ニュース

1944年12月17日

1944年12月17日


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1944年12月17日

1944年12月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
> 1月

海での戦争

ドイツの潜水艦U-400がコークから手を離して沈没

西部戦線

バルジの戦い:連合軍の援軍がアルデンヌに向かって移動し始める

フランスの第1軍がKeintzheimを占領



バストーニュの包囲

NS バストーニュの包囲 1944年12月、バルジの戦いの一環として、ベルギーのバストーニュの町でアメリカ軍とドイツ軍が交戦しました。ドイツ軍の攻勢の目標は、アントワープの港でした。連合国が再編成して優れた空軍力を発揮する前にそれに到達するために、ドイツの機械化された軍隊はベルギー東部を通る道路を占領しなければなりませんでした。樹木が茂ったアルデンヌ高原の7つの主要道路すべてがバストーニュに合流したため(バストーニュ 隣接するルクセンブルグとの国境からわずか数マイル離れたドイツ語で)、その交差点の制御はドイツの攻撃に不可欠でした。包囲は12月20日から27日までで、包囲されたアメリカ軍がジョージ・パットン将軍の第3軍の部隊によって解放されるまで続きました。

    (第101空挺師団)
  • ウィリアムL.ロバーツ(戦闘コマンドB(CCB)、第10機甲師団)(第37戦車大隊、第4機甲師団)(第3軍)

最終的な参加者:

最終的な参加者:

    :11,000 [5]入隊+800人の役員
  • 残りのユニット:11,000以上[6]
  • 合計: 22,800人以上の男性(当初)

1944年12月17日

1944年12月17日、第101空挺師団は休息と回復のためにフランスのムールムロンに駐屯しました。多くの男性が休暇のために短い葉に行くためのパスを与えられていました。戦争の進展は楽観的であるように思われ、指揮官の多くは1月まで前線に戻ることを期待せずにクリスマスのお祝いを計画していました。

前日、12月16日、第三帝国の3つの軍隊が、ルクセンブルクとベルギー東部のアルデンヌの森で大規模な攻撃を開始しました。その地域の連合軍、主に第1米軍は完全に驚き、すぐに圧倒されました。ヒトラーがアントワープに向かって競争し、連合軍の作戦を遮断しようとした最後の試みでした。

銀行とクリスマスのためにジョージ[1]に150ドルを送った。

今日、物事は本当に熱くなっています。ここの北東に「beaucoup」[2]の問題があるように聞こえます。 [3]午前4時30分にベッドから出ました。ガイガー[4]と私の名前は去る束にあった

今日最初に、ベリー[5]とジョンソン中尉[6]は、「Soc’s」[7]と「クリスタル」のために陸軍に行きます。 [8]ウォルト中尉[9]が私たちと一緒に出かけます。

Ole Drahoo [10]と彼の少年たちはこれに遅れをとっています。それについても本当に腹を立てています。それらはたくさんの人を膨らませます、もっとたくさん


1944年12月17日-歴史

バルジの戦いでのアメリカ人囚人

世界で最も血なまぐさい歴史からの抜粋:ジョセフ・カミンズによる虐殺、大量虐殺、そして彼らが文明に残した傷跡(許可を得て、Fair Winds Press 2009)

アンリ・レジョリーという名前のベルギーの農民は、米軍の無秩序さに驚いた。 1944年の冬のその寒い午後の早い時間にマルメディの町の外の不毛の畑に立って、彼らはお互いに喫煙して冗談を言った。彼らの何人かは、戦闘団の武装親衛隊に降伏したカジュアルなトークンでヘルメットに手を置いていました。それは、通過した優秀な若いドイツ大佐Jochen Peiperasによって指揮された機械化された機動部隊でしたが、それを超えると、彼らは著しく無関心に見えました。

およそ115人の米国の囚人の手に負えない行動は、男性が第285野外観測バッテリーのバッテリーBから来たためであった可能性があります。これは、敵の砲兵の配置を発見し、その位置を他の米国ユニットに送信することを仕事とした衣装でした。それは比較的少ない最前線の義務を見ていました、そして多くの緑の取り替えで満たされました。

ヨアヒム・パイパーを含むほとんどのSS部隊は、東部戦線の厳しいキリングフィールドで広範な任務を経験していました。戦闘団パイパーがこれらのアメリカ人のそばを通りかかったとき、SS兵士が突然彼のハーフトラックの後ろに立ち、ピストルを狙い、それを米国の囚人のグループに2回発射した。それらの1つは地面にくしゃくしゃになりました。野外で怯えた米兵が突然走り出した。その後、別のハーフトラックの後ろにあるドイツの機関銃が開き、米国の囚人が地面に向かって叫びました。数分のうちに、フィールドは急速に凝固する血液のプールと身もだえする体で覆われました。それからSSの男性は負傷者と死者の間を歩き始め、ピストルを出しました。

