ニュース

クローカーSS-246-歴史

クローカーSS-246-歴史

ニベ

鳴き声を出すさまざまな魚のいずれか。

SS-246:dp。 1,526、1。311'9 "-b。27'3"、dr。 15'3 '、; NS。 20 k。; cpl。 60; NS。 1 3 "、10 21" tt。; NS。ガト)

クローカー(SS-246)は、1942年12月19日にコネチカット州グロトンのエレクトリックボート社によって発売されました。 W.H.P夫人が後援ブランディ; 1944年4月21日、JEリー司令官が指揮を執りました。
クローカーは1944年6月28日、ニューロンドンからパールハーバーに到着し、7月19日、最初の戦争パトロールで海に出て、中国東部と黄海に向けて航海しました。海軍称賛部隊を受賞した一連の見事な攻撃で、彼女は8月7日に巡洋艦ナイアガラと2隻の貨物船を沈めました。1隻は8月14日、もう1隻は8月17日です。このパトロール中、彼女は小笠原群島への空爆中にライフガードを務めました。彼女は8月31日から9月23日までの間にミッドウェイで再装備し、2回目の戦争パトロールで同じ地域に向けてウルフパックで航海しました。再び成功し、彼女は10月9日に貨物船を沈め、10月23日に別の貨物船を沈めました。彼女は10月24日に護送船団に影を落とし、ある貨物船を沈め、最後の魚雷で別の貨物船に損害を与えました。チューブが空になったので、彼女は燃料補給のためにミッドウェイに戻り、真珠湾に押し込み、11月10日に修理のために到着しました。

1944年12月13日から1945年2月12日までルソン海峡と南シナ海で行われたクローカーの3回目の戦争パトロールでは、敵の船とは接触していませんが、リンガエン湾への侵攻に備えてルソン島でのストライキ中に不可欠なライフガードサービスを提供していました。彼女はオーストラリアのフリーマントルで再装備し、3月12日、修理のためにオーストラリアに戻る必要性によって2回中断され、インドシナ沖のパトロールに出航しました。彼女は4月22日から5月15日までスービック湾で再装備し、ジャワ海で5回目またはパトロールのために出航しました。 5月30日、彼女は護衛によって守られた3人の小さな給油者の護送船団を攻撃し、結果は確認されなかった。6月5日はフラントルに戻った。 7月1日から8月13日までの、彼女の6回目で最後の戦争パトロールでは、彼女がライフガードの任務に割り当てられていることがわかりました。
南シナ海と香港沖で、日本への最後の一連の空襲が行われた。

スービック湾に戻ると、クローカーはサイパンに向けて航海し、テキサス州ガルベストンとニューロンドンに向かい、1946年5月16日に退役して予備役になりました。1951年5月7日に再就役し、3月18日までニューロンドンから学校に通いました。 1953年、ハンターキラー潜水艦への改造のためにポーツマス海軍造船所で再び退役した。彼女は1953年4月9日にSSK-246に再分類され、1953年12月11日に再就役しました。1954年2月に現役に戻り、東海岸とカリブ海で活動し、1957年にNATO演習に参加しながら、イギリスの港を訪れました。 1958年。特別な潜水艦演習により、1960年2月にもう一度イギリスに連れて行かれ、その後、ニューロンドンから現地での作戦を再開した。 1969年9月、クローカーはクルーズに出発し、地中海とスエズ運河を航海して、さまざまな近東の港とパキスタンのカラチに寄港しました。彼女は12月中旬にニューロンドンに戻り、外向きの道をたどりました。

クローカーは、海軍連合表彰に加えて、6人のうち、1人目、2人目、5人目となる、「成功」と指定された戦争パトロールの従軍星章を3つ受け取りました。彼女は19,710トンの船を沈めたと信じられています。


USSクローカー(SS-246)

|船の画像= |船のキャプション=ニベ (SS-246)、進行中、c。 1944–45。

| module =キャリアビルダー:General Dynamics Electric Boat、Groton、Connecticut&#911&#93敷設:1943年4月1日&#911&#93発売:1943年12月19日&#911&#93委託:1944年4月21日&#911&#93廃止:1946年6月15日&#911&#93 | module2 =廃止:1951年5月7日&#911&#93廃止:1953年3月18日&#911&#93 | module3 =廃止:1953年12月11日&#911&#93廃止:4月2日1968年&#911&#93襲撃:1971年12月20日&#911&#93運命:1976年6月27日にコネチカット州グロトンで博物館船になり、その後ニューヨークのバッファローに向かった。 &#911&#93 | module4 =一般的な特性クラスとタイプ: ガト-クラスのディーゼル電気潜水艦&#912&#93排気量:1,525ロングトン(1,549トン)が浮上、&#912&#93 2,424トン(2,460トン)が水没&#912&#93長さ:311&#160フィート9&#160インチ(95.02& #160m)&#912&#93ビーム:27&#160ft 3&#160in(8.31&#160m)&#912&#93ドラフト:17&#160ft(5.2&#160m)最大&#912&#93推進力:

  • 発電機を駆動する4×ゼネラルモーターズモデル16-248V16ディーゼルエンジン&#913&#93&#914&#93
  • 2×126セル サルゴ バッテリー&#915&#93
  • 減速機付き4×高速ゼネラルエレクトリック電動機&#913&#93
  • 2つのプロペラ&#913&#93
  • 5,400&#160shp(4.0&#160MW)が浮上&#913&#93
  • 2,740&#160shp(2.0&#160MW)が水没&#913&#93速度:

21&#160kn(39&#160km / h)が浮上、&#916&#93 9&#160kn(17&#160km / h)が水没&#916&#93範囲:11,000&#160nmi(20,000&#160km)が浮上@ 10&#160kn (19&#160km / h)&#916&#93耐久性:48時間@ 2&#160kn(3.7&#160km / h)水中、&#916&#93パトロールで75日テスト深度:300&#160ft(91&#160m)& #916&#93補体:6人の将校、54人の入隊&#916&#93兵装:

USS ニベ (SS / SSK / AGSS / IXSS-246)、 NS ガトクラスの潜水艦は、ドキドキしたり、ドキドキしたりする音を立てるさまざまな魚のいずれかであるクローカーにちなんで名付けられた、米国海軍の最初の船でした。

彼女のキールは1943年4月1日にコネチカット州グロトンのエレクトリックボートカンパニーによって起工されました。彼女は1943年12月19日に進水し(ウィリアムH. P.ブランディ提督の妻が後援)、1944年4月21日にジョンE.リー司令官を指揮して就役しました。


