ニュース

シンプソン大学

シンプソン大学


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

カリフォルニア州レディングにあるシンプソン大学は、聖書と専門的な研究を提供する私立の公認リベラルアーツ大学であり、世界的な宣教活動と宣教活動の推進で有名な福音派のキリスト教宣教師同盟の認定メンバーです。 1921年、大学はワシントン州シアトルにシンプソンバイブルインスティテュートとして設立されました。ニューベリーは当初、精神的な成長を促進し、特に海外でのキリスト教の生活と奉仕のために学生を準備するために設計されました。この研究所は、19世紀後半に聖書研究所運動を開拓した長老派牧師アルバートベンジャミンシンプソンにちなんで名付けられました。キリスト教と宣教師の同盟。学校は1955年にカリフォルニア州サンフランシスコに移転しました。その年、名前はシンプソン聖書学校に変更されました。1971年に、学校は専門家と聖書の研究を提供することによってリベラルアート大学になりました。シンプソンカレッジに改名されました。 1989年に、この機関は現在のレディングに移転しました。現在、シンプソンは24の学士号プログラムと4つの修士号プログラムを教育と省庁で提供しています。準学士号プログラムには、聖書研究、牧歌研究、教師向けの社会科学が含まれます。成人の学位取得プログラムであるASPIREは、学生がわずか16か月で学位を取得するのに役立ちます。シンプソン大学には、さまざまなキリスト教宗派を代表する約1,250人の学生が在籍しています。約50%がキリスト教と宣教師の同盟のメンバーであり、その他は30以上の宗派といくつかの独立した教会に関係しています。少人数のクラスでは、学生は個人的な学習環境で教授と1対1で交流する機会があります。キャンパスは約90エーカーで構成され、その上に12の主要な建物があります。グラブスラーニングセンターにある9,200平方フィートの施設である図書館は、100,000を超えるボリュームを収容し、115の座席を提供します。課外オプションは、アートクラブから学生自治会、壁内スポーツまで多岐にわたります。レッドホークスとして知られるスポーツチームは、カリフォルニアパシフィックカンファレンスの全米大学間陸上競技協会(NAIA)に出場します。


ステッカーの価格と実際の価格には大きな違いがあります。 数学をやってみましょう! シンプソンはあなたが思っているよりも安いです!

私たちの学生の多くはダブルメジャーです、 そして彼らは4年以内に卒業します。

卒業生の98.6%が雇用を報告しました 卒業後6か月以内の大学院、軍隊、またはサービスの登録/準備。

シンプソンは アイオワで唯一の私立大学 包括的なスピーチとディベートプログラムで。

シンプソンの 同窓生はいたるところにいます! 専門家、専門家、起業家の世界的なネットワーク。


シンプソンカレッジには、アイオワの歴史を保存し、促進することを主な目的とするアイオワ歴史センターがあります。センターは興味深い講演者をキャンパスに連れてきて、アイオワの歴史のより良い理解と理解を促進するためのプログラムを作成します。アイオワ歴史センターを詳しく見てみましょう。

教職員

M.レベッカリビングストーン

歴史学部長|歴史学教授

ニックプロクター

ダリルサッサー

客員教授、アイオワ歴史センター助監督、キャンパス持続可能性ディレクター


教職員

私たちは各生徒との強い関係を築くことに専念しているので、あなたはこれらの顔をよく知ることができます。名前、役職、学部、または分野と研究プログラムでフィルタリングして、探している人を正確に見つけます。

  • NS
  • NS
  • NS
  • NS
  • e
  • NS
  • NS
  • NS
  • NS
  • k
  • l
  • NS
  • NS
  • o
  • NS
  • NS
  • NS
  • NS
  • NS
  • u
  • v
  • w
  • NS
  • y
  • z

