ニュース

ハリー・フーディーニを殺したのは何ですか?

ハリー・フーディーニを殺したのは何ですか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

30年以上の間、ハリー・フーディーニは彼の勇敢なスタントと超人的な忍耐力で観客を魅了しました。ハンガリー生まれの脱出アーティストは、手錠をかけられ、足枷を身に着けたまま橋から飛び降り、水で満たされた密閉されたミルク缶から滑り落ち、足首で水没して逆さまに吊るされた「中国の水責め箱」を考案しました。胸がドキドキする逃走は、通常、健康的な量の策略と手先の早業を伴いましたが、真のリスクも伴いました。 1915年、フーディーニはスタント中に窒息寸前になり、拘束されて6フィートの土の下に埋葬されました。

フーディーニは不可能を乗り越えてキャリアを築いていたが、それは彼の1926年の死の状況をさらに不思議なものにしただけだった。 52歳の少年は10月24日にデトロイトの満員の家の前で演奏したが、その後虫垂炎の明らかな症例で病院に運ばれた。彼はちょうど1週間後のハロウィーンで亡くなり、ファンの軍団を当惑させました。ニューヨークタイムズ紙の死亡記事は、「死の顎をだましているように思われることが多かった」男性が突然亡くなったことにショックを表明した。

フーディーニの死をもたらした奇妙な一連の出来事は、数週間前の1926年10月11日に始まりました。ニューヨーク州アルバニーでの公演中に彼の中国の水責め箱に閉じ込められている間、召喚士は足を一片で打たれました。故障した機器の。彼はショーの残りの部分を歩き回りましたが、後に骨折した左足首を支えていたことがわかりました。

医師の指示に反して、フーディーニはツアーを続け、モントリオールに旅行し、そこでマギル大学で講義を行いました。ほんの数日後の10月22日、彼はマギル大学の学生をプリンセスシアターのドレッシングルームに招待しました。魔術師の足首の痛みはまだ彼を悩ませていたので、グループがおしゃべりしている間、彼はソファに腰を下ろしました。ある時点で、J。ゴードンホワイトヘッドという名前の学生が到着し、フーディーニに腹部への激しいパンチに抵抗できるのは本当かどうか尋ねました。これは、魔術師が公の場で行ったと思われる主張です。目撃者のサム・スミロビッツによれば、フーディーニが噂が真実であると言ったとき、ホワイトヘッドは突然「4つか5つのひどく強制的で意図的な方向性のある打撃」を彼の胃に届けた。フーディーニはまだソファに寄りかかっており、パンチの準備をする時間がなかったため、かなりの痛みを感じていました。

Houdiniはその時の事件を一掃しました、しかしその同じ夜、彼は不快感と胃のけいれんを訴え始めました。翌日、デトロイト行きの夜行列車に乗り込み、新たな公演を行ったとき、彼の状態は悪化した。魔術師は激しい腹痛、冷や汗、倦怠感を発症し、体温は104度まで上昇しました。医師は虫垂炎を疑ってHoudiniに病院に行くように指示しましたが、パフォーマーはガリックシアターでのオープニングナイトショーの舞台に立つことを主張しました。彼は最後の幕の直後に崩壊する前に彼のルーチンを通して苦労し始めました。

ショーはフーディーニの最後になるでしょう。その同じ夜、彼はデトロイトの病院に運ばれ、手術の準備をしました。医者は数日前に破裂したことが判明した彼の虫垂を首尾よく取り除きました、しかしそれはすでに彼の内部を毒殺していました。厳しい予後にもかかわらず、魔術師は10月31日まで、妻のベスと2人の兄弟と一緒に亡くなるまで生き続けました。

フーディーニの死の公式の原因は、虫垂の破裂によって引き起こされた腹膜炎としてリストされました。当時、魔術師の医師たちは、この病気は、モントリオールでの舞台裏での出会いの最中にJ.ゴードンホワイトヘッドが彼に与えた大騒ぎの結果であると固く信じていました。このような「外傷性虫垂炎」の症例は非常にまれであり、ある研究では、ほぼ20年間で数十例しか発見されませんでしたが、1926年に診断が広く受け入れられました。フーディーニの生命保険会社は、偶発的な死亡に対して妻に倍額補償を支払うことを余儀なくされました。

フーディーニは1926年11月4日にクイーンズで休息するように置かれましたが、彼の異常な死についての噂はそれ以来続いています。理論の多くは、マジシャンとスピリチュアリズムとの論争の的となる関係に焦点を当てる傾向があります。スピリチュアリズムは、かつて交霊会や媒体を通じて死者とコミュニケーションをとることが可能であると信奉者が主張した疑似宗教です。生まれながらの懐疑論者であるフーディーニは、1920年代の大半を、スピリチュアリストの主張を暴き、その最高の超能力者を詐欺として暴露するという使命に費やしていました。十字軍は彼に数百万ドル相当の訴訟と数人以上の敵をもたらしましたが、彼の死の時、彼は諦める気配を見せませんでした。ほんの数ヶ月前、彼はワシントンD.C.で占いを非合法化する法案を支持して議会の前で証言しました。

フーディーニの干渉は彼を殺したのだろうか? 2006年の伝記「フーディーニの秘密の生活」で、著者のウィリアム・カラシュとラリー・スローマンは、魔術師の死はスピリチュアリストコミュニティのメンバーによる慎重に計画された暗殺であった可能性があると主張しています。 「フーディーニが不正行為の犠牲者であると疑う場合、詐欺的な精神媒体で構成された組織犯罪のセクションは、容疑者である可能性が高いと見なされなければなりません」と彼らは書いています。カルシュとスロマンは、スピリチュアリストには敵を毒殺した歴史があると主張し、フーディーニの死が実際に虫垂炎によって引き起こされたことを確認するための検死は行われなかったと述べています。 「誰かがフーディーニの中毒にひどい思いをしていたら、それはそれほど難しいことではなかっただろう」と彼らは結論付けている。

