ニュース

インカテキスタイルバッグ

インカテキスタイルバッグ


インカの織物の古代のバイナリ宇宙コードをハッキングする

主流の歴史は、人間がどのようにしてアフリカから逃げ出し、最終的に約15、000年前に現在南アメリカと呼ばれる陸地に到達したかを物語っています。広大な山脈と沿岸の砂漠を越えて取引することは、ますます複雑なアイデアをより長い距離で伝達し、情報を伝達および記録するための新しい方法を求める必要性を引き起こしました。正式な書面によるコミュニケーションシステムが開発されるずっと前から、アンデス山脈の古代文化は、支配的な自然現象と気象サイクル、重要な文化的、政治的、神話的な出来事を、織物や織物に祀られた豊かな芸術的コミュニケーションシステムである象徴的な言語で追跡していました。

トゥパインカチュニック、 1450年から1540年の間に作成されました。ウールと綿。 90.2 x77.15cm。ダンバートンオークス、 ワシントンDC。 (パブリックドメイン )


ムルアコード

ペルー、クスコ地方のピトゥマルカに住む女性が、バックストラップ織機で織物を織り始めました。彼女はラマの骨のピックを持っており、モチーフを手で摘むのを助け、よこ糸を叩く(しっかりと押す)のに使用されます。

アンデス、アマゾン盆地、ペルーの砂漠、チリ北部など、地理的に極端な南アメリカは、初期の住民からかなりの創意工夫を引き出しました。彼らの適応反応の中には、適切な衣類、毛布、軽量繊維容器の製造がありました。エクアドル、ペルー、ボリビア、コロンビア、チリ、アルゼンチンの一部のアンデス文化で今日作成された手作りのテキスタイルは、古代の伝統を表すだけでなく、北の車と同じくらい多くのコミュニティの日常生活の一部として残っていますアメリカの都市。

海岸やアマゾンの低地で栽培された綿、またはアンデス高地の大きなラクダの群れ(ラマ、アルパカ、ビキューナ、グアナコ)のコートからの繊維で作られたテキスタイルは、少なくとも5、000年前までさかのぼることができます。 、インカ帝国が出現するずっと前の時代(c。ad1250–1532)まで、細かく編まれた作品も高く評価されていました。

ペルーの北海岸にある遺跡であるHuacaPrietaで、幅81/4インチの布(上の写真)が発掘されました。アーティファクトにはモチーフはすぐにはわかりませんでしたが、中央の織りパターンの詳細な文書により、胃にヘビがいる翼を広げた男性のコンドルの姿が明らかになりました。下:レタッチされた写真は、生地の元の外観をシミュレートしています。

ペルーの砂漠の海岸とチリ北部は非常に乾燥しているため、埋葬された織物は、しばしばミイラと関連して、驚くべき保存状態で見られることがよくあります。そのような布は、その縦糸と横糸に物語が埋め込まれています。ニューヨーク市のアメリカ自然史博物館(AMNH)の南アメリカ考古学の学芸員であるJunius B. Bird(1907–1982)は、色あせた汚れた布の破片でさえも語ることができる物語を最初に認識した人の1人でした。彼は数世代の考古学者、人類学者、美術史家、美術館の学芸員に影響を与え、私を含むさらに多くの人々に間接的に影響を与えました。 Birdは、考古学的な織物を保存および展示することの重要性と、それらを作った人々の生活と文化を記録する上でのそれらの価値を認識しました。このような研究を公開することにより、学問分野を超えた研究者はお互いの研究に基づいて構築することができました。

1946年と1947年、Birdは、ペルーの北海岸にあるチカマ川渓谷のプレセラミックサイトであるHuaca Prietaで考古学的発掘を行い、紀元前3100年から1300年までの層序レベルを記録しました。彼と彼の乗組員は、その時代のほとんどの考古学者によって、重要ではなく、単なる残骸と見なされていた種類の遺物である、9,000を超える不規則な織物と索具の破片を発掘しました。

綿とラクダの毛で織られたペルーのチュニックの断片は、インカ帝国(c。1250–1532)に先行するワリ文化(c。AD600–1000)に起因しています。

発掘された生地の70%以上は、2本以上の横糸をそれぞれの縦糸に巻き付けて1本ずつ巻き付けるという手間のかかる撚り合わせ技術によって作成されました。スキナーが分析した1つの小さな絡み合った織物は、初期の埋葬でほとんど無傷で発見されました。長さ約11インチ、幅11.5インチ以上で、ダイヤモンドのストライプ、無地、定型化されたコンドルヘッドの輪郭があり、最も古い既知のパターン化されたアンデスのテキスタイルです。青く染められた耳(自己仕上げの縁)のほとんどは保存されていましたが、テキスタイルの本体は、天然の茶色、天然の黄褐色、および赤く着色された綿糸で構成されていました。 Huaca Prietaの後半の作品には、胃の中にヘビがいる翼を広げたコンドルの正面図が含まれています[上の画像を参照]。スキナーは、他のHuaca Prietaテキスタイルモチーフが、鳥、ネコ、カニ、双頭のヘビ、そして人間を描いていることを観察しました。これらは、次の4、000年間アンデスのテキスタイル図像の主力となりました。

Huaca Prietaのテキスタイルは主に断片であり、多くは明確な識別可能なモチーフがありませんでしたが、Birdはそれらに含まれる情報、それらが語る物語に注目しました。たとえば、繊維の繊維は、野生植物、家畜化された品種、またはその両方が使用されたかどうかを示します。布にリアルなモチーフがあれば、職人が環境を注意深く観察しただけでなく、重要だと思った特徴を明らかにすることができます。 Huaca Prietaで見つかった豊富な綿実は、綿がその場で処理され、住民が自分の毛糸を紡いだことを示唆しています。石のシンカーを備えた魚網は、沿岸の住人が利用できる豊富な海洋資源の広範な使用を示しています。使用されている染料の種類から、文化の技術的洗練度がわかります。毛糸がゴツゴツしている場合は、紡績を学んだばかりの子供、または関節炎の指を持った年長者によって紡がれたことを意味している可能性があります。

ここで物語はひねりを加えます。 スピナーは、生の繊維を洗浄して糸に変換し、次にそれらを引き出して撚り合わせます。通常、フライホイールとして機能するスティック(スピンドル)と小さなシリンダー(渦巻き)を使用します。スピンドルは、渦巻き用の小さなジャガイモを使用して、パンパスグラスの茎でその場で作ることができます。考古学的記録は、より耐久性のある材料で作られた紡錘体とその渦巻きでいっぱいです。

男性はドロップスピンドルを使用します。生の繊維(綿、羊毛、アルパカ、ラマの毛など)がないため、「過剰紡績」(以前に紡績した糸をよりしっかりと紡ぐ)または2本以上の毛糸を撚る可能性があります。一緒に糸。

