ニュース

タイムズと第一次世界大戦

タイムズと第一次世界大戦

1898年、ノースクリフ卿は タイムズ £320,000で受け入れられました。紙の発行部数は38,000に落ち、お金を失っていました。ノースクリフは時代遅れの印刷工場を再装備し、新聞の価格を1ペニーから2ペンスに引き下げ、新しい編集者のジェフリー・ドーソンを任命しました。

1914年3月、ノースクリフはさらに価格を引き下げ、第一次世界大戦の勃発までに1ペニー タイムズ 1日278,000部を売りました。戦争の初期段階で、ノースクリフは徴兵制を提唱し、デビッド・ロイド・ジョージとキッチナー卿を批判することで多くの論争を引き起こしました。これは多くの読者を混乱させ、 タイムズ 再び落ち始めた。ハームズワースは政府への攻撃をやめ、1918年にイギリスの戦争宣伝を支配するように求められました。

ノースクリフとの列を作った後、ドーソンは編集者を辞任した タイムズ 1919年に彼は元外国人通信員であるヘンリーウィッカムスティードに取って代わられた。ノースクリフ卿が1921年に亡くなったとき、新聞はアスター卿の次男であるジョンジェイコブアスターの手に渡りました。

大国を2つのバランスの取れたグループに分割し、それぞれのメンバーが親密な関係にあることで、そのようなメンバーが他のメンバーと最も友好的な関係にあることを禁じることはありません。または人種差別の突然の爆発。すべての主権者と政治家-そうです、そしてすべての国-は、集団に対する集団の戦争が計り知れない災難になることを知っています。

ドイツがオーストリア・ハンガリー帝国をロシアに押しつぶされ、そのバランスがオーストリアとハンガリーの利益に反発するのを見る余裕があるのと同じように、フランスがドイツに押しつぶされたり、勢力均衡がフランスに混乱したりするのを見る余裕はありません。

私は今日の午後、アミアンで今朝のパリの新聞を読みました。私には、真実の一部を知っているので、偉大な人々が直面しなければならない状況を知らないままにされるべきであるということは信じられないように思えました。国が特定のことを知り、実現することが重要です。苦い真実ですが、私たちはそれらに直面することができます。状況を把握するために、損失を削減する必要があります。

私は英語の検閲官に私のメッセージを通過させるように懇願します。私は彼に、私が言うことのない軍隊の状況に関して、ドイツの将軍によってすでに知られていない、そして指摘されていないことを保証します。戦略でも戦術でも、私が書いたすべての単語を公開すべきではない理由はありません。

私が見たすべての行き詰まったユニットの中で、歴史上最も激しい戦いの中で浮浪者とジェットサムは、誰の顔にも恐怖を見ませんでした。それは退却して壊れた軍隊でしたが、狩猟された男性の軍隊ではありませんでした。

先週の月曜日の朝以来、ドイツ軍の前進はほとんど信じられないほどの速さでした。ドイツ軍の攻撃は最大限に耐えられ、長征の終わりに師団全体が戦いに巻き込まれ、塹壕を掘る時間すらありませんでした。サンブルに沿って、そしてサンブルとムーズの角度で、フランス人は、長く勇敢な戦いの日々の後、壊れました。ナウマーは倒れ、ジョッフル将軍は全線に沿って退却を命じることを余儀なくされた。

私たちの損失は非常に大きいです。私は多くの連隊の壊れた部分を見てきました。繰り返しますが、規律の失敗、パニック、スポンジの吐き出しはありません。誰もが気性が甘く、神経が出ません。男性は行進でボロボロになり、空腹で弱くなるはずですが、彼らは着実で陽気であり、彼らが到着するところはどこでも、適切な権威のためにまっすぐになり、彼ら自身を報告し、彼らの連隊のニュースを求めます。

要約すると、最初の偉大なドイツの努力は成功しました。打撃の重荷を負ったイギリス海外派遣軍がひどい損失を被り、即時かつ莫大な増援を必要としたという事実に直面しなければなりません。イギリス海外派遣軍は確かに不朽の栄光を勝ち取りましたが、それは男性、男性、そしてさらに多くの男性を必要としています。

ジョッフルは、戦争は開始から8か月以内に実質的に終わると考えています。これは、謙虚に、私が最初から絶えず行ってきた見積もりです。私はクリスマスに向けた大きな危機を探しており、3月末までに日光が差し込むはずだと思います。


第一次世界大戦と東南アジア

ハリー・ベンダが率いる多くの歴史家にとって、第二次世界大戦は東南アジアの歴史における分水嶺の時代と見なされており、この地域を今日のように形作っています。比較すると、第一次世界大戦にはほとんど注意が払われていません。ヘザー・ストリーツ-ソルターはこれについて次のように説明しています。

「東南アジアと第一次世界大戦についてはほとんど書かれていません。これを理解するのは難しいことではありません。この地域は主要な戦争の舞台にはならず、この地域のすべての植民地のうち、フランス領インドシナだけが兵士と労働者をヨーロッパに派遣しました。実際、オランダ領東インド、サイアム(1917年まで)、フィリピン(1917年まで)を含むこの地域の多くは、戦争のすべてまたはほとんどについて公式に中立のままでした。」

それにもかかわらず、Streets-Salterは、「第一次世界大戦」が東南アジアを複数の深遠な方法でどのように形作ったかを説明しています。ドイツとオスマン帝国が率いる中央同盟国のエージェントは、東南アジアにおける連合国の植民地支配を不安定にするために積極的に働きました。ドイツの資金で賄われたフランス領インドシナ(ベトナム)との中国の国境では、頻繁に反乱が起こった。ビルマ(現在のミャンマー)では、オスマン帝国によるジハードの呼びかけとインドの革命家との協力とともに、ドイツの約束がインドの駐屯軍の反乱を引き起こしました(戦前のビルマに対するイギリスの植民地支配にはインドの軍事支援が不可欠でした)時代)。シンガポールでは、インドの第5軽歩兵連隊の半分が反乱を起こし、あらゆる種類の問題を引き起こしました。実際、ドイツ領事館は、東南アジアの連合国植民地での革命を積極的に奨励し、サイアム(現在のタイ)、オランダ領東インド(現在のインドネシア)、中国のインドとベトナムの革命家と協力しました。

