ニュース

サマルのブロンズブル

サマルのブロンズブル


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


楽器を兼ねた古代ギリシャの拷問機械「ファラリスの雄牛」を発見

歴史は残酷に想像力に富んだ拷問と処刑の技術で満ちています。残虐行為のリストには、犠牲者がラックを横切って死ぬままにされた磔刑が含まれています。拷問者は犠牲者を木製のフレームに置き、ゆっくりと引き離し、吊るし、引き抜き、四分の一にします。 1351年から1870年—男性は馬に乗って処刑場所に引き寄せられ、死にかけられるまで絞首刑にされ、斬首されて四分の一に切り分けられる前に腹裂きの刑に処せられました。しかし、最も複雑なサディスティックな形態の拷問は、ギリシャの暴君ファラリスに端を発しています。

アクラガス(現在はシチリア島のアグリジェント)のデスポットであるファラリスは、彼の冷淡さで悪名高く、乳児を「食い尽くした」と言われています。上のビデオは、ファラリスが彼の性格を保ちながら、職人ペリラウスに犯罪者の処刑のためにブロンズの雄牛を作るように頼んだ方法を説明しています。雄牛は、犠牲者がトラップドアを通して預けられた中空の部屋を収容しました。雄牛の下で火が燃え上がり、像がオーブンに変わりました。

ファラリスが自分自身を認めたと思われるように、この勇敢な怪物の最も野蛮な側面は、その音楽的性質でした。

私自身の同胞、立派な芸術家であるが邪悪な性格の男であるペリラウスは、これまでのところ私の性格を誤解しており、拷問の愛を愛する新しい形の拷問の発明によって私の尊敬を勝ち取ることができると思っていました。彼は動物の背中を開けて続けました。「誰かを罰する気があるときは、彼をこの容器に閉じ込め、これらのパイプを雄牛の鼻に当てて、火を命じて下に燃え上がる。居住者は絶え間ない苦しみの中で叫び声を上げ、彼の叫び声は、最も柔らかく、最も哀れで、最もメロディアスな怒鳴り声としてパイプを通してあなたに届きます。あなたの犠牲者は罰せられ、あなたは音楽を楽しむでしょう。」

彼の野蛮さでそのように知られている暴君がこの目新しさにうんざりすることは疑わしいです、それにもかかわらず、ファラリスはペリラウスの賢さにうんざりしていたと主張します:

&#8216彼の言葉は私を怒らせた。私はそのような独創的な残酷さの考えを嫌い、職人を現物で罰することを決心しました。 「これが空の自慢以上のものなら、ペリラウス」と私は彼に言いました。「あなたの芸術が本当にこの効果を生み出すことができるなら、あなた自身の中に入って、咆哮するふりをしてください。説明。"彼は同意し、彼が中にいるとき、私は開口部を閉じて、火を燃やすように命じました。 「受け取りなさい」と私は叫びました。「あなたの不思議な芸術の正当な報酬:音楽マスターを最初に演奏させてください。」

ペリラウスの叫び声を聞いたコンテンツ暴君は、職人を雄牛から外し、崖から投げ捨てました。 「私の性格を間違えた」、確かに。

Ilia Blindermanは、モントリオールを拠点とする文化および科学のライターです。で彼に従ってください @iliablinderman.


サマルのブロンズブル-歴史

アルトゥーロ・ディ・モディカは、アメリカ、特にニューヨークのやる気を祝う方法としてチャージング・ブルを最初に考案しました。ニューヨークでは、出身地や状況に関係なく、世界中の人々が訪れることができ、決意と努力によってすべてを克服しました。成功するための障害。アルトゥーロが1986年のウォール街大暴落に対する完璧な解毒剤と見なしたのは、この活力と勇気の象徴です。

アルトゥーロは、マンハッタンのソーホー地区にあるクロスビーストリートにある彼のスタジオで、現在世界的に有名なチャージングブルに2年以上携わっていました。これは彼のこれまでで最も野心的で大規模な彫刻作品であり、非常に大きいため、ブルは別々のブロンズピースに鋳造され、手間をかけて溶接され、手作業で仕上げられました。 1989年の終わりに完成すると、重さは3.5トンを超え、長さは18フィートでした。

もちろん、ニューヨークと世界へのこの励ましの贈り物には、たった1つの場所しかありません。

1989年12月15日金曜日の早朝、アルトゥーロは数人の友人とニューヨーク証券取引所の真正面のブロードストリートにチャージングブルを落としました。前の晩、彼はクロノメーターを持ってその場所に行き、警察のパトロールが5〜6分ごとに来ることに注意しました。そのため、彼は雄牛を落とし、4分半以内に逃げなければならないことに気づきました。しかし、手術の実際の朝、アルトゥーロと彼の乗組員は、日中にニューヨーク証券取引所が大きなクリスマスツリーを設置して道を塞いでいたことを発見しました。アルトゥーロはトラックの向きを変えることすらできませんでした。そこでアルトゥーロは、都市と世界への巨大なクリスマスプレゼントとして、その場でチャージングブルをツリーの真下に配置することにしました。翌日、チャージング・ブルは世界中のニュースであり、興奮した見物人やメディアの大群衆が、誰も知らなかった不思議な彫刻を取り囲んでいました。

彫刻はニューヨーク証券取引所によって一日の終わりに削除されましたが、当時のパークスコミッショナーのヘンリースターン、エドコッチ市長、ボウリンググリーン協会のアルトゥーロピッコロのおかげで、ボウリンググリーンの近くにチャージングブルの恒久的な家が見つかりました。チャージングブルは今日までそこに立っており、何百万人もの観光客、ウォール街の商人のお守り、そしてニューヨーク市のすべての住民の誇りの源となっています。


史上最もクレイジーな拷問方法

5.凌遅刑-1000カットによる死

「スロースライス」または「1000カットによる死」とも呼ばれます。有罪判決を受けた者は支柱に縛られ、小さなスライスが注意深く作られ、重要な臓器や動脈が切断されないようにしています。次に、皮膚と手足の一部を一度に1つずつゆっくりと取り除き、プロセスを通じて確実に苦しむようにしました。

いくつかの記録は、囚人にとってそれを悪化させるために傷に塩が注がれていると述べています。早くも10世紀から中国で使用され、1905年に禁止されました-千年後。

4.ワニの鋏

人体の一部を裂く準備ができている鋭くて熱い歯

ええ、名前が示すように。ワニの形をした頭と歯のはさみに注意してください。最初に、赤く光るまで加熱されます。次に、不運な男性の性器を固定するために使用され、力ずくで奪われます。

これだけで男性が死ぬことはめったになく、感染症のために死はしばしば遅いものでした。また、指、つま先、耳、または引き裂くことができるその他の体の部分を引き裂きます。この罰は、特に王を暗殺しようとした人々のためのものでした。

3. Brazen Bull

中の悲鳴が外から聞こえる怒り狂う雄牛の音に変わった

次の拷問方法は、犯罪者を拷問するために設計されたギリシャで起こりました。中に人が入るようなくぼみのある巨大な雄牛です。雄牛は青銅でできていて、側面にドアがあります-不運な犯罪者を中に押し込むために。

