ニュース

フレグ&ドクズ・カトゥーン

フレグ&ドクズ・カトゥーン


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


フラグカーン

Hulagu Khan、別名Hülegü、Hulegu(モンゴル語:HülegüKhaan、&quotWarrior&quotモンゴル語キリル語:Хүлэгхаанトルコ語:HülâgüHanチャガタイ語/ウルドゥ語:ہلاکوHulakuペルシャ語/アラビア語: )、南西アジアの大部分を征服したモンゴルの支配者でした。トルイとケレイトの王女ソルコクタニベキの息子であり、ジンギスカンの孫であり、アリクブケ、モンケカーン、クビライカーンの兄弟でした。フラグの軍隊はモンゴル帝国の南西部を大幅に拡大し、最終的なサファヴィー朝の前身であるペルシャのイルハン朝を創設し、その後イランの近代国家を設立しました。フラグの指導の下、モンゴルはイスラム権力の最大の中心であるバグダッドを破壊し、ダマスカスも弱体化させ、カイロのマムルークにイスラムの影響力を移した。フラグの治世中、歴史家はアラビア語ではなくペルシア語で書き始めました


フラグカーン

フラグ(彼の名前のネイティブフォームはHüle'ü、マルコポーロのアラウ)は、ジンギスカンの孫であり、グレートカンスマング(モンケ)とクビライの弟でした。で クリルタイ、 または、マングの加入時に1251年に開催されたモンゴルの王子の集会で、フラグは、ペルシャ北西部のイスマーイール派またはアラムートの暗殺者を抑圧することによって、西アジアの征服を強化することが決定されました。 、カリフ制を攻撃します。

フラグは1253年の秋に大軍の長としてモンゴルを去った。すべての自然の障害物が取り除かれた慎重に準備されたルートに沿ってゆっくりと移動し、1256年の初めまで、チャガタイの汗国とペルシャの間のフロンティアであるオクサスを横断しませんでした。その年の終わりまでに、イスマーイール派の城は占領されており、グランドマスター自身がモンゴルの手に囚われていました。彼はモンゴルに送られ、そこでグレートカーンの命令によって処刑され、その後のイスマーイール派の大虐殺により、宗派はほとんど全滅した。

1257年の夏は、ハマダン地域にあるフラグの本部のカリフアルムスタシムとの外交交流に費やされました。カリフはモンゴルの提出要求に応じることを拒否し、秋にフラグの軍隊はバグダッドに集結し始めた。 1258年1月17日、カリフの軍隊は22日の戦闘で敗北し、バグダッドの城壁が2月10日に降伏する前に、フラグが直接現れ、10日後にアルムスタシムが殺害されました。マルコポーロとロングフェローのページからおなじみの物語 カンバル、 金と銀でいっぱいの塔で飢えたままにされているカリフの外典は、おそらく彼がカーペットに巻かれ、王族の血を流さないために殴られたり踏みつけられたりして死んだことです。王子様。彼の死により、カリフ制のイスラム制度は終了しましたが、それはエジプトのマムルークの支配者によって人工的に保存され、その後オスマン帝国のスルタンによってその称号が引き継がれました。

バグダッドから、フラグはアゼルバイジャンに撤退し、それ以降、イルハン朝の座となる運命にあり、1259年の秋にここからシリアを征服するために出発しました。アレッポは短い包囲の後で捕らえられ、ダマスカスは一撃なしで降伏し、1260年の初夏までにモンゴル人はエジプトとの国境でガザに到着しました。しかし、彼の兄弟である中国のグレートカーンマングの死のニュースにより、フラグはペルシャに戻り、彼が残した枯渇した軍隊は、1260年9月3日にパレスチナのアインジャールートでエジプト人によって決定的に敗北しました。

1262- 1263年、フラグはコーカサス地域で、彼のいとこである黄金の大群の支配者であり、敵の同盟国であるエジプトのマムルークの支配者であるベルケとの敵対行為に関与しました。フラグの軍隊は最初は勝利し、テレクを越えてバークの領土に入ったが、その後、大きな損失で追い返され、馬のひづめの下で氷が崩れたときに多くの人が川で溺死した。モースルとファールスの上昇の鎮静を除けば、これはフラグのキャンペーンの最後でした。彼は1265年2月8日に亡くなり、ウルミエ湖のシャヒ島の海岸から1,000フィート上にそびえる大きな岩に埋葬されました。彼は、伝統的な異教徒の埋葬を与えられた最後のモンゴルの王子であり、来世で彼らの主人に仕えるために数人の若い女性が彼と一緒に埋葬されました。

フラグが設立した王国は、ペルシャとコーカサス南部の州に加えて、現在のイラクとトルコ東部で構成されていました。彼と彼の後継者は、モンゴルとその後中国で大カーンの家臣としてイルハン(従属カーン)の称号を授けられました。彼自身はまだ彼の祖先のシャーマニストの信念に固執していたか、仏教への改宗者でしたが、彼の主な妻であるドクズは、フラグの母親がそうであったようにネストリウス派のキリスト教徒であり、彼の治世中にキリスト教徒に特別な好意が示されました。彼の後継者の何人かと同様に、彼は偉大な建築家であり、彼の建物の中で最も有名なのは、イスラム教徒、キリスト教徒、極東の科学者が研究を行ったマラーゲの北の丘にある素晴らしい天文台でした。


H&uumlleg&uuml-イルハン朝

イルハン朝のH&uumlleg&uumlと彼のキリスト教徒の妻Dokuz Kathun、14世紀のMS

イスマーイール派の排除

1253年、イルハン朝は広大な軍隊を率いるグレートカーンM&oumlngkeによって西に送られました。しかし、彼は征服だけに関心を持っていたわけではありません。彼は、シャムスアルディンジュヴァイニ(歴史家の兄弟)をワズィールとして任命することにより、市民行政も同様に重要であることを示しました。彼は20年以上(1262年から1284年)その役職に就いていました。 H&uumlleg&uumlの軍事的使命は、まだモンゴルに反対している2つのグループ、イスマーイール派とアッバース朝を排除することでした。 1254年、彼はオクサスに到着しました。彼のゆっくりとした進歩と、アゼルバイジャンのマラーゲ(後にタブリーズに移る)での彼の首都の設立は、大陸横断貿易だけでなく、イランと中央アジアからの野心的な若い男性が彼の法廷に身を置くことを奨励しました。そこで彼は、ラムのセルジューク朝のスルタン(最初はさらに東の破壊された文化センターからの難民の流れを歓迎していた)を含むさまざまな地域の支配者から服従の誓約を受け取り、すでに家臣の地位を受け入れていました。 H&uumlleg&uumlがついに彼の最初の目的であるセルジューク朝への抵抗に成功したイスマーイール派(暗殺教団)に到達したのは1256年の春まででした。 70のイスマーイール派の山の要塞は、イスマーイール派の新たに任命されたグランドマスターであるルクヌッディーンの協力を得て取り壊されました。しかし、Gird-Kuhの城はさらに18年間持ちこたえました。ルクヌッディーンは、彼の有用性が切れるまで、好意を浴びていました。その後、彼と彼の家族全員が殺害され、ある情報筋によると、M&oumlngke Khanの直接の命令により、イスマーイール派の一般的な虐殺が続いた。

