ニュース

ビーチ

ビーチ


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


メルボルンビーチの歴史

メルボルンビーチの最初の住民は、おそらくコロンブス以前の時代にフロリダの大西洋岸に住んでいたネイティブアメリカンの部族であるAisまたはAysでした。 Aisは、スペイン語でRio de Aisと呼ばれ、現在はIndianRiverと呼ばれている大きなラグーンの海岸沿いの村や町に住んでいました。 [17世紀末のAisの外観、食事、習慣に関する観察結果は、Jonathan Dickinson’sJournalにあります]。

フアンポンセデレオンは1513年にメルボルンビーチの近くに上陸し、その後フロリダに足を踏み入れた最初のヨーロッパ人になったことが示唆されています。これは、1990年代に歴史家によって決定されました。歴史家は、その場所は、ポンセデレオン島という名前が提案されているバリアー島の「5〜8海里以内」であると信じていました。しかし、この提案は、デレオンの着陸場所を100マイル程度の余裕の範囲内で知ることはできないと述べている歴史家から広く受け入れられていません。

セオドア・モリス
ベロビーチ中央図書館


歴史

リビアビーチは、ボストンの北5マイルにあるマサチューセッツ湾に面しています。その硬い砂浜は、青い海に沿って何マイルにもわたって大きな三日月形を形成し、徐々に海に向かって傾斜し、理想的な海水浴場を作り出しています。ナハント半島とウィンスロップ半島が地平線を囲み、遠くの灯台と汽船が海に向かって遠くまで通過しているため、昼夜を問わずビーチから見た美しいパノラマは最高です。1912年の小冊子にリビアビーチの広告が掲載されています。 (ピーターマッコーリー、リビアビーチの思い出1989)。

ケビンM.キャリーは、リビアビーチの歴史についての詩を書きました。この詩は、このビーチの歴史的な出来事を非常によく要約しています。

1895年、マサチューセッツ州議会は、現在のリビアビーチリザベーションにある約3マイルの私有海岸の土地の取得を命じました。メトロポリタンパーク委員会は1896年に土地を委託されました。あまり知られていないランドスケープデザイナーであるチャールズエリオットは、一般の人々が最大限に利用できるようにリビアビーチリザベーションを設計するためにパーク委員会によって選ばれました。チャールズエリオットはマサチューセッツ州ケンブリッジで生まれました。彼はハーバード大学を卒業し、フレデリックローオルムステッドの監督の下で訓練を受けました。その作品には、ニューヨークのセントラルパークやワシントンDCの米国首都の敷地が含まれます。エリオットは1896年11月に、次のように述べています。予約の最高のことであるオープンビーチのスイープ。」私たちが知っているビーチは、エリオットサークルとして知られるロータリー交差点から始まることは、ピーターマッコーリーの 『リビアビーチの思い出』の本の中でアンソニーモッチャが書いたものです。

ボストン、リビアビーチ、リン鉄道は、リビアの発展と成長における最大の単一要因であったと、ジョージクラークは、リビアビーチの物語で述べています。リンからイーストボストンまで運行する狭軌として広く知られています。 1896年以前は、その路盤は海岸線の三日月形をたどる道をたどっていました。列車は現在リビアビーチブールバードと呼ばれているレイルロードアベニューに沿って運行されていましたが、その後撤去され、西に400ヤード移動しました。 MBTAは現在、同じ路盤に沿ってブルーラインを運営しています。その全盛期には、乗客はリゾートエリア全体の駅から電車をひいきにしました。ポイントオブパインズ、オークアイランド、リビアストリート、バスハウスはほんの数例でした。古いタイマーは、ビーチでの1日の予想を今でも覚えています。 NS狭軌を目的地まで運ぶ小さなエンジンにエネルギーを与えながら、やわらかい石炭が燃えるようなにおいがします。 「第二次世界大戦中、リビアからの多くの男性がハワイのオアフ島に駐留しました。驚いたことに、彼らを兵舎や島の周りに連れて行く鉄道のコーチは、他ならぬオールドナローゲージの出身でした。これらの車は、戦争中の任務のために、リビアからハワイ諸島まで何千マイルも販売され、出荷されました。」ピーター・マッコーリー

イースターの時期から労働者の日まで毎年始まる1世紀以上の間、世界中からの訪問者がリビアビーチで楽しまれました。初期の頃、彼らは歩いたり、自転車に乗ったり、馬車に乗ったりしていました。その後、狭軌、自動車、そして何千人もの人々がフェリーで行くのに便利でした。 「リビアビーチは、楽しませたり、楽しんだり、リラックスしてビーチで1日を楽しんだりする場所でした」と、リビアビーチの歴史家ピーターマコーリーは、リビアビーチに関するスライドショーの最近のショーで述べました。

今日の団塊の世代の多くは、オーシャンビューまたはワンダーランドボールルームで恋に落ちた人々の子供たちです。ブーマー自身は、バージニアリール、ワイルドマウス、ドッジム、その他の乗り物や娯楽を今でも鮮明に覚えています。

ニューイングランド中から、家族はコテージ、ホテル、あるいはビーチモントヒルの高いテントで休暇を過ごすでしょう。彼らは東のコニーアイランド、リビアビーチを楽しむようになりました。大通りは乗り物、ダンスホール、映画館、カルーセル、ジェットコースター、そしてあらゆる種類の特別なアトラクションを誇っていました。青ひげの宮殿、航海庭園、ピット、ヒマラヤはほんの数例でした。ホテルやレストランがビーチに並んでいました。プレザントンホテル、ストラスモア、メトロポリタン、ポイントオブパインズホテルは、最も注目に値する4つにすぎません。ジェフリー・パールマンによれば、セオドア・ルーズベルト大統領は、1990年にフリートウッドのリビアで開催されたリビアビーチオーディオツアーで、パインズホテルからスピーチを行いました。

何年にもわたって、群衆はリビアビーチの多くの飲食店で上質な料理と食事を楽しんできました。 The Driftwood、Barney Scheff’s、The General Edward’s Inn、The Skipper、The Paul Roger Houseはすべて、最高級のシーフードを提供していました。ファーストフード店には、ジョーとネモ、ハワードジョンソン、ルドルフのペッパーステーキ、ダニー、そしてもちろん世界的に有名なケリーのローストビーフが含まれていました。

