ニュース

西海岸のパイオニア-歴史

西海岸のパイオニア-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


アメリカの隠された征服の歴史と西洋の意味

パトリシア・ネルソン・リメリックは、アメリカ西部の第一人者であり、コロラド大学のアメリカ西部センターの教授兼理事長であり、歴史の教授も務めています。彼女は以下を含む5冊の本を出版しています 征服の遺産:アメリカ西部の途切れることのない過去、西洋の「開放」の物語を再構成した複雑な学問の仕事。彼女はコロラド州の歴史家、デンバーポスト紙のコラムニスト、マッカーサーフェローを務めています。 2019年8月、カリフォルニア州サリナスにある国立スタインベックセンターを訪れ、アメリカ人が仲良くなったことがあるかどうかについての議論に参加している間、彼女は座ってゾカロの出版社グレゴリーロドリゲスと話をしました。彼らは、「西洋」を定義することの難しさ、リムリック自身の歴史観が彼女のキャリアを通じてどのように進化してきたか、そしてなぜOvidを読むことがネイティブアメリカンのロマンティック化を説明するのに役立つのかについて話し合いました。

このトランスクリプトは、明確さと長さのために編集されています。

アメリカ西部は場所、アイデア、またはプロセスですか?

アメリカ西部はそれがなりたいものなら何でもありえます、そしてあなたがそれを何として固定しようとしても、それは変わるでしょう。それで、私はくそったれをピンで留めようとしていました、そしてそれはいつも私の手に負えなくなっていました。私はそれで完全に大丈夫です。

私の個人的な好みは場所です。なぜならそれは本当に重要な場所だからです。そして、アメリカの歴史家と名乗る人々、つまりアメリカの歴史教科書を書いたり、アメリカの歴史調査コースを教えたりした人々が、地域史を書き、地域史を教え、地域史について語った長い呪文がありました。それで彼らは彼らがアメリカの歴史と呼ぶものをやっていたが、それは本当に東海岸、中西部、南部の歴史だった。ですから、しばらくの間、西洋は場所であり、私たちはそれを無視していると言うことが非常に重要であり、他の地域の歴史と同じくらい注意を払う必要がありました。

また、北米、ケニア、南アフリカ、ニュージーランド、オーストラリアでも何かが起こっています。その地域で生まれ育ったのではないたくさんの人々がやって来て引き継ぐところ、そしてそのプロセスの研究がなければなりません。

そのプロセスには名前がありますか?

それはしばしば帝国主義または植民地主義と呼ばれます。私は自分の好みの条件として侵略と征服を使い始めました。言葉は気になりませんが、先住民族が住んでいて、外からやってくる人もいました。そして、ほこりが落ち着くと、外からやってきた人々は、より多くの力、より多くの土地、そしてより多くの資源を手に入れました。そして、以前そこにいた人は少なかった。これが私たちが話しているプロセスです。

さまざまな用語や定義に慣れていることは明らかです。しかし、あなたのブレイクアウト1987年の本、 征服の遺産は、西側がプロセスであるという考えに反対していました。

ですから、そうです、プロセスとしての西側の考えは、アメリカ西部を場所として理解する妨げになっていると本当に思います。しかし、天国は知っていますが、それは多くの内部変動がある広大な場所です。プロセスとしての西洋の考えは、その重要性が大陸を横切って西に移動するだけで絶え間なく動いていることであり、その後、その重要性は想像された完成の時点で消滅することを示唆していました。そして、それは誰の助けにもなりませんでした。それからあなたが言及した3番目のこと、西洋の考えがあります。

アメリカ西部の考えは何ですか?