イラン、カスウィン近くのアルボルズ山脈にあるアラムートのイスマーイール城

アッバース朝の破壊-バグダッドの占領

スンニ派イスラム教の利益のためにこの仕事をした後、H&uumlleg&uumlは彼の動きを始めました バグダッド。カリフはイスマーイール派に対する支援を拒否し、彼が自分の街を守るために必要なかもしれない軍隊を危険にさらすことに消極的だった。彼は降伏を要求し、「彼がどこから来たのか」と言われた後、攻撃を開始しました。彼がバグダッドを攻撃することを敢えてした場合、彼の占星術師は破滅を予言しましたが、有名な占星術師/天文学者であるシーイは、M&oumlngkeの直接の命令でアラムートから救出されました(彼を使用してセットアップすることを望んでいました)モンゴルの天文学学校)は今彼の側近にいました。彼は、災害が発生することなくカリフを取り除くことが可能であるとイルハン朝を安心させることができました。モンゴル軍は今や殺害のために引っ越してきました。バグダッドの袋(1258年2月)は7日間続きました-彼らが降伏するために都市を出たとき、その人口は虐殺されました。クリスチャンの家だけが立ったままでした。カリフムスタシムは、彼をカーペットで包み、それから彼を踏みにじって死ぬことによって実行されました-カリフの血を流すのを避けるために。 500年余り続いていたアッバース朝のカリフがついに終わりました。

シリア-一時的な利益。

H&uumlleg&uumlは来年、さらに西​​のイスラムの土地を征服するために出発しました-タブリーズを離れて、彼はトルコ南東部の山でクルド人を虐殺し、次にメソポタミアに行きました:彼の目的はアレッポでした、そしてそれは6日間の包囲の後に落ちて終わりましたガザ(1260年)までシリアの支配権を彼に与えた通常の虐殺。彼は兄のM&oumlngkeの死のニュースを聞いたとき(1年遅れ!)、エジプトを攻撃する準備ができていて、家に帰り始めました。しかし、弟のクビライがグレートカーンに昇格したとき(彼は中国のユウムラン王朝の創設者になる予定でした)、彼はタブリーズに戻りました-そこで彼はシリアでの悲惨な敗北のニュースを聞きました。エジプトのマムルーク人がモンゴル人に侵入して押しつぶした アイン・ジャールート。 H&uumlleg&uumlは反撃を組織しましたが、これも敗北し、モンゴル人はユーフラテス川への撤退を余儀なくされました。一部のヨーロッパのキリスト教徒は、キリスト教に同情的なモンゴル人が十字軍を救い、イスラム教徒の敵を罰することを望んでいました。逆に、モンゴル人はヨーロッパからシリアのアイユーブ朝に対する助けを望んでいたかもしれません。双方はがっかりしました-&Oumlljeit&uumlにもかかわらず、H&uumlleg&uumlのひ孫はまだ望んでいました!

黄金の大群

コーカサスの北にあるジンギスの征服のジョチとバトゥの部分の継承者である黄金の大群の現在のリーダーであるベルケは、H&uumlleg&uumlが彼であると信じていた領域に侵入していたようです。 彼の 権利。彼はまた、イスラム教徒の改宗者として、マムルーク朝のバイバルスと同盟を結んだ。 H&uumlleg&uumlの軍隊による勝利は、大敗(1263)によってキャンセルされました。その後、凍ったテレク川を越えて氷が後退したときに、彼の軍隊の多くが溺死しました。 H&uumlleg&uumlはタブリーズに引退し、彼の復讐を企てました-しかし彼は1265年に亡くなり、リーダーシップを息子に任せました アバカ。彼の葬式は人身御供でマークされました-これが最後に起こったとき。

彼の妻はすぐに亡くなりました-彼女はネストリウス派のキリスト教徒であり、おそらく夫のキリスト教徒に対する寛大さに影響を与えました。モンゴルの女性は、イスラム教の女性とは異なり、かなりの力と地位を持っていました-彼らの意見は重要でした。イルハン朝と彼の後継者たちは、サーサーン朝のイラン/ペルシャが単なる地理的事実ではなく政治的実体であったため初めて、イラン国家への道を開き、西側との直接的な外交関係が再開された。彼らは「中東」の大部分を支配しましたが、名目上はまだグレートカーンの主題です。

ペルシアのイルハン朝


タタール人の歴史

タタール人が最初に住んでいた土地は、偉大なベルジャン山[ブルカンカルドゥン]の向こう側にあります。 アレクサンダーの歴史。タタール人はその州に野獣のように住んでいて、書物も[宗教的]信仰も持っていませんでした。彼らは動物の群れの世話をし、群れの飼料を探して場所を移動しました。彼らは腕の中で熟練しておらず、誰にでも軽蔑され、そしてすべての人に支流でした。以前は、一般にモゴール人として知られている多くの歯石の人々がいました。彼らは非常に増殖したので、彼らの中で最も尊敬されていると考えられている7人の主要な人々に分かれました。

タタール人の最初の人々は、彼らの古代の居住地の地区にちなんでタルタルと呼ばれ、2番目、タンクット[タングート]、3番目、クナト[オイラト]、4番目、エアリス[チェレア]、5番目、ソニック[スユニット]、6番目、モンギ[メルキト] 7番目、デパット[チベット]。私たちが言ったように、これらの7人のタルタルの人々は、ある貧しい老人、溝掘りが彼の睡眠中にこのビジョンを持っていたことが起こるまで、隣人の支配下にありました:彼は完全に白くてハンサムで白い馬に乗った兵士を見ました。ライダーは彼の名前で彼を呼び、「チンギス、あなたがタタール人の王子様の監督となり、モンゴルの人々を支配するのは不滅の神の意志です。あなたを通して彼らは彼らが持っている状態で隣人への奴隷から解放されるでしょう。長い間耐え、近くの領主からの喧嘩と搾取を経験しました。そしてあなたが彼らに与える税金は彼らから引き取られるでしょう。」チンギスはこの神のメッセージ[g32]を聞いて大きな喜びに満ち、彼は自分が見たビジョンをすべての人に関連付けました。しかし、彼らの指導者とグランデはビジョンの信憑性を信じたくなく、何人かは老人を笑いました。次の夜、これらの同じ指導者たちは、白い兵士と、古いチンギスが皆に関係していたのと同じビジョンを見ました。そして、彼らは不滅の神からチンギスに従い、すべての人に彼の命令に従うようにという命令を受けました。したがって、7人のタルタル族の7人の指導者とグランデが集会に集まり、彼らの自然の支配者としてチンギスに従うことに同意しました。

それから彼らは彼らの間に彼の王位を築き、非常に黒い羊皮を地面に広げ、その上にチンギスを座らせました。 7人の偉大な指導者たちは彼を育て、大きな喜びと歓喜で王位に就き、彼を呼びました 氏族長、最初の皇帝、そして皇帝と領主として彼の前にひざまずいて彼を称えました。さて、タタール人が彼らの最初の皇帝と領主を[即位させるために]行ったこの儀式に関して、そして羊皮に関して、誰も驚かないでください。おそらく彼らは他に魅力的な生地を持っていなかったか、何かをより良くする方法を知りませんでした。

一つ たぶん......だろう これらのタタール人は多くの王国と計り知れない富を持っているにもかかわらず、アジアの領主と富が彼らの手にあり、それにもかかわらず彼らはハンガリーの国境を支配しているので、現代の[彼らの行動]に驚かされます、決して彼らは彼らの古いやり方や習慣を変えようとはしなかった。これは、タタール人の皇帝を即位させるときに、祖先が使用したその配置を完全に保持するチーフに特に当てはまります[g33]。私は個人的に2人の皇帝の即位に出席していました。しかし、今度は以前のナレーションに戻りましょう。

