がセグラナ通りにあるハーバーブッシュ・イ・シーレ醸造所を奪還した8月6日、大きな突破口が開かれました。その時から、ワルシャワの市民は主に醸造所の倉庫からの大麦に住んでいました。毎日、貨物チームに編成された最大数千人が大麦の袋を醸造所に報告し、市内中心部に配布しました。次に、大麦をコーヒーグラインダーで挽き、水で煮て、いわゆるスピットスープを作りました(ポーランド語: pluj-zupa)。 「Sowiński」大隊は、戦いが終わるまで醸造所を維持することができました。 [ 要出典 ]

民間人と兵士にとってのもう一つの深刻な問題は、水不足でした。 [68] 8月中旬までに、ほとんどの水路は故障しているか、死体で満たされていました。さらに、主要な水ポンプ場はドイツの手に残りました。 [68]流行の拡大を防ぎ、人々に水を提供するために、当局はすべての用務員にすべての家の裏庭にある井戸の建設を監督するように命じた。 9月21日、ドイツ人はKoszykowa通りの残りのポンプ場を爆破し、その後、包囲された都市で唯一の飲料水源は公共の井戸でした。 [107] 9月末までに、市内中心部には90以上の機能する井戸があった。 [68]

ポーランドのメディア

蜂起の前に、国内軍の情報宣伝局は従軍記者のグループを設立していました。 Antoni Bohdziewiczが率いるこのグループは、3つのニュース映画と、闘争を記録した30,000メートルを超えるフィルムテープを作成しました。最初のニュース映画は、8月13日にズウォタ通りのパラディウム映画館で一般公開されました。 [68]映画に加えて、蜂起の最初の日から数十の新聞が登場した。以前は地下にあったいくつかの新聞が公然と配布され始めました。 [108] [109] 2つの主要な日刊紙は政府が運営するものでした Rzeczpospolita Polska と軍隊 Biuletyn Informacyjny。また、さまざまな組織や軍隊によって定期的に発行される数十の新聞、雑誌、会報、週刊誌がありました。 [108]

NS Błyskawica 市内中心部で8月7日に組み立てられた長距離無線送信機は軍によって運営されていましたが、8月9日から再現されたポーランドのラジオでも使用されました。 [68] 1日3〜4回放送され、ポーランド語、英語、ドイツ語、フランス語のニュース番組や支援の呼びかけ、政府からの報告、愛国的な詩や音楽が放送された。 [110]それはドイツが保有するヨーロッパで唯一のそのようなラジオ局でした。 [111]抵抗ラジオに出演した講演者の中には、ヤン・ノヴァク・イェジオランスキ、[112]ズビニエフ・シュヴィトチョフスキ、ステファン・ソジェッキ、ジェレミ・プジボラ、[113]、従軍記者のジョン・ワードがいた。 タイムズ ロンドンの。 [114]

多くの歴史家によると、蜂起の最終的な失敗の主な原因は、外部からの支援がほぼ完全に欠如していることと、到着したものの到着が遅れたことでした。 [7] [36]ポーランド亡命政府は、戦闘開始前に西側連合国からの支援を得るために必死の外交努力を行ったが、連合国はソビエトの承認なしに行動することはなかった。ロンドンのポーランド政府は、イギリスに連合軍の任務をポーランドに送るように何度か要請した。 [22]しかし、イギリスの任務は1944年12月まで到着しなかった。[115]到着後まもなく、彼らはソビエト当局と会い、彼らを逮捕して投獄した。 [116]ミッションの副司令官の言葉によれば、それは「完全な失敗」でした。 [117]それにもかかわらず、1943年8月から1944年7月まで、200を超えるイギリス空軍(RAF)の飛行により、英国で訓練を受けた推定146人のポーランド人要員、4,000を超える物資のコンテナ、および1,600万ドルの紙幣と金が国内軍に投下された。 。 [118]

蜂起の期間中継続的に実行された唯一の支援作戦は、イギリス空軍、他のイギリス連邦空軍、およびイタリアの遠方の飛行場を使用しなければならなかったポーランド空軍の部隊の長距離飛行機による夜間補給の低下でした。彼らが運ぶことができる物資の量。イギリス空軍は223機の出撃を行い、34機の航空機を失った。これらのエアドロップの影響はほとんど心理的なものでした。抵抗の必要性に対して供給が少なすぎ、多くのエアドロップがポーランドの支配地域の外に着陸しました。 [ 要出典 ]

エアドロップ

ワルシャワを見つけるのに困難はありませんでした。それは100キロ離れたところから見えました。街は炎上していましたが、非常に多くの巨大な火が燃えていたため、ターゲットマーカーのフレアを拾うことはほとんど不可能でした。

8月4日から、西側連合国は軍需品やその他の物資のエアドロップで蜂起を支援し始めました。 [120]当初、飛行は主に 1568回目のポーランド特別任務飛行 イタリアのバーリとブリンディジに駐屯し、B-24リベレーター、ハンドレページハリファックス、ダグラスC-47ダコタの飛行機を操縦するポーランド空軍(後に第301ポーランド爆撃機飛行隊と改名)。その後、ポーランド亡命政府の主張で、[ 要出典 ]彼らは、南イタリアのフォッジャに拠点を置く南アフリカ空軍の第2ウィング–第31および第34飛行隊の解放者と、第148および第178イギリス空軍飛行隊によって飛行されたハリファックスが加わった。イギリス、ポーランド、南アフリカ軍による下落は9月21日まで続いた。味方の滴の総重量は出所によって異なり(104トン、[121] 230トン[120]、または239トン[22])、200回以上の飛行が行われました。 [122]

ソビエト連邦は、西側連合国がエアドロップに空港を使用することを数週間許可しなかった[7]ため、飛行機はイギリスとイタリアの基地を使用する必要があり、輸送重量と出撃数が減少しました。 8月20日に行われた着陸帯の使用に関する連合国の特定の要求は、8月22日にスターリンによって拒否されました。 [119]スターリンはポーランドの抵抗を「一握りの犯罪者」と呼び[124]、蜂起は「ソビエト連邦の敵」に触発されたと述べた。[125]したがって、ソビエトが支配する領土への連合国の航空機の着陸権を否定することにより、ソビエトは蜂起に対する連合国の支援の有効性を大幅に制限し、イタリアから物資を運び、ソビエトの管制空域に迷い込んだ連合国の航空機にさえ発砲した。 [119]

アメリカの支援も限られていた。スターリンが蜂起を支持することに反対した後、英国のウィンストン・チャーチル首相は8月25日にフランクリン・D・ルーズベルト米国大統領に電報を送り、スターリンに反抗して飛行機を送ることを提案した。ヤルタ会談の前にスターリンを動揺させたくないと、ルーズベルトは8月26日に答えた:「私があなたに加わることは、長期的な一般戦争の見通しにとって有利であるとは思わない」。 [119] [126]

