ニュース

10cmカノン17

10cmカノン17

10cmカノン17

10cm Kanone 17は、以前の10cm Kanone 14の改良版であり、射程を改善するためにバレルが長くなっています。

10cm K 17は、クレードルに取り付けられた、バレルの下に反動機構を備えた長いバレルを備えていました。スポークホイールとワンピースボックスキャリッジトレイルがありました。バレルが長いために重すぎて1つのチームで一体に移動できないため、2つの負荷に分割して2つの馬のチームで移動することができます。もともと航空機に対して使用することを目的としていたカノン14から、45度の仰角、二重仰角システム、可変反動システム(高角度での発射によって引き起こされる問題に対処するため)、 360度のトラバースを可能にするベースプレートに取り付けることができます。移動後に銃を再組み立てするときにバレルを正しい場所に導くために、取り外し可能な傾斜路をトレイルに配置することができます。

10cm K 17は複雑な兵器であり、第一次世界大戦が資源を引きずって建造したため、不足し始めました。このようにして、1,000個のオリジナルのカノン04が注文されました。これは、後のモデルのいずれよりも構築が簡単であると見なされていました。しかし、K 17ははるかに有用な武器であったため、妥協点に到達しました。 K 17の新しい簡略版、10cm Kanone17 / 04が製造されました。これにより、可変反動システム、ダブルエレベーションシステム、高度な照準器など、より複雑な機能の多くが削除されました。新しい、より軽いバージョンは、輸送するために2つに分割することができませんでした。

1917年10月までに、90機のK17が就役しました。合計192基が使用され、その印象的な16,500mの射程を利用して、一般的に長距離対砲兵砲として使用されました。

ドイツ人は第一次世界大戦の終わりに10cmK 17をすべて破壊することを意図されていましたが、代わりに多くが隠され、1930年代にドイツ軍が再武装したときに再び現れました。このタイプも使用されていたオーストリアとの「アンシュルス」の後、さらに多くの例がドイツ軍に投入されました。以前のオーストリアの銃は10cmK 17/04(ö)として知られていました

名前

10cmカノン17 / 10cm K 17

口径

105mm(4.134in)

バレルの長さ

4725mm(L / 45)(186in)

輸送用の重量

動作中の重量

3,300kg / 7,276lb

標高

-2〜 +45度

トラバース

6度

砲弾の重量

18.5kg / 40.79lb

砲口速度

650 m / s 2,130ft /秒

最大範囲

16,500m / 18,050ヤード

発射速度


第一次世界大戦に関する本|主題索引:第一次世界大戦


第二次世界大戦データベース


ww2dbase 10.5 cm Kanone 17野砲は、既存の10.5 cm Kanone 14野砲の射程を拡大することを主な目的として、1916年にKruppによって設計されました。結果として得られた設計は、効率的に輸送するために銃身を残りの銃から取り外す必要があるほど重い銃を特徴としていましたが、それにもかかわらずこの設計を採用することが決定されました。生産は1917年から1918年まで続き、192機の銃が製造されました。第一次世界大戦後、ドイツはこれらの大型野砲を所有することを禁じられたため、少数は隠されていましたが、それらのほとんどは廃棄されるか、スウェーデンとルーマニアに売却されました。隠された10.5cm K 17砲のいくつかは、第二次世界大戦時代のドイツ軍によって静止した沿岸防御砲として使用できるようになりました。

最終メジャーリビジョン:2008年11月

この記事を楽しんだり、この記事が役に立ったと思いましたか?もしそうなら、Patreonで私たちをサポートすることを検討してください。月額1ドルでも大いに役立ちます!ありがとうございました。


膣の深さはどれくらいですか?知っておくべきこと

女性の膣は性器であり、産道の一部でもあります。女性がさまざまなサイズの胸、手、足を持つことができるのと同じように、膣のサイズと深さもさまざまです。

ある研究によると、膣の平均的な深さは約3.77インチ、つまり9.6センチメートル(cm)です。他の情報源によると、サイズの平均範囲は約3〜7インチ(約7.6〜17.7 cm)である可能性があります。

ただし、これらのサイズの変化は、性的パートナーにとってさえ、通常は明らかではありません。

Pinterestで共有する膣の深さは、膣の開口部から子宮に通じる子宮頸部の先端まで測定されます。

のレポート BJOG:産婦人科の国際ジャーナル 膣の平均的な深さは約3.77インチ(9.6 cm)ですが、膣の深さと外観は大きく異なる可能性があると述べています。