ストームアスレチックス

メイソンサンダー

ビジネスおよび財務/コントローラーのアシスタントバイスプレジデント

シェリー・アルドリッジ

売掛金ディレクター

イグナシオアルバレス

ウェストデモインキャンパスディレクター兼アカデミックアドバイザー

セス・アンデルセン

カルバーセンター事務局長

デビッドアンダーソン

コンピュータサイエンスの教授

マラベイリー

キム・バルテス

ケドロン・バードウェル

政治学科長/政治学教授

ドーンバーンズ

転送登録のディレクター

リック・バレット

会計学非常勤教授

ミミ・バートリー-ナンカロウ

人事部長

ルーク・ベハウネック

ジェニファー・ベニントン

アカデミックアシスタント-音楽

ジョン・ブノワ

音楽学科/音楽教授-トロンボーンと音楽理論

リンダ・ブノワ

音楽教育アーティスト-ヴァイオリン/ヴィオラ

コビーバーグ

ハイディバーガー

レニービアステッド

アドミッションコミュニケーションスペシャリスト

ケルシーボルトン

心理学の非常勤教授

ローリーバウアーズ

アドミッションテクノロジー&CRMマネージャー

ジャッキー・ブリッティンガム

自然科学部長生物学教授

キャロリン・ブロディ

コンピュータサイエンスの助教授

マーク・ブローディー

コンピュータサイエンス学科准教授

イーサンブラウン

レジデンスライフ助監督

シャテイシャブルース

アダム・ブラストカーン

化学/物理学准教授、化学/物理学共同学科長

タイラーブラー

Cal Busby

アスレチックトレーニングプログラムディレクター/スポーツ科学助教授

ロビン・ブスマン

JJバッツ

英語准教授

パトリシア・カルキンス

メイヴ・カラン

宗教部門の議長|女性とジェンダー研究プログラムのディレクター|異教徒間のフェロープログラムの共同ディレクター|宗教の准教授

マデリーンカノ

ダイバーシティ、インクルージョン、アクセスのアシスタントディレクター

リサ・カルポネッリ

マルチメディアコミュニケーション准教授、経営学部長、マルチメディアコミュニケーション

カレブカーバー

ポールキャッスルベリー

自然科学の非常勤教授

ローラ・セサルコ・エグリン

スペイン語助教|世界の言語と文化の研究

崔ユンホ

経済学助教

ジェニー・クラーク

年次寄付のサポートスペシャリスト

ロレッタコリンズ

オペレーションスペシャリスト、継続および大学院プログラム部門

サンディコンドン

教育記録管理の管理アシスタント

ケネスL.コンバース

マルツィア・コーニ・ベンソン

財団および政府支援プログラムのディレクター

ステファニー評議会

音楽の助教授–合唱活動のディレクター

シェーンコックス

会計学准教授

ポール・ヴィンセント・クレイヴン

コンピュータサイエンス学科長/コンピュータサイエンス教授

ポール・クリテンデン

コンピュータシステム管理者

カトリーナカミングス

教員養成助教

キャロリン・ダリンジャー

社会学および刑事司法学科長/ソーシャルワークおよび刑事司法教授

イグナシオアルバレス

ウェストデモインキャンパスディレクター兼アカデミックアドバイザー

ケドロン・バードウェル

政治学科長/政治学教授

リンダ・ブノワ

音楽教育アーティスト-ヴァイオリン/ヴィオラ

ハイディバーガー

ケルシーボルトン

心理学の非常勤教授

ジャッキー・ブリッティンガム

自然科学部長生物学教授

キャロリン・ブロディ

コンピュータサイエンスの助教授

マーク・ブローディー

コンピュータサイエンス学科准教授

アダム・ブラストカーン

化学/物理学准教授、化学/物理学共同学科長

Cal Busby

アスレチックトレーニングプログラムディレクター/スポーツ科学助教授

JJバッツ

英語准教授

パトリシア・カルキンス

メイヴ・カラン

宗教部門の議長|女性とジェンダー研究プログラムのディレクター|異教徒間のフェロープログラムの共同ディレクター|宗教の准教授

リサ・カルポネッリ

マルチメディアコミュニケーション准教授、経営学部長、マルチメディアコミュニケーション

ポールキャッスルベリー

自然科学の非常勤教授

ローラ・セサルコ・エグリン

スペイン語助教|世界の言語と文化の研究

崔ユンホ

経済学助教

ステファニー評議会

音楽の助教授–合唱活動のディレクター

シェーンコックス

会計学准教授

ポール・ヴィンセント・クレイヴン

コンピュータサイエンス学科長/コンピュータサイエンス教授

カトリーナカミングス

教員養成助教

キャロリン・ダリンジャー

社会学および刑事司法学科長/ソーシャルワークおよび刑事司法教授

ジェイソン・ディネセン

リンゼイ・ディッツラー

化学および物理学の准教授、学部研究の共同ディレクター

エイミー・ドーリング

生物学の共同部門の議長/生物学の教授

ジョージ・ドハティIV

音楽教育アーティスト-トランペット

ジェイシー・ダウニー

ヘルスサービスリーダーシップの助教授、ヘルスサービスリーダーシップのプログラムディレクター

エイプリルドラム-ヒューイット

心理学助教|神経科学プログラムのディレクター

ベル・デュシェーヌ

スティーブダフィー

研究図書館員、准教授

Cyd Dyer

Christy Eckerty

音楽教育アーティスト-ピアノ

マイク・エッカーティ

音楽教授-インストルメンタルアンサンブル/ファゴットのディレクター

ローラエリクソン

音楽教育アーティスト-ハープ

ドン・エヴァンス

社会科学部長/心理学科長/心理学教授

シンディフリーグル

マーク・フライバーグ

エイドリアン・ガスマン

政治学助教

リック・ゲッツ

演劇芸術のインストラクター

ジェームス・グラン

経営学非常勤教授

マークグリーン

リズ・グリムスボ

研究図書館員、助教

マーシーハーン

大学院教員養成プログラムディレクター、教員養成准教授

コーヤン・ハリガン

キンバリーヘルトン

音楽教育アーティスト-フルート

クリントハントロッド

スポーツ科学と健康教育の助教授

Judex Hyppolite

経済学助教

サンドラジェニングス-ハモンド

経営学非常勤教授

シャロンジェンセン

教師教育教授

Linda Jermeland

ライセンスリエゾン/教師教育のインストラクター

ストームアスレチックス

メイソンサンダー

ビジネスおよび財務/コントローラーのアシスタントバイスプレジデント

シェリー・アルドリッジ

売掛金ディレクター

セス・アンデルセン

カルバーセンター事務局長

マラベイリー

キム・バルテス

ドーンバーンズ

転送登録のディレクター

ミミ・バートリー-ナンカロウ

人事部長

ルーク・ベハウネック

ジェニファー・ベニントン

アカデミックアシスタント-音楽

コビーバーグ

レニービアステッド

アドミッションコミュニケーションスペシャリスト

ローリーバウアーズ

アドミッションテクノロジー&CRMマネージャー

イーサンブラウン

レジデンスライフ助監督

シャテイシャブルース

タイラーブラー

ロビン・ブスマン

マデリーンカノ

ダイバーシティ、インクルージョン、アクセスのアシスタントディレクター

カレブカーバー

ジェニー・クラーク

年次寄付のサポートスペシャリスト

ロレッタコリンズ

オペレーションスペシャリスト、継続および大学院プログラム部門

サンディコンドン

教育記録管理の管理アシスタント

ケネスL.コンバース

マルツィア・コーニ・ベンソン

財団および政府支援プログラムのディレクター

ポール・クリテンデン

コンピュータシステム管理者

ジェシカ・ダニエルソン

パートタイムメールルームスーパーバイザー

ニコールダーリン

学生活動/学内のアシスタントディレクター

ローラ・デイヴィソン

教員サポート-マクニールホール

サラ・ダビット

ローリー・デュフォー

キャリア開発アシスタントディレクター

シェリルイートン

学生雇用コーディネーター&財政援助カウンセラー

アンディイングリッシュ

同窓会ディレクター

ジョディ・ユーバンク

教員養成および学術資源センター(CAR)の管理アシスタント


コンテンツ

カリフォルニア州サンフランシスコで生まれ育ったシンプソンは、病院の管理者であるユーニス(ニーダーデン)と、シェフ兼銀行の管理人であるジミーリーシンプソンの息子です。 [6]彼の父親は、サンフランシスコベイエリアで有名なドラッグクイーンでした。後年、ジミー・シンプソンは彼が同性愛者であり、1986年にエイズで亡くなったと発表した。[7] [8]

シンプソンの母方の祖父母はルイジアナ出身であり、彼の叔母は彼にオレンタールという名前を付けました。彼女はそれが彼女が好きなフランスの俳優の名前であると言いました。 [9]彼は「O.J.」と呼ばれた。生まれてから、教師が3年生でそれを読むまで、Orenthalが彼の名であることを知りませんでした。 [10]シンプソンには、1人の兄弟、メルビン・レオン「トルーマン」シンプソン、1人の生きている姉妹、シャーリー・シンプソン・ベイカー、および1人の亡くなった姉妹、カーメリータ・シンプソン-デュリオがいます。子供の頃、シンプソンはくる病を発症し、5歳まで足にブレースを装着し[11]、内反膝の姿勢を示した。 [12]彼の両親は1952年に別居し、シンプソンは母親に育てられた。 [13]

シンプソンはサンフランシスコで育ち、ポトレロヒル地区の住宅プロジェクトで家族と一緒に暮らしました。 [14] 10代前半に、彼はペルシャの戦士と呼ばれるストリートギャングに加わり、サンフランシスコ青年指導センターに一時的に投獄された。 [11]子供の頃の恋人である将来の妻マルケライトは、シンプソンを「当時は本当にひどい人」と表現した[15]。 [12]サンフランシスコのガリレオ高校(現在はガリレオ科学技術アカデミー)で、シンプソンは学校のサッカーチームであるガリレオライオンズでプレーしました。彼は1965年に卒業しました。

シンプソンはガリレオのオールシティフットボール選手でしたが、彼の平凡な高校の成績は彼が多くの大学のリクルーターの興味を引くことを妨げました。ベトナム戦争で幼なじみが負傷したことでシンプソンは軍隊に留まらなくなった後、1965年にサンフランシスコ短大に入学した。[12]彼はランニングバックとディフェンシブバックの両方でサッカーをし、ジュニアに指名された。ランニングバックとしての大学全米チーム。 [16]シティカレッジはロングビーチ州立大学に対してプルーンボウルを勝ち取り、多くのカレッジはシンプソンをサッカーの転校生として求めた。 [12]

