ニュース

忘れられないデスマスク:セーヌ川の身元不明の女性

忘れられないデスマスク:セーヌ川の身元不明の女性


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

私たちのほとんどにとって、死は、将来の懸念である、計り知れない地平線のどこかに潜んでいる遠い悪夢です。しかし、たとえばバラの美しさを見るように、死の美しさを見る人は常にいます。これは、ルーブル美術館からそれほど遠くないセーヌ川から身元不明の若い女性の遺体が回収された後の1880年代後半のパリの場合でした。遺体安置所の病理医は、少女の顔に魅了され、悩まされ、刺激されたため、今日では石膏デスマスクと呼ばれています。 「セーヌ川の身代金 」(セーヌ川の身元不明の女性)。

ボヘミアンパリは好奇心旺盛で奇妙で病的なものに夢中になり、少女の体は死体安置所に展示され、彼女の顔に深く平和な表情を見せたいと願う何千人ものパリジャンを魅了しました。 2018年12月に公開された記事 サイエンスアラート 女性は亡くなったとき約16歳であったことが知られており、体に疑わしい痕跡は見られなかったものの、当時多くの医師が自分の命を奪ったと「想定」していたと述べています。しかし、私たちは皆、仮定がどれほど危険なほど間違っている可能性があるかを知っています。

蝶はしばしば死の瞬間と私たちの体からの解放に関連しています。 (クリスティーナコンティ/ アドビストック )

原因不明の死

身元不明のティーンエイジャーの死を取り巻く状況は、今日まで未解決のままであり、 ニューヨーク・タイムズ 哲学者で作家のアルベールカミュは、死んだ少女のマスクを「溺死したモナリザ」と「切望されたフランスの文化的アイコン」と表現しました。

Inconnue’s かき混ぜるような穏やかな笑顔が広く再現され、彼女の頭は自由奔放なパリのマントルピースやサロンの壁の目玉になりました。結局、彼女はヨーロッパ中に輸出され、彼女の死後ずっと、刺激的な本や芸術を生み出しました。

1950年代、ノルウェーの会社が レールダルメディカル 、最初のCPR人形を開発し、「 Resusci Anne 」(CPRアニー)、およびl’Inconnueデスマスクの顔と唇は、世界中のCPRコースで使用されました。

19世紀の終わりにセーヌ川で溺死した若いフランス人女性の死のフェイスマスクに基づいたResusciAnneCPRダミー。 (〜大動脈〜/ CC BY-SA 2.0 )

セックスワーカーの廃棄された遺体が定期的にセーヌ川から釣り上げられたとき、そして 汚いセックスの歴史 、これは「ほぼ毎日」発生しました。パリ警視庁は、反対の証拠が発見されない限り、「自殺を想定する」ことを選択しました。さらに、溺死の犠牲者は決してそのようなリラックスした顔を維持することはできなかったと多くの人が主張しています。さらに、少女の体に怪我は1件も見つかりませんでした。これにより、この未解決の事件を調べたほとんどの歴史家は、彼女は、怪しげなパリの地下世界の悲惨さに苦しむのではなく、自分の命を奪った何千人ものセックスワーカーの一人であると結論付けました。

若いセックスワーカーが自殺したというこれらの広く支持されている仮定は、おそらく当時は受け入れられていた。しかし、この単純なケースの見方は、当時は利用できなかった現代の理解に簡単に挑戦することができます。

人生における陶酔の瞬間は、私たちが死んだときに私たちの顔に見られる最後の感情でもあります。 (フィズケス/ アドビストック )

陶酔後の表現から手がかりを引き出す

に掲載された2020年2月の記事によると BBC、過ぎ去った瞬間は、故人に「安堵の表現」をもたらすように思われます。記事には、人々は死んだ直後に「眠っているように見える」ことが多く、さらに「中立的な表情をしている」と書かれています。

死の科学には多くの深刻な制限があります。実験は基本的に死にゆく人々のグループで行われることはありません。ラット集団の死亡に関する2011年の研究が Science Direct そして、セロトニンや他の脳内化学物質が「6匹のネズミの脳で3倍になり」、死んだときに「幸福感」に寄与することが明らかになりました。

科学者たちは、死の瞬間に人間にも同様のことが起こる可能性があると推測し、多くの研究は、特に溺死が、平和、静けさ、おそらくは陶酔感さえも引き起こすことを示しています。 2013年に発表された研究 スミソニアンマガジン エピネフリンや他の化学物質が死の瞬間に脳に放出され、陶酔感の原因となる可能性があることが証明されました。最近では TEDトーク 、アメリカの神経解剖学者ジル・ボルト・テイラーは、脳卒中後の彼女自身の臨死体験について説明しました。彼女の左脳半球は、合理的な思考と論理のプロセスを支配しています。彼女が「死に始めた」とき、彼女はそれが「陶酔」であり、感覚は「涅槃に達する」に匹敵すると言いました。

の場合 Inconnue de la Siene 、若い女の子の表現は、ほとんどの場合、「幸せ」と「落ち着いた」と表現されます。しかし、それは「陶酔後」としてより正確に説明することができ、これは少女が自殺しなかったことを示唆しています。それで、生きたまま水に投げ込まれ、その後、死んだ後に彼女の「陶酔」の表現を発達させることができたでしょうか?