その後、雄牛の下で火が灯され、中の人が生きたまま調理されます。見物人が料理をするまで悲鳴の中の人の声を聞くので、死にかけている人の悲鳴が怒っている雄牛の怒鳴り声に似ているように、この装置にパイプが取り付けられていることに注意するのは興味深いことです。つまり、死んでいます。

2.ラットの拷問

ネズミが噛んでその道を見つけると…犠牲者は苦しみ死にます。

その単純さと有効性のために独創的で嫌なものと考えられている拷問方法。ネズミが入った鋼製のバケツを犠牲者の露出した胴体に置き、バケツの底に熱を加えます。

次に起こることは、ネズミが暑さに夢中になって逃げようとすると、犠牲者の腹部に侵入し、暑さから逃げようとして皮膚や臓器をかじったり裂いたりします。

ネズミも同じように無害だと思われるかもしれませんが、齧歯動物の中で最も強力な噛みつきと咀嚼運動を持っているネズミは、人間の胃を短時間で動かすことができます。犠牲者は、内臓で身もだえしているネズミで死ぬと、想像を絶する痛みと恐怖に苦しむでしょう。

1.スカフィズム

そして最後のものについては、多くの人が史上最悪の拷問方法であると考えているものです。犠牲者が吐くまで牛乳と蜂蜜を食べることを余儀なくされるペルシャの処刑方法。その後、彼らは裸にされ、彼らの体は蜂蜜で覆われます-特に目、鼻、口、性器、肛門。次に、手足が通過できるように、穴のある2つのボートの間に結び付けられます。

何が起こったのかというと、犠牲者は投げ出して、ボートの中で排便します。犠牲者の肉を食べる昆虫を引き付けます。その後、彼らは停滞した浅瀬に残され、飢餓、脱水症、敗血症性ショック、またはそれらすべてのいずれかで死亡します。3。信じられないほどの痛み。

かつて人々を拷問するために使用された最もクレイジーな方法があります。現代の拷問方法もおかしいですが、私たちはそれらを別の日に残します。

「人類ができる最悪の事態に備えるとき、あなたは簡単に驚かない」


エピソードのトランスクリプト

「雄牛を角で捕まえる」。それは恐ろしい比喩です。それは、政治家が危機に取り組むことを意図している方法です。それは私たち全員が人生の大きな道徳的問題を扱うことを意図していることです。私たちのほとんどは、私が思うに、そのようなことは何もしないことを望んでいます。しかし、約4000年前、私たちは文明全体の深刻な考古学的証拠を持っており、それは雄牛に立ち向かうという考えに集合的に魅了されたようです。

「私は、雄牛を跳ねたり切ったりする人々の絵をたくさん見ました。常に、男性と雄牛の間で一種のゲームがありました。常に。」 (セルジオデルガド)

これは、アフリカ、アジア、ヨーロッパの交差点にある社会の多くの謎の1つであり、現在中東と呼ばれているものを形作る上で重要な役割を果たしました。

「葡萄の海の真ん中には、クレタ島と呼ばれる土地があり、四方を海に洗われた豊かで美しい土地であり、そこには多くの人々と90の都市があります。そこでは、ある言語が別の言語と混ざり合っています。都市は素晴らしい都市であるクノッソスであり、ミノスは9年間王であり、強力なゼウスの恩恵の伴侶でした。」

それはホメロスであり、繁栄し国際的なクレタ島とその偉大な王ミノスを称賛しました。現在ギリシャ神話では、ミノスは雄牛と非常に複雑な関係を持っていました。彼は神々の王ゼウスの息子でしたが、彼の父となるためにゼウスは自分を雄牛に変えました。ミノスの妻は、非常に美しい雄牛への不自然な情熱を思いついたので、その執着の成果は、ミノタウロス、ハーフマン、ハーフブルでした。ミノスは彼の巨大な義理の息子をとても恥じていたので、彼は迷宮に投獄されました、そしてそこでミノタウロスはアテネによって毎年送られる乙女と若者の定期的な供給をむさぼり食いました-つまり、ギリシャの英雄テセウスが彼を殺すことに成功するまで。テセウスとミノタウルスの物語は、彼の巨大な悪魔を下に向けた人間の物語であり、何世紀にもわたって、オウィディウス、プルタルコス、ウェルギリウスなどによって語られ、再び語られてきました。これは、ギリシャ神話、フロイト心理学、ヨーロッパの芸術の。

考古学者はこれらの物語に魅了され、100年以上前、アーサーエヴァンズが島を探索してクノッソスを掘ることを決心したとき、ギリシャ神話でおなじみのクレタ島の雄牛と怪物、宮殿と迷宮はまだ彼の中にありましたマインド。したがって、紀元前1700年頃のこの豊かな文明の人々が実際に自分たちを何と呼んでいたかはわかりませんが、エヴァンスはミノアの世界を発見していると信じて、彼らを非常に単純なミノア文明と呼び、それ以来ずっとミノア文明を続けています。エヴァンスは大規模な発掘調査で、陶器や宝飾品、彫刻された石の印章、象牙、金、青銅、そしてしばしば雄牛を描いたカラフルなフレスコ画を見つけた広大な複合建築物の遺跡を発見しました。エヴァンスは、島の経済的および儀式的な生活において動物が果たした可能性のある役割を再構築することを熱望していたため、島のどこかで行われた、飛び跳ねる姿の雄牛の小さなブロンズ彫刻の発見に特に興味を持っていました。それ。現在、大英博物館のミノアコレクションのハイライトの1つです。

雄牛とリーパーはどちらも青銅でできており、長さは約6インチ(または150mm)、高さは4〜5インチ(または100〜130mm)です。雄牛は完全にギャロップ状態にあり、脚を伸ばして頭を上げています。そして、その姿は大きな宙返りで跳躍しています。おそらく若い男です。彼は雄牛の角をつかみ、体を真上に投げたので、体が完全にひっくり返ったところに彼が見えます。 2つのアーチ型の人物は互いに反響します。少年の体の外向きの曲線は、雄牛の背骨の内向きの曲線によって答えられます。それは最もダイナミックで美しい彫刻であり、クレタ島の歴史の現実、そして神話に私たちをすぐに連れて行ってくれます。

島の北海岸にある町、レティムノンから来たと考えられており、もともとは山の神社や洞窟の聖域に供物として預けられていたと思われます。このような物はクレタ島のこれらの聖地でよく見られ、牛が宗教的儀式において重要な役割を果たしたことを示唆しています。エヴァンス以来の多くの学者は、これらの画像がなぜそれほど重要であるかを説明しようとしました。彼らは、ブルリーピングが何のためにあるのか、そしてそれが可能であったとしても、尋ねました。エヴァンスは、それが母なる女神を称えるお祭りの一部であると考えました。他の人は同意しませんが、ブルリーピングはしばしば宗教的なパフォーマンスと見なされており、おそらく動物の犠牲、さらにはリーパーの偶発的な死を伴います。確かに、この彫刻では、雄牛と人間の両方が非常に危険な運動に従事しています。動物をボールトに入れることができたなら、何ヶ月もの訓練が必要だったでしょう。実際、フランスとスペインの一部では今日でもスポーツが存続しているため、これはある程度の自信を持って言えます。私たちは、現代の主要なブルリーパーであるセルジオデルガドと話をしました-または適切なスペイン語の「レコルタドール」を使用するために:

