ニュース

エリザベスバージニアウォレストルーマン-歴史

エリザベスバージニアウォレストルーマン-歴史

ベス・トルーマンは自分自身を「誰も」とは言いませんでしたが、彼女の夫であるハリー・S・トルーマン大統領にとって、彼女は彼の「チーフアドバイザー」でした。社長は、すべての主要な問題について相談を受け、「私のすべての取引における完全なパートナー」および「上司を上司にする上司」と呼んだことを誇りに思います。トルーマンは、ハリーが第一次世界大戦で兵役から復帰した後、ついに結婚した子供の恋人でした。失敗したビジネスベンチャーの後、トルーマンは政治に積極的になり、最終的に1934年に米国上院議員になりました。ハリーがFDRのランニングメイトになったとき、ベスは大喜びしませんでした。娘のマーガレットによると、ベスは副大統領の要求、特にプライバシーの欠如について心配していました。

彼女がファーストレディになるとすぐに、彼女はエレノア・ルーズベルトの頻繁な記者会見の練習をやめました。彼女は必要なときだけ公に現れ、エグゼクティブマンションを家にすることに専念した。ホワイトハウスでの生活が「まあまあ」であるという彼女の手に負えないコメントが、由緒ある家が深刻な構造上の問題を抱えており、かなりの修理が必要であることに気づきました。事実上再建されている間、トルーマンは邸宅を明け渡さなければなりませんでした。

トルーマン夫人は優雅なホステスと見なされていましたが、彼女の控えめな性格は彼女を一般にほとんど知られていませんでした。彼女は特別な理由を採用せず、前任者のエレノア・ルーズベルトとは異なり、過度の論争を引き起こしませんでした。トルーマンがホワイトハウス時代の終わりにミズーリ州インディペンデンスに戻ったとき、彼女の古い隣人は、彼女が決して去ったことがないかのように手付かずであったと報告しました。 1982年に亡くなったとき、彼女は97歳で、米国史上最長のファーストレディでした。


エリザベスバージニアウォレストルーマン-歴史

エリザベスバージニアウォレスは1885年2月13日、ミズーリ州インディペンデンスで生まれました。

彼女の父親は18歳のときに自殺した。

エリザベス(ベス)は、5歳のときに日曜学校でハリー・トルーマンに会いました。彼は6歳でした。

彼女は最初に日曜学校でハリーに会いました。彼らは高校の同級生でした。高校卒業後、彼らはさまざまな方向に進んだ。彼らは数年後に再び会い、数年のデートをしました。

ハリーが第一次世界大戦中にフランスでの戦闘から戻ったとき、彼らは結婚していました。それは1919年6月28日でした。


議会図書館

ルーズベルトが亡くなった後、ハリーは大統領に就任した。

1945年4月12日、エリザベスはファーストレディになりました。

ベスは野球の大ファンでした。

彼女は家族の洗濯物をすべてミズーリ州インディペンデンスに送り返し、ワシントンD.C.の洗濯サービスが気に入らなかったために洗濯をしました。

ベス・トルーマンはハリーが2期目に出馬することを望んでいませんでしたが、彼女はキャンペーンの道で彼と一緒に行きました。

ハリーのベスのニックネームは「ボス」でした。

彼女はホワイトハウスを偉大な白い刑務所と呼んだ。彼女はホワイトハウスから離れて多くの時間を過ごしました。ベスは、トルーマンが大統領だった多くの時間、独立に帰国しました。

彼女はハリーが彼のスピーチを書くのを手伝った。

ベスとハリー・トルーマンは、ホワイトハウスの最初のテレビツアーを行いました。

ベスはファーストレディとして記者会見を開いたことはありません。

彼らの娘、マーガレットは、 大統領官邸。 それはベストセラーのツアーであり、ホワイトハウスの歴史の歴史でした。

マーガレットはプロの歌手でもありました。

ハリー・トルーマンは1972年に亡くなりました。ベスはミズーリ州インディペンデンスに静かに住んでいました。

1982年10月18日、97歳で心臓発作で亡くなりました。

彼女は最年長のファーストレディでした。

彼女はミズーリ州インディペンデンスで夫の隣に埋葬されています。

書籍:
バーデン、シンディ、ミート・ザ・ファースト・レディース、ローレンツ・コーポレーション。
Gormley、Beatrice、First Ladies:Women Who Called the White House Home(First Ladies)、Scholastic Paperbacks、1997
スミス、カーター、編集者、スミソニアン大統領およびファーストレディDK出版、ニューヨーク、2002年


エリザベスバージニアウォレストルーマン-歴史

エリザベスバージニアウォレストルーマン

1885年2月13日にマーガレット(「マッジ」)ゲイツとデビッドウォレスに女の赤ちゃんが生まれたミズーリ州インディペンデンス周辺では、南部の伝統における強い家族の絆が常に重要でした。家族が1890年に町に引っ越したとき、彼女の第一印象は常に「黄金のカール」と「最も美しい青い目」でした。親戚は、「世界に1人の女の子しかいなかった」と言いました。彼らは5年生から高校まで同じ学校に通っていました。

近年、彼らの娘は女の子としてのベスの鮮やかなスケッチを書いています:「素晴らしいアスリート-独立で最高の三塁手、素晴らしいテニスプレーヤー、疲れ知らずのアイススケート選手-そして彼女は
彼女はまた、多くの「強い意見」を持っていました。そして、彼らにミズーリスタイルを述べることを躊躇しません-肩からまっすぐに。」