死の瞬間から、できれば陶酔的な表現で、別の世界の光に移ることは、私たち全員にとっての機会であり、それは私たちがどのように生きるかから始まります! (OFC写真/ アドビストック )

死:すべての個人の最後のフロンティア

最終的に、数百万年の進化と5000年の正式な医学研究の後、私たちは死んだときに私たちに何が起こるかについてほとんど知りません。知られていることは、体がシャットダウンすると、脳が化学物質で活性化され、創造的な想像力を効果的に過充電し、死の瞬間に私たちが経験する個人的な経験に影響を与えるということです。私たちが心を落ち着かせ、幸せで陶酔した後の顔を見つめるとき セーヌ川の身代金 この世界から次の世界への移り変わりは、結局のところそれほど恐ろしいことではないかもしれないことを私たちに思い出させるのに役立ちます。

  • 狩猟、儀式、恥、そして死のための10の神聖なマスク
  • 古代シベリアの戦士の種族からのデスマスクの新しい発見に出没
  • アガメムノンのミケーネ文明の死の仮面に質問する

たぶん、私たちは瀕死の光の影をあまり恐れるべきではありません。死が私たちを見つけることは間違いありません。しかし、その間、私たちが終わりに達する前に、おそらく私たちは、穏やかで、幸せで、陶酔的な死の瞬間が最終的な結果となるような方法で現在の生活を送るべきです。

おそらく 続けない 彼女は私たち全員にとって避けられないことを反映した幽霊のような鏡であるため、不死を見つけました。そして、私は意味しません それだけ 死だけでなく、あなたの名前がこれまでで最後に言われたとき、その最も恐ろしい二度目の死。以下のような セーヌ川の身代金、 私たちは歴史の想像の中で忘れられた夢になります。なくなった。私たちが存在しなかったように。しかし、私たちが存在している間、光と喜びがありました。人を向こう側に追いやることは、常に人生を感謝し、私たちができる限り最大限に生きるチャンスです。


1800年代の少女の「デスマスク」がCPR人形の顔になった経緯

溺死した女性は、彼女の顔のモデルがCPRダミーのデザインに使用された後、「世界で最もキスされた女の子」になりました。

60年間、医学生はダミーの人形(Resusci Annieと呼ばれる)でCPRを実践してきました。胸を圧迫し、プラスチックの口に空気を吸い込みます。そのダミーの顔は、結局、構成されていません。これは、19世紀後半にパリのセーヌ川で死んでいるのが見つかった10代の少女の顔に基づいています。その少女の体は特定されませんでしたが、顔は型、つまり「デスマスク」に捕らえられました。

のクリスマス号の新しい論文 BMJ 気楽な研究やすぐに使える研究を含むことができる医学雑誌の特別版は、無名の死体がどのようにしてCPRマネキンになり、「世界で最もキスされた少女」の称号を獲得したかを示しています。

「毎年、これらのマネキンを利用する必須のCPRトレーニングを実施する必要があります」と、この機能の共著者であり、英国リバプールにあるリバプール大学歯科病院の歯科研修生であるステファニー・ローク博士は、LiveScienceにメールで語った。彼女と彼女の共著者であり、同じく大学の歯学部のサラ・マッカーノン博士は、「顔が誰であるかを単に疑問に思いました!」彼女は付け加えた。

Resusci Annieの物語は、1世紀以上前に始まり、16歳くらいの少女の死体がセーヌ川から引き抜かれたと著者らは書いています。彼女の体は暴力の兆候を示さなかったので、何人かの人々は彼女が故意に溺死したと推測しました。遺体は、誰かが故人を特定できることを期待して遺体安置所に公開されましたが、当時の一般的な慣習でしたが、誰も10代を特定しませんでした。彼女は「セーヌ川の身代金」として知られるようになりました。

匿名ですが、彼女は決して忘れられませんでした。彼女の剖検を行った病理医は彼女の穏やかな表情にとても夢中になり、モデルメーカーに石膏を作らせました。デスマスクマスクは複製されて販売されました。実際、紙の著者によると、オリジナルのデスマスクを作成したロレンツィのモデルメーカーは、今日でも「Noy&eacutee [Drowned Woman] dela」というタイトルでそのコピーを販売しています。セーヌ。」

1950年代後半、医学生がCPRを学び、実践し始めたばかりのとき、アメリカ心臓協会のCPR委員会のメンバーであるArcher Gordonは、CPRダミーが医学生を不必要な痛みや潜在的な肋骨損傷から救うことができることに気づきました。彼とノルウェー人の同僚は、お互いにCPRを実践し、そのようなものを製造するために、ノルウェーの玩具メーカーA&#778smundLaerdalの助けを求めました。

レールダルは親戚の家の壁に「セーヌ川の身代金」の複製を見たことが判明し、CPRマネキンに同じ顔をすることにしました。したがって、1960年にレールダル社が最初のCPRマネキンを製造したとき、「L'Inconnue de la Seine」は「ResusciAnnie」、CPRダミー、またはResusci Anneになりました。これは、レールダルがウェブサイトで人形を指しているためです。 CPRマネキンを作る前に、レールダルはアンという名前の人形を製造していました。 「おそらく、これは行き詰まった名前だ」とローク氏は語った。

柔らかいプラスチック製の人形は、胸を折りたたむことができるので、生徒は胸部圧迫を練習し、唇を開いて口から口への蘇生を練習することができました。

CPRマネキンを作ることで、レールダル社の方針がおもちゃから医療機器に変わりました。 Webサイト、ResusciAnneはまだ購入可能です。同社は、世界中で3億人がCPRのトレーニングを受けており、そのほとんどがResusciAnneの助けを借りていると推定しています。それらの人々の一人は、「アニーは大丈夫ですか?」というリフレインを含めたマイケル・ジャクソンだったようです。歌の中で」スムーズ・クリミナル" BMJの論文によると、彼は彼自身のCPRトレーニングに触発された後。 (この線は、訓練生が患者の反応をチェックするときのCPR訓練でも使用されます。)

しかし、故人の顔を複製し、同意なしに販売するという倫理はどうでしょうか。で 社説 BMJの同じ号に掲載された、作家で倫理学者のジュリアンシェザーは、「セーヌ川の身代金」が亡くなった19世紀には、遺体を展示してデスマスクを回すのが一般的でしたが、これらの慣行は「倫理的に厄介なものになる」と述べています。 " 今日。

