ニュース

マハーバーラタの場所

マハーバーラタの場所


マハーバーラタはヒンドゥー教と深い関係があり、現代のヒンドゥー教徒とその文化的伝統に多大な影響を与えています。インドの多くの人々はマハーバーラタを本当の歴史と見なしており、叙事詩からの出来事を歴史の本当の説明として引用しています。マハーバーラタの大叙事詩を歴史的な記述と見なすことができるかどうかは、常に議論の的となっています。

マハーバーラタが古代インドの歴史の実際の説明を語っているかどうかを調べようとすると、実際の事実ではなく、意見の片側を得る可能性が高くなります。信仰の人々はそれが確かに本物であり、それが確かに私たちのインドの歴史であることに疑いの余地はないと言うでしょう。

驚くべきことに、ほとんどの人は、マハーバーラタが実際に起こったことを示すためのポイントのリストを思いついています。これには多数のWebサイトが含まれ、評判のあるWebサイトもあります。さらに、彼らはマハーバーラタとその歴史性の本当の証拠を持っていると主張していますが、歴史的証拠がひどく欠けており、偏見がないわけではありません。

一方、科学界や懐疑論者の人々は、それを歴史として完全に拒絶し、神話と呼んでいます。しかし、彼らは神話が現代のヒンドゥー社会にそのような深刻な影響を与える理由については触れていません。

驚くべきことに、これまでに入手可能な考古学的および科学的証拠に基づくインドの歴史の証拠に基づく調査には、明確な評決があります。

しかし、議論の両側を考慮し、私たちが利用できるすべての証拠を調べて、それらが現代の科学的証拠に基づくアプローチのテストに立っているかどうかを確認する必要があります。

非常に多くの多様な文化の集合的記憶がどのように間違っているのでしょうか?神話は通常、1つまたは2つの文化によって信じられています。マハーバーラタほど多くはありません。

では、真実はどこにあるのでしょうか?マハーバーラタは神話ですか、それとも現実ですか?私たちは、歴史の支持者と神話の支持者が提案する議論のすべての側面を見ていきます。

明確にするために、マハーバーラタは広く認識されているように、ヒンズー教徒の信仰の叙事詩であるだけではありません。シーク教、ジャイナ教、仏教などの他の宗教もマハーバーラタとさまざまな関係があり、これらの宗教と文化の不可欠な部分です。

一言で言えば、インドに起源を持つものはすべて、マハーバーラタとも何らかの関連があります。それ自体が、このような多様な社会の集合的記憶にこの種の影響を与えるには、叙事詩のいくつかの部分が真実でなければならないという強い議論です。

バガヴァッド・ギーターとマハーバーラタにおけるその意義

ヒンドゥー教で最も有名で重要な聖典の1つであるバガヴァッド・ギーターは、マハーバーラタの一部です。

バガヴァッド・ギーターは、彼の道徳的義務を果たし、クルクシェトラの戦争で戦うための、クリシュナ神のアルジュナへの文書化された物語であると言われています。マハーバーラタが本物でない場合、誰がギーターを書いたのか、そしてその目的は何だったのかという疑問が常に生じます。

マハーバーラタが本物であることを示唆する入手可能な証拠を最初に分析することによって、いくつかの質問に答えようとしました。私はむしろ、マハーバーラタが歴史の真の説明であると主張するための議論と呼びたいと思います。

それらのいくつかは、単なる信仰に基づく議論ではなく、強い推論を提示していることを認めなければなりません。

それでは、それらを調べてみましょう。観察しましょう &#8216マハーバーラタの科学的証拠&#8217


マハーバーラタの事実を吹く心

マハーバーラタ戦争の興味深い事実

1.クリシュナは非常に強力な戦車に乗り、アルジュナが戦争を終えると、クリシュナは最初に戦車を降りるように頼み、次に降りました。彼が降りるとすぐに、戦車は巨大な火の玉で爆発しました。その時、彼はアルジュナに、最初に戦車を降りるように頼まれた理由を説明しました。 Arjunに向けられたすべての火、ミサイル、矢 ラサ アルジュンを守るためにシュリークリシュナ自身によって止められましたが、これらすべての武器の目的は爆発することだったので、シュリークリシュナが ラサ。

2.(バーラトヴァルシャの)ハスティナプールは、マハバラト時代の人類の歴史の中で最も豪華で発展した場所でした。文明国家が構成するすべての資源がありました:ダム、人工池、灌漑、記念碑、寺院、そして学んだ賢人。

3. Sahadeva(最年少のPandav)は未来についてすべてを知っていました。彼は戦争が起こることを知っていたが、誰かに何かを明かすと死ぬという呪いを受けていたので黙っていた。

4.ドラウパディーとの婚姻法を破ったアルジュナの「巡礼」により、彼はさらに3人の妻を獲得しました。彼らはチトラーンガダー(マニプラ)、ウルピ(ナーガ)、スバドラでした。

5.アルジュナは、クリシュナがヴァイクンタに出発した後、一般的な強盗からクリシュナの妻を守ることができませんでした。彼の弓は重くなり、彼はすべてのマントラを忘れました。 8人の主な妻が自殺した。他は強盗に誘拐されました。

6.ユディシュティラは、の物語を語ったセージ・ヴリハダスワからサイコロを振ることを学びました。 亡命中のナラとダマヤンティ .