すべてのタタール人の一般的な同意と意志によって皇帝になったチンギス・ハーンは、何かを始める前に、すべてのタタール人が彼に忠実に従うかどうかを発見したかった。したがって、彼はすべてが守るべき[3]の法令を発行しました。最初の法令は、すべてのタタール人が不滅の神を信じて従うべきであり、その同意によって彼自身が王権の尊厳を受け取ったというものでした。タタール人はこの最初の布告を守りました。その後、彼らは神を呼び始めました、そして今日まで彼らのすべての事柄において、タルタルは主の名を呼び求めます。 [Chingiz]が与えた2番目の命令は、10人の男性の各グループに監督者を設置することでした。1人は1000人を超え、1人は10,000人を超え、10,000人の兵士は トゥマン。彼はさらに、7人のタルタル民族を統治した7人の指導者または将軍は、彼らが以前に持っていたすべての名誉を永久に放棄し、永久にそうすることを命じました。

次に彼は恐ろしくて信じられないほどの命令を出しました、なぜなら彼はそれらの7人のタルタル将軍のそれぞれに彼の長男を連れて来てそして彼自身の手で彼を斬首するように命じたからです。命令は非人道的で陰険に見えましたが、誰もあえて従わなかったのです。彼らは[チンギス]が神の摂理によって支配者であることを知っていたからです。したがって、彼がどんな命令を下しても、彼らはすぐに成就しました。

チンギスカンが彼の人々の決意をテストし、彼らが死ぬまで彼に従う準備ができているのを見ると、彼はすべてが戦争に行く準備ができているべき日を規定しました。それで、タタール人は彼らの近くの隣人に対して乗り出し[g34]、彼らを服従させました。したがって、以前は彼らの領主であった人々は、今では彼らのしもべになりました。その後、チンギス・ハーンは他の多くの人々に対して急襲し、すぐに彼らを征服しました。彼は少数の兵士ですべてを達成し、すべてで成功したからです。

チンギス・ハーンが襲撃を行っていたとき、彼の騎兵隊はほんの数人しかいなかったので、敵は彼の前に大勢で立ち上がった。衝突の間、チンギスカンは身を守ったが、彼が乗っていた馬は殺害された。タタール人は彼らの主が戦いで倒れるのを見るやいなや、救いに絶望し、飛行に転向し、敵から身を守った。後者は、王が地面に横たわっていることに気づかずに、逃亡者を迅速に追跡しました。それからチンギスカンは立ち上がって茂みに身を隠し、それによって死の危険を回避しました。戦いから平原に戻った人々は、死体を剥ぎ取り、隠れている人々を探し始めました。そして、多くの人からフクロウ(またはワシ)と呼ばれる鳥がやって来て、天皇が隠されていた茂みにとまりました。捜索者たちは、その鳥が茂みにとまっているのを見たとき、誰もそこにいないと推論し、探している鳥をさらに探すことなく、誰かがそこに隠されていれば、その鳥は決していないだろうと自分たちに言いました。とまった。

夜の闇の中で、チンギスカンは敵を恐れて、未踏の道を旅しながら自分の民のところへ行きました。そして彼は彼らに、彼に何が起こったのかを順番にそして正確に語った。それからタタール人は不滅の神に感謝を捧げました。チンギスカンの解放者である神の後に見えたその鳥については、彼らから非常に尊敬され[g35]、その羽を持っている人は誰でも幸運であると考えられました。タタール人はその羽を頭にかぶっています。タタール人が頭に羽をつけている理由を説明するために、ここでこの問題に言及しました。

チンギスカンはベルジャン山の向こう側にあるすべての地区の皇帝になり、問題なくそれらを征服しました。以下に関連するように、彼が別のビジョンを見るまで、問題はこのように続きました。私がナレーションのこの部分にデートを入れていないことに誰も驚かないでください。多くの人に聞いてみましたが、十分に教えてくれる人は見つかりませんでした。これは、タタール人が台本を持っていなかったため、正確な年表に慣れていなかったためだと思います。このように、イベントとその日付は誰にも記録されずに過ぎ去ったので、忘れられていました。

第17章

チンギスカン、タタール人の最初の皇帝

チンギスカンがベルジャン山の近くのすべての王国と地区を支配した後、彼はある夜、別のビジョンを見ました。もう一度白い戦士が現れて彼に言った:「チンギスカン、あなたがベルジアン山を通り過ぎて西に向かい、王国、地区、領土を征服し、多くの人々をあなたの支配下に置くのは不滅の神の意志です。これらの言葉は不滅の神の意志を反映していると信じられ、あなたの民と共にベルジャン山[g36]に行き、海が国境を接する場所に行きます。そこであなたは降りて、不滅を崇拝し、東に向かって9つの創作を行います。神よ。そうすれば、全能のご自身が、あなたが山を渡ることができる道をあなたに示すでしょう。」チンギスカンがそのビジョンを見たとき、彼は喜びをもって立ち上がって、何も恐れませんでした。最初の示現が実現したので、彼は今、他の示現に信任を持っていました。それで彼はすぐにすべての部分から彼の人々を集めて、彼らに彼らの女性、子供たち、そして彼らのすべての持ち物で彼に従うように命じました。彼らは海が広大で深く、通り道や峠が現れない山のそばの場所に行きました。チンギスカンは、不滅の神が命じられたようにすぐに馬から降りました。そして、彼の民は東に向かって9回反射し、全能の不滅の神の助けを求めて、前進する道と通りを彼らに示しました。彼らはその夜を祈りの中で過ごし、朝起きて、海が山から9フィート離れて、広い道を残しているのを見ました。タタール人は、その光景に驚愕し、不滅の神のおかげで熱心に捧げられました。彼らは自分たちの前に開いていた道を旅し、コースを西に向けました。

しかし、タタール人の歴史に見られるように、チンギスカンとタタール人がその山を越えた後、彼らは数日間、空腹と喉の渇きの剥奪を経験しました。彼らはその土地が砂漠であることに気づき、苦くて塩辛い水を飲むことができませんでした。それで、彼らがすべての必需品が豊富に利用できる快適な土地を見つけるまで、それは残りました。チンギスカンはその肥沃な土地に何日も留まりました。しかし、神の摂理[g37]によって、彼はひどく病気になり、回復は絶望的であるように見えました。このように、タタール人の皇帝であるチンギス・ハーンは、彼の前に彼の12人の息子を召喚し、彼らに常に団結し、一つの心を持っているように忠告しました。そして彼は彼らにレッスンを教えました:彼は彼の息子のそれぞれが矢を一つずつ持ってくるように命じました、そして彼らがすべて集まったとき、彼は可能であれば束全体を壊すように長男に命じました。彼は12本の矢を取り、それらを引き裂こうとしましたが、できませんでした。それから束は次男に、次に三男に、そして残りに息子ごとに与えられました、しかし誰もそれをすることができませんでした。それから[チンギス]は末っ子に矢を個別に分けて一つずつ壊すように命じました。そして、彼はそれらすべてを簡単に壊しました。それからチンギスカンは息子たちの方を向いて言った、「息子たちよ、なぜあなたは私があなたに与えた矢を壊すことができなかったのですか?」彼らは答えた:「主よ、彼らはとてもたくさん一緒だったからです。」 「しかし、なぜあなたの弟が彼らを壊すことができたのですか?」 「主よ、彼らは一つずつ分けられていたからです。」そしてチンギスカンは言った:「それはあなたの中にあります、あなたが一つの心と魂を持っている限り、あなたの支配は常に堅固です。しかしあなたがお互いから離れると、あなたの主権はすぐに無になります。」 Chingiz-Khanは、タタール人が保存した他の多くの非常に優れた教訓を与えました。彼らの言語では、これらは ヤサックス チンギスカンの法令、それはチンギスカンの法令です。

