ニュース

ジョーミーク

ジョーミーク


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ジョセフ・ミークは1810年2月7日にバージニア州で生まれました。彼はセントルイスに移り、1829年にロッキー山脈のマウンテンマンになりました。彼は1832年7月にピエールズホールの戦いに参加し、翌年には1833-34年のカリフォルニア遠征でジョセフウォーカーに加わりました。彼の兄弟、スティーブン・ミークも罠猟師でした。

11年間ビーバーを捕まえた後、ミークは落ち着き、オレゴンで農民として働きました。 1845年までに、ミークは政治に深く関わっていました。彼はまたメソジストに改宗し、禁酒運動のメンバーでした。

ミークは1848年5月にジェームズポーク大統領に会い、その後すぐにオレゴン準州の元帥に任命された。彼はまた、ヤキマ戦争中にオレゴンボランティアに仕えました。

ミークには混血の子供がいて、彼らは差別を受けました。したがって、民主党のメンバーであるにもかかわらず、彼は南北戦争中は親組合でした。

ジョセフ・ミークは1875年6月20日に亡くなりました。


ミークスビルへようこそ

思い出す&#8230男&#8230音楽と謎&#8230

Joe Meek Societyは、JoeMeekの名前と彼の音楽的遺産を存続させることに専念しています。

Joe Meekは、伝説的な60年代の異端者のレコードプロデューサーでした。あなたが確認されたミークマニアであるか、ジョー、彼の人生、時代、音楽についての情報を求めているかどうかにかかわらず、あなたは私たちに連絡するか、参加することを歓迎します。

メディアからの問い合わせを歓迎し、同じ日に回答するよう努めています。情報やインタビューに利用できる多くのMeekologistsや専門家がいます。

ここでは、Society(JMS)に参加する方法とメンバーシップの特典に関する情報を見つけることができます。ここでは、スターリング、ユーロ、またはドルでオンラインで支払うことができます。私たちの新しいデジタルフォーマットのメンバーシップは、年間わずか10ポンドで優れた価値があります。ただし、紙の出版物を好む場合は、そのオプションを選択してください。

無料のサンプル! 私たちの無料のデジタルコピーを受け取るには 落雷 雑誌はお問い合わせください。
FACEBOOK&#8211Facebookページにアクセス

JOE MEEK AND BEYOND DIGITAL PUBLICATIONS Paul Moy&#8217s Joe Meek And Beyond Digital Publicationsも無料です&#8211。ただし、PaulにはコピーをリクエストできるFacebookページがあります。ポールは彼の長年の出版物のPDFコピーを電子メールで送って喜んでいます&#8211すべてが完全に無料です。


ジョセフL.ミーク、歴史マーカーおよび埋葬地

ハイウェイ26 /サンセットハイウェイの北西ジャクソンスクールロード出口のすぐそばにあり、オレゴンの歴史の中で最も重要な人々の1人の最後の休憩所です。

マーカーは次のように述べています。&#8220これは、オレゴンのその部分の最初のワゴンでフォートホールからワラワラまで運転した後に1840年に到着した有名で文字のない&#8220マウンテンメイン&#8221ジョセフL.ミークの土地請求を示していますトレイル。彼は臨時政府の創設者でした:最初の保安官、最初の元帥、最初の人口調査官を務めました。彼はホイットマン虐殺の言葉をワシントンD.C.に伝え、そこで妻がいとこであったポーク大統領が彼を迎えました。新領土政府の下で元帥と名付けられた彼は、レーン知事に同行してオレゴンに向かった。彼の最後のインドの戦いは、1855-85年のヤキマ戦争の兵士としてでした。彼は1875年にここで亡くなりました。隣人は彼を呼びました:&#8220非常に人気があり、ジュリアスシーザーと同じくらい勇敢です&#8221。

Meekの業績のこの短い歴史は、彼が65年の人生で実際に達成したことを実際に捉えることができません。スコッチ教会としての彼の近くの墓標は、彼の人生にさらに2つの魅力的な手がかりを提供します。

この単純なオベリスクの真ん中には、実際にはこのように曲がっていて、次のようなプラークがあります。

&#8220チャンポエグで1843年5月2日にオレゴンカントリーをこの国に救った愛国者の指導者を称えるために。&#8221それはマルトノマ支部D.A.R.に署名した。 1929年4月。

墓石部分自体は次のようになります。

ジョセフ・L・ミーク大佐。
生まれ
1810年2月9日、
死亡しました
1875年6月20日
65歳。 4カ月&amp 11ds。

幸いなことに、ジョー・ミークについての素晴らしい伝記があります。これは、「ジョーのような男はいない:ジョセフ・L・ミークの生涯と時代」と呼ばれ、彼の人生の非常に詳細な詳細を説明しています。かなり最近書かれたことで、最近多くの良い研究がなされました。


あなたはジョーミークの生活を送っていますか?

あなたが今日生き残り、そして繁栄するつもりなら、あなたはただの知恵よりも優れた何かを必要とするでしょう!

ジョセフ・ミークは暴走した。 17歳のとき、彼は父親と継母と争いました。 1829年、彼はオレゴン準州とマウンテンマンの生活に連れて行く旅のために生まれ故郷のバージニアから逃げました。

エルドラドの夢, H.W.アメリカ西部のブランドの歴史、著者は私たちにミークの未知への進出についてのこの説明を与えます。

ミークは自分でなんとかできると思った途端、両親に別れを告げることなく離陸した。 「彼らは悲しみませんでした」と彼は後で言いました。

旅の途中で、ミークはロッキーマウンテンファーカンパニーのウィリアムサブレッテと「彼の人生の冒険」の申し出に出会いました。ブランドはその出会いについて次のように説明しています。

ジョー・ミークは背が高く、怒りっぽく、素朴な自信に満ちていました。彼はサインアップしたいと言った。
"何歳ですか?"サブレットを要求した。
「18時過ぎ」とミークは答えた。
「そして、あなたはロッキー山脈に行きたいですか?」
"はい。"
「あなたはあなたが何について話しているのか分かりません、男の子。途中で殺されるでしょう。」
「そうすれば、私は死ぬことができると思います!」ミークは恥ずかしがらずに言った。

「それがゲームの精神です」とサブレットは満足しました。 「結局のところ、あなたはそうするだろうと思います。慎重に行動し、あなたについての知恵を保ちましょう。」
「他にどこにあるべきですか?」ミークは言った、彼自身に最も満足している。

ミークは、当時のマウンテンマンのように、タフな品種でした。そして、彼らはそうする必要がありました。ブランドは、「山での生活のルールは永遠の警戒であり、気晴らしの代償はしばしば死でした」と書いています。

マウンテンマンはビーバーを閉じ込めました。彼らは、過酷な条件や極端な天候と戦いました。これらはすべて、気候制御された生活を送る人々が想像することしかできません。彼らはインディアンと戦い、時にはインディアンから逃げ出した。

多くのマウンテンマンが若くして亡くなりました—とても若かったです!

