ニュース

エルカノPG38 ---歴史

エルカノPG38 ---歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

エルカノ

以前の名前は保持されます。

(PG38dp。G20; 1。165'6 "; b 26 ';dr。10'; S 11k。
cpl。 103; NS。 4 4 "r.f.)

エルカノ(PG-38)は、1885年にスペインで鉄で建造されました。 1898年5月1日のマニラ湾海戦中に陸軍に捕らえられた。 1899年11月9日に海軍に移籍。カビテで海軍用に装備され、1902年11月20日に就役したA.G.ウィンターハルター少佐が指揮を執った。彼女は1920年7月17日にPG-38に再分類されました。

1902年12月26日、マニラから出航したエルカノは、他の2つのスペインの戦争賞、ビジャロボスとポンペイと共に揚子江パトロールを発足させました。 1903年2月からの上海に基づいて、彼らの使命はアメリカの市民と財産を保護し、中国人との友好関係を促進することでした。 1907年10月20日、エルカノはカビテに戻り、1907年11月1日に任務から外されました。

1910年12月5日に再就役したエルカノは、1911年3月にアモイを拠点とするチャイナステーションに戻り、第一次世界大戦まで続きました。1917年4月にマニラに呼び戻され、戦争が終わるまでマリヴェレスとコレヒドールをパトロールしました。エルカノは1920年2月3日に上海に戻り、揚子江パトロールに再び加わった。 2日後、彼女は南西に少しダッシュして、不運なイギリスのタンカー、ブリスベンを探しました。彼女はチュサン諸島全体に問い合わせたところ、ブリスベンの石油の多くが先住民の所有物であることがわかりましたが、タンカー、45人の男性、または船長の妻の痕跡はありませんでした。

Elcanoは、中国海域での8年間の勤務中によく知られるようになりました。 1921年7月、彼女は海兵隊をイチャンに上陸させるのを手伝い、ステーションシップとして、1922年9月までアメリカの生命と財産を保護しました。彼女は上海の基地からパトロールを続け、政治情勢に関する情報を入手し、アメリカ市民のいる港を訪れました。地元の役人やアメリカ領事と協議するために彼女の将校を上陸させた。

1926年と1927年の中国革命の間、エルカノの職員は、時代の混乱に直面する際に、計り知れないタクト、忍耐、そして判断力を必要としました。彼女は難民を内部から移送し、戦争で荒廃した国の無法状態から逃げる人々の集中を船団に送りました。 1927年3月24日、南京で大規模な衝突が発生し、アメリカ総領事館などが安全のために集まったソコニーヒルで包囲されました。エルカノは、大虐殺を防ぐために丘の周りに置かれた弾幕に加わった。

1927年11月、エルカノは、建設中の砲艦のために組み立てられた乗組員のために上海で新兵収容艦としての新しい地位を与えられました。彼女は廃止されました
1928年6月30日、1928年10月4日に沈没するまでターゲットとして使用されました。


USSピルスバリー(DD-227)

USS ピルズバリー (DD-227)はクレムソン級駆逐艦で、1922年からアジア艦隊に所属し、1942年3月2日、はるかに大きな日本軍を攻撃した後、日本の水上艦に沈められました。

NS ピルズバリー 米西戦争中の米海軍士官であり、当時北大西洋艦隊の参謀長であり、航海局の長であったジョンE.ピルズベリーにちなんで名付けられました。彼はまた、メキシコ湾流の専門家でもありました。

NS ピルズバリー (DD-227)は、1919年10月23日にフィラデルフィアのクランプ&rsquosに配置され、1920年8月3日に打ち上げられ、1920年12月15日に就役しました。

最初、彼女は大西洋予備艦隊の第39師団第3飛行隊に加わりました。 1921年5月、彼女はニューヨークを訪れ、夏の拠点であるニューポートに引っ越しました。

ピルズバリー アジア艦隊で長年務めました。

1923年の秋、彼女は揚子江パトロール軍に所属し、漢口と上海を訪れました。その後、彼女はフィリピンに戻り、12月11日に米国艦隊の一部を形成し、中国海関総税務局の一部を包囲しないように国民政府を説得するためにカントンに派遣されました。

1925年6月から7月に、彼女は上海での不安の時期に上海での米国の利益を保護するのを助けるために男性を上陸させました。参加した人は誰でも上海遠征メダルの資格を得ました。

1927年3月、蔣介石国民革命軍が南京を攻撃しました。戦闘中、西洋人に対して一連の攻撃が行われ、強力な海軍が都市に派遣されました。 NS ピルズバリー は、1927年3月24日のナショナリスト陣地への砲撃を支援し、作戦に参加した多数の米国駆逐艦の1隻でした。

1928年1月、彼女は再び揚子江にいましたが、その月の後半に冬の訓練のためにフィリピンに向けて出発しました。 1928年9月20日から28日まで、彼女は乗組員にレクリエーションの時間を与えるために長崎を訪れた駆逐艦隊の一員でした。戦隊は9月29日にアラクリティベイでの夜間発見練習に参加し、その後、廃止された砲艦USSを沈めました。 エルカノ (PG-38)10月4日の長距離射撃練習用。

1926年9月11日から1928年10月25日までの9期間に彼女に仕えた人は誰でも、揚子江奉仕メダルの資格を得ました。

1932年2月、彼女は、日本人が上海を攻撃した後、米国の利益を保護するために上海に送られた多くの米軍艦の1つでした。

1935年4月の前半に ピルズバリー法王 フィリピン南部でクルーズを実施。 1935年10月、彼女は香港を訪れた後、 ピアリー、教皇ブラックホーク フランス領インドシナへの親善訪問、10月16日にトゥーラン、10月22日にサイゴンを訪問し、11月にマニラに戻る。

1937年9月、彼女は当時中国人の手で青島を訪れましたが、間もなく日本人に捕らえられました。

1937年7月7日から1938年9月7日までの5期間に彼女に仕えた人は誰でも、中国戦線従軍章の資格を得ました。

1939年6月、彼女はスワトウの駅船であり、市内にいることが知られている48人のアメリカ人を保護していました。日本人は攻撃しようとしており、すべての外国勢力に彼らの市民と軍艦をその地域から追い出すよう警告した。彼らの攻撃は1939年6月21日に始まりましたが、 法王 補強を提供するために彼女の道を進んでいました。限られた戦闘中に米国市民が脅迫されなかった場合、 ピルズバリー によって駅船として安心しました 法王 1939年7月1日。

アメリカ海軍戦闘船の辞書は、 ピルズバリー 太平洋戦争の勃発時に。彼女自身のエントリは、 ピルズバリー 1941年11月27日にフィリピンから離れるように命じられた船の1つであり、日本人が真珠湾を攻撃したときに彼女をボルノエに配置しました。ただし、 ピアリー (DD-226)には ピルズバリー 日本人が1941年12月10日に攻撃し、火を消すのを手伝ったとき、カビテで。のエントリ タナガー (マインスイーパNo.5)には ピルズバリー 襲撃中に損傷した。

