ニュース

スーライダー

スーライダー


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

スーザンライダーは1924年7月3日にリーズで生まれました。彼女の父、チャールズフォスターライダーは、ヨークシャーとイーストアングリアに不動産を所有する紳士の地主でした。彼には最初の結婚から5人の子供がいました。スーの母親、メイベル・シムズは彼の2番目の妻でした。リチャード・K・モリスは次のように指摘しています。原因、彼女は人生の寄付者の一人でした。」

スーザンライダーは自宅で教育を受けました(家族はスカークロフトとグレートサローに家を持っていました)。彼女は後に次のように書いています。「私たちはリーズ近くのスカークロフトに住み、30代前半まで、サフォークのサローに1年のうち4か月間住んでいました。ひどいスラム街。子供の頃、そこに住む人々を訪ねると、子供たちが外出や畑や庭で遊んでくれました。彼らのために食べ物やお菓子の袋を用意したことを覚えています。背中合わせの家や狭い石畳の通りから離れた彼らの外出-彼らが遊ばなければならなかった唯一の場所。悪い住宅条件は私を驚かせました。家の中にベッドルームが1つしかないのが普通でした。両親や時には病気の人と一緒に寝る。何人かの子供たちが同じベッドを共有するだろう。洗面所がなく、水道がないことも多く、食事がほとんどなく、着替えや靴を着替えることもない、周囲の恐ろしさは私を怖がらせた。」

彼女の伝記作家、マーク・ポトルは次のように指摘しています。若いスーライダーはそこでの訪問に同行し、直接貧困を目撃し、彼女が見たものにショックを受けました。」

チャールズ・ライダーは、歴史と文学に深い関心を持っていた高学歴の男でした。幼い頃、彼は娘にオルダスハクスリーとH.G.ウェルズの最新の小説について話しました。彼の妻のように、彼は進歩的な政治的意見を持ち、小国の権利を擁護しました。彼は特にベニート・ムッソリーニ、アドルフ・ヒトラー、フランシスコ・フランコの台頭を懸念していた。

スーザンライダーは自宅で教育を受けました(家族はスカークロフトとグレートサローに家を持っていました)。これには、ジュリアン・グレンフェル、ルパート・ブルック、ジークフリード・サスーン、ウィルフレッド・オーエンの詩の研究が含まれていました。彼女はまた、実践的な教育を受けました。彼女は8歳から、乳製品で働き、敷石をこすり、村人に牛乳を分配し、バターを作り、子牛の出産を手伝うように勧められました。彼女はまた、トラクターを運転するように教えられました。

スーザンはベネンデン学校で教育を修了しました。学校での彼女の友人の一人は、イタリアからのユダヤ人難民でした。彼女は母親に次のように書いています。「彼女は逮捕、疑惑、ファシストについてグラフィックで詳しく教えてくれます。彼女の家族は間に合わず、数千人が残っていました。多くの人は彼らを待っている運命に気づかず、信じません。同様に、大多数の人々は、起こっていることや計画されていることの完全な恐怖を理解していません。..次の世界で神と正義を信じなければ、絶望するかもしれません。」

第二次世界大戦の勃発時に、彼女は16歳で若すぎて何にも参加できませんでした。 1940年に彼女は応急看護隊に加わりました。その後すぐに、彼女は特殊作戦執行部に勤めました。彼女の伝記作家によると、マーク・ポトルは次のように述べています。「彼女の任務には、占領下のヨーロッパに飛ばされる飛行場にエージェントを運転することが含まれていました。

1942年、スーザンライダーは若い海軍士官と結婚し、その直後に戦死しました。翌年、彼女はSOEと共に海外に派遣され、最初は北アフリカに、次にイタリアに派遣されました。戦争の終わりに、彼女はAmis desVolontairesFrançaisのメンバーになり、ヨーロッパの他の救援隊と協力しました。ドイツでは、彼女は戦争の余波で連合国によって逮捕された人々と協力しました。モリス 「強制収容所と強制労働の当惑した生存者は、食料を探し、農場を襲撃し、大勢でした。一部は闇市場で起業家精神を発達させました。女の子は自分自身を売りました。数人は元迫害者を追い詰めました。」

連合国の占領軍は、法律に違反した人々に厳しく対処し、多数の人々が刑務所で長い呪文を宣告されました。スーザン・ライダーは彼らの擁護者になりました。 -粉々になった都市の瓦礫の中で火事が起こり、本や食べ物を持ってきて、連合軍の将校に刑期の減刑をせがみ、世界の他の地域で彼らのために新しい家を見つけ、犠牲者をゾーンからゾーンへと密輸し、誰にでも彼らの大義を訴えました。聞くだろう」マーク・ポトルによれば、「ライダーは必要性を感じたところならどこでも働き、本能的に無視された人々に引き寄せられた。ドイツの刑務所では、軽微な窃盗から殺人に至るまでの犯罪で多くの非ドイツ人が厳しい判決を受けた。ライダーが原因を取り上げた。彼女は定期的に約130の刑務所を訪れ、また簡単に言えば、集中キャンプの生存者と長い人々のためにデンマークに別荘を設立しました。 -長期的な病気。」

1952年にスーライダーはバートノイハイムにこの人々のための家を設立しました。もう1つはグロースブルクヴェーデルで続いた。 「小さな遺産、銀行からの信用、そして多くの楽観主義の助けを借りて」彼女は1953年にスーライダー財団を設立しました。その憲章によると、「これは最も広い規模での苦しみの救済に専念する国際的な財団です。人間の家族の一員として、年齢、人種、信条に関係なく、困っている人々に個人的なサービスを提供し、愛されていない人々に愛情を与えること。」