ビーチでの1日は、メアリーアハーンまたはコールブラザーズでフローズンカスタードを楽しむ機会でした。メアリーオニールでは、ホットドッグとオランゲードを手に入れることができました。ピザの場合、選択肢は無限にあるように見えました。Bianchi、Bill Ashes、Anna、またはNauticalの階下の場所は常に素晴らしかったです。リビアビーチにはいつもみんなのための何かがありました。暑い夏の夜には、家族全員がその日の暑さから解放されるためにビーチで寝ていました。夏から夏にかけて、何百万人もの行楽客がその自然の美しさを楽しみ、楽しむためにオーシャンリゾートエリアにやってくるでしょう。

1900年から1988年まで、リビアビーチは素晴らしいダンスパビリオンで有名でした。これらには、オーシャンピアボールルーム、ビーチクロフト、ノーティカルガーデン、フロリック、ワンダーランド、オーシャンビューボールルームが含まれていました。多くの人々はまた、クレセントガーデンボールルーム、スペインの切妻、ムーア城を覚えています。ダンスのために演奏した有名なバンドやミュージシャンの中には、ポール・ホワイトマン、トミーとジミー・ドーシー、ガイ・ロンバード、ルイ・プリマなどがいました。 1930年代、ダンスマラソンはリビアビーチで開催されました(マッコーリー、リビアビーチチップス、1979年)。カップルは、6月から10月まで、コンテストが終了するまで、毎時45分間踊りました。人々が1800時間以上踊っているのを見るのは珍しいことではありませんでした。賞品は受賞者に授与され、場合によっては$ 2000以上になります。

ニューイングランドの遊び場であるティックラー、サンダーボルト、ダービーレーサー、ジャックラビットはわずか4人だったため、ジェットコースターはリビアビーチの卓越性のすべての年の間に多くのビーチファンを興奮させました。ドラゴン渓谷とトンプソン風光明媚な鉄道も初期のお気に入りでした。リビアビーチで最も有名な2つは、ライトニングローラーコースターとサイクロンでした。

Lightningは、コースターの設計者であるHarryDavisとHarryTraversによって作成されました。オールスチールのコースターは、当時最も恐ろしいものでした。乗車に沿った唯一のまっすぐで水平なトラックは駅にありました。その急勾配とバンクカーブにより、世界で最もユニークなコースターになりました。過剰な維持費、高額の税金、保険、1930年代初頭の大恐慌のため、数年しか運営されていませんでした。

サイクロンジェットコースターは世界で最も有名でした。それは125,000ドルの費用で1925年に建てられました。このオールウッドコースターはハリートラバーズによって建てられました。その最初の垂直降下は100フィートで、ライダーは時速45〜50マイルの速度でライドのスリルを体験しました。これは、3600フィートのトラックを測定する世界最速かつ最大のコースターでした。サイクロンはほぼ50年間稼働し、1969年に停止しました。

カルーセルは、何千人もの子供と大人に大通りに沿って無限の時間の音楽を提供しました。 Hurley’s Hurdlers、Rough Riders、Teddy Bear Merry Go Round、そしてもちろん、HippodromeCarouselはすべて魔法のような場所でした。

もともと1903年に建てられたヒッポドロームは、3頭のカルーセル馬を並べて展示するプラットフォームを備えていましたが、後に5頭を並べて展示するように拡張され、他に類を見ないものになりました。 2つのガビオリオルガンのオルガン音楽は、1973年5月まで運営されていたこの壮大なカルーセルの記憶とともに今でも聞くことができます。リビアビーチのミスティックシティバイザシーであるワンダーランドパークは、アメリカで最も重要な自己完結型の遊園地でした。 1905年に考案され、1906年にオープンしました。今日のディズニーテーマパークの背後にあるインスピレーションであると信じている人もいます。類似点は目を見張るものがあります。

ワンダーランドは、今日ワンダーランドドッグトラックとして知られている25.9エーカーの土地に建てられました。リビアビーチブールバードの成功により、3人の男性が協力してワンダーランドを作りました。商業用不動産ブローカーのジョンJヒギンズと、遊園地に関心のある先見の明のあるフロイドC.トンプソンは、彼らの才​​能と、ワンダーランドの歴史における別の重要人物であるトーマスD.バロール少佐の才能を組み合わせました。バロール少佐は非常に優れた軍事的キャリアを持ち、起業家として多くのスキルを持っていました。

このキャリアの間に、彼はボストンの金融界と多くの関係を築いてきました。この重要な財政的支援がなければ、ワンダーランドは夢のままだったでしょう。バロール少佐がワンダーランドパークのマネージングディレクター兼取締役会会長になりました。ワンダーランドパークの目玉は、美しいラグーンであり、精巧でエキサイティングな乗り物の一部でした。この乗り物はシュート・ザ・シュートと呼ばれ、世界で最もユニークなものの1つでした。乗客はゴンドラで急勾配の頂上まで持ち上げられます。頂上に着くと、ゴンドラはウォータースライドに落下し、巨大なラグーンに戻ります。ディズニーのテーマパークのように、パレードは毎日行われました。公園のフルサービス病院では、国際的な文化展示、デモンストレーション、教育展示のほか、乳児保育器などの科学展示も行われました。

ワンダーランドパークはわずか6年間存在しました。 1911年、以前の展示を行うための積極的なアプローチと予測不可能なニューイングランドの天候のために、その運営者は大きな財政難に苦しみ、閉鎖しなければなりませんでした。何年も経った後、ワンダーランドは1935年にワンダーランドドッグトラックとして再開しました。これは、リビアビーチのワンダーランドミスティックシティバイザシーのエドワードとフレデリックナザロによって注目されました。

リビアビーチには輝かしい歴史があります。ほぼ100年間、ニューイングランド人の世代がこの沿岸のリゾート地に群がりました。今日、世界的に有名なケリーのローストビーフといくつかのピザ店を除いて、他のすべてが大通りから削除されました。リビアビーチの歴史のこの章は終わりました。チャールズ・エリオットが「訪問者から隠してはならない、予約の最高のことであるオープンビーチの長い掃引」という観察を思い出させて、私たちは前の世紀と同じように次の世紀に入ります。

リビアビーチThen&ampNowスライドショー

人気の「RevereBeachThen&ampNowスライドショー」のプレゼンテーションを見る時間をスケジュールします。プログラムは、歴史的なリビアビーチとその輝かしい過去の100以上の美しい画像の1時間のプレゼンテーションと説明を特徴としています。全盛期のリビアビーチの豊かな歴史の私たちの集合的記憶をあなたの聴衆と共有し、追体験します!

