ニュース

ロバート・ハンセン:アメリカの裏切り者

ロバート・ハンセン:アメリカの裏切り者


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

現代アメリカの歴史の中で最も損害を与える二重捜査官の1人であるロバート・ハンセンは、ソビエト、そして後にロシア人に、米国をスパイしているソビエトの身元、アメリカの核に関する詳細などの機密性の高い国家安全保障の秘密を明らかにした数千ページの機密資料を提供しました作戦とワシントンのソビエト大使館の下にFBIが建設したトンネルの存在。

ハンセンの二重生活は1979年に始まり、2001年に終わりました。彼は、元KGB役員の助けを借りて、ハンセンがモグラであるとFBIが発見した後、逮捕されました。教会に通う6歳の父親であるハンセンは、イデオロギー的信念ではなくお金に動機付けられていたと考えられています。何年にもわたって密かにモスクワで働いている間、彼は現金とダイヤモンドで60万ドルを支払われ、さらに80万ドルはロシアの銀行で彼のために保持されていたと思われます。ハンセンは、スパイで起訴されたFBI史上3番目の捜査官でした。

1944年に生まれたハンセンは、シカゴ出身で警察官の息子でした。彼は1966年にノックス大学を卒業し、ノースウェスタン大学の歯科学校に通った後、MBAを取得するためにプログラムを終了しました。彼はシカゴ警察の捜査官として働き続け、1976年にFBIに加わりました。彼はインディアナ州と後にニューヨーク市の機関で働きました。
ハンセンの欺瞞は1979年に始まり、ソビエトの軍事諜報機関であるGRUをスパイすることを志願しました。彼はすぐにソビエトに、彼らの将軍の1人であるドミトリーポリャコフが実際には1960年代からアメリカをスパイしていたCIAの情報提供者であることを知らせました。ソビエトは最終的にポリアコフを処刑した。

1980年、ハンセンの妻が疑わしい書類で彼を捕まえた後、彼はソビエトに秘密を売ることを認めましたが、彼が彼らに与えた情報は価値がないと主張しました。ハンセンは妻の主張で、ソビエトとの関係を断ち切ることを約束し、汚いお金を慈善団体に寄付するように彼に言った司祭に告白しました。しかし、1985年にハンセンはスパイ活動を再開しました。今回はKGBのためです。彼はKGBにCIAとFBIと協力している3人のソビエト将校の名前を与えました。 3人のスパイが逮捕され処刑されました。

その間、ハンセンはFBIのランクを上げ続け、最終的には上級防諜の役割を果たしました。 1991年、ソビエト連邦が崩壊したため、彼はスパイをやめました。おそらく、彼が発見されるのではないかという恐れがあったからです。しかし、1999年に、米国国務省へのFBI連絡係を務めている間、彼は再び二重スパイのキャリアを再開しました。
ソビエト、ロシアの諜報機関。

ハンセンの没落は2000年に起こり、FBIは、そのランクにほくろがいると疑っていましたが、ハンセンをターンコートとして特定するのに役立つ情報をSVR本部から調達するために元KGB役員に700万ドルを支払いました。 FBIは2000年後半にハンセンを監視下に置き、2001年2月18日、彼はロシア人のためにプラスチックのゴミ袋に分類された文書を落とした後、バージニア州ウィーンの公園で逮捕されました。近くのFBI捜査官は、ハンセンの支払いを目的とした5万ドルの現金が入ったバッグを発見しました。彼が逮捕されたとき、ハンセンは「何がそんなに長くかかったのですか?」と叫んだと伝えられています。

死刑を回避するために、ハンセンは政府と協定を結び、協力することに同意した。 2001年7月、彼は15件のスパイ行為に対して有罪を認めました。次の5月、彼は仮釈放の可能性のない終身刑を15回連続して終身刑に処せられました。彼は、コロラド州フローレンス近くの連邦スーパーマックス刑務所で、1993年の世界貿易センター爆破事件を実行した「Unabomber」Ted Kaczynski、オクラホマシティ爆撃共謀者のTerry Nichols、RamziYousefなどの悪名高い仲間と一緒に時間を過ごしています。

ハンセンは、ロシア人をスパイしたとして逮捕された最初のFBI捜査官ではありませんでした。ハンセンが逮捕される17年前の1984年、逮捕時にロサンゼルスにあるFBIの外国防諜部隊に駐在していた20年のベテランであるリチャードミラーは、機密文書をロシアの捜査官に販売したとして逮捕されました。と浮気していた。 1986年、ミラーは有罪判決を受け、終身刑を宣告されました。彼の有罪判決は後に覆されたが、1990年の2回目の裁判で彼は再び有罪となった。ミラーは1994年に刑務所から釈放されました。

モスクワをスパイした2番目のFBI捜査官は、1987年にKGBのモグラになることを志願したアール・ピッツでした。彼は1992年まで機密情報をロシア人に渡し、その時点で22万ドル以上を支払いました。 1996年、ピッツはFBIのおとり捜査に巻き込まれました。彼はスパイ行為に対して有罪を認め、1997年に27年の懲役を言い渡されました。

ロバートハンセンは、アメリカで最も悪名高いほくろの1人の称号をオルドリッチエイムズと共有しています。機関で30年以上過ごし、ソビエトとロシアの諜報機関を専門とするCIA工作員であるエイムズは、ハンセンが逮捕されるほぼ7年前の1994年2月にモスクワをスパイしたとして逮捕されました。

CIA役員の息子であるエイムズは1960年代初頭にCIAで働き始め、1985年に機密情報をソビエトに販売し始めました。ハンセンのように、彼は採用されるのではなく彼のサービスを志願しました。どうやら貪欲に動機付けられたようで、エイムズは何年にもわたってKGBや他のロシアのスパイグループから約250万ドルの違法な支払いをかき集めました。 CIAのエージェントは、エイムズが自分の手段を超えて生きているように見えることに気づいたとき、エイムズを疑うようになりました。

FBIはこの事件に関与し、1993年5月にエイムズの捜査を開始しました。1994年に逮捕され有罪判決を受けた後、彼は仮釈放なしの終身刑を言い渡されました。彼の妻はスパイ行為を企てたとして有罪判決を受け、5年間バーの後ろで受けました。エイムズのスパイ活動の結果、100以上のアメリカの諜報活動が危険にさらされ、数人のアメリカ大統領に汚染された諜報報告が与えられました。


これらは米国史上最大の裏切り者です

米国史上最大の裏切り者10人10)ジュリアスとエセルローゼンバーグ1951年にジュリアスとエセルローゼンバーグが陪審員の前に連れてこられたとき、少なくともその称号がカルダシアンと特定のサッカー選手との別の道によって盗まれるまで、イベントは世紀の裁判になりました間違いなく彼の妻を殺さなかった人

ペアは、米国政府からロシアのスパイに原子の秘密を盗んだと非難されました秘密は、マンハッタン計画で働いていたエセルの兄弟によってカップルに漏らされました:当時、多くの人は、リセンブルグが不当に有罪判決を受けたと感じました確かに、切り詰められた証拠が使用されましたしかし、最近ソビエト連邦のVENONAプロジェクトから機密解除されたケーブルは、実際にロシア政府のために働いていることが証明されました。

