ニュース

ジャネット・ランキンが第二次世界大戦に反対票を投じる

ジャネット・ランキンが第二次世界大戦に反対票を投じる


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

議会に選出された最初の女性であり、生涯にわたる献身的な平和主義者であるジャネット・ランキンは、米国の宣戦布告に反対する唯一の議会投票を行います。彼女は、ほぼ四半世紀前に第一次世界大戦へのアメリカの参入に反対票を投じた人々の中にいて、両方の世界大戦への米国の関与に反対票を投じた唯一の議員でした。

ランキンは献身的な平和主義者であり、彼女は自分の信念が彼女の政治的キャリアを引き起こした損害についてほとんど気にしませんでした。 1917年に第一次世界大戦に反対票を投じる男性代表もいましたが、多くの市民は彼女の投票を女性が国家指導部の困難な負担に対処できなかった証拠と見なしていました。おそらくその結果、モンタナンは2年後に彼女を不在に投票しました。皮肉なことに、ランキンは1940年に再選を勝ち取り、ちょうど戦争に関する別の投票に直面した。

平和主義への彼女のコミットメントは第一次世界大戦中に政治的に有害でしたが、ランキンは第二次世界大戦の場合、それが完全に自殺するであろうことを知っていました。真珠湾の米軍基地に対する日本の驚きの攻撃は壊滅的であり、復讐への熱意は熱狂的だった。アメリカ人の大多数は、ルーズベルト大統領の宣戦布告の呼びかけを支持しました。

しかし、ランキンは、ルーズベルトが米国をドイツに対するヨーロッパの戦争に巻き込みたいと思ったので、故意に日本人を攻撃に駆り立てたと信じていた。彼女は大統領の計画に協力しないと決心した。ハウスのフロアで40分間の討論が行われた後、ロールコール投票が始まりました。彼女の番が来ると、ランキンは立って言った、「女性として、私は戦争に行くことができず、他の誰かを送ることを拒否します。」

ランキンの投票のニュースが国会議事堂の外に集まった群衆に届いたとき、何人かの愛国者がモンタナ州議会議員を攻撃すると脅し、警察は彼女を建物から護衛しました。ランキンはマスコミで非難され、不誠実であると非難され、他の失礼な名前の中でも「ジャパネットランキン」と呼ばれました。しかし、彼女は自分の立場に立って、投票について決して謝罪しませんでした。

彼女の任期が2年後に完了に近づいたとき、ランキンは彼女が再選に勝つことはないと確信し、二度と走らないことを選びました。彼女は平和主義の積極的な擁護者であり続け、87歳の1968年にベトナム戦争に反対するキャンペーンを主導しました。


ハウスヒストリータイムライン、1900〜 1999年

イリノイ州の代表ジョセフガーニーキャノンが初めて議長に選出されました。 「ジョーおじさん」キャノンは、成長するアメリカの産業への立法上の侵入を少なくすることを支持するものとして、ハウスの最も強力な講演者の1人になりました。

1月9日

最初のハウスオフィスビルの建設が完了したことで、メンバーは初めて個人のオフィスを占有するために数字を描きました。その結果、5年後、下院は、メンバーの個々の机を置き換えるために、その部屋に新しい劇場の座席を承認しました。

3月19日

下院議員200人近くが団結して、ジョーゼフ・キャノン議長から影響力のある規則委員会に議員を任命する権限を剥奪しました。キャノン反乱として知られるこの行動は、ハウスチャンバーと議事録に対するスピーカーの絶対的な支配を大幅に縮小しました。

4月2日

モンタナ州の代表ジャネット・ランキンが最初の女性会員になりました。

5月21日

上院が前の議会で第19修正案を可決しなかった後、下院は再び女性に投票権を与える法案を可決した。マサチューセッツ州のフレデリック・ジレット議長は、大統領に送られる前に、承認された法案の最終版に署名しました。州は1920年に法律を批准しました。

6月11日

下院は1929年の恒久的配分法を可決し、代表者の数を435人に設定しました。1930年以降の各10年の国勢調査の後、その法律で確立された公式を使用して州間で議席が配分されました。

6月14日

国内経済を活性化させるために、下院はスムート・ホーリー関税を可決し、再び非常に高い水準に関税を引き上げました。関税は裏目に出て、外国貿易をひどく阻害し、アメリカ経済を大恐慌に深く送り込んだ。

11月4日

共和党は秋の選挙で下院議席の過半数を獲得しましたが、第72議会(1931〜 1933年)の開会前に19人の議員選挙が死亡したため、一連の特別選挙後に民主党が過半数を獲得しました。テキサス州下院議長のジョン・ナンス・ガーナーが下院議長に選出された。

9月16日

下院は初めてテキサス州議長のサム・レイバーン下院議員を選出した。最長の議長であるレイバーンは、後に、社会的立法に反対する人種的保守派の力を弱めるために、下院議事規則の拡大に尽力しました。

12月8日

モンタナ州のジャネット・ランキン議員は、日本に対する宣戦布告に反対票を投じました。彼女の投票により、ランキンは両方の世界大戦への米国の参加に反対する唯一の国会議員になりました。

5月18日

下院は、第二次世界大戦の退役軍人を帰還させるための広範囲にわたる教育援助、雇用援助、医療、および住居の機会を提供する軍人再調整法(GIビルオブライツ)を満場一致で可決しました。マサチューセッツ州のエディスノウスロジャースは、米国の退役軍人を長年擁護しており、法案の条項の多くを作成するのに役立ちました。

8月2日

下院は最初の立法再編法を可決しました。これは、下院委員会の数を制限し、オフィスの許可を増やし、ロビイストに登録を要求する一連の抜本的な改革です。

8月25日

元共産党員のウィテカー・チェンバースによる証言に基づいて、ニュージャージー州のJ.パーネルトーマスが議長を務める下院非米活動委員会(HUAC)は、彼の疑惑の仕事の調査の一環として、元国務省当局者のアルジャーヒスを焼きました。ソビエトのスパイ。ヒス・チェンバーズの公聴会は、冷戦初期の見出しを支配し、議会の反共産主義者による広範囲にわたる調査の典型でした。

3月1日

武装したプエルトリコ国民党のグループが会期中にハウスチャンバーに発砲し、5人のメンバーを負傷させた後、ハウスギャラリーで警察や一般の訪問者に鎮圧されました。

1月3日

カリフォルニアの代表ダリップシンソーンドは、議会で奉仕する最初のアジア系アメリカ人になりました。

5月24日

新しいレイバーンハウスオフィスビルの礎石が築かれました。 2日前、ジョンF.ケネディ大統領は、新旧のハウスオフィスビルをそれぞれキャノンビルとロングワースビルに改名する法律に署名しました。

7月2日

下院は公民権法を可決し、公立学校と宿泊施設の分離に失敗した州に対するアフリカ系アメリカ人の投票権と罰則を保護するために連邦の権限を拡大しました。

1月3日

ニューヨークのシャーリーチザム議員は、議会で奉仕する最初のアフリカ系アメリカ人女性になりました。

1月23日

1970年の立法再編法の結果、最初の電子投票システムが下院で利用され、ロールコール投票プロセスが合理化されました。

7月27日

下院司法委員会は、ウォーターゲート事件に起因するリチャード・M・ニクソン大統領に対する弾劾の3つの記事の最初のものを承認しました。司法妨害、大統領権の乱用、議会侮辱の弾劾記事に直面して、ニクソンは1974年8月9日に辞任した。

3月19日

初めて、ハウスはその完全なフロア議事録の生放送を開始しました。

7月16日

下院は、フィラデルフィアの議会ホールと独立記念館で行われた式典合同会議に参加しました。このセッションは、1787年の憲法制定会議での大妥協の200周年を記念したものです。