まあ、それは持っています 多くの アイデア、そしてどのアイデアが力を発揮するかは、特定の時間に誰がそれらを所有するかによって異なります。しかし、それは通常、自由、機会、新たなスタート、他の形態の抑圧からの解放についての何かです。そして、西洋の歴史にはさまざまな形の抑圧が伴うため、それが実際の西洋の歴史とはあまり関係がないことに注意してください。

それで、「新たなスタート」としての西洋の考えは、実際にはプロセスとしての西洋の概念の一部でしたね?文明の境界を越えて自分自身を解放するというこの概念がありました。

右。しかし、過去の人々や開拓者や開拓者はそれほど機知に富んでいなかったと思います。ほとんどの陸上旅行日記には、これは少なくともインド人の意識のほんのわずかな兆候です。ですから、西洋がどういうわけかトラブルがない、あるいはただのオープンスペースであるという考えは、起源が遡及的だったと思います。実際、かなりの数の陸上旅行者が、この旅の最も興味深い部分はインドの人々に会うことであると言いました。ですから、西側が無人であると言うほど機知に富んだ人を見つけることは非常に注目に値します。

パトリシア・ネルソン・リメリックがカリフォルニア州サリナスでゾカロの出版社グレゴリー・ロドリゲスとチャットします。 Zócaloパブリックスクエアによる写真

しかし、解放には、インドの人々に会い、知る必要はありません。あなたが知っていたものから距離を置く必要がありますよね?陸地の入植者が、彼らがどこから来たのかということから単に解放されたと感じた可能性はありますか?

いいえ、そうは言いません。なぜなら、ヨルダン川は、もし私がそれを使うかもしれないが、没頭して新鮮に始め、バプテスマを受け、すべてから解放される川がないからです。

西に行くことは、文字通り、荷物を運ぶことを含みました。オーバーランドトレイルには、荷物が多すぎたために人々が落としたものが散らばっていました。今では、古い習慣から解放されたいという願望があったかもしれません。しかし、あなたが再会する頃には、私にはわからない、何、多分19?それらの習慣の多くは、あなたの行動の中で、あなたの心の中にただインストールされています。

そのため、私たちは、西側の白人女性が、パーラーの古い制約や屋内作業を行う女性の期待などから解放されたことを喜んでいるかどうかについて、長い間議論しました。私は、白人女性が彼らの尊厳を定義した方法であるため、できるだけ早くそれらの制約を複製するのを見る歴史家ともう少し行きます。それが彼らの名誉であり、彼らの立場の感覚でした。

プロセスとしての西洋の考えはいつ始まりましたか?

さて、1893年に発表されたフレデリック・ジャクソン・ターナーの「アメリカの歴史におけるフロンティアの重要性」の大きな影響は、「フロンティア」という言葉を前面に出し、中心に置くことでした。彼は確かにそれをした最初の人ではありませんでした、しかしその本は歴史家にとって非常に大きなものでした。ターナーが言うそのエッセイの行を熟考するように指示されるかもしれないことを除いて、今日でもターナーをフォローしている人はたくさんいます。&#8220この用語は弾力性のあるものであり、私たちの目的のために明確な定義は必要ありません。 &#8221それで、えーと、ここにキーワードがあります。それを押して、弾力性のある単語だと言っている人がいますが、実際にはそれが何を意味するのかわかりません。ああ、ターナー、ねえ、バディに戻ってきて!それがとても重要になるのなら、あなたはその言葉が何を意味するのかを私たちに話さなければなりません。

アメリカ西部が場所だとしたら、どこにありますか?

その後何年もの間 征服の遺産 出てきて、「ジェームズタウンの西にかつて西だったのではないか」と言う人々で私を苦しめるための協調した努力がありました。かつてマサチューセッツ湾の東にあった西部はありませんでしたか?&#8221ジョージ・カトリンが1830年代に書いたように、西部はどこにありますか? 「ファントム-私たちが旅行するときにそれが私たちの前を飛ぶように…&#8221

私が書いていたとき 遺産、私は新聞でコメントに出くわしました、私はカリフォルニアの州のエンジニアから、「灌漑用でなければ西はありませんでした」と言ったと思います。西側は、常にあなたの手の届かないところにあるのはまだこの浮遊物だからです。

しかし、真実は、私はさまざまな理由で西側がどこにあるかについてのさまざまな定義で大丈夫です。したがって、降雨量が少ないために西経98度線の西側が必要な場合は、それが問題になります。ただし、降雨量が多すぎて乾燥と見なされない場所がたくさんあるため、太平洋岸は問題になります。西経98度線の西側では、土地のかなりの部分が険しく、乾燥しすぎているか、半乾燥しすぎており、従来の農業には高すぎました。ですから、私が言っているのは、西洋人を乾燥または標高として定義できる方法があるということだと思います。そして、19世紀または20世紀初頭に従来の農業用途に使用されなかったオープンスペースを作成するこれらすべてのものは、それによって国立公園、国有林、土地管理局の土地、核実験の候補になるために利用可能です、または核兵器の生産現場、または白人が望む資源のない場所であると思われる場合はインド人を配置する場所。