ついに9月18日、ソビエトは第8空軍第3師団の107機のB-17飛行要塞のUSAAF飛行に、フランティック作戦で使用されたソビエト飛行場での燃料補給と再装填を許可しましたが、遅すぎました。飛行機は100トンの物資を落としましたが、それらが広がっていた広い領域のために抵抗によって回収されたのは20機だけでした。 [125]物資の大部分はドイツが支配する地域に落ちた。 [127] USAAFは2機のB-17を失い[128]、さらに7機が損傷した。航空機はソビエト連邦の空軍作戦基地に着陸し、そこで再補給と給油が行われ、翌日、100機のB-17と61機のP-51がソ連を離れ、ハンガリーのソルノクにあるマーシャリングヤードを爆撃しました。イタリアの基地。 [129]ソビエトの諜報報告は、ワルシャウ近くの地上のソビエト司令官が、アメリカ人によって投下された物資の96%がドイツの手に渡ったと推定したことを示している。 [130]ソビエトの観点から、アメリカ人はポーランドの抵抗を助ける代わりにナチスに供給していた。 [131]ソビエトは、9月30日までそれ以上のアメリカン航空の許可を拒否し、その時までに天候が悪すぎて飛行できず、蜂起はほぼ終わった。 [132]

9月13日から30日の間に、ソビエト航空機は独自の補給任務を開始し、武器、医薬品、食料を投下しました。当初、これらの物資はパラシュートのないキャニスターに落とされ[133]、内容物の損傷と損失につながりました。 [134]また、多数のキャニスターがドイツの手に渡った。ソビエト空軍は、小型のバイプレーンPolikarpov Po-2を備えた2,535の補給出撃を行い、合計156の50 mm迫撃砲、505の対戦車ライフル、1,478のサブマシンガン、520のライフル、669のカービン銃、41,780のハンドを提供しました。グレネード、37,216発の迫撃砲、300万発以上のカートリッジ、131.2トンの食品、515kgの薬。 [135]

ワルシャワ地域自体に対するドイツの防空はほとんど存在しませんでしたが、作戦に参加した296機の約12%は、高度に防御された敵の上を1,600 km(990マイル)離れて同じ距離を飛行しなければならなかったために失われました。領土(637人のポーランド人のうち112人、735人のイギリスと南アフリカの空軍兵のうち133人が撃墜された)。 [125]落下のほとんどは、高度30〜90 m(100〜300フィート)以下の夜間に行われ、精度が低いため、多くのパラシュートパッケージがドイツの支配地域の背後に取り残されました(約50トンの補給品のみ、配信された50%未満は、抵抗によって回復されました)。 [120]

作戦中の損失のレベルは、特に1944年半ばの状況で非常に高かった。 8月4〜5日の初飛行では、7機中5機が失われました。 [136]その後の飛行では、損失のレベルは減少したが、非常に高いままであった。たとえば、8月13〜14日には、28機のうち3機が撃墜され、4機が損傷によりソ連が占領した領土に強制着陸を余儀なくされました。 [137]

ソビエトスタンス

ドイツ人と戦おう!間違いなくワルシャワは、間もなく彼女の解放をもたらす戦いの銃をすでに聞いています。ソビエト連邦で訓練を受け、現在ポーランドの領土に入っているポーランド軍は、現在、人民軍に加わって、独立のための闘争における我が国の武装軍団であるポーランド軍団を結成しています。その仲間入りは明日ワルシャワの息子たちが加わります。彼らはすべて一緒に、連合軍が敵を西に追いかけ、ポーランドの土地からヒトラー主義の害虫を一掃し、プロシア帝国主義の獣に致命的な打撃を与えます。

ワルシャワ蜂起中の赤軍の役割は依然として物議を醸しており、歴史家によって依然として論争が続いています。 [36]蜂起は赤軍が街の玄関口に現れたときに始まり、ワルシャワのポーランド人は数日のうちに街を越えて占領または転送するソビエト戦線を頼りにしていた。連合軍の到着の数日前に開始されたドイツ人に対する蜂起のこの基本的なシナリオは、パリ[138]やプラハなどの多くのヨーロッパの首都で成功裏に実行されました。しかし、ワルシャワの南東の地域を市内中心部からわずか10 km(6.2マイル)で簡単に占領し、これらの位置を約40日間保持したにもかかわらず、ソビエトはワルシャワ内の抵抗に効果的な援助を提供しませんでした。当時、市の郊外は、東部戦線で何度も破壊され、まだ再建されていた、無人で設備の整っていないドイツ第73歩兵師団によって守られていました。 [139]弱いドイツ国防軍は、その期間中にソビエトの重大な圧力を経験しなかった。それは、都市自体での蜂起と戦うドイツ軍を効果的に強化することを可能にした。

赤軍は、ワルシャワのさらに南で、ヴィスワ川に架かる橋頭堡を占領して維持し、ナレフ川に架かる橋頭堡を獲得するために、激しい戦いを繰り広げていました。最高のドイツの装甲師団はそれらのセクターで戦っていました。事実にもかかわらず、これらの目的は両方とも9月までにほとんど確保されていました。それでも、ソビエト第47軍は、9月11日(蜂起が基本的に終わったとき)まで、ヴィスワ川の右岸にあるプラガ(ワルシャワの郊外)に移動しませんでした。ドイツの第73師団による抵抗が急速に崩壊したので、3日でソビエトは川の反対側での主要な戦いから数百メートルの郊外の支配をすぐに獲得しました。ソビエトが8月初旬にこれを行っていたとしたら、ポーランド人が川岸のかなりの部分を保持していたので、川の横断はより簡単だったでしょう。しかし、9月中旬までに、一連のドイツ軍の攻撃により、ポーランド人はツェルニアクフ地区の川岸の1つの狭い範囲を保持するようになりました。ポーランド人は、蜂起の主な戦いが起こっていた左岸に渡るソビエト軍を頼りにしていました。ベルリンの共産主義者である第1ポーランド軍は川を渡ったが、ソビエトからの彼らの支援は不十分であり、ソビエトの主要部隊は彼らに従わなかった。 [140]

蜂起の崩壊の理由の1つは、ポーランドの抵抗を助けるためにソビエト赤軍が消極的だったことです。蜂起の日である8月1日、ソビエトの前進はクレムリンからの直接の命令によって停止されました。 [141]その後まもなく、ソビエトの戦車部隊は基地からの石油の受け取りを停止した。 [141]ソビエトはワルシャワの彼らの代理人からの計画された発生を知っていた、そしてもっと重要なことに、ポーランドの国内軍蜂起計画を彼らに知らせたポーランドの首相スタニスワフ・ミコワジチクから直接:[141] [142]ソビエト側は知らされた事後。 「ロシア人は、7月31日の午後9時頃、ボルコモロフスキが暴動の開始を命じてから約3時間後、ミコライチクから初めて可能性について学びました。」 [143]

いずれにせよ、ワルシャワの東15キロにある近くのボウォミンにソビエト戦車が存在したことで、国内軍の指導者たちが蜂起を開始するという決定が封印されました。しかし、7月の最終日のラジミンの最初の戦いの結果、ソビエト第2戦車軍のこれらの前進部隊は、ボウォミンから押し出され、約10 km(6.2マイル)戻った。 [144] [145] [146] 8月9日、スターリンはミコワジチク首相に、ソビエトは当初8月6日までにワルシャワにいる予定であったが、4つの機甲師団による反撃が都市への到達の試みを妨害したことを通知した。 [147] 8月10日までに、ドイツ軍はボウォミンのソビエト第2親衛戦車軍に大きな犠牲者を出しました。 [36]