1月4日

「アメリカとの契約」と呼ばれる一連のキャンペーンの約束の下で組織された共和党は、40年ぶりに衆議院の過半数を占めました。新しい過半数は、ジョージア州下院議長のニュートギングリッチを選出しました。

7月24日

2人の議会議事堂の警官、ジェイコブ・チェスナットとジョン・ギブソンは、議事堂に入る狂った銃撃者によって射殺されました。アーリントン国立墓地に埋葬される前の7月28日、2人の男性は国会議事堂のロタンダに敬意を表して横たわっていました。

12月19日

下院は、ウィリアムJ.クリントン大統領を司法妨害と偽証罪で弾劾した。上院は1999年2月12日に彼を無罪とした。


第二次世界大戦に突入する米国に反対票を投じたのは1人だけ

ジャネット・ランキンは、他の人が銃を撃つのを防いでいたときでさえ、彼女の銃に固執しました。

関連性のあるコンテンツ

1941年のこの日、12月7日の真珠湾攻撃を受けて、米国が宣戦布告した米国に反対票を投じたのは、ランキンだけでした。その宣言は合衆国を第二次世界大戦にもたらしました。ランキン下院議員が平和を訴えたのはこれが初めてではなく、最後ではなかった。

ランキンの1941年12月8日の投票により、彼女は両方の世界大戦に参加する米国に反対票を投じた唯一の議員になったと、History.comは書いています。ランキンが主張した他の最初の山にそれらを追加します:彼女は女性が投票する前に議会に選出された最初の女性であり、また彼らにそうする力は、スコットマンシュを書いています グレートフォールズトリビューン.

ランキンはフェミニストだったと、NPRのホイットニーブレアワイコフは書いています。しかし彼女にとって、フェミニズムは自然に太平洋主義につながった。 &#8220彼女は彼女の女性らしさを平和主義のその考えを含んでいると見ました&#8221ランキンの専門家ジム・ロパックはワイコフに話しました。ランキン氏は、女性が権力を握ることで暴力が減る可能性があると信じていた、とロパック氏は語った。

彼女が1917年に第一次世界大戦に参加することに反対票を投じた後、ランキンの構成員は1919年の選挙で彼女を不在に投票しました。 LopachはTroyCarterに ボーズマンクロニクル 彼女の喪失はおそらく戦争に直接関係していなかったが、彼女の任期中の他の要因に関係していた。

しかし、ランキンは1940年に真珠湾攻撃とルーズベルト大統領の有名な演説にちょうど間に合うように席を取り戻しました。この演説も12月8日に行われ、議会に挑発的で卑劣な攻撃に対応するよう求めました。宣戦布告による日本による。

単独で、そしてその気候の中で、戦争に反対票を投じることは、政治的な狂気でした。しかし、ランキンの投票は388対1でした。彼女の&#8220no&#8221投票は、下院のウェブサイトの彼女の公式伝記で引用された当時のAP通信のレポートによると、&#8220ヒスとブーイングの合唱&#8221で満たされました。このエピソードは、「女性として戦争に行くことができず、他の人を送ることを拒否する」という彼女の有名な引用の源です。投票後、彼女は警察の護衛を待っている間、電話ブースに避難することを余儀なくされました。彼女のオフィスへ。&#160

&#8220彼女は家のクロークのブースで電話を取り、追い詰められたウサギのように待った&#8221NPRは引用した ワシントンポスト その日の報道に書いているように。彼女の公式の伝記によると、彼女の任期はあと2年でしたが、その投票は本質的に彼女の在職期間を終了しました。しかし、彼女は自分の主張を述べていました。

ランキンは、2年後に任期が終了したとき、再び選挙に出馬しませんでした。彼女は自分の投票について決して謝罪せず、平和のためのキャンペーンを続けた、とHistory.comは書いている、彼女が87歳だった1968年のベトナム戦争に対する抗議を主導した。

KatEschnerについて

Kat Eschnerは、トロントを拠点とするフリーランスの科学および文化ジャーナリストです。


一方:公民館の話

彼女の同時代人の何人かは確かにそう信じていました。 「彼女が戦争に反対票を投じた場合、彼女は再び選出されないことを私は知っていました」と彼女の兄弟ウェリントン・ランキンは言いました。 「私は彼女が自分自身を破壊するのを見たくありませんでした。」全米女性参政権協会の手ごわい代表であるキャリーチャップマンキャットは、ランキンの投票が女性参政権の原因を「百万票」失ったと非難した。当時、キャットは「ミス・ランキンは国の参政権者に投票していなかった」と発表した。

ランキン、抑止力なし

しかし、ランキンは、故郷のモンタナ州とキャピトルヒルで手ごわい政治家であり続けました。ある意味で、彼女の戦争反対票は実際に彼女の政治的立場を強化した。彼女の力の増大に神経質になって、州議会は彼女を民主党員でいっぱいの地区にジェリーマンダーし、代わりにランキンを上院に立候補させた。現職のモンタナ民主党上院議員、トーマス・ウォルシュが恐れていた決定が起こるだろう。

今日の一般的な誤解にもかかわらず、1917年の戦争決議に反対票を投じることは政治的自殺行為ではありませんでした。また、ランキンだけが反対したわけでもありません。彼女が1917年4月6日の早朝に「いいえ」と投票したとき、ランキンは49人の他のハウスメンバーに加わった。

ランキンは新入生の議員として、戦争の討論に参加しないことを決心しました。彼女は後で後悔した選択でしたが、彼女は出席に熱心でした。彼女は4月5日の朝に討論が始まったときにそこにいて、真夜中まで座って聞いていました。彼女はロールコール投票に参加するために戻ってきましたが、討論中にフロアで反対意見を表明することはありませんでした。実際、彼女が下院での戦争についてコメントした唯一の記録は、彼女が下院規則に違反し、集計担当者が彼女の名前を呼んだ後、「私の国を支持したい」と簡単に述べた最終投票のときでした。彼女は言った、「しかし、私は戦争に投票することはできません。」

戦争討論

しかし、他の21人のメンバーは討論中に長々と発言し、戦争決議に反対する4つの主な理由を挙げました。 「武装中立」の成功のチャンスであり、最終的に、国は商業的利益と武器製造業者を保護するために戦争に追い込まれていました。

議論の最大の驚きは、ノースカロライナ州の多数派リーダーであるクロード・キッチンが戦争に反対して立ち上がったときでした。 「国の一部との戦争は時々必要であり、不可欠です」と彼は言いました。 「しかし、ここでは侵入が脅かされることはありません。私たちの領土の足が要求されたり、切望されたりすることはありません。犠牲にするために本質的な名誉は必要ありません。基本的権利は、永久に放棄または一時停止されることを求められていません。国策は争われていない。私たちの主権のどの部分も疑問視されていません。」

中西部のメンバーは、故郷での戦争への反対、つまり最近の選挙中に彼らが構成員から拾った感情について頻繁に話しました。イリノイ州のフレッドA.ブリテンは、次のように述べています。「問題の真実は、あなたの国民と私の90%が、この戦争宣言を望んでいないということです。 」ブリテンの立場は、強力な海軍の支持者としての評判を築いていたので、もう1つの驚きでした。ネブラスカ州のチャールズH.スローンは、「アメリカ国民の3分の2の有名な反対派」について語り、サウスダコタ州のチャールズホールディロンは「この広範な宣戦布告に反対している」と述べました。

決議に反対する人々は、戦争から利益を得る立場にあった軍需品メーカーやその他のさまざまな産業が米国を紛争に追い込んでいると主張した。オハイオ州のアイザックR.シャーウッドは、利益を増やすために戦争を促進したとしてデュポンケミカルズとベスレヘムスチールを非難しました。イリノイ州のエドワード・J・キングは、ウォールストリートの有力者であるJPモルガンがイギリスに貸与した数百万人を保護するために、米国は戦争に行く準備ができていると主張した。西側のメンバーはこれらの同じ主張を繰り返しました。ワシントンのウィリアムL.ラフォレットはヨーロッパでの「商業主義の戦争」について語り、ネバダのE.E.ロバーツは「投機家を救うために宣戦布告することに反対している」と述べました。ワシントンのクラレンス・C・ディルも同様に、「現在戦争中の国々と取引することができないため、少年たちをヨーロッパの塹壕に送ることに投票することを望まなかった」。