Rotherhams Red Indianポップコーン、Moxie、Korr Bros. Frozen Custard、そしてもちろんケリーのローストビーフについて私たちが共有する特別な思い出を思い出すのをもう一度楽しみにしています。

多くの人は、オーシャンビューボールルーム、オーシャンピア、またはフロリックナイトクラブなどのリビアビーチのダンスホールで常に聴かれる素晴らしいビッグバンドの音楽を覚えています。

最近国定歴史建造物に指定されたリビアビーチは、現在「アメリカ初のパブリックビーチ」として正式に認められています。リビアビーチは、ニューイングランドと米国中の何千人もの人々の集合的な思い出の中で特別な場所を保持しています。

今すぐ電話して、この思い出に残るスライドショーを聴衆に提示する日付をスケジュールしてください。メール[email protected]または電話でお気軽にご連絡ください。 (978) 807.0167

リビアビーチとその素晴らしい歴史に関心をお寄せいただき、ありがとうございます。これはリビアの主要な歴史的名所のリストです。


歴史が多すぎる5つの素晴らしいイタリアのビーチの目的地

ガルダ湖のシルミオーネにあるローマ遺跡のグロッテディカトゥッロ。

[イタリアでのレジャー旅行の要件に関する最新情報については、Ministero della Saluteにアクセスしてください。]夏にイタリアに旅行するときは、見るものすべてを見るのに時間を費やすか、自分自身を屈服させるかを決定します。 ドルチェファーニエンテ 国の魅力的な海岸の呼びかけは難しい場合があります—多くの訪問者はたくさんの歴史を望んでいます ビーチタイムですが、同じ日に両方を持てない場合もあります。気温が上昇すると、海辺のタグボートが強くなることがよくありますが、リドのサンチェアに落ち着いたら、文化的な豊かさを一緒に注文したいと思うでしょう。 アクアミネラル.

もちろん、芸術的で歴史的な宝物はイタリア全土にあります。それらがなければ場所を見つけるのは困難です。有名なホリデーリゾートであるタオルミーナには、重要な古代ギリシャの劇場があります。さらに小さな休暇には、ヴァンダイクの絵が描かれた教会があるサンミケーレディパガーナの魅力的なリビエラ集落のような宝石があります。イタリアの主要な芸術都市の多くもビーチの近くにありますが、小規模な海岸の設定を探している場合は、ガルダ湖の湖岸からシチリア島まで、アルファベット順にリストされた以下の5つの牧歌的な場所を検討してください。これらは、イタリアのきらびやかな海辺を間近で楽しんだり、重要なアトラクションを楽しんだりできる場所です。

チェファルー, シチリア

チェファルー大聖堂は12世紀に建てられました。

8月のチェファルのビーチ。 (ゲッティイメージズ経由のステファノモンテシ/コービスによる写真)

米国の渡航禁止令:EUはすべてのアメリカ人の制限を解除する予定

アメリカ/イギリスの6つの理論渡航禁止令が解除されます

ヨーロッパの最新情報:これら12か国は現在、EUのデジタルCovid証明書を使用しており、さらに16か国がデッキ上にあります

イタリアへの訪問者は、エトルリア人とローマ人が残した残骸や遺跡から、ルネッサンス時代に作成されたメガワットの芸術や建築まで、その多くの時代の栄光に目がくらんでいます。あまり知られていないのは、イギリスを征服したことで有名なノルマン人が半島の日当たりの良い南岸に彼らの主張を賭けるようになった中世の時代です。しかし、古い漁港にアンティークの白い家が並ぶ素朴で美しい海辺の町、チェファルに行くと、この国の過去のあまり知られていない時代を味わうことができます。有名な宗教的なモザイクのあるチェファルー大聖堂に立ち寄ることができます。ロジャー2世の指揮で建てられた堂々とした建造物は、12世紀の暴風雨の後にここに上陸したと思われる強力なノルマン王です。ビーチに向かう前または後に、コルソルジェロから始まる町の歴史的中心部を探索し、ロジャーがかつて住んでいた要塞(現在は塔が残っている)であったドムスレジア(現在はオステリオマグノとして知られています)をご覧ください。チェファル海岸には、砂、小石、岩がさまざまに混ざり合ったビーチがたくさんあり、場所によっては、リドがラウンジャーとパラソルを提供しています。町からアクセスできるのは、ティレニア海に沿って4km以上続くルンゴマーレビーチです。

プーリア州エグナジアのファサノ/考古学公園

エグナジアの市民大聖堂からの3つの恵みのモザイク。

ゲッティイメージズ経由のデアゴスティーニ

古代都市の遺跡。

の考古学公園からそう遠くないファザーノのフラジオーネ、サヴェッレトリ近くのプーリア海岸。 [+]エグナジア。 (ゲッティイメージズ経由のFederico Meneghetti / REDA&ampCO / Universal Images Groupによる写真)

ゲッティイメージズ経由のREDA&ampCO / Universal Images Group

はるか昔にさかのぼりたい場合は、プーリアの町ファザーノの海の近くにある、この地域で最も重要な史跡の1つであるエグナジア考古学公園に行きましょう。青銅器時代(紀元前15世紀)に居住し、数百年後に古代サレント地域の人々であるメッサピイ人によって定住し、後にローマによって統治されたこの場所は、現在、グナシアの遺跡を含む広大な野外博物館です。ローマ人の下で繁栄している都市と貿易センター。公園にはジュゼッペアンドレアッシ国立博物館もあり、メッサピア時代とローマ時代にさかのぼる工芸品の山が展示されており、黒いガラス張りの表面の複雑なデザインで知られるプーリアの有名なグナシア陶器の例があります。近くには、公共およびリドが利用できるTorreEgnaziaビーチがあります。贅沢な休暇を過ごすには、今ではそれ自体が目的地となっているボルゴエグナジアに向かいましょう。この豪華なホテルは、黄土色と白のプーリア建築の豪華な複合施設で、ヴィラ、カセタ、さまざまな客室とスイートのオプションがあります。, プライベートビーチ、屋内と屋外のスイミングプール。