7. Bhimaには、BalandharaによってSarvagaという名前の1人の生き残った息子がいました。彼は、Parikshitよりずっと年上であったにもかかわらず、王位を与えられませんでした。代わりに彼はカシ(彼の母国)の支配者になりました。

マハーバーラタの暗い秘密

8.エカラヴィアは、実際にはクリシュナのいとこでした。彼は森で迷子になり、ニシャダ・ヒラニヤダヌによって発見されたデヴァシュラヴァ(ヴァスデーヴァの兄弟)の息子でした。 Ekalavyaは、RukminiSwayamvarの間に父親を保護して亡くなりました。彼はクリシュナに殺されました。クリシュナはグルダクシナを大いに犠牲にしたことで、エカラヴィアがすぐに生まれ変わり、ドローナに復讐することを祝福しました。この人はDhristadyumna(Dronaを殺した)でした。

9.クリシュナ自身がバガヴァッド・ギーターのアルジュナに言いました。 奈良 私はハリ・ナラヤナです。私たちセージのナラ・ナラヤナは、適切な時期にこの世界にやって来ました。」 (ナラナラヤンはヴィシュヌの一部のアバターと見なされます)。

10.マハーバーラタは、5番目のヴェーダであるパンチャムヴェーダとしても知られています。

11.クリシュナは約束を破りました。マハーバーラタの戦いで、バグワンクリシュナは武器を手にしないと約束しました。一方、ビーシュマはドゥルヨーダナにライオンのように戦い、アルジュナを殺すか、バグワンクリシュナに約束を破らせると約束しました。彼の言葉を尊重する バクティ ビーシュマ、クリシュナは約束を破り、ビーシュマを困惑から救いました。ビーシュマとアルジュナの間の激しい戦いが始まりましたが、非常に強力であったにもかかわらず、アルジュナはビーシュマに匹敵しませんでした。アルジュナはすぐに無力になり、バグワンクリシュナはそれを容認できませんでした。彼はすぐに戦車の手綱を投げて戦場に飛び出し、戦車の車輪の1つを持ち上げて、彼を殺そうと決心したビーシュマに向かって突進しました。アルジュンはバグワンクリシュナを止めようとしましたが、すべて無駄でした。

12.ヴィドゥラ(ドゥリタラシュートラの主任顧問)は、マンドゥク・ムニに呪われてスドラ(社会の中で知性の低いクラスの男性)になった後、ヤマラジの化身でした。

13.いくつかの参考文献は、ヴィドゥラが神秘的で非常に強力な弓を持っていたことを示しています–ヴィシュヌ自身によって彼に贈られました。弓を振るう者は戦闘で敗北に直面することはありませんでした。クリシュナがカウラヴァと和解するようになると、ドゥルヨーダナはヴィドゥラを侮辱し、ヴィドゥラは戦争に参加しないことを決定し、戦争を完全に実現しようとして、弓を半分に壊します。

14.叙事詩にはさまざまなバージョンがあります。 1つのバージョンは デヴァロカ.

15.アムリット・マンサンを含む多くの過去の事件は、元のマハーバーラタ叙事詩の一部です。叙事詩全体がフラッシュバックとしてナレーションされました サルパヤグナ パリークシット(アルジュナの孫)の息子であるジャナメージャヤによって指揮されています。理由を説明する推論もあります サルパヤグナ 行われなければならなかった、そして誰がヤグナのための触媒として行動した人々でしたか。

未知の事実マハーバーラタ

16.クリシュナは時が来たことを知っていました、アルジュナと彼の妹スバドラは団結することになっています。彼はアルジュンと対峙し、彼女を誘拐するように言った。アルジュナが彼女を誘拐したとき、バララーマと他のヤーダヴァ族は激怒しました。彼らは武装しており、アルジュンを追いかけ、戦いで彼を追い出す準備をしていた。バララーマは狂乱全体を止め、クリシュナが黙って座っていると叫びました。尋ねられたとき、クリシュナは私がアルジュナがしたことは一致していると思うと答えました クシャトリヤダルマ、 それはスバドラと家族の願いの許可を得て起こっているので(クリシュナ自身がアルジュンを許可しました)。それが、アルジュナがクリシュナの妹スバドラと結婚することで逃げ出した方法です。

17.クリシュナは、バガヴァッド・ギーターをドゥルヨーダナに語ろうとしました。明らかに、ドゥルヨーダナが教育を受けていたとしたら、戦争全体が回避されたでしょう。しかし、ドゥルヨーダナはクリシュナに、何が正しく何が間違っているかをすでに知っていると語った。クリシュナに対する彼の議論は、彼の心の中に正しいものを選択することを許さない内的な力があるというものでした。彼のプラクリティが彼が彼のダルマに従って行動することを許可していないこと。

18.クリシュナは、間違いなく理解するのが最も難しいキャラクターです。 バクティ 誰もバグワンの存在を理解することはできません。かつて、彼はアルジュンとの戦いを始めました。バグワンシブは非常に動揺したので、彼は戦いを止めるために降りました。彼はクリシュナが何をしているのか尋ねました。クリシュナの簡単な返事は、アルジュンは戦いで戦う必要があったので、クリシュナはアルジュンをテストしていたというものでした。

19.マハーバーラタは確かに知識の宝庫です。の中に 森の巻、ドラウパディーは教えています パトニダルマ サティヤバーマへ。彼女は妻の義務との原則を詳しく説明します Pati-vrata。教えは今でも、今日のふさわしい夫のためのベストプラクティスと見なされています。黄金の言葉は、夫に対するプライド、尊敬、感謝の気持ちを呼び起こします。それは、将来、年上の両親も尊重する有能な子供を形成する際に複製されます。

20.カウラヴァは評判が悪いため、すべて誤った名前が付けられました。ドゥルヨーダナ(邪悪な戦士を意味する)は実際にはスヨダナ(良い戦士を意味する)、ドゥシャサナ(悪い支配者を意味する)は実際にはスシャアサナ(良い支配者を意味する)、ドゥシャラ(悪い動きをする人を意味する)は実際にはスチャラ(うまく動く人)などでした。今日、インドには125億人以上の人口がありますが、専攻の名前を持つ個人を見つけることはほとんどありません。 カウラヴァ、 敵でさえライバルの名前を呼ばない カウラヴァ、 それは悪い兆候と見なされているので。それらにちなんで名付けられた赤ちゃんはいません。