1917年に米国が第一次世界大戦に参加したとき(遅ればせながら)、フィリピンのフランシスバートンハリソン知事は植民地でドイツの資産を押収し、予防策として国民を監視または拘留しました。フィリピン人は、紛争中にフィリピン国家警備隊を通じて米国旗の下で奉仕に志願したが、何の行動も見られなかった。トマス・マテオ・クラウディオは、個人の立場で米国旗の下で奉仕し、1918年にフランスでの戦闘で有名に亡くなりました。

フィリピンと東南アジアの他の植民地/州が植民地主義と第一次世界大戦にどのように反応したかという対照は顕著でした。フィリピン人は戦争中に米国に奉仕することを熱心に志願しました。彼らはまた、アメリカ人によって売られた様々な戦時国債をむさぼり食った。フィリピンの立法府は、米国の戦争努力のために駆逐艦と潜水艦に資金を割り当てさえしました。駆逐艦は建造されました—それはUSSリサールと名付けられました—しかし、戦争で奉仕するのに間に合いませんでした。当時のアメリカの海軍戦略のため、潜水艦は実現しなかった。対照的に、東南アジアの他の地域は、戦争によって引き起こされた気晴らしを、ヨーロッパの植民者に対する革命的議題を前進させる機会と見なしていました。

フィリピン人の行動は、主にこの時期にハリソン知事の「フィリピン化」政策が加速したために異なった振る舞いをしました。米国大統領によって任命された総督と副知事(同時に公教育長官)の地位を除いて、すべての閣僚はフィリピン人でした。多くの行政機関も初めてフィリピン人のリーダーシップの下に置かれました。ハリソンはまた、マニュエル・ケソン上院議長とセルヒオ・オスメーニャ議長が、今日の立法執行開発諮問委員会(レダック)の前身であるオスメーニャの発案による新しく設立された「国務院」に座ることを許可しました。最後に、米国は1916年のジョーンズ法により、「安定した政府が樹立されるとすぐに」フィリピンの最終的な独立を約束した。

2007年に発行されたPhilippineStudiesジャーナル(「1921年のフィリピンの財政状態:第一次世界大戦のブームとバスト」)に、大戦の緊急事態がどのように国の対外貿易を米国だけに結び付けたかについて論じた記事を書きました。戦時中の短期間、国の貿易は急増しました。通貨準備金と換金作物の好況期に農業部門で行われた戦略的公共投資に関して国と米国の両方で行われた特定の財政的決定は、戦争が終わり、アメリカ人が衰弱するバストサイクルの舞台を設定しました経済は「正常」に戻った。 1920年代初頭のフィリピンの財政破綻は、国の独立運動を狂わせ、レオナルドウッド知事(ハリソンの後任)とケソン上院議員の指導の下でのフィリピン人との対決によって政治的混乱を招きました。

これらすべてが、東南アジアの他の地域がフィリピンを不信感を持って見た理由と、脱植民地化後に地域の国々の信頼と信頼を取り戻すのに苦労した理由を説明するのに役立ちます。


軍隊は第一次世界大戦の割り当てで勝利を本当に掘り起こします

英国の第一次世界大戦の将軍が食糧供給を増やし、士気を高め、外国の分野の所有権を確立しようとしたとき、答えは1つだけでした。それは割り当てです。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの歴史家アレックス・メイヒュー博士は、西部戦線の背後にある数百エーカーの割り当てのイギリスの戦争努力への貢献は認められていなかったと言いました。これは主に、兵士が多くの時間を費やした後部ではなく、研究者が塹壕に焦点を合わせたためです。


2. 1961年11月24日&#82111つのスイッチが機械的故障を引き起こす

ちょうど1年後、ネブラスカ州オマハの戦略航空軍団(SAC)HQは、Thuleレーダーステーションとの連絡を失いました。その後、SACの職員は、コロラド州のNORAD HQに連絡しようとしましたが、回線は切断されたと報告されています。

ThuleとNORADの両方の通信が技術的な誤動作のためにシャットダウンする可能性は非常に低いと以前に決定されていたため、SACは攻撃が進行中であると信じていました。

SACの全警戒部隊は離陸の準備をするように命じられましたが、米国の爆撃機がThuleと接触し、攻撃が行われていないことを確認したことで危機は回避されました。

その後、1つの誤動作しているスイッチが、SAC、Thule、およびNORAD間の緊急ホットラインを含むすべての通信をシャットダウンすることに成功したことが発見されました。


ワイパーズタイムズ:有名な第一次世界大戦のトレンチ新聞

1916年から1918年の間に起こったさまざまな戦いを考えると、ワイパーズタイムズの版がほとんどなく、その間にあることはそれほど驚くことではありません。新聞は戦いと死傷者について議論していません、新聞の読者は知っていましたそのすべてについて。

つまり、私たちが持っているのは、なりすましの「ニュース」ストーリーと詩、なりすましの広告、そして非常に多くの不遜です。この本は印刷を片付けていないので、時々読むのが難しいかもしれませんが、y9uが得るものは、それが持っているはずの蜂の感触です。ワイパーズタイムズのエディションが少なく、 1916年から1918年の間に起こったさまざまな戦いを考えると、はるかにその間にあります。新聞は戦いと死傷者について議論していません、新聞の読者はそれについてすべて知っていました。