バルジの戦いは、米国の歩兵の歴史の中でこれまでに戦った最大の戦いであり、人類の歴史の中で最も費用のかかる戦争であった第二次世界大戦の最も血なまぐさい戦いの1つでした。米軍は18,000人の死者を含む81,000人の死傷者を出し、ドイツ軍の敵は20,000人の死者を含む70,000人の死傷者を出した。戦いは19 4445年の12月と1月に40日間続き、ベルギーのアルデンヌ地域で20年間で最悪の冬の悪天候が続き、連合軍に壊滅的な損失をもたらす可能性がありました。彼らが勝利への道を順調に進んでいるように見えた戦争。これらすべての問題が非常に重要であるにもかかわらず、1944年12月17日に小さな野原で84人の米軍兵士が殺害されたことになぜそれほど注意が払われたのでしょうか。戦後の戦争犯罪法廷で有罪判決を受けた戦闘団パイパーのドイツ人は、東部戦線で囚人を処刑することが標準的な運賃であったことに驚いた。それで、太平洋で戦闘をした多くの米軍兵士もいました。そこでは、日本人は米国の捕虜をさりげなく残忍に扱いました。おそらく、マルメディ虐殺事件に注意が向けられた理由の1つは、当時、フィールドに立っていたバッテリーBを含む多くのアメリカ人が、少なくともドイツ人に対しては、文明化された戦争を戦っていると考えていたためです。何千ものGIと同じ人種的遺産を共有した敵。マルメディに焦点を当てたもう1つの理由は、殺害直後の米国の最前線で山火事のように言葉が広まったため、米軍兵士は囚人を連れて行かないと誓ったことです。マルメディから数週間以内に、ある米国の部隊が、シュノーニュと呼ばれるベルギーの小さな村で60人のドイツ人囚人を機械で撃ち殺しました(シュノーニュでの死を参照)。バルジの戦いの公式の米軍史でさえ、次のように述べています。[マルメディでの殺害]の直後に降伏しようとしたドイツ人は、より大きなリスクを冒した可能性があります。

この公式の軍事史は、アメリカ軍がSS囚人を殺すために明示的または暗黙的に命令を利用したという証拠はないと述べていますが、1944年12月17日以降のベルギーでのGI戦闘は非常に別の話。

ある意味で、1944年6月6日のD-Day上陸以来のドイツ軍に対する連合国の戦争はほとんどうまくいきませんでした。ノルマンディーでの激しい戦いの後、アメリカ人とイギリス人は7月末に彼らの浜辺から脱出し、Wehrmachtを後方に巻き戻し、フランスとベルギーの広大な地域を第1軍と第3軍の米国の装甲部隊とイギリスに譲り渡した。 25番目の軍集団。しかし、それは連合国の前進の速さであり、衣装は彼らの供給ラインを追い越し始めました。晩秋までに、北東ヨーロッパで活動している65の連合軍師団は、特に燃料の重要な供給不足に直面し、彼らの攻撃は停止した。

冬に向けて掘り下げて、アメリカ人とイギリス人は彼らの利益を統合し、早春にドイツに大規模なプッシュのために燃料供給を構築しようとしました。連合国の路線は、ベルギー南部からルクセンブルグまでの100マイル(160 km)に沿って最も弱く、米国の司令官オマールブラッドリーは、6つの米国師団のみを配置することで計算されたリスクを取りました。そのうちの3つは数ヶ月の激しい戦闘で疲れ果てていました。この地域は険しく荒涼としたアルデンヌの森を覆い、山岳地帯で遠く離れていました。 1944年12月が始まると、アルデンヌは一世代で経験した最悪の冬の天候の餌食になり、気温は一度に0F / -17Cを下回りました。雪がこの地域の小さな町、休暇のシャトー、そして深い森を覆いました。この地域は、ベルギーの旅館や個人の家でビレットされたGI(運が良ければ)によって非常に薄く保持されていたため、ゴーストフロントと呼ばれていました。 GIは、ドイツの敵が雪と霧の中にいることを知っていましたが、そのような状況では決して深刻な攻撃を試みることはないと信じていました。しかし、それはまさにドイツ人がしたことであり、アドルフ・ヒトラーによって個人的に計画された大規模な反撃でした。彼の目標は、連合軍のこの弱く保持された部分を突破し、彼の装甲師団をアントワープに向けてストリーキングすることでした。彼がこの重要な港を占領した後、彼は連合国に平和を訴えるように強制することができました。連合国の飛行機を地上に留めた冬の天候に助けられて、彼は最大の秘密を持って、アルデンヌの東端に25万人の兵士、1,400両の戦車、2,000門の大砲を集めました。そして、5時30分にa。 NS。 12月16日、この電撃戦は無防備なアメリカ人を襲った。