かつて、大陸分水嶺の近くで、サブレット党はブラックフット族によって攻撃されました。ブランドは、白人もインディアンも同様に、ブラックフット族を暴力的で悪質なロッキー山脈の惨劇と見なしたと書いています。

ブランドは、パーティーとは別に、ミークは「ラバ、毛布、銃、そして機知しか持っていなかった」と語っています。

その線が私の注意を引いた。それを読んでいると、走っているときにどれだけの人が人生を走っているのだろうかと思いました。 。 。

うつ病からの逃走中。

失敗した関係からの実行時。

がっかりした過去からの逃走中。

大きな問題からの実行時に。

私達は私達の装身具を調査し、私達は何を見つけますか?私たちのラバ、毛布、銃、そして機知に相当する現代。私たちは「ジョーミークライフ」を生きています。

ヘブライ語を読んで、人生の問題に立ち向かう別の方法を思い出しました。この方法は私のリソースを無視しません—私の「武器」も私の「知恵」も無視しません。しかし、それは別のリソース、つまり究極のリソースである主を認識します。

ヘブライ人は、キリストへの信頼から、「逃走中」の人々に書かれました。ヘブライ人の作家は、彼らに、そして私に、「ジョー・ミーク・ライフ」を生きないように促しています。

あなたは「ラバ、毛布、銃、そして機知」以上のものを持っています!あなたにはイエスがいます、そして彼はとても優れています!

ヘブライ人は、物資が乏しく、人生が山岳地帯であるとき、私は安全で満足できると言っています。そしてその理由は 僕の リソースが、しかし リソース —私たちを離れたり見捨てたりすることのない人。

多くの点で、私たちはJoeMeekの世界に住んでいません。ビーバーの捕獲、極端な天候の存続、激しい小競り合いはほとんど過去のものです。しかし、繰り返しになりますが、私たちはJoeMeekの世界に住んでいます。困難な時期が到来し、私たちは「逃走中」にいることに気づきます。

問題は、「ジョーミークウェイと戦うのか」ということです。私たちは私たちの資源、ラバ、毛布、銃、そして知恵に頼りますか? 。 。それとも私たちはより良い方法を取りますか?キリストに目を向けることはあなたの資源を無視することではありませんが、困難な時代からあなたを救うために彼を信頼することであり、あなたの資源ではありません。

今日、あなたが何に直面しても、あなたは言うことができます、

かかって来い!主は私の助っ人であり、恐れることはありません。人は私に何ができますか?

「ミークが自分で管理できると思ったらすぐに。 。 。」 Brands、H.W。から エルドラドの夢:アメリカ西部の歴史。ニューヨーク:ベーシックブックス。 NS。 63。

ブランドは出会いを説明します。 。 。から エルドラドの夢、p。 64。

「山での生活のルール。 。 。」から エルドラドの夢、 NS。 83。

「ブランドは、白人もインド人も同様に彼らを暴力的で悪質だと考えていたと書いています。 。 。」ブラックフットの興味深い分析と、ルイスとクラークとの初期の出会いが彼らの敵意にどのように貢献したかについては、ブランド、70ページをお読みください。

「罠猟師に災い。 。 。」から エルドラドの夢、 NS。 70。

ミークは「彼のラバ、彼の毛布、彼の銃、そして彼の知恵だけを持っていた」から エルドラドの夢、 NS。 71。


ジョーミークギアのストーリー/歴史は何ですか?

投稿者 寄り添う &raquo Tue 2004年11月23日9:36 am

私は人々がジョーミークのものについて高い意見を持っていないことを知っていますが、私は明るさのためにジョーミークEQプラグにやみつきになっています。基本的に、スネアのクラックやボーカルの空気については、hiEQの機能が本当に気に入っているようです。劇的な効果を実際に聞く方法はクールです、それは微妙ではありません。しかし、それは1つのトリックです-

とにかく、私は興味を持ったので、ハードウェアが同じことをするかどうかを確認するために、eBayで古いVC3を129ドルで購入しました。まだ手に入れていませんが、オンラインで新しいものを見始めて、すべて中国製であることに気づきましたが、購入したものは英国製でした。どうしたのでしょうか。

私はミークの遺産を知っていますが、このギアは世界で男性と何の関係がありますか?

誰かが私を照らすことができますか?

Re:ジョーミークのギアのストーリー/歴史は何ですか?

投稿者 ニューオーリンズスティーブ &raquo Tue 2004年11月23日14:32

さて、名前の権利を所有している人々は?ジョーミーク?ギアの権利を所有していた人々は同じではありません。二人と元アメリカのディストリビューターの間で、彼らはどこかで落ちていました。
元のライン、または古いラインの最後の化身は主に英国で作られ、「フレッチャーエレクトロカスティックス」によって提供されました。またはそのようなもの。以前のディストリビューターと実際にミークの名前の権利を所有している人々が集まって、実際にギアを設計および製造した人々であるフレッチャーを絞り出したようです。
新しいラインはベーパーウェアでしたが、今でもそうかもしれません。永遠にかかっているようです。私は古いラインが好きだった。それは最もハイファイではありませんでしたが、あなたはそれを反抗的に聞くことができました!

Re:ジョーミークのギアのストーリー/歴史は何ですか?

投稿者 寄り添う &raquo Tue 2004年11月23日16:13

Re:ジョーミークのギアのストーリー/歴史は何ですか?

投稿者 リズム牧場 &raquo Tue 2004年11月23日16:24

Re:ジョーミークのギアのストーリー/歴史は何ですか?

投稿者 ニューオーリンズスティーブ &raquo Sat 2004年11月27日10:12 am

おとなしい
その古い糸は、後から考えると興味深い葦になります。実際には流れないため、一部のメッセージが削除されたように見えます。

ネスレ、ベーパーウェアとは、製品が市場に到着するのが非常に遅れて、印刷物またはプロトタイプの段階でしか存在しない場合です。
新しい? Joe meek lineは過去2年間AESに展示されており、Webサイトではまもなく出荷されると述べています。混乱するかもしれませんが、実際には、タイムラインが異なるさまざまなモデルが存在する可能性があります。

PMIの人は、実際にはそのような人です。私は彼または彼のスタッフの何人かに会い、彼らはすぐに他のいくつかの会社をすぐにノックし始めました。私はこれが「ビジネス」だったように見えました。これらの人のためにいつものように。
TF Proがこれを乗り越え、継続することを願っています。

Re:ジョーミークのギアのストーリー/歴史は何ですか?

投稿者 cgarges &raquo Sat 2004年11月27日10:20 am

テッドフレッチャーは、オリジナルのジョーミークラインをデザインしました。彼はどうやらジョーミークの友人や学生だったようです。 (正確な関係については肯定的ではありません。)テッドは、主にジョー・ミークのアセティック(圧縮を聞いて劇的に使用する必要がある)と、ある程度はミークのデザインに基づいてギアの構築を開始することを決定しました。 Meekは彼自身のギアの多くを構築し、ソースのトーンを変更するために大量の圧縮を使用することを初期に提唱していました。

ジョーミークの物語の多くをカバーし、テッドフレッチャー(傭兵オーディオのフレッチャーとは関係ありません)ジョーミーク(一言)のギアのいくつかを紹介するEQマガジンの素晴らしい号が1995年頃にありました。私はそれを見つけて、他に何を掘り下げることができるかを見てみます。


レジェンドオブアメリカ

ジョセフ・ラファイエット&#8220ジョー&#8221ミークは、オレゴン準州の設立時に重要だった罠業者、商人、開拓者、弁護士、政治家でした。

ミークは、1810年2月9日にバージニア州ワシントン郡のカンバーランドギャップ近くで、キャプテンジェームズミークジュニアとスパイシーウォーカーミークに生まれました。ミークは幼い頃、嫌な継母によって西に向かって推進された。彼は最初にミズーリ州レキシントンに行き、そこで2人の兄弟に加わりました。