ポルトヴェーネレ、リグーリア州

パルマリア島のビーチ。

何世紀にもわたって、征服者たちはポルトヴェーネレが来たときの戦略的な海の場所のために彼らの足跡を残し、今日訪れるべき場所の画期的な組み合わせをもたらしました。古代ローマに定住し、おそらく以前はリグリアンが住んでいたこの町は、ビザンチン帝国の主要な海軍港でした。中世には、ジェノヴァの船乗り共和国が18世紀後半から19世紀初頭にかけてポルトヴェーネレを支配し、ナポレオンの支配下に置かれました。そして、ミックスに追加する文学史がいくつかあります。バイロン卿はここに滞在し、入り江の1つ(現在は彼にちなんで名付けられています)で頻繁に泳ぎ、伝説によれば、レーリチはずっと彼の作家の友人シェリーを訪ねました。

かつての異教の寺院の跡地に建てられた中世のサンピエトロ教会、素晴らしい海の景色を望む崖の上の位置、重要な宗教芸術を収容するロマネスク様式のサンロレンツォ教会も見逃せません。ジェノヴァとその強力なドリア氏族のかつての軍事力の証である、12世紀のドリア城からの他の印象的な景色を見つけることができます。港に隣接するカラフルな付属の家々は、中世のボルゴとそのメインストリートであるカペッリーニ通り(サンピエトロへと続く)の前に立っています。近くのレグラツィエの分離集落では、ローマ時代のヴィラバリニャーノを訪れることができます。ポルトヴェーネレには美しい岩の多い海岸線がありますが、プライベートビーチが必要な場合は、レストランとバーのあるスタイリッシュなリドであるスポーティングビーチに向かいましょう。近くのIsolaPalmaria(水上タクシーですぐ)には、公共とプライベートの両方のビーチオプションがあります。 5つ星ホテルのGrandHotelPortovenereは、ボルゴの中心部にあるスマートに復元されたコロンナ24の港を見下ろす素晴らしい景色を眺めることができます。

シラキュース(シラクーサ)、シチリア

シラキュースのネアポリス考古学公園にある古代ギリシャの劇場。


パームビーチ島に滞在する場所

毎年、パームビーチの高級ホテルは伝統的に夏にフロリダの住民や他の人々に取引を提供してきました。現在のオファーについては、パームビーチ郡の観光サイトを確認してください。

夏のお得な情報を提供する高級ホテルのいくつかは ブラジル裁判所、301オーストラリアンアベニューと中心部に位置 チェスターフィールド、 363ココアナットロウ、小さな歴史的なブティックホテル。町の中心部の南にあるがビーチにある2つのホテルは フォーシーズンズリゾート、2800 South Ocean Blvd.そしてその オーパームビーチリゾート&スパ、 100 South Ocean Blvd.、マナラパン。

パームビーチ島の予算の選択

予算で1泊175ドル以上の部屋が許可されていない場合でも、ワースアベニュー近くのパームビーチに滞在して、冬の料金の半分未満の部屋を予約することができます。 パームビーチヒストリックイン、365サウスカウンティロード。


関連記事

90年代にマイアミが優れていた10の理由

同性愛者はフォートローダーデールに向けて無愛想なサウスビーチを離れます

アレックス・ダウドのたまり場、パート2

これは、マイアミビーチが人工的に建てられた土地であり、お金と魅力を求める男性の狂った野心、そして安い労働力の搾取であるという場面を設定しました。今日でも、マイアミビーチ市は、自然に発生する地理的特徴ではないため、ビーチを埋めるために砂を浚渫する必要があります。

マイアミビーチが、地球温暖化と海面上昇の脅威に直面しても、現実の居住可能な土地であり続けるかどうかはまだ分からない。

マフィアシティ
OK、組織犯罪に関してはマイアミビーチはシカゴではないかもしれませんが、ビーチは確かにグラフトの黄金時代に多くの悪名高いキャラクターをホストしていました。近くのハバナと関係のあるギャングの数を考えるとショックではありません。

スカーフェイス自身、アルカポネは1927年にマイアミで越冬を始め、2年後、住民が悪名高い犯罪者を禁止する決議を可決したにもかかわらず、パーム島の家を購入しました。 (「カポネはここにいる他の多くの人々よりも悪くはない」と、当時のJ.ニュートンラムス市長は、実際にギャングを自分の家に売却したことを認めた後、汚い不動産開発と政治が常に親友であったことを証明した。南フロリダ。)マイヤーランスキーもマイアミビーチと強いつながりがあり、フロリダでのカジノの関心は1930年代にまでさかのぼります。晩年、彼は町に戻り、50年代と60年代にハリウッドとハランデールビーチに移り、コリンズアベニューのコンドミニアムに定住し、1983年に80歳で亡くなりました。

最近、ロシアの暴徒はトラブルを引き起こし、ナイトライフを盛り上げる可能性が高くなっています。ほんの数年前、東ヨーロッパの組織犯罪に関係するグループが、ワシントンアベニューに偽のナイトクラブを設立し、美しいエストニアの女性を使って男性を誘惑し、薬を飲んだり強盗したりするという手の込んだ計画で逮捕されました。

ドイツが誤ってメキシコを第二次世界大戦に追い込んだ時
マイアミビーチが第二次世界大戦中に訓練場として使用されたことをほとんどの人が知っています。マイアミビーチが戦争で活発な劇場であったことを覚えている人は多くなく、技術的にはそうではありませんでしたが、1942年の海岸沖での攻撃はドイツの最も愚かな過ちの1つだったかもしれません。戦闘のほとんどは世界の半分の方法で行われましたが、ドイツのUボートは、東海岸の主要都市の沖合をパトロールし、連合国の船を沈めようとすることが知られていました。

