ニュース

ディド、カルタゴのテトラドラクマ

ディド、カルタゴのテトラドラクマ


神話で

カルタゴの創設

古いタイヤ王が亡くなったとき、彼は娘のディドと息子のピグマリオンを共同相続人として残しました。しかし、ピグマリオンは絶対的な支配権を握りました。ディドは、メルカルトの司祭である叔父またはいとこのアセルバスと結婚しました(ギリシャのヘラクレスと同等)。アセルバスは王に次ぐタイヤで2番目に強力な男であり、(噂によると)莫大な富を持っていました。この富を得るために、ピグマリオンはアセルバスを殺害しました。ディドは召使いにアセルバスの金の袋を海に投げるように命じ(実際には袋は砂で満たされていました)、ピグマリオンの怒りに直面するのではなく、タイヤから逃げるために彼女に加わるように頼みました。彼女には数人の上院議員、兵士、その他の支持者が加わった。

グループはCyprrusに上陸し、そこで80人の若い女性を捕らえて男性の妻として働きました。ここで彼らは木星の司祭が加わった。亡命者はアフリカに向けて出航しました。

紀元前264年のカルタゴ。カルタゴは、拡大する共和政ローマに落ちる前に、最終的にスペインの大部分を征服しました。

ディドと彼女の追随者たちはアフリカに上陸し、そこでベルベル人の王イアルバスに土地を求めました。 Iarbasはそれに応じて、牛皮に囲まれた十分な土地を彼女に与えました。ディドは牛皮を巧みに細く切り、丘全体を手に入れました。そこで、彼女は都市を建設し始め、ウティカのフェニキア人の植民地に促されました。街は貿易のために裕福になり、最終的にウティカを征服し、ヌミディア人とリビア人のベルベル人に服従しました。

アイネイアースはディドへの彼の冒険を語ります

アニードで

ディドはの主人公です アエネーイス、ウェルギリウスによって書かれました。の中に アエネーイス、有名なキャラクターのアイネイアースはカーセージに上陸し、そこで彼と彼のパーティーはディドによって歓迎されます。彼らは恋に落ちますが、アイネイアースはイタリアで彼の運命を追求するために去ります。ディドはまだアイネイアースの船を見て自殺し、彼と彼の子孫を彼女の息を切らして罵倒します。

ディド女王の自殺

汝の暗黒の住まいから聞いた汝の誓いの守護者、汝ジュノの下の世界を一気に見つめる汝の太陽!あなたがたは怒り、悪鬼、そして犯された神々、すべての力はディドの死にゆく息で呼び起こし、彼女の呪いに参加し、彼女の死を復讐します!もしそうなら、運命の叙階、ジョーブは命令します、Thの恩知らずの惨めさはラティアンの土地を見つけるはずです、それでもレースを無傷で高慢な敵にさせてください、悲惨な腕を持つ彼の平和な入り口は反対します:不平等な分野の数で抑圧されます、彼の部下は落胆し、彼自身は追放した。彼を場所から場所へと訴えさせ、彼の主題から引き裂かれ、そして彼の息子の抱擁を求めた。最初に、彼に戦いで殺された彼の友人を見てもらいなさい、そして彼らの早すぎる運命は無駄に嘆きますそして、やがて残酷な戦争が終わるとき、彼は厳しい条件で彼の平和を買うかもしれません:それから彼に最高の命令を楽しんでもらいません、敵対的な手によって、そして不毛の砂の上に埋もれていない!これらは私の祈りであり、これは私の死にゆく意志であり、あなた、私のタイリアン、すべての呪いが成就します。永遠の憎しみと致命的な戦争は、王子、人々、そして名前に対して宣言します。私の墓にあるこれらの感謝の気持ちを込めた指輪は、敵対国が知っているように、リーグも愛も授けません!今、そしてそれ以来、あらゆる未来の時代に、怒りがあなたの腕を興奮させ、力が怒りを供給するとき、私たちのリビアの血の復讐者を立ち上げ、火と剣で偽証されたひなを追いかけます私たちの腕、私たちの海、私たちの海岸、彼らに反対し、同じ憎しみが私たちのすべての相続人に降りかかる!」。 'dと私は行く、下の幽霊の間で、栄光の名前。私の手による高尚な都市は襲撃され、ピグマリオンは罰せられ、そして私の領主はなだめる。私の財産はもっと余裕があっただろう、偽のトロイの木馬が私の岸に触れたことはなかったのだ!」それからソファにキスをし、「私は死ななければならない」と彼女は言った。 'Tは二重に死んでいる!しかし、私が受ける喜びをもってこの死を迎える:とにかく、生きるよりはましだ。これらの炎は、遠くから、誤ったトロイの木馬の見方をする可能性があります。これらの前兆は、彼の基本飛行が追求するものです!」(アエネーイス ブック4)

リビアの血の「復讐者」はハンニバルバルカへの言及であり、彼女はイタリアのネイティブラテン住民とのアイネイアースの闘争を予告しています。


ディードーの伝説:カルタゴの伝説の女王の神話がどのように進化したか

アイネイアースは、ピエール=ナルシスゲランの絵であるディドへのトロイア戦争について語っています。このシーンは、ディドがトロイの木馬の英雄アエネーイスに恋をしたが、残されたウェルギリウスのアエネーイスから取られたものです。

