ニュース

アケルナル-AKA-53-歴史

アケルナル-AKA-53-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

アケルナル
アケルナルという名前のギリシャの川の神

南の星座エリダヌス座で最も明るい星で、等級は.6です。太陽の少なくとも200倍の明るさで、空で最も明るい10個の星の1つです。地球から約118光年です。

(AKA-53:dp。14,200,1。469'2 ";b。63'dr。26'4"、s。16.6k。、cpl。429;a。16 "、8 40snm。、1820mm。 ; cl。アンドロメダ;T。C2-S-B1)

アケルナル(AKA-53)は、1943年9月6日にニュージャージー州カーニーで、連邦造船および乾ドック社によって海事委員会契約(MC船体208)に基づいて敷設されました。アデラロジャースセントジョン夫人が後援して1943年12月3日に発売されました。 1944年1月29日に海軍に買収され、1944年1月31日に就役した。指揮官のH.R.スティーブンス。

ニューヨークナビヤードでの改造と艤装に続いて、攻撃貨物船は2月28日に航行し、チェサピーク湾でシェイクダウンを行いました。 3月13日、彼女はニューヨーク州スタテンアイランドに到着し、そこで貨物を積み込み、アーズニーの要員をイギリスへの輸送に乗せました。19日には、コンボイCU-18で海に際立っていました。彼女は3月30日にウェールズのスウォンジーに到着し、ノルマンディー侵攻に備えて、次の2か月間イギリスのさまざまな港間で貨物と人員を輸送しました。

5月の先週、イギリスのプリマスでAchernarが見つかりました。 6月1日、彼女は第1軍の本部のすねに指定されました。 6月6日、彼女はイギリス海峡を横切って蒸気を発し、1609年に、フランスのセーヌ湾で事前に割り当てられた位置に停泊しました。次の数日間、彼女はフランスで足場を争う軍隊の神経センターとして行動しました。 6月11日、第1軍の本部が下船しました。そして、1148年に、アケルナルはイギリスに向けて出発しました。プリマスでの3日間の休息の後、船は2つの建設大隊の貨物と人員を引き受けるために、スコットランドのロスニースに移動しました。 6月19日、彼女はプリマスに戻り、損傷した攻撃機を修理するための資材を積み込み、6月22日、フランスの攻撃地域に向けて出発しました。駅にいる間、sneはいくつかの敵の空襲を受けました。貨物船は6月29日に再びフランスの海岸を出てイギリスに戻り、7月1日にプリマスに到着しました。 7月5日、この船は、南フランスの侵攻を支援するために地中海に向かうタスクグループ(TG)120.6の一部として出航するように命じられました。船は7月10日にアルジェリアのオランの港に入ったが、6日後にナポリに向けて出航した。そこに作戦を積み込んだ後、彼女は8月2日にイタリアのカステッランマーレの停泊地に切り替えました。ここで、彼女は第36師団の人員を乗せ、南フランスでの暴行のために13日に海に出ました。 8月15日の朝、彼女の乗組員は貨物の荷降ろしとビーチへの発送を開始しました。翌日、貨物の配達を終えた後、彼女は船上で死傷者を受け取り、13人のドイツ人捕虜を乗せた後、2100年にメープルに戻るために出発しました。

次の2か月間、Achnarはナポリとオランからフランスの南海岸沿いの地点への旅行を続けました。 10月25日、彼女はオランからジブラルタル海峡を通って米国に向かって西に航海しました。彼女は11月8日にハンプトンローズに到着し、ノーフォーク海軍造船所で修理とオーバーホールを受けました。 12月7日、Achernarは、チェサピーク湾で短期間の試験と演習を開始しました。船は12月11日にノーフォークに戻り、貨物を引き受け、12月18日に航行しました。彼女は1944年のクリスマスにパナマ運河を通過し、1945年1月10日に真珠湾に到着しました。

1月17日から19日までオアフ島沖で戦術演習を行った後、貨物船は2月12日に貨物の積み込みを開始し、18日に海に出ました。アケルナルは2月26日にエニウェトクに立ち寄り、3月4日にコッソルロードに停泊し、3月15日から20日までフィリピン諸島のサンペドロ湾に停泊した後、4月1日に沖縄を離れてその主要島の押収を支援した。翌日の0043日に、日本の自殺機が攻撃貨物船の右舷側に衝突し、ほぼ同時に、爆弾が左舷側で爆発した。火災が発生し、船はわずかに港に上場し始めました。アケルナルは5人の乗組員を失い、41人が負傷した。

0100年までに、火災は発生しなくなり、リストは修正されました。 1525年、ボロボロになった船は犠牲者をソレース(AH-5)に移送し、一時的な修理が始まった渡具知ビーチに停泊しました。 4月3日の朝、アケルナルは慶良間諸島に移動し、貨物の荷降ろしを開始しました。彼女は4月19日、ウリシ島と真珠湾を経由して米国に向けて航海するまで沖縄に留まりました。船は5月13日にサンフランシスコに到着し、弾薬と燃料の荷降ろしを開始しました。 2日後、彼女は修理とオーバーホールのために乾ドックに入った。彼女はカリフォルニア海岸に沿ったシェイクダウンのために7月10日に再び始まった。 8月4日、アケルナルはサンフランシスコを離れてパールハーバーに戻り、1週間後に到着し、すぐに貨物の荷降ろしを開始しました。敵対行為が15日に終わったとき、彼女はまだハワイにいました。その後、アケルナルは日本と他の太平洋のさまざまな島々の間で人員と設備を往復させ、「魔法のじゅうたん」作戦に参加し、退役軍人を米国に戻しました。