ベスとハリーのために、第一次世界大戦は意図的な求愛を変えました。彼は提案し、1918年にトルーマン中尉がフランスの戦場に向けて出発する前に婚約しました。1919年6月に結婚し、1924年にメアリーマーガレットが生まれたウォレス夫人の家に住んでいました。

ハリー・トルーマンが政治に積極的になると、トルーマン夫人は彼と一緒に旅行し、候補者の妻がそうすることを国民が期待するようになったので、彼の綱領の外観を共有しました。 1934年に上院に選出されたため、家族はワシントンに連れて行かれました。彼女は自分自身が公人になるのを嫌がり、常に彼の考えや興味を私的に共有していました。彼女が秘書として彼のオフィススタッフに加わったとき、彼女は「私が彼女に支払うすべてのセント」を獲得したと彼は言った。第4期のランニングメイト。彼らの就任から3か月後、ルーズベルトは亡くなりました。 1945年4月12日、ハリー・トルーマンは大統領の就任宣誓を行いました。そして、落ち着いて見守ることができたベスは、新しいファーストレディでした。

ホワイトハウスでは、プライバシーの欠如は彼女にとって不快でした。彼女の夫が後でそれを述べたように、彼女は私たちが学んだように、「形式と華やかさまたは人工性」に「特に興味がなかった」。必然的に大統領の家族を取り巻く。」彼女は自分の立場の社会的義務を誠実に果たしたが、必要なことだけをした。邸宅は第2学期中に再建されましたが、トルーマンはブレアハウスに住み、社会生活を最小限に抑えました。


ミス・トルーマンがラ・ハバナを訪問(ビデオ1948)

ベス・トルーマンとして一般に知られているエリザベス・バージニア・ウォレス・トルーマン(1885年2月13日&#8211 1982年10月18日)は、1945年から1953年までハリーS.トルーマンと米国のファーストレディの妻でした。

エリザベスバージニアウォレスは、ミズーリ州インディペンデンスでデビッドウィロックウォレス(1860-1903)と彼の妻マーガレットエリザベスゲイツ(1862-1952)に生まれ、幼い頃はベッシーとして知られていました。彼女は4人の子供、3人の兄弟の中で最年長でした:フランク・ゲイツ・ウォレス(1887-1960)、ジョージ・ポーターフィールド・ウォレス(1892-1963)、デビッド・フレデリック・ウォレス(1900-1957)。

1890年に家族が町に引っ越したハリー・トルーマンは、日曜学校で彼女を見たときの第一印象を常に保持していました。「Goldilocks」と「最も美しい目」です。彼のために世界の別の女の子&#8221。彼らは一年生から高校までのクラスメートでした。

彼女は高校を卒業した後、ミズーリ州カンザスシティのウィリアムクリスマン女子高校で学びました。 1903年に彼の父親は自殺し、彼女は母親と一緒に独立に戻りました。

第一次世界大戦の勃発は、トルーマンのゆっくりとした儀式的な行列を変えました。トルーマン中尉は1918年にフランスに向けて出発する前に宣言され、コミットされました。彼らは1919年6月28日に結婚し、母親の家に住んでいました。娘のメアリー・マーガレット(1924-2008)が生まれる前に、出産時に失敗した子供が2人、中絶が数回ありました。

ハリーが政治に積極的になるにつれて、ベスは彼と一緒に旅行し、候補者の妻に期待されるように彼の公の姿を共有しました。 1934年に上院に入ると、家族はワシントンDCに移りました。1944年に副大統領に選出されました。1945年4月12日のルーズベルトの死後、ハリーは大統領の誓いを立てました。ベスは落ち着きを保ち、新しいファーストレディになりました。

ハリーとベスは1972年に亡くなり、マーガレットと4人の子供を連れてきた夫のクリフトンダニエルの訪問を楽しみながら、静かに生活を続けました。ベスは、トーマス・イーグルトン上院議員の再選キャンペーンの名誉会長になることに同意し、ミズーリ州の民主党員でした。

ベスは1982年10月18日にうっ血性心不全で亡くなりました。彼らは21日に私的な葬儀を行い、その後彼はハリーS.図書館トルーマンの敷地内で夫のそばに埋葬されました。

97歳のとき、彼女はまだ米国の歴史の中で最も長いファーストレディです。ベス・トルーマンより長生きした米国大統領の唯一の近親者は、1995年に104歳で亡くなったジョン・F・ケネディの母親、ローズ・フィッツジェラルド・ケネディでした。

出典:Vimeo / MemorialasdeCuba / TheCubanHistory.com
ミス・トルーマン・ビジター・ラ・ハバナ/キューバの歴史/アーノルド・ヴァローナ、編集者

MISS TRUMAN VISITA A LA HABANA CON SU HIJA(1948)

エリザベスバージニアウォレストルーマン

エリザベスバージニアウォレストルーマン(13 de febrero de 1885 – 18 de octubre de 1982)、comúnmenteconocidapor Bess Truman、fue la esposa de Harry S. Truman y Primera Dama de los Estados Unidos desde 1945 hasta1953。

エリザベスバージニアウォレスナシオデデビッドウィロックウォレス(1860-1903)y su esposaマーガレットエリザベスゲイツ(1862-1952)en Independence、Missouri y era conocida por Bessie durante suinfancia。 Era la mayor de cuatro hijos、tres hermanos:Frank Gates Wallace(1887-1960)、George Porterfield Wallace(1892-1963)y David Frederick Wallace(1900-1957)。

ハリー・トルーマン、cuyafamiliasemudóalpuebloen1890、siempreconservólaprimeraimpresiónquelecausóellacuandolavióenlaescuela dominical:&#8220Rizos de Oro&#8221 y&#8220losojosmáshermosos&#8221。なじみのないディジョ&#8220nohabíaotramuchachaen el mundo&#8221paraél。 Fueroncompañerosdeescueladesdeelprimergradohastalaenseñanzaメディアスーペリア。

