ニュース

バーミンガムパブ爆撃、1974年11月21日

バーミンガムパブ爆撃、1974年11月21日


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

バーミンガムパブ爆撃、1974年11月21日

1974年11月21日、テロリストグループのPIRAは、英国バーミンガム市の中心部で2発の爆弾を爆発させました。これは、2005年7月のロンドン同時爆破事件まで英国史上最悪のテロ攻撃であり、19人が死亡、182人が負傷し、さらに2人の犠牲者が後に死亡した。

爆弾はタイマーによってトリガーされ、バーミンガムの有名なロタンダビルの下にある「マルベリーブッシュ」とバーミンガムの中央ショッピングエリア近くのニューストリートにある低レベルのパブ「町の居酒屋」の2つの忙しい都心部のパブに置かれました。主要鉄道駅(このパブは現在、ヤードオブエールに改名されています)。

20.11に、バーミンガムポスト紙は、ロタンダの建物に爆弾があったという電話を受けました。警察は知らされ、ロタンダの建物の上層階を捜索し始めたが、電話の6〜12分後、地上のマルベリーブッシュのパブはまだ満員で、最初の爆弾が爆発し、すぐに2番目の爆弾が50ヤード爆発した( 47メートル)離れたところで、幸運にもバーミンガムのにぎやかなハグレーロードの銀行の外に置かれた3番目のIEDは爆発しませんでした。両方のパブは若者でいっぱいで、爆弾は夜の最も忙しい時間の1つで消え、大虐殺のシーンを残しました。負傷者の多くは、救急車が到着したときに自家用車と近くのタクシーで病院に運ばれました。当時ウェストミッドランズ警察のアシスタントチーフコンスタブルであったモーリスバックは、爆弾によって引き起こされた荒廃を「悲惨で恐ろしい」と表現しました。バーミンガムの人々への影響は甚大であり、攻撃はアイルランドのコミュニティとの関係に深刻な打撃を与え、今日でも記憶に残っています。亡くなった人々を思い出す疫病は、中央バーミンガムの聖フィリップ大聖堂の敷地内にあります。

攻撃は、彼が植えていた爆弾が時期尚早に爆発した1週間前にコベントリーで亡くなったPIRAメンバーであるジェームズ・マクデードの遺体がアイルランドに戻ると同時に計画されたと考えられています。一部のPIRAメンバーは後に、警告から爆弾が爆発するまでの短い時間はエラーであり、意図は多数ではなくメディアの注目を集めることであったため、この期間中のアイルランドのテロ攻撃のプロファイルに確実に適合すると述べました。 。後に別の攻撃で逮捕されたPIRAのメンバーは、警告電話をかけるために使用する予定だった公衆電話ボックスが破壊されたため、機能する電話ボックスを見つけるのに時間がかかったと主張しました。攻撃から30周年を迎えた2004年、シン・フェイン党のジェリー・アダムズ大統領は、攻撃による人命の損失について遺憾の意を表明したが、PIRAは攻撃に対して公式に責任を負ったことは一度もない。

結果を得るための計り知れない圧力の下で、イギリスの警察はすぐに6人の男性、ヒュー・キャラハン、パディ・ヒル、ジェリー・ハンター、リチャード・マキルケニー、ウィリアム・パワー、ジョニー・ウォーカーを逮捕しました。これらの男性はバーミンガム6として知られるようになり、1975年に有罪判決を受けましたが、有罪判決は控えめに言っても安全ではなく、16年後に覆され、6人が釈放されました。 3人の探偵団が偽証罪で起訴されたが、陪審員に影響を与えたメディア報道のため、彼らの裁判は1993年に中止された。本物の爆撃機は裁判にかけられたことがなく、英国のテロ対策の歴史の中で最も物議を醸している事件の1つであり、バーミンガムの人々にとって最も苦痛な事件の1つです。


  • 爆撃は、1974年11月21日の木曜日の忙しい夜に、マルベリーブッシュとタバーンの2つのパブで行われました。
  • 翌日6人の男性が逮捕され、後に有罪判決を受けたが、これらの有罪判決は1991年に覆された。
  • 英国の内務大臣プリティ・パテルは、攻撃についての公聴会を開くことを検討しています

1974年11月21日の夜、混雑したマルベリーブッシュパブとバーミンガム中心部の居酒屋への攻撃は、北アイルランド問題としても知られる北アイルランド紛争中の30年間の暴力の中で、英国本土で最も致命的な章でした。

さらに220人が負傷した。

アイルランド共和国軍(IRA)は爆発物を植えたと信じられていたが、責任を主張することはなかった。

ウェストミッドランズ警察は、彼らの対テロ部隊の警官が北アイルランドの警察サービスの助けを借りて水曜日にベルファストの彼の家で65歳の男性を逮捕したと言いました。

男性はテロ法に基づいて逮捕され、自宅の捜索が行われている」とウェストミッドランズ警察は声明で述べた。

「彼は北アイルランドの警察署で注意深くインタビューされるでしょう。」

爆風は、英国を北アイルランドから追い出すための数十年にわたる武装キャンペーン中にアイルランド共和党軍によって犯されたと疑われる最悪の攻撃の1つでした。キャンペーンは、1998年の聖金曜日合意の署名で正式に終了しました。