つまり、私たちが持っているのは、なりすましの「ニュース」ストーリーと詩、なりすましの広告、そして非常に多くの不遜です。この本は印刷を片付けていないので、時々読むのが難しいかもしれませんが、y9uが得るものは、その時のコピーを手に入れることがどのようなものであったに違いないかという感覚です。もちろん、泥や砲撃、そして死の危険はありません。 。もっと

1916年2月12日から1918年12月まで散発的に発行されたトレンチ新聞は、発行者が場所から場所へと移動するにつれて、全部で23号のタイトルが変更されました。

各号は、連載、詩、犬の韻、風刺広告、編集者への手紙、「戦争報告」などを特集しました。

ワイパーズタイムズNo1 Vol 1(この版の5ページ)
私たちが知りたいこと:その男が空母鳩を手にしたブルネット歩兵将校の名前(1916年2月12日から1918年12月まで散発的にリリースされたこの有名な中隊長トレンチ新聞に送られ、全部で23号、さまざまなタイトルが付けられました発行者は場所から場所へ移動しました。

各号は、連載、詩、犬の韻、風刺広告、編集者への手紙、「戦争報告」などを特集しました。

ワイパーズタイムズNo1 Vol 1(この版の5ページ)
私たちが知りたいこと:伝書鳩(最前線での彼のコミュニケーションが途絶えたときにこの有名な中隊長に送られました)を手に入れて料理したブルネット歩兵将校の名前。また、彼のゲストは誰でしたか?

B.E.F. Times No 1 Vol 1(135ページ)
なぜそれを着るのか
チャーリー・チャップリン?
長くいかがですか
流れる騎兵隊
口ひげ?
我々はあなたを助けることができる。
新しいもののために一度に送ってください
口ひげトレーナー:
「ドープレット」
3つのサイズと素材で作られています:-
シルク--- 10Fr。
キャンバス--- 5Fr。
エキスパンドメタル--- 2Fr。
ドープ&カリー、
ブロークンヒル
フランス。

B.E.F. Times No 3 Vol 1(160ページ)
「インド軍から送られてきた」メソポタミアアルファベットからの抜粋
Aは成長したリンゴだったので、クルナの道を下ったエデンの園で、ティルイブがやって来て、ある日それを食べて、メソポタミアから投げ出されたと彼らは言います。
Bはデリーで作られたビスケットです。メソポタミアの地で、歯を折って腹を傷つけ、腸をゼリーに粉砕します。
Cはフランスに行って戦争で戦った貧しい古いインド軍団です。今では作物を集めてメソポタミアの地で戦うことはありません。
Dは、私たち全員が行った掘削です。最初にフン族と戦い始めて以来、今ではメソポタミアで1万トンの物質を移動させています。

Hは、バグダッドで何百年もの間繁栄してきたように見えるハーレムです。私たちは、夫がメソポタミアを離れるときに、すべての貧しい親愛なる人々を併合することを提案します。

Qは私たちが毎日服用しているキニーネです。遅かれ早かれマラリア熱を防ぐために、ここメソポタミアに立ち寄ったら、彼らは言います。

S-Tは陸軍に食料を供給することになっています。彼らが死んだとき、私たちは皆、この腐った古いメソポタミアと同じくらい暑くて乾燥した場所に行くことを望んでいます。

続いて、The B.E.FTimesのNo4 Vol 1(178ページ)にAB-E-Fアルファベットが続きます。

古いBLIGHTYのB。価格が上昇していて、食べ物がとても大切なので、「潜水艦」は近くに行く余裕さえありません。塹壕にとどまるほうが安いです。

D for DUCKBOARDS –端から端まで配置すると、地球をガードルで囲み、天国に昇りますが、独特の言語のブレンドが塹壕で繁栄していることに気づきました。
編集者のE、色合いが血色で、私が知っていることをすべて言ったら、彼はこれを青鉛筆で書いたので、幸運を祈るか、私とあなたの間で、フン族の塹壕を探検するために送ってくれます。

VICESの兵士が所有するVは、多かれ少なかれ原告がマスコミの列を介して名声を博したが、塹壕で輝いたことは一度もない人々によって発見されました。
WはWHISKEYとWHIZZ-BANGSも同様です。前者の匂いはほとんど忘れてしまいましたが、後者は塹壕の中でさまざまな時期に地獄のようになります。

Zはゼロを意味します。私たちが行く時間です。私たちのほとんどは、ドーバーに戻って軍需品を作り、クローバーに住んでいたらいいのにと思います。そして、塹壕から遠く離れています。

AS OF OLD(243ページ)からの抜粋BEF Times Vol 3 No 2

「ミルクとハチミツが流れる土地であるブリテに彼を送ることによって一人の男に報酬を与えることは私に与えられています、そして私はあなたの良い説明をしています。言ってやるがいい、あなたが選ばれた男になりたいのか?」そしてインダーは彼に答えて言った、「解釈されている「not-arf」は「うん、本当に」を意味する。

かなりの数のエントリが他の時代の英語で書かれています。これには、フランスから報告されたサミュエルピープスの日記エントリや、シェイクスピア、ジェームズ王、その他のスタイルのアカウントが含まれます。


コンテンツ

青銅器時代「サンベレスラブ」編集

1900年にフランスのフィニステールにあるPaulduChâtellierによって発見されたSaint-Bélecスラブは、紀元前1900年から紀元前1640年の間にさかのぼります。フランス先史時代協会の会報に掲載された最近の分析によると、スラブはフランスのフィニステールにあるオデ川渓谷の3次元表現であることが示されています。これにより、Saint-Bélecスラブは世界で最も古い既知の地域の地図になります。著者によると、地図はおそらくナビゲーションには使用されていませんでしたが、青銅器時代初期の地元の支配者の領域の政治力と領土の範囲を示すために使用されていました。 [1] [2] [3] [4]

