ニュース

ローマ神話のタイムライン

ローマ神話のタイムライン


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


ローマ神話

ローマ神話
ローマ神話の物語で言及されているローマの神々と女神、英雄、伝説のモンスターと恐ろしい生き物を取り巻く伝説、歴史、神話を発見してください。この記事では、ローマ神話、歴史、伝説に関する事実と興味深い情報の概要を説明します。ローマ神話の英雄や半神など、ローマ神話の世界に登場する伝説の物語の登場人物や名前の概要と辞書。神々と女神に関する詳細な事実と情報については、以下を参照してください。

古代ローマ神話
この記事では、ローマ神話の世界と歴史の伝説に登場する神々、女神、英雄、伝説の生き物の物語の名前を詳しく説明した、ローマ神話の概要と辞書を紹介します。ローマ人は、他の文化や文明とは異なる考え、文化、神話、宗教を習慣的に採用していました。これには、他の国々、特に古代ギリシャ神話の神々によって崇拝されていた神々と女神の同化が含まれていました。ローマ人は自分たちの神々と女神をギリシャ人のものと同一視し、彼らについて語られた神話、伝説、物語を適応させ、彼らを自分たちの文化に取り入れました。他の宗教から採用されていないローマの神々と女神は、diindigetesと呼ばれていました。

主人公ペルセウスに殺害されたゴルゴン、メデューサの頭の写真

古代ローマ神話
したがって、ローマ神話に見られる物語は、古代ギリシャ神話に見られる多くの物語と似ていますが、ローマ政府とローマ国教の政治的発展に重点が置かれ、特にローマ人の道徳的期待に焦点が当てられています。ローマ神話には、彼らの創造神話と、ロムルスとレムスの誕生とローマ市の創設の物語が含まれています。次のグラフは、ローマ神話とローマの歴史に登場する有名な神々、神話上の生き物、名前のA〜Zを示しています。

ローマ神話
ローマ神話の物語に登場した生き物や神々は誰でしたか?次の表は、ローマ神話のさまざまな神、女神、英雄、神話上の生き物の説明と定義を示しています。


ローマ神話のタイムライン-歴史


ローマ神話は、ローマの文学や視覚芸術に表されているように、古代ローマの伝説的な起源と宗教体系に関連する伝統的な物語の本体です。 「ローマ神話」はまた、これらの表現の現代的な研究、および任意の期間の他の文化の文学や芸術に表されている主題を指す場合があります。

ローマ人は通常、伝統的な物語が奇跡的または超自然的な要素を持っている場合でも、歴史的なものとして扱いました。物語はしばしば政治と道徳に関係しており、個人の個人的な誠実さがコミュニティやローマ国家に対する彼または彼女の責任にどのように関係しているかに関係しています。ヒロイズムは重要なテーマです。物語がローマの宗教的慣習を明らかにするとき、彼らは神学や宇宙進化論よりも儀式、鳥占い、制度に関心があります。

ローマの宗教と神話の研究は、ローマの原史時代のイタリア半島に対するギリシャの宗教の初期の影響と、ローマの作家によるギリシャの文学モデルのその後の芸術的な模倣によって複雑になっています。ローマ人は不思議なことに、自分たちの神々をギリシャ人の神々と同一視し、ギリシャの神々についての物語をローマ人の神々の名前で再解釈することに熱心でした。ローマの初期の神話や伝説もエトルリア神話と動的な関係があり、ギリシャ人よりも文書化されていません。

ローマ神話にはギリシャ文学に見られるほど広範な神話が欠けているかもしれませんが、ロムルスとレムスがオオカミを吸うことは、トロイの木馬を除いてギリシャ神話の画像と同じくらい有名です。ラテン文学は中世からルネッサンスにかけてヨーロッパで広く知られているため、ローマ人によるギリシャ神話の解釈は、ギリシャの情報源よりも「古典神話」の物語や絵画の表現に大きな影響を与えることがよくありました。特に、アウグストゥスの治世中に書かれたオウィディウスの変身物語のギリシャ神話のバージョンは、標準的なものと見なされるようになりました。


儀式は、神話がギリシャ人のために保持していたローマの宗教の中心的な役割を果たしているため、ローマ人が多くの先住民の神話を持っていたと疑われることがあります。この認識は、ロマン主義と19世紀の古典的な学問の産物であり、ギリシャ文明をより「真に創造的」であると評価しました。しかし、ルネッサンスから18世紀にかけて、ローマ神話は特にヨーロッパの絵画にインスピレーションを与えました。

ローマの伝統は、都市の創設と台頭に関する歴史的な神話、または伝説に富んでいます。これらの物語は人間の俳優に焦点を当てており、神々からの時折の介入だけでなく、神聖に秩序づけられた運命の広範な感覚があります。

ローマの初期には、歴史と神話は相互に補完的な関係にあります。ローマ神話の主な情報源には、ヴェルギルのアエネーイスとリヴィの歴史の最初の数冊が含まれます。他の重要な情報源は、ローマの宗教暦によって構成された6冊の詩であるFasti of Ovidと、Propertiusによる4冊目のエレジーの本です。ローマ神話のシーンは、ローマの壁画、硬貨、彫刻、特にレリーフにも登場します。


ローマの創設は考古学を通して調査することができますが、古代ローマ人自身によって受け継がれた伝統的な物語は、伝説と神話の観点から彼らの街の最も初期の歴史を説明しています。これらの神話の中で最もよく知られており、おそらくすべてのローマ神話の中で最も有名なのは、雌狼に吸い込まれた双子のロムルスとレムスの物語です。この物語は、以前に設定された二重の伝統と調和する必要がありました、トロイの木馬難民のアイネイアースがイタリアに逃亡し、ユリウス・クラウディウス王朝の名を冠した息子のイウルスを通してローマ人の列を築きました。

アイネイアースはトロイを燃やして逃げる、フェデリコバロッチ、1598年。ボルゲーゼ美術館、ローマ。


ローマの民族叙事詩であるウェルギリウスのアエネーイスは、トロイアの王子アイネイアースがどのようにしてイタリアにやってきたかを物語っています。アエネーイスは、英雄と彼の母親のヴィーナスからジュリアスシーザーを通して祖先を主張したアウグストゥスの下で書かれました。

アエネーイスによれば、倒れた都市トロイの生存者は、アイネイアースの下で結束し、ディド女王の支配下で新しく設立されたカルタゴに立ち寄るなど、地中海周辺で一連の冒険を経験し、最終的にイタリアの海岸に到着しました。

トロイの木馬は、ローマ南西部の現代のアンツィオとフィウミチーノの間の地域に上陸したと考えられていました。おそらくローレンタム、または他のバージョンでは、アイネイアースが結婚したラティーヌス王の娘であるラヴィニアにちなんで名付けられた場所であるラヴィニウムにありました。

一連の武力紛争を通じて、トロイの木馬は滞在し、地元の人々と同化する権利を獲得しました。アイネイアースの幼い息子、アスカニオスは、イウルスとしても知られ、アルバロンガと、紀元前8世紀のトロイの木馬の物語とローマの伝統的な創設との間の時系列のギャップを埋めたアルバ王の列を見つけました。

この行の終わりに向かって、プロカ王はヌミトルとアムーリウスの父でした。プロカの死後、ヌミトルはアルバロンガの王となったが、アムーリウスは彼を捕らえて刑務所に送った。彼はまた、ヌミトルの娘であるレアシルウィアをヴェスタルの中で処女の巫女にさせた。何年もの間、アムリウスは王でした。年代学の曲がりくねった性質は、レア・シルウィアがウェスタの処女の間で叙階したことによって示されます。その秩序は、ロムルスの後継者であるヌマ・ポンピリウスによって設立されたと伝統的に言われていました。