彼の英雄アイネイアースの拍車をかけられた恋人としてウェルギリウスによって不滅にされて、ディドの元の物語は非常に異なっていました。その変化は、ある文化の神話を別の文化の宣伝に合わせる方法を象徴しています。

ディドーのポエニ神話

ディドの元々の神話は基礎物語です。タイヤの王であるピグマリオンの妹であるエリッサは、夫を殺害した後、兄の王国から逃げ出しました。彼女は亡くなった夫の財産と信者の一団を連れて、チュニジアの海岸に到着する前に最初にキプロスに行きました。その後、エリッサは「放浪者」を意味する「ディド」として知られるようになりました。

地元の王、イアルバス、ディドと彼女の人々によって支配された既存の入植者に加わることを断り、代わりに彼ら自身の都市を設立することを望みました。 Iarbusは、雄牛の皮で覆われることができる限り多くの土地を彼らに与えることに同意しました。ディドは彼らの雄牛の最大のものを殺すように命じ、その皮は可能な限り薄いストリップに切りました。このようにして、雄牛の皮は、新しい都市の最初の場所となった丘の周りに広がっていました。丘はギリシャ語で隠れ家としてByrsaとして知られるようになりました。紀元前814年に設立されたと言われているこの都市は、カートハダシュトまたは「新しい首都」として知られており、後にカルタゴとして知られています。

しかし、Iarbusは殴打されることはなく、新しい都市とその輸入された富の支配権を獲得するために、Didoに彼との結婚を強制しようとしました。拒否は戦争を意味することを認識し、ディドは同意した。彼女は犠牲のために大きな火葬場を建てました。しかし、彼女がした唯一の供物は、彼女が自分の街を救うために炎に身を投げたときの自分自身でした。

ウェルギリウスとディド

共和制後期にナエヴィウスによって書かれたベラムポエニカムから採用されたウェルギリウスのバージョンは、ディドを英雄的な女王から、妨害された愛が2つの国の間の敵意の根底にある取りつかれた女性に変えます。

ローマ版では、トロイの木馬の生存者であり伝説的な創設者であるアイネイアースが、嵐の後、カルタゴ沖に上陸しました。ヴィーナスは彼をカルタゴに導き、そこで彼とディドは出会う。ディドは彼を歓迎するだけでなく、彼に恋をし、彼らが狩りをしている間、洞窟で彼を誘惑します。彼女はアイネイアースが彼女と一緒にいることを望みます。しかし、イタリアに新しい故郷を確立することはアイネイアースの使命であり、彼はディドとの連絡を一時的なものと見なしています。アイネイアースは、恋人を失恋させて出発します。元の神話のように、ディドは自分自身を火葬場に投げ込みます。しかし、彼女の死は高貴な犠牲ではなく、出発するトロイの木馬への呪いを伴います。それは、カルタゴとローマが苦い敵であった理由を確立し、苦い、不合理なカルタゴの女性の足元に責任を負わせます。

プロパガンダ目的での神話の変更

トロイの破壊はカルタゴの伝統的な創設日から4世紀後に起こったので、ディドとエネアスは決して会うことができなかったでしょう。しかし、カルタゴに対するローマの侵略を正当化するためには、彼らの関係とディドの性格の変化が必要でした。刷新された神話は、ローマがカルタゴの憎しみから身を守っただけであり、したがって、ライバルを排除する手段ではなく、ポエニ戦争を国民の生存の問題にしていることを示しました。


カルタゴの人々の重要な違い

カルタゴの人々は、主な理由の1つとして、ローマ人やギリシャ人よりも現代の感性に比べて原始的であるように見えます。これについては論争があります。何千年も前の人間の遺体は、その人が犠牲になったのか、他の方法で死んだのかを簡単に判断できないため、どちらの方法でも証明するのは困難です。

当時のローマ人とは異なり、カルタゴの指導者たちは傭兵を雇い、有能な海軍を持っていました。彼らは貿易に非常に熟達しており、ポエニ戦争中の軍事的敗北の後退の後でも、収益性の高い経済を再建することができました。これには、毎年約10トンの銀のローマへの賛辞が含まれていました。そのような富は、誇り高いローマがぼろぼろに見えたのと比較して、彼らが舗装された通りや高層の家を持つことを可能にしました。

ジョンH.ハンフリーによる「北アフリカのニュースレター1」。 アメリカンジャーナルオブアーキオロジー、Vol。 82、No。4(Autumn、1978)、pp.511-520


矛盾するアカウント、および歴史的存在の質問

1976年、ローマ神話のミシェル・グラントは、ディド・エリッサは紀元前5世紀のある時期にギリシャ人から人間の形を与えられた女神であると提案しました。しかし、彼の事件は、王の列がディドの父と兄弟にまでさかのぼるタイヤの歴史を書いたエフェウスのメナンドロスのような説明によって反対されています。このアカウントで、メナンドロスは、ピグマリオンの支配についての解説の中で、「今、彼の[ピグマリオン]の治世の7年目に、彼の妹は彼から逃げ出し、カルタゴの街を建設した」と述べています。

ディドのように知性があり、独立している女性が自殺するのではないかと疑問視する人もいます。 。引用された作品はもはや存在していません。


イントロ[編集|ソースを編集]

伝説的なカルタゴ王国の創設者であるディド女王を崇拝し、あなたへの祝福と敬意を表します。偉大な詩人ウェルギリウスの言葉に記録されたあなたの夫アセルバスは、あなたの兄弟であるタイアのピグマリオン王の手によって殺害されました。あなたの兄弟がこの莫大な富を追求する長さを恐れて、あなたとあなたの同胞は新しい土地に向かって航海しました。北アフリカの海岸に到着したあなたは、牛の皮を操作するだけで地元の王をだまし、新しい家、将来のカルタゴ王国のために広大な領土を配置しました。

賢くて好奇心旺盛なディドは、見事な直感と狡猾さに導かれて、来たるべき嵐からの避難所を提供できるリーダーを切望しています。かつての強大なカルタゴに匹敵する新しい王国の創造において人々を導くことができますか?時の試練に耐える文明を築くことができますか?


