ニュース

バーナードオコナー

バーナードオコナー


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


ベルナルドオコナー

ベルナルドオコナー y Ophaly、スペイン-アイルランドの将軍、(ストラスブール、1696 – 1780)。彼の家族の出身地であるアイルランドのキルデア州オファリー準男爵を偲んで、1776年にスペインのカルロス3世がオファリアの最初の伯爵を務めました。彼はトルトサ、パンプローナ、バルセロナの軍事知事でした。彼はまた、カスティーリャラビエハのキャプテンジェネラルとグラナダのキャプテンジェネラルでした。彼には家族の問題はありませんでした。

この称号は、1775年頃に生まれたフェリックスマリアデサラバートオブライエンオコナーオファリーに受け継がれました。このバーナードオコナーの壮大な姪の息子であり、オブライエンの娘であり、スペインとアイルランドのドラグーン大佐であり、ベルナルドと関係のあるイザベル・オコナー・オファリーの女性、おそらく姪。

フェリックス・マリア・デ・サラベールは、1688年9月25日にスペインのカルロス2世によって授与された、第5マルケス・デ・ラ・トレシラ・デ・ヴァルマドリッドと、1687年7月3日にスペインのカルロス2世によっても授与された第6マルケス・デ・バルデオルモスでした。 。

彼はサラベールという名前のアラゴン人の家族と、マドリッドの町の専攻であるアゲリ・チュルカ・ナバレセ支部の女性から来ました。彼らは皆、非常に裕福な家族の背景を持っています。

スペインのオコナー将軍とスペインの竜騎兵大佐オブライエンはどちらも、17世紀の終わりにアイルランドの歴史で野生のガチョウの飛行として通常説明されていたものの結果でした。


コンテンツ

オコナーはイーストロンドンのステップニーでモードに生まれました(ニー バセット)、ユダヤ人の掃除人、およびハリー・オコナー、アイルランドのごみ収集員。彼は母親の信仰で育ち、バル・ミツワーを持った最初のオコナーだとしばしば冗談を言った。 [3]

子供の頃、彼はくる病を患い、その後、ひき逃げの自動車事故で重傷を負いました。これは、彼が6か月間鉄の肺にいなければならなかったことを意味しました。 [4]彼には、1年後輩である兄弟のウィリアムと姉妹のパトリシアがいた。彼は第二次世界大戦中にノーザンプトンに避難し、そこで靴工場で働き、男子生徒であり、ノーザンプトンタウンの予備役を務めました。 [4] [5]

イギリス空軍での国家奉仕を終えた後、彼はフィリーのバトリンのホリデーキャンプでレッドコートとして働き、そこで最初の妻フィリスと出会い、ノーザンプトンのチャーチで靴のセールスマンとして働きました。そしてオフィスでは、ショービジネスに入る前に[6]。テレビでの彼の休憩の前に、彼の最初の完全にプロの舞台出演は、ニューカッスル劇場にありました。その後、リーズにいる間、彼はウェールズの歌手シャーリー・バッシーを2つのデートに招待しました。 [3] 1958年、バディ・ホリーが英国をツアーしたとき、オコナーはショーの司会者であり、週に100ポンドが支払われました。 [2]

ステージ編集

オコナーは、ラスベガスのMGMグランドのグラスゴー帝国、シドニーのオペラハウス、トロントのオキーフセンターに出演し、ロンドンパラディウムに1,000回以上のソロ出演を果たしました。 [4]

2012年5月、オコナーはウェストエンドミュージカルのラッセルグラントに取って代わりました。 オズの魔法使い、ロンドンパラディウムで、マーベル教授、エメラルドシティのドアマン、ツアーガイド、ウィザードとして。 [7]

2015年10月、オコナーとジミーターバックは、ロンドンパラディウムでの独自のショーに出演し、新しいロイヤルバラエティチャリティーの資金を集めました。このショーの成功により、彼らは2016年4月から10月まで全国をツアーしました。彼らが訪れた会場は(時系列で)、サウサンプトンメイフラワーシアター、リーズグランドシアター、サウスエンドクリフパビリオン、ブリストルヒッポドローム、ボーンマスインターナショナルセンター、ミルトンケインズシアターでした。 [ 要出典 ]

2017年、オコナーは彼の個展で英国中の劇場を見学しました。 [ 要出典 ]

テレビ編集

オコナーは、1963年から2000年代までほぼ毎年、主流のテレビ番組に出演しました。これは、他の1人のテレビパーソナリティだけが世界中で達成した偉業です(1956年から2007年まで主流のテレビ番組をホストした米国のゲーム番組の司会者ボブバーカーは、1966年から1972年にシンジケート中)。

  • 1963年から1971年の間にオコナーが主催 デソコナーショー、ITVの8つのシリーズのための英国のバラエティ番組。これに続いて デス・オコナーが楽しませる、1974年から1976年の間に2つのシリーズで開催され、歌、ダンス、コメディのスケッチをフィーチャーしたショー。 1969年、この番組の13のエディションが、ネットワークの夏の代替として、米国のNBCに販売されました。 クラフトミュージックホール。このシリーズは40か国以上で放送されました。 [要出典]
  • 1977年から2002年の間に、オコナーは彼自身のチャットショーシリーズを発表しました。 Des O'Connor Tonight これはBBCTwoで7シリーズ、その後ITVで17シリーズ続きました。
  • 1992年から1998年までオコナーはゲームショーを発表しました 好きなものを選んでください そこで彼は4番目の妻ジョディウィルソンに会いました。 1995年と1997年に、オコナーはロイヤルバラエティーパフォーマンスを競いました。
  • 2001年1月にITVが放映されました デス・オコナーの聴衆.
  • 2002年から2006年までオコナーが共催 今日はDesとMelと メラニーサイクスの向かい。この番組は、ITVで放映されたランチタイムのライトエンターテインメントプログラムでした。 2006年5月12日、チャンネルは、ショーが「痛いが、完全に必要な」動きで挫折する数の1つになると発表しました。 [8]
  • 2007年1月、O'ConnorはDesLynamに代わってチャンネル4ゲームショーの共同プレゼンターになりました。 秒読み キャロル・ボーダマンと。彼は2008年にショーを去り、演劇やエンターテインメントベースのプロジェクトにより多くの時間を費やしました。 [9] 2009年、オコナーはスポーツの司会者ジェフ・ステリングに取って代わられた。
  • 2012年4月、ITVが放映されました 唯一無二のデス・オコナー、キャサリン・ケリー、オリー・マーズ、ロバート・リンゼイ、メラニー・サイクスなどのゲストが参加する、オコナー生誕80周年を祝う1回限りのショー。 [10]