その上、ローゼンバーグと一緒に裁判にかけられたモートン・ソベルは、2008年に彼がスパイであり、ジュリアス・ローゼンバーグが彼に秘密情報を手渡したと認めた。プロジェクト・マンハッタンはソビエトに対するアメリカの核抑止力の不可欠な部分であり、ローゼンバーグ事件は捕らえられなかったので、さらに弱体化したでしょう9)ロバート・ハンセンかなり低いと言えば、それはこの次の裏切り者を説明するのにかなり良い方法ですが、ロバート・フィリップ・ハンセンは1つの理由と1つの理由だけでそれをしました:冷たいハードキャッシュハンセンは1979年から2001年までのFBI捜査官

そしてその22年間を通して、彼はソビエト政府、そしてロシア政府をスパイしました。そうです、ソビエト連邦の崩壊と国全体の解散でさえ、この男が秘密を売るのを止めませんでした。ロシアで働いている秘密の米国のエージェントの名前の秘密その見返りに、クレムリンは彼に現金とダイヤモンドで1400万ドル以上を支払いました

ハンセンは2001年2月18日、バージニア州で逮捕されました。彼は現在、コロラド州フローレンスの連邦スーパーマックス刑務所で15回の連続した生涯刑務所に服役しています。ジェームズ・ジョセフ・ドレスノクが北朝鮮に亡命したとき、それが自分自身を選んだ人生です。ドレスノクは60年代に韓国に駐屯していた米軍の民間人でした。

おそらく常に女性をかわし、最もハンサムな男賞を受賞することにうんざりしていたと思われるある日、ドレスノックは北朝鮮と韓国の間のDMZを歩いて渡り、降伏した。北朝鮮のスパイにアメリカ英語を教えるためにしかし彼はすぐに北ドレスノクの宣伝兵器になり、多くの政府製の映画に登場し、通常は邪悪な西洋人のばかげた似顔絵を演じました

ドレスノクは、他の亡命者が米国に逃亡したにもかかわらず、彼の決定を後悔することなく、残りの人生を北朝鮮に住み続けました。明らかに、彼はマイナーな有名人として快適な生活を送り、2016年に亡くなるまで幸せに暮らしました7)リチャードニクソン一般的に、このビデオでは政治家を避けようとしました。技術的には、オバマがドローンを無慈悲に使用し、ホイッスルブロワーを逮捕するためのスパイ行為を乱用すると、彼が裏切り者になるという主張をすることができます。中東とトランプの賞賛行為の違反と国境での違憲行為は彼らを裏切り者にします

しかし、ほとんどの人が米国を裏切ることに同意できる政治家が1人いるとすれば、それはニクソンです。「私は詐欺師ではない」と有名に言われているにもかかわらず、ニクソンは…まあ、彼は詐欺師でした。1973年1月、泥棒が上級民主党の部屋に侵入したことが明らかになりました。ウォーターゲートホテルの党員と彼らを盗聴したこの監視は、ニクソンが証拠を抑制して隠そうとした彼の政治的ライバルに優位に立つことを望んでいたニクソン自身の要請で行われたが、スキャンダルへの彼の関与はますますもっと否定できない

最終的に、彼は弾劾され、問題を辞任することを余儀なくされ、最初で最後の大統領は首尾よく不在になりました6)アーロンバーリンマニュエルマランダのおかげで、アーロンバーはおそらくハミルトンのためにアレクサンダーハミルトンスポイラーを殺した男として最もよく覚えられていますそこにそしてまたあなたがまだそれに追いついていないなら19世紀しかしバーはそれよりはるかに充実した人生を送っていた

彼は一つの理由で副大統領でしたそして彼はまた米国がこれまでに生み出した最も偉大な裏切り者の一人でしたハミルトンを正面から撃った後、バーは彼の政治的キャリアが終わったことを知ったので彼は彼らに尋ねる手紙を英国大使に送りました小さな軍事力のために彼の計画は、イギリスの領土を主張して、ルイジアナを攻撃して侵略するために軍隊を使用することでした

彼はまた彼の計画のために偉大な将軍を必要としていることを知って、バーはまた、今では悪名高い「暗号の手紙」を米軍の総司令官であるジェームズ・ウィルキンソン将軍に送ったが、ウィルキンソン将軍は計画が失敗すると信じ、バーの計画をジェファーソン・バー大統領は国外への逃亡を余儀なくされたが、4年後に米国に戻って勧誘者として働いた。奇妙なことに、誰もが「理由」全体を忘れてしまった。

5)ハーバート・ジョン・バーグマンナチスであることは完全に不道徳であるだけでなく、アメリカが広めることになっているすべての原則に反するので、アメリカがナチスと戦争している間にプロナチスのラジオ番組を操作することは、このようなリストに載っているあなたハーバート・ジョン・バーグマンは、第二次世界大戦中に、「ラジオ・デバンク」のナチスであるジョー・スキャンロンの下で放送したショー、ボイス・オブ・オール・フリー・アメリカを運営しました。彼らはすべてSTDで溢れていると主張し、毎晩売春婦を雇っています

実際、それはおそらく真実でした。真実ではなかったのは、英国とソビエト連邦が合衆国に対して衝突してその崩壊を引き起こした、または第二次世界大戦がフランクリンDルーズベルトと&quothisユダヤ人と共産主義の仲間」戦後、バーグマンは逮捕され、20件の反逆罪で起訴された

彼は刑務所で亡くなりました4)ロバートフォードロバートフォードは歴史上最も有名な裏切り者の一人です地獄、彼は彼について作られた映画のタイトルでさえ彼を呼ぶほど悪名高い裏切り者ですしかしゆっくりと曲がりくねったブラッドピットの車は別として、ロバートフォード19世紀には無法者だったジェシー・ジェイムズのギャングの一員として、フォードは列車を乗っ取り、銀行を奪い、賞金を集めました。

しかし、ギャングが逮捕と死から離れ始めたので、フォードは計画を立て始めましたフォードはミズーリ州知事であるトーマスTクリテンデンに手を差し伸べ、そして彼がジェシージェームズフォードを殺した場合はフォードに完全な許しと1万ドルを約束するようにリーダーに頼みました喜んで申し出て、ジェームズが写真をまき散らしている間に後ろでジェームズを撃ったなんて臆病者トロントが彼らのチャド市長を選出したとき、少なくとも世界はついに良いロブフォードを手に入れました。彼には家で食べるのに十分な女性がいると言って浮気

3)ベネディクトアーノルド尊敬されているリーダーであるアーノルドは、イギリスとの独立戦争でアメリカのために戦うことで有名になりました。アメリカの聴衆は、「あなたを征服する」こと全体について申し訳ありませんでした。独立軍にとって重要な戦略的地位であるニューヨークのウェストポイント砦の司令官の

陰謀は1780年9月に明らかになり、アーノルドはイギリス陸軍に旅団長として参加するために逃げました。彼は£6,000の署名ボーナスを与えられました。アーノルドは敗北し、軍隊と共にブライティに行き、死ぬまでそこに住んでいた。アーノルドがイギリスに加わった理由は、他のアメリカの指導者たちが彼の考えを信用していることに不満を持っていたからだと理論づけられている。