第二次世界大戦データベース


ww2dbase USSクローカーは、1944年4月に就役し、7月中旬に米国ハワイ州パールハーバーから最初の戦争パトロールに乗り出しました。その間、彼女は8月7日に長良を沈め、海軍に勝利しました。ユニット表彰。 1944年から1945年までの彼女の6回の戦争パトロールでは、そのうち3回は成功したと見なされ、合計19,710トンの貨物が沈没しました。彼女はまた、戦争中にライフガードの任務を遂行し、太平洋戦争が終結した1945年8月に中国南部でその役割を果たしました。戦後間もなく、彼女はマリアナ諸島のサイパン、パナマ運河、米国テキサス州のガルベストンを経由して米国コネチカット州ニューロンドンに航海し、そこで廃止されて予備役になりました。彼女は1951年5月7日から1953年3月18日までニューロンドンで練習船を務めた後、SSK-246の新しい名称でハンターキラー潜水艦になるための改造作業を受けました。この新しい役職で、彼女は1953年12月に再就役し、1954年2月に現役に戻り、米国の東海岸とカリブ海を巡視しました。 1957年と1958年に、彼女はNATO演習に参加しながら、イギリスのイングランドの港を訪れました。 1959年に、彼女はSS-246の元の指定に戻りました。 1960年2月、彼女はイギリスで訓練演習を実施しました。 1960年9月、彼女はスエズ運河を通って地中海を航海し、アラビア海の港を訪れ、12月中旬にニューロンドンに戻りました。 1967年5月、彼女は補助潜水艦AGSS-246として再分類されました。彼女は1968年4月2日に最後に退役し、1971年12月にIXSS-246の指定を受けました。1977年から1987年の間に、彼女は米国コネチカット州グロトンの民間アトラクションとして潜水艦記念協会によって展示されました。 1988年以来、彼女は米国ニューヨーク州バッファローのバッファローおよびエリー郡海軍および軍事公園で博物館船を務めていました。

ww2dbase 出典:ウィキペディア

最終メジャーリビジョン:2011年8月

潜水艦ニベ(SS-246)インタラクティブマップ

Croakerの運用タイムライン

1943年4月1日 潜水艦ニベが置かれました。
1943年12月19日 潜水艦クローカーは、ウィリアムH.P.ブランディ提督の妻が後援して発売されました。
1944年4月21日 USSクローカーは、ジョンE.リー司令官を指揮する任務に就きました。
1944年6月26日 USSクローカーがハワイ準州の真珠湾に到着しました。
1944年7月19日 USSクローカーは、最初の戦争パトロールのためにハワイ準州のパールハーバーを出発しました。
1944年8月6日 USSクローカーは日本の貨物船に7発の魚雷を発射しましたが、すべて失敗しました。
1944年8月7日 USSクローカーは、4隻の魚雷のうち1隻を発射した後、日本の軽巡洋艦長良を沈めました。
1944年8月14日 USSクローカーは、6隻の魚雷のうち2隻を発射して、日本の貨物船を沈めました。
1944年8月16日 USSクローカーは、3隻の魚雷のうち1隻を発射して日本の巡視船を沈めました。
1944年8月17日 USSクローカーは、6隻の魚雷のうち2隻を発射して、2隻の日本のオイラーズを沈めました。
1944年8月31日 USSクローカーは改修のためにミッドウェイに到着し、最初の戦争パトロールを終了しました。
1944年9月23日 USSクローカーはミッドウェイでの改修を完了し、2回目の戦争パトロールを開始しました。
1944年10月9日 USSクローカーは、4発中4発の魚雷を発射して日本の貨物船を沈めました。
1944年10月12日 USSクローカーは、3隻の魚雷のうち3隻を発射して、日本の商船を沈めました。
1944年10月17日 USSクローカーは、デッキガンで小さな日本のサンパンを損傷しました。
1944年10月23日 USSクローカーは、4隻の魚雷のうち1隻が発射され、スクーナーに損傷を与えて、日本の貨物船を沈めました。
1944年10月24日 USSクローカーは、合計13隻の魚雷を発射する日本の護送船団を攻撃し、そのうち6隻が接触し、2隻の船に損害を与え、1隻の貨物船を沈めました。
1944年11月10日 USSクローカーはハワイ準州の真珠湾に到着し、第二次世界大戦のパトロールを終了しました。
1944年12月13日 USSクローカーは、フィリピン諸島と南シナ海地域での3回目の戦争パトロールのために、ハワイ準州のパールハーバーを出発しました。
1945年2月12日 USSクローカーはオーストラリアのフリーマントルに到着し、3回目の戦争パトロールを終了しました。
1945年3月12日 USSクローカーは、4回目の戦争パトロールのためにオーストラリアのフリーマントルを出発しました。
1945年4月22日 USSクローカーはフィリピン諸島のスービック湾に再装備し、4回目の戦争パトロールを終了しました。
1945年5月15日 USSクローカーは、ジャワ海での5回目の戦争パトロールのために、フィリピン諸島のスービック湾を出発しました。
1945年5月30日 USSクローカーは、3隻の小型オイラーズと合計21隻の魚雷を発射する武装した護衛からなる小さな日本の船団を攻撃し、そのうち3隻が接触し、2隻のオイラーズと護衛艦を沈めたと主張したが沈没は確認されなかった。
1945年6月5日 USSクローカーはオーストラリアのフリーマントルに到着し、5回目の戦争パトロールを終了しました。
1945年7月1日 USSクローカーは、6回目の戦争パトロールのためにオーストラリアのフリーマントルを出発しました。
1945年8月13日 USSクローカーはフィリピン諸島のスービック湾に到着し、6回目で最後の戦争パトロールを終了しました。
1946年6月15日 USSクローカーはサービスから廃止され、米海軍大西洋予備艦隊に配置されました。
1951年5月7日 USSクローカーは練習船として再就役しました。
1953年3月18日 USSクローカーは、ハンターキラー潜水艦への改造のために、米国メイン州ポーツマス海軍造船所でのサービスから廃止されました。
1953年4月9日 潜水艦ニベは新しい指定SSK-246を受け取りました。
1953年12月11日 USSクローカーはサービスを再開しました。
1968年4月2日 USSクローカーはサービスから廃止されました。
1971年12月20日 潜水艦のニベは、米国海軍船籍簿から攻撃されました。
1976年6月27日 潜水艦ニベは、米国コネチカット州グロトンの博物館船に指定されました。
2008年9月12日 アメリカ合衆国ニューヨーク州バッファローの博物館船潜水艦ニベは、米国国家歴史登録財に登録されました。

この記事を楽しんだり、この記事が役に立ったと思いましたか?もしそうなら、Patreonで私たちをサポートすることを検討してください。月額1ドルでも大いに役立ちます!ありがとうございました。


クローカーSS-246-歴史

クラス: ガト 潜水艦
発売: 1943年12月19日
で: コネチカット州グロトンのエレクトリックボートカンパニー
委託: 1944年4月21日

長さ: 311フィート、7インチ
ビーム: 27フィート、2インチ
下書き: 17フィート(表面トリム)
変位: 1,525トン(浮上)
武装: Mk-44魚雷発射管8基

住所:
バッファロー&エリー郡海軍&軍事公園
1つの海軍公園の入り江
ニューヨーク州バッファロー14202
(716) 847-1773
ファックス:(716)847-6405
メール:[メール&#160保護]
http://www.buffalonavalpark.org/
緯度:42.8780623347、経度:-78.8813000955
Googleマップ、Microsoft Bing、Yahooマップ、Mapquest

米国が第二次世界大戦に突入する直前と直後に、主要な潜水艦部隊を編成する取り組みの一環として建設されました。 ニベ 日本の商船と海軍に対する消耗戦争を行うために太平洋に送られました。 ニベ 6回の戦争パトロールを行い、巡洋艦、4隻のタンカー、2隻の貨物船、弾薬船、2隻の護衛艦、掃海艇を攻撃して沈没させました。合計40,000トンの11の沈没が認められ、 ニベの戦争キャリアは、日本に対する潜水艦戦争の大成功を象徴しています。

戦争の終わりに ニベ コネチカット州グロトンに戻り、1971年に海軍登録簿から攻撃されるまで、さまざまな潜水艦作戦に参加しました。 ニベ 1988年にバッファローに移されました。復元され、ツアーに利用できるようになりました。 ニベ は、誘導ミサイル巡洋艦を含む海軍&軍事公園の歴史的な艦隊の一部です 小さな岩 と駆逐艦 サリバン.