英国の内務大臣プリティ・パテルは、1か月前に、爆撃について公聴会を開くことを検討すると述べた。


バーミンガムのパブ爆撃:犠牲者が不法に殺された

11月21日の夜のタウンパブのマルベリーブッシュと居酒屋での爆風も220人を負傷させた。

死因審問の陪審員は、警察が警告の呼びかけに応じる方法に誤りはなく、彼らの行動は人命の損失に寄与しなかったと結論付けました。

犠牲者の家族は、殺人者を「正義に」連れて行くよう警察に呼びかけました。

姉妹のマキシンが爆撃で亡くなったジュリー・ハンブルトンは、次のように述べています。持っていて、もっと見つけられるべきです。」

彼女は、不法殺害の死因審問の結論を「立証」とは説明しなかったが、「まだ生きている人々を捕まえ、正義を手に入れるために前進することを望んでいる」と述べた。

ウェストミッドランズ警察(WMP)は、活発な犯罪捜査が続いていると述べた。

検死官のピーターソーントンQC卿は、爆撃は都市の「歴史の中で」行われたと述べました。

バーミンガム市民司法センターの陪審員は、爆発で命が失われないようにするためには、警告の呼びかけは適切ではないと判断した。

20:11にバーミンガムポストアンドメールにかけられた電話は、爆弾の場所をロタンダビルとニューストリートの近くの税務署として与えたが、パブについては言及せず、警察の重要な議事録を要した。

25lb-30lb(11kg-14kg)の重さの最初の爆弾は、7分後にマルベリーブッシュで爆発しました。

重さ30ポンド(14kg)の2番目の爆弾は、2分後に町の近くの居酒屋で爆発しました。

若い人たちに人気のある両方のパブは、爆撃の夜に忙しかった。それは木曜日であり、多くの人にとって給料日であり、深夜の買い物の日でもありました。

3番目の爆弾がハグレーロードのバークレイズ銀行の近くに植えられましたが、その夜は適切に爆発しませんでした。

6週間の公聴会の陪審員は、爆弾警告の呼びかけに対するウェストミッドランズ警察の対応の失敗、誤り、または脱落の「十分な証拠」がなかった、または爆風。

結論に続いて、ピーター卿は「恐ろしい出来事は決して忘れられない」と述べました。

「その恐ろしい夜を助けた人々に敬意を表さずに死因審問を離れることは正しくないだろう」と彼は付け加えた。

「私たちは常に私たちの緊急サービス、特に警察と消防士が災害時に私たちのためにそこにいることを期待しています。」

検死官は続けて、「正しいことをし、できる限り助けてくれた」一般の人々に感謝した。

遺族の10人を代表するレスリー・トーマスQCは、攻撃の夜を助けてくれた人々に代わって感謝を述べました。

「IRAが21人の罪のない人々を殺害したという陪審員の明白な発見に照らして、ウェストミッドランズ警察が彼らを裁判にかけるためにまだ生きているかもしれない爆撃機に関して彼らの努力を倍加することを願っています」と彼は言いました。

死因審問は、その夜に何が起こったのかを完全に説明するために家族が何年にもわたってキャンペーンを行った後に起こりました。

警察の捜査が失敗したため、1975年にバーミンガムシックスが投獄されましたが、1991年に控訴裁判所によって有罪判決が破棄されました。

元IRAメンバーが、シーマス・マクラフリン、ミック・マレー、マイケル・ヘイズ、ジェームズ・フランシス・ギャビンとして爆撃に関与したと主張した4人の男性を指名したとき、死因審問の証拠の終わりに向かって劇的なねじれがありました。

法廷で「証人O」としてのみ特定された男は、ダブリンのIRAの現在の長によってそれらの名前を与えることを許可されたと述べた。

公聴会で、トーマスQC氏は、以前に指名された容疑者であるマイケルパトリックライリーが関与していたかどうかを証人Oに尋ねました。

目撃者は言った:「いいえ、私は彼をまったく覚えていません」。ライリー?私はそれを覚えているでしょう。」

ライリー氏は常に爆撃への関与を否定してきました。

死因審問の後、WMPのチーフコンスタブルデイブトンプソンは、部隊は「我々は多くの活発な調査を実施している」と述べた。

「私の絶対的な声明は、人々を裁判にかけることができれば、私たちが行うことであり、現時点では積極的な犯罪捜査が行われています。」


男は1974年に21人を殺した英国のパブ爆撃で逮捕されました

1974年11月22日付けのこのファイルの写真では、1974年11月にテロ爆弾が爆発した後、イギリスのバーミンガムの中心部にあるマルベリーブッシュ公邸のパブの外のシーンを示しています。

あらすじ

ロンドン:水曜日、英国で最悪のテロ攻撃の1つである、1974年のバーミンガムパブ爆撃で21人が死亡、182人が負傷したことに関連して、65歳の男性が逮捕されました。

暫定アイルランド共和国軍(IRA)のせいにされた町のパブで、マルベリーブッシュと居酒屋を襲った爆撃で6人の男性が誤って投獄されました。

しかし、1975年のいわゆる「バーミンガムシックス」の有罪判決は、1991年に控訴裁判所によって安全でないと判断され、解放されました。それ以来、誰も有罪判決を受けていません。

ウェストミッドランズ警察は、北アイルランド警察のテロ対策担当官と同僚がベルファストの自宅で男を拘束したと述べた。

同部隊は声明のなかで、「男はテロ法に基づいて逮捕され、自宅の捜索が行われている」と述べた。

「彼は北アイルランドの警察署で注意深くインタビューされるでしょう。」

1974年11月21日のイギリスの第2の都市の中心部での双子の攻撃は、北アイルランドでのイギリスの支配に対する暴力の高まりの間に起こりました。

IRAは責任を主張したことがありません。

警察が差し迫った攻撃の2つの警告に注意を払わなかったと主張した後、昨年、バーミンガムでの死者を再調査するための死因審問が始まった。1つは11日前、2つ目は当日である。