1月13日 ピルズバリー そしてその ボイジー ティモールのクパン湾を出たばかりの護送船団に加わり、同日遅くにスンバワのサレ湾に到着した。

彼女の次の役割は、 マーブルヘッド ( 一緒に 教皇、ジョン・D・フォード パロット)彼女がセレベスのケマ沖の日本船の報告を調査したとき。アメリカ人が到着するまでに日本人は去っていたので、彼らはクパン湾に戻り、1月18日に到着した。

1月21日から28日の間に、 ヒューストン 護衛 ポーク大統領 木曜島からスラバヤまで。 NS ピルズバリー それが海にいる間にこの力に加わった。

2月14日 ピルズバリー 日本軍を攻撃するためにスマトラ島南部からドアマン少将の下で海に出たABDA軍の一部でした。 2月15日、この艦隊はバンダ海峡で日本の航空機に攻撃され、実際に攻撃された船はありませんでしたが、ドアマンは引き返すことにしました。

NS ピルズバリー 日本のバリ侵攻を阻止しようとしたABDA軍の一部でした。彼女はバリ島沖海戦(1942年2月19/20日)で戦った。この夜の行動では、4隻の日本の駆逐艦がはるかに大きな連合軍と戦った。戦闘中、 ピルズバリー 日本の1隻の船に3発の魚雷を発射しましたが、ヒットはありませんでした。その後、彼女はサーチライトに照らされ、発砲しました。戦いの終わりに向かって、彼女は駆逐艦でいくつかのヒットを獲得することができました 満潮、 (一緒に ジョン・D・エドワーズTromp)。 彼らの間で彼らは13人を殺し、83人の日本人乗組員を負傷させた。 満潮 戦闘後、安全に牽引されなければなりませんでした。

この戦いの後、 ピルズバリーパロット (DD-218)は両方とも、Tjilatjapに移動し、新鮮な魚雷を搭載し、簡単なオーバーホールを受けるように命じられました。

NS ピルズバリー USSとの計画されたランデブーに向かっている間、3月2日の夜にすべての手で失われました フェニックス (CL-46)。暗闇の中で、彼女は強力な日本軍、4隻の戦艦、5隻の巡洋艦、空母に遭遇しました。 蒼龍 連合国の船が逃げるのを防ぐためにジャワ島の南に配置された駆逐艦戦隊4。 NS ピルズバリー 日本艦隊に直接向かっていることが検出されました。日本人は発砲する前に、この行動に一時的に当惑した。 NS ピルズバリー 3隻の巡洋艦と2隻の駆逐艦から火事で沈没し、戦闘の唯一の報告は、戦闘に参加した日本人のその後の尋問からのものでした。かどうかは明確ではありません ピルズバリー 最寄りの日本船を フェニックス、または夜の魚雷攻撃を試みることにしました。

ピルズバリー 第二次世界大戦の任務、1941年12月8日のアジア艦隊作戦、1942年3月のバドエン海戦(1942年2月19-20日)で2つのバトルスターを獲得しました。


スペインの練習船 フアン・セバスティアン・デ・エルカノ

フアン・セバスティアン・デ・エルカノ スペイン海軍の訓練&#8197shipです。これは、4マストのトップセール、鋼製の船体のバーケンティン(スクーナー&#8197barque)です。長さ113メートル(371フィート)で、世界で3番目に大きい高さの帆船であり、その寿命で2,000,000航海マイル(3,700,000 km 2,300,000マイル)以上をカバーする最も遠い帆船です。

スペインの探検家フアン&#8197セバスチャン&#8197エルカーノ、フェルディナンド&#8197マジェランの最後の探検艦隊の船長、そして世界の最初の世界一周を完了した男にちなんで名付けられました。船はエルカノのコート&#8197of&#8197armsを運びます。これは、マゼランの世界遠征から1522年にエルカノが戻った後、皇帝カール1世によって家族に与えられました。紋章は「PrimusCircumdedistiMe」(「最初に私を一周する」という意味)をモットーにした地球儀です。


2009年1月20日火曜日

USSエルカノ(PG-38)


図1:USS エルカノ (PG-38)中国のどこか。 第一次世界大戦の米国軍艦の礼儀。写真をクリックすると拡大画像が表示されます。


図2:1920年代に中国の杭州で行われた米海軍の揚子江パトロールの船の一部。地元のジャンクやサンパンもいくつか存在します。アメリカ海軍の船は(左から右へ):USS イザベル (PY-10)USS ヴィラロボス (PG-42)およびUSS エルカノ (PG-38)。 ドナルドM.マクファーソン、1969年の礼儀。米国海軍歴史センターの写真。写真をクリックすると拡大画像が表示されます。


図3:USS (潜水艦#8)1910年頃、フィリピン、オロンガポ海軍基地のデューイ乾ドックで。砲艦 エルカノ また、右の背景の乾ドックにあります。 ドナルドM.マクファーソン、1978年の礼儀。米国海軍歴史センターの写真。写真をクリックすると拡大画像が表示されます。


図4:少佐A. G.WinterhalterはUSSの最初の指揮官でした エルカノ、ガンボートNo.38。ウィンターハルターは最終的に1915年7月9日に大将に昇進しました。その日、彼はまた、米国アジア艦隊(CINCAF)の最高司令官に任命されました。 米国議会図書館、写真ggbain21511。写真をクリックすると拡大画像が表示されます。


図5:USSの米海軍の写真 エルカノ (PG-38)、日付は不明。 写真をクリックすると拡大画像が表示されます。

エルカノ スペインのカディスにあるカラカアーセナルによって1895年に建造された620トンの鉄砲艦でした。スペインは彼女をフィリピンに送り、1898年5月1日のマニラ湾海戦中に米国に捕らえられました。 エルカノ 1898年11月9日に正式に米海軍に引き渡され、フィリピンのカビテ海軍造船所に砲艦として使用するために装備されました。この船は、1902年11月20日にUSSとして正式に米海軍に就役しました。 エルカノ (砲艦38号)、A.G。ウィンターハルター中尉が指揮を執っています。 エルカノ 長さ約165フィート、幅26フィートで、最高速度は11ノットで、乗組員は103人の将校と男性でした。砲艦は4門の4インチ砲と4門の6ポンド砲で武装していました。

エルカノ 1902年12月26日に、他の2隻の元スペイン砲艦と共にマニラを出発しました。 ヴィラロボスポンペイこれらの3隻の小型船は、米国の揚子江パトロールを正式に発足させ、中国のアメリカ人の生命と財産を保護し、中国人との友好関係を促進することを任務としました。過去に多くの小型アメリカ砲艦が中国に送られましたが、長江を特別にパトロールするために米海軍内に公式ユニットが設立されたのはこれが初めてでした。 エルカノ 彼女がカビテに送り返され、1907年11月1日に廃止されるまで、1907年10月20日まで上海の駅に留まりました。

エルカノ 1910年12月5日に再就役し、1911年3月に中国に送り返されました。彼女は第一次世界大戦が始まるまでアモイに拠点を置いていました。小さなガンボートは1917年4月にマニラに呼び戻され、マリベレス沖の海域をパトロールするように割り当てられました。戦争が1918年11月に終わるまでのCorregidor。 エルカノ 1920年2月3日に上海に戻り、再び揚子江パトロールの一部になりました。 7月17日、船はPG-38に再分類されました。