シンプソンは、ユタ大学で若いサッカーファンとして賞賛していた南カリフォルニア大学(USC)に通うことを選択し[12]、1967年と1968年にジョンマッケイのヘッドコーチのランニングバックを果たしました。[17]シンプソンはマッケイの下で両方の年を急いでいる国:1967年に1,543ヤードと13回のタッチダウンで、そして1968年に383キャリーで1,880ヤードで。 [18]

1967年のジュニアとして、シンプソンはUCLAのクォーターバックゲイリーベバンに投票するハイズマン賞の次点者でした。その年のチーム間のVictoryBellのライバルゲームでは、USCは第4四半期に6ポイント減少し、残り11分未満でした。 USCのバックアップクォーターバックであるTobyPageは、自分たちの36で、3番目と7番目に可聴音を鳴らしました。シンプソンの64ヤードのタッチダウンランがスコアを結び、追加ポイントは21-20のリードを提供し、これが最終スコアでした。 [19]これは、20世紀で最も偉大なサッカーゲームの1つと見なされているものの中で最大のプレーでした。 [20]

同じゲームでのもう1つの劇的なタッチダウンは、アーノルド・フライバーグの油絵の主題です。 O.J.日光のためのシンプソン休憩。シンプソンはまた、1967年にウォルターキャンプ賞を受賞し、2度のコンセンサスオールアメリカンでした。 [21]

シンプソンは1967年に意欲的な陸上競技選手であり、スタンフォード大学で当時の英国の記録保持者であるメンジーズキャンベルとの100メートルレースで負けました。 [22]南カリフォルニアでサッカーをする前に、彼は1967年6月17日にユタ州プロボで開催されたNCAAトラック選手権で4×110ヤードリレーで世界記録を破ったUSCスプリントリレーカルテットで走った。[23]

1968年のシニアとして、シンプソンはレギュラーシーズンに1,709ヤードと22回のタッチダウンを急いで行い、ハイズマン賞、マクスウェル賞、ウォルターキャンプ賞を受賞しました。彼は51年間、ハイズマンの最大の勝利マージンの記録を保持し、次点のリロイ・キーズを1,750ポイント下しました。元旦のローズボウルでは、#2 USCがトップランクのオハイオ州立シンプソンに直面し、27-16の損失で80ヤードのタッチダウンランを含む171ヤードで走りました。 [24]

統計

USCトロージャンズに関するシンプソンの統計
季節 急いで 受信
Att Yds 平均 TD Rec Yds 平均 TD
1967 291 1,543 5.3 13 10 109 10.9 0
1968 383 1,880 4.9 23 26 211 8.1 0
合計[25] 674 3,423 5.1 36 36 320 8.9 0

バッファロービルズ

1969年のAFL–NFL共通ドラフトの最初の選択は、1968年に1–12–1を終えた後、AFLのバッファロービルズによって開催されました。シンプソンを獲得しましたが、彼はプロスポーツ史上最大の契約である5年間で65万ドルを要求しました。シンプソンが俳優になり、プロサッカーをスキップすると脅したため、これはビルズの所有者ラルフウィルソンとの対立につながりました。最終的に、ウィルソンはシンプソンに支払うことに同意した。 [26] [27]

シンプソンは大きな期待を持ってプロサッカーに出場しましたが[26] [27]、最初の3年間は苦戦し、シーズンあたり平均622ヤードしかありませんでした。 [28]ビルズのコーチ、ジョン・ローチは、ランニングバックの周りに攻撃を仕掛けたくないので、シンプソンにボールを走らせることを犠牲にしてブロックと受け任務を任せた。 1971年、ラウフはヘッドコーチを辞任し、ビルズはハーベイジョンソンを連れてきました。 [26] [29] [30]ジョンソンがシンプソンの新たな攻撃を考案したにもかかわらず、シンプソンはその年はまだ効果がなかった。 1971年のシーズン後、ビルズはジョンソンを解雇し、ルー・セイバンをヘッドコーチとして迎えました。 [26]ラウフとは異なり、サバンはシンプソンをビルズの攻撃の目玉にした。 [31]

1972年、シンプソンは彼のキャリアの中で初めて1,000ヤード以上急いで、リーグをリードする合計1,251ヤードを獲得しました。 1973年、シンプソンは、合計2,003ヤー​​ドのラッシュヤードと12回のタッチダウンで、非常に切望されていた2,000ヤードのラッシュマークを破った最初のプレーヤーになりました。 [28] [32]シンプソンは、7ヤードのラッシュでニューヨークジェッツとのシーズン最後の試合中にマークを破った。その同じゲームでは、シンプソンがジム・ブラウンのシングルシーズンのラッシュ記録である1,863ヤードを破りました。 [33]彼のパフォーマンスで、シンプソンはその年のNFLMVP賞とバートベル賞を受賞した。 [34] [35]シンプソン以来、他のプレーヤーが2,000ヤードのマークを破ったが、彼の記録は、1978年に始まった16ゲームシーズンとは対照的に、NFLがシーズンあたり14ゲームしかないときに確立された。[ 36]シンプソンはまだ14試合の急いで記録を保持しています。

シンプソンは、次の3シーズンのそれぞれで1,000ヤード以上のラッシュヤードを獲得しました。彼は1974年に急いでリーグをリードしませんでしたが、膝の怪我にもかかわらず、1,000ヤードの障壁を越えました。 [37] 1974年のゲーム11で、彼はアクティブなプレーヤーの間で急いでいるリーダーとしてケン・ウィラードを追い越しました。彼は5シーズン以上後に引退するまでその地位を維持しました。シンプソンはまた、1974年シーズン中に彼の最初で唯一のプレーオフ出演を果たしました。ピッツバーグスティーラーズとのディビジョンゲームで、シンプソンは15回の試みで49ヤード急いでタッチダウンパスをキャッチしましたが、ビルズは32–14で負けました。 [38]

シンプソンは1975年に再びラッシュタイトルを獲得し、1,817ヤードと16回のタッチダウンを急いで行いました。シンプソンはまた、そのシーズンにキャリア最高の426レシービングヤードと7レシービングタッチダウンを持っていました。 [28]シンプソンは1976年に再びリーグをリードし、1,503ヤードと8回のタッチダウンを急いだ。 [28]シンプソンは、11月25日のデトロイトライオンズとのそのシーズンの感謝祭の試合で、彼のキャリアの中で最高の試合をしました。その試合では、シンプソンは29回の試みで当時の記録的な273ヤードを急ぎ、2回のタッチダウンを記録しました。シンプソンのパフォーマンスにもかかわらず、ビルズは27–14で試合に負けるでしょう。 [39]