バビロニア人 イマゴ・ムンディ (紀元前6世紀頃)編集

として知られているバビロニアの世界地図 イマゴ・ムンディ、一般的に紀元前6世紀にさかのぼります。 [5]エックハルト・アンガーによって再構築された地図は、ユーフラテス川のバビロンを示しています。アッシリア、ウラルトゥ(アルメニア)[6]、いくつかの都市を含む円形の陸地に囲まれ、8つの都市が「苦い川」(オセアヌス)に囲まれています。郊外(ナグ)星を形成するように、その周りに三角形の形で配置されます。付随するテキストは7の距離に言及しています ベル 辺境の地域の間。それらのうちの5つの記述は生き残った:[7]

  • 3番目の領域は、「翼のある鳥が飛行を終了せずに終了する」、つまり到達できない場所です。
  • 4番目の地域では、「光は日没や星の光よりも明るい」:北西にあり、夏の日没後は実質的に半透明でした。
  • 真北にある第5の地域は、完全な暗闇の中にあり、「何も見えない」土地であり、「太陽は見えない」。
  • 6番目の地域、「角のある雄牛が住み、新参者を攻撃する場所」
  • 7番目の地域は東にあり、「朝が明ける場所」です。

アナクシマンドロス(西暦前610年から546年頃)編集

アナクシマンドロス(西暦前546年頃に亡くなりました)は、世界の最初の地図の1つを作成したと考えられています[8]。これは円形で、中央のエーゲ海の周りにグループ化された世界の既知の土地を示しています。これはすべて海に囲まれていました。

ミレトスのヘカテウス(西暦前550年から476年頃)編集

ミレトスのヘカテウス(西暦前476年頃に亡くなりました)は、 ピリオドスゲス (「地球を旅する」または「世界調査」)、それぞれがペリプルスの方法で編成された2冊の本、ポイントツーポイントの沿岸調査。ヨーロッパに関する1冊は、本質的に地中海のペリプルスであり、各地域を説明しています。順番に、スキタイまで北に到達します。アジアに関する他の本は、同様に配置されています エリスレア海のペリプラス そのうちの1世紀のCEのバージョンが存続します。ヘカテウスは、既知の世界の国々と住民について説明しました。エジプトの説明は特に包括的であり、アナクシマンドロスの地球の地図に基づいた地図が添付されていました。作品は約374の断片でしか存続せず、その大部分は地理用語集で引用されています。 エスニカ、ビザンチウムのステファヌスによって編集されました。

エラトステネス(西暦前276年から194年)編集

エラトステネス(西暦前276年から194年)は、アレキサンダー大王と彼の後継者のキャンペーンからの情報を取り入れて、改良された世界地図を描きました。大陸の実際の大きさの新しい理解を反映して、アジアはより広くなりました。エラトステネスはまた、彼の地図作成描写に緯線と子午線を組み込んだ最初の地理学者であり、地球の球形の性質についての彼の理解を証明しています。

ポセイドニオス(西暦前150年から130年頃)編集

アパメア(紀元前135〜51年頃)のポセイドニオス(またはポセイドニオス)は、ギリシャのストア派の哲学者[10]であり、ローマ世界を旅し、アリストテレスやエラトステネスなど、ギリシャローマ世界全体で有名な博学者でした。 「海とその周辺地域について」の彼の作品は、一般的な地理的議論であり、すべての力が互いにどのように影響し、人間の生活にも適用されたかを示しています。彼は、星カノープスの位置を参照して地球の円周を測定しました。彼の測定値である240,000スタディアは、実際の円周である24,901マイル(40,074 km)に近い24,000マイル(39,000 km)に相当します。 [11]彼は、1世紀前にさまざまな緯度で太陽の標高を使用したエラトステネスからのアプローチで知らされました。地球の円周の両方の男性の数字は驚くほど正確であり、それぞれの場合に測定の誤差を相互に補償することによって助けられました。ただし、Straboによって普及したPosidoniusの計算のバージョンは、ロードスとアレクサンドリアの間の距離を3,750スタディオンに修正することによって改訂され、円周は180,000スタディオン、つまり18,000マイル(29,000 km)になりました。 [12]プトレマイオスは、エラトステネスよりもポセイドニオスのこの改訂された人物について議論し、支持した。 地理学、そして中世の間、学者たちは地球の円周に関して2つの陣営に分かれ、一方はエラトステネスの計算で、もう一方はポセイドニオスの180,000スタディオン測定で識別されました。

ストラボン(西暦前64年から西暦24年頃)編集

ストラボンは主に彼の17巻の作品で有名です 地理学、彼の時代に知られている世界のさまざまな地域からの人々と場所の記述的な歴史を提示しました。 [13] 地理学 ストラボは、1469年頃に発行されたラテン語の翻訳として、ローマの西ヨーロッパで最初に登場しました。ストラボは、古代ギリシャの天文学者エラトステネスとヒッパルコスに言及し、地理に対する天文学的および数学的努力を認めましたが、記述的アプローチの方が実用的であると主張しました。 地理学 特にこの情報が他の情報源によって裏付けられている場合、古代世界に関する貴重な情報源を提供します。の本の中で 地理学 ヨーロッパの地図です。ストラボンによる全世界地図は、彼の書いたテキストからの再構成です。

ポンポニウスメラ(西暦43年頃)編集

ポンポニウスは、地球を5つのゾーンに分割した後、そのうちの2つだけが居住可能であったという点で、古代の地理学者の間でユニークです。介在するトリッドベルトの熱。ヨーロッパ、アジア、アフリカの区分と境界で、彼はアレキサンダー大王(プトレマイオスを除く)のすべての古典的な地理学者のようにエラトステネスを繰り返し、カスピ海をペルシャ(ペルシャ湾)とアラビアに対応する北海の入り江と見なしています(紅海)南の湾。