11月28日、アケルナルはシアトルに到着しました。 1週間後、S.S。レイモンドは嵐の最中に彼女と衝突しました。彼女が事故で受けた損害の結果として、アケルナルは修理のために12月22日に乾ドックに入った。

アケルナルは1946年1月16日に再び航行を開始し、西海岸と極東および太平洋のさまざまな港の間で作戦を再開しました。 1949年10月1日に軍事海上輸送サービスが結成されたとき、彼女は新しい組織でのサービスのために選ばれた攻撃貨物船のグループの1人でした。朝鮮戦争の勃発時に、アケルナルはハンターズポイント海軍シップバードでオーバーホールを完了していました。彼女は1950年7月7日に開始し、すぐに戦争地帯への輸送のために軍隊と貨物を降ろし始めました。 14日、船はTG 63.7に合流し、日本に向けて出航した。彼女は神戸佐世保と横須賀で貨物を降ろした。 9月22日、彼女は日本を離れ、韓国の仁川に向かい、近くの地上作戦を支援しました。

米軍が仁川とソウルの近くの領土を解放した後、第1海兵師団の要素とその装備がアケルナルに積み込まれ、韓国の東海岸の元山に上陸した。彼女はTG90.2の一部として航海し、10月25日に元山で航海しました。彼女は乗客を降ろし、日本の門司に進み、10月31日にそこに到着した。そこで、彼女は元山への輸送のために第2歩兵師団の男性を引き受けました。この任務の後、彼女は11月20日に横須賀に戻った。

その後、攻撃貨物船は米国に報告するように命じられました。彼女は11月27日にブラシ(D-745)とマンスフィールド(D-728)を伴って日本を去りましたが、どちらも地雷によって損傷を受けており、必要に応じて支援する準備ができています。彼らは12月17日にサンフランシスコに到着する前にミッドウェイとパールハーバーに短時間立ち寄りました。

短い利用可能期間の後、アケルナルは1951年1月18日にカリフォルニア州ポートヒューニーメに行き、アリューシャン列島への輸送のために貨物と人員を積み込みました。アムチトカ島で荷降ろしした後、彼女はアダック、ホイッティアー、アラスカ、コディアック島を訪れ、シアトルに返送する貨物を受け取りました。 3月17日、アケルナルはノーフォークのコースを設定しました。彼女は26日にパナマ運河を通過しました。 4月1日にノースカロライナ州モアヘッドシティで一時停止し、最終的に4月3日にノーフォークに到着しました。この船は、大西洋艦隊の水陸両用部隊に配属され、カリブ海および東海岸でのさまざまな艦隊演習および貨物輸送に参加しました。 1956年2月18日、アケルナルは予備役として廃止されました。テキサス州オレンジに停泊しました。

アケルナルは1961年9月1日にニューオーリンズで任務に復帰しました。彼女は1961年12月1日にノーフォークに到着し、大西洋艦隊の水陸両用戦隊6の部隊になりました。アケルナルはカリブ海でシェイクダウンを行い、残りのキャリアをバージニア岬の作戦地域でさまざまな訓練演習に費やしました。

アケルナルは1963年7月1日に任務から外され、海事局に移管されました。彼女は1964年1月29日に海軍に再買収されましたが、1965年2月2日にスペイン政府に移されるまで、現役は見られませんでした。1982年に解任されるまで、スペイン海軍にカスティーリャ(TA-21)として仕えました。

アケルナルは、第二次世界大戦で従軍星章を3つ、朝鮮戦争で従軍星章を3つ受け取りました。ギリシャで最大の川に与えられました。オケアノスの長男であり、その巨人の妹であるテティスであるアケローオスは、通常、人間の頭を持つ雄牛として描かれています。

(ARL-1:dp。4,100,1。328 '、b。50'、dr。11'2 "s。11.6k。、cpl。255;a。13"、8 40mm。、8 20mm。; cl 。アケローオス)

アケローオス(ARL 1)は、ペンシルバニア州ピッツバーグでLST-10として配置されました。1942年8月15日に、1942年11月25日に打ち上げられたDravoCorp。によって設立されました。 DravoCorp。のチーフエンジニアの妻であるGeorgeF。Wolfe夫人が後援し、Acheiousと名付け、1943年1月13日にARL1を再指定しました。そして1943年4月2日にメリーランド州ボルチモアで一時的な指揮下にあるB.N.ワード大尉に就役した。

その日遅く、上陸用舟艇の修理船の指揮がウォルター・リンギー中尉に渡された。アケローオスはチェサピーク湾でシェイクダウンを開催しました。 4月22日にバージニア州ノーフォークに立ち寄り、4月28日に物資を調達した。そして28日、北アフリカ行きの護送船団と共に出航した。彼女は5月2日から9日までバミューダに一時停止し、5月26日にアルジェリアのオランに到着しました。

アケローオスは6月1日にチュニジアのビゼルトに移動し、7月14日までそこに留まり、上陸用舟艇にさまざまなサービスを提供しました。連合軍がシチリア島に侵攻した後、7月15日から8月14日まで、アケローオスはシチリア島のリカタに停泊し、修理作業を行いました。彼女は8月15日にビゼルトに戻り、次の3日間で2回の敵の空襲を受けました。 2回目の襲撃では、アケローオスの銃が2機のドイツ機の撃墜を支援しました。

アケローオスは9月中旬にシチリア島のパレルモで1週間過ごしました。

彼女は10月16日にコンボイUGS-19を開始し、10月23日にエジプトのポートサイドに到着しました。 10月25日にスエズ運河を通過しました。その後、修理船はイタリア領エリトリアのマッサワに向かい、10月31日に到着しました。翌日、彼女はマッサワにあるイギリス所有の浮きドックに入った。船は11月​​4日に乾ドックを出て、インドに向けて航行しました。彼女は12月初旬にカルカッタに到着し、約1か月間、中国-ビルマ-インドの劇場でサービスを提供しました。

