ニュース

中戦車T4 /中戦車M1

中戦車T4 /中戦車M1


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

中戦車T4 /中戦車M1

中戦車T4 /中戦車M1は、Christieスタイルのコンバーチブルランニングギアを使用した最後の中戦車であり、Christie M1931 /中戦車T3から開発されたコンバットカーT4をベースにしています。

クリスティー製のM1931 /中戦車T3のうち4台が騎兵隊に渡され、戦闘車T1として知られていました。 1933年、ロックアイランドアーセナルはコンバットカーT4として設計の修正版を作成しました。これは約1トン軽量で、9.6トンで、クリスティー式サスペンションシステムを使用し、完全に機関銃で武装しており、正面装甲が傾斜していました。

T4

中戦車T4もロックアイランドアーセナルで製造され、一部は戦闘車T4をベースにしています。それはコンバットカーと同じ長さでしたが、幅が広く、わずかに高くなっています。それは、コイルスプリングで支えられたピボットアームに取り付けられた、両側に4つの大きなロードホイールを備えた同じクリスティーサスペンションを使用しました。このシステムはトラックの有無にかかわらず使用でき、T4はホイールで35〜37mph、トラックで20〜23mphに達する可能性があります。 T4の最大の技術的改善は、制御された差動ステアリングの使用でした。これは、以前のタンクで使用されていたクラッチブレーキシステムに取って代わりました。クラッチブレーキシステムは低速でも問題なく動作しましたが、クリスティータンクが達成するような速度には適していませんでした。

T4は、傾斜したフロントプレートの後ろに、運転手と機関銃を前に置いた4人の乗組員を乗せました(戦闘車T4と同様ですが、後のM4シャーマンと家族的によく似ています。T4は中型の戦車で、砲塔には0.50インチと0.30インチの機関銃がそれぞれ別々のマウントで搭載されていました。装甲も非常に薄く、最大5/8インチから1/4インチまでの範囲でした。砲塔の形状はかなり不格好で、後半分は円形で、2つの機関銃のマウントにステップダウンしていました。

1935年から36年にかけて、16台のT4がロックアイランドアーセナルに建設されました。それらはアバディーン性能試験場でテストされ、力不足であることがわかりました。

T4E1

T4の後には、3つの非常に異なるT4E1が続きました。これらは砲塔が取り外され、新しいバーベット構造が船体上部に取り付けられ、線路の上部まで伸びていました。砲塔からの0.50インチと0.30インチの機関銃はバーベットの前面に取り付けられ、船体前面の機関銃も保持されていました。さらに3丁の機関銃が追加され、バーベットの両側に1丁、後部に1丁、合計5丁の0.30インチ砲と1丁の0.50インチ砲が追加されました。

1936年2月6日、兵器部門はT4とT4E1を中戦車M1として標準化することを推奨しましたが、副将軍はT4が軽戦車M2よりも優れておらず、2倍高価であるという理由でこれを拒否しました。勧告は1939年3月30日に繰り返され、今回はヨーロッパでの戦争がこれまで以上に起こりそうな状況で、T4とT4E1がコンバーチブル中戦車M1限定標準として受け入れられました。生産された19両の戦車のうち18両は、1940年3月に廃止が宣言されるまで、フォートベニングで使用され続けました。

統計(T4)
生産:16
船体の長さ:16フィート1インチ
船体幅:8フィート2インチ
高さ:7フィート3インチ
乗組員:4
重量:13.5トン
エンジン:コンチネンタル7気筒268hp
最高速度:35mphのホイール、15〜20mphのトラック
最大範囲:
兵装:3丁の機関銃
アーマー:1 / 2〜5 / 8インチ

統計(T4E1)
製造:
船体の長さ:16フィート1インチ
船体幅:8フィート2インチ
高さ:7フィート4インチ
乗組員:4
重量:15トン
エンジン:コンチネンタル7気筒268hp
最高速度:40mphのホイール、25mphのトラック
最大範囲:
兵装:6丁の機関銃
アーマー:1 / 2〜5 / 8インチ


軍隊

1932年には、当時は見過ごされていたが、それ以来、タンクトラックのパフォーマンスに革命をもたらしたトラック開発がありました。これはゴムで覆われたトラックでした。最初のタンクが建設されて以来、「キャタピラー」タイプのトラクターで使用するために発明された「ドライピン」トラックを使用していました。ドライピントラックの寿命は非常に短く、500マイルを超えることはありませんでした。これは、トラックピンブッシングに汚れが入り、ピンが摩耗したためです。陸軍とティムケンベアリングカンパニーによって1932年に開発されたT1ゴムブッシュトラックは、乾いたトラックピンの代わりに柔軟なゴムブッシュを使用していました。最初のゴムでブッシュされたトラックでさえ、1,000マイル以上走りました。これらは、依然として米陸軍の戦車軌道設計の基本要素です。

1932年に導入された2番目のタンクの革新は、ボリュートスプリングサスペンションでした。時計のバネのように端を巻いた棒です。一方の端は内側のコイルで、もう一方の端は外側です。その大きな利点は、非常に頑丈で、最も強力なコンパクトスプリングであるため、タンクサスペンションシステムのスペースを最小限に抑えることができます。これは、リーフ、コイル、またはトーションバースプリングに必要なスペースのほんの一部です。

新しいコンポーネントのテストと開発が行われている間、陸軍はクリスティーズの設計も追求していました。陸軍は、これらの問題のために、クリスティーズ以外にもいくつかの開発ラインを追求することを決定しました。これは、第二次世界大戦でイギリス人とロシア人の両方がクリスティーズで経験した問題に照らして、非常に先見の明のある決定であることが判明しました。

