ニュース

ドキュメント-歴史

ドキュメント-歴史

契約、処方箋、判決。
セクションV.第180条。

(a)敵との間で締結された契約は、
債務またはその他の金銭を除いて、いずれかの当事者が敵になったとき
行われた行為またはその下で支払われた金銭から生じる義務であり、例外および
本契約または本契約に含まれる特定の契約または契約のクラスに関する特別規則
ここに付属書。

(b)連合国政府または本条約の発効日から6か月以内に、一般的な利益のために履行が要求される契約。
当事者の一方が国民である関連権力は、本条に基づく解散から除外されるものとします。

貿易の変更により、このように契約の履行が存続した場合
条件により、当事者の1人に重大な偏見が生じた場合、セクションV1で規定されている混合仲裁廷は、偏見のある当事者に公平な補償を与える権限を与えられるものとします。

(c)アメリカ合衆国の憲法および法律の規定を考慮して、
ブラジルおよび日本の場合、本条、第183条、または本附属書のいずれも適用されないものとします。
これらの州の国民とブルガリア国民との間で締結された契約。また、第189条も
アメリカ合衆国またはその国民に適用されます。

(d)本条および本条の付属書は、当事者となった契約には適用されないものとします。
そのうちの1人が主権を持っている領土の住民であるという理由で敵
そのような当事者が現在の条約の下で連合国の国籍を取得する場合、または
連合国と連合国の国民間の契約には適用されない。
いずれかの当事者が連合国にいるという理由で取引が禁止されている権力
または敵の占領における関連する領土。

(e)本条または本条の付属書のいかなる規定も取引を無効と見なしてはならない。
敵との契約に基づいて合法的に実施された場合は、
好戦的な力の1つの権威。

第181条。

現在の条約の下での領土の移転は、で言及されている私的権利を害するものではありません。
コンスタンティノープル条約、1913年、アテネ条約、1913年、スタンブール条約、1914年。

現在の条約の下でのブルガリアによる、またはブルガリアへの領土の移転は、同様にそして同じものでなければならない
これらの私的権利の保護をある程度保証します。

本条の適用に関して意見の相違がある場合、差額は
国際連盟評議会によって任命された仲裁人。

第182条。

ブルガリアの領土における譲歩、領収書の保証、および搾取の権利
連合国および関連国の国民、または企業または
そのような国民によって管理されている協会は、異常な状態のいずれかの場合に関心があるかもしれません
戦争の条件または措置に起因する労働または処分の
利害関係者の申請。これは、来てから3か月以内に提示する必要があります。
混合仲裁廷によって決定される期間、現在の条約の効力を発します。
処分期間または異常な労働条件を考慮に入れるものとする。

承認されたすべての取り決めまたは合意は、ブルガリアが戦争に参加する前に行われます。
連合国の金融グループによって管理されているブルガリア当局および企業または協会は
確認済み。それにもかかわらず、そこに定められた期間、価格および条件は改訂される可能性があります
新しい経済状況を考慮して。意見の相違がある場合、決定は以下に委ねられます。
混合仲裁廷。

第183条。

(a)処方のすべての期間、または行動の権利の制限。
戦争の勃発後は、これまでのところ、高締約国の領土で扱われるものとします。
敵同士の関係は、戦争の期間中中断されたものと見なされます。彼ら
現在の条約の発効後、早くても3か月以内に再開するものとする。
この規定は、利息または配当の提示のために規定された期間に適用されるものとします。
クーポンまたは返済のために引き出された、または返済可能な有価証券の返済のためのプレゼンテーション用
その他の理由。

(b)戦争中に何らかの行為を行わなかった、または形式に従わなかったために、
ブルガリアの領土では、国民の偏見に基づいて死刑執行措置が取られています。
連合国または連合国、そのような国民の主張は、問題が
連合国または連合国の裁判所の権限、混合仲裁人によって聞かれる
セクションVIによって提供される審判。

(c)連合国または連合国の国民である利害関係者の申請時
権力、混合仲裁廷は、されていた権利の回復を命じるものとする。
パラグラフ(b)で言及されている執行措置により、どこであれ、
ケースの特定の状況では、そのような復元は公平で可能です。

