ニュース

JFK:最後の100日

JFK:最後の100日


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

共産主義の拡大に対する恐怖と不安を背景に、ケネ​​ディ政権は、米国の権力を維持し、核戦争から生じる壊滅的な結果を回避する方法に常に夢中になっていた。キューバミサイル危機をきっかけに、ケネディと彼の政権の主要な指導者たちは、1963年の夏に核実験を禁止する国際条約に取り組んでいました。彼が共産主義者をなだめているという反対と批判に直面している間、ケネディは条約を推進し続けました。

ケネディが核問題に関する国際協力を確立する方法を見つけることを決意したと同時に、彼の政権は南ベトナムの不安定な政治状況に関する決定に直面した。南ベトナム共和国の初代大統領であるゴディンジエム大統領は、1955年に就任して以来、物議を醸した人物でした。敬虔なカトリック教徒である彼は、南ベトナムの仏教徒に対して残忍な取り締まりを行いました。 1963年の夏の終わりと秋。軍の将軍が率いる野党グループがディエムを倒す計画を立てたとき、米国は反共和制の同盟国であったディエムに固執するかどうかを議論した。彼の最後の数ヶ月の在任中、この難問はケネディ大統領の心に大きな影響を及ぼしました。

国際的な問題がケネディを心配している間、米国内のシーンも、特に公民権の問題を中心に熱くなりました。マーティンルーサーキングジュニア博士がアラバマ州モンゴメリーでの人種差別をめぐる抗議を動員し、アーカンソー州リトルロックでの放課後の人種差別撤廃の挑戦が市民権運動を活性化させてから数年後、アメリカでは人種差別が続いた。公民権の指導者たちは、連邦法を可決し、アフリカ系アメリカ人の自由と平等を確保するのに役立つ他の措置を制定するように政権に圧力をかけていました。

国内および国際的な圧力が高まる中、ケネディは非常に人気のある大統領であり続けました。ホワイトハウスに2人の幼い子供がいる中、身なりのよい話し言葉の大統領は、ファーストレディのジャクリーン・ケネディとともに、若さ、希望、そして約束の感覚を体現して、世界から見守られていました。しかし、この外観の背後で、ケネディの私生活は常に困難に直面していました。

1963年8月7日、ジャッキーケネディは息子のパトリックブーヴィエケネディを出産しました。ジャッキーの期日の5週間半前に帝王切開で出産したパトリックは、硝子膜疾患で生まれました。この病気で生まれた赤ちゃんの半数にとって、当時は致命的だった肺の病気でした。パトリックは優れた医療を受けたにもかかわらず、生後2日で亡くなりました。大統領とファーストレディの両方が悲しみに打ちひしがれた。ジャッキーケネディは、1956年にアラベラと名付けようとしていた死産の娘を含め、困難な妊娠に悩まされていました。パトリックの短命のドラマは、8月初旬の2日間の見出しを支配し、彼の死は最初の家族の私生活に雲を投げかけました。

パトリックの死からわずか数週間後、公民権運動の最高水準点の1つがワシントンD.C.で開催されました。8月28日、ワシントン大行進のリンカーン記念館の周りに25万人以上が集まりました。ケネディと彼の兄弟の司法長官ボビー・ケネディは、最初は行進とその後の混乱について非常に心配していましたが、公式プログラムの直後にホワイトハウスで公民権指導者と会うことに同意しました。ケネディは、博士が彼の有名な「I Have a Dream Speech」をテレビで放映するのを見て、行進の平和的な結論に満足していました。

ほんの数ヶ月前の6月11日、ケネディは、彼の最も強力な演説の1つであり、市民権の歴史における主要なマイルストーンであると多くの人が信じていることを伝えました。アラバマ州知事のジョージウォレスがアラバマ大学への2人のアフリカ系アメリカ人学生の登録に激しく反対した後、ケネディは大統領執務室から人種的不平等の「道徳的危機」に対処するための国内法を求める演説を行いました。その法律は、ケネディ暗殺から約8か月後の、1964年7月に可決された1964年公民権法になります。

行進からの前向きな勢いにもかかわらず、ケネディは、議会での激しい反対を考えると、公民権法案が可決されるまで、依然として困難な戦いに直面することを知っていました。公民権のために戦うアフリカ系アメリカ人に対する暴力も増え続けた。 9月15日、白人至上主義者がアラバマ州バーミンガムの16番通りバプティスト教会を爆撃し、4人の少女を殺害したとき、衝撃波が全国に響き渡りました。教会はバーミンガムでの公民権闘争の組織の中心地でした。振り返ってみると、爆撃の恐怖は公民権法への支持を促進するのに役立った。

10月初旬までに、ケネディは彼の最大の勝利の1つであり、英国、米国、ソビエト連邦の間で部分的核実験禁止条約(限定的核実験禁止条約としても知られる)の交渉に成功しました。 10月7日にケネディによって署名されたこの条約は、政権にとって大きな成果でした。数週間前の9月20日、彼は国連に演説し、テスト禁止条約を含む世界平和への道筋を概説しました。条約は核実験を制限し、核実験の放射性降下物に関する懸念に対処し、核問題に関する国際協力が可能であることも示した。冷戦はほとんど終わっていませんでしたが、この条約は、キューバ危機がアメリカ人と世界中の人々の心に核戦争の恐れを送った一年前から世界がどこまで進んだかを示しました。

冷戦の一部は改善しているように見えたが、ベトナムの状況は悪化していた。ディエム政権のスノーボーリングに抵抗して、南ベトナム大使のヘンリー・カボット・ロッジ・ジュニアを含むケネディの顧問は、ディエムの政府は腐敗していて人気がなく、米国は彼に極度の圧力をかけて立ち去るか、クーデターを計画するべきだと報告した。南ベトナム軍の将軍によって。行動に失敗することはますます信じ難いように思われた。 11月1日、反対派の将軍との交渉の後、ディエムは辞任することに同意した。その後すぐに、ディエムと彼の兄弟は野党指導者によって残酷に殺されました。米国は表面的には中立のままでしたが、舞台裏では政府はディエムを倒した将軍と積極的に連絡を取り合っていました。一部の米国の指導者は、ディエムの指導力の終焉は安定が南ベトナムに戻ることを意味すると感じていたが、実際にはベトナムの状況は時間とともにより複雑になった。

公民権とベトナムの危機に加えて、ケネディの過去100日間の在職期間は、税制から移民までの他の懸念事項に焦点が当てられており、彼の政権は1年先に大きな計画を立てていました。彼はまた、子供たちと一緒にホワイトハウスで時間を過ごし、ホワイトハウスでの家族の時間の最も象徴的な映像のいくつかをもたらしました。彼が直面した課題と当時の国内および国際政治の圧力にもかかわらず、1963年11月22日に彼の話が突然激しく終わる準備はできていませんでした。