「常に男性と雄牛の間で一種のゲームがありました。「レコルタドール」のための適切な学校はありません。あなたは動物を理解する方法と彼がアリーナにどのように反応するかを学ぶだけです。あなたはこの知識を得るだけです私たちが学ばなければならなかった3つの主要なテクニックがあります:最初は「recortederiñón」(腎臓のカット)、2番目は「quiebro」(休憩またはスイング)、3番目は「salto」(または跳躍)です。これは主に、さまざまなスタイルで雄牛を飛び越えています。

「闘牛のように、試合前に雄牛が怪我をすることはありません。闘牛場で雄牛が死ぬことはありません。私たちはここで命を危険にさらしているので、闘牛士と同じくらい頻繁に突かれ、殴られます。雄牛は予測不可能です。彼が1人です。担当。私たちは雄牛への敬意を決して失いませんでした。」

セルジオ・デルガドの言うことは非常に魅力的だと思います。なぜなら、この小さな像の時にクレタ島で雄牛が跳躍したことはおそらく宗教的な意味を持っていたであろうという学者の提案を裏付けるからです。それが作られている青銅でさえ、神々への捧げ物を示唆しています。

紀元前1700年頃、考古学者が青銅器時代と呼んでいた時代の真っ只中に、金属の製造における大きな進歩が人間が世界を形作る方法を変えたときに作られました。銅と錫の合金である青銅は、銅や金よりもはるかに硬く、切断がはるかに優れており、一度発見されると、1000年以上にわたって道具や武器の製造に広く使用されていました。しかし、それはまた非常に美しい彫刻を作るので、この雄牛のリーパーからわかるように、それは貴重な、おそらく献身的なオブジェクトを作るためにすぐに使用されました。

大英博物館の雄牛の彫刻は、ロストワックス技法を使用して鋳造されました。アーティストはまず自分のビジョンをワックスでモデル化し、次にその周りに粘土を成形します。そしてこれを火に入れ、粘土を固め、ワックスを溶かします。次に、ワックスが排出され、代わりに青銅合金が型に注がれ、ワックスが占めていたのとまったく同じ形になります。それが冷えると、型が壊れてブロンズが現れ、それを仕上げることができます-磨かれ、刻まれ、またはやすりがけされて、最終的な彫刻が作られます。ブルリーパーはかなりひどく腐食しています。現在、緑がかった茶色に劣化しています。もちろん、ゴールドほどキラキラと輝くことはありませんでしたが、元々は、パワフルで魅惑的な輝きを放っていたでしょう。

このような彫刻を輝かせるのはブロンズであり、私たちの雄牛を神話から歴史へと移すのはブロンズです。クレタ島には銅も錫も必要ないことを考えると、一見すると青銅でできているのは驚くべきことです。どちらもはるか遠くから来ており、銅はキプロス(まさにその名前は「銅の島」を意味します)または東地中海沿岸から来ています。しかし、スズはトルコ東部から、時にはアフガニスタンからの交易路に沿って移動するために、さらに長い旅をしました。それらの交易路は海賊によって時々中断されたので、それはしばしば不足していました。

ここでは彫刻自体で、スズの供給を確保するためのその苦労の何かを実際に見ることができます。合金には十分な量がありません。これは、表面がかなりポックマークされている理由と、構造が弱く、時間の経過とともに雄牛の後脚が折れた理由を説明しています。

しかし、合金の比率が理想的とは言えなかったとしても、スズと銅の存在そのものが、どちらもクレタ島の外からのものであり、ミノア人が海で動き回って取引していたことを示しています。確かに、クレタ島は、地中海東部をカバーする貿易と外交の広大なネットワークの主要なプレーヤーでした-しばしば金属の交換に焦点を当て、すべて海上旅行によってリンクされていました。私たちは、海洋考古学者であるサウサンプトン大学のルーシーブルー博士に詳細を尋ねました。

「ミノアクレタ島の小さなブロンズ像は、それ自体がユニークであり、地中海東部全体で求められていたこの重要な商品であるブロンズの非常に良い指標でもあります。残念ながら、これらの取引を実証する難破船の数は限られています。 「ウルブルン」はトルコ沖で発見された船で、「ウルブルン」は15トンの貨物を運んでおり、そのうち9トンは銅で、銅はさらに、「ウルブルン」は、バルト海からの琥珀、ザクロ、ピスタチオナッツなど、非常に豊富な貨物を運んでいました。また、ブロンズやゴールドの小像、さまざまな素材のビーズなど、大量の製品もありました。船上に運ばれていた道具や武器の数木製の小像、または本質的に最初の形のフィロファックスがあり、内部にワックスを入れて船上に運ばれ、さまざまな貨物を記録していました。交換されています。」

汚物にもかかわらず、ミノア文明についてはまだ多くの未回答の質問があります。エヴァンスが発掘した大きな建物を表すために使用した「宮殿」という言葉は、王族を示唆していますが、実際、これらの建物は宗教的、政治的、経済的中心地であったようです。それらは建築的に複雑な場所であり、多種多様な活動があり、そのうちの1つは貿易と生産の管理であり、布を織って輸入された金、象牙、青銅を加工する熟練した職人の大勢を組織しました。

クノッソスの宮殿のフレスコ画は、大勢の人々が集まっていることを示しており、これらが儀式や宗教の中心地でもあったことを示唆しています。 1世紀以上の発掘にもかかわらず、ミノア人は魅力的に謎めいたままです。ブルリーパーのこの小さなブロンズ像のようなオブジェクトは、数世紀で世界を変えた金属の習得におけるクレタ島の重要な歴史的役割について多くのことを教えてくれます。そしてそれはまた、私たちが人間と獣の間の最も不穏なつながりに直面する永続的な場所としての神話上のクレタ島の永続的な魅力を主張しています。 1920年代と30年代のピカソがヨーロッパの政治を形作っている獣の要素を探求したいと思ったとき、彼は本能的にミノアクレタ島の宮殿に目を向けました。ミノタウロス。

この番組のトランスクリプトは、番組が放送されるときに公開されます。


歴史の中で最も恐ろしい拷問方法10

刑事犯罪が分単位で複雑になり、私たちを保護する厳格な法律がより具体的になっている世界では、拷問の方法はあまり必要ありません。しかし、これらすべての規則と原則が確立される前に、犯罪者、尋問される人々、さらには抑圧されることを拒否した罪のない人々に使用されたいくつかの本当に恐ろしい拷問方法がありました。まあ、いずれにせよ、これらの拷問方法は私たちの歴史の一部であり、しばしばフィクションとして消し去られます。だから、これが史上最も恐ろしい拷問の10の方法です!

警告:NSFWコンテンツ!