1944年初頭、アケローオスはインドを離れ、イタリア沿岸での作戦を支援するために地中海に航海しました。彼女はこれらの職務に7ヶ月間留まりました。 7月、上陸用舟艇の修理船は、フランスの南海岸での暴行の準備を開始しました。 8月中旬、彼女はフランスの海岸から錨を下ろし、侵攻に使用された上陸用舟艇にサービスを提供するためにポンツーン乾ドックを設置しました。これらの任務は1944年のほとんどを通して彼女を占領しました。

年末に、修理船は太平洋に再配置され、ジブラルタル海峡とパナマ運河を経由して新しい作戦地域への航海を開始しました。彼女は1945年3月7日にパナマ運河を通過し、エニウェトクに進み、4月24日に到着しました。その後、アケローオスは、第二次世界大戦の最後の戦闘作戦である沖縄の侵略と占領を支援するために割り当てられました。

戦争の後、アケローオスは西海岸に戻った。彼女は1947年1月に予備艦隊の任務から外され、太平洋予備艦隊のコロンビア川グループに停泊しました。アケローオスの名前は1973年6月1日に海軍名簿から削除され、1974年1月21日に香港のOverseas Shipyard、Ltdに廃棄のために売却されました。

アケローオスは第二次世界大戦の従軍星章を2つ獲得しました。


  • Achernarは、B6Vepの恒星分類を持つ青い主系列星です。スペクトル型B型星です。
  • それは毎秒約250km / 155マイルの異常に速い回転速度を持っています。このため、アケルナルは扁平な形をしているようです。
  • アケルナルは約3,730万年前のもので、太陽の3.150倍の明るさです。
  • アケルナルの太陽質量は約6.3、半径は約7.3 x 11.4太陽半径、平均直径は太陽の10倍以上です。
  • アケルナルは私たちの太陽の約15倍の速さで回転し、約2日で1回転を完了します。
  • アケルナルの表面の平均気温は約15.000Kで、太陽の約3倍の高温です。
  • 歪みの原因となる急速な回転のため、温度は変化します。その極では、アケルナルは約20.00 Kであると推定されていますが、赤道では約10.000Kです。
  • アケルナルは、現在研究されている天の川の中で最も球形の少ない星です。
  • 極が高温であるため、アケルナルは物質を放出する速い極風を生成します。これにより、高温ガスとプラズマの極性エンベロープが作成されます。
  • このイオン化ガスの円盤は、Be変光星の一般的な特徴です。
  • アケルナルは、近軌道にコンパニオンスターを持っています。恒星分類範囲A0V-A3VのA型星のようです。これは、太陽の質量の2倍であることを示しています。
  • 星は約12.3AU離れており、公転周期は少なくとも14〜15年です。

アケルナルは肉眼で見えるので、古代人には知られていました。星の名前はアラビア語のフレーズに由来し、大まかに「川の終わり」に翻訳されます。

初期の古典時代には、アケルナルという名前は、現在私たちが知っているエリダヌス座シータ星、今日はアカマールに付けられました。それが研究されたとき、アカマーはギリシャから見えるその星座の中で最も明るいものでした。それは川の終わりと考えられていましたが、これは変わりました。

航海者が旅をしてさらに南に明るい星を発見すると、それはアケルナルになり、星座の最南端をマークし、元アケルナルはアカマーになりました。どちらの名前も、同じアラビア語の「Al AhirAlNahr」に由来しています。川はエリダヌス座を指します。


アケルナル-AKA-53-歴史

17世紀後半に住み、フィリップ王の下で軍事指導者およびカウンセラーを務めたワンパノアグインディアンのアサケムまたは酋長。 1676年8月にフィリップ王が殺害されたとき、アナワンはワンパノアグの戦士を結集させ、彼らが囲まれた沼地から脱出するように導き、ニューイングランド植民地人に対するゲリラキャンペーンを続けました。彼はその年の後半に捕らえられ、植民地当局の命令によりマサチューセッツ州プリマスで首をかしげられた。

(YN-50:dp。951. 71'0 "b。19'0"dr。10'6 ")

ラッセルNo.15- 1935年にニューヨークのブルックリンでIraS。Bushey&amp Sonsが建造したタグボートは、1940年10月28日にニューヨーク市のNewton Creek TowingCo。から海軍に購入されました。 YN-50:ニューヨーク海軍工廠によって海軍用に改造され、1941年1月8日に就役しました。

ネット入札は第1海軍区に割り当てられ、1941年1月20日に任務を開始するためにナラガンセット湾に到着しました。アナワンはキャリア全体をネットの手入れと第1海軍区での綱引きとして過ごしました。 1942年4月8日、彼女はYNT-18に再指定されました。その後、1945年8月4日、アナワンは英数字の船体指定YTM-739で中型の港のタグボートになりました。 1946年9月1日、彼女はサービスを停止しました。海軍のニーズに対して余剰であることが判明したアナワンは、1947年5月6日に海事委員会に引き渡されて処分されました。彼女の名前は1948年12月20日に海軍名簿からついに削除されました。


アルゴルラジオコールサイン

賞の優先順位は上から下、左から右です

上段
海軍功労勲章、中国戦線従軍章(延長)、アメリカ従軍章

2列目
アジア太平洋従軍章(2)、第二次世界大戦勝利メダル、海軍占領功労勲章(アジアクラスプ付き)

3列目
国防勲章(2)、朝鮮従軍章(5)、軍隊遠征勲章(1-キューバ)

4列目
フィリピン解放章(2)、国連従軍章、朝鮮戦争従軍章(遡及)