かなりの議論は、Houdiniのモントリオールの楽屋で致命的な可能性のある腸のパンチを届けたと思われるマギル大学の学生であるJ.ゴードンホワイトヘッドにも焦点を当てています。 2005年の著書「フーディーニを殺した男」の中で、著者のドン・ベルは、ホワイトヘッドがスピリチュアリストと同盟を結んでいた可能性があるという理論を浮き彫りにしました。ベルは、ホワイトヘッドをあらゆる種類の犯罪計画に結び付けるのに十分な証拠はないと結論付けましたが、モントリオールでの魔術師の時代にフーディーニをストーカーした敵のエージェントであると主張する人もいます。

フーディーニの死の真の原因は確かにわからないかもしれませんが、学者の大多数は殺人理論を単なる憶測として却下する傾向があります。彼らにとって、より差し迫った問題は、フーディーニの破裂した虫垂が、数日前に受けた胃の打撃と何らかの関係があるかどうかです。証拠はそのような状態が実際に可能であることを示していますが、多くの人は、ホワイトヘッドのパンチが単にHoudiniに既存の虫垂炎の症例を無視させた可能性が高いと考えています。魔術師がついに治療を求めた時までに、理論は行きます、それはすでに手遅れでした。

興味深いことに、フーディーニの死についての情報源としておそらく最も求められているのは、フーディーニ自身に他なりません。スピリチュアリストの主張の彼の究極のテストに相当するもので、魔術師は彼が墓の向こうから彼女と通信しようとすることを彼の妻ベスに約束しました。ベスは毎年恒例の「フーディーニの交霊会」を10年間開催した後、1936年に検索を中止しました。それ以来、ファンや仲間のマジシャンは交霊会をハロウィーンの伝統にしていますが、これまでのところ、偉大なフーディーニの幽霊は話すことを拒否しています。


トーク:ハリー・フーディーニを殺したのは誰ですか?

の編集者として Crawdaddy!、 COIガイドラインに準拠するため、I'm FromBarcelona'sのこのレビューへのリンクは投稿していません。 ハリー・フーディーニを殺したのは誰ですか?。ただし、そのメリットをお勧めしたいと思います。編集者がレビューを検討する時間を見つけて、適切と思われる場合は、専門のレビューセクションに投稿してください。お時間をいただきありがとうございます。 クロウダディ! (好ましい)[1]
マイク・ハーキン(トーク)2008年10月16日21:02(UTC)

誰がハリー・フーディーニを殺したのかという外部リンクを1つ変更しました。私の編集を確認してください。質問がある場合、またはボットがリンクやページを完全に無視する必要がある場合は、この簡単なFAQにアクセスして追加情報を入手してください。次の変更を行いました。

変更内容の確認が終わったら、 チェック済み 以下のパラメータ NS また 失敗した 他の人に知らせるために(<でのドキュメント> ).

2018年2月の時点で、「外部リンクが変更されました」トークページセクションは、によって生成または監視されなくなりました。 InternetArchiveBot 。以下のアーカイブツールの手順を使用した定期的な確認を除いて、これらのトークページの通知に関して特別なアクションは必要ありません。編集者は、トークページを整理したい場合、これらの「変更された外部リンク」トークページセクションを削除する権限を持っていますが、大規模な体系的な削除を行う前にRfCを参照してください。このメッセージは、テンプレートを介して動的に更新されます<> (最終更新日:2018年7月15日).


ボディブロー

1926年に52歳で、ハリー・フーディーニは彼のゲームのトップにいました。

彼は年の初めに国をツアーし、脱出を実行し、彼の数十年前の名声を楽しんだ。しかし、彼がその秋に再びツアーをしたとき、すべてがうまくいかなかったようでした。

10月11日、フーディーニはニューヨーク州アルバニーで水拷問セルの脱出トリックを実行中に足首を骨折しました。彼はなんとか医者の命令に反対して次のいくつかの出演を押し通し、それからモントリオールに旅行しました。そこで彼はプリンセスシアターに出演し、マギル大学で精神詐欺に関する講演を行いました。

ウィキメディア・コモンズのフーディーニは、1912年に手錠から脱出する準備をしています—そして箱が船の船外に投げ出されました—。

講義の後、彼は有名な魔術師のスケッチを作ったサミュエルJ。&#8220スマイリー&#8221スミロビッチを含む学生や教職員と一緒にしゃべりました。フーディーニはその絵にとても感銘を受けたので、10月22日金曜日にスミロヴィッチをプリンセスシアターに招待して適切な肖像画を描いた。

決められた日の午前11時に、スミロビッチは友人のジャック・プライスと一緒にフーディーニを訪ねてきました。その後、ジョセリン・ゴードン・ホワイトヘッドという新入生が加わりました。

スミロビッチがフーディーニをスケッチしている間、ホワイトヘッドは魔術師とおしゃべりをしました。フーディーニの体力について話し合った後、ホワイトヘッドは、胃への最も強力なパンチにも耐えられるのは本当かどうか尋ねました。その後、ジャック・プライスは、ルース・ブランドンの本に記録されているように、次のことを思い出しました。 ハリー・フーディーニの生と多くの死:

&#8220Houdiniは、彼の胃がかなり抵抗できるとかなり熱心に述べました&#8230。そこで、彼[Whitehead]は、Houdiniにベルトの下で非常にハンマーのような打撃を与え、最初にHoudiniの攻撃の許可を確保しました。フーディーニは当時、ホワイトヘッドに最も近い右側でリクライニングしており、その学生は多かれ少なかれ彼を曲げていました。&#8221

ホワイトヘッドは、フーディーニがパンチの途中で停止するようにジェスチャーするまで、少なくとも4回攻撃しました。プライスは、フーディーニが&#8220彼が極度の痛みを感じているように見え、一撃ごとにひるんだことを思い出した。&#8221