ペルーに関する珍しい旅行記事で、女性が歩いているときに回転し、繊維がねじれているときにスピンドルがぶら下がっている写真がありません。このステレオタイプには真実がありますが、一部のコミュニティでは、男性も回転するか、女性が回転して男性がプライします(紡錘を使用して、紡績糸の長さを撚り合わせます)。ドロップスピンドルと呼ばれるこの種の回転は、スピンドルを垂直に保持した状態で行われます。羊毛(スペイン人によって導入された)またはラクダ科の繊維は、スピナーの手首に巻き付けられるか、糸巻き棒に取り付けられます。多くの場合、1ヤードほどの丈夫な棒です。羊毛とラクダの毛は微視的な鱗を持っているので、繊維はねじられたときに一緒に保持されます。スピナーは、右手の親指と指でスピンドルをスナップしながら、左手で束から繊維を引き出します(ドラフトと呼ばれます)。上から見ると、垂直に保持されたスピンドルが時計回りに回転し(親指と指を使用する場合に最も自然な方向)、その上で紡がれる糸は、文字Zの傾斜に似たねじれを持っています。

鳥は綿をアンデスの織物の伝統の最初の繊維と見なし、ラクダ科動物(ラマとアルパカ)の家畜化または野生のグアナコとビキューナの毛の使用が後になりました。野生種は捕獲され、解放されるか、殺されなければなりませんでした。綿、羊毛、髪の繊維はすべて、破片を取り除き、繊維を整列させるための処理が必要です。家族はアルパカの毛や羊毛から小枝、バリ、汚れを拾い、繊維をほぼ平行に引っ張って薄いシートにし、他のシートと結合して手首に巻き付けるか、糸巻き棒で結びます。

先住民族の綿(Gossypium barbadense)、Huaca Prietaで使用される主な繊維は、短い「ステープル」(長さ)と滑らかな表面を持っているため、繊維がねじれて一緒に保持される前に、ドロップスピンドルの重量が糸を引き離す傾向があります。 1つの解決策は、スピンドルの下部を、鉢植え、ひょうたん、または同様のものの凹面に置くことです。もう1つの解決策は、スピンドルを水平に支え、以前と同じように回転させますが、デバイスのもう一方の端から糸を紡ぎます。その結果、いわゆるSツイスト、つまりZツイストの鏡像を持つ糸ができあがります[下の図を参照]。

毛糸は、円筒形のフライホイール(渦巻き)で重くされた細い棒(スピンドル)を使用して繊維から紡がれます。親指と指を使ってドロップスピンドル(左)を回転させると、Zツイストの糸ができます。これは、ツイストの傾斜がその文字の対角線に似ていることからこのように名付けられました。スピンドルを水平(下)に保持すると、Zツイストの鏡像であるSツイストになります。糸が紡がれると、スピナーは定期的に一時停止して、保管のために紡錘に巻き付けます。

通常、2つの長さの糸が紡績の反対方向に撚り合わされ(撚られ)、より強く、より均一な糸が生成されます。 Huaca Prietaコットンテキスタイルの大部分は、SスパンおよびZプライです。その場所で見つかった代替案は、織りのためにペアでグループ化されたが、撚られていない縦糸(縦)ストランドです。

次のステップはワープです、テキスタイルの基礎繊維をセットアップします。これは、テキスタイルの目的の長さに一致する距離で地面に2つの杭を設定し、8の字のパターンでそれらの周りに糸を何度も巻き付けることによって最も頻繁に行われます。次に、経糸の両端を頑丈な木製の織機バーに移します。これは、経糸をそれに固縛するか、8の字のループ状の端をバーの上に滑らせるだけです。織りを成功させるには、経糸に張力をかける必要があります。アンデスにはさまざまな解決策があります。1つの織機バーを木や梁に取り付け、もう1つを織機の背中を回るストラップ(バックストラップ)に取り付けることができます。別の解決策は、特にペルーやボリビアのアルティプラノなどの樹木のない地域で、ルームバーを地面の4つの杭に固定することです。 3番目の解決策は、垂直フレームを作成することです。

アンデス北部の多くでは、男性がワーパーとウィーバーであり、アンデス南部では女性がこれらのタスクを支配していますが、多くの例外があります。すべての伝統的なアンデスのテキスタイルは、サイズに合わせて織られているか、2つ以上のピースを並べて結合して作られています。仕立ての概念、つまり織物から形に衣服を切ることは、ヨーロッパでの導入です。

クスコ地方のチンチェロにある2人の織工が、女性のマンタの半分(ショルダーラップ)の縦糸の最初の準備を示しています。その後、たて糸は織機に移されます。女性たちは、織工の協同組合であるクスコの伝統的な織物センターのメンバーです。

1年生で最も簡単な手織りを行う人は誰でも、おそらく6本の縦糸を使用し、鈍い針を使用して横糸を織り交ぜると、左から右または右から左に織り始め、通常は最初の縦糸を越えて次の縦糸の下を通り、終わります6番目のワープの下に行きます。次に、よこ糸を引っ張って、まっすぐで平らな木片(ビーターまたは剣)でしっかりと叩きます(押します)。その後、2番目のパスは反対方向に戻ります。その結果、非常にシンプルで平織りのバンドになります。しかし、より大きなテキスタイルが必要な場合は、手でオーバーアンダーすることは不可能であるため、ストリングは選択されたワープ(たとえば、1つおき)の周りにループされ、スティックに結び付けられます。スティックを持ち上げることにより、綜絖と呼ばれる紐が選択されたすべての縦糸を一緒に持ち上げ、その下に横糸を通しやすいスペース(「小屋」と呼ばれる)を作り、織りを大幅にスピードアップします。平織りの場合、交互の縦糸は、綜絖にループする代わりに、丸い木製の棒(小屋の棒)で操作できます。考古学者は、部分的に織られた織物であっても、この基本的な設定で無傷のヒスパニック以前の織機を発掘しました。

最も一般的なアンデススタイルは、経糸が表面で優勢である経糸面織りです。ダイヤモンドの形などのモチーフを作成するには、少なくとも1組の異なる色の糸が必要です。織工は指を使って、ある色の特定の縦糸を「手で摘み」、その「複製」(2番目の色のペアのストランド)を下に落とします。その結果、両面に同じモチーフがあり、色が対照的な両面テキスタイルができあがります。子供たちは単純なバンドから始めて、より大きく、より複雑な部分に移ります。

織工は彼女のラマの骨のピックを使用して、クスコ近くのアンタのコミュニティの典型である彼女のテキスタイルのモチーフの糸を選択します。

ただし、テキスタイルは、一部の技術とプロセス、使用法、性別の役割、および意味に関しては無言です。コンドルクロスは何に使われましたか? Huaca Prietaの職人は、鳥が彼らにとって神聖だったので、テキスタイルにコンドルを含めましたか、それとも彼らは鳥を描くのが好きでしたか?インカ人はコンドルを神々へのメッセンジャーと見なしていましたが、その文化は数千年後に生まれました。インカ人からフアカプリエタに遡って推定する方法はありません。そして、分業は何でしたか?