その後、死ぬ前に、彼はオゴデイ・カーンと名付けられた彼の息子の最も賢くて最高のものを帝国の領主と相続人として設立しました。これを行った後、チンギスカンは平和に亡くなり、息子のオゴデイは父親の王国の王位に就きました。

このナレーションを締めくくる前に、タタール人が9番を崇拝する程度に注意する必要があります[g38]。これは、白人の戦士がベルジャン山で不滅の神を作るように命じた9つの創作と、彼らが通過した幅9フィートの道を偲んでいます。したがって、彼らはその数を幸運だと考えています。誰かがタタール人の領主に何かを提示したい場合、彼が彼の贈り物に好意を見いだしたいのであれば、彼は9つのものを提供しなければなりません。 9つのアイテムが提供された場合、そのギフトは幸運で良いと見なされれば十分です。タタール人はこの習慣を今日まで守っています。

第18章

オゴデイ、タタール人の第二皇帝

父親の後を継いだオゴデイ・カーンは、頑強で賢い男であることがわかった。タタール人は彼を好きで、満場一致で彼への忠誠と従順を示しました。今、オゴデイ・カーンは、彼がどのようにしてアジア全体を征服できるのか疑問に思いました。最初に、彼はアジアの王の力を分析し、最も強力な者と戦うことを望みました。 [彼は、最強の者を征服すれば、残りの部分を簡単に克服できると思ったからです。 oe31]彼はこのために勇敢な船長を選び[Gebesabada(?彼らは抵抗できなかった強大な領主を見つけたので、引き返す必要があります。オゴデイ・カーンが命じたことは成し遂げられました。1万タタールの船長が突然アジアの地に入ったからです。住民が気づかずに捕らえられ、戦いの準備をすることも自分自身を守ることもできなかったので、そこで彼は都市と土地を奪いました。 [タタール人]はすべての武装勢力を殺しましたが、人々に害はありませんでした。彼らは馬、馬具、食べ物、その他必要なものをすべて持って行き、コカスの山[コーカサス]に来るまで続けました。この山のため、コーカサスの山に隣接する狭い海にアレクサンダル王が要塞化した都市の人々の同意なしに、アジアの内部から大アジアに移動することはできません。この都市は、住民が身を守る時間がないような方法で10,000人のタタール人に占領されました。彼らが町とその中のすべてのものを持って行ったとき、彼らはすべての男性と女性を剣に置き、それから彼らが再び戻ったときに彼らが彼らに対する障壁を見つけないように、すべての都市の壁を壊しました。古代のこの都市はアレクサンダーと呼ばれていましたが、現在は鉄の門と呼ばれています。タタール人の到着のニュースは、すべての国と土地に広まりました。その結果、イナイムス[Iwane Zakarean / Mxargrdzeli]と名付けられたジョージア王は彼の軍隊を集めてタタール人と戦い、モルガム[Mughan]平原で彼らと戦った。戦いは長い間続いたが、結局グルジア人は逃げることを余儀なくされた。タタール人は、トルコのスルタンが近くにあり、彼がホストを集めたことを知ったとき、アルセオン[エルズルム]と呼ばれるトルコの都市に来るまで続きました。したがって、タタール人はあえてそれ以上前進せず、トルコのスルタンを打ち負かすことができなかったのを見て、アメレク[アマリック]と呼ばれる都市で見つけた領主に別のルートで戻った。彼らは、アジアの国で行ったことや学んだことすべてを彼に知らせました。 oe32]

この結果、オゴデイ・カーンはペイトン[バイジュ]という勇敢で賢明な将軍を選び、3万人のタルタル兵士を彼に任せました。 ダマック または偵察部隊。彼は彼らに、10,000人が横断したのと同じ道を進み[g39]、彼らがトルコ王国の国に到着するまで運ばず、可能であれば、トルコ国のスルタンに抵抗しようと命じた。アジアのすべての王子の中で最も強力であると評判だった人。しかし、もし彼らが彼に反対できないことが起こった場合、彼らは戦いに参加するべきではなく、代わりに良い国でキャンプをし、近くの息子の一人に助けを送るように通知し、そうすれば彼らは安全に戦いを始めることができます。

3万人の兵士を抱えるバイジュが毎日旅をしてトルコ人の領域に到着したとき、彼は最初のタタール人が逃げたスルタンがすでに死んでいること、そして彼の息子がキアダティ[ギアースッディーンカイクスラウ]と名付けたことを知りました。彼の後を継いだ。 [Ghiyath al-Din]がタタール人の到来を聞いたとき、彼は恐怖を感じ、外国人やラテン人からできるだけ多くの傭兵部隊を召喚しました。彼は、とりわけ、キプロスのYohannes Liminad [Iohnn de la Limynate]と、ヴェネツィアのVonip'akios [Boniface deMoulins]という2人の指揮官が率いるラテン人のグループを務めました。 [トルコのスルタン]はまた、来た人に恩恵と贈り物を約束する近隣のスルタンに送られました。そして、このように、彼は非常に多くの戦士を集めて、タタール人が宿営していた場所に行きました。しかし、タタール人は決して動揺していませんでした。代わりに、彼らはコンセドラク[コセダグ]で勇敢に戦争をしました。結局、タタール人は勝利者であり、トルコ人は敗北しました。このようにして、タタール人は私たちの主1244年にトルコの国の王国を占領しました[g40]。

第19章

ジノンカーン[グユクカーン]、タタール人の第三皇帝

しばらくして、オゴデイ・カーンが亡くなりました[1241]。彼の王国は[最終的に]短命だった息子のグユク[カーン1246-48]に受け継がれました。彼は彼の非常に強力な関係の1つであるマンゴー[モンケカーン、1251-59]に引き継がれ、彼は多くの領土を支配下に置きました。自信を得て、彼はキャセイの海を渡り、島を奪おうとしました[?日本]。しかし、彼が島を包囲している間、その場所の男性は非常に賢くて賢く、他の男性を密かに海に飛び込むように送りました。彼らは、モンケが渡っていたボートの下で、誰も疑わずに、夕方までに船に穴を開けるまで、彼らの仕事を続けました。船は深く沈み、モンケカーンは溺死した。

今、彼と一緒にいたタタール人は引き返し、モンケの兄弟であるクビライ・カーンを彼らの領主として選出した[1262]。クビライカーンは42年間タタール人を統治していました。彼はキリスト教に改宗し、ローマよりも大きいと言われる都市、キャセイ王国にエオンズ[北京]と呼ばれる都市を建設しました。この都市では、クビライ・カーンが彼の人生の最後の日まで皇帝として統治していました[d.1294]。

ここで、このTartar [Great] Khansの説明に立ち止まって、Ogedei-Khanの3人の息子、およびHuleguと彼の後継者[g41]について何か話しましょう。

第20章

オゴデイの長男、ジョチ

オゴデイ・カーンの長男であるジョチは、父親から与えられた大勢の騎兵隊で西に侵入した。彼はそこで肥沃で快適で豊かな領土を見つけ、テュルキスタンとより少ないペルシャの王国を征服し、彼の領主をピション川にまで広げました。彼は常に彼のバンドにとどまり、それは所有物と数で成長しました。現在まで、城地の後継者はそれらの部分で領主を保持しています。現在、2人の兄弟がその州を統治しています。1人はKapar [Chapar]、もう1人はDoaks [Toqta]です。土地と家臣を分けて、彼らは平和で快適に住んでいます。