1.スカフィズム

それは、あなたが内部から腐敗し、昆虫に生きたまま食べられて死ぬという、苦痛を伴う実行の方法でした。

画像ソース:nishan.org

スカフィズムはペルシャの拷問方法でした。名前はギリシャ語に由来します σκάφη、skáphe、「すくい上げられた(またはくり抜かれた)もの」を意味します。スカフィズムでは、人は裸にされ、2つの空のボートの中で上下に縛られました。次に、彼らは牛乳と蜂蜜を摂取することを余儀なくされました。牛乳と蜂蜜は人に下痢を与え、糞便は昆虫を引き付けました。犠牲者が縛られて自分の糞便で腐敗している間、昆虫は犠牲者を食べて繁殖します。感染症は非常に苦痛になります。したがって、それはゆっくりと耐え難いほどの死に至りました。

古代の記述では アルタクセルクセスの生涯、 プルタルコスはこの方法について話します。執筆は、ミトリダテスがスカフィズムによってボートで死刑に処せられるべきであると布告した王についてでした。(ソース)

2.ユダのゆりかご

この拷問方法では、犠牲者がショックまたは感染症で死亡するまで、ピラミッド型のシートが肛門/膣*ナにゆっくりと押し上げられました。

ユダのゆりかごまたはユダの椅子は、ピラミッド型の座席と上に腰のハーネスを備えた中世の拷問装置でした。不思議なことに、犠牲者はハーネスに入れられ、ピラミッドが肛門または膣に非常にゆっくりと挿入された状態でピラミッドに降ろされます。徐々に痛みが増し、圧力によって筋肉の損傷が増します。最後に、犠牲者は感染、痛み、敗血症の傷で、または刺されて死ぬでしょう。

同様の装置がプロイセンで兵士を訓練するために使用されたと言われていました。この装置は、皮膚を破壊するようには設計されていませんが、代わりに性器に損傷を与えます。(ソース)

3.ファラリスの雄牛

これは、犠牲者がその下で燃え上がる火によって閉じ込められ、生きたままローストされ、その叫び声が雄牛の怒鳴り声を模倣する方法でした。

画像ソース:glengreen.com

真ちゅうの雄牛、青銅の雄牛、またはシチリアの雄牛は、古代ギリシャで設計された拷問と処刑の装置でした。 Diodorus Siculusによると、 歴史叢書、アテネのペリロスは、犯罪者を処刑する新しい手段として、シチリア島のアクラガスの暴君であるファラリスにそれを発明し、提案しました。この方法では、犠牲者は片側にドアが付いた青銅色の中空の雄牛に入れられます。この等身大の雄牛には、犠牲者の悲鳴を雄牛の鳴き声に変えるメカニズムもありました。その後、この雄牛は火にかけられ、金属を加熱して犠牲者を焼いて死に至らしめるでしょう。

また、古代のテキストでは、ローマ人はこの拷問装置を使用して一部のキリスト教徒を殺したと言われていました。特に、キリスト教の伝統によれば、ハドリアヌス皇帝によって妻と子供たちと一緒に真っ赤な雄牛で焼かれたのは聖エウスタキウスでした。(ソース)

4.ラットの拷問

この拷問の方法は、囚人の裸の体の上に開いた側を下にして置かれたネズミで満たされた陶器のボウルで構成されていました。熱い木炭がボウルに積まれたとき、ネズミは熱を逃れるために「犠牲者の腸にかじり」ました。

画像ソース:discoverinformation.com/

ネズミの拷問にはさまざまな形態があります。ネズミの拷問についての最初の言及は、エリザベス朝時代のローマカトリックの作家によるものです。彼らによると、ロンドン塔には「ラットダンジョン」または「ラットのダンジョン」がありました。オランダ革命の際にも使用されました。 Diederik Sonoyは、ネズミで満たされた陶器のボウルを囚人の裸の体に置く方法を記録しました。ボウルの開いた側が下を向いていた。次に、ボウルの上に熱い炭を積みました。暑さから逃れるために、ネズミは「犠牲者の腸にかじります」。

ネズミの拷問は、2010年10月16日、ニュージャージー州レイクウッドタウンシップで、デイビッドワックスが妻を離婚させるために誘拐被害者を脅迫するために使用したときに、最近再浮上しました。(ソース)

5. Peine forte et dure

この拷問の方法では、被告人が無言で立って有罪または無実を主張することを拒否した場合、罪状認否が入力されるまで、または彼らが死ぬまで、彼らは胸にますます重い石を置くことになります。

画像ソース:executetoday.com

Peine forte et dure フランス語で「厳しくて力強い罰」に翻訳される拷問方法でした。この拷問の方法では、犠牲者は床に背を向けて裸で縛られ、尋問されます。犠牲者が無言で立つならば、彼らは彼らの胸に石と鉄で作られた重いおもりを置くでしょう。したがって、この方法は「死を迫る」こととしても知られていました。

イギリスで最も有名な事件は、ローマカトリックの殉教者であるセントマーガレットクリセロウの事件でした。それは、彼女自身の子供たちが証拠を提出することを義務付けられ、拷問される可能性がある裁判を回避するために行われました。したがって、彼女は1586年3月25日に死に追いやられました。(ソース)

6.ラック

この拷問装置は、犠牲者の足首をローラーに固定するために使用され、手首は別の手首に鎖でつながれていました。次に、ハンドルとラチェット機構がローラーに取り付けられ、チェーンの張力を非常に徐々に増加させるために使用され、耐え難いほどの痛みを引き起こしました。

画像ソース:howstuffworks.com

ラックは古代に最初に使用され、初期の例のいくつかはギリシャからのものですが、それがどの文明から来たのか正確には不明です。ギリシャ人は、後に記念碑を焼き払ったために処刑されたヘロストラトスから自白を得るために適用されたとき、紀元前356年まで奴隷と非市民を拷問する手段として最初にラックを使用した可能性があります。ラック拷問方法は、片方または両方の端にローラーが付いた、地面からわずかに持ち上げられた長方形の、通常は木製のフレームで構成されていました。その後、犠牲者は2つのローラーの間のフレームに縛られました。尋問が進むにつれて、ハンドルを使用してチェーンの張力を高めました。これは犠牲者の足首と手首への圧力を直接増加させ、多くの痛みを引き起こしました。

これは、ローマ帝国の上院議員であるタキトゥスによって説明されました。彼は、ラックが共謀者の名前を抽出するために使用されることになっていると説明しました。また、西暦65年に解放奴隷のエピカリスがピソの陰謀でネロ皇帝を暗殺するためにも使用されました。(ソース)

7.グラスゴースマイル

この拷問は、口の両側に小さな切り込みを入れ、筋肉の収縮によって切り込みが伸びるまで人を殴ったり刺したりすることによって作成されました。

画像ソース:youtube.com

この拷問方法はグラスゴーに由来するため、その名前が付けられました。 &#8220チェルシーニヤリ&#8221としても知られています。この拷問方法では、犠牲者は耳に至るまでの口の角に傷を負い、切り傷は大きくて広い笑顔のように見えました。この方法については笑顔に値するものは何もありませんが、さらに悪いことに、犠牲者が刺されて傷が大きく開き、より多くの痛みが引き起こされました。この方法は多くの死者を出さなかったが、スコットランドで最も一般的な拷問方法の1つであった。カットは通常、ガラスの破片またはカッターナイフによって行われました。

