ニュース

1940年3月30日

1940年3月30日


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

フランスは、1940年10月に配達される170機のベルP-400エアラコブラを注文しました。航空機は最終的にイギリス空軍に到着します。

ベルP-39アイラコブラ、 ロバートF.ドールとジェリーC.スカッツ (クロウッド航空)。この物議を醸しているアメリカの戦闘機の開発とサービスの歴史を詳細に調べました。 P-39はイギリスとアメリカのパイロットの間で評判が悪かったので、ドルはその理由を調べ、同じ航空機がソビエトサービスで非常に人気があった理由を調べます。 Scuttsは、P-63 Kingcobraに関する章を提供し、この本は、生産に入ることができなかった多数のベル戦闘機プロジェクトもカバーしています。


失われたダラス

ダラスは常に一時的な都市であり、その根性の欠如は、それが多くの歴史のない都市であるという誤解につながることがよくあります。歴史を学ぶのに十分な長さの人が少ないか、歴史にあまり興味を示さない人が多いからかもしれません。ジョンニーリーブライアンがトリニティ川のほとりにキャビンを植えて以来、ダラスは過去の遺産ではなく、未来の手付かずの約束に特に焦点を当てた都市でした。皮肉なことに、新しいものへの執着は、その最も古く、最も永続的な特徴の1つです。

ダラスの一時性は、都市の住民だけでなく、その物理的形態も表しています。この街の歴史の最も注目すべき側面の1つは、178余りの比較的短い歴史の中で、非常に多くの地域が生まれ、進化し、破壊され、置き換えられ、再び消去され、もう一度作り直されたということです。ダラスの理想的な形の実現に向けて努力しています。建設と再建へのこの衝動的な関心の結果は、目に見えないものの、現在を形作り続けている過去の物理的なマーカーがほとんど残っていない都市です。

次のガイドでは、失われた都市を発掘しようとします。そうすることで、私たちが発見したのは、ダラスは長い間変革への欲求によって定義されてきたということです。生の大草原は豊かな綿花畑に発展し、小さな交易所は急成長する商業の中心地に成長しました。小さなフロンティアの町は綿花、鉄道、商人、石油、金融産業の主要な中心地になりました。

また、ダラスの住民は、神話上の約束とアメリカのフロンティアの広く開かれた可能性を背景に、長い間自分たちを作り直そうと努めてきました。牧場主は銀行家になりました。未亡人の先駆的な女性は実業家になりました。ヴォードヴィルの劇場運営者は市民志向の慈善家になり、綿花のセールスマンはテクノロジー業界の巨人になりました。

ダラスは、歯科医のドク・ホリデイがプロのギャンブラーになり、レイ・チャールズが路上で疲れたミュージシャンからスーパースターへと飛躍し、大恐慌時代の貧しいティーンエイジャーのボニー・パーカーとクライド・バロウがおとぎ話の盗賊やカルトヒーローに変身した場所です。

ダラスの一時的な住民にとって、土地と都市は個人的な野心のために最もよく使われる道具でした。したがって、ダラスの都市形態が独自の継続的なオーバーホールにも耐えてきたことは驚くべきことではありません。過去の貴重な業績は、ビジネス、進歩、そして未来の新しいビジョンの名の下に耕されました。

これは、難しいとはいえ、まとめるのに光を当てるプロジェクトでした。ダラスの豊かな文化的、社会的、建築的遺産の発見には、その歴史の多くが失われているという落胆した認識が伴いました。失われたり忘れられたりした建物、通り、近所、お店、クラブ、飲食店のイメージに出くわしたとき、代わりに懐かしく、悲しく、そして怒りさえ感じないことは不可能でした。前の世代の業績にもっと敬意が払われていたら、今日のダラスがどのように見えるかを想像することも不可能でした。そのような支払いがあったならば、ダラスはより自信を持って自信を持った都市を出現させたかもしれないと推測することができます。それは確かにもっと美しい街になるでしょう。

しかし、この「失われた都市」が生き残っていたら、ダラスは実際にはダラスではなかったでしょう。その意味で、これは失われた場所の話ではありません。むしろ、過去の消えた場所で、ダラスの街に出会う新しい方法を見つける努力です。


プエルトリコの歴史

4月2日、正式には1900年の有機法であるフォラカー法が承認され、島と米国の間で市民政府と自由商取引が確立されました。この法律は、ジョセフB.フォラカー上院議員によって議会に導入されました。プエルトリコは米国になりました 最初の法人化されていない領域。新政府には、5人のプエルトリコ内閣メンバーからなるアメリカの知事がいました。

3月4日、Federico Degetauは、プエルトリコからの最初の常駐コミッショナーとしてワシントンに就任しました。

3月19日、マッキンリー大統領はプエルトリコとの自由貿易の必要性を主張します。

5月1日、フォラカー法に基づく島の最初の市民知事(Charles H. Allen)が就任しました。

6月5日、マッキンリー大統領は、チャールズH.アレン知事の下で、5人のプエルトリコのメンバー(ホセセルソバルボサ、ロセンドマティエンツォシントル&オアクテン、ジョスアンドイーキュートデディエゴ、マヌエルカムティルディース、アンドレアキューツクロサス)と6人の米国メンバー(ウィリアム)を含む執行内閣を指名しました。 H.ハント、JH長官Hollander、会計J.R. Garrison、監査人W.B.エリオット、インテリアジェームズ・A・ハーラン、司法長官、M.G。博士ブランボー、教育長官。

教育省は、最初の教育委員であるM. G. Braumbaugh博士(後のペンシルベニア州知事)によって設立されました。教授法は完全に英語で、スペイン語は特別な科目として扱われました。

パルティード連邦(連邦党)が設立されました。党はプエルトリコが合衆国の州の1つになるためにキャンペーンをします。

7月4日、Beeckman Winthropはプエルトリコの知事になり、1907年まで務めました。

11月6日、フォラカー法に基づく最初の選挙が祝われました(登録有権者123,140人)。

12月3日、最初の立法議会が開かれました。

12月11日、プエルトリコを訪問した際、セオドア・ルーズベルト米国大統領はプエルトリコ会議で演説し、プエルトリコ人が米国市民になることを推奨しました。

プエルトリコの米国に任命された会計係、ジェイコブ・ホランダーにちなんで名付けられたホランダー法が承認されました。法律は土地に1%の税金を課し、100ドル未満の価格の土地を免除したため、中高所得の土地所有者に真っ向から落ち込みました。この法律の施行は、米国当局によるプエルトリコペソの人為的な切り下げと同時に行われました。 ペソ 60アメリカンセントで評価:40%の通貨切り下げ。