第21章

オゴデイ・カーンの次男、バイジュ

オゴデイ・カーンの次男であるバイジュは、父親から与えられたタルタル軍と一緒に北部地域に侵入し、コマニア王国にまで到達した。多くの武装した男を持っていたコーマンは、彼らの国を守ることを考えて、タタール人に抵抗しました。しかし、結局、彼らは敗北し、ハンガリー王国まで逃亡者として行きました。今日までそこにはたくさんのコーマンが住んでいます。バイジュがすべてのコーマンをコマニア王国から追放した後、彼はロシア王国に渡り[g42]、それも征服した。そして彼はカカールの国を征服した[?ハザール]とブルガール王国、そしてコマンズが逃げてきた道を横断し、ハンガリー王国まで到達した。この後、タタール人はオーストリア公国を流れる川に到達するまでドイツ王国に向かった。タタール人はその場所で橋を渡る予定でしたが、オーストリア公爵と他の隣人が橋へのアプローチを強化し、タタール人が橋を使用できないようにしました。これに激怒したバイジュは全員に渡るように命じ、彼自身が最初に川に入り、彼自身の人と彼の人々を死の危険にさらした。反対側の岸に着く前に、馬は川の広さと流れの強さのために諦めました。このように、バイジュは彼の信者の膨大な数と一緒に溺死しました。 When those who had not yet entered the water saw this, struck with dread and shame, they returned in great sorrow to the kingdom of Russia and Komania and held them, as was said. Thereafter the Tartars did not go to the country of Germany. [The heirs of Baiju hold the lordship of the realms of Khwarezmia, Komania and Russia and the current lord is Chaghatai, third son of Ogedei-Khan. oe36] They dwell in peace and quiet.

Chapter 22

Yohaghata [Chaghatai], Third Son of Ogedei

Ogedei-Khan's third son, Chaghatai, invaded southward to lesser India with the Tartars given him by his father. He encountered many deserts, mountains, and unwatered barren lands until he was unable [g43] to proceed through those districts for not only had he lost a multitude of men, but many animals as well. He then turned westward and after many trials reached his brother, Jochi, to whom he related the episodes of his journey. Now Jochi was sympathethic to his brother and humanely gave him part of the lands which he and his people had conquered. Thereafter those two brothers always lived together, and to this day their heirs dwell there, with the successors of the younger honoring the successors of the elder. Multiplying in their territories, they live in peace and tranquility. The current, living heir of Jochi is named Paraxi [Boraq].

Chapter 23

Mongke-Khan, Fourth Ruler of the Tartars

In A.D. 1253 when lord Het'um, King of the Armenians, observed that the Tartars had completely subjugated all the kingdoms, districts, and territories up to the realm of the Turks, he consulted with his advisors and resolved to go in person to the King of the Tartars, to more easily obtain his favor and friendship, and to try to arrange a peace treaty with him. But first he sent baron Smbat, Constable of the Armenian kingdom, his brother, to obtain a decree of safe conduct for his journey. Thus Smbat, the King's brother, went to the Tartar Khan [in Karakorum, 1247] to graciously arrange the affairs of his patron. Four years later he returned to the Armenians [1251] to relate what he had seen and heard. Then the King of the Armenians [in 1254] went in secret so that he would not be recognized in the country of the Turks which he had to traverse. And as God willed it [g44], the Tartar general who had defeated the Sultan of the Turks graciously received the Armenian King and had him conducted as far as the kingdom of [Greater] Armenia and to the Iron Gate. Thence other Tartar commanders accompanied him to Ameghek [Amelic, southeast of Lake Balkash] where Mongke, Khan of the Tatars, resided. Mongke received him honorably [and gave him great gifts and favors, oe37].

Now after some days had passed, the King of the Armenians beseeched the Khan regarding the peace treaty and other matters he desired. With the consent of the Khan, the King of the Armenians put [seven] requests before him. First, he urged the Khan to convert to Christianity and to accept baptism together with his people second, he requested that eternal peace and friendship be established between them [between the Tartars and the Christians, oe37] third, that it be possible to construct Christian churches in all of the Tartar countries and that the Armenians be freed from taxes and other burdens [that in all the lands that the Tartars had conquered and would conquer, the Christians—priests, clerks, and all religious persons—should be free of all taxes, oe37] fourth, that the Holy Land and the Holy Sepulcher be wrested from the Turks [Saracens, oe37] and given to the Christians fifth, that the Caliph in Baghdad, the head of the [Muslim] religion, be done away with [that he would command the Tartars in Turkey to help in the destruction of the city of Baghdad and the Caliph (the chief and teacher of the false faith of Mahmet), oe37] sixth, that all the Tartars [stationed close to the realm of Armenia, oe37] come to his aid when requested seventh, that all the districts of the land of Armenians which the Turks had conquered be returned to him. [The seventh request was that all the lands that the Saracens had taken that had belonged to the realm of Armenia and had since come into the Tartars' hands, be freely restored to him and also that all the lands he might conquer from the Saracens he might hold in peace without any dispute from the Tartars. oe37]

When the Tartar Khan had consulted with his princes and grandees, he replied to the King of Armenia: "I accept your requests. I shall accept baptism and adopt the Christian religion and show concern that all of my subjects do likewise, without, however, any coercion. Regarding the second request, let there be eternal peace between us, an alliance covering both offensive and [g45] defensive operations. [The second request we will that perpetual peace and love be established among the Christians and the Tartars but we will that you pledge that the Christians will hold good peace and true love toward us as we shall do toward them. oe38] Similarly we wish that all Christian churches, clergy and laity, enjoy freedom, and that no one harass the Armenians. [And we will that all Christian churches, priests, clerks and all other persons, of whatever persuasion they be, secular or religious persons, shall be free and delivered of all taxes, and also they shall be defended from all manner of hurt both of body and goods. oe38] Were it possible, we should like to revere the Holy Land in person however, being occupied with other matters, we are sending our brother Hulegu to take it and return the Holy Land to the Christians. As for doing away with the Caliph of Baghdad, we entrust that task to Baiju, commander of the Tartars, and to his people residing in the realm of the Turks and thereabouts. The Tartars shall aid the Armenians in everything, and those lands which belonged to the Armenians should be returned to them without delay. [We shall command our brother Halcon [Hulegu] to go with you to accomplish this deed, and shall deliver the Holy Land from the Saracens and restore it to the Christians and we shall send our command to Baiju and to the other Tartars in Turkey and to the others that are in those countries that they shall obey our brother Halcon. And he shall go to take the city of Baghdad, and destroy the Caliph as our mortal enemy. oe38] We command furthermore, as a special favor, that all fortresses and country which we capture should be given to the Armenian King for the defense of the land of Armenia. [We grant with good will that all the lands which the King of Armenia requested should be restored to him and we command our brother Halcon [Hulegu] that he yield to him all the lands that were of his lordship and moreover we give him all the lands that he may conquer against the Saracens, and of our special favor, we give him all the castles near his land. oe38]

Chapter 24

The Baptism of Mongke-Khan

Mongke, after accepting the requests of the Armenian King with charitable munificence, had himself baptized by the chancellor of the Armenian kingdom who was a bishop. His house, and numerous other esteemed and noble men and women were baptized with him. Then he appointed troops to accompany his brother, Hulegu, in aiding the Holy Land. Now Hulegu and the King of Armenia travelled together [with a great company of troops, oe39] until they had crossed the Phison River. Hulegu conquered the entire realm [of Persia, oe39] in three [six, oe39] months' time. He went as far as the kingdom of the Assassins. These people were faithless and lived without laws, and would kill themselves on the direction of their king [g46]. [And they took all the lands and countries up to where the Assassins dwelled. These are men without any faith or belief except what their lord, called the Old Man of the Mountain, taught them and they are so obedient to their lord that they put themselves to death at his command. oe39] They had a fortress named Dikaton [? Gird-Kuh] which was supplied with all the necessities, and extremely secure. Hulegu ordered one of his generals to besiege it with his Tartar troops [and not depart until he had taken it, oe39]. After twenty-seven years, the place was taken because of the privations caused by the siege. It was at this place [when Hulegu had begun the seige, oe39] that the King of Armenia, honored with many gifts by Hulegu, returned to his kingdom after three and a half years.

