ニュース

スパルタの領土

スパルタの領土


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


スパルタ:帝国の成長

スパルタ人が史上最も残酷に効率的な戦士の何人かを生み出したことは広く知られていますが、彼らはどのようにしてその評判を得たのですか?彼らは、他のほとんどすべての仕事が奴隷に落ちて、戦争だけを中心に構築された彼らの文化をどのように保持しましたか?スパルタは彼らの軍隊のためだけでなく、彼らのあまり議論されていない帝国のために記憶されており、スパルタ人はギリシャの広い地域とギリシャ全土を一度に指揮しました。彼らが彼らの力で達成したことは、彼らが戦士としての評判を持ち、また証明された結果を得るのを可能にしました。

スパルタ人はギリシャのペロポネソス半島のはるか内陸部と山々の間に住んでいました。スパルタ人は、海軍にとって実際の必要性や適切な場所がないため、陸軍に焦点を合わせました。スパルタが権力を握るにつれ、彼らは隣人に権力を求めました。そのような隣人の1人は、優れた戦士で評判のアルゴス市でした。

両者が衝突したとき、彼らは各軍からの300人のチャンピオンとの戦いを戦うことに同意しました。双方はほぼ死ぬまで戦った。 2人のアルゴスチャンピオンが生き残り、戦場を去りましたが、負傷したが生きているスパルタは見られませんでした。スパルタは残ってスパルタの勝利を主張しました。アルギブはスパルタが勝利を主張し、スパルタに侵入するために彼らの軍隊を設定したことに激怒した。 2つの軍隊は、チャンピオンを差し引いた全力で会合し、スパルタが勝ち、大量の領土を獲得し、アルギブをわずかに支配しました。

時が経つにつれて、スパルタの武術は、直接の征服を通じて、または都市が自発的に同盟を結ぶことによって、半島の大部分を勝ち取りました。 Jkan997&#8211 CC BY-SA 3.0

最初のペルシャ侵攻の直前に、スパルタ人はアルゴスに対して別の勝利を収め、ペロポネソス半島の多くは自発的にスパルタ当局に服従しました。スパルタは専制政治を嫌い、しばしば政府をグループの寡頭制に置き換えたり、置き換えを助けたりしました。スパルタはペロポネソスの絶対的ですべてを支配する指導者ではありませんでしたが、彼らはペロポネソス同盟として知られるものの誰もが認める指導者であり、最高権威でした。

スパルタの初期の過ちの1つは、マラトンの戦いに間に合わなかったことです。アテネ人によるペルシア人に対する決定的な勝利は、ギリシャのすべてのものの輝かしい防御と見なされ、すでに強力な都市アテネの地位を高めました。アテネは、スパルタからコリントス地峡を越えて、アッティカに拡大する領土ですぐにライバル勢力になりました。クセルクセスの第2ペルシアの時までに、アテネとスパルタは両方ともギリシャの最高の海軍と陸軍として固められました。

クセルクセスが大規模な軍隊と海軍に侵攻したとき、ギリシャ人は主に協力して脅威を中和しました。テルモピュライの有名なスタンドは、主要な防御努力であり、スパルタによって英雄的に導かれました。ペルシャ人はテルモピュライの戦いに勝利した後、アテネ近くのアッティカの平原に移動しました。アテナイ人は彼らの都市を放棄することを余儀なくされ、ペルシャ人によってほぼ完全に破壊されたので無力でした。

アテネの占領後すぐに、ペルシャ人は海軍の罠に導かれ、そこでアテナイ人と同盟国はサラミス島の近くで大勝利を収めました。海軍の勝利は大規模でしたが、対処する必要のある大規模なペルシャ陸軍がまだあり、スパルタの指揮下にあるギリシャ人のプラタイアで大勝利を収めました。プラタイアでの勝利は、同じくスパルタが率いるマイケールでの海軍の勝利と一致した。これらの勝利により、ペルシャ人は永久にギリシャから追い出され、ギリシャ人は彼らの焦点を内側に戻すことができました。

戦後、アテナイは、ペルシャ人が再び侵略した場合の組織的な抵抗に焦点を当てたデロス同盟を開始しました。リーグの重要な側面は、リーダーシップのためのアテネへの支払いでした。支払いの合理化は、アテネが両方のペルシャの侵略の間に貢献と犠牲を宣伝したことでした。このリーグはアテネの黄金時代を可能にし、都市はすぐにギリシャ内で非常に強力になり、協同組合リーグのリーダーというよりも暴君のように振る舞い始めました。すぐにスパルタはこのリーグから離れ、ペロポネソスリーグを再建しました。

2つの大都市は、軍事力、政治、領土、文化全体のすべてにおいて完全なライバルであったため、紀元前5世紀に戦争に参加することはほぼ避けられませんでした。ペロポネソス戦争は、ギリシャで最も激しい紛争の一部でした。ギリシャ人はしばしばお互いに戦っていましたが、今回はギリシャの半分が他を攻撃していました。アテナイ人は彼らの強力な海軍で彼らの賛辞を払っている同盟国を保護しようとしましたが、スパルタ人は主に単にアテネに行進することに焦点を合わせました。