カルタゴの女王、ディド

カルタゴの女王(ディド)を取り巻く情報のほとんどは、アエネーイスの出版物で女性について説明したローマの詩人ウェルギリウスからのものです。ディド(一部のサークルではエリッサとしても知られています)は、現在チュニジアと呼ばれている古代ギリシャ人とローマ人の創設者であり、最初のカルタゴの女王として知られていました。紀元前470年頃に地中海に住んでいた彼女は、愛のために最終的に亡くなった伝説の人物です。

タイヤのフェニキア王の娘として、ディドは国で役割を果たす運命にありました。伝説によると、彼女の父親が亡くなったとき、ディドの兄弟であるピグマリオンは、ディドの金持ちの夫であるシケウスに乗りました。死んだ夫の幽霊が、彼に何が起こったのかを明らかにしたと思われます。同時に、彼は自分の宝物をどこに隠したかを彼女に話しました。兄と彼の支配下にある都市国家の影響を恐れて、彼女は宝物を取り戻し、逃げ出し、最終的にカルタゴに行き着きました。

地元の人々と物々交換し、彼女は雄牛の皮の中で持つことができるものと引き換えにたくさんの富を提供しました。彼らが有利だと感じた交換に同意すると、ディドは皮を短冊状に切り、海が反対側を形成するように半円形に配置することによって彼女の賢さを明らかにしました。これは、彼女がどのようにしてカルタゴの女王になったのかについての物語です。トロイからラビニウムに向かう途中、トロイの木馬の王子アイネイアースはディドに出会い、彼女は彼にかなり捕らえられました。しかし、彼は自分には成就する運命があると信じ、ディドを置き去りにしました。彼が去って自殺することを決心したとき、彼女は悲痛でした。

ディドは妹のアンナに、彼が残した衣類や武器など、アイネイアースを思い出させるオブジェクトを燃やすパイを作るように指示します。アイネイアースの艦隊が去るのを見て、彼女は彼と彼のトロイの木馬を呪い、カルタゴとトロイの子孫の間で憎しみが続くことを発表しました。これは、ポエニ戦争の前兆と見なされています。

パイを上げると、ディドはかつてアイネイアースと共有していたソファに座り、絶望して、以前の愛が彼女に贈った剣に倒れます。アンナは死にゆく妹を慰めようとしますが、神話のテキストによると、ジュノはアイリスを天から送り、ディドの精神を彼女の体から解放します。彼らの船で、アイネイアースと彼の乗組員は、ディドの葬儀の火葬を燃やしているのを見つけます。カルタゴの最初の女王の自殺に火葬が一役買ったと主張する人もいます。

アエネーイスを読むと、かつての恋人たちがブックVIで、今回は冥界で再び会うことがわかります。しかし、2人が互いに遭遇したとき、Aeneasは彼の訴訟をDidoに訴えることに失敗しました。彼を抱きしめる代わりに、彼女は背を向けて、元夫のシケウスが彼女を待っている木立に向かいます。


歴史的背景[編集|ソースを編集]

古代ギリシャとローマの情報筋によると、ディドはカルタゴの創設者であり最初の女王でした。彼女は主に、ローマの詩人ウェルギリウスが叙事詩のアエネーイスで与えた説明から知られています。タイヤの王は、彼の非常に美しい娘ディドと息子ピグマリオンを彼の共同相続人にしました。しかし、彼の死後、ピグマリオンはまだ少年でしたが、人々はピグマリオンを支配者として一人で連れて行きました。ディドは、ヘラクレスの司祭としてピグマリオン王に次ぐ権力を握った叔父のアセルバスと結婚した。

噂によると、アセルバスには密かに多くの富が埋もれており、ピグマリオン王はこの富を得ることを期待してアセルバスを殺害した。タイヤからの脱出を望んでいたディドは、ピグマリオンの宮殿に引っ越したいという希望を表明したが、ピグマリオンが引っ越しを手伝うために送ったアテンダントに、アセルバスのすべての金の袋を彼の精神への捧げ物として海に投げ込むように命じた。実際、これらのバッグには砂しか入っていませんでした。ディドはその後、アセルバスの富になったと思われるものを発見したとき、ピグマリオンの怒りに直面するのではなく、別の土地への飛行中に彼女に加わるように出席者を説得しました。何人かの上院議員も彼女の飛行に加わった。

やがてディドとその追随者たちは北アフリカの海岸に到着し、そこでディドはベルベル人の王イアルバスに、旅を続けることができるまで、牛皮に囲まれる限りの土地だけを一時的に避難させるための小さな土地を求めた。彼らは同意した。ディドは牛皮を細かく切って、近くの丘全体を取り囲むのに十分な大きさにしました。そのため、後にビルサは「皮」と名付けられました。