この頃、後に兵器部の大将であったグラデオンM.バーンズがトーションバーサスペンションの特許を取得しました。トーションバーサスペンションは、タンクハルの側面ではなく底部にスペースを取ります。このプロジェクトが開始された直後に、ロックアイランドアーセナルはT4戦闘車と思われる13トンのT4ミディアムを製造しました。しかし、戦闘車に許可されている規制よりも重かった。 T4ミディアムは後に特別な砲廓のトップハルを試すためにT4E1として再構築されましたが、T4E1もT3E4ミディアムクリスティーもあまり成功したとは見なされませんでした。

1934年、ロックアイランドアーセナルは37mm砲、リアエンジン、フロントドライブを備えた砲塔設計のT2ライトを製造しました。重量は6.5トンで、120馬力のエンジンで時速約25マイルの速度が得られました。ヴィッカースアームストロング6トン戦車のサスペンションのバージョンを使用しました。それは適度に良い車でしたが、同時に作られた別のデザインほど良くはありませんでした。

1934年にロックアイランドアーセナルに建設された2つの実験用戦車は、第二次世界大戦で使用された米陸軍の戦車の開発に多大な影響を及ぼしました。 1台はT2E1軽戦車で、もう1台は実質的に同一のT5戦闘車でした。これらの機械は、前輪駆動、ボリュートスプリングサスペンション、ゴムブッシュの長寿命トラックを備えた、リアマウントの空冷星型航空機エンジンを初めて組み合わせました。彼らは素晴らしい成功でした。彼らは時速45マイルで走ることができたので、クリスティーデザインの兌換性は不要でした。彼らは優れた機動性を持っていました。トラックの寿命は1,500マイル以上であることが判明し、激しい操縦中に戦車はトラックを投げませんでした。彼らの全体的なパフォーマンスは、当時の他のどの戦車でも前例のないものでした。

1936年に、T2E1ライトの改良されたツインタレットモデルが標準化され、ロックアイランドアーセナルでM2ライトタンクとして生産されました。それに伴い、シングルタレットバージョンが標準化され、M1戦闘車として生産されました。これらの戦車は砲塔の配置を除いて同一であり、大成功を収めた第二次世界大戦の軽戦車シリーズの最初のものでした。 M2軽戦車とM1戦闘車が標準化されるまで、陸軍の在庫に残っている標準戦車は、第一次世界大戦のタイプのみでした。フランスのルノー設計の6トンモデル1917と40トンのマークVIIIです。ブリティッシュタイプ。陸軍は、初期の陸軍実験のいくつかとともに、戦車兵の訓練と教育のためにそれらをまだ使用していました。

1934年にロックアイランドアーセナルに建設された別の実験用戦車は、同じ新しい設計機能を共有していました。 T3ライトと呼ばれる、それはうまく機能した砲塔のない3トンの機械でしたが、陸軍がそれを必要としなかったので、それは決して追求されませんでした。

標準化された軽戦車と戦闘車を持っている陸軍は、中戦車を必要としていました。 1937年、ロックアイランドアーセナルはT5フェーズIミディアムを設計および製造しました。そのパワートレインは、M2軽戦車とM1戦闘車から派生し、リアエンジン、フロントドライブ、ボリュートサスペンション、ラバーブッシュトラックを備えています。砲塔の37mm砲に加えて、.30口径の機関銃を搭載した4つのコーナー砲廓がありました。 350馬力のラジアル空冷航空機エンジンを搭載し、時速26マイル以上を実行できました。サスペンションとトラックのパーツは、新しい軽戦車と戦闘車のものと同じでした。それは成功でした。

中戦車プロジェクトのその後の変種には、1938年のT5フェーズIIとT5フェーズIIIが含まれ、後者はより広く改良されたボリュートサスペンションとゴムブッシュトラックを採用していました。 1939年に、この設計は標準化され、M2中戦車として生産されました。

1939年に、生産M2媒体が、発電所としてギバーソン星型空冷ディーゼルエンジンをテストするために使用されました。これはT5E1と呼ばれていました。 1939年までに、ロックアイランドアーセナルはM2中戦車を製造し、T2E2中戦車に取り組んでいました。 T2E2は、M2の下部船体と動力列車を使用し、上部に機関銃砲塔、右前隅に75mmパック榴弾砲、後部隅に機関砲廓を備えた独自の新しい上部船体を備えていました。船体の大口径大砲をテストするための実験機以外の目的ではなく、十分に機能することが証明されました。

1932年に導入されたゴムブッシュトラックは現在も使用されています。第二次世界大戦までさかのぼると、セットは交換前に5,000マイルまで走りましたが、それ以上のことはありません。


シャーマンM4A1中戦車:最初と最後に製造されました。

NS彼は実質的にM4と同じ戦車であり、同じモーターと自動車のシステムと兵器を備えていました。主な違いは、キャストされた上部船体でした。上部の船体は1つの巨大な単一の鋳造物でした。これは当時の鋳造技術では非常に難しいことであり、ドイツ人は再現できなかったものであり、高度な技術とそれを行うために必要な設備が不足していました。ハッチからホイール、砲塔、主砲まで、すべてがM4や他のシャーマンモデルと交換可能でした。

NSM4A1は、他のどの船体タイプよりも生産時間が長くなりました。また、船体の弾薬ラックに装甲をキャストした改良された大型ハッチ船体、76mm砲を備えたT23砲塔、ウェット弾薬ラック、HVSSサスペンションシステムなど、すべてのアップグレードが見られました。シャーマンがこれまでに製造した最後のM4A176HVSS戦車は30両でした。 M4A1は、コブラ作戦中に改良されたM1砲塔とT23砲塔での戦闘使用を最初に見たものでもあります。これらの戦車は、イスラエルのM51シャーマンの基礎にもなります。 3つの工場が2月42日から45年7月まで、すべての砲塔タイプで9527台のM4A1を製造しました。