「同意なしに広く流布された死んだ愛する人のイメージを望む人はほとんどいないだろう」とシェザーは書いた。社説では、シェザーは現在の基準で過去を判断することと歴史の判断を完全に停止することの間の中間点を求めています。 「私はおそらく循環しているマネキンを取り除こうとはしませんが、今それらを作るならば、私は敬意を表して、彼女の顔を匿名化するように誘惑されるかもしれません」と彼は書いた。


悲劇的な物語が命を救う謎の女

セーヌ川は、ロマン主義と気味の悪いものの興味深い組み合わせです。世界で最も愛されている都市の1つであるパリにありますが、死体を浚渫することでも評判があります。

水中で死んだ人に何が起こったのかを立証するのは難しい仕事です。それは出口を作るための最も威厳のある方法ではありません。しかし、ある美しい若い女性にとって、彼女の死はロマンチックな産業の基礎を形成し、皮肉にも命を救うことに終わりました。

2009年のメンタルフロスの記事によると、セーヌ川の未知の女性、またはL&#8217Inconnue de la Seineは、「1870年代または1880年代のいつか」に亡くなったと考えられています。

彼女は、濁った深さから引きずり出された他の体と同じように扱われたようです。不穏な事実のルーチンは、遺体安置所の窓にある12個の黒いスラブの1つに死体を公に展示することでした。誰かが水浸しの顔に名前を付けることが期待されていたので、これはもちろん実用的な目的を果たしました。

しかし、その週に誰がスラブにいたかを見ると群衆はスリルを味わうなど、手続きにはグロテスクな側面がありました。未知の女性の伝説が生まれたのは、病的な娯楽の文脈でした。おそらく病理医が彼女の顔を持って連れて行かれたので、「デスマスク」または石膏ギプスが作られました。

デスマスクを作る過程にある2人の男性

「彼女は心地よく魅力的な顔をしていて、唇に笑顔が漂っています」とBBC Magazineは2013年に書いています。「彼女の目は閉じていますが、いつか開くかもしれないように見えます。彼女は名前のない唯一のマスクです。」

この謎めいた性質により、彼女は「セーヌ川のモナリザ」と交互に呼ばれるようになりました。そして、ダヴィンチの謎の女性のように、彼女のアイデンティティは何世紀にもわたって熟考されてきました。感傷的なマスクのコピーは、高度な社会やそれを超えて流通していました。魅惑的な顔がすべての壁からぶら下がっていました。

ダヴィンチの謎の女性であるモナリザのように、彼女のアイデンティティは何世紀にもわたって熟考されてきました

不条理な彼女の国境についてのいくつかの観察。 2007年、ガーディアン紙は「コート・ド・アズールの自宅のメインルームにマスクを持っていたフランスの哲学者で文学理論家のモーリス・ブランショは、彼女が「極度の幸福の瞬間に」死んだに違いないと感じた」と述べました。アルベール・カミュ、ウラジーミル・ナボコフ、マン・レイは、彼女の非常に架空の呪文に魅了された輝かしい名前のほんの一部でした。

1899年中編 画像の崇拝者 L&#8217Inconnue de la Seineに触発され、物語を文学的な次元に取り入れました。イギリスの作家で詩人のリチャード・ル・ガリエンヌが書いたこの作品は、「森の中の孤立した小屋でマスクを身に着けている若い詩人」の物語です。彼は、マスクを作った男が死んだ女性に恋をし、セーヌ川で溺死したと聞いています。」

同様の運命は、その後の悲劇で彼の心と彼の家族を失う愚かなロマンチックを待っています。 「彼が望んでいるのは、マスクが目を開けることだけですが、そうすると、蛾が彼女の口から現れ、その翼の間に死の顔があります。」ルガリエンヌにとって、美しいマスクは恐ろしい悪夢を隠していました。

石膏はもともとロレンツィの工房で鋳造されたと考えられていましたが、その子孫は今日も工芸を続けています。その場所は、BBC Magazineによって、「忙しいパリの郊外アルクイユにある平和と古代の小さな天国」と評されました。この記事には、「この種の最後のもの」と付け加えられています。

未知の女がどんな人だったのか、誰にもわからない。彼女は見た目とは違うというコンセンサスがありますが。 「彼女の丸みを帯びた頬、滑らかな肌を見てください」と、ロレンツィの子孫であるクレア・フォレスティエはガーディアンにコメントしました。死んだ女性からそのような完璧な顔をとることは不可能だろう。」

クロード・モネの「Quai du Louvre」、1867年頃。未知の女性がセーヌ川から引き上げられたと言われている場所。

BBCは、「自殺者でさえ、最後の瞬間に命をかけて戦い、彼らの顔はその闘争を裏切っています…分解のプロセスは水中でもはるかに速く始まります」と述べています。したがって、犠牲者がどれほど魅力的であったとしても、セーヌ川での期間が彼らの外見に顕著な影響を及ぼしたと考えるのは安全です。

パリの深海で漁獲されたものが無実であろうとなかろうと、彼らへの関心は常に高いです。ガーディアンは、川の警察は「魅力を刺激し…そしてしばしば彼らの仕事について話し合うテレビに出演する」と書いています。昨年、セーヌ川の濁った水から50体の死体が回収されました…毎年、約90人が川で自殺を試み、約70人が救われました。」

このモナリザのような事件は、目を丸くした田舎の女の子からシェイクスピアのオフィーリアのバリエーションまで、彼女をすべてとして提示するウェルター級の物語を生み出しているにもかかわらず、1回限りの事件のようです。

&#8216レスキューアニー&#8217。写真提供:Gun Hjortryd&#8211自作CC BY-SA 3.0

しかし、バラ色の悲惨さの中に希望をもたらす彼女の生き方が1つあります。デスマスクはさまざまな個人に命を吹き込んだ、あるいはむしろ彼女に命を吹き込んだ。これは、CPR&#8212心肺蘇生法によるものです。この化身では、彼女は彼女自身のブランド名さえ持っています:ResusciAnne。