この新しい集落の名前は Qart-hadasht (ニュータウンまたは首都)、そして北アフリカ沿岸の大きな半島の戦略的に有利な位置にあるその場所は、地中海の一方の端からもう一方の端まで航海したフェニキアの海事商人にとって有用な立ち寄り場所を提供するために選ばれました。


ディド、カルタゴのテトラドラクマ-歴史

フェニシアの古代タイヤの港で、漁師は詠唱します &quotEla--eee--sa、Ela--eee--sa、&quot 彼らが網を引っ張るとき。運が良かったのか、故郷を離れて二度と戻ってこなかったお姫様の嘆きなのか、彼らには言えません。

エリッサまたはエリッサ(フェニキア語でエリシャット)はタイヤの王女でした。彼女はイゼベルのおばあちゃんでした&#8212タイヤのイゼベル王女はイスラエルの女王でした。彼女の兄弟、タイヤの王ピグマリオンは、大祭司である彼女の夫を殺害しました。彼女は自国の専制政治から逃れ、カルタゴを設立し、その後フェニキアのポエニ人の領土を設立しました。カルタゴは後に、正午に西地中海の素晴らしい中心地になりました。その最も有名な息子の一人は、ローマに逆らったハンニバルでした。 1

彼女の人生の詳細は大ざっぱで紛らわしいですが、以下はさまざまな情報源から推測できるものです。ジャスティンによれば、エリサール王女はマッテン王またはタイヤのムットイアル(古典文学のベルス2世)の娘でした。彼の死後、王位は彼女と彼女の兄弟、ピグマリアンに共同で遺贈されました。彼女は叔父のアケルバス(古典文学のシケウス)、メルカルトの大祭司、そして王のような権威と富の人と結婚しました。金と陰謀の愛好家であるTyrannicalPygmalionは、Acherbasの権威と財産を手に入れたいと熱望していました。彼は神殿で彼を暗殺し、彼の邪悪な行為を彼の妹から長い間秘密にしていました。彼は彼の死についてのフィクションで彼女をだました。その間、タイヤの人々は王室の中で不和を引き起こした単一の主権を求めていました。

伝説によると、アケルバスの幽霊が夢の中でエリサールに現れ、彼に何が起こったのかを彼女に話しました。さらに、彼は彼女に自分の宝物をどこで見つけることができるかを話しました。さらに、彼は彼女に彼女の人生を恐れてタイヤを去るように忠告した。エリサーと彼女の支持者たちは金の宝を手に入れました。しかし、彼女は脅迫されて怯えていたので、エリサーは兄をだまして逃げることにしました。

兄の疑惑を目覚めさせないために、彼女は旅行して彼に供物を送りたいと知らせました。 Acherbasは、Elissarが彼に富を送るだろうと考えることを承認しました。彼は彼女に船を提供した。夜の間、エリサールは船の船倉に金の宝物を隠し、砂で満たされたバッグを船内に配置しました。海に出ると、彼女は砂袋を船外に投げ出し、殺害された夫を追悼する供物と呼びました。使用人たちは、宝物を失うと王が怒り、彼の報復を受けるのではないかと恐れました。その結果、彼らはエリサーに忠誠を払い、航海に同行することにしました。 Elissarのサポート、およびMelqartの上院議員と司祭がグループに加わりました。その結果、彼らは秘密裏に国を去り、故郷を永遠に置き去りにしました。

彼らは最初にキプロス島に旅行し、より長い旅のための物資を手に入れました。そこでは、アシュタルテ神殿(金星)でウェスタの処女として奉仕することに専念した20人の処女が、誓いを放棄し、王女に同行したティリニアンの側近で結婚しました。その後、エリサールと彼女の仲間である「浮浪者」(別名、「放浪者」のディド)は、新しい定住地を求めて外洋に直面しました。 2

カルタゴの創設
カルタゴの街の電子レクリエーション

古代史の非常に早い時期に、フェニキアの船乗りは地中海の隅々を訪れ、地元の人々と商業関係を築いてきました。シドニアンフェニキア人は紀元前16世紀に交易所を設立しました。後にカルタゴが設立された場所に比較的近いウティカで。彼らの主な目的は、ウティカに植民地を持っていた彼らのチリニアンフェニキア兄弟と競争するための商業でした。初期の入植地の考古学的証拠が発見されました。カルタゴに対するウティカの位置は、タイヤに対するシドンの位置とまったく同じでした。それは2つの中でより古い都市であり、実際の力なしにある種の位置を維持していました。カルタゴとウティカは、タイヤとシドンのように競争し、かつては常に一緒に話していました。

エリサールと彼女の司祭やアシュタルテの寺院の乙女を含む彼女のティリニアンの側近は、いくつかの船で地中海の長さを横断し、今日の現代チュニジアの海岸に定住しました。彼女の遠征隊がやって来て、土地の購入について地元の住民と交渉しました。彼女はチュニス湾に向かって航海し、都市に最適な岬をスパイし、古代のシドニアンフェニキアの交易所であるカンベまたはカッカベと呼ばれる場所を選びました。しかし、いくつかの記録は、女神タニト(ラテン語でジュノ)がその場所が都市を見つけることであったことを示したことを示しています。そこの先住民は新参者にあまり満足していませんでしたが、エリサールは彼らの王ジャポンと取引をすることができました:彼女は彼にかなりの金額を約束し、雄牛でマークできる限り多くの土地を何年も借りました肌。