しかし、あなたがアイデアの盗難に腹を立てているので、まだあなたの国を売り切れているのはかなり低いです2)JエドガーフーバーFBIの最初のディレクターも快適に最悪のフーバーであり、FBIはクーリッジ大統領から莫大な力を与えられました、しかしそれは在職中にフーバーの犯罪リストを手に入れるために一貫して法律と倫理を無視したJエドガーにとっては十分ではありませんでしたが、いくつかのハイライトには、活動家を標的にするために違法な方法を使用したり、大統領をブラックメールで送ったりすることが含まれます1930年代、禁止は、現代の禁止と同じように、組織犯罪の暴力的な増加に直接つながりました。

フーバーは政府の過ちを隠そうとして、FBIのリソースを使用して、アメリカマフィアが存在したという証拠を抑制しました。彼は朝鮮戦争が勃発したちょうど1950年に、トルーマン大統領にヘイビアスコーパスの廃止を迫りました。トルーマンが拒否した証拠なしに12,000人の朝鮮アメリカ人を逮捕できるようにするための西洋文明の基礎法的先例

1)ジョン・ウォーカー・ジュニア米海軍で働いている間、この通信官とデビッド・クロスはワシントンDCのソビエト大使館に忍び込み、重要な軍事機密を彼らに売ることを申し出た。ソビエトは同意し、ウォーカーは彼らにKLの設定を手渡した。 -47暗号機その機はソビエトが秘密の米海軍メッセージを解読することを可能にしましたそしてそれは彼がソ連と一緒に働いた最後ではありませんでした

次の17年間で、ウォーカーはKGBにすべてのアメリカの原子力潜水艦の場所を引き渡しました。彼はまた、海軍が核戦争で従う手順の詳細な説明と、アメリカが使用していた水中マイクの場所を提供しました。ソビエトの原子力潜水艦を追跡するためにこのすべての作業で、ウォーカーは35万ドルしか受け取っていませんでした。ソビエトは非常に感銘を受けました。

最終的に、ウォーカーは捕らえられ、投獄されましたが、より良い独房のために彼の共謀者を売り切る前ではありませんでした。


なぞなぞが解決されました:アメリカの裏切り者とスーパースパイ、ロバート・ハンセンを誰が薄暗くしましたか?

20年以上の間、ロシアとアメリカの間のスパイ戦争の学生は、冷戦の残された大きな謎の1つを熟考してきました。 ?

故デビッド・ワイズが死後に出版した本によると、先月膵臓癌で亡くなった権威あるスパイ作家であることがわかりました。情報提供者は、ハンセンに関するクレムリンの書類を何年にもわたって事件を追求してきたFBIのカウンタースパイに届けた、運が悪かった元KGB役員のアレクサンドル・シチェルバコフだったとワイズは書いている。

10月中旬に音声形式でのみリリースされたワイズの本は彼を呼んでいます。 700万ドルのスパイ。ワイズが死んでいて、事前のコピーが入手できず、店にハードカバーがないため、通常最も売れている著者の本は今まで注目を逃れていました。

後の被害報告によると、ハンセンは、1979年から2001年にバージニアの雪に覆われた森でのデッドドロップに続いて逮捕されるまで、ロシア人を断続的にスパイした不満を持った上級FBIコンピューターオタクであり、「おそらく米国史上最悪の諜報災害」を引き起こした。 。

ハンセンは、FBIがロシアのモグラを追い出すのを手伝ったことで起訴され、米国の諜報機関で最も機密性の高い秘密のいくつかに精通しているだけでなく、疑惑を自分から遠ざける立場にありました。ワイズによれば、ハンセンは、彼の暗いスーツと不機嫌な態度のために同僚をにらみつけて「葬儀屋」と呼ばれ、FBIとCIAの「驚くべき50人の人的情報源または採用目標を裏切った」。ロシア人は、米国の電子スパイプログラムに関する極秘の詳細と、FBIがワシントンDCのロシア大使館の下で掘っていたトンネルに関する進捗報告などの秘密を持っています。

1980年代にロシアでエージェントの増加する損失に直面して、米国のカウンタースパイは最初にCIAのソビエト部門の腸のアルコールCIAターンコートであるAldrichAmesに焦点を合わせました。他の損失がエイムズの背信行為によって説明できないとき、彼らは彼らのほくろ狩りを更新し、ハンセンが捕まるまで人生とキャリアがひっくり返った別のCIA工作員、ブライアン・ケリーに固定しました。

何年も経ちました。 FBIは、FBIの1つが悪くなる可能性があると信じることを拒否しました。

ハンセンへの道は、伝説的な元CIA役員であるジャックプラットと、プラットが何年にもわたって採用を試みて失敗した元KGBスパイであるジェナディヴァシレンコとの間の冷戦後のビジネスパートナーシップから最終的に生まれました。ハンセン事件に触れた別の新しい本で鮮やかに語られているように、 Best of Enemies:冷戦の最後の偉大なスパイストーリー、ライバルの相互の賞賛は深い友情に花開いた。 1991年にソビエト連邦が崩壊した後、彼らはロシアの顧客を獲得したセキュリティサービス会社で一緒に事業を始めました。最終的に、ヴァシレンコはモスクワ事務所で働くために別のKGB役員を雇い、ベスト・オブ・エネミーズの共著者であるガス・ルッソとエリック・デゼンホールはアナトリー・ステパノフと呼んだ。

ワイズによれば、実際には、1960年にCIAについて書き始めたのはShcherbakovでした。

ルッソとデゼンホールもシュチェルバコフに名前を付けることを計画していた。しかし、彼らは彼の安全を恐れていたので、最後の最後に彼の名前を仮名に交換した、とルッソは語った ニューズウィーク。ほんの数ヶ月前、ロシアのエージェントは、イギリスに住む亡命者であるセルゲイ・スクリパルへの神経ガス攻撃に関与していた。これは、元KGB役員であるロシアのウラジーミル・プーチン大統領の承認を得たとされる、亡命者と反対者に対する一連の長い攻撃の最新のものでした。昨年の夏、クレムリンの攻撃部隊は、米国に住む脱北者を追跡していると報告されました。

「スクリパルが毒殺された後、そして他の[ウラジーミル]プーチンの報復の後、そして出版社との会議の後、私たちは彼がすでにいた危険に加えたくないと決めました」とルッソは言いました ニューズウィーク。 「また、私たちの情報筋は、同じ理由で名前を明かさないように私たちに求めました。」

「彼をあきらめていれば、大きなニュースの注目を集めることができたはずだ」とルッソ氏は付け加えた。

両方の本によると、Shcherbakovは2010年に米国に亡命し、ベテランのFBIモルハンターMikeRochfordによってクォーターバックされた複雑な作戦に誘われました。異常な動きで、プーチンは、悪名高いアンナ・チャップマンを含む、米国でアメリカ人として生きているロシアの「違法者」の指輪を叩きのめしたとして、公にシュチェルバコフに指をさし、彼を暗殺すると脅した。 (謎に加えて、モル戦争に関するさらに別の新しい本、 スクリパルファイル:ロシアのスパイの生と死に近い、BBCジャーナリストのマークアーバンによると、別の亡命者、シュチェルバコフではなくアレクサンダーポテエフが違法行為を排除したと述べています。