NSアメリカ海兵隊はケープグロスターキャンペーン中にこれらの戦車の1つの会社、すべての小さなハッチM4A175戦車を使用しました。これは、米海兵隊によるこのタイプの唯一の使用でした。

NSM4A1は、75mmと76mmの両方の砲塔で使用される大きなハッチハルを含む大規模なアップグレードを見ました。

M4A1ガン情報:スモールハッチM4A1用に1つだけ


これらの線画は、製造時間に基づいてさまざまなM4A1バリアントを示しています。

NS彼の図面は、ドライバーとコ・ドライバー用の直視ポートを備えたM4A1タンクを示しています。これらのポートにより、弾丸の飛沫が乗員室に入る可能性があります。これらの港は初期のM4、M4A1、M4A3、M4A4戦車にもありました。ほとんどの工場は生産タンクからDVポートをかなり早く排除しましたが、1つの工場は1944年までそれらを残しました!この戦車は、船体とスポンソンに保護されていない弾薬をすべて保管します。

NS彼のバージョンでは、DVポートがなくなっていることがわかりますが、それでも短い防盾と初期の台車があります。

NS彼のバージョンは後期生産の小型ハッチM4A175戦車です。クイックフィックスの改善、スポンソン弾薬ラックの鎧のすべてのアップグレードがあります。砲塔の床にある小さな装甲の4または6ラウンドの読み取りラック、砲塔の近くの砲塔の薄い場所にある頬の装甲ですが、このヴィンテージには、より厚い鋳造が改善された砲塔もあります。頑丈な台車に注意してください。

M4A1モデル仕様書:初期および中期の戦争。

PDFバージョン:M4A175ミッドスペックシート

M4およびM4A1の初期の技術マニュアルであるTM9-731Aからのいくつかの画像。

M4A1 75mmギャラリー:米陸軍のメインタンク

M4A1 75戦車、おそらくイタリアにありますが、北ヨーロッパにもある可能性があります。タンクのバックデッキにはたくさんのものがあります。 この画像のM4A1は、ケープグロスターキャンペーンで海兵隊が使用するまれなケースです。シャーマンを湿ったジャングルの地形で戦わせるには、多くの地域に丸太道を建設する必要がありました。

エルアラメインの2回目の戦闘であるライトフット作戦が始まる直前に、第9女王のロイヤルランサーズの初期のM4A1シャーマンが集まりました。写真は1942年10月下旬に撮影されたもので、この時点でシャーマンM4A1は最先端の戦車でした。

M5軽戦車を搭載した初期のM4A1。私は州でトレーニングを賭けましたが、それは北アフリカかもしれません。 陸軍訓練映画からのM4A175のショット、行進中の警備。この映画はハリウッドの助けを借りて作られ、スタジオのバックロットの1つで撮影されました。 これは、行進中の陸軍訓練映画セキュリティからの別のショットです。司令官は彼の後ろの戦車に合図を送り、彼は彼の後ろの戦車に合図を繰り返します。 今回は乗組員が&#8216Security on the March&#8217からさらに多くの静止画を作成し、運転手が戦車を覆い隠しているところを案内しています。 初期のM4A175のカラーショット、おそらく北アフリカ、またはカリフォルニアの砂漠戦訓練センター。

うまく復元された中期から後期の生産M4A175。 もう1つのうまく復元されたM4A175、これはかなり早い段階ですが、DV戦車ではありません。これはプレーンズ・オブ・フェイムのM4A1だと思います。 日本人からフィリピンを奪還するキャンペーン中にマニラのサンチャゴ要塞に入るM4A1。

イギリス人、またはカナダ人のシャーマンIIの乗組員は、十分に満足しているようです。おそらく、当時世界最高の戦車に乗っていることを知っているでしょう。


M1エイブラムスの主力戦車は、現在米国陸軍が使用している戦車です。これは、M1A2 SEPv2などのバリエーションが最新の第4世代標準にアップグレードされた、高性能の第3世代戦車です。

しかし、M1エイブラムスは機動性の問題に悩まされており、米国は戦車の代替品を探しています。

要約すると、アメリカとロシアの両方が世界で最も有能な戦車のいくつかを構築し、構築し続けています。

NASCARの殿堂入りベニーパーソンズは、わずか750フォードのうちのこれを所有し、彼の所有地に復元しました。

アーロンは、父親のジョークと世界中でヒッチハイクをする傾向があることで最もよく知られています。ニュージーランド出身なので、この放浪するキウイがどこに現れるかはわかりません(実際にはニュージーランドの場合もあります)。アーロンは会計を卒業したかもしれませんが、よりアウトドアで冒険的なライフスタイルが彼に適していることがすぐに明らかになりました。彼は執筆に熱心で、何年もの間世界中で英語を教えてきました。オタクである彼は、英語の過去や未来の歴史など、さまざまな興味のあるトピックを研究することに常に興味を持っています。


戦車T-4に関する質問

投稿者 karlik &raquo 2012年9月16日、18:41

再:タンクT-4に関する質問

投稿者 カール・シュワンバーガー &raquo 2012年9月16日、20:11

。 Cunningham&ampSonsに明確に帰属しています。

T4中戦車については、こちらをご覧ください:http://mailer.fsu.edu/

..そして途中までスクロールダウンします。これがCunningham&ampSonsによって作成されたかどうかはわかりません。

政治的な理由から、一部の追跡および砲塔付き車両が「戦闘車両」と呼ばれていたことに注意してください。

再:タンクT-4に関する質問

投稿者 phylo_roadking &raquo 2012年9月16日、20:34

..そして途中までスクロールダウンします。これがCunningham&ampSonsによって作成されたかどうかはわかりません。

カール-あなたはそれがロックアイランドアーセナルによって建てられたと言っているそこの線から離れていることを意味しますか?