王様は取引がうまくいったと思っていましたが、すぐに、自分が扱っていた女性が思っていたよりも頭が良いことに気づきました。この購入にはいくつかの陰謀が含まれていましたが、土地のサイズは「ブルズハイド」を超えないと考えられていましたが、実際にはこれまで考えられていたよりもはるかに大きかったです。彼女と彼女の遠征隊が採用したトリックは、彼らが雄牛の皮を非常に薄く切り、それを1本の長い紐に縫い合わせることでした。それから彼らは海岸を土地の片方の端として取り、皮を半円形に置きました。その結果、エリサールと彼女の会社は、王が可能だと思っていたよりもはるかに大きな土地を手に入れました。カルタゴ人は紀元前6世紀まで土地の家賃を払い続けました。今日の丘の頂上は「ビルサ」と呼ばれています。ビルサは「隠れ家」を意味します。しかし、城塞や要塞を意味するフェニキア語のボルサを指すと信じている人もいます。

ジャポン王はエリサーの優れた数学的才能に非常に感銘を受け、彼女に彼と結婚するように頼みました。彼女は拒否したので、彼は巨大な大学を建設し、代わりに同様の才能を持つ別の若い女性を見つけることを望んでいました。その「刻まれた」場所で、エリサールと彼女の植民地時代の側近は、新しい都市を設立しました。紀元前814年。 3彼らはそれを「ニューランド」を意味する2つのフェニキア語から来た「カルトハダシュト」(カルタゴ)と呼んだ。彼らのチリニアンの起源を記念して、カルタゴの人々はフェニキアのタイヤのメルカルト寺院に毎年敬意を表した。

カルタゴの街は、当初はサフェットの称号を持つ独自の治安判事によって支配されていましたが、ゆっくりとタイヤからの独立を獲得しました。紀元前332年まで、大都市であるタイヤと密接な関係を保っていました。 4

カルタゴの植民地化、そしてその後の西地中海周辺の領土は、強力なフェニキアのポエニ領を生み出した非常に成功した試みでした。西地中海のフェニキア人はカルタゴ人として知られるようになります。その後、ローマ人が西地中海のフェニキア人を指すために使用した名前であるポエニ語は、すべてのカルタゴ人と、彼らが占領するようになった300の都市国家と土地に適用されました。 5

カルタゴ人は彼らの女王に非常に魅了され、多くの人が彼女がタニトとして知られるようになった女神であると考えられていたと信じています。

エリサーの問題

この サブセクションは、元の作者の親切な許可により、そのまま(ごくわずかな変更を加えて)複製されます。 Mathematica Ludibunda http://mathematica.ludibunda.ch/、ドイツ語と英語の素晴らしい、非常に興味深く、教育的なサイト。以下のグラフィックとテキストを複製する許可を与えてくれたChristaAckermannさんに感謝します。資料はMathematicaLudibundaの著作権で保護されており、許可なく複製することはできません。

Elissarはどのようにして半円でアイデアを思いついたのですか?同じ雄牛の皮でさらに多くの土地を手に入れる方法はありますか?
Elissarが可能な限り最大の土地を取得したことを証明するために、同じ周囲長を持つさまざまな形状とその領域との関係を調べます。簡単にするために、最初にエリサールが海岸で使用したトリックを忘れて、雄牛の皮を陸のいたるところに置かなければならないふりをします。

まず、いくつかの異なる長方形を作成して、領域の大きさを調べてみましょう。右側のように、2つの辺が4で、2つの辺が10単位の長さの長方形は、最初は問題ありません。その正方形の面積である40を簡単に計算できます。

ここで、長方形の形状を変更したときの関係を確認するために、辺も合計28になる別の長方形を見てみましょう。2つの辺が3で2つの11単位の長さの長方形を試してみましょう。面積を計算すると33になります。おっと、それは以前よりも小さい面積です。

各長方形を個別にチェックする代わりに、魔法の絵を正しく使用できます。マウスを動かすと、長方形の形が変わります。ただし、辺の合計は常に28になります。どの形状が最大の面積を持っているかを確認できますか?

右!それは正方形です。 NS 四角 その4つの正三角形の辺と角度は、特定の周囲のすべての可能な長方形の中で最大の面積を持っています。

それでは、別の形を見てみましょう。たとえば、 三角形。三角形の面積を計算するのはそれほど簡単ではないので、魔法の絵に直接行くことができます。下の画像の周りでマウスを動かして、さまざまな三角形を作成します。ここでも、辺は常に同じ長さ、今回は24単位になります。可能な限り最大の面積を持つ三角形の辺と角度の関係は何ですか?

ビンゴ!ここでも、すべての側面とすべての角度が同じサイズです!このような三角形は、正三角形または正三角形と呼ばれます。お気づきかもしれませんが、境界が定義されている場合は、正三角形を1つだけ取得できます。もちろん、これが理由です。特定の周囲長があり、すべての辺が同じ長さである必要がある場合、各辺は周囲長を3で割った長さである必要があります(この例では、各辺は22/3または7.33である必要があります)。単位長)。また、すべての三角形ですべての角度が合計で180度になり、すべての辺が同じ角度である必要があるため、各角度は60度である必要があります。

しかし、ビジネスに戻りましょう。すべての三角形と長方形の中で、すべての角度と辺が同じバージョンでは、特定の周囲に対して最大の面積があることがわかりました。これは、長方形や三角形だけでなく、考えられるあらゆる形状にも当てはまります。これらの形状を等辺多角形と呼びます。

したがって、等辺ポリゴンは常にどのポリゴンよりも最良の結果をもたらすことがわかったので、これらだけを見て、どのポリゴンが最大の面積を与えるかを見つけることができます。これらすべてを計算する代わりに、魔法の絵をいじってみることができます。マウスを下に動かすと、ポリゴンの辺の数が変わります。周囲は常に28単位のままです。辺の数と面積の間にどのような関係がありますか?