ローマの財団のアイコンである彼女のオオカミの等身大のブロンズ像は、2人の人間の乳児が彼女を授乳しているが、ローマの当局者は土曜日にその都市よりも約1700年若いと認めた。高さ30インチのブロンズが専用の部屋の目玉であるカピトリーノ美術館で行われた公式発表は、この彫刻が初期のローマ人によって彼らの街のシンボルとして採用されたという信念を打ち砕きます。


基本的な伝説の物語にはいくつかのバリエーションがあります。プルタルコスは、アカイア人によって破壊された後、トロイから逃亡した、アイネイアース王子からのロムルスとレムスの古代の子孫を紹介します。彼らの母方の祖父は、アルバロンガの王権を継承する彼の子孫ヌミトルです。ヌミトルの兄弟アムーリウスは、アイネイアースがトロイから持ってきた金を含め、その宝庫を継承しています。アムーリウスは国庫の支配権を利用してヌミトルの王位を奪いましたが、ヌミトルの娘であるレア・シルウィアが彼を倒す可能性のある子供を産むのではないかと恐れています。

アムーリウスはレア・シルウィアをウェスタの巫女として永遠の処女に追いやるが、とにかく彼女は子供を産む。物語のあるバリエーションでは、戦争の神であるマールスが彼女を誘惑し、含浸させます。別のバリエーションでは、アムリウス自身が彼女を誘惑し、さらに別のバリエーションでは、ヘラクレスです。

王は姪の妊娠を見て、彼女を閉じ込めます。彼女は彼女の叔父が彼女の死と彼らの死を命じる驚くべき美しさの双子の男の子を出産します。ある報告によれば、彼はレアを生きたまま埋葬している-独身の誓いに違反したウェスタの処女に対する標準的な罰-そして両方の手段で双子の死を命じることは彼の直接の血の罪を避けるだろう。別の例では、彼はレアと彼女の双子をテヴェレ川に投げ入れました。

すべてのバージョンで、使用人は双子を殺す行為で起訴されますが、双子に危害を加えることはできません。彼はそれらをバスケットに入れ、それをティバーのほとりに置きます。川は洪水で上昇し、無傷で双子を下流に運びます。

川の神ティベリーヌスは、パラティーノの丘のふもとにあるヴェラブロ湿地に生えているイチジクの木の根にバスケットを引っ掛けます。双子は雌狼(ルパ)によって見つけられて吸われ、キツツキ(ピカス)によって養われます。ファウストゥルスという名前のアムーリウスの羊飼いが彼らを発見し、彼の小屋に連れて行きます。そこで彼と彼の妻のアッカ・ラレンティアは彼らを自分の子供として育てます。

別の変種では、ヘラクレスはアッカ・ラレンティアを含浸させ、羊飼いのファウストゥルスと結婚させます。彼女には12人の息子がいて、そのうちの1人が亡くなると、ロムルスは彼の代わりにアーバル兄弟のプリストリー大学フラトレスアーバレスを設立しました。したがって、アッカ・ラレンティアは、アーバルが仕えるアーバルの女神ディア・ディアと同一視されています。後の共和党の宗教的伝統では、クイリナレの司祭(フラミネス)がロムルス(当時はクゥイリーヌスと呼ばれていました)になりすまして、里親(ディアと呼ばれる)のために葬儀を行いました。

もう1つの、おそらく後期の伝統では、アッカ・ラレンティアが神聖な売春婦として扱われています(売春婦を表す多くのローマの俗語の1つは、ルパ(雌狼)でした。=

さらに別の伝統は、ロムルスとレムスがオオカミの女神ルパまたはルペルカによって彼女の洞窟の隠れ家(ルペルカル)で看護されていることを示しています。ルペルカは羊をオオカミから守るためにカルトを与えられ、彼女の配偶者は群れに豊饒をもたらしたオオカミと羊飼いの神ルペルカスでした。彼女はアッカ・ラレンティアと同一視されています。

創設神話のすべてのバージョンで、双子は羊飼いとして育ちました。彼らはアムーリウスの羊飼いと衝突し、泥棒であると非難されて、レムスが捕らえられてアムーリウスに連れて行かれる戦いに至りました。彼らのアイデンティティが発見されました。ロムルスは弟のアムーリウスを解放するために羊飼いの一団を育て、殺され、ロムルスとレムスは共同で王冠を提供されました。彼らは祖父が住んでいる間それを拒否し、彼の主題として都市に住むことを拒否しました。彼らはヌミトルを王として復活させ、母親のレアに敬意を表して、逃亡者の雑多なバンド、暴走した奴隷、そして新しい支配者と一緒に新しい都市で二度目のチャンスを望む人を伴って、自分の都市を設立するために去りました。

兄弟たちは新しい都市に最適な場所について議論しました。ロムルスはパラティーノの丘を支持し、レムスはアヴェンティーノの丘を望んでいました。彼らは神聖な鳥占いによって場所を選択することに同意し、それぞれの丘に位置し、ハゲタカまたはワシの形でそれぞれに神聖な空間の標識が送られるように準備しました。レムスは6人のロムルスが12人を見たのを見て、彼の決定権の基礎として優れた鳥占い(先見の明)を主張した。

レムスは反訴しました:彼は最初に彼の6つのハゲタカを見ました。ロムルスは彼の支持者と協力して、彼の都市の境界を定義するためにパラタインの周りに塹壕を掘る(またはディオニシウスによれば壁を建てる)ことに着手しました。レムスは仕事のいくつかの部分を批判し、他の部分を妨害しました。ついに、レムスは都市の防衛とその創造者への侮辱として、境界を越えて跳躍しました。このため、彼は殺されました。ローマ建国紀元は、都市の創設から始まり、紀元前753年4月21日とされています。

LivyはRemusの死の2つのバージョンを提供します。 「より一般的に受け入れられた」ものでは、レムスは新しい壁を批判し、軽蔑し、新しい都市とその創設者への最後の侮辱で、彼はそれを飛び越えます。ロムルスは彼を殺し、「だから、これから私の壁を飛び越えるすべての人を滅ぼす」と言った。他のバージョンでは、レムスは単に死んだと述べられており、殺人は申し立てられていません。他の2つのあまり知られていないアカウントでは、レムスがスペードで頭を殴られ、ロムルスの司令官ファビウス(聖ジェロームのバージョンによる)またはセレルという男が使用して殺されました。ロムルスはレムスを名誉と後悔で埋めます。

ロムルスは彼の街を完成させ、彼自身にちなんでローマと名付けました。それから彼は彼の戦闘員を3000歩兵と300騎兵の連隊に分けます。そしてそれを彼は「軍団」と呼びます。残りの大衆の中から、彼は彼の評議会として働くために最も高貴で裕福な父親の100人を選びます。彼はこれらの男性を愛国者と呼んでいます。彼らは自分たちの正当な市民の息子を世話するだけでなく、ローマとそのすべての人々を父親として世話するからです。彼らはその長老でもあり、したがって上院議員として知られています。これにより、ロムルスは、後援者とクライアントの関係に基づいて、政府と社会階層のシステムを開始します。

ローマは亡命者、難民、没収された犯罪者、暴走した奴隷を引き寄せます。ローマの7つの丘のうち、カピトリーノの丘、アヴェンティーノの丘、チェリオの丘、クイリナレの丘、パラティーノの丘の5つが定住するように、市は境界を拡大しています。これらの移民のほとんどは男性であるため、ローマは結婚可能な女性が不足していることに気づきます。

祖父のヌミトルの提案で、ロムルスは海王星に敬意を表して厳粛な祭りを開催し(別の伝統によれば、祭りは神のコンススに敬意を表して開催されました)、近隣のサビニ人とラテン人を彼らと一緒に一緒に到着するように招待します娘。たまたま処女だったサビニとラテンの女性(リヴィによれば683人)は誘拐されてローマに連れ戻され、そこでローマ人の男性と結婚することを余儀なくされました。