クリスフォスの戦車とAFVの百科事典を見ると、J。カニンガムとサンズはクリスティーのためにT1「コンバットカー」を個人的に製造しました。だからA.Kirkサイトをもう一度見てください-

クリスティーT1、T3、T3E2、T3E3

1932年に、これらの改良されたChristie戦車のうち7台が、合計で241,500ドル(調整後のドルで、10年ごとに2倍の価格に基づくと、軍事基準では安価)のテスト用に提示されました。これら7台のうち、3台は歩兵に引き渡され、T3中戦車になります。残りの4台はT1コンバットカーと呼ばれ、騎兵隊に渡されます。

..クリスティーズの製造請負業者であるカニンガムはもはや関与していませんでした。


主力戦車トップ10

多くの場合、世界で最高の主力戦車である多くの質問を受け取ります。これが最も優れた最新のMBTであり、その理由です。トップ10の分析は、保護、火力、精度、機動性の総合スコアに基づいています。ここにリストされている戦車はいずれも、軍事作戦中に互いに戦闘を行ったことがありません。また、鎧の構成など、機密性が高いものもありますが、これらのマシンについてはよく知っています。それらの保護、射撃場、精度、射撃統制システムの機能などに関するデータは広く入手可能です。したがって、これらの各タンクの機能を知っています。この分析は、仕様と入手可能なデータに基づいています。

ここで言及されているすべての戦車は、信じられないほど強力で破壊的です。ただし、実際の戦車の性能は乗組員のパフォーマンスに依存するため、戦車の乗組員の訓練も重要な要素です。

このリストには、プロトタイプ段階で現在開発中のタンクや、生産に到達しないタンクは含まれていません。ここでの唯一の例外は、テストと評価のために少数生産されたが、まだ大量生産されていないロシアのアルマタです。

現在、世界でトップ10の最高の戦車は次のとおりです。

これは、実績のある成功したLeopard2デザインの最近のバージョンです。それは追加の鎧と更新された電子機器を持っています。

Leopard 2A7は、RPGラウンドやIEDなどの従来型および市街戦の脅威から十分に保護されています。

この戦車は、強力な主砲と高度な射撃統制システムにより、他の戦車と比較して精度が高く、射程が長くなっています。数多くの国際戦車チャレンジ大会で、レオパルト2シリーズの戦車は、全体的なパフォーマンスの点で、アメリカのM1A2 SEP、イギリスのチャレンジャー2、フランスのルクレール、その他のいくつかの戦車を上回りました。

このMBTは、実績のあるマルチ燃料ディーゼルエンジンを搭載し、1500馬力を発生します。重量の増加にもかかわらず、サスペンションコンポーネントの改善により車両の機動性が向上しました。クロスカントリーのパフォーマンスは、他のLeopard2シリーズの戦車と同様です。

ドイツ軍は、Leopard2A6からアップグレードされた20台のLeopard2A7MBTの最初のバッチを注文しました。配達は2014年に開始されました。ドイツ軍は50から150の戦車を2A7標準にアップグレードすることを計画しています。カタールはこれらのMBTのうち62を注文し、サウジアラビアは200以上を注文しました。

現在、ブラックパンサーは世界で最も先進的な主力戦車の1つであり、北朝鮮や中国が持っているものを凌駕しています。さらに、これはこれまでで最も高価な主力戦車です。 K2ブラックパンサー戦車の納入は2016年に韓国軍に開始されました。2017年の時点で、少なくとも100両の戦車が納入されました。韓国の要件は、これらの新しい戦車のうち約300両です。これらは最終的に古いK1戦車に取って代わります。

この戦車は、非公開タイプの複合装甲と爆発反応装甲モジュールを使用しています。フロントアーマーは、L55砲から発射される120mmの戦車弾からの直撃に耐えると言われています。その保護レベルは、K2がはるかに軽いことを考えると、M1A2エイブラムスの保護レベルとほぼ同じです。ブラックパンサー戦車には、アクティブな保護システムと対抗策システムが装備されており、戦場での生存率がさらに向上します。

この新しい韓国の戦車は、ドイツのレオパルト2A6および2A7で使用されているものと同様に、最新のドイツの120 mm / L55砲で武装しています。この戦車は非常に高度な射撃統制システムを備えており、人間のオペレーターからの入力を必要とせずに、目に見える車両サイズのターゲット、さらには低空飛行のヘリコプターを自動的に発見、追跡、発射できます。 K2は高度な弾薬も使用しています。

ブラックパンサーには強力なディーゼルエンジンが搭載されています。高速で、最先端のハイドロニューマチックサスペンションを備えています。

M1A2 SEPは、M1A2エイブラムスの後継です。この戦車は信じられないほどの技術と装甲を持っています。また、それは戦闘を見てきました。これは最も恐れられているMBTの1つです。

M1A2 SEPは、すべての有名な対戦車兵器に対して重要な保護を提供します。この主力戦車は劣化ウラン層で補強された高度な装甲を使用しています。

その火力と精度は、120 mm / L44滑腔砲が短いため、Leopard2A7や韓国のK2BlackPantherよりもわずかに劣っています。それでも、それはまだ手ごわいパンチを詰め込んでいます。

その複雑なガスタービンエンジンは優れた性能を提供しますが、膨大な量のメンテナンスと後方支援が必要であり、燃料が渇いています。

多くの古いM1、M1A1、M1A2戦車がこの標準にアップグレードされました。タンクには、都市環境での生存性を向上させるタンクアーバンサバイバルキット(TUSK)を取り付けることもできます。今日まで、戦闘で破壊されたエイブラムス戦車はほとんどありません。