バードによるHuacaPrietaの分析が進むにつれ、彼は現代の紡績工と織工の研究の重要性を認識し、繊維学者を遠く離れたアンデスの村に送り、1970年代と1980年代に研究の開花をもたらしました。彼は、収集されたデータを、ヒスパニック以前の布に提供された洞察だけでなく、現代のアンデスの織物や文化についてそれ自体で学ぶことができるものについても評価しました。

アメリカ自然史博物館のコレクションにあるインカベルトは、ムルアのコードを解明する上で重要な手がかりを証明しました。モチーフは、4つの異なる色の三角形(黒、薄茶色、暗褐色、そして現在は黄ばんでいる白の天然色のラクダ糸)で構成されたダイヤモンドです。コードは同じモチーフを指定していますが、4色は黄色、赤、紫、緑と考えられています。現代の織工がさまざまな色の組み合わせで上記のような同様のベルトを作ることが発見されるまで、伝統は長い間失われたと考えられていました。

サンイグナチオデロヨラの現代的なサラ(トウモロコシまたはトウモロコシ)ベルト:ウィーバーは、各ダイヤモンドを構成する4つの三角形がトウモロコシの成長する先端を表し、ダイヤモンドが「種」を表すと言います。このようなベルトの最も一般的な繊維は、市販のアクリル糸です。

考古学の記録とスペインの年代記から、インカ帝国はその前身と同じように織物志向であったことがわかります。インカによって征服された民族グループは、それらを識別して制御する方法として、伝統的な髪型と服を着ることを要求されました。すべてのアンデス人は労働または現物で州に税金を支払いました(インカには通貨がありませんでした)、兵士、建設業者、石工、宅配便業者、農民、ラクダ遊牧民、紡績工、染色業者、織工、染料の収集家、陶芸家、冶金学者—帝国が必要とするものは何でも。ほとんどが地元のコミュニティで働き、インカの首都クスコに商品を送りました。他の人々はクスコや軍隊で労働ローテーションを務めました。互恵性は、家から離れてローテーションを提供する男性の家族が共同店から供給されたアンデスのコアバリューです。タワンティンスユは、サパ(最高)インカと貴族が最高級のビキューナとアルパカから作られた豪華な衣服と銀と金の装飾品を身に着けていた層状社会でした。

左:インカ帝国の首都であるクスコの外で、サパ(最高)インカ、または皇帝(左)とその貴族とコヤ(妻と娘)が儀式の最初のトウモロコシの植え付けに参加しています。グアマンポマによるイラストは、1616年の原稿に登場します。 ヒストリアジェネラルデルピル、マルティン・デ・ムルア作。ムルアによれば、コヤはサラベルトを着用していました。これは彼のコード化された指示で言及されているのと同じタイプのベルトです。右:別のページで、グアマンポマは、インカが着用したチュニックを織るのに使用されたであろう種類の織機である垂直織機で作業している老人を殴るムルアを描写しました。

一連の文字と数字は1590年の年代記に記録されています ヒストリアジェネラルデルピル、スペインの修道士マルティン・デ・ムルアによって編集されたそのタイトルの2つの写本のうちの1つ。彼は、コード(ここでは1890年の手書きのコピーから転記された)が特別なサラ(トウモロコシまたはコーン)ベルトを織るための指示を構成していると書いた。 1984年に彼女の発見を報告したフランスの学者ソフィーデロシアーズによってコードが解読されるまで、指示は謎のままでした。織りの実用的な知識を持っていたデロシアーズは、ムルアの数字と文字にいくつかの不規則性を発見しましたが、それらが意図したモチーフ指定は明確でした。

パリの社会科学高等学部のフランスの学者ソフィー・デスロージャーズがムルアの指示を解読するまで、コードはほぼ400年間破られていませんでした。彼女の調査結果は、1984年にワシントンD.C.で開催されたアンデステキスタイルに関するジュニウスB.バード会議で発表され、1986年の会議議事録に掲載されました。 Desrosiersは、現在のボリビアのポトロで織りを研究し、その知識を使用して、コード化された指示からサンプルベルトを作成しました。彼女は、ムルアのa、c、e、vが4色を表すと判断し、多くの調査の結果、スペインのアマリロ(黄色)、コロラド(赤)、エンカルナド(紫)、ヴェルデ(緑)を表すと結論付けました。彼女がモチーフを形成するベルトの表面に見える縦糸の順序と数を示すために取った数字(xは10を表す)。

しかし、12の綜絖の数は謎でした。複数の綜絖を持つ既知のインカ織機が存在することが知られていないため、Desrosiersは12の異なる綜絖を参照しているとは考えていませんでした。しかし、雨のアンデス高地は、ほとんどのヒスパニック以前の織物が海岸で見られる織物の保存を助長していません。その後、AMNHで、Desrosiersは、同じモチーフであるがわずかに異なる技法で織られたベルトのヒスパニック以前の例を見つけました。インカと特定されたそのベルトは、博物館が後援した1894年の遠征で、ペルー沿岸のチンボテでアドルフバンデリエによって発掘されました。長さ131インチ、幅1 1/2インチで、黒、薄茶色、暗褐色、(現在はやや黄ばんだ)白の天然色のラクダ糸で作られています[下の写真を参照]。このベルトを調べた後、Desrosiersは、Murúaの数は結局複数の綜絖を参照していると結論付けました。明らかにインカ時代までに、織工は繰り返されるモチーフを織るプロセスを半機械化する方法を考え出し、複数の綜絖を使用することによって各列の手摘みを排除しました。ムルアの指示は、ダイヤモンドを形成するように配置された4つの異なる色の三角形で構成される繰り返しモチーフを作成する方法を指定しています。コードの各行は、104本の糸すべてとその複製を処理する方法を指定します。1つの縦糸を拾うと、その複製がベルトの反対側に落下し、インカによって最も権威のあるテキスタイルと見なされる両面生地が得られるためです。 。ベルトの各エッジにある4つの縦糸とその複製は、5番目の色で平織りの境界線を形成するだけなので、ムルアのピッキングシーケンスには含まれていません。

ムルアによって記録された織りの伝統は、2002年にペルー北部のラリベルタード地方のフアマチュコ地区への調査旅行で、同僚のジョセフファビッシュが彼の寝袋を現代的なもので包んだのを見て驚いたまで失われたと考えられていましたムルアのものとほとんど同じベルト。 2004年、ムルアが書いたように、ラ・イェグアダの周りで、バックストラップ織機に複数の綜絖が付いたサラまたはサリタベルトと呼ばれるものをまだ織り上げている女性の織工を見つけました。しかし、この地域ではケチュア語が1世紀以上話されていないため、織工はサラ(トウモロコシ)またはサリタ(小さなトウモロコシ)の意味を知りませんでした。彼らにとって、これらはこのモチーフのベルトの単なる名前でした。

サンイグナチオデロヨラの現代的なサラベルト織りは、モチーフを作成する選択された縦糸を制御するために複数の「綜絖」(左側)を使用しています。織りのプロセスとモチーフは、400年前に記録されたムルアのコードに準拠しています。