3月4日、Federico Degetauは、プエルトリコからの最初の常駐コミッショナーとしてワシントンに就任しました。

6月30日、島に住んでいたプエルトリコ人が軍隊に所属できるように、ポルトリコ暫定歩兵連隊が組織されました。一方、本土に住んでいたプエルトリコ人は、米国の次のいずれかの支部の通常部隊に所属していました。軍隊、米国海兵隊、陸軍または海軍。米国はプエルトリコで軍の隔離されたユニットの方針を実行しました。アフリカ系のプエルトリコ人は、隔離された真っ黒な部隊に割り当てられ、第375連隊など、当時の米国で蔓延していた差別の対象となりました。

ポルトリコ電話会社が発足しました。

キューバは独立を宣言します米国はプエルトリコを領土と宣言します。

11月4日、フォラカー法に基づく2回目の選挙が祝われました(登録有権者158,924人)。

公用語法(フォラカー法に基づく)が制定され、すべての島の政府部門、裁判所、および公的機関において、英語はスペイン語との共同公用語と見なされ、必要に応じて、1つの言語からもう1つは、すべての当事者が手続きを理解できるようにするために作成されます。

1月17日、米国は、セオドア・ルーズベルト大統領によって最初に作成された、国有林システムで唯一の熱帯雨林であるルキリョ森林保護区を正式に指定しました。

ルーズベルトは、クレブラを海軍管制に引き渡すという大統領命令に署名した。

Luis Mu&ntildeoz RiveraとJos&eacute de Diegoは、フォラカー法(連邦党の改革)に基づいて設立された植民地政府と戦うために、Partido Unionista de Puerto Rico(プエルトリコの組合党)を設立しました。

7月4日、Beeckman Winthropはプエルトリコの知事になり、1907年まで務めました。

最初の普通選挙権が確立され、21歳以上の男性が参加を許可されました。

3月9日、公式の紋章を制定する法律が調印された。元の紋章は、1511年にスペインの王冠によって付与されました。

アメリカ労働総同盟と提携しているFederacionLibre de Trabajadores(プエルトリコ自由連盟)が設立されました。とりわけ、サンティアゴ・イグレシアスが率いる。

11月6日、セオドア・ルーズベルト大統領はワシントンD.C.を離れ、パナマとプエルトリコへの17日間の旅行に出かけ、米国外を公式訪問した最初の大統領になりました。

12月11日、プエルトリコ訪問中に、セオドア・ルーズベルト米国大統領がプエルトリコ議会で演説し、プエルトリコ人が米国市民になることを推奨しました。

運転免許証の発行が始まりました。 「オブレロインシュラー」パーティーが設立されました。-->

最初の映写機が島に持ち込まれました。 「」と呼ばれるテント劇場で使用されていますシネプエルトリコ".

フォラカー法のオルムステッド改正は両院で可決され、この法律はプエルトリコ問題の監督を大統領が指名する行政部門の管轄に置いた。この法律は、1909年初頭のプエルトリコでの政府の危機への対応でした。

米国国勢調査局は、島の総人口は17%増加して1,118,012人と数えられたと報告しました。これは、米国国勢調査局がプエルトリコで開催した2回目の人口調査でした。

農業機械芸術大学はMayag&umluezに設立されました。今日では、プエルトリコ大学-Mayag&uumlez Campus(UPRM)として知られており、カリブ海の主要な科学技術機関と見なされています。

6月29日、インターアメリカン大学はユナイテッド長老派教会によって設立されました。 IAUは民間の非営利団体です。このシステムには、法学部と検眼が含まれています。

Rosendo Matienzo Cintr&oacuten、Manuel Zeno Gand&iacutea、Luis Llorens Torres、Eugenio Ben&iacutetez Casta&ntildeo、およびPedro Franceschiは、プエルトリコの独立を独占的に望んでいた島の歴史の中で最初の党であるPartido Independentista(独立党)を設立しました。短命ではありましたが、同様のイデオロギーを持つ将来の組織の前例を確立しました。

最初のプエルトリコの将校は執行内閣に割り当てられ、島民が過半数を占めることができます。役員は、秘書のマーティン・トラビエソとインテリアコミッショナーのマヌエル・V・ドメネクでした。

最初の郵便貯金銀行がサンファンに開設されました。
最初の公衆コイン電話が設置され、オペレーターが支援した通話で、通話料金は5セントでした。 (世界で最初の公衆コイン電話は、1889年にコネチカット州ハートフォードのウィリアムグレイによって設置されました。)

アーサー・イエーガー知事を伴ったプエルトリコからの代表団は、島にもっと自治権を与えるよう議会に要請するためにワシントンを訪れました。

12月5日、ジョーンズ法が承認されました。

8月22日、ハリケーンが島を襲った。

  1. プエルトリコはアメリカ合衆国の領土になりました(「組織化されているが組み込まれていない」)
  2. 権利章典が作成されました。
  3. 3つの政府の権限を、立法、行政、司法の各部門に分けました。
  4. 米国はプエルトリコ人に米国の法定市民権を付与しました。つまり、プエルトリコ人は憲法ではなく議会制定法によって市民権を付与されたため、市民権は保証されません。 (プエルトリコの市民権は終了しました。居住目的でのみ再設立されたのは1927年まででした。)
    市民として、彼らは軍隊に加わることを許可され、300人だけが市民権を拒否し、他の多くは軍隊に加わることを拒否しました。第一次世界大戦中、18,000人以上のプエルトリコ人が奉仕しました。
  5. 選挙は4年ごとに祝われることになっていることを確立しました。
  6. 英語はプエルトリコの公用語として定められています。

一方、フォラカー法は依然として政府の経済的および財政的側面を決定しました。

4月6日、米国はその同盟国である英国、フランス、ロシアに加わり、第一次世界大戦で戦った。

5月18日、ウッドロウウィルソン米国大統領は、兵役義務法に署名しました。この法律は、アラスカ、ハワイ、プエルトリコの領土を除いて、18歳から32歳までの米国のすべての男性が兵役に登録することを要求しました。

5月20日、プエルトリコ議会は草案を島に拡大します。 20,000人の島民が第一次世界大戦に引き込まれました。

7月6日、ジョーンズ法に基づく最初の選挙が祝われました。

有機法が承認されました。これにより、プエルトリコの人々によって自由に選出された議会(19人の上院議員、39人の代表者)が島に与えられました。

「エルインパルシャル」 新聞が設立されました。

10月11日、マグニチュード7.5の地震が発生し、高さ6メートル(19.5フィート)の津波が発生しました。震源地はアグアディヤの北西、モナキャニオン(プエルトリコとドミニカ共和国の間)にあり、マヤグ&ウムレスで大きな被害と人命の損失を引き起こし、西海岸では被害が少なかった。震えは数週間続いた。