ローマの特徴的な神話は、しばしば政治的または道徳的です。つまり、ローマの宗教によって表現されているように、神定法に従ってローマ政府の発展を扱い、個人が道徳的期待(モスマイオルム)または失敗を順守していることを示します。そうするために。

    サビニの女たちのレイプは、ローマの伝説的な歴史の中で、第一世代のローマ人男性が近隣のサビニの家族から自分たちのために妻を獲得したエピソードです。英語の「レイプ」という言葉はラテン語のラプティオの慣習的な翻訳であり、この文脈では、性的暴行の英語で一般的な現代的な意味ではなく、「誘拐」を意味します。 LivyとPlutarch(Parallel Lives II、15、19)が語ったこの作品は、古代ローマ人の頑固さと勇気の適切な刺激的な例と複数の人物を描く機会を組み合わせた、ルネサンスとルネサンス後の芸術作品の主題を提供しました。激しく情熱的な闘争の中で、英雄的なセミヌードの人物を含みます。古典古代の比較可能なテーマは、ラピテース族とケンタウロス族の戦いと、テセウスとアマゾンの戦いであるアマゾノマシーのテーマです。キリスト教の聖書から引き出された同等の機会は、幼児虐殺でした。


ニンフエゲリアと協力し、ローマの多くの法律および宗教機関を設立した、サビニ人のローマの2番目の王であるヌマポンピリウス。


神秘的な起源が自由に神話化され、女神フォルトゥーナの恋人であったと言われている、ローマの6番目の王セルウィウストゥリウス。


タルペーイアの岩、そしてなぜそれが裏切り者の処刑に使われたのか。

    タルペーイアの岩(ラテン語、ルペスタルペーイア、またはサクサムタルペーイア)は、古代ローマのフォロロマーノを見下ろす、カピトリーノの丘の南の頂上の急な崖でした。共和政ローマ時代に死刑執行場所として使用されました。殺人者、裏切り者、加害者、そして凶暴な奴隷は、quaestores parricidiiによって有罪判決を受けた場合、崖から投げ出されて死にました。精神的または重大な身体障害を持っていた人々も、神々に呪われたと考えられていたのと同じ運命に苦しんでいました。


ルクレティアは、その自己犠牲が初期のローマ君主制の打倒を促し、共和国の設立につながりました。


個々の勇気の重要性について、橋でのホラティウス。


ローマへの忠誠を証明するために右手を火に突き刺したムキウス・スカエヴォラ(「レフティ」)。


CaeculusはVulcanの息子であり、Praenesteの創設者でした。


マンリアスとガチョウ、ローマのガリア包囲戦での神の介入について。

    紀元前390年(または387年)のローマのガリア包囲の間に、その説明は部分的に神話化され、マーカスマンリウスは城塞(arx)に小さな駐屯地を置いて何ヶ月も持ちこたえましたが、ローマの他の部分は放棄されました。ブレンヌスの指揮下にあるガリア人がカピトリーノをスケーリングしようとしたとき、マンリアスは神聖なガチョウの鳴き声に興奮し、その場に駆けつけ、最前線の加害者を倒しました。

ローマの略奪がプレブス人を哀れな状態にした後、彼らは貴族から多額のお金を借りることを余儀なくされ、再びローマの貧しい債務者階級になりました。ローマの英雄であるマンリアスは彼らのために戦った。 Livyは、多少の不正確さはあるものの、彼がポピュリスト(popularis)として行動した最初の貴族であったと言います。百人隊長が借金の刑務所につながったのを見て、彼は自分のお金で彼を解放し、上院が公金を横領したと非難している間、他の貧しい債務者を救済するために彼の財産を売却した。彼は王権を熱望した罪で起訴され、民会によって非難されましたが、議会が壁の外の場所に延期され、そこで彼が救った国会議事堂を見ることができなくなったのです。上院は紀元前385年に彼を死刑に処し、1年後にタルペーイアの岩から投げ出されました。彼はローマの社会改革の原因で2番目の殉教者と見なされます。


NonaeCaprotinaeとPoplifugiaフェスティバルに関するストーリー。


コリオラヌス、政治と道徳の物語。


トロイの木馬とイタリア文明の「発祥地」としてのエトルリアの都市コリサス。


グレートマザー(キュベレー)のローマへの到着。


神の物語は、儀式とカルトが第一であったローマ人の間よりも、ギリシャの宗教的信念の体系においてより重要な役割を果たしました。ローマの宗教は経典や聖書釈義に基づいていませんでしたが、司祭文学はラテン語の散文の最も初期の書かれた形式の1つでした。

神祇官大学とアウグルの本(libri)と解説(commentarii)には、宗教的手続き、祈り、そして宗教法の要点に関する判決と意見が含まれていました。このアーカイブされた資料の少なくとも一部は、ローマの元老院による協議に利用できましたが、それはしばしばオカルタム属のリテララムであり、定義上、司祭だけがアクセスできる不可解な形式の文学でした。

世界史とローマの運命に関する予言は、歴史の重要な節目で偶然に現れます。これは、伝説によれば、紀元前6世紀後半にクマのシビルから誇り高きターキンによって購入された漠然としたシビュラの書で突然発見されました。古風なローマの宗教のいくつかの側面は、他の古典的およびキリスト教の作家によって知られている紀元前1世紀の学者Varroの失われた神学的作品によって保存されました。

初期のパンテオンの先頭には、フラミネスが最高位であった木星、火星、クゥイリーヌスのいわゆるアルカイックトライアドとヤヌスとベスタがありました。伝統によれば、ローマの宗教の創設者は、ローマのサビニ人の2番目の王であるヌマポンピリウスでした。彼は、彼の配偶者および顧問として、ローマの女神または噴水と予言のニンフ、エジェリアを持っていたと考えられていました。

エトルリアの影響を受けたジュピター、ジュノ、ミネルヴァのカピトリヌスのトライアドは、後に国教の中心となり、アルカイックトライアドに取って代わりました。これは、インドヨーロッパの宗教では、2人の女性の神と1人の男性だけで構成される最高のトライアドの珍しい例です。ダイアナのカルトはアヴェンティーノの丘に設立されましたが、この女神の最も有名なローマの現れは、J.G。神話の古典である金枝篇のフレイザー。

神々は日常生活の実際的な必要性をはっきりと表しており、彼らは適切であると考えられる儀式と供物を綿密に与えられました。初期のローマの神々には、さまざまな特定の活動を実行する際にその名前が呼び出された多くの「専門家の神々」が含まれていました。耕作や種まきなどの行為に伴う古い儀式の断片は、手術のすべての段階で別々の神が呼び出され、各神の名前が手術の動詞から定期的に派生していることを明らかにしています。守護神は古代ローマで特に重要でした。

したがって、ヤヌスとベスタはドアと囲炉裏を守り、ラレスは畑と家を守り、パレスは牧草地を守り、土星は種をまき、セレスは穀物の成長を、ポモナは果物を、そしてコンサスとオプスは収穫を守りました。神々の支配者である雄大な木星でさえ、彼の雨が農場やブドウ園に与えるかもしれない援助のために名誉を与えられました。彼のより包括的な性格において、彼は彼の稲妻の武器を通して、人間の活動のディレクター、そして彼の広範な領域によって、彼ら自身のコミュニティの境界を越えた彼らの軍事活動におけるローマ人の保護者と見なされました。初期の著名なのは、火星とクゥイリーヌスの神々でした。これらの神々は、しばしば互いに同一視されていました。火星は彼が3月と10月に名誉を与えられた戦争の神でした。クゥイリーヌスは、現代の学者によって、平和の時代に武装コミュニティのパトロンであったと考えられています。