HISTORY Vaultを使用して、何百時間もの歴史的なビデオにコマーシャルなしでアクセスできます。今日から無料トライアルを始めましょう。


米国大統領任期中に作成されたジョブ

政治家や専門家は、米国大統領が在任中に米国で「雇用を創出する」能力について言及することがよくあります。 [1]数字は、選挙シーズン中または大統領の経済的遺産に関して最も頻繁に見られます。エコノミストが通常使用し、最も頻繁に引用する数字は次のとおりです。 非農業部門雇用者数の合計 労働統計局が月次および年次ベースで収集した数値。 BLSは、民間部門の非農業雇用およびその他の骨材のサブセットの数値も提供します。

ジミー・カーターからドナルド・トランプまでの大統領の中で、ビル・クリントン大統領は1860万人で最も多くの雇用を創出し、ロナルド・レーガンは15.6%で最大の累積増加率を示しました。この計算では、基準月を就任月の前の12月として扱い、先月を就任の最終通年の12月として扱います。 [2]添付の図に示すように、就任翌月を基準月として、累積雇用創出率の上位4名は、クリントン(D)、レーガン(R)、カーター(D)、オバマ(D)です。 )。 [3]


JFKの過去100日間

伝記作家のサーストン・クラークは、リー・ハーヴェイ・オズワルドがダラスで彼を殺害する前の100日間に、JFKが彼自身のものになったという説得力のある主張をしています。

11月は、ジョンF.ケネディがダラスで暗殺されてから50周年を迎えます。つまり、本、ドキュメンタリー、記事の雪崩が今後数か月で予想され、ザプルーダーフィルムからウォーレン委員会、さらにはケネディのキャメロットの仮定に至るまで、あらゆるものが分析されます。

しかし、今後のすべての回顧展は、サーストン・クラークの忘れられない仕事に匹敵するように強く迫られるでしょう。兄の大統領職のように暗殺に終わったボビーケネディの1968年のキャンペーンの評判の良い歴史の著者であるクラークは、リーハーヴェイオズワルドがダラスで彼を殺害する100日前にケネディ大統領が独り占めしたという説得力のある主張をします。

この本をうまく機能させるのは、細部のスマートな使用と批評と賞賛の微妙なバランスです。クラークは明らかにJFKとの親和性がありますが、公平な視点を維持しています。

JFKの過去100日間 早産から始まり、2日後のボストンでのパトリックブーヴィエケネディの死から始まり、タイトルが約束する物語を語っています。損失は​​大統領と彼の妻、ジャッキーを粉砕しましたが、彼らを一緒にしました。

彼がこの本で頻繁に行うように、クラークは、逸話的な証拠と友人や家族からの回想で、彼の人生の最後の数ヶ月で、連続した主任の慈善家がついに献身的な夫になったという彼の信念を支持します。

カマラハリスのポートフォリオが拡大するにつれて、精査も拡大します

しかし、彼は彼の無謀な方法、愚かさ、そして誤算のためにJFKを惜しまないことを拒否します。クラークは、影響力のある上院議員または大統領の不自由な父親との会談を使用して、ケネディがどこにいたか、そして彼がどこに向かっていたかを伝えるために、1963年8月から11月22日までの日中のJFKの旅行、決定、および出演について書いています。

ケネディは、キューバのピッグス湾事件とホワイトハウスでの非常に慎重なアプローチに圧倒された不機嫌そうな若い大統領から、公民権の決定的な擁護者と、ベトナムからすべての軍事顧問を排除することに個人的に傾倒した最高司令官になりました。東南アジアへの地上軍の許可。

同様に印象的な彼は、ソビエト首相のニキータ・フルシチョフと歩調を合わせ、核実験禁止条約に署名し、両首脳が冷戦を逆転させることができると信じていた関係を築きました。

それでも、クラークは、あまりにも多くの外交的なおしゃべり、ケーブル、および通信で行き詰まるのを避けることができます。 400ページで、彼は多くの情報を消化可能な形式に詰め込み、個人的なものと政治的なものを組み合わせて大きな効果を上げています。

クラークが謝辞で賞賛する仲間の歴史家ロバート・ダレックの仕事にうなずいて、本は大統領の日常生活を説明します。ケネディは「心気症ではありませんでした」とクラークは書いていますが、「一生の病気と痛みの後、軽度の苦情の治療を求めることに慣れていた人にすぎません」。

大統領は、アジソン病、慢性下痢、視力低下、腰痛、ほこりや動物に対するアレルギーに苦しんでいました。それでも、1962年と1963年に行われた運動とリハビリのレジメンにより、JFKは彼の死の時よりも気分が良くなりました。 (ケネディも子供の頃から病気でした。)

彼は裕福な家族から来ましたが、派手な豊かさに対する父親の軽蔑を維持しました。クラークは、ケネディが「金持ちの飛行機のように見えた」ため、エアフォースワンのキャビンの写真を撮ることを決して許可しなかったと述べています。

たとえジャッキーが彼の軌道にスタイルと贅沢な出費をもたらしたとしても、大統領はスノッブに眉をひそめました。

JFKは、前任者のドワイト・アイゼンハワーについて、次のように述べています。彼のゴルフ仲間はすべて、1945年(第二次世界大戦が国民的英雄としてアイクで終わったとき)以来出会った金持ちです。」

ベトナムでは、クラークの見解とホワイトハウスで働いていた他の人々の意見によると、ケネディはアメリカの限られた婚約を終わらせる前に再選を待っていた。 「そこに勝つための祈りはありません」と彼はかつて言った。 「それらの人々は私たちを憎んでいます。」

ケネディがバーミンガム、オレミス、および他の文字通りの南部の戦場の恐怖を目撃したとき、公民権への暫定的なアプローチは情熱的な道徳的スタンスに変わりました。彼とマーティンルーサーキングジュニアは、大統領職の早い段階で相互の警戒心を共有した後、お互いを尊重し、賞賛するようになりました。

JFKのテレビへの関心の欠如(アイゼンハワーズが去った後にホワイトハウスのセットの1つを除いてすべてが削除された)から、コストを削減するためのソビエトとの共有月面ミッションへの彼の希望まで、興味深い余談がほとんどのページに見られます。最初の人を月に乗せることを約束した人は、冷戦ブラガドシオを超えた宇宙探査にはほとんど価値がありませんでした。これは、実験禁止条約の後で興味を失ったものです。

彼が旅行したとき、ケネディは体重をチェックするために体重計を牽引していました。彼はまた、彼が「フィッツジェラルドの胸」と呼んでいるものを意識し、恥ずかしがりながら、公共の場で泳ぐことを避けました。華やかなファーストレディは、ニコチンで汚れた手を覆う手袋と、「巨大な足」を引き立たせるための幅広の靴を履いていました。

気になるモニターストーリーを受信トレイに配信します。

本の後半で、クラークはケネディの死後、リンドンジョンソンの立法上の勝利をすべて却下することにより、聖人伝に出くわしました。代わりに、彼は、ケネディの立法議題が彼が生きていたら通過したであろうと言った当時の議会指導者によるコメントを引用している。ロバート・カロの最新のLBJ伝記は、かなりの懐疑論なしにそのような論争を通過させるには高すぎる事実を積み重ねています。ジョンソンは、ベトナムでの彼のすべての無礼と悲惨なエスカレーションに対して、ケネディもFDRのこちら側の他の大統領も匹敵することのできないスキルで立法権を行使しました。