当初の死因審問(非難を按分しない司法事実認定調査)は、「バーミンガムシックス」の有罪判決につながった警察の調査によって中止されました。

再開された死因審問の陪審員は、犠牲者は不法に殺害され、IRAが責任を負っていたが、警察の失敗はなかったと結論付けた。

それ以来、被害者の家族は、何が起こったのかについての完全な公的調査を求めてきました。

18歳の妹マキシンが爆撃で亡くなったジュリー・ハンブルトンは、水曜日の逮捕を犯罪捜査の「記念碑的な瞬間」と表現した。

彼女は、警察が彼女に開発について知らせたとき、彼女は「慰められない」と言いました。

&quotIt&#x27sウェルカムニュース。それは圧倒的なニュースです。それは目に見える進歩だ」と彼女は言ったが、何が起こったとしても、完全な公的調査が依然として必要であると付け加えた。

父親のジョンがマルベリーブッシュの爆撃で殺されたポール・ローランズは、それを「前向きな一歩」とも呼んだ。

「しかし、それはほんの一歩であり、公的な調査が必要であるという事実を損なうものではありません」と彼は付け加えました。

2016年にウェストミッドランズ警察の巡査長デイブトンプソンは、責任者を捕まえられなかったこととバーミンガムシックスの不法な有罪判決は「この部隊の歴史の中で最も深刻な失敗」であると述べた。

当時、彼は本当の攻撃者を裁判にかけることについて悲観的でした。

「2012年以来、そして直接、亡くなった人々の家族によるキャンペーンの結果として、私たちは責任ある人々を裁判にかける機会を注意深く再評価しました」と彼は言いました。

「現時点では、これを行う可能性を確認することはできませんでした。」

「トラブル」として知られるようになった両側での30年間の暴力の間に、推定3,500人が殺されました。そのほとんどは北アイルランドに住んでいます。

流血は1998年の聖金曜日の和平合意によって大部分が終了したが、準軍組織の存続と宗派主義の高まりに対する懸念は残っている。

北アイルランドの過半数のプロテスタント組合員は、継続的な英国統治を支持しています。主にカトリックの共和党員は、アイルランドの他の地域との統一を望んでいます。

1970年、IRAは、主にイギリス軍を対象とした爆撃と銃撃のキャンペーンを開始しましたが、民間人も対象としました。

暴力は、ロイヤリストの準軍組織によって返礼され、コミュニティ間のくさびを動かしました。

エコノミックタイムズニュースアプリをダウンロードして、毎日の市場の最新情報とライブビジネスニュースを入手してください。


バーミンガムのパブ爆撃:バーミンガムシックスは誰ですか? IRA攻撃で何が起こったのですか?あなたが知る必要があるすべて

1974年のバーミンガムパブ爆撃への調査は、まだ聞いていない「証拠の富」があると述べた検死官によって再開されました。

2005年の7/7ロンドン同時爆破事件まで、バーミンガム爆破事件はイギリス本土に対する史上最悪のテロ攻撃でした。

1974年11月21日に市の中心部で町のパブでマルベリーブッシュと居酒屋が爆撃された結果、21人が死亡し、182人が負傷した。

おすすめされた

爆撃の主な事実、その影響、および余波は次のとおりです。

どうしたの?

1974年11月21日の夕方、アイルランドのアクセントを持つ男が バーミンガムポストイブニングメール ロタンダの建物とニューストリートの税務署に2発の爆弾が仕掛けられたとの新聞。

彼は、暫定IRAが警告呼び出しを認証するために使用した当時の公式コードワードを言って警告を終了しました。

独自の行動規範によれば、IRAは、民間人が避難できるように警察に適切な警告を提供します。

それ以来、元IRA当局者は、近くの電話ボックスが破壊されたために警告の発行が遅れたと述べています。

発信者は、実際のターゲットの特定の場所、17階建てのロタンダオフィスビルのマルベリーブッシュパブ、およびニューストリートのタウンパブの地下居酒屋を提供できませんでした。

ウェストミッドランド警察官はロタンダに急行しましたが、午後8時17分に爆発する前にマルベリーブッシュ爆弾を見つけることができず、10人が死亡しました。町の居酒屋で付随した爆弾は10分後に爆発し、11人が死亡した。

17歳から51歳までの7人の女性と14人の男性が殺された。犠牲者のうち13人は30歳未満であり、そのうち5人は10代であった。

爆発に失敗した3番目の爆弾は、パブ爆撃から2マイル離れたハグレーロードのバークレイズ銀行の出入り口で発見されました。

この攻撃の直接の影響は何でしたか?

バーミンガムには10万人を超えるアイルランド人の人口が多く、爆撃の結果、一部は身体的に暴行され、身をかがめられていました。

北アイルランドでは、ロイヤリストの準軍事組織が報復攻撃を開始し、バーミンガムの攻撃から2日以内に5人のカトリック民間人が射殺されました。

さらに、暫定IRAは、当時の内務大臣であるロイ・ジェンキンスによって違法であると宣言され、ロイ・ジェンキンスは11月27日にテロ防止法を導入しました。

これにより、英国本土でのテロ行為の計画または関与が疑われる場合、警察は最大7日間、個人を逮捕、拘留、尋問することができました。

IRAは責任を認めましたか?

暫定IRAは公式に責任を認めることはなかったが、爆弾の法医学的調査は、コンポーネントがミッドランド全体で見つかった他の焼夷弾でIRAによって使用されたものと類似していることを示唆した。

容疑者は、1997年の聖金曜日合意の結果として起訴の免除を受けたIRAのメンバーであったと報告されています。

バーミンガムシックスは誰でしたか?

1975年に、6人の男性が爆撃を実行した罪で有罪判決を受けました。

Hugh Callaghan、Paddy Hill、Gerry Hunter、Richard McIlkenny、Billy Power、およびJohnny Walkerは、1991年5月に控訴裁判所によって最終的に有罪判決が覆されるまで、16年間の刑務所で過ごしました。

それらは、警察による証拠の捏造、科学的証拠の信頼性の欠如、および証拠の抑圧に基づいて釈放された。

彼らは集合的に数百万ポンドの補償を受けました。

彼の釈放以来、パディヒルは爆撃の再開のために殺害された人々の家族と一緒にキャンペーンを行ってきました。

この審問は何を見つけることができますか?