もう一度!ポリゴンの辺が多いほど、ポリゴンの面積は大きくなります。また、40以上の辺を持つポリゴンは、ポリゴンというよりも円のように見えることにも気づいたと思います。したがって、等辺多角形の辺が多いほど、その面積が円の1つに近づくことはおそらく驚くことではありません。

これで、円が特定の周囲に対して最大の面積を持つ形状であることを示しました。最初に、x個の辺を持つ形状の場合、最大の面積を持つ形状は、すべての辺とすべての角度が同じである形状であることがわかりました(特定の周囲長では、これらの形状は1つだけです)。次に、等辺多角形の辺が多いほど、面積が大きくなり、最大の面積を与える円に近づくことがわかりました。したがって、特定の円周に対して最大の面積を持つ形状は円です。それはまさにエリサーが見つけたものです。

しかし、エリサーにとって、円は十分ではありませんでした。彼女はもっと広い土地が欲しかった。それで彼女は海岸を片側として使うことに決めました。海岸がなければ円が最良の形状であることはすでに知っているので、片側があれば半円が最良の形状であることが簡単にわかります。今はそれを証明しません。しかし、エリサーは海岸を利用したため、はるかに広い面積を獲得したのでしょうか。答えは間違いなくイエスです。海岸を側面の1つとして使用することにより、エリサーは、円を配置した場合の2倍の土地を取得しました。

私たちにとって、エリサールが彼女の問題に対する最善の解決策を見つけたことを証明するのは簡単でした。しかし、エリサーにとってははるかに困難でした。彼女は魔法の絵なしでやらなければならなかっただけでなく、彼女が住んでいた時代には数学についてあまり知られていませんでした。

女性であることは別として、エリサーは数学のキャリアのための可能な限り最高の出発点を持っていました。彼女は王室の娘だったので、最高の教育者と接触することができ、下層階級の女性のように働く必要はありませんでした。彼女は船乗りと商人の国であるフェニキア出身でした。フェニキア人は、当時の科学の第一人者であるエジプト人やバビロニア人と多くの接触を持っていました。

しかし、この出発点があっても、エリサーは今日私たちが知っている数学の半分を知ることはできませんでした。フェニキア人はピタゴラスの定理を知っており、特にピタゴラスがフェニキア人の半分であり、フェニキアの宗教と学習の中心で訓練を受けていたため、代数的問題を解決することができました。また、他の数学者や学習の柱もそこから来ました。彼らの数学的スキルは限られていましたが、彼らは理解していました 円周率、 ソロモンの神殿の建物で示されているように。 。たとえば、エリサールの200年後にある種のゼロが最初に使用されたことを考慮すると、これをはっきりと見ることができます。ですから、彼女は自分の問題に対する最善の解決策を見つけるために、本当に数学の才能を持っていたに違いありません。

何世紀にもわたって、エリサーの物語の多くのバージョンが書かれてきました。彼女の話は、女性にどのように振る舞うか、そしてどのように絶対に振る舞わないかを示すために使用されてきました。

最も古い情報源は、今日私たちが歴史的なエリサーと呼んでいるエリサーが正しいものであることを示しています。彼らは彼女の人生の説明が正確であることを示しています。

歴史的なエリサールの物語は、立派な未亡人が二度と結婚してはならないことを示すために中世に使用されました。
歴史的なエリサールの死からほぼ千年後、作家のヴェルギルは彼女の物語を書き直すことにしました。バージルのバージョンは非常に成功し、今日でもかなりよく知られています。何世紀にもわたって人々はバージルの本でラテン語を学び、バージルのエリサールはオペラや、ディドーンリベラタのサルヴァトーレコンテ博士によるイタリア語のドラマである&laquoDidone Liberata&raquo(L'autentica Didone di Virgilioのウェブサイト。

歴史的なエリサールのように、バージルのエリサールは彼女の兄弟から逃げ出し、アフリカで土地を購入した後、カルタゴを設立しました。神々がそれを持っているように、燃えているトロイから逃げた偉大な英雄であるアイネイアースは、間もなくカルタゴの近くで立ち往生しました。エリサーは主人公(ここではアモールが彼の役割を果たした)に夢中になり、彼女の人々の世話を完全に忘れました。しかし、神々はまだアイネイアースがローマを見つける計画を持っていたので、彼は去らなければなりませんでした。エリサーはその後、自分の民を支配できなかっただけでなく、その仕事を引き継ぐことができた男をそこに留めることさえできなかったので、自殺しました。

私たちのバージョンでは、エリサーはおそらく初めて彼女の自殺死から救われました。また、王は彼の良い面から自分自身を示すことができました。エリサーの成功に嫉妬する代わりに、彼は歴史を振り返り、女性が自由に勉強できる最初の大学を設立しました。そしてこれは、女性が平等な権利を持つ大学に最初に入学する前の2700年でした。

    ゲイ、デビッド: 「ディスカバリーによるジオメトリ」。 アリゾナ大学、1999年。

A great book which makes you discover geometry by yourself. It helps you acquire techniques to solve a problem by simplifying it and then going on step by step until you are at the original problem.