そのような回復が不公平または不可能である場合、混合仲裁廷は補償を与えることができます
ブルガリア政府によって支払われる偏見のある当事者に。

(d)いずれかの理由により、敵同士の契約が解消された場合
いずれかの当事者がその規定を実行するか、契約自体に規定された権利を行使する
偏見のある当事者は、救済のために混合仲裁廷に申請することができます。審判は
パラグラフ(c)に規定されている権限。

(e)本条の前項の規定は、連合国国民に適用されるものとする。
および上記の措置により偏見を持った関連国
ブルガリアは、他の方法で補償されていない場合、侵略または占領地にいます。

(f)ブルガリアは、いかなる返還によっても不利益を被る可能性のある第三者を補償するものとします。
前項の規定により混合仲裁廷により命じられた回復
この記事の。

(g)交渉可能な手形に関しては、(a)項に基づいて提供される3ヶ月の期間
の領土で適用される例外的な規制の日付から開始するものとします。
交渉可能な手形に関して関心のある権力は、確実に持つことをやめたはずです。
力。

第184条。

敵の間のように、戦争前に作られた交渉可能な手段は、
受け入れのために機器を提示するために必要な時間内に失敗したという理由だけで無効または
支払い、または引き出しや貸し手への不承認または不払いの通知、または抗議するため
計器も、戦争中に形式を完了できなかったという理由もありません。

交渉可能な手形が受け入れのために提示されるべきであった期間
または支払いのため、またはその範囲内で不受理または不払いの通知が行われるべきであった
引き出しまたはインダーサーに、または機器が抗議されるべきであった場所に、が経過した
戦争中、そして楽器を提示または抗議するべきだった、あるいは与えたはずの党
不受理または不払いの通知は、戦争中にそうすることができませんでした。
現在の条約の発効から3ヶ月以内に許可されるものとする
提示、不承認または不払いまたは抗議の通知が行われる場合があります。

第185条。

連合国または連合国の裁判所によって下されたすべての場合の判決
彼らが決定する能力のある現在の条約は、ブルガリアで最終的なものとして認められ、
彼らに執行を宣言させる必要なしに執行された。

発生した可能性のある紛争に関する判決または執行措置があった場合
連合国または連合国の国民に対してブルガリアの司法当局によって戦争中に与えられた
そのような国民の1人が関心を持っていた権力または会社または協会
そのような国またはそのような会社または協会のいずれかが彼らの弁護をすることができなかった、
それによって偏見に苦しんでいる連合国または関連する国民は、回復する権利を有するものとする。
補償。セクションVIに規定されている混合仲裁廷によって修正されます。

連合国または連合国の国民の場合、上記の補償
混合仲裁廷のその効果のために、それが可能である場合、
判決が下される前に彼らが占めていた状況で当事者を置き換える
ブルガリアの裁判所。

上記の補償は、同様に、混合仲裁廷の前に、
で取られた司法措置によって偏見に苦しんでいる連合国または連合国の国民
他の方法で補償されていない場合、侵略された、または占領された領土。

第186条。

ブルガリアが所有する法律以外の法律に従って設立された会社
ブルガリアの財産、権利または利益。これは現在または今後、国民によって管理されます。
連合国および関連国の
現在の条約の力、その財産、権利および利益を他の会社に譲渡すること
ブルガリアの法律または連合国および関連会社のいずれかの法律に従って法人化
国民がそれを支配する権力;財産の譲渡先の会社は、
他社の法律の下で享受していたのと同じ権利と特権を引き続き享受する
ブルガリアと現在の条約の条件。この会社は特別税の対象とはなりません
この転送のため。

第187条。

セクションIII、IV、V、およびVllの目的上、「戦争中」という表現は、それぞれを意味します。
連合国または連合国とその間の戦争状態の開始の間の期間
権力とブルガリア、そして現在の条約の発効。

附属書。
I.一般規定。
私。

第180条、第183条、および第184条の意味において、契約の当事者は次のように見なされるものとします。
敵同士の取引が禁止されているか、違法となる場合
それらの当事者の1人が従った法律、命令または規制の下で。それらはみなされます
そのような取引が禁止された日から敵になった、またはそうでなければなった
違法。

2.