数週間前のペイトリオッツとの試合中に、ディフェンシブエンドのメル・ランスフォードと他の数人のペイトリオッツのディフェンダーがスーパースターを詰め込んで利益を得られなかったが、シンプソンが前進を続けようとしたとき、そのシーズンは弱気になり、ランズフォードは彼を地面に叩きつけた。シンプソンは立ち上がってランズフォードを殴り、ランズフォードは振り返った。ビルズのオフェンシブラインマン、レジーマッケンジーはその後、ランズフォードの背中に飛び乗ったが、ランズフォードは腰をかがめてマッケンジーを頭上に投げ、シンプソンでスイングに戻った後、2チームの近接戦が戦いを止めてフィールドに山積みになった。 1976年のシーズン11–3を終える途中でニューイングランドが20–10で勝利し続けたため、ペイトリオッツの堅実な防御が続いたため、ランズフォードとシンプソンはどちらもゲームから退場しました。ビルズは2-12で終了しました。

シンプソンは怪我のためにシーズンが短くなったため、1977年にはわずか7試合でプレーしました。 [9]

サンフランシスコフォーティナイナーズ

1978年シーズンの前に、ビルズはシンプソンを故郷のサンフランシスコフォーティナイナーズにドラフトピックのシリーズと交換しました。 [40]シンプソンはサンフランシスコで2シーズンプレーし、1,053ヤードと4回のタッチダウンを急いだ。 [28]彼の最後のNFLゲームは1979年12月16日で、アトランタフルトンカウンティスタジアムのアトランタファルコンズに31-21で敗れた。 [41]彼の最後のプレーは、3日と10日の10ヤードランで、最初のダウンだった。 [42]

略歴

シンプソンは11,236のラッシュヤードを獲得し、引退したときにNFLの史上最多のラッシュリストで2位になり、現在は21位に立っています。彼は1973年にNFL年間最優秀プレーヤーに選ばれ、6つのプロボウルでプレーしました。彼はNFLの歴史上、14試合のシーズンで2,000ヤード以上急いで走った唯一の選手であり、彼のキャリアの中で6つの異なる試合で200ヤード以上急いで走った唯一の選手です。 1972年から1976年まで、シンプソンは(14ゲーム)シーズンあたり平均1,540ラッシュヤード、キャリーあたり5.1ヤードで、NFLラッシングタイトルを4回獲得しました。 [28]シンプソンは、彼の資格の最初の年である1985年にプロフットボール殿堂入りした。 [43] 2019年に、彼はナショナルフットボールリーグ100周年記念オールタイムチームに指名されました。 [44]

シンプソンは、11シーズンの殿堂入りのキャリアの中でたった1つのプレーオフゲームでプレーしました。それは、1974年のバッファロービルズとピッツバーグスティーラーズのディビジョンプレーオフです。シンプソンは49のラッシュヤード、37ヤードの3つのレセプション、1つのタッチダウンに抑えられ、ビルズはスーパーボウルIXを勝ち取ったチームに14-32で敗れました。 [ 要出典 ]

シンプソンは、オレンジジュースの一般的な略語である「O.J.」の演劇として「ジュース」というニックネームを取得しました。 「ジュース」は、電気または電力の口語的な同義語でもあります。したがって、シンプソンのピークでのビルズの攻撃ラインは、「電気会社」と呼ばれていました。 [45]

レギュラーシーズン

チーム ゲーム 急いで 受信 ファム
GP GS Att Yds 平均 Lng TD Y / G A / G Rec Yds 平均 Lng TD Y / G R / G
1969 BUF 13 0 181 697 3.9 32 2 53.6 13.9 30 343 11.4 55 3 26.4 2.3 6
1970 BUF 8 8 120 488 4.1 56 5 61.0 15.0 10 139 13.9 36 0 17.4 1.3 6
1971 BUF 14 14 183 742 4.1 46 5 53.0 13.1 21 162 7.7 38 0 11.6 1.5 5
1972 BUF 14 14 292 1,251 4.3 94 6 89.4 20.9 27 198 7.3 25 0 14.1 1.9 8
1973 BUF 14 14 332 2,003 6.0 80 12 143.1 23.7 6 70 11.7 24 0 5.0 0.4 7
1974 BUF 14 14 270 1,125 4.2 41 3 80.4 19.3 15 189 12.6 29 1 13.5 1.1 7
1975 BUF 14 14 329 1,817 5.5 88 16 129.8 23.5 28 426 15.2 64 7 30.4 2.0 7
1976 BUF 14 13 290 1,503 5.2 75 8 107.4 20.7 22 259 11.8 43 1 18.5 1.6 6
1977 BUF 7 7 126 557 4.4 39 0 79.6 18.0 16 138 8.6 18 0 19.7 2.3 2
1978 SF 10 10 161 593 3.7 34 1 59.3 16.1 21 172 8.2 19 2 17.2 2.1 5
1979 SF 13 8 120 460 3.8 22 3 35.4 9.2 7 46 6.6 14 0 3.5 0.5 3
キャリア 135 116 2,404 11,236 4.7 94 61 83.2 17.8 203 2,142 10.6 64 14 15.9 1.5 62

NFLレコード

  • シーズン中に1,000ラッシュヤードを獲得した最速のプレーヤー:1973年の7試合で1,025、1975年の7試合で1,005(テレルデービスと提携)。 [46]
  • シーズン中に2,000ラッシュヤードを獲得した最速のプレーヤー:1973年の14試合で2,003。
  • シーズン中のゲームあたりの最も急いでいるヤード:1973年のゲームあたり143.1。

シンプソンはハイズマン賞を受賞した後、USCで演技を始めました。 ドラッグネット1967 LAPDへの潜在的な新人として話すことのない役割で。 [47]彼はプロのサッカーをする前にプロの俳優になり、の最初のエピソードに登場した 医療センター ビルズとの契約交渉中。 [10] NFLにいる間、シンプソンはテレビのミニシリーズなどの作品に出演しました ルーツ (1977)、そして劇的な映画 クランスマン (1974), タワーリングインフェルノ (1974), カサンドラクロス (1976)、および カプリコン1 (1978)。 1979年、彼は自身の映画制作会社であるOrenthal Productionsを設立しました。この会社は、主に家族向けなどのテレビ向けの運賃を扱っていました。 ゴールディとボクサー メリッサミカエルセン(1979年と1981年)との映画、そして コカインとブルーアイズ (1983)、NBCで提案された探偵シリーズのパイロット。 [ 要出典 ]

シンプソンは、撮影中にリー・マーヴィンとリチャード・バートンに会うまで、俳優としてのキャリアを真剣に考えていなかったと述べました クランスマン カリフォルニア州オロビルで、プライベートジェットを介してChasen'sに唐辛子を注文しました。 [10]彼は1980年に、「オスカーまたはエミー賞は、あなたがこのビジネスの能力のレベルに達したと言っています。私はそれが欲しいです」と述べました。 [47]シンプソンはブラックスプロイテーション映画に出演することを避け、マーヴィンやバートンのような経験豊富なスターを研究しながら、3番目または4番目の主役を選んだ。 [12] 1975年のヘルツのコマーシャルはシンプソンの俳優としてのキャリアに役立ったが、彼は時々意図的に非ポジティブな役割を選んだ。遊んでいる」。 [48]シンプソンもコメディに出演した ビーチに戻る (1987)と 裸の銃を持つ男 三部作(1988、1991、1994)。アーノルド・シュワルツェネッガーによると、シンプソンはジェームズ・キャメロン監督によって、 ターミネータ (1984)シュワルツェネッガーがカイル・リースとしてキャストされたとき、シンプソンが映画に関与していなかった間、キャメロンは最終的にターミネーターとしてシュワルツェネッガーをキャストしました。