マリノスオブタイヤ(西暦120年頃)編集

マリノス・オブ・タイアの世界地図は、ローマ帝国で最初に中国を示したものです。西暦120年頃、マリヌスは居住可能な世界は西側が幸運な島々に囲まれていると書いています。しかし、彼の地理的論文のテキストは失われています。彼はまた、今日でも地図作成に使用されている正距円筒図法を発明しました。マリヌスの意見のいくつかはプトレマイオスによって報告されています。マリヌスは、 オケアノス 大陸(ヨーロッパ、アジア、アフリカ)によって東部と西部に分けられました。彼は、人が住む世界は、緯度がチューレ(シェトランド)からアギシュムバ(南回帰線)まで、経度が幸福諸島からシェラ(中国)まで広がっていると考えました。マリヌスはまた、北極圏の反対を指す「南極」という用語を作り出しました。彼の主な遺産は、最初に各場所に適切な緯度と経度を割り当て、ゼロ子午線として「幸福諸島の子午線(カナリア諸島またはカーボベルデ諸島)」を使用したことです。

プトレマイオス(150年頃)編集

プトレマイオスの生き残ったテキスト 地理、最初に作曲されたc。 150、彼は、マリヌスの正距円筒図法をその地域の地図に使用し続けたが、既知の世界全体の地図には不適切であることに気付いた。代わりに、彼の作品の第7巻では、難易度と忠実度が増すという3つの別々の予測について概説しています。プトレマイオスは、正確な絶対距離と組み合わされた世界の円周を過小評価することでマリヌスに続き、これはまた、度の観点から地中海の長さを過大評価することにつながりました。したがって、幸福諸島での彼の本初子午線は、意図したよりもアレクサンドリアの西約10度でした。この間違いは、9世紀にシリア語版のプトレマイオスがアラビア語に翻訳された後にアルクワリズミーによって修正されました。作業の最古の現存する写本は、コンスタンティノープル(イスタンブール)のチョーラ修道院で1300年少し前にマキシマス・プラヌデスがテキストを復元した日付であり、この時代の現存する写本は、早くも2世紀または4世紀に分岐したテキストの別々のリテンションを保持しているようです。いくつかのリテンションの一節は、アガトダイモーンが世界地図を作成したことを認めていますが、プラナウドの僧侶が使用するために生き残った地図はないようです。代わりに、彼はプトレマイオスの数千の座標から計算され、正距円筒図法とともにテキストの1番目[14]と2番目の投影[15]に従って作成された新しい世界地図を依頼しました。コピーは1406年頃にフィレンツェでヤコポ・アンジェラスによってラテン語に翻訳され、すぐに最初の投影の地図で補足されました。 2番目の投影法を使用した地図は、ニコラウスゲルマヌスの1466年版まで西ヨーロッパで作成されませんでした。 [16]プトレマイオスの3番目の(そして最も難しい)射影は、新しい発見が有用な形式を提供する点を超えて既知の世界を拡大するまで、まったく使用されていなかったようです。 [16]

シセロの スキピオの夢 地球は、宇宙の残りの部分と比較して、取るに足らないサイズの地球であると説明しました。マクロビウスの多くの中世の写本 スキピオの夢についての解説 対蹠地を含む地球の地図、球体地球の概念から導き出されたプトレマイオスの気候を示す帯状地図、および地球を示す図( globus terrae、地球の球)階層的に順序付けられた惑星球の中心にあります。 [17] [18]

ポイティンガー図 (4世紀)編集

NS ポイティンガー図 (ポイティンガー図)は、 クルスス・プブリカス、ローマ帝国の道路網。これは、ヨーロッパ、アジアの一部(インド)、北アフリカをカバーする4世紀のオリジナルの地図の13世紀のコピーです。この地図の名前は、ドイツの15〜16世紀の人文主義者で好古家のコンラートポイティンガーにちなんで付けられました。この地図は、コンラートケルテスによってワームの図書館で発見されました。コンラートケルテスは、死ぬ前に発見物を公開することができず、1508年にプーティンガーに地図を遺贈しました。ウィーンのホーフブルク王宮にあるオーストリア国立図書館で保存されています。


タイムズ

編集者が提出内容を確認し、記事を改訂するかどうかを決定します。

タイムズ、英国で最も古く、最も影響力のある新聞の1つであるロンドンで発行された日刊紙。それは一般的に説明されています 保護者デイリーテレグラフ、英国の「ビッグスリー」の1つであり、世界で最も優れた新聞の1つとして長い間認識されてきました。

1785年1月1日にジョンウォルターによって設立されました。 デイリーユニバーサルレジスター、 新聞は21 /として始まりました2 -主な機能がウォルターが興味を持っていたタイポグラフィのシステムを公表することであったペニー大判。になりました タイムズ 1788年1月1日、いくつかのスキャンダルとともに、商業ニュースと通知を発行しました。創設者の息子であるジョンウォルター2世は、1803年に新聞を引き継ぎました。彼は新聞を4ページから12ページに拡大し、1848年に息子のジョンウォルター3世に紙の管理が渡されるまでに タイムズ英国の卓越した全国ジャーナルおよび毎日の歴史的記録としてのの評判が築かれました。

その最初の偉大なリベラルな編集者、トーマス・バーンズ(1817年から1841年までの編集者)の下で、 タイムズ 「サンダーラー」と一般に呼ばれる強力な独立系新聞に発展しました。 1800年代半ばまでに、それは英国の世論に広く尊敬される影響力になり、その流通は1815年の5,000から1850年には40,000に増加しました。 タイムズ 報告と執筆の厳格な基準を維持し、細心の注意を払うよう努めました。その編集上の見解は独立していて、明確で、強力でしたが、それは伝統によって支配されるようになりました。それはまた、英国の設立の縮図と見なされていましたが、それでも繰り返し革新的な変化をもたらしました。 John T. Delaneは1841年に編集者になり、36年間の在職期間中に、彼の素晴らしいジャーナリズムの痕跡が紙のあらゆる面に残されました。拡大中 タイムズの全国的な報道で、彼はクリミア戦争(1853–56)を報道するために、世界初の従軍記者であるウィリアムハワードラッセルを雇いました。英国政府は最初にロシアの平和提案を知った タイムズ.