この慣習は、1920年代と&#821730年代にスコットランドのグラスゴーで始まったと言われています。イギリスのストリートギャングに人気を博したことから、「チェルシーニヤリ」という名前が生まれました。ウィリアム・ジョイス、別名「ロード・ホーホー」は、第二次世界大戦中にドイツからプロパガンダ放送を行った(そして戦後の反逆罪で処刑された)英国のファシストであり、保守党の会議を管理しているときにグラスゴースマイルを受け取った。(ソース)

8.鋸挽きによる死

それは、犠牲者を足首から逆さまに吊るし、足を広げて股間から頭まで半分に切断し、一部の犠牲者はへそまで生き残るという古代の処刑方法でした。

画像ソース:blogspot.in

鋸挽きによる死は、古代ローマ、スペイン、ロシアの一部で使用されていたかなり有名な拷問方法でした。この拷問方法はいくつかの異なる手順を使用して行われましたが、私たちが最も恐ろしいと思ったのはこれでした。ここでは、犠牲者は足首に逆さまに吊るされ、股間から頭までのこぎりで切った。時には彼らは、彼らが拷問で彼らの人生の最後の部分を生きることを可能にするために、へそだけに鋸で挽かれました。さらに、逆さまにぶら下がっている理由が文書化されています。それは、血液が脳に流れ、最後の部分まで犠牲者を生かし続けるためです。

この拷問の最も初期の記録された使用法の1つは、聖タルブラで文書化されました。魔術を実践し、熱心に反キリスト教徒でペルシャの王、シャープール2世の妻に病気を引き起こしたとして非難され、彼女は345年に半分に挽かれたことで非難され処刑されました。(ソース)

9.血のワシ

この拷問方法では、肋骨の間の腹部に切り込みを入れ、次に肋骨を引いて開いて、血のワシの羽のように肺を引き出しました。

画像ソース:emgn.com

&#8220blood eagle&#8221は、11世紀の詩人SigvatrÞórðarsonによって参照されています。彼は、1020年から1038年の間に、次の名前のスカルド詩を書きました。 Knútsdrápa それは、骨なしのイーヴァルを、彼の背中を切ってエラを殺したと語り、確立します。血のワシは、スカルド詩で書かれた非常に詳細な拷問方法です。手順は、人の脊柱を介して肋骨に行われたカットで構成されています。次に、これらのカットを使用して、開口部から肺を引き裂き、「翼」のペアを作成します。したがって、それは人を血のワシのように見せます。正しく行われれば、その人はプロセス全体の大部分で生きています。

儀式に言及している北欧文学には、2つの事件と1つの斜めの言及があります。プライマリバージョンには両方ともいくつかの共通点があります。犠牲者は両方とも貴族であり、Halfdan Haalegまたは&#8220Long-leg&#8221は王子であり、ノーサンブリアのエラは王であり、両方の処刑は父親の殺害に対する報復でした。(ソース)

10.ホイール

これは中世の拷問方法であり、腕と脚を折ってスポークホイールで織ることができ、スポークホイールを太陽の下で吊るしてカラスがあなたを餌にすることができました。

画像のキャプション:stephenliddell.co.uk

この処刑方法は、奴隷反乱に続いて18世紀の北アメリカで使用されました。 It was once used in New York after several British citizens were killed during a slave rebellion in 1712. Between 1730 and 1754, eleven slaves in French-controlled Louisiana, who had revolted against their masters, were killed on the wheel. This torture method is was one of the most horrifying of methods. The victim’s bones in all the limbs were broken by an iron bar. These shattered limbs were then woven through the spoked wheel. Finally, the wheel would be left in the sun so that the victim’s agony is increased, and crows that were attracted to the blood. It was a rather unpleasant and gradual death.

A historical record of this states that on 1 October, 1786, in the County of Tecklenburg, Heinrich Dolle was to be executed by being broken on the wheel for the aggravated murder of a Jew. The court had decided that Dolle should be broken von oben herab: the first stroke of the wheel should crush his chest.(source)


Documenting the American South

This statue depicts a bull, a symbol for Durham since the 1800s, and stands 10 feet tall. The monument reinforces the strong qualities of the city and its inhabitants, even in the face of negative perceptions of the area. It is located downtown Durham.

Inscription

On plaque:
The Central Carolina Bank Plaza and "Major," the bronze bull sculpture, were given to the citizens of Durham through a grant from the Central Carolina Bank in memory of George Watts Hill. A World War II veteran, Major Hill was Bank President and Chairman of the Board for 61 years.

A visionary, business leader and philanthropist, his ideals had a profound impact on out city and the State of North Carolina. A strong support of the arts, it was his belief that through the arts he would improve the quality of life for all citizens of our state.

Although banking was his life's work, in his heart he was an architect and renaissance man - known to his friends as "Major."
Image

Custodian

Durham Non-Profit Liberty Arts, Inc.

Dedication Date
Decade
Geographic Coordinates

35.995680 , -78.902070 View in Geobrowse

Supporting Sources

Gronberg, Ray. “City Rises From Construction,” The Herald Sun (Durham, NC), June 24, 2007, A1

“One Ton Bull Afoot in Durham Central Park,” Durham Bulls-Eye E-News, October 21, 2003, (accessed April 20, 2012) Link

“The Birth of a Bronze Icon,” Durham Bulls-Eye E-News, August 27, 2004, (accessed April 20, 2012) Link

Public Site
Materials & Techniques
Sponsors

Central Carolina Bank (CCB)

Nickname
Subject Notes

The bull has been a symbol associated with the Durham area dating back to the 1800s, when in the post-Civil War era the merchant John R. Green branded his product “Bull” Durham Tobacco. At Green’s death in 1869, William T. Blackwell purchased the name and trademark. Subsequently, in 1898, James B. Duke bought the tobacco company, making it a part of his American Tobacco Company, thus increasing Durham’s national reputation as a tobacco-manufacturing center. Durham has been known as the “Bull City” ever since.

Controversies

Many individuals who have observed the statue have pointed out the prevalence of the bull’s testicles.

Landscape

The statue is located in downtown Durham, in the City Center Plaza.

Post Dedication Use

Since the dedication of this monument, there have a string of sculptures dedicated in the downtown Raleigh and downtown Durham areas that, much like the bull statue, are commemorations of the characters of the cities, rather than monuments dedicated to specific people or event. During the “Occupy” movement in 2011 the bull statue served as a rallying area for the Occupy Durham protests.

Approval Process

CCB commissioned to have the George Watts Hill Pavilion built (it was dedicated on October 24, 2003), and selected the bronze bull statue project to be the pavilion’s first undertaking.

Materials & Assembly Cost

All materials and costs were donated by CCB.

Know anything else about this monument that isn't mentioned here? If you have additional information on this or any other monument in our collection fill out the form at the Contact Us link in the footer. Thank you.