8年以上の間、 エルカノ は揚子江パトロールの重要な部分であり、中国の軍閥や海賊との数多くの小競り合いで戦っていました。これらの小さな「事件」は揚子江で一般的であり、米国の砲艦は、米国市民を救助し、米国の財産、領事館、大使館を保護するために何度も呼び出されました。 1921年7月、 エルカノ イチャンへの米海兵隊の着陸を支援し、1922年9月までそこに駐留しました。彼女はまた上海からの作戦を継続し、アメリカ市民が住み、働いていた多くの港を訪れて「旗を示しました」。 エルカノ&#8217sの将校も、地元の役人やアメリカの執政官と話し合うために何度も岸に出ました。多くの若い将校は揚子江パトロールで最初の訓練を受けました、そしてこの経験は彼らのキャリアの後半で彼らにとって計り知れない価値がありました。

1926年と1927年の中国革命の間、 エルカノ&#8217sの乗組員は混乱の中で国に立ち向かいました。多くの場合、彼らは危険な状況に直面し、「正しい」量の力だけで返答しなければなりませんでした。の指揮官 エルカノ 比較的軽微な問題で大きな国際事件を起こしたくなかったので、重武装した中国の軍閥や海賊に対処する際には、大きな判断と巧妙さが必要でした。いくつかの機会に、 エルカノ 中国の奥深くから難民を輸送し、海岸に連れ戻しさえしました。 1927年3月24日、 エルカノ 南京市で中国の軍閥との大規模な戦闘で重要な役割を果たしました。そこでは、アメリカ総領事館などがソコニーヒルに包囲され、最終的に武装したアメリカ人の船員によって救助されました。 エルカノ 丘のふもとの周りの中国の陣地の砲撃を支援し、アメリカの外交官が虐殺されるのを防いだ。

1927年11月、高齢の砲艦は新しい任務を与えられ、建設中の新しい砲艦に乗船するために上海に集まった乗組員の受け入れ船として機能しました。 エルカノ 1928年6月30日に廃止され、同年10月4日に対象船として沈没しました。

USS エルカノ 彼女はもともと米海軍のために建てられたことがないという事実を考えると、素晴らしいキャリアを持っていました。現代の戦争で実際に捕獲された軍艦はほとんどなく、捕獲した海軍に何年も残っている軍艦はまだ少ない。しかし エルカノ アメリカ海軍にほぼ30年間の優れたサービスを提供し、若い将校と男性に優れた経験を提供しました。同時に、彼女は、政治的および軍事的混乱に絶えず悩まされていた国で、アメリカの外交官、市民、および財産を保護するのを手伝いました。彼女はまた、1941年12月7日にアメリカが第二次世界大戦に正式に参入した直後まで解散しなかった長江パトロールの創設メンバーの1人でした。


Laststandonzombieisland

ここLSOZIでは、毎週水曜日に離陸して、1859-1946年の古い蒸気/ディーゼル海軍を見て、毎週異なる船のプロファイルを作成します。これらの船には生命があり、物語はすべて独自のものであり、時には最も奇妙な場所に連れて行かれます。 &#8211クリストファーエゲル

軍艦2016年5月18日水曜日:スペインの砲艦a-go-go

ここに私達は見る 一般的なコンチャ-クラス カニョネロ (砲艦) エルカノ 彼女がなった直後 USSエルカノ(PG-38) あるコモドールデューイの活動のためです。彼女は合計44年の苦労を続けました。

1882年3月3日、スペイン、カディスのカラカアーセナルによって制定されました。 エルカノ 垂線間長(165&#8242オール)の間にわずか157&#821711&#8221の小さな軍艦であり、全負荷でわずか620トンでスケールを傾けました。ゆっくりと、彼女は11の結び目を作ることができました。しかし、彼女ができることは、わずか10フィートの水に浮かび、スペイン人が問題を抱えていたフィリピンの浅い沿岸沿岸の周りに、2つの120mmローアングル銃、1つの90mm、4つのノルデンフェルトQF、2つのホワイトヘッド魚雷発射管を運ぶことでした。しばしば銃撃を伴う地元の人々。

スペイン語サービスの120mm25cal Hontoria M1879(左)。エルカノはこれらの銃のうちの2つを搭載しました。豪華な操舵室に注意してください。

植民地奉仕のために設計された姉妹には、 一般的なコンチャ, マガラネス、 と レゾ将軍、彼らは公式にそして多分野心的に「Cruceronoprotegidode3ªclase」または第3級防護巡洋艦。

クラスリーダー、カニョネロデラアルマダエスパニョーラジェネラルコンチャ、1897年

&#8220pot-bellied&#8221と記載されています エルカノ 趣のあるビクトリア朝時代の衝角の弓を持っていて、PIで決して豊富ではなかった石炭が不足していた時代のために混合セーリングリグを運びました。彼女はに委託されました アルマダエスパニョーラ 1884年、その年の終わりにマニラに到着しました。この地域の18隻ほどのスペイン船のほとんどのように(姉妹を含む) レゾ将軍)、彼女はスペインの将校によって指揮され、フィリピン人の乗組員によって配置されました。

試運転時のCañoneroespañolElcano。スペイン人は暗い船体が好きだった

彼女の平時の​​奉仕は静かで、十数年以上かけて群島の周りをパタリングし、旗を振って銃を披露しました。その後、米西戦争が起こりました。

アメリカとスペインの戦争状態が発生してからわずか5日後の4月26日、エルカノはアメリカ籍の樹皮に出くわしました。 サラナック—バルタビー大尉の下で—ニューサウスウェールズ州ニューカッスルからフィリピンのイロイロまで、デューイ提督の艦隊のために1,640ショートトン(1,490トン)の石炭を運び、船首を横切って同じものを捕獲しました。

無線のない日々を航海し、1週間海に出ていたバルタビー大尉は、敵対行為の発表を見逃し、イロイロ港に、船を忠実に逮捕したエルカノの船長を驚かせたと言いました。 Bartabyは、便利な論文を作成することで、スペインの捕獲審検所をだますことができました。 サラナック 彼女は赤白と青を飛ばしてスペインの港に航海したが、捕獲の数日前にイギリス人の被験者にわずかな金額で売られていた。私たちはあなたがそこで何をしたかを見る、バルタビー、良いショー。

デューイは、英国人が香港から追い出した後、アジア艦隊の限られた踏み台で見つけるのが困難だった、このオーストラリアの良質な石炭の喪失を嘆いた。ちなみに、 サラナック だった それだけ 戦争中に捕獲された米国の船と、ヤンキーの水上襲撃者が捕獲した56隻のスペインの船との比較。

残りの エルカノ&#8216sの非常に短い戦争は、デューイが港に侵入した後、パトリシオモントーホ提督の下で、1898年5月1日のマニラ湾海戦中に他のスペイン太平洋戦隊とともに捕らえられたことを除けば問題ありませんでした。