繰り返しになりますが、西洋は場所ではなく一種の場所であり、地理的であれ人間であれ、特定の条件によって特徴付けられる場所であるとおっしゃっているようです。

はい、それは身体的状態ですが、それでは人間の選択の大きな要因、それらの状態に応じて人々が何をするかについての主観性があります。結論は、物理的条件が多くのスペース、かなりまばらに定住している多くの土地を生み出すことです。

征服の考えに戻りましょう。もっと広い定義を教えていただけますか?

まあ、それは多くの順列とバリエーションを持っています、しかしそれは私が少し前に言ったことです:ちょうどそこに先住民がいます。そして、これは私たちが見ている場所であり、彼らの故郷であり、必ずしも彼らが永遠からそこにいたことを意味するわけではありませんが、彼らは風景と提携し、資源に精通し、生命を維持することができるようになりました一緒に。それから、時には探検家やトレーダーとして、現場に現れる遠くの場所からの何人かの人々がいます。その後、ある時点で、侵入者の人口が増加するか、侵入者の野心が増加します。それから、驚くべき量の異人種間結婚、あるいは結婚ではないにしても少なくともセックスに精通するのにかなり長い期間があります。これは、ネイティブと侵入者のハイブリッドである新しい人口の世代をもたらします。次に、通常は何らかの形の戦闘があり、多くの場合、両側またはすべての側で激しい残虐行為があります。先住民の中には侵入者や征服者と同盟を結ぶ理由があるため、2つの側面しかないという概念は機能しません。

あなたは、アメリカの歴史のすべてが征服によって特徴付けられていると書いています。実際、すべてのアメリカ大陸です。アメリカ西部はこの点でほとんどユニークではありませんでした。では、なぜアメリカ西部が征服の議論の焦点になったのか、そして2つ目は、征服が米国の他の地域よりも西部の創造においてより形成的な役割を果たしたと思いますか?

OK、征服はアメリカ西部の独占的な財産ではありませんが、タイミングのためにアメリカ西部と非常に関連しています。暴力と軍事行動を伴う西側の征服は、マスメディアの創設と普及と配布と一致しています。したがって、卑劣なピューリタンは、ダイムノベルやフレデリックレミントンやチャーリーラッセルの絵のようなものなしで先住民を追い出し、そこでの取引を脚色することができました。ですから、征服が起こった他の段階(両方の意味で)のように、ライトはまだ十分に点灯しておらず、「これを文書化して市場に出す」という精神はまだありませんでした。これ。"

2番目の質問は、アメリカ西部の歴史において、征服は他の地域よりも何らかの形で形成的だったのかということです。

したがって、生計を立てる方法を見つけることは、このすべての活動の基本的なことです。採掘産業はブームとバストに陥りがちであり、入植者の侵入と西側での征服のプロセスを開始するための挑発であることが多かったためです。採掘はブームとバストのパターンに非常に関連していたため、鉱山が閉鎖された場合に迅速に調整できることが非常に重要になりました。言うまでもなく、今では鉱山の町ではありませんが、サルーンには昔の話がいくつかあるとてもカラフルな場所なので、バージニアシティにバケツオブブラッドサルーンがあります。ですから、入植者、開拓者、鉱夫、探鉱者のロマンチックな遺産を生かして遊ぶための他の方法を見つけてください。それを試してみましょう。多くの作家やアーティスト、そしてさまざまな人々が、「これから何かを作ることができます。これらのカラフルな対立について書くことができるカラフルな形でこれを書くことができました」と考え始めます。征服についての物語。

それはすべて、征服がアメリカ西部の物語を語る上で主題になった理由の観点からは理にかなっていますが、アメリカ西部の創造において、征服は、たとえば米国の他の地域よりも形成的でしたか?

もし私がそう言ったら、私は確かに南東部のインド人に不利益を与えるでしょう。

では、なぜ 征服の遺産 全米向けに書かれていますか?