Desrosiersがa、c、e、vで象徴される色を正しく識別したかどうかを知りたいと思って、ウィーバーのMaria Poloにひし形のモチーフ(それぞれが4つの三角形で構成されています)の色の名前を尋ねました。DoñaMariaは私に面白い外観を与えました色は問題ではないと言いました。ひし形はココ(種子または果物の穴)であり、それを構成する4つの三角形は、プンタスデマイス、4つの成長するトウモロコシの先端、または小さなトウモロコシの穂軸でした。サンイグナシオでは、女性もサラの意味を知りませんでしたが、この回答は、ベルトとトウモロコシを関連付ける現代の地元の織工の最初の文書化された例を提供しました。

男の子が兄弟を抱いています。細かいポンチョはクスコ地方のアチャ地区の典型です。

サラベルトの謎を解き明かす ムルアが説明したことは、複数の研究者、図書館のアーカイブ、AMNHコレクションのヒスパニック以前のベルト、織物博物館の出版物、および人類学的フィールドワークに関係しています。その結果は、少なくとも400年前にさかのぼる継続的なインカ織りの伝統の証拠であり、文化的生存の驚くべき物語です。ジュニウスバードは喜んでいたでしょう。


コンテンツ

アルティプラノクンディボヤセンスと呼ばれるコロンビアアンデスの東部山脈の中央高地には、現在ジパキラの一部である岩陰遺跡エルアブラでの考古学的発見から明らかなように、紀元前12、500年からの先住民族が住んでいました。最初の人間の職業は、アンデス高原の谷と山で採餌した狩猟採集民で構成されていました。このアンデスのプレセラミック時代の数千年前半の定住は、現在のソアチャのテケンダマ、ファカタティバのピエドラスデルトゥンホ、現在ネモコンの一部であるチェクアなどの洞窟や岩陰遺跡に主に制限されていました。紀元前3000年頃、アンデス平原の住民は広場に住み始め、原始的な円形の家を建て、そこで狩猟、釣り、食事の準備、原始的な芸術、主に岩絵に使用される石器を作り上げました。この移行のタイプサイトは、ボゴタに近いソアチャの北西にある遺跡アグアズケです。

モルモットの家畜化の豊富な証拠は、小さな齧歯動物が主にオジロジカを消費し、さまざまな湖や川を囲む平野で狩りをした人々の食事の一部を形成したテケンダマとアグアズケで発見されました。初期の農業が導入されたとき、おそらく現在のペルー南部からの移住の影響を受けて、食事は大幅に拡大されました。主な栽培製品はさまざまな形と色のトウモロコシでしたが、塊茎は食料源の重要な他の部分を形成していました。特にボゴタサバンナの肥沃な土壌は、この農業の発展に有利であることが証明されました。これは、今日でもコロンビアの首都の外に広がる農地によって証明されています。

アルティプラノで認識されている最初の芸術形態は、アルティプラノのさまざまな場所、主にボゴタサバンナの岩陰遺跡にある岩石学と岩石学です。エルアブラ、ピエドラスデルトゥンホ、テケンダマは、ロックアートが発見された最も古い場所の1つです。 [1]一般に紀元前800年から西暦800年まで定義されたエレーラ時代は、最初の陶磁器の時代でした。最古のエレーラ陶器はトカレマで発見され、紀元前800年にさかのぼります。 [2]エレーラの芸術は、天文考古学の遺跡とも呼ばれます。 エルインフィエルニート スペイン人による。ビージャデレイバの外の畑に、整列した男根の形をしたメンヒルが建てられました。紀元前500年に建てられた、最も古い建築芸術の遺跡であるこの場所は、アルコール飲料のチチャが大量に消費された宗教的な儀式や祝祭の重要な場所を形成しました。この場所での祝祭の証拠は、後日、すでにムイスカ時代のものです。 [3]

南アメリカの北部、主に現在のコロンビアでの金細工は、紀元前1600年から1000年までの長い期間に、ペルーとエクアドルの北のより南の地域から始まったと考えられています。コロンビア南部でのさまざまな金細工文化の発展は、紀元前500年頃に起こりました。 [4]エレーラ時代後期は、アルティプラノでの金細工の最初の証拠を示しました。黄金の遺物は、ボヤカのトゥンハとコンビタ、クンディナマルカのグアタビタで発見されており、推定年齢は西暦250年から400年です。 [5]

ムイスカの期間は通常、西暦800年から始まり、1537年にスペインがムイスカを征服するまで続きますが、開始日の地域によって異なります。西暦800年から1000年に大まかに定義された初期ムイスカ時代は、カリブ海沿岸の先住民との長距離貿易の増加、ミイラ化、金細工の導入を示しました。 [6]初期ムイスカと後期ムイスカの間の移行は、より複雑な社会、陶器の地域間貿易、人口増加、農地に近いより大きな規模の居住地によって定義されます。スペインの征服者がアルティプラノに到着したとき、彼らはボゴタサバンナの平地に集落が集中していることを説明しました。 [6]

動物形の置物編集

コロンビアのカリブ海沿岸のタイロナとして、ムイスカ人はその地域の生息地の動物相に基づいて動物形の置物を作りました。彼らの姿に使用された主な動物はカエルとヘビでした。蛇は頭の上に目を向けてジグザグの形に作られました。多くの蛇紋岩のオブジェクトには、ヘビの典型的な二股の舌が表されており、子鹿がはっきりと追加されています。ヘビの中には、あごひげ、口ひげ、さらには人間の頭を持っているものもあります。 [7]研究者ジェラルド・レイチェル-ドルマトフは彼の本で理論化した Orfebreríaychamanismo 1988年、あごひげと口ひげの基礎は、アルティプラノに存在する豊富な魚と、ムイスカ人とその祖先の食事の本質的な部分であった可能性があります。これは、アグアズケで証明されています。 Eremophilus mutisii. [8] [9] [10]

カエル(iesua、ムイスカ語で「太陽からの食物」を意味する)とヒキガエルは、自然の概念とムイスカの精神世界との関係において重要な動物でした。 [11]それらは梅雨の始まりを表しており、ムイスカ暦の最初の記号(アタ)、9番目(アカ)そして聖なる20番目(ゲタ)年の月はヒキガエルに由来します。複雑な太陰太陽暦の平年は20か月で構成されていました。 [12]カエルは、陶器に描かれたさまざまな設定や芸術の形で、岩絵の象形文字や置物として示されています。多くの場合、それらは日常の活動と組み合わせて表示され、人間、主に女性を表すために使用されました。 [13]

金細工編集

ムイスカ人は金細工で有名でした。ムイスカ連邦では金鉱床は豊富ではありませんでしたが、人々は主にラトラ(今日はバランカベルメハと呼ばれています)やマグダレナ川の他の場所での取引を通じて多くの金を手に入れました。 [14]ムイスカの金細工の最も初期の放射性炭素年代は、黄金の鼻の芯の炭素の痕跡に由来し、西暦600年から800年の間に提供された。ムイスカの金細工の最も古い証拠は、グアタビタ、フサガスガ、エルペニョン、すべて現在のクンディナマルカで発見されました。金細工は類似していますが、カウカ渓谷とマグダレナ渓谷のキンバヤの冶金学と同一ではありません。 [15]