19世紀の学者GeorgWissowaは、ローマ人が2つのクラスの神、diindigetesとdinovensidesまたはnovensilesを区別したと考えました。そして、カレンダーの固定された祭りによって、特別な祭りによって30のそのような神が称えられ、ノヴェンサイドは後に神であり、そのカルトは歴史的な期間に、通常は既知の日付で、特定の危機または必要性を感じたときに都市に紹介されました。しかし、アルナルド・モミリアーノらは、この区別を維持することはできないと主張しています。ハンニバルとの戦争中、「先住民」と「移民」の神々の区別は薄れ始め、ローマ人は力と普遍的な神の恵みのしるしとしてさまざまな文化からの多様な神々を受け入れました。


ローマ国家が周囲の領土を征服したときに、近隣の地元の神々の吸収が起こりました。ローマ人は一般に、征服された領土の地元の神々に、ローマの国教の初期の神々と同じ名誉を与えました。 CastorとPolluxに加えて、イタリアで征服された入植地は、ローマのパンテオンDiana、Minerva、Hercules、Venus、およびランクの低い神々に貢献したようです。グラエキア。

紀元前203年、キュベレーを体現するカルトオブジェクトがフリュギアのペッシヌースから運ばれ、領土が正式に併合される何世紀も前に、ローマに正式に儀式で迎えられました。紀元前1世紀半ばに現代の詩人であるルクレティウスとカトゥルスはどちらも、彼女のひどく恍惚としたカルトを垣間見ることができます。

いくつかの例では、敵の力の神々は、ローマの新しい聖域に住むために、エボカティオの儀式を通して正式に招待されました。

外国人(ペレグリーニ)と元奴隷(リベルティーニ)のコミュニティは、市内で独自の宗教的慣習を続けました。このようにしてミトラ教徒はローマにやって来て、ローマ軍内での彼の人気は彼のカルトをローマの英国まで遠くまで広げました。重要なローマの神々は、最終的にはより擬人化されたギリシャの神々と女神と同一視され、それらの属性と神話の多くを引き受けました。


2.アイネイアースの歴史

アイネイアースは、ローマとトロイの両方の神話の英雄です。ホメロスは、イリアスで彼をプリアモス王とトロイ王の最初のいとことして言及しています。アエネーイスでは、ウェルギリウスは彼を英雄であり、ロムルスとレムスの祖先であると説明しています。アエネーイスは、トロイが敗北した後、殺されたり奴隷にされたりしなかった数少ないトロイの木馬の1つであると語っています。グループを集め、神々から逃げるように命じられた後、彼はイタリアに旅行してローマ人の祖先になりました。このチームはAeneadsと呼ばれていました。彼はトロイの木馬の神々の像を持ってイタリアに植えました。彼らは6年間さまよって、ついにカーセージに定住しました。ここで、アイネイアースとカルタゴの女王、ディドは1年間の恋愛関係にあり、その後ディドはトロイの木馬とカルタゴ人の両方を一緒に統治できるように彼にプロポーズしました。アフロディーテ(ローマ版の金星とアイネイアースの母)は、木星の助けを借りて、アイネイアースに彼の本当の動機を認識させ、彼は密かにその場所を去りました。彼の去りの痛みは、ディドにローマに対する敵意の呪いを発するように導きました。その後、彼女は最初の会合でアイネイアースに与えた剣で自分を刺した。

その後、Aeneadsはシチリア島に戻り、Aeneasはラティウムに最終的に定住しました。 1年前に亡くなった父親を称えるために、アイネイアースは一連の葬儀を手配しました。彼自身の死後、彼は冥界に降りて、彼の父とディドに会い、彼の後継者の未来、言い換えれば、ローマの歴史について学びました。アイネイアースを経由したトロイの木馬と彼が設立した土地を通じたローマ人の祖先についてのこの物語は、歴史家から非常に尊敬されています。


成長する宝石の忘れられた匂い

北米の植民地化の間、約200種のバラが先住民によって知られていましたが、今日では約35種がそのまま残っています。 1600年代にアメリカに旅行中にペンシルベニアを設立したウィリアムペンは、彼が見たバラについてメモを取りました。彼はヨーロッパに100枚の花びらを持つキャベツバラ(Rosacentifolia)を含むいくつかの種類のバラを持ってきました。何世紀にもわたって、北米から持ち込まれたバラの最も顕著な特徴は、その強くて心地よい香りでした。

19世紀初頭、ナポレオンボナパルトの妻であるジョゼフィーヌ皇后は、古いバラの最大の収集家の1人になりました。彼女の野心は、フランスのマルメゾンにある彼女の庭でバラの最大のコレクションを作成することでした。彼女は1798年にバラ園の開発を開始し、1814年に亡くなった瞬間、250種類ものバラを集めました。彼女はまた、いくつかの新しい種を作成しました。彼女の庭は今でも古代のバラの最高の源の1つです。

アンドレア・アッピアーニによる後年のジョセフィンの肖像画。 (( パブリックドメイン )


主要なローマの神々、女神、そしてその家系図

多くの現代文化と同様に、古代ローマ人は、神話の伝統を、政治、道徳、および英雄主義に関連する中心的なテーマで、伝説ではなく歴史によって支えられていると見なす傾向がありました。そして、私たちが歴史について話しているので、古代ローマの神々と宗教の知覚可能な範囲はネイティブのイタリアの伝統にルーツを持っていましたが、(キリスト教以前の)機関の重要な部分はギリシャ神話に触発され、部分的にイタリアとシシリーの両方のギリシャの植民地(そして後にギリシャ本土の共和政ローマへの吸収)。

いずれにせよ、起源と影響を超えて、古代ローマ人は彼らのパンテオンで12の主要な神と女神を崇拝する傾向がありました。 ディー・コンセンテス。原始神とシンクレティズム神の両方のいくつかの例を含め、それらすべてとそれ以上をカバーしました。ですから、これ以上苦労することなく、知っておくべき15の主要なローマの神々と女神を見てみましょう。

1)土星–時間の神(ギリシャ語に相当) クロノス)

イヴァン・アキモビッチ・アキモフによる「土星が鎌でキューピッドの翼を切り落とす」、1802年。トレチャコフ美術館、パブリックドメイン。

古代ローマの神々の間の原始神、サターン( 土星 ラテン語で)は、平和、調和、安定、繁栄の間のバランスを象徴する「失われた」黄金時代の地球の支配者と見なされていました。本質的に、土星の物語はの伝承を複製します クロノス ギリシャ神話では、このようにして土星を時間の神にし、土星は他のローマ神話の系譜を作成します。 木星 –最も重要な古代ローマの神(次のエントリで説明)。紀元前1世紀のストア派の哲学者クィントゥス・ルシリウス・バルバスによると(彼の本の中でシセロが指摘したように) デナチュラデオルム または「神々の性質について」)–

土星によって、彼らは時間と季節の周期的なコースを維持するその力を表現しようとします。これは、その神のギリシャ語の名前が持つ意味です。彼はクロノスと呼ばれ、クロノスまたはタイムと同じです。土星は、彼が何年にもわたって「飽き飽き」していたことから彼の名前が付けられました。彼が定期的に自分の子供をむさぼり食うという話は、時が季節のコースをむさぼり食い、過去の年に「飽くなき」自分自身を峡谷にするという事実によって説明されます。土星は木星によって鎖でつながれ、彼の回路が制御不能にならないようにし、星の絆で彼を拘束しました。

しかし同時に、土星はギリシャの女神と多くの類似点を持っていました デメテル、彼は種まき(または種)、農業、富、世代、さらには更新の神として崇拝されました。簡単に言えば、ローマ人はおそらく時間と自然の側面を融合し、土星の実体を介した活性化と再生の典型につながりました。したがって、彼は最も有名なローマの祭りで祝われました– サートゥルナーリア祭、その間、人々は一般的な歓喜、カーニバル、パーティー、および役割の逆転に参加しました(マスターがふざけて奴隷に仕える場合のように)。

2)木星–空と雷の神(ギリシャ語に相当) ゼウス)

画像ソース

ローマの神々の間で最高の神と見なされている、ジュピター( ユーピテル ラテン語で)は、ローマの国家とその法律を保護する責任がある神の存在を表現しながら、光、雷、空を擬人化したひげを生やした男性の実体として描かれました。 Interestingly enough, when it comes to history, Jupiter was one of the personalized deities of the Etruscan kings, who later made way into the triad of gods (consisting of Jupiter, 火星、 と Quirinus – the deified Romulus) worshipped by the ‘first’ citizens of the Roman state. And by the time of the Roman Republic, Jupiter was regarded as the highest of the divine entities who watched over the Romans – and thus was venerated as Jupiter Optimus Maximus, the Best and Greatest.