M1A2 SEPは、米国陸軍(少なくとも900)で使用されています。この戦車は2050年以降も使用される予定です。M1A2SEPはまだ輸出されていません。ただし、以前のM1A2はクウェート(218)とサウジアラビア(373)に供給されています。

非常に有能な戦車です。チャレンジャー2は最新のチョ​​バムアーマーを備えており、今日世界で最も保護されているMBTの1つです。それは直接射撃兵器に対して非常に高いレベルの保護を提供します。

このイギリス戦車は、非常に正確な120mmライフル砲で武装しています。その銃は、他のすべての最新のMBTで使用されている滑腔砲とは対照的にライフリングされています。その最大照準範囲は5km以上です。現在、チャレンジャーは戦車から戦車への最長キルの記録を保持しています。

チャレンジャー2のエンジンは、西洋のライバルよりも強力ではありません。また、他のMBTほど高速ではありません。しかし、このタンクはその機械的信頼性で有名です。

チャレンジャー2は、英国(386)およびオマーン(38)で使用されています。

Armataは、新世代の新しいロシアの主力戦車です。試作戦車は2015年に初めて公開されました。2018年にロシア国防省はこれらの新しい戦車の最初のバッチを注文しました。正確な注文番号は明らかにされていませんが、約60台の戦車が注文された可能性があります。最初の生産タンクは同じ年に配達される予定でした。使用が開始されると、Armataは、ますます時代遅れになる老朽化したT-72、T-80、およびT-90タンクを徐々に交換します。

Armataは、多くの高度な機能を備えたすっきりとしたシートデザインです。現在のT-90とはほとんど共通点がありません。また、アルマタは前任者よりもはるかに大きいです。

その仕様は分類されていますが、アルマタは世界で最も保護されている戦車の1つである可能性があります。鋼、セラミック、複合材料で作られた新開発のベースアーマーを備えています。また、アルマタには新しいマラキットアドオンの爆発反応装甲があります。 Armataには、現在開発中の新しいAfghanitアクティブ保護システムが搭載されることが報告されています。しかし、2018年には、アフガニトの開発に後退があるように見えました。ただし、2018年までに、このシステムのプロトタイプは完成せず、テストの準備ができていませんでした。この戦車は、半自動誘導で敵のATGWに攻撃される可能性を減らす新しい対抗手段システムを備えています。

この戦車は3人の乗組員によって操作されます。すべての乗組員は、船体の前面にある十分に保護された装甲セルに並んで座っています。このようなクルーレイアウトを備えた最初のプロダクションMBTです。戦車は、搭乗員のセルが無傷である限り、貫通した装甲でも動作できます。

Armataは、完全に無人の砲塔を備えた世界初の生産MBTでもあります。これは、以前のロシアの戦車砲よりも正確な新しい125mm滑腔砲で武装しています。この戦車は、通常の発射体と同じ方法で対戦車誘導ミサイルを発射できます。銃はオートローダーで完成します。この戦車にはハンターキラー能力があります。

このタンクには1200馬力のディーゼルエンジンが搭載されていると報告されています。

この新しいロシアのMBTの導入は、西側で騒動を引き起こしました。現在、ドイツや英国などの多くの国は、この新しいロシアの戦車がもたらす脅威に対抗するために、戦車をアップグレードしたり、新しい設計を開発したりしようとしています。

メルカバMk.4は、最新のイスラエルの主力戦車です。以前のメルカバMk.3の後継です。メルカバMk.4は2004年に採用されました。

これは、世界で最も保護されている戦車の1つです。このMBTは、フロントマウントエンジンを備えた珍しいデザインで、戦車がノックアウトされた場合でも乗組員を保護し、生き残るチャンスを与えます。改良されたMerkavaMk.4 Meil​​ Ruach戦車には、戦闘で実証済みのTrophyアクティブ保護システムが装備されており、対戦車ミサイルやロケットを破壊します。この戦車は、空中発射誘導ミサイルや高度なトップアタック対戦車兵器からも十分に保護されています。

イスラエルの戦車は、先住民族の120mm滑腔砲で武装しています。 Merkava Mk.4には、いくつかの非常に高度な機能を備えた新しい射撃統制システムが装備されています。それらの1つは、従来の弾薬を使用して低空飛行のヘリコプターに対して発砲する高いヒット確率です。

メルカバMk.4の機動性は、強力なエンジンを搭載しているにもかかわらず、重量が大きすぎるため平均的です。

すべてのメルカバシリーズの戦車には、軍隊や貨物を装甲の下で運ぶために使用できる後部コンパートメントがあります。弾薬が降ろされるとき、それは最大10人の軍隊を運ぶことができます。

メルカバMk.4はイスラエルで使用されています。これらの戦車はすでに合計360両が建造されており、イスラエル国防軍からさらに300両が発注されています。長い間、これらの戦車は輸出できませんでした。しかし2014年には、イスラエルがこれらの戦車の多くを非公開の顧客に輸出すると報告されました。

日本の90式戦車は、三菱重工業がドイツのクラウスマッファイおよびMaK戦車メーカーと協力して開発しました。ドイツのレオパルト2と多くの外部的な類似点があります。90式戦車は1989年に日本の陸上自衛隊によって正式に採用されました。本格的な生産は1992年に開始されました。最も高価な生産MBT。当初の日本軍の要件はこれらの戦車のうち600両でしたが、単価が高いために製造されたのは約340両でした。当時の日本の法律では軍装備品の輸出が許可されていなかったため、この戦車は輸出されませんでした。