1944年8月1日、ロンドンのポーランド亡命政府と接触し、忠実な地下のポーランド国内軍が、赤軍の前に占領していたドイツ軍から都市を解放しようとして、ワルシャウで攻撃的な作戦を開始しました。資本を確保することができます。ズィグムントベルリンは、1944年7月22日にソ連のポーランド軍の副司令官になりました。彼自身の軍隊がヴィスチュラ川に停車し、ワルシャワ自体に面しており、最初にソビエトの上司に相談することなく、ベルリンはドイツ軍との交戦を独自に命令した可能性があります。敵とポーランドの抵抗の助けに来るために。しかし、ワルシャワの状況に変化をもたらすことができなかったのは、ベルリンや他のソビエト部隊からの戦術的支援のない小さな着陸でした。しかし、この行動は、すぐ後にベルリンの彼のポストからの解雇を引き起こした可能性があります。 [148]

スターリンとチャーチルが1944年10月に対面したとき、スターリンはチャーチルに、ソビエトの支援の欠如は8月のヴィスワ川セクターの大きな逆転の直接の結果であり、戦略的な理由で秘密にしておかなければならなかったと語った。 [149]すべての現代ドイツの情報筋は、ソビエトが抵抗と結びつけようとしていると仮定し、ソビエトの側で前進することを躊躇するのではなく、ソビエトの前進を妨げたのは彼らの防御であると信じていた。 [150]それにもかかわらず、彼らの戦略の一部として、ドイツ人はイギリスとソビエトの両方がポーランド人を放棄したと非難するプロパガンダを発表した。 [151]

1944年7月の最後の日にワルシャワの郊外に到着したソビエト部隊は、ルブリン・ブレスト攻勢の一環として、西ウクライナの第1白ロシア方面から、左側のリボフ・サンドミエシュ攻勢と右側のバグラチオン作戦の間を進んでいました。 。 [36]これらの2つの側面攻撃はドイツ軍にとって巨大な敗北であり、多数のドイツ軍の編隊を完全に破壊した。 [36]結果として、この時のドイツ軍は、赤軍とドイツの間の最後の主要な川の障壁であるヴィスワ川の線を維持するために必死に新しい部隊をまとめようとしており、準備のさまざまな段階で部隊に突入した。ヨーロッパ中から。これらには、質の悪い多くの歩兵部隊[152]と、第39装甲軍団と第4SS装甲軍団[36]の4-5の高品質機甲師団が彼らの修理から引き抜かれました。 [152]

ソビエトの行動についての他の説明が可能です。赤軍は8月中旬にルーマニアを経由してバルカン半島に大規模な攻撃を仕掛け、ポーランドでの攻撃が保留されている間、ソビエトの資源の大部分がその方向に送られました。 [153]スターリンは、ドイツに向かって突進するのではなく、東ヨーロッパを占領することに集中するという戦略的決定を下した。 [154]ワルシャワの南にある一連の便利な橋頭堡をすでに占領しており、激しいドイツの反撃から彼らを守ることに集中していたため、ワルシャワの占領はソビエトにとって不可欠ではなかった。 [36]最後に、ソビエト最高司令部は、ワルシャワに関して、彼らがひどく誤った情報を与えられていたため、首尾一貫したまたは適切な戦略を開発しなかった可能性がある。 [155]ポーランド国民解放委員会のプロパガンダは、国内軍の力を最小限に抑え、ナチスの共感者として描写した。 [156]諜報機関によってスターリンに提出された、または最前線から収集された情報は、しばしば不正確であるか、重要な詳細が省略されていた。 [157]恐らく、厳しい政治情勢のために、工作員は意見を表明したり事実を正直に報告したりすることができなかったので、彼らは「故意にナンセンスを書くことに頼った」。 [158]

デビッド・グランツ(軍事歴史家で引退した米陸軍大佐、そしてロシア連邦の自然科学アカデミーのメンバー)によると、赤軍は、それにもかかわらず、あまりにも早く始まった蜂起に効果的な支援を提供することができませんでした。スターリンの政治的意図。 [36] 8月のドイツの軍事力— 9月初旬は、意図されていたとしても、ワルシャワのポーランド人に対するソビエトの支援を停止するのに十分であった。 [36]さらに、グランツは、ワルシャワはドイツ人を排除するのに費用のかかる都市であり、その後の赤軍の攻撃の出発点として不適切な場所になるだろうと主張した。 [36]

ソビエトのアーカイブからの機密解除された文書は、スターリンが外部の助けからワルシャワの抵抗を遮断するように指示したことを明らかにしています。 1944年8月23日にポーランドの赤軍部隊に出された緊急命令は、ソビエト支配地域の国内軍部隊がワルシャワに到達して蜂起を助けることを防ぐべきであると規定しました。西側連合国からの圧力の下で、9月中旬からのみ、ソビエトは抵抗にいくつかの限られた援助を提供し始めました。 [159]

現代のロシアの歴史家は一般的に、ワルシャワでの蜂起の失敗は主に蜂起の指導者の過ちによって引き起こされたという見解を持っています。彼らは、1944年7月、司令部の指令によれば、ソビエト軍はワルシャワを攻撃するという目標を持っていなかったが、ヴィスワ川にアクセスできるプラハの郊外にのみ攻撃したと指摘している。ソビエト司令部はヴィスワ川に架かる橋を占領することは不可能であると理解していたので、ドイツ軍はそれらを爆破するでしょう。ソビエト軍は、東プロイセンを占領し、ヴィスワ川とナレフ川のラインに到達し、橋頭堡を占領するという優先課題を持って、北方向に前進することを目指しました。それから東プロイセンに対する攻撃はこれらの橋頭堡から始まることでした。 (「Pultusk、Serotsk、ワルシャワの南と北の地域のNarew川の西岸– Demblin、Zvolen、Solecの地域のVistula川の西岸。将来的には前進することを忘れないでください。ソーンとロッズの一般的な方向に」[160])。

ワルシャワの解放は、東プロイセンとベルリンの方向への一般的な攻撃の開始後の側面攻撃によって計画されました。 AKの指導部は間違いを犯し、北に進んでいた第2戦車軍の左側面を、ワルシャワで進んでいたとされる前衛に取って代わった。そして、蜂起を開始するように命令が出され、それが敗北につながりました。ひどい間違いですが、本質的には避けられないことですが、蜂起の指導部がソビエト司令部との調整の欠如について政治的な線を引いた場合、目標がワルシャワをポーランドの努力だけでドイツ人から解放することであった場合、ソビエトの首都への参入」。 [162]ソビエト司令部はワルシャワ蜂起に対して意図的な目的を持っておらず、そのような告発を断固として否定した。 [163]

降伏

第9軍は、ヴィスチュラ南部のサークルの最後の抵抗を打ち砕きました。抵抗は最後の弾丸まで戦った。

9月の第1週までに、ドイツ軍とポーランド軍の司令官は、ソビエト軍が膠着状態を打破するために行動する可能性が低いことに気づきました。ドイツ人は、ポーランド人が抵抗が続くとさらに大規模な死傷者が出るのではないかと懸念していたため、蜂起が長引くとワルシャワを保持する能力が損なわれると推論しました。 9月7日、ロール将軍は交渉を提案し、Bór-Komorowskiは翌日それを追求することに同意した。 [165] 9月8日、9日、10日以上、双方の合意により約2万人の民間人が避難し、ロールは自国軍兵士が軍の戦闘員として扱われる権利を認めた。 [166]ポーランド人は、ソビエトがプラガを通ってゆっくりと進んでいるというニュースを受け取ったので、11日に会談を中断した。 [167]数日後、第1ポーランド軍の到着は抵抗に新たな命を吹き込み、交渉は崩壊した。 [168]