実際、膣の深さ(開口部から子宮頸部の先端まで)は、最大7インチ(17.7 cm)まで測定できます。

膣は子宮頸部への運河であり、子宮と膣を隔てています。

粘膜を含むいくつかの種類の組織が膣の内側に並んでいます。粘膜は、膣壁が伸びるのを助ける潤滑液を分泌する特殊な細胞で構成されています。

女性の生殖器の外側の部分は外陰部です。外陰部には、女性の生殖器の唇のような部分である小陰唇と大陰唇が含まれます。

外陰部の外観は大きく異なります。皮膚は、体の他の部分と同じ色または暗い場合があります。外部の「唇」である大陰唇の長さは、約2.7〜4.7インチ(7〜12 cm)です。

クリトリスのサイズは約0.1〜1.3インチ(5〜35 mm)ですが、女性が興奮すると腫れて大きくなります。

膣のサイズと深さは、特定の状況で変化します。タンポン、指、または陰茎の挿入に対応するために伸ばすことができます。

覚醒中、より多くの血液が膣に流れます。これにより、膣が伸び、子宮頸部または子宮の先端がわずかに持ち上げられ、より多くの陰茎、指、または大人のおもちゃが膣に収まるようになります。

覚醒時に膣が拡張しますが、大きなペニスや大人のおもちゃは、セックスをするときに不快感を引き起こす可能性があります。


10cmカノン17-歴史

17 cm Kanone 18(1941-1945)&#8211この大きくて複雑でありながら比較的広く使用されている長距離砲は、21cmK38および21cmMrs18と同じデュアルリコイルシステムキャリッジに搭載されていました。深い阻止と対砲兵砲撃を29.600メートルの範囲で行うことを目的としており、発射体の重量は62.8kg、17cmK18の設置時の重量は17,520kgでした。

参照:

F.デシスト、戦争時のドイツ砲兵、1939-1945、vol。 II、ページ。 4

http://yuripasholok.livejournal.com/4583882.html

17 cm Kanone 18(1941&#8211 1945)-questo grande、complesso、ma relativamente ampiamente usato cannonealungoraggioèstatomontatosullostesso carrello con sistema a doppio rinculo del 21 centimetri K38 e 21cmMrs18。 Il 17 cm Kanone 18 fu destinato all&#8217interdizione profonda e ai colpi contro-batteria con colpi che raggiungevano i 29,600metri。 Il proiettile pesava 62.8kg、il K18 17 centimetri pesava 17,520kg quandopiazzato。


EntwickeltwurdedasGeschützindenJahren1926 bis 1929 von Rheinmetall aus der 10-cm-Kanone 17、die noch aus dem Ersten Weltkriegstammte。

Mit dem 23. Mai1935wurdedasGeschützperVerfügungdesOKHgleichzeitigmit der 15-cm-schwerenFeldhaubitze18eingeführt。 Diese beiden Waffen wurden parallel entwickelt und wurdenjeweilsinVariantenfürKraftzugtransportundPferdezugbespannungeingeführt。 DafürdiemitPferdenbespannte Variante das Gewicht zu hoch war、mussten die Lasten geteilt und das Rohr mit einem Separen Rohrkarren gefahrenwerden。 JenachAusführunggabeseineProtze18fürdenKraftzugundeinefürdieBespannung。 [1]DiezweirädrigeLafettefürbeideGeschützestammtevonKrupp。 [2]

DiehoheBedarfführtedazu、dass die Fertigung der Rohre bei Krupp(RohremitgestütztemSeelenrohr)und Rheinmetall(Rohre mit selbsttragendem Seelenrohr)erfolgte。 [3]

Bei Kriegsausbruch am 1. 1939年9月ドイツ国防軍は402StückzurVerfügungを支持しました。 DieFertigungszahlenがGeschützsindgenaubekannt、da der "ÜberblicküberdenRüstungstandbeimHeer"regelmäßigdieAbnahmemengennachweistを死にます。 So wurden 1939keineweiterenGeschützegefertigt、abSommer1940wurdenfürdiesesJahr40gefertigt、108Stückwurden1941abgeliefert、abder2.Jahreshälfte1942dann135Stück、ab 1943 in steigenderProduktion454Stück noch100Stück。 1945年4月に、Auslaufen der Fertigungbeschlossenが登場しました。 [3]