1955年にスーライダーはレオナルドチェシャーに会いました。リチャード・K・モリスは次のように指摘しています。「2つの慈善団体は範囲が異なりますが、一致が見られました。どちらも緊急の必要性に対する自発的な個別の対応として始まり、苦しみの軽減に関心があり、それぞれが個人的で自発的なものに最も重点を置いていました。犠牲とそれぞれが個人的で自発的な犠牲に最も重点を置き、それぞれがキリスト教の衝動によって煽られていた。」

夫婦は1957年にインドを訪れました。翌年、彼らは一緒にドイツを訪れ、いくつかの共同プロジェクトの可能性について話し合いました。 1958年9月、彼らはポーランドに不治の病人のための家を開く計画を発表しました。この家は新しいライダー・チェシャー財団の下で運営されます。チェシャーは後に次のように回想しました。「それぞれの財団が合併できれば、私たちはさらに幸せだったでしょう。しかし、それぞれが長すぎて、それぞれに特定の委託条件と独自の支持者がいました。それを可能にするために」

財団の目的は、彼ら自身のより大きな財団であるLeonard CheshireDisabilityとSueRyderFoundationのいずれの権限にも完全には当てはまらないプロジェクトに取り組むことでした。最初のプロジェクトはハンセン病患者のためのラファエルセンターでした。チェシャーとライダーは、デラドゥーンの近くでハンセン病患者に最初に遭遇しました。町の南西端にある不愉快な場所で、かつては大きな採石場だったに違いありません。その真ん中を開いた排水路が通り、遠端には都市のゴミ捨て場がありました...道路からディップ自体は見えませんでした。実際、屋根用のミルクパウダー缶が打ち砕かれた小さな泥の家のクラスターが含まれていること、そして100人以上の人々がいることに気付く前に、その端まで歩いて覗き込む必要がありました。実際に彼らの中に住んでいた…。町の残りの部分から、いわばバリケードされたこの小さなコミュニティの第一印象を決して忘れないだろう。他のみんなと同じように権利と特権...小さな家の完全な貧困彼らが住んでいた人々は、私が見た他の貧民街とそれほど変わらなかった…しかし、どういうわけか、そのような程度の貧困と排斥されたという事実の組み合わせは、共通の連帯を生み出す効果があった。確かに、私は彼らの歓迎の並外れて自発的な暖かさに備えていませんでした。」

チェシャーはスーライダーに彼と結婚するように頼んだ。彼女が自伝で思い出したように、 私の愛の子 (1986)、最初、彼女はその考えに疑問を抱いていました。結婚は必然的に大きな責任をもたらします-私はいつもそれがギャンブルだと感じていました。さらに、その影響は非常に深刻なので、不幸な結婚のリスクを冒すよりも独身で働き続ける方が賢明です。文字通りすべてを共有することに等しい。」彼らは1959年4月5日に結婚しました。

彼女の伝記作家、マーク・ポトルによると、「インドでの短すぎる新婚旅行の後、彼らはオーストラリアとニュージーランドの骨の折れる共同募金ツアーで結婚生活を始めました。カルカッタのマザーテレサはかつて彼らに犠牲を見つけると言っていました彼らは一緒に幸せを分かち合い、それぞれの財団からの莫大な要求を共有しました。彼らはそれぞれが喜んで殉教者でした。英国に戻ると、彼らはキャベンディッシュの小さなアパートに住んでいました。息子と娘は1960年と1962年に生まれましたが、ライダーは妊娠が彼女の仕事を中断することを許可しませんでした。彼女は代表団よりも行動を好み、夜通し運転して新しい家を開いたり援助を提供したりするときに最も幸せでした。 、そしてきちんとした服装で、特徴的なヘッドスカーフで、彼女は食べ物に興味がないようでした...彼女の家族の背景は、彼女の好みのシンプルさと質素さにもかかわらず、彼女が決して失うことのない彼女の態度に壮大さを与えました彼女のライフスタイルの。そして、信心深さの背後には、軽薄さをほのめかした活気のあるキャラクターがいました。」

1975年にスーライダーは自伝を発表しました、 そして、明日は彼らのものです。 4年後、彼女は当時の最も偉大なキリスト教の慈善労働者の1人であると認められて一代貴族になりました。彼女の称号、ワルシャワのバロネスライダーは、ポーランドの人々への個人的な賛辞でした。彼女は貴族院の討論で積極的かつ独立した役割を果たしました。自伝の第2巻、 私の愛の子、1986年に発行されました。

レオナルド・チェシャーは1992年に亡くなりました。スー・ライダーは慈善事業を続け、この時までにスー・ライダー財団は12か国で80の家を経営し、ポーランドで28、ユーゴスラビアで22の家を経営しました。ストリートチャリティーショップ。しかし、マーク・ポトルが指摘するように、「彼女の昨年は、慈善団体を近代化する計画をめぐるスー・ライダー財団の受託者との激しい論争によって影が薄くなりました。メンバー症候群」。紛争は、レディライダーに大きな苦痛を与え、彼女が作成した慈善団体に損害を与え、スーライダーがスーライダー財団との関係を断ち切った1998年に悲しい結論に達しました。」

インデペンデント 報告:「スーライダー財団は、第二次世界大戦後のホームレスを支援するために47年前に設立されましたが、その後、英国の病人と貧しい人々を含むようにその魅力を広げ、一連のヘルスケアホームと500のチャリティーショップを持っていました。しかし、ここ数ヶ月、彼女は組織から疎遠になり、その名前をスーライダーケアに変更し、思い出に残るローズマリーの小枝である彼女の伝統的なロゴを落とし、笑顔の太陽のイメージを支持しました。彼女は病院に行き、思いやりと苦しみの軽減という彼女の本来の原則を信じ続けるために新しい組織を設立しました。」 2000年9月、スーライダーはスーライダーケアを設立しました。

スーライダーは、2000年11月2日にサフォークのベリーセントエドマンズで長引く病気の後に亡くなりました。

強制収容所と強制労働の当惑した生存者は、食料を探し、農場を襲撃して、田舎に広くいた。数人が元迫害者を追い詰めました...