しかし、9月27日の朝までに、ドイツ軍はモコトフを奪還しました。 [169]交渉は9月28日に再開された。 [170] 9月30日の夕方、ジョリボルシェはドイツ軍の手に落ちた。 [171]ポーランド人はますます少数の通りに押し戻されていて、彼らの状況はこれまで以上に絶望的でした。 [172]ヒトラーは30日、フォンデムバッハ、ディルヴァンガー、ラインファルトを飾り、ロンドンではソスンコウスキー将軍がポーランドの最高司令官として解任された。ワルシャワに閉じ込められていたにもかかわらず、Bór-Komorowskiは彼の代わりに昇進しました。 [173]Bór-KomorowskiとMikołajczyk首相は再びロコソフスキーとスターリンにソビエトの介入を直接訴えた。 [174]誰も来なかった。この時までにヴィスワ川の前線にいたソビエト元帥ゲオルギー・ジューコフによれば、彼とロコソフスキーの両方が、ソビエトの大きな損失のために攻撃に対してスターリンに助言した。 [175]

残りのポーランド軍の降伏命令はついに10月2日に署名されました。その夜、すべての戦いは終わった。 [68] [176]合意によると、 ドイツ国防軍 ジュネーブ条約に従って国内軍の兵士を扱い、民間人を人道的に扱うことを約束した。 [68]

翌日、ドイツ人は国内軍の兵士を武装解除し始めました。彼らは後に15,000人をドイツ各地の捕虜収容所に送った。 5,000人から6,000人のレジスタンスファイターが、後で戦いを続けることを望んで、民間人に溶け込むことに決めました。ワルシャワの民間人全員が都市から追放され、トランジットキャンプに送られました Durchgangslager プルシュクフの121。 [177]収容所を通過した35万〜55万人の民間人のうち、9万人が第三帝国の労働収容所に送られ、6万人が死と強制収容所(ラーフェンスブリュック、アウシュヴィッツ、マウトハウゼンなどを含む)に送られ、残りは一般政府のさまざまな場所に移送され、解放されました。 [177]

1945年1月12日にヴィスワ・オーデル攻勢が始まるまで、東部戦線はヴィスワセクターで静止したままで、ソビエトは前進を試みませんでした。ほぼ完全に破壊され、ワルシャワは1945年1月17日に赤軍によってドイツ軍から解放されました。そして最初のポーランド軍。 [68]

都市の破壊

都市は地表から完全に姿を消し、 ドイツ国防軍。石を立てたままにすることはできません。すべての建物はその基礎まで取り壊されなければなりません。

ポーランドの首都の破壊は、第二次世界大戦が始まる前に計画されていました。 1939年6月20日、アドルフヒトラーがヴュルツブルクアムマインの建築局を訪れていたとき、彼の注意は将来のドイツの町「NeuedeutscheStadtWarschau」のプロジェクトによって捉えられました。Pabst Planによると、ワルシャワはドイツの地方都市になりました。それはすぐに東部の大虐殺の偉大なゲルマン化計画の一部として含まれました 東部総合計画。ワルシャワ蜂起の失敗は、ヒトラーが変革を始める機会を提供しました。 [178]

残りの人口が追放された後、ドイツ人は都市の破壊を続けました。 [7]残りの建物を燃やし、取り壊すために、ドイツのエンジニアの特別なグループが派遣されました。ドイツの計画によると、戦後、ワルシャワは軍事輸送基地[94]、さらには人工湖[179]になり、後者はナチスの指導部がすでにソビエトのために実施することを意図していた。 1941年のロシアの首都モスクワ。[180] [181]解体部隊は、火炎放射器と爆発物を使用して、家を次々と整然と破壊した。彼らは歴史的建造物、ポーランドの国立公文書館、そして興味のある場所に特別な注意を払いました。 [182]

1945年1月までに、建物の85%が破壊されました。25%は蜂起の結果、35%は蜂起後の体系的なドイツの行動の結果、残りは以前のワルシャワゲットー蜂起と9月の結果です。 1939年のキャンペーン。 [7]物的損失は、10,455の建物、923の歴史的建物(94%)、25の教会、国立図書館を含む14の図書館、81の小学校、64の高校、ワルシャワ大学とワルシャワ工科大学、および歴史的記念物。 [7]ほぼ100万人の住民がすべての所有物を失いました。 [7]私有財産および公有財産、芸術作品、科学および文化の記念碑の正確な損失額は不明ですが、莫大であると考えられています。 1940年代後半に行われた調査では、総被害額は約300億米ドルと推定されています。 [183]​​ 2004年、ワルシャワのレフ・カチンスキ大統領、後にポーランドの大統領は、ドイツ当局によって市に与えられた重大な損失を見積もるための歴史的委員会を設立した。委員会は、2004年の値で少なくとも315億米ドルの損失を見積もっていた。 [184]これらの見積もりは、後に2004年の450億ドルに引き上げられ、2005年には546億ドルに引き上げられた。 [185]

死傷者(蜂起した民間兵士と民間人の両方を含む)

両側の正確な死傷者数は不明です。ポーランドの死傷者の推定値は、ほぼ同様の範囲に分類されます。

民間人 KIA WIA MIA 捕虜
研磨 150,000–200,000 [12] 15,200 [7]
16,000 [186]
16,200 [187]
5,000 [7]
6,000 [188]
25,000 [12]
すべてが死亡宣告された[186] 15,000 [7] [186]
ドイツ語[189] わからない 2,000〜17,000 9,000 0から7,000 2,000 [7]から5,000 [186]

ドイツの死傷者の見積もりは大きく異なります。 9,000のドイツのWIAの数字は一般的に受け入れられており、論争はありませんが、ドイツの回復不能な損失(KIA + MIA)についてはほとんど合意がありません。 1990年代まで、東部と西部の歴史学は2つの大きく異なる推定値に固執し、前者は17,000、後者は2,000と主張していました。 [ 独自の研究? ] 17,000の数字は、ワルシャワの歴史雑誌の1947年号によって最初に造られました。 Dzieje Najnowsze、伝えられるところでは、彼のポーランド人捕虜によって尋問されたときにバッハ・ゼレフスキーによってなされた推定に基づいています(そして10,000KIAと7,000MIAに分けられます)。この数字は最初、西ドイツで繰り返されました。 [190]しかし、1962年にハンス・クランハルスによる学術論文が2,000の見積もりを作り出した。 [191]

20世紀後半まで、17,000の数字はポーランド語で一貫して明確に引用されていましたが、東ドイツとソビエトの歴史学でも引用されていました。 独自の研究? ]百科事典、[192]科学的モノグラフ[193]、またはより人気のある作品。 [194]それは、いわゆるペアにされたか、そうでなければ、いわゆるドイツのワルシャワKIA + MIAの数字に関連していた。 ゲーレンレポート [195] 2,000の数字は西ドイツで受け入れられ、一般に西洋の歴史学[196]に波及した。例外は、ポーランド人[197]や他のいくつかの作品によって英語で書かれた研究であった。 [198]