彼の演技のキャリアに加えて、シンプソンはのコメンテーターとして働いた マンデーナイトフットボールNBCのNFL。 [49]彼はまたの聴衆に現れた 土曜日の夜のライブ 第2シーズン中に、第3シーズン中にエピソードをホストしました。 [50]

フロッグマン

シンプソンは、テレビのない2時間の長編映画パイロットに出演しました。 フロッグマン、 NS チームワーナーブラザーズテレビジョンが殺人の数ヶ月前の1994年に完成させた冒険シリーズのようなものです。シンプソンの逮捕がプロジェクトをキャンセルしたとき、NBCはまだシリーズを注文するかどうかを決定していませんでした。彼の家を捜索している間、警察はパイロットのビデオテープのコピーと同様に台本と日刊紙を手に入れました。検察は、元米国海軍シールのグループのリーダーを演じたシンプソンが、ナイフの使用を含む「かなりの量の」軍事訓練を受けたと報告しているが、 フロッグマン、そして彼が女性の喉にナイフを持っている場面があります、この資料は裁判の間に証拠として紹介されませんでした。 [51]

NBCの幹部ウォーレンリトルフィールドは1994年7月に、シンプソンが無罪判決を受けた場合、ネットワークはおそらくパイロットを放映しないだろうと述べたが、あるテレビジャーナリストは「フロッグマン NBCの孔雀がそのプルームを広げる前に、おそらく放送されているでしょう。」[52] 2時間の長さのほとんどのパイロットは、シリーズとして注文されているかどうかに関係なく、テレビ映画として放映されています。 ロサンゼルスタイムズ 後に報告された—「O.J。のすべてのものに対する欲求は飽くなきものに見えた」と、ワーナーブラザースとNBCは、巨大なスーパーボウルのようなテレビ視聴者が フロッグマン 映画。共演者のエヴァン・ハンドラーは、スタジオがそれを放映したりホームビデオで公開したりせず、推定1,400万ドルの利益を見送るという決定は、「広告およびテレビ事業にある程度の尊厳があることを示す唯一の証拠」であると述べました。 。 [51]

ジュース

2006年、シンプソンは彼自身の即興の隠しカメラいたずらテレビ番組に出演しました。 ジュース。このジャンルの典型であるシンプソンは、日常の人々を密かに撮影しながらいたずらをし、各いたずらの最後に「あなたはジュースを飲んだ!」と叫びました。あまり一般的ではありませんが、各エピソードは、ポン引きに扮したシンプソンの周りで踊るトップレスのストリッパーで始まりました。彼は自分のラップソングを歌っています。歌詞には「ジュースを止められないのはわかりません/床にいるときはゆるいライオンのようです/麻酔銃で撃ってください/ドン」愚かなことですが、私はバートという名前のシンプソンではありません。」あるエピソードでは、シンプソンはラスベガスの中古車ロットにいて、白いブロンコを売ろうとしています。 SUVの正面にある銃弾の穴は彼のサインで囲まれており、彼は「トラブルに巻き込まれて逃げなければならない場合、それは逃げることができる」と言って、見込み客にそれを売り込みます。 [53]「B-I-N-G-O.J。」と呼ばれる別のスケッチでは、シンプソンは別の男のガールフレンドと浮気をしているふりをしている。後に彼は、ビンゴのゲームを呼ぶことを切望する老人の白人に変身します。 ジュース ペイパービューテレビで1回限りのスペシャルとして放映され、後にDVDでリリースされました。 [54]

フィルモグラフィ

子供の頃、シンプソンはケザースタジアムでチケットをスキャルピングし、シートクッションを集めることでお金を稼ぎました。高校では、彼はダンスを組織し、バンドと社交ダンスを雇い、入場料を請求しました。 [12]チャックバーンズはシンプソンが彼のフットボールのキャリアの早い段階でシボレーとABCとのビジネス関係を形成するのを助けました。 1971年までに、 ニューヨーク シンプソンはすでに「彼が望むなら今週引退する」のに十分裕福だったと書いた。 [61]

1975年に 雑誌はシンプソンを「正真正銘の愛すべきメディアのスーパースターになった最初の黒人アスリート」と説明しました。 [15]彼は愛想の良いペルソナ、[62]美貌、そしてカリスマ性を多くの裏書取引で使用しました。 1975年から彼はHertzレンタカー会社の広告に登場しました。コマーシャルは、シンプソンがスピードを体現して空港を走り抜けている様子を描いており、他の人はハーツのスローガン「Go、O.J.、Go!」を彼に叫んだ。 [60]

シンプソンは、俳優としてのキャリアを支援するだけでなく、大成功を収めた「レンタカーのスーパースター」キャンペーンによって、出会った人々の認知率が30%から90%に上昇したと推定しています。 [12] Hertzの年間利益は最初の1年で50%増加して4,220万ドルになり、ブランド認知度は40%以上増加し[48]、視聴者の97%は、コマーシャルがHertzを宣伝し、一般的な「吸血鬼のビデオ」の問題を回避したことを理解しました。 。 [12]シンプソンは会社にとって非常に重要だったので、CEOのフランクオルソンが個人的に契約を交渉し、ヘルツは彼を有名人の支持者として異常に長い間使用しました。 [60] 広告時代 1977年にシンプソンを雑誌のスタープレゼンターオブザイヤー[48]と名付け、1984年までに消費者調査により、彼が最も人気のあるアスリートの支持者であることがわかり、ユーニスシンプソン主演の1990年代のMCIコミュニケーションズのコマーシャルが息子の作品を風刺した。シンプソンは1980年代後半までにヘルツのコマーシャルに登場することは少なくなりましたが、会社との関係は続き、ブラウンゴールドマン殺害の夜にヘルツの幹部やクライアントと会うためにシカゴに旅行しました。 [60]

シンプソンが承認したその他の製品には、パイオニアチキン、ハニーベイクドハム、カリストガウォーターカンパニーのナパナチュラルズソフトドリンク、ディンゴカウボーイブーツなどがあります。 O. J.シンプソンエンタープライズの社長兼最高経営責任者として、彼はホテルやレストランを所有していました。シンプソンとブラウンが1992年に離婚したとき、彼は資産が1,000万ドル、年収が100万ドルを超えていました。これには、ハーツからの550,000ドルが含まれます。 [60] 1994年6月の警察の追跡中に、観客は「Go、O.J.、Go!」と叫んだ。ハーツが所有する白いブロンコ[63]に乗ったシンプソンのスローガン。 [48]

At age 19 on June 24, 1967, Simpson married Marguerite L. Whitley. Together, they had three children: Arnelle L. Simpson (b. 1968), Jason Lamar Simpson [64] (b. 1970), and Aaren Lashone Simpson (1977–1979). In August 1979, Aaren drowned in the family's swimming pool. [65] [66]

Simpson met Nicole Brown in 1977, while she was working as a waitress at a nightclub called The Daisy. [67] [68] Although still married to his first wife, Simpson began dating Brown. Simpson and Marguerite divorced in March 1979. [69] [70] ( pp126–28 )