アメリカの歴史には奴隷制と征服という2つの大きな罪があると私たちは考えているからです。ですから、例えば南部の問題について考えるとき、私たちは奴隷制、南軍、南北戦争に注意を払います。おそらく、私たちはインド人の追放をめぐって同じ闘争をしているはずです。

ですから、事前に学んだ偏見から始めて、それに加えて、あなたを西に動かす獲得性、そして条件を加えてください。したがって、白人が過半数ではない状態にある場合は、プレーすることを学びます。あなたは相互作用し、相互に関係することを学びます。しかし、あなたがインディアンを敗走させることができるような状況にあるなら、白人はそうしましたか?

そして、3番目があります。これはおそらくより一般的です。あなたは自分自身のために主張したことを保持することに完全にコミットし、その主張を完全に裏付ける力を持っていないかもしれません。連邦政府があなたを救助するために来なければならないとあなたが考えるであろう場所であり、あなたはあなたを救助するために来る兵士の主題歌またはトランペットを聞くことになっています。

それで、あなたは多くの白人が自分たちが防御的なしゃがみにいると感じたと思いますか?

したがって、ここでの意味は、白人の開拓者たちは自分たちが米国の延長であると感じていたということです。あれは正しいですか?

彼らは私たちが望んでいるほど私たちに近づいていないと思います。彼らが考えているすべての完全な記録を書き留めなかった過去のとんでもない人々!私はかつて、証拠で完全に支持できるとは思わないという声明を書面で述べました。それは、西方への拡大には、あなたが考えることができる文化的、心理的、政治的利点があったということです。 私は自分の国に奉仕し、自分の国の利益を追求しています。」

待ってください、それは素晴らしいです。あなたはその声明を支持していませんか?

私は開拓者たちからもう少し助けが必要です。私は彼らが考えていたすべてを知らないからです。

しかし、あなたは彼らが彼ら自身が米国の延長であると感じたことを暗示しています。

OK、私はこの部分を知っています—彼らがそこに着くとすぐに彼らは開拓者社会を形成したということです。そして開拓者社会はこれが私たちがしたことだと言いました:私たちは私たちの国を代表してここに来ました、私たちは皆農場を望んでいました、そして私たちは商人になりたいと思っていました。私たちはそれをすべてやりたかったのですが、私たちは国の偉大さを前進させるために私たちの国に奉仕していることを知っていました。

彼らが最初に出発したとき、彼らがそれを考えたかどうかはわかりません。彼らの愛国心のレベルが何であれ、レトロであろうと予想されていようと、彼らは彼らが米国にいると感じ、軍は彼らを救うべきだと感じました。

私は常に、征服者が事後に征服した人々を常にロマンチックにする理由を知りたいと思っていました。彼らはそのロマンティック化から何を得るのですか?

私たちはかつて、古典主義者のピーターノックスにオウィディウスとローマのフロンティアについてプレゼンテーションをしてもらいました。そして、ローマの将軍が、野蛮な指導者が戦いの前夜に行ったと思われる演説をエレガントなラテン語で書くことがあることを私たちが知ったのはそのことです。ピーターは、あなたが勝つに値する金額をどのように示すかについて述べました。あなたは、敵の高潔さを評価することによって、自分が非常に立派な人物であることを示しています。そして、あなたが堕落した敵を持っていて、あなたが軽蔑されていると思うなら、勝利はより少ないことを意味します。征服者は、敗北した貴族を称賛し、認めるジェスチャーをすると、自分自身や他の人によく見えます。

これは、ネイティブアメリカンをロマンチックにする傾向を説明するのに役立ちますか?