それでも、彼に同意するかどうかにかかわらず、クラークは興味深い方法で説得力のある歴史を提供しました。それ自体が難しい雑用です。彼が奇跡的に国内で最も魅力的な大統領の国境について書いている間にそうしたこと。


ダラスの数時間前

ジェブ・バーン

1963年11月22日にテキサス州フォートワースのホテルで朝食をとったリンドンジョンソン副大統領、ジャクリーンケネディ、ケネディ大統領。(NARA、ケネディ図書館)

1963年11月、ニューフロンティア政策への支持を求め、1964年の選挙を見据えて、ジョンF.ケネディ大統領は2日間の5都市テキサスツアーとして計画されたものに着手しました。

大統領がテキサスに向けて出発するかなり前に、現場での準備をするために事前の男性がワシントンから派遣されました。その中には、1961年にケネディ政権が始まって以来、一般調達局で政治任命者を務めていたジェブ・バーンがいました。

最近メイン州知事の報道官を務めていた通信社ジャーナリズムの10年のベテランであるバーンは、フォートワースに配属されました。彼の使命は、大統領のフォートワースでの滞在が滞りなく行われるようにすることでした。

のために書かれたアカウントで プロローグ、 著者は、大統領がフォートワースでどのように時間を過ごしたかについて述べています。バーンはまた、兵站の手配、大統領へのアクセスの要求の処理、および当時支配的なテキサス民主党の浅瀬をナビゲートする際にフォートワースの前進者として直面した課題について詳しく説明します。

バーンは、フォートワースでの職務から守った書類やその他の資料から部分的に彼の説明を引き出しています。彼はこれらの資料をボストンのジョンF.ケネディ図書館に寄贈しました。この図書館はこの記事の発行時にそれらを公開しています。

ケネディのフォートワースでの滞在は予定通りに終了しました。彼の仕事が終わった後、バーンは大統領がエアフォースワンでダラスのラブフィールドへの13分間の飛行のために離陸するのを見て、歴史、伝説、そして憶測の領域に入りました。

これは、JFKの最後の時間に関する事前の男性の説明です。

1963年11月22日の早朝、ジョンF.ケネディ大統領は、フォートワースのダウンタウンの駐車場に集まった群衆に小雨を降らせ、その後まもなく、隣接するホテルテキサスのボールルーム。 2つのイベントは他の多くのケネディの公の場での出演と似ていましたが、大統領と彼の人生の最後の数時間に行われたため、彼らの喚起は特別な心を打たれます。

フォートワースでのセキュリティ以外の準備を担当するワシントンから派遣されたビットプレーヤーとして、私は両方のイベントの周辺に注意深く立っていました。テキサスへの2日間の大統領訪問のこの部分の手配は、私がフォートワースに到着して10日前にホテルに引っ越して以来、私の懸念でした。

ケネディ大統領のテキサス旅行の話は何度も語られており、必然的にダラスの悲劇的な非難に集中しています。しかし、この説明は、隣接するフォートワースでのケネディ大統領の滞在とそれに先立つ準備についての事前の人間の見方にすぎません。そこで彼は最後の夜を過ごし、暗殺の日の朝、ダラスのラブフィールドへの短い飛行とその街の通りを通る致命的な車列の前に最後の公の場に現れました。

私が関係していることのほとんどは、混乱の時期にホテルの部屋を空けている間に私がブリーフケースに押し込んだ長く保存された紙の残骸によって支えられた記憶から来ています:大統領の旅程、フライトマニフェスト、注釈付きの朝食プログラム、朝食のチケットの入手方法を説明する商工会議所のメンバー、朝食のチケットを渡した人の名前の部分的なリスト、名前と電話番号または走り書きのメモが書かれた奇妙な紙切れ、フォートワースの前進に関する進捗レポートのコピー、街の地図、黄色い新聞の切り抜き。この記憶を補強する紙の残りは、11月22日の深夜にホテルテキサスの前で大統領の車列が形成された写真と、私が書いたフォートワース大統領訪問の未発表の要約によって後で補足されました。イベントはまだ心に新鮮でしたが。以下はメモリに根ざしたアカウントなので、文末脚注の使用は避けました。関連資料のコピーは、ボストンのジョンF.ケネディ図書館に寄託されています。

ケネディ大統領のテキサス旅行への関与は、11月12日、私たちが郊外のアンドリュース空軍基地に集まったときに、割り当てられたシークレットサービスのエージェント、ホワイトハウス通信庁の専門家、そして数人の先発者(私自身)のために始まりました。ワシントン。そこで私たちはテキサス行きの飛行機に乗り込み、11月21日から22日にかけてケネディ大統領がサンアントニオ、ヒューストン、フォートワース、ダラス、オースティンの順に5つの都市を訪問する準備をしました。オースティンでの民主党の資金調達ディナーを除くすべてのイベントは無党派ベースで開催されましたが、ツアーは翌年の再選に勝つための大統領の差し迫ったキャンペーンの前置きと広く見なされていました。ジョンF.ケネディとリンドンB.ジョンソンの政治チケットは、1960年にテキサスをほとんど運ばなかったので、1964年に再選された場合、この州での成功は再び重要になります。

テキサス民主党のトップレベルでの混乱のため、ホワイトハウスではツアーの有効性について不確実性がありました。ラルフ・W・ヤーボロー上院議員と州の他の2人の主要な民主党員、ジョン・B・コナリー知事とジョンソン副大統領の間の敵意はよく知られていました。しかし、ケネディは、テキサス民主党の派閥主義と彼の政権に対する保守的なテキサス人の根深い反感について彼が持っていた不安にもかかわらず、旅行をすることに決めました。

フォートワースの小さな事前パーティーは、ワシントンからのフライトがテキサスに到着したときに、割り当てられた都市に降ろされた最後のグループの次のグループでした。他は次のとおりでした:ウィリアムL.ダンカン、ホワイトハウスの詳細ネッドホールのメンバーであったフォートワース訪問のためのしなやかで強烈な28歳のリードシークレットサービスエージェント、ホワイトハウスからの2番目のシークレットサービスエージェント詳細ホワイトハウス通信庁(WHCA)の運用責任者であった陸軍少佐ジャック・ラブリーと、WHCAでラブリーの後輩であった陸軍大尉ビル・ハーネット。ラブリーは、ハーネットに一晩の大統領滞在でWHCAの任務を遂行する上で彼の「チェックライド」を与えるために旅行に同行していました。もちろん、シークレットサービスのエージェントは大統領に安全を提供します。コミュニケーションの専門家は、大統領党のメンバーがワシントン、より広い世界、そしてお互いと迅速に連絡を取り合うことを維持する、移動する「電子ホワイトハウス」を設立しました。