Chapter 25

How Mongke-Khan's Brother, Hulegu, Wasted Assyria and Entered the Kingdom of Persia

Hulegu, after seeing to what was necessary and proper for the preservation of the kingdom of Persia, went to a district in the land called Sotlok' [Soloch, plain of Hamadan]. There he gave himself over to recreation and rest for the entire summer. But at the coming of winter, he besieged the city of Baghdad where the head and teacher of the Muhammedan religion lived. Hulegu called up 30,000 Tartar troops who were in the country of the Turks. After assembling his people from all parts, he attacked that city and quickly took it. [When he had gathered his host, he had the city of Baghdad assailed on all sides, until they took it by force and they put to the sword the men and women they encountered. oe39] The Caliph was arrested and led before Hulegu and they found such astounding wealth there that it was truly a wonder to behold. The city of Baghdad was taken in the year 1258 [g47].

Chapter 26

How Hulegu Took the City of Baghdad and Did Away with the Caliph, Head of the Saracen Religion the Death of the Caliph

Once Hulegu had done what he willed with the city of Baghdad, he commanded that the Caliph be brought before him and had all his treasures put in front of him. Hulegu asked him: "Do you realize that all the things you see were yours?" And the Caliph replied: "Yes." Then Hulegu reproached him: "How is it that with all this wealth you did not have mercenary troops and call your neighbors to preserve yourself and your country from the might of the Tartars?" The Caliph replied: "I thought that my people would be sufficient." Then Hulegu said to him: "You were called Caliph, head of all those holding the religion of Mahmet, yet you choked on your wealth. Now such a great leader should be fed on no other food. This huge amount of wealth is the food which you so loved and kept with insatiable greed." Having said this, Hulegu ordered that the Caliph be placed in a room and that pearls and gold be set before him, so that he eat of them as much as he pleased. He decreed that no other food or drink be given to him. Thus did that wretched, greedy, covetous man dismally end his life. Thereafter no caliph resided in Baghdad [g48].

Chapter 27

Regarding the Persecution of Saracens

After conquering Baghdad and the surrounding areas, Hulegu divided the districts among his generals and administrators as he saw fit. He decreed that kindness be shown to Christians everywhere and that the maintenance of fortresses and cities be entrusted to them, while the Saracens were thrown into the meanest servitude.

The wife of Hulegu, named Dukos saron [Dokuz khatun], was a Christian descended from the line of those kings who had come from the East, guided by the Star, to be present at the birth of the Lord. This woman, an extremely devout Christian, [caused all the Christian churches there to be rebuilt, oe40] and all the Saracen mosques demolished. All their religious celebrations in honor of the head of the faith [Muhammad] were prevented, and thus were the Saracens put into servitude from which the did not emerge for some time thereafter.

Chapter 28

How Hulegu Conquered the City of Antioch

Then Hulegu relaxed for a year in the city of Edessa. He sent to the King of Armenia for him to come to him with his troops, for he planned to go to the Holy Land to deliver it to the Christians. King Het'um set out with 12,000 cavalry and 40,000 infantry and went to Hulegu. [For in this period, the realm of Armenia was prospering, so that [Het'um] had xii thousand horsemen and xii thousand infantry and I saw that in my day. oe40] Het'um said to [Hulegu]: "Your Excellency, the Sultan of Aleppo holds sway over the entire country of Syria and the city of [g49] Jerusalem is located in that kingdom. Therefore, if you capture the main city of Aleppo first, you will be lord of the entire country of Syria." Hulegu accepted the advice and ordered that Aleppo be besieged. The city was very strong, fortified with walls, heavily populated and wealthy. Hulegu courageously attacked it, making use of underground passages, with machinery called mules, with bowmen, catapults, and various other sorts of weapons. Despite the fact that the city seemed impregnable, he took it in nine days, discovering an unbelievable amount of treasure there. In the center of the city was a fortress which he took with rock-hurling devices, after twelve [eleven, oe41] days. [So Aleppo was taken and after that, the entire realm of Syria in the year 1260. oe41].

Chapter 29

The Taking of Damascus and the Holy Land as Far as the Egyptian Desert

After this, Hulegu took the city of Damascus together with the sons and wife of the Sultan of Aleppo. The latter went to Hulegu seeking their return and also mercy, but his hopes were frustrated. For Hulegu sent him with his wife and children to the kingdom of Persia, so that Syria would remain tranquil. Hulegu gave to the King of Armenia a large part of the booty and numerous fortresses close to his kingdom. The Armenian King had these fortified as he chose.

Subsequently, Hulegu sent presents to [sent for, oe41] the duke of Antioch [Bohemond VI] who was a relative of the King of Armenia [son-in-law of the King of Armenia, oe41], and ordered that all the districts [g50] of his kingdom which the Saracens had held be returned to him. He also bestowed many other favors on him. Having put these affairs in order, he immediately wanted to go against Jerusalem to return it to the Christians. But just then, bad tidings from a reliable source reached him regarding the death of his brother and the fact that the throne of the Tartar Khanate was vacant [and that the lords wanted to make him Emperor, oe42]. As soon as he heard this [news about his brother's death, oe42], [Hulegu] fell into deep sorrow and advanced no farther. Instead, he made his way east, leaving his son [named Abagha, oe41] in Tabriz. He appointed a general named Kit-Bugha [and gave him 10,00 troops, oe41] to hold the kingdom of the country of Syria, to take Jerusalem, and return it to the Christians.

Chapter 30

Qubilai-Khan, Fifth Ruler of the Tartars

When Hulegu reached the land of Persia, he received news that the nobility and grandees had already seated his brother Qubilai on the throne of the Tartar Khanate. [Once Hulegu heard this he went no farther, but returned again to Tabriz where he had left his son, household, and servants. oe42]. While in Tabriz he learned that Partat [Berke] was coming with great preparation into his lands. Hulegu immediately assembled the entire multitude of his people and went against his adversaries on a certain frozen river. There a ferocious battle took place. But from the weight of the multitude of soldiers and horses, the ice gave way and 30,000 Tartars drowned from both sides. The remaining two armies turned back greatly saddened over their losses.