1995年に16,000を選んだコモロフスキーは考えを変え、10年後に慎重に2,000の数字を購読しました[199]。また、サウィッキ[200]やロズワドフスキー[201]のような学者も暫定的に追随しました。 Bączykの人気のある作品[202]は、3,000が考えられる最大の数字であると結論付けています(最も可能性が高いわけではありませんが)。 2016年の分析で、Sowaは17,000の数字を「まったくありそうもない」として却下し、その寿命と人気はRisingの謝罪者の一部の操作によるものであると示唆しました。 [203]

ロシアの歴史学では、それは明確な優先権を与えられています、[ 独自の研究? ]百科事典や辞書[204]であれ、一般的な作品[205]であれ、同じ意見がベラルーシでも見られるかもしれません。 [206] 17,000の見積もりは、人気のある大要、[207]戦争マニュアル[208]、および他のいくつかの作品に予約なしで引用された英文学にも当てはまりました。 [209]この数字は、BBCのような確立された機関によっても進められています。 [210]英語の他の作品は、いくつかのアプローチを提供し、いくつかは自分の好みなしに両側を引用し、[211]いくつかはあいまいな説明を提供し、[212]いくつかは上限として17,000の回復不能な損失を設定し、[213]いくつかはおそらく奇数を提供します無能な引用[214]の結果であり、一部の人々はこの問題について完全に沈黙を守っています。これは唯一の主要な英語のモノグラフの場合です。 [215]

バッハとゲーレンからの引用を除いて、17,000の数字を支持する重要な議論は、ポーランド軍と戦うドイツ軍を形成する数少ない作戦部隊の1つである戦闘団ディルヴァンガーが被った合計(KIA + MIA + WIA)の損失です。それらは現在、外挿すると約3,500 [216]と計算されており、ドイツ全体の25,000人の死傷者の推定を裏付ける可能性があります。 [ 独自の研究? ]

戦争後

最近のワルシャワの台頭に向けて英国のマスコミが採用した卑劣で臆病な態度に抗議したい。 。一つは、連合国のすべての無線機が何年も前に彼らにやるように促してきたことをするために、ポーランド人が彼らの尻を叩かれるに値するという一般的な印象を残されました。 。まず第一に、英国の左翼ジャーナリストと知識人への一般的なメッセージ: '不正直と臆病は常に代償を払わなければならないことを忘れないでください。何年にもわたって、ソビエトの政権やその他の政権のブーツを舐めるプロパガンダになり、突然精神的な品位に戻ることができるとは想像しないでください。かつては娼婦、常に娼婦。」

彼らの計画をソビエト最高司令部と調整せずに行動することを決定することによって、暴動の作者はワルシャワの運命に大きな責任を負い、この都市とその人々のその後の悲劇に大きく貢献しました。彼らは、1944年の夏に、ロシア人とポーランドの共産主義者に政治的に反対しようとしながら、ひどく武装した国内軍がドイツ人との戦いに成功できなかったことに気づかなかった。 Bor-KomorowskiとJankowskiの計画は複雑すぎて危険すぎて、既存の政治的および軍事的状況で成功することはできませんでした。

国内軍のほとんどの兵士(ワルシャワ蜂起に参加した兵士を含む)は、NKVDまたはUBの政治警察によって捕らえられた戦争の後に迫害されました。彼らは、ファシズムなどのさまざまな容疑で尋問され、投獄されました。 [219] [220]それらの多くはグラグに送られ、処刑されるか、姿を消した。 [219] 1944年から1956年の間に、大隊ゾシュカの元メンバー全員がソビエト刑務所に投獄された。 [221] 1945年3月、ソビエト連邦によって開催されたポーランド地下国家の16人の指導者の段階的裁判がモスクワで行われた–(16人裁判)。 [222] [223] [224] [225]政府代表は、国家統一評議会のほとんどのメンバーおよびアルミア・クラホワのCiCとともに、ヨシフ・スターリンの同意を得て、ソビエトのイワン・セーロフ将軍から招待された。ソビエトが支援する臨時政府への彼らの最終的な参入。

彼らは安全の令状を提示されたが、3月27日と28日にプルシュクフでNKVDによって逮捕された。 [226] [227]レオポルト・オクリキ、ヤン・スタニスワフ・ヤンコウスキー、カジミエシュ・プシャクが27日に逮捕され、翌日さらに12人が逮捕された。 A.Zwierzynskiは以前に逮捕されていました。彼らはルビャンカでの尋問のためにモスクワに連れて行かれました。 [228] [229] [230]数ヶ月の残忍な尋問と拷問の後、[231]彼らは、ナチスとの協力とドイツとの軍事同盟の計画についての偽造された告発を受けた。 [232] [233]ドイツ人に捕らえられ、ドイツの捕虜収容所に送られた多くの抵抗戦闘機は、後にイギリス、アメリカ、ポーランド軍によって解放され、西側に留まった。その中には、蜂起したタデウシュ・コモロフスキとアントニ・フルスシエルの指導者がいました。 [234]

ソビエト政府は、すべてのS.S. SturmbrigadeR.O.N.Aにラベルを付けました。 Russkaya Osvoboditelnaya Narodnaya Armiya 裏切り者としての兵士、および本国に送還された兵士は、ソビエトの刑務所での拘禁または処刑を試みられ、刑を宣告された。ソ連の1950年代と1960年代には、他の数十の元R.O.N.A.メンバーが見つかり、そのうちの何人かは死刑を宣告されました。 [235]

ワルシャワ蜂起の事実はスターリンにとって不便であり、ポーランド人民共和国の宣伝によってねじれ、国内軍とポーランド亡命政府の失敗を強調し、赤軍やソビエト戦略の政治的目標。 [236]戦後間もなく、国内軍の名前そのものが検閲され、1944年の蜂起を扱ったほとんどの映画や小説は、国内軍の名前が表示されないように禁止または変更された。 [236] 1950年代以降、ポーランドのプロパガンダは蜂起の兵士を勇敢であると描写したが、将校は危険で反動的であり、損失を無視することを特徴としていた。 [236] [237]西洋で真剣に取り上げられたトピックに関する最初の出版物は、1980年代後半まで発行されなかった。ワルシャワでは、1989年まで国内軍の記念碑は建てられませんでした。代わりに、ソビエトが支援する人民軍の努力は称賛され、誇張されました。 [ 要出典 ]

対照的に、西側では、ポーランドのワルシャワの戦いの物語は、残酷で冷酷な敵と戦う勇敢な英雄の物語として語られました。ナチスがパルチザンを破壊したとき、ポーランドの最終的なソビエト支配への反対が効果的に排除されたので、スターリンはソビエトの非関与から利益を得たことが示唆されました。 [238]ソビエト連邦による意図的な先延ばしのために蜂起が失敗したという信念は、ポーランドの反ソビエト感情に貢献した。蜂起の記憶は、1980年代に共産党政府に対する平和的な反対運動を導いたポーランドの労働運動連帯を鼓舞するのに役立ちました。 [239]