85マイル(136 km)の正面を上下に、迫撃砲、ロケット弾、重砲弾が文字通りアメリカ軍をベッドから爆破したり、極寒の狐穴の周りで地面を揺さぶったりしました。 1時間後、弾幕は止まり、正面に沿った多くの戦略的な場所で巨大なサーチライトが点灯し、アメリカ人を盲目にし、霧のかかった朝を白く光らせました。ほとんどのアメリカ人が所有していなかったドイツの歩兵服を着た冬のカモフラージュ服が、空気のような霧から攻撃され、腰からげっぷ銃を発射しました。それらの後ろには、巨大なタイガーとパンサーの戦車の不機嫌そうな轟音がありました。驚いておびえたアメリカ人の多くは、料理人や店員がライフルを拾い上げて反撃しましたが、腕を捨ててすぐに逃げ出した人もいました。大規模な混乱はその日の順序でした。連合軍総司令部の本部でさえ、このドイツ軍の攻撃はフェイントであり、連合軍に沿った他の誰かの別の主要な攻撃の前兆であると最初は考えられていました。空が雲で満たされているため、連合軍の偵察機は攻撃の大きさを明確に把握できず、この地域の歩兵部隊からの必死の報告は混乱して断片化されていました。実際、バルジの戦いは、攻撃しているドイツ軍が米国の戦線に押し込んだ深いへこみで知られるようになると、すぐに一連の混乱した小さな行動になり、孤立した部隊が激しい戦闘に参加しました。コミュニケーションはひどく、ドイツ人がどこにいるのか誰も全く知りませんでした。場合によっては、米国の衣装は攻撃しているドイツ人に完全に囲まれていましたが、数マイル(km)離れたところで、GIはドイツ企業全体を一掃しました。しかし、攻撃の初めに、ドイツ人は驚きの要素と目的と方向性の感覚を持っていました。彼らは彼らが何のためにそこに向かっているのかを知っていました。

ドイツ軍の攻撃の先頭に立ったのは、ヨアヒム・パイパーという名の29歳のSS大佐でした。パイパーは、第1パンツァー師団の主要な戦闘部隊であるカンプフグルッペパイパーの指揮官であり、アドルフヒトラーによって、ムーズ川の橋を占領してアントワープを占領する第6パンツァー軍のドライブの要人として個人的に選ばれました。騎士鉄十字章とオークの葉の所有者、ドイツで最も高い軍の装飾、熱烈なナチス、そしてフランス、イタリア、そして東部戦線での戦いのベテランは、彼の兵士に賞賛されましたが、残忍な戦闘機として知られています。彼はおそらく彼の部隊による攻撃を命じ、1943年にイタリアのボーヴェス村で43人のイタリア人民間人を殺害し、ロシアの党派に対する数々の行動で、彼の部隊は故意に村を焼き払い、ロシアの民間人を殺害した。

そして、ドイツ軍の攻撃の2日目の12月17日の朝、彼は欲求不満の男でした。米国第99歩兵師団の部隊による英雄的で断固とした抵抗のために、117両の戦車、149両のハーフトラック、24門の砲兵で構成された彼の任務部隊は、すでに予定より12時間遅れていました。軍事作戦では時間は常に重要ですが、1944年12月のアルデンヌでは、パイパー、ひいてはドイツ国防軍全体が直面した最も重要な要因でした。彼らは空が晴れる前にムーズ川の橋に到達しなければならず、ほぼ完全な制空戦闘機を享受していた連合国の飛行機は、戦車をくすぶる残骸に変えて狭い道路を封鎖し、ドイツが完全な敗北から身を守る最後のチャンスを阻止する可能性があります。

あなたは囚人をどうするか知っています

8時頃NS。 12月17日、ドイツとベルギーの国境にあるシェベヌッテから出発し、ベルギーのザンクトフィートに向かう途中、第285野戦観測バッテリーであるバッテリーBを運ぶ船団が、バルジの戦いでの大きな衝突。護送船団は約130人の男性、30台のジープ、武器運搬車、トラックで構成され、ロジャーミルズ大尉、バージルラリー中尉、ペリーリアドン中尉が率いていました。

その日は晴れて寒く、気温は氷点下をはるかに下回り、地面には軽い雪がちりばめられていました。バッテリーBは、正午頃にベルギーの町マルメディに到着しました。町を通過した後、護送船団は、マルメディを守るために残されたすべての戦闘技術者の会社を担当するデビッド・パーグリン中尉によってその東端で止められました。パーグリンはミルズとラリーに、ドイツ軍の装甲柱が南東から接近しているのが見られたと警告した。彼は彼らに別のルートでザンクト・フィートに行くようにアドバイスしたが、ミルズとラリーは拒否した。おそらく彼らの前に道路標識を置いていたバッテリーBのメンバーが何人かいて、彼らは彼らを捨てたくない、あるいは単に彼らがたどるルートが彼らの命令に述べられていたからです。

何らかの理由で、バッテリーBは指定されたルートに沿って進み、マルメディの東約2.5マイル(4 km)の交差点に到達しました。ベルギー人はボーグネッツと呼びましたが、アメリカ人は5つの道路が交差したため、ファイブポイントと呼びました。そこにはカフェと3つの小さな農場がありました。この交差点を通過した直後、コラムは1,000ヤード(0.9 km)先にある2台のドイツ戦車から発砲し始めました。これらの戦車は、ヴェルナースターネベック中尉が率いるカンプフグルフパイパーの先頭に立っており、88 mm砲と機関銃は、米国の列を簡単に破壊しました。スターネベックと彼の戦車は道を進み、燃え尽きて破壊されたアメリカのジープとトラックを邪魔にならないように押し出し、溝に身をかがめたアメリカの兵士に機関銃を発射した。彼らのほとんどはライフルとピストルだけで武装していたので、戦車と戦うことができなかった武器でした。