DespuésdegraduadosdelaenseñanzamediasuperiorellaestudióenlaescuelapreparatoriaWilliamChrismanparaseñoritasenKansasCity、Missouri。 En 1903 supadresesuicidóyellaretornóaIndependenceconsumadre。

El estallido de la PrimeraGuerraMundialalteróellentoyceremonioso cortejo deTruman。 El tenienteTrumansedeclaróyestuvieroncomprometidosantes de que el partiera para Francia en 1918. Se casaron el 28 de junio de 1919 y vivieron en la casa de la madre deella。 Hubounpardeniñosquesemalograronal nacer y varios abortos antes que naciera su hija Mary Margaret(1924-2008)。

medidaqueHarrysehacíamásactivoenpolítica、Bessviajabaconél、compartiendosusaparicionespúblicastalycomose esperaba de una esposa decandidato。 Su entrada al Senado en 1934 hizo que la familia se mudara a Washington、D.C。Fue elegido Vice Presidente en 1944. Al fallecimiento de Roosevelt el 12 de abril de 1945、Harrytomóeljuramentopresidential。 BessconservósucomposturayseconvirtióenlanuevaPrimeraDama。

Harrymurióen1972yBesscontinuósuvidasilenciosamente、disfrutando de las visitas de Margaret y su maridoCliftonDanielquetraíansuscuatrohijos。 BessaccedióaserlaPresidentahonorariadelacampañadereeleccióndelSenadorThomasEagletonqueeraDemócrataporMissouri。

Bessmurióel18deOctubre de1982deunfallocardíacocongestivo。 Secelebróunserviciofunerarioprivadoeldía21、despuésdelo cual fue enterrada al lado de su esposo en los jardines de la Biblioteca Harry S.Truman。

sus97añosellasiguesiendolaPrimeraDamamáslongevaenlahistoria de los EstadosUnidos。 Elúnicoparientecercanodeun Presidente de los Estados Unidos quehavividomástiempokeBess Truman fue la madre de John F. Kennedy、RoseFitzgeraldKennedyquemurióalos104añosen1995。


ファーストレディ:エリザベスバージニアウォレストルーマン

エリザベスバージニア&#8220ベス&#8221トルーマンはハリーS.トルーマン大統領の妻でした。彼女は現在、97年8ヶ月で最も長生きしたファーストレディの記録を保持しています。

ベス・トルーマン

エリザベスバージニア&#8220ベス&#8221ウォレスは1885年2月13日にミズーリ州インディペンデンスで生まれました。彼女は非常に幼い頃にベッシーとして知られていました。彼女はデビッドウィロックとマーガレットエリザベスゲイツウォレスに生まれた4人の子供のうちで最年長でした。

子供の頃、ベスはおてんば娘としての評判がありましたが、彼女のファッションセンスでも知られていました。 &#8220ベスはいつも私たちの他の人よりもスタイリッシュな帽子を持っていました、または彼女はより多くのスタイルでそれらを着ていました。&#8221

ハリー・トルーマンは家族が独立に移った直後にベスに会い、2人は卒業するまで一緒に学校に通いました。

彼女の父親は1903年に亡くなりました。ベス、母親、兄弟は母親の祖父母と一緒に引っ越しました。

高校を卒業すると、彼女はミスバーストーの女の子のためのフィニッシングスクールに通いました。

彼女は1919年にミズーリ州インディペンデンスでハリー・トルーマンと結婚しました。彼らは第一次世界大戦中に彼が奉仕のために出荷される前に婚約していました。夫婦には1924年に生まれた1人の娘マーガレットがいました。

1934年、トルーマン家はワシントンDCに引っ越しました。彼女はさまざまな組織に深く関わり、夫のスタッフと一緒にメールに返信したり、レポートを編集したりしました。

ハリーとベス・トルーマン

フランクリン・D・ルーズベルト大統領の死により、第二次世界大戦がゆっくりと終結しつつあった1945年4月に夫が大統領に就任しました。

ベス・トルーマンはホワイトハウスのプライバシーの欠如を認めず、彼女がしなければならないことだけをしました。彼女はしばしば、彼女がそこにいると期待されていた社交シーズン中にのみワシントンに来ました。

トルーマンの第2学期中にホワイトハウスが再建されたとき、家族はブレアハウスに住み、社会生活を最小限に抑えました。

ファーストレディとして、ベスはガールスカウト、ウィメンズ&#8217ナショナルデモクラティッククラブ、ワシントンアニマルレスキューリーグの名誉会長を務めました。彼女はアメリカ赤十字社の名誉会長でした。

1953年に大統領を辞任すると、トルーマンはミズーリ州インディペンデンスに戻りました。

ベス・トルーマン

1959年、ベスは大きな良性腫瘍を切除するために乳房切除術を受けました。

リンドン・ジョンソン大統領が1965年にメディケアに署名したとき、トルーマンはその恩恵を最初に与えられました。

トルーマン大統領は1972年に亡くなりました。ベスは10年も長生きし、家で静かに暮らし、家族と過ごしました。

ベス・トルーマンは1982年10月18日にうっ血性心不全で亡くなりました。彼女は97歳でした。

彼女はミズーリ州インディペンデンスのハリーS.トルーマン図書館で夫のそばに埋葬されました。

おそらく、ファーストレディベスウォレストルーマンのキャラクターに関する最高のドキュメントの1つが、1949年4月の&#8220McCall&#8217s&#8221マガジンの記事に掲載されました。雑誌は、フランクリン・ルーズベルト大統領の元報道官であるジョナサン・ダニエルズが、「ベス・トルーマンはホワイトハウスによって変わらない女性であり、常に彼女が何であるかを維持することを決意した」と述べたと引用した。