19世紀後半、アイルランドの英雄チャールズスチュワートパーネルに対する偽造の過剰支出と不注意な出版がもたらしました NS タイムズの財政、評判、および流通は深刻な低水準にあります。復旧作業の一環として、 タイムズ の出版社と契約を締結 ブリタニカ百科事典 第9版と第10版の広告と販売のため。センセーショナルな報道機関の主であるアルフレッド・ハームズワース、第1子爵ノースクリフが紙を購入したのは、1908年になってからでした。 タイムズ 財政的には安全でしたが、編集上の評判は、1922年にノースクリフ卿が亡くなるまで悪化し続けました。

1950年代、当時BBCの局長だったウィリアム・ヘイリー卿が編集者になったとき(1952–67)、 タイムズ 再び素晴らしい新聞になりました。紙をより生き生きとより面白くするために、構成と編集上の変更が導入されました。ニュースは、広告の代わりに1966年にそのフロントページに恒久的に掲載されました。その年の後半に、の所有者であるロイ・トムソンが発表されました サンデータイムズは論文を取得しており、翌年から、新しく設立されたTimes Newspapers Ltdによって2つの論文が発行されました。1978年、最新の植字や印刷機器の実装など、さまざまな問題をめぐる経営陣と労働者の間の論争。ほぼ1年間の出版の停止につながりました。しかし、新聞とその評判は存続し、そして タイムズ 繁栄し続けました。

1981年、ルパートマードックのニューズコーポレーションはタイムズ新聞の購入を通じて紙を買収しました。 2013年、ニューズコーポレーションは、印刷物とテレビおよび映画の保有物を別々のコングロマリットに分割し、紙の所有権は再構成されたニューズコーポレーションに譲渡されました。

Encyclopaedia Britannicaの編集者この記事は、リファレンスコンテンツの編集長であるAdam Augustynによって最近改訂され、更新されました。


神々の戦争計画|最高の聖書の戦いと戦争戦略

神の戦争計画は、主に聖書の戦いと主要な世界の紛争、そして終わりの時と一致する戦争の研究です。私たちが分析するのは、これらの対立です。それにもかかわらず、終わりの時は、特に中東において、すべての宗教戦争と衝突の重要な部分です。そのため、これらの終末論のセクションがあります。

私たちの主な目的は、神の言葉に妥協しない健全な聖書の教師に基づいて、終わりの時の主要なポイント、事実、予言をリストアップすることです。ですから、これはそこにある終わりの時の資料へのガイドラインとしてもっと考えてください。

私たちは、タイムライン、主要な世界大国、ニュースの見出し、予言と教えをリストします。私たちの仕事は主な問題を強調することです、そしてあなたは残りを見つけることができます。このセクションは、EndTimes資料のディレクトリまたはカタログと見なしてください。

終わりの時のしるし

The purpose of the signs of the End Times is to vamp up the church to embolden Christians. The Body of Christ must get the same urgency in their spirit now, in the present, that they would get if they knew Jesus’ return was right around the corner. It is urgency by faith. It is what will produce a harvest of saved souls for the Kingdom of God.

The signs of the End Times are, therefore, not meant to create fear or panic but to bear witness in the Christian heart so that he bears fruit in the field. God’s great mercy is then strongly evident through these signs of the End Times.

List of End Times Signs and Events 1
  • Destruction of the Temple (AD 70)
  • Expulsion of Jews from Europe Columbus discovers America (1492)
  • Tetrad blood moons on Feast of Tabernacles and month of Nisan (1492).
  • Hebrew language is restored (1783).
  • Israel made a nation the generation that sees it will not pass before Jesus returns (1948).
  • Tetrad blood moons on Feast of Tabernacles and month of Nisan (1948).
  • Jerusalem is restored to the Jews (1967).
  • Tetrad blood moons on Feast of Tabernacles and month of Nisan (1967).
  • Ethiopian Jews return (1984-1991).
  • Revival of Roman Empire EU (1993).
  • Blood moon in Passover, same as Jesus sacrifice blood of the lamb.
  • Signs in the heavens: Bethlehem star first time in 2000 years Mercury passes over the temple (2015).
  • Signs in the heavens: the woman clothed with the sun Jupiter, on Virgo Constellation of Leo (Lion of Judah) (2017).
  • Famines (ongoing)
  • Wars and rumors of wars intensified (2001-present)
  • Earthquakes (2004-present)
  • Final persecution of the Church intensified (2010-present)
  • Reconstruction of the Temple in Jerusalem preparatory stages (2015-present)
  • Tetrad blood moons on Feast of Tabernacles and month of Nisan (2015).
  • Rapture of the Church (approximate timeline) 2
  • Antichrist sits at the Temple and deceives the world Abomination (soon)
  • Great Tribulation World War III Gog Magog War.
  • Antichrist shows his true colors and persecutes Jews Desolation (3.5 years after).
  • Instant attack against Jerusalem
  • Rapture of the 144,000 Messianic Jews.
  • The Coming of the Son of Man (. )
  • Millennial Kingdom Satan bound 1000 year reign of Christ with the resurrected Church (. )
  • Final battle against Jesus Christ
  • Satan and unbelievers thrown into eternal Hell the Lake of Fire.