ムイスカの金細工で分析された文体の変動性と冶金技術に基づいて、3つのプロセスが結論付けられました

  • ヘレラの人々は、最初の型とハンマー、そしておそらくマトリックスを使用して、沖積資源からの王冠やその他の供物の像などの金色と銅の物体を作り上げました。
  • 西暦400年頃、冶金学は、 トゥンバガ 合金とオファリングフィギュアの生産の増加が注目されています。
  • 熟練した金細工の最後の段階は、他の先住民グループとの貿易からの金を使用したより詳細な金細工によって特徴付けられます。 [16]

先住民族がカリブ海沿岸に近づくにつれ、人々は非常に価値のある海のカタツムリを取引しました。皮肉なことに、海のカタツムリは、アンデスのはるか内陸の高い場所からの距離のために、ムイスカ人にとって金の価格よりも価値がありました。ムイスカの熟練した金細工は、の伝説の基礎を形成しました エルドラド それはスペインの征服者の間で広まり、最終的に彼らをコロンビアの中心部に引き込みました。これは、ほぼ1年かかり、男性の約80%の命を奪った不運な遠征でした。 [17] [18]

タンジョス 編集

タンジョス (Muysccubunから: tunxo)[19]は、ムイスカ人によって大量に生産された小さな奉納品です。それらはアルティプラノのさまざまな場所、主に湖や川で見られ、コロンビア国外の美術館のコレクションに収蔵されている最も一般的なオブジェクトです。 [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32]という言葉 ツンジョ 学者EzequielUricoecheaによって、1854年にムイスカに関する文献で最初に使用されました。 [33]置物はほとんど擬人化されており、他の例は動物形である。 NS tunjos 主に使用して精巧に作られました トゥンバガ 金、銅、銀の合金で、鉛や鉄の痕跡があるものもあります。 [34]セラミックまたは石の大部分 tunjos ソガモーソに近いモングアから説明されています。 [35] tunjos 寺院や神社の装飾、ムイスカ宗教の神聖な湖や川での儀式の提供、そして死者を死後の世界に連れて行くための葬儀の一部として、3つの目的を果たしました。 [34]セラミックヒューマン tunjos 家に保管されていた(ボヒオス)エメラルドと一緒に、ムイスカ人の。 [36]

貴金属の銀と金は東部山脈では一般的ではありませんでしたが、銅はガチャンティバ、モニキラ、およびスマパズのボゴタサバンナの南にある山で採掘されました。黒曜石、頁岩、粘土の型を作り、アルティプラノ・アチャグアの東にあるリャノス・オリエンタルから近隣の先住民との交易を通じて得られた蜂の蝋で広場を埋めることによって、細線細工の細線細工を作り上げるプロセスが行われました。テグアとグアユペ。蜂のワックスが型の隙間を占め、型は火によって加熱されました。ミツバチのワックスが溶けて、 トゥンバガ または時々金が注がれました、ロストワックス鋳造と呼ばれるプロセス。 [34]この方法を使用して、現代 tunjos ボゴタの中心部でまだ製造されています。 [37]

1577年から1583年の間に、さまざまな植民地時代の作家が年代記の中で tunjos 作品を提供するため。 The descriptions from the early colonial period of the New Kingdom of Granada have been collected first by Vicenta Cortés Alonso in 1958 and later by Ulises Rojas in 1965. The reports of the late 16th century show that the religious practices of the Muisca were still alive, despite the intensive catholic conversion policies. [38] Caciques of Tuta, Toca, Duitama, Iguaque, Ramiriquí, Chitagoto, Onzaga, Tunja and Cucunubá participated in these rituals. [39] The religious leader of Sogamoso was still the most important in these days. [40]

Collection of tunjos

Tunjo formed by parents with children

Tunjo decorated with earrings

Tunjo of a mother with baby in her arms

Zoomorphic tunjo in the Museo del Oro

Mold used for the elaboration of tunjos

Muisca raft Edit

The Muisca raft is the masterpiece of the Muisca goldworking and has become illustrative for the fine techniques used. The 19.1 centimetres (7.5 in) by 10 centimetres (3.9 in) object was found in 1969 in a ceramic pot hidden in a cave in the municipality of Pasca, in the southwest of the Bogotá savanna and has become the centerpiece in the Museo del Oro in Bogotá. [41] [42] The raft is interpreted as picturing the initiation ritual of the new zipa in the sacred Lake Guatavita, where the new ruler would cover himself in gold dust and jump from a small boat into the waters of the 3,000 metres (9,800 ft) high post-glacial lake to honour the gods. This ceremony was accompanied by priests (Muysccubun: xeque) and formed the basis for the El Dorado legend that drew the Spanish conquistadors towards the high Andes. The raft has been constructed using the lost-wax casting method and is made of tumbaga of around 80% gold, 12% silver and 8% copper. [43] It contains 229 grams of gold.

The Muisca raft is also featured in the coat of arms of two municipalities of Cundinamarca Sesquilé, where Lake Guatavita is located, and Pasca, where the raft was found. [44] [45]

Jewelry Edit

The Muisca society was in essence egalitarian with slight differences in terms of use of jewelry. The guecha warriors, priests and caciques were allowed to wear multiple types of jewelry, while the common people used less jewels. Golden or tumbaga jewelry existed of diadems, nose pieces, breast plates, earrings, pendants, tiaras, bracelets and masks. [36]

Golden Muisca mask, Museo del Oro

Golden Muisca nariguera (nose piece) displayed in the Museo del Oro

The Muisca wore golden bracelets

Guecha warriors wore jewelry

Architecture Edit

While the other three grand pre-Columbian civilisations—the Maya, Aztec and Inca—are known for their grand architecture in the form of pyramids, stelae, stone cities and temples, the modest Muisca architecture has left very little traces in the present. [46] The houses (called bohíos また malokas) and temples of the people, where spiritual gatherings took place honouring the gods and sacrificing tunjos, emeralds and children, were made of degradable materials such as wood, clay and reed. The circular structures were built on top of slightly elevated platforms to prevent them from flooding on the frequently inundated plains small settlements of ten to one hundred houses were surrounded by wooden poles forming an enclosure, called ca in Muysccubun. [47] [48] Two or more gates gave entrance to the villages. [49] The houses and temples themselves were built around a central pole of wood attached to the roof the temples were constructed using the wood of Guaiacum officinale tree, giving high quality construction. [50] The floors of the open spaced houses were covered with straw or, for the caciques, with ceramic floors. [51] [52] Cloths were attached to the roof and painted with red and black colours. The houses and sacred places were adorned with tunjos and emeralds, and in some cases with the remains of human sacrifices. [53]