エリザベス・トルーマン

1948年に口笛を吹いたハリー・S・トルーマン大統領は、妻を「ボス」、娘のマーガレットを「ボスのボス」と紹介することでキャンペーンの話を終えることが多く、電車が勢いを増すと、彼らは微笑んで手を振った。そのような長いオッズと勇敢に戦っているその緊密な家族の光景は、その11月の世論調査での彼の驚きの勝利と大いに関係がありました。

1885年2月13日にマーガレット(「マッジ」)ゲイツとデビッドウォレスに女の赤ちゃんが生まれたミズーリ州インディペンデンス周辺では、南部の伝統における強い家族の絆が常に重要でした。 「」 1890年に家族が町に引っ越したハリー・トルーマンは、常に彼女の第一印象である「黄金のカール」と「最も美しい青い目」を保ちました。親戚は彼のために「世界には女の子が一人しかいなかった」と言った。彼らは5年生から高校まで同じ学校に通っていました。

彼らの娘は、女の子としてのベスの鮮やかなスケッチを書きました。彼女はまた、多くの「強い意見...そしてそれらをミズーリスタイル-肩からまっすぐに述べることについて躊躇しませんでした」を持っていました。

ベスとハリーのために、第一次世界大戦は彼らの求愛を変えました。彼はプロポーズし、1918年にトルーマン中尉がフランスの戦場に向かう前に婚約しました。1919年6月に結婚し、1924年にメアリーマーガレットが生まれたウォレス夫人の家に住んでいました。

ハリー・トルーマンが政治に積極的になると、トルーマン夫人は彼と一緒に旅行し、候補者の妻がそうすることを国民が期待するようになったので、彼の綱領の外観を共有しました。 1934年に上院に選出されたため、家族はワシントンに連れて行かれました。彼女は自分自身が公人になるのを嫌がり、常に彼の考えや興味を私的に共有していました。彼女が秘書として彼のオフィススタッフに加わったとき、彼は言った、彼女は「私が彼女に支払うすべてのセント」を稼いだ。防衛費に関する特別委員会の委員長としての彼の戦時中の役割は、彼に全国的な認識を与え、ルーズベルト大統領の第4期のランニングメイトとして民主党のチケットの場所を獲得しました。彼らの就任から3か月後、ルーズベルトは亡くなりました。 1945年4月12日、ハリーS.トルーマンはウェストウィングの内閣室で就任宣誓を行いました。落ち着いて見守ることができたベスは、新しいファーストレディでした。

ホワイトハウスでは、プライバシーの欠如は彼女にとって不快でした。夫が後で言ったように、彼女は「私たちが学んだように、必然的に大統領の家族を取り巻く形式と華やかさまたは人工性」に「特に興味がなかった」。彼女は自分の立場の社会的義務を誠実に果たしましたが、必要なことだけをしました。邸宅は第2学期中に再建されましたが、トルーマンはブレアハウスに住み、社会生活を最小限に抑えました。

彼らは1953年に独立に戻りました。1972年に夫が亡くなった後、トルーマン夫人は実家に住み続けました。そこで彼女はマーガレットと彼女の夫、クリフトン・ダニエルと彼らの4人の息子からの訪問を楽しんだ。彼女は1982年に亡くなり、ハリーS.トルーマン大統領図書館および博物館の中庭で夫のそばに埋葬されました。


エリザベスバージニアウォレストルーマン

ベス・トルーマンは、1945年から1953年にかけて、夫のハリー・トルーマンの2つの任期を通じてファーストレディを務めました。ベスはファーストレディになったとき60歳でした。

ベスは、ファーストレディとしてエレノアルーズベルトの足跡を直接たどらないことを選択し、脚光を浴びないように自分の役割を形作ることを目指しました。エレノアの役割からの彼女の最も重要な逸脱において、ベスは人前で話すことを断りました。そのため、記者会見のために記者と会う代わりに、ベスは記者の質問に書面で回答しました。彼女はスピーチをしませんでしたが、ベスは彼の政治的キャリアを通して彼女の夫に助言し、彼が上院議員であったとき彼のスタッフの有給のメンバーとしてさえ働きました。彼女と彼女の夫はお互いに献身的であっただけでなく、トルーマンがホワイトハウスに入るまでにジョージワシントン大学の学生だった娘のマーガレットにも献身的でした。マーガレットはホワイトハウスにフルタイムで住んでいませんでしたが、スタッフはしばしば非常に親しい家族を「3人の銃士」と呼びました。

引用

ベスはかつて、政治家としての妻としての役割について、「女性の公の場は、夫のそばに座り、黙って、帽子がまっすぐになっていることを確認することです」と述べました。

マーガレット・トルーマンは、母親がマスコミと話すことを躊躇していることについて、「母親は、コブラの檻への訪問と同等の記者会見を検討しました」と述べました。


トゥルーマンホーム

ウォレスゲイツ(後のトルーマン)ホーム。上:1880年代、2番目:1930年代、3番目:1950年代、下:現在

ノースデラウェアストリート219番地の家は、1919年にベストルーレスと結婚してから1972年12月26日に亡くなるまで、ハリーSトルーマンの家でした。ベストルーマンの母方の祖父であるジョージポーターフィールドゲイツは1867年に家を建てました。 、そして1885年に2階建ての家に壮大な追加を追加しました。その結果、14の部屋と8,800平方フィート弱の独立した最も有名なビクトリア朝の家の1つになりました。