フィリピン島のカビテ海軍造船所にあるELCANO。広い日よけに注意してください。説明:カリフォルニア州コルテマデナのD. M. MCPherson提供。 1967カタログ番号:NH 54354

彼女の3人の姉妹は全員、より多くの最終的な慣らし運転をしました。 一般的なコンチャ プエルトリコのサンファンで戦い、1913年にモロッコ沖のサンゴ礁で自分自身を破壊するために捕獲をかろうじて逃れました。 レゾ将軍 雑誌の爆発で台無しになり、マニラ湾の直後に沈没しました。 マガラネス、キューバでの破壊を免れたが、1903年に彼女のドックに沈んだ後、廃棄された。

はどうかと言うと エルカノ、彼女のスペイン人/フィリピン人の乗組員はすぐにカビテに仮釈放され、11月8日に米国海軍に正式に乗っ取られるまで6か月間警戒していた。

USS ELCANO(PG-38)は、1900年頃、フィリピン島のカビテ海軍造船所にあり、その後、米海軍に再装備されました。彼女は白塗りされており、スペインのサービスで上に示した日よけは削除されていることに注意してください。また、喫水線のすぐ上にある彼女の右舷魚雷管ドアを確認することもできます。説明:LCDR John E. Lewis、1945年提供。カタログ番号:NH 54353

スペインの兵器をアメリカの4&#8243 / 40calに交換する(そして14インチの弓管を差し込む)ことを含むように再装備され、彼女は次のように委託されました USSエルカノ (砲艦38号)1902年11月20日、海軍は浅瀬の軍艦に特別な任務を負っていたため。

ご存知のように、米国がPIに移動すると、彼らは一連の捕獲された、まだ浮いているほぼ平底の元スペイン砲艦を使用しました(USSエルカノ、ビジャロボス、キロス、パンパンガカヤオ)中国海域におけるアメリカの利益を保護するため。本や映画「砲艦サンパブロ」で不死化されたこれらのボートは、彼らが一般的に出没する巨大な川のシステムにちなんで、揚子江パトロール(COMYANGPAT)として知られていました。 1903年に開始された最初の近代的なパトロールは、5隻のスペイン人と、さらに2隻の砲艦によるものでした。 USSパロスモノカシーは、1913年にカリフォルニアのマーレ島に建設されましたが、後に太平洋を越えて出荷され、 USSイサベル(PY-10) 1921年にギャングに加わりました。

エルカノ 1903年2月から上海に拠点を置き、アメリカの市民と財産を保護し、中国人との友好関係を促進するという彼女の使命は、必要なときに彼らの地獄を促進することもありました。彼女はこれを1907年10月20日まで維持し、3年間の修理のためにカビテに送り返されました。

この間、彼女はアジアの魚雷艦隊の第1潜水艦部隊の入札を務め、その日の小さな潜水艦は、はるかに大きな(乾ドックの)砲艦に乗組員を乗せていました。

USSシャーク(潜水艦#8)1910年頃、フィリピンのオロンガポ海軍基地のデューイ乾ドックにあります。砲艦エルカノも乾ドックの右側の背景にあります。ドナルドM.マクファーソン、1978年の礼儀。米国海軍歴史と遺産コマンド写真。カタログ番号:NH 86963

1910年12月5日に再稼働、 エルカノ 中国のアモニーに停泊し、中国のリバークルーズの単調さを再開しました。これには、イギリスの砲艦乗組員とのバーの戦い、開いた手での訪問軍人の歓迎(およびテーブルの下のコック付き1911)など、明らかに争いに満ちた田園地帯が含まれていました。暴動や不安に巻き込まれたランダムな西洋人を救助するために海軍隊を上陸させ、他のUSN船の野球チームを地元の人々の娯楽に打ち負かし、一般的に地域の色を楽しんでいます(ただし、リボグループは常に制服を着て上陸するように命じられました食堂)。

1911年8月、 エルカノ 残りの巡視船には巡洋艦が加わりました USSニューオーリンズ およびドイツの SMSシャルンホルストグナイゼナウ 満州王朝を終わらせた反君主制のプッチと一緒に来た不安のために漢口で。

三、 エルカノ オーストリア・ハンガリー、日本、フランス、ロシアから到着した他の艦艇、および英国から派遣された6隻の機動部隊とともに、即席の海軍レビューに参加しました。セレモニーの真の目的は、港にある約12隻の半近代的な中国の軍艦に目を光らせて、義和団の乱の繰り返しが火花を散らさないようにすることです。この期間中、 エルカノ&#8216sの男性は国際旅団の他のメンバーに加わり、日本領事館を守るためにコルト機関銃を牽引して30丁のブルージャケッツを送りました。彼らはその年の後半にイギリスのヨークシャー軽歩兵の会社とその任務のために出荷されたシベリアコサックの半連隊によって上陸した。

1917年頃、揚子江パトロールにいる間。説明:1969年、カリフォルニア州コルテマデラのArthur B. Furnas提供。カタログ番号:NH 69694

クリスマスシーズン中、1917年12月頃、フィリピンにいる間。船首のクリスマスツリーや船内の他の装飾に注意してください。彼女はこの伝統を何年も続けていました。説明:Arthur B. Furnas、カリフォルニア州コルテマデラ、1969年カタログ番号:NH 69697

エルカノ 米国がWWIに入ったとき、中国海域から少し休憩し、1917年4月から11月にかけて、港の砲艦としてマニラ湾に呼び戻され、コレヒドール周辺をパトロールしました。 1918年、ドイツ人がどういうわけか現れた場合に備えて。その後、ヤンパットに戻りました。

一方、中国では、1911年のプッチが開かれた革命、そして内戦に変わったとき、 エルカノ 揚子江での彼女の同胞は、1916年に南京で暴動の際に他の国々と一緒に南京に上陸し、1918年に政治危機の際に命を守るために長江に、そして1920年3月に九江(現在の九江)で再び上陸しました。揚子江の南岸)、ここで エルカノ&#8216sの船員は一人で行動し、その後イチャンでその任務のために海兵隊の会社を上陸させ、1922年9月まで駅の船と水上本部として残りました。

1920年代に杭州で行われた米海軍の揚子江パトロールの船のいくつかには、地元のジャンクやサンパンもいくつか存在していました。アメリカ海軍の船は(左から右へ):USSイサベル(PY-10)、USSビジャロボス(PG-42)、USSエルカノ(PG-38)です。ドナルドM.マクファーソン、1969年の礼儀。米国海軍歴史と遺産コマンド写真。カタログ番号:NH 67127

エルカノを訪問する中国の将軍。エルカノの指揮官は、1920年頃、中国の宜昌市の通路の頂上で彼に挨拶するのを待っているのが見られます。また、非常に微妙な乗車時に、4インチの銃口に直接入る必要があることにも注意してください。見上げる:砲艦外交。カタログ番号:NH 68976