ゲスト出演編集

  • オコナーがゲストとして出演 Morecambe and Wise Show 何度も。彼はエリック・モーレキャンベによる多くのジョークの尻であり、「Des –desperateの略」および「DeathO'Connor」と呼ばれていました。 [11]「CrazyWords– Crazy Tune」の曲に合わせて歌われた一行は、「バラは赤、スミレは青、デスは歌えない、それは本当だとわかっている!」でした。 (オコナーは実際にはデュオの古くからの友人であり、多くの「プットダウン」の執筆にも参加していました。)
  • 2012年5月、オコナーはテレビゲーム番組に参加しました 私はあなたに嘘をつきますか?.
  • 2012年12月、オコナーはブルースフォーサイス、ロニーコーベット、ジミーターバックとともにロイヤルバラエティパフォーマンスの100周年を祝うために招待されました。 [12]
  • 2012年12月、オコナーはリー・マックと提携し、 ミリオネアになりたいのは誰ですか?.
  • 2013年12月、オコナーはの有名人版に登場しました 追跡.
  • 2014年10月、オコナーは次のエピソードのパネリストでした。 鍵穴を通して.
  • 2017年4月、オコナーは ハリーヒルのエイリアンファンカプセル.

歌う編集

オコナーは歌手として成功したキャリアを持ち、36枚のアルバムを録音し[13]、そのうち5枚は全英アルバムチャートのトップ40に到達しました。オコナーは、モアカム&ワイズのクリスマスショーのいくつかに出演しました。 [14]彼は、アダム・フェイス、シャーリー・バッシー、バーブラ・ストライサンド、シラ・ブラックなど、多くのポップスターと協力しました。 [ 要出典 ]彼はバディ・ホリー(1958年にイギリスに滞在中)[15]とジェイソン・ドノヴァンと一緒にツアーをしました。 [ 要出典 ]

彼は4つのトップ10シングルを録音しました[16] – 1968年にUKシングルチャートを上回った「IPretend」と1986年のロジャーウィテッカーとのデュエット「TheSkyeBoatSong」を含みます。

彼の歌唱力はしばしばパロディ化されました モアカム&ワイズショー、オコナーがスケッチに参加しています。 [2]

オコナーは、長期にわたるテレビ番組の2番目の化身の最初の主題でした これがあなたの人生です、テムズテレビジョンが制作した、5年ぶりに番組が画面に戻ったとき。彼は1969年11月にイーモン・アンドリュースによってロンドン・パレイディアムの舞台でライブで驚いた。[4]

2001年、オコナーはテレビへの貢献が認められ、ナショナルテレビジョンアワードで特別賞を受賞しました。

2002年、彼の自伝、 バナナは飛べない!、 公開されました。 [17]

彼は2008年のバースデーオナーズで大英帝国勲章(CBE)の司令官に任命されました。 [18]

彼の死から1か月後、ITVは「 デス・オコナー:究極のエンターテイナー、2020年12月13日。

オコナーは4回結婚しました:

  1. フィリス・ギル(1953年に結婚、1959年に離婚した娘のカレン・オコナー)
  2. ジリアン・ヴォーン(1960年に結婚、1982年に2人の娘と離婚)
  3. ジェイ・ルーファー(1985年に結婚、1990年に離婚、1人の娘)
  4. ジョディブルックウィルソン(2007年9月に1人の息子と結婚)

2020年11月14日、オコナーは1週間前にバッキンガムシャーの自宅で転倒した後、病院で眠っていた88歳で亡くなりました。 [2] 2021年1月のインタビューで、彼の未亡人Jodieは、2017年にパーキンソン病と個人的に診断されたが、数年前にパーキンソン病の影響を受けていたと考えていたと明らかにした。 2020年11月16日に放送されたカウントダウンのエピソードは彼の記憶に捧げられました。


オコナー(No.2)家系図

:ライオンランプを垂直にします。ダブルキューとクラウンまたは。 クレスト:ダーツを持っている手を持つ、ガントレットの腕。 モットー:nec timeo、necsperno。

前の(No. 1)系図では、「オコナー」(ケリー)家系図をその祖先からNo. 122ジョンオコナー「ケリー」(AD1652)まで与えます。クロムウェルの兵士がオコナーケリーの城を驚かせて取り囲み、最も残忍な方法でオコナー自身を殺害したときのクロムウェルの没収(前の系図の第122号を参照)。オコナーは、プロテスタントの偉大な拠点であるバンドンに逃げ込み、幼い息子を連れて行きました。彼女はクロムウェルの兵士の恐ろしい犯罪にまったく神経質にならず、恐怖に襲われたので、自分と子供にとって安全の唯一のチャンスだと考えました。当時支配的な党の暴力から、少年をプロテスタントとして訓練し、彼を呼ぶことでした コナー、 それ以外の オコナー。その少年から コナー ミュンスターの家族は子孫です。その期間、カトリック教徒はバンドンに住むことを許可されていませんでした。そのため、クリスチャンの慈善と寛容のそのような欲求を深く嘆いたディーン・スウィフトは、バンドンの町の門に次の機知に富んだ行を書いた。

ディーンのアイルランドの使用人は、彼のマスターの同様に機知に富んだ行に追加しました:

&quotこれを書いた人は誰でもうまく書いた

同じことが地獄の門にも書かれています。」

「オコナー」ケリー家の「没収された所有者」の中には、1641年から1652年のアイルランド戦争の結果として次の名前が表示されます。 Iraghticonnor&mdashBryan(またはBernard)O'Connor、Donnogh O'Connor、Teig O'Connor、James Connor、Morogh Connor、Thomas Connor James Connor(2)および Trughanacmy&mdashBryan Connor、Dermod O'Connor、Turlagh Connor、Thomas O'Connor(「1654年8月以降のプロテスタント」)、Redmond O'Connor、Thomas Connor(Turlaghの息子)、Thomas O'Connor(Tirlaghの息子)。

巻で。 I.、p。 514、 ロンドンの王立医科大学のロール (Three Volumes、London:1878 Edited by William Munk、M.D.、F.S.A。)、私たちは次のように読みました:

&quotBernard O'Connor、MDは、古代アイルランドの家族の子孫であり、1666年頃にケリー郡で生まれました。彼はモンペリエ大学とパリ大学で学びましたが、18日にはRheimsで医学博士号を取得しました。 1691年9月。パリで、彼はポーランドの高等首相の2人の息子と会い、その後、自国に戻ることになりました。彼らはオコナーの世話を任され、彼は彼らと一緒に最初にイタリアに旅行した。ヴェネツィアで、彼はダートマス伯爵のウィリアム・レッグに出席するように呼ばれ、その後、熱で重病になり、患者を回復させた後、パドヴァに同行しました。それから彼はバイエルンとオーストリアを通り、ドナウ川を下ってウィーンに行き、レオポルト皇帝の宮廷に滞在した後、モラビアとシリシアを通りクラコーに行き、そこからワルシャワに行きました。彼はジョン・ソビエスキー王に好評で、1694年の初め、当時わずか28歳で、陛下の医師に任命されました。ポーランドの裁判所での彼の評判は素晴らしく、王の妹であるベゼオイル公爵夫人の場合の彼の正確な診断によって当然のことながら高められました。この女性は医師の治療を受けましたが、オコナーは彼女に肝膿瘍があり、彼女の症例は絶望的であると主張しました。彼の予言は法廷の間で大きな騒ぎを引き起こしました、特にそれが事件によって正当化されたとき、彼女は一ヶ月以内に死にました、そして体の検査で、病気の彼の意見は完全に確認されました。

&quotO'Connorはワルシャワに長く留まることはありませんでしたが、1604年に代理人によってバイエルン選帝侯に支持され、ブリュッセルに向けて出発しようとしていたテレサクニグンダに医師の任命を受けた後、王女の旅に同行しました。 。その場所に到着した彼は王女を去り、オランダを通過した後、1695年2月にイギリスに到着しました。彼はロンドンに短期間滞在した後、オックスフォードに行き、そこで解剖学と生理。彼の旅行では、マルピーギ、ベリーニ、レディ、その他の著名な医師と会話し、彼らのコミュニケーションを適切に利用しました。これらの講義で、彼は解剖学、化学、物理学の新しい発見を非常に明確な方法で説明したので、彼らは彼の評判を大いに高めました。これは、オックスフォードに滞在中の彼の出版によってさらに増加し​​ました。 論文Medico-Physicaede Antris Lethiferas de Montis Vesuvii Incendio de stupendo Ossium de Immani Hypogastri Sarcomate。そこには多くの非常に興味深い質問が議論されており、いくつかの興味深い事実が関連しており、著者が多くの考えと観察、そして優れた学習と一般知識を持っていたことを証明しています。

「1695年の夏、彼はロンドンに戻り、オックスフォードで行ったように講義を読み、王立学会のフェローに選出され、1696年4月6日にロンドンの医師大学の准修士号を取得しました。 1697年に彼は彼を出版しました Evangelium Medici、seu Medicina Mystica de Suspensis Naturae legibus sive de Miraculis。彼はその後、多くの斬新で興味深い情報を含む「ポーランドの歴史」を2巻で出版しました。オコナー博士は1698年10月30日、32歳弱でロンドンのセントジャイルズインザフィールズに埋葬されたときに熱で亡くなりました。」(彼の作品は図書館で調べることができます。大英博物館、ロンドンの。)

キャメロンの アイルランド王立外科医大学の歴史 (ダブリン:Fanning&amp Co.、1886)、私たちは彼の中でそれを読みました エヴァンジェリウムメディチ、オコナー博士は、「生成」は性別の実際の接触なしに行われる可能性があるという意見を進めたと言われています。これは最近の実験結果によって確認されています!

現在、この家系図を追跡することはできません。 現在までの3世代以上のラインですが、 女性 ソモンド侯爵の娘であるシーラと結婚したダンロー城のモルトグ・スグリュー(通称「ザ・スグリュー」)に戻る。そのMortoghSugrueから始めて、系図は次のとおりです。

1. Mortogh、Sugruem。シーラ、ダウ。オブライエン、ソモンド侯爵の、そして持っていた:

2.チャールズ(1500年に住んでいる)、m。ダウ。マッカーシーM&oacuter、パリス城の、そして4人の息子と5人の娘がいました:息子は&mdash1でした。チャールズ、現在2.モルトフ、3。ティモシー、4。ジョン。

3.チャールズ:チャールズmの長男。ダウ。オサリバンベアーの、そして持っていた:

4. Mortogh、誰m。彼のいとこ、ダウ。 MacCarthy M&oacuterの、そして持っていた:

5.チャールズ、m。 Honoria O'Connell、2人の息子がいた- Mortogh、[1] 2。ティモシー。

6.ティモシー:チャールズmの次男。ホンブル。エリザベス・フィッツモーリス、ダウ。ケリー伯爵、フィッツモーリスの息子であるトーマス・フィッツモーリス卿の

7.エリザベスと結婚したデニス・スグルー、ダウ。 Donogh MacGillicuddy(「MacGillicuddy」の血統を参照)の息子であり、息子のCharlesと2人の娘がいました。