西暦0〜300年:ノク文化

ノク文化

西アフリカの新石器時代と鉄器時代の社会の中で、ノク文化はおそらく最も初期で最もよく知られており、紀元前1000年にまでさかのぼります。高度に発達した社会は、ニジェール川とベヌエ川の合流点を見下ろすジョス高原で繁栄し、広範囲にわたる影響力を持っていました。タルガとジョスの遺跡の土壌は、ノク族の古代の陶器やテラコッタの彫刻を保存するのに最適でした。人間や動物の複雑な彫刻は、等身大から1インチ(2.5 cm)の範囲でした。

ノックでの鉄の道具や工芸品の発見のおかげで、学者たちは鉄器時代が西アフリカで紀元500年頃に始まったことを知っていますが、エジプトや北アフリカでさえ、鉄の使用はまだ普及していませんでした。新石器時代から鉄器時代に移行した他のほとんどの文化とは異なり、ノク文化は最初に青銅や銅を使用せずに、石から鉄に直接移行しました。これにより、研究者たちは、製鉄技術が外部からその地域にもたらされたのか、それともノク自身がそれを発見したのか疑問に思います。

Djenn&eacute-Djenno

Djenn&eacute-Djennoは古代都市であり、その場所で発掘された混雑した墓地からも明らかなように、かなりの人口を支えていました。そこの人々はおそらく自分たちで食料を育てていました。今日のその地域の乾燥した状態とは異なり、当時は降雨量が多かったでしょう。 Djenn&eacute-Djennoの住民は熟練した金属労働者であり、鉄の道具や宝石を作りました。

この都市は、その範囲についていくつかの議論がありますが、よく発達した貿易ネットワークの一部でした。金属産業のための地元の鉄鉱石の供給源がなく、その場所にローマとヘレニズムのビーズが存在することから、一部の学者は、この都市が遠くの土地と貿易関係にあると信じています。

移行

バントゥーの人々は現在のナイジェリア中央部で生まれましたが、紀元前1000年頃に中央アフリカ、後にアフリカ南部への移住を開始しました。この時までに、バントゥーがこの地域に残されたとしてもごくわずかですが、彼らの文化と伝統の反響は依然として西アフリカ全体に響き渡っています。

西暦200年頃、アカン族はチャド湖周辺から西に移動を始めます。次の世紀にわたって、彼らは川を渡り、鬱蒼とした森を通り抜けて、現在のガーナの海岸に到達するでしょう。


ウェストコースト大学の歴史

過去1世紀にわたって、WCUは着実に成長し、主要な医療教育機関に進化してきました。 1997年に、大学は会長のDavid Pyleのリーダーシップの下で再編成され、2004年には、医療専門家の教育が私たちの唯一の焦点となりました。

ヘルスケアの未来につながる長い道のり。

現在、ウェストコースト大学には、南カリフォルニア、テキサス、フロリダに6つのキャンパスがあり、高度なシミュレーションテクノロジーと、次世代のリーダーシップを育成するために設計された実践的な学習が特徴です。

看護学と歯科衛生学の学部課程、看護学、作業療法、健康管理の大学院学位、理学療法博士と薬学博士の学位を提供しています。

ウェストコースト大学は、最近のいくつかの注目すべきマイルストーンによって証明されるように、1909年にロサンゼルスで最初の単一の教室から長い道のりを歩んできました。

  • OTDプログラムは、2019年7月26日に、米国作業療法学会(AOTA)の作業療法教育認定評議会(ACOTE)から認定を受けました。
  • 公衆衛生プログラムのマスターがコースの提供を開始
  • 大学は、WASCシニアカレッジアンドユニバーシティコミッション(WSCUC)から8年間の認定の再確認を与えられています。
  • 作業療法プログラムの医師は、作業療法教育のための認定評議会によって候補者のステータスを付与されます
  • ウェストコースト大学は、カリフォルニア州ロサンゼルスに大学院研究センターを開設しました。
  • ウェストコースト大学は、オンラインコースワークを備えたRN-BSN、RN-MSN、およびMSNプログラムを備えたWCUオンラインを開始します。
  • Doctor of Pharmacyプログラムは、Accreditation Council for Pharmacy Education(ACPE)を通じて候補者のステータスを取得します。
  • ウェストコースト大学の作業療法の理学修士プログラムは、作業療法認定評議会(ACOTE)から認定を受けています1。
  • グローバル公衆衛生プログラムが開始されます。学生は、パナマ、コスタリカ、ベリーズ、モルドバなどの場所に海外を旅行しました。追加のグローバルスタディーズプログラムが含まれています:
    • グローバルスタディーズ:イギリスのオックスフォードでの一般教育経験。
    • グローバルスタディーズ:モルドバの歯科衛生グローバルパブリックラーニングイニシアチブ。
    • 看護学の修士プログラムは、大学看護教育委員会3(CCNE)から認定を受けています。
    • ウェストコースト大学ダラス校が開校。
    • ウェストコースト大学の歯科衛生学の理学士プログラムは、アメリカ歯科医師会の歯科認定委員会(CODA)4から認定を受けています。
    • ウェストコースト大学は、WASCシニアカレッジおよび大学委員会から認定を受けています。
    • WCUは、看護およびヘルスケア管理の修士号を授与するための承認を受け取ります(後に健康管理のマスターに名前が変更されました)。
    • グローバルスタディーズプログラムは、イギリスのオックスフォードで開始されます。
    • ウェストコースト大学は、大学看護教育委員会(CCNE)から看護学士プログラムの認定を取得しています。
    • ウェストコースト大学は、オレンジカウンティの歯科衛生学の理学士号を提供するために、アメリカ歯科医師会の歯科認定委員会(CODA)から最初の認定を受けています。
    • 敷地内の無料の歯科衛生クリニックは、オレンジカウンティキャンパスの患者に開放されています。
    • ウェストコースト大学は、カリフォルニアで最初の私立大学となり、看護学の理学士号を取得することが承認されました。