Die schwere 10-cm-Kanone 18 wurde invergleichsweisehohenStückzahlenproduziert。 Eswurdeninsgesamt1914StückimSpreewerkBerlin-Spandauhergestellt、fürdie402vorKriegsausbruchgefertigtenGeschützestandenim1939年9月821.000GranatenzurVerfügung。 Die Waffe kostete damals 37.500RM。 Kanonen werden im Flachfeuer eingesetzt und erzielen imGegensatzzuHaubitzenhöhereSchussreichweiten。 Nachteilig ist dabei dernahezuwaagerechtgerichteteRückstoßderWaffesowiedie nichtoptimale Splitterverteilung beimaufschlag。 Das Rohr hielt 6.000 bis 10.000 Schuss、bevor es verschlissenwar。

Im KraftzugwurdedasGeschützineinerLastim motorisierten Zug Hinter demZgkw。 8 t(Sd.Kfz。7)mitgeführt。

BeiderAusführungfürBespannungwurdedasGeschützinzweiTeillastenmit je 6 Pferden und denjeweiligenプロッツェンゲファレン。 Nachdem die neue Stellung erreicht war、wurden Lafette und Rohrkarren abgeprotzt(die Protze entfernt)。 Der Rohrkarren、auf dem dasRohrmitderMündungnachhintenzeigendlag、wurdenunrückwärts(Mündungnachvorne)a die Lafetteherrangefahren。 Hierzu waren die Spreizholme der Lafette geschlossen、so dass der Rohrkarren bis an die Auffahrschiene(Rohrwiege)heranfahrenkonnte。 Das Rohr wurde zwischen obenliegendem RohrvorholerundderRohrwiegemöglichstweitdurchgeschobenundmusstedannvonderGeschützbedienungaufdieAuffahrtschienegezogenwerden。 Dafürwarenfast10Mannnötig。 [3]最初のダナッハ戦争dasGeschützsoweitvorbereitet、dass man wiebeimKraftzugdasGeschützfürdenEinsatzbereitmachenkonnte。 Dieser aufwendige Prozess kostete viel Zeit und war beieinerbeweglichenKriegsführungundderständigenLuftbedrohungderspäterenKriegsjahresehrnachteilig、so dass man versuchte、alleGeschützeimkraftzugzu bewe

Die Feldkanone 18kamaufgrundihrergroßenReichweiteindenschweren(III。)Abteilungen der Artillerieregimenter der Panzerdivisionen zumEinsatz。 Jede Panzerdivision hatte eine BatteriezejevierGeschützenaStellederschweren Feldhaubitze 18、um den Panzerspitzen auf weite EntfernungenohneStellungswechselFeuerunterstützunggebenzukönnen。 Daneben war sie in den Heeresartillerieabteilungen mit je einer Batterie zur Schwerpunktbildungvorhanden。

Der Bestand der Kanone in den ReihenderWehrmachtbliebüberdieKriegsjahrehinwegrelativkonstant。 Währendzum1。1939年9月702Kanonen vorhanden waren、erhöhtesichdieser Wert bis zum Angriff auf die Sowjetunion imJuni1941geringfügigauf760Kanonen。午前1。1945年1月は714Stückkaumwenigerに警告します。

Nach einer Forderung Hitlers zu Kriegsbeginn sollte die Reichweite ders。 10cm-K。 18 auf 21.000 m gesteigertwerden。 Hierzu erhielt KruppeinenAuftragüber10Geschütze、wobeiaber9GeschützedannimSpreewerkin Berlin-Spandau gefertigtwurden。

Im Jahr 1940 erreichte Krupp die Schussweitensteigerung auf 21.150 m beieinerV°von905 m /sdurcheinlängeresRohr。 Dieses war nun 6,30 m(L / 60)stattbeiderregulärenKanone5,46m(L / 52)。 Dies konnte jedoch nuraufKosteneineshöherenGewichteserreichtwerden。 Der Anstieg auf 5.720 kg in Feuerstellung und 6.440 kg in Fahrstellung konnte durch dieVerwendungvonLeichtmetall-Rädernnochmalsum290kg reduziert werden、aber es blieb zuhoch。 FürdieersteFertigunggab es keinenFolgeauftrag。

Diese kleine Serie von modifiziertens。 10-cm-Kanonen wurde scheinbar schon vor Juli 1940 in schwere 10-cm-Kanone 42umbenannt。 [3]