その後、スターネベックは、合計約115名のアメリカ人を送り、両手を高く掲げてファイブポイントの交差点に向かって行進した。 (おそらく最初の攻撃でバッテリーBの11人の男性が殺されました。)彼はそこの野原に囚人を集め、さらなる命令を彼の戦車とハーフトラックで待ちました。遅れはパイパーを混乱させた。騒音が近くのより強力な米国の戦闘部隊に警告を発し、動き続けるように彼に言ったので、彼はドイツ軍の列の前に走り、バッテリーBと交戦したことでスターネベックを非難した。スターネベックが退去し、続いてパイパーが近づき、カンプフグルフパイパーの長蛇の列が、野原に立っているアメリカ人を追い越し始めました。 1時間かそこら後、彼らには最悪の危険が終わったように見えたに違いありません。おそらくドイツ人は彼らが続けている間彼らをそこに残そうとしていたのでしょう。パイパーは捕虜を担当するヴェルナー・ポエッチケというSS少佐を残したが、彼らを守っている兵士たちは、ドイツ軍の部隊が道路を通り過ぎた後、部隊として変わったようだ。しかし、その日の午後4時ごろ、SS 3rdPioneer社の兵士が囚人を永久に守るように詳細に説明されました。戦争犯罪裁判での証言によると、ポエチュケ少佐は、ドイツ語を理解した米兵が、ビュートナー軍曹に次のように言っているのを聞いた。

ドイツ人は皆を殺しました!

その後、ボイトナー軍曹は75 mm大砲を保持するハーフトラックを停止し、フィールドの囚人を狙うのに十分な低さで砲身を押し下げようとしました。銃の乗組員がこれを行うことができなかったとき、ボイトナーは嫌悪感をあきらめ、ハーフトラックを振った。しかし、その後、別のドイツ軍ユニットがやって来て、ドイツ語を話すことができるアメリカ人は、このユニットの副官が命令を出すのを聞いた:Machte alle Kaput!アメリカ人を殺します。最初は、出席したドイツ人は単に将校をじっと見つめていましたが、その後Pfcをじっと見つめていました。ルーマニア出身のドイツ人であるジョージ・フレップスは、彼のハーフトラックに立ち、アメリカ人の群衆に2回発砲しました。

グループの後ろのアメリカ人は、将校がスタンドを速く叫んだときでさえ、逃げ始めました!彼らが逃げるのを見たら、ドイツ人は彼らを撃つだろうと思った。実際、これが起こったことです。アメリカ人が逃げるのを見て、ハーフトラックの後ろにある機関銃が開き、野原に立っていた人々と逃げようとしている人々を切り倒した。農夫のアンリ・レジョリーは、機関銃の弾丸が彼らを引き裂くのを見て、アメリカ人が叫び声を上げて吠えたのを恐れて見守っていました。

今日まで、ドイツ人がアメリカ人を撃ったかどうかは定かではありません。彼らが後に存在する多くのドイツ兵を走らせようとしなかったならば、彼らは逃げる囚人を殺しているだけだと主張しました。しかし、生き残ったアメリカ人は、捕虜が逃げようとする前に来るドイツの殺害命令をはっきりと覚えています。しかし、ドイツ人が次にしたことは、彼らが最初からアメリカ人を殺すことを意図したという信念を強化します。 GIが地面にうめき声を上げている間、SS隊員は彼らの間を歩き、睾丸または頭の中で男性を蹴った。彼らが動いたら、SS隊員は何気なく身を乗り出して頭を撃ちました。一部の生存者は後に、ドイツ人がこれを行ったときに笑っていたと証言しました。

それにもかかわらず、ドイツの共感者であったレジョリーは、SSの男性が負傷した兵士に包帯を巻くのを許可しているのを見て、彼の目を信じることができませんでした。その後、ドイツ人は両方の男性を射殺しました。 11人のアメリカ人が近くのカフェに逃げました、しかし、ドイツ人はそれを火にかけ、そして彼らが尽きると彼らを撃ち落としました。この殺害が進行している間、ドイツ軍の列はファイブポイントを通過し続け、ハーフトラックの兵士はおしゃべりして指さしました。彼らの目的を実践するかのように、すでに死んだアメリカ人に発砲した人もいました。驚くべきことに、約60人のアメリカ人が、機械を撃った後もまだ野外で生きていました。 SSが生存者を虐殺したとき、彼らは逃げようとするしかないと気づき、彼らは立ち上がってできるだけ速く走り、近くの森に向かった。ドイツ人はライフルと機関銃で彼らを一掃しましたが、彼らを追いかけようとはしませんでした。恐らく40人が深まる夕暮れへの脱出を成功させたのでしょう。彼らのほとんどはマルメディに戻ろうとしましたが、何人かは戻ってくる前に何日もさまよっていました。しかし、その夜早く、3人の逃亡者が、銃撃を聞いて調査に来ていたパーグリン大佐が率いるパトロールに遭遇しました。血まみれの男達はヒステリックだった。ドイツ人は皆を殺しました!彼らはパーグリンに向かって叫んだ。