1829年、19歳の時、彼はロッキー山脈毛皮会社の罠猟師としてウィリアム・サブレッテと契約し、次の11年間、彼はマウンテンマンの激しい生活を送りました。若い男はすぐにイエローストーン川に沿って罠を仕掛けるパーティーで旅をしました。そのとき、罠はブラックフット族のインディアンの集団によって散らばっていました。その後、ミークは今日のイエローストーン国立公園を探索しました。彼は後で彼の伝記でそれを説明するでしょう:

&#8220全国は、沸騰する泉からの蒸気で喫煙し、ガスで燃え、小さなクレーターから出て、それぞれが鋭い口笛の音を発していました。&#8221

彼は1832年7月にアイダホ州の有名なピエールの穴の戦いに参加し、翌年は無料の罠猟師になりました。ミークは、1833年から1834年のカリフォルニア遠征でジョーウォーカーに同行し、カリフォルニアに陸路で旅行した最初のアメリカ人の1人でした。

ウィリアムヘンリージャクソンによるロッキーマウンテンランデブー

彼が戻った後、彼は1834年の夏にロッキーマウンテンファーカンパニーの最後のグリーンリバーのハムフォークランデブーに参加しました。

どこかで、彼はUnentucken Tukutsey&#8220Lamb of the Mountain&#8221という名前のNezPerceの女性と結婚しました。彼女は1838年にヘレンマーミークという名前の娘を彼に産んだ。彼の最初の妻はバノック襲撃隊による攻撃で亡くなり、彼は新しい赤ん坊の娘と一緒に一人になりました。彼はすぐにネズパースのチーフコウェソタから新しい妻を与えられました。彼女の本当の名前は不明ですが、ミークは彼女を&#8220バージニアと呼びました。&#8221

1840年までに、罠産業は衰退し、ミークは妻と一緒に、1840年12月15日に到着したオレゴン州のウィラメットバレーに旅行しました。そこで彼はさまざまな農民のために働き、初期の指導に関与しました。オレゴンへのワゴン列車。 1841年に彼はオレゴン州ワシントン郡に定住し、そこで自分で農業を営んだ。彼は1843年に新しく設立された臨時政府の下で保安官を務めました。 1845年までに彼は繁栄し、臨時議会の議席を獲得しました。

1847年11月29日、ホイットマン虐殺が発生しました。ミークは友人のマーカスとナルシッサを失っただけでなく、娘のヘレン・マー・ミークが攻撃の時にそこにいました。彼女はわずか9歳で、誘拐された49人のうちの1人でした。彼女は捕われの身で亡くなりました。翌年の初め、ミークは殺害とその後のカイユース戦争のニュースを持ってワシントンD.C.に旅行しました。ワシントンで、彼はいとこと結婚し、オレゴンカントリーを連邦領土にすることを強く主張したジェームズK.ポーク大統領と会いました。

翌年、議会は彼の要求を承認し、ミークはその領土の連邦保安官に任命されました。これは彼が次の5年間務めた役職です。この立場で、ミークはホイットマン虐殺で有罪となったインディアンの1850年の処刑を監督した。

1855年、彼はヤキマ戦争で主導的な役割を果たし、オレゴンボランティアを組織し、彼の奉仕で少佐のランクを獲得しました。その後、彼は政治に関与し、熱心なユニオニストになり、オレゴン共和党の結成を支援しました。

1875年6月20日、ジョーは自宅で65歳で亡くなりました。妻のバージニアは25年近く生き延びました。彼女は1900年3月3日に亡くなりました。どちらもオレゴン州ヒルズボロの北にあるトゥアラティン平原長老派教会の墓地に埋葬されています。

かつて、ミークは言っていました:

&#8220オレゴンを安全にアメリカ人に見せるのに十分な長さで暮らしたい&#8230アメリカのワシントン郡で生まれ、アメリカのワシントン郡で亡くなったと言えます。&#8221

彼の兄のスティーブン・ミークも罠猟師であり、不運なミーク・カットオフでの彼の役割で知られるようになりました。


2回目の攻撃

夜明けのかなり前のある朝、野営地の横の牧草地の乾いた草の葉に霜が付着し、馬は冷たい空気の中で落ち着きなく踏み鳴らし、鼻孔から蒸気が吹きました。動物たちの邪魔をしたのは、キャンプから生じたいびきではなく、誤った荷馬車から捨てられたトウモロコシの袋のように無謀にまき散らされた眠っている罠の間にくすぶっている夜のキャンプファイヤーから残された残り火にも注意を払いませんでした。他の何かが馬を引き起こし、警備員が立っている男たちが気づきました。彼らが夜明け前の森の暗闇を見つめていると、かろうじて知覚できる動きが彼らの注意を引いた。たぶん、前夜からの焼き肉のにおいが長引くことにクマが惹かれていたのだろう。さらに悪いことに、おそらくブラックフットインディアンの一団が木々の間に潜んでいた。

突然、銃声が夜明け前の静けさを打ち砕き、先住民の戦士のフープが木々の間に響き渡った。これは小さなインドの襲撃隊以上のものでした。キャンプはその眠りから大きな混乱の中で湧き出ました。他の人が彼らの脱出をするために動物を集めている間、何人かのわな猟師は火を返しました。 2人が死亡した。しかし、ほとんどの場合、キャプテンサブレットがインディアンを追いかけて後退しました。

若いジョーミークは逆に行きました。同志とは別に、彼は彼らに追いつくことを試みることは追跡している加害者の手による特定の死を意味することを知っていました。ラバ、彼の銃、そして毛布だけを持って、初心者のわな猟師は南東へのルートで逃げ出し、より友好的なクロウ族インディアンによって支配されている国にそれを作ることを望んでいました。寒くて空腹でおびえた彼は一人で荒野に行った。


ジョーミークとテルスターの悲劇的な物語

ブックマークされた記事

私のプロフィールの下のあなたの独立したプレミアムセクションであなたのブックマークを見つけてください

ロンドン北部のホロウェイロードのぼろぼろの部分にあり、アーセナルのエミレーツスタジアムからわずか数百ヤードのところに、レコードプロデューサーのジョーミークが住んで働いていたフラットがあります。雨の多い4月の朝、彼の存在を記念するプラークはほとんど見えません。「テルスターの男。ここに住み、働き、そして死んだ」。ホロウェイエクスプレス食料品店とタイタニックカフェアンドレストランの間の壁に飾られています(「終日のイングリッシュブレックファースト」で有名です)。

雨の中、304 Holloway Roadの前に立つと、このだらしない外観の建物で、トルネイドースが「Telstar」を録音したとは信じられません。マーガレットサッチャーのお気に入りの曲であり、英国のグループがナンバーワンに到達した最初のシングルです。アメリカ合衆国で。 (あなたは確かにあなたがグレイスランドにいるとは感じません。)

今年の夏の終わりに、ニック・モランの映画「テルスター」は、ミークの短くて困った人生について、イギリスの映画館で公開されました。これは、彼の自殺以来登場した彼に関する本、ドキュメンタリー、演劇、さらには歌の1つにすぎません。 1967年に亡くなったミークは今月80歳だったでしょう。彼はしばしば英国自身のフィル・スペクターと呼ばれ、スペクターが殺人で有罪判決を受けたばかりであることを考えると、適切で非常にとげのある褒め言葉のようです。ロックンロールの歴史における病的な偶然の一致の学生は、フィルスペクターが2003年2月3日にラナクラークソンを射殺したという恐ろしい事実にすでに疑いの余地はありません。ミークが女将を殺し、その後彼自身に銃を向けたのは2月3日でした。バディ・ホリーが1959年に飛行機墜落事故で亡くなったのも、2月3日でした。おそらく、これは本当に音楽が亡くなった日です。