私は前進の他の側面を処理することになっていました。大統領の昇進の非安全面は、1960年代初頭には、後年よりもはるかに構造化されていませんでした。リチャード・M・ニクソン大統領の政権から始まって、ホワイトハウス内の常設事務所は大統領の旅行を進めるための全体的な責任を負っていました。 1963年には、そのような正式な部隊はホワイトハウス内に存在しませんでした。通常、事前の男性は、個々の旅行のために臨時的に入隊しました。私はフォートワースの任務のために、連邦政府機関でのあまり刺激的ではない通常の仕事から、喜んで借りられました。

フォートワースでは、シークレットサービスのダラスオフィスのエージェントであるマイクハワードに会いました。彼は大統領のセキュリティについてダンカンとホールと協力することになりました。ホテルテキサスにチェックインし、Cattlemen's Restaurantで一緒にステーキを食べ、翌日の計画についてメモを交換しました。ラブリーとハーネットはサウスウエスタンベルテレフォン社で連絡を取り合う予定でした。私はダンカンとホールに午前中に一緒に来て、朝食を後援していたフォートワース商工会議所のレイモンドE.バック社長に会うように頼みました。大統領訪問の中心的なイベント。到着した夜の夕食後、エージェントと私はフォートワースを車で回り、通りのパターンに慣れました。

NS フォートワーススター-テレグラム ケネディの到着を発表します。 (J. E.バーン提供)

翌朝、レイモンドバックがシャベルを製造したのではないかと少しの間疑問に思いました。彼の広々とした1階のオフィスの壁に沿ってそれらの列がありました。しかし、これらは何度も土を掘る運命にありませんでした。それぞれが塗装され、飾り額が付けられており、新しい建物の起工式で使用されていました。弁護士、保険会社の社長、そして元民主党の州議長であるバックは、首の後ろで白い髪が丸まっている大きな男でした。

「トム・コナリーが亡くなって以来、私はテキサスの長髪の政治家の最後だ」と彼は私たちが会議のテーブルの周りに座っているときに私たちに言った。これは、数週間前に亡くなり、1953年に空席となった上院議員が現在ヤーボローによって保持されていた元テキサス民主党上院議員のトーマス・コナリー(コナリー知事とは関係ありません)への言及でした。

バックは、彼がリンドン・ジョンソンの長年の友人であったと言いました。大統領訪問の基本的なプログラムについて話し合った。彼は11月22日の朝食イベントの最終的な準備をする前にワシントンからの指導を待っていたと言った。ホテルテキサスのグランドボールルームは予約されていましたが、招待状やチケットは発行されていませんでした。ボールルームには、食事をしないワーキングプレスのメンバーを含む2000人が収容されます。商工会議所は、メンバーにチケットを申請するように勧める手紙を送ることを計画していました。バックは、商工会議所のメンバーは約3000人であり、少なくとも1,000枚のチケットが要求されると予想し、半分はメンバー用、半分は配偶者用であると述べました。コナリー知事は200から300枚のチケットを欲しがり、フォートワースのジム・ライト下院議員は300から400枚を求め、ヤーボロー上院議員はかなりの数を要求すると予想されたと彼は付け加えた。さらに、組織化された労働者、民主的な郡組織、および州上院議員はチケットのブロックを探していました、そしてそれは地方の連邦職員のために50、郡職員のために50、そして市職員のために25を確保するために暫定的に手配されました。

すべてのチケットがすぐに消えることを視覚化して、私は急いでホワイトハウスの請求に少なくとも200を入力しました。バックは彼の同意をうなずいた。商工会議所のメンバーへの手紙には、チケットは限られており、先着順で受け取る必要があると書かれています。商工会議所のメンバーは3ドルのチケットを支払うことになっていた。バックは、彼と「他の何人か」が残りのチケットの代金を払うだろうと言った。この時点で、私は朝食がどの程度統合されるかを尋ねました。バック氏は、労働チケットに参加する人の約30人が黒人になることを理解していると述べた。


JFKの過去100日間

彼の死から50年後、ジョンF.ケネディ大統領の伝説は存続します。著名な作家で歴史家のサーストン・クラークは、その伝説の核心はあったかもしれないと主張しています。

JFKの最後の百日は、ケネディの公的生活と私的生活を織り交ぜた魅力的なアカウントであり、暗殺後の悲しみがこれほど長く続いた理由を説明し、ケネディを殺したのではなく、彼が誰であったかという最も魅力的なケネディの謎を解き明かします殺された、そして彼が私たちを導いたであろう場所。

その他のレビュー JFKの過去100日間

「サーストンクラークは、一見不可能と思われることをしました。彼は、ジョンF.ケネディに、大統領と彼の時代を生き生きとした生活に戻す、明らかに新しい視野を見つけました。これは素晴らしい物語の歴史です。」
—ジョン・ミーチャム、 ニューヨーク・タイムズ のベストセラー作家 トーマス・ジェファーソン:力の芸術

「クラークは、キャメロットのドラマ、興奮、そしてダークサイドを昨日だけのように見せます。実際、あなたはまるでそこにいるかのように、ケネディホワイトハウス、ハイアニスポート、そしてJFKのエアフォースワンに乗っているように感じます。今日。"
—ブルッキングス研究所会長、ストローブ・タルボット

「確かに、オフィスでの3年間の苦痛がケネディに貴重な教訓を教えてくれたことを示しています…クラークは、完全に楽しい肖像画を提供します…それを下に置く人はほとんどいません。」
カーカス(スター付き書評)

「ジョン・F・ケネディ大統領がダラスで射殺される前の3か月は、公民権、ベトナム、ベルリン、再選が彼の頭の中にあったという熱狂的な時代でした。サーストンクラークのJFKの最後の百日はキャメロットの壊れやすい約束を追体験する素晴らしい仕事をします。クラークは見事な語り手であり、有能な研究者です。この本は歌います。強くお勧めします。"
—ダグラスブリンクリー、著者 クロンカイト

「若い大統領の人生の最後の劇的な月の魅力的なクローズアップ。サーストンクラークのケネディの肖像画は、歴史と伝記のこの説得力のある収束において見事です。」
—Bob Herbert、デモの著名なシニアフェロー、元Op-Edコラムニスト ニューヨーク・タイムズ.

「ケネディ大統領の最後の数ヶ月の優雅でほろ苦い年代記…ケネディを覚えている人や若すぎてそうすることができない人は、これが魅力的な物語であることに気付くでしょう。」
—Karl Helicher、 ライブラリージャーナルレビュー

&#8220 [その] 50周年に近づくと、ジョンF.ケネディの死に関する本がたくさんありますが、初期の賞は歴史家のサーストンクラークの綿密な再構築に贈られます。 JFKの過去100日間。ここでは、大統領が行動し、思想家および幹部として成熟し成長している男性を見ることができます。そのため、次に来るかもしれないことに再び悩まされます。&#8221
—JimmySoとLucasWhittman、「BrainyBeachReads」 デイリービースト/ニューズウィーク

「サーストンクラークは新鮮な表情をしています…[a] 20世紀のアメリカのそびえ立つ人物の1人の魅力的な肖像画。」
クリスチャンサイエンスモニター、7月のベスト10冊