虐殺の余波

その夜、パーグリンはマルメディで何らかの虐殺があったという知らせを第1軍本部に送り返した。ファイブポイント周辺は激しい争いが繰り広げられ、1月14日の虐殺から1か月近くたった今、米軍はその分野で殺害された84人の男性の遺体を取り戻すことができた。凍った死体で行われた検死は、41人の男性が近距離で頭を撃たれ、別の10人がライフルの尻で頭を打ちつけられたことを示した。ナインはまだ腕を頭上に上げていた。

しかし、虐殺が発生した直後、遺体が回収されるかなり前に、ニュースはアルデンヌでの生活のために戦っているGI全体に急速に広まりました。ある歴史家が書いたように、銃撃の話はアメリカ人を激怒させ、特にSSに対して、確信を持って、そしてほとんど思いやりを持たずに戦うように彼らを鼓舞しました。公式の米軍の歴史はこれを否定しているが、米軍司令官が囚人の殺害を命じたという強力な証拠がある。虐殺の4日後の12月21日のドイツ軍に対する攻撃の前に、第328歩兵本部は、一部、SS部隊や空挺部隊は捕虜になりませんが、視界に撃たれるという命令を出しました。バルジの戦いで戦っているアメリカ人の多くは、この種の凶悪で血なまぐさい戦いは言うまでもなく、これまで戦闘を見たことがない緑の交代要員でした。彼らの多くは、ドイツの攻撃の最初の兆候で逃げていました。しかし、これらの同じGIの一部は、マルメディ虐殺事件の話が彼らを非常に怒らせたので、彼らが今立って、彼らが持っているすべてのものと戦うことを決心したことを後で思い出しました。そして彼らはそうしました。

1945年1月下旬にバルジの戦いが終結するまでに、連合軍の新たな交代、ボロボロのGIの粘り強いスタンド、晴天(連合軍の空挺作戦を可能にした)が組み合わさってドイツ軍の前進を阻止した。ヨアヒム・パイパーは、彼の待望のゴールであるムーズに到達することはありませんでした。彼の5,000人の部隊のうち、ドイツに戻るために生き残ったのは800人だけでした。

戦争が終わる頃には、米国国民はマルメディ虐殺事件についてすべて知っていて、復讐を求めていた。ヨーロッパでの敵対行為が終わってから1年後の1946年5月16日、パイパーとその部下の70人(戦闘団パイパーの生き残ったメンバーのほぼ10人に1人)が虐殺に関連した戦争犯罪の裁判にかけられました。裁判は、イベントから最大の象徴性を獲得するために、ダチャウ集中キャンプの場所で意図的に開催されました。

推定された有罪のすべてが罰せられるわけではありませんでした。ポイトナー少佐とボイトナー軍曹の両方が戦争中に戦死しました。しかし、手続きの終わりに、SS隊員の70人全員とパイパーは、6人の米国将校のパネルによって戦争犯罪で有罪判決を受けていました。パイパーを含む43人は絞首刑で死刑、22人は終身刑、残りは10年から20年の刑を宣告された。

しかし、裁判は、SSの男性が裁判の前に米国の尋問者(最初のグアンタナモを参照)によって拷問されたという後の証言によって汚染されました。すべての死刑判決は投獄され、1956年にヨアヒムパイパーはグループの最後のメンバーとなり、刑務所から出ました。 1976年にフランスでアベンジャーズと名乗る反ナチステロリストの影のグループによって殺害されたパイパーは、マルメディで囚人を殺すための明確な命令を与えなかったと常に主張しました、そしておそらく彼はそうしませんでした。彼は、ノルマンディーの戦いの後、私の部隊は主に若い熱狂的な兵士で構成されていたと証言しました。彼らのかなりの数が、[連合国]の[ドイツの都市の]爆撃の間に両親、姉妹、兄弟を失いました。彼らは、テロ襲撃が過ぎ去った後、何千もの壊れた死体を自分たちで見ていました。彼らの敵に対する憎しみはそのようなものでした、私は誓います、私は常にそれを制御することができませんでした。

これは本当だったかもしれませんが、パイパーはまた、彼の部下が確かに知っていた囚人への残忍さで評判がありました。ベルギーを駆け抜けた際に、彼の支配下にあるSS隊員がGIの囚人を殺害した例は他にもあり、パイパーはこれらを阻止するために何もしなかった。それを命じたマルメディ虐殺を取り巻く真実を完全に知ることは決してできないかもしれませんが、それが少なくとも部分的に囚人の逃亡を阻止する試みであったかどうかは、結局、そこでの死がナチスを破壊するという米国の決意を固めたことは間違いありません。彼らが彼らを見つけたところはどこでも、SSを嫌っていました。


今日の第二次世界大戦の歴史— 1939年12月17日&#038 1944

80年前— 1939年12月17日: 損傷したドイツのポケット戦艦 アドミラルグラーフシュピー イギリスの船が沖合で待機しているため、ウルグアイのモンテビデオで自沈 グラフシュピー それらの沈没で命を失うことなく9隻の船を沈めました。

最初のカナダ軍の護送船団、TC-1がイギリスのクライド川に到着します。

1944年12月17日、ベルギーのマルメディに向かう途中のヨアヒムパイパーの親衛隊(米陸軍戦史センター)