Questions on the End Times

How do we know we are at the End Times?

Quick answer: we do not to any indisputable degree of certainty. We're not concerned about convincing you that the Bible is true. Our job is to convey what is written within. You can decide for yourself. If you're on this page then, at the very least, you're giving it some importance.

Luke 12:54-56 (NRSV). “When you see a cloud rising in the west, you immediately sa

y, ‘It is going to rain’ and so it happens. 55 And when you see the south wind blowing, you say, ‘There will be scorching heat’ and it happens. 56 You hypocrites! You know how to interpret the appearance of earth and sky, but why do you not know how to interpret the present time?

Are we at the End Times?

So the big question that many have is: What is so unique about the signs of the times (signs of the End Times)? It's true that much of what is happening today is parallel to Bible prophecy: namely wars and rumours of wars, genocide, earthquakes, signs in the heavens.

Who is the Antichrist

The issue that many have is that these things happened before. Surely the believers of those times in World history must have thought that one of these despots must have been the Antichrist:

Indeed these were all tyrants, they were at one point or another, an enemy of Christians and Jews 3 , they thought they had the solution to , and they also had a fair share of mysticism at some point.

We know today they were not the Antichrist. He may be just around the corner.

So many people, including Christians 4 are skeptical and scoff at the message of the End Times. ((2 Peter 3:3-5)

The Antichrist must be accepted by Jews. So he will probably not be a rabid Jew hater or outspoken Muslim leader like Erdogan.

1 Thessalonians 4-5 suggests the Rapture of the Church before the greatest last war (World War III). Since the Antichrist and Christ (i.e. the church) cannot coexist. This is why the Rapture probably before then, and we would not know who the antichrist is.

So why do we have these repetitions of History?

The communists attributed this recurrence of historical events to dialectical materialism. Except this was not materialistic, even if it showed itself in the natural. History repeating is in fact spiritual. Although class warfare is a useful historic tool, it does not ultimately explain the real roots of the past. It is spiritual warfare which explains world history.

The Bible mentions there would be signs pointing to End Times

God said there would be sings throughout the ages to point to the End Times.

God is good and kind and merciful (Psalm 100:5), and so He warned mankind of these signs so that it would serve as testimony to His word and many will indeed believe.

So we're left with one distinct question.

Are current World events just another sign of the End times?

In other words, how do we know that what is taking place is not just another foreshadowing of the End Times instead of the actual last run?

Here are the reasons why now it is different:

  1. Prophecy states that, until Israel was re-formed as a nation, nothing (concerning End Times) would come to pass. Israel has been a country since 1948. 5
  2. While there have been wars and rumours of wars before, these took place mostly in the European theatre. Today is the first time that the world powers all converge in the Middle East, around Israel, to the degree we see and with their own troops deployed.
  3. This is the first time all the nations clearly mentioned in Ezekiel 38 are all at play on the future battlefield to come near Armageddon, Megiddo.
  4. The last tetrad (4 blood moons) just took place in 2014-2015.
  5. The strongest recorded earthquakes and natural disasters happened since the previous decade.

It's a mathematical probability equation in the end. Some of these things have happened before, but all of this has not happened concurrently as we see now. What are the chances that all these factors would converge again? It took 2500 years to occur. Will it be another 2500 years until the next time?

In our opinion, the unraveling of the End Times hinges on the geopolitical dynamics, which is presently, enhanced in two main ongoing world events:

Why should we study on End Times?

We cannot be apathetic or busy right before the greatest event in history: the second coming of Jesus Christ.

We study and are informed of the End Times not so that we are afraid.まったく逆です。 The unbelievers will be afraid but the spirit filled Christian who is redeemed from eternal death has nothing to fear. In fact, knowing what is going on should fill us with hope.

John 16:33 (NRSV): I have said this to you, so that in me you may have peace. In the world you face persecution. But take courage I have conquered the world!”

Reasons to know about the End Times
  • So we make adjustments and get ready to rule in the millennial kingdom.
  • We are writing our resume for what we’ll be doing in the thousand year reign of Christ.

Rapture of the Church

Sources on The Rapture and the Great Tribulation
Prepared for the Rapture

Matthew 24 is all about second coming.

If the contention that the Church will be raptured before the Great Tribulation is correct, then Matthew 24 was written to the Jews and not to the Christians. The Christians would be gone in the Rapture.

Luke 21:17-18 (NRSV). You will be hated by all because of my name. But not a hair of your head will perish. By your endurance you will gain your souls.

Jesus instructs people to be watchful and prepared:

Luke 21:34-36. “Be on guard so that your hearts are not weighed down with dissipation and drunkenness and the worries of this life, and that day does not catch you unexpectedly, like a trap. For it will come upon all who live on the face of the whole earth. Be alert at all times, praying that you may have the strength to escape all these things that will take place, and to stand before the Son of Man.”

When he speaks of standing before the Son of Man (himself) he is speaking of the Great White Throne Judgment for the unbelievers. To avoid that he says “be prepared”, meaning “be saved, believe”. This is directed at those left on the earth after the first Rapture. We know that there is a second rapture which takes place I the mid-tribulation period this is when 144 thousand are raptured.

Persecution of the Church and the Great Tribulation

Another fascinating point is that Jesus mentions “escape all these things”. It is, we admit, a slightly looser argument, but, if Jesus were speaking to the End Times Church then he wouldn’t be saying “escape”. There would be no need for Christians to escape (in this context) because (a) the Rapture is not an escape, it is a holy removal of Christians from the Earth (b) any killed in martyrdom do not require “escape”.