プエルトリコ国家警備隊は、ウェストポイントの最初のプエルトリコ卒業生であったMGルイスエステベスによって設立されました。

"エルムンド「新聞が設立されました。

米陸軍予備役将校研修隊(ROTC)プログラムが作成されました。 ROTCはもともと大学生に義務付けられていましたが、1960年以降は任意になりました。

ヤゲス劇場の火災で150人が死亡。

6月、Santiago Iglesias Pant&iacutenが率いるPartido Socialista Puertorrique&ntildeo(社会主義プエルトリコ党)が設立されました。

Santiago Iglesias Pant&iacutenが上院議員に選出され、最初の社会党上院議員になり、社会党が島政の主要政党として台頭したことを示しています。

エメットモンゴメリーライリーはプエルトリコの知事に任命されました。 (1921-1923)モンゴメリーは、最も嫌われている知事の1人です。

6月3日、ハーディング大統領の任期中に、ジョンソン法が可決されました。この法律は移民の割り当てを確立し、ヨーロッパ人の米国への移民を制限しました。クオータ制は、米国の既存の外国生まれの国籍の人口の3%に基づいていました。その結果、米国への移住を選択したプエルトリコ人の仕事の可用性が高まりました。

Balzac対PortoRico(258 U.S. 308)の場合、米国最高裁判所は、プエルトリコは連合の一部ではなく領土であると宣言しました。決定は、米国憲法がプエルトリコに適用されなかったと述べました。

9月17日、Partido Nacionalista de Puerto Rico(プエルトリコ国民党)が設立されました。

12月3日、最初のラジオ局WKAQが発足しました。

「ConstitucionalHist rico」党が設立されました。-->

国会議事堂の建設が始まりました。

ブキャナン砦は1925年に設立され、当初はマイルズ砦と呼ばれていました。

7月23〜27日、ハリケーンが島を襲います。

9月13日、ハリケーンサンフィリップ2世(「サンフェリペ2世」)が島を襲った。 300人が死亡した。

チャールズリンドバーグは飛行機で島を訪れました セントルイスの精神.

1929年のウォール街の株式市場の暴落により、米国史上最悪の景気後退である大恐慌が引き起こされました。大恐慌は島に壊滅的な影響を及ぼし、広範な飢餓と失業を生み出しました。多くの銀行は営業を続けることができませんでした。農民は破産した。大恐慌は10年以上続いた。

1月9日、パンナム航空はマイアミへの最初のフライトを開始しました。

航空便の郵便サービスが開始されました。

女性には選挙権が与えられましたが、それは読み書きの方法を知っている女性だけに与えられました。

ペドロアルビスカンポスが国民党の大統領に選出された。

9月10〜16日、ハリケーンセントニコラスが島を襲います。 「Uni nRepublicana」党が設立されました。-->

5月17日、米国議会は島の名前を元に戻す法律を承認しました ポルトリコ、元の名前、プエルトリコに。

9月30日、ハリケーンSan Cipri&aacutenが島を襲った。 200人が死亡し、1,000人が負傷し、物的損害は4,000万ドルに達しました。 「リベラルプエルトリケオ」と「社会主義憲法」党が設立されました。-->

ブラントンウィンシップは、プエルトリコの知事、エリシャフランシスリッグス警察署長、およびプエルトリコの合衆国裁判所のロバートA.クーパー裁判官に任命されました。

プエルトリコ緊急救援局(PRERA)として知られる経済支援プログラムが実施され始めています。

シクストエスコバルは、全米ボクシング協会のボクシング選手権で優勝した最初のプエルトリコ人になりました。

5月9日、プエルトリコで闘鶏が合法化されました。

フランクリンD.ルーズベルトが島を訪れました。

Jos&eacute Pad&iacuten教育委員は、小学校8年生までの指導言語としてスペイン語を採用することに同意しました。高等教育を含むその後の学年では、英語が指導言語として継続されます。

5月28日、フランクリンD.ルーズベルト大統領はプエルトリコ復興局(PRRA)を創設し、島の農業開発、公共事業、電化を提供しました。

SixtoEscobarスタジアムが発足しました。

2月23日、プエルトリコ国民党のハイラムロサドとエリアスボーチャンプは、大学の虐殺(「リオピエドラスの虐殺」)に対する報復として、サンファンの警察署長リッグスを殺害しました。彼らはオールドサンファンの警察本部で捕らえられ殺されました。

7月31日、Pedro Albizu Campos、Juan Antonio Corretjer、Clemente Soto V&eacutelez、およびその他の民族主義者は、連邦刑務所で6〜10年の刑を宣告されました。

女性参政権を与えられた。

Bacardi y Compa&ntilde&iacuteaは、プエルタデティエラのバカルディ家によって設立されました。

Nacionalista de Puerto Rico Partyパレードの初めに、ポンセで「Masacre de Ponce」と呼ばれるように行われ、20人が死亡し、100人が負傷しました。

ペドロアルビスカンポスと他の民族主義者は、ジョージア州アトランタで奉仕するためにプエルトリコから移されました。

ポンセのメルセディタ空港が操業を開始しました。

フランクリンルーズベルト大統領は毎年10月12日をクリストファーコロンブスデーと宣言しました。

国民民主党(民主党)は、「パン、土地、自由」というスローガンを採用したルイス・ムンティルデオズ・マルイアキューテンの指導の下に設立されました。党は初期段階で国の独立を支持した。

Cervecer&iacuteaIndiaが発足しました。

アメリカ海軍はビエケス島の27,000エーカーの土地を購入しました。

第二次世界大戦は、30か国以上が関与した、歴史上最大かつ最悪の戦争でした。 1939年のナチスによるポーランド侵攻をきっかけに、連合国が1945年にナチスドイツと日本を破るまで、戦争は6年間続きました。

とともに 1940年米国国籍法1941年1月13日に発効し、1952年に国籍法によって批准された議会は、帰化に関する法律を改正し、 出生地主義 プエルトリコへの支配。この法律の下では、その日以降にプエルトリコで生まれたすべての人は米国市民と見なされ、したがって、彼らの米国市民権は米国憲法修正第14条の下で保護されています。 (1917年、プエルトリコ人に付与された米国市民権は、帰化された立法または法定市民権でした(議会は特定の条件下で法定市民権を取り消すことができます)。)

サリナスのキャンプサンティアゴは、プエルトリコ国家警備隊の訓練施設として設立されました。

アメリカ合衆国は、クレブラ島とビエケス島に軍事基地を設立し始めました。ルーズベルトロード海軍基地は、世界最大の海軍施設の1つであり、約32,000エーカーをカバーし、3つの港とビエケス島の3分の2を網羅しています。