75年前— 12月1944年17日: ベルギーでは、ドイツのSS軍が、マルメディで84人の米捕虜、ウェレスで11人のアフリカ系アメリカ人兵士、さらに200人の米捕虜と100人のベルギーの民間人をさまざまな場所で虐殺しました。

米国陸軍省は、1945年1月2日より、日系アメリカ人に対する西海岸の排除命令を取り消します。


1944年12月17日-歴史

1944年12月17日、ベルギーの町マルメディ近くのバルジの戦いで武装親衛隊によって殺害された、第285野戦砲兵大隊のバッテリーBからの81人のアメリカ兵の遺体。

第二次世界大戦の最後のドイツの攻撃では、3つのドイツ軍が1944年12月16日から、アルデンヌの50マイル前線に沿って奇襲攻撃を行い、すぐに米国の細い線を追い越しました。

「バルジの戦い」の2日目に、第285野戦砲兵大隊のバッテリーBのトラック輸送隊が、ライプスタンダールSSの第1SS装甲師団の連隊によってマルメディの南東で迎撃されました。 29歳SSLt。Col. JochenPeiper。彼の軍隊は、ロシア全土を燃やした後、「ブロートーチ大隊」というニックネームを獲得し、2つの別々の村で民間人を虐殺する責任も負っていました。

トラックを目撃すると、パンツァー戦車が発砲し、先頭車両を破壊しました。これにより、致命的な正確な戦車砲火が続く間、護送船団は停止しました。憤慨したアメリカ人は彼らの車を放棄して降伏した。

捕らえられた米兵は近くの野原に群がった。その後、SS戦車長は、SSプライベートに捕虜を撃つように命じ、SSが非武装の恐怖の捕虜に機関銃とピストルで発砲したとき、野蛮な殺戮を開始しました。

生存者は、頭をピストルで撃たれたことで殺されました。場合によっては、英語を話すSSが犠牲者の間を歩き、怪我をしたり助けが必要かどうか尋ねました。応答した人は撃たれました。第二次世界大戦中のヨーロッパでの米軍に対する最悪の残虐行為で、合計81人のアメリカ人が殺されました。

SS部隊が移動した後、3人の生存者がマルメディに駐屯している米陸軍大佐に遭遇し、虐殺を報告した。 「ドイツ軍が捕虜を撃っている」というニュースが米軍に急速に広まった。その結果、軍隊は援軍が到着するまでドイツ軍の前進に反対する決意を固めた。アイゼンハワー将軍は虐殺について知らされた。この地域の従軍記者もニュースを広めた。

1945年1月までに、連合軍の共同の努力により、ドイツ軍はバルジの戦いの元の開始位置に戻りました。その後、米軍は虐殺の光景に到達し、現在は2フィートの冬の雪に埋もれています。

地雷探知機を使用して、銃撃の日から邪魔されずに休息し、今ではグロテスクな位置に凍結していた81体の位置を特定しました。 41体の遺体が頭を撃たれたことが判明した。上の写真に見られるように、各体が覆われていないので、番号が付けられました。

アメリカの医療チームがこの厳しい任務を遂行している間、アメリカ人が率いるドイツ人捕虜の列が通り過ぎ、死体がはっきりと見えたが、復讐の行為は行われなかった。

ナチスドイツの敗北に続いて、ヨアヒムパイパーとSS将軍セプディートリッヒを含む74人の元SS隊員が、虐殺に関する戦争犯罪のための米軍法廷によって裁判にかけられました。

2か月の裁判は、1946年5月16日、ダチャウの郡庁舎で始まりました。しかし、すぐに論争が起こりました。防衛チームは、米陸軍による身体的虐待を含む虐待の申し立てを提起し、SSの自白を得るための模擬裁判の使用を不適切であると述べた。弁護側はまた、裁判所の法律専門家であるユダヤ人が常に検察に有利な判決を下したと不満を述べた。

裁判には、実際に最初のショットを発射したSSの男を指摘することができた虐殺の生存者による証言が含まれていました。

1946年7月11日、裁判官は2時間半の審議の後に評決を返しました。すべてのSSは起訴されたとして有罪とされた。パイパーを含む43人が死刑を宣告され、ディートリッヒを含む22人が終身刑を宣告された。他の人たちは長い刑期を迎えました。

彼らはランツベルク刑務所に連れて行かれました。ランツベルク刑務所は、ヒトラーが1923年に失敗したビールホールプッチに続いて勤務していたのと同じ刑務所です。

しかし、さまざまな米陸軍委員会が、裁判前の尋問中に使用された裁判のプロセスと方法について批判的なレビューを行ったため、論争は続いた。その結果、死刑判決のほとんどが減刑され、終身刑の半分以上が減刑されました。

1948年5月にソビエトがベルリンを封鎖した後、政治的複雑化が起こりました。米軍が実施している戦争犯罪裁判に対するドイツの国民の抗議の中で、新たな冷戦における戦後ドイツの戦略的重要性が米国に明らかになりました。