アケルナルは、太陽の約7倍の質量を持つ明るい青い星です。 [6]ヒッパルコスの位置天文学衛星によって決定されたように、[10] [11]それは約139光年(43 pc)離れています。 [1]これは、B6 Vepの恒星分類を持つ主系列星ですが、太陽の約3,150倍の明るさです。アケルナルは南の深い空にあり、テキサス州ダラスのおおよその緯度である北緯33度を超えて地平線を超えることはありません。アケルナルは11月に南半球から最もよく見られ、南緯33度より上(つまり南)で周極星であり、およそサンティアゴの緯度です。この緯度では、たとえば南アフリカの南海岸(ケープタウンからポートエリザベス)は、地平線からわずか1度上にあるため、肉眼ではほとんど見えませんが、周極星です。さらに南に行くと、夜中いつでもよく見えます。

2000年3月頃まで、アケルナルとフォーマルハウトは、天球内の他のどの一等星からも角距離が最も遠い2つの一等星でした。さそり座の星座にあるアンタレスは、現在最も孤立した一等星ですが、アンタレスは多くの明るい二等星のある星座にありますが、アケルナルとフォーマルハウトを取り巻く星はかなり暗いです。

超大型望遠鏡の補償光学システムを使用した星の赤外線観測は、アケルナルが近い軌道に伴星を持っていることを示しています。これは、恒星分類範囲A0V〜A3VのA型星のようであり、太陽の質量の約2倍の恒星の質量を示唆しています。 2つの星の間隔はおよそ12.3AUであり、それらの公転周期は少なくとも14〜15年です。 [6]

2003年の時点で、アケルナルはこれまでに研究された天の川の中で最も球形の少ない星です。 [12]非常に速く回転するため、極直径より56%大きい赤道直径を持つ扁球の形状をとっています。極軸は、地球からの視線に対して約65°傾斜しています。 [7]それは実際には連星であるため、その非常に歪んだ形状は、ケプラーの楕円に関してコンパニオンの軌道軌道の無視できない逸脱を引き起こす可能性があります。スターレグルスでも同様の状況が発生します。

この星の形が歪んでいるため、緯度によってかなりの温度変化があります。極では、赤道が10,000 K以下であるのに対し、温度は20,000Kを超える可能性があります。星の平均温度は約15,000Kです。極温度が高いと、星から物質を放出する速い極風が発生します。 、高温ガスとプラズマの極エンベロープを作成します。星全体は、その過剰な赤外線放射によって検出できる拡張されたエンベロープに囲まれています。 [8]イオン化ガスの星周円盤の存在は、このようなBe星の一般的な特徴です。 [13]


コンテンツ

第二次世界大戦[編集|ソースを編集]

VMF(N)-543は、1944年4月15日にノースカロライナ州の海兵隊航空基地チェリーポイントで就役しました。 1943年7月2日、飛行隊の指揮官であるクロードカールソン少佐は、レギュレーターの欠陥によりF6Fヘルキャットで高高度で低酸素症を発症したときに殺害されました。 &#912&#93ナイトホークは、1944年9月30日にカリフォルニア州エルセントロの海兵隊航空基地に移動するまで、夏の間そこで訓練を続けました。1945年1月にハワイの海兵隊航空基地エワに向けて出発するまで、さらに訓練が続きました。 .MCAS Ewaから、戦隊は3つの階層に分けられました。暴行部隊は2月22日にUSSアケルナル(AKA-53)とUSSメリウェザー(APA-203)に乗ってハワイを出発しました。彼らはエニウェトク、ウリシ、パラオ、レイテを経由して西に向かって蒸気を発し、4月7日初頭に沖縄に着陸した。4月9日に沖縄に到着し、1945年5月1日に後部隊が戦隊に追いついた。&#913&#93

輸送船で5人の海兵隊員が負傷したとき、戦隊は最初の犠牲者を出しました。 USSアケルナル 神風に襲われた。戦隊の20人のメンバーは、その後の船に火を消すのを助けるための彼らの行動に対して表彰を受けました。 &#914&#93沖縄戦中、飛行隊は海兵隊第33隊(MAG-33)に所属し、嘉手納基地から飛行しました&#915&#93 4月9日から戦術任務を開始し、8月7日まで継続しました。海兵隊の夜間戦闘機は、毎晩の日本の爆撃に対してそれほど効果的ではありませんでした。のネットワーク 空気警報隊島の周りに地上制御の迎撃を提供するであろう、はまだ設置されていました、敏感な電子機器に多くの問題がありました、無線干渉は横行しました、そして友好的な対空砲火さえ問題でした。しかし、5月中旬までに問題は解決され、残りのキャンペーンでは夜間戦闘機は敵に対して非常に効果的でした。戦闘中、飛行隊は、敵の位置を機銃掃射することからなる夜間のやじを飛ばす任務も課されましたが、これらの任務の効果はせいぜい限られていました。 &#916&#93沖縄滞在中、ナイトホークスは15機の日本の航空機と1機の可能性のある航空機を撃墜したとされています。 &#917&#93沖縄戦後、戦隊は泡瀬飛行場に移動し、日本が降伏するまでそこに留まりました。 &#918&#93

VMF(N)-543は、1946年1月に州に戻り、カリフォルニア州の海兵隊航空基地ミラマーに拠点を置きます。 1946年4月11日、戦後の軍のドローダウンの一環として、飛行隊は非アクティブ化されました。 &#919&#93

予約年[編集|ソースを編集]

戦後、飛行隊はイリノイ州グレンビュー海軍基地の標準的な日中戦闘機飛行隊である海兵隊戦闘飛行隊543(VMF-543)として再活性化されました。この飛行隊は後に海洋攻撃飛行隊543(VMA-543)と呼ばれましたが、ベトナム戦争後の部隊削減の一環として1974年4月1日に非アクティブ化されました。 &#9110&#93