Brown and Simpson were married on February 2, 1985, five years after his retirement from professional football. [71] The couple had two children, Sydney Brooke Simpson (b. 1985) and Justin Ryan Simpson (b. 1988). [72] The marriage lasted seven years, during which Simpson pleaded no contest to spousal abuse in 1989. [73] Brown filed for divorce on February 25, 1992, citing irreconcilable differences. [70] ( p136 ) In 1993, after the divorce, Brown and Simpson made an attempt at reconciliation, but according to Sheila Weller "they were a dramatic, fractious, mutually obsessed couple before they married, after they married, after they divorced in 1992, and after they reconciled." [74]

Nicole Brown Simpson and Ron Goldman murders and trials

Criminal trial for murder

On June 12, 1994, Nicole Brown Simpson and Ron Goldman were found stabbed to death outside Nicole's condo in the Brentwood area of Los Angeles. Simpson was a person of interest in their murders. Simpson did not turn himself in, and on June 17 he became the object of a low-speed pursuit by police while riding as a passenger in the white 1993 Ford Bronco SUV owned and driven by his longtime friend Al Cowlings. [75] TV stations interrupted coverage of the 1994 NBA Finals to broadcast the incident live. With an estimated audience of 95 million people, the event was described as "the most famous ride on American shores since Paul Revere's". [76]

The pursuit, arrest, and trial of Simpson were among the most widely publicized events in American history. The trial, often characterized as the Trial of the Century because of its international publicity, likened to that of Sacco and Vanzetti and the Lindbergh kidnapping, culminated after eleven months on October 3, 1995, when the jury rendered a verdict of "not guilty" for the two murders. An estimated 100 million people nationwide tuned in to watch or listen to the verdict announcement. [77] Following Simpson's acquittal, no additional arrests or convictions related to the murders were made.

Immediate reaction to the verdict was known for its division along racial lines: a poll of Los Angeles County residents showed that most African Americans there felt justice had been served by the "not guilty" verdict, while the majority of whites and Latinos opined that it had not. [78] The black community was influenced by having suffered in Los Angeles from oppression by the majority-white, discriminatory police department. O. J. Simpson's integrated defense counsel team included Johnnie Cochran, Robert Kardashian, Robert Shapiro, and F. Lee Bailey. Marcia Clark was the lead prosecutor for the State of California. [79] [80]

According to a 2016 poll, 83% of white Americans and 57% of black Americans believe Simpson committed the murders. [81]

Wrongful death civil trial

Following Simpson's acquittal of criminal charges, Ron Goldman's family filed a civil lawsuit against Simpson. Daniel Petrocelli represented plaintiff Fred Goldman (Ronald Goldman's father), while Robert Baker represented Simpson. [82] Superior Court Judge Hiroshi Fujisaki presided, [82] and he barred television and still cameras, radio equipment, and courtroom sketch artists from the courtroom. [83] On October 23, 1996, opening statements were made, and on January 16, 1997, both sides rested their cases. [84]

On February 5, 1997, a civil jury in Santa Monica, California unanimously found Simpson liable for the wrongful death of and battery against Goldman, and battery against Brown. Simpson was ordered to pay $33,500,000 in damages. In February 1999, an auction of Simpson's Heisman Trophy and other belongings netted almost $500,000, which went to the Goldman family. [85]

The Goldman family also tried to collect Simpson's NFL $28,000 yearly pension [86] but failed to collect any money. [87]

In 1997, Simpson defaulted on his mortgage at the home in which he had lived for 20 years, at 360 North Rockingham Avenue, and the lender foreclosed in the property. In July 1998, the house was demolished by its next owner, Kenneth Abdalla, an investment banker and president of the Jerry's Famous Deli chain. [88]

On September 5, 2006, Goldman's father took Simpson back to court to obtain control over Simpson's "right to publicity", for purposes of satisfying the judgment in the civil court case. [89] On January 4, 2007, a federal judge issued a restraining order prohibiting Simpson from spending any advance he may have received on a canceled book deal and TV interview about the 1994 murders. The matter was dismissed before trial for lack of jurisdiction. [89] On January 19, 2007, a California state judge issued an additional restraining order, ordering Simpson to restrict his spending to "ordinary and necessary living expenses". [89]

On March 13, 2007, a judge prevented Simpson from receiving any further compensation from the defunct book deal and TV interview, and the judge ordered the bundled book rights to be auctioned. [ 要出典 ] In August 2007, a Florida bankruptcy court awarded the rights to the book to the Goldman family, to partially satisfy an unpaid civil judgment. Originally titled If I Did It, the book was renamed If I Did It: Confessions of the Killer, with the word "If" reduced in size to such an extent that it appears within the width of the large red "I" in the title, making the title appear to read I Did It: Confessions of the Killer。 Additional material was added by members of the Goldman family, investigative journalist Dominick Dunne, and author Pablo Fenjves. [90]

Other legal troubles

The State of California claims Simpson owes $1.44 million in back taxes. [91] A tax lien was filed in his case on September 1, 1999. [92]

In the late 1990s, Simpson attempted to register "O. J. Simpson", "O. J.", and "The Juice" as trademarks for "a broad range of goods, including figurines, trading cards, sportswear, medallions, coins, and prepaid telephone cards". [93] A "concerned citizen", William B. Ritchie, sued to oppose the granting of federal registration on the grounds that doing so would be immoral and scandalous. Simpson gave up the effort in 2000 and left California that year for Florida, settling in Miami. Florida is one of few states where pensions and/or residences cannot generally be seized to collect debts.

In February 2001, Simpson was arrested in Miami-Dade County, Florida, for simple battery and burglary of an occupied conveyance, for yanking the glasses off another motorist during a traffic dispute three months earlier. If convicted, Simpson could have faced up to 16 years in prison, but he was tried and quickly acquitted of both charges in October 2001. [94]

On December 4, 2001, Simpson's Miami home was searched by the FBI on suspicion of ecstasy possession and money laundering. The FBI had received a tip that Simpson was involved in a major drug trafficking ring after 10 other suspects were arrested in the case. Simpson's home was thoroughly searched for two hours, but no illegal drugs were discovered, and no arrest or formal charges were filed following the search. However, investigators uncovered equipment capable of stealing satellite television programming, which eventually led to Simpson's being sued in federal court. [95]

On July 4, 2002, Simpson was arrested in Miami-Dade County, Florida, for water speeding through a manatee protection zone and failing to comply with proper boating regulations. [96] The misdemeanor boating regulation charge was dropped, and Simpson was fined for the speeding infraction. [97]

In March 2004, satellite television network DirecTV, Inc. accused Simpson in a Miami federal court of using illegal electronic devices to pirate its broadcast signals. The company later won a $25,000 judgment, and Simpson was ordered to pay an additional $33,678 in attorney's fees and costs. [98]

Las Vegas robbery

On the night of September 13, 2007, a group of men led by Simpson entered a room at the Palace Station hotel-casino and took sports memorabilia at gunpoint, which resulted in Simpson being questioned by police. [99] [100] Simpson admitted to taking the items, which he said had been stolen from him, but denied breaking into the hotel room he also denied that he or anyone else carried a gun. [101] [102] He was released after questioning.