これは「世界で最も有名な等身大の人形であり、世界で最もキスされた女性でもあります。」このような奇妙な称賛は、命を救うという強力な実績とともに獲得されてきました。 1960年代の彼女の創設以来、「3億人以上の人々が彼女の生き生きとした形を受け入れて口から口への蘇生法を学びました」。

この人形は、以前に幼い息子を蘇生させ、CPRで人々を訓練するために使用できるものを作る仕事を与えられたノルウェーのおもちゃメーカー、アスムンド・ラーダルの作品でした。 BBC Magazineが書いているように、彼は「女性の人形は訓練生にとって脅威が少ないように見える」と感じ、「何年も前に祖父母の家の壁に貼られたマスク」を思い出しました。

未知の女性の運命の背後にある理由はおそらく決して知られていません。彼女の穏やかな資質は生きたモデルによって提供されたと推測する人もいます。つまり、すべてが手の込んだ欺瞞でした。それでも、彼女は自分の人生を歩んでいます。そして、彼女の費用でたくさんのお金を稼いでいる間、彼女はまた、状況の最悪の状況で助けを必要としている人々のための前向きなシンボルになりました。


「セーヌ川の身元不明の女性」が「ResusciAnne」になった経緯

彼女は「世界で最もキスされた顔」と呼ばれています。私たちのほとんどは、人生のある時点で、Resusci Anne / Resus Anne / Rescue Anne / CPRAnneに遭遇すると言っても過言ではありません。マネキン自体は、LaerdalMedicalによって最初に製造された1960年代にさかのぼります。しかし、病歴と同じように、アンの話はそれよりもさらに遡ります。

1880年代後半のパリは、ロンドンと同じように、死を伴う病的な好奇心と見なされるものがあり、人々が消えることは珍しくありませんでした。 16歳以下と推定される若い女性の遺体がセーヌ川から引き出されています。いつものように、彼女の体は、家族が前に出て来ることを期待して、大理石のスラブ(当時人気のあるアトラクション)の遺体安置所の窓に展示されています。彼らはしません。

彼女の体は病気やトラウマの兆候を示していません。自殺が疑われます。しかし、他の何かが病理医を興味をそそります。溺れている人に期待するものとは全く違って、半分の笑顔を知っている彼女の顔は穏やかです。病理医は彼女にとても惹かれ、石膏ギプスに彼女の顔を作るように命じました。

石膏ギプスのコピーは、装飾と芸術的なインスピレーションの両方として広まりました。パラレルスは、柳の木から落ちた後に溺れるウィリアムシェイクスピアの「ハムレット」のキャラクターであるオフィーリアで描かれました。フランスの哲学者アルベール・カミュは、彼女の謎めいた笑顔をモナリザと比較しました。

リチャード・ル・ガリエンヌの中編小説「イメージの崇拝者」では、主人公のアントニーがデスマスクに恋をしています。ロシア生まれの詩人ウラジーミル・ナボコフは、1934年に「セーヌ川の身代金」というタイトルの詩を書き、彼女の最後の日々を想像しました。

この地球上で何も愛さず、この人生のデノウメントを促し、私はあなたの生命のない顔の白いマスクを見つめ続けます。

1926年にデスマスクはデスマスクのカタログに含まれ、「セーヌ川の身代金 (セーヌ川の身元不明の女性)そして彼女の伝説は​​完成しました。

1955年に早送りすると、ノルウェーの玩具メーカーであるAsmund Laerdalが、息子のToreを川で溺死するのを防ぎます。彼が心肺蘇生法を教えるのを助けるためにマネキンを設計するように近づいた直後。彼は、女性のマネキンは学生にとってそれほど怖くないだろうと判断し、彼女にできるだけ自然な顔をしてもらいたいと考えています。 L’Inconnueの石膏模型を思い出して、彼は彼女の顔を複製することにしました。 L’Inconnueは「ResusciAnne」として生まれ変わりました。残りは歴史です。

レールダル自身が述べているように、「レオナルドダヴィンチのモナリザやジョンエヴァレットミレーのオフィーリアのように、セーヌ川の少女は美と無垢の理想を表しています。」溺死の匿名の犠牲者は、ゴシックロマンティックな執着の焦点となった世界中で心肺蘇生法を教える責任があります。彼女が短い人生でこの遺産を想像することはできなかったでしょう。


パリ近郊のファミリーワークショップで、「溺死したモナリザ」が生きる

フランス、アルクイユ—セーヌ川で亡くなった最も有名な人物はまったくアイデンティティを持っていません。彼女は「セーヌ川の身代金」—セーヌ川の未知の女性です。

これが彼女の話です。 19世紀後半、正体不明の若い女性の遺体がパリのセーヌ川から漁獲されました。彼女の体には傷や傷がなかったので、彼女は自殺したと推定された。彼女の遺体を受け取った遺体安置所の病理医は、彼女の美しさに魅了されたため、石膏のデスマスクで顔を保護するために「ムルール」(成形業者)を呼びました。

その後の数十年間で、マスクは大量生産され、個人の家やスタジオの壁の装飾品として、最初はパリで、次に海外で販売されました。セーヌ川の身代金は、パブロピカソ、マンレイ、ライナーマリアリルケ、ウラジーミルナボコフなど、芸術家、詩人、その他の作家のミューズになりました。 L’Inconnueは、彼女を「溺死したモナリザ」と呼んだアルベールカミュのスタジオにぶら下がっていました。彼女はフランソワ・トリュフォーの映画のいくつかに影響を与えました。

L’Inconnueは最近、パリ南部の郊外アルクイユにある、邪魔にならない家族経営のワークショップで生き続けています。 1871年に設立されたワークショップ、L’Atelier Lorenziは、4世代にわたる方法で、人形、胸像、彫像、マスクの手作りの完全に成形された石膏のコピーを作成します。しかし、それはL’Inconnueで最もよく知られています。