以下の種類の契約は、第180条による解散から除外され、
セクションIVの第177条(b)に含まれる権利への偏見は、
連合国および連合国による戦争中になされた国内法、命令または規制の適用
関連する権限および契約条件に従う:

(a)不動産または不動産または個人資産の譲渡を目的とする契約。
当事者が敵になる前に、その中の財産が通過したか、オブジェクトが配達されていた。

(b)土地および住宅の賃貸および賃貸契約。

(c)住宅ローン、質権または先取特権の契約。

(d)鉱山、採石場、または鉱床に関する譲歩。

(e)個人または企業と州、州、地方自治体、またはその他との間の契約
管理機能を担当する同様の法人、および国によって付与された譲歩、
州、市町村、またはその他の同様の行政機能を担当する法人、
トルコ政府が締結または合意した契約および譲歩を含む
現在の発効前にトルコ帝国によってブルガリアに譲渡された領土
条約。

3

契約の条項が第180条に基づいて部分的に解消された場合、残りの条項は
その契約は、第2項に規定されているのと同じ国内法の適用を条件として、
それらが分離可能である場合は効力を継続しますが、それらが分離可能でない場合、契約はみなされます。
完全に解散した

II。特定のクラスの契約に関連する規定。
株式交換および商取引契約。

4

(a)戦争中に、認められた取引所または商業協会が提供する規則
敵によって戦前に締結された契約の閉鎖のために高
締約国は、その下でとられるあらゆる行動と同様に、提供された
(1)取引所または協会の規則に従うように、契約が表明されたこと
問題の;

(2)関係者全員に適用される規則。

(3)閉鎖に付随する条件が公正かつ合理的であること

(b)前項は、ExcangesまたはExcangesによる占領中に作成された規則には適用されないものとします。
敵が占領している地区の商業協会

5

敵のシャイルによる未払いの債務のために保有されている有価証券の売却は、
債権者が公正かつ合理的な注意を払って行動した場合、所有者への通知に関係なく有効
および慎重さ、およびそのような売却を理由とする債務者による請求は認められないものとします。

この規定は、占領中に敵が行った有価証券の売却には適用されないものとします。
敵が侵略または占領している地域

交渉可能な手形。

6

セクションIIIおよびその付属書を採用する権限に関しては、既存の金銭的義務
敵の間で、交渉可能な手形の発行から生じるものは、
清算機関の手段による当該附属書への適合。
彼に開かれたさまざまな救済に関する所有者の権利

戦争前または戦争中に人が交渉可能な手段に責任を負うようになった場合
その後敵となった人から彼に与えられた約束に従って、
後者は、前者の責任にかかわらず、前者を補償する責任を負います。
戦争の勃発

III保険契約
8

ある人が別の人と締結した保険契約は、その後、
敵は次の段落に従って対処されます

火災保険。

9

そのようなことに興味のある人によって締結された火災に対する財産の保険の契約
その後敵となった他人の所有物は、
戦争の勃発によって、または人が敵になったという事実によって、または
戦争中およびその後3か月間、彼の義務を履行できなかった
契約に基づくが、年間保険料が
発効後3ヶ月の満了後、初めてお支払いいただきます
現在の条約の。

和解は、戦争中に支払期日が到来した未払いの保険料、または請求の影響を受けるものとします。
戦争中に発生した損失のために。

10.

行政上または立法上の措置により、戦争前に火災に対する保険が適用された場合
戦争中に元の保険会社から別の保険会社に譲渡された場合、譲渡は再認識されます
また、元の保険会社の責任は、
移行。ただし、元の保険会社は、オンデマンドで以下に関する完全な情報を受け取る権利があります。
譲渡の条件、およびこれらの条件が公平でないと思われる場合は、
それらを公平にするために必要となる可能性がある限り修正されました。

さらに、被保険者は、元の保険会社の同意を条件として、次の権利を有するものとします。
要求の日付から、元の保険会社に契約を再転送します。

生命保険。

11.