Two days later, Simpson was arrested [1] and initially held without bail. [103] Along with three other men, Simpson was charged with multiple felony counts, including criminal conspiracy, kidnapping, assault, robbery, and using a deadly weapon. [104] [105] Bail was set at $125,000, with stipulations that Simpson have no contact with the co-defendants and that he surrender his passport. Simpson did not enter a plea. [106] [107]

By the end of October 2007, all three of Simpson's co-defendants had plea-bargained with the prosecution in the Clark County, Nevada, court case. Walter Alexander and Charles H. Cashmore accepted plea agreements in exchange for reduced charges and their testimony against Simpson and three other co-defendants, including testimony that guns were used in the robbery. [108] Co-defendant Michael McClinton told a Las Vegas judge that he too would plead guilty to reduced charges and testify against Simpson that guns were used in the robbery. After the hearings, the judge ordered that Simpson be tried for the robbery.

On November 8, 2007, Simpson had a preliminary hearing to decide whether he would be tried for the charges. He was held over for trial on all 12 counts. Simpson pleaded not guilty on November 29, and the trial was reset from April to September 8, 2008. [ 要出典 ]

In January 2008, Simpson was taken into custody in Florida and was extradited to Las Vegas, where he was incarcerated at the Clark County jail for violating the terms of his bail by attempting to contact Clarence "C. J." Stewart, a co-defendant in the trial. District Attorney David Roger of Clark County provided District Court Judge Jackie Glass with evidence that Simpson had violated his bail terms. A hearing took place on January 16, 2008. Glass raised Simpson's bail to US$250,000 and ordered that he remain in county jail until 15 percent was paid in cash. [109] Simpson posted bond that evening and returned to Miami the next day. [110]

Simpson and his co-defendant were found guilty of all charges on October 3, 2008. [111] On October 10, 2008, Simpson's counsel moved for a new trial (trial de novo) on grounds of judicial errors and insufficient evidence. [112] Simpson's attorney announced he would appeal to the Nevada Supreme Court if Judge Glass denied the motion. [112] The attorney for Simpson's co-defendant, C. J. Stewart, petitioned for a new trial, alleging Stewart should have been tried separately and cited possible misconduct by the jury foreman. [112] [113] [114]

Simpson faced a possible life sentence with parole on the kidnapping charge, and mandatory prison time for armed robbery. [115] On December 5, 2008, Simpson was sentenced to a total of 33 years in prison, [116] with the possibility of parole after nine years, in 2017. [2] On September 4, 2009, the Nevada Supreme Court denied a request for bail during Simpson's appeal. In October 2010, the Nevada Supreme Court affirmed his convictions. [117] He served his sentence at the Lovelock Correctional Center where his inmate ID number was #1027820. [118]

A Nevada judge agreed on October 19, 2012, to "reopen the armed robbery and kidnapping case against O. J. Simpson to determine if the former football star was so badly represented by his lawyers that he should be freed from prison and get another trial". [119] A hearing was held beginning May 13, 2013, to determine if Simpson was entitled to a new trial. [120] On November 27, 2013, Judge Linda Bell denied Simpson's bid for a new trial on the robbery conviction. In her ruling, Bell wrote that all Simpson's contentions lacked merit. [121]

Release from prison

On July 31, 2013, the Nevada Parole Board granted Simpson parole on some convictions, but his imprisonment continued based on the weapons and assault convictions. The board considered Simpson's prior record of criminal convictions and good behavior in prison in coming to the decision. [122] At his parole hearing on July 20, 2017, the board decided to grant Simpson parole. He was released on October 1, 2017, having served almost nine years. [123] [124]

Pablo Fenjves ghostwrote the 2007 book If I Did It based on interviews with Simpson. The book was published by Beaufort Books, a New York City publishing house owned by parent company Kampmann & Company/Midpoint Trade Books. [125] All rights and proceeds from the book were awarded to the family of murder victim Ron Goldman. [126]


And Beyond

Field Trip Grant Program

*All field trip funding for 2019-20 has been issued. Applications for 2020-21 will open Sept. 1.*

We assist local schools in making Iowa history more accessible by funding K-12 students on Iowa history-oriented field trips. To apply, please fill out the 2020-2021 application form.

Annual Award for the Outstanding Master’s Thesis in Iowa History

To encourage graduate study in Iowa history and honor outstanding work in the field, this annual award recognizes the best master’s thesis examining our state’s past. Selection is based on contribution of knowledge, originality of subject matter or methodology, use of sources and written expression. For further information, please contact Linda Sinclair at 515-961-1528 or [email protected]

Iowa and the Midwest Experience

This unique book series was created through our partnership with the University of Iowa Press to publish innovative books on the issues that have shaped Iowa and other Midwestern states. The series aims to present current research and suggest future directions for scholars. Please send inquiries or manuscript proposals to Iowa History Center Director, William Friedricks at [email protected], or consult the submission guidelines for authors at the University of Iowa Press website.


Facing racism at UChicago

Simpson was born in Washington, D.C., on March 31, 1866 (or 1865, according to some sources). She began teaching at about age 20, and became interested in German language and culture after working with German immigrant children in her hometown. Decades into her teaching career, Simpson came to the University of Chicago to study German language and literature, as well as French. She also took courses in Latin, Greek and mathematics.

She elected to live in Green Hall, then a women’s dormitory, which led to protests from several Southern white women who lived there. They asked Sophonisba Breckinridge, the renowned social reformer and then-secretary to Marion Talbot, who held the position of “dean of women,” to force Simpson out.

Breckinridge, PhD 1901, JD 1904, decided Simpson should be allowed to stay, prompting five white women to leave the residence hall. However, then-president Harry Pratt Judson overruled Breckinridge, and forced Simpson to find housing off-campus.

The incident sparked public outcry and a response from multiple advocacy groups, which condemned Judson’s decision. The novelist and activist Celia Parker Woolley wrote to Judson and called on him to reverse his “deplorable” decision, noting that Black students at the University like Simpson were also “southerners” who deserved to have their rights and feelings considered.

“We ask you, sir, why you and others who so constantly defer to ‘southern’ sentiment on this question so invariably ignore the new and more progressive element in the south?” Woolley wrote in August 1907. Judson’s successor, Ernest DeWitt Burton, integrated UChicago dormitories after he took office in 1923.

Sophonisba Breckinridge advocated unsuccessfully for allowing Simpson to stay on campus. When Simpson died, Breckinridge wrote in the UChicago Magazine that she had "cherished the highest respect and a warm and affectionate regard for her." (Photo courtesy of the Hanna Holborn Gray Special Collections Research Center)

Simpson remained a student, earning her bachelor’s degree primarily through summer and correspondence courses. Beginning in 1915, she pursued her master’s and doctorate, studying German Romanticism and philology. Her Ph.D. dissertation, written under noted German scholar Martin Schütze, was titled “Herder’s Conception of Das Volk.”

“For a long time, many have tried to understand what makes people [like Simpson] stick with things against the odds, and allows them to deal with really difficult situations but continue to come back,” said Melissa Gilliam, the Ellen H. Block Distinguished Service Professor of Health Justice and Vice Provost of UChicago.