スパルタは陸戦に負けるだけでなく、長い戦争の間に海戦にも勝ちます。スパルタの陸軍は、アテネの城壁まで自由に行進できる程度に勝利を収めることができましたが、彼らを破ることはできず、城壁に囲まれた港からの供給を遮断することもできませんでした。スパルタがエゴスポタモイで海軍の大勝利を収め、陸と海でアテネを完全に取り囲むことができたとき、膠着状態は解消されました。これは、アテネでのひどい疫病とシケリアへのアテナイ遠征の失敗の後に起こり、最終的にアテネを降伏させました。

壁に囲まれた港は、スパルタ人がアテネを陸路で奪おうとすることに問題を引き起こしましたが、海上封鎖が行われると、アテナイ人には希望がありませんでした。これらの壁はスパルタ人が勝利した後に取り壊されましたが、都市自体は免れました。

彼らの最大のライバルの征服で、スパルタ人は彼らのギリシャ帝国を固めました。それは非常に緩い定義の帝国でしたが、スパルタ人はすべてのギリシャに対する支配を主張し、スパルタに忠実な政府の宗教的システムを実施しました。しかし、帝国を達成するためのコストは高すぎることが判明しました。何十年にもわたる戦闘により、真のスパルタ兵士の数は大幅に減少しましたが、ヘロタイの奴隷人口は比較的同じままでした。ライバルのテーベがスパルタに1回だけ勝利したとき、ダイナミックは完全に変わりました。

レウクトラの戦いは、スパルタが失った最初の均等にマッチした大規模な戦いであり、スパルタの伝説的な力は彼らの敗北とともに衰退しました。スパルタ市民を少なくとも5対1で上回ったヘイロタイは数回反乱を起こし、スパルタは反乱を鎮圧するために残した小さなスパルタ戦士を使用しました。スパルタ人は何世代にもわたって地域大国であり続けましたが、彼らの武術はローマ人に落ちた後もずっと彼らの評判を維持していました。

偉大なスパルタ帝国は短命でしたが、新しいMMOゲームSparta:War of Empires by Plariumを使えば、それを追体験してさらに強力にすることができます。


ヘイロタイに対するスパルタの残虐行為

プルタルコスが言うように、スパルタの指導者たちは定期的にクリプテイアの若者を「国全体に」送り出していました。何のために、あなたは尋ねるかもしれませんか?若い兵士たちは、「ヘイロタイ」と呼ばれる人々のグループに出くわすまで身を隠していました。夜、「彼らは高速道路に降りてきて、捕まえたすべてのヘイロタイを殺した」。日中であっても、クリプテイアは野原で働いているヘイロタイを虐殺しました。

NS "スパルタの指導者であるエフォロイは、「彼らを殺害することに不敬虔がないように、ヘイロタイに対して正式な宣戦布告を行った」。 。しかし、クリプテイアがしたことは、基本的に国が認可した虐殺でした。

ヘイロタイは誰でしたか?スパルタの治安判事が若い戦士に彼らを殺すように命じたのはなぜですか?ヘイロタイはスパルタ州の農奴であり、ローマの歴史家リヴィが「初期から封建的な家臣であった素朴な種族」であると主張する奴隷でした。ブランドン・D・ロスによれば、クリプテイアは政府がヘイロタイをその場所に維持するために利用した力でした。アリストテレスは彼の中でヘイロタイについて話します 政治、「農奴階級を取り締まるという単なる必要性は厄介な負担である」と言った。あなたは彼らにどのような自由を与えますか?彼らはどのくらいの余裕を得る必要がありますか?彼は尋ねます。

スパルタとヘイロタイの関係はせいぜい骨の折れるものでした。昔々、スパルタ支配のメッセニアとヘイロタイの人々は、レースデーモンの領主に反抗しました。彼らは紀元前464年の地震の後に続いた混乱を利用しましたが、それはうまくいきませんでした、そしてスパルタ人は彼らの残酷な扱いを続けました。

スパルタ人は他にどのようにヘイロタイを拷問しましたか?プルタルコスによると:

ヘイロタイのスパルタ拷問は一度限りのものではありませんでした。ある時、リヴィは、「脱走する意図で起訴され、彼らはすべての街路を縞模様で追いやられ、死刑にされた」と語っています。別の時、2000人のヘロタイが大量虐殺の可能性のある行為で「不思議なことに」姿を消しました、そして別の機会に、たくさんのヘロタイがポセイドン・テナリウスの小さな寺院で供給者でしたが、その神聖な場所から押収されました。寺院の聖域に違反するその種の犠牲は、庇護の権利を得るのと同じくらいひどいものでした。それは本当に価値のあるものでした。


古代ギリシャ文明のアテネ

アテネはまた、多くの点で非常に非典型的でしたが、おそらくそれについて最も非典型的なのは、都市および帝国の中心地としてのアテネと、アテネを取り囲み、支配する領域であるアッティカの両方について入手可能な比較的大量の証拠です。 (古代、特にアルカイック期のギリシャの歴史において、典型性と非典型性の問題について判断を下そうとすると、その要素は特に困難を示します。特定の現象が頻繁に発生するのか、単に頻繁に証明されるのかがわからないことがよくあります。近代史の学生が特定の州について「例外主義」理論と呼んでいるもの。)アテネでさえ、たとえば、508年にCleisthenesによって政治的定義が与えられた139の村、またはドームについては、まだ知られていないことがたくさんあります。適切に発掘されました。