    これらは、大学の歴史における最近のマイルストーンのほんの一部であり、成功への道は、より多くの影響力のある変革的なイベントで溢れています。

    1 ACOTE:4720 Montgomery Lane、Suite 200、Bethesda、MD 20814-3449、301-652-2682、Acoteonline.org

    2 WASC:1001マリーナビレッジパークウェイ、スイート402、アラメダ、カリフォルニア94501、510-748-9001、wascsenior.org

    3 CCNE:655 K Street NW、Suite 750、ワシントンDC 20001、202-887-6791、www.aacn.nche.edu / CCNE / reports / accprog.asp

    4 CODA:歯科認定委員会は、312-440-4653または211 East Chicago Avenue、Chicago、IL 60611に連絡できます。委員会のWebアドレスはhttps://www.ada.org/100.aspxです。

    プログラムに関する詳細情報が必要ですか?

    現在のCOVID-19の発生により、大学はほとんどの地上コースを遠隔教育モダリティに移行しました。ただし、COVID-19の状況が変化するとすぐに、学生はキャンパスに戻って、WSCUCによって承認され、大学のカタログに概説されている通常の学習モダリティでプログラムをオンサイトで完了することが期待されます。

    West Coast Universityは、Cookieを使用してサイトを運営し、ユーザーエクスペリエンスを向上させています。当サイトを継続して使用することにより、この使用条件に同意したことになります。詳細については、プライバシーポリシーを確認してください。

    お客様の名前、住所、その他の連絡先情報など、お客様が当社のサイトを通じて送信する個人情報は、社内のマーケティングおよび開発の目的で、またお客様の問い合わせへの回答、取引の完了、またはその他の履行のために、ウェストコースト大学によって収集される場合があります。カスタマーサービスの形態。当社から受信するマーケティングEメールの指示を使用して「購読解除」することにより、当社からのマーケティングを受信しないことを選択できます。


    シャネルウェストコーストは19歳で彼氏を亡くしました

    悲劇は、彼女の元ボーイフレンドであるソール・ガルシアがその年の12月5日に射殺されたとき、早くも2007年にシャネルウェストコーストの若い人生を襲った。ガルシアは、ロサンゼルスのヴァンナイス近郊の7058ヘーゼルティンアベニューで、友人のケビンデビルと一緒に殺されました。 ロサンゼルスタイムズ 「二重殺人」と呼ばれています。

    ロサンゼルス市警は、発砲の電話がかかってきた後、最初に現場を片付けるために到着しました。彼らが去った後、「歩道の隣の芝生の中央値に負傷して横たわっている2人の若い男性」を見たという別の電話がありました。 NS ロサンゼルスタイムズ。ガルシアとデビルは当時21歳で、射殺された直後に亡くなりました。

    この悲劇が起こったとき、シャネルはわずか19歳でしたが、ガルシアとデビルの思い出は彼女に残っています。彼女は、亡くなった記念日頃に2人の若い男性への賛辞をTwitterに投稿することがよくあります。