殺害された人々の一部の家族は、当局は二重爆撃が行われる前に事前の知識を持っていたと主張している。

バーミンガムとソリハルの上級検死官であるルイーズ・ハント氏は、家族が最近の一連の公聴会で彼らの主張を提出した後に、新たな死因審問を行うという決定がなされたと述べた。

ハント女史は判決を下し、攻撃の前と当日に警察に2回の情報提供があったという証拠があり、追跡されなかったと述べた。

それらには、IRAに関連する男性による「バーミンガムは来週打撃を受けるだろう」という耳にしたコメントが含まれていました。

目撃者は11月10日に警察にコメントを報告したが、ハント氏は「警察がそれに応じて積極的な措置を講じたという兆候はなかった」と述べた。

バーミンガム・シックスのメンバーであるパディ・ヒルは、検死官裁判所の外の記者団に、「私はずっと真実を知っていた。英国国民が真実を知った時が来た」と語った。


1974年11月21日

爆弾は2つの中央バーミンガムパブを壊滅させ、19人を殺し、180人以上を負傷させた。警察は暫定IRAがマルベリーブッシュと町の近くの居酒屋に装置を植えたと信じていると言った。

爆発は、先週コベントリーで彼が植えていた爆弾が時期尚早に爆発したときに殺されたIRAの男、ジェームズ・マクデードの遺体がアイルランドに戻ったのと同時期に起こった。
2つの爆発はわずか数秒の間隔であり、グリニッジ標準時2030年頃に発生しました。このとき、バーは主に10代の酒飲みでいっぱいでした。

警察は両方のパブを片付けようとしましたが、アイルランドのアクセントを持った男性がバーミンガムポスト紙に警告を発して電話をかけた後、爆弾はわずか12分で爆発しました。最初の攻撃は、1階にあるマルベリーブッシュで行われました。 17階建てのロタンダオフィスブロック。

2番目の装置は50ヤード(45.7 m)離れた地下のバー、町の居酒屋で爆発しました。爆弾が爆発したとき、マイケル・ウィリス(18歳)は居酒屋にいました。&#8221ジュークに記録を残すつもりでした。爆発があったときの箱。

&#8220いたるところに遺体があり、私はそこから抜け出すためによじ登らなければなりませんでした&#8211負傷者からの叫び声とうめき声は恐ろしいものでした&#8221彼は言いました。負傷者の多くはタクシーや自家用車で近くの病院に運ばれました。ウェストミッドランド各地から数十台の救急車が呼ばれました。

ウェストミッドランズ警察のモーリスバック副首席領事は、爆弾によって引き起こされた大虐殺は「悲惨で恐ろしい」と述べた。


バーミンガムのパブ爆撃:1974年の攻撃で21人以上の殺人を逮捕された男

65歳の少年は、1974年の残虐行為に関連して、テロ法に基づいてテロ対策担当官によってベルファストで逮捕されました。

2020年11月18日水曜日19:58、英国

ウェストミッドランズ警察によると、1974年のバーミンガムパブ爆撃で21人が殺害されたことに関連して男性が逮捕された。

65歳の少年は、テロ法に基づいてテロ対策担当官によってベルファストで逮捕されました。

彼の家は捜索中であり、彼は北アイルランドの警察署で注意深くインタビューされるでしょう。

2019年4月、死因審問の陪審員が見つかりました 失敗したIRA警告コール 1974年11月21日、マルベリーブッシュとタウンパブの居酒屋に仕掛けられた2つの爆弾が爆発し、最大220人が負傷したときに21人が死亡した。

IRAのプロトコルは、爆弾攻撃の30分前に警告を発することでしたが、伝えられるところによると、使用する予定の電話ボックスが破壊され、警告が発せられるまでの時間が遅れました。

マルベリーブッシュで最初の爆弾が爆発するわずか6分前に、バーミンガムポスト紙は、はっきりとしたアイルランドのアクセントを持った男性から電話を受けました。

発信者は次のように述べています。「ロタンダ[桑の茂みの場所]に爆弾が仕掛けられ、ニューストリート[町の居酒屋の場所]の税務署[パブの上の階]に爆弾があります。 。」

バーミンガムの詳細

COVID病棟のバーミンガムの病院職員は、死んだ患者の銀行カードを使用して、自動販売機からポテトチップス、お菓子、炭酸飲料を購入しました。

Dea-John Reidの殺害:バーミンガムでの14歳の致命的な刺し傷で起訴された2人のティーンエイジャー

Dea-John Reid殺害:殺人の疑いで逮捕されたさらに2人の10代の少年

Dea-John Reidの殺害:刺された犠牲者の母親が失恋を明らかにし、「私は息子をサッカーに行かせたが、彼は帰宅しなかった」と言った

Dea-John Reid:バーミンガムで刺殺された14歳の殺人罪で起訴された男

警察が人種差別的な虐待の主張を調査しているときに、バーミンガムが犠牲者を刺し、Dea-John Reid、14歳と名付けた

「これはDoubleXです」と彼らは付け加え、IRAコードワードを提供しました。

その日遅くに警察官が3つ目の爆弾を発見しましたが、警棒で隠されていたビニール袋を調べたところ、幸い爆発しませんでした。

今年4月に終了した死因審問の一環として、証人Oとして知られる有罪判決を受けたIRA爆撃機は、バーミンガムのコロナー裁判所に「6か月前」に許可を与えられたと語った。 爆撃の背後にいる人々の名前を明らかにする ダブリンのIRAの現在の長によって。