保険会社とその後になった人との間で締結された生命保険の契約
敵は、戦争の勃発または戦争の事実によって解散したとは見なされないものとします。
敵になる人。

12.

戦争中に解散しなかったとみなされる契約により支払期日が到来した金額
パラグラフ1の下で、lは、5%の利子を追加して、戦後に回収可能でなければならない。
期日から支払日までの年間。

戦時中に保険料の未払いにより契約が失効した場合、または
契約条件、被保険者またはその代理人または個人の違反から無効
権利を有する者は、現在の発効から12か月以内であればいつでも権利を有するものとします。
失効日における保険契約の解約価額を保険会社に請求する条約または
回避。

戦時中に保険料の未払いにより契約が失効した場合
戦争措置の執行によって防止された、被保険者または彼の代表者
または、資格のある人は、保険料の支払い時に契約を回復する権利を有するものとします。
5パーセントの利子。現在の発効から3ヶ月以内の年間
条約。

13.

保険会社の現地支店が生命保険の契約を締結している場合
後に敵国となった国で設立された契約は、
契約自体に反対の規定がない場合は、現地の法律に準拠しますが、
保険会社は、被保険者またはその代理人に支払った金額の返金を要求する権利を有するものとします。
戦争中に取られた措置の下で行われた、または執行された請求について
そのような主張は、契約自体の条件に準拠していないか、または
締結時に存在していた法律または条約。

14

契約に適用される法律により、保険会社が契約に拘束されたままである場合は常に
解雇の被保険者に通知されるまで保険料が支払われなかったにもかかわらず
契約の中で、彼はそのような通知の提供が戦争によって妨げられた場合に権利を与えられるものとします。
5%の利子で未払いの保険料を回収します。被保険者からの年間。

15.

保険契約は、段落の目的のための生命保険の契約と見なされるものとします。
1lから14は、人間の生命の確率と金利の組み合わせに依存する場合
2者間の相互関与の計算。

海上保険。
16.

時間ポリシーと航海ポリシーを含む海上保険の契約は、
保険会社およびその後敵となった者は解散したものとみなします。
契約で引き受けたリスクが付随していた場合を除いて、彼が敵になったとき
彼が敵になる前に。

リスクが発生しなかった場合、保険料またはその他の方法で支払われたお金は回収可能であるものとします。
保険会社から。

リスクが付随する効果があった場合、当事者が
敵、および保険料または損失のいずれかによる契約に基づいて支払われるべき金額
現在の条約の発効後に回復可能であること。

戦前に支払われるべき金額の利息の支払いについて合意が得られた場合
戦争状態にあり、戦後に回復した国の国民に、またはそれによって、そのような関心
海上保険の契約に基づいて回復可能な損失の場合は、
損失の日から1年間。

17.

その後敵となった被保険者との海上保険の契約はしてはならない。
保険会社が国民であった権力による好戦的な行動による損失をカバーすると見なされる
またはそのような力の同盟国または仲間によって。

18.

戦前に海上保険に加入したことが示されているところ
後に敵となった保険会社が戦争の勃発後に新たに参入した
敵ではなかった保険会社と同じリスクをカバーする契約、新しい契約は
締結日から元の契約に代わるものとみなされ、
支払われる保険料は、元の保険会社が引き続き責任を負っていることに基づいて調整されるものとします。
新しい契約が締結されるまでの契約のみ。

その他の保険。
19

戦前に保険会社と保険会社との間で締結された保険契約
その後、第9項から第18項で取り扱われる契約を除き、敵となる。
同じ人の間の火災保険の契約と同じ立場ですべての点で扱われます
上記の段落の下で扱われます。

再保険
20.

敵となった者との再保険に関するすべての条約は、
敵になる人によって廃止されたが、生命や海洋の場合には偏見はない
戦前に支払われるべき金額の戦後の支払いを回収する権利に付随していたリスク
そのようなリスクに関して。

それにもかかわらず、侵入のために、再保険者が別のものを見つけることが不可能であった場合
再保険会社の場合、条約は発効後3か月まで効力を維持するものとします。
現在の条約。


ビデオを見る: 日中戦争 なぜ戦争は拡大したのか (1月 2022).