    2009年、シャネルはツイートしました。「2007年12月5日、私の元ボーイフレンドと彼の親友が射殺されました。あなたが2年経ったなんて信じられません。私はあなたが大好きです!RIPソールとケビン。」

    2012年、シャネルはツイートしました。「先週の12月5日は、私の2人の親友が射殺されてから5周年でした。(RIPソール&ケビン)」

    これらの悲劇的な死は、シャネルが経験した唯一の損失ではありませんでした。


    オレゴントレイル

    アルバートビアスタット/ウィキメディアコモンズ/パブリックドメイン

    1840年代、何千人もの入植者が西に向かう道は、ミズーリ州インディペンデンスで始まったオレゴントレイルでした。

    オレゴントレイルは2,000マイル伸びました。大草原とロッキー山脈を横断した後、トレイルの終わりはオレゴン州のウィラメットバレーにありました。

    オレゴントレイルは1800年代半ばに西向きの旅行で知られるようになりましたが、実際には数十年前に東向きの男性によって発見されました。オレゴンに毛皮貿易の前哨基地を設立したジョン・ジェイコブ・アスターの従業員は、アスターの本部に東に派遣を運びながら、オレゴン・トレイルとして知られるようになったものを燃やしました。


    西海岸のIPAの歴史(そしてなぜそれがとてもホッピーなのか)

    ビールを醸造するという行為は、人間の歴史と密接に絡み合っています。文明が成長するにつれて、醸造技術の洗練度も高まりました。古代メソポタミアでの偶発的なオープン発酵から、ベルギーの僧侶の管理された醸造慣行まで、そして工業化されたコンピューター支援の現代を通して、ビールは人々としての私たちのニーズと能力を反映しています。

    インディアペールエール(略してIPA)として知られるビールスタイルには、独自の歴史と起源があります。大英帝国がさらに東にインドに拡大するにつれて、彼らはその気候が国の伝統的なエールを醸造するのに不適切であることに気づいたとロアは述べています。イギリスからインドへの数ヶ月の旅の間、ビールを風味豊かに保つための予防策として、ビールは通常のレシピが許すよりもはるかに多くのホップで扱われました。この新しいビターエールはヒットし、最終的にはホップパンチを詰めたままビールが軽くて飲みやすくなりました。

    スペインのトランポリンIPA、グリーンフラッシュブリューイング/ Facebook

    アメリカのクラフトビールシーンが1980年代と1990年代に開花したとき、この新しい醸造所の波は、IPAを含む伝統的なヨーロッパのスタイルを再定義しようとしました。時間の経過とともに、アメリカのIPAは独自のサブグループに進化しました。近年最も人気のあるIPAスタイルの1つは、ウェストコーストIPAと呼ばれています。

    西海岸のIPAは、トロピカルフルーツとシトラスフルーツの大きなアロマで有名です。モルトベースは比較的マイルドで、これらの明るいフルーツノートにプライムビリングを与え、香りからフレーバーへと広がります。ここにはバランスがありません—西海岸のIPAはすべてホップに関するものです。口当たりは軽いから中程度で、フィニッシュはサクサクしてドライです。わずかに攻撃的なアルコール度数(6〜8%)は、オレンジ、パイナップル、パパイヤのフレーバーによって隠されており、ホップによってしばしば示唆されます。

    おいしいIPA、ストーンブリューイング/ Facebook

    例としては、Migration Brewing&#8217s Straight Outta Portland IPA(Portland、Oregon)Russian River Brewing Company's Pliny the Elder(Santa Rosa、California)Green Flash Brewing Co. West Coast IPA(San Diego、California and Virginia Beach、Virginia)やStoneブリューイングのストーンIPA(カリフォルニア州エスコンディード)。これらのビールはすべて実際には西海岸で醸造されていますが、西海岸スタイルのIPAを製造するために、醸造所をワシントン、オレゴン、またはカリフォルニアに置く必要はありません。このフレーバープロファイルの人気は、おそらくあなたの近くの醸造所で調理されている西海岸のIPAがあることを意味します。


    西洋の問題

    西洋の問題はアメリカの発展の問題に他なりません。アメリカの地図を一目見ると真実がわかります。アレゲーニー山脈によって東に囲まれた「西洋のセクショナリズム」を書くことは、それ自体、作家を地方と宣言することです。西洋とは何ですか?アメリカの生活はどうでしたか?これらの質問に答えることは、今日の米国の最も重要な特徴を理解することです。