1949年、裁判参加者による一連の公告と反訴、および裁判の実施において裁判官が務めたかどうかについてのさらなる調査の後、残りの死刑判決のうち6件が減刑されました。その後、米国上院軍事委員会は、ジョセフ・マッカーシー上院議員が率いる、米陸軍の事件の全体的な取り扱いに関する調査を開始しました。上院の調査は、マッカーシー上院議員の攻撃的な行動に一部起因して、裁判を取り巻く論争を高めた。

1950年代初頭までに、何年にもわたる告発、否定、調査、論争、政治的混乱の後、残りの最後の死刑判決は減刑され、有罪判決を受けたすべてのSS隊員の釈放が始まりました。

1956年12月、最後の囚人であるパイパーがランズバーグから解放されました。彼は最終的にフランス東部に定住しました。 1976年7月14日、フランスのパリ祭で、不思議な起源の火事が彼の家を破壊したとき、パイパーは殺されました。炎に反応した消防士は、水ホースが切断されていることに気づきました。

Copyright&copy 1997 The History Place&#8482 All Rights Reserved

利用規約:個人の家庭/学校の非営利、非インターネットの再利用は、The History Placeのテキスト、グラフィック、写真、オーディオクリップ、その他の電子ファイルまたは資料のみが許可されています。


放棄された米国の装甲車の前でアメリカのタバコを吸っているドイツの兵士。 1944年12月17日、ベルギー、ポトーのHerbstnebel作戦。[1024 x 1398]

Probably belonging to the 14th Cavalry Reconnaissance Squadron that had elements in that area screening the corps boundary.

Didn't they have Coke too? And also a bunch of shit made by Ford, like engines.. And tanks? And didn't he then sue the American government for bombing his factories in europe during the war?

Ford opened manufacturing facilities in Germany in 1925 to assemble kits for their Model T. By 1931 they had built a complete manufacturing facility. When war broke out, the factory was nationalized and soon stopped production of autos and switched to many forms of trucks. All Americans had left the country. After the war, the US Government gave Ford $1.1 Million in consideration of the bombings, and to help jump-start production and employment in (now) West Germany.


One Man's War -Part 17: December 1, 1944 - December 26, 1944

This story appears courtesy of and with thanks to Robert H Allison.

On the third of December, 1944, the squadron was packed up and packed off to San Diego and loaded aboard the USS Shamrock Bay, CVE-88, for a cruise to Pearl Harbor. During this five day cruise we were accompanied by another VC squadron. The Shamrock Bay was serving as a transport for planes and personnel on it's way to the south pacific where it would pick up the squadron, VC-94, and Walt Glista. There were so many passengers there weren't rooms for everyone so we were stowed everywhere. My cot was in the after windy passage. That is a very narrow hall way from one side the ship to the other just under the flight deck and above the hangar deck. Was bad enough but we also were blessed with one of our group, who came aboard in slightly more than a drunken condition, that wasn't helped by the motion of the sea. Needless to say, to our discomfort, he was heaving his guts out day and night for three days.

On the way to Pearl Harbor, we circled by San Francisco where we were joined by the battleship, USS Texas, and her escort. Beings the Shamrock Bay was ferrying passengers and planes to the south pacific, the deck was filled with planes and no flights were possible from the carrier. So I guess we were being protected by the Texas. One interesting thing about the trip was that the Texas had gunnery practice with her 16 inch guns. We watched from the flight deck and we could actually see the 16 inch projectiles flying through the air.

After arriving at Pearl Harbor, we were transported across the island to NAS Kaneohe. I don't remember my thoughts when we entered Pearl Harbor. I don't even remember seeing the USS Arizona. I'm sure I must have had some deep emotions about the place because of my brother having been there during the attack on December 7, 1941.

All that Honolulu meant to me at this time was a place for liberty. This we did on several occasions. All I can remember of the town was Trader Vic's bar and the Royal Hawaiian Hotel. At Kaneohe, the only entertainment was the beach and baseball. The squadron did arrange for a "native luau". This was held jointly for the enlisted men and the officers. Had all the trimmings: barbecued pig, coconuts and hula girls. One of the hula girls wiggled her bottom in the face of one of the aircrewmen sitting next to the dance floor, and pulled him to his feet to dance with her. The front of his shorts showed where his mind was. He got good laugh and a big round of applause.

Part of our training while at Kaneohe was another practice session of carrier landings. This time on the USS Bataan, CVE-29. Each of us made eight landings except for Ensign Malcolm Williams, who dumped his TBM in the water and Ensign Ike Scherer went over the starboard bow. Ike struck his head and received a few cuts on his noggin. He was picked up by a destroyer but had no recollection of the accident.