彼が法廷で明らかにした名前は、1975年に冤罪で誤って有罪判決を受け、終身刑を宣告された6人の男性の名前ではなく、1991年に有罪判決が最終的に破棄されました。

爆撃の後、暫定IRAは攻撃を行ったことを公式に否定し、不正なメンバーが責任を負っていたかどうかを特定するために内部調査が行われていると主張した。

しかし、IRAのために爆弾を製造することを認めたマイケル・クリストファー・ヘイズは、2017年に残虐行為について謝罪しました。

彼は、人命の損失は意図的ではなく、最初の爆風による死者数に気付いた後、3番目の爆弾を個人的に拒否したと主張した。

水曜日の逮捕は、内務大臣のプリティ・パテルが爆撃についての公聴会の呼びかけを検討すると述べたわずか1か月後に起こります。

パテル女史はまた、21歳の正義のメンバーであり、パブの爆撃で18歳の妹マキシンを失ったジュリーハンブルトンを含む運動家に会うためにバーミンガムを訪問したかった。

逮捕のニュースに応えて、ハンブルトン女史は、1991年にバーミンガムシックスの有罪判決が破棄されて以来、爆撃の犯罪捜査において「最も記念碑的な出来事」と呼んだ。

彼女が逮捕のニュースでウェストミッドランズ警察の上級警官から電話をかけられたとき、彼女はどのように涙を流したかについて話しました。

「私は話すことができませんでした、私はただ慰められず、マキシンの写真を見ていました」と彼女は言いました。

「それは歓迎すべきニュースです。それは圧倒的なニュースです。

「それは目に見える進歩だ」と彼女は言った、そして「私たちが長い間待っていた何か」。

「この進展があったとしても、何が起こっても、完全な公的調査が行われることへの私たちの願望を決して弱めることはありません」と彼女は言いました。

「調査が必要な問題はもっと広く、犯さなかった犯罪で6人の男性が逮捕された理由など、多くの問題が発生しました。」

「21人が爆破され、200人以上の罪のない魂が負傷した後、誰も加害者を探していなかったのはどうしてそんなに長い間だったのですか?」

誰も攻撃のために首尾よく裁判にかけられたことがありません。

1960年代からバーミンガムに住んでいた北アイルランド出身のすべての男性であるいわゆるバーミンガムシックスの誤った有罪判決は、最終的に、冤罪の疑いを調査する刑事事件再審査委員会の設立につながりました。

男性は、警察が、身体的暴力(殴打やタバコによる火傷)、睡眠不足、家族に対する脅迫などの虐待を通じて、虚偽の自白に署名することを強制したと主張した。


爆弾を目的の標的に届ける方法はいくつかあります。これらの方法のいくつかには、爆撃機が時限爆弾を鞄やホールドオールのようなものに隠し、パブに足を踏み入れて群衆に溶け込み、自分自身にできるだけ注意を向けず、目立たない場所に爆弾を置くことが含まれます。爆撃機は通常、爆弾が爆発する前に少なくとも10分離れるので、爆風から安全に離れ、逃げる時間を与えることができます。意図が人々に危害を加えていた場合、爆弾は通常、最大の死傷者を引き起こすために榴散弾を積んでいます。意図が単に破壊を引き起こすことである場合、爆撃機は通常、爆弾が爆発する前に45分から1時間の間に離れ、建物が避難するのに十分な時間を確保できるように、警告を取り締まります。

初期のロイヤリスト爆弾は非常に粗雑で、通常は爆弾のヒューズに火をつけ、パブのドアを開けて爆弾を投げ入れて逃げるか、爆弾を正面玄関、場合によっては側面に置いたままにします。建物の、そしてヒューズに火をつけて逃げます。または、小さいながらも公共の家の窓から投げ出すのに十分な重さの断片化手榴弾を作ることによって、この方法は通常、1970年代半ばにイギリスでいくつかのパブ爆撃を行ったバルクーム市街戦で好まれました。

パブ爆撃の大部分は、北アイルランドの「トラブル」紛争中に行われました。攻撃は、アイルランド共和国暫定IRA(PIRA)、アイルランド民族解放軍(INLA)、ロイヤリストアルスター義勇軍UVFおよびアルスター自由戦闘機(UFF)などのアイルランド共和党およびアルスターロイヤリスト準軍事組織によって実施されました。同じ時期に他のヨーロッパの都市ゲリラ運動によって行われたいくつかのパブ爆撃がありました。

北アイルランドのトラブルの最初のパブ爆撃の1つは、ベルファストの堅固な忠誠者であるプロテスタント地域のベルファストのサンディロウ地域にあるブルーベルバーのPIRA爆撃でした。 1971年9月20日に発生したこの爆撃で、約30人が負傷した。[1]数週間後、ロイヤリストは、UVFが共和党所有のパブと思われる場所を爆撃したときに最初のパブ爆撃を行った。 1971年10月9日、カトリック教徒を傷つけることを望んでいたが、代わりに中年のプロテスタントの女性を殺し、他の何人かを負傷させた。 [2]

北アイルランドで最悪のパブ爆撃は紛争の初期に起こった。 UVFによって行われたMcGurk'sBar爆撃は、15人の民間人と17人の他の人の命が重傷を負ったと主張した。 [3]当時、それは、1979年8月に18人を殺したPIRAのウォーレンポイント待ち伏せまで、北部での攻撃による最大の死者数でした。

英国で最悪のパブ爆撃は1974年11月21日のバーミンガムパブ爆撃でした。21人が殺され、182人が重傷を負いました。これは、民間人の死亡という点でPIRAの紛争に対する最悪の攻撃であり、紛争中のパブ爆撃による最大の死者数でした。 [4]