ミーク自身の物語がなぜ映画製作者や芸術家に夢中になっているのかを理解するのは難しいことではありません。彼の伝記は、ジョー・オートンの戯曲のようなものです。セックス、デス、ロックンロールなどのすべての要素が、英国の奇行の豊富な人形と混ざり合っています。モランは、1990年代半ばのある酔った夜にホロウェイロードでタクシーに乗って、304番の上の不調和なプラークに気づいた後、最初にテルスター(彼が最初に劇として書いた)を作るというアイデアを思いつきました。フィルスペクターの「ウォールオブサウンド」は考えられる限り最も精巧な機器を備えたハリウッドのレコーディングスタジオに建てられました。対照的に、ミークは彼の窮屈なロンドン北部のアパートで「テルスター」を作成しました。彼は鍋やフライパンを正確に使用していませんでしたが(ミークはRAFでレーダーオペレーターとして働いていた電子機器の魔法使いでした)、スペクターが自由に使えるリソースは確かにありませんでした。

「彼はお金が足りず、持っていたお金でできる限りのことをしました」と、現在ジョーミーク感謝協会の会長である弁護士のケン・レドランは言います。ミークはフラットを防音し、音響カーテンを入れ、床板の間にゴムを入れました。

Meekのレコーディングアーティストの1人であるScreamingLord Sutchは、304 HollowayRoad内のレコーディング状況について話をしていました。窮屈な小さなフラットでは、階段にベーシストがいるでしょう。ミークは彼の自家製のコントロールにいるでしょう。ギタリストは前の部屋で慌てていました。ボーカリストはどこか別の場所にいて、締めくくりとして、誰かがバスルームで上下にスタンプを押すことで、追加のパーカッションが提供されます。 (ミークのライバルが彼のサウンドをどのように達成したかを完全に理解することができなかったのも不思議ではありませんでした。)

モランの映画の最初の部分は、ミークの作業方法を特徴付ける陽気な混沌を捉えています。 Goonsのようなレコーディングセッションの雰囲気に加えて、MeekのビジネスパートナーであるMajorBanksが時折存在していました。映画の中で、彼はケヴィン・スペイシーによって、彼の姿勢と握手の堅さによって男性を判断する一種の貴族の英国人として完璧に演じられています。一方、彼の女将(パム・フェリス)は、お茶を飲んで、かつてはに群がっていたマイナーな有名人に会う限り、彼の周りをひねり、彼の愚か者に非常に甘やかされているように見える、賑やかな母性の人物です。ホロウェイロードフラット。時々、少なくとも悲劇的なデノウメントの前に、ミークは彼女のハティー・ジャックにとってほとんどトニー・ハンコックです。

これはビートルズの直前の時代でした。ミークはビートルズのマネージャーであるブライアンエプスタインを知っていましたが、彼らと一緒に仕事をする機会を拒否しました。 (「彼[エプスタイン]はこのMerseybeatコンボを持っています。彼らはゴミです」と、ミークがデモテープをゴミ箱に捨てるときにTelstarで言うのを聞きます。)エプスタインのように、彼は同性愛嫌悪があった社会のゲイの男でした。いっぱい。

俳優のコン・オニール(ステージでジョー・ミークも演じた)は、苦しめられたレコードプロデューサーとして優れています。彼の甲高い声はまだはっきりとした西の国の鳴き声を持っています。彼は意欲的で熱狂的な人物であり、タントラムになりがちですが、彼のミュージシャンをフラットの周りに抱きしめ、彼のレコードを特別なものにするとらえどころのないサウンドをキャプチャしようとしているため、魅力がないわけではありません。

映画の多くは、彼の弟子であり恋人となったドイツ生まれの歌手兼ベーシストであるハインツバートとの関係を記録するために与えられています。 J Jフィールドが演じたように、バートは中程度の能力しか持たない自己陶酔的な自己陶酔的な人物です。 1960年のホラー映画「未知空間の恐怖」に夢中になっているミークは、髪を金髪に染めるように説得しました。イライザ・ドゥーリトルのヘンリー・ヒギンズのように、ミークはハインツ・バートを変身させる決心をしました。彼は彼にお金を惜しまず、彼をスターにしようとしましたが、ファンは頑固に抵抗しました。

テルスターのもう一つの重要なテーマは、ミークのスピリチュアリズムへのこだわりです。ソングライターのジェフ・ゴダードと一緒に、プロデューサーは彼の最高の作品が「反対側」からの精神に影響されたという強い確信を持っていました。オカルトへの彼の魅力は最初はコミカルに見えますが、彼が狂気と鬱病に陥るにつれて、それははるかに病的な色合いを帯びます。

その主題に沿って、Telstarはオッズに逆らって作られた映画です。モランは、2002年に映画を制作する計画を最初に発表しましたが、数年前のロック、ストック&トゥースモーキングバレルでの俳優としての成功と同じですが、サイモンジョーダン(クリスタルパレスフットボールクラブの会長)が来たときだけです。 5年後にプロデューサーとして搭乗し、ついにカメラの前に行きました。

「ロンドンのアパートで映画を編集しました。ミークがリビングルームをレコーディングスタジオに変えたように、キッチンを編集スイートにしました」と、最近ロッテルダムフェスティバルでテルスターが上映したとき、モランはコメントしました。 「レジェンダリー」とは、ミークが陥った相対的な曖昧さを贖うかのように、ミークの名前の前にしばしば投げかけられる用語です。彼のファン(小説家のジェイク・アーノットからフランツ・フェルディナンドのアレックス・カプラノスまで)のすべての熱狂のために、そしてドキュメンタリー製作者とジョー・ミーク社会の努力にもかかわらず、彼はそれほどよく知られていません。 Telstarは何百万ものコピーを販売したかもしれませんが、ビートルズが登場すると、Meekは少し古風に見え始めました。

ある意味で、ミークは偉大なブリティッシュ・ボフィンの初期のブリティッシュ・ロックンロール版でした。ホロウェイロードのフラットでスピーカーとマイクを持ってビーバーをしている彼は、ダムバスターズで反跳爆弾を思いついた発明家のバーンズウォリスなどの先見の明のある科学者とそれほど変わりませんでした。

「反対側は同性愛者のことです」と、ミークで1991年のアリーナドキュメンタリーを制作したアンソニーウォールは示唆しています。 「彼は、彼らが新しい名前を与えられたことに突然気付いた低位の若い若者に関して管理職にある誰かの非常に別の例でした。彼とブライアン・エプスタインとジョー・オートンがそれぞれ4か月以内に亡くなったことは非常に興味深いです他の1967年–それらはすべて、彼らが誰であるかという困難から直接的または間接的に生じた要因によるものです。」


JOEMEEKと伝説のティーチェストテープ

1967年2月3日にジョーミークが自分自身を撃ったとき、彼の商務は完全に混乱していて、支払われるべき多くの債務者がいました。ジョー&rsquosの友人であり弁護士のジョン・ジネットが法的な悪夢を整理しようとし始めたので、公式の受信者が呼ばれました。 304 Holloway RoadのJoe&rsquosフラットとスタジオは片付けなければならず、Joe&rsquosのすべての録音機器は、1968年4月にオークションにかけられるまで(合計&pound3,129)、Balham倉庫に保管されていました。Joe&rsquosのマスターテープのほとんどすべてが急いで67個のティーチェストに詰め込み、保管しました。