まず、アッティカの巨大なサイズと好ましい構成により、ギリシャのポリスのどの基準から見ても珍しいと言っても過言ではありません。その領土はコリントスやメガラの領土よりもはるかに広かったのに対し、ヴィオティアは同等の地域を支配していましたが、統一を課す方法として連邦主義に訴えました。コリントのようですが、テーベ(古典的なビオティアの最大の都市)とは異なり、アテネには独自の水供給がある素晴らしいアクロポリス(城塞)があり、初期の政治的中央集権化に自然な利点がありました。そして、アテネは最初の防衛線を提供する4つの山岳システムによって保護されていました。

第二に、アッティカにはエーゲ海に突き出た非常に長い海岸線があり、それが海の大国になるように誘った特徴です(ギシオンの港が南に遠く離れているスパルタとは対照的かもしれません)。それは今度はアテネに不足していた造船用材の輸入を強いることであり、これはアテネの帝国思想の主要な要因でした。 (これは、木材が豊富なイタリア、シチリア、マケドニアに対する5世紀の関心を説明するのに役立ちます。)

第三に、アッティカは、貨幣用の貴金属(アッティカ東部のラブリオ鉱山の銀)や建築用の大理石など、特定の天然資源が豊富でしたが、オリーブ栽培には適していますが、比較すると土壌は薄いです。テッサリーやボエオティアのそれと。つまり、ギリシャ全土に影響を及ぼしたミケーネ文明後の過疎化の後、アテネの領土がより密集するようになると、外部の穀物源を探す必要があり、それらの源を確保するために、帝国主義的に行動しなければなりませんでした。一部の学者は、アテネの外部の穀物源への依存または必要性を最小限に抑え、黒海を経由してロシア南部の穀倉地帯を利用し始めた日付を下げることを試みました(4世紀に間違いなくそうだったように)。確かに、たとえばマラソンの近くなど、アッティカの肥沃な地域があり、多くの期間、アテネは、北部のオロプス地区やリムノス島など、政治的に限界があるが経済的に生産的な地域を直接支配していました。アテナイ人がより少ない小麦とより多くの大麦を食べる準備ができていたならば、アテネはそれ自身を養ったかもしれないと言うこともできます。しかし、実際のニーズは、知覚されたニーズよりも重要ではない場合があり、アテナイの帝国の行動を理解するためには、その政治家が(現代の統計家が間違っていると言ったとしても)穀物の内部源を際限なく補充しなければならないと信じることがより重要です外国。また、アテネによる7世紀のSigeumの買収を、黒海地域のプロビジョニングの可能性から切り離すことは完全に妥当ではありません。

北からのドーリア人の侵略の伝統を持つペロポネソス半島とは異なり、アテネは「自生」であると主張しました。つまり、その住民は永遠に同じ土地を占領していました。そのような主張のように、それは主にフィクションでしたが、それは宗教と神話におけるアテネの相対的な貧困を補うのに役立ちました:それはテーベ(オイディプスの物語)またはペロポネソス半島(ヘラクレスのアトレウスの家)の偉大な伝説と比較するものは何もありません)。しかし、特別にアテナイ人と見なすことができる英雄が1人いました。それは、トゥキディデスのような頭の切れる作家によってさえ、アッティカの元々の政治的シュノイキスモスが原因であったテセウスでした。

この「テセアン」のシュノイキスモス、または中央集権化(おそらく900が安全)をどの日付に置いても、アッティカの暗黒時代後期には、物理​​レベルで反対のプロセスが行われているように見えます。つまり、アッティカの村と田園地帯は事実上、8世紀の間に中央から「植民地化」されました。プロセスはさらに遅くなるまで完了していない可能性があります。それが、アテネが初期の植民地化勢力の1つではなかった理由を説明しています。アッティカ自体の「内部植民地化」の可能性は(スパルタのメッセニアへの拡大のように)コリントやセラなどの場所を強制した種類の短期的な食糧不足に対する保険でした。男性人口の一部を吸い上げるために。

実際、アテネは、黒海に向かう途中のシゲウムの街である紀元前610年という早い時期に1つの注目すべき海外の所有物を取得しました。しかし、隣のメガラがサロニコス湾の大きくて戦略的に重要な島であるサラミスを支配している限り、遠距離恋愛のアテネ海軍作戦の範囲は制限されていました。それまで、アテネは、大まかに近代的な空港の地域にある、ファレロンのより開放的で満足度の低い港湾施設を利用しなければなりませんでした。したがって、海軍の拡大には明らかなブレーキがかかった。

その時の7世紀後半までに、アテネは海外を見ていました、そしてそれが8世紀に他の場所で暴君をもたらしたいくつかの緊張を経験しているのを見つけるのは驚くべきことではありません。確かに、それは、オリンピックの勝利者であるサイロン(630年代)の専制政治自体への最初の試みをかろうじて回避しました。運動の成功と軍事的価値の間の密接な関係は、アルカイック時代だけでなく、運動と政治的成果の間にも同様に密接な関係があったことが指摘されています。サイロンは、メガラの義父テアゲネスに助けられました。これは、メガラが6世紀までサラミスを所有していたことと同様に、アテネの大国への成長の遅れを強調しています。古典的なメガラは小さな影響の場所でした。サイロンの試みが失敗だったということは興味深いですが、アテナイの専制政治がまだ時代が来ていないアイデアであったこと、または単に彼が試み。