紛争中のアイルランド共和国での最悪のパブ爆撃攻撃は、ラウス州のダンドークで発生したケイズタバーンでの爆撃でした。この攻撃で2人が死亡し、さらに20人が負傷した。 UVFリンクグループのRedHand Commando(RHC)は、攻撃を実行したと主張しました。 誰によって? ] UVFにリンクされたグループは、不正な英国の治安部隊の助けを借りて攻撃を実行しました。 [5]

1970年代に、忠誠者はパブに対する爆撃キャンペーンを強化し、UVF、UDR、UDA、RUC、RUC特別支部、RUC特別パトロールグループ、および少数の英国の兵士。 1973年から1977年の間に、彼らはパブや他の場所の長いリストを爆撃しました。

ジャーナリストのアン・カドウォールーダーは、1974年から75年の期間の攻撃のいくつかを「キャンペーンの高さ」であると説明しました。これには、爆弾攻撃だけでなく、北アイルランドでの「スプレージョブ」として知られる銃撃も含まれていました。これらの人々が属していたグループは、悪名高いグレナンヌギャングでした。

  • 1974年1月1日から17日: ダニエルヒューズ キャップアーのボイルズバーへのUVF銃攻撃で射殺された。
  • 1974年2月2〜14日:GlenanneGangがTraynorsバーを攻撃。
  • 1974年11月3日– 29日–ロイヤリスト爆弾がニューリーのヒューズバーと呼ばれるバーで爆発し、致命傷を負った ジョン・マロン、そしてクロスマグレンの近くのマッカードルズバーへの別の爆弾攻撃で負傷 トーマス・マクナム 1年も経たないうちに亡くなりました。
  • 1975年2月4-10日–UVFがHaydebsBarを攻撃し、彼らは殺害した ユージーン・ドイルとアーサー・マルホランド。
  • 1975年4月5日– 27日–ロイヤリストのギャングがブリーリーダートのクラブを攻撃し、3人を殺害した。 ジョー・トーマン, ブレンダン・オハラジョン・フィーニー ダーツのゲームをして全員が殺されました。
  • 1975年9月6日– 4日–UVFがBallyagan近くのMcCannのバーを攻撃して殺害 マーガレット・ヘイル 攻撃で。
  • 1975年8月7日– 22日–UVFは「マクグリーナンズバー」を破壊しました。攻撃で多くの人が負傷し、一部の足と手足が失われました。 ジョン・マッグリーナン, パトリックヒューズとトーマスモリス すべて殺害されました。
  • 1976年12月8日– 19日– UVFがダンダルクのパブの外に自動車爆弾を仕掛け、爆発して殺害 2人と負傷者22人.
  • 1976年3月9日– 17日– UVFは、聖パトリックの日に、ヒルクレストバーと呼ばれるバーの外に大きな自動車爆弾を仕掛けました。 UVFの自動車爆弾が爆発し、殺された アンドリュー・スモール, パトリック・バラナード、ジョー・ケリー、ジェームズ・マッショーイ。 さらに多くの人が負傷しました。
  • 1976年8月10日– 16日–アーマー、キーディのステップインパブがグレナンヌギャングのメンバーに爆撃され、殺害 ベティ・マクドナルドとジェラルド・マクグリーナン. [6]

トラブルの最中にパブ爆撃が非常に一般的だった理由は、パブはアイルランドとイギリスで人々が社会的に集まる定期的な場所であり、一度に多数の人々を傷つけたり殺したりする簡単な標的であったためです。他のヨーロッパ諸国では​​、カフェやナイトクラブは、パブというよりもゲリラの標的になっていたでしょう。