ランキンが座って議論を吸収している間、反対派は戦争に対してさらに多くの議論をしました。イリノイ州のウィリアムE.メイソンは、米国は準備ができておらず、訓練を受けていないアメリカ軍の「卸売殺人」を恐れていると警告しました。他の人々は、政権がヨーロッパとの取引において実際に中立であったことは一度もなく、明らかにドイツよりも英国とフランスを支持したと非難した。いくつかの共和党員は、1916年の選挙運動がウィルソン大統領が「私たちを戦争から遠ざけた」という事実を宣伝したことを民主党の同僚に思い出させた。 「あなたのプラットフォームの誓約は無効です」とミネソタ州のアーネスト・ランディーンは告発しました。 「あなたは平和を約束しましたが、戦争はあなたの心の中にありました。」

投票と余波

下院の書記官が4月6日の期日前投票を集計したとき、下院の反対者のほぼ3分の2は共和党員であり、ほぼ4分の3は中西部の州から来ました。 1918年の選挙サイクルの間、戦争に反対票を投じた結果はさまざまでした。50人の反対派(27人)の半数以上が再選に勝ちました。 6人の失踪した宗派(5人の共和党員を含む)と8人の失われた再選(5人の民主党員を含む)。 5人が引退し、3人が在任中に死亡した。上院に立候補したジャネット・ランキンを含む2人の共和党員が他の役職に立候補した。

ランキンは戦争に反対したかもしれないが、彼女はそれと戦う若いアメリカ人への彼女の支持に揺さぶられた。彼女は軍隊に資金を提供するために戦時中の予算を擁護し、戦争努力のための資源を引き出す目的でアメリカの鉱山の連邦による乗っ取りを支援しました。その年の後半、彼女はオーストリア・ハンガリーに対する宣戦布告も支持した。

しかし、無投票は彼女の遺産に長い影を落としました。 1936年、ランキンは1917年の戦争反対票についての記事を書くように依頼されました。彼女はその終わりのない感情的なセッションを思い出しました。そして、彼女は座って聞いているときに自分が考えていたことを思い出しました。 「私は平和を考える習慣を身につけるまで、平和を考えていました。私は女性参政権運動の間、7年間戦争に反対して話していました。」彼女の結論は避けられなかった。 「もっと良い方法があるに違いないと思ったので、私は戦争に反対票を投じました」と彼女は書いた。 「私は再びそのように投票します。」

出典: 国会議事録、House、65th Cong。、1stsess。 (1917年4月5日):306–413 ワシントンポスト、1917年4月6日 ロサンゼルスタイムズ、1917年4月6日 クリスチャンサイエンスモニター、1936年4月1日Paul Sothe Holbo、「彼らは戦争に反対票を投じた:動機の研究」(PhD diss。、シカゴ大学、1961年)Richard Kenneth Horner、「The House at War:The House of Presidents during World War I、1917 –1919」(PhD diss。、ルイジアナ州立大学、1977年)。

選挙の100周年と議会での最初の女性の宣誓を記念して、初期の女性メンバーと施設における女性の役割の変化についての一連のブログ投稿を公開します。 2017年まで毎月チェックして、最新の投稿を確認してください。


第二次世界大戦への参入に対する孤独な投票

1941年12月7日、米国は最も暗い日の1つに苦しみました。米国の貿易制裁に憤慨した日本は、オアフ島にある真珠湾の海軍基地に対してストライキを開始した。静かな日曜日の朝を打ち砕いた悲劇的な出来事の間に、2,400人以上のアメリカ人の男性と女性が死に、米国太平洋艦隊は2隻の戦艦を完全に破壊し、さらに6隻にさまざまな程度の損害を与えました。

真珠湾攻撃の影響は、太平洋を越えて米国本土に広まるとすぐに感じられました。政府当局者はこの攻撃を最初に知り、詳細はすぐにアメリカ国民に広められました。恐怖とパニックが国、特にオレゴン、ワシントン、カリフォルニアの沿岸地域を襲った。

ルーズベルト大統領が1941年12月8日に議会で演説

攻撃に復讐する必要性の感覚は多くのアメリカ人を襲った。 12月8日、フランクリンD.ルーズベルト大統領は議会で演説しました。彼の演説は全国に放送されました。ルーズベルトは、日本人との宣戦布告を議会からの投票を呼びかけ、1941年12月7日は悪名高い日になると宣言した。

ルーズベルトの演説から数時間以内に、議会はほぼ満場一致の投票で戻ってきました。戦争に行くことに反対票を投じたのは1人のメンバーだけでした。アメリカで初の国家公職に就いた女性であるモンタナ州の代表ジャネット・ランキンが日本への戦いに反対票を投じたとき、彼女は勇敢な姿勢をとり、自分の信念と自分が真実だと思ったことに固執しました。第一次世界大戦。

真珠湾攻撃への陰謀と米国政府の関与についての疑惑を表明するのではなく、投票するとき、ランキンは立ち上がって、「女性として、私は戦争に行くことができず、誰も送ることを拒否します。そうしないと。"より安全な方法のように見えましたが、影響がないわけではありませんでした。マスコミは、アメリカの敵への支持の宣言として多くの人が見たものの風をすぐに捉えました。

投票の直後、ランキン下院議員は殺害の脅迫を受け、警察の護衛に帰国を要求した。マスコミは彼女の名前を泥の中に引きずり込み、特に攻撃からわずか24時間後に、彼女の愛国心が薄れるように投票したことで彼女を非難しました。

人々が彼女について何を言ったり書いたりしたかに関係なく、ジャネット・ランキンは彼女の最初の投票から逸脱することを拒否しました。そうすることはおそらく彼女のキャリアを犠牲にしました。次の選挙の前に、彼女は簡単に敗北する可能性が高いことを知って、走らないことに決めました。 92歳で亡くなるまで、彼女は平和主義の擁護者であり、長寿の終わり近くにベトナム戦争に反対しました。


ジャネット・ランキン:第二次世界大戦に反対票を投じた下院議員

日本の1941年12月7日の真珠湾攻撃の翌日、1人の女性が他のどのアメリカ人よりも激しい暴力にさらされました。彼女を「恥辱と裏切り者」と呼んだ手紙と電報は、「強制収容所が開いたとき、あなたは居住者ナンバーワンでなければならない」と述べた。この中傷の対象は、モンタナ州の第1地区の代表である共和党議員のジャネットランキンでした。

モンタナ州のジャネット・ランキン議員は、日本に対する宣戦布告に反対票を投じた唯一の国会議員として、護衛を求めなければならなかったという怒りを表明しました。 (ゲッティイメージズ)

州の南西隅にあるディロンでは、キワニスとロータリークラブがランキンに共同電報を送り、「あなたはモンタナ州とアメリカ国民に大きな不利益をもたらしました。」と読みました。 NS 先駆者 ビッグティンバーの新聞は、「彼女は家の床に公然と叩かれている」と示唆した。ラジオコメンテーターは彼女を非難するのにそのような厳しい言葉を使ったので、いくつかの局は彼らの放送を音楽で覆い隠した。

ランキン(61歳)を獲得した違反は、午後1時過ぎに起こった。 12月8日、ワシントンの議会議事堂で、衆議院の書記官であるアーヴィング・スワンソンが、日本との戦争を宣言する運命的な決議への投票を記録し、メンバーのロールコールを読んだ。 「はい」の後の「はい」は、スワンソンが毎分20のペースで名前を読み、ランキンに着くまでエコーのように聞こえました。ランキンはしっかりとした声で「いいえ」と発表しました。他のハウスメンバーはシューッという音を立て始めました。