1952年アメリカ海軍の写真


コンテンツ

第二次世界大戦

ニベ 1944年6月26日にニューロンドンからパールハーバーに到着し、7月19日に彼女の最初の戦争パトロールで海に出て、東中国と黄海に航海しました。海軍称賛部隊を受賞した一連の見事に成功した攻撃で、彼女は巡洋艦を沈めました ナガラ 8月7日と2つの貨物船、1つは8月14日、もう1つは8月17日。このパトロール中、彼女は小笠原諸島での空爆中に監視員を務めました。彼女は8月31日から9月23日までミッドウェー環礁で再装備し、2回目の戦争パトロールで同じ地域の協調攻撃グループに出航しました。再び成功し、彼女は10月9日に貨物船を沈め、10月23日に別の貨物船を沈めました。彼女は10月24日に護送船団に影を落とし、最後の魚雷で1隻の貨物船を沈め、別の貨物船に損害を与えました。チューブが空になったので、彼女は燃料補給のためにミッドウェイに戻り、真珠湾に押し込み、11月10日に修理のために到着しました。

ニベ 1944年12月13日から1945年2月12日までルソン海峡と南シナ海で行われた3回目の戦争パトロールでは、敵の船とは接触していませんが、リンガエン湾への侵攻に備えてルソン島でのストライキ中に不可欠なライフガードサービスを提供していました。彼女はオーストラリアのフリーマントルで再装備し、3月12日、修理のためにオーストラリアに戻る必要性によって2回中断され、インドシナ沖のパトロールに出航しました。彼女は4月22日から5月15日までフィリピンのスービック湾で再装備し、ジャワ海で5回目の戦争パトロールに出航しました。 5月30日、彼女は護衛によって守られた3人の小さな給油者の護送船団を攻撃し、結果は確認されていませんでした。6月5日、彼女はフリーマントルに戻りました。彼女の最後の戦争パトロール(7月1日から8月13日まで)は、日本への最後の一連の空襲が行われたときに、彼女が南シナ海と香港沖でライフガードの任務に割り当てられていることを発見しました。

スービック湾に戻り、 ニベ サイパンに向けて航海し、テキサス州ガルベストンとニューロンドンに向かい、そこで彼女は退役し、1946年5月15日に大西洋予備艦隊に予備艦隊に配置されました。

戦後

1951年5月7日に再就役し、1953年3月18日までニューロンドンから学校に通い、ハンターキラー潜水艦に改造するためにポーツマス海軍造船所で再び退役しました。彼女は再分類されました SSK-246 1953年4月9日に再就役し、1953年12月11日に再就役しました。1954年2月に現役に戻り、1957年と1958年にNATO演習に参加しながら、東海岸沿いとカリブ海で活動し、イギリスの港を訪れました。

ニベ 再分類されました SS-246 再び1959年8月に。特別な潜水艦演習が彼女を1960年2月にもう一度イギリスに連れて行き、その後彼女はニューロンドンから地元の作戦を再開した。 1960年9月、 ニベ 彼女が地中海とスエズ運河を航行し、さまざまな近東の港とパキスタンのカラチに寄港するのを見たクルーズに出発しました。彼女は12月中旬にニューロンドンに戻り、外向きの道をたどりました。

彼女は補助潜水艦に再分類されました AGSS-246 1967年5月。1968年4月2日に最後に廃止されました。 ニベ 1971年12月20日に海軍船籍簿から削除され、その他の未分類潜水艦が再分類されました。 IXSS-246 1971年12月。1977年から1987年まで、 ニベ 海軍が船の歴史的保存の要件を理由にグループとの合意を取り消すまで、コネチカット州グロトンのプライベートアトラクションとして潜水艦記念協会によって展示されました。 1988年以来、 ニベ ニューヨーク州バッファローのバッファローアンドエリー郡海軍&軍事公園で博物館船を務めてきました。


住所:
バッファロー&エリー郡海軍&軍事公園
1つの海軍公園の入り江
ニューヨーク州バッファロー14202
(716) 847-1773
ファックス:(716)847-6405
Eメール:[email protected]
http://www.buffalonavalpark.org/
緯度:42.8780623347、経度:-78.8813000955
Googleマップ、Microsoft Bing、Yahooマップ、Mapquest

米国が第二次世界大戦に突入する直前と直後に、主要な潜水艦部隊を編成する取り組みの一環として建設されました。 ニベ 日本の商船海軍と消耗戦争を行うために太平洋に派遣されました。 ニベ 6回の戦争パトロールを行い、巡洋艦、4隻のタンカー、2隻の貨物船、弾薬船、2隻の護衛艦、掃海艇を攻撃して沈没させました。合計40,000トンの11の沈没が認められ、 ニベ&#8216sの戦争キャリアは、日本に対する潜水艦戦争の大成功を象徴しています。

戦争の終わりに ニベ コネチカット州グロトンに戻り、1971年に海軍登録簿から攻撃されるまで、さまざまな潜水艦作戦に参加しました。 ニベ 1988年にバッファローに移されました。復元され、ツアーに利用できるようになりました。 ニベ は、誘導ミサイル巡洋艦を含む海軍&軍事公園の歴史的な艦隊の一部です 小さな岩 と駆逐艦 サリバン.