イベント 位置 実行者 死亡者(数 怪我 コメント
1971 レッドライオンパブの爆撃 北アイルランド、ベルファスト 暫定IRA 3 30 IRAキャンペーンの一部
1971 マクガークのバー爆撃 北アイルランド、ベルファスト アルスター義勇軍 15 17 UVFキャンペーンの一部
1972 Benny's Bar bombing Belfast, Northern Ireland Ulster Freedom Fighters 2 12 Part of UFF/UDA campaign
1972 Capitol Bar in Belfast bombing Belfast, Northern Ireland Ulster Freedom Fighters 1 12 Part of UFF campaign. [7]
1972 Hole In The Wall pub attack County Donegal, Republic of Ireland Ulster Freedom Fighters 0 0 Part of UFF/UDA campaign. UDA members ordered everybody out of the pub & then badly damaged it with a grenade
1973 Stage Door public house bomb London, England Provisional IRA 0 1 Part of IRA England campaign
1973 North Star public house bomb London, England Provisional IRA 0 6 Part of IRA England campaign
1973 Cloughfin car bomb County Donegal, Republic of Ireland Ulster Freedom Fighters 1 0 Part of UFF/UDA campaign. A UFF member died when the bomb he was priming exploded prematurely outside Kirk's Bar in Cloughfin, Donegal. [8]
1974 Rose & Crown Bar bombing Belfast, Northern Ireland Ulster Volunteer Force 6 18 Part of UVF campaign
1974 Guildford pub bombings Surrey, England Provisional IRA 5 65 Part of IRA England campaign. First attack carried out by the IRA's Balcombe Street Gang between October 1974 - December 1975
1974 Woolwich pub bombing London, England Provisional IRA 2 40 Part of IRA England campaign
1974 Talbot Arms pub bombing London, England Provisional IRA 0 8 Part of IRA England campaign
1974 Birmingham pub bombings Birmingham, England Provisional IRA 21 182 Part of IRA England campaign
1975 Mountainview Tavern bombing 1975 Belfast, Northern Ireland Provisional IRA 5 50 - 60 Part of IRA campaign
1975 1975 Conway's Bar attack Belfast, Northern Ireland Ulster Volunteer Force 2 15 Part of UVF campaign
1975 Bayardo Bar attack Belfast, Northern Ireland Provisional IRA 5 50 - 60 Part of IRA campaign
1975 Strand Bar bombing Belfast, Northern Ireland Ulster Volunteer Force 6 50 Part of UVF campaign
1975 Caterham Arms pub bombing Surrey, England Provisional IRA 0 33 Part of IRA England campaign
1975 Hare & Hounds pub bombing Kent, England Provisional IRA 0 2 Part of IRA England campaign [9]
1975 Biddy Mulligan's pub bombing London, England Ulster Freedom Fighters 0 5 Part of UDA/UFF campaign
1975 Donnelly's Bar and Kay's Tavern attacks Dundalk, Republic of Ireland Ulster Volunteer Force 2 21 Part of UVF campaign (1st part of double attack)
1975 1975 Central Bar bombing County Down, Northern Ireland Irish National Liberation Army INLA 3 30 Carried out by INLA members using the covername "People's Republican Army"
1976 1976 Step Inn pub bombing County Armagh, Northern Ireland Ulster Volunteer Force 2 20 Part of UVF campaign. One of a number attacks carried out by the Glenanne Gang around the Irish border between 1972 - 1977
1976 Hillcrest Bar bombing County Tyrone, Northern Ireland Ulster Volunteer Force 4 50 Part of UVF campaign
1976 Castleblayney bombing County Monaghan, Ireland Ulster Volunteer Force 1 17 A car bomb exploded outside the Three Star Inn pub, Part UVF campaign
1979 Glasgow pub bombings Glasgow, Scotland Ulster Volunteer Force 0 8 Part of UVF campaign
1982 Droppin Well bombing Ballykelly, County Londonderry, Northern Ireland Irish National Liberation Army INLA 17 30 Bombing against British soldiers
1982 Pub Saint-Germain bombing Paris, France The Orly Group 0 2 Campaign by ASALA to "compel the Turkish Government to acknowledge publicly its responsibility for the Armenian Genocide in 1915, pay reparations, and cede territory for an Armenian homeland" [10]
1992 Sussex Arms pub bombing London, England Provisional IRA 1 7 Part of IRA England campaign
1999 Admiral Duncan (pub) nail bombing Soho, London, England Neo-Nazi David Copeland 3 70 Neo-Nazi terrorist hate campaign, many people injured badly from shrapnel & nails, some lost limbs.
2003 Mike's Place suicide bombing Tel Aviv, Israel Hamas and Al Aqsa Martyrs Brigades affiliated British citizens 3 50 Part of Second Intifada

Another attack unique to The Troubles in Ireland was paramilitaries shooting customers inside public houses. This tactic was mainly used by the Loyalist paramilitaries during the later stages of the conflict but sometimes Republicans carried them out as well. Usually the shooting would include a 3–4 member active service unit, one member acting as a getaway driver, one as a lookout and two as shooters, usually one of the shooters would use a machine gun or automatic rifle to spray the pub with gunfire, and the other shooter would use a smaller gun like a pistol or revolver to shoot any customer who tried to attack or stop the main shooter. Some instances of pub shootings include:


Birmingham Six released from prison

In the face of widespread questioning of their guilt, British authorities release the so-called 𠇋irmingham Six,” six Irish men who had been sent to prison 16 years earlier for the 1974 terrorist bombings of two Birmingham, England, pubs.

On November 21, 1974, two Irish Republican Army (IRA) bombs exploded in two separate Birmingham pubs, killing 21 people and injuring hundreds. The bombing attacks were part of the ongoing conflict between the British government and the IRA over the status of Northern Ireland. Days after the Birmingham bombings, the British government outlawed the IRA in all the United Kingdom, and authorities rushed to arrest and convict the IRA members responsible. Six Irish suspects were arrested and sent to interrogation, where four of them signed confessions. The IRA, which claimed responsibility for the Birmingham bombings, declared that the six were not members of its organization.

During the subsequent trial, the defendants maintained their innocence, claiming that police had beaten the confessions out of them. Prosecutors denied this and also came up with forensic evidence that apparently proved that the Birmingham Six had handled explosives shortly before their arrest. They were convicted and sentenced to lengthy prison terms.

In 1985, the forensic evidence was exposed by scientists as unreliable at best, and in 1987 an appeals judge conceded that the same results could be obtained from testing people who recently touched playing cards or cigarette paper. However, it was not until March 1991, with people across Britain and Ireland calling for their release, that the Birmingham Six were freed after years in prison. Seven years later, a British court of appeals formally overturned their sentences, citing serious doubts about the legitimacy of the police evidence and the treatment of the suspects during their interrogation.


Birmingham pub bombings inquest is 'only the beginning'

On the evening of 21 November 1974, 18-year-old Maxine Hambleton was preparing to meet some friends in Birmingham city centre to give out handmade invitations to her housewarming party.

Maxine was a student at Sheldon Heath grammar school and had aspirations to be a lawyer. She had recently returned from a stint working with her friend Jane Davis in vineyards in France, where she had gone to improve her French.

That evening, her older brother Brian agreed to give her a lift to the pub in return for her ironing his shirt. “I will always remember her closing the car door and walking away from me, waving at me,” he said. “My joyful, carefree, upbeat, talented sister I would never see again.”

Brian and Julie Hambleton, whose sister Maxine was killed in the Birmingham bombings, arrive at Birmingham civil justice centre on the first day of the inquest. Photograph: Anthony Devlin/Getty Images

Maxine was one of 21 people killed that night when two IRA bombs ripped through two pubs in Birmingham city centre – the Mulberry Bush and the Tavern in the Town. She died alongside her friend Jane.

The description of Maxine as “larger than life, funny and intelligent” was one of many tributes to the victims read to the jury in the opening days of an inquest into their deaths, which on Friday found they were unlawfully killed after a botched IRA warning call.