The high status enjoyed by Jupiter, often perceived as the equivalent of Greek Zeus, was mirrored by the impressive Temple of Jupiter erected on the Capitoline Hill (possibly by circa 509 BC). To that end, Roman warlords and later generals led their triumphal processions to the temple after securing noteworthy victories, thus outlining Jupiter’s personification as one of the major Roman gods of violence and courage. On the other hand, as we fleetingly mentioned before, Jupiter was also regarded as the patron of politics, oaths, treaties, laws, and possibly even sports – since the chief games of ルディ・ロマーニ, were observed in his honor.

3) Juno – The Queen of Gods (Equivalent of Greek ヘラ)

Roman statue of Juno Sospita。 Source: Wikimedia Commons

Regarded as the wife of 木星 – the chief among the Roman gods, Juno was thus the queen of the ancient Roman deities, who was given the title of Regina。 In the mythological genealogy, she was also the daughter of Saturn (which in turn also made her the sister of 木星) and the mother of various other Roman gods like 火星, バルカン、 と Juventas。 More importantly, she was also considered as an esteemed member of the Capitoline Triad (Juno Capitolina) that replaced the earlier so-named Archaic Triad, and her place of worship was possibly centered on the Quirinal Hill in Rome.

Now when it comes to her attributes, Juno has been often likened to ヘラ, the queen of the ancient Greek pantheon of gods. And while the Roman goddess does share some of her Greek-counterpart’s divine qualities, the entity of Juno is far older than the Roman occupation of the Greek peninsula, which further led to ‘counter’ Hellenic influence on the Italian peninsula.

To that end, the first of foremost role of Juno was that of the protector of the state, and by extension of that role, Juno was also perceived as a deity who presided over all the matters of women, ranging from childbirth to legal statuses. Interestingly enough, she was often depicted wearing a goatskin while carrying a spear and shield, thus also signifying the possible influence of Athena。 In any case, Juno’s own festival was known as Matronalia. And while the day celebrated her son Mar’s birthday, husbands were actually expected to give their wives gifts during the occasion.

4) Neptune – The God of Seas (Equivalent of Greek ポセイドン)

Triumph of Neptune standing on a chariot pulled by two sea horses (Latin: hippocampes). Source: Wikimedia Commons

Regarded as the brother of 木星, Neptune (Neptunus in Latin) was the god of both freshwater and the sea in the ancient Roman pantheon. Interestingly enough, while Neptune was long considered as one of the major Roman gods (along with his female counterpart, Salacia) of freshwater springs and inland water bodies – possibly by virtue of the entity’s Indo-European origins, his specific association with the sea was probably the result of the deity’s identification with the Greek mythological counterpart of ポセイドン, by circa 399 BC.

Suffice it to say, inspired by these later associations, Neptune was often depicted like ポセイドン with his characteristic trident, especially in the artworks of North Africa. And much like his Greek counterpart, Neptune was also worshiped as one of the Roman gods of horses – in the form of Neptunus Equester, the patron deity of horse-racing. Interestingly enough, while Rome only had a single temple dedicated to Neptune (near Circus Flaminius), Neptunalia possibly was an important (though somewhat obscure) festival celebrated in the height of summer. During the occasion, when water levels were at their scarcest, people were devoted to the conservation and draining of superficial waters, while ritually participating in drinking spring waters and wine.

5) Minerva – The Goddess of Wisdom and Arts (Equivalent of Greek Athena)

Art by Tohmo (DeviantArt).

A Roman deity of varying avenues – ranging from wisdom, poetry, medicine to art, crafts and commerce, Minerva was aptly called the ‘goddess of thousand works’ by Ovid. When it comes to the genealogy of Roman gods, Minerva was said to come out from Jupiter’s forehead after the supreme god swallowed her mother Metis. Interestingly enough, according to the mythic narrative, 木星 committed such a bizarre act in the first place out of fear of a prophecy that Metis‘ child would one day challenge his order in the pantheon. Pertaining to this episode, Minerva was also considered as the patron of war, more specifically strategic warfare – though this attribute was possibly a later addition in 2nd century BC, which made Minera the equivalent of the Greek goddess Athena.

However, when it comes to history, most scholars agree that like many Roman gods and goddesses, Minerva had older origins. In her case, the indigenous Italic predecessor was probably the Etruscan goddess Menrva, while the name in itself is derived from meminisse, meaning ‘to remember’. She was also the third member of the Capitoline Triad and the patron of the Quinquatras.

This festival, while marking the starting of the campaign season for the Roman army, was known for its four days of gladiatorial contests. Essentially, Minerva epitomized the aspects of both warfare and its consequences – including possible peace, as opposed to the more direct allusion to war (like in the case of Athena)。 However, in spite of her more complex attributes, Minerva was depicted as being draped in her simple attire in the form of a chiton (an ancient Greek garment), while wearing a helmet and carrying a spear and a shield.

6) Mars – The God of War (Equivalent of Greek アレス)

Source: Posters4Teachers

Considered as the second in importance after 木星 in the pantheon of Roman gods, Mars was the deity of war (and possibly agriculture). And while the aspect of military conflict often brings out the inevitable comparison with his ancient Greek equivalent アレス, Mars was arguably far more complex when it came to his martial attributes. In essence, as opposed to the sheer impulsiveness and chaotic nature of warfare, Mars was perceived as a more composed and judicious entity who took up the role of the protector of Rome and its way of life. He was also venerated as the defender of the city and state borders, and all these aspects suggest how the embodiment of warfare was central to the collective consciousness of the Romans.

The mythical narrative rather reinforced the association of (practical) war to the early Romans, with Mars being portrayed as the father of the legendary founders of Rome – RomulusRemus。 To that end, the month of March (named after him, derived from Latin Martius) was reserved for the beginning of military campaigns, while also corresponding to many of the festivals of Mars. Furthermore, the altar of Mars in Campus Martius (Field of Mars) was uniquely dedicated to the god of war by the seemingly peace-loving NUMA, the legendary second king of Rome. All of these cultural factors make Mars one of the exclusive ancient Roman gods who possibly had no parallel in the proximate Greek culture (in spite of sharing some qualities with アレス).

7) Venus – The Goddess of Beauty and Love (Equivalent of Greek Aphrodite)

‘Venus and Adonis’ by Peter Paul Rubens (Flemish, Siegen 1577–1640 Antwerp). Source: Metropolitan Museum of Art

The ancient Roman deity of beauty, love, desire, and sex, Venus is often perceived as the equivalent of the Greek goddess Aphrodite。 However, like in the case of some of the earlier mentioned Roman gods, Venus as a divine entity possibly epitomized more aspects than her Greek counterpart – since she was also regarded as the goddess of victory and fertility (and possibly even prostitution). In any case, it was the embodiment of the concepts of beauty, sex, and desire that formed the core of her attributes, so much so that the Latin noun venus also meant ‘sexual love’ or sexual desire.