このMBTは、ライセンスに基づいて日本で製造されたドイツのラインメタル120mm滑腔砲を装備しています。それはすべての標準的なNATO120mm戦車弾を発射します。 90式戦車の珍しい特徴は、この戦車にバッスルに取り付けられた自動弾薬装填システムが装備されていたことです。当時、ソビエトと中国の戦車だけがオートローダーを持っていましたが、これらは西洋の戦車では使用されていませんでした。オートローダーは、ローダーの必要がなかったので、乗組員を3人に減らすことができました。

この日本の戦車は、独立した指揮官の視界を持つ射撃統制システムを備えています。

このタンクのもう1つの珍しい特徴は、ハイドロニューマチックサスペンションを備えていることです。これにより、このMBTは「ニール」または「リーン」になり、多くの利点が得られます。

2012年、新しいタイプ10戦車が日本の陸上自衛隊に採用されました。ただし、90式戦車よりもはるかに小型で軽量です。技術的にははるかに進んでいますが、実際には現在、世界で最も先進的な戦車の1つですが、保護が劣っています。その主な役割は、敵の戦車と戦うのではなく、その火力で歩兵を支援することです。

このフランスの主力戦車は1992年に就役しました。全体として、成功した設計です。ルクレールの多くの設計上の特徴は、後に他の西洋の戦車で使用されました。ルクレールは、多くの平和維持活動や軍事作戦で使用されました。

このフランスの戦車は、追加のモジュラー装甲を備えた高度な複合装甲を備えています。保護レベルは脅威に合わせて調整できます。砲塔と船体の屋根は、トップアタックの弾薬に耐えるように設計されています。ただし、保護の観点から、ルクレールはUSM1A2エイブラムスやブリティッシュチャレンジャー2などの戦車に匹敵することはできません。

この戦車は120mm / L52砲で武装しています。このMBTは、3人の乗組員によって操作され、バッスルに取り付けられた自動弾薬装填システムが装備されています。静止ターゲットと移動ターゲットの両方に対して高いヒット確率があります。また、ハンターキラーエンゲージメント機能もあります。ルクレールは、1.5〜2 km離れた場所にある6つのターゲットと、1分以内に95%のヒット確率で交戦できると言われています。それは印象的な結果です。

この戦車には戦場管理システムが搭載されています。コマンドポストタンクの位置、弾薬の量、残りの燃料を自動的に報告します。

このタンクは、1500 hpのエンジンとハイドロニューマチックサスペンションにより、優れた機動性を備えています。

現在、フランス(406)およびアラブ首長国連邦(388)でサービスを提供しています。

ソビエト連邦の崩壊に伴い、ウクライナはT-80UD主力戦車の開発を続けました。この戦車の最新バージョンはOplot-Mです。

Oplot-Mには、新世代の爆発反応装甲が装備されています。このMBTは、その前身の自動弾薬装填システムから継承されました。弾薬は、ブローアウトパネルを備えた独立したコンパートメントではなく、メインコンパートメントに保管されます。装甲が貫通されると弾薬が爆発して乗組員を殺し、戦車を破壊する可能性があるため、この戦車の重大な欠点です。

この最新のウクライナ戦車は、西側のライバルほど長距離射撃に対して正確ではありません。ただし、この戦車は通常の弾薬と同じ方法で対戦車誘導ミサイルを発射できます。これらの最大範囲は5kmです。

Oplot-Mは、熱視力を備えた独立した指揮官の照準器を備えており、戦車にハンターキラーの交戦能力を与えます。

このウクライナの戦車は、より高度な追加装甲、より強力なエンジン、優れた射撃統制システムを備えているため、ロシアのT-90よりも優れています。ただし、より強力なエンジンの点でのみ、最新のロシア軍のT-90Mよりも優れています。

Oplot-Mはウクライナ軍の裁判を完了しました。しかし、資金が限られていたため、ウクライナ軍のサービスには参加しませんでした。このタンクの唯一のオペレーターはタイです。現在、Oplot-Mは少数生産されています。ウクライナ軍は、少数の古くて能力の低いOplot戦車を運用しています。

T-90は現在、ロシアで大量生産されている唯一の戦車です。欧米のライバルほど洗練されていませんが、実績のある技術を使用しており、費用対効果に優れています。現在、世界市場で最も商業的に成功している主力戦車です。また、それは現代のMBTの中で最も安いものの1つです。 T-90は現在、ロシア(約700)、アルジェリア(305)、アゼルバイジャン(20)、インド(620)、トルクメニスタン(40)、ベネズエラ(50)で使用されています。

100)。 T-90Mは最新バージョンであり、2019年からロシア軍によって使用されています。元のT-90に比べて多くの改良が加えられています。

T-90はプロファイルが小さいため、ターゲットを攻撃しにくくなっています。 T-90の大きな欠点は、カルーセルタイプのオートローダーのためにメインコンパートメントに弾薬が保管されていることです。 Once the hull is penetrated onboard ammunition detonates by killing all the crew and destroying the tank. This drawback is common to all Soviet, Russian, Ukrainian and recent Chinese MBTs. Western tanks have a separate compartment in the turret bustle with a blow-out panels.

The T-90 is not as accurate against long-range targets, however it can launch anti-tank guided missiles in the same manner as ordinary munitions.

The latest T-90M uses a significantly improved fire control system than the original T-90. It has advanced sights with thermal vision, as well as panoramic commander's sight, which would allow to detect and engage targets faster. Though most other modern tanks use this system already.

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Home Aircraft Helicopters Tanks Armored Vehicles Artillery Trucks Engineering Vehicles Missiles Naval Forces Firearms | Contact Us
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


M4 Sherman Tank

T he M4 Sherman, officially 'Medium Tank, M4,' was the primary tank used by the United States during World War 2, and was also distributed to other Allied forces. It was the first American medium tank with the main gun mounted on a fully traversing turret.