The Date of Founding Carthage

With regard to Phoenician history, we depend on the reports of Greek and Roman authors who were not kindly disposed towards them. A grim struggle was waged for centuries between the Greeks and Romans on the one hand, and the Phoenicians and their western offshoot, the Carthaginians, on the other, in which the prize was nothing less than the political and commercial control of the Mediterranean. It began as early as the Orientalizing period of the eighth and early seventh centuries with the rivalry of Greek and Phoenician settlers in the West, and culminated with Alexander’s capture of Tyre in the fourth century, Rome’s defeat of Carthage after the exhausting Punic wars of the third, and Carthage’s destruction in the second. Carthage had been the focus of Phoenician presence in the West for many hundred of years before it was leveled to the ground by the Romans in 146 BC. The Roman historian Appian gave a round figure of seven centuries for Carthage’s existence, which would imply a date for its founding about the middle of the ninth century. Timaeus, the Greek chronographer, gave the year 814 BC as the date of Carthage’s founding. 6 Josephus dated Elissar's flight 155 years after the accession of Hiram, the ally of David and Solomon, that is, in 826 BC. Another tradition, associated with the fourth-century Sicilian chronographer Philistos, placed Carthage’s founding “a man’s life-length” the fall of Troy. Despite the fact that Philistos’ dating of the Trojan War is unknown, scholars have assumed that he put the date of the founding of Carthage in the thirteenth century. 7

Yet Appian, who followed Philistos in dating the founding of Carthage “fifty years before the capture of Troy” 8 knew that the city had had a lifetime of not more than seven hundred years. 9 Thus Appian dated the Trojan War to ca. 800 BC, and there is no reason to think that Philistos did not do likewise.

Archaeology, however, does not support a mid- or late-ninth century date for Carthage’s founding. After many years of digging archaeologists have succeeded to penetrate to the most ancient of Carthage’s buildings. P. Cintas, excavating a chapel dedicated to the goddess Tanit, found in the lowest levels a small rectangular structure with a foundation deposit of Greek orientalizing vases datable to the last quarter of the eighth century. These are still the earliest signs of human habitation at the site although Cintas originally held out hope that there would be found remains of the earliest settlers of the end of the ninth century, the years have not substantiated such expectation. 10 Scholars are now for the most part ready to admit that the ancient chronographers’ estimate of the date of the city’s founding was exaggerated. 11 But if Carthage was founded ca. 725 BC the Trojan War would, in the scheme of Philistos and Appian, need to be placed in the first quarter of the seventh century.

Sociopolitical Background 12

While Carthage was taking root as a city state, Tyre, its mother city, was under threat from the Assyrians. Its people migrated out in search of safety to various Phoenician colonies including new established Carthage. The beginning of the Carthaginian colony was the magnificent metropolis it evolved into. The citizens were merchants and made most of their money from the extraction of silver from mines in North Africa and southern Spain.

Their livelihood was in commerce but their experience from their original homeland positioned them to make something of themselves. However, Carthaginian ties to Tyre taxed and impoverished them from the relentless wars that were dealt against Tyre.

The Greeks took advantage of the situation and sent colonists into the Mediterranean, completely surrounding Carthage. In response, Carthage rounded up refugees from the fallen city of Tyre and other neighboring states to form a strong and united front against the Greeks.

By the middle of the 7th century BC Carthage had become the jewel of the Mediterranean. It was keeping the Greeks at bay and it had won several important battles that placed it in an authoritative position. Carthage began to set up trading posts that were soon turned into towns and cities to meet demand of the steady travel down the coast.

In the 6th century, the city became unquestionably a considerable capital with a domain divided into the three districts of Zeugitana (the environs of Carthage and the peninsula of C. Bon), Byzacium (the shore of the Syrtes), and the third comprising the emporia which stretch in the form of a crescent to the center of the Great Syrtis as far as Cyrenaica. The first contest against the Greeks arose from a boundary question between the settlements of Carthage and those of the Greeks of Cyrene. The limits were eventually fixed and marked by a monument known as the Altar of Philenae.

The destruction of Tyre by Nebuchadrezzar, in the first half of the 6th century, enabled Carthage to take its place as mistress of the Mediterranean. The Phoenician colonies founded by Tyre and Sidon in Sicily and Spain, threatened by the Greeks, sought help from Carthage, and from this period dates the Punic supremacy in the western Mediterranean. The Greek colonization of Sicily was checked, while Carthage established herself on all the Sicilian coast and the neighboring islands as far as the Balearic Islands and the coast of Spain. The inevitable conflict between Greece and Carthage broke out about 550 BC.

The Carthaginians made an alliance with the Persians (who had previously united Asia), to conquer the Greeks, yet it proved disastrously ill planned because it was a failure in 480 BC at Salamis and at Himera in Sicily. Carthage suffered as a result of this defeat.

Eventually, trade began to pick up and Carthage planned yet another attack on the Greeks in 409 BC. The Greeks were vulnerable following unsuccessful tries to conquer Sicily. The result was a hundred years of war between the Greeks and the Carthaginians and at different times, the destruction and annihilation of both powers seemed plausible.