アケルナル

すべての天で9番目の明るい連星系。アケルナルは南半球の観測者によく知られている光景です。マグニチュード0.45の最も明るい星と同じくらい明るく輝いています。

2つの星、アケルナルA(太陽の質量の7倍)とアケルナルB(小さい方の星)は、地球と太陽の距離を約6.7回転します。アケルナルは、北緯32度を超えると見えないためか、空の上位10個の星に位置しているにもかかわらず、北半球の観測者には見えないことがあります。

アケルナルの歴史と神話

アケルナルという名前は、「川の終わり」を意味するアラビア語のフレーズに由来していますが、スターの正式な名前はアルファアリアドネです。現在、エリダヌス座シータ、またはアカマーとして知られている星は、古典時代の初期にアケルナルという名前になりました。当時、アカマールはギリシャから見える星座の中で最も明るい星でした。

航海者がそれを発見した後、元アケルナルはアカマーになり、最も明るい星の父はアケルナルになりました。

もともとアケルナルは星座の一部とは見なされていませんでした。その場所は次のとおりです。

赤経:1時間37分42.9秒

赤緯:-57度14分12秒

アケルナルの科学

太陽よりもはるかに熱くて明るいB3V星であり、「主系列星」として知られる「通常の」星のリストに属していることを示しています。それは私たちの近所の星のほぼ1100倍明るい視覚的です。それは、目に見えない紫外線(UV)波長でより多くのエネルギーを生成します。太陽エネルギーレベルの約3,000倍から5,000倍もの量を排出します。

太陽よりも明るく、熱く(そして青く)なります。その質量は私たちの太陽の6-8倍であり、平均直径はそれぞれほぼ8-10倍です。

アケルナルの平らな形

私たちの太陽は約25日に1回その軸を中心に回転しますが、アケルナルの回転は最大2日、つまり太陽の約15倍の速さで続きます。アケルナルのこの速い回転は、奇妙な、平らな形になります。

スピンの力は星をかなり平らにし、赤道は極よりも約50パーセント大きく膨らみます。この形は、2003年にヨーロッパ南天天文台によって非常に大きな望遠鏡で最初に発見されました。 Achernarをよく見ると、青いM&ampMのように見えますが、太陽はオレンジのように見えます。

平坦化により、実際には星の極が赤道よりも熱くなり、この星の正確な表面温度を決定するのが困難になります。

アケルナルの見方は?

Achernarをよく見るには、さらに南にある必要があります。緯度は北緯25度です。一年のほとんどの夜、この星は北アメリカの近くでは簡単に見ることができません。しかし、10月20日頃、それは真夜中頃に南の地平線を迂回します。その後、1か月が経過すると、11月の午後10時、午後8時にアケルナルが見られます。 12月と1月の日没直後。

しかし、空が暗く、南に十分離れているので、アケルナルを簡単に見ることができます。結局のところ、この星はとても明るいです!


ニュージャージー州ニューアークでのアスベスト曝露

以下は、この造船所で建造または修理された船のリストです。このリストには、駆逐艦、カッター、巡洋艦、戦艦、フリゲート艦、砲艦、魚雷艇、および空母が含まれます。

NS
USS Acree DE-167
USSアルバートT.ハリスDE-447
USSアミックDE-168
USSアサートンDE-169

NS
USSベイカーDE-190
USS男爵DE-166
USSブースDE-170
USSブロンシュタインDE-189

NS
USSキャロルDE-171
USSチャールズE.バノンDE-446
USSコフマンDE-191
USSコンクリンDE-439
USSクーナーDE-172
USSコーベジアーDE-438
USSクロスDE-448

E
USSアイズナーDE-192
USSエルドリッジDE-173
USSエッパーDD-719
USSユージーンA.グリーンDD-711

NS
USSフォルモエDE-509

NS
USSガーフィールドトーマスDE-193
USSギアリングDD-710
USSギリガンDE-508
USSゴスDE-444
USSグレイディDE-445
USSグスタフソンDE-182
USSジャットDD-712

NS
USSハムナーDD-718
USSハンナDE-449
USSハーゾッグDE-178
USSヘイリガーDE-510

NS
USSジョセフE.コノリーDE-450

K
USSケンダルC.キャンベルDE-443
USSケネスD.ベイリーDD-713

L
LCI(L)161-196
USS Levy DE-162
LSM 253-295

NS
USSマーツDE-174
USSマカンDE-179
USSマコーネルDE-163
USSマクロイレイノルズDE-440
USSミカDE-176

O
USSオニールDE-188
USSオスターハウスDE-164

NS
USSパークスDE-165
USSペネウィルDE-175

NS
USSレイボルトDE-177
USS Rinehart DE-196
USSリドルDE-185
USSロッシュDE-197

NS
USSサミュエルS.マイルズDE-183
USSスターンDE-187
USSストラウブDE-181
USSスウェアラーDE-186

NS
USSセオドアE.チャンドラーDD-717
USSソーンヒルDE-195
USSトランペッターDE-180

U
USSウルヴァートM.ムーアDE-442

W
USSウェッソンDE-184
USSウィラムM.ウッドDD-715
USSウィリアムR.ラッシュDD-714
USS William Seiverling DE-441
USS Wiltsie DD-716
USSウィングフィールドDE-194


シェイプノート歌唱レッスン

の目的 教室でのスミソニアン 教師が博物館やその他のコミュニティリソースの教育力を生徒にもたらすのを支援することです。スミソニアンの展示とプログラムを利用して、芸術から動物学まで、3年生から8年生向けの教室用の資料を作成します。