Meanwhile Kit-Bugha, whom Hulegu had left in Syria and Palestine, conducted the affairs of those regions peacefully and greatly loved the Christians [g51]. For he, too, was a descendant of those three kings who had come to adore the nativity of the Lord. Kit-Bugha was interested in returning the Holy Land to the Christians but the devil fomented discord between him and the Christians of those parts. For in the country of Tepel Fordis [Belfort] in the lordship of the Sidonites were numerous villages and districts where the Saracens lived and provided the Tartars with set taxes. It happened that some men from Sidon and Belfort gathered together, went to the Saracens' villages and fields, looted them, killed many Saracens and took others into captivity together with a great deal of livestock. A certain nephew of Kit-Bugha who resided there, taking along but few cavalry, pursued the Christians who had done these things to tell them on his uncle's behalf to leave the booty. But some of the Christians attacked and killed him and some other Tartars. When Kit-Bugha learned of this, he immediately took the city of the Sidon and destroyed most of the walls [and killed as many Christians as he found. But the people of Sidon fled to an island, and only a few were slain. oe43]. Thereafter the Tartars no longer trusted the Christians, nor the Christians the Tartars. But later the Tartars were expelled from the country of Syria, as I shall relate below.


Conquest of Syria (1260) [ edit |ソースを編集]

The siege of Alamût in 1256.

In 1260 Mongol forces combined with those of their Christian vassals in the region, including the army of Cilician Armenia under Hetoum I and the Franks of Bohemond VI of Antioch. This force conquered Muslim Syria, a domain of the Ayyubid dynasty. They took the city of Aleppo and, under the Christian general Kitbuqa, also took Damascus on March 1, 1260 . ⎗] ⎘] ⎙] A Christian Mass was celebrated in the Grand Mosque of the Umayyads and numerous mosques were profaned. Many historical accounts describe the three Christian rulers (Hetoum, Bohemond, and Kitbuqa) entering the city of Damascus together in triumph, ⎙] ⎚] though some modern historians such as David Morgan have questioned this story as apocryphal. &#9115&#93

The invasion effectively destroyed the Ayyubid Dynasty, theretofore powerful ruler of large parts of the Levant, Egypt, and Arabia. The last Ayyubid king An-Nasir Yusuf was killed by Hulagu in 1260. ⎜] With the Islamic power center of Baghdad gone and Damascus weakened, the center of Islamic power transferred to the Egyptian Mamluks in Cairo.

Hulagu's intent was to continue south through Palestine towards Cairo to engage the Mamluks. He sent a threatening letter to Qutoz, the great leader of Egypt, in Cairo. He asked Qutoz to open Cairo or it will be destroyed like Baghdad. Qutoz, who was a very religious commander, refused, killed Holagho messengers and assembled his army. Instead of waiting for the Mongol to come, he went out to them, and met them in northern Palestine at Ayn Jallut. The Mongol were about 100,000 and the Muslims were about 60,000 soldiers. The battle lasted for three days, after which the Mongol army saw, for the first time in its history, a devastating defeat where their second in command was killed, while Holagho escaped. Qutoz chased the Mongol army out of Damascus, Syria, and Baghdad. After the defeat at Ayn Jallut, the Mongol never dared to come back, and their tide started to secede. Ayn Jallut was the turning point in the Mongol empire, that lasted about 100 years of invasion and destruction, and no traces of civilization or building were left by them.

Battle of Ayn Jalut (1260) [ edit |ソースを編集]

Hulagu Khan leading his army.

The Crusaders, traditional enemies of the Mamluks, regarded the Mongols as the allies. The Christians joined forces with the Mongols, but the Muslims defeated both of them. After a three-day battle, the Egyptian Muslim army commanded by Qutoz defeated the Mongol army of 100,000 soldiers at the Battle of Ayn Jalut. The Muslim Egyptian Mamluks achieved a decisive victory, Kitbuqa was executed, while Holagho escaped. The battle of Ayn Jalut established a high-water mark for the Mongol conquest. The Mongol invasion east and south came to a stop after Ayn Jallut. The Muslim army chased the Mongol out of Syria and Baghdad, and later on kicked the remnant of the Crusaders out of Lebanon. In previous defeats the Mongols had returned to re-take the territory, but they never did so after Ayn Jalut, since it was the first time they faced a serious fight after the Khwarizmi wars.


参考文献

  1. ↑ Grousset, René (1970) (in en). The Empire of the Steppes: A History of Central Asia. Rutgers University Press. p.𧉦. ISBN: 9780813513041 . https://archive.org/details/empireofsteppes00grou .
  2. ↑ Vaziri, Mostafa (2012). "Buddhism during the Mongol Period in Iran" (in en). Buddhism in Iran: An Anthropological Approach to Traces and Influences. Palgrave Macmillan US. pp.𧅯–131. doi:10.1057/9781137022943_7. ISBN: 9781137022943.
  3. ↑ 3.03.1Template:Iranica
  4. ↑ Saunders 1971
  5. ↑"Six Essays from the Book of Commentaries on Euclid". World Digital Library . http://www.wdl.org/en/item/7465 . Retrieved 21 March 2013 .
  6. ↑ Sicker 2000, p.𧅯.
  7. ↑New Yorker, April 25, 2005, Ian Frazier, "Invaders - Destroying Baghdad"
  8. ↑ Josef W. Meri (2005). Josef W. Meri. ed. [[[:Template:Google books]] Medieval Islamic Civilization: An Encyclopedia]. Psychology Press. p.𧋾. ISBN: 0-415-96690-6 . Template:Google books . Retrieved 2011-11-28 . "This called for the employment of engineers to engage in mining operations, to build siege engines and artillery, and to concoct and use incendiary and explosive devices. For instance, Hulagu, who led Mongol forces into the Middle East during the second wave of the invasions in 1250, had with him a thousand squads of engineers, evidently of north Chinese (or perhaps Khitan) provenance."
  9. ↑ Josef W. Meri, Jere L. Bacharach (2006). Josef W. Meri, Jere L. Bacharach. ed. [[[:Template:Google books]] Medieval Islamic Civilization: L-Z, index]. Volume 2 of Medieval Islamic Civilization: An Encyclopedia (illustrated ed.). Taylor & Francis. p.𧋾. ISBN: 0-415-96692-2 . Template:Google books . Retrieved 2011-11-28 . "This called for the employment of engineers to engage in mining operations, to build siege engines and artillery, and to concoct and use incendiary and explosive devices. For instance, Hulagu, who led Mongol forces into the Middle East during the second wave of the invasions in 1250, had with him a thousand squads of engineers, evidently of north Chinese (or perhaps Khitan) provenance."
  10. ↑ "In May 1260, a Syrian painter gave a new twist to the iconography of the Exaltation of the Cross by showing Constantine and Helena with the features of Hulagu and his Christian wife Doquz Khatun" in Cambridge History of Christianity 巻5 Michael Angold p.387 Cambridge University PressISBN: 0-521-81113-9
  11. Le Monde de la Bible N.184 July–August 2008, p.43
  12. ↑Saudi Aramco World "The Battle of Ain Jalut"
  13. ↑ Grousset, p.361-362
  14. ↑ 14.014.1 "On 1 March Kitbuqa entered Damascus at the head of a Mongol army. With him were the King of Armenia and the Prince of Antioch. The citizens of the ancient capital of the Caliphate saw for the first time for six centuries three Christian potentates ride in triumph through their streets", (Runciman 1987, p. 307)
  15. ↑ Grousset, p.588
  16. ↑Jackson 2014.
  17. ↑ Atlas des Croisades, p.108
  18. ↑Template:Cite thesis
  19. ↑Template:Cite thesisTemplate:Unreliable source?
  20. ↑ Enkhbold, Enerelt (2019). "The role of the ortoq in the Mongol Empire in forming business partnerships". Central Asian Survey 38 (4): 531–547. doi:10.1080/02634937.2019.1652799.
  21. ↑ Johan Elverskog (6 June 2011). Buddhism and Islam on the Silk Road. University of Pennsylvania Press. pp.𧆺–. ISBN: 978-0-8122-0531-2 . https://books.google.com/books?id=N7_4Gr9Q438C&pg=PA186&lpg=PA186#v=onepage&q&f=false .
  22. ↑Jackson 2014, p.𧆭.
  23. ↑Jackson 2014, p.𧆲.
  24. ↑Jackson 2014, p.𧆦.
  25. ↑ Letter from Hulagu to Saint Louis, quoted in Les Croisades, Thierry Delcourt, p.151
  26. ↑Jackson 2014, p.𧈻.
  27. ↑ 27.027.127.2"Mediating Sacred Kingship: Conversion and Sovereignty in Mongol Iran" . https://deepblue.lib.umich.edu/handle/2027.42/133445 .
  28. ↑ Landa, Ishayahu (2018). "Oirats in the Ilkhanate and the Mamluk Sultanate in the Thirteenth to the Early Fifteenth Centuries: Two Cases of Assimilation into the Muslim Environment (MSR XIX, 2016)". Mamlūk Studies Review. doi:10.6082/M1B27SG2 . http://mamluk.uchicago.edu/MSR_XIX_2016_Landa.pdf .
  29. ↑ Morgan, p. 139
  30. ↑ Henry Filmer (1937). The Pageant Of Persia. pp.𧇠 . http://archive.org/details/in.ernet.dli.2015.77445 .
  31. ↑ Francis Robinson, The Mughal Emperors And The Islamic Dynasties of India, Iran and Central Asia, pages 19 and 36
  32. ↑Hildinger 1997, p.𧆔.
  33. ↑Jackson 2014, p.𧆰.
  34. ↑ Yerushalmi, Dan; Samten, Jampa (in en). Letters for the Khans: Six Tibetan Epistles for the Mongol Rulers Hulegu and Khubilai, and the Tibetan Lama Pagpa. Co-authored with Jampa Samten. . https://www.academia.edu/11020428/Letters_for_the_Khans_Six_Tibetan_Epistles_for_the_Mongol_Rulers_Hulegu_and_Khubilai_and_the_Tibetan_Lama_Pagpa._Co-authored_with_Jampa_Samten .