サイロンの試みは、アテネの歴史に2つの結果をもたらしました。最初のものは確かですが偶然です:サイロンの信者は危険で犠牲的な方法で死刑にされました、そしてそれは彼の殺人者、特にアルクメオニドのメンバーであるメガクルズを罪に問われたとされました ジェノス。このように引き付けられる汚染は、アイスキュロスが言ったように、目覚めたり眠ったりする可能性のある滑りやすい概念です。その特定の汚染は、アルクメオニドの父親の側にいない人々にも付着していました ジェノス、5世紀の偉大な指導者ペリクレスなどであり、通常、意図的かつ政治的な目的のために「目覚め」ました。

他の結果は、まったく結果ではなく、時間の偶然である可能性があります。アテナイの立法者ドラコが市に最初の包括的な法典(おそらく621)を与えたのは、サイロン事件から数年後のことでした。コードの極端な厳しさのために、ドラコの名前は法的な野蛮人の同義語になりました。しかし、コード(純粋に政治的な特徴は、幸運な碑文の発見がない限り、現在まで回復不能に失われています)は、アテナイの「賄賂を食べる」に相当する条件を定義し、改善することを目的としていました。 バシレウス」のBoeotianHesiodの詩は、大まかな正義を分配することができましたが、もはや恣意的ではありません。それ以上に、政治家で詩人のソロンのようなドラコのコードを使うのは安全ではありません(NS。 630–560)、5世紀後半に反民主主義者によって破壊されました。ドラコに押し付けられた詳細な憲法は、 アテナイ人の国制、アリストテレスに起因し、1890年にパピルスで発見されました。その文書は、紀元前411年の心理学について多くを述べており、621年の状況についてはほとんど述べていません。


フィリピンは米国の領土ですか?

フィリピン共和国は独立国です。 1898年から1946年まで、完全な独立が認められた米国の領土でした。

アメリカは1898年の米西戦争後にフィリピンを買収しました。フィリピンは1897年にスペインに反抗しました。彼らの指導者、エミリオアギナルドは、1898年6月12日にフィリピンの独立を宣言しました。独立。アメリカの司令官、ジョージ・デューイ提督は、スペインのマニラの司令官と協力して、血のない戦いで街を占領しました。アメリカ人はすぐにフィリピンの支配者としての地位を確立しました。反政府勢力は次の3年間アメリカ軍と戦ったが、彼らを国から追い出すことができなかった。アメリカ合衆国は1902年に反乱を打ち負かしました。1936年、アメリカ合衆国はフィリピンを自治連邦にした後、1946年に完全な独立を認めました。


2つの世界大戦におけるルーマニア

ルーマニアは、フェルディナンド王の孫であるミハイ1世が共産主義者によって退位を余儀なくされた、1947年の終わりまで立憲君主制でした。その瞬間まで、ヨーロッパのすべてのようにルーマニアは2つの世界大戦の恐怖を通り抜けました。

ルーマニア王国は1916年に第一次世界大戦に突入し、中央同盟国と戦いました。主な目標は、ルーマニアの大多数の人口が限られた政治的および市民的権利を持っていたトランシルバニアを解放することでした。莫大な人命の損失と2年間の占領の後、トランシルヴァニア、ブコヴィナ、バサラビアとルーマニアの統一がついに起こりました。

第一次世界大戦中のマリア女王とフェルディナンド王のポストカード画像

その後の20年間で、ルーマニア王国は第一次世界大戦中に約束された主要な社会改革を実施しました。 1929年の世界危機もルーマニアに影響を及ぼしましたが、全体としては戦後経済は回復し、急速な発展は都市部で容易に見られました。それでも、ルーマニアの歴史に最も悲劇的な結果をもたらした第二次世界大戦が始まるまで、国は主に農耕国家のままでした。

権威あるカロル2世(1930〜 1940年)の統治下にあったルーマニアは、1940年にその領土の大部分が隣国であるハンガリー、ソビエト連邦、ブルガリアにほぼ一夜で占領されるまで中立でした。枢軸軍に囲まれ、失われた領土を取り戻すことを目指していたルーマニアは、1941年にドイツと並んで戦争に突入しました。

1944年8月23日、若いミハイ国王はルーマニアを統治したイオン・アントネスク将軍を逮捕しました。 デファクト 1940年以来。この瞬間から、ルーマニアはドイツと枢軸国と戦い、50万人以上の兵士を動員してハンガリーとチェコスロバキアを解放しました。それでも、ルーマニアはベッサラビアを失い、ソビエト軍に占領され、急速に非合法な共産主義体制を課しました。


1世紀のイスラエル

マルコ7:31 -そして再び、彼はタイヤとシドンの海岸を出発して、ガリラヤの海岸の真ん中で、ガリラヤの海にやって来ました。 デカポリス .