ジョージP.ゲートの長女、マーガレットエリザベス(「マッジ」)は1883年にデビッドW.ウォレスと結婚しました。ウォレスはゲイツの家から2マイル離れた117W。ルビーに住んでいました。夫婦の最初の子供であるエリザベス(「ベッシー/ベッス」)バージニアウォレスが1885年2月13日に生まれたのはここでした。ウォレスは1887年にゲイツ家から2ブロック移動しました。 )1903年にベスの父親の家族は1年間コロラドに移り、その後インディペンデンスに戻り、219N。デラウェアの家に引っ越しました。

1919年6月28日、ハリーSトルーマンとエリザベス(ベス)バージニアウォレスが結婚しました。結婚披露宴は、219 North DelawareStreetの家の敷地内で開催されました。新婚旅行の後、トルーマンは実家に戻った。ハリー・トルーマンは家に引っ越したときに真の拡大家族を獲得しました。ベスの母親であるマッジゲイツウォレスと彼女の祖母であるエリザベスゲイツは、夫婦と一緒に住んでいました。ベスの兄弟であるフランクとジョージは、敷地内に小さな家を建てました。

トルーマン政権時代、この家はトルーマンの「夏のホワイトハウス」として機能し、ワシントンを離れているときや休日に家族によってよく使われていました。しかし、トルーマンは、ベスの母親が1952年に亡くなるまで、実際には家を所有していませんでした。大統領を辞めた後、トルーマンは独立に家に戻りました。

大統領就任後の期間は、トルーマンが「近代化」または住宅改修プログラムに着手した時期を表しています。数年の間に、彼らは彼ら自身の特定の好みを補完するために古い家族の家を形作るために変更を加えました。

今日、トルーマンホームは米国の第33代大統領の私生活を垣間見ることができます。整頓された共通性が美しいトゥルーマンホームは、ハリーが大統領に就任する前後に家族がインディペンデンスで楽しんだシンプルな生活を紹介しています。

公園の歴史的建造物のレポートを表示して、219 N.Delawareの家の歴史について詳しく学んでください。


ハリー・S・トルーマンとエリザベス・バージニア・ウォレス・トルーマン


「彼らに地獄に行って、副大統領が牛の5番目の乳頭と同じくらい役に立つと彼に言ってください。」これは、FDRが彼をランニングメイトとしてタップしたいと聞いたときのハリー・トルーマンの最初の反応でした。

トルーマンが言ったように、「部屋は混雑していて、上司であったすべての気の毒な政治家と半ダースの知事がそこにいました。彼らは皆、「ハリー、あなたに副大統領になってほしい」と言った。そして私は「私はそれをするつもりはない」と言った。まあ、ボブ・ハナガンはサンディエゴにいるルーズベルトに電話をかけた。 「彼らはついに彼に電話をかけました。ルーズベルトを使えば、電話は必要ありませんでした。窓を上げるだけで、彼の声が聞こえました。」

「私は一方のツインベッドに座っていて、ボブはこの部屋のもう一方のベッドに座っていました。ルーズベルトはこう言いました。男は副大統領に並んでいましたか?」そしてボブは言った、「いいえ、彼は私が今まで見たミズーリからの最も逆のひどいラバです。戦争の真っ只中にあり、おそらく戦争に負けるかもしれない、それは彼次第だ。」

幸いなことに、運命はアメリカに大きな手を差し伸べました。ハリー・トルーマンはFDRの副大統領になり、わずか3か月後に大統領になりました。

FDRの死は、トルーマンを驚かせました。午後5時10分、トルーマン副大統領はサムレイバーン議長の事務所に散歩しました。誰もが彼の隠れ家的なオフィスを「教育委員会の部屋」と呼んだ。国会議事堂の家の端に位置し、話者の友人が通常、友情とお酒のために一日の終わりに集まった場所でした。彼らはそれを「自由に打撃を与える」と呼んだ。レイバーンはトルーマンにホワイトハウスにすぐに電話するようにというメッセージを与えた。 「来てください」と彼は言われました、「そしてペンシルバニアアベニューのメインエントランスから入ってください。」ハリーの顔が白くなった。 「聖なるジャクソン将軍」と彼は言い、ホワイトハウスに向かって走り、5時25分までにそこに着いた。ルーズベルト夫人の研究で、彼女は彼に厳しい知らせを与えました。 「ハリー」と彼女は言った。「大統領は死んだ」。

沈黙に唖然としたトルーマンは、ついに「あなたのために何かできることはありますか?」と首を絞めました。エレノアはそれに答えました、「いいえ、ハリー。しかし、私たちがあなたのためにできることはありますか?あなたが今困っているのです。」翌日、トルーマンが大統領に就任した最初の丸一日は、4月13日金曜日でした。

ハリー・トルーマンはミズーリ州の紳士であるトルーマン上院議員として満足していた。彼は副大統領として大統領からほんの一瞬しか離れておらず、今では恐怖が現実のものになっていることを知っていました。しかし、いつもそのような素晴らしい責任に値しないと思っていたトルーマンは、いつもの勇気を持って仕事に取り組みました。そして、アメリカにとって幸運なことに、彼は適切な場所に適切なタイミングでいました。

FDRは、現在の歴史家からは依然として最も偉大な大統領の1人と見なされており、1945年には彼は確かに従うのが難しい行動でした。しかし、ハリー・トルーマンは、誰も信じなかったように政府の手綱を握った。ワシントンの電力ブローカーによる政治的ハッキングと見なされていたトルーマンは、すぐに彼の卓越した指導力を証明しました。