I.チャールズ、m。エレノア・マホニー、そして2人の息子と2人の娘がいました:

II。エリザベス、誰m。レドモンドロシュ、そして持っていた&mdash1。チャールズ、2。マイケル、3。ジェームズ、4。ロバート、5。エレノア。

II。 Winifred:Denis Sugrue(彼女の家族に属していない)と結婚し、息子のRobert(Anne O'Riordanと結婚)と2人の娘がいるDenisSugrueの次女-キャサリン、2。ジョアンナ。

8.アン・スグリュー:長老のダウ。デニスmの。キャプテンスティーブンウォルシュ[2]とスティーブンという名前の息子、メアリーとエリザベスという名前の2人の娘がいました。

I.スティーブンウォルシュ、m。アラベラホーキンス、そして2人の息子と4人の娘がいました。息子は次のとおりでした。

3月2日だったI.ジョン:最初はViana Stockに、次にAgneMacNamaraに。彼が持っていた最初の妻によって:

1.スティーブン2.メアリーC.ミーガー3.リジー、4。ジョン(故人)、5。ジャスティン。

II。ジェーンロンバードと結婚したフランク。

スティーブンの4人の娘は次のとおりです。

I.アン、誰 NS。ジョンマーフィー、そして4人の息子と3人の娘がいました。 4人の息子は:

そして3人の娘は:

II。エリザベス:スティーブンウォルシュの次女はT.ペリーと結婚し、3人の息子と4人の娘がいました。息子は:

I.スティーブンペリー、m。 M.ヘガーティ。

そしてエリザベスの4人の娘は:

D.O'Bと結婚したI.ファニーコルケリー。

III。マリア:スティーブンウォルシュの三女はThと結婚した。 Scanlan、そして1人の息子と5人の娘がいました:

IV。ジェーン:スティーブンウォルシュの4番目の娘はT.ギサニと結婚し、3人の息子と3人の娘がいました。

ジェーンの3人の娘は次のとおりです。

I.メアリーウォルシュ:現在アンヌスグリューの長女。

II。エリザベス・ウォルシュ:次女はジョン・オサリバンと結婚し、次のようになりました:I。ジョン、ケリーの大司教。

9.メアリー・ウォルシュ:アン・スグルーとキャプテン・スティーブン・ウォルシュの長女、m。ディングルのトーマス・オコナー(ウェストケリーのキャリグ・ア・フォイルのオコナー)には3人の息子がいました。

I.モーリス。現在その中の。

10.モーリスオコナー:トーマスmの息子。ホノリア・バレット、そして9人の息子と2人の娘がいました。息子は:

II。ミス・ド・ポトニエと結婚し、持っていたパトリック。ジェームズ、[3] 2.アニー、3。ファニー。

VI。ウィリアム、その現在。

VII。モーリス(1885年)、誰m。アン・ロードン、そして持っていた:

モーリスオコナーの2人の娘は次のとおりです。

11.ウィリアム[4]オコナー(1817年生、1880年生):モーリスの6番目の息子は1843年に結婚し、シャーロットフランシスオキーフ(ニーデイ、1811年生まれ、1886年に亡くなりました)、5人の息子がいました。

I.アーサー、現在その中の。

II。ウィリアム・トーマス・リース、1845年生まれ、d。 1878年。

III。イグナティウス(1847年生まれ)、1878年、m。メアリー(1882年)、ダウ。ダニエル・リーヒー、ロザコン、共同。コルク、そして持っていた:

I.ジョセフ・バーナード、1880年生まれ。

IV。バーナード、[5] M.D.、ロンドン(1849年8月2日生まれ)。 3月に2回だった:最初は、1874年に、別のダウであるジェーン(d。1879)に。ダニエル・リーヒー、ロザコン、共同。コルク、そして彼女が持っていた:

I.ジェーン-メアリー-フランシス。このバーナードは、第二に、1883年にマリキータノイエス(1859年生まれ)の出身であり、次のことを行ってきました。

I. Bernard-Hugh-Sarsfield、1884年5月11日生まれ。

II。 D'Esmond-Joseph、b。 1885年8月2日。

III。デニスロデリックジョセフ、b。 1887年1月16日。

12.アーサー・オコナー、法廷弁護士、ロンドン(1844年生まれ、1887年生)、M.P。イーストドニゴール(クイーンズカウンティのオッソリー部門のM.P.後期):ウィリアムの長男は2度結婚しました:最初は1865年にメアリージャクソン(1873年)と結婚し、彼女には2人の息子と1人の娘がいました:

I.アーサー-ジョン(1867年生まれ)、現在その中の。

アーサーは1875年にmでした。彼の2番目の妻であるエレンコノリーに、そして彼女によって問題がありました:

13.アーサー・オコナー、ロンドン:アーサー・オコナーの息子、M.P。 NS。 1867年、1887年に住んでいます。

ノート

[1] Mortogh チャールズ・スグルーの死について、ホノリア、彼の未亡人、m。プロテスタントでコーク出身のマホニーと名付けられた家族の家庭教師。このモルトフはダンロー城の敷地内で殺害されたのが発見され、マホニーはその後財産を押収し、殺人の罪で起訴されました。 Mortoghの弟であるTimothySugrueは、Mahonyと合意に達し、彼の分担のために36の農場を維持し、Mahonyが残りの土地を所有しました。

[2] ウォルシュ:キャプテンスティーブンウォルシュは以前E.マホニーと結婚していました。彼には5人の娘がいました。そのうちの1人はチャールズマッカーシーと結婚してジャスティンという息子をもうけたジョアンナと、メアリーアンジャスティンはメアリーマーハーとメアリーと結婚しました。アンはD.ファルベイと結婚した。