Given the overtones of sexuality and fertility, it doesn’t come as a surprise that Venus bore many children when it comes to the scope of her mythical narrative. For example, her illicit love affair with Mars produced the twins ティモール (Phobos in Greek) and Metus (Deimos in Greek), the personifications of fear and terror respectively, Concordia (Harmonia in Greek), the goddess of harmony and concord, and Cupids (Erotes in Greek), the famed winged deities of love. Ovid provided his narrative on how Venus (or rather Venus-Aphrodite) was also the mother of Hermaphroditos (compound of his parents’ names エルメスAphrodite), while Fortuna, the goddess of luck and fate, was regarded as the offspring of Venus and 木星 (また エルメス).

8) Apollo – The God of Light and Prophecy (Similar to Greek アポロ)

‘Apollo Pursuing Daphne’ by Giovanni Battista Tiepolo, c. 1755/1760. Source: NGA

Hailed as one of the most important of Olympian deities when it came to the pantheons of both ancient Greek and Roman gods, Apollo, the archetype of the beardless, youthful being (kouros), was considered as the divine entity of light, music, prophecy, poetry, medicine and even archery. Now interestingly enough, Apollo can be counted among the rare Roman gods who had directly originated from the Greek mythology (thus having no Roman equivalent), with the cult centers of the entity in Delphi and Delos being in existence since 8th century BC.

And even the origins of Apollo in the Greek pantheon is mired in mystery, with the etymology of the word Apollon (‘Apollo’ is the Latin form of Greek ‘Apollon’) possibly harking back to a pre-Greek era. For example, a Hittite entity Apaliunas is mentioned in the Manapa-Tarhunta letter, which in turn そうかもしれない have been derived from Aplu Enlil – meaning the son of the Mesopotamian god Enlil.

In any case, coming back to the Roman scope, Apollo, regarded as the son of 木星, was often venerated with the epithet of Phoebus (に由来する Phoibos, meaning ‘bright’) and his first temple was possibly established by late 5th century BC in the Flaminian fields. However historically, it was Augustus who encouraged the worship of Apollo as one of the major Roman gods, especially after his victory at the Battle of Actium (circa 31 BC) that fought near the sanctuary of the deity. During his reign as the first Roman emperor, Augustus went on to institute the quinquennial games in the honor of Apollo, while also building a new temple dedicated to the god on the Palatine Hill.

9) Diana – The Goddess of Hunt and The Moon (Equivalent of Greek アルテミス)

出典:Pinterest

A female deity characterizing the hunt, wildlands, nature, and the moon among the ancient Roman gods, Diana was also regarded as an entity who was antithetically the virgin goddess of childbirth and women. In essence, she belonged to the triad of female Roman goddesses (along with ミネルバベスタ) who were maidens and the mythical narrative often portrayed her as the twin sister of アポロ and daughter of 木星。 And while she is often equated to her Greek counterpart アルテミス, the origins of Diana probably harked back to an indigenous Italic (or older Indo-European) entity. Ist century BC Stoic philosopher Quintus Lucilius Balbus (noted by Cicero in his book De Natura Deorum or ‘On the Nature of the Gods’), discussed –

people regard Diana and the moon as one and the same. … the moon (luna) is so called from the verb to shine (lucere)。 Lucina is identified with it, which is why in our country they invoke Juno Lucina in childbirth, just as the Greeks call on Diana the Light-bearer. Diana also has the name Omnivaga (“wandering everywhere”), not because of her hunting but because she is numbered as one of the seven planets her name Diana derives from the fact that she turns darkness into daylight (dies)。 She is invoked at childbirth because children are born occasionally after seven, or usually after nine, lunar revolutions…

Interestingly enough, as was virgin Diana’s paradoxical connection to childbirth, the goddess also embodied other seemingly conflicting aspects, ranging from the purity and serenity of woods and wildlands to the unpredictable and ever-changing nature of the moon. On occasions, she was also considered as one of the Roman gods of the dark world of the dead, thus being the equivalent of Greek goddess ヘカテー.

10) Vulcan – The God of Fire and Metallurgy (Equivalent of Greek Hephaistos)

Source: SpeakSlovak

One of the oldest of Roman gods, the figure of Vulcan (Vulcānus in Latin) possibly harks back to Rome’s archaic times, circa 7th century BC. As for his attributes, Vulcan was considered as the Roman god of fire (including volcanoes), metallurgy, and forges. Pertaining to the latter, Vulcan’s own forge was believed to be situated beneath Mount Aetna in Sicily. Now interestingly enough, the oldest sanctuary of Vulcan, known as the Vulcanal (また Volcanal) was probably situated at the foot of the Capitoline Hill, and this site revealed a Greek pottery fragment (dated to circa 6th century BC) that possibly depicted Hephaestus (また Hephaistos), the Greek god of fire and metalworking. In essence, Vulcan was probably one of the earlier Roman gods who was equated to an ancient Greek counterpart. At the same time, Vulcan also matched the aspects of Sethlans, an ancient Etruscan god.

Quite intriguingly, in spite of the word ‘volcano’ being derived from Latin Vulcānus, scholars are divided in their hypotheses when it comes to the origins of the word Vulcānus itself. To that end, according to some the word is derived from Latin fulgur, with connections to lightning and flames, while others have conjectured that the term originates from Cretan Minoan god Velchanos。 In any case, the Romans celebrated Vulcanalia, the festival of Vulcan, at a time in the year (in August) when the crops and grains had the greatest chance of catching fire from the heat. So in a bid to appease the god of fire, the citizens made ceremonial bonfires – into which sacrificial fishes and small animals were thrown in.

11) Vesta – The Goddess of Domesticity (Equivalent of Greek Hestia)

Source: MythDancer

The daughter of Saturn and sister of 木星, Vesta was paradoxically considered as the oldest and youngest of Roman gods, since she was the first to be swallowed by Saturn (or Greek equivalent Cronus) and last to be released from the ‘confines’ of her father. And in the mythical narrative, in spite of being beautiful, she rejected the advances of other divine suitors like アポロネプチューン.

Instead, she appealed to Jupiter to allow her to remain a virgin. Thus Vesta came to be associated as the Roman goddess of the hearth, home, and domestic scope – and her Greek equivalent was Hestia, the ancient entity representing domesticity, family, and architecture. Interestingly enough, the Latin term for hearth is focus (which in English means ‘the center of interest or activity’), thus suggesting how the fire burning in this particular area of the house figuratively signified the ‘convergent spirit’ of the entire family.

The fire also played an important role in the shrine of Vesta in the Roman Forum, where it was perpetually burned and tended to by the Vestal Virgins (Vestales in Latin), the priestesses of the deity. As their name suggests, these Vestal Virgins, chosen at a young age of six to ten, were to remain chaste for a service period of 30 years. And such was the nature of this guarded scope of worshipping that the shrine of Vesta was not opened to the public, except during the festival of Vesta, known as Vestalia (celebrated in June) – during which barefooted matrons visited the sanctuary to give their offerings. And quite intriguingly, the eminence of Vesta among the Roman gods is mirrored by the fact that her cult was one of the last pagan institutions to be disbanded by the Christian emperor Theodosius I in 391 AD, after almost a thousand years of the burning of the sacred fire.

12) Mercury – The God of Wealth (Equivalent of Greek エルメス)

‘Pandora carried off by Mercury’ by Jean Alaux (1786–1864). Credit: Ibidem

One of the relatively ‘later’ ancient Roman gods, Mercury was possibly the composite of various earlier di indigites (indigenous Roman gods) who represented wealth and trade. In essence, Mercury (Mercurius in Latin, possibly derived from merx or ‘merchandise’) was considered as the Roman deity of commerce and financial gains, whose attributes also stretched to various other avenues like communication, divination, eloquence, thievery, and gymnastics. And in spite of being related to Etruscan god Turms, by the time of the Roman Republic (circa 3rd century BC), Mercury was often equated to his ancient Greek counterpart エルメス (the messenger god), which resulted in his depiction with apparels like the winged sandals (talaria) and a winged hat (petasos).