In einer Besprechung am 26. Mai 1941 auf Hitlers Berghof mit Vertretern des Heereswaffenamtes und auch aus der Industrie ging es um Panzerwagen-Produktion undPanzerabwehr。 Als Punkt VIII des OKH-Protokolls dieser Besprechung wird gefordert、dass je zwei Panzerselbstfahrlafetten、einmal mit einer Bewaffnung 10,5-cm und einmal mit einer Bewaffnung 12,8-cm in die Truppenerprobung gehen、um und 完全なgepanzerteKampfwagen、イギリスとアメリカのerwartet wurden、zubekämpfenで死ぬ。 Punkt IXwirddannerläutertでは、dassHitlerdieRückschlägederItalieneraufdas FehlensolcherstarkenWaffenzurückführte。北アフリカのフェルナーヘッテン8,8cm-Flak den Ausschlag gegeben、dieKriegslagezuändern。 Die beiden gebauten 10,5 cm Prototypen erhielten verschiedeneBezeichnungen。 [3]


10cm-カノン17

死ぬ 10cm-カノン17 (クルツ K 17)war eine Feldkanone、die vom deutschen Heer im Ersten Weltkrieg、von der Reichswehr und der Wehrmacht im Zweiten Weltkrieg eingesetztwurde。


死ぬ K 17 hatte die gleiche LafettewieihreVorgängerin、die 10cm-カノン14。 NötigwurdedieNeuentwicklung、weildasHeereinegrößereReichweiteforderte、miteinerRohrverlängerungvonL/ 35 auf L /45Kaliberlängenumgesetztwurde。 Da sich dadurch dasGewichtstarkerhöhte、musste die K 17 Pferdezug gefahrenwerdenによる修道女zweilastig(Rohrwagen und Lafette)。 Sie wurde 1917 indasdeutscheHeereingeführtundnachEndedes Krieges in die ReichswehrderWeimarerRepublikübernommen。

Nach Ende des Westfeldzugs 1940、als derBedarfanGeschützenzurKüstenverteidigungenormanstieg、wurde auch die K 17 wieder aus den Reservedepots hervorgeholt undeingesetzt。

Die Kanone wog 3300 Kilogramm auf dem Marsch und konnte 18,5 Kilogramm schwere Sprenggranaten bis zu16.500Meterweitschießen。 Die Munition musste getrennt(erst das Geschoss、danndieKartuschenhülse)geladen werden、wodurch die Feuergeschwindigkeit herabgesetztwurde。


これは、ドイツ国防軍が使用する鉄道砲の(願わくば)完全なリストであり、Antonio Penaが編集し、フォーラムの他のメンバーからの追加情報を提供しています。

ドイツの武器
15.0 cmカノン(E)1937年に発売された、口径が軽すぎる、18個製。
17.0 cmカノン(E)de 15.0 cm Kを置き換えることを目的としていますが、6つしか製造されていません。銃は古い17.0シフスカノンL / 40です
20.3 cmカノン(E)重巡洋艦向けの海軍起源の銃。フランスの沿岸防御として使用
21.0 cmカノン(E)1938年に使用された、非常に長距離の大砲(115000 m)
24.0 cmカノン(E)セオドア元艦砲、24.0 cm SK L / 40
24.0 cmカノン(E)セオドアブルーノ別の元艦砲、24.o cm SK L / 35
28.0 cmカノン(E)kurz Bruno 1936プログラムの下で製造、元艦砲28.0 cm SK L / 40
28.0 cmカノン(E)ランジブルーノ1936プログラムの第2砲、元艦砲28.0 cm SK L / 45
28.0 cmカノン(E)シュヴェールブルーノ1936年プログラムの第3砲、旧沿岸砲28.0 cm KK L / 42
28.0 cm Kanone(E)Bruno neueこの作品は、古い銃を改造したものではなく、まったく新しい作品でした。
28.0 cmカノン5(E)史上最高の鉄道砲の1つ。約25製
38.0 cmカノン(E)ジークフリート改造海軍38.0 cm SK C / 34砲。 4つはノルウェーで沿岸防御として使用され、他の4つはフランスで沿岸防御に変換されました
40.6 cmカノン(E)アドルフこれも40.6 cm SK C / 34の艦砲に改造されました
80.0 cmカノン(E)グスタフクルップによって設計され、1941年に最初の銃が完成し、1942年に2番目(ドラ)が完成しました。グスタフジェラートは1942年にセヴァストポリで使用されました。