1942年5月14日の夜、ドイツのUボートU-564が船を発見しました。その船長は、それが国際法に違反するイタリアのタンカーであると信じて、それを沈めることに決めました。船は実際にはメキシコ人だったことが判明 SSポトレロデルリャノ。ドイツ人はメキシコの旗を似ているがはっきりとしたイタリアの旗と間違えていました。いいえ、真剣に、これは彼らの公式の言い訳でした。当時、メキシコは公式に中立でした。 13人の乗組員が死亡し、残りは治療のためにマイアミに運ばれました。 1週間後、別のUボートが同様の過ちを犯し、6月末までに、メキシコは枢軸国との戦争を宣言しました。一方、米国はマイアミビーチ沖での保護を強化した。

隔離により、ビーチは白人以外の誰にも立ち入り禁止になります
公民権時代以前は、マイアミビーチでの人種差別は噴水や昼食用のテーブルだけではありませんでした。アフリカ系アメリカ人はマイアミビーチに住むことを許可されておらず、ビーチで働いていたアフリカ系アメリカ人は、午後6時以降の尋問を避けるために、警察から発行された&ldquopass&rdquoを取得するように促されました。同様に、有色人種の人々は一部のビーチへの立ち入りを禁止され、他のビーチの使用は月曜日にのみ許可されました。黒人の観光客はビーチのホテルに滞在することさえ許可されていませんでしたが、皮肉なことに、ホテルは黒人のエンターテイナーを予約して真っ白なゲストを楽しませました。ダイアナ・ロスとスプリームスでさえ、オーバータウンに一晩滞在する必要がありました。

それは黒人だけではありませんでした。しばらくの間、ユダヤ人はフィフスストリートの南にのみ住むことを許可され、&ldquoGentiles Only&rdquoの標識は地元の企業の間で一般的でした。実際、場合によっては、ユダヤ人と異邦人は別々の入り口を使用する必要がありました。しかし、反ユダヤ主義は、1949年に地方条例によって公式に非合法化されました。

1972年のDNCの災害
1972年、民主党と共和党の両方が、同じ町だけでなく、同じ正確な建物であるマイアミビーチコンベンションセンターでも大会を開催するという奇妙な選択をしました。共和党は、ベトナム戦争の真っ只中にリチャード・ニクソン大統領を最初に指名した。どういうわけか、これは2つのコンベンションの中で静かでした。はい、予想通り、抗議がありました。もちろん、ニクソンはそれらの抗議を抑制しようとしました、しかしそれはただニクソンニクソンでした。

本当の混乱に変わったのは民主党全国大会でした。戦争と市民権時代からまだ残っている完全な社会革命への衝動に憤慨した1972年の民主党は、伝統的な穏健派とまったくの過激派の寄せ集めでした。ベトナムは話題でした。フェミニストは、党の綱領に公式に採用されたプロチョイスの厚板を望んでいた。ゲイの権利活動家は、主要政党への参加をいち早く求めました。それは、今日のTumblrにログオンするようなものでした。これは、討論や政治全般にとっては健全ですが、DNCが大統領に誰かを指名するのにそれほど適していません。

ジョージ・マクガヴァンが候補者と推定されましたが、対戦相手のヒューバート・ハンフリーは、カリフォルニア州の予備選挙の勝者がすべてを代表する性質に挑戦することによって、自分自身の候補者を主張しようとしていました。マクガバンは最終的に勝ったが、その後、誰かが彼のランニングメイトになるのを見つけるのに苦労した。当時、その決定は大会でなされる可能性がありました。彼は誰が誰であるかを政治家に尋ねたが、誰も受け入れなかった。最後に、彼はトーマス・イーグルトン上院議員を選びました。彼はそれを受け入れましたが、代表団は彼の公式指名に対する投票を引きずり出しました。これはすべて、マクガバンが午前3時頃まで彼の受諾演説をすることを妨げました。したがって、ほとんどのアメリカ人は寝て、それを見たことがありませんでした。

すべてのアカウントで、それは素晴らしいスピーチであり、マイアミビーチで起こる最高のことが午前3時に起こり、アメリカの他の地域は疲れすぎて追いつかないことを証明しました。当然のことながら、どちらの当事者も、それ以来、コンベンションを開催するためにマイアミビーチ(または一般的には南フロリダ)に戻ることを考えていません。それは政治的に汚染されたままです。 (ちなみに、キャンペーンとコンベンション全体は、ハンターS.トンプソンの物語に関する本をサポートするのに十分なほどクレイジーでした。)

70年代と80年代:引退ゲットーと犯罪の波
いくつかのハリケーン、国家経済の不況、そしてあちこちでの世界大戦の一時的な中断の後、マイアミビーチは、70年代初頭に敷物がその下から引き出されるまで、その歴史の多くでほとんど夢と魅力の街でした。マイアミビーチの観光業は50年代に最高点に達し、60年代に十分に繁栄しましたが、いくつかの要因が70年代のマイアミビーチの下降スパイラルに寄与しました。

  • ディズニーワールドは1971年にオーランドにオープンし、観光客を吸い上げました。どうもありがとう、ミッキー。
  • ビーチのイメージは、パッケージ化されすぎて、安っぽくなりすぎました。それはすぐに観光客の支持を失いました。 (すぐに二度と起こらないことを願っています。リンカーンロードでH&ampMの服を買いに来て、恐ろしいEDMを演奏するクラブでボトルに200ドルを費やしてください、訪問者!)。
  • 空の旅はより人気があり入手可能になり、観光客は代わりにカリブ海を選びました。

観光業の衰退を補うために、家主とホテルの所有者はすぐに中級から下級の退職者へのケータリングを始めました。その間、より裕福な退職者はすぐに南フロリダのより穏やかな部分に逃げ始めました。マイアミビーチは、決してなりたくなかった、また二度となりたくないものになりました。クールではなく、貧しく、古く、退屈です。 「マイアミビーチはネオンが死ぬ場所」というクイズが定着したのはこの時期でした。 (それはしばしばレニーブルースに起因しますが、証拠はありません。マイアミビーチに関する多くのことのように、それは本物ではないかもしれません。)