NS シェイプノート歌唱レッスン 次の標準に対応します。

芸術教育のための国家基準(音楽コンテンツ基準)

  • 一人で、そして他の人と一緒に歌う、音楽のさまざまなレパートリー
  • 音楽を読んで記譜する
  • 音楽、他の芸術、および芸術以外の分野の間の関係を理解する
  • 歴史と文化に関連して音楽を理解する

歴史の国家標準

音楽教育 18世紀のアメリカは、ある意味では、今日の音楽教育のようでした。貴重なものはほとんどありませんでした。しかし、ニューイングランドには巡回教師の歌学校があり、そのうちのいくつかは最初のアメリカ人作曲家でした。彼らは、大胆にメロディックであるが、しばしばハーモニーのルールとかなり矛盾する音楽である、聖典のための独自の合唱設定を書きました。 「自然は最高の独裁者です」と、彼らの中で最もよく知られている、ボストンのウィリアム・ビリングス、時には皮なめし屋であり、市の野良豚の捕獲者であると宣言しました。自然は19世紀初頭に教会音楽改革におけるヨーロッパの洗練に道を譲りましたが、それまでに教師はビリングスや他の「調律師」の仕事を西と南のフロンティアに運びました。特に南部では、このヤンキー音楽が定着し、それが到着した媒体も同様にノートを形作った。

書かれた音楽から歌うシェイプノートの方法は、と呼ばれる本に最初に登場しました イージーインストラクター、1801年に印刷されました。音階の7つの音符に4つの音節を使用し、各音節に独特の符頭を与えました。 fa、の楕円形 ソル、の長方形 、およびmiのダイヤモンド。南北戦争の前に、南部の出版社は数十万のシェイプノートの歌集を販売しましたが、その中で最も永続的なものは 聖なるハープ、1844年に最初に印刷されました。改訂版は、「聖なるハープの歌」が途切れることのない伝統である南部のポケットで、そして過去数十年で伝統に来た全国の人々によって今日でも使用されています。

新しい歌手は、南部のセイクリッドハープグループの慣習を観察します。テノール、バス、アルト、トレブルの4つの部分が互いに向き合って、「中空の四角」を形成します。各歌手は、広場の中央に立ち、曲または曲のセットを選択し、腕を上下にストロークしてテンポを打つことで、「レッスンをリードする」チャンスがあります。歌は終日行われることもあり、「敷地内での夕食」と呼ばれる大きな持ち寄りの食事の休憩があります。

「レッスン」という言葉は、歌う学校の名残です。いくつかの歌は、実際のレッスン、形の紹介、そして歌のアンティークなハーモニーに自分の声を加える最初の機会から始まります。私たちはこの号を意図しています 教室でのスミソニアン そのようなものとして。音楽の魅力は歌わないと完全には理解できず、歌うことを学ぶことは、音符の光景と音を結びつけるための良い方法です。あなたの生徒があなたまたはあなたの学校の音楽教師によって計画されたレッスンプランの手順に従うことができれば、彼らは彼らが生き続けるのを助ける長い歴史の最新の継承者になります。

印刷物には何十もの形状メモの録音があります。初期のもののいくつかは、スミソニアンが1987年に買収したフォークウェイズレコードによって作成されました。この問題を補足するために、スミソニアンフォークウェイズは3曲のサウンドクリップをウェブサイトに掲載しました。

バージニア州のシェナンドアバレーで歌うシェイプノート

バージニア州のシェナンドアバレーで歌うシェイプノート

聖なるハープの歌は決してハープを伴わなかった。詩編作者であるダビデの竪琴、または楽器としての人間の声が参照された可能性があります。歌はアカペラであり、常に強調されているようです 音楽 歌手によって生成されます。各曲は音節の歌によってリハーサルされます。これはテキストの表現と同じくらい情熱的です。

音楽の独特の特徴のほとんどは、ニューイングランドの作曲家にまでさかのぼります。メロディーは上の声ではなくテナーによって運ばれ、歌手は時々パートを2倍にします。いくつかのテナーが最高のラインに参加するかもしれませんが、それを1オクターブ下のソプラノが歌うと1オクターブ上のテナーラインを歌うかもしれません。ウィリアム・ビリングスは、音に余分な身体を与える手段として、この「男性的な声と女性的な声の結合」を規定しました。

しかし南部では、音楽は多くの点で南部になりました。 1815年までに、シェイプノートの軌跡はバージニア州のシェナンドアバレーに移りました。 The composers there favored a widely spaced harmony, with intervals of fourths and fifths rather than thirds, which one singer likens to "a picket fence with a few of the boards missing."

Some of the early southern works were based on tunes from the camp-meeting revivals that began in Kentucky and Tennessee around 1800. The revival movement was in reaction to nearly everything we associate with eighteenth-century rationalism, and the reaction was extreme. In her 1832 travel book Domestic Manners in America, Frances Trollope, mother of the English novelist Anthony Trollope, described a firelit camp meeting as Nathaniel Hawthorne might have described an assembly of the possessed.

"About a hundred persons came forward, uttering howlings and groans so terrible that I shall never cease to shudder when I recall them," she recalled with a shudder. "They appeared to drag each other forward, and on the word being given 'Let us pray,' they all fell on their knees but this posture was soon changed for others that permitted greater scope for the movements of their limbs and they were all soon lying on the ground in an indescribable confusion of heads and legs."

This new kind of worship, boiling up from the hearts of the people, was accompanied by the people's own music&mdashfamiliar dance and ballad tunes turned into hymns. The shape-note standard "Wondrous Love," for instance, derived from the ballad "Captain Kidd." In the original, the pirate recounts his crimes and depredations:

I murdered William More
As I sailed, as I sailed.