1990年代まで、イベントの歴史的分析は、公式の検閲と学術的関心の欠如のために表面的なままでした。 [240]ワルシャワ蜂起の研究は、検閲の廃止と州のアーカイブへのアクセスの増加により、1989年の革命によって後押しされた。ただし、2004年[更新]の時点では、英国、ポーランド、および旧ソビエトのアーカイブの一部の資料へのアクセスは依然として制限されていました。 [241]この問題をさらに複雑にしているのは、ポーランド亡命政府の記録が破壊されたという英国の主張[242]と、1945年7月にロンドンのポーランド人によって戦争が焼かれた後に英国当局に転送されなかった資料である。 243] [244]

ポーランドでは、8月1日が記念日となりました。 1994年8月1日、ポーランドは蜂起50周年を記念する式典を開催し、ドイツ大統領とロシア大統領の両方が招待されました。 [13]ドイツのローマン・ヘルツォーク大統領が出席したが、ロシアのボリス・エリツィン大統領は、米国のアル・ゴア副大統領を含む他の著名なゲストの招待を断った。 [13] [245]ヘルツォークは、ドイツを代表して、蜂起の間にポーランド国民に対して犯されたドイツの残虐行為について謝罪した最初のドイツの政治家であった。 [245] 2004年の蜂起の60周年の間に、公式の代表団は次のとおりでした:ドイツの首相ゲアハルトシュレーダー、英国の副首相ジョンプレスコットおよび米国国務長官コリンパウエル教皇ジョンポールIIはワルシャワの市長、レフカチンスキに手紙を送りましたこの機会に。 [246]ロシアは再び代表を派遣しなかった。 [246] 2004年7月31日の前日、ワルシャワ蜂起博物館がワルシャワに開館した。 [246]

現在、ポーランドは1944年のワルシャワ蜂起の指導者に対する批判的な見方をほとんど欠いています。蜂起の敗北の理由は、主に外的要因、ソ連からの十分な支援の欠如、そして米国と英国からのより少ない程度で見られます。この場合の現代ロシアとポーランドの間の貧弱な関係は、そのような見解に対する追加の議論です。一方、ポーランドでは、ワルシャワ蜂起の歴史家であり参加者であるJan. M. Ciechanowskiによって、たとえば1974年に提示されたワルシャワ蜂起の別の見方があります。彼は共産主義の歴史家ではなかったが、彼の見解は1970年代にすでに広く広まった。この見解では、ワルシャワ蜂起は、この言説の外的要因を使用した反ロシア言説の形でのポーランドの長年の歴史的伝統の現れとして見られています。この観点から、ワルシャワ蜂起はロシア-ソ連に対して最も向けられており、米英とソ連の間に対立を生み出すように設計されました。 「ドイツ人との闘いに着手することによって」、1965年にペルチンスキー将軍は言った、「国内軍はロシア人によって脅かされたポーランドの独立を擁護していた。 。 。ロシア人が私たちの同盟国だったとしたら、それほど大きな反乱はなかっただろう。 (Muscovites –ポーランドのロシア人の蔑称)。 JankowskiとBor-Komorowskiは、ロシア人に対する強く、断固とした、和解しない態度がより実り多い結果を生み出すことを望んでいました。彼らは、スターリンに対して非妥協的な態度をとり、反乱を起こしたワルシャワの指導者として彼に立ち向かうことによってのみ、スターリンを平等に扱い、解放後に国を統治できるようにすることができると信じていました。彼らの見解では、より堅固でない行動方針の採用は、政治的自殺につながるでしょう。反乱はその事件における彼らの勝利の瞬間であり、ポーランド軍とロシア軍の間に軍事協力がなかったことが、その代わりに敗北と破壊の時代に変わったのです。」[247]

Piotr Zychowiczは、蜂起を「巨大で役に立たない犠牲」と呼んだことで、彼の著書The Madness of ’44で怒りの嵐を引き起こしました。 Zychowiczは、数千人の死に至った貧弱な判断力の行使について、国内軍の指導部を批判した。 [248]

有名なポーランドの広報担当者で哲学者のブロニスラフ・ラゴウスキーは、ワルシャワ蜂起が「道徳的勝利」と見なされ、ポーランド社会の民主化に関連するアプローチと呼ばれる彼のインタビューの1つでばかげています。彼によると、「大きな損失をもたらした出来事のカルト、特に悲しくはないが楽しいカルト。それは人生から切り離されているので、私たちは[心の]痛みを伴う状態について話すことができます。」

最近、ポーランドではワルシャワのイベントに対する態度が変わり始めています。ピスコルスキー(ワルシャワの地政学的分析のためのヨーロッパセンターの所長)によると、これは右翼政治家が彼らの純粋に実用的な目的のために蜂起に関連した象徴を使用した方法への反応でした。

Radziwinowicz(モスクワの「GazetaWyborcza」の主任特派員局)によると、現在、ポーランド社会の一部は、ワルシャワ蜂起に関係することの多くを再考し始めています。

「これは人々の恐ろしい悲劇を反映しています。突然、戦争の終わりに、すべてがすでに終わったように見えたとき、都市は死に、首都は死に、20万人が死にました」と言います。ポーランドのジャーナリスト。

「私自身、ワルシャワ蜂起の伝統に育ち、長い間神聖なものでした。英雄的、悲劇がありました。しかし、今こそ、誰のせいで、誰のせいなのか、という質問をする時です。蜂起を始めるのに必要ですか?」ラジビノビッチは言った。 [249]

1944年7月、ワルシャワ大学の門の前にある掩蔽壕が、クラコフスキー・プルゼドミエシエ通りから見たドイツ国防軍の基地に改築されました。

1944年8月、ワルシャワで戦っているSS-SonderregimentDirlewangerのメンバー。FochaStreetのタウンハウスの窓に描かれています。

ドイツSS-Gruppenführer ハインツ・ラインファルト、「ウォラの肉屋」(左、コサックのヘッドギア)と、ワルシャワ蜂起のクバン・コサック歩兵連隊の指揮官、ヤクブ・ボンダレンコ

ワルシャワ蜂起中のアゼルバイジャニSSボランティア編成は、協力ユニットでさえ十分に武装していた

1944年8月3日、Chłodna通りとŻelazna通りの交差点にあるドイツの警察署「Nordwache」の前にある「ChrobryI」大隊のレジスタンスファイター、1人の反乱軍だけが武器を持っている

ナポレオンスクエアにバリケードが建てられました。背景:捕獲されたヘッツァー駆逐戦車。 1944年8月3日

1944年8月20日、ジルナ通りにあるPASTビルでの戦闘中に捕虜となったドイツ人捕虜の1人

MałaPASTビルへの攻撃中に抵抗によって殺されたドイツの兵士。 1944年8月23日

1944年8月24日、バンカーの隣にあるピウサ通りの正面玄関で、「ルクザイ」大隊の国内軍兵士(マワPASTビルの火災後)が写真を撮ります。

のメンバーによって燃やされたウォラ虐殺のポーランドの犠牲者 Verbrennungskommando.