フランクリン・D・ルーズベルト大統領は、レックスフォード・ガイ・タグウェルをプエルトリコの知事に任命しました(1941-1946)。

ポンセセメントコーポレーションはポンセで設立され、操業を開始しました。

Banco Gubernamental deFomentoが設立されました。

プエルトリコ産業開発会社が設立されました。

5月11日、188法が調印され、薬剤師のテオドロ・モスコソと開発産業会社の指導の下、「マノス・アラ・オブラ」(Hands to work)としてよく知られる産業開発プログラムが規制されました。 ICDは、プエルトリコの経済発展の主要な推進者になりました。

ヒラムビソーン(シカゴカブス)は、メジャーリーグでプレーする最初のプエルトリコ人になりました。

4月2日、米国上院議員のタイディングスは、プエルトリコの独立を求める法案を議会に提出しました。

米国郵政公社は、コロンバスがプエルトリコに上陸してから450周年を記念して切手を発行しました。

第二次世界大戦中、陸軍の第65歩兵連隊は、主にプエルトリコ人で構成され、「Borinqueneers」(特別名称)と呼ばれる分離されたヒスパニック部隊であり、1943年に太平洋を保護するためにパナマに送られ、1944年までにフランスに送られました。 。彼らはナポリ-フォギス、ローマ-アルノ、中央ヨーロッパ、ラインラントの戦いに参加しました。連隊は23人の兵士を戦死させた。

その間、国防総省は65,034人のプエルトリコ人が米軍に勤務したと推定しています。

プエルトリコ人は、仕事とより良い経済状況を求めて、米国に移住し始めました。

7月7日、パンアメリカン航空はニューヨークへの直行便を開始します。

7月21日、ハリー・トルーマン大統領は、生まれながらのJes&uacutes T. Pi&ntildeero知事を指名し、プエルトリコで初めて島を統治しました。

Partido Independentista Puertorrique&ntildeo(プエルトリコ独立党)が設立されました。

一般に「エルユンケ」として知られるカリブ海国有林は、島の野生生物保護区に指定されました。

「すべての公立学校で教えるためのスペイン語の独占的使用」を命じる法案が可決されました。

8月5日、米国議会は選挙知事法を可決し、プエルトリコ人が自分の知事を選出することを許可し、ハリー・トルーマン大統領がこの法に署名しました。

20以上の航空会社が、サンファン、プエルトリコ、マイアミ、およびサンファンとニューヨークの間でサービスを提供しています。

ペドロアルビスカンポスは、その学生からリオピエドラスのプエルトリコ大学で講演するよう招待されました。ハイメ・ベニテス学長は招待に反対しています。プエルトリコ大学でストライキが行われ、警察による暴力的な弾圧が発生しました。

プエルトリコの最初のオリンピック参加はロンドンで行われ、ボクサーのフアンエヴァンジェリスタベネガスはプエルトリコの最初のオリンピックメダルであるブロンズメダルを持ち帰りました。

6月10日、プエルトリコ議会は「」として知られる悪名高い法律53を承認しました。La Ley de la Mordaza「(ギャグ法)法律により、プエルトリコの旗を掲げたり、愛国的な歌を歌ったり、独立について話したり、もちろん島の解放のために戦ったりすることは違法になりました。これは「リトルスミス」としても知られていました。同様のファシスト法が本土に渡された後にパターン化されたためです。

8月15日、プエルトリコでギャンブルが合法化されました。

ルイス・オリモ(ロサンゼルス・ドジャース)は、ワールドシリーズの試合でプレーした最初のプエルトリカンとなり、同じゲームでホームランを打って3安打を放った最初の選手になりました。

11月2日、プエルトリコ知事の最初の人気選挙が行われます。 Luis Mu&ntildeoz Mar&iacutenが選出され、投票の61.2%を占めました。

ルイス・ムンティルデオズ・マリンは、経済改革と米国と島民の間の政治的関係の構造的変化を求めてキャンペーンを行った。マリンや他の政治指導者たちは、農業国は未発達で工業国は発展していると考えており、製造業はプエルトリコが経済的に発展できる手段と見なされていました。その結果、政府は「ブートストラップ作戦」として知られる工業化プログラムを開始しました。このプログラムの下で、島は地元で労働力を提供し、外部資本の投資を招き、原材料を輸入し、完成品を米国市場に輸出することによって工業化されることになっていました。

州共和党が設立されました。

プエルトリコのカトリック大学が設立されました。芸術と人文科学、科学、教育、ビジネス、法律の学部があります。

プエルトリコは最初の代表団をオリンピックに送ります。

カリブヒルトンホテルが発足しました。 (Fomentoは700万ドル以上を投資しました。)ヒルトンは、サンファンにカリブヒルトンをオープンした最初の国際的なホテルチェーンになります。


1940年3月30日-歴史

3月の日ごとの歴史的出来事:

1790年3月1日-米国最高裁判所が初めて召集される。

1872年3月1日-イエローストーンは米国で最初の国立公園になります。

1932年3月1日-フーバーダムが完成。

1958年3月1日-米国は最初の衛星であるエクスプローラー1号を打ち上げました。

1961年3月1日-米国平和部隊が設立されました。

1982年3月1日-デイビッドレターマンとの深夜がNBCで初演。

1836年3月2日-テキサスはメキシコからの独立を宣言した。

1887年3月2日-ペンシルバニア州パンクサトーニーで最初のグラウンドホッグデーが開催されます

1933年3月2日-映画 キングコング 初演。

1962年3月2日-フィラデルフィアウォリアーズのウィルトチェンバレンはバスケットボールの試合で100ポイントを獲得しました。

1931年3月3日-星条旗が国歌になる

1791年3月3日-議会は米国造幣局を設立しました。

1855年3月3日-米国議会は、軍事目的でラクダを使用することの実現可能性を研究するために3万ドルを承認しました。

1899年3月3日-ジョージデューイがアメリカ海軍の最初の提督になります。

1931年3月3日-議会決議により、「星条旗」が米国の公式国歌になりました。

1933年3月3日-ラシュモア山が奉納されました。

1997年3月3日-ノースカロライナ州フェイエットビルでハワードスターンラジオショーが初演

1789年3月4日-アメリカ合衆国憲法が施行されます。

1924年3月4日-「HappyBirthdaytoYou」がClaydonSunnyから出版されました/

1930年3月4日-バッファローN.Y.のチャールズファーニング夫人は、完璧な300ゲームをボーリングした最初の女性として認められています。

1966年3月4日-ジョンレノンは「私たち(ビートルズ)はイエスよりも人気があります」と宣言します。

1770年3月5日-ボストン虐殺事件が発生した。

1836年3月5日-サミュエルコルトは最初のピストル、34口径の「テキサス」を製造しています。

1868年3月5日-C.H.グールドはイギリスでホッチキスの特許を取得しています。

2004年3月5日-マーサ・スチュワートは、重罪である妨害正義で有罪判決を受けました。

1836年3月6日-メキシコ軍がすべての擁護者を圧倒して殺したため、アラモの戦いは終了しました。

1899年3月6日-ドイツのバイエル社のフェリックスホフマンがアスピリンの特許を取得。

1950年3月6日-シリーパティーが発明されました。

1964年3月6日-ボクシングの偉大なカシウスクレイはイスラム教に改宗し、彼の名前をモハメドアリに変更します。

1981年3月6日-有名で愛されているウォルター・クロンカイトがCBSイブニングニュースのキャスターとしてサインオフ

1857年3月7日-野球は、9イニングが9ランではなく、フルゲームを構成すると判断しました。

1876年3月7日-アレクサンダーグラハムベルが電話の特許を取得。

1933年3月7日-独占ボードゲームが発明されました。

2011年3月7日-チャーリーシーンはCBSコメディシットコム「2人半の男性」から解雇されました

1531年3月8日-ヘンリー3世は、カンタベリーの召集によってイングランド国教会の最高責任者として公式に認められました。

1817年3月8日-新しいあなたの証券取引所が設立されました。

1936年3月8日-最初のストックカーレースがデイトナビーチで開催されます。

1983年3月8日-ロナルド・レーガン大統領はソ連を「悪の帝国」と呼んでいます。

1999年3月8日-野球の偉大なジョー・ディマジオが死去。

1562年3月9日-イタリアのナポリでキスが禁止され、死刑に処せられる。

1862年3月9日-装甲艦は南北戦争でモニターとメリマックの戦いを出荷します。

1959年3月9日-マテルはニューヨーク市で開催された国際おもちゃフェアでバービー人形をデビューさせました。バービー人形の日を参照してください

1964年3月9日-最初のフォードマスタングが組立ラインから転がり落ちる。

1862年3月10日-米国政府は初めて紙幣を発行します。

1876年3月10日-アレクサンダーグラハムベルは、隣の部屋にいる彼の助手に世界初の電話をかけます。

1669年3月11日-シチリア島のエトナ山は史上最大の噴火で噴火し、15,000人以上が死亡しました。

1888年3月11日-アメリカの歴史の中で最も有名な嵐が始まります。 1888年の大ブリザード。

1997年3月11日-スタートレックのクリエーター、ジーン・ロッデンベリーの遺灰が宇宙に打ち上げられました。

1997年3月11日-ポールマッカートニーはエリザベス2世女王によって騎士になりました。

1894年3月12日-コカ・コーラはミシシッピ州ヴィクスバーグのキャンディーストアで初めてボトルで販売されました。

1912年3月12日-米国のガールスカウトは、ジョージア州サバンナのジュリエットローによって設立されました。

1942年3月12日-野球界の偉大なジョー・ディマジオがニューヨーク・ヤンキースとの新しい契約に同意し、6,250ドルの昇給を得る。私、時代はどう変わったか!

1965年3月12日-サム・ザ・シャムとファラオの曲「ウーリー・ブリー」がシングルとしてリリースされました。カラオケ誰でも!?

1639年3月13日-ハーバード大学は聖職者ジョンハーバードにちなんで名付けられました。

1868年3月13日-上院はアンドリュージョンソン大統領の弾劾裁判を開始します。

1887年3月13日-グリーンウッドが特許を取得したイヤーマフ。元々は「チャンピオンイヤープロテクター」と呼ばれていました。イヤーマフデーをご覧ください

1936年3月13日-ボルダーダムの工事が完了しました。

1969年3月13日-ディズニーは映画「TheLoveBug」をリリースしました。

2012年3月13日-百科事典ブリタニカは、百科事典の印刷版を作成しないことを発表しました。

1794年3月14日-イーライホイットニーが綿繰り機の特許を取得。

1899年3月14日-ドイツの発明家フェルディナントフォンツェッペリンが「ナビゲート可能な気球」の米国特許を取得。

1932年3月14日-イーストマンコダックカンパニーの創設者であるジョージイーストマンは、癌の被害に直面するのではなく、自殺しました。

紀元前44年3月15日-「3月のイデス」ジュリアスシーザーはマーカスジュニウスブルータスによって刺殺されました。

1892年3月15日-発明者のジェシーW.リノが世界初のエスカレーターの特許を取得。

1965年3月15日-TGIフライデーズはニューヨークに最初のレストランをオープンしました。

2018年3月15日-破産申請後、トイザらスはすべてのおもちゃ屋を閉鎖すると発表しました。

1926年3月16日-ロバートゴダード教授が最初の液体燃料ロケットを打ち上げました。

1968年3月16日-ゼネラルモーターズは1億台目の自動車、オールズモビルトロネードを生産しています。

3月17日-この日はみんな少しアイルランド人です-聖パトリックの日です!

1762年3月17日-ニューヨークでの最初の聖パトリックの日パレード。

1845年3月17日-輪ゴムはロンドンのスティーブンペリーによって発明されました。それらのない生活を想像できますか?

1969年3月17日-ゴルダメイアはイスラエルの最初の女性首相になります。

1818年3月18日-米国政府は政府サービスのための最初の年金を承認します。

1931年3月18日-シックは最初の電気シェーバーを市場に投入しました。

1965年3月18日-ソビエト連邦の宇宙飛行士アレクセイ・レオーノフが船外活動をした最初の人になりました。

1911年3月19日-最初の国際女性の日、100万人以上の男性と女性が世界中の集会に出席します。

1918年3月19日-議会が夏時間を承認

March 20, 1852 - Harriet Beacher Stowe publishes the book Uncle Tom's Cabin .

Mach 20, 1922 - The U.S. Navy commissions the first aircraft carrier, the USS Langley.

March 20, 1930 - Kentucky Fried Chicken is founded by "Colonel" Harlan Sanders in North Corbin, KY. It proves to be "finger lickin' good!"

March 20, 1941 - General Douglas McArthur escapes Japanese occupied Philippines, vowing "I shall return!"

March 21, 1935 - Persia is formally renamed Iran.

March 21, 1963 - The infamous Alcatraz prison is closed.

March 21, 2006 - Twitter was created. Social media will never be the same.

March 22, 1960 - The first patent for a laser is issued to Arthur Schlow and Charles Townes.

March 22, 1963 - The Beatles first album "Please, Please Me" is released in England.

March 23, 1775 - Patrick Henry declares "Give me liberty, or give me death!"

March 23, 1857 - Elisha Otis installs the first elevator at 488 Broadway in New York City.

March 24, 1882 - German scientist Robert Koch announces he has discovered the bacillus that causes Tuberculosis.

March 24, 1958 - Elvis Presley joins the U.S. Army.

March 24, 1964 - The Kennedy half dollar is put into circulation.