Houdiniは、Whiteheadが突然攻撃するだろうとは思わなかったと述べました。そうでなければ、準備を整えたほうがよいでしょう。

夕方までに、フーディーニは腹部にひどい痛みを感じていました。

アメリカ議会図書館ハリー・フーディーニのトリックの1つは、ミルク缶から逃げることでした。


ハリーについての野生

これは、1926年10月22日にモントリオールのプリンセスシアターのドレッシングルームでフーディーニを殴ったマギル大学の学生、ジョセリンゴードンホワイトヘッドの唯一の既知の写真です。これ)9日後のハロウィーンでフーディーニの命を奪うであろう虫垂炎。

この写真はから来ています フーディーニを殺した男 ドン・ベル著、10/22/26のイベントに興味のある人は必読です。 1950年頃にモントリオールのロディックの書店にあるホワイトヘッドを示しています。ベルは、ホワイトヘッドが打撃を与えたときは31歳だったので、ここでは50代半ばになると言います。

ホワイトヘッドがここで本を持っているのは皮肉なことです。借りた本を返却することで、彼はその運命の日にフーディーニの楽屋に入ることができました。彼はまた、1928年に2回万引きの本で起訴されました。

ベルによると、問題を抱えたホワイトヘッドは1954年に隠士と買いだめで亡くなりました。彼はカナダのモントリオールにあるホーソンデール墓地のマークのない区画に埋葬されています。

この画像スキャンをしてくれたスクラントンのHoudiniMuseumのDorothyDietrichとDickBrookzに感謝します。

32コメント:

「FindAGrave」での彼のマークされていない墓:http://www.findagrave.com/cgi-bin/fg.cgi?GRid = 11432883&amppage = gr

墓がマークされていない場合、これがにきびであることをどのように知っていますか?

墓地は、誰がどの数のプロットに埋葬されているかを記録しています。墓がマークされていないことが時々発生します。墓石は、一部の人が支払うことができない費用です。しばらく前に発見したように、EdSaintにもマーカーがありません。

ホワイトヘッドはフーディーニを殴ったことで罰金を科されましたか?

いいえ。彼に対して提起されたものについては、いかなる告発もありませんでした。それは事故と見なされました。

面白い。ありがとう、ジョー。面白い彼らは彼をボクサーと呼んでいます。彼はそうではありませんでした。それは神話の一部です。ベルとスマイリーはどちらも彼が神の学生だったと言います。

彼が&#3954で亡くなったとき、彼がトニー・カーティスの魔術の恋の映画を見るために夜に忍び寄ったことがあるのだろうか。もしそうなら、彼の心にはどのような考えがあったに違いありませんか?

Whiteheadsの墓のサイトを提供する場合は、こちらにアクセスしてくださいhttp://deadconjurers.blogspot.com/2011/01/j-gordon-whitehead-man-who-killed.html
これは私のDeadConjurersサイトです。興味深いことに、ホワイトヘッズの墓は、フーディーニの墓でさえ、すべての魔術師の墓を合わせたよりも多くのヒットを受け取りました。

ディーンに感謝します。去年投稿したのを忘れてしまいました。私は自分の投稿でそれにリンクしました。

ホワイトヘッドが世界で最も有名な人々の1人から借りた本を使ってやっているような未知のことは何ですか?この2人がどのように出会い、Houdiniから本を借りたのかについての情報はありますか? HHがこの男を十分に知っていて、彼に本を借りさせるのは奇妙に思えます!

なぜ誰もそれに答えなかったのか知っていますか?誰が尋ねているのですか?
匿名の投稿は、このようなサイトには属していません。

ああ、私は匿名のコメントを気にしません。一部の人々はまだ自分の名前をオンラインにすることに不満を持っています。

私はその本について疑問に思いました。 WhiteheadとHoudiniは以前に会ったことがありますか?それは傑出した謎の1つにすぎません。

パトリックはリラックスする必要があります。誰かが匿名、ビル、トム、または他の何かと呼ばれる場合、なぜ誰かが気にするのですか?ここに自分の名前を載せても問題はありませんが、必要だとは思っていませんでした。私たちは、CIAの秘密ではなく、ほぼ90年以上前に発生した事件について話しているのです!過去にあなたを含め、多くの人が私の投稿に返信してきました。ともかく。彼が本を彼に返すならば、彼らはフーディニスの楽屋の前に会ったに違いありません。別の主題では、私の妻は長年看護師であり、腸へのパンチが最終的に感染して虫垂炎を破裂させるという考えは現実的な可能性です。彼女は、彼女が一緒に働いている何人かの医者が何年にもわたってこのタイプの状態を見たと言いました。

最初の行「J.ゴードンホワイトヘッドの唯一の既知の写真」に関する1つの小さなコメント。ジョン、あなたは実際にホワイトヘッドに関する古い投稿と、ある種のプログラムの表紙にあった写真を手に入れました。だから多分ここの写真はホワイトヘッドの最後の既知の写真です。 http://www.wildabouthoudini.com/2011/02/j-gordon-whitehead-takes-stage.html

ああ、それはホワイトヘッドではありません。それは、ある人物の写真だけが書かれ​​た架空の本です。ホワイトヘッドの代役。

私はホワイトヘッドの非常に遠い親戚であり、この写真から家族の誰にもホワイトヘッドに似ていることはわかりません。
ジョン・ウィリアムズ

世代を超えて機能が変化する「ジョン・ウィリアムズ」をご存知ですか?たとえば、私の兄は私たちの父のようには見えません。彼はお母さんの唾を吐くイメージです。

あなたがあなたのにきびとあなたが言うように遠い親戚を見て、あなたが似ているのを見る唯一の方法は、彼らが彼らのいとこと結婚したように「非常に近い」結婚を続けたかどうかです。ホワイトヘッドは明らかに臆病者だったので、そこで近親相姦が起こっても驚かないでしょう。