21.マハバラトでは、シャクニはカウラヴァの側にいるように見えますが、彼の秘密の意図は、パンダヴァとカウラヴァの両方の没落でした。彼の憎しみの背後には苦い過去があった。悲劇は、占星術師のアドバイスでガンダーラを襲い、災難を回避するために、ガンダーラはヤギと結婚すると言われました。 ヤグナ ドゥリタラシュートラと結婚する前に。ガンダリは カーニャ そしてヤグナは彼女の最初の夫に危害を加えたかもしれません。技術的には、これによりGandhariは未亡人になり、Dhritarashtraは2番目の夫になりました。

何年も後、夫のドゥリタラシュートラがこの真実を知ってショックを受け、激怒したとき、ドゥリタラシュートラはスバラ王を含むガンダリの家族全員を刑務所に入れました。刑務所では、彼らは毎日一握りのご飯を出されました。これが彼らを餓死させるための精巧な計画であることに気づき、ガンダリの父親は、彼の末っ子だけが提供されているまばらな食べ物を食べ、残りの死を復讐するために少なくとも1人が生き残ると宣言しました。スバラ王の末息子はシャクニでした。彼は生き残り、クル国がすべて破壊されるまで休まないことを誓った。彼は父親の大腿骨を使って、彼が倒すことができたサイコロを作りました パーンダヴァ ギャンブルの試合で、それが最終的にクルクシェトラでの戦争につながり、クル国全体の破壊にもつながりました。彼の父は彼の片足をひねって、復讐の絶え間ない思い出として彼に永続的な足を引きずりました。

マハバラトのいくつかのバージョンでは、シャクニはバグワンクリシュナの信者としても知られています。

マハーバーラタの物語と事件

22. Draupadiは、夫がダイシングで彼女を失った後、Duryodhanaから3回裁判所に来るように頼まれました。ドラウパディーは否定し続け、ドゥルヨーダナにユディシュティラに最初に賭けたのか、それとも最初に賭けたのかを質問するように頼んだ。ドゥルヨーダナはドラウパディーに法廷で夫に直接質問するように頼んだ。それでも、ドラウパディーは来ることを拒否し、係員を送り返しました。ドゥルヨーダナは気性を失い、ドゥシャサナにどんな犠牲を払っても彼女をそこに連れて行くように命じました。

23.ドラウパディーの事件全体の後 ヴァストラハラ、ドラウパディー自身が法廷に謝罪し、「私はここに引きずり込まれ、屈辱を与えられました。起こったことすべてにおいて、私は法廷の長老たちと家族に身をかがめませんでした。彼らに謝罪します。&#8221

そのような不利な状況でも、ドラウパディーは彼女を思い出しました だるまプトラヴァドゥ。 これは長老とビスマの目に涙を買いました。ドラウパディーは決して言いませんでした &#8220Andhe Ka Putra Andha&#8221 オリジナルのマハーバーラタによる。ドラウパディーがゲストのドゥルヨーダナに屈辱を与える詩は1つも見つかりません。

24.主に16歳のアビマニユ(アルジュナの息子)を殺害する責任を負っているジャヤドラサ Chakravyuhは、実際には、101人のPandava兄弟とKaurava兄弟の唯一の義理の兄弟であり、姉妹のDushalaと結婚していました。

25.クリシュナによるバガヴァッド・ギーターのナレーションは、アルジュナだけでなく、ハヌマーンとサンジェイにも直接聞かれました。ハヌマーンはクルクシェトラの戦いの間中アルジュナの戦車の上に腰掛け、サンジェイはドゥリタラシュートラとの戦いの出来事を語るために神のビジョンを持ったヴェドヴィヤーサに祝福されました。

26.ウルーピーの息子であるイランヴァンとアルジュナは、女神カーリーに自己犠牲を捧げて彼を見せた バクティ 彼女に向かってそして好意と勝利を確実にする パーンダヴァ 戦争では、クリシュナが彼と結婚した彼の願いを実現するために死ぬ前に女の子と結婚したいという願いを込めて モヒニ (彼が保護するためにサムドラマンサンの間に取った軍隊 アムリット)そして彼の死後、本物の妻のように泣いた。

27. Draupadiは、Panchal KingDraupadの娘でした。彼女はタパシャをし、バグワンシブに祈った。シブの登場後、彼女は14の最高の資質を持った偉大な男と結婚するための恩恵を求めました。 Bhagwan Shivは、そのような14の資質が人間のヨーニに存在することは不可能であると彼女に知らせました。しかし、ドラウパディーは主張したので、そこでバグワン・シブは彼女に願いを叶えました– 14のそのような素晴らしい資質を持つ5人の偉大な男性との結婚、そしてまた毎朝の入浴の後、彼女は処女を取り戻すでしょう。

28.彼の前世では、Dhritarashtraは暴君の王でした。彼はある日、湖のほとりを歩いているときに、百羽の白鳥(若い白鳥)に囲まれた白鳥の鳥を見ました。彼は白鳥の鳥の目を取り除き、空想のためだけに百本のシグネットをすべて殺すように命じました。したがって、次の誕生で彼は盲目で生まれ、彼の息子全員が戦争で殺されました。

興味深い事実マハーバーラタ戦争

29.ビーシュマは8人の中にいました ヴァス神群 (インドラの出席者)そして、ガンガから出産するために彼の牛を盗んだためにセージヴァシシュタ(वशिष्ठ)によって呪われました。他の77 ヴァス神群 ガンジス川に溺死し、彼らの死後、ビーシュマは父親のシャンタヌの説得のために生き続け、したがって死すべき形態に仕えました。

30.クリシュナはかつてユディシュティラに、インドラプラスタの王がサイコロのゲームをしている間彼の援助を求めなかった理由に抗議しました。サクニがドゥルヨーダナに代わってサイコロのゲームをプレイできたとしたら、間違いなくクリシュナはパンダヴァに代わってプレイできたはずです。