特に組織化された種類ではなく、犯罪がビーチで定着し始めたのは1980年代初頭のことでした。マリエル難民事件の際に大量の囚人を輸送したフィデル・カストロは助けにはならなかった。そのため、退職者と一緒に麻薬の売人と2ビットの犯罪者が住んでいました。のチェーンソーシーンを覚えておいてください スカーフェイス?ええ、それはそれほど遠くありませんでした。最も裕福な残りの退職者は町の外でそれをハイテイルし、最も貧しい人々は残ることを余儀なくされました。

サウスビーチは魂を失い、自分自身をどうするかわからなかった。街のトレードマークであるアールデコ建築の多くを取り壊し、新しい都市開発に置き換えるための真の努力が行われていたのは、この時期でした。ありがたいことに、保護主義者が勝ちましたが、それは70年代から80年代初頭にかけての都市の目的やアイデンティティの欠如を強調するだけです。地獄、サウスビーチを「サウスショア」と「オーシャンサイド」に改名する計画さえありました。それが悪いことが起こった方法です。

エイズで死ぬためにここに来たゲイの男性はサウスビーチの再生を煽った
サウスビーチは決して排他的な同性愛者ではありませんでしたが、ゲイクラブにぶつからずに3ブロック以上歩くことができなかった時代がありました。それはある種のセクシュアリティ後の不思議の国でした。同性愛者とストレートは調和して生活し(そしてパーティーを開き)、時にはそれらの間の境界線がぼやけた。同性愛者は、&lsquo80年代初期の荒廃したビーチを、&lsquo90年代初期までになって、楽しく、パーティーをし、創造的な国際的な目的地に変えるのに大きな役割を果たし、その過程で多くの味を与えました。

しかし、それはなぜでしたか? &ldquoエイズ患者の多くは、最後の数年間を過ごすためにサウスビーチにやって来ました&rdquo ニューヨーク・タイムズ 1996年に報告されました。HIVと診断されたゲイの男性は、ここ数年を過ごすのに暖かく、比較的手頃な価格で、もてなしの場所だったので、何年もの間サウスビーチに引っ越してきました。サウスビーチ:HIV / AIDS危機の不動産勝者!

サウスビーチの同性愛者の過去とその後のストレートウォッシュの詳細については、2010年の特集「サウスビーチからの脱出」をお読みください。

アレックス・ダウド市長の528年の犯罪の価値
政治的腐敗に満ちた地域では、元マイアミビーチ市長のアレックス・ダウドに近い政治的崩壊はほとんどありません。彼は1979年にマイアミビーチ市委員会に選出されました。 マイアミニュース 彼を「投票用紙全体で最も魅力的な候補者の1人」として支持する。 1985年までに、彼は市長になりました。彼は1973年以来、再選に勝った唯一の市長になり、前例のない第3期に進みました。彼は若く、進歩的で、エネルギッシュでした。彼はビーチの再生を監督し、それに伴う社会的な罠を楽しんだ。

もちろん、それはすべて1991年に厄介で厄介な終わりになりました。汚職の調査の後、彼は賄賂、ゆすり、恐喝、マネーロンダリング、および虚偽の所得税申告書の提出の41の罪に直面することになりました。 The mayor was found to have routinely sold his vote, used his office to have free work done on his home, laundered bribe money, and extorted businessmen. He originally faced 528 years &mdash yes, years &mdash in prison, but in the end, the always-slippery Daoud escaped with only 18 months in exchange for helping prosecutors. In 2007, he released a memoir, Sins of South Beach, in which he claimed he also used to ride along with Miami Beach cops looking for criminals to kick the crap out of in vigilante justice escapades.

Versace's Murder Marks the End of South Beach's Greatest Era
It's hard to imagine that an era of a city's history can be so intertwined with a fashion designer, but such is the case with Miami Beach, luxurious land of looks and glamor. The paths of Gianni Versace and Miami Beach collided when the producers of マイアミバイス brought him on as a fashion consultant. Not all of the clothes came from his collections, but many of them did, and the trademark look of main character Sonny Crockett swept the nation. 1986年、 magazine noted that sales in Miami's Versace boutique were some of the biggest in the world. In the ensuing years, South Beach would become one of the world's premier destinations and Versace the world's premier designer. The marriage would be consummated in 1992 when Versace bought an old home and a neighboring hotel on Ocean Drive and built his castle, almost instantly making him the king of South Beach. Along with him, he brought artists, supermodels, and A-list celebrities like Madonna. He cemented South Beach's A-list status. In turn, South Beach's influence could clearly be seen in his collection.

The party continued for much of the decade until 1997. The media had become obsessed with spree killer Andrew Cunanan, who was believed to have been responsible for the deaths of four men in three states. That summer he seemingly disappeared for two months. Turns out he was hiding in plain sight, right here in Miami-Dade. (Way to go, local police!) After learning of Versace's morning routine, he made his move July 15 and fatally shot the designer on the steps of that Ocean Drive home. The Beach had seen many a crime before, but none quite as shocking and bizarre as this.

Not to be too blunt, but some old South Beachers still talk of it as if it were a local 9/11. "Well, this was back in the Versace days," they'll say. "Of course, that was after Versace, when things all started coming apart." It's viewed as the end of an era and the final chapter of what might have been South Beach's most glamorous and fun era.

Today, Versace's mansion is a tourist hot spot, with people constantly taking photos just steps from the spot where he was murdered. Naturally, it's still not very hard to find men and women dressed as if they'd walked directly off Versace's 1993 catwalk.

The inaugural Urban Beach Week kicked off in 2001 during Memorial Day weekend, which is traditionally the beginning of slow season for the Beach. True, there were hints the event might prove to have some kinks. It was not centrally organized, largely promoted through word of mouth, and not officially sanctioned by the city. It also catered to college-aged kids, who are typically a bit wilder and less responsible than the general population. Yet there was one other defining feature of the event: It was organized largely for and by African-Americans.

The event started small, but soon national hip-hop acts began making it a regular destination, and the crowds grew. Locals, meanwhile, complained loudly. Restaurants found reasons to close up shop for the weekend. One year, a club on the mainland threw a "white party" during the weekend. City leaders &mdash civic, business, and political &mdash made little attempt to welcome the event and try to improve its organization. Local residents, the majority of whom are white and Hispanic, complained louder. Tensions grew. Police presence increased over the weekend, with Miami Beach PD bringing in officers from other local forces.