これは、ルーズベルト大統領が求めた宣戦布告に反対する下院での唯一の投票でした。

ランキンにとってはリピートパフォーマンスでした。その後、彼女はハウスで2期目になりました。彼女が最初に始まったのは1917年4月2日で、彼女は米国議会で奉仕する最初の女性として宣誓されました。 5日後の4月7日、議会は第一次世界大戦への参加の決議に投票し、彼女もその時「いいえ」に投票しました。

しかし、1917年には、ヨーロッパで戦う国についての曖昧さは珍しくありませんでした。真珠湾攻撃後の米国の気分はかなり異なっていました。攻撃の日曜日、ランキンと彼女の妹のエドナは、ルーズベルトが翌日の議会合同会議で演説することを知ったとき、ワシントンからデトロイトでのスピーチの婚約に向かう電車に乗っていました。彼女はピッツバーグで電車を降り、国会議事堂に戻った。彼女の家では電話が止まることなく鳴った。最初の電話は、彼女の政治キャンペーンの最高の政治顧問兼募金活動である兄のウェリントンからのもので、第一次世界大戦の「反対」投票を繰り返さないように彼女に促しました。他の多くの発信者や訪問者がそのメッセージを繰り返したため、ランキンは逃げなければならないと感じました。

「私は誰にも私に近づかせませんでした」と彼女は後に彼女の伝記作家、ハンナ・ジョセフソンに話しました。 「車に乗って姿を消しました。誰も私に連絡できませんでした。大統領演説のために議会に行く時が来るまで、私はちょうどワシントンの周りを運転して、茜と茜を手に入れました。

生涯の平和主義者であるランキンは、戦争決議に反対票を投じる決意を揺るがしませんでした。しかし、衝撃的で壊滅的な真珠湾攻撃の翌日、国は平和主義の気分ではありませんでした。ランキンの「ノー」は、彼女を記者からの即時の猛攻撃にさらしたので、彼女はメンバーのクロークに引っ込み、そこで彼女は電話ブースに隠れ、国会議事堂警察に彼女を彼女のオフィスに連れ戻すように求めました。

RANKINの戦争への反対は衝撃的なものであるべきではありませんでした。彼女の反介入的立場は、1940年の議会キャンペーンの主な理由でした。 「私が走らなければ」ランキンは44年後、彼女のキャリアについて修士論文を書いている学生に、「戦争を望まない女性には誰も投票することができないだろう」と語った。

ランキンは女性参政権の熱心な支持者でしたが、それは主に彼女が議会に選出される2年前の1914年に女性がモンタナで投票する権利を獲得したのは彼女の努力によるものでした。 1910年、デンバーのニュースレポーターで女性の権利活動家のミニーJ.レイノルズは、平和主義はフェミニズムの本質的な部分であるとランキンを説得しました。 「女性は男の子を生み出し、男性は男の子を脱いで戦争で殺します」とレイノルズは主張しました。ベンジャミンキッドの1918年の本のランキンの読書、 力の科学、レイノルドのフェミニスト-平和主義イデオロギーへの彼女のコミットメントを固めました。キッドは男性では戦いへの自然な傾向を見出し、女性では紛争の平和的解決を好むことを発見しました。ランキンはキッドの作品を​​彼女が今まで読んだ「最も重要な本」と呼んだ。

彼女は第一次世界大戦へのアメリカの参加に反対しただけでなく、戦間期には平和主義組織で活動し、1929年から議会への再選キャンペーンのために仕事を辞めるまで全国戦争防止評議会の主席ロビイストでした。彼女が首尾よく実行した反戦スローガンは「私たちの部下をヨーロッパから遠ざける」でした。

ランキンが1941年1月に議会に戻るとすぐに、彼女はアメリカの戦争への参入に反対し、その後海外で激怒する母親からの手紙の草の根キャンペーンを組織しました。 2か月後、彼女はルーズベルトのレンドリース法に反対しました。そして5月、彼女はハウスフロアで母の日のスピーチを行い、次のように宣言しました。 。」

彼女のスタンスが失われた原因であることを知っていたにもかかわらず、彼女は介入反対の見解を押し付けました。 6月に、彼女は次のように述べた陸軍省の予算承認法の改正を提案しました。攻撃の。」国の戦争への流れに対抗するためのランキンの他の実りのない立法イニシアチブには、有権者が徴兵を承認するまで草案を停滞させ、民間船の武装を禁止し、戦時中の妨害に対する死刑を撤廃する試みが含まれていました。

彼女は、宣戦布告での孤独な「ノー」で、彼女が構成員の気分を覆していることを知るのに十分な鋭敏な政治家でした。彼女は自分の事務所に戻った直後、自分の投票を説明しようと急いで声明を起草した。 「私は、そのような重大な投票-私たちの国にとって平和または戦争を意味するもの-は、現在手元にあるラジオ報道よりも本物の証拠に基づくべきだと信じていました」と彼女はモンタナ新聞への通信で書いた。 「私たちの少年たちを東洋に送ることは、この国を保護することにはなりません&#8230。私たちの軍隊と海軍を何千マイルもの海を越えて戦って死ぬために連れて行くことは、私たちの海岸を保護するという見出しの下に入ることができません。」

12月11日、彼女はドイツとイタリアとの戦争の決議について、彼女が家にいることを記録に示しましたが、単に「出席」と言って立場をとっていませんでした。 。議会がブルガリア、ハンガリー、ルーマニアに宣戦布告した1942年6月、彼女はワシントンにいませんでした。

彼女の悪名高い「反対」投票の3日後、ランキンは1941年12月11日、ドイツとイタリアに対する宣戦布告の投票に参加しませんでした。 (ゲッティイメージズ)

彼女が1942年まで任期を務めたとき、ランキンは彼女の政治的影響力を失っていました。彼女はしばしば多くのコミットメントなしで動きを経験しているように見えました。 1941年に彼女は事実上投票を逃したことはありませんでしたが、1942年の秋までに、彼女は下院で記録された投票の80パーセントを欠席しました。日本への宣戦布告の1周年に、彼女は 国会議事録 彼女の見解では、米国がルーズベルトとウィンストン・チャーチルによって本質的に第二次世界大戦に騙された方法の長い分析。 「真珠湾攻撃の3年前、英国の帝国主義者たちは、米国をもう一度支援する方法を考え出していました」と彼女は書いています。彼女は陰謀の一部として、報復を助長することを期待して日本に制裁を課すというルーズベルトの1940年の決定を見ました。

彼女の12月8日の「いいえ」の投票は、彼女が示した勇気にいくらかの称賛を集めました。 「主よ、それは勇敢なことでした」と有名な​​カンザスの編集者ウィリアム・アレン・ホワイトは彼の中で書いています エンポリアガゼット、「そしてその勇気はどういうわけかその愚かさを軽視している。」しかし、ランキンの見解はほとんど支持されていませんでした。

以前はそうだったことがありませんでした。彼女が第一次世界大戦へのアメリカの参加に反対票を投じたとき、他の49人の議員が彼女と一緒に投票しました。彼女は民主党の指導者であるノースカロライナ州のクロードキチンも投票したときに政治的報復に対して追加の保護を受けました。 「いいえ」と6人の上院議員。 1917年、ヨーロッパで戦うためにアメリカ人を送ることについての反対は、モンタナのような西部の州で特に強かった。その結果、ランキンの介入反対の姿勢は、1918年の選挙で彼女を政治的に傷つけることはありませんでした。しかし、悪い決断はしました。

ランキンは当初、モンタナ州の2人の大衆議員の1人として議会に選出されていました。 1918年の選挙の前に、議会はプロセスを変更し、2つの別々の議会地区を設立しました。ランキンは、共和党が勝利するチャンスがないと感じた第2地区で走らなければならなかったので、現職の民主党員トーマス・ウォルシュを倒すことを望んで、米国上院に目を向けました。上院議席で共和党予備選挙を失った後、彼女は独立して走り、投票の約20パーセントで3位になりました。 The irony: a Republican, Carl Riddick, won the House seat Rankin had feared to compete for.