1920年代初頭、中国に上陸する船の野球チーム。フレデリックコーンマン、バロワ、ニューヨーク、1971年の礼儀。カタログ番号:NH 77142

今日のレアは、揚子江のマイティリバーラットの同胞団の高貴で排他的な秩序のメンバーであったブルージャケットです。c.1903-1941。本物の砂の小石による写真。

からのこれらの2つの手紙 エルカノ 1920年の巻からの船員 私たちの海軍、米国海軍の標準出版物。船の野球チーム、1クォート1.20ドルの密造酒、そして60のブルージャケッツが九江の街をバヨネットポイントでどのように通過したかについての言及に注意してください。

このサービスの間、 エルカノ 将来の海軍指導者のための鋳造所を証明した。 1943年にブラッケット海峡の戦いで海軍十字章を手にしたミシシッピアン後のアーロンスタントン副提督&#8220Tip&#8221メリルを含む6人以上の元スキッパーが提督になったため、スターは彼女のデッキに雨を降らせました。日本の駆逐艦を粉砕する 村雨峯雲 犠牲者は一人もいません。

1920年代に中国の海で彼女の帆を放映しました。彼女は間違いなく艦隊に帆布を備えた最後の軍艦の1つでした。ドナルドM.マクファーソン氏、カリフォルニア州コルテマデラ、1972年提供。カタログ番号:NH 75577

中国の上海にある乾ドックで、1920年初頭頃に4&#8243 / .40口径の銃(下)と3ポンド砲(上)に注意してください。提供:ドナルドM.マクファーソン氏、カリフォルニア州コルテマデラ、1969年カタログ#:NH 68978

1920年代初頭、中国の上海にある乾ドックで。船尾4&#8243/40銃に注意してください。フレデリックコーンマン、バロワ、ニューヨーク、1971年の礼儀。カタログ番号:NH 77143

1923年から25年の間に、武装した着陸チームは エルカノ 上海では、ライバル派閥間の不安とストリートファイトの最中に、2回の長期にわたって上陸し、ほぼ半ダース回上陸しました。

1920年代初頭に中国の海域で撮影されたエルカノの武装警備員。ルイス軽機関銃に注意してください。フレデリックコーンマン、バロワ、ニューヨーク、1971年の礼儀。カタログ番号:NH 77144

1927年3月、 エルカノ 駆逐艦と一緒に USSウィリアムP.プレストン, USSノア、およびRN&#8217 HMSエメラルド アメリカ総領事ジョン・C・デイビスと他の166人がソコニーヒルのスタンダードオイルコンパウンドで包囲されたとき、南京の外で激しい艦砲射撃の下で「規律のないナショナリスト兵士の群れ」を連れて行きました。

それはそのようになります エルカノ&#8216s最後のコルダイトの香り。

1926年までに、7隻のベテラン河川砲艦はすべて使い古され、海軍は代替品を買いに行きました。海軍の予算では常にドルが不足しているため、建設費と輸送費を節約するために、これらの新しいボートを中国で建造することは理にかなっています。これらの新しい船は、2隻の500トン、210フィートの大型砲艦で構成されていました(USSルゾンミンダナオ)中型450トン、191フィートのボート2隻(USSオアフパナイ)と2つの小さな350トン、159フィートのボート(USSグアムツツイラ).

新しい砲艦が建造を開始すると、5隻の古い揚子江パトロール艦が数えられました。 1927年11月、 エルカノ 新しく到着したPCUの乗組員のために上海の兵舎船になり、1928年6月30日までに、彼女はスペインへの約14年間の勤務、さらに30年間のアンクルサムへの勤務の後、退役しました。

宜昌中国で。マストヘッドの木に注意してください。少佐メリル、USN、1927年の礼儀。カタログ番号:NH 54352

エルカノ 1928年10月4日、すべての有用な材料が剥ぎ取られ、そのうちのいくつかは新しいヤンパットボートの装備に役立った後、海岸から曳航され、銃撃によってシンケックスに処分されました。 ヴィラロボス (PG-42)、リチャード・マッケナのモデル サンペブルズ、同様に1928年10月9日の艦砲射撃によって沈没し、当時の元スペイン人が加わった-USSパンパンガ (PG-39)11月21日。デューイの賞品の時代は過ぎ去り、海軍はこの最後のバッチから30年の歳月を費やしました。

アメリカ海軍に押し込まれた他のスペイン艦隊のうち、 キロス(PG-40) 以前は1923年にターゲットとして沈められ、 カロ(YFB-11) 同年マニラで売却され、しばらくの間民間フェリーとして使用されていました。

ウェブサイトSandPebbles.comは、スクラップブックやユニフォームが個人のコレクターの手に渡っている間、ヤンパットと彼女の船の記憶を生かしています。

しかし、南京の正体不明の記念碑には、ヤンキー川のネズミが残した一連の海軍の落書きがあります。よく見ると、わかります。 USSエルカノUSSチャタヌーガ.

エルカノの乗組員のグループは、1920年代初頭に中国のジョスハウスを訪れます。フレデリックコーンマン、バロワ、ニューヨーク、1971年の礼儀。カタログ番号:NH 77147

排気量:620ロングトン(630トン)
長さ:165フィート6インチ(50.44 m)
ビーム:26フィート(7.9 m)
ドラフト:10フィート(3.0 m)
設置電力:1,200 ihp(890 kW)
推進:
2×縦型複合蒸気機関
2×シングルエンドスコッチボイラー
2×ネジ
リグ:スクーナー
速度:11 kn(13 mph 20 km / h)
補体:
スペイン海軍:115
アメリカ海軍:99-103
武装:
委託されたとおり:
2&#2151 120mm / 25calホントリアM1879
1x90 / 25ホントリアM1879
4&#215125/42ノルデンフェルト
2x 356mm TT(弓)
1902:
4ࡧ 4″/40
4&#2151 3pdr(37mm)銃
2xコルト機関銃
ルイス軽機関銃とライフル、拳銃とカットラスと一緒に着陸パーティーのための1x3インチ野砲

このコラムが気に入った場合は、International Naval Research Organisation(INRO)、Publishers of WarshipInternationalへの参加を検討してください。

それらはおそらくあなたが見つけることができる海軍の研究、画像、そして交わりの最高の情報源の1つですhttp://www.warship.org/membership.htm

国際海軍研究機構は、主に鉄鋼軍艦の時代(現在まで約1860年)の海軍艦艇とその歴史の研究を奨励することを目的とした非営利団体です。その目的は、軍艦に関心のある人々に情報と連絡手段を提供することです。

結婚50周年を迎えるWarshipInternationalの近くで、INROの書面による本は何百もの記事を公開しており、そのほとんどはそのスイープと主題がユニークです。


オリンピック金

1991年、19歳のとき、ハムはワールドカップで優勝した史上最年少のチームメンバーでした。 5年後、ハムとミシェルエイカーズ、ブランディチャスティン、クリスティンリリーを含む彼女のチームメートは、ジョージア州アトランタで開催された1996年夏季オリンピックで金メダルを獲得しました。 (They would return to win gold again in 2004.) In 1999, Hamm set a new record for most international goals scored when she made her 108th goal for the U.S. team, succeeding Italian player Elisabetta Vignotto. Hamm held that title until June 2013, when her record was broken by fellow American player Abby Wambach.