[3] ジェームズ:このジェームズオコナーは1881年に、ジョンオコナー(ニューヨークのオコナーコノート家の娘)の次女であるマギーと結婚しました。オコナーは、1886年に、J。ハミルトンジャフリーの娘であるコンスタンスハミルトンと結婚しました。ジョン-パトリック、1881年生まれ2.キャスリーン3.ジェームズ-アーサー-マイケル、1886年生まれ。

[4] ウィリアム:このウィリアム・オコナー、M.D。などのうち、 ランセット、1880年9月18日、p。 479(ロンドン):

&quot私たちは、ロイヤルフリー病院(ロンドン)の主治医であるウィリアムオコナー博士の死を記録する必要があります。この大都市で40年近くの間、彼は25年間、上記の機関の積極的なメンバーでした。彼は主に胃と神経痛の治療、そして子供の病気の管理における彼の成功で知られていました。

オコナー博士は古代のケリー家の子孫であり、彼の兄弟の何人かを含め、私たちの職業に多くのメンバーを与えてくれたことで注目に値します。 。 。故人はでした。 1698年に亡くなった有名なBernardO'Connor、M.D。(上記)と同じ家族の、歴史的に彼の論文で有名です エヴァンジェリウムメディチ、そして彼が医師であったポーランド王の姉妹であるベゼオイル公爵夫人の場合の彼の正確な診断。故人の生き残った3人の息子のうち、法廷弁護士のアーサー・オコナーは国会議員です。クイーンズカウンティ(彼は現在、1887年にイーストドニゴールのM.P.)のために、別の人が公式の地位を占め、3番目の息子であるバーナードオコナー、M.D.、M.R.C.P。ロンドン、(後期)ソーホーのジェラルドストリートにあるウェストミンスター総合診療所の医師は、グロブナースクエアのブルックストリートでコンサルティング業務を行っています。過去300年間に(ロンドンの)ロイヤル・カレッジ・オブ・フィジシャンズのロールに登場した「オコナー」という名前の所有者だけが同じクリスチャンの名前を付けるべきであるというのは奇妙な事実です。ウィリアムと他の息子の名前を挙げられた、ポーランド王の医師はすでに言及しました。」

この訃報で言及されているウィリアム・オコナー博士は、英国の大規模な公立病院または同様の機関に任命された改革以来の最初のカトリック教徒であったことがここで観察されるかもしれません。

[5] バーナード: の 医療ディレクトリ 1887年(ロンドン:J。およびA.チャーチル)、 ロンドンリスト、 NS。 224、私たちは読みます:-

&quotO'Connor、Bernard、17 St.James-place、S.W.、A.B。 Qu。大学アイルランド、1868 M.D. Master in Surgery and L.M.、1872 M.R.C.P.ロンド。 1880年(クイーンズ・カレッジ・コーク・カーマイケル・スクール、ウィットワースなど、ダブリン大学病院、ロンドンのセントメアリーズ病院、ボルドーのエコール・ド・メディシン病院で学ぶ)ロイヤル・メディカル・アンド・チルジカル・ソサエティのフェロー:メンバー病理学および臨床学会および英国医師会医師ノースロンドン病院消費コンサルティング医師国立健康協会への避難講師の修道院(後期)医師ウェストミンスター総合診療所(後期)編集者 ヒベルニア。著者:「外科的創傷の消毒治療、特にカルボリック酸に関連して」「専門教育に関連する医学および関連科学」「Surla Liqueur Etheree dans la Diarrhee、la Cholerine、le Mal de Mer、et quelques autres Affections」 1877年「天然痘の本質の簡単な見方、および強制ワクチン接種に対する一般的な反対の原因のいくつかの考察」1883年。貢献:「下痢、真偽、および用語の乱用」 ランセット、1878年「Hoemoptysisの珍しい続編」 同上。、1879年「梅毒乾癬」 同上。 1881年「子供たちのエネルギー」 同上。 1881年「先天性魚鱗癬」 臨床学会の取引、1882年:「対称壊疽」 トランス。病理学会。、1884年の衛生科学と医療改革および医療報道機関への教育に関する記事。

現在のバーナードオコナー博士の最初の重要な症例(1873年)は肝臓の膿瘍であり、その診断で彼は他の2人の開業医によって反対されました。 (つまり、前述のオコナー博士の場合は1694年でした。)オコナー博士はそれぞれ、ロンドンなどから約6年間、大陸などを離れ、ロンドンに戻ってきました。 、それぞれが 4月、医師の大学に入学しました:1つは、1696年に准修士号として、もう1つは、1880年にメンバーとして。オコナー博士(1698年)が最初の男性であったことは注目に値します。 象を解剖せよ!


  1. 6月1日21日:コロナウイルス制限の解除は7月まで延期されますか?
  2. 2負傷したホラークラッシュを引き起こしたために投獄されたペア19
  3. 3 A1(M)の前庭を充電する電気自動車の申請書が提出されました
  1. 4刑事は、カークルーズのクラッシュドライバーが投獄された後、「明確なメッセージを送る」という文を望んでいます
  2. 5生後8ヶ月の子エリーを救うための家族の嘆願
  3. 6巨大な風呂がヒッチンでスプラッシュを作る
  4. 7キャンピングカーとA505の衝突事故に巻き込まれた車
  5. ベッド村で男が逮捕されたため、8薬物、武器、現金が回収された
  6. 9あなたはこれらの人々を認識していますか?
  7. 10駐車制限計画について意見を述べてください

しかし、彼は基地で彼のニースの歴史プロジェクトのコピーを手渡しました。そしてさらなる調査の後、バーナードは飛行場についての真実を明らかにしました。

第二次世界大戦中に建設された1,000を超えるイギリス空軍基地の1つであり、しばしば落下する霧の多い野原と濃霧のため、爆撃機の指揮によって拒否されました。

1944年のRAFテンプスフォードの空中写真。写真:Bernard O&#39Connor提供-クレジット:Archant

代わりに、特殊作戦執行部(SOE)に引き継がれました。これは、大陸でのレジスタンス運動を支援しながら、占領下のヨーロッパでスパイ活動、妨害活動、偵察を行うことを目的とした秘密結社です。