彼がどのように感じたか想像してみてください。私は彼を責めないと言っているのではありませんが、事件の後、彼はちょうど姿を消しました。それから彼が死んだとき、彼の墓はマークされておらず、今では草で覆われています:/

ホワイトヘッドは、フーディーニに害を及ぼすことなく胃を殴ることができるかどうかを尋ねた後、魔術師の中央部に一撃を加えたとされています。なぜ彼はその特定の質問をしたのですか?フーディーニをよく知っていて、自分の所有物、つまり本を借りることができると思われる男性が、フーディーニの有名な胃への打撃に耐える能力についても知らないのは非常に興味深いことです。 Whiteheadの行動は非常に疑わしいと思います。ホワイトヘッドは、フーディーニが怒らせたメディアから送られたヒットマンだったのではないかという憶測を私たちは皆聞いた。結局のところ、それに何かがあるのか​​もしれません!

敬意を表して、弾丸の代わりにガットパンチを使用する殺し屋を雇うのは誰ですか?

私はあなたがあなたの最後の文、AmazingGordoで皮肉であると仮定するつもりです。

そうでない場合は、論理的な考えを提案します。彼がヒットマンだった場合、彼の計画は何でしたか?次のいずれかを期待して、フーディーニを胃にパンチします。

a)数年後でも、彼が持っていたかどうかについて人々が議論する状態を悪化させる

b)何年も経った後でも、人々がそのように与えることができるかどうかについて議論するという条件を彼に与える

彼が成功したとしても、すぐに病院に行くことで問題は完全に解決するだろうという知識があれば?

あなたはあなたに成功のその保証を提供したヒットマンを雇いますか? 「ええ、私は彼を胃の中で本当に激しく殴ることができます。そうすれば、彼は治療せずに放置すると、間違いなく彼を殺す可能性が最も高い状態になるかもしれませんし、そうでないかもしれません」?

ミルボーン・クリストファーがホワイトヘッドの名前を加害者として最初に明かしたのですか、それとも以前のフーディーニの伝記で明らかにされたのですか?クリストファーの本は、名前を明かすために私が知っている唯一の古い伝記です。多くの本が彼を「マギル大学の学生」と呼んでいます。

サムスマイリーの雑誌記事は、1953年にホワイトヘッドの名前を明らかにしました。

実際、1953年9月12日の「ウィークエンドマガジン」の記事はスタンリーハンドマンによるものでした。しかし、スマイリーは、ハンドマンとのインタビューでホワイトヘッドの名前を明らかにした情報源でした。その記事を読みたいです。フーディーニの歴史の非常に重要な部分。

これがWeekendMagazineの1953年の記事です。タイプライターで書かれた文字起こししか見たことがないので、ハンドマンがその週にスマイリーにコラムを渡したとしか思えません。後でクリストファー、シルバーマンなどが使用する説明に気付くでしょう。
http://www.houdinisghost.com/smiley1953.html

しばらく経ちましたが、誰かが私の質問に答えてくれることを願っています:ホワイトヘッドはフーディーニの死で起訴/逮捕されましたか?

いいえ。彼は当時、部屋にいた他の2人の少年と一緒に証言録取されましたが、それは事故と見なされました。無料です。

包括的な世界観からの私の神学的分析:

マスターイリュージョニストであり、専門分野の主な分野であるハリーフーディーニは、無数の人工の罠やビンディングなどから逃げていました。現実には、彼は死を免れることができませんでした。ハリー・フーディーニは永遠に生きるつもりはなく、誰もが死にました。彼がどのように死んだとしても、人々は彼が死を免れ、彼の喪失に腹を立てることを期待していると私は信じています。

彼のペルソナは、不可能と思われるときに逃げることによって人々から賞賛を生み出すものでした。これは、今日でも人々が彼の最終的な判断から逃れるかどうかを確認するために交霊会に出席しているという事実によって証明されています。しかし、彼が言ったことを覚えておいてください:「私は戦いにうんざりしています。」

今彼の死について。その男は彼自身のプライドを通して彼自身の死を設定したようです。彼は腹筋に誇りを持っていたので、人々に彼を殴るように挑戦しました。私は実際に彼がホワイトヘッドに挑戦したと信じています。これは目撃者の報告だけでなく、ホワイトヘッドのパンチが実際に彼を傷つけなかったように見せるために彼がそのような努力をしたという事実のためです。彼はショーをキャンセルせず、すぐに医師の診察を求めませんでした。そうすると、ホワイトヘッドは「彼を手に入れました」と気づき、プライドが低下し、汚れのない名前が大幅に減るのではないかと恐れていました。

神は皮肉がたくさんあるように彼の死を設定しました。私は、歴史を通して、神は「聞く耳」を持っている人は理解できると述べていると信じています。脱出の達人。単なるパンチではなく、彼自身のプライドと膨らんだエゴのために逃げることができなかった彼自身の作りの罠によって殺されました。

今。世界への本当に重要なメッセージは何でしたか。彼が致命的な打撃を受ける直前に、彼は簡単な質問をされましたが、ほとんどの人はそれを無視したり、見過ごしたりしているようです。フーディーニは、聖書の奇跡についてどう思うか尋ねられました。彼は、聖書の奇跡は、過去の人々が実際に何が起こっているのかを知るにはあまりにも無知であったという、うまく実行されたトリックであったことを意味する方法で答えました。これは、フーディーニの世界観と一致しています。なぜなら、彼はユダヤ人の子孫でしたが、ユダヤ教を実践せず、むしろフリーメーソンを実践していたからです。彼は不信者でした。