マタイ4:25 -そして、ガリラヤからの大勢の人々が彼に続きました。 デカポリス 、そして[から]エルサレム、[から]ユダヤ、そして[から]ヨルダンを越えて。

マルコ5:20 -そして彼は出発し、出版を始めました デカポリス イエスが彼のためにどれほど素晴らしいことをしたか:そしてすべての[人]は驚いた。


ギリシャ独立戦争とそのトルコ人への犠牲

ギリシャ独立戦争とそのトルコ人への犠牲
ギリシャは、1829年に独立した後、19世紀と20世紀の最初の13年間に、オスマン帝国に対して3回領土を拡大しました。この拡大はバルカン半島に限らず、伝統的なメガリ・イデア(グレート・アイディア)を追求するためにアナトリアにまで拡大されました。 &rsquo&lsquo古代ギリシャの遺産&rsquoの再現とその&ldquoterritories&rdquoの主張は、バルカン半島とアナトリアの人々に大きな苦痛をもたらしました。

オスマン帝国の支配下にあるギリシャ人は、自由に信仰を守り、言語、伝統、文化的アイデンティティを維持しました。オスマン帝国が今日のギリシャを統治していた400年の間にギリシャ文化が維持されたという事実は、ギリシャ文化の忍耐力ではなく、支配したさまざまな人々に対するオスマン帝国の伝説的な寛容の証です。

ギリシャの反乱が始まった経緯

オスマン帝国に対するギリシャの反乱は、1821年4月6日にペロポネソス半島で始まり、「トルコ人はモレアに留まらない」というスローガンを掲げ、すべてのイスラム教徒に対する無差別で殺人的な行動を引き起こしました。ギリシャの大司教ゲルマノスによって宣言された革命の愛国的な叫びは、キリスト教徒にとって&ldquoPeaceでした!執政官を尊重してください!トルコ人の死!&rdquo

イギリスの作家ウィリアム・セント・クレアによると、&quot復讐への野蛮な情熱はすぐに彼ら自身のために殺害と恐怖の熱狂的な喜びに退化しました&quot。別の英国の作家、デビッド・ハワースは、ギリシャ人がこれらの殺人の理由を必要としないことを観察しました。

1821年3月にペロポネソス半島に3万人近くのイスラム教徒が住んでいたと推定されています。1か月後、ギリシャ人がイースターを祝っていたとき、ほとんど誰も残っていませんでした。ウィリアムセントクレアによると:

&quotギリシャのトルコ人はいくつかの痕跡を残しました。彼らは突然姿を消し、ついに1821年の春に、世界中の人々に悲しみと気づかれずに姿を消しました。数週間の虐殺で、2万人以上のトルコ人男性、女性、子供たちがギリシャ人の隣人に殺害されました。彼らは故意に殺されましたが、単一の農場や小さな孤立したコミュニティに住むスクループル&ヘリプトルコ人の家族は即座に死刑にされ、彼らの家は彼らの死体の上で全焼しました。他の人々は、騒乱が始まったとき、最寄りの町の安全を求めるために家を固めましたが、無防備な難民の流れは武装したギリシャ人の集団に圧倒されました。小さな町では、トルコのコミュニティが家をバリケードで囲み、可能な限り自分たちを守ろうとしましたが、生き残った人はほとんどいませんでした。いくつかの場所では、彼らは安全の約束を受け取って攻撃者に降伏することへの渇望に駆り立てられましたが、これらはめったに名誉を与えられませんでした。男性はすぐに殺され、女性と子供は奴隷として分かれ、通常は後で順番に殺されました。ペロポネソス半島のいたるところに、クラブ、鎌、そしていくつかの銃器で武装したギリシャ人の暴徒が歩き回り、殺し、略奪し、燃やしました。彼らはしばしばキリスト教の司祭たちに率いられ、彼らは彼らに彼らの聖なる仕事へのより大きな努力を勧めました。

1861年、歴史家のジョージ・フィンレイは次のように書いています。
&quot1821年4月、2万人以上のイスラム教徒がギリシャに分散し、農業に従事していました。 2か月が経過する前に、大部分が殺害されました-男性、女性、子供は容赦なく殺害されました&hellip犯罪は国家の犯罪であり、それが生み出す可能性のあるあらゆる混乱は、それが可能な行為として、国家の良心にあるに違いありません失効するのは国家の行為でなければならない。」

歴史家C.M.によるとウッドハウス、都市や町のトルコの全人口が集められ、彼らが虐殺された田舎の便利な場所に行進しました。

モネンバシアとナバリノの虐殺

ギリシャの反政府勢力に包囲されたモネンバシアの小さな町のイスラム教徒は、1821年8月に降伏することを決定しました。それにもかかわらず、反政府勢力は彼ら全員を野蛮に虐殺しました。これらのイベントは、西ヨーロッパで「自由主義とキリスト教の勝利。&quot数日後、同じ運命がナバリノのイスラム教徒を襲った。 2,000人から3,000人のイスラム教徒の住民が残酷に虐殺されました。その間、ナバリノの何人かのギリシャ人はそこで起こった恐ろしい虐殺を誇らしげに語っていました。ドイツのボランティア、フランツ・リーバーは、彼ら自身がすでに性的暴行を加えた後、女性をレイプするよう呼びかけているギリシャの反政府勢力に対して、ボランティアがどのように憎悪と嫌悪感を感じたかを説明します。