Hamm&aposs other accolades include being elected Soccer USA&aposs "Female Athlete of the Year" five years in a row (1994-98), being named MVP of the Women&aposs Cup (1995) and winning three ESPY Awards, including in the "Soccer Player of the Year" and "Female Athlete of the Year" categories. In 2004, she and teammate Michelle Akers were named on FIFA&aposs list of the "125 Greatest Living Soccer Players"�oming the only women and only Americans to be named to the list at that time.


Доктор Живаго

The life of a Russian physician and poet who, although married to another, falls in love with a political activist's wife and experiences hardship during World War I and then the October Revolution. The life of a Russian physician and poet who, although married to another, falls in love with a political activist's wife and experiences hardship during World War I and then the October Revolution. The life of a Russian physician and poet who, although married to another, falls in love with a political activist's wife and experiences hardship during World War I and then the October Revolution. The life of a Russian physician and poet who, although married to another, falls in love with a political activist's wife and experiences hardship during World War I and then the October Revolution. The life of a Russian physician and poet who, although married to another, falls in love with a political activist's wife and experiences hardship during World War I and then the October Revolution.


Current status [ edit |ソースを編集]

Subordinate to the Spanish Chief of Naval Staff, stationed in Madrid, are four area commands: the Cantabrian Maritime Zone with its headquarters at Ferrol on the Atlantic coast the Straits Maritime Zone with its headquarters at San Fernando near Cadiz the Mediterranean Maritime Zone with its headquarters at Cartagena and the Canary Islands Maritime Zone with its headquarters at Las Palmas de Gran Canaria. Operational naval units are classified by mission and assigned to either the combat forces, the protective forces, or the auxiliary forces. Combat forces are given the tasks of conducting offensive and defensive operations against potential enemies and for assuring maritime communications. Their principal vessels included two carrier groups, naval aircraft, transports, landing vessels, submarines, and missile-armed fast attack craft. Protective forces have the mission of securing maritime communications over both ocean and coastal routes, securing the approaches to ports and maritime terminals. Their principal components are destroyers, frigates, corvettes, and minesweepers. It also has marine units for the defense of naval installations. Auxiliary forces are responsible for transportation and provisioning at sea and has diverse tasks like coast guard operations, scientific work, and maintenance of training vessels. In addition to supply ships and tankers, the force included destroyers and a large number of patrol craft.

Until February 2013, when it was decommissioned because of budget cuts, Δ] the second largest vessel of the Armada was the aircraft carrier Principe de Asturias, which entered service in 1988 after completing sea trials. Built in Spain it was designed with a "ski-jump" takeoff deck. Its complement was twenty nine AV-8 Harrier II vertical (or short) takeoff and landing (V/STOL) aircraft or sixteen helicopters designed for antisubmarine warfare and to support marine landings.

As of 2012, the Armada has a strength of 20,800 personnel. Ε]

Armada Española Air Arm [ edit |ソースを編集]

The Armada Española Air Arm is known as the Spanish Naval Air Arm in English and constitutes the naval aviation branch of the Spanish Navy.

Infanteria de Marina [ edit |ソースを編集]

The Infanteria de Marina are the marine infantry of the Spanish Navy, they have a strength of 11,500 troops and are divided into base defense forces and landing forces. One of the three base defense battalions is stationed with each of the Navy headquarters. "Groups" (midway between battalions and regiments) are stationed in Madrid and Las Palmas de Gran Canaria. NS Tercio (fleet - regiment equivalent) is available for immediate embarkation and based out of San Fernando. Its principal weapons include light tanks, armored personnel vehicles, self-propelled artillery, and TOW and Dragon antitank missiles.


Hitler and Anti-Semitism

Soon after Adolf Hitler became Germany’s chancellor in January 1933, he began instituting policies that isolated German Jews and subjected them to persecution. Among other things, Hitler’s Nazi Party, which espoused extreme German nationalism and anti-Semitism, commanded that all Jewish businesses be boycotted and all Jews be dismissed from civil-service posts. In May 1933, the writings of Jewish and other “un-German” authors were burned in a communal ceremony at Berlin’s Opera House. Within two years, German businesses were publicly announcing that they no longer serviced Jews. The Nuremberg Laws, passed in September 1935, decreed that only Aryans could be full German citizens. Furthermore, it became illegal for Aryans and Jews to marry or have extramarital intercourse.

知ってますか? Shortly before Kristallnacht, U.S. aviator Charles Lindbergh toured Germany and was given a medal by Hermann Göring, commander of the German air force. After Kristallnacht, Lindbergh declined to return the medal. This, plus his ensuing anti-Semitic comments, stained his status as an American hero.

Despite the repressive nature of these policies, through most of 1938, the harassment of Jews was primarily nonviolent. However, on the night of November 9, all that changed dramatically.


Sultan Bolkiah ibni Sultan Sulaiman

Baginda naik takhta pada TM 1485. TM 1521, rombongan Ferdinand Magellan dan Antonio Pigafetta melawat Brunei. Pada zaman Baginda, pemerintahan Brunei bukan sahaja meliputi keseluruhan Pulau Borneo seperti Sambas, Tanjungpura, Kota Waringin, Banjarmasin, Pasir, Kutai, Bolongan dan lain–lain bahkan Pulau–Pulau Suluk, Palawan, Keramian hingga Saludang (Luzon) iaitu daerah-daerah yang sekarang dikenali dengan nama Filipina. Zaman pemerintahan Baginda ini dikatakan sebagai zaman keemasan Empayar Brunei. Permaisuri Baginda yang termasyhur bernama Puteri Laila Menchanai. Baginda lindung pada TM 1524, dikatakan kerana cucukan jarum emas yang digunakan oleh Puteri Laila Menchanai semasa menyulam pada waktu Baginda sedang beradu dipangkuan permaisuri itu. Baginda digantikan oleh putera Baginda, Pengiran Muda Tengah �ul Kahar.

Sultan Brunei ke5 1473-1521. Sultan Bolkiah (also, Sultan Bulkieau, Raja Baginda, Nakhoda Ragam, Raja Baguinda) ruled from 1485 to 1524, as the fifth Sultan of Brunei. His reign was known as the Golden Age because Brunei became the superpower of the Malay archipelago.

Rozan Yunos BANDAR SERI BEGAWAN

ONE of the most vivid descriptions about Brunei in the 16th century was provided by a European voyager named Pigafetta.

Pigafetta was an Italian but was part of a Spanish crew exploring the Indies. On the return voyage to Spain, they travelled via the Pacific and Indian Oceans.

It was during the return trip to Pigafetta stopped in Brunei and described Brunei very clearly. It was his description that many historians quoted quite extensively. His description is very comprehensive and covered many areas including the first description the city entirely built in salt water.

Parts of his description of Brunei include the following description of Kampong Ayer:

"The city is built in the sea, the King's palace and the houses of the principal persons excepted. It contains twenty-five thousand hearths or families. The houses are built of wood upon large piles, to keep them from the water. When the tide rises, the women, who are chief venders of necessaries, traverse the town in boats. In front of the King's place is a large wall, built with bricks of great size, with embrazures, or rather port-holes, as in a fortress and on the wall are mounted fifty-six bombards of brass, and fix of iron: in course of two days we passed in the city, they made several discharges from these guns."