In 332 BC Alexander conquered all of Phoenicia and humiliated Tyre and so there was no longer any hope of aid from Phoenicia. With Phoenicia, the main land too weak to help and pre-occupied with invasions, the western Mediterranean colonies looked to Carthage for aid and leadership. The defense of western Phoenician colonies fell to Carthage by default. Consequently, Carthage began to found her own ?colonies? to better protect the livelihood of all Carthaginians. That causes more conflict with many people of the area especially the Greeks and later the Romans.

The reign of the famous Eastern World leader, Alexander the Great, between 334 and 323 BC, forced Carthage to change its political philosophy. It could no longer remain a private and aggressive colony or it would face the real possibility of economic ruin. So Carthage decided to accept the Hellenistic empire, especially the monarchy in Egypt, in order to have allies against Alexander.

Typically, the Hellenistic Age began with the death of Alexander the Great (323 BC) and ended with the conquest of Egypt by Rome in 30 BC. Hellenism was a fusion of Mediterranean religions, a cultural unity which was not broken until Muslim imperialism many years later.

During the reign of Alexander, Carthage had remained a Western stronghold, but this was soon to change with the threat imposed by Rome. Rome had traditionally stayed out of the way as far as Carthage was concerned because Rome was historically a farming colony, but in the second half of the fourth century and first of third, Rome had made several territorial conquests, and it pushed the limits by entering into Sicily at a time when Carthage was gaining control of the area. This invasion launched the first of the Punic Wars (263-241 BC), which ended in victory for Rome.

Hamilcar Barca led Carthage out of the depths of disaster by recapturing the mineral wealth of the west. Hamilcar created a military empire in Spain and announced himself absolute ruler (228-219 BC) After Hamilcar's death, Hasdrubal, his son in-law, and Hannibal, his son, conquered the entire Spanish peninsula up to the Ebro River.

Rome opened her eyes to the threat the great colony of Carthage poised. After a series of drawn-out battles, the Roman general Scipio conquered Spain in 210-206 BC. The last 50 years of existence of the colony were long and arduous. Carthage could have joined forces with Masinissa to become a united kingdom but was instead destroyed by Rome. When Carthage finally fell in 146 BC during the third and final Punic War, the area was scorched to the ground and all habitation in the former city was forbidden by the Romans because they considered it a rival city. Many Carthaginians were sold into slavery. The wife of the ruler of the city, rather than surrender, threw herself in to the flames of the Temple of Eshmun. She was probably a descendent of Elissar. However, the ban imposed on living in the city was lifted and later on Carthage returned to become an important one in the region. 13

What distinguished Carthage from its mother city, Tyre, was it marketing policies and diplomatic system. It did not remain a city state like Tyre but spread its dominion and authority on all Phoenician Punic colonies of the western Mediterranean. The Carthaginians created their own space and system even though they maintained good ties with their motherland until the Mediterranean became the Pond Nostrum of the Romans.

What was the city like? 14

The city had two artificial harbors built inside the city walls, connected by a canal. The smaller one was a military harbor that held 220 warships. Further, it had a walled fortress, the Byrsa, overlooked the harbors, and was divided into four equal quarters with regular street plans. City walls were massive 23 miles and almost impregnable (compared to 5 miles for Rome). 3 miles of the walls along the isthmus were 40 feet high and 30 feet thick which were never breached. There were sacred area for cult sacrifices, a necropolis, market places, council house, temples, magnificent towers, city gates, a citadel, a theater, paved winding streets, gardens, and houses with great buildings up to six stories tall. It is said that when Aeneas visited Carthage, a harbor basin was being dug, and the foundations for a theatre had been laid. In its high-noon, the geographer Strabo calls it a "shining city," ruling 300 cities around the western Mediterranean. 15

The population of Carthage was about 700,000, an extraordinary number for cities in the ancient world, of merchants (who were in control of the city), as well as residents, explorers, landholding-agrarian faction and slaves. In the 6 th to 5 th century BC it began to dominate trade in western Mediterranean and brought great wealth. City defense was secured by a powerful navy backed by a mercenary army.

In the early 5 th century BC, Carthaginian Hanno the Navigator sailed as far as the west coast of Senegal, and with that voyage began the tradition of tall tales about monsters and dangers west of Gibraltar.


Aeneas’ Lesson

If any lesson is to be taken from Aeneas’ story, it is that destiny, or whatever is planned or forced upon you by outside sources, is not always the right option, and that sometimes, when an opportunity presents itself to you that could be even more beneficial than the “destined” path, it is better to explore it than to destroy what has been given to you on a silver platter and slough it off in favor of some vague sense of heroism.

Aeneas is a hero in the classic, literary sense of the word: he is the main figure of an epic, our quester, who sets out on a journey given by the gods, facing trials and tribulations along the path to a fabulous prize at the end of the road. But in this modern day and age, the tricky concept of heroism is an entirely different beast.

アエネーイス is a tragedy, and in that light, I like to think that the real “hero” of our story is Dido. Abandoned after being forced to love Aeneas by gods she is unaware are influencing her, Dido is a real victim of the Fates and the cruelty of humans brought down by the gods. And Aeneas, failing his wife, his family, and his people, following blindly in the footsteps of destiny, becomes the villain.

O Muse! the causes and the crimes relate
What goddess was provok’d, and whence her hate
For what offense the Queen of Heav’n began
To persecute so brave, so just a man
Involv’d his anxious life in endless cares,
Expos’d to wants, and hurried into wars! — The Aeneid, Book 1