The court heard how “practical joker” John Rowlands, 46, died alongside his friends Michael Beasley, James Caddick, Stan Bodman, Trevor Thrupp and John Clifford Jones as they stood in their favourite spot by the bar in the Mulberry Bush.

The jury was told how Neil “Tommy” Marsh, at 16 the youngest of the victims, had a zest for life and loved to draw, while his friend Paul Davies – who died aged 17 – was known for being unusually handsome and charming. Brothers Eugene and Desmond Reilly, 23 and 20, were out celebrating the pregnancy of Desmond’s wife.

Lynn Bennett, 18, and Stephen Whalley, 21, died at the Tavern in the Town while on a blind date, after meeting through a lonely hearts column in NME magazine. Whalley’s mother, who was too elderly and frail to attend the inquest, said in a statement that she found it too traumatic to remember her only son.

Six men were convicted for carrying out the bombings the following year. They became known as the Birmingham Six and the story of the gross miscarriage of justice and the campaign that led to their acquittal 16 years later has become almost more famous than the atrocity itself.

For years, many of the families continued to believe the six men were guilty. For Julie Hambleton, Maxine’s sister, it was only when she met Paddy Hill – one of the six – in 2011 that she was fully persuaded of their innocence. “Now he’s one of our staunchest supporters,” she told the Guardian as the six-week inquest was drawing to a close. “He’s a gentleman.”

A policeman standing outside the Mulberry Bush after the explosion on 22 November 1974. Photograph: BIRMINGHAM INQUESTS/HANDOUT/EPA

Although Brian Hambleton had been campaigning for years to get the criminal investigation into the bombings reopened, the Justice For the 21 campaign was created only in 2011. It was Andy Richards, a journalist at the Birmingham Mail who had what Julie describes as “the eureka moment” and pointed out that they had never had inquests.

In 2015, the families applied to Louise Hunt, the senior coroner for Birmingham and Solihull, to have the inquests reopened. Their lawyers argued that new hearings would serve as “a mechanism to seek truth, justice and accountability for the loss of their loved ones, to establish who was responsible, what was known, what went wrong and whether these losses could have been prevented”. Hunt agreed and ordered fresh inquests in 2016.

Proceedings were delayed further by disputes over whether the hearings should examine who might be responsible for the bombings. In January 2018, the high court overturned a ruling by the coroner Sir Peter Thornton that alleged perpetrators would not fall within the framework of the inquest. Thornton appealed against that decision the following July and the court of appeal ruled in his favour in September.

Relatives of the victims of the bombings gather around a memorial to the 21 killed in the grounds of Birmingham Cathedral. Photograph: Paul Ellis/AFP/Getty Images

That was not the end of the legal wrangling. The group was rejected for legal aid multiple times, before some of the families were finally awarded a sum of money they say still leaves them £60,000 short. “We are not by any stretch of the imagination on an even playing field,” said Hambleton. “If we were, why is it that we need to go out on to the streets to raise urgently needed funds?”

The inquest has not been easy for the family. “What we’ve had to listen to and stay calm through, you wouldn’t wish on your worst enemy,” said Julie. The worst moment came for her with the evidence of Kenneth Boffard, a professor of surgery who was working at Birmingham accident hospital on the night of the bombing. He explained to the court how a bomb blast could sear through liquid in the body faster than air, damaging internal organs.

“I just fell apart,” said Julie. “I collapsed and my sister walked me out and I just couldn’t breathe because I was so upset. What he had described was Maxine’s injuries. She was only 18 and she had her whole life ahead of her. It’s just such a waste of life.”

Although the scope of the the inquest did not formally include the consideration of who might have carried out the attack, in evidence given over a secure video link a convicted IRA bomber known as Witness O named four men he said were responsible for the bombings as Seamus McLoughlin, Mick Murray, James Gavin and Michael Hayes. McLoughlin, Murray and Gavin have since died.

It is unclear whether those responsible for the bombing are immune from prosecution under the Good Friday agreement. Hambleton argues that they are not because the crime was committed in England and not Northern Ireland.

“The inquest is only the beginning. This not the end,” she said. “An inquest isn’t for criminal proceedings. An inquest is just an inquest. However, what has come out, which is more than we could ever have hoped for, has just helped to further solidify our fight and determination. Because if Maxine was alive and one of us had been killed, she would have been screaming from the hilltops.”


21 November 1974

Bombs have devastated two central Birmingham pubs, killing 19 people and injuring over 180.Police have said they believe the Provisional IRA planted the devices in the Mulberry Bush and the nearby Tavern in the Town.

The explosions coincided with the return to Ireland of the body of James McDade, the IRA man who was killed in Coventry last week when the bomb he was planting blew up prematurely.
The two blasts were only seconds apart and happened at about 2030 GMT, when the bars were packed with mainly teenage drinkers.

Police attempted to clear both pubs, but the bombs went off only 12 minutes after a man with an Irish accent telephoned the Birmingham Post newspaper with a warning.The first attack was in the Mulberry Bush, which is located on the ground-floor of the 17-storey Rotunda office block.

The second device exploded 50-yards (45.7 m) away in an underground bar, the Tavern in the Town.Michael Willis, 18, was in the Tavern when the bomb went off.”I was going to put a record on the juke box when there was an explosion.

“There were bodies everywhere and I had to clamber over them to get out – the screaming and groaning from the injured was terrifying,” he said.Many of the injured were ferried to nearby hospital in taxis and private cars, and dozens of ambulances from all over the West Midlands were called in.

Assistant Chief Constable for West Midlands Police Maurice Buck said the carnage caused by the bombs was “disastrous and appalling”.


ビデオを見る: IRA campaign in England 1974-75 Guildford Birmingham Bombs Balcombe Street Gang (かもしれません 2022).