ミーク家はいくつかのテープを持ち去ることを許可され、その重要性に気づかずに、ジョー&rsquos兄弟はグロスターシャーの地元の学校や孤児院に多くのリールを配りました。これらは今や永遠に失われ、何が含まれていたのか誰も知らないと推測することしかできません。残りは兄弟のそれぞれのガレージに保管され、多くは修復を超えて劣化しました。彼らが持っていたものの重要性を発見し始めたのは20年ほど後のことであり、彼らが探し始めたRGMファンやコレクターにさらに多くのテープやアセテートを配る前ではありませんでした。

1989年にジョン・レプシュの素晴らしいジョー・ミークの伝記が出版された後、いわゆる「ティーチェストテープ」の存在の認識がより広く知られるようになりました。ほぼ20年間、ファンは資料をリリースするか、National Sound Archiveに寄付するキャンペーンを行ってきましたが、まったく役に立ちませんでした。

元々、10&rdquoテープリール(そのうちのほぼ2,000)は専門的に消去され、その後、Joe&rsquosのフルネームであるRobert Georgeからイニシャルを取得した制作会社であるRGMの債務を清算するために、それぞれ5シリング(25p)で売却されました。おとなしい。幸い、これは実行されませんでした。 1968年以来、テープの所有者は、1966年にRGMグループのミリオネアのベースギタリストであった音楽の大御所クリフクーパー(彼はオレンジサウンドを設立し、後にクーパーオーウェンオークションハウスの一部でした)でした。 (最近の&pound5,000に相当)テープのセット全体。少し前に彼がガーディアン紙に言ったことは次のとおりです。

&ldquoジョーが亡くなったとき、私は彼のレコーディングスタジオを購入したかった。私は彼の財産を扱っている弁護士に近づきました。彼は、録音機器は販売されたが、ジョー・ミークのテープはすべて持っていたと述べた。彼は本当にそれらを破壊するべきだと言ったが、これらは彼の正確な言葉であり、彼の生涯の仕事であり、私はそれを自分でやることができる。彼は、物理的なテープを&pound300で販売することはできますが、それらに含まれる音楽の著作権ではなく、販売することも分割することもできないと述べました。それらはすべて1/4インチのテープでいっぱいの67個のティーチェストに入っていました。&rdquo

クリフは、彼が設置した小さな2トラックスタジオでテープを使用することをまだ検討していました。幸いなことに(後世のために)彼はほぼ即座に4トラックにアップグレードできたため、Joe Meekのマスターテープは冗長になり、そのまま残りました。次の15年ほどの間、クリフクーパーはテープをさまざまな地下室に保管し、ロックアップして、それらを再生する時間がほとんどありませんでした。 1983年までに、彼はこれまでに発行されていないレコーディングのいくつかをコンピレーションLPでリリースするというアイデアをいじっていました。

しかし、問題がありました。テープに何が入っているのか、あるいはテープがまだ正しく再生されているのかどうかさえ、彼にはまったくわかりませんでした。クリフは単にテープを聞く時間がありませんでしたが、明らかに誰かがそうしなければなりませんでした。それだけでなく、JoeMeekと彼のさまざまなグループや歌手について多くの知識を持っている必要があります。その誰かがアランブラックバーンになることになっていた。 2008年に、アランはまだすべてのテープを聞いた唯一の人であり、合計で1,856人です。

ALAN BLACKBURN&ndashティーチェストテープのカタログ

RGM感謝協会は、ジョー・ミークの死の日にジム・ブレイクによって設立されました。クリス・ナイト、ポール・エベレット、アラン・ブラックバーンは初期の支持者の一人でした。彼らの間では、1969年末までにすべての既知のRGMリリースの約90%を収集し、カタログ化しました。1977年に素晴らしい(そして最初の)レトロスペクティブダブルアルバムThe Joe Meek Storyを担当しました。Joeへの関心が再び高まり、Alanがプロデュースしました。サンダーボルトファンジンの非常に初期のコピー。ジムとクリスは、ジョーミークの伝記を作成する目的で30人以上の元RGMアーティストとミークの仲間にインタビューしました。この時期に、「ティーチェストテープ」として知られるようになったものに何百もの未発行のRGM録音があることに気づき始めました。アランは1982年にクリフクーパーに紹介され、9か月の交渉の後、会社用に2台のRevoxテープレコーダーを備えたクリフ&rsquosスタジオの1つの上のオフィスにいることに気づきました。

期待感は計り知れませんでした。&ldquoテープでいっぱいの67個のいわゆる&lsquoteaチェスト&rsquoの到着を待っていました。驚いたことに、ビートアップしたMorris Minorが、10&rdquoのテープスプールでいっぱいの庭に現れました!私はそれらをオフィスに運ぶために階段を上下に数回旅行しなければなりませんでした。その日、車はさらに数回戻ってきました。やがて私は何百ものJoe&rsquosテープに囲まれました。どこから始めればいいのかわからなかった!&rdquo

早朝のミルクラウンドを終えた後、アランはチェルシーのオフィスに行き、午後7時までテープの作業をしていました。 It took him 18 months to play through all 1,856 tapes and to try to catalogue their contents, for which he wasn&rsquot paid a singlepenny: &ldquoI did it for Joe, it was a privilege for me.&rdquo

After making notes for all that time, Alan decided that he had better organise things and type all of the information up. This took him almost another six months and then he passed all of the information on to Cliff Cooper. But this was in the days before photocopiers: all Alan has now is his memory and some parts of his original rough handwritten jottings.

But&hellip..back to 1983. &ldquoIt was only my second day sorting through Joe&rsquos tapes. To my surprise, another two car loads had been put into the room where I was working.&rdquo

Would the tapes play even? What happened when he put the very first tape through the Revox? &ldquoI was worried because when I tried to pull the very first spool out of its box it wouldn&rsquot come out straightaway. There was a sticky residue &ndash not a good sign. I got it out eventually and played it. It played alright&hellipbackwards! When I fast &ndash forwarded it so that I could turn it over as it were &ndash

the room filled with clouds of white dust! Part of the oxidisation process? But then it played perfectly and the sound was incredible.信じられない。 &ldquoIt was strange, eerie really, listening to hundreds of Joe&rsquos wailing vocal demos. Likewise it took me ages to get the sound of Geoff Goddard&rsquos thumping jangly piano out of my head after so many hours of hearing it. But the sound of the finished tracks was truly mind-blowing. There&rsquos so much there that&rsquos in stereo too. Joe&rsquos stereo recordings of Angela Jones, Green Jeans, Telstar, Johnny Remember Me and hundreds more sound simply awesome.&rdquo

Very few tapes had track details. Some had the artist name on them, some didn&rsquot. Some tapes did not even have boxes and on many others Joe had written the artists names in a sort of code.