要約はこれです。ハリー・フーディーニは、福音や人間がキリストを通して罪と死の束縛から逃れる必要があるとは信じていませんでした。マスター脱出アーティストは、脱出する必要がある最も重要なものから脱出する必要があるとは信じていませんでした。これは、世界への神のメッセージに頭を悩ませます。物語がどのように終わるかは誰もが知っています。同じ間違いをしないでください。

勘違いしないで。人として、ハリー・フーディーニは確かに驚異的でした。非常に熟練していて尊敬に値する人。彼の時代に生きていたら、彼のショーの1つを見て驚かれると確信していますが、実際のところ、私たちの魂の永遠の運命は私たちの娯楽よりも重要であり、神はこれを明確にされています多くの場合、歴史はありません。

実際、フーディーニは聖書の奇跡についてのホワイトヘッドの質問に答えませんでした。彼は質問を振り払った。実際、Houdiniのプログラムでは、聖書についての質問には答えないことを具体的に述べています。彼はこれがスピリチュアルな餌であることを知っていました。

多くの人々は、フーディーニが懐疑的だったので、彼は無神論者、またはあなたが「不信者」と呼ぶものだったに違いないと思います。彼はそうではありませんでした。議会の前での宣誓の下でさえ、彼は何度も何度も神への信仰を表明しました。フリーメーソンへのあなたの言及は興味深いです。なぜなら、フーディーニは実際に神への信仰をメイソンであることの必要な部分であると同一視したからです。ここに彼の議会の証言からの2つの正確な引用があります:

Houdini:「[私は]予感を絶対に信じていますが、スピリチュアリズムは信じていません&#8230私は潜在意識、来世、全能の神を信じています。」

Houdini:「私の宗教と全能者に対する私の信念は暗殺されました。私は昨日、全能者を信じていると述べました。私はいつも信じてきました、そして私はいつも信じます。私はメイソンです、そしてあなたは神がメイソンであると信じなければなりません。」

しかし、これに対するあなたの世界観の見方と、フーディーニの生と死がどのように神の計画の一部であった可能性があるかを共有していただきありがとうございます。それは私にはまったく共鳴しません。 Houdiniとは異なり、私は無神論者です。しかし、それは他の人に共鳴するかもしれません。だからありがとう。


ベス・フーディーニ

Wilhelmina Beatrice Rahnerは、1876年にニューヨークのブルックリン(ニューヨーク市が統合される前)で、ドイツ人移民のGebhard Rahner(キャビネットメーカー)とBalbina Rahner(旧姓Bugel)に生まれました。

ベスは、フーディーニの弟であるテオ(別名セオドア・ハーディーン)から最初に礼拝されたとき、コニーアイランドで「フローラルシスターズ」と呼ばれる歌と踊りの演技で働いていました。しかし、1894年6月22日に彼女が恋に落ちて結婚したのはフーディーニの兄ハリーでした。[2]フーディーニが手錠の王として大ヒットする前に、このペアはフーディーニとして数年間働いていました。しかし、彼とベスは、彼のキャリアを通して、時折彼らの特徴的なトリックであるメタモルフォシスを実行し続けました。ベスはまた、ペットの動物園の世話をし、人形を集め、フーディーニの夜のフルロードショーの衣装を作りました。 [3] Houdinisは結婚の間ずっと子供がいなかった。ベスの姪、マリー・ヒンソン・ブラッドは、ベスが子供を産むのを妨げる病状に苦しんでいると言いました。 [4]

フーディーニが1926年10月31日に亡くなった後、ベスはニューヨークに喫茶店を開き、彼女が氷の中で男を凍らせるという寄席の行為を簡単に行いました。 [5]

彼女はマンハッタンのインウッドに引っ越し、交霊会の最中にハリーとベッシーだけが知っていたコードでハリーに連絡を取り、精神媒体が詐欺ではないことを確認しようとしました。 [6]コードは次のとおりです。ロザベル–答え–伝える–祈る–答え–見る–伝える–答え–答え–伝える。ベスの結婚指輪には、最初に会ったときに彼女が演技で歌った曲の名前である「ロザベル」という碑文がありました。他の言葉は、メンタリズム行為中に魔術師と彼の助手の間で情報を渡すために使用される秘密のスペルコードに対応しています。各単語または単語のペアは文字と同じです。たとえば、「答え」という言葉は「B」という文字を表しています。 「答え、答え」は文字「V」の略でした。したがって、Houdinisの秘密のフレーズは「BELIEVE」という言葉を綴っています。 [7]

1930年代に、彼女はカリフォルニア州ハリウッドに移り、マネージャー兼パートナーのエドワード・セイントとともにフーディーニの記憶を広めるために働きました。 1936年のハロウィーンに、ベスとサンはハリウッドのニッカボッカーホテルの屋上で「ファイナルフーディーニセアンス」を指揮しました。失敗したセアンスの終わりに、フーディーニの写真の横に、彼女は10年間燃えたと言われているろうそくを消しました。 1943年に彼女は「10年はどんな人も待つのに十分な長さだった」と言った。 [8]

1936年の交霊会の後、ベスはミステリーシリーズの作家であるウォルターBギブソンに尋ねました。 シャドー そして、Houdiniの友人であり、自信を持って、広報担当者であり、ゴーストライターであり、毎年の賛辞を続けています。彼は、フーディーニの伝記作家ミルボーン・クリストファーのような魔法の著名人と一緒に、ニューヨークのマジックタウンハウスで長年それらを開催しました。彼が死ぬ前に、ギブソンはドロシー・ディートリッヒに伝統[9]を伝えました。 [10]

ベス・フーディーニは、1943年2月11日、カリフォルニア州ニードルズでロサンゼルスからニューヨーク市に向かう東行きの列車に乗って心臓発作で亡くなりました。彼女は67歳でした。 [11] [12] [13]彼女はローマ・カトリック教徒として育ち、彼はユダヤ人だったので、彼女の家族は彼女がニューヨークのクイーンズにあるマックピーラ墓地で亡くなった夫に埋葬されることを許可しなかった。彼女は代わりにニューヨーク州ホーソーンのゲートオブヘブン墓地に埋葬されました。