March 24, 1989 - The super tanker Exxon Valdez runs aground in Alaska's Prince William Sound and ruptures, spilling millions of gallons of oil.

March 25, 31 - The First Easter celebration is held.

March 25, 1954 - RCA manufactures the first color television.

March 25, 1957 - The European Economic Community (ECC) is established by the Treaty of Rome.

March 25, 1970 - The Concorde jet makes its maiden supersonic flight.

March 26, 127 - Greek Astrologer and mathematician Ptolemy begins his observations of the heavens.

March 26, 1827 - Ludwig von Beethoven dies in Vienna, Austria.

march 26, 1830 - The Book of Mormon is published in Palmyra, New York.

March 26, 1885 - The Eastman Dry Plate and Chemical Company manufactures the first motion picture film.

March 26, 1945 - U.S. Marines raise the American flag at Iwo Jima.

March 27, 1855 - Abraham Gesner receives a patent for kerosene.

March 27, 1909 - Fingerprints are used as evidence in a murder trial for the first time.

March 27, 1964 - The biggest earthquake ever recorded strikes Anchorage, Alaska. It measured 8.3 on the Richter scale.

March 28, 1797 - Nathaniel Briggs patents the washing machine.

March 28, 1866 - The first ambulance goes into service.

March 28, 1939 - The city of Madrid falls to the forces of Francisco Franco, ending the Spanish Civil War.

March 28, 1963 - The AFL's NY Titans become the NY Jets.

March 28, 1979 - Three Mile Island nuclear power plant accident occurs in Middletown, Pa.

March 29, 1795 - At age 24, Ludwig von Beethoven debuts as a pianist in Venice

March 29, 1848 - Ice jams stop the flow of water over Niagara Falls.

March 29, 1882 - The Knights of Columbus is founded.

March 29, 1886 - Coca Cola is invented.

March 30, 240 B.B. - First recorded perihelion passage of Halley's Comet.

March 30, 1842. Ether is used as an anesthesia for the first time by Doctor Crawford Long in Georgia. See Doctor's Day.

March 30, 1858 - A pencil with an attached eraser is patented by Hyman L. Lipman of Philadelphia, PA.

March 30, 1867 - The United States buys Alaska from Russia for $7.2 million.

March 30, 1870 - The 15th amendment goes into effect, giving black men the right to vote.

March 30, 1964 - Jeopardy debuts on television.

March 30, 2020 - The International Olympic Committee announces the postponement of the 2020 summer games until 2021 due to the COVID-19 Pandemic.

March 31, 1880 - Wabash, Indiana claims to be the first town to be illuminated 100% by electricity.

March 31, 1958 - The Eiffel Tower opens in Paris, France

March 31, 1918 - Daylight Savings Time goes into effect for the first time in he U.S.

Holiday Insights , where every day is a holiday, a bizarre or wacky day, an observance, or a special event.一年中毎日、毎日のカレンダーの楽しみにご参加ください。

知ってますか? 文字通り何千もの毎日の休日、特別なイベントや行事があり、1年の毎日に1つ以上あります。これらの休日の多くは新しいものです。より多くの休日が定期的に作成されています。 At Holiday Insights, we take great efforts to thoroughly research and document the details of each one, as completely and accurately as possible.

Note: If you are using the dates or historical information on our site for calendar or other publishing purposes, we recommend you double check with other sources.


Brother, Can You Spare a Dime?

The opening of the 1940 population census this year gives us a window onto life in the United States during the Great Depression and the years immediately before involvement in World War II. Natural disasters compounded economic hardships as drought and wind created a "Dust Bowl" in the center of the country. This was a decade of great change for the country, and the questions asked on the census allow the people themselves to tell us about the social and economic issues they faced.

The 1940 census gathered an extensive amount of information related to employment and income. Some of the new questions are

  • How many weeks have you been unemployed?
  • Are you working at your usual occupation?
  • How much did you earn in 1939?

For 72 years the answers to those questions have been protected by privacy laws, but now this rich source of personal and cultural information is open to all researchers.

The 16th decennial census of population began on April 1, 1940. The average income was $1,368, and the average unemployment rate in the 1930s was 18.26 percent, up from the average of 5.2 percent in the 1920s. Earlier censuses primarily measured the expansion of the country quantitatively in population, territory, and resources, but for the 1940 census, officials felt that they should gather information that would throw light on the internal social and economic problems facing the nation.

Many families in the hard-hit "Dust Bowl"—covering parts of Nebraska, Kansas, Colorado, New Mexico, Oklahoma, and the Texas Panhandle—were forced to abandon the land and join the ranks of migrant workers toiling for low wages on distant commercial farms. The migrant flow out of the region included people from cities and small towns and farmers who had been replaced by motorized farm machinery.

The questions on employment status pertain to the week of March 24–30, 1940, and include only people who were at work, with a job, seeking work, or on public emergency work during that week. A difference from earlier censuses is in the definition of at workgainful workers. In earlier censuses, gainful workers were persons reported as having an occupation, regardless of whether they were working at the time of the census. For example, if Grandpa Hedges was a seasonal worker, but not working or seeking work at the time of the census, he would have been included among gainful workers in 1930. But in general, he would not be in the 1940 workforce.

Employment questions start in column 21. Because of widespread government projects during this period, there are two categories of work: those at work for pay or profit and those on public emergency work during the week of March 24–30, 1940.

Column 21 "Was this person AT WORK for pay or profit in private or nonemergency Govt. work during week of March 24-30, 1940?" (Y or N)

A "yes" in this column means the person was available to work, full-time or part-time during the week. Column 26 then indicates the number of hours the person worked during that week. On occasion, the number of hours worked is zero, even when there is a yes in column 21. For example, a doctor or lawyer may have been available at any time during the week but may not have performed any service or received any fees.

Sometimes the letters "Inst." appears in column 21. This indicates the person is an inmate of one of the following public or private institutions: prisons reformatories jails penal farms or camps institutions for the mentally diseased, mentally defective, or epileptic and homes for the aged, infirm, or needy. The 1940 census did not count anyone in institutions as being in the workforce even if they were at work. This is different from previous censuses. When "Inst." is in column 21, all other columns should be blank.1

Column 22 "If not, was he at work on, or assigned to, public EMERGENCY WORK (WPA, NYA, CCC, etc.) during week of March 24–30?" (Y or N)

When the reported numbers were totaled, the Census Bureau noted a discrepancy between the total number of persons reported on emergency work and the number recorded on the federal emergency payroll.2

On federal emergency payroll (including NYA program) 3,377,978
On federal emergency payroll (excluding NYA student work program) 2,906,196
On emergency work reported in census 2,529,606

Misclassification of persons on public emergency work occurred when

  • people were enumerated at work rather than as on public emergency work, or
  • people were reluctant to report they were on emergency work.