Rankin knew that the second vote in her political career against a declaration of war was political suicide. Her brother Wellington had warned her “Montana is 100 percent against you.” So she did not even try to run for reelection in 1942. Her replacement in the House was Mike Mansfield, who went on to serve 34 years in Congress, the final 16 as Senate majority leader.

While her elective career was over, her efforts as a crusader were not. She continued to preach pacifism, traveled frequently to India to confer with Mahatma Gandhi, and found an increasingly receptive audience for her antiwar rhetoric as the United States became mired in the Vietnam War. In fact, before she died on May 19, 1973, at age 92 she was considering emphasizing her opposition to the war by running for Congress again.

Jeannette Rankin leads the Women’s Peace parade in front of the Capitol Building to protest Vietnam in January 1968. (Stan Wayman/The Life Picture Collection/Getty Images)

In 1985, the state which had once been 100 percent against Rankin selected her to join Western painter Charles Marion Russell as its two representatives among the 100 famous Americans whose statues are on display in the U.S. Capitol. ✯

This story was originally published in the November/December 2016 issue of World War II 雑誌。 Subscribe here.


Jeannette Rankin casts sole vote against WWII - HISTORY

1914: Leads successful women&rsquos voting drive in Montana

1916: Voted to U.S. Congress&mdashfirst woman ever

1916: Casts &ldquono&rdquo vote against bill proposing U.S. entry in WWl

1918: Loses bid for senate

1918: Moves to Georgia works with several organizations for peace and women&rsquos and children&rsquos rights

1928: Founds Georgia Peace Society

1940: Elected to Congress for second term

1942: Votes &ldquono&rdquo to bill calling for U.S. to enter WWll

1943: Returns to Georgia continues work for peace

1968: Leads 5,000-woman march on U.S. capitol protesting Vietnam War

1976: Jeannette Pickering Rankin Foundation formed to help low-income adult women afford higher education

Born on a ranch in Missoula, Montana, Jeannette Pickering Rankin was described as an &ldquoactive, vigorous child, physically fearless, aware of her own competence and strong in her self-confidence.&rdquo The development of these qualities helped make her the first woman ever to be elected to the U.S. Congress.

In 1914, Jeannette led a successful drive to secure voting rights for women in Montana. In 1916&mdashfour years before women gained the right to vote nationally&mdashshe was elected to the U.S. House of Representatives. Entering Congress as a member of the Republican Party, Jeannette helped draft the constitutional amendment giving women the right to vote. The amendment was originally defeated in the Senate, but was enacted in 1919.

Jeannette&rsquos first vote in Congress was a defining one, as she voted against U.S. entry into World War I. Though she was accompanied by 50 other members of Congress who also cast &ldquono&rdquo votes, it was her ballot that became the focus of the pacifist discussion.

In 1918 Jeannette lost a bid for election to the Senate. That same year she moved to Watkinsville, Georgia&mdasha small, comfortable farm community where she worked diligently to strengthen her platform of peace. Though she voted in Montana and owned a small farm there, her biographer, Norma Smith, explains that Jeannette &ldquowas a guest in Montana. Georgia was home.&rdquo

While living in Watkinsville, Jeannette became field secretary for the Women&rsquos International League for Peace and Freedom. She campaigned on behalf of the National Council for the Prevention of War, and with her help Carl Vinson&rsquos $616 million naval construction bill&mdasha bill that she believed wasteful and unnecessary&mdashwas defeated. Vinson was Georgia&rsquos Sixth Congressional Representative.

From her new home in Georgia, Jeannette also worked for the National Consumer&rsquos League, lobbying extensively on behalf of women&rsquos and children&rsquos rights. Believing strongly that everyone should be exposed to the idea of pacifism, through the many organizations she was affiliated with, Jeannette worked to educate people across the country. In 1928 she founded the Georgia Peace Society, and through it organized the Georgia Conference on the Cause and Cure of War.

In 1940, Jeannette won a seat in the House of Representatives for a second time. She again voted against war. But this time she was the sole dissenter against the resolution for the U.S. to enter World War II. Her &ldquono&rdquo vote sealed the fate of her second term in office, and she did not seek re-election in 1942. After traveling extensively to visit family and friends, Jeannette returned to her farm in Georgia. There, she continued to work for peace for decades to follow.

In 1968, Jeannette led a group of 5,000 women in a march on Capitol Hill to protest the Vietnam War. The march was her final public forum, at the age of 87. Upon her death, Jeannette left a portion of her Georgia estate to assist &ldquomature unemployed women.&rdquo

The Jeannette Rankin Foundation was chartered in 1976 with the purpose of helping low-income women over the age of 35 return to college. Since 1978, the foundation has provided educational grants to more than 387 women throughout the United States. Through her life&rsquos work and her foundation, Jeannette Pickering Rankin&rsquos legacy of humanitarianism and feminism continues while helping women achieve their goals through education.


Jeannette Rankin casts sole vote against WWII - HISTORY

By Gary Kidney

On December 8, 1941, America was still shocked by news of war. President Franklin D. Roosevelt declared that the day before had been “a date which will live in infamy” because of the “unprovoked and dastardly attack” by Japan on Pearl Harbor. He noted that it was not a single event, but a pattern of attacks that included Hong Kong, the Philippines, Guam, Wake, and Midway Islands. In his speech, he interpreted “the will of the Congress … to defend ourselves to the uttermost.” Congress responded with a vote to declare war that made a still-famous front page of ニューヨークタイムズ.

Tremendous suffering and a smoldering need for revenge permeated the days following the attack, but something important is often lost. The congressional vote was not unanimous. Roosevelt did not understand the complete will of Congress. One person, filled with a seldom equaled strength of conviction, rose to challenge war. One single vote was cast against the declaration. One person said, “No.” That person was Jeannette Rankin, a representative from Montana. In addition to being the sole dissenter, history also records that she was the first woman in Congress.

Referring the Resolution to a Committee

Representative Rankin had been scheduled to speak at an event in Detroit on that day. She left by train on Sunday evening, December 7, for the event and took a radio along to follow the fate-filled news. When the radio announced that Congress was to hear Roosevelt’s request for a declaration of war, she got off the train in Pittsburgh and returned to Washington, D.C. She arrived at the capitol about noon and took a prominent seat in the first row of the House chamber for the important address.

When the president finished his remarks, the House took up consideration of House Joint Resolution 254, the formal declaration of war. Sam Rayburn (D-Texas), Speaker of the House, asked, “Is a second demanded?” Jeannette Rankin rose. “I object,” she insisted, but the speaker overruled her. “No objection is in order,” he said

In a 1974 oral history, Rankin explained the purpose behind her objection. House rules allow any resolution to be referred to committee upon any member’s request. She wanted to ask for committee referral to “remove the war vote from the passion of the moment and have it at least considered so both sides of the issues could be brought out.” By refusing her objection, Speaker Rayburn effectively violated standard procedure and, as she later claimed, denied her the First Amendment right of free speech.

Objection overruled, a short discussion took place on the House floor. Then, a vote on the resolution was requested. Jeannette Rankin rose just after the question was called. "氏。 Speaker.” Rayburn ignored her and continued, “Those who favor taking this vote by the yeas and nays will rise and remain standing until counted.”

Rankin responded. "氏。 Speaker, I would like to he heard.” Speaker Rayburn continued, “The yeas and nays have been ordered. The question is, Will the House suspend the rules and pass the resolution?”

Rankin tried a third time. "氏。 Speaker, a point of order.” Rayburn responded, “A roll call may not be interrupted.”