捕獲された武器
15.2 cm Haubitze(E)455(r)Ex russian Howitzer M 1937 on Railway Mounting
16.4 cmカノン(E)453(f)Exフレンチキャノンデ164 M 93/96
16.4 cmカノン(E)454(f)Exフレンチキャノンデ164 M 93/96
19.4 cmカノン(E)93(f)Exフレンチキャノンデ194 M 70/93 rayee a gauche
19.4 cmカノン(E)486(f)Exフレンチキャノンデ194 M 70/93 sur affut tous azimuts
24.0 cmカノン(E)556(f)Exフレンチキャノンデ240 M84 / 17サンシャモン
24.0 cmカノン(E)557(f)Exフレンチキャノンde 240 sur affut M 84
24.0 cmカノン(E)557/1(f)Exフレンチキャノンde 240 sur affut M 17
24.0 cmカノン(E)558(f)元フランス砲車de 240 sur affut M 93/96
27.4 cmカノン(E)592(f)Exフレンチキャノンデ274 M 17 sur affut a glisement
27.4 cmカノン(E)594(f)Exフレンチキャノンデ274 M87 / 93
28.5 cmカノン(E)605(f)Exフレンチキャノンde 285 sur affut M 17
30.5 cmカノン(E)636(f)Exフレンチキャノンデ305 M 93/96
30.5 cmカノン(E)637(f)Exフレンチキャノンデ305 M 06/10
32.0 cmカノン(E)651(f)Exフレンチキャノンデ320 M 70/84
32.0 cmカノン(E)651/1(f)Exフレンチキャノンデ320 M 70/84、より長いチャンバー
32.0 cmカノン(E)652(f)元フランス砲車de 320 sur affut M 17
34.0 cmカノン(E)673(f)Exフレンチキャノンデ340 M 12
34.0 cmカノン(E)674(f)Exフレンチキャノンデ340 M12レイイー6º
34.0 cmカノン(E)675(f)Exフレンチキャノンデ340 M12レイイーa4º
37.0 cm Haubitze(E)710(f)Ex French Howitzer de 370 M 15 Filloux
37.0 cm Haubitze(E)711(f)Exフランス榴弾砲370 M 15
37.0 cmカノン(E)714(f)Exフレンチキャノンデ370 M 75/79
40.0 cm Haubitze(E)752(f)Exフレンチ榴弾砲400 M 15/16
52.0 cm Haubitze(E)871(f)Exフランス榴弾砲520 M 16


ゲームプレイ[編集|ソースを編集]

3軍の主要な支部

キャンペーン[編集|ソースを編集]

オーストリア・ハンガリー帝国は、ほとんどの中央同盟国と同様に、戦争の開始時に装甲車両を持たない非常に歩兵が重いです。しかし、装甲車の短い歴史を通して、それは非常に革新的なデザインを生み出しました。言い換えれば、車両の多い国の1つに対してオープングラウンドで移動する必要が生じた場合は、非常に注意する必要があります。 (フランス、イギリス、ロシア帝国)

帝国の多様性により、鉄道システムにはいくつかの異なる軌間があります。つまり、鉄道による輸送には多くの計画が必要です。さらに、調整を最大化するために、すべての列車は、たまたま12km / hである最も遅い路線で最も遅い列車の速度で移動する必要があります。


KwK 43の砲身の長さは6.24m(20.5フィート)で、TigerIに使用された8.8cmのKwK36よりも1.3メートル以上長くなりました。KwK43の砲弾のカートリッジもかなり長くなりました(82.2cm)。 )そしてKwK 36のそれよりも広いということは、KwK43がKwK36よりも砲弾に重い推進剤を装填するためのより多くの余地を与えることを意味します。 PaK / KwK 43シリーズのすべての銃は、同じ弾薬を交換可能に使用できます。

KwK43とPaK43は当初、モノブロックバレルで製造されていました。つまり、バレルは1つの部品で作られていました。しかし、武器の初速と発射時の操作圧力が非常に高いため、武器はバレルの摩耗が加速していました。その結果、モノブロックバレルの代わりにツーピースバレルを備えたPaK / KwK43の製造に変更が加えられました。これは銃の性能に最小限またはまったく影響を与えませんでしたが、使い古した銃身の交換を以前よりもはるかに迅速かつ簡単にしました。