&ldquoSome were obvious, others were impossible &ndash particularly instrumentals. If there was no group name and no title &ndash I just had to write &lsquoUnknown&rsquo. There were quite a lot of those. Also, out of all the tapes, only ONE had a recording date written on it! That was John Leyton&rsquos Johnny My Johnny and Down The River Nile &ndash May 4th 1962.&rdquo

Sadly it seems that the legendary tea chests themselves have not survived, as the tapes have been repacked many times since 1967. The last tracks that Joe Meek ever recorded (and yes, they still exist) were True To Love and Cry My Heart with Patrick Pink. The latter, fittingly, was the final track that Joe ever worked on in the morning of February 3rd,1967 &ndash a short time before he blasted himself into eternity. Poignantly. the lyric (written by Joe) goes: When you went away, darkness filled my room, gone are the happy hours far far too soon&hellip..now we both must part&hellip.cry, cry my heart. Quite.

FAMOUS RGM NAMES IN THE TEA CHEST TAPES

Many RGM acts became big names in their own right during the 1960s and fans/collectors have been wondering for over 40 years as to what might reside amongst the legendary Tea Chest Tapes. What follows is just a very brief overview. There are literally hundreds of tracks by many other artists &ndash but space precludes listing them here.

Mike Berry: His RGM masters are all present and correct &ndash with several in stereo. There are twelve fantastic unreleased Buddy Holly cover versions with The Outlaws providing outstanding backing &ndash and all in wonderful stereo sound. Tracks range from Peggy Sue and It&rsquos So Easy to Everyday, Think It Over and Don&rsquot Ever Change.

Glenda Collins: Joe had complete faith in Glenda. He was planning a 17&mdashtrack LP featuring Glenda and The Riot Squad. Some of the tracks included: I (Who Have Nothing), This Girl, In The Midnight Hour, The White Cliffs Of Dover and One Way Love. Apart from Patrick Pink’s session on February 2nd 1967 &mdash these were the last tracks that Joe ever worked on. Michael Cox: Michael Cox’s version of Angela Jones was a massive hit in 1960 on Joe’s own short &mdash lived Triumph label. A brilliant stereo mix is in the Tea Chests. Other unissued tracks include: (I Wanna) Love My Life Away and Johnny B Goode &mdash the latter with the Krew Kats.

The Cryin’ Shames: Signed by Joe in 1966 &mdash they declined an offer for Joe to produce/record them and for Brian Epstein to manage them. Before much longer Joe was dead and the group had broken up. Amongst the 13 completed tracks for a proposed album were: Land Of A 1,000 Dances, She Belongs To Me, Gloria and My Girl.

Geoff Goddard: Geoff wrote huge hits for several acts as well as playing on hundreds of RGM releases, demos and unreleased tracks. Just a few of his great demos include: Sky Men, My Friend Bobby, Thunder Mountain and Just Like Eddie. Two particularly outstanding original demos are Come On You Sinner (vocal) and Wells Fargo (instrumental).

Heinz: Heinz has some interesting unissued material. Big Johnny Rhythm is a surprisingly robust and raucous track with a catchy hook. C’Mon Lets Go, Voices In The Wind and Casting My Spell are also excellent recordings.

The Honeycombs: Honeycombs unissued material includes the splendid instrumentals Hurricane, Music Train and Goldfinger. Before tragic events overtook him Joe was planning a Honeycombs Christmas LP, as other unreleased tracks include: My Prayer (re-make), Santa Claus Is Coming To Town and Silent Night. Following Dennis D’Ell’s departure the group recruited future Honeybus member Colin Boyd and recorded some outstanding harmony vocal tracks which have never seen the light of day including: I’ll Keep Holding On, Tell Me Baby, Something’s Up, I’ll Keep Holding On, Kind Of Girl and California Dreaming.

John Leyton: Joe Meek’s most successful solo artist. Many of John’s biggest hits including Johnny Remember Me (original version), Wild Wind and Son This is She all exist in breathtaking stereo as well as all of the tracks (ditto in vibrant stereo) from his 1961 debut LP – including: Oh Lover, Walk With Me My Angel, Fabulous and Voodoo Woman. Previously unknown Tea Chest tracks are: I’m Thankful, Now And Always, Friendship and No More Me And You.

The Outlaws: Meek’s house band played on numerous sessions and recorded many fine instrumentals in their own right. Their great LP Dream Of The West and excellent singles like Swingin’ Low and Ambush are all in the Tea Chest Tapes in fabulous stereo sound. There are unissued sides too such as Twangin’, Lonely Street, Ku Pow! (different take), Movin’ N’ Groovin’, Lire It Up, Range Rider, San Antonio Rose, Blue ango and at least half a dozen untitled numbers.

Screaming Lord Sutch: Probably one of the most famous popular music artists who never achieved a chart hit. His Lordship has a few unreleased tracks including Bye Bye Johnny, Johnny B Groode and Monster Man.

SUPERSTAR NAMES IN THE TEA CHEST TAPES

Marc Bolan (above): Former child model and future T Rex frontman Mark Feld recorded Mrs Jones with Joe Meek as a fifteen year old in 1963-Bolan experts can’t agree 100% if it is indeed him singing &mdash but there are more who think Yes’ than ‘No’.

David Bowie: As part of the Konrads, the young David Jones featured on the old Inez & Charlie Foxx number Mockingbird. It was recorded at 304 Holloway Road in 1963 and the master tape still exist. Ray Davies: In 1965, the Kinks supremo wrote some songs for the Honeycombs and went along to 304 Holloway Road to prepare some demos for the group to refer to. Something Better Beginning and Emptiness were the tracks in question.

Georgie Fame: Georg was a brilliant keyboard player and backed Gine Vincent and Eddie Cochran as a 16 year old w.. back in I960. There are master tape recordings of Georgie blasting his way through High School Confidential as well as a more sedate version of Living Doll.

Billy Fury: Joe Meek never recorded anything with Billy with a view to commercial release. For one thing, Billy was an established Decca recording artist and for another, Larry Parnes managed him. The Tornados Billy for a long time and Joe would often tape rehearsals at 304 Holloway Road for reference purposes. The tapes still exists.

Tom Jones: Tom recorded seven tracks for Joe but found fame with Decca instead. Four of the RGM sides appeared on Columbia in 1965 &mdash even though Tom disowned them. Chills And Fever and Baby I’m In Love (both brilliant and fired up by the addition of Ritchie Blackmore on lead) only appeared in the USA while It’s You That Needs Me Now remained unheard for over 44 years!

Jonathan King: Shortly before coming to pop prominence in 1965 with his self-penned Everyone’s Gone To The Moon, King (with a group billed as the Kandies) cut several tracks with Joe. They included All You Gotta Do Is Love Me, Every Time, Lovely Lovely and You Need Love.

Alvin Lee / TYA: Future guitar superhero Alvin Lee of Ten Years After recorded at 304 Holloway Road shortly after a stint at Hamburg’s Star Club (ending in early 1963). Alvin & The Jaybirds taped a splendid performance of the driving instrumental Husky Team as well as the untitled Alvin’s Tune.

Gene Vincent: Gene appeared in Live It Up along with Heinz. Temptation Baby (featured in the film) was released on a Columbia single coupled with Where Have You Been All My Life. These tracks (along with different takes) exist in glorious stereo. There’s also a fantastic unissued version Money Honey, with Gene backed by Sounds Incorporated.

Steve Marriott: Before finding fame and fortune with the Small Faces the young actor / singer Steve Marriott came to Joe Meek’s attention whilst appearing in the l963 film Liv Up, which also starred Joe’s protege Heinz. Tne 16-year-old Stevie recorded at 304 Holloway Road. The track City Lights (long thought to have been by Marriott) finally turned out to be by a long forgotten group called the Birds Of Prey. However Love Gone Away is definitely by Steve Marriott.