1950年までに彼らは1,400人になりました...彼女(スーライダー)は彼らを訪ねるために年間数千マイルを運転し、彼らの起訴に異議を唱え、法的文書を熟読し、法廷で彼らを訴え、彼らの夜の火の周りに座った粉々になった都市の瓦礫は、彼らに本と食べ物を持ってきて、彼らの判決の減刑のために連合軍の将校をせがみ、世界の他の地域で彼らのための新しい家を見つけ、ゾーンからゾーンへと犠牲者を密輸し、聞くだろう誰にでも彼らの大義を訴えました。

ディップについて最初にどのように、誰から知らされたのかはよくわかりません。デラドゥーンに半生住んでいて、それが存在したことを本当に知らないからです。確かに、屋根用の粉ミルク缶が打ち砕かれた小さな泥の家のクラスターが含まれていること、そして実際に100人以上の人々がそこに住んでいることに気付く前に、その端まで歩いて覗き込む必要があります... 。

町の残りの部分から、いわばバリケードされたこの小さなコミュニティの第一印象を決して忘れませんが、それでも、住民が他の人と同じ権利と特権を負っている街自体の別のセクションにほこりを払っています。確かに、私は彼らの歓迎の並外れて自発的な暖かさに備えていませんでした。

ラファエル病院のプロジェクトは順調に始まりました。木を伐採し、敷地を片付けて建設を開始しました。さまざまな病棟や建物の位置をマークしました...その後、物事は減速し始めました。イギリスの設計技術者から建設図面を入手するのは困難でした...さらに悪い問題は資金不足でした。しばらくの間、これにより作業が停止しました。

敷地内の建材を有効に活用することが決定されました...追放され、都市のゴミ捨て場に住むハンセン病患者を収容するために、いくつかの小さな家が建てられました。最も困難で苦痛だったのは、私たちが建てた家に住むために、多くの人の中から一度に2、3人だけを選ぶことでした。人々は私たちと私たちの足に引っ掛かり、受け入れを求めました。しかし、私たちには、6つ以下の単純な小さな家を建てるのに十分な材料とお金しかありませんでした。

その仕事は私の人生を意味し、私がこれを変えるべきだと感じたものは何もありませんでした。比較的少数の人々は、文字通りすべてを共有するために自分自身を準備するか、それに等しいです。

スーライダー財団は、第二次世界大戦後のホームレスを支援するために47年前に設立されましたが、その後、英国の病人や貧しい人々を含むようにその魅力を広げ、一連のヘルスケアホームと500のチャリティーショップがありました。

しかし、ここ数ヶ月、彼女は組織から疎遠になり、その名前をスーライダーケアに変更し、笑顔の太陽のイメージを支持して、彼女の伝統的なロゴ、思い出のためのローズマリーの小枝を落としました。ライダー夫人は怒り、病院に入る前に、彼女の元々の思いやりと苦しみの軽減の原則を信じ続けるために新しい組織を設立しました。


スーライダーウィキ、伝記、純資産、年齢、家族、事実など

あなたはスーライダーに関するすべての基本的な情報を見つけるでしょう。下にスクロールして、完全な詳細を取得します。スーについてのすべてをご案内します。チェックアウトスー ウィキ 年齢、伝記、キャリア、身長、体重、家族。お気に入りのセレブについて最新情報を入手してください。データは随時更新されます。

バイオグラフィー

スーライダーは有名な慈善家です。スーは1924年7月3日にイギリスのヨークシャーのリーズで生まれました。訴える 慈善家として人気のある有名でトレンドのセレブの一人です。 2018年現在、スーライダーは76歳(死亡時の年齢)です。スーライダーは有名なメンバーです 慈善家 リスト。

Wikifamouspeopleは、人気のセレブリストとしてSueRyderをランク付けしています。 Sue Ryderは、24年7月3日に生まれた人々と一緒にリストされています。慈善家リストに記載されている貴重な有名人の1人。

スー教育の背景と子供時代については何も知られていません。すぐに更新します。

詳細
名前 スーライダー
年齢(2018年現在) 76歳(死亡時の年齢)
職業 慈善家
誕生日 24年7月3日
出生地 リーズ、ヨークシャー、イギリス
国籍 リーズ

スーライダー純資産

訴訟の主な収入源は慈善家です。現在、彼の家族、人間関係、子供時代などに関する十分な情報がありません。まもなく更新されます。

2019年の推定純資産:10万ドルから100万ドル(約)

スーの年齢、身長、体重

スーボディの測定値、身長と体重はまだわかっていませんが、まもなく更新されます。

家族との関係

スーの家族と人間関係についてはあまり知られていません。彼の私生活に関するすべての情報は隠されています。すぐに更新します。

事実

  • スーライダーの年齢は76歳(死亡時の年齢)です。 2018年現在
  • スーの誕生日は24年7月3日です。
  • 星座:かに座。

- - - - ありがとうございました - - - -

インフルエンサーの機会

モデル、Tiktoker、Instagramインフルエンサー、ファッションブロガー、またはその他のソーシャルメディアインフルエンサーで、すばらしいコラボレーションを目指している場合。その後、あなたはすることができます 私たちに参加する Facebookグループインフルエンサーとブランドの出会い"。これは、インフルエンサーが出会い、コラボレーションし、ブランドからコラボレーションの機会を得て、共通の関心事について話し合うことができるプラットフォームです。