CROAKER IXSS 246

このセクションでは、船がその寿命の間に持っていた名前と呼称をリストします。リストは時系列になっています。

    ガトー級潜水艦
    キールレイド1943年4月1日-1943年12月19日発売

1971年12月20日海軍船籍簿から打たれた
再分類されたその他の未分類潜水艦(IXSS)1971年12月、予備中

海軍カバー

このセクションには、船に関連するカバーを表示するページへのアクティブなリンクが一覧表示されます。船の名前ごとに個別のページセットが必要です(たとえば、Bushnell AG-32 / Sumner AGS-5は同じ船の名前が異なるため、Bushnell用に1セット、Sumner用に1セット必要です)。 。表紙は時系列で(または決定できる限り最良に)提示する必要があります。

船には多くの表紙がある場合があるため、それらは多くのページに分割される可能性があり、ページが読み込まれるのに永遠にかかることはありません。各ページのリンクには、そのページの表紙の日付範囲を付ける必要があります。

消印

このセクションでは、船が使用する消印の例を示します。名前や試運転期間ごとに個別の消印が必要です。各セット内で、ポストマークは分類タイプの順にリストする必要があります。複数の消印が同じ分類である場合は、最も古い既知の使用日でさらに並べ替える必要があります。

クローズアップ画像および/またはその消印を示す表紙の画像を伴わない限り、消印を含めるべきではありません。日付範囲は美術館の表紙のみに基づいている必要があり、表紙が追加されると変更されることが予想されます。
 
&gt&gt&gtいずれかのポストマークのより良い例がある場合は、既存の例を自由に置き換えてください。


クローカーSS-246-歴史

ベンジャミン・フランクリン(SSBN-640)

SAMPSONUSNTS博物館のSSBN-640ペリスコープ
ジュネーブのニューヨーク博物館は、第二次世界大戦の海軍訓練所の敷地内にあります。
ニューヨーク州ジェニーバの南、サンプソン州立公園の入り口にあるルート96A。
これは1942年から1946年までの米国海軍訓練所の場所でした。ペリスコープは1997年に設置され、機能しています。
上の画像は、スコープ内の美術館の訪問者を示しています
出典:http://www.homestead.com/usntssampson/index.html
出典:http://www.rpadden.com/samtoday/article071702.htm

情報は、サンプソン退役軍人組織のスティーブブルによって提供されました
詳細については、LST848 @ aol.comでブル氏に連絡してください。

ボストン(SSN-703)

ストーリーのサムネイルをクリックしてください
ニューヨーク州バッファローの海軍公園
2002年8月23日〜28日-帆と舵が海軍公園に到着
バッファローとエリー郡の海軍と軍事公園

カープ(SS-338)

フル画像を表示するには、サムネイルをクリックしてください
司令塔

投稿日:2002年8月「これはs ** tではありません」。司令塔はガンギーワンプロードの誰かの庭で見つかりました。コネチカット州グロトンで。詳細については、ジョン・ウィンに連絡してください---元ソナーテクニシャン(SS)であり、現在は失われた潜水艦部品のロケーターです。ジョンはUSSVIロックウッドベースとグロトンベースのメンバーです。 [email protected]

クローカー(SS-246)
海軍および軍人の公園
1海軍公園の入り江
バッファロー、ニューヨーク14202
(716) 847-1773
HNSA

グロウラー(SSG-577)
イントレピッド海上航空宇宙博物館
ピア8612th Ave.&amp 46th Street
ニューヨーク州ニューヨーク10036
広報ライン:212.245.0072
USSグロウラー|| USSグロウラーミュージアム
HNSA


画像をクリックして、新しいサフォークセクションに入ります

ニューサフォーク、L.I。
最初の米国潜水艦基地
指定されたものとしての歴史と現在の状況
USSVI国立記念サイト
USSVIのロングアイランド基地によって捧げられた記念碑


USSクローカークォーターデッキ

これは、特定のボートに関する冷戦ボート協会のWebサイトの将来のホームです。それほど遠くない将来のいつか、これは彼女に仕えたすべての人のための場所になるでしょう。登録できるようになり、米軍で最も厳しい任務の1つである潜水艦部隊に所属していた船員の家族に安全にアクセスできるようになります。

ここでは、あなたと同じように、すでに協会に登録している船員と再接続できるため、選択した以上の個人情報を公開することなく、連絡を取り、接続することができます。これはFacebookではありません。ここではあなたのプライバシーを尊重します。ColdWarBoatsは、船員や友人があなたのメールアドレス、電話番号、住所、その他あなたが非公開にすることを選択したものを明かさずにあなたに連絡できるように設計されています。

ある日、当時の膨大な数の写真のコレクション、数十の海の物語、人事日記やデッキログなどの船の文書の実際のコピー、そして話したいことについて話すためのフォーラムが見つかります。イルカを獲得した他の数人の船員との絆を強化し、このコミュニティの場所と冷戦船である生活史を予約します。

造船所で建造されている戦闘潜水艦のように、それは一夜にして起こりません!キールのために敷設された船体金属のスラブから、ミッションで運用中のボートに到達するための多くの作業があります。このサイトも同様であり、今後も進化していきます。このサイトがどのように見えるかの例を見るには、USSウィリアムH.ベイツ(SSN 680)のウェブサイトをここでチェックしてください。これが未来の姿です!

それで、これはあなたにとってどういう意味ですか?

1つは、辛抱強くなる必要があります。時間と労力がかかります。

2つ目は、登録する必要があります。登録しないと、アクティブメンバーとしてカウントされず、再接続を希望する船員がいる可能性があります。

3つ目は、写真やストーリーを手伝ってくれることです。管理者に連絡して貢献してください。

四、あなたはボランティアすることができます。ボートごとにサイトマネージャーが必要です。経験は必要ありません。あなたの責任はコンテンツ(写真、記事、メンバー)の検索と登録に限定されます。私たちは舞台裏でウェブサイトを管理するためのすべての大変な仕事をします-あなたはウェブサイトがどのように機能するかについて何も知る必要はありません! (私たちは、1つまたは複数のボートに乗船したサイトマネージャーを好みますが、必須ではありません。)

ファイブ、サブスクライブ!メンバーシップと再接続に必要なアクセスは常に無料ですが、冷戦ボート協会と現在表示しているWebサイトの維持には費用がかかります。このサービスを継続するには、サブスクリプションまたは1回限りの寄付が不可欠であり、次のことが可能になります。

    • 何年も前の船員が、プライバシーを損なうことなく、簡単に、簡単に再接続できるように支援します。
    • 冷戦の潜水艦の乗組員とそのボートの未分類の歴史を写真、物語、アーティファクト、オーディオまたはビデオの記録の形で保存し、
    • 冷戦を終わらせるために多くの犠牲を払った船員と家族を称える。

    それまでの間、ジョーを1杯飲み、ベイツのサイトにアクセスして、その方法を学びましょう。


    コンテンツ

    サリバン もともと パトナム 1942年10月10日、ベスレヘム造船公社によってサンフランシスコで。彼女は最初に名前が変更されました サリバン フランクリンルーズベルト大統領が名前をに変更するまで サリバン 名前がサリバン兄弟5人全員に敬意を表したものであることを明確にするため。 [2]この名前は1943年2月6日に正式に発表され、1943年4月4日に進水しました。この船はサリバン兄弟5人の母親であるトーマスF.サリバン夫人が後援しました。 サリバン 1943年9月30日に就役し、ケネスM.ジェントリー司令官が指揮を執った。 [3]