画像

アトリエの2階にある箱の中には、その最も貴重な所有物があります。それは、L’Inconnueのものと言われるデスマスクの19世紀の栗茶色の石膏型です。

「曽祖父が自分で型を作ったかどうか尋ねられますが、わかりません」と、家業を営むローラン・ロレンツィ・フォレスティエは言いました。 「遺体安置所が型の鋳造をどのように組織したかを私に尋ねますが、私にはわかりません。私が知っているのは、その時代のカビがいるということです。」

L’Inconnueの顔は穏やかです。彼女の頬は丸くていっぱいで、肌は滑らかで、まつげはまだ濡れているような印象を与えるためにつや消しになっています。彼女の髪は真ん中で分けられ、首の後ろに引き戻されます。彼女は若く、おそらくまだティーンエイジャーです。彼女は見栄えが良いですが、古典的に美しくはありません。

出没するのは彼女の半笑顔の謎です。彼女の唇は、おそらく彼女の体の劣化の結果として、定義を欠いています。彼女は死んで幸せに見えるか、たぶん眠っているだけのようです。そして彼女の目はいつでも開くかもしれないように見えます。

懐疑論者は、マスクに描かれている女性は、彼女の特徴が完璧すぎるため、溺死の犠牲者になることはできなかったと主張しています。一部の学者は、当時はデスマスクを作り直すのが一般的だったと主張しています。

L’Inconnueは、文学では犠牲者として想像されてきました。英国の貴族が彼女を誘惑し、放棄した後、セーヌ川で溺死する孤児です。彼女はまた、若い詩人を破壊する魔女として、そして時計職人の店で強盗と殺人を目撃する誘惑者として描かれています。パリ警視庁のアーカイブには文書が残っていません。彼女の体の痕跡は見つかりませんでした。

「たぶん、彼女の顔の筋肉が落ち始める前にカビが取られました」と、29年間ここでマスターカビメーカーであるフアンホセガルシアは言いました。 "多分。多分。"

マスクのコピーは、19世紀に中継郵便局として建設された2階建ての木造の梁のある建物のほとんどの部屋にぶら下がっていて、屋根の修理が非常に必要です。それは他の宝物で溢れています:古代エジプト、ギリシャ、ローマの胸像中世の置物ルネッサンスヌードアンティーク多色中国の馬のコピー。

ベンジャミンフランクリン、モーツァルト、ナポレオン、ヘンリー4世、ジュリアスシーザー、ダンテの胸像と同様に、フードンの「モリエールの胸像」のコピーが販売されています。 1つの保管室の壁には、さまざまなボディパーツの箱が並んでいます。別の方法では、キャストは昔ながらの方法で乾燥されます:ポットベリーの石炭燃料ストーブの熱で。

近年、この家族はそのレパートリーを増やし、現在、シリコーン製の型を作るのと同じように、シリコーンで鋳造物を作っています。現在、多くの作品は、特に屋外での設置において、石膏よりも耐久性のある樹脂で作られています。キャストは、金色の木材、青銅、テラコッタ、大理石、石など、さまざまな素材に似せてペイントできます。

ショップのビジネスの多くは、政府および商業委員会からのものです。フランスの国会の外にある4つの彫刻が崩れ始めたとき、ロレンツィスはそれらを樹脂のコピーに置き換えるように呼ばれました。彼らはディズニーランドパリのために樹脂の木を作り、ベルサイユのために樹脂石のような装飾を作りました。エルメスやディオールなどの映画スタジオ、ブティック、ファッションハウスが彫刻をレンタルしています。

同社のベストセラーは、フランス共和国のシンボルであるマリアンヌの胸像であり、フランスのほとんどの地方、地域、国の政府機関にあり、もちろん、L'Inconnue(白い漆喰のデスマスクで130ドル、175ドルで光沢のある釉薬)。

2008年、家賃が高額だったため、家族はセーヌ川近くの左岸にあるラシーン通りにある元の店を放棄し、アルクイユの工房で事業全体を統合しました。その後、家族の危機により、事業を継続することがより困難になりました。

「閉鎖する以外に解決策はないようでした」とForestier氏は言いました。 「しかし、もともとトスカーナの小さな町からパリに引っ越したときにアトリエを開いたのは私の曽祖父でした。私たちには1世紀以上の歴史があります。それを実現させることはできませんでした。」

そこで、1年前に都市計画家としての仕事を辞めた65歳の建築家であるフォレスティエ氏は、20年以上アトリエで成形業者として働いていた彼の仲間のクエンティン・トーマスと家業を引き継ぎました。 Facebookページとインターネットサイトができました。

しかし、作業には費用がかかる可能性があります。金型の製作には2,000ドル、鋳造には1,000ドル以上かかる可能性があります。フォレスティア氏は、なぜ中国でキャストを大量生産しないのかとよく聞かれます。

"論外!"彼は言った。

1960年代に、L’Inconnueは別の方法で有名になりました—CPRを教えるための応急処置マネキンとして。オーストリアの医師であるPeterSafarは、最近CPRの基礎を開発しました。彼は、偶然にも幼い息子を溺死から救ったノルウェーのおもちゃメーカー、アスムンド・ラーダルに目を向け、彼らはトレーニングツールとして等身大のマネキンを作ることにしました。

レールダル氏は、男性が男性のダミーに対して口対口の蘇生法を実行したくないと想定して、女性の人形を望んでいました。彼は親戚の家でリンコヌエのデスマスクを見て、彼女の美しさに感銘を受け、彼女を自分のモデルにすることに決めました。彼女は「ResusciAnne」(米国では「CPRAnnie」)と呼ばれ、救いの物理的な象徴となりました。それ以来、何百万人もの人々が彼女のCPRを学び、彼女を世界で最も愛されている等身大の人形にしています。