31.一部の学者は、ヴィアスによって作曲されたマハーバーラタの多くの詩は、彼の書記、知性の神、シュリーガネーシャが理解するのが難しいと言われています。これらの聖句は、一瞬の休憩でガネーシュによって理解されました。この休憩により、Vyasはさらなる詩を視覚化することができました。しかし、これらの聖句は非常に難しいので、それらの80%は今日でも未解決のままです。マハーバーラタにはそのような詩が8800あります。事件のリコールとそれを非常に正確に書くことは、現代では誰によっても行われていませんでした。

32. Satyavati(Vyasaの母)は、Adrikaという名前の呪われたアプサラの娘でした。

33. Ved Vyasは、Dhritrashtra、Pandu、Viduraの父でした。

34. Ved Vyas(Vyasa)は、ハスティナプール王国の将来の複雑さに巻き込まれながらも、自分の息子、孫、ひ孫の歴史を書いただけです。

35. 5つのパンダヴァのうち、3つは、ヤマのクンティ&#8211ユディシュティラ、ヴァーユのビーマ、インドラのアルジュナの息子でした。他の2人の息子、朝と夕方の星、アシュウィニはパンドゥの2番目の妻であるマドリの出身でした。すべての天空神は、これらの2人の妻の子宮に種を植えるためにクンティによって呼び出されました。パンドゥは彼の息子の父親ではありませんでした。

36.亡命中、パンダヴァは国中を旅していた。かつて、彼らはドワルカ近くの森にたどり着きました。著名なヤーダヴァ族が彼らに会いに来たとき、彼らは皆木の下で休んでいました。ヤーダヴァ族はパンダヴァ族の状態で激怒した。彼らは、これはこれらの高潔な男性が苦しむべき方法ではないと宣言しました。サティヤキや他の戦士たちは、今すぐ行ってドゥルヨーダナを破壊するだろうと主張しました。彼らは、パーンダヴァはヤーダヴァではなく、攻撃しないことを誓っていたと主張した。全員が戦争のためにハスティナプールに行進することに意欲的でした。クリシュナは黙っていて、誰もが彼に説教を求めました。クリシュナは単にユディシュティラを指さし、「この男が同意すれば、私たちは戦争に行く」と言った。

ユディシュティラは手を組んで、「皆さん、今のところ私たちを私たちの状態のままにしておいてください」と言いました。私の だるま すでに修正されています。私とドゥルヨーダナが到着したという理解があります。です アダルマ それを別の方法で解釈し、抜け穴を探します。私は自分の法に従う必要があります。&#8221

37.インドラロックでは、アルジュナはアプサラウルヴァシーから提案されましたが、彼は彼女を「母親」と呼んでいました。アルジュナの拒絶に腹を立てたウルヴァシーは、彼が宦官になるだろうと彼を呪った。 Devraj Indraが呪いについて知ったとき、彼はArjunに、この呪いは1年間の隠れた滞在の間に恩恵をもたらし、その期間を過ごした後、彼は男らしさを取り戻すだろうと語った。これはマハバラトで重要であることが証明されました。森で12年間過ごした後、パンダヴァは13年目の亡命シークレットモードをVirat王の宮廷で過ごしました。アルジュンは彼の呪いを祝福として使い、名前の付いた宦官として生きました ブリハナラ。これは、悪条件が発生し、生命が危険にさらされている場合、逃げて生き続けるために何らかの形で偽装することが重要になることを教えています。バーラトの多くの将来の王は、この変装の原則に従い、敵の邪悪な手から彼らの死を免れた。マハバラトは、人々と彼の指導者の命を救うために実際に適応できる道徳と真実を含む多くのことを教えています。

隠された事実マハーバーラタ

38.状況、バグワンクリシュナはマハバラトのパンダヴァを助けました。ドゥルヨーダナとアルジュナはどちらもドワルカに行き、バグワンクリシュナに会い、戦争への支援を求めました。ドゥルヨーダナは最初にドワルカに到着しました。サティヤキはクリシュナが眠っていたと知らせました。アルジュナとドゥルヨーダナの両方がクリシュナの部屋に入った。最初に部屋に入ったドゥルヨーダナは、頭の横にあるクリシュナのベッドに座っていました。アルジュンはベッドのふもとに行き、手を組んでそこに立った。クリシュナが目を覚ましたとき、彼は最初にアルジュナを見ました。しかし、ドゥルヨーダナは、彼が最初に来て以来、クリシュナがカウラヴァを支援することは公正であると述べました。しかし、クリシュナは微笑んで、アルジュンを最初に見たので、彼が双方を支持した場合にのみ公正であると言いました。それで、一方では彼の有名なナラヤニ軍であり、他方では彼は武器を持たずに一人でした。ドゥルヨーダナはナラヤニセナを選びます。アルジュンはシュリークリシュナを支援しました。

39.ユディシュティラ(ユディシュティラ)は、真実をしっかりと守っていることで非常によく知られていました。しかし、マハーバーラタの戦いでは、カウラヴァの司令官であったドローナが数千人のパンダヴァの戦士を殺していました。クリシュナは計画を立て、ドローナはそのように言われました アシュワタマが亡くなりました 。ビーマがアシュワタマという名前の象を殺し、彼が死んだと大声で宣言したとき、計画は動き始めました。ドローナはユディシュティラに行って真実を尋ねたところ、息子と象のどちらが亡くなったのかわからないと答えた。バグワン・クリシュナはユディシュティラが嘘をつくことができないことを知っていたので、彼が真実を話しているとき、クリシュナはドラムを叩いて大きな音を立て、ユディシュティラの言葉を溶かしました。ドローナはがっかりし、武器を置いた。彼は後に殺されました。

40.マハーバーラタ戦争はわずか18日間続いたが、何百万もの人々、何千もの象と馬を殺した。今日でも、戦争が行われた場所で放射線の痕跡が見られます。科学者はしばしば、最近の歴史において、世界で初めて核戦争が紀元前3000年以前にインドで戦われたと述べています。