Interestingly enough, Mercury was also among the Roman gods whose aspects were played a syncretic role when it came to the scope of worship of similar deities from other ancient cultures. For example, Julius Caesar mentioned how Mercury was a rather popular divine entity in Gaul and Britain. This may have been due to the Roman cultural trait of interpretatio Romana, wherein the Romans tended to interpret various native divine entities in accordance with their own pantheon. To that end, Mercury might have been equated to the Celtic god Lugus, who in spite of being the god of light, also bore aspects that symbolized trade and commerce. By virtue of the same cultural trait, Tacitus mentioned how Mercury also the chief god of the Germanic people, possibly being the equivalent of native Wotan.

13) Ceres – The Goddess of Agriculture (Equivalent of Greek デメテル)

Source: BewitchingNames

A female entity representing agriculture, crops, fertility and mother relationships, Ceres was venerated as a kind and benevolent deity among the ancient Roman gods. When it comes to the mythical narrative, Ceres was considered as the daughter of Saturn and sister of 木星, but the main element of her worship and veneration was focused on the relationship between Ceres and her own daughter Proserpine。 Essentially, this translated to a tragic story in which Ceres lost her daughter when she was kidnapped by Pluto, the god of the underworld. And even after the intervention of other gods, including their leader 木星, Proserpine was only allowed to return to earth and spend time with her mother from spring to autumn, thus essentially symbolizing how her parting caused the leaves to fall and stunted nature’s growth – until the cyclic arrival of next spring.

The aforementioned narrative mythology does mirror the Greek mythology concerning the goddess デメテル and her daughter Persephone, thus partially making Ceres the Roman equivalent of デメテル。 And when it comes to history, there was an ancient Roman festival of Cerealia that was held for 7 days in April in honor of Ceres. And on the occasion (according to Ovid’s Fasti), people used to tie blazing torches to the tails of foxes, who were then ceremoniously let loose into the expansive space later known as チルコマッシモ – as a symbolic punishment for the creatures’ yearly forays into Roman croplands that were sacred to Ceres. (*also check this citation).

The festival was also marked by what can be termed as collective cosplay with Roman women dressing in white attires to mimic Ceres, who wandered through the earth in lamentation for her abducted daughter Proserpine。 Furthermore, pertaining to one of the most commonly uttered words by parents in the mornings of the Western Hemisphere, the term ‘Cereal’ also comes from Ceres.

14) Bacchus – The God of Wine and Revelry (Equivalent of Greek ディオニュソス)

Photo Credit: Derek Key/Flickr

While the aforementioned アポロ maintained his compatible name in the pantheons of Greek and Roman gods, Bacchus was a straight-up Romanized equivalent of the Greek god ディオニュソス。 To that end, Bacchus could be perceived as a latent ‘copy’ of ディオニュソス, thus being associated with similar mythical narratives (albeit with Romanized characters, like being considered as the son of 木星 instead of Zeus) and traits.

In essence, Bacchus was the Roman god of both wine and winemaking, while also embodying the fascinating (and rather mysterious) aspects of ritual madness and religious ecstasy. Pertaining to the latter characteristics, Bacchanalia was the blanket term for the Roman festivals dedicated to this god. Possibly centered around the Dionysian mysteries (involving intoxicants and trance-inducing moves like rhythmic dancing), the initiates of such private ceremonies were bound to secrecy.

Consequently, the ancient rites of Bacchus in some part remain mysterious and were rather scandalous during their time, as was attested by Livy, who talked about how the cults practiced wine-fueled violence and rampant sexual promiscuity, accompanied by cacophonous music – thus giving way to the term ‘bacchanalian’, meaning a ‘drunken feast’. Intriguingly enough, Bacchus was later associated with the indigenous entity of Liber Pater (‘the free Father’), one of the Roman gods of viticulture and wine, fertility, and freedom. During his festival (Liberalia – which later merged with bacchanalian practices), the feast marked the coming-of-age of the Roman teenagers who crossed the threshold of 14 or 15 years. And in an interesting ritual, the teenager as a mark of his new-found manhood had to place a lock of hair from the first shave of his stubble inside a ブラ (pendant) on an altar.

15) Honorable Mention – Mithras: The ‘Syncretic’ God

A statue of the Roman god Mithras. Courtesy British Museum. Source: The National

Mithra was incipiently a Zoroastrian divine entity (yazata), thus having his origins in the religious system of ancient Persia and related Indo-Iranian traditions. However, pertaining to a fascinating example of cross-cultural syncretism, a mystery religion centered around a particular Greco-Roman deity known as ミトラ教 (a figure which was inspired by Mithra) was practiced in the Roman Empire, with its heydays ranging from 1st to the 4th century AD – thus possibly being one of the early ‘rivals’ to Christianity. And while the name and the initial divinity of Mithras were influenced by its Eastern counterpart, the imagery of this enigmatic deity among the Roman gods along with the related belief system was distinct from the original Zoroastrian entity.

Mainly practiced by the members of the Roman military, this mystery religion of Mithraism (possibly transmitted by the merchants from the east) was primarily introduced into the upper echelons of the society, circa 1st century AD. And by the 3rd century AD, the cult, probably open to only males, percolated into different sections of the society, with one of the major bastions being the eternal city itself – Rome.

These male initiates, known as syndexioi, probably met in underground temples called ミトレーアム。 Quite intriguingly, while the imagery of Mithras is well known with the god’s depiction as a youth wearing an Anatolian attire and a Phrygian cap in a bull-slaying scene, historians are still perplexed by a lion-headed figure often encountered in Mithraic temples.として知られている Arimanius (a Latinized form of the name Ahriman – a demonic entity in the Zoroastrian pantheon), the cryptic deity possibly represented Cronus or his Eastern equivalent.

Family Tree of Roman Gods and Goddesses –

Credit: Kowan Briggs

And in case we have not attributed or misattributed any image, artwork or photograph, we apologize in advance. Please let us know via the ‘Contact Us’ link, provided both above the top bar and at the bottom bar of the page.


Roman Mythology Timeline - History

Religion was an important part of Roman daily life. The Romans believed in many different gods and goddesses. If the gods were angry, terrible things could happen. To keep the gods happy, animals were sacrificed (killed) as offerings.

Romans sacrificed animals such as bulls, sheep and pigs.

People worshipped the gods in temples where they made sacrifices of animals and precious things. The Romans believed that blood sacrifices were the best way to communicate with the gods. Sheep were often sacrificed to Jupiter.

Sometimes a temple was built to only worship one of the gods. A temple to all gods was known as a パンテオン。 It was named after the word for the entire collection of thier gods called the パンテオン.

The Romans thought that their gods were all part of a family and people told stories or myths about them.

The most important gods to the Romans were the Greek gods from Mount Olympus. The Greek gods were given Roman names, for example, Zeus became Jupiter.

木星

  • King of the Gods.
  • God of the sky
  • Weapon: 落雷
    (thunder and lightning).
  • Son of Uranus
  • Father of Jupiter, Neptune and Pluto
  • Husband of Juno, who looked after women.

Jupiter, Neptune and Pluto were the three sons of Saturn.

  • God of the Sea and also earthquakes
  • Holds: a trident, which had three prongs.
  • Son of Saturn
  • Brother of Jupiter and Pluto
  • Greek name: ポセイドン
  • God of War (pictured right)
  • Father of ロムルスとレムス

Soldiers believed that Mars decided who won, who lost and who died in battle. They prayed to him to ask him to keep them safe from harm and to allow them to win in battle.