同社のウェブサイトで説明されているように、「 『セーヌ川の若い女性』に触発されたCPRアニーは、現代の蘇生法のトレーニングを受けた世界中の何百万人もの人々と、命を救われた人々の生命の象徴となっています。不必要な死から。」


溺死したミューズ:19世紀の現代から現在までのセーヌ川の生き残りの未知の女性

溺死したミューズ ヨーロッパ文化の歴史の中で、一見普通に見える物体の並外れた運命の研究です。マスク、「セーヌ川の身代金」と題された少女の顔のキャスト、セーヌ川の未知の女性、そしてその後の文化的人物としての変容の物語です。 &quotL&aposInconnue&quotは死のmaに名前を付けます 溺死したミューズ ヨーロッパ文化の歴史の中で、一見普通に見える物体の並外れた運命の研究です。マスク、「セーヌ川の身代金」と題された少女の顔のキャスト、セーヌ川の身元不明の女性、そしてその後の文化的人物としての変容の物語です。 「L'Inconnue」は、19世紀の終わりにパリで溺死したと思われる少女のデスマスクの名前です。伝説によると、パリの遺体安置所で氷のブロックで死体の身元確認を待っている法医学者は、彼女の魅力に非常に感銘を受け、顔の輪郭を石膏でとらえました。 「自殺のモナリザ」とも呼ばれる未知の少女は、1890年代後半に始まり、1930年代にピークに達し、今日も反響を呼んでいる執拗な関心の対象となっています。

アビ・ヴァールブルクは美術史を「大人のための幽霊話」と定義しています。この研究は、同様に「大人のための幽霊話」であり、時代、地理的、言語的フロンティアを横断する文化的対象のオーラを物語っています。それは「Inconnue」を19世紀の初期の現代性に悩まされている現代世界の症候性の表現として見ています。それは、マスクの変容が過去2世紀の文化史の主な変化をどのように追跡するか、そしてそれらが現代性を理解するための交渉のポイントをどのように構成するかを調査します。 「Inconnue」は、20世紀と21世紀の現代性の最も特徴的な現象であるメディアの翻訳可能性を理解するための入り口としてアプローチされます。 。もっと


結局、CPR人形の顔は19世紀の溺死した女性の顔のコピーです

GiedrėVaičiulaitytė
コミュニティメンバー

あなたはおそらく、多くの日常の物や一般的なものがばかげた、奇妙な、あるいは陽気な起源の物語を持っていることに驚くでしょう。聴診器のように!医師のイメージの不可分の一部となったこの独創的な医療機器は、実際には非常に面白い状況下で発明されました。当時(正確には19世紀)、医師が患者の体に耳を当てて心拍を聞くことに頼っていたとき、ある医師のルネ・ラエンネックは、近くにいる女性患者を診察することに不快感を覚えたので、 piece of paper, rolled it up and, voila! Your first stethoscope was created!

&ldquoL&rsquoInconnue de la Seine&rdquo was a woman whose death mask fascinated hundreds and saved thousands

However, some interesting stories have much grimmer beginnings. L&rsquoInconnue de la Seine is a morbid icon in the art world, a death mask that feels uncanny to look at as it combines two things that usually don&rsquot belong together. A portrait of a dead person and an utter sense of peace.

Although the exact origins are unknown, it is widely believed that the unidentified young woman whose death mask fascinated hundreds and saved thousands, was likely a victim of suicide. The story says that her body was pulled out of the River Seine in the late 1880s and showed no signs of violence, thus the suicide claim. Considering the state of her skin and features, some specialists have estimated the girl&rsquos age to be no greater than 16 years. The pathologist at the Paris Morgue was reportedly so fascinated by the beautiful woman that he made a wax death mask.

The pathologist wasn&rsquot the only person charmed by her calmness and beauty as numerous copies of the death mask were created, to the point where many Parisians kept it at home as a fashionable morbid fixture. Some people dwelled on the expression on the girls face. Famously, Albert Camus compared the girl&rsquos smile to that of Mona Lisa&rsquos, inviting many speculations about her status, circumstances, and death.

The image spread widely through history, inspiring many art pieces, stories, and novels. Some historians and scholars even note that The Unknown Woman of the Seine was a fashion icon with women trying to model their looks on her.

Peter Safar and Asmund Laerdal, the creators of the first aid mannequin Resusci Anne, chose the Seine woman&rsquos death mask as the face of the CPR procedure doll. As the mannequin was used for practicing CPR steps, L&rsquoInconnue de la Seine has been dubbed the most kissed face of all time.

We&rsquore all aware that the CPR mannequin is not alive. But not many realize how actually dead it is. Quite a horrifying thought!

Almost finished. To complete the subscription process, please click the link in the email we just sent you.

Bored Panda works best if you switch to our Android app

Bored Panda works better on our iPhone app!

As a writer and image editor for Bored Panda, Giedrė crafts posts on many different topics to push them to their potential. She's also glad that her Bachelor’s degree in English Philology didn’t go to waste (although collecting dust in the attic could also be considered an achievement of aesthetic value!) Giedrė is an avid fan of cats, photography, and mysteries, and a keen observer of the Internet culture which is what she is most excited to write about. Since she's embarked on her journalistic endeavor, Giedrė has over 600 articles under her belt and hopes for twice as much (fingers crossed - half of them are about cats).

Anyone can write on Bored Panda LEARN MORE

Amanda Cole is caught in her feels. The kissing reference is due to the colloquialism of calling resuscitation the 'kiss of life'. No need to sexualise it.

You have to wonder what her life was like, that death created an expression of such sublime contentment.

She's an enigmatic mystery. So serene. And she'll never know how important her face has become.

That is not significant they could have used a cpr mask that looks like something other than this young adults face I think this is a violation of morals.

Um, first of all, doing CPR is not kissing a person. Second, it's creepy how fascinated so many men were with the face of a dead girl. Third, I don't really care whose face it is on the CPR dummy, but I think it's interesting that we only have male chest CPR dummies, but the face of a woman?