Rod Stewart: 16 year old Rod auditioned for Joe in 1961 as part of The Raiders (who became The Moontrekkers). Joe kept the group &mdash but Rod was dismissed. He did perform versions of Elvis and Eddie Cochran songs for his audition &mdash but it can’t yet be confirmed that these recordings have survived or not.

Freddie Starr: Long before he hit comedy stardom Freddie had been a convincing singer and his outrageous studio antics certainly enraged Joe Meek. Freddie Starr And The Midnighters had three RGM releases during 1963/64. There are several unreleased recordings including A Fool Like Me and I’m Not A Juvenile Delinquent.

Status Quo: Francis Rossi’s pre-Quo group recorded at Holloway Road around 1963. Even though he didn’t sign them up, Joe liked them and suggested that they should change their name to The Palaminos. They cut three tracks, which still survive in excellent quality. I Gave My Heart, I Won’t Miss You and Love My Life Away.

POSTSCRIPT: THE AUCTION

The Tea Chest Tapes were part of a massive auction of pop and rock memorabilia at the Idea Generation Gallery in London on September 4th. Joe’s tape archive was in good company along with one of Jimi Hendrix’s Stratocasters (sold for £280,000), The Beatles very first recording contract (sold for £240,000) and numerous other stellar lots.

Joe’s tapes apparently sold for £170,000. I say apparently &mdash because nothing Joe Meek-related ever seems to be straightforward. The tapes were subsequently withdrawn and are, therefore, currently back with Cliff Cooper. It is rumoured that he is in negotiations with a prospective buyer &mdash but, at the time of writing, nothing is officially confirmed. The saga of the Tea Chest Tapes continues!


The Pre-Park Years, 1795-1871

1795 — The first written description of the river now known as the Yellowstone was penned.

1797-1798 — David Thompson, explorer and geographer in the British fur trade of the Northwest, used the words “Yellow Stone” in notes he made while visiting Mandan villages on the upper Missouri. It is uncertain exactly how the words originated, although the canyon walls which tower over the river near its headwaters look like “Yellow Rock.” (1: p.4)

1805-06 — The Lewis and Clark expedition, as they made their way through what is now Montana, heard reports of a volcano to the south which sounded like thunder and made the earth tremble. For whatever reason, they did not investigate. (2: p.18)

1808 — John Colter, who had traveled with Lewis and Clark, visited the area, probably the first white man to get a glimpse of Yellowstone. (1: p.35)

1827 — The first written account of the Yellowstone region appeared in a Philadelphia newspaper, but it appears not to have been taken seriously because of the wild tales told therein. (2: p.20) Also, trapper Daniel T. Potts composed one of the earliest letters regarding present-day YellowstonePark, in which he described the thermal features in the area. (1: p.41-43)

1829— Trapper Joe Meek stumbled upon what is now known as the Norris Geyser basin area. His stories of “fire and brimstone” were met with unbelief. (1: p.43)

1830年代 — Mountain man Jim Bridger began exploring the Yellowstone region. Few believed the outlandish stories of waterfalls spouting upwards and petrified “birds and trees” which he repeated over and over. (2: p.23-24)

1834 — Warren Angus Ferris, clerk of the American Fur Company, visited what is now YellowstonePark and made a name for himself. He was the first actual “tourist” to visit the Yellowstone region (that is, he did so purely out of curiosity), he was the first to provide an adequate description of a geyser, and the first to apply the word “geyser” to Yellowstone’s thermal features. (1: p.46-47)

1835-39 — Trapper Osbourne Russell, during the height of the “Trapper Era,” ventured into the Yellowstone region three times, traveling the shores of YellowstoneLake and many of the thermal areas and smaller lakes to the south of YellowstoneLake. (1: p.49-52)

1842 — Another account of the Yellowstone region was published anonymously by ex-trapper Warren Ferris in the Western Literary Messenger. Ferris was the first to identify the park’s thermal features as “geysers,” a term which had originated in Iceland.

1850’s-60’s — The struggle over slavery, the American Civil War which it led to, the immediate aftermath of that war, and skirmishes with Indians kept the United States government from sending an official exploration party to the Yellowstone region. (2: p.34)

1863 — A group of prospectors, headed by “Colonel” Walter Washington deLacy, pushed into the southern portion of YellowstonePark, where they encountered some thermal features. A few years afterward, deLacyLake appeared on a map of the area, until the name was changed to the present-day ShoshoneLake. (1: p.64-65)

1865 — Father Francis Xavier Kuppens, a young Jesuit priest serving near Great Falls, Montana, was guided into present-day YellowstonePark by a group of Piegan Indians. Among other things, he visited the Grand Canyon of the Yellowstone and the geysers of the FireholeBasin. Later that year, Kuppens had opportunity to describe his incredible journey to Acting Territorial Governor Thomas Francis Meagher, who at that time is credited with suggesting that is such a place of wonders did exist, it should be preserved as a national park. (1: P.89-90)

1868 — Frederick and Phillip Bottler became the first settlers between Bozeman and the present Park. The Bottler Ranch was at first a jumping point for hunting and prospecting. (1: p.81)

1869 — Three mine workers named David E. Folsom, Charles W. Cook and William Peterson set out to explore the Yellowstone region. They visited the Grand Canyon of the Yellowstone, saw the teeming wildlife in the area, and experienced the geysers and boiling pools. According to their recollection, they realized the area needed to be preserved from commercialization. After returning from their outing, Cook and Folsom wrote articles about their trip, but reputable magazine’s refused to publish what they considered as unreliable stories. (1: p.91-101)

1870(Photo: The Hayden Survey team, Red Butte, Wyoming. Hayden is seated at the far end of the table and Jackson is standing at the far right. Click on the photo to hear William Jackson talking about the rumors of the Yellowstone region.) Following years of wild rumors about the Yellowstone region and on the heels of the Folsom-Cook-Peterson party, a group of gold prospectors, curious private citizens and government surveyors penetrated the Yellowstone region and beheld the truly glorious wonders of the area. Those who gazed upon the area realized the priceless nature of the region and began striving to make certain the region was preserved from development so that all Americans could have the opportunity to gaze upon and enjoy its wonders.

The party of gold prospectors included A. Bart Henderson, James Gourley, Adam Miller, Ed Hibbard and a man simply known as “Dad.” They attempted to prospect for gold in the Lamar Valley area. Over the summer months they spent in the area, they had near-death encounters with buffalo, grizzlies and Indians. Although they named several natural features in the area, they were unsuccessful in regards to finding gold, and the short era of the prospector in Yellowstone Park came to an end. (1: p.81-82)

The most famous of the 1870 parties which explored the Yellowstone region was the group led by Henry D. Washburn, surveyor-general of the Montana territory. This famous Washburn party, which is credited with “discovering” Yellowstone, consisted of National Pitt Langford (the scribe of the group and later selected as the first Park Superintendent), Cornelius Hedges and Walter Trumbull (journalists who helped the nation to understand that the reality of the wonders of Yellowstone following the expedition), Truman C. Everts (the oldest of the group, he became separated from the party and hopelessly lost in the Yellowstone wilderness for thirty-seven days as winter approached he survived the ordeal and his incredible story helped to further arose the nation’s interest in Yellowstone) and First Lieutenant Gustavus Doane (a veteran of the US Calvary, he headed the military escort which accompanied the group and made an official report of the journey to US government). During the expedition, Washburn named “Old Faithful.” (3)

1871 — Upon hearing Langford’s account of the previous year’s expedition into the Yellowstone region, Ferdinand V. Hayden, a Civil War veteran and head of the US government’s new geological survey, was appointed by Congress to make an official exploration into the region. Hayden assembled a variety of geologists, botanists and zoologists as well as artist Thomas Moran and photographer William H. Jackson. The party was stunned by the wonders and beauty they saw. Moran’s watercolors and Jackson’s photographs were proof of the wonders. Hayden made a 500-page report to Congress, and the lobbying to make Yellowstone a national “park” began. (1: p.141-155)

References cited are from Aubrey L. Haines, The Yellowstone Story, Volumes 1 and 2, 1977 editions.