映画編集で

ベス・フーディーニは1938年の映画に登場しました 宗教的なラケット屋 (別名 ミスティックサークル殺人)Frank O'Connerが監督し、FanchonRoyerがプロデュースしました。映画の中で、彼女は亡くなった人々とのコミュニケーションは不可能であるという彼女の信念を表明しました。この映画はスピリチュアリストの間で論争を巻き起こしましたが、マジシャンから賞賛されました。 2006年にAlphaVideoからDVDでリリースされました。 [14]

ベスはジャネットリー(ジャネットリー(フーディーニ、1953)、サリー・ストラザース(グレートフーディーニ、1976)、ステイシー・エドワーズ(フーディーニ、1998)、およびクリステンコノリー(フーディーニ、2014)。ステージでは、彼女はジュディス・ブルース(魔法の男、1966)、Viviane Thomas(フーディーニ–サーカスオペラ、1979)、キム・ロレス(グレートフーディーニ、1999)、およびEvanna Lynch( "Houdini"、2013)。 [15] [16] [17]

音楽編集で

ケイトブッシュの歌 フーディーニ 彼女の1982年のアルバムから ドリームタイム ベス・フーディーニと亡くなった夫ハリーとのコミュニケーションの試みについての話です。 [ 要出典 ]

マイケミカルロマンスの歌 これが私が消える方法です 彼女の死んだ夫、ハリーに連絡するためにフーディーニによって実行された交霊会に触発されました。 [18]

BálintVargaとLiaBarcellonaTamborraの2020年のアルバムミュージカル/オーディオブック d'ILLUSION:フーディーニミュージカル プロットの一部としてハリーとベスの関係を描いています。彼女はキアナホームズによって描かれています。 [19] [20] [21] [22] [23]


ハリー・フーディーニ:アップルトンから世界へ

1926年に魔術師が亡くなって以来毎年開催されている公式のフーディーニ交霊会は、フーディーニが不正な媒体を暴露しようとしたことから始まりました。彼は、死後の生者と連絡を取る方法が本当にあれば、そうするだろうと主張した。彼は妻のベスと一緒にコードを設定しました。ベスは毎年の交霊会に忠実に出席し、10年間彼の帰国を待ちました。その後、彼女はあきらめました。交霊会は、フーディーニの生活と重要なつながりのある場所で毎年開催されます。

フーディーニは1874年4月6日にウィスコンシン州アップルトンで生まれたと主張しましたが、実際には1874年3月24日にハンガリーのブダペストで生まれました。最近発見された船のログは、フーディーニが幼児だったときにワイス家がアップルトンに引っ越したことを示しています。家族は、アップルトンの最初のラビになったフーディーニの父、ラビメイヤーサミュエルワイスの仕事の機会のためにアメリカに来ました。フーディーニはアップルトンで生まれたわけではありませんが、彼はそれを故郷と愛情を込めて呼びました。

バスターキートンは、フーディーニが彼のニックネームを作ったと主張しました。キートンの作品のいくつかが階段から落ちてくるのを見た後、フーディーニは彼を「本物のバスター」と呼び、名前は固執した。

フーディーニは、偽の媒体やスピリチュアリストのデバンカーとして知られていました。彼の興味は、母親のセシリア・ワイスの死後の彼の死別の間に始まりました。奇術師としての彼の経歴のために、彼は精神世界に接触したと主張する媒体の技術を認識しました。 Houdiniは、悲しみに暮れる家族にお金を請求したこれらの山師に対する十字軍になりました。彼は媒体を暴露するために頻繁に変装して交霊会に出席した。

有名なシャーロックホームズのキャラクターの作成者であるアーサーコナンドイルは、現代的でフーディーニの崇拝者でした。皮肉なことに、ドイルはホームズの物語の論理的な説明で知られていましたが、フーディーニの脱出と幻想は超自然的な現象であると本当に信じていました。


ハリー・フーディーニを殺したのは誰ですか?

伝説の魔術師ハリー・フーディーニは、90年前のハロウィーンで52歳で亡くなりました。劇的な脱出で知られるフーディーニは、大学生から腸へのパンチで最終的に殺されました。

1926年10月&ampnbspで、Houdiniはカナダのモントリオールで大学生のグループに講義をしました。講義を過ぎて学生とより親密に話すために、彼(http://www.history.com/this-day-in-history/houdini-is-dead)は彼の胃の筋肉の強さについて自慢しました。マギル大学の学生であるJ.ゴードンホワイトヘッドは、フーディーニに筋肉を準備する時間を与えることなく、すばやく連続して2回胃を殴りました。

フーディーニは、1926年10月24日にガリック劇場で最後に演奏した事件の後、兵士としてデトロイトを続けました。彼は痛みを訴え、いくつかの(http://www.mlive.com/travel/index.ssf/2016/10/houdini_halloween_death.html#0)レポートによると、ショー中に何度も渡されましたが、フーディーニはパフォーマンスを終了しましたスタトラーの彼の部屋に戻って医者と会う前に。医者は彼を虫垂炎と診断しましたが、彼の状態はすぐに悪化し、魔術師はデトロイトのダウンタウンにあるグレース病院に運ばれました。

フーディーニは1週間入院し、破裂した虫垂を修復するために2回の手術を受けました。しかし、彼は虫垂炎の破裂によって引き起こされる腹腔の感染症である腹膜炎(http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/peritonitis/basics/definition/con-20032165)を発症していました。フーディーニは1926年のハロウィーンにグレース病院の401号室で亡くなりました。

フーディーニの妻であるベスは、夫が亡くなった後、夫の精神に連絡するためにいくつかのsAaAaAeA @ ancesを実施しました。これは、2人が人生の早い段階で行った合意に基づいています。彼女は彼に連絡することができず、結局実験全体を失敗として非難した。


ハリー・フーディーニのスピリチュアリズムとの戦い

1920年代が転がるにつれ、フーディーニは熱心なファンの間だけでなく、舞台のマジシャンコミュニティ内でも生きた伝説となりました。 Now elevated to the illustrious position of President of the Society of American Magicians, Houdini gained something he'd never had as a young man: influence. It was at this stage of his career that Houdini doubled down on what would become a life-long war against spiritualism. Houdini's obsession with debunking the tricks of psychic performers placed him at odds with the magical community.