As I returned from my turn at practice landings, my flight flew over the Pearl Harbor anchorage. While passing over I looked down and could see a ship that appeared to be a battleship of the USS South Dakota class. I had no idea my brother, Melv, was in Pearl Harbor at the time. As far as I knew he was somewhere in the South Pacific. After landing at Kaneohe, Jim Wells and I took off over the Pali by bus for Pearl Harbor. Upon arriving at the fleet landing we could see the ship tied up at Ford Island and sure enough, it was the Indiana. We caught the shore boat at the fleet landing and went out to the ship, went aboard, told the duty officer that we wanted to see my brother, Chief Yeoman Melvin Allison. He called for a messenger and had the messenger take us down to the navigation office. When we got there a 1st class yeoman told us that Melv had gone over the Pali to see me at Kaneohe and if we were to show up on the Indiana to hold us there until he got back. We had passed each other as we crossed the Pali. We waited and he got back later in the evening. The reason he knew that I was in Hawaii was because he had just returned from Bremerton, Wa. where he had been able to visit with our parents. My mother had told him I was at Kaneohe. We spent the rest of the evening with him until it was so late that we couldn't make it back to Kaneohe before curfew. So we spent the night in the chief's quarters. The next morning we were treated to a first class tour of the Indiana by Melv. even to getting into the breech mechanism of the sixteen inch guns. Melv. who had the responsibility of assigning " General Quarters" stations for the crew and had assigned himself to the "Fire Control" station. This was on the lower level of the fire control room. These two rooms were oval shaped and had 18 inches of steel all the way around and over head and under foot. It would have taken a sixteen inch shell to have gotten to him. He was not on the Indiana, a newly commissioned ship, during the attack but was on temporary duty with the Admiral on the USS Dobbin. When the attack started he happened to be ashore. Upon returning to the harbor during the attack, a motor launch put him on the USS Raleigh where he wound up passing ammunition.

A few days later Melv returned to Kaneohe and had three or four other guys that we had gone to school with in Des Moines. They just happened to be in Pearl Harbor at that time. When they departed that day he took with him a carry-all bag containing seven bottles of whiskey, four of which I had brought with me from San Diego and three that I had gotten after arriving at Pearl I don't why I did this other than I knew I would be getting more and whiskey wasn't high on my priority list..

On December 24, I made the trip to the Indiana again. This time I declined the assistance of the messenger and proceeded toward the chief's quarters. Going down the passage way I could see a sailor squatting on the deck. When I got there and turned the corner I found Mel and about twenty other chiefs having a Christmas drinking party. There in the middle of the deck sat my "former" seven bottles and quite a few other bottles. The Indiana had just returned to Pearl from Bremerton with these guys and a lot of smuggled booze. The party had been going on some time because some of these guys were well on their way to being smashed. I spent the night there and returned to Kaneohe Christmas day. I had to be back to pack my gear because the squadron was returning to Pearl Harbor that night to go aboard the USS Long Island, CVE-1. We were departing the morning of December 26th for the long voyage to The Admiralty Islands.

I planned on being up early the next morning and out on deck in hopes of seeing and waving at Melv as the Long Island pulled out from astern of the Indiana and passed by her on our way to the open sea. The next morning I awoke to the rolling of the ship, dashed out on the deck and found myself several miles outside the harbor. I had slept through the whole operation.

Continued.
'This story was submitted to the People’s War site by BBC Radio Merseyside’s People’s War team on behalf of the author and has been added to the site with his / her permission. The author fully understands the site's terms and conditions.'

© このアーカイブに寄稿されたコンテンツの著作権は作者にあります。これをどのように使用できるかをご覧ください。


The Orange Leader (Orange, Tex.), Vol. 31, No. 294, Ed. 1 Sunday, December 17, 1944

Daily newspaper from Orange, Texas that includes local, state and national news along with extensive advertising.

身体的特徴

4ページ:病気。 page 20 x 16 in. Digitized from 35 mm.マイクロフィルム。

作成情報

作成者:不明。 December 17, 1944.

環境

この 新聞 is part of the collection entitled: Texas Digital Newspaper Program and was provided by the Lamar State College – Orange to The Portal to Texas History, a digital repository hosted by the UNT Libraries. It has been viewed 33 times.この問題の詳細については、以下をご覧ください。

この新聞またはそのコンテンツの作成に関連する人々および組織。

クリエイター

聴衆

教育者向けリソースサイトをご覧ください。これを特定しました 新聞 として 一次情報 私たちのコレクション内。研究者、教育者、および学生は、この問題が彼らの仕事に役立つと思うかもしれません。

によって提供された

Lamar State College – Orange

Lamar State College in Orange opened in 1969 as an extension center of Lamar University in Beaumont. It later earned independent accreditation in 1989 and received separate degree-granting authority in 1991. It sits on a unique campus composed of repurposed buildings and has helped revitalize downtown Orange.


Today in World War II History—December 17, 1939 & 1944

80 Years Ago—December 17, 1939: Damaged German pocket battleship Admiral Graf Spee is scuttled in Montevideo, Uruguay as British ships wait offshore the グラフシュピー had sunk nine ships with no lives lost in those sinkings.

First Canadian troop convoy, TC-1, arrives in Britain, at the Clyde.

Joachim Peiper’s SS troops on the road to Malmédy, Belgium, 17 Dec 1944 (US Army Center of Military History)

75年前— 12月17, 1944: In Belgium, German SS troops massacre 84 US POWs at Malmédy, 11 African-American soldiers at Wereth, plus another 200 US POWs and 100 Belgian civilians at various locations.

US War Department revokes West Coast exclusion order against Japanese-Americans, effective Jan. 2, 1945.


ビデオを見る: 明镜现场. 习近平的一段不明視频 (かもしれません 2022).