さらに、新しい銃の操作圧力が大幅に増加したため、新しい徹甲弾を設計する必要がありました。この結果、PzGr.39 / 43 APCBC-HE発射体が作成されました。これは、8.8 cm KwK36およびPaK43砲で使用されていた、古い10.2キログラムのPzGr.39-1APCBC-HE発射体と似ています。より広い駆動帯域。 PzGr.39 / 43のより広い駆動バンドは、結果としてシェルの重量を10.4キログラムに増加させました。 [1]ただし、新しいPzGr.39 / 43ラウンドへの完全な移行が行われるのが遅かったため、銃が発射されていれば、代わりに古いPzGr.39-1ラウンドをKwK43およびPaK43に使用することが許可されました。 500発以下。その設定量を超えると、予想されるバレルの摩耗とPzGr.39-1のより狭い駆動バンドが組み合わさって、圧力が低下し、砲口初速が低下します。新しいPzGr.39 / 43は、バレルが摩耗するまで圧力を失うことなく発射できるため、制限は必要ありません。

PzGr.39-1 FESおよびAlの総重量:10.2 kg(ヒューズおよびバーストチャージなしで9.87 kg)

PzGr.39 / 43 FESおよびAlの総重量:10.4 kg(ヒューズおよびバーストチャージなしで10.06 kg)

同じ278グラムのBdZ5127ヒューズと59グラムのアマトールバーストチャージが両方のタイプの発射体(PzGr.39-1とPzGr.39 / 43)に使用され、最大の背後での貫通後に発火するために30mm以上の装甲ターゲットが必要でした。鎧の効果。

PzGr。 39/43(APCBC-HE)編集

PzGr。 40/43(APCR)編集

Gr。 39/3 HL(HEAT)編集

  • タイプ:高爆発性対戦車
  • 発射体の重量:7.65 kg(16.9ポンド)
  • 初速:600 m / s(2,000 ft / s)
  • 貫通力:90 mm(30度)

Sprgr。 43(HE)編集

  • タイプ:高爆発性
  • 発射体の重量:9.5 kg(21ポンド)[4]
  • 爆薬:1.02 kg(2.25 lb)アマトール[4](4,270キロジュール)
計算された浸透(90度)[5]
弾薬の種類 砲口速度 貫通(mm)
100メートル 250メートル 500メートル 750メートル 1000メートル 1250 m 1500メートル 2000メートル 2500メートル 3000メートル
PzGr。 39/43(APCBC) 1,000 m / s(3,300 ft / s) 232 227 219 211 204 196 190 176 164 153
PzGr。 40/43(APCR) 1,130 m / s(3,700 ft / s) 304 296 282 269 257 245 234 213 194 177
Gr。 39/3 HL(HEAT) 600 m / s(2,000フィート/秒) 110 110 110 110 110 110 110 110 110 110

8.8 cm KwK 43の対戦車砲バージョンは、8.8 cm PaK 43として知られていました。この名前は、ヤークトパンター、ホーニッセ/ナースホルン、フェルディナンド/エレファント Panzerjäger 駆逐戦車。 Nashornは、KwK / PaK43シリーズの主砲を搭載した最初の車両でした。シリーズには、PaK 43(十字形マウント)、PaK 43/41(2輪スプリットトレイルキャリッジ)、PaK 43/1(Nashorn)、およびPaK 43/2(Ferdinand / Elefant)が含まれ、すべてモノブロック(1つ-ピース)バレルPaK 43/3および43/4(Jagdpanther)とツーピースバレル、およびKwK 43(Tiger II)とツーピースバレル。


ICD-10-CMコード Z83.79 消化器系の他の病気の家族歴

Z83.79 消化器系の他の疾患の家族歴の診断を指定するために使用される請求可能なICDコードです。 「請求可能なコード」は、医療診断を指定するために使用できるほど詳細です。

CMSフォームのPOAインジケーター 4010A 以下の通り:

インジケータ意味CMSはCC / MCCDRGコストを支払います
Y入院時に診断があったはい
NS入院時に診断はありませんでした番号
U入院時にその状態が存在したかどうかを判断するには、文書が不十分です。番号
W臨床的に未定。プロバイダーは、入院時にその状態が存在したかどうかを臨床的に判断できません。はい
1POA報告から免除番号

MS-DRGマッピング

「Z83.79-消化器系の他の疾患の家族歴」のICD-10-CMアルファベット順索引参照

ICD-10-CMアルファベット順索引は、以下にリストされている医学用語をICDコードZ83.79にリンクしています。以下の用語をクリックして、アルファベット順のインデックスを参照してください。

同等のICD-9コード 一般的な等価マッピング(GEM)

これは 公式の完全一致マッピング 一般的同等性マッピング横断歩道によって提供されるICD9とICD10の間。これは、ICD9コードV18.59が以前に使用されたすべての場合において、Z83.79が適切な最新のICD10コードであることを意味します。


ビデオを見る: Germanys New Light Howitzer: the 18 (1月 2022).