トルーマンのマスコミに対する最初の声明の1つは、次のとおりです。干し草がたくさん落ちたかどうかはわかりませんが、星、月、そしてすべての惑星が私に落ちたような気がします。」

「頑張ってください、大統領」と記者の一人が叫んだ。

ハリー・トルーマンは、「あなたが私にそれを呼ばなかったらいいのに」と重いため息をつきました。

ミズーリ州インディペンデンス出身の男性は、貴族のルーズベルトとは非常に異なっていました。彼はそれをそのまま伝えることを信じており、トルーマン夫人から彼の唐辛子の言葉でしばしば叱責されました。ハリーは妻を上司と呼び、彼女のアドバイスを高く評価しました。トルーマンのお母さんでさえ、彼を反対のラバとして知っていました。ある日、彼が彼女に電話したとき、彼女は彼に警告しました、「今、あなたはそこで自分自身を振る舞います、ハリー」。

しかし、トルーマンは彼自身の心を持っていて、彼はナンセンスを容認しませんでした。元商務長官のジェシー・ジョーンズとの電話で、大統領は「連邦ローン管理者としての確認のためにジョン・スナイダーの名前を上院に送った」と述べた。

「大統領は死ぬ前にその任命をしましたか?」ジョーンズは尋ねた。

「いいえ」とトルーマンは強調して答えた、「彼はたった今それを成し遂げた」。

ハリー・トルーマンが彼自身のモットーとして「The BuckStopsHere」を採用したのは偶然ではありませんでした。大統領の責任は彼と彼だけであり、彼は自分に何ができるかを世界に示しました。トルーマンは、偉大な大統領として歴史書に登場することを期待せずに、シンプルで気取らない、地味な男として国と外国の高官に感銘を与えました。しかし、トルーマンは決定的なリーダーでした。彼が決心したとき、彼は結果に関係なく従った。ダグラス・マッカーサー将軍を解雇するという彼の決定は、物議をかもしているが、トルーマンがしなければならないと感じた何かの例である。第二次世界大戦の英雄を解雇するという決定に達した後、彼はどのように感じたかを尋ねられ、「私はサンドイッチを直し、温かいミルクを一杯飲んで、ぐっすり眠りました」と答えました。 「大統領の権威を尊重しないので、マッカーサー将軍を解雇した。彼は愚かな雌犬の息子だったので、私は彼を解雇しませんでしたが、それは将軍の法律に違反していません。」

「アメリカ人はいつでも偽造品を見抜くことができます。少し時間がかかることもありますが、最終的にはいつでも見つけることができます」と彼は言いました。トルーマンは憲法を国の法律として強く信じており、将軍が彼のいたるところに走ることを許せばアメリカが無実を失うのではないかと恐れていた。マッカーサーを解雇したとき、彼はそれを恐れる必要がないことを学びました。トルーマンはジョージC.マーシャル将軍とオマールブラッドリー将軍を高く評価しましたが、残りは彼に感銘を与えませんでした。そして彼は、ドワイト・D・アイゼンハワーについて良いことを言うのは非常に難しいと感じました。彼はブラッドリーとマーシャルは偉大な人であり、彼らが何をしても偉大な人になるだろうと感じました。トルーマン大統領は、アイクを失礼で不快だと考えました。アイゼンハワーは気楽な仲間であるという評判があったが、そうではなかったと彼は言った。 「彼は私がこれまでに出会った中で最も困難な人々の一人です。彼がホワイトハウスに入ると、彼は入隊した男性の束よりも彼のスタッフをひどく扱ったと私は言われています。」

アイクの就任式で、彼はマッカーサーがウェーク島で行ったように大統領を扱いたかった。しかし、トルーマンは宣誓するまで大統領であり、それを支持しませんでした。イケアは大統領にスタトラーホテルで彼を迎えに行き、就任式に連れて行ってほしいと思っていました。トルーマン氏は、「そのようなことは、アメリカの歴史ではこれまでに一度も起こったことがなく、アメリカの歴史について知らなかっただけでなく、周りに誰も知らなかったことを示した」と語った。ついにアイクはトルーマンを迎えにホワイトハウスに到着したが、彼は車から降りなかった。トルーマンは車の中で彼に会うことを余儀なくされた。 「それは恥ずべきことであり、国会議事堂に向かう途中であまり会話がありませんでした」とトルーマンは言いました。

この乗り物は、トルーマンの著書「シチズン氏」に次のように説明されています。私たちは黙って旅行を始めました、そして、Ikeは私に知らせることを志願しました、「私がそこにいたならば、私はあなたから注意を引いたであろうので、私はあなたの配慮のために1948年にあなたの就任式に出席しませんでした。」もし彼が彼のために送ったならば、アイクはそこにいたであろうと指摘することによって議論。

残りの旅は黙って続けられました。その日遅く、宣誓式の直前に、アイクとトルーマンは国会議事堂の軍曹の事務所に座って、就任式のプラットフォームに案内されるのを待っていました。突然、アイゼンハワー将軍はトルーマンの方を向いてこう言いました。「息子のジョンが韓国からワシントンに命じられたのは誰の責任なのだろうか。誰が私を当惑させようとしているのだろうか。」トルーマンは、「米国大統領はあなたの息子にあなたの就任式に出席するように命じました。米国大統領は、あなたの息子が大統領としての父親の罵倒を目撃することは正しく適切であると考えました。誰かがこの命令であなたを当惑させようとしていると思うなら、大統領が全責任を負います。」大統領は後に友人に打ち明けた。「ロバート・E・リー、ジョン・パーシング、ジョージ・C・マーシャル、オマール・ブラッドリーなどの男性を、同時にカスターズ、パットン、マッカーサーズ、アイゼンハワーズ。」

ハリー・トルーマンは忠実な男であり、時には過ちを犯していました。そして、彼の家族について蔑称的なことを言う人は誰も彼の怒りを逃れませんでした。 When Paul Hume of The Washington Post criticized first daughter, Margaret, on her debut as a professional singer, the president wrote him a letter that has since become a famous example of the president’s colorful tongue. “The next time that we meet, Mr. Hume,” Truman wrote, “you will need a new nose, a beefsteak for your eye and supporter below.” Truman loved using the word “manure” where ever he could slide it in. Once asked why she allowed him to use such language, Mrs. Truman replied that it took her twenty years just to get him to use that word.