道路編集

The roads the Muisca merchants and xeques used to traverse the Altiplano and access surrounding areas, were dug in the top soil without pavement, making them hard to recognise in the archaeological record. The roads leading to the religious sites, such as Lake Tota, were marked with stones surrounding the pathway, which are still visible today. [54] Cable bridges of vines and bamboo connected the banks of the many rivers of the Andes. The roads crossing the mountains of the Eastern Ranges were narrow, which created a problem for the Spanish conquistadors who used horses to travel long distances. [55]

Remaining antiquities Edit

A few structures built by the Muisca still exist today the Cojines del Zaque ("cushions of the zaque") in Tunja are two round stones with inclined upper parts used for religious ceremonies. Of the Goranchacha Temple, a circle of pillars remained, located on the terrains of the UPTC, also in Tunja. The holiest temple of the Muisca, the Sun Temple in sacred City of the Sun Suamox had been destroyed by fire when the Spanish conquerors looted the shrine and has been rebuilt based on archaeological research by Eliécer Silva Celis. The temple is part of the Archaeology Museum of the city in Boyacá. [56]

The Sun Temple in Suamox was the most important temple for the Muisca

The Cojines del Zaque in Tunja (Hunza)

Muisca bohíos are depicted in the upper right of the seal of Sopó

Mummies Edit

Mummification was a tradition that many other pre-Columbian civilisations practiced. On the Altiplano, the habit of conserving the dead started in the Herrera Period, around the 5th century AD. [57] The Muisca continued this culture and prepared their deceased beloved members of the society by putting the bodies above fires. The heat would dry the body and the phenol conserve the organs and protect them from decomposition, a process that took up to eight hours. [58] After drying, the bodies were wrapped in cotton cloths and placed in caves, buried, or in some cases placed on elevated platforms inside temples, such as the Sun Temple. [59] [60] [61] The position of the mummies was with their arms folded across the chest and the hands around the chin, while the legs were placed over the abdomen. During the preparation of the mummies, the Muisca played music and sang songs honouring their dead. The habit of mummification continued well into the colonial period the youngest mummies found date from the second half of the 18th century. [59] [62] [63] [64]

To prepare the dead for the afterlife, the mummies were surrounded with ceramic pots containing food, tunjos and cotton bags and mantles. [57] The guecha warriors were richly venerated with golden arms, crowns, emeralds and cotton. [65] When the caciqueszaquezipa died, their mummified bodies were placed in mausoleums and surrounded with golden objects. The highest regarded members of society were accompanied by their many wives, by slaves and their children. The mummy of a baby described from a cave in Gámeza, Boyacá, had a teether around the neck. [66] Other mummies of children were richly decorated with gold and placed in caves, as was the case with a young girl described by Liborio Zerda. [58]

The art of mummification was also practiced by other Chibcha-speaking groups in the Eastern Ranges the Guane mummies are well studied, and also the U'wa and farther north the Chitarero of the department of Norte de Santander mummified their dead. [67] [68] The Carib-speaking Muzo buried their mummies with the head towards the west, while the Zenú and Panche, like the Muisca commonly oriented the faces of their mummies to the east. Some of the Muisca mummies were directed towards the south. [69]

When the guecha warriors fought battles with neighbouring groups, most notably the Panche, and also against the Spanish conquistadors, they carried the mummies of their ancestors on their backs, to impress the enemy and receive fortune in battle. [59] [65] [70] [71] [72]

Cotton Muisca textile bag, accompanying the Muisca mummy

Small ceramic pots surrounded the mummies and contained food for the afterlife

Music and dance Edit

The Muisca played music, sang and danced mainly as part of religious, burial and initiation rituals, with harvests and sowing and after the victory in battles. [73] [74] Also during the construction of their houses, the Muisca performed music and dances. The early Spanish chronicles noted that the music and singing was monotonous and sad. [75] As musical instruments they used drums, flutes made of shells or ceramics, trumpets of gold, zampoñas and ocarinas. [76] At the rituals, the people would be dressed in feathers, animal skins (mainly jaguar) and decorated their bodies with paint. At the dances the women and men held hands and both the commoners and the higher social classes participated in these activities. The main deities associated with the dances were Huitaca and Nencatacoa. [77] [78] [79]

セラミック編集

The use of ceramics on the Altiplano started in the Herrera Period, with the oldest evidences of ceramic use dated at 3000 BP. The many different clays of the rivers and lakes of the valleys on the high plateau made a variety of ceramic types possible.

The Muisca constructed ceramic pottery for cooking, the extraction of salt from brines, as decorative ritual pieces and for the consumption of their alcoholic beverage chicha. Large ceramic jars were found around the sacred archaeoastronomical site of El Infiernito, used for massive rituals where the people celebrated their festivities drinking chicha. [80] Also musical instruments such as ocarinas were made of ceramics. The ceramic pots and sculptures were painted with zoomorphic figures that were common in the Muisca territory frogs, armadillos, snakes and lizards. Main ceramic production centres were located close to the abundance of clays, in Tocancipá, Gachancipá, Cogua, Guatavita, Guasca and Ráquira. [36]

Ceramic bowl and tunjos, Museo del Oro, Bogotá

Ceramic mask of the Muisca, Museo Nacional, Bogotá

Muisca ceramics is characterised by the typical shapes of eyes and mouth

Textiles Edit

The Muisca, as the indigenous groups in the west of Colombia, developed a variety of textiles from fique or cotton. [81] [82] Cords were made of fique or human hair. [82] The people of the cold climate Altiplano did not have a major cotton production, yet traded most of their cotton with their neighbours the Muzo in the west, Panche in the southwest, Guane in the northwest, and the Guayupe in the east. [82] From the raw cotton, the Muisca women made fine cotton mantles that were traded on the many markets in the Muisca territory. [83]

The mantles of the Muisca were decorated with various colours. The colours were obtained from seeds the seed of the avocado for green, flowers saffron for orange and indigo weed for blue, fruits, crust and roots of plants, from animals as the cochineal insect producing purple colours, and minerals as the blue and green clays of Siachoque, the coloured earth of Suta and the yellow sediments of Soracá. [84] Also curuba, the flowers of the potato plant (Solanum andigenum) and other colouring materials (Rumex obtusifolia, Bixa orellana, Arrabidaea chica and more) were used. [85] The colours were applied using pencils, applying coloured threads or using stamps. [86] The textiles were produced using various techniques, similar to the Aymara of southern South America and the Mesoamerican cultures. [87] Small textiles functioned as money, just like the tejuelos of gold or salt was used. [88]

The culture of mantle-making in the Muisca mythology is said to have been taught by Bochica, who trained the people in the use of spindles. [89] Nencatacoa protected the weavers and painters of the mantles. [90]

Cochineal lice were used to obtain purple colours

The ruana was a special kind of Muisca mantle, similar to the poncho
note: this is a modern version