暴動の後に街を去るウォラの人々

多くの作品が蜂起の影響を受け、蜂起に捧げられてきました。文献では、次のものが含まれます。 コロンボウイ。 Rocznik 20 ポーランドの作家ローマン・ブラトニーによる小説。 [ 要出典 ]

テレビでは、ドキュメンタリー映画が含まれています ワルシャワの城壁1943–44、欧州委員会の支援を受けてワルシャワ蜂起の70周年を記念して制作されました。ワルシャワ蜂起は、1943年春の1年前に起こったワルシャワゲットーでの反乱と混同されることがよくあります。3人の若いヨーロッパ人、アレクサンドラ(フランス)、マリア(ポーランド)、ローマ(ドイツ)がワルシャワで集まり、これらを調査します。ここでのイベントは、ワルシャワ蜂起に参加した、またはゲットーに住んでいた目撃者に会います。彼らの白い髪の下で、私たちはナチズムに直面して自由の生きた城壁を形成した男性と女性を認識することができます。一方、ポーランドの第二次世界大戦のテレビドラマシリーズ 名誉の時間 (Czashonoru 2014年に放映されたシリーズ7)は、ワルシャワ蜂起に完全に専念していました。 [ 要出典 ]

  • カナウ、AndrzejWajda監督の1956年のポーランド映画。これは、ワルシャワ蜂起について作成された最初の映画であり、市内の下水道を通ってナチスの猛攻撃から逃れた国内軍の抵抗戦闘機の会社の物語を語っています。 [250]
  • 2014年の映画、 ワルシャワ蜂起Jan Komasaが監督し、ワルシャワ蜂起博物館が制作した、は、蜂起中に撮影された復元された色付きのフィルム映像から完全に作成されました。 [251]コマサはこれをフォローアップした ワルシャワ44 (としても知られている ミアスト44、「City 44」)、2014年にポーランドで大成功を収めた蜂起の血まみれで残忍な現実の中での愛、友情、冒険の追求の物語。[252]の映画 ピアニスト また、主人公のウワディスワフ・シュピルマンの目を通して蜂起を簡単に示しています。ポーランドのマウゴジャータ・ブラマ監督は、ワルシャワ蜂起についてのドキュメンタリードラマを撮影するつもりであると述べました。 [253]の2017年の映画 動物園の飼育係の妻 ワルシャワ蜂起とヤン・ジャビンスキの参加を描いています。映画の終わりに、視聴者はワルシャワが戦争中に破壊され、ポーランドの首都の戦前の人口のわずか6パーセントが蜂起後も市内に残っていたことを知らされます。 [要出典]
  • ワルシャワ、2019年のターンベースの戦術的なロールプレイングビデオゲームで、ポーランドのスタジオPixelated Milkによって開発および公開され、蜂起中に設定されました。 [254]
  • ユーリー・オゼロフの叙事詩の2番目の映画 自由の兵士 1977年のは主にワルシャワでの蜂起に専念しています。歴史的出来事の提示はソビエトの観点から与えられます。

スウェーデンのパワーメタルグループSabatonが、このイベントについて「Uprising」という曲を作りました。


旧市街[編集|ソースを編集]

蜂起の傷跡を負った2004年のバンクポルスキ。明るい色のレンガは、2003年以降の建物の再建中に追加されました。

旧市街エリア(ポーランド語 Starówka また ミアストを見つめる)当初は弱く、ほとんど無防備でした。しかし、それはドイツが保有するキルベド橋の橋頭堡に大きな脅威をもたらしました。また、ポーランドの位置は、ドイツ人がそれらを効果的に使用することを妨げるために、北部の鉄道線とシタデラの要塞に十分に近かった。それを知って、ドイツ人は北から(ヴィスチュラに向かう線路に沿って攻撃する)そして南から( Bankowy 平方 ほとんどのKierbedzia 橋)。 8月9日、マリエンシュタト地域のドイツ軍部隊はなんとか王宮を占領しましたが、それ以上内陸に向かうことはできませんでした。国内軍は反撃し、8月12日にドイツ軍を強制退去させた Bankowy sq。しかし、ドイツの空爆と戦車の広範囲な使用は、旧市街の擁護者と民間人の両方に高い犠牲者を課しました。爆撃された最初の建物の1つは、屋根に赤十字の巨大なシンボルが記された野戦病院でした。

北からのドイツ軍の攻撃も、両側で大きな犠牲者を出したことで止められました。の地域で大都市の戦いが始まった バンコビ広場、広場と近くのバリケードがあります トウォマツキエ 通りを数回変えます。ドイツ人は、ドイツ軍駐屯地の建物で包囲されているドイツ軍とのつながりを確立することができました(貴族モストフスキー宮殿)8月15日、しかし巨大な建物は激しい戸別訪問と部屋から部屋への戦いの場面になりました。戦いは、双方が廃墟から撤退した8月18日まで続きました。

ポーランドの防衛線の無人地帯と覆いの位置は、ワルシャワゲットー遺跡と ケルセレゴ sq。、&#911&#93 Żytnia 通りと レシュノ 街。国内軍は、オープンフィールドでのドイツの装甲攻撃に耐えるのに十分な装備を備えていませんでした。しかし、旧市街の主要な位置は密集して都市化され、小さくて狭い通りで覆われていました。そのため、外縁の取得に最初に成功した後、ドイツ軍の前進は中止されました。しかし、ドイツ軍はポーランド軍の背後にある地域への絶え間ない砲撃のために多数の大砲を集めました。フォンデムバッハ自身によると、砲撃で使用された銃の数は次のとおりでした。

  • さまざまな口径の220門
  • 重迫撃砲トール610mm1門
  • 50ゴリアテ自走式鉱山
  • ネーベルヴェルファーの1社42/43
  • さまざまな口径(150mmから320mmの範囲)のWurfgranateの1つのバッテリー
  • 4ユンカースJu87ストゥーカ急降下爆撃機がオケンツィエ空港から運航&#912&#93

重砲と絶え間ない空爆(オケンツィエ空港からの飛行機が目標に到達するのに5分しかかからなかった)の使用は、民間人に大きな犠牲者を負わせ、都市自体を破壊することでした。この目的は、アドルフヒトラー、ハインリヒヒムラー、ハインツグデーリアンの直接の命令で表明されました。

ワルシャワの下水道(地図)は、ポーランド人が避難経路として使用しました。 シルドミエシチェ (市内中心部)と ジョリボルシェ 地区。

技術的にも数値的にもドイツの優位性にもかかわらず、旧市街は8月末まで開催されました。しかし、国内軍と民間人の両方の状況が危機的になりました。食糧、水、軍需品の不足により、遺跡をさらに防御することが不可能になりました。でドイツの立場を突破するいくつかの計画 OgródSaski ダウンタウンへの公園と北の鉄道を通ってジョリボルシェへの公園は失敗しました。 9月2日、旧市街の擁護者たちは下水道を通って撤退した。この方法で5,300人以上の男性と女性が避難しました。


ワルシャワ蜂起1944年:63日間の希望と地獄

2014年8月1日は、運命的なワルシャワ蜂起の70周年です。それは第二次世界大戦の最も凶暴で最も悲劇的な戦いの1つでした。これらすべての数十年後、ワルシャワ蜂起の出来事は依然として最も知られていないままであり、しばしば誤解されています。

英国と米国の2つの最大の同盟国は、おとり商法の悪意のあるゲームをプレイし、ポーランドに必要な軍事支援と戦争物資を提供することを約束し、最終的にはナチスドイツ人と一人で戦うために彼女を放棄しました。この陰謀の核心はロシアであり、その西側との同盟は、チャーチルとルーズベルトがポーランドと他の東ヨーロッパ諸国をスターリンの手に犠牲にするという条件にかかっていた。