「クラークは本物のページめくりを書きました…私的、個人的、そして公的、政治的、そして秘密の公的および政治的親密さを巧みに織り交ぜています。」
—ハーベイ・J・ケイ、著者 トマス・ペインとアメリカの約束、 の デイリービースト»

「…サーストン・クラークの過去100日間の在職期間についての包括的な年代順の説明よりも、面白くて有益な貢献はほとんどありません…クラークが非常によく強調しているように、私たちはまだ何があったのか疑問に思うだけです。」
—ユレク・マーティン、 フィナンシャルタイムズ

「クラーク氏は優れた語り手であり、暗殺50周年を記念した多くのJFKの本の1つである彼の説明は、大統領の日々の活動の楽しいスナップショットを提供しています。」
エコノミスト

「…すばらしい文章—非常に詳細で、終わりがあまりにもよく知られていることを考えると、驚くほど夢中になります。」
—フランク・ギャノン、 ウォール街 ジャーナル

&#8220素晴らしい新刊&#8230&#8221
—マークアンビンダー、 1週間

「上品に書かれた、よく言われる物語の新鮮な一見…クラークは、彼の主題を活気に満ちたものにするために個人の詳細に光を当てます。」
—ドン・グラハム、 ダラスモーニングニュース

「サーストン・クラークは素晴らしい本を書きました…私達は見ます…彼の欠陥にもかかわらず、主に「貴族と犠牲」によって特徴づけられた「カジュアルに優雅な」男の合成肖像画。」
—ロジャールイス、 デイリーメール (イギリス。)

「今後の回顧展はすべて、サーストンクラークの忘れられない仕事に合わせるのに苦労するでしょう…彼に同意するかどうかにかかわらず、クラークは興味深い方法で説得力のある歴史を伝えました…彼は米国で最も魅力的な大統領について書いている間にそうしました奇跡の境界線。」
—Erik Spanberg、 クリスチャンサイエンスモニター

購入 JFKの過去100日間

本について

JFKの過去100日間 大統領の人生の最後の数ヶ月を再検討して、大きな変化の真っ只中にいる男を示し、ついに彼の並外れた約束を成し遂げようとしている。

ケネディの最後の100日間は、生後2日のパトリックケネディの死後すぐに始まりました。この間、大統領は冷戦、市民権、ベトナム、そして彼の私生活で進歩を遂げました。ジャッキーが回復している間、未熟児と彼の父親はパトリックの治療のためにボストンに飛ばされました。 1963年8月9日にパトリックが亡くなったとき、ケネディは息子の手を握っていました。息子を失ったことで、ケネディは夫と父親として一生懸命働くようになりました。彼の人生の最後の数か月間、悪名高い慈善活動を中断したという十分な証拠があります。

また、この数か月で、ケネディはついに公民権を道徳的問題および政治的問題と見なすようになり、ワシントン大行進の後、マーティンルーサーキングジュニア牧師の力を初めて評価しました。

Though he is often depicted as a devout cold warrior, Kennedy pushed through his proudest legislative achievement in this period, the Limited Test Ban Treaty. This success, combined with his warming relations with Nikita Khrushchev in the wake of the Cuban missile crisis, led to a détente that British foreign secretary Sir Alec Douglas- Home hailed as the “beginning of the end of the Cold War.”


JFK's Last 100 Days

By now you're probably aware of the media Blitzkrieg advancing on us, recalling, retelling, reshowing the horrific assassination of President John F. Kennedy, 50 years ago this November 22. The media is all over this like bees on honey. NBC, CBS, FOX, PBS are all doing specials. The cable newsies will be JFK-ing as are the History, Discovery, National Geographic, Reelz, Nova, スミソニアンTLC channels. Which means there will be an endless loop of the disturbing Zapruder film so we can experience the man getting killed over-and-over-and-over-and-over again.

Also coming is Parkland The movie, which was Parkland the book, which was Parkland the hospital, which is where the president's body was first taken.

Magazines stands are beginning to show their glossy stuff. The Saturday Evening Post is just one of the many commemorative/memorial issues vying for our attention in the coming weeks.

And the web? You're guaranteed to get lost in the maze of assassination websites. Start with jfk.org and go from there.

Books: Where does one begin? Whole forests have been sacrificed providing paper for the 140 JFK assassination titles listed on Amazon. You've got Bill O'Reilly's Killing Kennedy (Oswald did it), Roger Stone's The Man Who Killed Kennedy and Dr. Jerry Kroth's Coup d'Etat (Lyndon Johnson was behind it all). A starter book would be Who's Who in the JFK Assassination, an A to Z Encylopedia.

But out of the many book choices available, JFK's Last Hundred Days 見逃せません。 It is utterly compelling -- and it barely deals with November 22.

In addition to being THE event that transformed America from the placid grey-flannel 1950s to the stormy tie-dyed 1960s, the JFK assassination is a generational divider. Those who were sentient when it happened can tell you exactly where they were when they heard the stunning news. These folks are further divided into two factions: the lone gunman did it versus a coup d'etat involving the CIA and/or the FBI, organized crime, the military, Texas oil interests and Vice-President, Lyndon B. Johnson.

On the other side of this generational divide are the kids who've only heard about the events in Dallas. Their parents may make them watch Oliver Stone's 1991 movie, JFK, but they get lost trying to follow the various linked-in culprits. For them, the Kennedy-Oswald-Ruby triad conspiracy is right up there with the Lincoln assassination -- it's history.

Whichever assassination theory you subscribe to, Thurston Clarke's JFK's Last Hundred Days will fill you with a tantalizing sense of what might have been -- had November 22 not happened.

The affecting power here is found in the daily routines, struggles, conversations and moments -- all the details that make up a day with this president in this White House at this time in history. That's the emotional wallop of this book.

It's not a hagiography by any stretch. You'll hear about Kennedy's apparently voracious sexual appetites with the likes of 62-year-old screen legend, Marlene Dietrich and a romp with stripper Tempest Storm, among others. He tells Republican congresswoman Claire Boothe Luce, wife of Time, Life、 と publisher Henry Luce, that he goes all to pieces if he does not have sex every day. He suffers punishing headaches if he doesn't. These kinds of shenanigans were never reported in those days.

Since his death, there's a lot of speculation about what this president would have done about our military involvement in Vietnam. From what he told various friends and advisors, he was determined to get OUT. While the Joint Chiefs of Staff and Air Force chief Gen. Curtis Lemay pushed vigorously for major combat involvement, Kennedy listened to the controversial war hero, Gen. Douglas MacArthur, who basically said to him, 'no way.' In the spring of 1963, the president told Senate Majority Leader Mike Mansfield that he had made a mistake increasing the number of military advisors. He agreed with the recommendation for a complete withdrawal. But he said, he'd have to wait until after he was re-elected. If he said anything before then, conservatives would pillory him and could lose the election. Sound familiar?

It's the small details, the little grace notes that Clarke tells us about. Kennedy stayed away from the famous March on Washington, citing his concerns for violence if he were there. But he watched King give his famous address on the first family's only television, a 13-inch, black and white portable -- with rabbit ears.