ブランドとソーシャルメディアの才能を結び付けて、質の高いスポンサー付きコンテンツを作成します


スーライダー-歴史

ワルシャワのレディライダー(1923-2000)

私たちの創設者であるスーライダーは、第二次世界大戦中に秘密の特殊作戦執行部のポーランドのセクションを務めました。彼女は並外れた勇気のある人々に出会い、人間が戦争に苦しんでいるのを見ました。平和が訪れたとき、彼女は大陸中の何百万人もの病気の、ホームレスの、そして貧しい人々のために救援活動を始めました。彼女は貧困と病気に立ち向かい、世界の他の地域で働き続けました。この慈善団体は1953年に英国で設立され、サフォークの田舎に最初のナーシングホームが設立されました。

スーライダーの強さと決意は、50年近くにわたる素晴らしい業績を支え、数十万人の人々の生活を変革するのに役立ってきました。現在、アイルランドには6つのセンターと30のショップがあり、マケドニアからマラウイまでの国際援助サービスを提供しています。

私たちの常勤およびボランティアのスタッフは常に慈善団体の中心を形成しており、私たちが新世紀に進むにつれてそうし続けます。


Przeczytajartykułwwersjipolskiej

スーライダー 英国の慈善活動家であり、世界中で幅広い慈善活動を確立しました。彼女は第二次世界大戦の犠牲者に敬意を表して国際慈善団体を設立しました。ワルシャワのレディライダーとして、彼女は英国貴族院に座っていました。彼女はポーランドとポーランド人の親友でした。ポーランドでは、30もの町にナーシングホーム、病院、ホスピスを設立しました。

スーライダーとしてよく知られているマーガレットスーザンライダーは、1923年7月3日、サフォーク郡の家族の集落であるリーズの市立病院で生まれました。家族の家は後に貧しい人々や犠牲者を助けるための避難所として使われました。

第二次世界大戦の勃発後、わずか16歳で、彼女は救急看護師の養成に志願しました。戦争中、スーザンライダーは、占領下のヨーロッパでの流用であるイギリス特殊作戦執行部(S.O.E.)のポーランド部門に勤務しました。 1944年8月、彼女はワルシャワ蜂起を支援していました。彼女は「チホチェムニ」ポーランド特殊部隊と緊密に協力しており、その勇気、決意、献身は彼女の将来に大きな影響を与えました。彼女の奉仕の間、彼女は人間の苦しみの巨大さに直接直面しました。戦争の終わりに、彼女はドイツの収容所の元囚人を救うのを手伝っていました。同時に、彼女は刑務所を訪れ、共産主義政権によって死刑を宣告された多くの人々の命を救った。これらの経験は、病人、ホームレス、そして人間の尊厳を奪われた人々のための慈善活動への継続的な関与をもたらしました。すぐに彼女の助けは他の大陸に到着しました。

背景には、バーバラ・カズマロウスカ・ハミルトンが描いた「スー・ライダー」の肖像画が描かれています。

1953年に、彼女は自分の名前の慈善団体を設立しました。 &#8220そこに&#8217sローズマリー、それは&#8217s追悼、祈り、愛、覚えている&#8221 –ハムレットからの引用とローズマリーの小枝は、人間の価値を守るために何百万人もの人々の生きた記念碑である財団のシンボルになりました、戦争中に彼らの命を捧げました。 Sue Ryder Foundationは、世界15か国に80を超える家を建て、今日では病人と苦しみに奉仕しています。

1978年まで、スーライダーは、ドイツの強制収容所の元囚人のために、英国への休暇とリハビリ旅行を企画していました。この形の支援は8000人もの人々、主にキャンプで苦しんでいるポーランド人に提供されました。第二次世界大戦の有名な英雄である夫のレオナルド・チェシャー(1917-1992)と、それ自体が慈善活動家である彼女は、人間の悲劇の影響を受けて、世界のさまざまな国で共同人道的行動を開始しました。

財団の活動に資金を提供する目的で、スーライダーは600以上の慈善店を設立しました。

どうやら、彼女のポーランドへの感情は、10代の頃、彼女がハンサムなポーランド特殊部隊の工作員「チホチェムニ」を愛していたことが一因でした。 &#8211彼は戦いで殺されましたが、ハッピーエンドでの愛ではありませんでした。しかし、スーライダーは、彼女の人生の残りの間、ポーランド人のために彼女の心の中で非常に特別な場所を保持しました。

ポーランドは常にスーライダーの焦点でした。 戦後すぐに、彼女は国際的なボランティアグループと共にポーランドとポーランド人を支援し続けました。ポーランドでは、彼女は30を超える介護施設を建設し、病人、孤独、ホームレスの人々を収容しました。今日ポーランドでは、多くの場所がスーライダーにちなんで名付けられています。ワルシャワにはスーライダー博物館があります。スーライダーに捧げられた世界で唯一の博物館で、小道具、録音、写真、幅広い通信文、彼女の人生を記録したアーカイブがあります。

ワルシャワのスーライダー&#8217s博物館

財団が1953年に英国で設立されたとき、スーライダーは、ドイツの強制収容所から救われたポーランド人、いわゆる「見当違いの人」によって支援されました。そのうちの何人かは、彼女が家族から受け継いだキャベンディッシュのスーライダーの家族団地に滞在していました。このハウスアンドエステートは最初のケアホームであり、主に最近の戦争の悲劇的な記憶とトラウマに悩まされていた人々によって占められていました。スーライダーと彼女の家族&#8211夫と2人の子供&#8211は1つの小さなアパートに住んでいました。彼らが他の居住者の使用のために与えた家の大部分。