The boiling point came in 2011, when about a dozen police officers fired 116 bullets into the car of Raymond Herrisse, a 22-year-old resident of Boca Raton who was driving suspiciously on Washington Avenue at 4 a.m. Police said he shot first. They never presented evidence to that end, but they did find a gun in his car days after the shooting. Police claimed he had clipped an officer on a bicycle with his car.

Police, however, responded by turning South Beach into basically a police state the following year. Watch towers were erected. Checkpoints were set up at the entrance to the Beach, with high-tech cameras scanning the license plate of every car entering. Barriers were placed to deter motorists from driving in residential areas. Police were on every corner. However, this time police weren't offering "passes" to African-Americans, even the ones who worked on the Beach.

At last year's event, arrests were down about half from the previous year, but businesses have taken a hit too. Hotel bookings are down about 25 percent from 2011, and other local businesses complain that the weekend is now a dead zone. How did the Beach, as a community, botch things so badly? It's hard to say that racism wasn't at least a factor.

Corruption Central
If you thought corruption in South Beach had gone out of style with Don Johnson, the past decade proved you so very wrong. The scandals began in 2008, when a flashy developer named Michael Stern snitched on building officials who took money hidden in toilet paper rolls and Rolex watches in exchange for fast-tracking projects &mdash including a plan to knock over a historic coral rock house. Three city officials ended up pleading guilty for their ties to that scandal.

Then, two years later, another wave of cash-taking dominoes began to topple. First came the downfall of the city's longtime procurement chief, who was popped for tipping off a corrupt developer to bids in exchange for kickbacks. Then came even more charges later in 2012. Four code compliance officers, along with that department's chief and two firefighters, were arrested in an FBI sting into alleged payouts from nightclubs to ignore code problems. NS New Times investigation found those arrests likely only scratched the surface.

Don't worry &mdash the Beach didn't clean up its political act in time for its 100th birthday. Just last month, New Times told the tale of an Española Way restaurateur who forced one city employee's resignation and tied the FBI into a probe of alleged corruption and political favors in that famed walkway's code compliance rules.

&mdash Tim Elfrink contributed to this story

Keep Miami New Times Free. Since we started Miami New Times, it has been defined as the free, independent voice of Miami, and we would like to keep it that way. Offering our readers free access to incisive coverage of local news, food and culture. Producing stories on everything from political scandals to the hottest new bands, with gutsy reporting, stylish writing, and staffers who've won everything from the Society of Professional Journalists' Sigma Delta Chi feature-writing award to the Casey Medal for Meritorious Journalism. But with local journalism's existence under siege and advertising revenue setbacks having a larger impact, it is important now more than ever for us to rally support behind funding our local journalism. You can help by participating in our "I Support" membership program, allowing us to keep covering Miami with no paywalls.


Learn the story of The Last Great Cruise of RMS Queen Mary

Unfortunately, your browser does not support iframes.


Ongoing History Daily: Facts about The Beaches

Some facts about The Beaches that may have escaped your attention until now.

(1) The group began in 2007 under the name Done With Dolls. After a few lineup changes, they morphed into The Beaches, taking their name after their Toronto neighbourhood.

(2) You would think that “The Beaches” would be a name that had been already taken. Turns out there were bands called Lonely Beaches, Beach House, Dead Beaches and a few others. No one had named their group just “The Beaches,” so they took it.

And (3) Frontwoman Jordan Miller used to be a fan of fantasy live-action roll playing. Anything with elves and knights was okay by her. Meanwhile, drummer Eliza Enman-McDaniel couldn’t get enough of Pokemon.

Alan Cross

is an internationally known broadcaster, interviewer, writer, consultant, blogger and speaker. In his 30+ years in the music business, Alan has interviewed the biggest names in rock, from David Bowie and U2 to Pearl Jam and the Foo Fighters. He’s also known as a musicologist and documentarian through programs like The Ongoing History of New Music.


Beach History, Family Crest & Coats of Arms

The Beach surname, of Norman ancestry, was a name given to a person who lived near a stream, or a person who lived near a prominent beech tree, or area wooded with beech trees. The two different landmarks were referred to by the same Old English root, beche.

4つのコーヒーマグとキーホルダーのセット

$69.95 $48.95

Early Origins of the Beach family

The surname Beach was first found in Hertfordshire where Gosfrid le Beche was sometimes known as Geoffrey de Bec, one of the principal holders and tenant-in-chief of land in that shire as recorded by the Domesday Book in the year 1086. He was from Beche in Normandy and accompanied William the Conqueror into England at the Battle of Hastings in 1066. Amongst other villages he also owned Aldenham, Cokenach, Eastwick, Hailey, Lilley, Langley and many others in Hertfordshire.

Robert de Beche, c. 1100, witnessed a charter of William Peveril of Dover and Goisfrid de Bech was a tenant in capite, Hertford, 1086. [1]

The Hundredorum Rolls of 1273 listed Jacob de la Beche, Oxfordshire Matilda de la Beche, Cambridgeshire and William de la Beche, Oxfordshire. [2]

紋章と名前の履歴パッケージ

$24.95 $21.20

Early History of the Beach family

This web page shows only a small excerpt of our Beach research. Another 134 words (10 lines of text) covering the years 1539 and 1538 are included under the topic Early Beach History in all our PDF Extended History products and printed products wherever possible.

ユニセックスの紋章付きフード付きスウェットシャツ

Beach Spelling Variations

Endless spelling variations are a prevailing characteristic of Norman surnames. Old and Middle English lacked any definite spelling rules, and the introduction of Norman French added an unfamiliar ingredient to the English linguistic stew. French and Latin, the languages of the court, also influenced spellings. Finally, Medieval scribes generally spelled words according to how they sounded, so one person was often referred to by different spellings in different documents. The name has been spelled Beach, Beche, Beck, Becke, Beache, Bech, Beech and many more.

Early Notables of the Beach family (pre 1700)

Another 46 words (3 lines of text) are included under the topic Early Beach Notables in all our PDF Extended History products and printed products wherever possible.