As the Guane, the Muisca made long mantles to protect them from the cold climate

The Muisca used spindle whorls to keep the mantles in place

Hieroglyphs Edit

A script for text was not used by the Muisca, but the numerals were written with hieroglyphs. They have been analysed by various authors, such as Joaquín Acosta, Alexander von Humboldt and Liborio Zerda, and appear as rock art and on textiles. The frog is the most important and is represented in the numbers from one (ata) to twenty (gueta) five times, because the Muisca didn't have hieroglyphs for the numbers 11 to 19, so used the numerals one to nine again in combination with ten fifteen was thus ten-and-five qhicħâ hɣcſcâ. [91] [92]

Body art Edit

Tattoos were common for the Muisca and an expression of their identity. [93] [94] The people used Bixa orellana to paint their bodies, just like the Arawak, Carib and Tupi. [95]

Rock art Edit

Many examples of rock art by the Muisca have been discovered on the Altiplano. The first rock art has been discovered by conquistador Gonzalo Jiménez de Quesada during the Spanish conquest of the Muisca. [96] The rock art consists of petroglyphs (carvings) and petrographs (drawings). The petrographs were made using the index finger. [97] Pioneer in the study of the rock art has been Miguel Triana. [98] Later contributions have been done by Diego Martínez, Eliécer Silva Celis and others. [99] It is theorised that the rock art has been made under the influence of ayahuasca (yahé). [100]

The rock art of Soacha-Sibaté, in the southwest of the Bogotá savanna, has been studied in detail between 1970 and 2006, after initial studies by Triana. [96] [101] In these petrographs certain motives have been described triangular heads are pictographs of human figures where the heads are painted in a triangular shape. They are applied using red colours and demonstrate various sizes. Similar motives are noted in Mongua, Tenjo and Tibacuy. [102] In most cases of the rock art on the Altiplano, the body extremities, such as hands, are shown in simple shapes. In some cases however, the hands are elaborated with much more detail using spirals, concentric circles and more strokes, identified as complex hands。 Apart from Sibaté, these shapes are encountered also in Saboyá and Tibaná in Boyacá. [103] A third class of petrographs has been named radial representations。 This motive shows the main figures with concentric square or circular lines drawn around them. [104] The concentric circular drawings have been interpreted as representing the main deities of the Muisca religion Chía (the Moon) and Sué, her husband the Sun. [105] Rhomboidal motives are found in Sibaté, but their exact purpose has not yet been concluded. [106] Both in Soacha and in Sibaté a fifth type of petrographs has been identified winged figures。 These motives resemble the birds that are described in tunjos and ceramics of the Altiplano. [106]

The same scholar has performed detailed analysis of the rock art in Facatativá the Piedras del Tunjo Archaeological Park. The many petrographs in this location are painted using red, yellow, ochre, blue, black and white colours. [107] [108] [109] [110] The motives show a possible tobacco plant, commonly used by the Muisca, zig-zag patterns, anthropomorphic figures, concentric lines similar to those in Soacha and Sáchica, zoomorphic motives and anthropo-zoomorphic composites in the shape of frogs. [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116]

Research in the 1960s by Eliécer Silva Celis on the rock art of Sáchica showed phytomorphic designs, masked human figures, singular and concentric rings, triangulated heads, and faces where the eyes and noses were drawn, but the mouths absent. [117] The majority of the petrographs found here are abstract figures. [118] The colours red, black and white dominate the rock paintings in Sáchica. The black has been analysed also at El Infiernito and is thought to refer to a pre-Muisca origin. [119] Radial structures drawn on the heads of the anthropomorphic petrographs are interpreted as feathers. [120] Feathers were precious objects for the Muisca and used by the xequescaciques 間に El Dorado ritual in Lake Guatavita. [121]

Hand imprints, similar to the famous Cueva de las Manos in Argentina, yet less pronounced and in quantity, have been discovered on rock faces in Soacha and Motavita. [122]

Muisca rock art on the Altiplano Edit

As of 2006, 3487 locations of rock art had been discovered in Cundinamarca alone, of which 301 on the Bogotá savanna. [123] Other locations have been found over the years. [1] [123] [124] [125] [126] The rock art of the Archaeological Park of Facatativá is heavily vandalised. [127] Plans for the preservation of the unique cultural heritage have been formulated since the mid 2000s. [128] The petrographs of Soacha are endangered by the mining activities in the fastly growing suburb of Bogotá, as is happening with other mining districts Chía, Sibaté, Tunja, Sáchica and others. [129]


Inca Art History

Ceramic pottery did not make an appearance in Peru until 1800BC, and it did not appear in the Lake Titicaca Basin until as late as 1200BC. Most scholars believe that a civilization does not occur until ceramic pottery comes into use. They also believe that one of the main criteria for a civilization is that it have developed arts. In Peru, we find pre-ceramic civilizations that developed arts. These early people constructed the largest architectural monuments in the hemisphere. Here, near the Peruvian coastline, they constructed huge ceremonial centers. These pre-ceramic people worked with a variety of media including: fabrics, shell, stone, bone, baked clay, gourds, wood, basketry, bark cloth, and fabrics. Textiles were prevalent in these early societies, and much time was devoted to weaving. Stripes, diamonds squares, chevrons, two headed serpents, crabs, fish, and birds were popular textile designs. Also, these early people painted their elaborate ceremonial centers in rich polychrome paints. This included painted faces on large ceremonial mounds.

Three pre-Incan cultures from the Lake Titicaca Basin had a profound effect on the development of future Incan artist media and styles. The Chiripa culture existed between 1400 and 850BC. On the Bolivian side of the lake they developed sophisticated ceramic styles that included: bowls, cooking pots, and drinking vessels painted in red, black, and cream polychrome paint. The Chiripa potters also produced ceramic trumpets. The trumpets are some of the earliest known instruments found in the Western Hemisphere. These people also worked with copper, tin, and brass.

Pukara Trumpet

The Pukara culture was located 65 miles northwest of Lake Titicaca. It emerged around 400BC. The Pukara ceramics were highly sophisticated, passing through several stages of development. The vessels were slip-painted in red, yellow, and black, and decorated in pictures of birds, llamas, cats, and humans. They also developed a ceramic trumpet and drinking vessels with beakers. The Pukara were also excellent sculptors. They created both full round and flat relief stelae type carvings on stone slabs. Full round sculptures usually were of realistic human origin, while the stelae were of cats, serpents, lizards, fish, and people.

Pukara Flute

The Tiahuanaco or Tiwanaku culture developed 12 miles southeast of Lake Titicaca. This culture lasted for more than 1000 years before it ended around 1000AD. It had more direct influence on the Inca Civilization than any other. These people were very technologically advanced. They worked intricately with textiles, ornate wood carvings, and gold jewelry. They also created amazing stone carvings.

Artist and craftsmen were held in high esteem by Inca royalty. These specialists were recruited by the thousands to work as metal smiths, jewelers, ceramicists, and textiles. Artisans were important because the ancient Incas used textiles and jewelry as currency. Here artisans were so valuable that they were allowed to wear ear spools which was a privilege otherwise reserved for the Inca elite.