Of course it also helps the audiobook edition to have a quality production from Penguin Audio and Executive Producer, Patti Pirooz -- which includes pitch-perfect narration from Malcom Hillgartner, who also voices Henry Kissinger and Kennedy patriarch, Joseph Kennedy biographies.


John F. Kennedy's Final Days Reveal A Man Who Craved Excitement

Kennedy's final days paint a picture of a man who craved excitement. Perhaps because two of his siblings, Joe and Kathleen, had died young and the president himself had repeatedly faced death -- as a youth, in World War II, and after a back operation in the 1950s -- JFK seemed unusually conscious that his time on earth was fleeting. Kennedy could be humorously morbid, joking about the best ways to die (war and poisoning were his choices) and how short his life would be (he once guessed he would make it to forty-five, only a year off the final mark). He strove to secure a place in the history books before it was too late. Friend and foe alike agree that John Kennedy seized every moment, embraced every challenge, and lived life to its absolute fullest. This restless ambition sometimes produced great blessings for the nation. In September 1963 the Senate approved his Atmospheric Test Ban Treaty never again would the Soviet Union or the United States detonate nuclear devices above ground. According to Ted Sorensen, "No other single accomplishment in the White House ever gave him greater satisfaction." The treaty helped preserve the environment and also reduced tensions between the two superpowers, while paving the way for future Cold War agreements.

Moreover, JFK convinced the country that, however huge the obstacles, it could land a man on the moon. Twenty-four hours before he died, Kennedy spoke at the Aerospace Medical Health Center in San Antonio, where he encouraged his fellow citizens to keep their eyes on the heavens:

We have a long way to go. Many weeks and months and years of long, tedious work lie ahead. There will be setbacks and frustrations and disappointments. There will be, as there always are, pressures in this country to do less in this area as in so many others, and temptations to do something else that is perhaps easier. But this research here must go on. This space effort must go on. The conquest of space must and will go ahead. That much we know. That much we can say with confidence and conviction.

Other, small achievements toward the conclusion of the Kennedy presidency are often overlooked but deserve mention. After standing up to Soviet aggression in Cuba, Kennedy offered his enemy an olive branch when the threat diminished. In October 1963 he authorized the sale of American wheat to the Soviets in order to help them cope with a poor harvest. The same month, while Congress debated his civil rights bill, the President's Commission on the Status of Women issued its final report. In response, JFK created the Interdepartmental Committee on the Status of Women and the Citizens' Advisory Council on the Status of Women. Both committees "provided ongoing leadership" on gender issues which, according to some Kennedy advocates, helped usher in the modern women's rights movement. Kennedy's New Frontier agenda also included the Equal Pay Act, signed by JFK in June 1963, which claimed to eliminate pay inequities based on gender. In practice, it had little effect in most economic sectors until strengthened by court decisions in the 1970s and further congressional action in subsequent administrations. Otherwise, Kennedy produced few advances for women in politics or government. His cabinet, for example, did not include a single woman, and he was certainly no feminist in his professional or private life. Offsetting his accomplishments, JFK had a much darker side. The same internal fire that fueled his political success could also burn out of control. A ten-year-old John Kennedy had once noted in a letter to his father (requesting an allowance increase) that he had "put away childish things." He achieved that goal in many areas of life, but not in his irresponsible relationships with young, beautiful women. In July 1963 FBI director J. Edgar Hoover informed Bobby Kennedy that he knew about the president's past relationship with an alleged East German spy named Ellen Rometsch. The wife of an army officer who had been assigned to the West German embassy, Rometsch supplemented her income by turning tricks for Washington's best and brightest. Her pimp was a high-profile Senate aide named Bobby Baker, who had close ties to Lyndon Johnson. In late August 1963, Rometsch was flown back to Germany on a U.S. Air Force transport plane at the behest of the State Department. According to author Seymour Hersh, she was accompanied by LaVern Duffy, one of Bobby Kennedy's colleagues from his days on the McClellan Committee. Records related to Rometsch's deportation have either vanished or were never created in the first place.

As the Rometsch case demonstrates, Kennedy's unrestrained sexual appetite threatened his personal and political safety. It also alienated some of the men who were assigned to protect him. Larry Newman remembered the "morale problems" that the president's indiscretions caused among his fellow Secret Service agents. "You were on the most elite assignment in the Secret Service, and you were there watching an elevator or a door because the president was inside with two hookers," said Newman. "It just didn't compute. Your neighbors and everybody thought you were risking your life, and you were actually out there to see that he's not disturbed while he's having an interlude in the shower with two gals from Twelfth Avenue." Newman also remembered joking with his colleagues about which one of them would testify on Capitol Hill if and when "the president received harm or was killed in the room by these two women." Kennedy had affairs with scores of other women, including two White House interns nicknamed "Fiddle" and "Faddle," Pamela Turnure (Jackie's personal secretary, whom JFK had conveniently encouraged her to hire), and Mary Meyer, a prominent Georgetown artist who was the "niece of Gifford Pinchot, the conservationist and Teddy Roosevelt's chief forester." JFK probably also had an affair with Marilyn Monroe. Although Kennedy's strongest supporters have denied the relationship, pointing out there is no absolute proof, the behavior fit the president's pattern, and he had opportunities to pursue it. Both Kennedy and Monroe discussed the encounters with friends, and they were in at least one secluded place together.

The well-supported story of Mimi Alford, a nineteen-year-old White House intern at the time of her involvement with JFK, is impossible to overlook. Initiated into JFK's sexual world just four days into her internship, Alford lost her virginity to Kennedy as he conducted what can only be called a deeply inappropriate affair with a young charge it even included a Kennedy-directed episode of oral sex with aide Dave Powers while Kennedy watched. This behavior, barely hidden from others within the White House and involving government resources to shuttle Alford to and from the traveling president, has caused some to question Kennedy's basic fitness for the highest office. Many have tried to reconcile JFK's high-minded, skilled public persona with his sleazy, reckless private self. It is simply impossible to match up the two sides rationally, and it is certainly inadequate to say that the rules of his time or a sometimes empty marriage permitted or justified these escapades. Any private citizen with modest responsibilities would be condemned for them, and as president, JFK risked his White House tenure, the welfare of his party, his policy goals, and everyone he supposedly held dear.

Jackie was European in outlook, and while aware of some of her husband's philandering, she apparently tried to tolerate it as Continental wives had done for centuries. The late Robert Pierpoint, the White House correspondent for CBS television during the Kennedy years, once recalled an episode that revealed Mrs. Kennedy's matter-of-fact acceptance of JFK's bold unfaithfulness:

I was sitting in the White House press room one day shortly after noon. And through the corridor came a French magazine correspondent who worked for Paris Match and he said, "Bob, I've just had a very unusual experience. I have to tell somebody about it." He was somewhat agitated and said that he had been invited to have lunch with Jackie upstairs in the private area and the president joined them, and then after lunch the president said, "Jackie, why don't you show our friend around?" She did, and brought him over to the west wing. Between the cabinet room and the Oval Office there is a small room where the secretaries sit. As she ushered him into that room she said in French, "And there is the woman that my husband is supposed to be sleeping with." He was quite upset and didn't know what to answer it was kind of embarrassing for him.