41. Sri Kirshnaが地球を去った後、Pandavasも人生への興味を失いました。彼らは犬と一緒に天国への旅を始めました。すべてのパンダヴァは旅の途中で命を落としました。ユディシュティラと犬だけが天国にたどり着きました。あの犬はヤマラージでした。

42.カルナは カヴァッハクンダラ。アシュワタマは持っていた マニ 生まれてから額に。

43.カルナの教師はパルシュラーマでした。

44.カルナは、ビーシュマが生きてカウラヴァの将軍になるまで戦わないことを誓ったので、カルナとビーシュマは決して一緒に戦ったことはありませんでした。その後、彼は死にゆくビスマと出会い、敬意を表し、過去の過ちに対する許しを求めます。ビーシュマはカルナを親切に受け取り、愛情のこもった言葉で彼を許し、そしてカルナは間違っているのでカウラヴァ側で戦争を戦うべきではないと促し、不当なビーシュマはカルナに彼の義理の兄弟パンダヴァの側で戦うことを勧めますと正義。カルナは、死にゆくビーシュマのアドバイスを受け入れることを拒否します。

45.カウラヴァの100人の兄弟のうち、ユユツだけがマハーバーラタ戦争を生き延びました。

未知の事実マハーバーラタ

46.ユユツはパーンダヴァ側から戦っていた。

47.ビーマはカウラヴァの99人の兄弟を殺しました。

48.マハーバーラタ戦争を目撃した唯一の人物は、 まだ生きているのはアシュワタマです .

50.クリシュナは、シシュパーラを殺す前に100回許しました。

51.マハーバーラタ戦争は、人類の歴史の中でこれまでに戦った最大の前から前への一連の戦いです。クルクシェトラ戦争におけるパンダヴァの軍隊の規模は7でした Akshauhinis、およびカウラヴァ11のもの Akshauhinis。 NS Akshauhini (サンスクリット語:अक्षौहिणी)は、マハーバーラタ(Adi Parva 2.15-23)に従って、21,870両の戦車(サンスクリット語のラタ)21,870頭の象65,610騎兵と109,350歩兵からなる戦闘編成としてマハーバーラタで説明されています。

比率は、1戦車:1象:3騎兵:5歩兵です。これらの多数のグループ(65,610など)のそれぞれで、数字は合計で18になります。

Akshauhiniはで構成されています ガジャ、ラサ、アシュワパダタ 次のように:

1頭の象(ガジャ)、1頭の戦車(ラサ)、3頭の馬(アシュワ)、5頭の歩兵(パダタ)が パティ

3つのパティスが形成します セナムカ

3つのSena-Mukhasが グルマ

3つのガナ ヴァヒニ

3つのヴァヒニス プルタナ

3つのプルタナ チャム

3つのチャムス アニキーニ

10人のアニキニスが Akshauhini。したがって Akshauhiniには、計算上、21,870頭の象、21,870両の戦車、65,610頭の馬、109,350歩兵が含まれています。

マハーバーラタの暗い秘密

52.によると ストリパルバ マハーバーラタの、DhritarashtraがYudhishthiraに死傷者の数と生存者の数について尋ねたとき、彼は答えました、&#82201,66,00,20000人がこの戦いで倒れました。逃げ出した英雄のうち、240,165人。両軍から&#8211 10億、6億6000万、2万人の男性がマハーバーラタの戦いで亡くなりました。&#8221


マハーバーラタの占星術

前方の大規模な破壊の空の兆候

月の周期(パクシャ&#8211は通常15日)は14日で起こることがあります。しかし、マハーバーラタの戦時中、まれなことが起こりました&#8211パクシャは13日に圧縮されました。この側面は、Bhishma parva&#8211 3rdAdhyayで説明されています。グルとシャニはヴァイサカにいて、月と太陽は次々と同じ家に入り、トラヨダシの日にアマアヴァシャを自分で作りました。マハーバーラタのVyasによって議論されたように、この特異なthithisの15から13への凝縮はまれな現象であり、必然的に戦争による大規模な破壊が続きました。この事件は、マハーバーラタ戦争の正確な日付を確立するための直接的な手段を提供しました。

ユリウス暦によると、この種の惑星の共謀は、紀元前3076年の11月に確実に発生しました。 Vyasはこう書いています:

Caturdashiim panchadashiim
Bhuuta puurvamca shoodhashiim
Imaantu naabhi jaaneham
Amaavaasyaamトレイオダシイム
Chandra suurya bhougrastou
エカメバムトレイオダシイム
AparvaNi grahaNe tou
Prajaa sakshapaishyataH

&#8220私は14日間のパクシャ、15日間の完了、または16日間への延長も見ました。このAmaavasyaは、私が今まで見たことがない13日目に落ちます&#8221&#8211とVyasは言います。それは、同じ月に行方不明の間に落ちる日食と月食 tithies これはまれな現象であり、人々に大規模な災害をもたらします。


マハーバーラタの古代のルーツを時空でたどる:ハスティナプール、パート1(ヴェーダの宗教)

私たちの国ラーマーヤナとマハーバーラタの2つの最大の叙事詩は、私たちの魂に触れ、さまざまな方法で生活しています。私たちのほとんどは、並外れた勇気、献身、真実、裏切り、そして善と悪の勝利のこれらの物語で成長しました。これらの物語は人生のすべての側面を持っています。それで、これらの叙事詩に完全に魅了されて、私は私たちの時代にマハーバーラタの痕跡をたどることに決めました。



ネット上のさまざまなサイトを調べて、古代インドで最も偉大な王国の1つであるハスティナプールについてもっと知りたいと思いました。ガンジス川の女神と結婚したサンタヌ王は、ハスティナプールの有名な王でした。サンタヌの死後、チトラーンガダはハスティナプラの王となり、ヴィチトラヴィーリヤに引き継がれました。ヴィチトラヴィーリヤには、ドゥリタラシュートラとパンドゥの2人の息子がいました。ドゥリタラシュートラは盲目で生まれたため、弟のパンドゥが王位に就きました。