Pigafetta described the Sultan as: "the King, who is a Mahometan, is called Rajah Siripada. He is very corpulent and may be about forty years of age. He is waited upon by women alone, the daughters of the chief inhabitants of the island. No one is allowed to address him otherwise than in the manner I have described, through a sarbacane. He has ten secretaries constantly employed on different matters of state, who write on a very thin epidermis of certain trees which is called chiritoles. He never leaves his palace upon any occasion other than to hunt."

Who was Pigafetta? Pigafetta was named Cavallero Antonio Pigafetta born in 1491 and died in 1534. He was an Italian scholar and traveller from today's Austrian city of Venice then known as the Republic of Venice. In his book, he described himself as "a gentleman of Vicenza, and Knight of Rhodes".

Pigafetta himself came from a rich family and is independently wealthy. As a young man, he studied subjects related to seafaring and travel such as astronomy, cartography and geography. The voyage with Magellan was not his first. He had served on the ships of the Knights of Rhodes at the beginning of the sixteenth century.

In 1519, Pigafetta accompanied the papal nuncio, Monsignor Chieregati, to Spain. It was in Seville, Spain that Antonio Pigafetta heard of Magellan's planned expedition and he decided to join the crew.

In a translation from an 1819 book entitled "A General Collection of the Best and Most Interesting Voyages and Travels in Various Parts of America", many of which are now first translated into English by John Pinkerton, Pigafetta described,

"In the year 1519, I was in Spain at the court of Charles V, King of the Romans, in company with Signor Chiericato, then apostolical prothonotary and orator of Pope Leo X of holy memory, who by his merits was raised to the dignity of Bishop and Prince of Teramo."

"An opportunity soon presented itself. I learnt that a squadron of five vessels was under equipment at Sevilla, destined for the discovery of the Molucca Islands, whence we derive our spices and that Fernandez Magellan, a Portuguese gentleman, and commander of the order of St Jago de la Spata, who had already more than once traversed the ocean with great reputation, was nominated captain-general of the expedition."

Pigafetta accepted the title of sobrasaliente or supernumerary (temporary staff) and a pay of 1,000 maravedis. It was during the expedition Pigafetta became Magellan's assistant. He kept an accurate and meticulous journal throughout the journey. There were 240 men who set out from Seville together with Pigafetta.

They travelled around the world exploring parts of the Indies, the Americas and later arrived in Asia. It was in Mactan, Philippines, that Magellan was killed by the natives there. Pigafetta himself was wounded. He recorded that Magellan was killed on April 27, 1521, and described the battle between the islanders and the Spanish.

Captain Juan Sebastian Elcano took over the leadership on the death of Magella. Pigafetta managed to recover. Captain Elcano together with Pigafetta was among 18 men out of the original 240 who limped back to Spain arriving at the port in Salucar de Barrameda, Province of Cadiz, in September 1522.

Pigafetta later returned to Venice. He wrote about his experiences in his book entitled "Relazione del primo viaggio intorno al mondo" ("Report on the First Voyage Around the World") originally published in Italian. The book was published in French when Charles Amoretti translated it into French. The manuscript was not published in its entirety until the late eighteenth century.

Pigafetta described that he wrote the book because "on my return to Italy, His Holiness the Sovereign Pontiff Clement VII, of whom I had the honour of an audience at Monterosi, and to whom I related the adventures of my voyage, received me with great kindness, and told me that I should much oblige him in affording a copy of the journal of my voyage". Pigafetta dedicated his book and the Island of Rhodes to the Grand Master of Rhodes. The Brunei Times

Sultan Bolkiah (Nakhoda Ragam): Who are the descendants of Sultan Bolkiah? - By: Mohd Abdullah Abd Ghani

The genealogy of Sultan Bolkiah descendants are bit confusing. He was been recorded to have several wife including those who lived in Sulu, Philippines. He also been recorded in Philippine's royal family genealogy, however those records from Philippines are not match to records that Brunei have. What we have here (in my Geni.com website) are still theory which derived from several record comparison. Using this record as historical fact (regarding on Sultan Bolkiah's descendent) are within reader's responsibility. Here are some of the relevant records about Sultan Bolkiah genealogy which may help:

1513 - 1533 H.H. Sri Paduka Baginda Sultan Bolkiah Shah Alam ibni al-Marhum Sultan Sulaiman, Sultan and Yang di-Pertuan of Brunei Dar us-Salam. NS。約1481, son of Paduka Sri Sultan Sulaiman ibni al-Marhum Sultan Sharif 'Ali Berkat, Sultan of Brunei Dar us-Salam#5, educ. Java。 In his reign Brunei became a great Imperial power in the region and extended its influence over large parts of Borneo and the Philippines, including the sultanates of Sulu and Maguindanao. Crowned before 19th March 1513. m. (first) a daughter of Datu Gamban, of Seluang, in Sulu. NS。 (second) Putri Laila Menjanai (bur. at the Kiangi, above the Upas), daughter of Sultan Nasuran, and granddaughter of Paduka Maulana Maha Sri Sultan Sharif al-Hashim 'Abu Bakar bin Sharif Zainal-Abidn, Sultan of Sulu. He d. 1533 #6 (bur. Sultan Bolkiah Mausoleum, Kota Batu), having had issue:

𠈡) H.H. Paduka Sri Sultan 'Abdu'l Kahar Jalil ul-Alam ibni al-Marhum Sultan Bolkiah Shah Alam, Sultan and Yang di-Pertuan of Brunei Dar us-Salam - see below.

𠈢) Y.A.M. Paduka Sri Pangiran Bendahara Sri Maharaja Permaisuara Pangiran Muhammad Tajud-din.

𠈣) Y.A.M. Pangiran Sri Maharaja Laila Pangiran Buong Manis (uncle of Rijal in Spanish accounts 1578). He quarrelled with Raja Sakam, who banished him to Kamanis. He then intrigued with the Spanish to invade Brunei in 1578. He d. from cholera, at Brunei Town, August 1578, having had issue: 𠈪) A daughter. NS。 at Brunei Town, 1575, a son of Y.A.M. Pangiran Sri Maharaja Ratna. 𠈫) Aother daughter. NS。 at Brunei Town, 26th June 1578, Don Agostin de Legazpi (k. by the Spanish for rebellion, 1589), nephew of Datu Lacondola, of Tondo, in the Philippines.

𠈤) Pangiran …He had issue, a son: 𠈪) Y.A.M. Pangiran Maharaja di-Raja (cousin of Rijal in Spanish accounts 1578). Appointed as Governor of the capitol by the Spanish, pending the return of the Sultan 1578. He fled to Sarawak with his family, after the Spanish withdrew from Brunei.