トリポリの虐殺

トルコの知事が住んでいて、35,000人のトルコ人、アルバニア人、ユダヤ人などの人口で構成されたトリポリツァの町で、反政府勢力は1821年10月5日に凶悪な虐殺を開始しました。 10,000人以上。

歴史家のウィリアム・フィリップスによると:

&quotトリポリの戦いで3日間、惨めな[トルコ人]の住民は野蛮人の群れの欲望と残酷さに引き渡されました。性別も年齢も惜しまなかった。女性と子供たちは死刑にされる前に拷問を受けました。 [ゲリラの指導者]コロコトロニス自身が、城塞の門から町に入ったとき、彼の馬のひづめが地面に触れたことはなかったと言っているほどの虐殺は素晴らしかった。彼の勝利の道は死体で覆われていました。 2日間の終わりに、ムスルマンの惨めな残骸は、あらゆる年齢と性別の約2,000人の魂に故意に集められましたが、主に女性と子供は、隣接する山の峡谷に連れて行かれ、そこで虐殺されました。牛。」

トリポリスでの虐殺を目撃したトーマス・ゴードン大佐を含むヨーロッパの将校は非常にうんざりし、ギリシャ人への奉仕を辞任した。これらの場面を目撃するのに耐えられなかった若いドイツの親ギリシアの医者、ウィルヘルム・ボルデマンは自殺しました。

アクロコリントスの虐殺

1822年1月末にかけて、アクロコリントスの1,500人以上のトルコ人と他のイスラム教徒が、小アジアへの旅のために中立船を雇うのに十分な資金を確保できるという条件で、反政府勢力に降伏することに同意しました。しかし、彼らが船が到着するのを待っている間に、コロコトロニスと他の人々の指導の下で反乱軍が彼らを殺しました。

1822年の夏まで、ギリシャの反乱は5万人以上のトルコ人、ギリシャ人、アルバニア人、ユダヤ人などの命を奪いました。さらに多くの人々が奴隷制と剥奪の中で生きることを余儀なくされました。

アテネとアクロポリスの虐殺

アテネのアクロポリス地域で長い間包囲されていたイスラム教徒は、1822年6月21日に降伏し、ギリシャの宗教指導者と反政府勢力の指導者が殺されないという約束を受け入れました。しかし、外国の執政官によって非常に困難に救われた少数を除いて、彼らはすべて殺されました。同時に、アテネの400人の無防備なイスラム教徒が通りでバラバラに彫られました。

ナフプリオ虐殺

ナフプリオの町が1822年12月12日にギリシャの反政府勢力に降伏したとき、反政府勢力はひどい虐殺を犯しました。イギリスの軍艦HMSCambrianの港に到着したハミルトン提督は、町のイスラム教徒とユダヤ人の住民の一部を特定の死から救うのに役立ちました。
ミソロンギのすぐ外で座礁したトルコの船で母国に戻っていた150人のアルバニア人は、マブロコルダトスから与えられた安全の約束に従って反乱軍に降伏し、強盗された後に殺された。

ギリシャの偽情報

ペロポネソス半島での大量虐殺の乱交は、殺すトルコ人がいなくなったときにのみ終了しました。これまでのこのいわゆるギリシャ独立戦争は、ほとんど戦争ではありませんでしたが、ほとんどの場合、民族と宗教のために虐殺された無防備な民間人、女性、子供に対する一連の機会主義的虐殺でした。
ペロポネソス半島での虐殺の後、同様の小競り合いが、クレタ島、キプロス、サモス、サモトラキ、テッサリア、マケドニア、エピラスのギリシャ人によって開始されました。親ギリシア人と宣伝家たちは、オスマン帝国の強力な措置を「キリスト教徒に対するトルコの野蛮さ。ギリシャのトルコ人の絶滅に目と耳を閉じた西側は、すぐにオスマン帝国の反応に反対する声を上げ始めました。 1821年8月にハンブルクで配布された次のリーフレットは非常に有益です。

&quotドイツの若者への招待。宗教、生活、独立のための闘いは私たちに人類を武装させるよう呼びかけ、義務は私たちの兄弟である高貴なギリシャ人の助けを求めています。私たちは神聖な目的のために私たちの血と私たちの人生を犠牲にしなければなりません。ヨーロッパにおけるイスラム教徒の支配の終わりが近づいています。ヨーロッパで最も美しい土地はモンスターから救われなければなりません!力を尽くして闘いに参加しましょう。これは神聖な原因であり、人類の原因であり、宗教、生命、独立のための闘争であるため、神は私たちと共におられます。
ペロポネソス半島での血なまぐさい出来事を目撃した帰国した西側のボランティアは、このギリシャのプロパガンダに対する解毒剤になりました。プロイセンの将校はこう書いています:

&quot古代ギリシャ人はもう存在しません。ソロン、ソクラテス、デモステネスの場所は、盲目的な無知によって奪われました。アテネの論理法則は野蛮主義に置き換えられました&quot。


ジブラルタルの歴史

ジブラルタルの岩の6平方キロメートルは、原始人とネアンデルタール人が海岸線を釣り、石灰岩の洞窟に住んでいた約10万年前の始まりから、フェニキア人と後にローマ人の船員を訪ねるまで、歴史が染み込んでいます。しかし、711ADに最初に岩を定住させたのはターリク・イブン・ジヤドのムーア人であり、それ以来、この高く評価されている場所とその人々は、何世紀にもわたって多くの包囲と戦いを目撃してきました。

The position of Gibraltar guarding the entrance to the Mediterranean is unrivalled, and has for many years been fought over by Spain, France and Britain, all claiming possession.