St Johns ambulance first aid have stopped teaching the "kissing" part. 1: The movement of the chest with the compressions also moves air. 2: the mouth to mouth was the part that was hardest to get right. 3: It is more important to keep the heart compressions going in a rhythm.

Feels a little pessimistic to be humming “Another One Bites the Dust” while performing chest compressions. Try using “Stayin’ Alive” by the Bee Gees. Slightly more optimistic and also a 100 BPM song.

Yeah it's changed since I learnt mate. The song 'Another one bites the dust' by Queen is the perfect rhythm.

We have had female chests in Australia for at least a decade. [ sorry cannot edit here, only delete, don't know why ]

Not picking a fight, just injecting some levity, pointing out the song titles. Wife’s a nurse, I was a first aid/CPR trainer.

l like that they are no longer emphasising the breathing part of CPR..l broke the neck on my dummy when doing my test because l could not get down properly to do that section, well at least from the left hand side of Mannequin..but better the neck of the CPR dummy than a human..

We learned it with the Bee Gees song staying alive appropriate title and perfect rythm 120 bpm

This comment has been deleted.

The amount of compressions has increased but we still do the breathing, just not after 15 compressions but after 30. In fact I have my advanced life support (ACLS) next week.

Todd, I wouldn't be humming anything if doing compressions, it's extremely tiring to do CPR. My Dad is a paramedic and he taught me that song. There's plenty of 100bpm songs. This one is well known and in no way offensive anyone if all I'm doing is counting the beat in my head.

That's what I thought. They kept remakes of her face in their house. Like a showpiece. What's going on ?? It's really weird

Can't deny that. Her story is like one of those things that run around on Twitter like "don't be sad omg you're so sexy" or "don't deactivate omg you're so pretty" that some fuckboys use..

It is Weird! But humans are weird.

It's easier to learn on a flat chest. If breasts are present on person needing chest compressions, hands still aim for the sternum. I still wonder how the poor lass ended up in the Seine.

Daria B these days there are all kinds of resuscitation dummy's, including babies and small children. In answer to your question, no the big chested person would receive same approach. Hands clasped on top of one another and place over sternum and get pumping. I'm not sure if you mean "big breasts or a big chest in general"? Both would require same technique.

But doesn't lack of practice on a big chest mean a big chested person is less likely to be saved? Mmmh, maybe I'm over reacting here, but maybe they need to practise on a variety of dolls of different shapes and sizes (child and baby sizes included)

I see, Han. Thanks for the clarification.

Well, so better to learn with the difficult issue. How do they expect to safe women if only they practise with easier things?

I wonder if practising only on male chests makes people less likely/too embarassed to try it on a woman in need though.

The reason people are uncomfortable on woman is not that they dont know how but they are scard of being seen as pervs for touching boobs. The stigma and sexualization of breasts are the problem

There is actually research showing that women are less likely to be saved due to people feeling uncomfortable doing compressions on a person with breasts. Therefore there are dummys with add on breasts to be practiced on.

Rescue Annie has never ha a male chest, always a female chest. Male dummies have male chests.

I am an Ambulance officer and in my practice, CPR is well used to try and save sometimes life, so I like that you have brought up the fact that there are generally only flat chested Anne mannequins, because in reality there is quite a big difference doing quality chest compressions on a flat chested person to that of a large perky-breasted woman. Sure, the CPR procedure is basically the same, but it is definitely much harder to get your hand placement exactly right when there are large breasts that take up most of the chest area. I've never attempted resuscitation on anyone with silicone breast implants. I wonder if that would also hinder our CPR ability, due to how the implants would change the way the breasts would be positioned upwards, compared to someone without who's breasts are probably more prone to laying flat when the patient is laying supine on the floor?

I thought it was kinda weird too. They're entirely glossing over the sadness of why she was so distraught, or just the sadness someone met an early end, cuz "her beauty". I understand it's a peaceful face, in a way, but I think it demands more somber thoughts than what all these men were going for. "This is a sad moment in this woman's life, I must make a mask cuz shes beautiful!" feels insensitive to me.

Death masks were a common practice before the advent and affordability of photography. Death masks and post-mortem photography were often the only way the living could remember the faces of the dead. This girl's serene expression was what captivated the mortician. She has an enigmatic smile, like that of the Mona Lisa.


Astra Antiques – Blog

Welcome back to the Astra-Antiques Blog!

Today we’re going to do something a little bit different, don’t worry, The Personal Choice #5 is in the works, but today we are going to fully focus on just one item.

This particular item carries with it a rather interesting History, so it is easily worth the effort and worth a read.

The item in question and therefore the history associated to it goes by many names, but it best known as:

L’Inconnue de la Seine The Unknown Woman of the Seine”

A couple of days ago a Customer brought a rather unusual item into Astra Antiques.

A Plaster Cast Mask that “has a rather interesting Story attached to it”.

This story isn’t anything we had come across before, so it caught our attention and our curiosity.

The story, or at least as it is commonly told, takes place in the early 1880’s as a Young Woman’s body is pulled out of the Seine River in France.

This young woman seemingly came out of nowhere. No history to her face, no name to her legend. There were no marks found on her body to suggest any type of Murder or struggle, so the cause of Death has always been linked with Suicide.

The Pathologist who worked at the Paris Morgue was so taken by her beauty, her “Mona Lisa Smile” that he had a Wax Plaster Cast Death Mask made of her face.

To this day her identity remains unknown, all that is known about whoever she was, is that she was probably around the age of 16 years old, and suspected of committing suicide by drowning in the Seine River.

That’s the morbid part of the story over and done with. Well, not that replicas of her dead face is a cheery more uplifting topic, but you get the idea.

The unknown girl was soon to find a Fame in death, she couldn’t achieve in life as replicas of the Death Mask were produced, becoming quite the popular fixture in Artist’s homes in the early 1900’s.