    1944編集

    慣らし航海に続いて、 サリバン 姉妹船USSで進行中 ドルッチ (DD-670)およびUSS ガトリング (DD-671)1943年12月23日。グループは5日後に真珠湾に到着しました。ハワイ海域での訓練作戦中に、船は駆逐艦隊(DesRon)52に配属されました。1944年1月16日、彼女はマーシャル諸島行きのタスクグループ58.2(TG 58.2)でパールハーバーから出航しました。クェゼリン環礁に向かう途中、戦艦戦隊9(BatDiv 9)がグループに加わりました。 2日後、アメリカの軍艦が目標に近づくと、敵から主力を守るためにピケット駆逐艦が前方に派遣されました。 1月24日、TG58.2はロイに対する空爆の夜明けの発射地点に到着しました。 2日間、 サリバン 上映されたUSS エセックス (CV-9)、USS 勇敢な (CV-11)、およびUSS キャボット (CVL-28)ほぼ継続的な空襲を開始したとき。その後、駆逐艦は2月4日、TG 58.2が燃料補給と補給のためにマジュロに引退するまで、クェゼリンの戦いの間、ロイ島とナムル島の北と北西で作戦を続けました。

    12日正午に進行中、 サリバン タスクフォース58によるトラックへの襲撃の一環として、タスクグループ58.2の出撃をスクリーニング(保護)しました。同じキャリア— エセックス, 勇敢な、 と キャボット —その飛行機がロイを攻撃し、バンで蒸気を発したナムルは現在、中央太平洋の日本の要塞基地に向かった。グループが2月16日に発射地点に到着した時から、空母はトラックに対するほぼ継続的な空爆のように見えるものを発射しました。 「いかなる種類の敵の反対にも遭遇しなかった」と書いた サリバン '司令官、「最初の攻撃が完全な驚きとして来たことを示しています。」

    敵は最初は反応が遅かったかもしれませんが、すぐに反撃しました–魚雷 勇敢な 17日の00:10に。キャリアは20ノット(37 km / h)に減速し、ステアリング制御を失いました。 サリバン、USS オーウェン (DD-536)、およびUSS ステムベル (DD-644)被災した空母のそばに立ち、修理のためにマジュロに連れて行った。 2月21日にマジュロに到着した駆逐艦はすぐにハワイに向けて出航し、3月4日に真珠湾に到着してドライドッキングと維持管理を行いました。

    22日に再び進行中、 サリバン パラオ島、ヤップ島、ウォレアイ島に向かうマジュロからのタスクグループ58.2、58.9、50.15の出撃をカバーしました。 29日の夕方、アメリカ軍艦が標的地域に接近している間に、敵機が攻撃したが、対空砲火により追い払われた。次の日、 サリバン 空爆中に空母を上映し、その夜は日本の空襲を打ち負かすのに役立った。

    補給のためにマジュロに戻った後、軍艦はニューギニアでの水陸両用作戦を支援するために、ホランディア(現在はジャヤプラとして知られている)、タナメラ、ワクデ、アイタペへの空爆中にTG58.2を上映しました。 4月下旬、 サリバン トラックの日本軍基地での空爆の支援に参加した。これらの襲撃の1つの間の29日、日本軍は低レベルの空襲で報復した。アメリカのレーダーは、16マイル(26 km)離れた4機の日本の飛行機を拾い上げ、高度が10〜500フィート(150 m)の範囲で高速で到着しました。飛行機が範囲内に入ったとき、 サリバン 1つの40mmツインマウントと5つの5インチ(127 mm)ガンすべてで開きました。アメリカ艦の発砲により2機が海に飛び散り、1機が前方を横切った。 サリバン 火にさらされ、ポートビームから炎上して墜落した。

    サリバン 5月1日の午後にポナペの北西海岸沖に到着し、USSが率いる戦艦のカバーを提供しました アイオワ (BB-61)島を爆撃した。画面の切り離された側から、 サリバン ツムポイントで極限から18発発射。彼女はそれから3つの浜に打ち上げられた日本の着陸船に気づきそして彼女の火をそれらに移した。しかし、彼女はその後まもなく一般的な停戦命令を受けました。

    タスクユニットの引退中、 サリバン USSから給油 ヨークタウン (CV-10)そして5月4日にマジュロに到着しました。 10日後、TG 58.2は再び出撃し、マーカス島とウェーク島に向かった。 19日の08:00に最初の空襲を開始したアメリカ空母は、3日間、敵の妨害なしにほぼ継続的な空爆を続けました。マジュロに戻る途中、 サリバン 彼女の姉妹駆逐艦は、潜水艦の疑いを徹底的に調査しましたが、失敗しました。

    6月6日、 サリバン 空爆を実施する際に空母を選別するためにサイパン、テニアン、グアムに向けて再び出発した。画面にいる間、時々、 サリバンの レーダーはフォーメーションの周辺で敵の「スヌーパー」を拾い上げました。12日の03:15の夜明け前に、TG58.2が1人を炎上させました。

    サイパンに対する2日目のストライキは、アメリカ軍の着陸を支援するために13日に行われました。機動部隊間の通信リンクステーションの任務に割り当てられ、 サリバン 日中、TGの58.1と58.2の両方の視覚的な視界距離内にとどまりました。その日、彼女は船が沖合に沈められた後、31人の日本の商船員を迎えに行き、これらの囚人を旗艦USSに移送した。 インディアナポリス (CA-35)。

    1944年6月19日、フィリピン海戦の初日、日本の航空機がタスクグループを攻撃しました。 サリバン 5マイル(8 km)未満の範囲で飛行機を視覚的に拾いました。 23,000フィート(7,000 m)から飛び込む「ジューディーズ」は、攻撃を押し付けました。 1つは、 サリバンは、船の20mmと40mmのバッテリーから曳光弾を発射し、しばらくして、地平線のすぐ手前で墜落しました。敵の報復なしに行われたパガン島に対するアメリカの空襲は、サイパン-テニアン-グアムのストライキを締めくくり、 サリバン 維持のためにTG58.2をEniwetokに進めました。

    6月30日に進行中、 サリバン サイパンとテニアンに対する作戦を支援するために空爆を開始する空母の画面で作業を再開した。このアクションの間、 サリバン TU58.2.4の戦闘機指示船を務めました。

    独立記念日、 サリバン 爆撃ユニット1(TU 58.2.4)に参加し、硫黄島の西海岸で飛行場、沿岸砲台、およびその他の施設の陸上爆撃を実施しました。グループの大型船は15:00に発砲し、煙とほこりが島の西岸に沿った標的をすぐに覆い隠し、発見を困難にしました。 サリバン、駆逐艦の列の2番目の船は、南の滑走路に駐車した飛行機に15:48に発砲しました。 3回の測距サルボの後、船はストリップ沿いの護岸に駐車された双発の「ベティ」に衝突し始めました。 5機が爆破し、他の8機はおそらく破片とガソリンの燃焼によって損傷を受けた。数分後、LSTに似た敵船が襲来しました サリバン '銃撃と後発発火。 USSが ミラー (DD-535)敵艦の破壊を完了するために閉鎖され、 サリバン 残りの砲撃部隊は退役し、TG58.2に再び加わった。

    7月7日から22日まで、TG 58.2はマリアナ諸島の南と西で活動し、グアム諸島とロタ島で毎日空爆を行った後、サイパンのガラパンアンカレッジに戻り、空母が爆弾を補充できるようにしました。 23日夜明けに進行中、 サリバン 26日と27日の空爆のためにパラオに向かって急いでいたので、タスクグループに同行しました。彼女は7月30日に一時的な任務のためにTG58.4に加わり、8月6日まで空爆を続けました。TG58.7は重爆撃グループに加わり、8月11日までTP 34で活動し、グループは補充のためにエニウェトクに戻りました。