Hillsboro Historical Society

This land was the home of the Atfalati people who had developed a successful civilization for many millennia before the Euro-Americans arrived. Over the years the Atfalati name was changed they became known as the Tualatin People.

The Tualatin population was drastically reduced after explorers came to the Pacific Northwest. Beginning in 1780, a series of outbreaks of smallpox, influenza, measles, and respiratory diseases took the lives of many. When retired trappers, missionaries, and later the Euro-American settlers arrived, the indigenous people received almost no notice in pioneer generational accounts. Most Europeans and Americans got their first view of the Oregon Indian culture when their “communities were disorganized and demoralized by disease and a massive death rate.” reported Jeff Zucker, Kay Hummel, and Bob Høgfoss in Oregon Indians: Culture, History, and Current Affairs.

いつ David Hill arrived, the Atfalati People who had survived were settled around Wapato Lake .

David Hill named his settlement コロンビア 。 He built a cabin, wrote back to his boyhood friend, Lawrence Hall , praising Columbia and urging Hall and his family to “pull up stakes” and come west.

Photos: Camas Meadow, Wilkes Map of 1841, Map of Wapato Lake Reservation, Found artifacts . 。 。

Camas Meadow on the Tualatin Plains outside Hillsboro, Oregon

Mountain Men and their Tender Ties

Who was here before David Hill? There were not many people.

Two years earlier, on Christmas Day in 1840, the former Mountain Men and their families had arrived.

Joe Meek, Robert Newell, Caleb Wilkins, George Ebbert, William Craig, and William Doty were friends, having trapped together over the years. They had all taken indigenous women for their wives. They headed west looking for “elbow room” wanting land to build their homes.

In December 1840, Meek, Newell, Ebberts, Wilkins, Craig, Doty and their families were reunited on the west side of the Willamette River where they set up camp on a hill overlooking the falls. They all wanted land to build homes. “The camp was raised and the party proceeded to the Plains, where they arrived at Christmas and went into camp again. The hardships of mountain life were light compared to the hardships of this winter.”

Mary “Pigeon” Doty (Doughty) Shoshone, the wife of William Martin Doty had arrived in the Oregon Country with their two children in September 1840.

Three Nez Perce sisters from the Rocky Mountains and their American Mountain Men husbands made it to the Tualatin Plains and were joined by other trapper families.

Virginia Meek , was the Nez Perce, wife of Joe Meek, and their baby boy, Courtney Walker Meek , was a year and a half old.

Kitty Newell , Nez Perce, sister to Virginia Meek, wife of Robert “Doc” Newell had three children. Francis Ermatinger was five, William Moore two, and Marcus Whitman , two and half months old.

Catherine Wilkins , wife of Caleb Wilkins, was the third of the Nez Perce sisters. She had one child traveling with her, two-year-old George Wilkins .

Fanny Ebbert , wife of George Ebbert, was also Nez Perce.

Isabel Craig , Nez Perce, was with her husband William Craig. She had given birth on September 10 to a baby boy, Joseph William , in Lapwai.

These American men: Meek, Newell, Wilkins, Ebbert, and Doty along with David Hill would go on to establish the provisional government.

“The winter proved a very disagreeable one. Considerable snow fell early, and went off with heavy rains, flooding the whole country. The little camp on the Tualatin Plains had no defense from the weather better than the Indian lodges and one small cabin built by Doughty on a former visit to the Plains…but in the dryer climate in the Rocky Mountains it had not seemed such a miserable life, as it now did, where for months together, the ground was saturated with rain, while the air was constantly charged with vapor. As for going anywhere, or doing anything, either was equally impossible. No roads, the streams all swollen and out of banks, the rains incessant, there was nothing for them but to remain in camp and wait for the return of spring.” Frances Fuller Victor, The River of the West: Life and Adventure in the Rocky Mountains and Oregon.

The trappers, their wives, and children listened to the pounding of the rain on the leather skins sheltering them.

Hunkered down in hide lodges, the wet weather made for miserable conditions. The women cooked over open fires. The men found food to eat, and wood to stay warm in the rain and snow.

Newell wrote, “The Oregon country is not all it was said to be. The climate is the worst I’ve seen.” Meek’s comment, “Well, a feller sure never go thirsty here.” They lived on boiled wheat, from the Hudson’s Bay Company.

From Judy Goldmann, great-granddaughter of Joe Meek:

A quote from memoirs of the Meek family, given by Virginia, Joe’s wife –

“Oh, but it was cold and lonesome [Dec 18, 1840]. Mr. Meek hurried and built a bark house and had a nice fire and made it nice and warm, but I couldn’t help it, I was lonesome and homesick for my people. There was plenty of game and fish in the creek [McKay] and they were never hungry. Mr. Meek would say, ‘Never mind, Virginia, never mind. In the spring you will see the nicest country you ever saw.’ Sure enough, the next spring everything was nice and green, and she found the prettiest flowers she had ever seen and the largest strawberries, but she couldn’t help being lonesome and homesick. They picked out the land for their farm, built a log house and planted a garden. She was influential in choosing their farm where the land was easily cleared.”

Puget Sound Agricultural Company

In 1836, several families in the dairy business in England were selected to proceed to the York Factory in Canada, then to Red River to work at the Red River Experimental Farm. John Johnston and his wife Joyce were one of the families. Thomas Otchin and wife Mary were also employed on the Experimental Farm in Red River. [Within six years after leaving the U.K., the Johnston and Otchin families would be living in the Glencoe area.]

In 1839 Hudson’s Bay Company signed an agreement with the Russian-American Company. The Puget Sound Agricultural Company was a joint-stock company created in 1840 to supply the trading posts of Russian America [now Alaska]. Primary stations were in the Pacific Northwest and centered at Fort Nisqually (near present-day Olympia, Washington) and the Cowlitz Farm which operated many large farms in the area of Fort Victoria on Vancouver Island.

A number of French-Canadian employees of the HBC had become farmers on French Prairie in the Willamette Valley. However, they were not interested in relocating. In 1841, a call went out to Scotland. Farmers there did not find the deal offered worthwhile.

The only successful source of early colonists for the PSAC would come from the Red River colony however, the farmers wanted to be able to purchase their own farms. Finding many families unwilling to sign provisions, Duncan Finlayson felt pressure to get a number of willing emigrants as previously ordered by HBC. Without the approval of Sir George Simpson or the Committee, he announced that the farmers could be able to purchase the farmlands they would work on around Cowlitz Farm.

Illustration: New Archangel, 1805 Public Domain — The current name Sitka (derived from Sheet’ká, a contraction of the Tlingit Shee At’iká)

By Ginny Mapes Advisory Historian to The Hillsboro Historical Society


ビデオを見る: Chas Hodges talks about Joe Meek. (かもしれません 2022).