Column 23 "Was this person SEEKING WORK?" (Y or N)

The seeking work category represents persons without work of any sort in the week of March 24–30, 1940, who were actively seeking work during that week.

Column 24 "If not seeking work, did he HAVE A JOB, business, etc.?" (Y or N)

"Yes" appears if the person had a job, businesses, or a professional enterprise but was was temporarily absent from it the week of March 24–30. It also includes people who were temporarily ill but had a job to return to upon recovery. Only 2.5 percent of the population reported having a job but not being at work.

Questions 25–27 cover those not in the workforce, hours worked, and unemployment.

Column 25 "Indicate whether engaged in home housework (H), in school (S), unable to work (U), or other (Ot)."

The instructions to enumerators defined these categories as:

  • H: A person primarily occupied during week March 24–30, 1940, in their own home doing housework.
  • S: A person enrolled in school.
  • U: A person unable to work because of permanent disability, chronic illness, or old age.
  • Ot: All others not at work, not seeking work, and without a job.

This category included persons who only worked during a short season of the year, such as a professional football player or seasonal farm worker retired persons who were still able to work persons who chose not to work and persons able to work who for any other reason were not working, not seeking work, and were without a job. This category accounted for 4.1 percent of the population, or 1,578,930 persons.

Column 26 "Number of hours worked during week of March 24–30, 1940."

This question determined the length of the usual work week in each occupation and the proportion of workers whose hours were above or below the average number. The standard for full-time work in many industries was a 40- or 48-hour week. Many people worked fewer hours, indicating that part-time employment was prevalent. If a person worked for himself (e.g., a doctor, lawyer, or farmer) the number of hours devoted in any way to his profession or business is entered here. Public emergency work is not included in this column.

Column 27 "Duration of unemployment up to March 30, 1940—in weeks."

For an experienced worker, this question addressed the length of time since the last full-time job of one month or more. If a person had never worked, or had been out of the labor force for a considerable time, enumerators were instructed to report the number of weeks since the person last began to seek work. For example, Grandpa Hedges last worked on July 1, 1938, and sought work until he entered school on September 1, 1939. On February 1, 1940, he left school and once more began to seek work. The proper entry for duration of unemployment in this case is "8," the number of weeks from February 1 to March 30, 1940.

Emergency workers were considered unemployed for census purposes, and the time on emergency work is included in this column.

Columns 28–30 Occupation, Industry, and Class of Worker

These columns were very important in gathering census data. During this period of widespread unemployment, the census sought to measure which occupations and industries were growing and which were on the decline. Workers were subdivided into two groups: experienced workers and new workers.

  • Experienced workers were those who had held a permanent job for one month or more. Information on their occupation and industry is in columns 28–30.
  • New workers were those who had not held a permanent job for one month or more. The words "New worker" appears in column 28, and columns 29 and 30 are left blank.

New worker is an important addition to the 1940 census. It measures the number of young people who had finished their schooling in recent years but were unable to obtain work.

The occupation classification differs from previous censuses. The 1930 occupation titles were grouped under a few major industrial headings such as agriculture, forestry, and fishing. The 1940 occupation titles are grouped into 11 subdivisions such as professional and semiprofessional worker, craftsman, and kindred workers. This new arrangement made the data harder to compare to previous censuses, but it was more compatible to similar data collected by other agencies that tracked employment and occupations.

The enumerator recorded employment information in three columns (28, 29, and 30) a fourth column (F) for an occupation code was filled in at the Bureau of the Census headquarters.

The occupations listed in column 28 are frame spinner, salesman, laborer, rivet heater, and music teacher. Industries and businesses listed in column 29 are cotton mill, retail grocery, farm, shipyard, and public school.3 The instructions to enumerators for column 30 give five codes for "Class of Worker":

  • PW—a person who worked for a wage under the direction of an employer
  • E—an employer, who employed one or more helpers
  • GW—government worker
  • OA—own account, such as a lawyer with no hired help
  • NP—unpaid family member whose work contributed to the family income, such as in a family store

Column 31 "Number of weeks worked in 1939 (equivalent full-time weeks)"

All persons 14 years old and over at the time of the census, except inmates of certain institutions, were asked to report the number of weeks they worked in 1939 for pay or profit. This data provided information on continuity of employment and was helpful in the analysis of unemployment in various occupations. Emergency work (WPA, NYA, CCC, local work relief, etc.) was counted as time worked during 1939, despite the fact that it was also considered time unemployed. This apparent inconsistency arises from the fact that a major purpose of this question was to compare how many weeks a person worked with the salary and wages they earned in 1939. Public emergency workers were paid wages therefore the number of weeks worked is entered so as not to skew the data comparing these two columns. A zero is entered for persons who did not work for pay or profit during the year 1939.4

Column 32 "Amount of money, wages, or salary received (including commissions)"

The 1940 census is the first to ask questions about income. Enumerators had detailed instructions on what they should and should not enter in this column. Each person was asked to state income from wages, salary, and commissions received in 1939 for work done as an employee, including public emergency project work, and report the total amount of money in whole dollars up to $5,000. Income over $5,000 was indicated on the schedule simply as $5,000+. Persons who worked for business profits rather than for money, wages, or salary during the year did not report an amount in this column. For example, if a farmer worked for himself and sold his crops, he did not report that money here.

The question on income caused controversy, and Republican Senator Charles Tobey of New Hampshire mounted an unsuccessful campaign to force the administration to delete the question.

Eventually, the two sides reached a compromise. Individuals who did not want to give the income information to the enumerator could send in form P-16, a confidential report of income earned. The letter "C" for confidential report was entered in the right-hand margin of the population schedule, opposite the number for the person. In the end, only 2 percent of the population did not answer the question. Form P-16 does not survive.

Column 33 "Did this person receive income of $50 or more from sources other than money wages or salary (Y or N)"

The amount of $50 was chosen to identify people whose income derived mainly from wages and salaries. The Census Bureau wanted the amount to be low enough to clearly separate the people who relied on salary or wages as their main source of income from those who had additional income. For example, Grandpa Hedges worked as a security guard at a department store but occasionally repaired radios. Because his radio repair income amounted to $45, his main source of income was from his salary. Another security guard regularly sold vegetables at a roadside stand and made well over $50. His nonwage income could put him in a different economic bracket than his co-worker.5

Supplemental questions

The 1940 census is the first one to use sampling techniques. Based on a random selection of 5 percent of the population, sampling permitted

  • the collection of statistics on a larger number of inquiries than had previously been possible,
  • the release of preliminary population statistics at an early date, and
  • tabulation of a great many social and economic characteristics of the population at a relatively low cost.