SOEエージェントは、アクシスが保有する領土に投下または着陸する前にRAFテンプスフォードから空輸され、危険な任務を完了したとき、または完了した場合にピックアップされます。

基地の秘密の性質のために、それが敵の目から隠されたままであることが最も重要でした。

バーナードは次のように説明しています。「飛行場は奇術師によって設計されたと言われています。

イギリス空軍爆撃機軍団、1942- 1945年。 (HU 60540)航空国務長官、アーチボルド・シンクレア卿(民間のレインコート)、第161(特別任務)飛行隊RAFの指揮官、空軍中佐PC Pickardが同行し、中尉のブロードリーとコッカーと話しているベッドフォードシャーのテンプスフォードへの彼の訪問中の彼らのロッキードハドソンの。飛行隊の有名なウェストランドライサンダーパイロット、Fg Off J AMcCairnsが極端に立っています。著作権:©IWM。元のソース:http://www.iwm.org.uk/collections/item/object/205189265-クレジット:Archant

「そこで行われている作業は極秘だったので、彼らは敵のパイロットが頭上を飛んでいることをそれが使用中であると識別することを望んでいませんでした。

「アイデアはそれを非アクティブに見せることだったので、日中は活動がありませんでした。

「ほとんどの建物はカモフラージュされているか、古い農場の建物のように設計されており、滑走路を横切って線が描かれているため、生け垣のように見えました。

「活動は太陽が沈んだときに始まり、すべてが暗闇の中で起こっていました。」

第二次世界大戦中のRAFテンプスフォードの一部であるジブラルタルファーム。左側の納屋は今でも立っています。写真:Bernard O&#39Connor提供-クレジット:Archant

バーナードが説明したように、ヴィオレット・サボーや空軍中佐FFEヨートーマスなどの有名な秘密エージェントの仕事は非常に危険でしたが、テンプスフォードから飛んでいるパイロットも大きな危険にさらされていました。

「飛行機は常に離陸し、完全な暗闇の中でライトなしで飛行しました」と彼は言いました。

「彼らは海峡や北海を横切ってフランス、ベルギー、ノルウェーなどに飛び、任務を完了し、太陽が昇る前に戻ってきました。

「それは彼らに撃墜されない最大のチャンスを与えることでした。」

基地には2つの飛行隊があり、第138飛行隊はヨーロッパに物資を投下し、第161飛行隊はウェストランドライサンダーとロッキードハドソンの輸送機を装備しており、占領地に着陸してエージェントを降ろし、迎えに行く任務を負っていました。

これらの任務は、1944年2月の有名なアミアン刑務所襲撃を率いた大将ルイスホッジス卿やグループキャプテンパーシーチャールズピカードを含む、イギリス空軍の最高のパイロットの何人かによって着手されました。

飛行場に拠点を置く職員は、彼らの極秘の仕事に対して報酬を獲得しました。

「そこには1,000人以上の人員がいて、とても国際的でした」とバーナードは言いました。

「パイロットと乗組員がパブ、映画館、ダンスで過ごすお金を持っていたので、それは地域に大きな経済的後押しを提供しました。ロマンスもたくさんありました。」

今日、RAFテンプスフォードの遺跡はほとんどありません。

戦後、閉鎖されて農地に戻されましたが、滑走路の小さな部分はまだ無傷です。

周囲の線路を歩き回って、英国で最も秘密の飛行場の1つで働いた人々の記念碑として立っている古い納屋を訪れることができます。

バーナードオコナーと彼の本の詳細については、lulu.com / spotlight / coproliteをオンラインでご覧ください。

サポーターになる

この新聞は、長年にわたってコミュニティ生活の中心的な部分を占めてきました。私たちの業界はテストの時代に直面しているため、私たちはあなたのサポートを求めています。すべての貢献は、私たちのコミュニティに測定可能な違いをもたらす地元のジャーナリズムを生み出し続けるのに役立ちます。


バーナードオコナー-歴史

Bernard O&#8217Connor&#8217sの本は、空軍省が1930年代後半にこの孤立した場所を選択したが、ダンケルクが終わるまで建設は進まなかったという物語を語っています。それは、それが使われなくなった飛行場であるかのように見えるように、特に奇術師によって設計されました。上空を飛ぶ敵パイロットは、それが使用されていないと信じなければなりませんでした。飛行が満月の両側のほんの数日であったことを除いて、すべての意図と目的のために、地元の人々はそれを普通の飛行場と考えました。

138と161の特別任務部隊がここからリサンダース、スターリング、ハドソン、その他の飛行機で飛行し、占領下のヨーロッパ中のレジスタンスグループに物資を投下したり、特別な俗語であるジョーズを投下したりした、極秘のSOEミッションの多くを詳しく説明しています。ドイツの戦争努力を妨害し、&#8216VIP&#8217を拾うことを仕事とした訓練された秘密エージェント。これらはジョーの男の子とジョーの女の子だったかもしれませんが、ダウンしたパイロットと乗組員、軍隊、専門家、政治家、彼らの妻、ガールフレンドと家族が含まれていました。

アメリカ人、自由フランス人、ベルギー人、チェコスロバキア人、ポーランド人、そして英連邦空軍の乗組員がここから飛びました。グループキャプテンの「マウス」フィールデンが担当し、ヴィオレットサボー、オデットチャーチル、ピーターチャーチル、ウィングコマンダーのヨートーマスなどのエージェントが秘密の任務のいくつかに飛び出しました。

アミアン刑務所の爆撃、ノルウェーの重水プラントの破壊、ハイドリヒの暗殺などの重要な作戦は、テンプスフォードから飛ばされました。この本は、ヘイゼルズホール、ウッドベリーホール、テットワースホール、テンプスフォードホール、ゲインズホールなどの要求された地元のカントリーハウスで何が起こったのかを調査します。 It looks at what links it had with Bletchley Park. It includes extracts from books written by Joes, RAF pilots and crewmembers as well as maps, poems and personal memoirs. It details many of the air crashes around the airfield and includes reminiscences of local people, ground crew, FANY and WAAFs about the social life down on the airfield, in the NAAFI and local hostelries.