ポーランド軍、ポーランド地下国家、そして民間人の男性、女性、さらには子供たちが武器を手に取り、ナチスドイツの圧倒的な猛攻撃と戦うためにその場しのぎの武器を使用しました。アメリカ人の空中はワルシャワに必要な物資を大量に投下しましたが、遅すぎました。街は炎に包まれました。ドイツ軍はポーランドの反乱軍が占領した地区の多くを奪還したため、ポーランド人向けの空中投下がドイツの支配地域に流れ込んだ。ポーランドの武装勢力は、絶滅から逃れるために必死になって、都市の下水道を通って地下に逃げました。

ポーランド地下国家は、ナチス占領下のヨーロッパで最大のものでした。しかし、ポーランドの人々の勇気にもかかわらず、蜂起は悲劇的に終わりました。地獄のような63日後、ワルシャワは降伏しました。 16,000人以上のポーランドのレジスタンス戦闘機が殺され、6,000人のWIAが殺され、最大200,000人のポーランドの民間人が恐ろしい死を遂げました。残りのポーランドの反乱軍は切り上げられ、捕虜になりました。それから、ナチスドイツ人はワルシャワを地面に破壊し、それを爆撃して瓦礫と灰の塊に燃やしました。

この特別なブログ投稿は、愛する故郷のポーランドを解放するためにそのような勇気と力で戦ったポーランド人の男性、女性、子供たちを記念しています。彼らは決して、決して、決して忘れられないでしょう!

バリケードのポーランドの旗-ワルシャワ蜂起

行動の準備をしているポーランドの兵士1944年8月1日


蜂起の最初の日は成功し、私たちは希望を与えられました。
無料ワルシャワ!私たちは無料です!私たちは最後まで自由を守ります。


ワルシャワ蜂起:希望と裏切り

赤軍は、ひどい戦いの後で再編成するのに時間が必要でした、そして、彼らは正面攻撃でワルシャワを引き受けるつもりはありませんでした。そのビットはロンドンのポーランド政府に伝えられ、無視されました。

ワルシャワ蜂起の大失敗の理由は、可能な限り単純でした。ポーランドの傲慢とロシア人への憎悪:ロンドンのポーランド司令部は、スターリンのアドバイスと、当時のポーランド政府の蜂起を支援する立場にないという彼の警告を無視しました。ロンドンはそれを始めたかった。ロンドンのポーランド政府が蜂起を開始することを決定した理由は、彼らがポーランドのソビエトを望んでおらず、彼ら自身でそれをやってのけることができると思ったからです。

しかし、ワルシャワ蜂起が予測可能に災害に変わったとき、ポーランド人はソビエトが彼らの援助に来なかったことを非難しました!

ポーランド人は、浴場で洗礼を受けたユダヤ人のようなものです。十字架を外すか、ズボンをはきます。
スターリンが彼らの敵であり、ポーランド人がポーランドのソビエトを望んでいないか、彼らはスターリンに彼らを助けることを頼っていました。

ベロック

エドワード

赤軍は、ひどい戦いの後で再編成するのに時間が必要でした、そして、彼らは正面攻撃でワルシャワを引き受けるつもりはありませんでした。そのビットはロンドンのポーランド政府に伝えられ、無視されました。

ワルシャワ蜂起の大失敗の理由は、可能な限り単純でした。ポーランドの傲慢とロシア人への憎悪:ロンドンのポーランド司令部は、スターリンのアドバイスと、当時のポーランド政府の蜂起を支援する立場にないという彼の警告を無視しました。ロンドンはそれを始めたかった。ロンドンのポーランド政府が蜂起を開始することを決定した理由は、彼らがポーランドのソビエトを望んでおらず、彼ら自身でそれをやってのけることができると思ったからです。

しかし、ワルシャワ蜂起が予測可能に災害に変わったとき、ポーランド人はソビエトが彼らの援助に来なかったことを非難しました!

ポーランド人は、浴場で洗礼を受けたユダヤ人のようなものです。十字架を外すか、ズボンをはきます。
スターリンが彼らの敵であり、ポーランド人がポーランドのソビエトを望んでいないか、彼らはスターリンに彼らを助けることを頼っていました。

ワンダラジオ局 ([ame =&quothttp://en.wikipedia.org/wiki/Polish_language"]ポーランド語[/ ame] Radiostacja Wanda)は[ame =&quothttp://en.wikipedia.org/wiki/Soviet_Union"]ソビエト[/ ame] [ame =&quothttp://en.wikipedia.org/wiki/Polish_language"]ポーランド語[/ ame] [ame =&quothttp://en.wikipedia.org/wiki/Propaganda"] [ame =&quothttp://en.wikipedia.org/wiki/World_War_II"]第二次世界大戦中の宣伝[/ ame]放送局[/ ame]。
1944年に創設されたワンダラジオ局は、東部戦線で戦う[ame =&quothttp://en.wikipedia.org/wiki/Red_Army"]赤軍[/ ame]ユニットに所属していました。毎日運営され、ニュースや講義を放送し、ポーランドの歌を録音しました。 [1]
[ame =&quothttp://en.wikipedia.org/wiki/Warsaw_Uprising"]ワルシャワ蜂起[/ ame]の前に、放送は[ame =&quothttp: //en.wikipedia.org/wiki/Vistula"] [ame =&quothttp://en.wikipedia.org/wiki/Red_Army"] Red Army [/ ame]のそばのVistula [/ ame]川。しかし、蜂起が勃発した後、ステーションはすべての放送を停止し、音楽のみを再生し始めました。
[ame =&quothttp://en.wikipedia.org/wiki/Wanda_Radio_Station"]ワンダラジオステーション-ウィキペディア、無料​​の百科事典[/ ame]

ポーランドの第1軍司令官、gen。ズィグムント・ベルリンは、ワルシャワ蜂起を支援するためにヴィスワ川を越えて軍の大隊を1個派遣した後、指揮から外されました。 (第1軍は、1939/1940年にソビエトによってシベリアに移送されたポーランド軍と、赤軍がポーランドのこの地域を再征服した後の1944年に徴兵されたポーランド東部からの兵士から作成されたポーランド軍でした。主にロシア出身の将校が駐屯していました)。
スターリンは、連合軍の爆撃機がイギリスから空中投下でシャトル飛行によって蜂起に武器を供給し、その後、補充のためにワルシャワの東にあるソビエトが管理する滑走路に着陸することを禁止した。その意図は明白でした。


ビデオを見る: מרד גטו ורשה (六月 2022).


コメント:

  1. Rinji

    そして、スイス人、そして刈り取り人、そして一般的に、めちゃくちゃになりました。ポップシンガーの最も驚くべきことは、彼らが同じように口で歌うことです...生鮮食品ですが、戦うのは難しいですあなたが胸で温めるものは、あなたの人生を通して焼けるようになります。女性を幸せにするのはとても簡単です。ただ高価です。冷たいビールほど魂を温めるものはありません...

  2. Daisho

    その中には、私にとっても何かがあります。それは非常に良い考えのようです。完全にあなたと私は同意します。

  3. Abdul-Quddus

    私はこれを確信しています-混乱。

  4. Greg

    Yes, that's the intelligible answer



メッセージを書く