When the vote came and her name was called, she answered “No.” Some historians claim that she elaborated on her vote by saying, “As a woman, I can’t go to war and I refuse to send anyone else.” The Congressional Record does not document this comment. Catcalls, hisses, and boos from the House floor as well as the packed gallery greeted her vote. Colleagues beseeched her to change her mind. However, by 1:10 pm she was still adamant, and the vote stood as recorded, 82 to 0 in the Senate and 388 to 1 in the House.

Congresswoman Jeannette Rankin listens to a colleague attempting to persuade her to vote affirmatively for war on December 8, 1941. Rankin stood her ground and refused to change her position against the declaration.

“Montana is 110 Percent Against You!”

Word of Rankin’s vote escaped the chambers and circulated among the mass of people who had flocked to the capitol. The crowd accosted her as she left the building, pushing toward her and shouting obscenities. She ducked into a phone booth and called capitol police for an escort to her office. There, she remained behind locked doors.

She called her brother, Wellington, in Helena, and his response was, “Montana is 110 percent against you!” She wrote an explanation of her vote to her Montana constituents, citing a campaign pledge to the “mothers and fathers of Montana … to prevent their sons from being slaughtered on foreign battlefields,” and ended her letter with “I feel I voted as the mothers would have had me vote.”

Response from radio commentators and newspaper columnists swiftly vilified Rankin. Many called for her resignation, and some of her constituents demanded her recall. A few accused her of disloyalty or treason. Montana newspapers expressed their dissatisfaction. The Miles City Daily Star of December 10, 1941, offered “humble and respectful apologies to the rest of the United States” for her vote. The Choteau Acantha of December 22 suggested a public spanking on the floor of the House with an old-fashioned hairbrush. On December 14, the Great Falls Tribune dubbed her “Japanette Rankin.” Despite the public reaction, Rankin was never apologetic for her vote.

On Thursday, December 11, when Congress considered separate resolutions of war on Germany and Italy, Rankin simply voted “present” for each roll call, a softer form of “no.” Her convictions and votes made her an outcast in Congress and left her to serve out her term with no chance of reelection. She took part in few floor debates, concentrating on minimizing the war’s effect on Montanans by, for example, strengthening draft deferments.

The Reason Behind Rankin’s Vote

Why did Rankin commit political suicide? Four theories have been advanced to explain her vote.

Some historians have taken Rankin at her words about women in war service and voting for mothers and chalked up her vote to a feminist stance. That view harmonizes well with Rankin’s suffragette activities. She had worked tirelessly in many organizations to achieve women’s voting rights. She helped North Dakota women gain the right to vote in 1913. She was successful in 1914 in her home state of Montana. On the strength of that notoriety and probably as a result of women voters, she was elected to the House of Representatives from Montana, serving from 1917 to 1919. That was her first of two discontinuous terms in Congress and the one that made her the first woman in Congress. On the national stage, she promoted ratification of the Nineteenth Amendment, and in 1920 it gave women the right to vote everywhere in the United States. As a result of her work as a suffragette and for becoming the first woman in Congress, the National Organization of Women honored Jeannette Rankin at age 91 in 1972 as “the world’s outstanding living feminist.”

Another theory attributes Rankin’s vote to her humanitarianism and interest in social causes. During her post-college years, Jeannette read widely on social issues. A budding interest in social activism drew her to New York City and a Master’s program in social work at the prestigious New York School of Philanthropy. In her after-school afternoons, she engaged in practical social work that showed her the juxtaposition of crippling poverty and lavish wealth, the poor care given orphans, overcrowding in jails, and the lack of public sanitary facilities. She developed a thesis that a woman’s maternal instincts were valuable outside the home toward the improvement of society.

The superstructure of the battleship USS アリゾナ is a blackened mass of twisted steel as smoke billows from the stricken ship moored at Pearl Harbor on December 7, 1941.

When working within the existing social work system proved unsatisfactory, Rankin took her activism in the political direction to aim for systemic changes. In 1917, after Anaconda Copper Company’s Granite Mountain mineshaft burst into flames and took the lives of 167 Montana miners, Jeannette rallied for better working conditions. Rankin’s concern for social ills and promotion of social actions led her to advocate that the foundation of democracy was human rights rather than property rights, as was then commonly believed. This took root when she helped found the American Civil Liberties Union as vice president. At Rankin’s death, she left a portion of her estate to assist mature, unemployed women workers. That endowment launched the Jeannette Rankin Woman’s Scholarship Fund.

An Outspoken Pacifist

In an episode of National Public Radio’s 全てを考慮に入れると titled “The Lone War Dissenter,” Walter Cronkite attributed Rankin’s vote to her being an “outspoken pacifist.” One of Rankin’s most famous quotes is: “You can no more win a war than you can win an earthquake.” She perceived the violence and death of war as tragedy and never as triumph. Jeanmarie Simpson’s play and 2009 movie A Single Woman traces the root of Rankin’s pacifism to her learning of the Indian slaughter at Wounded Knee Creek in South Dakota on December 29, 1890, when Rankin was 10 years old. Rankin recalled: “As the Indians came out of their tents, the American soldiers shot them—shot the Medicine Man and anyone who came out. It was a most disgraceful act, the most outrageous thing that could happen.”

Jeannette carried her pacifism into her first term in Congress. On April 6, 1917, the first woman ever elected to Congress was to cast her first vote. In Kevin Giles’s book Flight of the Dove, he provides some melodrama to that Good Friday early morning by using as his central metaphor a flock of white doves that encircled the capitol. In that building, President Woodrow Wilson requested a vote on a resolution of war with Germany. Jeannette Rankin said, “I want to stand by my country. But I cannot vote for war. I vote NO.” Unlike her lone dissenting vote for World War II, 49 other representatives and six Senators voted for peace. Later, she reflected that this vote was “the single most important act of her life because of the way it crystallized her thinking from that point forward.”

Rankin reflected, “I have always felt that there was significance in the fact that the first woman who was ever asked in Congress what she thought about war, said ‘No!’” Rankin remained a spokesperson for pacifism. In 1968, at 88 years of age, she marched under the banner of “The Jeannette Rankin Peace Parade” with 5,000 women in Washington, D.C., to protest the Vietnam War.

Opposing Franklin D. Roosevelt’s Road to War

Rankin offered her own explanation on December 8, 1942, the anniversary of her vote, when she caused an essay to be entered into the formal Congressional Record. The essay, titled “Some Questions about Pearl Harbor,” offers several well argued cases that President Roosevelt was squarely to blame for Pearl Harbor and that he had abandoned his well-professed neutrality prior to the attack. She offered several pointed arguments to advance her opinion.

Her first thesis was that Roosevelt was manipulated by the British into a posture that could only lead to war. She cited a 1938 book by British author Sydney Rogerson titled Propaganda in the Next War, which she had read from the Library of Congress. The book called for British propaganda in the United States, during the next war, to target and build a fear of Japan, predicting that resulting economic sanctions against Japan would cause war and embroil the United States against Germany. Then, she focused on the Atlantic Conference of August 12, 1941, where Roosevelt had promised Churchill that the United States would bring economic pressure to bear on Japan. She noted that the Economic Defense Board had imposed that pressure less than a week later.

She argued that Roosevelt knew that economic and trade sanctions would lead to war. She cited a State Department Bulletin of July 26, 1942, in which Roosevelt admitted that cutting off oil to Japan would lead to war. Rankin reported that she had applied to the Departments of State and Commerce for statistical data for month to month trade between the United States and Japan prior to the war. Such a request was within the rights of a sitting member of Congress. She received a shocking response: “Because of a special executive order, statistics on trade with Japan beginning with April 1941 are not being given out.”

Her third thesis began with a quotation from Life magazine of July 20, 1942, where it was written, “…the Chinese, for whom the U.S. had delivered the ultimatum that brought on Pearl Harbor….” She cited it because the presence of an ultimatum as a cause of World War II was not yet widely or popularly understood. Then, she revealed that on September 3, 1941, a communication had been sent to Japan demanding that it accept the principle of “nondisturbance of the status quo in the Pacific.”