Loose Women CANCELLED for Euro 2020 football today

Follow The Sun

Services

©News Group Newspapers Limited in England No. 679215 Registered office: 1 London Bridge Street, London, SE1 9GF. "The Sun", "Sun", "Sun Online" are registered trademarks or trade names of News Group Newspapers Limited. This service is provided on News Group Newspapers' Limited's Standard Terms and Conditions in accordance with our Privacy & Cookie Policy. To inquire about a licence to reproduce material, visit our Syndication site. View our online Press Pack. For other inquiries, Contact Us. To see all content on The Sun, please use the Site Map. The Sun website is regulated by the Independent Press Standards Organisation (IPSO)


Minoan Bull-leaper

A small bronze sculpture of a bull with a figure leaping over it is now one of the highlights of the British Museum&rsquos Minoan collection. It comes from the Mediterranean island of Crete, where it was made around 3,700 years ago.

The bull and the leaper are both made of bronze, and together they&rsquore about 5 centimetres (2 inches) long and between 10 and 13 centimetres (4 or 5 inches) high. The bull is in full gallop &ndash legs outstretched and head raised &ndash and the figure is leaping over it in a great arching somersault. It&rsquos probably a young man. He&rsquos seized the bull&rsquos horns and thrown his body right over, so that we see him at the point where his body has completely flipped. The two arching figures echo each other &ndash the outward curve of the boy&rsquos body being answered by the inward curve of the bull&rsquos spine. It&rsquos a most dynamic and beautiful piece of sculpture, and it carries us at once into the reality &ndash and, no less important, the myth &ndash of the history of Crete.

The image is a literal representation of something that to most people today is just a metaphor &ndash &lsquotaking the bull by the horns&rsquo is what we&rsquore all meant to do when confronted with the big moral problems of life. But archaeology suggests that about 4,000 years ago a whole civilization seems to have been collectively fascinated by both the idea and the act of confronting the bull. Just why they were is one of the many mysteries of a society at the crossroads of Africa, Asia and Europe that played a key role in shaping what we now call the Middle East. It was a society that Homer described in lyric terms:

Out in the middle of the wine-dark sea, there is a land called Crete, a rich and lovely land washed by the sea on every side and in it are many peoples and ninety cities. There, one language mingles with another &hellip Among the cities is Knossos, a great city and there Minos was nine years king, the boon companion of mighty Zeus.

In Greek myth, Minos, ruler of Crete, had a complex relationship with bulls. He was the son of the beautiful Europa by Zeus, king of the gods, but in order to father him and abduct Europa, Zeus had turned himself into a bull. Minos&rsquos wife in turn had conceived an unnatural passion for a very beautiful bull, and the fruit of that obsession was the Minotaur, half-man, half-bull. Minos was so ashamed of his monstrous stepson that he had him imprisoned in an underground labyrinth, and there the Minotaur devoured a regular supply of maidens and youths sent every year by Athens &ndash until, that is, the Greek hero Theseus succeeded in killing him. The story of Theseus and the Minotaur, of man first burying then confronting and slaying his monstrous demons, has been told and retold for centuries, by Ovid, Plutarch, Virgil and others. It&rsquos part of the high canon of Greek myth, of Freudian psychology and of European art.

Archaeologists were captivated by these tales. Just over a hundred years ago, when Arthur Evans explored the island and decided to dig at Knossos, the bulls and monsters, palaces and labyrinths of Crete were very much in his mind. So although we have no idea what the people of this rich civilization around 1700 BC actually called themselves, Evans, believing he was uncovering the world of Minos, called them quite simply Minoans, and they&rsquove remained Minoans to archaeologists ever since. In his extensive excavations, Evans uncovered the remains of a vast building complex, finding pottery and jewellery, carved stone seals, ivory, gold and bronze, and colourful frescoes, often depicting bulls and he sought to interpret these finds in the light of the familiar myths. He was eager to reconstruct the role that the bulls might have played in the island&rsquos economic and ceremonial life, so he was particularly interested in the discovery, some distance from Knossos, of the &lsquoMinoan&rsquo bull-leaper.

It&rsquos thought to have come from Rethymnon, a town on the north coast of the island, and it was probably originally deposited as an offering in a mountain shrine or in a cave sanctuary. Objects like this are often found in these holy places of Crete, suggesting that cattle played an important role in local religious rituals. Many scholars since Evans have tried to explain why these images were so important. They&rsquove asked what bull-leaping was for, and even if it was actually possible. Evans thought it was part of a festival in honour of a mother goddess. Others disagree, but bull-leaping has often been seen as a religious performance, possibly involving the sacrifice of the animal, and even occasionally the death of the leaper. Certainly, in this sculpture, both bull and human are engaged in a highly dangerous exercise. Being able to vault the animals would have taken months of training. We can say this with confidence, because the sport still survives today in parts of France and Spain. Sergio Delgado, a leading modern-day bull-leaper &ndash or, to use the proper Spanish term, recortador &ndash explains:

There has always been a kind of game between men and bulls, always. There is not a proper school for recortadores。 You just learn how to understand the animal and how he will react to the arena. You only get this knowledge with experience.

There are three main techniques we had to learn: first the recorte de riñón [the &lsquokidney cut&rsquo] second it&rsquos the quiebro [the &lsquobreak&rsquo or the &lsquoswing&rsquo] the third one is the salto [or &lsquoleap&rsquo], which is mainly jumping right over the bull in a different variety of styles.

The bulls are not injured before the match, like in bullfighting. The bull never dies in the arena. We are risking our lives here, we get butted and gored as frequently as bullfighters. The bull is unpredictable. He is the one in charge. We never lose respect for the bull.

This continuing reverence for the bull is a fascinating contemporary echo of the suggestion made by some scholars that bull-leaping on Crete at the time of this little statue probably had a religious significance. Even the valuable bronze it&rsquos made of suggests an offering to the gods.

The sculpture was made around 1700 BC, in the middle of what archaeologists call the Bronze Age, when huge advances in making metals transformed the way humans could shape the world. Bronze, an alloy of copper and tin, is much harder and cuts much better than copper or gold once discovered, it was widely used to make tools and weapons for more than a thousand years. But it also makes very beautiful sculpture, so it was frequently used for precious, probably devotional objects.

The British Museum bull sculpture was cast using the lost-wax technique. The artist first models his vision in wax, then he moulds clay around it. This is put into a fire, which hardens the clay and melts the wax. The molten wax is drained off, and in its place a bronze alloy is poured into the mould, so that it takes on the exact form the wax had occupied. When it cools, the mould is broken to reveal the bronze, which can then be finished &ndash polished, inscribed or filed &ndash to produce the final sculpture. Although the bull-leaper is quite badly corroded &ndash it has degraded to a greenish-brown colour &ndash when made it would have been a striking object. It would never of course have been quite as sparkling as gold, but it would have had a powerful, seductive gleam.