More than 50,000 Sherman tanks were produced,and its chassis served as the basis for numerous other armored vehicles such as tank destroyers, tank retrievers, and self-propelled artillery. Only the Soviet T-34 tank was produced in larger numbers. Sherman tanks were also adapted with flails for mine-clearing, bulldozers, bridge-layers, flame-throwers, and other devices.

The M4A1 was an early version of the Sherman tank, The model used by the Marines weighed 34 tons, mounted a 75mm gun, and had frontal armor some three inches thick. Although a more formidable weapon than the 16-ton high tank, with a 37mm gun, the medium tank had certain shortcomings. A high silhouette made it a comparatively easy target for enemy gunners, and narrow treads provided poor traction in muddy conditions. The most lethal problem of the Sherman was it's inferior 3 inch thick armor. The Sherman could not withstand much punishment from enemy tanks and even the panzerfaust (a German equivalent to the bazooka) would focus a heat blast into the Sherman's armor and punch a hole clean through the armor without much difficulty. American tank crews had to compensate for this in a variety of ways. One, was to tie tree trunks to different parts of the tank for additional protection. Another was to add a sharpened bulldozer to the front of the Sherman so tank crews could pop through hedge and tree lines anywhere as opposed to heavily-defended choke points. These did not make the Sherman better than its German counter parts but merely increased its survivability. Only later increases in gun size and armor thickness gave the Sherman a fighting chance against German tanks crews.

ピクチャー

Shown at left, in descending order:

Sherman M4 tank on display at the New Jersey National Guard museum

Iwo Jima - Weary troops of Company G, 2d Battalion, 24th Marines, rest in a ditch, guarded by a Sherman tank. They are waiting for the tanks to move forward to blast the numerous pillboxes between Motoyama Airfields No. 1 and No. 2.

New Britain - Marine infantrymen, some of them using the M1 rifle for the first time in combat, and a Sherman tank form a deadly team in the comparatively open country near the Cape Gloucester airfields.

Iwo Jima - The crew of the Sherman tank "Cairo" awaits a repair crew to replace its tread after it hit a Japanese mine. Note wooden sheathing on sides of vehicle to protect against magnetic mines. Damaged vehicles became prime enemy targets.

Italy - M4 TANK PULLING BATTLE SLEDS AROUND A CURVE to demonstrate sleds' flexibility, Nettuno, Italy.


The Abrams Tank Is Powerful, But It's No M60 Patton

A descendant of Korean War-era tanks, the M60 was an example of how incremental advances in military technology could progressively better fighting machines.

Here's What You Need To Remember: Even the M1 Abrams, first introduced alongside the M60A3 TTS, has gone through several rounds of upgrades. The M60 looks likely to serve into the third decade of the twenty-first century—or further.

During the Cold War, one U.S. Army main battle tank served longer and fought on more battlefields than any other. While the world is familiar with the now-iconic M1 Abrams tank, the M60 tank served during an important time in American history, defending key American allies and provided the U.S. Army in Europe with a solid, dependable tank to fend off the armored hordes of the Soviet Union and the Warsaw Pact. A descendant of Korean War-era tanks, the M60 was an example of how incremental advances in military technology could progressively better fighting machines.

The M60 tank was originally based on the M48 Patton tank. Fielded in the early 1950s and itself based on the M47 and M46 tanks, the Patton featured advanced fire control that gave it nearly a 50 percent chance of a first-round hit at 1,500 meters, a reduction in crew from five to four, and a hemispherical turret that gave excellent crew protection. The downside of the M48 was a mediocre 90-millimeter main gun and appallingly bad range (seventy miles). Despite these mixed reviews, the Patton was rushed into production in 1953.

In 1956, British intelligence acquired information regarding the new Soviet T-55 medium tank. A radical departure from the wartime T-34 series, the T-55 featured the D-10T 100-millimeter rifled gun. This new threatened to outgun NATO armies whose tanks were largely equipped with 90-millimeter guns, and as a result, the United Kingdom developed the 105-millimeter L7 gun. Known as the M68 in American service, integrating the gun into the Army’s tank fleet became a high priority.

Unfortunately, the L7 gun was not only larger than the standard 90-millimeter gun but used larger shells. This necessitated a turret redesign to accommodate the new gun which increased the internal volume of the turret while giving it a lower profile. The army also threw in a new 750 horsepower diesel engine and and also improved the level of protection in the form of flat-rolled glacis armor on the front of the hull. The new tank was designated M60 and began rolling off production lines in 1960. Some 15,000 M60s of all types rolled off assembly lines in Detroit, Michigan.

The first upgrade to the M60 line, the M60A1, introduced a new turret mounted spotlight, new turret interior with improved ergonomics, an infra-red night vision system, and an improved reliability engine. Both M60 and M60A1s were sent to Israel to arm the Israeli Defense Forces (IDF), and were designated Magach 6 and 7, respectively. IDF M48 Pattons and M60s performed well in during the 1973 Yom Kippur War, but suffered heavy losses when tanks outpaced infantry and ran into Egyptian antitank teams fielding AT-3 Sagger antitank missiles. The Israelis also discovered that the M60’s highly pressurized turret hydraulic fluid tended to catch fire, a major hazard to crews bailing out of damaged tanks.

The army’s quest to develop a tank with leap-ahead antitank technologies led to the second M60 variant, the M60A2. The A2 replaced the gun and turret of the A1 with a redesigned turret and a 152-millimeter gun/missile launcher. This would allow the M60A2 to engage enemy tanks at long distances with the Shillelagh antitank missile, allowing for a high probability of hit at ranges of up to 3,000 meters, while using 152-millimeter gun shells for closer range and lightly armored targets. Unfortunately the gun/missile launcher proved unreliable, as the recoil from firing the gun shells wreaked havoc with the missile launcher’s sensitive electronics. The caseless design of the gun rounds also expelled hot debris inside the tank, threatening to detonate rounds held at the ready. The M60A2 was not considered a success, with only 600 built and serving for a short time with the U.S. Army Europe before being withdrawn from service.