Gibraltar was captured by the British Fleet in 1704 during the war of the Spanish Succession. On 4th August 1704, an Anglo-Dutch fleet under the command of Admiral George Rooke took Gibraltar from the Spanish. From dawn on that day and for the next five hours, some 15,000 canons were fired from the fleet into the city. The invaders, led by the English majority, landed the same morning and not surprisingly encountered little opposition.

Above: The Anglo-Dutch fleet sailing into Gibraltar, 1704

Under the Treaty of Utrecht in 1713 Gibraltar was ceded to Britain. This treaty stated “the town, castle and fortifications were to be held and enjoyed for ever without any exception or impediment whatsoever.” This treaty was renewed again in 1763 by the Treaty of Paris, and in 1783 by the Treaty of Versailles.

But of course that hasn’t stopped other countries trying to seize Gibraltar over the centuries. As Spain waited for an opportunity to retake the Rock, sieges became a common occurrence for Gibraltar.

In 1726, war was about to break out as Spanish forces were massed round the Rock. Unfortunately the defences were not in good repair and the garrison only numbered 1,500 men. After a siege and heavy bombardment by the Spanish (during which their guns blew-up and the gun-barrels began to droop), a truce was declared in 1727.

In 1779, what became known as the Great Siege began and the numerous tunnels that are a feature of the Rock are a legacy from this time. This siege lasted from 1779-1783 and reached its climax in 1782. The Spanish planned an attack from the sea and land, preceded by a heavy bombardment. The Spanish ships were carefully prepared with wet sand and wet cork between the timbers and a sprinkler system to put out fires caused by red-hot shot. However this did not work and by the end of the attack on 13th September, the Bay was ‘lit-up’ by burning ships.

During this long siege the Gibraltarians suffered greatly through lack of food. General Eliott was the Governor at this time he had arrived at the Rock in 1776 and showed himself to be a great leader and planner. As an example to his men he lived on 4 ounces of rice a day when the siege was at its height.

It was during this siege that a Lieutenant Koehler solved the problem of how to fire the cannons from a steep angle of depression, from high up on the Rock down onto the besieging forces. Lieutenant Shrapnel, another of the garrison at that time, developed the ammunition that still bears his name.

The numerous tunnels that are still in use today were the responsibility of a Sergeant-Major Ince, and these tunnels made it possible for the guns to bear down onto the Mediterranean shore. Sergeant-Major Ince may have made better tunnels than he realised as they were used for the same purpose, gun emplacements, in the Second World War, and were invaluable to the Allied Forces.

The British had between 5,500 and 7,000 men and only 96 guns during the Great Siege, and the Spanish and French forces numbered 40,000 men and 246 guns. As the British didn’t surrender, hostilities finally ceased in February 1783…. a great triumph for General Eliott!

Gibraltar has always been part of British history. Admiral Lord Nelson and the Fleet visited Gibraltar in May 1805, and after the nearby Battle of Trafalgar in October of that year, Nelson’s body, embalmed in a cask of wine, was brought ashore at Rosia Bay to be returned to England for burial. In the Trafalgar Cemetery there are several members of Nelson’s crew buried there and many members of the Garrison, as at this time there was also an epidemic of Yellow Fever resulting in 1,000 deaths.

Gibraltar’s unique position proved invaluable during World War II. Most of the civilian population were evacuated, except for 4,000 who fought with great courage to defend the freedom of the Rock. There is an old superstition that if the Apes leave the Rock the British will go as well. Sir Winston Churchill made sure during World War II that the number of Apes was kept up. He even had some Apes, so it is rumoured, brought out from Africa to maintain their numbers.

Above: The Rock of Gibraltar, as it looks today.

In 1968 a Referendum was taken on whether the people of Gibraltar wanted to remain with Britain or with Spain. 12,762 voted to stay with Britain and ONLY 44 voted for Spanish sovereignty.

In the more recent referendum of November 2002, the people of Gibraltar again showed their desire to remain British by an overwhelming margin.

The Chief Minister of Gibraltar at the time, Peter Caruana eloquently summed up the feeling of the its people when he commented “There is more chance of hell freezing over than the people of Gibraltar accepting Spanish sovereignty in any shape or form.”

Whether Gibraltar will remain a British rock however appears another question! Recent events have suggested that the current British government may want to abandon the Treaty of Utrecht and subject the 30,000 people of Gibraltar to Spanish rule に対して their will.


Greek Culture: Aspects of the culture in Greece

Below we propose inspiring cultural activities and provide information on the main aspects of the Greek culture today regional traditions, religion, music, language, food and wine, and on many more.