The bronze that made sculptures like this one gleam lets our bull move from myth into history. At first sight it is a surprise that it&rsquos made of bronze at all, since neither copper nor tin &ndash both of which are needed to make bronze &ndash are found on Crete. Both came from much further afield, with the copper coming from Cyprus &ndash the very name of which means the &lsquocopper island&rsquo &ndash or from the eastern Mediterranean coast. But the tin had an even longer journey, travelling along trade routes from eastern Turkey, perhaps even from Afghanistan and it was often in short supply, because those trade routes were frequently disrupted by pirates.

Within the sculpture itself you can actually see something of that struggle to secure the tin supplies. There clearly wasn&rsquot quite enough tin in the alloy, which explains why the surface is rather pock-marked, and also why the structure is weak, so that the hind legs of the bull have broken off.

But even if the proportions of the alloy were less than ideal, the very existence of the tin and copper &ndash both from outside Crete &ndash tells us that the Minoans were moving around and trading by sea. Indeed, Crete was a major player in a vast network of trade and diplomacy that covered the eastern Mediterranean &ndash often focused on the exchange of metals, and all linked by maritime travel. The maritime archaeologist Dr Lucy Blue, of Southampton University, tells us more:

The small bronze statuette from Minoan Crete is a very good indicator of this key commodity, bronze, that was sought after throughout the eastern Mediterranean. Unfortunately, we have only a limited number of shipwrecks to substantiate these trading activities, but one of the shipwrecks that we have is that of the Uluburun, which was found off the Turkish coast. NS Uluburun was carrying 15 tons of cargo, 9 tons of which was copper in the form of ingots. She was also carrying a very rich cargo of other goods &ndash amber from the Baltic, pomegranates, pistachio nuts, and a wealth of manufactured goods, including bronze and gold statuettes, beads of different materials, large numbers of tools and weapons.

There are still many unanswered questions about the rich Minoan civilization involved in this kind of trade. The word &lsquopalace&rsquo, which Evans used to describe the large buildings he excavated, suggests royalty, but in fact these buildings seem rather to have been religious, political and economic centres. They were architecturally complex places, housing a great variety of activities, one of them the administration of trade and produce, organizing the large population of craftsmen who wove cloth and worked the imported gold, ivory and bronze. Without that whole society of skilled artisans our bull-leaper would not exist.

Frescoes in the palace at Knossos show large gatherings of people, suggesting that these were also ceremonial and religious centres. Yet despite more than a century of excavation the Minoans still remain enticingly enigmatic and our knowledge remains frustratingly fragmentary. Objects like this little bronze statue of the bull-leaper tell us a lot about one aspect of Crete&rsquos history &ndash its central role in the mastery of metals which, in a few centuries, transformed the world. It also asserts the perpetual fascination of mythical Crete as the site where we confront in ourselves the most disturbing links between man and beast. When Picasso in the 1920s and 1930s wanted to explore the bestial elements that were denaturing European politics, he turned instinctively to the palace of Minoan Crete, to that underground labyrinth and to that encounter between man and bull that still haunts us all &hellip the battle with the Minotaur.


The Bull-Headed Minotaur: History and Mythology

Art by Phill Simmer

Etymology and Names –

Artwork depicting Minotaur being slain by Theseus inside the Labyrinth.

As succinctly described by the Roman poet Ovid, Minotaur (Ancient Greek: Μῑνώταυρος, Latin: Minotaurus, Etruscan: Θevrumineś) is a ‘part man, part bull’ – thereby pertaining to a Greek mythical creature with the head of a bull and the body of a man, as depicted during the Classical times. Now in terms of etymology, the word ‘Minotaur’ is derived from Μίνως or ‘Minos’ and the noun ταύρος or ‘bull’, thereby meaning the ‘bull of Minos’.

Interestingly enough, from the mythico-historic perspective, King Minos was associated with the island of Crete, as one of the preeminent rulers of the Minoans (whose very name is derived from Minos)。 Thus the myths of Minotaur are intrinsically related to the Cretan island and its labyrinth, with the creature itself being sometimes referred to as Asterion by the Cretans – named after the foster father of Minos.

The Myth of Minotaur –

Much of the myth comes down to us from various ancient Greek sources, including – the Bibliotheca (Bibliothēkē – ‘Library’), also known as the BibliothecaPseudo-Apollodorus, a compilation of Greek myths and heroic legends, dating from circa 1st-2nd century AD writings of Callimachus, a 3rd century BC Alexandrian scholar Description of Greece by Pausanias, a 2nd century AD Greek geographer and Library of History by Diodorus Siculus, a 1st century BC Greek historian.

The Poseidon Affair –

Heracles capturing the Cretan Bull. Detail of a Roman mosaic from Llíria (Spain), from the collection of the National Archaeological Museum of Spain. Source: Wikimedia Commons

The mythical narratives of the Minotaur and even the bull trope itself are tied to that of King Minos. In that regard, according to Greek mythology, Minos was the son of Zeus and the mortal yet exceedingly beautiful Europa (sometimes described as a Phoenician princess, who later personified Europe). According to one version, Zeus, enticed by Europa’s beauty, took the form of a bull and carried (or abducted) her away to Crete, and their union bore three sons – Minos, Rhadamanthys, and Sarpedon. All of the three brothers were adopted by Asterion (or Aseterion), the king of Crete who went on to marry Europa.

But the island soon fell into political turmoil after the death of Asterion, with all of the three brothers vying for the rulership of Crete. However, Minos (whose very name means ‘king’ in Cretan) claimed of support from the gods and followed it up by convincing Poseidon, the Greek god of seas, to present him with a snow-white bull from depths of the water. Such an act convinced his opponents of his divine ‘connection’ and Poseidon’s will, which allowed Minos to take over the throne of Crete and banish his other brothers.

Now talking of divine purposes, the bull was delivered by Poseidon on a condition – that it was to be sacrificed by Minos in honor of the sea-god in full view of the heaven. Unfortunately, for Minos, the king, impressed by the majestic nature of the beast, decided to keep the bull for himself and instead sacrificed a different animal. Poseidon, angered by such an overture, resolved to punish Minos for what was perceived as arrogance and vanity of the newly-declared king. Consequently, the sea-god goes on to instill an unnatural passion within Pasiphae, Minos’ wife, which results in Pasiphae falling deeply in love with the white bull. According to another narrative, it is Aphrodite who curses Pasiphae, while a third myth concludes that it was a divine conspiracy hatched by both Poseidon and Aphrodite that pushes forth the perverse lust within Pasiphae.

The Birth of the Monster and the Labyrinth –

Pasiphae and infant Minotaur. Source: Madeline Miller

As a result of this aberrant form of desire, Pasiphae ordered the skillful craftsman Daedalus (the father of Icarus) to construct a wooden cow covered in real cowhide. Once completed, the queen concealed herself inside the structure, which was then wheeled on to the meadow grazed by the white bull. Unsurprisingly, the bull took interest in the ‘cow’, and their resultant bizarre union gave birth to the monstrous offspring – the Minotaur.