ルッソ氏は次のように述べています。「SVR [KGBの外国のスパイアームの後継者]が彼が男であることを知っていることは99%確信していましたが、彼らの確信を増したくありませんでした。」ロシアの悪党が緩んでいるので、Shcherbakovは彼が彼の大きな暴風雨をどのように過ごすかについて注意しなければなりません。

確かに、少なくとも一部の元CIA役員にとって、30年間のほくろ戦争は終わっていません。かつて同庁のソビエト部門を率いていたミルトン・ビアデンは、発見を逃れたロシアのモグラがまだもう一人いると長い間信じていた。

「彼は今のところかなり長いだろう」とベアデンは言った ニューズウィーク。 「彼の80年代または彼の墓で。」 CIAが見ているのをやめ、敷物の下でそのような恥ずかしさを一掃することを好むと言う人もいます。しかし、他の人にとっては、ほくろ戦争は決して終わらないでしょう。


スパイの奇妙な性生活

レスリー・スタール 彼の国を裏切ったFBI捜査官のロバート・ハンセンも彼の教会と彼の妻を裏切ったことを知りました。 スタール ハンセンは、妻が知らなかった密かに設置されたテレビシステムで彼が妻とセックスするのを見るために彼の親友を招待したと報告している。

政府筋とハンセンの精神医学的プロフィールからまとめられた報告書は、引退した陸軍将校のジャック・ホーシャウアーを、彼の結婚ベッドに向けられた隠されたビデオカメラに引っ掛けられたテレビを見ることを求めた友人として指名している。ハンセンはまた、妻のボニーのヌード写真を、彼女の知らないうちにホルシャウアーに送った、と情報筋は明らかにした。

ハンセンの性的行動は、彼とボニーについての性的に露骨な話をインターネットに投稿したり、ストリップクラブを何度も訪れてストリッパーをカトリックに変えようとしたことを含め、精神障害の一部だったと彼を調べた精神科医は言います。医師によると、スパイは、敬虔な宗教的ハンセンにとって、これらの性的問題から逃れる方法でした。

アラン・サレリアン博士はハンセンの防衛チームに雇われて彼を診察し、ハンセンが世界に知ってほしいとサレリアンが主張する情報を漏らしたために解雇された。 「(ハンセンの)諜報活動は彼の性的な悪魔からの脱出でした。彼が諜報活動やスパイなどの刺激的で危険な立場にいることに気付いたとき、彼は彼の悪魔が減速したことに気づきました」とサレリアンはスタールに語ります。 「彼は、思考、望まない思考によって悪魔に駆り立てられています。」

元司法省の調査官ジョン・マーティンにとって、それはもっと簡単でした。 「彼は裏切りと裏切りの生活を送り、すべての人を裏切った」と、76人のスパイ調査のベテランであるマーティンは言う。 「FBIがスパイを探してポルノネットをサーフィンしているかどうかはわかりません。彼らはこの事件の後でそれをしているのかもしれません」と彼はスタールに語った。

ハンセンに30時間インタビューしたサレリアン博士は、「重度の精神障害」に苦しんでいる彼は病気であると不道徳ではないと言います。

「彼は悪魔に駆り立てられ、思考、望まない思考に駆り立てられます」とハンセンが彼の秘密の人生全体を彼の司祭と共有したとも言うサレリアンは言います。

「彼は彼の心理的な悪魔だけでなく、彼もまたスパイしているとこの司祭に話します。そして彼が得たアドバイスの種類を見てください&#151お粗末なアドバイス。彼はもっと祈って向きを変えるように言われましたマザーテレサへのお金。私にとって、それはとんでもないことです」とサレリアンは言います。

ハンセンは政府に、80年代初頭にスパイのお金を&#150それまでに約12,000ドル&#150をマザーテレサに与え、その後さらにスパイを続けたと語った。
教会の立場は、司祭は彼が自信を持って学んだことを明らかにすることはできないというものですが、サレリアンは、教会がハンセンに精神医学の助けを求めて身を任せるように勧めるべきだったと考えています。

サレリアン博士は、ハンセンが彼の悪魔をかわす方法として彼のスパイを使用したと信じています。 「彼の諜報活動は彼の性的な悪魔からの脱出でした。彼が諜報活動やスパイなどの刺激的で危険な立場にいることに気付いたとき、彼は彼の悪魔が減速したことに気づきました。彼らは落ち着きました。」


スパイの分析ロバート・フィリップ・ハンセン:アメリカ史上最悪の裏切り者はカトリックの秘跡の告白に行く

&#8220ロバート・フィリップ・ハンセンは、1979年から2001年までの22年間、米国に対するソビエトおよびロシアの諜報機関をスパイした元連邦捜査局のエージェントです&#8221(ウィキペディア)。

FBIは、2001年9月11日のわずか数か月前からここにプレスリリースを掲載しています。HistoryChannel(youtubeも)は、プレイヤーのオリジナルの事後インタビューを通じて多くのことを提供しました。もちろん、これはすべて完全な製造である可能性があります。 FBIは、人々にこの仲間について嘘をつくことによって得るすべてのものを持っています。しかし、議論のために、それをすべて真実だと言ってから、彼が彼の行動においてFBIの謎のままであると言われている理由について話し合いましょう。ダブルライフ。それについての難問はまったくありません。つまり、レポートの内容に従えばです。

ボブはカトリックです。彼は悔い改めた。彼は告白に行きました。私はそこにいませんでした。私は、司祭がそれについて話していなかったと確信しています。この情報はボブ自身から来ました。それは言った:

&#8220彼は司祭に行きます。そして司祭はこう言います:&#8216O.K。、ここで&#8217あなたがやろうとしていることです。もうやらないでください。マザーテレサにお金を寄付すると、すべてが忘れられます。&#8217そしてそれが起こったことです。&#8221&#8212しかし7年後、彼は再びスパイを始めました。 &#8212(内の裏切り者)

&#8220again&#8221についての最後の声明は、FBIの誤解の鍵であり、そのような一見敬虔で保守的な仲間が、彼が明らかに誠実に諦めたスパイ活動を開始するのはどういうことなのか疑問に思っています。その&#8220again&#8221ビットは、誤解されなければならない仮定です。その理由は、すでに行われたスパイ活動は、最初の告白から他の人を介して人々を危険にさらし続けている継続的な影響を持っていたからです。慈善団体、&#8220マザーテレサ&#8221にお金をあきらめることは、それを削減しません。彼は人々と実際に国全体を重大な危険にさらすという進行中の被害を逆転させなければならないでしょう。彼は身をかがめなければならないだろう。

しかし、私は、司祭が赦免を与える前に彼が身を引くことを要求するべきだとは言いません。結局のところ、ボブは身をかがめると、二度と聖餐の告白に行く機会がないかもしれません。それで、OK、最初の告白は彼に彼に告げる赦免を与えるかもしれません、しかし、彼が彼自身を引き渡さなかったならば彼は別の赦免のために戻って来ようとすべきではありません。彼は刑務所で告白する機会があるかもしれません、右?多分そうではありませんが。しかし、彼は彼のスパイ活動が現在引き起こしている進行中の損害を元に戻さなければならないでしょう。人々や国への継続的な被害を元に戻さずに何度も告白に行くのは正しくありません。