    9月初旬、海軍がパラオを取る準備をしていたとき、 サリバン フィリピンの日本の空軍基地に対する空爆の中和を支援した。 7日の夜明けに、彼女はTG 38.2のレーダーピケット任務を開始し、9日と10日のストライキを通して任務を続けました。 9月12日の18:00から、船は空中活動の増加に気づきました–単に詮索好きとして地層を周回した多くの台車を観察しました。航空会社は13日と14日にフィリピン中部をさらに襲撃し、その後コースを北にシフトしてマニラを21日から空襲にさらした。 3日後、アメリカの飛行機が再びフィリピン中部を襲った。

    28日の夜明けにサイパンのタナパグ湾に戻る。 サリバン USSと一緒に行きました マサチューセッツ (BB-59)弾薬、準備、および定期的な維持のため。しかし、足場のクロススウェルは一掃しました サリバン 戦艦の鋼鉄の皮に対して激しく、駆逐艦の船体と上部構造に損傷を与えます。短い対潜水艦パトロール任務の後、彼女は10月1日にウリシ島に向かった。

    USSと一緒に入札修理を受けている間 デキシー (AD-14)、 The Sullivans formed part of a nest of destroyers blown away from the tender during a heavy storm that lashed the anchorage. The Sullivans drifted free downwind and got up steam 'in a hurry'. However, she collided with USS Uhlmann (DD-687) . Many small boats were being tossed about, and The Sullivans rescued four men from USS Stockham (DD-683) 's gig before it disappeared beneath the waves. As the storm abated on the 4th, the warship returned to Ulithi to complete the abbreviated tender overhaul alongside デキシー.

    At 16:15 on 6 October, The Sullivans sortied with the carriers and protected them during raids against targets on Formosa and the Ryukyus. On the evening of the 12th, as the planes returned to the carriers, radar spotted the first of many Japanese aircraft coming down from the north. For the next six hours, approximately 50 to 60 Japanese aircraft subjected the American task force to continuous air attacks. Nearly 45 minutes after sunset, The Sullivans sighted a "Betty," coming in low on the starboard side, and took it under fire. During the next 15 minutes, the formation to which The Sullivans was attached shot down three planes between 18:56 and 19:54, the destroyer herself took five planes under fire. Varying speed between 18 and 29 knots (54 km/h), the formation undertook eight emergency maneuvers. Again and again, timely turns and the great volume of gunfire thrown up by the ships repulsed the enemy air attacks.

    The second phase of the attack began at 21:05 on the 12th and continued through 02:35 on the 13th. The Japanese increased the use of "window" to jam American radar transmissions while their flares lit up the evening with ghostly light. The formation made smoke whenever enemy flare-dropping planes approached, creating an eerie haze effect which helped baffle the enemy pilots.その間、 The Sullivans and the other ships in formation executed 38 simultaneous turn movements at speeds between 22 and 25 knots (46 km/h) as their guns kept up a steady fire to repel the attackers.

    The next day, the carriers again launched successful strikes on Formosa. During the ensuing night retirement, the formation again came under attack by Japanese torpedo-carrying "Betties" which struck home this time and damaged USS キャンベラ (CA-70) . The Sullivans then helped to protect the damaged cruiser. On the 14th, "Betty" torpedo bombers scored against USS ヒューストン (CL-81) .The Sullivans soon joined the screen which guarded the two battle-battered cruisers – nicknamed "CripDiv 1" — as they retired toward Ulithi.

    Things progressed well until the 16th, when the Japanese mounted a heavy air attack to attempt to finish off cruisers. ヒューストン reeled under the impact of a second hit astern, and The Sullivans opened fire on the "Frances" which had made the attack and splashed the Japanese plane. The Sullivans およびUSS Stephen Potter (DD-538) then took a second "Frances" under fire and knocked it down off the bow of USS サンタフェ (CL-60) .

    The Sullivans rescued 118 ヒューストン men and kept them on board until the 18th, when she transferred them to USS ボストン (CA-69) . While the damaged cruisers were making their way to Ulithi, a Japanese surface force attempted to close the formation before TF 38 intervened to drive them back. The Sullivans transferred salvage gear to ヒューストン and helped with the ship's many wounded. For his part in directing the destroyer's rescue and salvage attempts, Comdr. Ralph J. Baum received his first Silver Star.

    On 20 October, The Sullivans joined TG 38.2 for scheduled air strikes on the central Philippines in support of the Leyte landings. At dawn of the 24th, reconnaissance located a Japanese surface force south of Mindoro, and the American carriers launched air strikes all day against the enemy warships. That morning, a Japanese air attack developed, and The Sullivans downed an "Oscar" fighter plane.

    By 25 October, enemy forces were sighted coming down from the north TF 34, including The Sullivans, was formed and headed north, following the carrier groups in TF 38. At dawn on the 25th, the carriers launched air strikes to harass the Japanese surface units, now some 60 miles (97 km) north. At 11:00, TF 34 reversed course, topped-off the destroyers with fuel, and formed fast striking group TG 34.5, with アイオワ, USS ニュージャージー (BB-62) , three light cruisers, The Sullivans, and seven other destroyers. The American force missed the Japanese by three hours, but ran across a straggler and reported sinking an 高尾-class cruiser. Japanese records fail to confirm the claim.

    After sweeping south along the coast of Samar hunting for enemy "cripples," The Sullivans and other units of TG 34.5 reported back to TG 38.2. The destroyer then remained in the Philippine area, screening the fast carriers and standing by on plane guard duties, through mid-November. At dusk on the 19th, during one of the many air attacks fought off by The Sullivans, the destroyer damaged a "Betty" by gunfire and watched it disappear over the horizon, smoking but stubbornly remaining airborne. Six days later, she had better luck when her guns set a Japanese plane afire and splashed it into the sea. Two days later, her task group returned to Ulithi.

    The destroyer undertook training exercises from 8 to 11 December before rejoining TG 38.2 to screen its warships during air strikes on Manila and southern Luzon beginning on 14 December. On the 17th, running low on fuel, The Sullivans commenced refueling but, with the weather worsening minute by minute, she broke off the operation. Typhoon Cobra swept through the Fleet, with the wind clocked at an estimated 115 knots (210 km/h) on the morning of 18 December. Three destroyers were sunk and several ships damaged by the winds and waves. The Sullivans, her "lucky shamrock" painted on her funnel, emerged from the typhoon undamaged and, on the 20th began searching for men lost overboard from other ships. The lingering bad weather resulted in cancellation of air strikes, and The Sullivans retired to Ulithi on Christmas Eve.

    1945 Edit

    After a brief run to Manus and back, escorting アイオワ, The Sullivans sortied from Ulithi on 30 December to screen TG 38.2's air strikes on Formosa in support of the American landings on Luzon. Heavy seas forced a three-day postponement of a high-speed thrust toward the target originally planned for the night of 6 January 1945. During the evening of the 9th, the task force passed through the Bashi Channel and entered the South China Sea. Three days later, carrier planes from TG 38.2 swept over Saigon and Camranh Bay, Indochina, hammering at whatever enemy merchantmen they found.