  • God of
  • Weapon: bow. Anyone hit by one of his arrows fell madly in love.
  • God of the Sun
    Each day he drove his chariot of fiery horses across the sky to give light to the world.
  • Also God of healing
  • God of the Death
  • Son of Saturn
  • Brother of Jupiter and Neptune
  • Husband of Proserpine
  • Greek name: ハデス
  • God of 時間
  • Son of Uranus
    Father of Jupiter, Neptune and Pluto
  • Greek name: クロノス

The blacksmith of the gods and a god of the underworld.

Shrines

Many people had shrines in their houses with a figure of their favourite god. They believed it was important to keep the gods happy with gifts or statues.

アンダーワールド

The Romans believed that your spirit (soul) went to the underworld when you died. To get there the dead needed to cross the river Styx. The dead person's family would give them a coin to pay the ferryman, Charon.

Festivals and Special Days

The Romans celebrated special days for gods by holding festivals, which included processions and parties. There were thirty-two Roman religious festivals in January alone. These festivals included horse racing in honour of Mars.

&copy Copyright - 読んでください
これらのページのすべての資料は、宿題と教室での使用のみが無料です。このページのコンテンツを再配布、販売、または配置することはできません。 他のウェブサイト また ブログ 著者マンディバロウからの書面による許可なし。

©CopyrightMandyBarrow 2013
primaryhomeworkhelp.com

私はセブノークスケントのグランビルスクールとセントジョンズ小学校でコンピューターを教えています。


Roman Mythology Timeline - History

They believed that spirits protected the family, home and even the trees and rivers. These spirits were worshipped regularly.

Early Roman religion

The religion of ancient Rome dated back many centuries and over time it grew increasingly diverse. As different cultures settled in what would later become Italy, each brought their own gods and forms of worship. This made the religion of ancient Rome polytheistic, in that they worshipped many gods. They also worshipped spirits.

Spirits of the rivers and trees

Rivers, trees, fields and buildings each had their own spirit, or numen. Worshipping more than one numen, or numina, was a part of early Roman culture.

Household spirits

Every Roman household also had its own protective spirits. For instance, Vesta was the goddess of the fireplace. Even food cupboards had their own spirits, called penates.

Family spirits

Families also had a protective spirit, called a lar. Each family had a larium, or shrine, to this spirit, often kept in the atrium or courtyard. The head of the family the paterfamilias was responsible for making regular sacrifices to honor the family s spirit and make sure that it continued to watch over them.

Dinnertime offerings

Families also asked for the blessings of the spirits before any special family event. A portion of every meal was thrown into the fire as an offering. Household slaves were also expected to worship the same spirits as their owners.

Like most of the ancient world, Romans believed that spirits gathered around crossroads. It was therefore common to find a small shrine, or compita, set up wherever paths or roads met. These would have four altars to honor the spirits in each direction.

Festival of the Crossroads

This practice was honored in the Festival of the Crossroads, called the Compitalia. On this feast day, families would hang woolen dolls and balls at the nearest compita. Each doll represented a member of the family, while each ball represented a slave.

It isn t clear why they did this. Perhaps they hoped that the spirits would spare each person represented by the woolen offerings, or maybe they believed that the power of the spirits would strengthen each person represented there.

In any case, spirit worship was just one part of Roman religion. The Roman state had its own gods and, like the spirits, these were the product of diverse cultures and ancient beliefs.


次の場所:
Religion in Ancient Rome Roman Worship
Life in Roman Times Home Life


歴史

Ceres’ lineage is clear as the daughter of Saturn and Ops, but of course since she is essentially a renamed Demeter, the stories from Greek mythology all also apply.

As goddess of agriculture, many agricultural blessings are attributed to her. For example, the discovery of spelt wheat is said to have happened thanks to the goddess. Similarly, figuring out how to use oxen to plow fields and the actual plowing itself were her inventions. These were gifts that she gave to mankind in the same way that Prometheus gave humanity fire.

The most famous story that Ceres features in also involves her daughter, Proserpina. This is the same story that features Demeter, Persephone and Hades in Greek mythology.

Pluto (Hades) sees Proserpina (Persephone) out and about and takes a liking to her. Now, remember that Pluto is Ceres’ full brother, which makes Proserpina his niece. In some accounts, Pluto falls in love with her because of Cupid’s arrow, which explains why he then kidnaps his niece and takes her down to the underworld.

Ceres frantically searches for her daughter and forgets all about making the world fertile and nutritious. People begin to suffer, and Jupiter sends a message to his brother Pluto asking him to let Proserpina go. Pluto does this, but not before making Proserpina eat six underworld pomegranate seeds.

This forces Proserpina to spend six months a year with her mother, and six with her husband in the underworld. When Proserpina is away, Ceres sulks, which is why we have winter and autumn for six months of the year. When her daughter comes back, Ceres gives us spring and summer.


The first major difference between Roman gods and Greek gods is the time period. Greek mythology predates Roman mythology over 1,000 years. For example, Homer’s The Iliad was written 700 years before Roman civilization came into formation.

Homer vs. Virgil

Greek God of Fire :Hephaestus
Image via wikipedia.org

Two major literary poems depicting the Greek gods came in Homer’s The Iliadオデッセイ。 Both of these poems described many of the famous Greek myths, including the Trojan War and Odysseus’s return to Greece after the fall of Troy.

Virgil wrote the poem The Aeneid, which described the journey of Trojan Aeneus from Troy to Italy. It would tell the story of how Aeneus would become the ancestor to the Romans. It depicts Roman gods and goddesses throughout the story.

Physical Appearance of Greek Gods vs. Roman Gods

Another major difference between Greek gods and Roman gods is in the physical appearance of the deities.

Greek gods had heavy emphasis placed on their physical appearance, both beauty, and unsightliness. The description of their physical appearance would come from the myth itself. Greek mythology would describe the gods and goddesses as having strong characteristics. These characteristics would have a direct impact on the physical appearance they were given.

Roman gods were not described in such a way. Roman gods had less emphasis put on their characteristics therefore, their physical appearances were less strong if there was a physical depiction of them at all.

Greek God Names vs. Roman God Names

Another major difference between Roman gods vs. Greek gods is in the name of the gods and goddesses.

Roman gods and goddesses were named after objects and did not possess a gender, whereas Greek gods were decided by human characteristics and traits. As Greek gods predated Roman gods, Roman mythology would take the Greek deity and assign a Roman object that would fit the description of the Greek god.

Here are some examples below:

Greek God Roman God
Zeus 木星
ポセイドン ネプチューン
Cronus Saturn
Aphrodite 金星
アレス 火星
エルメス Mercury
Hephaestus バルカン

Mortal Deeds

In Greek mythology, mortal Greek heroes were just as important as Greek gods and goddesses. Greek heroes often had roles that taught life lessons that were just as important as the myths that were told about Greek gods and goddesses. Greek mythology emphasized the importance of good deeds mortals performed on earth.

Roman mythology was different in this way. Roman mythology did not put emphasis on the works of mortal heroes in regards to their life on earth because Roman mythology believed in an afterlife.

How Mortals of Greek Mythology and Roman Mythology Live Differently

The last comparison between Greek mythology and Roman mythology is how the mortals of each time period view mortals.

The Greek culture viewed deities as an unattainable being. This means that mortals would never be able to reach deity status and have a place among the gods they worshipped. Instead, they would have to do good works on earth to have the honor of the gods during their time on earth.

Roman culture was different. Romans believed that mortals should try to aspire to be like the gods they worshipped. Part of the reason is that they used the Roman gods and goddesses as an inspiration to live life the right way. The other reason is that they believed in an afterlife that they would attain when their life on earth was over.


ビデオを見る: 핵P-MODEL - Timeline의 동쪽 한글자막 (かもしれません 2022).