私もこれを言います:私は教皇フランシスコの慈悲の宣教師です。上記と同じ状況で、裏切り者やスパイなどが告白のために私に来た場合、私は彼を免除します。そして、私は死ぬまで秘密を守ります。拷問を受けても。心配無用。イエスはそれらの罪の代価を支払われました。それは私ができる最低限のことです。しかし、彼がその間に自分自身を提出しなかった場合、つまり、彼が行ったことが依然として人々の命を危険にさらし、彼がしなければならない場合、彼が次に告白に来たときに彼が赦免を受けることはないことを知ってくださいダメージを元に戻すために身をかがめます。彼がしたことは、車列のルートを裏切るなど、一度だけのことである場合、同じことであっても、彼は再び告白に戻ることができます。確かに、悔い改めの意味、修正の確固たる目的、そして自分をだまさない方法について話します。しかし、彼は告白に戻ることができます。

ああ、そしてロバート・フィリップ・ハンセンの二重の人生についての難問?どうしてそれができるのでしょうか?ほら、それは&#8220again&#8221のものに戻ります。彼はこれらのことを告白してから7年後に再びスパイを始めませんでした。彼は常に人々と国全体を危険にさらす影響が続いていることをスパイしていて、彼はそれについてひどいことをしていませんでした。これはいつも彼に取り組んでいました。彼の偽善は彼の人生の他の分野で現れました。それはしなければなりませんでした。区分化されていません。彼はおそらく複数の信者をだましました。彼は自分の魂をだますことができませんでした。彼は彼の諜報活動の&#8220power&#8221のアドレナリンによって破壊されていた彼の諜報活動の&#8220power&#8221のアドレナリンから離れて暮らしていました。彼が積極的に&#8220again&#8221を立ち上げたとき、彼は決して止めなかったものの別の修正を望んでいました。

もちろん、彼はこれらすべてを悔い改め、今再び告白に行くことができます。誰も失われた原因ではありません。繰り返しになりますが、私たちが知っているのは他の人を通してしか&#8220facts&#8221ではないので、私が上に書いたことは単なる仮説ですよね?僧侶は何も言えませんよね?私は彼ら全員が正しいことをしたと思います。私が提示したのは、彼らが正しいことをした可能性があることを示す方法です。彼らのせいにしないでください。

彼のスーパーマックス刑務所への注意:ボブに自分のドキュメンタリーを見せたのと同じようにこれを見せて、彼が告白に行きたいと思ったら、私に知らせてください。私は喜んで旅行をします。


歴史上最も悪名高い裏切り者の10人

バスケットボール選手のレブロンジェームズが2010年の記者会見で、クリーブランドキャバリアーズを離れてマイアミヒートに行くことを発表したとき、歴史は長く続いた侮辱の形で生き返りました。

彼が故郷のチームを去るという驚きの発表をした後、レブロンはベネディクトアーノルドに例えられました。アーノルドが生まれたのと同じ年に、キャバリアーズのオーナーであるダンギルバートは、ジェームズを描いた等身大のウォールグラフィックの価格を17.41ドルに引き下げました。

アーノルドは彼の裏切り行為で悪名高いので、彼の名前はその行為の代名詞になっています[出典:メロック]。 Whether a traitor betrays a country, principle, person or legion of sports fans, the act of betrayal isn't soon forgotten. And in some cases, the names of history's most notorious traitors remain on the tip of the tongue.

Think modern-day politics are a mess? Consider ancient Rome. Cassius, a Roman general who exceled at his job wasn't a big fan of fellow general and Roman senator Julius Caesar.

As Caesar rose to power on a populous wave and declared himself Rome's leader for life, Cassius began to get nervous about Caesar's widespread rule. Eventually, he convinced his friend and fellow Roman general Brutus to feel the same way. Although Brutus was Caesar's friend, too, he was guided by a sense of duty that made him vulnerable to Cassius' emotional manipulation.

After Cassius sent Brutus fake letters outlining the people's support for Caesar's death, Brutus decided to act on a misguided sense of honor. On the Ides of March (March 15), 44 B.C.E., Brutus led a group of senators to stab Caesar to death on the senate floor 23 times, making Cassius and Brutus one of history's first -- and most notorious -- traitorous pairs [source: Vernon].

Judas Iscariot betrayed Jesus Christ for 30 pieces of silver, and his name has been synonymous with greedy treachery ever since.

Judas was one of Jesus' 12 apostles and the account of Judas' traitorous act is recorded in the Bible's canonical gospels, which are Mark, Matthew, Luke and John. Matthew 26:14-16 (KJV) reads, "Then one of the twelve, called Judas Iscariot, went unto the chief priests and said unto them, 'What will ye give me, and I will deliver him unto you?' And they covenanted with him for thirty pieces of sliver."

Jesus was targeted by the chief priests, and Judas betrayed him with a kiss. The kiss wasn't a sign of affection it was actually a signal to awaiting soldiers who immediately arrested Jesus and led him to the high priests. Jesus was accused of blasphemy, found guilty, bound and delivered to Pontius Pilate, the governor, who sentenced him to death. Soldiers stripped Jesus, placed a crown of thorns upon his head and crucified him by nailing him to a cross. Judas was so filled with remorse that he attempted to return the silver, but the priests wouldn't accept it. In the end, Judas hung himself.

Little else is known about Judas' life. Some historians believe Judas' last name, Iscariot, is closely linked to the Latin word for murderer -- sicarius -- and may not really be his family name at all [sources: Biography, Jesus Central]. In any case, "Judas" remains another word for "traitor" even today.

By the time Benedict Arnold reached adulthood, family financial constraints had forced him to withdraw from school yellow fever had killed three of his siblings and he'd become responsible for his father, a frequently incarcerated alcoholic who squandered the family's fortune.

Arnold managed to become an international merchant whose financial success was stymied by British-imposed tax acts. He fought back by joining the military group, the Sons of Liberty, at times using his own money to train and equip troops. Successful battles against the British gained him the admiration of George Washington and Thomas Jefferson, but also a permanently injured leg. With civilian leaders stinting on supplies for the army and popular support for the American Revolution declining, a disillusioned Arnold began to think his country might be better off under British rule.

He was appointed to run West Point, a key military position during the Revolutionary War. Arnold betrayed America by offering to sell plans of the fort, including the location of its armament stores and other war secrets, to the British for an amount that would equal $3 million today.

When the treasonous plot was intercepted in 1780, Arnold went from hero to zero. He was convicted of treason, and his name was erased from military records. Arnold began fighting for England and eventually moved to London. He spent the rest of his life trying to ingratiate himself with British trading companies and the British military. He was unsuccessful at both pursuits and died in 1801 [sources: Biography, Creighton].

Jesse James may have been one of the United State's most infamous outlaws, but the man who shot him received the rancor of generations.

James led the James Gang on a robbery spree during the late 1800s that targeted everything from banks to trains to ordinary people. The robberies continued for about 16 years across the Midwest, coming to an abrupt end in 1876 when the gang murdered two people during a botched bank robbery. Several gang members were captured, but Jesse James managed to escape, robbing just one more train in 1880 -- the same year a Missouri governor put a price on his head.

Turns out, Robert Ford, a member of James' own gang, would become a traitor. On April 3, 1882, he killed James by shooting him in the back. Ford killed James not only for the $10,000 reward he planned to split with his brother Charles, but also because the Missouri governor had promised the brothers their crimes would be pardoned.