Finally, she offered several examples of military orders predating Pearl Harbor that indicated that war was known to be imminent. Once of the most compelling was the story of Lieutenant Clarence E. Dickinson, published in the Saturday Evening Post on October 10, 1942. He wrote about a mission to deliver a batch of 24 Grumman F4F Wildcat fighter planes from Pearl Harbor to Wake Island on November 28, 1941. He claimed that the mission was “under absolute war orders” and that they “were to shoot down anything we saw in the sky and bomb anything we saw on the sea.”

Congresswoman Jeannette Rankin of Montana is shown surrounded by suffragettes in 1917, as the United States entered World War I. Rankin voted against U.S. entry into World War I.

Rankin reasoned that President Roosevelt had been earnestly working to entrap the United States in war. She thought Pearl Harbor was a massive stroke of luck for him. At the conclusion of her Congressional Record essay, she wondered: “But was it luck?”

Amid wartime secrecy and a lack of direct information, her analysis has proved rather insightful. Her speculation about Roosevelt’s causality of World War II was among the first in what has become a 60-year history of conspiracy theory and spawning more than a dozen books. One of those was written by Congressmen Hamilton Fish (R-NY). He was a noninterventionist, who, in the House debate, laid aside that philosophy and endorsed the war. Later, he believed that Roosevelt had planned for war for quite some time and had tricked the country into involvement.

Jeannette Rankin’s second term in Congress ended in January 1943, just weeks after her Congressional Record essay. In North Africa, German General Erwin Rommel was in full retreat. In the Pacific, battles at Midway and in the Solomons showed a turning tide. Field Marshall Friedrich von Paulus’s German Sixth Army was only weeks away from surrender at Stalingrad. Some glimpsed the end of the conflict, and it became necessary to plan for such an end. Although a Supreme Allied Commander had yet to be named, staff developed a plan for the war’s end and the peace thereafter. Either as irony or homage, this plan was code named Operation Rankin. The Rankin plan served as the basis for D-Day and the occupation zones of a postwar Germany.

Jeannette Rankin’s Legacy

Jeannette Rankin died on May 18, 1973, at age 92, in Carmel, California. History, for the most part, has relegated her to the role of footnote, a woman whose misguided adherence to a set of causes led her to dissent against one of the most popular wars in American history. She achieved a brief glimpse of remembrance when Congresswoman Barbara Lee (D-Calif.) stood alone against the war on terror following 9/11, echoing Jeannette’s convictions of 60 years earlier.

However, in the United States, strength of cause and conviction has always been valued. Jeannette’s ability to stand alone for her beliefs is admirable, maybe even heroic. Questioning leaders, their motives, and their principles is not only a fundamental right but an important duty in a democracy. Jeannette fulfilled that duty despite the unpopularity it caused.

Even more valuable is the voice of dissent. Dissent was fundamental before the words liberty, freedom, equality, and pursuit of happiness were ever celebrated in the United States. Jeannette Rankin should be more than a Trivial Pursuit answer or Jeopardy question. Her contribution to the history of this land should be often remembered.

As a high school junior in an American History class, the author earned extra credit by attending a lecture by Ms. Rankin at a local university. At that time, many things were burning—draft cards, brassieres, protesters in self-immolation, flags, crosses, and napalm. Ms. Rankin was a woman of wit and wisdom. Her speech was feminist, humanist, and pacifist, showing that the causes of her life were still fresh and energizing to her. Her speech was both thought provoking and transformative to at least one teenager whose mind still reeled from the deaths of Bobby Kennedy and Martin Luther King, Jr. During her talk, she said: “There can be no compromise with war it cannot be reformed or controlled cannot be disciplined into decency cannot be codified into common sense.”

Those words were on the author’s mind one February day in 1972, watching on television with no draft deferment as his birthday was drawn 19th in the Selective Service Lottery. The author would have served, but thanks to Jeannette Rankin, and others of like mind, he did not have to.


Jeannette Rankin: One Woman, One Vote

Jeannette Rankin. Collections of the Library of Congress (https://www.loc.gov/item/2014704009/) Only one woman in American history – Congresswoman Jeannette Rankin – ever cast a ballot in support of the 19th Amendment. In 1916, Rankin represented the citizens of Montana in the U.S. House of Representatives, and she wanted American women nationwide to enjoy the benefits of suffrage. “If I am remembered for no other act, I want to be remembered as the only woman who ever voted to give women the right to vote,” Rankin said. [1] But Rankin’s contributions go far beyond that single vote.

Rankin was feisty all her life. She was born in the Montana Territory in 1880, before it became a state. Unlike most women of her day, she attended college, studying biology as a member of the first class of students at the University of Montana. She started her career as a teacher but changed her focus after visiting her brother Wellington Rankin in Boston and seeing urban slums for the first time. When she returned to the west, she got a job at a settlement house for poor women and children.

To improve her skills, she went to New York City, where she studied social work at the New York School of Philanthropy (which later became Columbia University’s School of Social Work). In 1909, she moved to Washington State and began work at an orphanage. The work didn’t suit her she felt she could never do enough to address the needs of the poor by dealing with one case at a time. Recognizing the need for systemic change, she once again returned to school, this time enrolling at the University of Washington to study finance, public speaking, and government.

Jeannette Rankin (right) holding The Suffragist newspaper. Collections of the Library of Congress (https://www.loc.gov/item/mnwp000300/) That’s where she discovered suffrage. While at school in Seattle in 1910, Rankin saw an ad in the school newspaper soliciting volunteers to work for women’s suffrage in the state of Washington. During the afternoon she spent putting up suffrage posters around town, and learning more than she had ever known before about suffrage, Rankin thought about the link between suffrage and social reform. If women could vote, it followed that they could support laws to improve the lives of children and families. From then on, Rankin became an outspoken advocate for suffrage. That fall, Washington became the fifth state in the nation to give women the right to vote.

Rankin soon returned to Montana and began to work for suffrage there. Before long, the Equal Franchise Society asked her to address the Montana legislature. Because Rankin was the first woman to address the state legislature, her speech created quite a stir. In honor of her arrival at the State Capitol in Helena, the legislators were banned from smoking and spittoons were removed from the room. Legislators were warned not to swear, and they chipped in to buy Rankin a bouquet of violets to welcome her.

“I was born in Montana,”[2] Rankin said when she began her remarks. This gave her credibility most people were born out of state and moved to Montana. She addressed the need for the vote in a non-threatening way. “It’s beautiful and right that a woman should nurse her sick children through typhoid fever, but it’s also beautiful and right that she should vote for sanitary measures to prevent that typhoid from spreading,” she said. [3] She argued that suffrage would not disrupt the social order it would allow women to be better caretakers of children and families.

Jeannette Rankin (right) and Carrie Chapman Catt (left) on the balcony at NAWSA headquarters. Collections of the Library of Congress (https://www.loc.gov/item/2016821745/) The suffrage bill failed that year. Undeterred, Rankin continued her efforts, traveling thousands of miles across Montana, working with the National American Woman Suffrage Association, and becoming one of the leading voices about suffrage in America. Three years later – in 1914 – Montana became the tenth state to grant women the right to vote. After the vote in Montana, Rankin traveled and assessed her next steps. She decided to run for the U.S. Congress. “The primal motive for my seeking a seat in the national Congress is to further the suffrage work and to aid in every possible way the movement for nationwide suffrage, which will not cease until it is won,” she said.[4]

She wasn’t concerned that there had never been a woman in Congress. She believed that women needed a voice in government to speak out against war and in favor of children’s issues. “There are hundreds of men [in Congress] to care for the nation’s tariff and foreign policy and irrigation projects. But there isn’t a single woman to look after the nation’s greatest asset: its children.”[5] Rankin’s brother Wellington offered to help. “I’ll manage your campaign,” he said. “And you’ll be elected.” [6]

In addition to suffrage, Rankin supported an 8-hour work day for women and legal protections for children, especially orphans. When her critics argued that “A woman’s place is in the home,” she responded, “The way to protect the home is to have a say in the government.”[7] In 1916, when she was thirty-six years old, Rankin became the first woman elected to the U.S. House of Representatives.