ポーランド人を助けるための彼女の活動において、スーライダーは努力を強化し、ワルシャワ近くのコンスタンチンイェジオルナに病院を建設し始めました。ポーランドでは、彼女はグディニアに別の病院も設立しました。今日までグディニアには、地元コミュニティへの感謝のしるしとして、ピウスツキ通りの隣にあるセンターに彼女の名前の広場があります。さらに、彼女は腫瘍学センターと多くのソーシャルケアホームを設立しました– Psary、GóraKalwaria、Cracow、Radzymin、Popkowice、そしてポーランドの他の町に。

英国とポーランドでの彼女の財団は同様の目的を持っています。癌や神経疾患で不治の病を患っている高齢者や障害者、家族を失い孤独や病気になっている人々を支援することです。彼女の財団はすべてスーライダーのモットーに従っています。 目の前の人のためにできることをしてください&#8216。

1956年、スーライダーは、ポーランドの同僚やボランティアのグループとともに、ポーランドで50年間の任務に着手しました。彼女は彼らを強制収容所の元囚人、退役軍人とその家族の中に見つけました。それらの多くは何年にもわたって自発的に財団と協力しており、その当局の一部にさえなりました。スーライダーは共産主義時代にポーランドで彼女の財団を正式に登録することができず、彼女が建てたすべての家はポーランドの州に贈られました。ポーランドの財団は独立した法人格を持っており、ポーランドでの彼女の使命を継続するために創設者によって設立されました。スーライダー財団が公証人の証書の下でポーランドに正式に設立されたのは1991年7月だけであり、翌年に登録プロセスが完了しました。ポーランドの財団は独立した法人格を持っており、ポーランドでの彼女の使命を継続し、彼女が設立した家とその病棟の世話をするために創設者によって設立されました。

ポーランドのスーライダー財団は、旧英国財団を代表して行動する唯一の認可された団体です。慈善団体の目標には、苦しんでいる人や困っている人を助けること、貧しい生活条件の人、社会的および健康上の理由で除外されている人を助けること、そして彼らの苦しみを取り除くか軽減するために行動することが含まれます。

イワナゴリンスカ、スーライダーポーランドのエグゼクティブコンサルタントは、ポータルの英国ポーランド人に次のように述べています。私は2016年からSueRyder Foundationと提携していますが、Sue Ryder&#8216sFoundationに長い間興味を持っていました。私の家族は50年代からロンドンのスーライダーを個人的に知っていました。私はいつもスーライダーのショップをサポートしていました。私は自分の物を持ってきたり、友達へのプレゼントを買ったりするために熱心に訪れています。私には、戦後からロンドンに住んでいる友人や、共産主義の間にポーランドを離れて英国に向かった友人、スーライダーを知って支援し、彼女の活動を何年も助けてくれた友人がたくさんいます。 2016年にIwonaGolinskaは 英国のスーライダーポルスカ協会。彼女はさらに次のように説明しています。「このアイデアは、英国のポーランド人の間でスーライダーの意識を高めることです。100万人以上のポーランド人が英国に拠点を置いており、故郷のポーランドの介護施設を支援するのに役立ちます。私たちは母国で最も貧しい人々と最も弱い人々を助けます。ポーランドには、この分野で依然として大きなニーズがあります。私たちは心を動員する必要があります。私自身、障がいのあるお母さんの世話をしており、障がいの問題をよく知っています。私はどれだけの助け、良い心、良い言葉、そして毎日のケアが必要かを知っています。」

5月5日、ロンドンPOSKで、Iwona Golinskaは、英国のポーランドコミュニティで彼女のアイデアを宣伝するために、SueRyderに捧げられた非常に特別なイベントを開催しました。彼女は次のようにコメントしています。「ポーランド大使のアルカディ・レゴッキ教授に、私たちの常連客の生活と活動に捧げられた「スーライダー-人々の生活」と題された展示会の名誉後援者を個人的に与えるよう説得することができました。スーライダーに関する映画のプロジェクションと組み合わせる。それはスーライダーの人生と彼女の慈善の考えを広めることについての展示会でした。会議の一環として、英国スーライダー財団や、ハリナケントやボシェナラスキエヴィッチ博士など、スーライダーを個人的に知っている人々も招待しました。また、ワルシャワのスーライダー博物館を支援するためにいくつかの寄付を集めることができました。ポーランド人とイギリス人の両方を、スーライダーに捧げられたこの博物館に招待できることを嬉しく思います。「カルカッタのマザーテレサとよく比較される、偉大なサマリア人」です。

この展示会は、今年がポーランドと英国の外交関係の100周年であるという事実とうまく調和していました。ポーランドの親友であるワルシャワのスーライダー夫人は、両国間の良好な関係の良い例です。 POSKでの会議は、英国での&#8216ポーランドヘリテージデイズ&#8216の一環として開催されました。これは、英国のスーライダー財団が主催した最初の公的チャリティーイベントでした。

「私はすでに今日、ロンドンケンジントンのポーランドのオグニスコで会うようにあなたを招待することができます。それはスーライダーの死の20周年に開催されます(彼女は2000年11月に亡くなりました)。オグニスコのパトロンであり、スーライダーを個人的に知り、サポートしてくれたケント王子をこのイベントに招待しました」とイワナゴリンスカは言います。