𠈡) A daughter. NS。 the Raja of Maynilad, in Luzon, the Philippines. She had issue, a son: 𥿪) Raja Muhammad Matanda, of Maynilad. NS。 at Brunei, ca. 29th July 1521, his first cousin, a granddaughter of Sultan Bolkiah Shah Alam. He d.s.p.l.

Sultan Bolkiah was the sixth Sultan of Brunei. He ascended the throne of Brunei upon the abdication of his father, Sultan Sulaiman, and ruled Brunei from 1485 to 1524. His reign marked the Golden Age of Brunei[1] and saw the Sultanate become the superpower of the Malay archipelago. Bolkiah frequently travelled abroad to gain new ideas for the development of the country, as well as seeking suggestions from his various chiefs.

Sultan Bolkiah's victory over Sulu and Seludong (modern day Manila),[2] as well as his marriages to Laila Mecana, the daughter of Sulu Sultan Amir Ul-Ombra, widened Brunei's influence in the Philippines.

This increased Brunei's wealth as well as extending Islamic teachings in the region, resulting in the influence and power of Brunei reaching its peak during this period. Bolkiah's rule reached essentially all of coastal Borneo,[1] as far south as Banjarmasin,[3] and as far north as the island of Luzon, including Seludong (present-day Manila) in the Philippines.[1]

Bolkiah was married to Laila Mecanai the daughter of Sulu Sultan Amir Ul-Ombra and Datu Kemin.

After his death, sultan Bolkiah was succeeded by his son, Abdul Kahar.[1] He was buried in Kota Batu with his wife, Princess Leila Mechanai.

The earliest historical record of the Sultans of Brunei is not clearly known due to the poor early documentation of Brunei history. In addition there has been an effort to Islamise the history, with the "official history" not matching up with verifiable foreign sources [4] The Batu Tarsilah - the genealogical record of the kings of Brunei - was not started until 1807. Therefore, much of the intepretation on history relied on earlier Chinese sources and legends.[5] It seems that the early Sultanate of Brunei was dependent on Chinese support,[5][6][7] and perhaps early Sultans were of Chinese origin.[5] Furthermore the earliest Sultans may have been practising the Hindu or Buddhist religions, with early names indicating this origin.[4]

1.^ Jump up to: a b c d Sidhu, Jatswan S. (2009). "Bolkiah, Sultan (r. 1485�)". Historical Dictionary of Brunei Darussalam (second ed.). Lanham, Maryland: Scarecrow Press. NS。 37. ISBN 978-0-8108-7078-9. 2.Jump up ^ Although this is the interpretation based upon the work of Antonio Pigafetta, other authorities suggest that Seludong may have referred to the Serudong River, which is in northeastern Borneo, and not to the island of Luzon at all. Saunders, Graham (2002). History of Brunei (second ed.). New York: RoutledgeCurzon. NS。 42. ISBN 978-0-7007-1698-2. 3.Jump up ^ Saunders 2002, p. 45 4.^ Jump up to: a b "Brunei". 4dw.net. Retrieved 18 January 2015. 5.^ Jump up to: a b c Elisseeff, Vadime (January 2000). "Chapter 8: A Brunei Sultan of the Early Fourteenth Century - A Study of an Arabic Gravestone". The Silk Roads: Highways of Culture and Commerce.バーグハーンブックス。 pp. 145�. ISBN 978-1-57181-222-3. Retrieved 26 December 2013. 6.Jump up ^ "Malay History: What's Missing in Malaysian History Books". Malaysianunplug.blogspot.co.uk. Retrieved 18 January 2015. 7.Jump up ^ "The golden history of Islam in Brunei". The Brunei Times. Retrieved 18 January 2015.

Kingdom of Tondo and its relation to Sultan Bolkiah.

Tondo (also referred to as Tundo, Tundun, Tundok, Lusung) was a fortified kingdom which was located in the Manila Bay area, specifically north of the Pasig River, on Luzon island. It is one of the settlements mentioned by the Philippines' earliest historical record, the Laguna Copperplate Inscription.

Originally an Indianized kingdom in the 10th century, Tondo built upon and capitalized on being central to the long-existing ancient regional trading routes throughout the archipelago to include among others, initiating diplomatic and commercial ties with China during the Ming Dynasty. Thus it became an established force in trade throughout Southeast Asia and East Asia. (See Luçཞs). Tondo's regional prominence further culminated during the period of its associated trade and alliance with Brunei's Sultan Bolkiah, when around 1500 its peak age as a thalassocratic force in the northern archipelago was realized. When the Spanish first arrived in Tondo in 1570 and defeated the local rulers in the Manila Bay area in 1591, Tondo came under the administration of Manila (a Spanish fort built on the remains of Kota Seludong), ending its existence as an independent state. This subjugated Tondo continues to exist today as a district of the city of Manila.

Alliance with the Sultanate of Brunei (1500)

Tondo became so prosperous that around the year 1500, the Kingdom of Brunei under Sultan Bolkiah merged it by a royal marriage of Gat Lontok, who later became Rajah of Namayan, and Dayang Kaylangitan to establish a city with the Malay name of Selurong (later to become the city of Maynila)[12][13] on the opposite bank of Pasig River. The traditional rulers of Tondo, the Lakandula, retained their titles and property upon embracing Islam but the real political power transferred to the master trader House of Sulayman, the Rajahs of Manila.[14]

Notable monarchs of Tondo[edit]

Jayadeva Senapati (Admiral) 900? ? Lakan Timamanukum 1150? ? Alon Lakan Alon 1200? ? Gambang Lakan Gambang 1390? 1417? Suko Lakan Suko 1417? 1430? Lontok Lakan Lontok 1430? 1450? Kalangitan Dayang Kaylangitan, Queen of Namayan and Tondo 1450? 1515? Salalila Rajah Salalila or Rajah Sulayman I 1515? 1558? Matanda Rajah Matanda or Rajah Sulayman II or Rajah Ache, King of Namayan 1558? 1571 Lakan Dula Banaw Lakandula, King of Tondo and Sabag 1558? 1571 Sulayman Rajah Sulayman, King of Tondo 1571 1585 Magat Salamat

Sultan Bolkiah (Nakhoda Ragam) in other references:

One of the most interesting facts about Sultan Bolkiah (Nakhoda Ragam) that I found are come from the unexpected source, which is a book with tittle The Soils of The Philippines written by Authors: Carating, Rodelio B., Galanta, Raymundo G., and Bacatio, Clarita D. This book is look like an ordinary soils science book, however what surprising me most is the contents of royal family history inside it (which we won't expect it to be appear in soil science book). About 30% of this book contents are history of royal families and rulers of ancient Philippines.

In page 31 to 32 in this book which published by Springer, mention about Sultan Bolkiah or Nakhoda Ragam is the same person as Gat Lontok or Rajah Lontok who married to Dayang Kalangitan Datu Gamban which by this marriage have daughter known as Dayang Panginoan ibni Sultan Sulaiman who then married to Gat Balagtas, ruler of the Kingdom of Namayan, with tittle Rajah Salalila who converted to Islam when married with Dayang Panginoan ibni Sultan Bolkiah and became known as Rajah Suleyman 1 de Salila of the Kingdom of Maynila.