The last U.S. version of the M60, the A3, was fielded in 1978. The M60A3 was primarily an upgrade of the tank’s electronics and fire control systems, as was meant as a stopgap improvement for M60 units until they were ultimately replaced by the M1 Abrams. The A3 upgrade included a new ballistic computer, an improved fire control system that allowed the main gun to fire accurately on the move, and a laser range finder. However, the greatest improvement was the AN/VSG-2, otherwise known as the Tank Thermal Sight (TTS), which gave the M60 a passive night vision thermal imaging capability as good as that on the new M1.

In the early 1980s, as the U.S. Army was distracted with the deployment of the brand-new Abrams tank, development of the M60 shifted to Israel. The 1982 Israeli invasion of Lebanon saw IDF M60s roll out with a number of improvements, including one of the earliest examples of explosive reactive armor, a 60-millimeter mortar for nighttime battlefield illumination, and a second machine gun for suppressing enemy antitank missile teams. Perhaps most important of all were the Israeli-designed M-111 “Arrow” armored piercing, fin-stabilized discarding sabot round for the L7 gun, which demonstrated its ability to pierce the armor of Syrian T-72 tanks thought to be invulnerable. Israel claimed to have destroyed nine T-72s in Lebanon with the Arrow round. The Arrow was subsequently purchased by West Germany, South Africa and China.

The end of the Cold War saw the U.S. Army eliminate its fleet of M60s entirely in favor of the M1 series of main battle tanks. The U.S. Marine Corps was slower transitioning to a modern tank fleet, and during the 1991 Persian Gulf War was still operating M60A1 tanks. Fears that the Marines’ older tanks would be outclassed by Iraqi T-72 tanks led to U.S. Army armored brigade equipped with M1A1 tanks to be attached to the 1st Marine Division, although the Marine M60A1s ended up performing well.

Although the M60 no longer serves with U.S. forces, it still serves around the world in countries such as Turkey, Morocco, Saudi Arabia, Taiwan and Egypt—often in an upgraded capacity. In one case, Israeli companies conducted extensive upgrades to Turkish M60s, including an Israeli-designed 120-millimeter gun, a new fire control system, applique armor, and new running gear, bring them up to the M60T (Turkey) status. In 2016, Raytheon announced the M60A3 Service Life Extension Program (SLEP), which added the 120-millimeter M256 gun of the M1A2 Abrams and a new, all-digital fire control system developed for the U.S. Army. Engine output has been increased 200 horsepower to 950hp.

The M60 tank was a classic example of how a progressive system of upgrades can keep a weapon system viable for a half century or more. While the M60 was an early case of this, as time goes by the majority of the Pentagon’s hardware is taking this route, as the M16 rifle becomes the M4 carbine, and air force tankers and bombers built in the 1960s prepare to fly into the 2020s. Even the M1 Abrams, first introduced alongside the M60A3 TTS, has gone through several rounds of upgrades. The M60 looks likely to serve into the third decade of the twenty-first century—or further.

Kyle Mizokami is a defense and national-security writer based in San Francisco who has appeared in the Diplomat, 外交政策, War is Boring そしてその Daily Beast。 In 2009, he cofounded the defense and security blog Japan Security Watch。 Twitterで彼をフォローできます。 @KyleMizokami.


Best Tanks in Tier 7

Smasher

As we move to tier seven, we see the first inclusion from the hybrid nation category, this comes in the form of tier seven heavy tank, the smasher. This one is a tank that uses brute force to address its enemies. With a firepower of 56% it can lay waste to a lot of tanks within its tier. Plus, this firepower is supplemented with decent accuracy of 44% and protection of 44% also.

Where this tank suffers is in the mobility department with only a rating of 25%. Which means that if you’re caught in a bad spot, you are best to shoot your way out rather than high tail it. This tank is best suited for players that favour destruction over all else.

IS-2 Pravda SP

We treat you to two heavies in this tier with the other star performer being the tier seven heavy tank, the IS-2 Pravda SP. This one is a well-rounded vehicle that isn’t the master of any area but offers versatility that isn’t common among most heavy tanks. This bulky vehicle has the protection of 47%, efficiency of 53%, the firepower of 39% and manoeuvrability of 43%.

It’s hard to be critical of this tank as it has no clear weak areas. However, its biggest flaw is the lack of stand out attributes. However, if you want a heavy tank that plays quite similarly to a medium, then this is the one for you.


A destroyed Iraqi T-55 main battle tank, painted with graffiti by Coalition troops, lies amidst other destroyed vehicles along the highway between Kuwait City and Basra, Iraq, following the retreat of Iraqi forces from Kuwait during Operation Desert Storm.

The T-55 has seen a huge number of variants and upgrades — far too many to list here. But these variants have served to both adapt the tank to the particular militaries for which it was used and to update the tank with later technology.

The T-55 was constantly upgraded throughout its service life to keep it relevant on the battlefield. The later variants were near unrecognizable to the first ones.

In summary, the T-55 was one of the most successful Soviet tanks ever produced.

The 1967 Camaro Pace Car is one of just a hundred made.

Aaron is best known for his dad jokes and his tendency to hitchhike around the world. Hailing from New Zealand, you just never know where this wandering Kiwi will turn up (occasionally its actually New Zealand). While Aaron may have graduated in accounting, it soon became clear that a more outdoorsy and adventurous lifestyle is what would suit him. He has a flare for writing and has taught English around the world for years. A nerd, he is always interesting in researching different topics of interest including the past and the future history of English.