    Soon after the conclusion of the air strikes, a bombardment group, TG 34.5, was formed to go after possible "cripples" and dispatch them by surface gunfire. Accordingly, two battleships, two heavy cruisers, three light cruisers, and 15 destroyers raced into Camranh Bay but found it devoid of Japanese shipping. Throughout the day, however, carrier pilots had better luck and enjoyed a veritable "field day" with coastal marus。 During subsequent air strikes on Hainan Island, Hong Kong, and Formosa, The Sullivans served on radar picket duty 10 miles (16 km) ahead of the task group.

    A brief respite for upkeep at Ulithi in late January preceded the ship's deployment with TG 58.2, covering the carriers as they launched devastating air strikes against the Japanese homeland itself, hitting Tokyo and other targets on Honshū on 16 and 17 February. From the 18th through the 21st, American carrier-based air power struck at Japanese positions contesting the landings on Iwo Jima. More strikes were scheduled for Tokyo four days later, but bad weather forced their cancellation. Retiring from the area, TF 58 fueled and commenced a high-speed run at Okinawa at noon on 28 February. Later that day, The Sullivans sighted and destroyed a drifting mine. At dawn on 1 March, Hellcats, Avengers, Dauntlesses, and Helldivers attacked Japanese positions on Okinawa. The ships of the task force encountered no enemy opposition from sea or sky and soon retired towards Ulithi.

    The Sullivans sortied 12 days later, bound for Kyushu and southern Honshū to support the invasion of Okinawa. Once again screening for TG 58.2, The Sullivans stood by as the carriers launched air strikes on 14 March. On 20 March, The Sullivans fueled from USS 企業 (CV-6) at 11:52, clearing the carrier's side five minutes later when a kamikaze alert sent the ships scurrying.

    At 14:39, The Sullivans commenced maneuvering to go alongside 企業 again – this time to pick up a part for her FD radar antenna. Soon, however, another enemy air attack scattered the ships. As a line had not yet been thrown across to the carrier, The Sullivans bent on speed and cleared her as other ships in the task group opened fire on the attackers. A Japanese plane came through the antiaircraft fire and crashed into USS ハルゼー・パウエル (DD-686) astern as that destroyer was fueling alongside USS ハンコック (CV-19) . The stricken destroyer lost steering control and started to veer across the big carrier's bow, and only rapid and radical maneuvering on ハンコック ' s part averted a collision.

    The Sullivans soon closed ハルゼー・パウエル to render emergency assistance. She slowed to a stop 11 minutes later and lowered her motor whaleboat to transfer her medical officer and a pharmacist's mate to ハルゼー・パウエル, when another kamikaze came out of the skies, apparently bent on crashing into The Sullivans。 At 16:10, the destroyer's radar picked up the "Zeke" on its approach and, as soon as the motor whaler was clear of the water, The Sullivans leapt ahead with all engines thrusting at flank speed.

    Bringing right full rudder, The Sullivans maneuvered radically while her 20- and 40-millimeter guns sent streams of shells at the "Zeke," which passed 100 feet (30 m) over the masthead and escaped.その間、 ハルゼー・パウエル managed to achieve a steady course at five knots and, with The Sullivans, she retired toward Ulithi. However, their troubles were not yet over. At 10:46 on the following day, 21 March, The Sullivans picked up a plane, closing from 15 miles (24 km). Visually identified as a twin-engined "Frances," the aircraft was taken under fire at 10,000 yards (9,100 m) by The Sullivans' 5 inch battery. ハルゼー・パウエル joined in too and, within a few moments, the "Frances" crashed into the sea about 3,000 yards (2,700 m) abeam of The Sullivans。 At 12:50, a combat air patrol (CAP) Hellcat from ヨークタウン, under direction by ハルゼー・パウエル, splashed another "Frances." At 13:20, a CAP Hellcat from 勇敢な、 監督 The Sullivans, downed a "Nick" or "Dinah."

    On 25 March, The Sullivansハルゼー・パウエル arrived at Ulithi, the former for upkeep prior to training exercises and the latter for battle repairs.

    The warship next rendezvoused with TF 58 off Okinawa and guarded the carriers supporting the landings on the island. While operating on radar picket duty on the 15th, the ship came under enemy air attack, but downed one plane and emerged unscathed. She continued conducting radar picket patrols for the task group, ranging some 12 to 25 miles (40 km) out from the main body of the force. On the afternoon of 29 April, she commenced fueling from USS バンカーヒル (CV-17) , but a kamikaze alert interrupted the replenishment, forcing The Sullivans to break away from the carrier's side. During the ensuing action, USS Hazelwood (DD-531) and USS Haggard (DD-555) were both crashed by suiciders but survived.

    Kamikazes continued to plague the ships of TG 58.3 as they supported the troops fighting ashore on Okinawa. Everything from landing craft to battleships were targeted. On the morning of 11 May, a kamikaze crashed into バンカーヒル. The Sullivans promptly closed the carrier to render assistance and picked up 166 men forced over the side by the fires that at one point ravaged the ship. After transferring them to ships in TG 50.8 and replenishing her fuel bunkers, she helped to screen TG 58.3 during air strikes on Kyushu.

    In a morning air attack three days later, 企業 神風に襲われた。 Four enemy planes were shot down in the melee – one by The Sullivans in what proved to be her last combat action during World War II.

    The Sullivans anchored at San Pedro Bay, Leyte Gulf, on 1 June for recreation and upkeep. She departed Leyte on the 20th, bound, via Eniwetok and Pearl Harbor, for the west coast. The destroyer arrived at Mare Island, Calif., on 9 July and, two days later, commenced her overhaul. She thus missed the final fleet activity that closed the war.

    Meanwhile, since the return of peace greatly reduced the Navy's need for warships, The Sullivans was decommissioned at San Diego on 10 January 1946 – soon after her overhaul was completed – and she was placed in the Pacific Reserve Fleet.

    The Sullivans remained decommissioned at San Diego until May 1951, when she began to undergo reactivation. This was due to naval fleet expansion because of the Korean War. She was recommissioned on 6 July 1951 with Commander Ira M. King in command. The Sullivans soon headed to her home port in Newport, R.I. by way of the Panama Canal. During the winter of 1951–52, the ship conducted training exercises off the east coast and in the Caribbean. The Sullivans departed Newport on 6 September 1952 bound for Japan. Proceeding via the Panama Canal, San Diego, Pearl Harbor, and Midway she arrived at Sasebo, Japan on 10 October 1952. The next day she got underway to join Task Force 77 off the eastern shores of Korea. Her duties included screening the fast carriers which were launching repeated air strikes to interdict enemy supply lines. She also supported United Nations ground forces who were battling communist forces. The Sullivans remained on this duty until 20 October 1952 when she steamed to Yokosuka, Japan for a brief refit.