Gilliam wondered if Simpson’s strong sense of purpose allowed her to carry on, in spite of what was happening around her. Today, she said, Simpson’s experience underscores the importance of creating an intellectual community where everyone not only feels safe and welcome, but empowered to carry out scholarship in whatever field they choose.

A leader in campus diversity and inclusion initiatives, Gilliam emphasized how vital these goals are: “Research demonstrates that if women and people of color do not feel valued in science classes, for example, they may say, ‘I’m not going to go into science.’ So it’s not about their ability, but about their sense of belonging and their perception of whether there is bias in that environment.”

Green said that when people such as Simpson are barred from pursuing their ambitions because of bias, society becomes impoverished, because others do not get the benefit of their talent and excellence.

“That’s something for people to contemplate in this moment when we continue to grapple with the afterlives of segregation within higher education today,” he said.


The load-rated Strong-Drive® SD Connector SS screw (SD SS) is a Type 316 stainless-steel fastener designed, tested and approved for use with certain Simpson Strong-Tie® stainless-steel connectors. Type 316 stainless steel provides excellent corrosion resistance appropriate for severe-exposure environments.

Check out the Building Strong blog for innovative resources and industry insights that help construction professionals design and build safer, stronger structures more efficiently.

Our 2019 Wood Construction Connectors catalog (C-C-2019) is now available. It features product information for all of our wood-to-wood, wood-to-concrete and wood-to-masonry structural connectors, including 14 new products/product series and line extensions.

Our state-of-the-art special moment frame Yield-Link connection design keeps structural steel buildings strong and safe. Its supporting software tools can help you quickly plan, model and document complete designs according to your project's unique specifications—all while staying on time and within budget.


U. of C. statue gives black scholar her place in history

When Georgiana Rose Simpson arrived to the University of Chicago in 1907, her presence in a dorm caused an uproar among some of the other students because she was black, and she was eventually asked to move off campus.

Undeterred, Simpson continued her studies by commuting to campus and corresponding from afar and went on to become one of the first black women in the country to graduate with a doctorate, records show.

For decades, Simpson’s role as the first black woman to finish a doctorate from U. of C. has gone largely unknown.

But on Tuesday, two university students will unveil a bust of Simpson atop a pedestal at the Reynolds Club, the university’s student center, which was once accessible only by white males. For Asya Akca and Shae Omonijo, the move is an effort to give Simpson her rightful place in university, and Chicago, history.

“The University of Chicago is on the South Side in a predominantly African-American community, and yet there is not that much African-American history represented on our campus,” Omonijo said. “This is despite the fact that so many prominent black scholars came from this institution.

“It’s important to see and know her. … Classes may be hard, you might fail a midterm or not know what to major in. . But at the end of the day, if she pushed through, you can make it and graduate,” Omonijo said.

With the Simpson statue, Akca and Omonijo are entering a larger conversation about the role of monuments and statues in the nation’s history and how the images affect the consciousness and esteem of the people who see them.

Nationally, there are few statues that recognize the historical contributions of women. In Chicago, there are memorials that honor women like Jane Addams — but few statues or busts that present an actual image of a notable woman. According to the Smithsonian Institute’s archives, only about 8 percent of publicly displayed statues depict women.

“Women — real women, not symbolic and allegorical figures — are practically invisible in American memorial culture,” said Erika Doss, a professor of American Studies at the University of Notre Dame and the author of the book “Memorial Mania.”

“Memorials have changed in America in recent decades due to increasing numbers of Americans claiming the public sphere to represent their issues,” she said in an email. “Today, we see a shift from statues of ‘great men’ to memorials dedicated to subjects previously excluded from public art — like the Rosie the Riveter Memorial in Richmond, California, which is dedicated to the female defense industry workers of World War II.”

Rather than pushing for the removal of monuments with a dark history, Omonijo and Akca say they want to work to develop new ones of women and minorities who have long gone unrecognized for their contributions. For them, it’s about making sure history is accurately depicted.

“Oftentimes women’s history is untold and underrepresented in our world,” Akca said. “That’s something we both want to fix. This is a problem, not only in Chicago, but in Washington, D.C., and Louisville (Ky.) and everywhere else.”

The story of how Simpson’s legacy is being revived is also the story of two young women finding their voices and developing a close friendship along the way.

Omonijo and Akca, both 21-year-old political science students, met as freshmen living in the same dorm in 2014.

Akca, of Louisville, has an interest in how women are depicted in monuments and statues because she believes the lack of images blocks girls from seeing how they can impact society. Omonijo, of Baltimore, is passionate about black history and specifically black women whose contributions have been overlooked and sometimes erased.

The two students stumbled upon Simpson’s story.

As they researched — digging into the university’s archives, the University of Massachusetts’ archives and the Moorland-Spingarn Research Center at Howard University in Washington, D.C. — they learned about Simpson’s accomplishments and how she was treated. They both felt strongly she deserved to be represented by a statue.

“Not only did she face discrimination because of her race, but because she was studying German at the height of World War I and there was a lot of anti-German hysteria that she faced as a result of her chosen topic,” Omonijo said. “But she continued on.”

In the late 1800s, Georgiana Simpson was among a wave of black educators who were groomed at Miner Normal School and she worked at a segregated high school in Washington, D.C. She was already established in her career when she uprooted and came to Chicago, first to get her undergraduate degree.

She arrived and moved into a dormitory, but was later instructed by the university’s president to move out. Simpson took summer courses and corresponded by mail to avoid the hostile racism.

After she finished her bachelor’s degree, Simpson returned to Washington and continued teaching at what would become the famed Paul Laurence Dunbar High School. She returned to Chicago and finished her master’s in 1920 and her doctorate in 1921. She was 55.

When she graduated, a portrait of her in cap and gown was published in the National Association for the Advancement of Colored People’s publication The Crisis.

It’s important to see and know her.

As a scholar, Simpson wrote articles for W.E.B. Du Bois’ publications and was an ally of African-American historian Carter G. Woodson. She retired as a college professor teaching German at Howard. She never married, and had no children or descendants to trumpet her role in history.

“She was an extensive traveler. She visited Europe and studied in France and Germany,” said Loann J. King, a regional historian with Alpha Kappa Alpha sorority, a group Simpson became a member of while she was in Chicago. “She wanted to be a beacon of light to other African-American women and encourage them to meet challenges with dignity and forge ahead.”

Local members of the sorority raised thousands of dollars to help the college students with their project.

Omonijo and Akca dug up a letter Simpson wrote to Du Bois, found her original passport and tracked down the only remaining portrait of her. For more than three years they have been raising money to pay for the bust, which cost nearly $50,000. They hired the sculptor Preston Jackson, scouted a spot for the display and obtained permission from the university to have the statue installed.

Together they have formed the Monumental Women Project to create more statues honoring women.

It took Jackson four months to sculpt the bust of Simpson. He said the project was layered with meaning.

Jackson, who was a longtime instructor at the School of the Art Institute of Chicago, said black artists still struggle to contribute their ideas to the mainstream.

“As an African-American artist, very few commissions are given to us in Chicago, or anywhere. This project shows that we are out here and we have the ability,” he said.