Apparently her likeness was further popularised when young German girls started to model themselves after her. The Lady of the Seine’s reach didn’t stop there, as it is believed German Actress Elisabeth Bergner was also influenced by her style.

The Story of the unknown woman of the Seine would inspire those around her even more. The story slowly seep its way into various Literature. Not just French literature, but German, English, Russian and American literature.

If that wasn’t enough, her Legacy goes further. The Lady of the Seine is also known for having “the most kissed lips”.

To help emergency workers and the general public learn the basics of CPR (cardiopulmonary resuscitation), a Doll was to be created to teach such acts.

This doll would become Rescue Anne (Resusci Anne), developed by the Austrian-Czech physician Peter Safar and Norwegian toy maker Asmund Laerdal.

Recue Anne just needed a face, and who better than the likeness of the Lady of the Seine.

Now The Lady of the Seine – the Unknown Woman of the Seine the L’Inconnue de la Seine has a place at Astra Antiques.

You can view her in all her Glory over on our website – Astra-Antiques.com

Or if you’re coming into the centre, just let us know, and we shall happily introduce you.

As the person who took the photographs, I can tell you that the mask certainly holds a rather strange Atmosphere about it.

But then, it could be the fact it’s a little bit creepy.

Still, that’s the beauty of Antiques and the Antiques World! Nothing is off limits… even faces.

Till next time, head on over to our website and make sure to come visit our Centre!


Turns Out, CPR Doll’s Face Is A Copy Of 19th Century Drowned Woman’s Face

In 1880, the body of an unknown young woman was fished from the river Seine in Paris. Paris morgue workers made a death mask in hopes to identify her.

The serene face of L’Inconnue de la Seine (the unknown woman from the Seine) became the beauty icon of her day, and her death mask adorned the walls of fashionable homes across Europe.


Megan Rosenbloom

In 1732, mouth-to-mouth resuscitation was discovered, disappeared for hundreds of years, and had a resurgence from the 1950s to the 1990s, after which Hands-Only CPR became standard. Today the American Heart Association says at 100 beats per minute, chest compressions to the tune of The Bee Gees’ disco hit “Stayin’ Alive” might help people literally stay alive.

In the 1950s, American doctors James Elam and Peter Safar rediscovered the technique of mouth-to-mouth resuscitation, and approached toymaker Asmund Laerdal to create a life-size mannequin upon which to teach the technique.


Richard Jonkman

Laerdal modeled his mannequin’s face after L’Inconnue’s death mask on his wall. His mannequin became known as Resusci-Anne, and is said to be the most kissed face in history.


George Hodan

Peter Safar and Asmund Laerdal, the creators of the first aid mannequin Resusci Anne, chose the Seine woman’s death mask as the face of the CPR doll. As the mannequin was used for many CPR courses, “L’Inconnue de la Seine” has been dubbed “the most kissed face” of all time.


Till Krech


John Haslam


Phil Parker


Was Resusci Annie a Liverpool lass who drowned in the River Seine in 19th century Paris?

The story, about to be retold at a London symposium to mark European Restart a Heart Day, is that some time in the late 19th century the drowned body of a young woman was pulled from the River Seine in Paris. Her body was put on display in the mortuary in the hope that someone would identify her, but the duty pathologist became so entranced by the face of the ‘drowned Mona Lisa’ that asked a moulder to take a plaster cast of it.

Soon, copies of the death mask began to appear for sale on the Left Bank. The girl’s face with the enigmatic half-smile became a muse for artists, novelists and poets, who all produced their own versions of the back-story of the ‘Inconnue’, the unknown woman of the Seine. The central theme was that she was an innocent young woman who came to Paris, was seduced by a rich lover, then abandoned when she fell pregnant. With nobody to turn to, she drowned herself in the Seine. As her legend grew, the death mask became a best seller across Europe.

Resusci Annie

It was a near-drowning in 1955 that secured the Inconnue’s place in medical history. A Norwegian toy manufacturer, Asmund Laerdal, saved the life of his young son by grabbing his lifeless body from the water and clearing his airways in the nick of time. Inspired to make a training aid for the newly devised CPR technique (cardiopulmonary resuscitation, the combination of chest compressions and the kiss of life which can save the life of a patient whose heart has stopped), Laerdal developed a whole-body mannequin in soft plastic to simulate an unconscious patient. He wanted the mannequin to have a natural appearance and to be female, so the ‘patient’ would seem less threatening to trainees. He remembered the face of the Inconnue de la Seine which had hung on the wall of his grandparents’ house many years earlier, and she became the face of Resusci Annie.

The re-teller of this story, Jeremy Grange, made a BBC Radio 4 programme about the Inconnue in 2009. On a later visit to the photographic studio of Edward Chambre Hardman in Liverpool, he saw a mask of the Inconnue on the wall. The guide at the studio told him the story behind it. The face was that of two identical twin sisters, born in Liverpool in the 19th century. One of them embarked on a love affair with a rich suitor and eloped to Paris, but was never seen again. Many years later the other sister visited Paris on holiday and, walking down a street, was shocked to see the mask of the drowned Inconnue hanging outside a workshop. She instantly recognised the girl as her long-lost twin.

Not everyone is convinced that the Inconnue was actually dead when her likeness was immortalised in plaster. For his programme, Grange showed the mask to the chief of the Paris river police, known as the Brigade Fluviale, who specialise in dredging drowned bodies from the Seine. Chief Brigadier Pascal Jacquin said: “It’s surprising to see such a peaceful face. Everyone we find in the water, the drowned and suicides, they never look so peaceful. They’re swollen, they don’t look nice.” He explained that even suicides fight for life at the last moment, the struggle usually etched on their faces, and that the process of decomposition usually starts much more quickly in water. This woman, he said, “looks like she’s just asleep and waiting for Prince Charming to come.”


ビデオを見る: 未解決事件FBIが探す身元不明の日本人クリスティクリスタルクリーク (かもしれません 2022).