Two lines on the 40-line schedule were selected for 15 additional questions. Columns 45–47 of the supplementary questions inquire about usual occupation, industry, and class of worker. What makes these questions different from the questions asked on the general schedule is the word usual. Here the respondents reported what they regarded as their usual occupation regardless of whether they had been in the labor force during the census week. In column 28 a person may have listed their current occupation as a grocery clerk and then listed bank teller as their usual occupation.

Census records are the only records that theoretically describe the entire population of the United States on a particular day. The 1940 census is no different. It enumerated more than 132 million people and captured for the first time data relating to unemployment, distribution of wages, and salaries. This statistical information helped both the government and industry gain insight into the nation's economic struggles.6 This spring, however, these statistical reports will take a backseat and the individual voices that have been kept in silence for 72 years will be heard. They people themselves will tell us in detail about the social and economic issues they faced.


Race Relations in the 1930s and 1940s

The problems of the Great Depression affected virtually every group of Americans. No group was harder hit than African Americans, however. By 1932, approximately half of African Americans were out of work. In some Northern cities, whites called for African Americans to be fired from any jobs as long as there were whites out of work. Racial violence again became more common, especially in the South. Lynchings, which had declined to eight in 1932, surged to 28 in 1933.

Although most African Americans traditionally voted Republican, the election of President Franklin Roosevelt began to change voting patterns. Roosevelt entertained African American visitors at the White House and was known to have a number of black advisors. According to historian John Hope Franklin, many African Americans were excited by the energy with which Roosevelt began tackling the problems of the Depression and gained "a sense of belonging they had never experienced before" from his fireside chats.


Who Are Some Gangsters of the 1940s?

Some of the most well-known and notorious gangsters of the 1940s included Al Capone, Frank Costello, Lucky Luciano, Meyer Lansky, Bugsy Siegel and Tony Accardo. These men did their dirty work mostly in Chicago.

One notorious gangster of the era was Frank Costello. He was named the acting boss of the Luciano crime family in 1936 after Lucky Luciano was sent to prison. Throughout the early 1940s, Costello prospered as the head of the family, earning himself the nickname "Prime Minister of the Underworld." Another one of the most well-known gangsters of the era was Meyer Lansky, infamous for his gambling empire and role in creating the National Syndicate. Lansky was reportedly behind the murder of yet another famous gangster of the '30s and '40s, Benjamin "Bugsy" Siegel. Bugsy was in charge of constructing the Flamingo Hotel and Casino in Las Vegas, but was killed at his home in Beverly Hills in 1947.

Undoubtedly the most famous mobster was Al Capone, whose illegal activities such as bootlegging, prostitution, loan sharking and numbers, earned him the nickname "King of the Underworld." Tony Accardo, one of the shrewdest crime figures of the 1940s, was appointed as an underboss for the Chicago-based Capone crime family in 1943, and helped move the family business away from the more violent methods of income, instead relying on slot machines, counterfeit cigarettes and narcotics trafficking to fund the empire. This move kept the Capone family incredibly profitable and relatively safe from prosecution for years. Accardo was one of the few mobsters who died later in life of natural causes, finally succumbing to heart and lung disease on May 27, 1992.


Who was George Orwell?

George Orwell was an English Socialist writer. He was libertarian and egalitarian and he was also hostile to the Soviet Communist Party.

Orwell had long held a great hatred for Fascism, a form of radical authoritarian ultranationalism, characterised by totalitarianism (when a dictatorial regime that had complete control over everything).

Before war with Germany broke out, Orwell had taken part in the Spanish Civil War (1936-39) on the Republican side, specifically to fight Fascism.

When World War Two erupted in 1939, Orwell attempted to sign up for the British Army. He was deemed unfit for any kind of military service, however, because he was tubercular. Nevertheless Orwell was able to serve in the Home Guard.

Although Orwell was unable to join the army and fight Adolf Hitler’s Third Reich on the front lines, he was able to attack the German dictator and his far-right regime in his writing.

This was most clearly shown in his review of Mein Kampf in March 1940.


Why We Love Doctors' Day

The relieve more than just physical pain

Not only do doctors diagnose our everyday illnesses, but also they address our fears, our loneliness, and anxiety. They offer valuable advice to not only help us physically but mentally too. By listening to them, they help us survive and thrive.

They put us back together again

Doctors cut open living people to remove disease, hold our heart in their hands, and put our broken bones back together. By doing the incredible things they do everyday, people who might otherwise have died, don’t, and we can live longer, fuller lives. No matter what their specialty is, doctors significantly improve your well-being and are critical in furthering the lives of their patients. Doctors are truly the everyday superheroes!

They're resilient

A doctor works an average of nearly 60 hours a week and even more impressive, they work 1.5 times more years than the average American does. They work well under pressure, they're industrious, and they're attentive towards each patient. If there's one person you can count on who will never get burnt out, it's definitely your doctor.


On This Day: March 30

On March 30, 1981, President Reagan was shot and seriously injured outside a Washington, D.C., hotel by John W. Hinckley Jr. Also wounded were White House news secretary James Brady, a Secret Service agent and a District of Columbia police officer.

On March 30, 1880, Sean O&aposCasey, the noted Irish playwright, was born. Following his death on Sept. 18, 1964, his obituary appeared in The Times.

On This Date

1822 Florida became a U.S. territory.
1867 Secretary of State William H. Seward reached agreement with Russia to purchase Alaska for $7.2 million, a deal roundly ridiculed as "Seward&aposs Folly."
1870 The 15th amendment to the Constitution, giving black men the right to vote, was declared in effect.
1870 Texas was readmitted to the Union.
1945 The Soviet Union invaded Austria during World War II.
1964 The TV game show "Jeopardy!" premiered on NBC.
1995 Pope John Paul II issued an encyclical condemning abortion and euthanasia as crimes that no human laws could legitimize.
1999 A jury in Portland, Ore., ordered Philip Morris to pay $81 million to the family of a man who died of lung cancer after smoking Marlboros for four decades.
2002 Britain&aposs Queen Mother Elizabeth died at age 101.
2006 American reporter Jill Carroll, a freelancer for The Christian Science Monitor, was released after 82 days as a hostage in Iraq.
2009 President Barack Obama asserted unprecedented government control over the auto industry, rejecting GM and Chrysler&aposs restructuring plans and engineering the ouster of GM&aposs chief executive, Rick Wagoner..

Historic Birthdays

Sean O&aposCasey 3/30/1880 - 9/18/1964 Irish playwright contributed to Irish Literary Renaissance.Go to obituary »



コメント:

  1. Demophon

    神のごみ)))))))

  2. Celdtun

    はい、私は間違いなくあなたに同意します

  3. Pahana

    私の意見では、あなたは正しくありません。私は自分の立場を守ることができます。

  4. Gozilkree

    あなたは素晴らしい考えを持っています

  5. Akijinn

    たぶん何も言わない



メッセージを書く