On April 2, 1917, suffragists honored Rankin at a breakfast before her first day on Capitol Hill. The war in Europe had been intensifying, and Rankin’s suffragist friends feared that the country might be drawn into the war. They reminded her that the cause of suffrage would be compromised if she voted against the war because women would be seen as weak and unfit for politics. Rankin listened but made no promises about what she would do.

The same day, President Woodrow Wilson called an emergency session of Congress and asked them to vote to “make the world safe for democracy” by entering the war. No matter what she did, Rankin knew she would disappoint a lot of people. In her campaign, Rankin had promised to do everything she could to keep the country out of war. Although not a Quaker, Rankin had developed her pacifist beliefs in her childhood and thus had held them most of her life. Her brother Wellington urged Rankin to save her political career and “Vote a man’s vote”[8] by standing with the president. After only six days in Congress, Rankin cast her first vote. At three o’clock in the morning, her name was called and she said, “I want to stand by my country, but I cannot vote for war. I vote ‘no.’”[9]

Jeannette Rankin (standing right) and Carrie Chapman Catt (standing left) riding in a car outside NAWSA headquarters. Collections of the Library of Congress (https://www.loc.gov/item/2016821746/) The war measure passed without her support or that of fifty other Congressmen. “You know, you are not going to be re-elected,” Wellington said. “I’m not interested in that,” Rankin said. “All I am interested in is what they will say fifty years from now.”[10] Rankin did not regret her decision. “Never for one second could I face the idea that I would send your men to be killed for no other reason than to save my seat in Congress,” she later said.[11]

Rankin tried to make the most of her time in Congress. As promised, she championed the suffrage amendment and pushed President Wilson and Congress to support the measure. On January 10, 1918, Rankin addressed Congress on the suffrage question. “How shall we explain… the meaning of democracy if the same Congress that voted for war to make the world safe for democracy refuses to give this small measure of democracy to the women of our country?” she asked.[12] The resolution for women’s suffrage passed in the House by 274 to 136. Though it did not pass in the Senate, momentum was building.

As expected, Rankin did not win reelection. The following year, after Rankin left office, Congress passed the 19th Amendment, which gave women in all states the right to vote after its ratification in 1920. The suffrage issue had been settled, but Rankin continued her career in public service. After leaving Congress, she moved to a farm in Georgia and worked with the Georgia Peace Society. Almost twenty years after she left Congress, she decided to return to Montana and run for the U.S. House of Representatives again. In 1940 she ran on the promise that she would keep America out of war. She won a second chance to represent her home state.

On December 7, 1941, Japan bombed Pearl Harbor the following day, 60-year-old Rankin once again voted against entering the war. This time she was the sole vote against entering the fight, making her the only person to have voted against American involvement in World War I and World War II. Again, her political career lasted only a single term, but for Rankin, that was not the point. As she later told a friend, “I have nothing left except my integrity.”[13]

This article was originally published by the Women’s Suffrage Centennial Commission (WSCC) on May 6, 2020 as a part of the WSCC blog, The Suff Buffs. The Women's Suffrage Centennial Commission was created by Congress to commemorate 100 years of the 19th Amendment throughout 2020 and to ensure the untold stories of women’s battle for the ballot continue to inspire Americans for the next 100 years.

Author Biography

Winifred Conkling is the author of Votes for Women! American Suffragists and the Battle for the Ballot (Algonquin Young Readers, 2018.) She is the award-winning author of fiction and nonfiction for young readers.

[1] O’Brien, Mary Barmeyer. Jeannette Rankin: Bright Star in the Big Sky。 Helena: Rowan & Littlefield, 1995 p. 37。

[3] Aronson, Peter. Jeannette Rankin: America’s First Congresswoman。 New York: Double M. Books, 2019 p. 24。

[5] Woelfle, Gretchen. Jeannette Rankin: Political Pioneer。 Honesdale, PA: Calkins Creek, 2007 p. 43.

[7] Marx, Trish. Jeannette Rankin: First Lady of Congress。 New York: Margaret K. McElderry Books, 2006.

[8] Josephson, Hannah. Jeannette Rankin: First Lady in Congress。 New York: The Bobbs-Merrill Company, Inc., 1974 p. 73。

[10] Norma Smith, Jeannette Rankin: America’s Conscience。 Helena: Montana Historical Society Press, 2002 p. 112。


参考文献

Aronson, Peter. Jeannette Rankin: America’s First Congresswoman。 New York: Double M. Books, 2019.

Giles, Kevin S. One Woman Against War: The Jeannette Rankin Story。 St. Petersburg, FL: BookLocker.com, 2016.

Josephson, Hannah. Jeannette Rankin: First Lady in Congress。 New York: The Bobbs-Merrill Company, Inc., 1974.

Lopach, James, and Luckowski, Jean A. Jeannette Rankin: A Political Woman。 Boulder, CO: University Press of Colorado, 2005.

Marx, Trish. Jeannette Rankin: First Lady of Congress。 New York: Margaret K. McElderry Books, 2006.

O’Brien, Mary Barmeyer. Jeannette Rankin: Bright Star in the Big Sky。 Helena: Rowan & Littlefield, 1995.

Norma Smith, Jeannette Rankin: America’s Conscience。 Helena: Montana Historical Society Press, 2002.

Woelfle, Gretchen. Jeannette Rankin: Political Pioneer。 Honesdale, PA: Calkins Creek, 2007.


Jeannette Rankin Residence

Born on a ranch near Missoula, Jeannette Rankin graduated from the University of Montana in 1902. She studied social work in New York City and worked in an orphanage before deciding that she wanted to focus on the root causes of society’s problems. Realizing that “to have decent laws for children, sanitary jails, [and] safe food supplies, women would have to vote,” Rankin became a full-time suffrage organizer in 1910. After successful campaigns in Washington and California, she returned to Montana, where she helped pass the state’s suffrage amendment in 1914. Supported by Montana’s newly enfranchised women voters, Jeannette Rankin won election to Congress in 1916, becoming the nation’s first female representative. Her first vote was against the United States’ entry into World War I. After a term in the House, Rankin lost her bid for Senate in 1918, in part because her support of striking miners had made an enemy of the Anaconda Copper Mining Company. Unable to secure reelection, Rankin became a full-time peace activist. She purchased a home near Athens, Georgia, but kept her legal residence in Montana, spending every summer from 1923 to 1956 here. In 1940, Rankin once again ran for Congress. Montanans sent her back to the House, where she cast the sole vote against U.S. entrance into World War II. Although Jeannette’s brother Wellington owned this property, she spent more time living in the simple, frame ranch house than he did. Due to this association, the National Park Service designated ninety acres of the ranch as a National Historic Landmark in 1976.


Where to Learn More

Block, Judy Rachel. The First Woman in Congress: Jeannette Rankin。 New York: C.P.I., 1978.

Giles, Kevin. Flight of the Dove: The Story of Jeannette Rankin。 Beaverton, OR: Touchstone Press, 1980.

Josephson, Hannah. First Lady in Congress: Jeannette Rankin。 Indianapolis, IN: Bobbs-Merrill, 1974.

Morin, Isabel. Women of the U.S. Congress。 Minneapolis, MN: Oliver Press, 1994.

ビデオ

Regele, Susan, writer, Ronald Bayley, producer, and Nancy Landgren, director. Jeannette Rankin: The Woman Who Voted No。 Video Recording. PBS Video, 1984.