Houdini's crusade culminated in a public falling out with his close friend, Sir Arthur Conan Doyle. According to The Guardian, Doyle was an ardent believer in the supernatural, and the men had a very public spat when Houdini described one medium of the time as a "human leech." It was an odd chapter in the life of these two famous figures. A stage magician whose life revolved around misdirection became a staunch advocate for skepticism, while the inventor of Sherlock Holmes, a character of pure rationality, became the poster child for blind faith in the supernatural. The two titans remained at odds for the rest of Houdini's life.


What Killed Harry Houdini? - 歴史

Few people in any field of human endeavor rise to become the unquestioned “top-dog” in their profession in their generation, let alone of all time. But ask almost anyone who the greatest illusionist / escape artist in history was and take the proverbial “dollars to doughnuts” wager that they’ll say “Houdini”.

The Houdini legend persists, and indeed, seems to grow even larger with each passing decade. But we’re not here to talk about Houdini’s life. Rather, we’re going to discuss the truth about how he died.

Thanks to the hugely popular (and largely fictional) 1953 film Houdini, starring Tony Curtis, a common myth you’ll often hear concerning how Houdini died is that he drowned failing to escape from a water tank during a performance, having to ultimately be pulled from the tank as depicted in the film.

The real story of how Houdini died is very different.

When Harry Houdini and his entourage arrived at The Garrick Theatre in Detroit, Michigan on October 24, 1926, the Hungarian-born magician and escape artist was running a fever of about 102-104 degrees Fahrenheit. Two days before this, Houdini had been resting in his dressing room prior to a show in Montreal when a college student named J. Gordon Whitehead approached him. It’s difficult to determine exactly what happened from here as accounts from eye witnesses are slightly conflicting. However, the general story seems to be that Whitehead asked Houdini if the claim that he could withstand any punch to the abdomen had any truth to it. Houdini assured him it was true and gave him permission to see for himself.

Whitehead immediately took a few jabs at Houdini’s mid-section while the magician was still reclining (he had recently broken his ankle in his famous Water-Torture Cell escape) and supposedly didn’t have a chance to prepare for the blows from the over exuberant Whitehead. The punches inflicted more pain than Houdini anticipated, and after a few fists to the gut, he motioned for Whitehead to stop. Despite the extreme physical pain that continued even after Whitehead ceased punching him, not to mention his broken ankle, Houdini insisted the evening’s scheduled performance must go on as planned.

By the time Houdini was heading for his next show in Detroit, his condition had deteriorated badly. He was running a high fever and, though refusing to go to the hospital, was nevertheless examined by a physician before the show. The doctor diagnosed Houdini with acute appendicitis and recommended he head immediately to the hospital for surgery. Houdini refused and took the stage.

He began the performance with several vanishing acts, culminating with making a woman disappear and conjuring a flowering shrub in her place. He made it through the first act, but his conditioned worsened and he was forced to have his assistant finish the show.

After the show was over, Houdini headed back to his hotel to rest up, but his wife, Bess, reportedly “threw a tantrum” that he wasn’t going to the hospital and so a physician was called in to examine him yet again. The conclusion was that Houdini needed immediate hospitalization and surgery. Houdini was still not keen on the idea, but after consulting with his personal physician, Dr. William Stone, over the phone, he finally gave in an agreed to go to Grace Hospital in Detroit to have an emergency appendectomy.

Once at the hospital, it was established that Houdini had peritonitis due to a ruptured appendix. At the time, it was speculated that the aforementioned blows to his abdomen may have been the cause of his appendicitis. In fact, the conclusion made by the life insurance company, who then had to pay double indemnity because of their findings, was that the punches to Houdini’s abdomen had ruptured his appendix.

This was a reasonable diagnosis at the time, but today it’s generally thought that this likely did not play a direct role in his appendix rupturing as such cases are exceptionally rare and from accounts, it’s thought Houdini was already suffering from the onset of appendicitis at the time of the blows. That said, it has been speculated that the pain from Whitehead’s punches may have served to mask the true seriousness of the condition, with Houdini perhaps assuming he was suffering non-life threatening pains from the blows. In the era before antibiotics, the secondary infection caused by a ruptured appendix was almost always fatal, so it was critical to get the appendix out before this happened. Thus, the theory goes that had Houdini not been punched, he might have sought medical attention sooner. However, this seems doubtful given that even as his condition worsened to life threatening levels, he still refused to heed the physicians who looked him over.

Whatever the case, as alluded to, doctors performed emergency surgery to remove Houdini’s ruptured appendix, but the damage was already done. Harry Houdini held on for about a week at Grace Hospital, but finally succumbed on October 31, 1926. He was 52 years old.

Despite the fact that Houdini believed spiritualism was a load of bunk and went out of his way to discredit it every chance he got, before he died, he promised his wife Bess that if he could possibly communicate “from the other side,” he would do so on the 10th anniversary of his death. At the appointed time, Bess attempted to contact Houdini during a séance held on Halloween, 1936, but to no avail. Pretty much ever since, various purveyors of the paranormal have attempted to do the same on Halloween, but with just as little luck.