引用された作品

  • Atwood, Christopher P. (2004). The Encyclopedia of Mongolia and the Mongol Empire。 Facts on File, Inc. ISBN: 0-8160-4671-9
  • Boyle, J.A., (Editor). The Cambridge History of Iran: Volume 5, The Saljuq and Mongol Periods。 Cambridge University Press Reissue edition (January 1, 1968). ISBN: 0-521-06936-X
  • Hildinger, Erik (1997). Warriors of the Steppe: A Military History of Central Asia, 500 B.C. to 1700 A.D.. Da Capo Press. ISBN: 0-306-81065-4 . https://books.google.com/books?id=JykFBAAAQBAJ&pg=PA148 .
  • モーガン、デビッド。 モンゴル人。 Blackwell Publishers Reprint edition, April 1990. ISBN: 0-631-17563-6

。 Best for an overview of the wider context of medieval Mongol history and culture.


Hulagu Khan laid the foundations of the Ilkhanate State, and by doing so paved the way for the later Safavid dynastic state, and ultimately the modern country of Iran. Hulagu's conquests also opened Iran to both European influence from the west and Chinese influence from the east. This, combined with patronage from his successors, would develop Iran's distinctive excellence in architecture. Under Hulagu's dynasty, Iranian historians also moved from writing in Arabic, to writing in Persian. [ 29 ]


Religious Debates in the Mongol Empire

Mongol emperors were known for organizing religious debates between the different faiths. They were held like all Mongol competitions in public, in front of a large crowd and even larger amount of alcohol. To them, it probably seemed like any other sporting event. In historical terms however, it holds a much deeper significance. Historian Jack Weatherford elaborates:

As these men gathered together in all their robes and regalia in the tents on the dusty plains of Mongolia, they were doing something that no other set of scholars or theologians had ever done in history. It is doubtful that representatives of so many types of Christianity had come to a single meeting, and certainly they had not debated, as equals, with representatives of the various Muslim and Buddhist faiths. The religious scholars had to compete on the basis of their beliefs and ideas, using no weapons or the authority of any ruler or army behind them. They could use only words and logic to test the ability of their ideas to persuade. [3]

Hulagu, Leader of the Ilkhanate, and His Christian Wife Dokuz Kathun by Rachid Ad-Din

A Debate Held in 1254

Religious debates were held throughout the empires lifetime and by many different Khans. An example of such a contest was held by Möngke Khan in September 1254. On this occasion, 3 judges were ordered to evaluate the arguments put forward: a Christian, Muslim and Buddhist. A Mongol official set out the rules for how the debate should be conducted. He stated that, on pain of death, “no one shall dare to speak words of contention.”

The first round started out with the Chinese Buddhists facing the Christian representatives. The Buddhists began by asking how the world was made and what happened after death. As a counter, the Christians asserted they were asking the wrong questions the first issue should be about God from which all other questions arise. The umpires decided that the Christians’ argument was the better and awarded them the first point.

As the debate continued, the clerics made shifting alliances depending on topic. For instance, the Christians and Muslims would agree on many aspects of God’s nature, and could combine their forces to defeat the Buddhists. Topics included such issues as: evil versus good, God’s nature, what happens to the souls of animals, the existence of reincarnation, and whether God had created evil.

In true Mongol fashion, the contestants drunk fermented mares milk between each round. As could be expected, over time this resulted in the whole competition descending into chaos. The Christians, unable to put forward coherent arguments, resorted to loud singing. Likewise, the Muslims started fervently reading from the Quran to try and drown out their opponents. The Buddhists, meanwhile, had lapsed into silent meditation.


Stiki z Evropo [ uredi | uredi kodo ]

Hulegu je večkrat poskušal navezati stike z Evropo, da bi utrdil frankovsko-mongolsko zavezništvo proti muslimanom. Leta 1262 je poslal svojega tajnika Rihaldusa z odposlanstvom k »vsem prekmorskim kraljem in knezom«。 Zgleda, da se je njegov poskus ustavil sicilski kralj Manfred, ki je bil mameluški zaveznik in v sporu s papežem Urbanom IV. in Rihaldus se je z ladjo vrnil domov. ⎢]

10. aprila 1262 je Hulegu preko Ivana Ogra poslal pismo francoskemu kralju Ludviku IX. in mu ponudil zavezništvo. ⎣] Ali je pismo prišlo do kralja, ni znano. Edini znani ohranjeni izvod pisma je na Dunaju v Avstriji. ⎤] Pismo na začetku omenja, da namerava Hulegu v papeževo korist zasesti Jeruzalem in prosi Ludvika, naj pošlje svoje ladjevje proti Mamelukom v Egiptu. &#9125&#93

Niti Hulegu niti njegovi nasledniki niso uspeli skleniti zavezništva z Evropo, čeprav je bila v 13. stoletju mongolska kultura na Zahodu v modi. V Italiji so mnogo novorojenih otrok imenovali po mongolskih vladarjih, vključno s Hulegujem. Mednje so spadala na primer Can Grande (Veliki Kan), Alaone (Hulegu), Argone (Argun) in Cassanao (Gazan). &#9126&#93


ビデオを見る: Kinki Kids vs KAT TUN 雨のMelody (かもしれません 2022).