Incan Ceramics

The great art styles of the Andes are referred to as government or corporate art styles. This is because the ancient Inca used textiles and art work as currency. This placed artisans in direct service of the state. Artisans and craftsmen were subsidized by the government and the nature of their work was dictated by the Incan royal family. It was the great Incan ruler Pachacuti who fostered the idea of royal government and religious design motifs and iconography. It was not easy turning peasants into skilled artisans. The rulers of Cuzco turned toward the city-state of Chimor to fill this need. The lords of Chimor had subsidized legions of metallurgists in an attempt to monopolize the production and circulation of gold and silver. Next, the Incas would conquer the ancient city of Lambayeque and resettled tens of thousand of artist and craftsmen to the city of Chan Chan so that they could directly serve the Inca rulers. Almost all of this beautiful work created by the metallurgists was melted by the Spanish Conquistadors.

Soon after the Spaniards conquered the Incas they realized that great treasures existed inside some of Peru's greatest ancient monuments. The Spanish soon began looting operations, and before long they became so financially rewarding that they began calling it mining. Ancient monuments were divided into claims and titles were registered. The King of Spain, Charles V received 20 percent of the wealth extracted from the ruins and he soon established a royal smelter for the gold and silver in the Moche Valley. One by one they looted the mausoleums of Chan Chan, then they turned their attention towards Cerro Blanco and the enormous pyramids of Huaca del Sol and Huaca de lal Luna. Here they diverted the Rio Moche and systematically began mining the relics. After four centuries of monument mining there is one positive result, vast quantities of artifacts exist in museums around the world. Today fine ceramics, exquisite textiles, and wood carvings are plentiful, however the Spanish did not keep a record of what came out of where. This makes it very difficult for museums and private collectors that would like to know the exact origin of the artifact.


Terraces were carved out of steep mountains, creating cultivateable land. These teraces were notable engineering achievements.

One of the high points of Andean civilization and technologu, if not the fnest achievements were textiles. This focus on textiles could even be seen in the 20th century. Quechua women in the Andes (Ecuador, Peru, and Bolivia) while tending flocks, walking along the roads, are selling in the markets can often be seen always winding or spinning yarn out of raw wool. Individuals at home still produced shawls, ponchos, and blankets on hand looms. While the spiners are mostly women, the weavers can be any family members. The tradition they represent is some of the finest weaving in human history. European weaving until modern times was primarily flax and sheep wool suplemented with silk imported from China. Andean weavers used cotton and alpaca wool. The Inca aristocracy also had garments made from the fine wool of the vicu a, This was a rare animal that was never domesticated, but rather gather in round-ups. Textiles are very perhisable, but some have survived in the high Andes, but mostly in the dry coastal deserts. They compare favorably to the finest examples of Egyptian or Chinese weaving. The Inca textiles were made by the Chosen Women (Virgins of the Sun) in the convents associated with the Temples of the Sun. The women were thoroughly trained in weaving skills.


The Andean Uncu


The men's tunic (uncu) was highly standardized in format, dimensions, and construction during the period of Inca sovereignty. Uncus were made of interlocked tapestry with cotton and the wool-like yarn derived from camelids (llama, alpaca, guanaco, and vicuña). The finest cloth (cumbi) was woven by specialists and reserved for the ruler and for rituals.

Tunics from various provinces of the Inca Empire were woven in patterns of local origin, such as the eight-pointed "star" characteristic of the far south of Peru. The most common format was a solid or patterned grid. Texts and images by Spanish chroniclers describe Inca soldiers dressed in tunics resembling a checkerboard, symbolic of the Inca administration.

The double-side tunic illustrated here is a composite of Inca and European structure and symbolism. In format the V-shaped, stepped yoke is Inca, and the tunic is finely woven in the standard Inca tapestry technique. It is decorated with tocapu—the square geometric patterns associated with elite lineage, rank, or profession. Distinctive European modifications are the contrast between the front and back designs, which in Inca times were identical, and the incorporation of silver metallic thread, not used in Andean textiles before the arrival of the Spanish.

画像: Man's Tunic (Uncu) with Tocapu and Stylized Jaguar Pelt Design, (double-sided), Bolivia, Lake Titicaca, mid- to late 16th century tapestry weave cotton warp camelid, silk, and metallic weft 38 x 30 in. (97.8 x 78.1 cm) American Museum of Natural History, Division of Anthropology, New York, B/1500. Photo © American Museum of Natural History Library, New York (B/1500).


Metals used for Inca Pottery

Incan used gold and silver to make potteries. That is why lot of people searched for gold in last centuries. Certainly they also used copper, bronze and tumbago. They always used images with different colors in their potteries.

They liked bright colors like Red, Yellow and Orange. They always decorated their potteries with shapes like diamonds, squares, checkers, triangles and circles. They also liked to decorate them with pictures of animals and insects like that of Jaguars, alpacas, llamas, bird and butterflies.


Architecture and Economics

To control such a huge area, the Incas built roads, including both mountainous and coastal routes. One existing fragment of the road between Cusco and the palace of Machu Picchu is called the Inca Trail. The amount of control exercised by Cusco over the rest of the empire varied from place to place, as might be expected for such a huge empire. Tribute paid to the Inca rulers came from farmers of cotton, potatoes, and maize, herders of alpacas and llamas, and craft specialists who made polychrome pottery, brewed beer from maize (called chicha), wove fine wool tapestries and made wooden, stone, and gold, silver and copper objects.

The Inca were organized along a complex hierarchical and hereditary lineage system called the アイリュ システム。 Ayllus ranged in size from a few hundred to tens of thousands of people, and they governed access to such things as land, political roles, marriage, and ritual ceremonies. Among other important duties, ayllus took maintenance and ceremonial roles involving the preservation and care of honored mummies of the ancestors of their communities.

The only written records about the Inca that we can read today are documents from the Spanish conquistadors of Francisco Pizarro. Records were kept by the Inca in the form of knotted strings called quipu (also spelled キープ また quipo)。 The Spanish reported that historical records—particularly the deeds of the rulers—were sung, chanted, and painted on wooden tablets as well.


TESTIMONIALS

Hubco operates with a very high level of integrity and professionalism. Their attention to detail and patience expressed during the development of our rice label made the process efficient and timely. They have consistently met time lines without delays. Communication at all levels have been readily available and prompt in nature.

We have used Hubco for many years. They created a bag for us that fits our needs perfectly. They are always very helpful when we need to make a change or a little tweak to the bags design. Orders are always delivered in a timely fashion with great quality.

We have been blown away by the personal and professional way in which HUBCO has treated us. Whiskey Leatherworks is a boutique leather goods business in Missoula, Montana. I can easily say that HUBCO has been more of a business partner than a vendor. By designing bags with our social media contact we have increased, not only our professional look and feel, but also traffic to our website. We are grateful for the way in which HUBCO listens to exactly what we need and delivers just that. Thank you Ben and the crew. We look forward to many years of working together.

Hubco, Inc. has remained a supplier for us since 2002. Quality product and responsive customer service have remained a constant throughout.


ビデオを見る: פרו - קוסקו ממלכת האינקה (1月 2022).