Beach migration +

この家族名の最初の入植者のいくつかは次のとおりでした:

Beach Settlers in United States in the 17th Century
  • Richard Beach, who landed in Cambridge, Massachusetts in 1635 [3]
  • Richard Beach who settled in Boston Massachusetts in 1637
  • Stephen Beach, who settled in Virginia in 1639
  • Stephen Beach, who arrived in Virginia in 1639 [3]
  • Mrs. Elias Beach, who landed in Maryland in 1640 [3]
  • 。 (More are available in all our PDF Extended History products and printed products wherever possible.)
Beach Settlers in United States in the 18th Century
  • Antho Beach, who arrived in Virginia in 1704 [3]
  • William Beach, who landed in Virginia in 1713 [3]
  • Wilhelm Beach, who arrived in Philadelphia, Pennsylvania in 1749 [3]
Beach Settlers in United States in the 19th Century
  • Reuben C Beach, who arrived in New York in 1832 [3]
  • W E, Beach Jr., who landed in San Francisco, California in 1850 [3]
  • W L Beach, who arrived in San Francisco, California in 1850 [3]
  • W R Beach, who landed in San Francisco, California in 1850 [3]
  • G W Beach, who landed in San Francisco, California in 1850 [3]
  • 。 (More are available in all our PDF Extended History products and printed products wherever possible.)

Beach migration to Canada +

この家族名の最初の入植者のいくつかは次のとおりでした:

Beach Settlers in Canada in the 18th Century
  • Sgt。 John Beach U.E.カナダに定住した人c。 1783 [4]
  • Mr. Samuel Beach U.E. who settled in Ernestown, Lennox & Addington, Ontario c. 1783 [4]
  • Mr. Stephan Beach U.E. who settled in Eastern District [Cornwall], Ontario c. 1783 [4]
Beach Settlers in Canada in the 19th Century
  • Joseph Beach, who landed in Canada in 1828
  • Abraham Beach, who arrived in Canada in 1834

Beach migration to Australia +

オーストラリアへの移住は、囚人、商人、初期の入植者の最初の艦隊に続きました。初期の移民は次のとおりです。

Beach Settlers in Australia in the 19th Century
  • Mr. Martin Beach, (Brien, O'Brien, Beech), (b. 1808), aged 29, Irish labourer who was convicted in County Offaly (King's County), Ireland for 7 years for assault, transported aboard the "Calcutta" in 19th April 1837, arriving in New South Wales, Australia, he was executed in 1843 [5]
  • Mr. Richard Beach, (b. 1813), aged 31, Irish soldier who was convicted in Dublin, Ireland for 14 years for desertion from the army, transported aboard the "Cadet" on 9th April 1844, arriving in Tasmania ( Van Diemen's Land) [6]
  • John Beach, aged 17, who arrived in South Australia in 1856 aboard the ship "Lord Hungerford"

Beach migration to New Zealand +

ニュージーランドへの移住は、キャプテンクック(1769-70)などのヨーロッパの探検家の足跡をたどりました。最初にシーラー、捕鯨者、宣教師、商人がやって来ました。 1838年までに、英国ニュージーランド会社はマオリ族から土地を購入し、入植者に売却し始めました。1840年のワイタンギ条約の後、多くの英国の家族が英国からアオテアロアへの困難な6か月の旅に出発しました。新生活。初期の移民は次のとおりです。


Beach - History

Welcome to the Boynton Beach Historical Society

A Message to our Boynton Beach Historical Society Family

Standing in the Florida Reading Room now located on the second floor of the Boynton Beach City Library, I am grateful for a large comfortable room dedicated to Florida books and journals. This room has one of the best views in the city. Looking out a large window you see Ocean Avenue and the old Boynton High School majestically restored. So many people have commented to me about this cultural gem that sparkles in the heart of our downtown for all people.

The old high school was saved from the wrecking ball at the last moment by the Boynton Beach Historical Society, fellow citizens and city leaders. This old building has strong bones and was a place of refuge for many people during the 1928 hurricane. I see new trees growing and a joyful children’s park. Children can be seen playing on the swings, running around and laughing. An attractive black fence keeps the children safe. Here is history unfolding in 2021 during the pandemic.

Randall Gill, Boynton Beach Historical Society President

The Reading Room also provides a view of Seacrest Boulevard, the historic First United Methodist Church and the Schoolhouse Children’s Museum. Kinetic art installations give Boynton Beach a modern vibe for the future. It is quiet in the Reading Room. It is an oasis of Florida history with fascinating books about Seminoles, shipwrecks, sea captains, farmers, pioneers, nature, birds, and the Everglades. Drop by sometime and pick up a book and look out a window where you will see a city full of possibilities.

We have launched virtual programs this season with great success. We appreciate all our members and friends who support our work and are happy to welcome recent new members. Technology, in its best form, allows us to continue to be together during this pandemic. We hope you will join us for future programs.

A Special Message to our Boynton Beach Historical Society Family

At a time when we are all feeling anxious and isolated from our family, friends, colleagues,and neighbors, Boynton Beach Historical Society’s stories of faith, struggle, and hope are available through our Library archives at www.boynton-beach.org/library/archives, Historic Boynton Beach on Facebook https://www.facebook.com/historicboyntonbeach, and on our website, http://www.boyntonhistory.org/. Florida Humanities https://floridahumanities.org/ offers some great Florida stories as well.

These past events recall how people cared for and helped one another in our community. Please pray for those affected by COVID-19 and for the medical professionals who are caring for them.

Now is the time for us to be kind to others and take time to appreciate the beauty of tropical Florida. History can keep us connected and inspired as we navigate these unchartered waters. Boynton survived the 1918 Spanish Flu pandemic, Yellow Fever, the 1928 Hurricane, the Great Depression, two World Wars, and we will overcome this coronavirus.

Sadly, we have postponed the remainder of our season’s events. We will miss seeing you, but we promise to stay in touch with new information.

We want you to know how grateful we are for your continued, faithful support that helps us share important stories and collections through our programs and outreach. Please stay safe and hopeful as we face this invisible enemy. History will show we were made stronger during this time. Your Board of Directors looks forward to when we can gather again.