The adaptation kept only the framework of melody and meter:

What wondrous love is this!
Oh, my soul! Oh, my soul!

The distribution of the songbooks followed the general movement of the Scots Irish&mdashthe Protestants of Northern Ireland&mdashmost of whom came first to southeastern Pennsylvania and then settled in the Appalachians. In Sacred Harp singing there are still Celtic traces: tones held like the drone of a bagpipe leaps between the notes of gapped scales, but with the lilt or the burr flattened into a twang.

After the Civil War, the books passed into the hands of African Americans, who made the music equally their own. As folk music collector Alan Lomax wrote about southern music in general, the isolation of the South fostered the "growth of two separate, hybrid traditions, which were similar enough to permit a back-and-forth movement of songs, but sufficiently different to keep this exchange a stimulating one."

The first collection of African American compositions was The Colored Sacred Harp, published in 1934 by Judge Jackson, a farmer and businessman in the wiregrass country of southeastern Alabama. The works are basically in keeping with the New England models, but the parts are sometimes arranged into a call and response, a form brought from Africa, and the singers take great liberties in embellishing the notes, as in older spirituals and newer gospel music.

The frontispiece of William Billings's 1770 songbook The New-England Psalm-singer was engraved by another revolutionary figure, Paul Revere.

The frontispiece of William Billings's 1770 songbook The New-England Psalm-singer was engraved by another revolutionary figure, Paul Revere.

Traditions and Conventions

Sacred Harp singing is a very deliberate tradition. Groups meet at a set time once a month,or as often as once a week, and attend annual regional singing conventions, where they observe business like rules of order. A chair presides, calling each member up to lead, and a secretary records the selections of songs. Just before the break for the meal, there is a "memorial lesson,"a time to honor singers who are ill or have died since the last gathering.

Like a constitution, these formalities preservea democratic idea. As seen in the inward-facing arrangement of the vocal parts, the gatherings are not performances. They are meant forthe singers themselves, and no one is excluded from joining in. At their most generous, the best singers will say that another's lack of talent does not diminish the experience.

"I'd go a thousand miles to sing thismusic," said a veteran from northern Georgia.
"I wouldn't cross the street to hear it."

Most groups adhere to one of two twentieth-century versions of the 1844 book. The B. F.White Sacred Harp, also known as the Cooperrevision, has a wide distribution in the lowland South, from Texas to northern Florida. The Sacred Harp, also known as the Denson revision,has a smaller traditional territory&mdashthe upland northern parts of Georgia, Alabama, and Mississippi&mdashand is a some what more traditional book. New editions include new compositions,but the publishers have held firm against modern harmonies.

Another shape-note bastion is mountainous eastern Tennessee,where "Old Harp" groups singfrom The New Harp of Columbia,first published in 1867 in Nashville.In this book there are seven shapes for the syllables do, re, mi, fa, sol,la, si。 Seven-shape singers regardthe four-shape method&mdashthe repetition of syllables and shapes within an octave&mdashas too complicated rather than too simple. As a Tennessee singingschool teacher put it, "What man gives two of his boys the same name?"

Four-shape singers beg to differ. "It's easier for the same reason that English is easier tolearn than Chinese," said one. "There are fewer symbols."

A big difference in the sound of the music has to do with tempo, but this varies among thefour-shape groups as well. Musicologists have compared the fastest-singing Sacred Harpers to Bulgarian folk choirs, while less expert listener shave been put in mind of chainsaws revving up. Old Harp and slow Sacred Harp groups seem to take a more solemn approach to the songs. Such matters of style are not in the notation they are habits that formed as early as the nineteenth century.

The Wiregrass Sacred Harp Singers during the recording of a 1993 New World Records album, The Colored Sacred Harp

The Wiregrass Sacred Harp Singers during the recording of a 1993 New World Records album, The Colored Sacred Harp

In the piney low country of southeastern Georgia, fifty miles back from the hotels and golf courses on the booming coast, there is a Cooperbook group made up mostly of an extended family named Lee. The singings have been going on so long that none of the Lees can say for sure when they started, and they are a people whose history is always close at hand.

"I live within a mile of my great-greatgrandfather's farm," said David Lee, a John Deere dealer from the town of Hoboken. "He lived across the creek. I can see the yard lights there on certain nights." The group is the only one in that part of the state, and until recently they knew of only one time when there was contact with other singers. In the 1960s, one of Mr. Lee's uncles went to a Denson-book singing in northern Alabama and brought back a tape recording. The rapid-fire sound was almost unrecognizable to the slow-singing Lees. They continued to think of their own tradition as something singular in all the world, and in some ways it is.

Instead of taking turns leading songs every few minutes, they elect one member to "lead throughout his useful life." Mr. Lee has led for nearly a decade, and he carries on a practice found nowhere else: he "walks time," stepping around the square to the tempo of the song. He has a theory that this was an idiosyncrasy of the first singing-school teacher in the area. Because the family belongs to a Primitive Baptist church and observes its prohibitions, he feels some explanation is needed.

"It's always a forward motion, so that's why we say it's not dancing," he said. "It's just walking funny."

In 1994, a singer in Florida found the Lees on the mailing list of the publishers of The B. F. White Sacred Harp, and invited them to a convention in Tallahassee. The invitation was surprise enough&mdashthey couldn't have known there was such a thing as a Sacred Harp convention. When they arrived, they felt like a lost tribe returning. They met people from all over the country who, however differently they sang, were "similar to us in their hearts." Mr. Lee has since traveled to singings in Seattle, Minneapolis, Chicago, Washington, D.C., and Hanover, New Hampshire. Northern singers have made Hoboken, Georgia, a pilgrimage site.