ポーランドでは、Sue Ryder Foundationがチャリティーショップのネットワークを運営しており、使用に適しており、状態が良好である限り、誰でも持ち物を持ち込んで慈善目的で寄付することができます。 1つのチャリティーショップはワルシャワのモコトウ地区のバガテラ通りにあり、もう1つはジョリボルシェ、ビエラニー、ウォラにあります。これはワルシャワだけにあります。また、カトヴィツェとビエルスコビャワにもショップがあります。

ポーランドのグディニアにある&#8220Sue Ryder Square&#8221のプラークは、彼女は市の名誉市民であり、彼女の財団はそこでのがん病棟への資金提供を支援したと述べています。

Sue Ryderのすべての家は、病人や高齢者、つまり65歳以降にケアを必要としている人々、しばしば緩和ケアを支援することに重点を置いています。ケアホームは、スーライダーによってポーランドで資金提供され、ポーランドの州に寄付された施設です。現在、財団は15の介護施設を管理しており、そのうち14はスー・ライダーによって建設され、完全に設備が整っています。 Sue Ryderの最新のケアホームは、地方自治体の資金の助けを借りて、2006年にピエシュフニカのŚwiętokrzyskieVoivodeshipに設立されました。最初で最大の家は、ワルシャワ近くのコンスタンシン-ジェジオルナに建てられ、現在もそこにあります。

Iwona Golinska氏は、次のように付け加えています。創設者の意図に従った高齢者、病人、障害者、貧しい人々の運命。また、チャリティーのアイデアを広め、パトロン&#8211スーライダーの人生と成果に関する情報を共有するためにここにいます。私たちは、英国のすべてのポーランド人とポーランドの友人であるすべての英国人に、良好な関係を支援し、強力なポーランドと英国の社会的絆を築くことを勧めます。

「PortalBritishPolesのすべての読者に、Sue Ryderの死の20周年(2000年11月に亡くなりました)に開催されるイベントで、ロンドンのケンジントンにあるポーランドのOgniskoに集まるよう招待したいと思います。オグニスコのパトロンであり、スーライダーを個人的に知り、サポートしてくれたケント王子をこのイベントに招待しました」とイワナゴリンスカは言います。

テキスト:Iwona Golinska / British Poles

写真:IwonaGolińskaとSue RyderFundationのコレクション

Iwona Golinskaは、ハイテク業界のディレクターです。彼女が30年間住んでいるロンドンに拠点を置いています。彼女はサセックス大学でビジネスと金融を卒業し、その後キングストン大学キングストンビジネススクールで経済学を卒業し、そこで博士号を取得しました。彼女は、Ericcson、HP、Lucentなどの主要な情報技術企業でさまざまな管理職に就いていました。彼女は英国でスーライダーポーランドを設立しました。これは慈善団体の支援と社会的つながりの構築に取り組んでいます。既婚でアクティブな8歳の母親。


スーライダー

スーライダーCMG、OBEは苦しみの救済に専念する人道主義者でした。彼女は国際的に複雑なニーズと生命を脅かす状況にある人々を支援するために働き、彼女の名誉で名付けられたものを含む多くの慈善団体を率いました。

ライダーは1924年にリーズで生まれました。子供の頃、彼女は母親がリーズ周辺のスラム街の人々に援助を提供するのを手伝いました。第二次世界大戦の勃発に続いて、彼女は15歳で応急看護隊に志願し、入隊する年齢について嘘をついた。ライダーはすぐに特殊作戦執行部(SOE)のポーランドのセクションに割り当てられました。 SOEは、枢軸国に対するスパイ活動、妨害活動、偵察を担当しました。 Ryder served in Poland, North Africa, Italy and eventually Germany and saw the true devastation that the war had caused, including entering concentration camps.

After the war, Ryder volunteered to stay on in Poland and worked to find homes from those displaced during the war. Without her help, they would have had to resort to theft due to starvation and been arrested. Ryder later began bringing survivors from the concentration camps to England. Most of whom were sick and would require long term nursing. Ryder set them up in her mother’s house in Cavendish, Suffolk and the first Sue Ryder Home was born. In 1953, she founded the Sue Ryder Foundation in order to provide homes and domiciliary care teams for the sick and disabled internationally. Now simply named Sue Ryder, the charity operates more than 80 homes worldwide and has around 500 high street charity shops and 8,000 volunteers.

In 1979, Ryder was made a life peer, becoming Baroness Ryder of Warsaw, of Warsaw in Poland and of Cavendish in the County of Suffolk. She continued to support those in Poland whenever the need arose, and in 1989 she raised £40,000 through the Lady Ryder of Warsaw Appeals Fund and arranged lorries of medical and food air when communist rule in the country collapsed.

In 1998, she retired as a trustee and left Sue Ryder after a dispute with the other trustees. Two years later, she founded The Bouverie Trust (now known as The Lady Ryder of Warsaw Memorial Trust) to continue her charitable work. That same year, she died at the age of 77. Ryder was honoured for her humanitarian work during her lifetime, being appointed an Officer of the Order of the British Empire (OBE) in 1957 and appointed a Companion of the Order of St Michael and St George (CMG) in 1976. In 2016, it was announced that she would be honoured with a postage stamp by Royal Mail to celebrate her humanitarian work and the legacy she left behind.