言語

Language constitutes one of the most important elements of Greek culture. Modern Greek language is a descendant of Ancient Greek or Hellenic branch of Indo-European language. The first written Greek was found on baked mud tablets, in the remains of the Knossos Palace on the island of Crete. Linear A and Linear B are the two most ancient types of written language in Greece.

歴史

Greece is a country with a very rich history from the Bronze age, to the classical, Roman, Byzantibe, Ottoman and modern Greek period. It also famous worldwide for many renowned people and their positive contribution to world culture through the centuries. This section provides information about the history of Greece and on the significance of its flags, a list with the most famous archaeological sites, historical monuments and UNESCO World Heritage sites in Greece.

Geography

Greece is a mountainous peninsula. With an impressive 13,676 km of coastline and 2,000 Greek islands, of which only 168 are inhabited, the Greeks have naturally developed a strong connection with the sea since the ancient times. This is why the Greeks have a long tradition in navigation, shipbuilding and marine trade, which historically led to interconnection with other people. As the country is located on the meeting spot between Europe, Asia, and Africa, Greek culture is actually a rich mixture of European and Eastern elements.

Traditions & customs

Traditions in mainland Greece and Greek Islands either have a Christian religious character or come from pagan beliefs. Furthermore, most of the traditions and festivals still followed and celebrated today are religious. That is why so many panygiria [festivals] are organized in the country, which are actually religious celebrations of saints, followed by traditional music and dance in village public spaces. These panigiria are a strong element of the Greek culture and take place all year round, especially in summer.

宗教

Religion plays an important role in the understanding of daily culture. 98% of the Greeks are Christian Orthodox. The rest of the population are Muslims, Roman Catholics, and Jewish. Greece and Russia are the only countries to have such a big proportion of Orthodox Christians. The Orthodox Church forms the third largest branch of Christianity, after the Roman Catholic and the Protestant.

音楽

Greek music is of unbelievable diversity due to the creative Greek integration of different influences of the Eastern and Western culture. Music in Greece has a long history dating from ancient times, during which poetry, dancing, and music were inseparable and played an important part in ancient Greek everyday life and culture.

Food and wine

Greek cuisine is famous for its impresivvely healthy products and the amazing taste of its food and wines. Some dishes can be found across Greece, whereas hundreds more are local culinary specialties. The same dishes can be cooked in different ways or with similar ingredients depending on the region. Food is an important part of Greek culture.

Fresh produce and food

Many products are characteristic of Greece, including various types of cheese (feta, metsovone, and formaella), virgin olive oil from Lesvos, Crete and Laconia, capper from Santorini, potatoes from Naxos, citrus fruits from Peloponnese and others like honey, wine, spices, nuts and more. These fresh culinary products are widely used in cooking and constitute strong elements of the local culture.

教会

You can see a church in almost every plot of land in Greece and around all the Greek islands. In fact, you can see churches in the most bizarre spots, even inside caves and gorges. These churches vary in size and style. The town squares usually have large churches, while the countryside is dotted with small, lovely chapels. The style is mainly Byzantine, while in the Cyclades islands most churches are painted in white and blue. The evolution in the style of churches is a characteristic feature of the culture.

Museums

There are many museums around Greece that mostly host archaeological findings or folk artifacts. The most interesting are the archaeological museums, that host exhibits from the prehistoric till the Roman times. The New Acropolis Museum, the National Archaeological Museum in Athens, the Archaeological Museum of Olympia and the Heraklion Archaeological Museum are of international importance and a ‘must visit’. There are also some really exciting regional themed museums around the country presenting the local culture and history.

建築

The architecture in Greece has gone through many phases: from the Doric and Ionic style of the temples in Classical times, to the Byzantine style of the churches and the Neoclassical style of recent years. Every architectural style shows the culture and traditions of that era. The architecture in villages and islands is very different from the architecture in large cities.

お祭り

Most festivals in Greece take place in summer. They can be religious festivals (panigiri) on the name day of the protector saint in a village or town, or they can also be cultural festivals with various events. These festivals constitute an integral part of the local culture and attract many visitors.

文化行事

Many cultural events take place in Greece all year round. Particularly famous is the Athens Epidaurus Greek Festival, with events in the Ancient Theatre of Epidaurus, the Herodeion Theatre in Athens and other venues. Such festivals with music concerts, theatre performances, lectures, and custom revivals take place in all Greek islands and towns, usually in summer, presenting the local culture and occasionally hosting international participation.

ナイトライフ

Nights in Greece are a delight. A summer night out usually starts with a dinner one of the many taverns and restaurants in the Greek islands and continue with a soft drink in a lounge bar or with a crazy night in a club till the sunrise. It is almost part of the Greek culture to have dinner in a traditional tavern during holidays. Places known for their nightlife are Mykonos, Ios, Crete, Kos, Rhodes, Corfu.

Cafe & Kafenion

Going out for a coffee is a distinctive habit for the Greeks, a strong part of their culture. The average coffee meeting for a Greek is about 1 and half hour. The Greeks get together over a coffee and chat loudly. In the village squares, you will see the traditional type of cafeteria in Greece, the kafenion. Mostly older men go there to drink their traditional Greek coffee, chat and play cards.