After Ford murdered James, he didn't receive a hero's welcome as he'd hoped, or even the entire reward. Instead, he was labeled a coward and became a drifter. Ironically, Ford met his end when a fellow outlaw shot him in the chest, seeking fame for killing the ultimate coward [sources: Lofty, History].

Mata Hari may be one of history's most famous double agents, but she wasn't a good one. The "secrets" she gained from rival German and French sources were usually old news. Her real skills, it seems, were of a more personal persuasion.

Born Margaretha Zelle to a wealthy Dutch family that fell on hard times, she was parceled off to relatives, eventually married a stern man several years her senior and endured years of abuse. By the time she neared 30, she was divorced, living in Paris and calling herself Mata Hari, which means "eye of dawn" in Malaysian. She reinvented herself as a temple dancer from India.

From 1905 to 1912, Hari was credited with turning the striptease into a theatrical art form. However, as her age and weight increased, she moved from exotic dancer to courtesan. One of her wealthy French supporters recruited her to bed a German officer and find out his secrets in exchange for money. But the officer became suspicious and fed her old information. Meanwhile the French intercepted a message from Germany with Hari's code name, which made them believe she was also spying for Germany.

Hari was arrested and held in a French prison where a curious public queued into the streets to catch a glimpse of her during trial. She was sentenced to death for treason and led from her cell, head held high and refusing to wear a blindfold. Upon seeing a 12-man firing squad, she blew them a kiss before being shot and killed in 1917 [source: Noe].

Don't think a poetry prize can be controversial? The first Bollingen Prize in Poetry awarded by a congressionally appointed literary panel in 1949 is still making waves. And it's no wonder.

The recipient was Ezra Pound, an American expatriate who'd been indicted for treason against the U.S. during World War II. At the time of the award, Pound was confined to a Washington, D.C. hospital after being declared insane.

Born in Idaho, Pound became a poet and critic, and was arguably one of the most influential voices in 20th century English and American literature. As he lived and worked in London and Paris, Pound became incensed by the lives lost during World War I and the injustices he saw in the world. By 1924, he'd moved to Italy where the fascist leanings of Benito Mussolini captured his attention. Becoming increasingly radical during the 1930s and 1940s, Pound publicly supported Adolph Hitler.

As World War II broke out, the Italian government paid him to produce radio broadcasts that insulted the U.S. and supported fascism. After hundreds of these broadcasts, Pound was arrested in 1945 by Americans in Italy. He was charged with treason and spent months in a U.S. military camp writing one of his best-known works, "Pisan Cantos," before being hospitalized in the U.S.

Nine years after receiving the Bollingen Prize for "Pisan Cantos," he was released and returned to Italy, where he lived until his death in 1972 [source: Biography].

During World War II, the Japanese-American voice that emanated from the radio, attempting to demoralize American troops fighting in the Pacific, was referred to as Tokyo Rose.

And that's when things went terribly wrong for an American woman of Japanese descent. Iva Toguri d'Aquino lived in Tokyo, sent there by her family to care for an ailing relative, and was hired by a local radio station for a secretive propaganda plan -- one so secretive, she may not have known she was participating in it.

A British-born major and radio personality named Charles Hughes Cousens had been captured by the Japanese and ordered to produce a radio program that would undermine the Allies' morale. Instead Cousens designed a music-heavy show that would negate the propaganda campaign. D'Aquino and other women were recruited to participate. She took the broadcast name Orphan Ann (an homage to troops "orphaned" by their Allies in the Pacific). Many of her comments came across as humorous rather than ominous.

Despite intelligence reports that Tokyo Rose was not one person, journalists linked the woman known as Orphan Ann to Tokyo Rose. D'Aquino was taken into military custody. Even though the U.S. army found no evidence of her broadcasting secret military information, she was transported to the U.S., where she was tried for treason.

In 1949, a jury found her guilty on one of eight charges that alleged she broadcast news of American ships that were sunk. She was sentenced to 10 years in prison. She was pardoned by President Gerald Ford in 1977 [source: Pierce].

Vidkun Quisling was a Norwegian army officer who was in cahoots with the Germans during their occupation of his home country during World War II.

Quisling joined the Norwegian Army in 1911, where his duties included humanitarian work in Russia and for the League of Nations. He later became minister of defense and was known for taking a strict stance on striking workers. He resigned in 1933 to pursue the formation of a National Union Party, which was an anti-union organization with fascist leanings.

In 1940, Quisling made a power grab. After meeting with Adolf Hitler, whom he encouraged to conquer Norway, he waited for the German occupation to become complete -- and then appointed himself Norway's leader. His reign lasted only a week before he was demoted by German forces to "minister president." That unfortunately, didn't stop him from sentencing almost 1,000 Jewish people to concentration camps [source: Encyclopaedia Britannica].

At the end of World War II in 1945, Quisling was found guilty of treason and executed. His name would forever live in infamy, as "quisling" became a synonym for traitor or collaborator [source: Encyclopaedia Britannica].

A womanizer who married four times. A flamboyant gay man with a penchant for drunkenness. A famous art historian knighted by Queen Elizabeth II. It may sound like the lineup for a new HBO miniseries, but these men were real-life spies during World War II and beyond. Along with two fellow Cambridge University graduates, they penetrated British intelligence agencies and turned over secrets to the Soviets.

The Cambridge Five -- Harold "Kim" Philby, Donald Maclean, Guy Burgess, Anthony Blunt and John Cairncross -- were members of the British elite and so ensconced in their communist beliefs they refused payment for their spy work.

All were hired to work in key British intelligence positions and continually alerted Moscow about British and U.S. plans, including efforts to construct an atomic bomb in 1941 and Korean War strategy, causing the deaths of many. Things started unraveling when Americans deciphered a coded Soviet message that implicated Maclean. Philby warned him, and in 1951 Maclean and the flamboyant Burgess promptly defected to Russia -- a move that left the remaining spies under a low-hanging cloud of suspicion.

Philby and Cairncross were investigated by MI6, the British foreign intelligence service, but not charged. Nevertheless, both were forced to resign. Cairncross moved to France while Philby escaped to Russia in 1963. Blunt confessed and was granted immunity to remain in England. He was stripped of his knighthood when Prime Minister Margaret Thatcher publicly revealed his espionage in 1979. Maclean, Philby (who had an affair with Maclean's wife) and Burgess all lived in Moscow until their deaths, nostalgic for England. None of the five were ever charged with any crimes [sources: Boghardt,Barnes].

Here's one that took the U.S. public by surprise. Robert Hanssen, a 25-year FBI agent and church-going family man, was also a long-time double agent for the Soviet Union.

Hanssen worked as a liaison between the FBI and the office responsible for tracking the identities of spies working in the U.S. By the early 2000s, investigators believed he had spent 20 years sharing state secrets. They suspected he'd revealed the identities of dozens of Soviet agents working for the U.S. and led to the killing of several.

And Hanssen didn't stop there. He fed the Soviet government U.S. plans, including the procedures for dealing with and retaliating against a Soviet nuclear attack. Although he was paid $1.4 million and some diamonds for his efforts, colleagues said he seemed to have been more motivated by playing the spy game than by greed.