Sue Ryder Job interview

I had an interview there about 4 years ago. Got the job
It was really simple and short. They just asked me why I wanted to work there, if I knew anything about Sue Ryder, and then when I was able to work. It was more of a chat as they also told me about what things I'd be doing and asked me if I'd be okay working possibly with people doing community service etc. I didn't know anything about the charity and it didn't matter. (元の投稿 katiee987)
I had an interview there about 4 years ago. Got the job
It was really simple and short. They just asked me why I wanted to work there, if I knew anything about Sue Ryder, and then when I was able to work. It was more of a chat as they also told me about what things I'd be doing and asked me if I'd be okay working possibly with people doing community service etc. I didn't know anything about the charity and it didn't matter. Don't stress out too much, remember it's only volunteering so won't be as intense as an actual job interview

Quick Reply

Related discussions

  • Volunteering
  • volunteering at Sue Ryder
  • Business Studies creating organisational structures! [HOMEWORK HELP!]?
  • Personal Statement - Gap year.
  • Can't get a part time job
  • Business Studies creating organisational structures!?
  • volunteering at sue Ryder
  • Applying for work experience at a charity??
  • A Levels/Medicine/Goals
  • Skills gained from volunteering at a charity shop
  • show 10 more
  • Volunteering
  • Medicine work experience
  • Are my medical school choices too risky? Help!
  • Getting out of a contract of employment
  • GIRLS - who are your girl crushes?
  • Should I Sue My University?
  • Primark christmas temp jobs
  • Ryder Cup 2014
  • Still Unemployed
  • Leave without notice HELP!

関連記事

Oops, nobody has postedin the last few hours.

Why not re-start the conversation?

  • ***Official Investment Banking 2022 Summer Internship Thread***
  • What's one game you'll probably never play?
  • A Jouney - AX Sleepy
  • TeachFirst International Students Sponsorship
  • Gcse mocks combined science
  • AQA GCSE Biology 8461 - Paper 1 - 14th May 2019
  • Barts and the London (QMUL) Malta 2021 Entry
  • So my parents had sex whilst I laid beside them as a baby tell me if it’s f up or not
  • Am I ugly
  • Are we over?
  • Last Person To Post Here Wins (Part 42)
  • HKU/ CUHK medicine non-jupas 2021
  • How do I talk to my boyfriend about my friend without coming off as insecure?
  • Official Cambridge 2021 Applicants thread Mk II
  • What's better The Gym or Pure Gym
  • Law and Spanish Law at KCL (or French/German law)
  • Hanxiety after drinking?
  • Official Cambridge Postgraduate Applicants 2021 Thread
  • UCAT (formerly UKCAT) 2022 entry discussions megathread
  • Staying at ex's place

Oops, nobody is replying to posts.

Why not reply to an un-answered thread?

  • Trainee dental nurse interview
  • Probation Process - PQIP assessment
  • Iceland application!!
  • Morrisons Online Test
  • Aldi store experience! help!!
  • rejected from costa lol
  • Chancellor to unveil 'kickstart job scheme' for 16-24 year olds
  • Recruitment agencies asking for copy of your passport
  • Amazon Fulfillment associate
  • Prep for interview at McDonalds
  • Previous skills and experience VS personal statement?
  • PQIP 7 Intake
  • Pqip probation officer programme
  • Boots application to instore interview
  • Why should I provide a bank statement for my interviewer?
  • Should I include my dissertation on my CV?
  • Is your permission to reside in the UK Time Limited? Meaning?
  • Rejected by Tesco's Online Screening. :/
  • Can someone review my cover letter for H and M?
  • What do you call a food stall worker?

See more of what you like onThe Student Room

You can personalise what you see on TSR. Tell us a little about yourself to get started.

Have you seen.

Is there enough early mental health support for young people in your local area?

Watched Threads

スポットライト

Oops, nobody has postedin the last few hours.

Why not re-start the conversation?

Oops, nobody is replying to posts.

Why not reply to an un-answered thread?

See more of what you like onThe Student Room

You can personalise what you see on TSR. Tell us a little about yourself to get started.

TSR Support Team

Get Started

Using TSR

TSR Group

Connect with TSR

© Copyright The Student Room 2017 all rights reserved

The Student Room, Get Revising and Marked by Teachers are trading names of The Student Room Group Ltd.

Register Number: 04666380 (England and Wales), VAT No. 806 8067 22 Registered Office: International House, Queens Road, Brighton, BN1 3XE


Ze života Sue Ryder

Informace o organizaci návštěv v domově pro seniory Sue Ryder - aktualizace k 1. červenci 2021

Fotogalerie: Letní hry aneb Poznej Sue Ryder

Dobročinné obchody Sue Ryder opět otevřeny! Uzavřen zůstává pouze obchod v Michli.

Fotogalerie: Po 15 měsících poprvé na výletě

Hledáme kolegy/ně na pozici všeobecná sestra

Fotogalerie: První felinoterapie v Sue Ryder


Lordshill and Lordswood Historical Society

I was so impressed with the Sue Ryder History and Legacy people, I have volunteered to join them and will be arranging venues for a series of talks around Southampton, and provide logistical support as necessary.

On 12 September the Sue Ryder team will talk to our history society at Manston Court, when I will be wearing my LHS hat, then a swift change of hats for a talk at Weston Court on 14 October, and then to Bassett Green at the end of November/early December (Date still to be finalised)., and lots of other places in 2012. It is going to be a busy year.

Having been the Lordshill Representative of SSAFA (Soldiers, Sailors, Airmen, and Families Association) for over five years, I will also be wearing a SSAFA hat and following a similar route with talks throughout 2012, starting with the one to be delivered to LHS at Manston court on 14 November when we will receive a visit from Mr. Bruce Hartnell, Secretary of SSAFA. Southampton Division

This blog is of course about the Lords Hill and Lords Wood Historical Society so I will try to keep to the point, but the other people just might creep in now and again, and again, and again.