Second only to Eisenhower in Harry Truman’s low regard was Congressman Richard Nixon. Truman loathed Nixon because Nixon was responsible for a McCarthy communist witch-hunt being mounted against him. The President’s response to the allegations was simple and to the point. “If I am a traitor, the United States is in a helluva shape.” About his accuser he said, “Nixon was a two-faced, goddamn liar.” Several years later, former President Harry Truman was invited to speak at a small college in my hometown. After his talk, Vince Gaughan, my political mentor, and I went to a very small private reception in Truman’s honor. I was able to ask him if he still felt the same way about Nixon. He smiled and said, “Son, always remember what a three-time loser is.”

“What’s that, Mr. President?”私は尋ねた。

“That’s a pregnant prostitute, driving down the street in an Edsel wearing a Nixon button.” Interestingly enough, this happened well before the Watergate scandal captured the headlines. I have never forgotten that day and I never will.

Harry Truman was often heard to say, “With Bess at my side, I can do anything.” Mrs. Truman was a grand lady in her own right, who took great delight in her husband and family. She once related a story about the couple taking a steamship vacation to Hawaii after Eisenhower’s inauguration. They were to have dinner with George Killian, the head of the steamship company. They arrived in the right San Francisco neighborhood, but the wrong address. Mrs. Truman recounted, “Harry rang the bell and a man answered who looked very Republican. ‘Does Mr. Killian live here?’ Harry asked. ‘No,’ said the man, then gave my husband a closer look and said, ‘By the way, I hope your feelings won’t be hurt, but you look exactly like Harry Truman.’ Harry responded, ‘I hope your feelings won’t be hurt either, because I am Harry Truman.’”

Mrs. Truman never let her extensive calendar of public activities interfere with her devotion to Harry and their only daughter, Margaret. Both parents doted on their child and she returned their affection wholeheartedly. The closeness of the family prompted the White House staff to nickname them “The Three Musketeers.”

Bess Wallace Truman had no love for the position of First Lady or the publicity that necessarily surrounded it. She was a reserved woman, very shy and very much the product of her small-town southern background. She was a very formal lady, which sometimes made her seem cold and forbidding. By Victorian tradition, the names of women like Bess were only permitted to appear in the newspaper three times in their lives: to announce her birth, to announce her marriage, and to announce her death. Despite this intense dislike of the spotlight, Bess Truman carried out her duties as First Lady with a dignity that soon garnered the public’s respect. She personally greeted visitors to the White House, christened ships and planes, opened bazaars, attended luncheons and hosted receptions and state dinners. She shook so many hands that she required physical therapy after social functions.

Mrs. Truman was the first First Lady to take on the job of bookkeeping for the White House. She tried to run the White House like a business and began by cutting out the daily breakfast for the “sleep out” employees. Mrs. Truman paid careful attention to the menus and made sure that food was carefully prepared. She believed that the refreshments for all social functions should be prepared in the White House even the teas that were attended by thousands of people.

In the midst of one formal reception for officials of the federal government, the President heard a chandelier above his head in the blue room make an unnatural tinkling. An investigation soon showed that the floor of the second-floor oval study was in bad condition. Structurally, the White House was about to collapse. The only part of the original mansion found to be solid was the old outer wall. The President and his family moved into Blair House, the nation’s guest house for foreign dignitaries across the street from the White House. The job of restoring the White House and making it safe for future presidents required five million dollars and three years to complete.

The move to Blair House meant that social activities during the President’s second term in office would have to be curtailed. The obligatory state dinners were held in one of Washington’s hotels, usually the Mayflower. A whole series of parties were often necessary where one would have sufficed. But the Trumans handled the problem with grace, even inaugurating a series of parties for the wounded war veterans still being treated at military hospitals around Washington. The social highlight of the second Truman administration was the 1951 visit of Princess Elizabeth, then heir to the throne of Great Britain, and her husband Prince Philip. It was not easy to accommodate royalty in the temporary White House. Mrs. Truman and her staff managed it beautifully, right down to a full state dinner.

The Trumans brought both simplicity and panache to the White House. While Harry Truman will certainly be considered one of the great American presidents, Bess was an integral part of that success. Truman wrote after his retirement, “I hope someday someone will take the time to evaluate the true role of the wife of a President and to assess the many burdens she has to bear and contributions she makes.”

この Harry S. Truman and Elizabeth Virginia Wallace Truman recipe is from the Secrets from the White House Kitchens Cookbook. Download this Cookbook today.