パンドゥはいくつかの間違いを犯したので、彼は2人の妻クンティとマドリと一緒に亡命することを余儀なくされました。森に滞在している間、パンドゥの2人の妻は、5人のパンダヴァとして有名になった5人の息子を産みました。パンドゥはまだ森に住んでいる間に亡くなりました。賢人は彼らの初期の間に5つのパンダヴァを育てました。

パンドゥの死後、Dhritarashtraが手綱を引き継ぎ、彼の盲目のために、彼は王国に関連する日常業務のために彼の長老のBhisma、Guru Dronacharya、およびGuruKirpacharyaを伴っていました。 DhritarashtraにはKauravasとして知られている100人の息子がいたと考えられています。カウラヴァとパンダヴァの間の競争と、「真実」と「ダルマ」を正当化するクリシュナ卿の役割は、すべてマハーバーラタに関するものです。
マハーバーラタは、豊かな文明と高度に進化した社会を明らかにしています。それは、古い世界ではありますが、同じ価値観と理想を持った、奇妙なことに私たちの時代のインドに似ています。

現在に戻ると、ハスティナプールはウッタルプラデーシュ州のメーラトとビジノールの間に位置しています。デリーとメーラトの間のNH-58は、運転するのに悪夢です。ほとんどの部分が悲惨な状態にあり、ここに住む人々は自殺の性質を持っているので、道路の反対側に立っている男が突然歩き始め、それは彼と道路上のドライバーとの間の相互理解、彼は止まることはなく、慎重に運転するのはあなたの責任です。
Merrutに到着したら、ShastriNagarのバイパスを通過する料金所の代わりに右側のカットを取ります。マワナから右折すると、そこから緑豊かなルートがメラトから約40kmのハスティナプールにつながります。

ハスティナプールはジャイナ教のカシとも言われ、今日では主にジャイナ教の信者や周辺地域の地元の人々が訪れ、主にピクニック目的で「ジャンブディープ」のよく表現された寺院や他の寺院を見に来ました。ただし、マハーバーラタとは関係がないため、別の部分で説明します。

マハーバーラタ時代の最初で最も重要な場所は、古代の「パンダベシュワルマハーバーラタ寺院」です。

地元の人々は、ここがパンダヴァがシヴァ神を崇拝するようになった場所であると信じています。その場所は後にムガル帝国によって破壊されましたが、シブリングの遺跡はまだそこにあります。

寺院内のShivlingの遺跡
寺院の壁に

寺院の敷地内には同じ時期と言われるガジュマルの木があります。この場所は本当に奇妙な気持ちがあります。パウロ・コエーリョの「アレフ」の最新の本を読んだ人は、アレフが私を理解できるような気がしました。地元の人が定期的に寺院を訪れ、ここで祈っています。

寺院群全体は、ハスティナプール国立公園の一部である厚い森に囲まれていました。地元の人々は、複合施設の周りにたくさんいるヘビをとても怖がっています。

ここから数メートルのところに「Vidurkutir」と古代の「DurgaDeviTemple」があります。

その時代の3番目の場所は「カーン寺院」です。

この寺院は現在、当局による改修を試みています。私は寺院の司祭と話をしました、そして彼はASIと州政府が問題を扱っている方法に本当に失望しました。僧侶「シャンカル・デヴ・ジ」は、昨年まで、寺院に屋根がなかったため、暑さと雨のために毎日の儀式を行うために一人が傘を持っていたと私に言いました。

私たちの遺産を保存する毎日の儀式とプロセスは静かに続けられます

最後に、UP政府は継続的な説得の後に部屋を作りました。この未完成の部屋の紙の費用は、彼らの誠実さと私たちの遺産を保存する意欲のおかげで、12ルピー以上です。

近くの畑にある実際の寺院のドームの遺跡

遅くなるまで、鬱蒼とした森の中にあり、雨のために道路の状態が悪かったので、司祭は「ドラウパディーガート」の訪問に対して私に警告しました。彼はまた、ドラウパディーの「応援ハラン」が起こった森の中に場所があると私に言いました。

私は一人でもう遅くなっていたので、この過失の犯人は誰なのかと考え始めました。ジャイナ教のおかげで、ヒンズー教徒にとって素晴らしい巡礼地となるはずの場所が今ではよく知られています。ムガル帝国は、ヒンドゥー教の文化を台無しにするためにあらゆることをしました。しかし、それは私たちですか?誰が私たちの文化と遺産を保護するのに十分なことをしておらず、いつの日かそれは歴史のページでしか続かないでしょう。

追加情報:ハスティナプール野生生物保護区は、ほとんどのWebサイトで国立公園として言及されており、デリーに近い国立公園を見つけたら、それが私の恒久的な週末の目的地になることにとても興奮していました。しかし、残念ながら、公園は一般に公開されていませんが、ガーズィヤーバード、ビジノール、およびその他の隣接する地区につながる広いエリアが含まれています。

共有する

私は熱心な旅行者であり、完全な食通であり、映画ファンであり、最後になりましたが、本の虫です。私はプロモプロデューサーとしてニュースチャンネルで働いています。 NCRに住んでいて、私の人生の最後の息吹まで私のすべての情熱を生きることを夢見ています。落ち着きがないことは私のリラックスの方法です。私が遊んでいるなら、それは私を殺します。旅行は私をとても興奮させるものです。未知の目的地を探索し、新しい人々と出会い、本物の食べ物。すべてが成果を好むようです。旅を始めましょう。


マハーバーラタのコサラ王国

マハーバーラタの時代、コサラ国は5つに分割されました。

The five Kosala kingdoms mentioned in Mahabharata are

  • North Kosala
  • South Kosala
  • East Kosala
  • Central Kosala
  • Kosala Kingdom between Central Kosala and South Kosala

Eastern Kosala was captured by the Magadha king Jarasandha, who was later killed by Bhima in the Kurukshetra war of Mahabharata.