Hanssen was caught when the FBI paid a former KGB agent to disclose the identity of the mole operating in the FBI. In 2002, Hanssen pled guilty to 15 counts of espionage and conspiracy. He was sentenced to life in prison [sources: CNN, New York Times].

Author's Note: 10 of History's Most Notorious Traitors

I've always thought of espionage as something confined to the books my husband reads or a late-night James Bond movie marathon. Turns out, I couldn't have been more wrong. Spies played pivotal roles in some of history's greatest mysteries and still exist today. Makes you look at your neighbor a little differently, doesn't it?


Robert got a dream role in the FBI

As far as his official job in the FBI was concerned, they tasked him to recruit potential moles and sniff out the spies.

Interestingly enough, the most ironic task in history was assigned to him: FBI wanted him to find the hole which he and Aldrich Ames dug.

Robert was in charge of tracking down the person who was leaking the information to US counterintelligence.

What could be better for him than this? Taking action promptly, Robert formed mole-hunting teams to divert attention from himself.


Was Hanssen a Spy for the Right Wing, Too?

twisted politics of confessed F.B.I. traitor Robert P. Hanssen.

Emerging almost unnoticed in recent weeks were three strange

but significant stories about the Hanssen case. What they suggest-along with

other information unearthed previously about the longtime Soviet spy-is that he

may have simultaneously functioned as a right-wing operative at the highest

level of American law enforcement. If that sounds outlandish, consider the

The question of Mr. Hanssen’s political affiliations first

arose following his arrest, when it became clear that his treason had been

motivated by money rather than ideology. He was no leftist but instead, as Newsweek reported in early March, a

devout member of the secret, controversial and ultraconservative Catholic lay

order known as Opus Dei. Liberal Catholics have frequently accused Opus Dei,

which answers directly to the Vatican, of pursuing secular political influence

and quashing modern reforms in the Church.

Now it appears that Mr. Hanssen once held a key bureaucratic

position from which he may have promoted these objectives. On July 29, the Los Angeles Times published a lengthy

investigation of his role as a top F.B.I. overseer of domestic

counterintelligence operations. From documents obtained through the Freedom of

Information Act, many of which bear his handwritten initials, the Times discovered that Mr. Hanssen spent

several years directing the bureau’s notorious Reagan-era probes of American

liberal and peace organizations. Such groups were deemed inimical to the

objectives of the conservatives then in power, who tended to regard dissent

over the nuclear-arms race and war in Central America as Soviet-influenced and

According to the paper, those redacted files refer

repeatedly to the bureau’s Soviet Analytical Unit, where Mr. Hanssen served as

deputy chief. Among the unit’s responsibilities was “to digest raw intelligence

reports regarding alleged subversion.” Its analysis would then be provided to

“the White House, Congress, and occasionally, the public.”

As later Congressional investigations would show, what this

often meant in practice was the harassment and sometimes the smearing of

Americans engaged in lawful political activity. Among the many groups under

surveillance by the F.B.I. in those days were the Gray Panthers, nuclear-freeze

advocates associated with SANE-and the left-leaning Catholic adversaries of

Opus Dei who opposed the American-backed repression in Central America.

story doesn’t explore is how the raw intelligence data reviewed by Mr. Hanssen

may have been misused-and whether he was ever in direct contact with anyone at

the White House, in Congress or in the news media regarding alleged liberal

That certainly seems possible in light of another

revelation, under the venerable byline of Robert Novak.保守的

columnist admitted on July 12 that Mr. Hanssen had served as his main source

for a 1997 column attacking Janet Reno, then the U.S. Attorney General, for

supposedly covering up 1996 campaign-finance scandals. Although Mr. Novak still

believes that the information offered by Mr. Hanssen was valid, even he cannot

help wondering whether Mr. Hanssen was “merely using me to undermine Reno.”

(Adding another dimension to this curious confession is Mr. Novak’s reportedly

close relationship with a prominent Washington cleric who works in Opus Dei’s offices

Apparently Mr. Hanssen would have been eager to use Mr.

Novak against the Clinton administration, if a June 16 cover story published by

Insight magazine is to be believed.

The author, Paul Rodriguez, obtained numerous e-mails allegedly written by the

spy in recent years, some of which include venomous invective against President

Clinton and his appointees. The messages are full of speculation about subjects

ranging from Mr. Clinton’s personal behavior to the Elián González and China

fund-raising affairs. One of the Hanssen e-mails concludes sardonically, “I

guess from this you can determine that I am not a big fan of Clinton.” The

article omits the names of the recipients of those messages.おそらく

magazine was protecting the privacy of innocent persons-or its own sources. It

ought to be noted, however, that Insight

is a conservative publication, put out by the same outfit that publishes the Washington Times .

All these stories, taken together, are merely pieces of a

much larger jigsaw puzzle that may or may not ever be completed in public view.

There is considerable irony, of course, in the news that a confessed Soviet

agent was responsible for spying on innocent American citizens in the name of

patriotic vigilance. But Mr. Hanssen, who avoided the death penalty by agreeing

to reveal everything he knows and did, may have some truly troubling stories to


The U.S. Attorney who prosecuted Robert Hanssen today called him one of the greatest traitors in America's story. Hanssen was sentenced to a life term without parole. He is a 25-year FBI Veteran who sold secrets to Moscow for two decades.

What did his portrayal cost the American intelligence community? An assessment from Elaine Shannon, law enforcement and national security correspondent for Time Magazine, and co-author of The Spy Next Door: The Extraordinary Life of Robert Hanssen. And Susan Rosenfeld, a former historian at the FBI, she is now an adjunct professor of history at Wayne State University.

Elaine Shannon, you were in the courtroom this morning. Take us there.

ELAINE SHANNON:

It was packed. And it was quiet. There were no Hanssen family members there as far as I know &mdash only Hanssen's lawyers and a few old friends. He was brought out at promptly 9:00 in his dark green prison jumpsuit. He looked like he had lost about 40 pounds. He looked very drawn, his hair was very neatly combed, but otherwise you would not have known he was an FBI Agent.

The prosecutor said a few words, then he was asked to speak. He said he had done a shameful thing and he was sorry and he was very sorry about what had happened to his wife and children but significantly he didn't say he was sorry about what he had done to the institution of the FBI Where he worked for so long.

And that's it? After a few minutes it's over, and he's off to prison?

ELAINE SHANNON:

Yes, the judge agreed that the sentence, life without parole was fair, especially in view of the trust that he betrayed. The U.S. Attorney Paul McNulty made a special point, talked about the cruelty of having a traitor in your midst give away people's lives. He called it merchandise for his own gain. And he is going to Allenwood where Aldrich Ames, the previous notorious traitor, is, also.

Susan Rosenfeld, that description, one of the greatest traitors in America's story. Is that a fair description?

SUSAN ROSENFELD:

I think it is a fair description. What he did has hurt, personally, I think, FBI agents. He in some sense has destroyed a culture of trust, and that has hurt the American people as well as the tremendous damage that he did in giving secrets to the Russians.

He was working at a time when it turns out there were several people working for American intelligence who were traitors to their country. How does he rank when you compare him to Aldrich Ames and some of the others who were caught in the '80s and '90s?