Although the president's infidelities often put a terrific strain on his marriage, he and Jackie appeared to reconcile after their infant son Patrick Bouvier died in August 1963. Born with a severe lung problem, Patrick survived for only two days. Afterward, a close friend saw the president -- deeply distraught and openly weeping after his son's death -- holding Jackie in his arms, "something nobody ever saw at the time because they were very private people." That autumn, close observers said they detected renewed affection in this most enigmatic of public-private couples. Though anyone would be skeptical, given long past practice, perhaps JFK's views and behavior were changing in this realm as well. There would not be enough time to find out.

A complete list of sources can be found in the book. The above is an excerpt from the book The Kennedy Half-Century: The Presidency, Assassination, and Lasting Legacy of John F. Kennedy by Larry J. Sabato. The above excerpt is a digitally scanned reproduction of text from print. Although this excerpt has been proofread, occasional errors may appear due to the scanning process. Please refer to the finished book for accuracy.

Larry J. Sabato,author of The Kennedy Half-Century: The Presidency, Assassination, and Lasting Legacy of John F. Kennedy, is the founder and director of the renowned Center for Politics at the University of Virginia. He has appeared on dozens of national television and radio programs, including 60 Minutes, Today, Hardball, and Nightline.


Kennedy, and What Might Have Been

As the 50th anniversary this November of the assassination of John F. Kennedy looms on the horizon, the debates over his legacy and presidency continue: a procession of “what ifs” and “might have beens,” accompanied by contradictory arguments, and informed and not-so-informed speculation. Would Kennedy have avoided Lyndon B. Johnson’s tragic escalation of the war in Vietnam? Would he have found a way to propel his stalled tax-cut bill and civil rights legislation through Congress and start a war on poverty, or was Johnson able to achieve these historic goals only through a combination of his bare-knuckled, tactical knowledge of Congress his personal relationships on Capitol Hill and his ability to use the momentum of sentiment generated by Kennedy’s death?

Several schools of argument have arisen. The former Kennedy speechwriter Theodore C. Sorensen and the aide Arthur M. Schlesinger Jr. focused on Kennedy’s record and the promise of his vision, creating a sort of bildungsroman portrait of the president, as learning and growing on the job.

Debunkers like Garry Wills and Seymour M. Hersh, by contrast, focused on the dark side of Camelot, suggesting that what they saw as Kennedy’s moral shortcomings and recklessness endangered the nation. More judicious and substantive accounts have been provided by Richard Reeves (“President Kennedy: Profile of Power”) and Robert Dallek (“An Unfinished Life: John F. Kennedy, 1917-1963”).

Thurston Clarke’s patchy and often reductive new book, “JFK’s Last Hundred Days,” draws heavily on the Dallek and Reeves books, while attempting to advance variations on arguments made by Sorensen and Schlesinger. Mr. Clarke contends that during that crucial period Kennedy was “finally beginning to realize his potential as a man and a president” just as “ambition and realpolitik had characterized his congressional career and early White House years, morality and emotion tempered his ambitions during his last hundred days.”

Mr. Clarke also argues that during those days, Kennedy began to show his wife, Jacqueline, “the marriage they might have had,” arguing that the death of their premature infant, Patrick, in August 1963 had brought them closer together, and that he seemed to have curtailed his womanizing.

In Mr. Clarke’s view, two speeches the president gave in June 1963 — one proposing negotiations with Moscow to draft a nuclear test ban treaty, the other declaring that “race has no place in American life or law” — represented a turning point in his life, when he went from sailing with the winds of political expediency to embracing principle, as he described some of his heroes doing in “Profiles in Courage.”

Mr. Clarke made a similar argument about Robert F. Kennedy in his powerful 2008 book, “The Last Campaign,” writing that Robert appeared to begin that campaign as a homage to his brother but came into his own, speaking with an inspirational intensity and rawness rarely seen in politics about poverty, racial injustice and the country’s unhealed wounds. Others, too, have observed that the quick-tempered, hard-boiled Bobby — who’d worked for Senator Joseph McCarthy’s notorious Senate Permanent Subcommittee on Investigations in the 1950s and who’d been a tough enforcer on Jack’s 1960 campaign — became a more introspective, empathetic man after his brother’s assassination grief and a passion for fighting for the poor had changed him.

This new book, though, lacks the visceral immediacy of “The Last Campaign,” and Mr. Clarke is less persuasive making a case for Jack Kennedy’s transformation in the last months of his life.

The idea of transformation is deeply appealing: we live in a culture that prizes reinvention and second acts. With John F. Kennedy, however, it’s difficult to make a case for dramatic change or to suggest that in June 1963 “he finally began to be more Irish than Harvard, governing from the heart as well as the head.”

It’s difficult partly because, as Mr. Clarke points out, Kennedy was “one of the most complicated and enigmatic men ever to occupy the White House”: a man who compartmentalized different aspects of his life and who frequently said and did contradictory things. His most essential quality, the literary critic Alfred Kazin is quoted as saying, was “that of the man who is always making and remaking himself.”

Kennedy’s opinions, too, could appear to mutate swiftly, and could be read in numerous ways. Much of the debate over what Kennedy would have eventually done about Vietnam — find a way to extricate the United States or listen to the same hard-liners who would help persuade Johnson to escalate American involvement — stems from wildly divergent remarks he made on the subject, remarks subject to a variety of interpretations.

Mr. Clarke says that Kennedy delivered a response to the CBS anchor Walter Cronkite in early September 1963 that was calculated to “prepare Americans for the possibility that the war might be unwinnable.” In the final analysis, Kennedy said of the South Vietnamese government: “It is their war. They are the ones who have to win or lose it.”

A week later, during an interview with David Brinkley and Chet Huntley of NBC News, Kennedy declared that he believed in the domino theory (which held that if South Vietnam fell, the rest of Southeast Asia would go Communist, too), then concluded: “I think we should stay. We should use our influence in as effective a way as we can, but we should not withdraw.” Mr. Clarke contends that this statement “bore no more resemblance to his real intentions than Roosevelt’s pledge not to involve America in the Second World War did to his,” adding, “Kennedy wanted to placate hawks in the Pentagon and Congress, just as Roosevelt had wanted to placate the isolationists.”

In his 2003 biography, Mr. Dallek wrote that Kennedy’s actions and statements “are suggestive of a carefully managed stand-down from the sort of involvement that occurred under L.B.J.,” but also noted that “no one can prove, of course, what Kennedy would have” actually done.

Mr. Clarke gives us an often vivid portrait of Kennedy as an immensely complex human being: by turns detached and charismatic, a hard-nosed pol and a closet romantic, cautious in his decision making but reckless in his womanizing. His book, however, lacks the granular detail and sober, appraising eye of Mr. Dallek’s volume. Too often, Mr. Clarke seems to be cherry-picking details and anecdotes that support his overarching thesis — that Kennedy began to hit his stride in his last 100 days, starting to emerge as “a great president” — rather than carefully assessing the historical record.