If you liked this article, you might also enjoy our new popular podcast, The BrainFood Show (iTunes, Spotify, Google Play Music, Feed), as well as:


WILD ABOUT HARRY

It was 100 years ago today on July 17, 1913, that Houdini's mother, Cecelia Steiner Weiss, died after suffering a stroke. When the news of her death reached Houdini who was performing in Copenhagen, he fainted.

It took Houdini several days to make it back to New York. The family delayed burial (against Jewish custom) so Houdini could have one last look at his mother. He placed in her casket a pair of woolen slippers which she had asked him to get her in Europe.

Houdini's mother's death might have been the single most important event in his life. His worship of his mother is well-known, and those who knew him said he was never quite the same man after her death. He mourned for months, even ordering new stationary rimmed in black. On November 22, 1913, he wrote to his brother Theo (Hardeen):

Even a full seven months after Cecelia's death, Houdini was still struggling with his grief. On January 19, 1914, he again writes to Theo:

Now, every Hollywood Houdini biopic, most documentaries, and even some magicians will tell you that after his mother died Houdini attended seances in the hopes to communicate with her. But all he found was fraud. He then set out to expose fraudulent mediums and launched into a new wave of his career as an anti-Spiritualism crusader and debunker.

It's a good story. Trouble is, it's not strictly true. In fact, the notion that Houdini's mother's death lead directly to his anti-Spiritualism crusade has grown to become one of the most permissive of all Houdini myths.

So what did Houdini do after his mother died? We know he took three months off and he and Bess travelled to the South of France (where he took a morbid interest in a cemetery for suicides). He also spent 多くの of time at her grave site in Machpelah Cemetery. But unless it's found in dairies or letters that I haven't yet read, there is なし to support the idea that Houdini attended a single séance after his mother died. In fact, it would be 10 years before Houdini unmasked his first medium. And to suggest that his interest in Spiritualism was sparked by her death is clearly false.

Houdini's interest and attitudes toward Spiritualism goes all the way back to his childhood. In the excellent book, Houdini and Conan Doyle, author Christopher Sandford says that Houdini attended a series of seances at age 11 in an attempt to communicate with his recently deceased half-brother, Hermann. Later, when his father died, Houdini sold his watch to attend a "professional psychic reunion" with Rabbi Weiss. But even at this young age, the boy who would become Houdini sensed fraud. Certainly these experiences could be seen as the psychological fodder for his later hostility towards fraudulent mediums.

In his teens Houdini and his friend Joseph Rinn attended séances and smoked out the methods of mediums. Houdini even suggested some pretty aggressive ideas for exposures (see: That time Houdini threatened to shoot all the psychics). Later Houdini and Bess would dabble in performing as psychic mediums themselves, something Houdini eventually found too distasteful to continue. But he continued to collect books on Spiritualism and eventually amassed a large library on the subject. He even attended the trial of Anne Rothe, The Flower Medium, in Germany in 1902. This is all 良い before his mother dies.

Just the notion that Harry Houdini would turn to a medium in 1913 is pretty improbable in itself. Houdini had by this time amassed a lifetime of experience that told him Spiritualism was hokum. Also, Spiritualism itself was somewhat in eclipse at this time, stuck between the stage shows of the Davenports and later parlor masters like Margery. It would take a World War to give the old act a boost and new relevance. Not only does Houdini not turn to Spiritualism after his mother dies, this is actually a time when he seems least interested in the subject, along with much of America.

The true genesis of Houdini's anti-Spiritualism crusade is rooted in his friendship with Sir Arthur Conan Doyle. After World War I Spiritualism was suddenly back in vogue. Doyle, who lost his son in the War, became a passionate champion of "the movement." Houdini has a lifetime of experience with the tricks of the trade, so he and Doyle had a topic to discuss when they met in 1920. This was thrilling for Houdini who always craved attention as a scholar and intellectual.

In fact, there is some evidence that Houdini was toying with a pro Spiritualism position at this time. His 1922 film, The Man From Beyond, ends with his character reading a book by Doyle and nodding in agreement. It is a major endorsement of Doyle that can't be ignored. But maybe Houdini was just trying to get closer to his new intellectual friend (he was thrilled that Doyle endorsed the film). This could have also had more to do with Houdini's belief in reincarnation than Spiritualism.しかし、私は逸脱します。

It's in the company of Doyle that the major link between Cecelia Weiss and Spiritualism occurs. On June 17, 1922, Lady Doyle gives Houdini a séance in which she channels "HER" via Automatic Writing. Lady Doyle makes embarrassing mistakes (like writing in English and making the sign of the cross), but Houdini is polite and keeps his thoughts to himself. Sir Arthur takes this as a sign that Houdini has been swayed to the side of the spirits and says so publicly.

Now Houdini もっている to speak out on the topic, and what he has to say isn't complimentary. Doyle responds defensively, and suddenly Houdini is in a public debate with one of the great intellectuals of the age. THIS is what drives him to go after mediums. He is going to win this fight at all costs, which is very Houdini. He also discovers that it makes for fantastic theater and gives his career the boost that he didn't get with his movies. So Houdini becomes a debunker of fraudulent mediums. This is 10 years after the death of Cecelia Weiss.

The reason for the direct linkage to his mother's death may come from the Doyle séance, and Houdini's own statements that he did long to speak with his mother again. As with many myths, Houdini had a hand in shaping it. It's also just irresistibly convenient storytelling, which is why every Hollywood movie and quickie documentary takes this narrative bridge. However, in crossing that bridge, what gets lost is 10 important years of Houdini's life. We don’t hear about his World War I activities, the vanishing elephant, and his entire movie career. Ten years lost! Don't you hate it when that happens?

So today as we remember the great Cecelia Steiner Weiss, mother of Houdini, lets also begin to unravel years of mythology about her death sending her son among the spirits. They both deserve it.


ビデオを見る: ロープ脱出術失敗したら100万円 脱出王ハリーフーディーニの伝説を再現 ロープエスケープ (六月 2022).