SUSAN ROSENFELD:

From what I know of Hanssen, I don't think he can compare to the others. I think that the damage he did was far greater, and perhaps his motivation was&hellip it was, of course, financial, but there was a lot more to it. And I think he personally hurt a lot of people besides his family, as well as, again, the tremendous damage that he did to America's secrets.

Elaine Shannon, maybe you can catalog some of that damage. What kind of secrets are we talking about?

ELAINE SHANNON:

Well, we're talking about, first of all, the names of about 50 people within the soviet system that were either recruited by the U.S. to spy for us, or were being recruited. At least three of those were executed, including Dimitri Polyakov who was the greatest agent the U.S. ever had inside that system and did invaluable service for the U.S. during in the missile crisis with Cuba, up through the Vietnam War. This is the first thing he gave up on his first trip to see the Russians.

The second time he went in to see Russians in 1985, he gave up two more men who were working within the KGB in Washington, it was the first penetration the FBI had ever managed of this. He gave away technological secrets at the very moment when there was a coup of&hellip Gorbachev was detained in the Soviet Union, some old liners in the KGB were trying to overthrow him. They had their hands on a nuclear football, and he was blinding the United States to the military and government communication that would tell us what was going on.

And the value, just in the amount of money we spent in the country on developing the systems, the satellite surveillance. For what he was paid, he was a pretty good value for money, wasn't he?

ELAINE SHANNON:

Oh, absolutely. He gave&hellip one of the most shocking things is he told the Soviets about a vulnerability in one of their communication satellites that the national security agency was using to drop down their communication, their military and government communications, so they could close that.

The NSA &ndash the budget is huge, billions and billions of dollars. Hanssen, over 21 years, was paid&hellip he actually got about $100,000, which is peanuts for this kind of information. He actually gave the Russians the information first, and let them pay him what they wanted to.

Susan Rosenfeld, this shock to the system you talk about, the betrayal to those working for the bureau today, are they able to change inside the FBI, to sort of harden themselves as a target against people like Robert Hanssen?

SUSAN ROSENFELD:

I think they're certainly trying to. In his testimony on Wednesday, Director Mueller described some of the reorganization they were doing, some of the response to the study in security that Judge Webster, former Director of the FBI and former Director of the CIA, had done on their various security failures. And I think that they're making that effort, but also now there's just that betrayal that, you know, is your friend that sits next to you in the car, that carpools with you, the person you have trusted for so long, could he be another Robert Hanssen? That's always going to be in the back of somebody's mind.

In the Director's testimony to a Senate committee that you were discussing from earlier this week, were steps to harden the security inside the FBI talked about openly?

SUSAN ROSENFELD:

Well, some of them have come out. For example, they are now polygraphing people that have access to the highest secrets. And in doing that, about 10 percent there has been something questionable that has come up in the polygraphs, and they just will study that further. The FBI, unlike the Central Intelligence Agency and the National Security Agency, has resisted polygraphing all its people. And Hanssen, for example, as far as I know, never had a polygraph.

Well, Elaine Shannon, the things that he was charged with often carry a capital offense there, considered capital offenses. He was given life in prison.どうして?

ELAINE SHANNON:

He gave away so much that they don't dare put him to death, and then ten years from now say, "oh, we need to ask him about so and so." His interrogations did not go particularly well. The polygraphers weren't very happy with him, the Justice Department and CIA weren't happy. He was very forgetful for a man of his intelligence. This is pretty suspicious and whether it's a true forgetfulness because of shame or just a game playing, either way they want to keep him alive so they can talk to him.

And yet, his wife will also get service pension, they will lose the house. This is part of the bargaining that goes on with someone like Robert Hanssen?

ELAINE SHANNON:

絶対。 The day he was arrested, one of the FBI people said to me, you know, "we don't have very much leverage on this man. About all we've got is the wife and the fact that she needs the money and the kids and the pension." They desperately, desperately wanted to know all of the things that he had given to Moscow. They had a partial list, but the things he had access to were the crown jewels. They know some of it, they don't know all of it.


Damian Lewis: Spy Wars

Premiering on History, Damian Lewis: Spy Wars sees the Homeland and Billions star draw back the curtain on the dark world of espionage. Real-life tales from the Cold War and beyond are told through riveting reconstructions, including the story of Robert Hanssen: a seemingly solid FBI agent who secretly passed on devastating amounts of information to the Soviet Union (and to Russian forces after the fall of the USSR).

Described by the US Department of Justice as 'possibly the worst intelligence disaster in US history', Hanssen’s exploits echoed a similar catastrophe which befell British intelligence many years before: the treachery of MI6 operative Kim Philby.

The stories of the two men have many parallels. Both were trusted, senior agents for the nations they betrayed. Both passed on immense amounts of searingly sensitive information to the other side. But there was one glaring difference. Hanssen was an amoral mercenary who did it all for money, while Philby was a true believer: a committed, starry-eyed Communist whose impeccable 'English gentleman' persona made him the perfect traitor.

This is the story of Oleg Gordievsky, the most valuable Cold War agent who risked everything to avert WWIII.

Watch #SpyWars with @lewis_damian Mondays at 9pm. pic.twitter.com/ThoEPkylOd

— HISTORY UK (@HISTORYUK) October 7, 2019

Actually, Philby was never quite as conventional as he appeared. Born in 1912, he was the offspring of St John Philby, a rebel and adventurer who was fluent in Persian and Arabic, converted to Islam and was an advisor to the founder of Saudi Arabia. The young Kim Philby even spent time living with the Bedouin in the Middle East before settling on the usual trajectory of the most privileged men of his era: private school, followed by Cambridge. It was here, in this breeding ground of the British establishment, that Philby developed the ideas that would make him notorious. 'On my very last day at Cambridge I decided that I would become a Communist,' he later wrote.

In the early 30s, being a 'Communist' didn’t have quite the same radioactive resonance that it later would during the Cold War. It was a rather fashionable, progressive stance to take among free-thinking intellectual types, and was largely motivated by a sincere desire to beat back Fascism in Europe. After graduating in the early 30s, Philby even went to Vienna to aid refugees from Nazi Germany. Here, like the hero of some spy thriller, he had a gutsy love affair with a fierce, raven-haired young Communist woman, Litzi Friedmann. They had sex on snowy streets ('I know it sounds impossible, but it was actually quite warm once you got used to it') and fed each other’s ideological fervour.

It was through Litzi Friedmann that, back in London, Philby met a Soviet agent called Arnold Deutsch. Posting as a student, Deutsch was in England with the express intention of recruiting spies for the Communist cause. Their rendezvous was in Regent’s Park, where Deutsch bluntly told Philby that 'a person with my family background and possibilities could do far more for Communism than the run-of-the-mill Party member'.

This was the tipping point. Philby was clearly under Deutsch’s spell, later saying he was a 'marvellous man… He looked at you as if nothing more important in life than you and talking to you existed at that moment.'

Philby was so committed to the idea of spying for the USSR that he agreed to re-create his public persona from scratch, breaking off friendships with socialist chums, ending his relationship with Litzi Friedmann, and proclaiming Fascist views, much to his own secret disgust. It was all in order to position himself as a trustworthy, safely non-Communist candidate for working in British intelligence.

The fox was not merely guarding the hen house, but building it, running it, assessing its strengths and frailties