Mr. Clarke focuses, speculatively, on what Kennedy planned to do, rather than on what he achieved, writing that, among other things, the president “intended to travel to Moscow for a summit meeting with Khrushchev launch a secret dialogue with Castro explore the possibility of establishing a relationship with China withdraw a thousand advisers from Vietnam by the end of 1963 and remove more during 1964 settle the cold war end the threat of a nuclear war launch an attack on poverty pass his tax cut, civil rights and immigration bills preside over the most robust, full-employment economy in American history and continue marrying poetry to power and inspiring the young.”

Mr. Clarke plays down, even dismisses, Johnson’s extraordinary legislative mojo in getting Kennedy’s stalled initiatives passed, making the debatable assertion that Kennedy “would have succeeded in getting a civil rights bill through Congress, but perhaps not until after the election” of 1964. He also writes that the Great Society, Johnson’s domestic legislative program, “was largely a compendium of Kennedy’s bills and initiatives.”

Such efforts by Mr. Clarke to inflate Kennedy’s achievements distract from his actual accomplishments and influence, and they also make this intermittently interesting volume feel like a sentimental work of hagiography.


Delusions of Greatness

Peace Speech: Kennedy at American University on June 10, 1963.

A couple of years ago, in "Ask Not," Thurston Clarke viewed the early days of the Kennedy presidency through the prism of his memorable inaugural address. Now, in "JFK's Last Hundred Days," he flashes forward to August 1963 and chronicles the final months of Kennedy's presidency, a period book-ended by tragedy. On Aug. 9, Patrick Bouvier Kennedy, born two days earlier by emergency caesarean section, died. The loss was devastating to both the president and the first lady, and it shadowed everything from that point until the mortal events in Dallas on Nov. 22, 1963.

In addition to offering a compelling day-by-day account, Mr. Clarke tries to argue, as the book's subtitle has it, that Kennedy's last 100 days "transformed" him and occasioned "the emergence of a great president." The idea is that, having absorbed the shocks of his first two years in office—the roughing up by Khrushchev at their disastrous summit meeting in Vienna, the humiliation of the Bay of Pigs, the brush with Armageddon during the Cuban missile crisis—Kennedy was finally beginning to fulfill his true promise.

"JFK's Last Hundred Days" is a superb piece of writing—richly detailed and, considering that the end is all too well known, surprisingly enthralling. It's too bad that Mr. Clarke is burdened by a thesis that is often belied by his material. Of course, it is possible that in his second term JFK would have championed all the causes that prudence and realpolitik had forced him to soft-pedal during his first four years. But a skeptic might say that old problems were lurking just below the surface during the period when Mr. Clarke sees a great president emerging.

Most glaringly, Kennedy had approved a memo that gave the green light to a military coup against South Vietnam's President Diem, and although Mr. Clarke cuts him every kind of slack, he has to admit that, by doing so, Kennedy was violating one of the "lessons of his presidency"—to avoid precipitate decisions. Kennedy might have quit Vietnam in his second term it's equally possible that the arguments of his hawkish advisers or unfolding events there—a coup isn't the most stabilizing geopolitical strategy—would have led him to extend his commitments.


Get A Copy


BOOK REVIEW: 'JFK's Last Hundred Days'

A more appropriate title for this book, one of the first released to mark the 50th anniversary of the assassination of President John F. Kennedy in Dallas on Nov. 22, 1963, might have come from the last line of Ernest Hemingway’s “The Sun Also Rises”: “Isn’t It Pretty to Think So?”

Mr. Clarke, a widely published and well-considered author of works of both fact and fiction and an unqualified admirer of Kennedy, sets out to persuade us that in those areas where JFK’s performance was less than admirable, he was either moving closer to perfection during those last 100 days or intending to begin doing so right after the trip to Dallas.

For instance, Mr. Clarke assures us, JFK was in the process of renouncing his chronic womanizing and concentrating on being a good family man. Mr. Clarke’s only evidence for this is that Jackie Kennedy told a friend that she felt it to be true. If she says she felt it, then she did. But that’s all it proves, and the whole subject is really none of our — or Mr. Clarke’s — business.

Mr. Clarke’s method is chronological, with selective quotes, snippets and gossip from published and unpublished works, letters, documents, reminiscences, reconstructed dialogue, conversations and a great deal of hypothesizing, all held together within a loosely constructed narrative and authenticated with an odd and somewhat hard-to-use system of citations.

The result is often less than convincing. On Vietnam, for instance, we’re told that JFK intended to conduct a “a very profound review” of our role and presence there, thus supporting the claims of Camelot veterans and liberal Democrats in general that had he lived, he would have ended the war he began.

Where’s the evidence? All the supporting quotes and observations are based on intuitions and feelings rather that any solid facts and so thin is the evidence that he’s forced to give us Walter Cronkite’s opinion: “I have always believed that had he [Kennedy] lived, he would have withdrawn those advisers from Vietnam.”

However, pace Walter Cronkite, he didn’t, and there were no signs during those last days that he intended to do so. Instead, LBJ followed his lead, picked it up and ran with it in the direction the best and brightest Kennedyites laid out, and finally dropped the whole mess into the lap of Richard Nixon, who, with the help of Henry Kissinger, cleaned it up.

In fact, in the whole area of foreign relations, the Kennedy image requires considerable burnishing if he is to remain the liberal beau ideal and those Camelot survivors are ever to redeem themselves. To this end, Mr. Clarke skims lightly over such acts as the sanctioned assassinations of South Vietnamese President Ngo Dinh Diem and his brother. There was also the Bay of Pigs, memorably described by Theodore Draper (not quoted by Mr. Clarke) as “one of the most rare events in history — a perfect failure.”

In domestic matters, Mr. Clarke tends to slight the contributions of Lyndon Johnson, who was often treated with contempt and derision by the young Kennedyites. When he succeeded to the presidency, Johnson managed to push through Congress the great wash of Great Society legislation that is often partially credited to JFK and treated as part of his legacy, although he would never have been able to get a fraction of it passed.

In one strained and somewhat embarrassing scene, Mr. Clarke has Kennedy peering out a White House window during the first March on Washington, gripping the window sill “until his knuckles turned white,” and saying to a black White House doorman, “Oh, Bruce, how I wish I was out there with them!”

そして、なぜですか? It was, after all, just a short limousine ride away. But in fact, JFK had done everything politically possible to discourage the marchers from coming to Washington in the first place, and from staying long once they got there.

In short, he didn’t want to be associated with the march at all. It would hurt him in the South. Few people remember today — Mr. Clarke touches on it briefly — that in 1963, there was a rising conservative tide. Sen. Barry Goldwater was seen as a fresh and imposing candidate, running closely in the polls, with JFK steadily slipping.

Goldwater ended by running against a ghost, and losing badly. Had JFK lived, it’s just possible he could have lost. Had he won re-election, his ability to enact Great Society-style legislation would have been sharply circumscribed. And in the end, we might well all have been better off as a nation.

John R. Coyne Jr., a former White House speechwriter, is co-author of “Strictly Right: William F. Buckley Jr. and the American Conservative Movement” (Wiley).