Bernard gives illustrated talks on the subject and, following his research into the lives of the women involved during the war has published a second book: The Women of RAF Tempsford.彼の小説 ‘Courrier de L’Air ' is in the wings.

Early editions of all Bernard O’Connor’s books can be obtained at local libraries. The most recent editions can be obtained from [email protected] (A4 version @£13.00 excl. P&P) or downloaded from the website.

RAF Tempsford, Bedfordshire’s Top Secret Airfield – Now the story can be told


Effects of First World War in St Neots

Life was never to return to the pre-war style. The social climate had changed forever.

Brittains Furniture Removals with a horse drawn cart in 1920 – mothballed during WW1 and repainted after the war after Frank was demobbed – St Neots Archive

The large numbers of men killed or injured during the 1914 – 1918 war left many widows, orphans and disabled.

Those who had previously worked in domestic service (‘below stairs’) had enjoyed much more interesting occupations during the war and were reluctant to return to the restricted work of service.

Those men who served in the war and had taken up roles of leadership and responsibility did not want employment in low-paid, labouring jobs. They felt they deserved better, well-paid jobs.

Farmers had to offer higher wages to get agricultural labourers. Their wages rose from 23s.6d. (£1.18) a week in 1913 to 40s. (£2.00) in 1920.

Overtime was paid with special rates (double) for Sunday working.

Although agricultural labourers welcomed the increases, they encouraged farmers to purchase more labour-saving machinery like the threshing machine, conveyor belts. etc. .

The wealthier landowners still wanted domestic servants and were prepared to increase wages from the pre-war average of £17 a year to £30.

Middle-class householders could not afford these wages so had to do without servants.

A traffic survey carried out for seven days in August 1922 on the Great North Road recorded 1,846 motor cars and over a thousand motor cycles and bikes. Together with other forms of transport like vans and lorries it amounted to 2,289 compared to 273 horse-drawn vehicles.

It was mostly long-distance traffic however and within St Neots it was mostly cars, bicycles and horse-drawn carts.


Remembering The Rev. Dr. Bernard O’Connor

It is with great sadness that we announce the passing of our friend and colleague, The Reverend Dr. Bernard Joseph O’Connor. Born March 13, 1951, Fr. Bernie was a native of Nova Scotia and ordained to the priesthood in 1977 for the Diocese of Antigonish. He was Fellow and John Henry Cardinal Newman Professor of Theology and Ecclesial Mediation at the Graduate Theological Foundation in Indiana, USA, where he served from 1996 to 2015. Fr. Bernie was named John Henry Cardinal Newman Professor Emeritus in the spring of 2015 prior to his passing. A renowned expert on papal diplomacy, he authored two books on the subject, Papal Diplomacy: John Paul II and the Culture of Peace (St. Augustine’s Press, 2005) and a forthcoming book from St. Augustine’s Press on Pope Benedict XVI (autumn 2015). He also taught on the Oxford Theology Summer School of the Department for Continuing Education at the University of Oxford and the Summer Programme in Theology of the Institute of Continuing Education at the University of Cambridge.

彼は彼のB.A.を受け取りましたin history/philosophy from St. Francis Xavier University, Nova Scotia his M.A. (Spirituality) from Creighton University the M.Div/S.T.B. from St. Paul’s University in Ottawa the M.C.L./J.C.L. (Canon Law) from the University of Ottawa and S.T.L. and S.T.D. (Systematics) from the Gregorian University. In 1994 he received the J.D. from the University of Tennessee. His numerous certifications and awards over the past 20 years include an Advanced Negotiation Certificate from Harvard Law School and certificates in international diplomacy and conflict management from the U.S. State Department at the Foreign Service Institute and from the UN Institute for Training and Research. He was twice named Michigan Professor of the Year by the Carnegie/CASE Foundation. In 1998, he was the recipient of a Templeton Award for curriculum design in religion-science dialogue. Between 1994 and 2004, Fr. Bernie was Assistant Dean at Eastern Michigan University and Visiting Professor for the Straus Institute at Pepperdine Law School and for Ave Maria College and Law School. He was designated a “national expert in Constitutional philosophy” by the We The People Program in civic education, served on the State of Michigan Board of Ethics, and was appointed to the U.S. Army National Committee on ROTC Education.

NS。 Bernie (left) meets with Pope Benedict XVI at the Vatican

In 1999, Father Bernie received the degree of Doctor of Humane Letters 名誉の原因 from the Graduate Theological Foundation for “exceptional accomplishment in conflict resolution education.” In 2004, Fr. Bernie was called to the Vatican to serve the Congregation of Eastern Churches. In 2011, Fr. Bernie was appointed Chancellor’s Visiting Professor of Law and Humanities at Indiana University (Kokomo). In the summer of 2011, he served as Scholar-in-Residence at the Graduate Theological Foundation for his book on Pope Benedict XVI, later joining the GTF’s administration in 2014 as Chief Counsel for Catholic Affairs to the President. In May of 2013, Fr. Bernie served as Runcie Lecturer in the Graduate Theological Foundation’s annual Lord Robert Runcie Convocation Lecture Series where he spoke on the topic of “The Papal Resignation of 2013: A Pilgrim’s Journey to Emmaus.” NS video of his lecture is available here、 そしてその text is available here.

Following an extended illness, Fr. Bernie passed away on Sunday, May 10, 2015, in Mishawaka, Indiana, with friends at his side.


あなたは作家ですか?

Following the German invasion of the Soviet Union in June 1941, Churchill and Stalin secretly agreed that Britain would infiltrate Soviet agents into occupied Western Europe. Liaison began between the NKVD and the SOE, each country's secret service. Transported in convoys across the Arctic Ocean and often attacked by German U-Boats, thirty-four men and women arrived in Scotland.