Some in the town have stopped singing because of changes the visitors have brought, but many more have been attracted to Sacred Harp by the outside attention. In the 1970s, the group was down to a core of fifty members. Big annual meetings now draw as many as five hundred people, about half of them locals.

"I would submit that there were differences from daddy's time to great-granddaddy's time," said Mr. Lee. "A living tradition changes. If it stopped changing, it would be because it died."

David Lee of Hoboken, Georgia

David Lee of Hoboken, Georgia

The seven-shape tradition, an evolution from the four shapes, is evolving still. Throughout the South, there are seven-shape "new book" conventions at which groups sing thoroughly modern gospel songs with the accompaniment of instruments. Some numbers feature quartets and solos. Just about all that remains of the old
music is the shape notation.

But it's the archaic Denson Sacred Harp that has become the most popular book nationwide. It's the one used at urban singings, where there might be foccacia bread and San Pellegrino water at the dinner on the grounds, alongside chicken and dumplings and buttermilk pie made from recipes on a shape-note Web page. Its success is due in large part to the work of Hugh McGraw, chairman of the nonprofit publishing company, who has taught singing schools and organized conventions in twentythree states. New singers will say, though, that it would have been their preference anyway&mdashthe oldest tunes are exactly what attracted them.

"This is living history," said Stephen McMaster of Richmond, Virginia. "When we sing the Stephen Jenks song 'Mount Vernon,' we're singing a funeral dirge written for George Washington. It's all right there before you, and it's astonishing. You realize why we won the Revolution when you listen to Billings. It's such gutsy music."

Mr. McMaster, who grew up in Connecticut, first heard the work of Billings at a choral concert at Old Sturbridge Village in Massachusetts. He liked it so much he went looking for sheet music, but found nothing until he came upon a copy of The Sacred Harp。 He was studying music at the University of Richmond when he attended his first singings, which struck a chord in him in more ways than one.

"The southern music is like nothing else," he said. "It ends on open fifths&mdashthis wild sound&mdashand somewhere in the back of your head, through all this noise that's pouring out of you, you hear the missing third, because of harmonic
vibrations. It just fills in on its own."

The Wiregrass Sacred Harp Singers at Union Grove Baptist Church, Ozark, Alabama

The Wiregrass Sacred Harp Singers at Union Grove Baptist Church, Ozark, Alabama

And then there are the words. These wild tunes, unsubdued by dynamic markings and sung at full throttle, carry the poetry of great English hymnists like Isaac Watts, John Newton, and Charles Wesley. Some of it trips happily along in verse schemes that are musical without the music:

How painfully pleasing the fond recollection Of youthful connection and innocent joy.

Some of it offers a comfort that is only commiserative, like an old-time country song:

How tedious and tasteless the hours
When Jesus no longer I see
Sweet prospects, sweet birds, and sweet flow'rs
Have lost all their sweetness to me.

The best of it is as fine as anything in the language:

'Twas grace that taught my heart to fear,
And grace my fears relieved.

Any resemblance to country music is probably not coincidental. The Carter Family, the Louvin Brothers, and a number of other early artists got their training from singing-school teachers. The Victor Company's historic first recordings of "hillbilly" music, made in 1927 in Bristol, Tennessee, included a quartet singing from a shape-note book.

David Winship, education director of Bristol's Birthplace of Country Music Alliance Museum, introduces students to poetry through country lyrics. His work is made easier by all the metaphors and similes, in which he sees glimmers of the psalmic language of eighteenth&mdashand nineteenth-century hymns.

"With a traditional country tune like 'Mountain Railway,' common human experience is shown symbolically," he said. "'Life is like a mountain railway / With an engineer that's brave, / You must make the run successful / From the cradle to the grave.'"

An understanding of that song does not depend on a familiarity with steep grades and perilous trestles a deeper understanding of Sacred Harp texts, apparently, does not depend on sect or even faith. At an urban singing, one is likely to meet mainline and fundamentalist Protestants, Catholics, Jews, and a good many who would call themselves nonbelievers. A Unitarian singer in Washington, D.C., said that she feels something spiritual in the act of harmonizing on songs that are "uniquely meaningful to each person."

If one earthly theme runs through The Sacred Harp, it is the joy of fellowship so keen that there is always an awareness of its obverse, the heartache of separation. The closing tune at conventions, "Parting Hand," sums it up:

Ye mournful souls, lift up your eyes
To glorious mansions in the skies
O trust his grace&mdashin Canaan's land
We'll no more take the parting hand.

"When there are five hundred of you," said David Lee, "chances are good that you'll lose somebody every year. It's difficult for me to find words to say how much I love somebody. I can say that through the music: Because I love you so much, I'm really going to be hurt if you're not there."

In "Parting Hand," this Canaan, this land of no parting, is imagined as a place where "we'll shout and sing with one accord." The imagination doesn't have to reach far. It seems very much like a Sacred Harp singing.


Rules [ edit ]

Achernar Protectorate Militia [ edit ]

As long as a Protectorate Militia force is fighting on its homeworld and is acting as the scenario's Defender, the Protectorate Militia force receives the Force the Initiative and Off-Map Movement special abilities. If deployed as the Attacker in a scenario, the Protectorate Militia force loses its Force the Initiative ability, but retains its Off-Map Movement capability.

If deployed on a world other than its homeworld (such as an Epsilon Eridani force being deployed on Genoa), the Protectorate Militia force not only loses all of its special abilities, but also suffers a –2 Initiative modifier.

Although Blakist-based, Protectorate Militia forces may use standard Inner Sphere force arrangements (Lances, Companies, and Battalions) rather than Word of Blake force arrangements. &#9117&#93


ビデオを見る: 真実の歴史がここにあるかもしれない俺的暦シリーズ都市伝説 (かもしれません 2022).