Central Kosala, the original Kosala ruled by Rama, still had Ayodhya as its capital during the times of Mahabharata and was ruled by Dheerghayaghnya. Central Kosala and North Kosala were conquered by the Pandava brother Bhima in his military expedition.

Southern Kosala, the native kingdom of Rama’s mother Kausalaya, in modern day Madhya Pradesh, was conquered by the Pandava Brother Sahadeva in his military expedition.


  • The battlefield of the Mahabharata, Kurukshetra lies in Haryana, 50 km to the east of the Ambala city in Punjab.

Mahabharata is one of the grandest epics in Hindu religion. There is evidence that locates the places mentioned in the Mahabharata to the sites in modern geography. Here are a few cities that find mention in Mahabharata and their modern-day locations and names:

Kurukshetra &ndash This is the battlefield of the Mahabharata war. Kurukshetra lies in Haryana, 50 km to the east of the Ambala city. It is believed that Lord Krishna came to take a dip in the Brahmakund here before the battle began. The lake is called Brahma Sarovar.

Hastinapur &ndash The grand city in the Mahabharata and the capital of the Kauravas and Pandavas, Hastinapur was where currently Meerut in Uttar Pradesh is. Hastinapur was where Yudhisthir lost his brothers in the gamble.

Gandhar &ndash Mahabharata&rsquos Gandhar is currently situated to the west of River Sindhu in Sindh, Rawalpindi, Pakistan. Gandhari, the daughter of the King Subal of Gandhara, was the wife of Dhritrashtra. Her brother Shakuni was behind the war.

Ujjanak - The place where Guru Dronacharya taught archery to the Pandavas and Kauravas, was near modern-day Kashipur in the Nainital, Uttrakhand. The place is also called Bhimshankar.

Takshashila &ndash The capital of Gandhar Desh, Takshashila was near current Rawalpindi in Pakistan.

Indraprastha &ndash Indraprashtha was established by the Pandavas to the south of present New Delhi after destroying the Khandan Van. The capital city was designed by Vishwakarma.

Vrindavan &ndash Vrindavan was where Lord Krishna spent his childhood. It is situated 10 km from Mathura in Uttar Pradesh. Janmashtmi and the festival of Holi are celebrated with fervour here.

Dwarka &ndash It is situated on the west coast of Gujarat. Lord Krishna had shifted his capital from Mathura to Dwarka to protect the Yadavas.

Magadh &ndash The present-day South Bihar was called Magadh during the Mahabharata when Jarasandh ruled it. Jarasandh&rsquos daughters were married to Kans, who was killed by Lord Krishna.

Kaushambi - Located near Prayagraj in Uttar Pradesh to the south of Ganges, Kaushambi was the capital of Vatsa Desh which supported the Kauravas during the time period of Mahabharata.

Track Spiritual monthly Calendar for all Festivals, Vrats and Muhurat on Times Now.


Vimana Technology

The Vimana aircraft that are described in ancient Hindu Sanskrit texts are flying machines of varying degrees. The word Vimana translates to “having been measured out” or “traversing,” and were machines piloted by the gods. Much like the chariots of biblical texts, most notably the one seen in Ezekiel’s vision of the wheel, these flying craft came in all shapes and sizes and could travel at different speeds and distances. Some were land and seafaring vehicles, while others flew, sometimes all the way to the moon or further.

The most well-known documentation of the ancient Vimana flying machines comes from the Vaimānika Śāstra, an early 20th century translation of many accounts of Vimana technology found in ancient Vedic scriptures. It details drawings of a range of crafts, including the sources of fuel used to power them, although some can be confusing. The translations talk of certain elements and minerals we are familiar with, like mica, quicksilver and mercury, but also mentions strange liquids referred to as honey, which may have been an unknown substance with a similar viscosity or appearance to a bee’s nectar.

On top of every Hindu temple or pyramid, one can find a Vimana, and often they are rounded, saucer-like objects, which certain theorists believe were the vehicles of extraterrestrials. Erich von Däniken points out the modern sightings that created our perception of UFOs look very similar to the Vimanas of ancient India.

Von Däniken also points out that the depiction of Shiva flying on his bird, Garuda, could easily have been a primitive description of an airplane or spacecraft. Garuda was known for dropping bombs, flying to the moon, and bringing Shiva to different locations throughout the solar system. In trying to explain this sight to future generations, the elders’ story of a “god” flying around on a “giant bird” or “bird-like” craft might sound ridiculous and be considered merely mythological to those who may have never witnessed it.

When we look closer at these Vimanas, the descriptions of the sounds they made and the way they looked when they took off begin to resemble jet propulsion more and more. One translation of a passage in the Vedic Mahabharata describes a Vimana.

“The Vimana had all necessary equipment. It could not be conquered by the gods or demons. And it radiated light and reverberated with a deep rumbling sound. Its beauty captivated the minds of all who beheld it. Visvakarma, the lord of its design and construction, had created it by the power of his austerities, and its outline, like that of the sun, could not be easily delineated.”

The passages speak of Krishna’s cohort and epic hero of the Baghavad Gita, Arjuna, describing a trip he took in a Vimana into the heavens, where he saw thousands of airborne chariots and another massive Vimana that was seven stories tall. Much like Enoch’s trip taken up in a wheeled chariot, Von Däniken says he believes that this could have been a primitive interpretation of a trip to the mothership, from which the many Vimanas seen on Earth could have originated.


Places in the Mahabharata - History

you are now: HOME > Bhartiya History > Mahabharat 3139 B.C.

Mahabharat 3139 B.C.

The dynasty of Surya Vansh of Kaushal (Ayodhya) ends with Sumitra (Bhagwatam 9/12/16) the dynasty of Chandra Vansh of Hastinapur ends with Chemak (Bhagwatam 9/22/44, 45) and the dynasties of the kingdom of Magadh flourished up to the Gupt dynasty (80 s BC).