To stop people finding out that Britain was helping the Communists, the agents were given false identities and provided with accommodation and training at remote country houses in southern England, including Beaulieu. Codenamed PICKAXES, they were sent for parachute practice at Ringway aerodrome, provided with documents, cover stories and wireless sets and sent on clandestine missions into France, Belgium, Holland, Austria, Germany and Italy.

Whilst most were sent from RAF Tempsford, Churchill's Most Secret airfield, one was sent by boat across the Channel and another by submarine into Northern Italy. Only a few survived the war as most were caught, interrogated and executed. Based on extensive research, Bernard O'Connor tells their human stories enmeshed in a web of political intrigue and diplomacy.

The Kindle edition includes 20 black and white photographs.

Research into the events that took place in the small Bedfordshire villages of Everton, Tempsford and nearby towns and villages during the Second World War has shed light onto an area of local history that, until recently, many people knew little about. They weren't meant to. This is an account of a deadly serious business, secret operations, intrigue and suspense. It is an account of drama, excitement and danger. Pilots were sent from what was called Tempsford Airfield into the battlegrounds of Europe, North Africa and the Far East on some of the most important, daring and historic missions of the war. Secret agents were sent from here on missions of the greatest importance including sabotage and assassination and many of them stayed in some of the large country mansions like Hasells Hall, Woodbury Hall, Old Woodbury, Tetworth Hall and Tempsford Hall. Drawing on records of those involved with the operations, their personal recollections as well as official deposits in the Public Record Offices at Kew and Bedford and the Royal Air Force (RAF) Museum at Hendon, north London, Bernard O'Connor presents the intriguing story of an important chapter in Bedfordshire's local history and of an airfield with significant international importance.

Includes 52 black and white photographs.

RAF Tempsford, a remote Second World War airfield between Cambridge and Bedford, was designed by an illusionist to give over-flying enemy pilots the impression it was a disused airfield. Home to the RAF's Special Duties Squadrons, it was only used on the clear nights on either side of the full moon. Flying low and without lights, brave pilots and aircrews carried many hundreds of tons of arms and supplies to resistance groups north of the Arctic Circle, east to Czechoslovakia and Poland, southeast to the Balkans and south as far as the Pyrenees and Italy. 'The Tempsford Academy' tells the story of William Stephenson, the man sent by Roosevelt to assess Britain's potential to resist German invasion in 1940, his meeting the men running Britain's secret service and being shown round SOE's training facilities, weapons, R&D sites etc. He persuaded the President to send William Donovan, subsequent head of OSS (what became the CIA), to see how the Americans could establish an intelligence network in London. Offices were set up in London and establishments for the training and deployment of US secret agents into occupied Europe as well as assisting the SOE in supplying the resistance. Until an airfield was built for their clandestine operations, agents were flown out from RAF Tempsford: Churchill's Most Secret Airfield.

The Kindle edition of "Tempsford Academy: Churchill's and Roosevelt's Secret Airfield" includes 19 illustrations.


Churchill’s Angels: How Britain’s Women Secret Agents Changed the Course of the Second World War – Bernard O’Connor

It is hard to quantify the effectiveness of the Special Operations Executive in the overall military effort undertaken by Britain and her allies in the Second World War. The commanders of the regular services, particularly Bomber Harris, had little interest in this clandestine force and opposed the diversion of scarce resources to supporting SOE operations.

Such opposition came about through a misunderstanding of the role of SOE. The main objective of the SOE was to organise and arm the Resistance movements in occupied territory in anticipation of the Allied invasion of France and the Low Countries in the summer of 1944. Until D-Day no real appreciation of what the various Resistance groups could achieve was possible. After D-Day there was no doubt.

It was in the SOE’s early months, as it was slowly building up its contacts and its circuits, that most of the failures, the betrayals and the arrests of SOE officers took place. It is the stories around these failures that are usually seen in print, especially with regards to the female agents.

This is, to some degree, the case with Churchill’s Angels, though refreshingly there is also a chapter in the book which examines the operations to support D-Day and the liberation of France and the Low Countries. Bernard O’Conner does this by detailing the activities of individual agents. One of these is Elaine Madden.

Born in Poperinge near Ypres, Elaine dressed up as a soldier when the Germans invaded Belgium in May 1940 and was evacuated from Dunkirk to Britain. It was in March 1944 that she was recruited by SOE.

In August 1944 she was dropped by parachute into Belgium. She was provided with 5,000 Belgian francs to carry about her person, 50,000 francs for her mission and a further 10,000 Francs which was to be used in her escape back through France after she had carried out her three-month mission. This was to act as the go-between for the principal SOE organiser in Belgium and the various Resistance groups, to which she would communicate the instructions of the Supreme Headquarters Allied Expeditionary Force (SHAEF).

Elaine was also told to advise the Resistance groups that complicated or heavy installations which would require more than a week to repair should not be destroyed, but should be sabotaged by having their essential parts removed. These parts should then be carefully hidden and handed over to the Allied forces when they liberated that particular area. The groups were told that the repetition of small acts of sabotage would generally cause more disruption to German communications and transport systems.

To stop the Germans from sending reinforcements and equipment to the front by road, the Resistance groups were also instructed to block roads, remove traffic signs, set booby traps and place mines. Likewise, to prevent transportation by water, canal lock gates were to be destroyed and to cause difficulties to the ドイツ空軍, enemy aircraft and installations, such as fuel dumps, should be sabotaged.

Another area which could seriously hinder and frustrate the Germans was telecommunications. The groups were told to cut telephone and telegraph wires and, again, to remove parts from radio and associated installations. All such actions, the groups were warned, should be conducted clandestinely. No risks should be undertaken which might involve them in pitched battles with the Germans. The only exception to direct action against Germans was in the case of ドイツ空軍 personnel. These men, stated SHAEF, could be “sniped at where occasion presents”.