King Minos, being deeply offended by the act, decided to punish Daedalus and Icarus by enslaving them. As for Minotaur, in spite of its bizarre morphology, the creature was raised and nurtured as a calf by Pasiphae, and was given the name of Asterion (Minos’ foster father) – also meaning ‘star’ or Asterius – ‘starry one’. But over time, as it grew in strength and ferocity, the Minotaur, having no natural source of sustenance, began to devour unsuspecting humans for its nourishment. So in a bid to hide his wife’s abnormal act and to also protect his citizens, Minos consults the Oracle at Delphi. The solution comes forth in the form of a massive yet somber Labyrinth that was to hold (and hide) the bull-headed monster – and this gigantic project, constructed underneath Minos’ own palace at Knossos (the Minoan capital of Crete), was undertaken yet again by Daedalus and Icarus.

Minos’ Revenge on the Athenians –

Aethra Showing her Son Theseus the Place Where his Father had Hidden his Arms – Painting by Nicolas-Guy Brenet. Source: Wikimedia Commons

And while the intricate Labyrinth was constructed, King Minos suffered yet another tragedy in the form of the death of his only son with Pasiphae – Androgeus (or Androgeos)。 According to one version of the myth, it was the Athenians who murdered Androgeus out of jealousy for his wins at the Panathenaic Games. Another version mentions how he was killed by the Marathonian Bull (the very same Cretan bull of Poseidon that was ‘shipped off’ to Marathon by Heracles) when the athlete was asked to confront the animal at the behest of Aegeus, the King of Athens.

In any case, the Athenians were held responsible for the death of Androgeus, which drew the ire of Minos, resulting in war with Athens. It is said that Minos sailed with his Cretan fleet to harass the mainland city-state. And after much conflict and losses (in one version – a plague), the Athenians and their king decided to sue for peace and appease Minos. This appeasement came in the form of human tribute comprising seven maidens and seven youths (‘young men at the same time as the best of unwed girls’) – who were to be sent to Crete every seven years (other versions mention every year to every nine years) to be devoured by the voracious Minotaur inside the Labyrinth. In essence, the tribute pertains to human sacrifice and the unfortunate Athenian victims were chosen by drawing lots.

The Deadly Mission of Theseus –

Theseus about to slay the Minotaur, Athenian red-figure stamnos circa 5th B.C., British Museum

Finally, by the time of the third ‘batch’ of the tribute, Theseus, the son of Athenian king Aegeus, volunteered as one of the chosen victims. But his plan, as he boasted to his father, was to kill the Minotaur. He even promised that after slaying the monster he would return to Athens with white sails, but if he failed in his task (and get killed instead), black sails would be drawn. The myth goes on to mention how after Theseus’ arrival in Crete, both daughters of King Minos – Ariadne and Phaedra fell in love with him. But it is Ariadne who takes the initiative to help Theseus in his dangerous quest, by approaching Daedalus – the architect of the massive Labyrinth of Knossos. She convinces the architect to tell her the secrets of the navigational paths that led into the center of the structure – the lair of the mighty Minotaur. The message, in turn, was conveyed to Theseus, who was also given a ball of thread for retracing his path.

Consequently, the Athenian hero delves into the dark Labyrinth by first tieing one end of his thread string to the entrance door. He then, guided by the (divulged) secret of Daedalus, manages to discover the center and find the monster lurking at one of the corners of the obscure enclosed space. Now one account describes how Theseus successfully slew the Minotaur with help of his father’s trusty sword, while another mentions how he boisterously defeated (and killed) the hybrid monster by just using his fists. In any case, after the demise of the Minotaur, Theseus successfully retraces his steps and escapes from the complex Labyrinth by following the (unraveled) thread tied to the entrance.

The hero then proceeds on to free his fellow Athenian prisoners and takes the two Minoan princesses Ariadne and Phaedra onboard to ultimately flee from Crete. However, on the journey back home, Theseus unceremoniously abandoned Ariadne on the island of Naxos (possibly at the behest of the Greek god Dionysus) – and the princess is later wedded by Dionysus himself. Furthermore, overjoyed with the prospect of marrying Phaedra, Theseus forgets to change the color of his sails to white. Thus in a tragic turn of events, in spite of the hero’s successful mission, his father Aegeus, on viewing the black sails from afar, jumps off the cliff in despair. This unforeseen event secures the throne for Theseus, while the surrounding water body is named the Aegean Sea (after Aegeus).

Minotaur and Minos from the Historical Perspective –

Cretan Bull Dancers – Restored Fresco. Source: Pinterest

Suffice it to say, many of the mainland Greece legends do not portray King Minos in a favorable light. But interestingly enough, a few other earlier mythic anecdotes depict Minos as a champion of wisdom and justice, who even went on to build the region’s first navy to defeat the local pirates. In that regard, the actual historical legacy of the mighty Minoans can be possibly derived from such tales that establish the ancient authority of the island-state, thus hinting at its cultural dominance in the areas comprising mainland Greece and Crete. In fact, the early phase of the Bronze Age Mycenaean civilization in itself (mostly based in mainland Greece) was markedly inspired by the distant Minoans hailing from the island of Crete.

As for the depictions of the Minotaur, the fight (or showdown) between Theseus and the hybrid monster is a rather recurrent theme in Classical Greek art, especially on pottery. But the origins of the myth of Minotaur is shrouded in mystery, with many potential conjectures. One of the most popular hypotheses relates to the motif of bull and the related cult of bull that were prevalent in the ancient Cretan culture. According to Classical scholar Arthur Bernard Cook, the bull may have represented the sun in Cretan (or Minoan) circles, and as such Pasiphae’s union with the bull may have alluded to the sacred ceremony between the Minoan queen and the bull-headed deity (or the horned-god).

From the socio-political angle, as we mentioned earlier, there might have been a case of cultural and trade-based dominance of Minoans (from Crete) over the Bronze Age Greeks of the mainland – at least for a particular period of time. In that respect, the story of Theseus possibly underlines the ‘breakaway’ or independence of the mainland Greeks from this ‘economic’ hegemony of the Minoans. Interestingly enough, from the architectural perspective, while there is no evidence of the labyrinth, there had been speculations in the academic circles (although some are often discredited in our modern times) that the Palace at Knossos, with its intricate planning, staircases, and spatial features, was the inspiration for the Labyrinth of Daedalus.

And lastly, in case one is interested, this video below represents the scale and scope of the massive Palace at Knossos with its intricate layout of passages and corridors, accompanied by a flurry of frescoes and pottery. The video in itself was sourced from flipped prof’s YouTube Channel.


ビデオを見る: בול פגיעה - מי זה המשיח, מתי יתגלה? ואיך נזהה אותו?! (六月 2022).


コメント:

  1. Randall

    あなたは正しくありません。私は自分の立場を守ることができます。午後に私にメールしてください、私たちは話します。

  2. Vita

    情報をありがとう、今私は知っているでしょう。

  3. Branson

    意欲的なラジオオペレーターは、SOS信号を間違えました...あなたの家で4つのボールと2つのペニスを見つけた場合、あなた自身を平らにしないでください、あなたはただお尻で犯されます。 ...プログラマーは死ぬことはありません...彼らは記憶を失います...加速:私たちの父親ができること、私たちは気にしません。森は喫煙されました...

  4. Rhongomyant

    私の意見では、あなたは正しくありません。私はそれを証明することができます。



メッセージを書く