コンテンツ

Bess Truman was born Elizabeth Virginia Wallace on February 13, 1885, to Margaret Elizabeth Gates (August 4, 1862 – December 5, 1952, daughter of George Porterfield Gates, co-founder of the Waggoner Gates Milling Company) [1] and David Willock Wallace (June 15, 1860 – June 17, 1903, a local politician, son of a former Independence mayor) [1] in Independence, Missouri, and was known as Bessie during her childhood. She was the eldest of four three brothers: Frank Gates Wallace, (March 4, 1887 – August 12, 1960), George Porterfield Wallace, (May 1, 1892 – May 24, 1963), David Frederick Wallace, (January 7, 1900 – September 30, 1957). Bess had a reputation as a tomboy as a child. [2] As a young woman, Bess enjoyed expressing herself through her fashion and hats a friend was quoted "Bess always had more stylish hats than the rest of us did, or she wore them with more style." [3]

Harry Truman met Bess soon after his family moved to Independence, and the two attended school together until graduation. [4]

After graduating from William Chrisman High School (then known as Independence High School) she studied at Miss Barstow's Finishing School for Girls in Kansas City, Missouri. Bess played on the women's basketball team when she was not studying literature or the French language. [5]

In 1903, her father rose very early one morning, climbed into the family bathtub, and died by suicide by shooting himself in the head. According to biographer David McCullough, the cause for his suicide is unknown, with speculation ranging from depression to mounting debts. [6] [7] [8]

After graduation, Bess went on to fulfill many job positions. She was Manager, Accountant, at Truman- Jacobsen Haberdashery from 1919 to 1922. She went on to become an Advisor, Aide to County Judge, easter district of Jackson County, Missouri from 1922-1924. Next, Bess took another Advisor, Aide position with the Presiding Judge of County Court, easter district fo Jackson County, Missouri from 1926 to 1934. She then worked as a Senator Advisor, Aide from 1935-1945, before becoming Second Lady. [5]

Bess and Harry Truman married on June 28, 1919, at Trinity Episcopal Church in Independence. [9] Harry courted Bess before he went off to fight during World War I he proposed in 1911, but she turned him down. Truman later said that he intended to propose again, but when he did he wanted to be earning more money than a farmer did. [10] Their only daughter, Margaret, was born in 1924. [2]

When Truman was elected as a Senator from Missouri in 1934, the family moved to Washington, DC. Mrs. Truman became a member of the Congressional Club, the PEO Sisterhood, the H Street United Service Organization, and the Red Cross work of the Senate Wives Club. She joined her husband's staff as a clerk, answering personal mail and editing committee reports when he became Chairman of the Senate Special Committee to Investigate the National Defense Program. [2]

When Truman accepted the role of Vice President to President Roosevelt, Bess was not entirely pleased. She wanted to return to their life in Missouri, but she also feared that Roosevelt would die, making her husband the President. [5]

Bess found the White House's lack of privacy distasteful. As her husband put it later, she was "not especially interested" in the "formalities and pomp or the artificiality which, as we had learned. inevitably surround the family of the President." Though she steadfastly fulfilled the social obligations of her position, she did only what she thought was necessary. When the White House was rebuilt during Truman's second term, the family lived in Blair House and kept their social life to a minimum. In most years of her husband's presidency, Mrs. Truman was not regularly present in Washington other than during the social season when her presence was expected. [11] When Bess was in Washington, she held a weekly Spanish language class for her and her local friends. [5] The contrast with Bess's activist predecessor Eleanor Roosevelt was considerable. Unlike her, Bess held only one press conference after many requests from the media. [12] The press conference consisted of written questions in advance and the written replies were mostly monosyllabic along with many no comments。 [13] When asked why she did not want to give press conferences she replied "I am not the one who is elected. I have nothing to say to the public." [3] Bess's response to whether she wanted her daughter Margaret to become president was "most definitely not." Her reply to what she wanted to do after her husband left office was "return to Independence". [14] The lack of interaction with the media was due to Bess's fear of public opinion. She feared that someone would bring up her father's suicide or judge her for this past. [5]

Privately, Bess was an unofficial advisor to her husband, President Truman. She never told him what to do as President, but she often offered her opinion on matters he was unsure of. Bess would also assist President Truman with his speeches, including his speech on the Truman Doctrine. In addition to speeches, Bess reviewed and commented on Truman's work at the end of every day, and played an influential role in his 1948 campaign. [5]

As First Lady, Bess served as Honorary President of the Girl Scouts, the Woman's National Democratic Club, and the Washington Animal Rescue League. She was Honorary Chairman of the American Red Cross. [2]

Bess worked with various organizations, but she never adopted a group or cause to focus on, as many First Ladies do. [5]

In 1953, the Trumans went back to Independence and the family home at 219 North Delaware Street, where the former president worked on building his library and writing his memoirs. Bess fully recovered following a 1959 mastectomy in which doctors removed a large, but benign, tumor. [15]

When President Lyndon Johnson signed Medicare into law in 1965, the Trumans were the first senior citizens to receive Medicare cards, presented to them by Johnson at the Truman Library. [16]

In 1961, David Susskind conducted a series of interviews with former President Truman in Independence. After picking Truman up at his home to take him to the Truman Presidential Library for the interviews over several days, Susskind asked Truman why he had not been invited into the home. According to presidential historian Michael Beschloss, Truman flatly told Susskind, "This is Bess's house" and that there had never been nor would there ever be a Jewish guest. [17]

At the time of her husband's death in 1972 at age 88, she was 87, making them the oldest couple having occupied the White House at that time. Bess agreed to be the honorary chairman for the reelection campaign of Sen. Thomas Eagleton (D-Missouri). [18]

Bess continued to live quietly in Independence for the last decade of her life, being visited by her daughter and grandchildren. She died on October 18, 1982, from congestive heart failure at the age of 97 a private funeral service was held on October 21. Afterwards, she was buried beside her husband in the courtyard of the Harry S. Truman Library in Independence, Missouri. [19]

Bess Truman remains the longest-lived First Lady and Second Lady in United States history. [18]