To recap on our future programme:
12. Sep. The life of Lady Sue Ryder, OBE, and the work of Sue Ryder Care.
10. Oct. Penny Legg will talk to us about her latest book "Voices of Southampton"
14. Nov The Story of SSAFA
12. Dec The origins of Santa Claus, and Christmas round the world
9 .Jan Mulberry Harbour: Parts played by Southampton, Portsmouth, Gosport, and Hayling Island.

Some interesting things in the pipe-line for 2012, but more about them nearer the time.


Sue Ryder Wheatfields Hospice

Did you know that this year Sue Ryder Wheatfields Hospice is 40 years old?

We have been in the heart of Headingley for 40 years providing specialist palliative and end of life care to thousands of people across Leeds. Whether we’re supporting people in the hospice in our 18 bed inpatient unit, their own homes or our day care services, our focus is on quality of life – giving every patient the care and support they need to spend the time they have left in the way they choose.

We have respect for all beliefs, religions and cultures and tailor your care accordingly. We can offer a range of care services to support you and your loved ones whilst you are in our care. We offer 24 hour expert care, 365 days a year provided by a wide range of professionals including doctors, nurses, therapists, palliative care specialist consultants, social workers and spiritual support.

We give emotional support for you and those close to you, including children, and advice about practical issues such as money concerns, social benefits and accessing equipment and services. There is access to a variety of therapies such as physiotherapy, complementary therapies and occupational therapies. A team of expert Sue Ryder community nurse specialists can support you at home. Our CNS team works closely with GPs, families and community teams to ensure patients receive expert care personalised to their needs

We are housed in one of Headingley’s most impressive Grade ll listed manor houses set in our own leafy grounds. Formerly known as Wheatfield Lodge, the house is a splendid Italian villa style property built around 1855. The inside of the building is equally impressive with marble Ionic columns, wrought iron balustraded stairs, and decorated friezes.

In 1855 Wheatfield Lodge was a family home. It became a regional seat of government in the Second World War and then afterwards was the base for the West Riding Squadron of the Royal Auxiliary Airforce. It then became a special school and Leeds City Council Training Centre for people with mental and learning difficulties before being taken over by the Sue Ryder Foundation in 1977. It opened as a hospice in 1978 and is now a comfortable home for all our activities.

We are a charity and all the services provided at Sue Ryder Wheatfields Hospice are completely free to patients and their loved ones, but we can only continue to do this thanks to the generosity of our supporters.

We also have a fabulous on-site charity shop that sells fantastic good quality items from clothing to bric-a-brac, bags and shoes as well as selling new goods. And it also features a lovely café where you can just relax while grabbing a delicious cup of coffee or tea.

Would you like to help us celebrate our 40th anniversary? Join us on Saturday 20 October on our Starlight Hike, a great event open to women, men and children www.sueryder.org/WheatfieldsSLH

If you would like to know more about what we do please visit www.sueryder.org/Wheatfields

Or you can also pop in for a visit and look out for a Wheatfields Rock of Kindness. We have a number of beautiful painted rocks hidden in our gardens, find one, take a photo and share it on Facebook, and then hide it again so someone else can find it!

Kate Bratt-Farrar
Hospice Director, Wheatfields Hospice
Grove Road, Leeds LS6 2AE
0113 278 7249
www.sueryder.org/care-centres/hospices/wheatfields

Read more about the history in The Wheatfields Story 1854-2002, from Family Home to Care Centre by Ronald Nelson Redman, published by Great Northern Books Ltd in 2002.
Read more about the Wheatfields building in D Linstrum, West Yorkshire Architects and Architecture, London, 1978


利点

Today, all the Sue Ryder stores run on LS Retail technology. The company has experienced several benefits from its new technology:

  • Lower cost of inventory. For its new items, the company now uses automated replenishment. The system automatically re-orders specific items, based on pre-set criteria. “Now we finally know what stock is selling, and what we need, in real time,” says Larcombe. “Replenishment is much more effective than it used to be, and it has brought stock holding down, saving us money.”
  • Smarter store space management。 With real-time inventory information, the company can manage space more effectively, for example giving more space and visibility to popular item categories.
  • Real-time decision-making。 Sue Ryder can now track business in its stores in real time, and take data-based decisions, quicker. “We can see how busy our stores are, what’s selling, and make judgements to improve the business,” says Larcombe.
  • Very quick employee training。 “Having a till that is simple, clear, clean, and easy to use, is of great value for us,” says Larcombe. The volunteers in the Sue Ryder stores, some of whom are seniors who have no previous retail experience, can use the till easily after a short 45-minute training。 “The training mode on the LS Retail till has been extremely useful, our volunteers can practice without doing transactions, and usually grasp it very quickly,” Larcombe adds.
  • Contactless and remote functionality. Sue Ryder can now offer contactless card payments. The company is also able to increase the limit automatically without having to send an engineer to the store locations. Both of these options proved very valuable during the Covid-19 restrictions.
  • Ability to run 3 companies within one database. The sales in the Sue Ryder stores are assigned to three separate companies. One manages second-hand and donated items, a second one is for new goods, and a third one sells lottery tickets (managed in partnership with a local lottery company). Today, all sales can be processed at the same till, and the system automatically moves the revenue to the right company, also calculating the VAT in the case of sales of new items.

“The LS Retail software solutions has enhanced our shops,” says Larcombe.

Sue Ryder plans to delve further into the system’s functionality. “We are looking into the LS Retail promotions and offers modules. We have just scratched the surface with what we can do with our new system,” Larcombe says.

The LS Retail solution has made work in the shops easier. We can see what products we have available and make judgments, like understanding what we need to buy, that increase our profit.


ビデオを見る: חזה עוף בסו-ויד. בלוג סו-ויד ישראלי (かもしれません 2022).