    Following the refit, The Sullivans stopped at Buckner Bay, Okinawa and then proceeded to rejoin Task Force 77. Upon her arrival on 16 November 1952 she resumed screening activities and plane guard duty. She supported the carriers as they made the northernmost stab at North Korean supply lines, approaching within 75 miles (120 km) of the Soviet base at Vladivostok, Russia. MiG-15 fighters approached the task force, but combat air patrol Grumman F9F Panthers downed two of the attackers and damaged a third in history's first engagement between jet fighters over water. The destroyer arrived back at Sasebo, Japan on 5 December 1952. From Sasebo she joined United Nations forces on 14 December 1952 in blockading the Korean coasts. Her mission was to interdict seaborne traffic and bombard shore targets to support United Nations ground troops and interdict enemy supply operations. Arriving in Area "G" the following day, The Sullivans made contact with the enemy on the 16th off Songjin, North Korea which was an important rail terminus and supply center. For the next few days, she bombarded railroad trains and tunnels. She frequently opened fire to destroy railroad rolling stock, depots and prevented repairs to railroad tracks and buildings.

    On Christmas Day 1952, The Sullivans scored direct hits on a railroad bridge while under fire from enemy artillery positions on shore. Fifty rounds from enemy guns failed to touch the ship, although near-misses showered the warship's decks with shell fragments. Counter-battery fire from the ship destroyed at least one of the enemy artillery positions.

    The Sullivans was ordered home and departed Yokosuka, Japan on 26 January 1953. On the voyage home the ship called at Buckner Bay, Okinawa, Hong Kong, Subic Bay, Singapore, Colombo, Ceylon, Bombay, India, Bahrein and Aden. The Sullivans then steamed through the Red Sea, transited the Suez Canal, and proceeded to Cannes, France via Naples. After a brief fueling stop at Gibraltar the warship reached Newport, R.I. on 11 April 1953.

    The destroyer operated out of her home port well into the summer of 1953, before deploying to the Mediterranean for a tour of duty with the 6th Fleet. She remained on this duty through the end of the year and returned to Newport on 3 February 1954 for operations off the east coast and into the Caribbean through May 1955. She again deployed to European and Mediterranean waters from May to August of that year before returning to Newport late in the summer.

    In the years that followed, The Sullivans continued alternating east coast operations with Mediterranean deployments. The summer of 1958 saw a communist threat to the security of Lebanon, and president Dwight D. Eisenhower ordered American ships to land troops there to protect Americans and to help stabilize the tense situation. The Sullivans supported the landings of Marines at Beirut. After their presence had dispelled the crisis, she returned to the United States for a three-month navy yard overhaul and subsequent refresher training at Naval Station Guantanamo Bay, Cuba.

    Back at Newport in March 1959, The Sullivans joined a hunter/killer group formed around the aircraft carrier USS シャンプレーン湖 (CV-39) . Then, after making a midshipman training cruise for USNA and NROTC midshipmen in which she also conducted antisubmarine warfare operations, the destroyer sailed for another Mediterranean deployment which lasted until she returned home in the autumn.

    Operations out of Newport occupied The Sullivans until early spring of 1960 when she headed south for ASROC evaluations off Key West, Florida. During this deployment to southern climes, on March 31 and April 1, the warship helped to rescue five of eleven survivors from a U.S. Air Force KC-97 Stratofreighter(Model F Stratotanker) that had ditched 40 miles off the Florida coast near Cape Canaveral.

    Following NATO exercises in September, The Sullivans visited Lisbon, Portugal, prior to a quick trip through the Mediterranean, Suez Canal, and Red Sea, to Karachi, West Pakistan. In late October and into November, she participated in Operation "Midlink III," joint operations with Pakistani, Iranian, and British warships. After returning to the Mediterranean, The Sullivans conducted exercises with the French Navy and with the 6th Fleet and reached home in time for Christmas.

    In January 1961, The Sullivans assisted in the sea trials of the nuclear-powered fleet ballistic missile submarine USS アブラハムリンカーン (SSBN-602) off Portsmouth, New Hampshire, before steaming south and taking part in Operation Springboard. While in the Caribbean, she visited Martinique. Briefly back at Newport early in March, The Sullivans soon returned to the West Indies to support marine landing exercises at Vieques, Puerto Rico.

    In April, the ship began intensive training in the waters off Florida to prepare to cover a Project Mercury spaceshot. The Sullivans 参加しました シャンプレーン湖 at Naval Station Mayport, Florida, and took station. On 5 May 1961, Commander Alan Shepard's Mercury space capsule, Freedom 7, passed overhead and splashed down near シャンプレーン湖 and was speedily rescued by helicopters from the carrier. The Sullivans then made a midshipman cruise in June, visiting New York and Halifax, Nova Scotia.

    From September 1961 to February 1962, The Sullivans underwent a major overhaul in the Boston Naval Shipyard. She proceeded to Guantanamo Bay soon thereafter to train for duty as a school ship. She subsequently served as a model destroyer in which officer students could see and learn the fundamentals of destroyer operation. In May and again in August, The Sullivans made training cruises to the Caribbean for the Destroyer School.

    In October 1962, after Soviet missiles were discovered in Cuba, The Sullivans joined American naval forces blockading the island during negotiations with the Soviet Union over the issue. When the Soviet Government withdrew the strategic weapons, the destroyer returned to Newport.

    On 7 January 1963, The Sullivans got underway from Newport bound for the Caribbean and another training cruise. Following her return to Newport, she conducted local operations for the Destroyer School. The tragic loss of nuclear submarine USS 脱穀機 (SSN-593) off Boston on 10 April 1963 caused the destroyer to support emergency investigations of the disaster.

    For the remainder of 1963 and into the first few months of 1964, The Sullivans continued to train officer students. On 1 April 1964, the destroyer was transferred to the Naval Reserve Force, and her homeport was changed to New York City. Departing Newport on 13 April, the warship proceeded to New York and took on her selected reserve crew. Her cruises with the reserves embarked were devoted mostly to ASW exercises and took the ship to Canadian ports such as Halifax, Nova Scotia Saint John, New Brunswick and Charlottetown, Prince Edward Island, in the north to Palm Beach, Florida, in the south.

    After the collision of the Australian aircraft carrier Melbourne 駆逐艦 Voyager, which resulted in the sinking of Voyager on 10 February 1964, the United States offered The Sullivans to Australia along with sister ship トワイニング as a temporary replacement. The Royal Australian Navy instead accepted the British Royal Navy's offer of the Daring-class destroyer Duchess, which was of the same class as Voyager. [4]

    The Sullivans received nine battle stars for World War II service and two for Korean service. On 7 January 1965, The Sullivans was decommissioned at the Philadelphia Naval Shipyard and she remained in reserve into the 1970s. In 1977, she and cruiser USS Little Rock (CG-4) were processed for donation to the Buffalo and Erie County Naval & Military Park in Buffalo, New York. The ship now serves as a memorial and is open for public tours.

    The ship was declared a National Historic Landmark in 1986. [5] [6] [7] On February 26, 2021 it was reported that The Sullivans was taking on water and listing. It was stated that the ships age and possible weather damage were the most likely cause for the leak below the waterline. Donations were being sought for temporary repairs to the hull with more extensive repairs to be carried out in the near future. [8]