So, in summary, Luke 21 should not make any Christians worried that they are not saved – that is a private matter between each one of us and God (Philippians 2:12)– or that they will be travailing through the horrors of the Great Tribulation.

None of the above should minimize the promise that the Church encounters persecution before even the Tribulation. It is undeniable that the Christian Church has been faced with oppression since the time of Nero.

Missing the Rapture

Matthew 7:21-23 (NRSV). “Not everyone who says to me, ‘Lord, Lord,’ will enter the kingdom of heaven, but only the one who does the will of my Father in heaven. On that day many will say to me, ‘Lord, Lord, did we not prophesy in your name, and cast out demons in your name, and do many deeds of power in your name?’ Then I will declare to them, ‘I never knew you go away from me, you evildoers.’

Many Christians cringe when they read this and, although there should be a reverent fear of God the Father, this particular passage may not apply to the raptured Church. Jesus may be speaking of the people left after the Rapture, during the Great Tribulation, who were posing as holy people doing miracles.

In the end no matter the signs, people that are hard headed will choose not to believe anyway, even when they see the dead raised (Luke 16:30)。 Still the seven years Great Tribulation God will be knocking on their head to convince them. Then there is the second rapture.

List raptures in the Bible
  1. Enoch: born and raptured on Pentecost.
  2. Moses: the written word
  3. Elijah: the spoken word
  4. Jesus: demonstrated word
  5. クリスチャン
  6. 2 witnesses
  7. 144k in the mid tribulation.

The Army of God

Sun Tsu’s 兵法 is a wonderful work on the basic principles of successful strategy in war. It is a strong work which many professions even outside the military, such as business executives, learn from. Nevertheless it is still based on the “Babylonian system”, which is man’s way of doing things. Deuteronomy 20-21 is God’s own war manual which is infinitely simpler and better. The instructions focus on moral issues for the success in the battlefield depended not on tactics but on faith in God.
続きを読む


Extracts from the first edition

Things We Want To Know .

· The name of the brunette infantry officer whose man got hold of the carrier pigeons (sent to this celebrated company commander when his communications in the front line had broken down) and cooked them.

· The name of the MO [medical officer] who attended one of the leading lights of the Fancies, and was overcome by her charms.

· The celebrated infantry officer who appears daily in the trenches disguised as an Xmas tree.

· Why the dugout of a certain Big Man is so much affected by subalterns of tender years, and if this has anything to do with the decorations on his walls.

· The weekly wage bill at the Fancies.

Letters to the Editor

Sir, Whilst on my nocturnal rambles along the Menin Road last night, I am prepared to swear that I heard the cuckoo. Surely I am the first to hear it this season. Can any of your readers claim the same distinction?

Sir, May I draw your attention to the fact that the gas mains of the town seriously need attention. I was returning from the Cloth Hall Cinema the other night when a big leak broke out in the Rue de Lille it was only by promptly donning my helmet-gas that I was able to proceed on my way.

Sir, On taking my usual morning walk this morning, I noticed that a portion of the road is still up. To my knowledge, the road has been in this state of repair for at least six months. Surely the employees of the Ypres Corporation can do better than this.

Proof That We Are Winning The War, by Belary Helloc

[This is a satirical reference to Hilaire Belloc, editor of the pro-war magazine Land and Water, which was notable for its inflated estimates of enemy casualties and unbounded optimism.]

In this article I wish to show plainly that under existing conditions, everything points to a speedy disintegration of the enemy. We will take first of all the effect of war on the male population of Germany. Firstly, let us take as our figures, 12,000,000 as the total fighting population of Germany. Of these 8,000,000 are killed or being killed, hence we have 4,000,000 remaining. Of these 1,000,000 are non-combatants, being in the navy.

Of the 3,000,000 remaining, we can write off 2,500,000 as temperamentally unsuitable for fighting, owing to obesity and other ailments engendered by a gross mode of living. This leaves us 500,000 as the full strength. Of these 497,250 are known to be suffering from incurable diseases. This leaves us 2,750. Of these 2,150 are on the eastern front, and of the remaining 600, 584 are generals and staff.

Thus we find that there are 16 men on the western front. This number, I maintain, is not enough to give them even a fair chance of resisting four more big pushes, and hence the collapse of the western campaign.


How many times has the U.S. declared war? See all 11 declarations.

Although U.S. troops have gone to war many times since 1776, Congress has only declared war 11 times.

Tuesday is the anniversary of the first resolution, which declared war on Great Britain on June 17, 1812, just a couple of decades after the American Revolution. Unlike subsequent declarations, which were passed unanimously or nearly so, going to war against Great Britain was by no means assured. The Senate passed the resolution by a vote of 19-13 and the House passed it by a vote of 79-49, drawing much of the opposition from northeastern states, according to the House of Representatives Clerk’s Office. The war ended about two-and-a-half years later, on Dec. 24, 1814, with the signing of the Treaty of Ghent.

Below are images of each of the declarations of war passed by Congress, available from the National Archives through the Senate website. Only three of the declarations did not involve countries associated with World War I or World War II.

Declaration of war with Great Britain (passed June 17, 1812)

Declaration of war with Mexico (passed May 12, 1846)

Declaration of war with Spain (passed April 25, 1898)

Declaration of war with Germany (passed April 6, 1917)

Declaration of war with Austria-Hungary (passed Dec. 7, 1917)

Declaration of war with Japan (passed Dec. 8, 1941)

Declaration of war with Germany (passed Dec. 11, 1941)

Declaration of war with Italy (passed Dec. 11, 1941)

Declaration of war with Bulgaria (passed June 4, 1942)

Declaration of war with Hungary (passed June 4, 1942)

Declaration of war with Rumania (now Romania passed June 4, 1942)


ビデオを見る: 小学生でもわかる第一次世界大戦西洋史第弾 (1月 2022).