The kingdom of Hastinapur, after Chemak, was constantly ruled by the people who took over the throne. An ancient book describing the date-wise chronology of all the kings of Hastinapur (Indraprasth or Delhi) from Yudhishthir up to Vikramaditya was found by the proprietors of the fortnightly magazine of Nathdwara (Rajasthan) called Harishchandra Chandrika and Mohan Chandrika in about 1872 AD. The proprietor of the magazine printed the entire description in two of its issues (called kiran) 19 and 20 of 1882.

The unbroken chronology of the exact dates of all the Hindu kings of the 4 dynasties that ruled Hastinapur (up to Vikramaditya) since the reign of Yudhishthir is the most potent evidence that Mahabharat war had happened in 3139 BC.


The greatest astronomer and mathematician, Aryabhatt, was born in 476 AD. His work in astronomy is an asset to the scholars. He gave an accurate figure for pi () 3.1416. He finished his book Aryabhattiya in 499 AD in which he gives the exact year of the beginning of kaliyug. He writes,

When the three yugas (satyug, tretayugdwaparyug) have elapsed and 60 x 60 (3,600) years of kaliyug have already passed, I am now 23 years old. It means that in the 3,601st year of Kali era he was 23 years old. Aryabhatt was born in 476 AD. Thus, the beginning of kaliyug comes to 3,601 - (476 + 23) = 3102 BC.

Lord Krishn ascended to His Divine abode at the end of dwaparyug and immediately kaliyug started in 3102 BC. When Bhagwan Krishn left the earth planet and ascended to His Divine abode a catastrophic rain, storm and sea deluge, that lasted for seven days, totally drowned and destroyed Dwarika town. This catastrophe was also recorded in Babylonia s ancient town Ur (which was mythologized in the West as Noah s flood) and the ancient Mayan records. The dates of both are the same.

(For a complete list of kings of Hastinapur from Yudhishthir to Vikramaditya and their exact reigning periods and for detailed physical, geographical, inscriptional and scriptural information about the date of Mahabharat war and the beginning of kaliyug, read pages 477 506 of The True History and the Religion of India which documents 17 positive evidences.)


According to the Puranas, Kurukshetra is a region named after King Kuru, the ancestor of Kauravas and Pandavas in the Kuru kingdom, as depicted in epic Mahabharata. The Kurukshetra War of the Mahabharata is believed to have taken place here. Thaneswar whose urban area is merged with Kurukshetra is a pilgrimage site with many locations attributed to Mahabharata. [3]

In the Vedas Kurukshetra is described not as a city but as a region ("kshetra" means "region" in Sanskrit). The boundaries of Kurukshetra correspond roughly to the central and western parts of the state of Haryana and southern Punjab. According to the Taittiriya Aranyaka 5.1.1., the Kurukshetra region is south of Turghna (Srughna/Sugh in Sirhind, Punjab), north of Khandava (Delhi and Mewat region), east of Maru (desert), and west of Parin. [4]

According to the Vamana Purana, King Kuru chose land at the banks of the Sarasvati River for embedding spirituality with eight virtues: austerity (Tapas), truth (Satya), forgiveness (Kshama), kindness (Daya), purity (Shuddha), charity (Daana), devotion (Yajna), and conduct (Brahmacharya). Lord Vishnu was impressed with the acts of King Kuru and blessed him with two boons—first, that this land forever will be known as a Holy Land after his name as Kurukshetra (the land of Kuru) second that anyone dying on this land will go to heaven.

The land of Kurukshetra was situated between two rivers—the Sarasvati and the Drishadvati.

Kurukshetra reached the zenith of its progress during the reign of King Harsha, during which Chinese scholar Xuanzang visited Thanesar.

Kurukshetra was conquered by the Mauryan empire in the late 4th century BCE and subsequently became a center of Buddhism and Hinduism. The history of Kurukshetra is little-known in between the collapse of the Mauryans and the rise of the Kushans who conquered the region. After the decline of Kushan power in the region, Kurukshetra became independent only to become conquered by the Gupta empire in the early 4th century CE. Under Gupta rule, Kurukshetra experienced a cultural and religious revival and became a center for Hinduism. After the fall of the Gupta, the Pushyabhuti dynasty ruled over Kurukshetra. [5]

Civil war broke out when Harsha (of the Pushyabhuti dynasty) died without a successor in 647. A Kashmiri army briefly conquered Kurukshetra in 733 but were unable to establish dominion in the area. In 736, the Tomara dynasty was founded and they took over the region. Around the early 9th century, Kurukshetra lost its independence to Bengal. Mahmud of Ghazni sacked Kurukshetra in 1014 and Muslim raiders sacked it in 1034. Kurukshetra was incorporated into the Delhi Sultanate in 1206. Other than a short moment of independence from the result of a rebellion within the Sultanate in 1240, Kurukshetra was under the control of Delhi until 1388. [5]

Kurukshetra became independent once again after the steep decline of the Delhi Sultanate and the raids of Tamerlane near the region. The Sayyid dynasty incorporated Kurukshetra into their territory though the city likely enjoyed some autonomy. The area was much more firmly controlled under the subsequent Lodi dynasty. Some damages to Kurukshetra and its structures occurred during this period. Kurukshetra became part of the Mughal Empire after Babur quashed a local rebellion in 1526. Under Akbar, Kurukshetra once again became a spiritual center not only for Hindus but also for Sikhs and Muslims. [5]

Between the late 17th and early 18th centuries, Kurukshetra was controlled by the forces of the Maratha Empire until the British took over Delhi in 1803. In 1805, the British took Kurukshetra after defeating the Maratha forces in the Second Anglo-Maratha War, who were controlling the city. Since 1947, Kurukshetra has become a popular spiritual center and has seen much infrastructure, development, and restoration of old structures. [5]


ビデオを見る: マハーバーラタ (1月 2022).