    一番下の西側は、地域というよりは社会の一形態です。それは、社会的条件が自由な土地の変化する影響への古い制度と考えの適用から生じる地域に適用される用語です。このアプリケーションによって、新しい環境が突然入り、機会の自由が開かれ、習慣のケーキが破られ、新しい活動、新しい成長の線、新しい制度、新しい理想が生まれます。荒野が消え、「西」の本拠地が新たなフロンティアへと移り変わり、かつての地域では、この裏木との接触から新たな社会が生まれました。次第にこの社会はその原始的な条件を失い、東の古い社会的条件のタイプに同化するが、それはそのフロンティア経験の永続的で際立った生存をその中に負っている。 10年後、西から西へ、このアメリカ社会の再生は続いており、その痕跡を残し、東に反応してきました。私たちの政治制度、私たちの民主主義の歴史は、模倣の歴史ではなく、単純な借用の歴史であり、変化した環境に応じた器官の進化と適応の歴史、新しい政治種の起源の歴史です。したがって、この意味で、西洋は私たちの生活の中で最も重要な建設的な力でした。その鋭く広く情報に通じたオブザーバーの言葉を使うために、ブライス氏は次のように述べています。 …ヨーロッパはアジアにとって、イングランドはヨーロッパの他の地域にとって、アメリカはイングランドにとって、西部の州と準州は大西洋岸諸国にとって何であるか。」

    西側は、社会組織の段階として、大西洋岸から始まり、大陸を横断しました。コウモリの植民地時代の潮水域は旧世界と密接に接触しており、すぐに西洋の側面を失いました。 18世紀半ば、大西洋の支流の上流に沿って新しい社会的条件が現れました。ここで、西側はその際立った特徴を引き継ぎ、後日、この地域にフロンティアの特徴と理想を伝えました。 On the coast were the fishermen and skippers, the merchants and planters, with eyes turned toward Europe. Beyond the falls of the rivers were the pioneer farmers, largely of non-English stock, Scotch-Irish and German. They constituted a distinct people, and may be regarded as an expansion of the social and economic life of the middle region into the back country of the South. These frontiersmen were the ancestors of Boone, Andrew Jackson, Calhoun, Clay, and Lincoln. Washington and Jefferson were profoundly affected by these frontier conditions. The forest clearings have been the seed plots of American character.

    In the Revolutionary days, the settlers crossed the Alleghanies and put a barrier between them and the coast. They became, to use their phrases, the men of the Western waters, the heirs of the “Western world.” In this era, the backwoodsmen, all along the western slopes of the mountains, with a keen sense of the difference between them and the dwellers on the coast, demanded organization into independent States of the Union. Self-government was their ideal. Said one of their rude, but energetic petitions for statehood: “Some of our fellow-citizens may think we are not able to conduct our affairs and consult our interests but if our society is rude, much wisdom is not necessary to supply our wants, and a fool can sometimes put on his clothes better than a wise man can do it for him.” This forest philosophy is the philosophy of American democracy. But the men of the coast were not ready to admit its implications. They apportioned the state legislatures so that the property-holding minority of the tide-water lands were able to outvote the more populous back counties. A similar system was proposed by federalists in the Constitutional Convention of 1787. Gouverneur Morris, arguing in favor of basing representation on property as well as numbers, declared that he looked forward, also, to that range of new States which would soon be formed in the West. He thought the rule of representation ought to be so fixed, as to secure to the Atlantic States a prevalence in the national councils. “The new States,” said he, “will know less of the public interest than these will have an interest in many respects different in particular will be little scrupulous of involving the community in wars, the burdens and operations of which would fall chiefly on the maritime States. Provision ought, therefore, to be made to prevent the maritime States from being hereafter outvoted by them.” He added that the Western country “would not be able to furnish men equally enlightened to share in the administration of our common interests. The busy haunts of men, not the remote wilderness, was the proper school of political talents. If the Western people get power into their hands, they will ruin the Atlantic interest. The back members are always most averse to the best measures.” Add to these utterances of Gouverneur Morris the impassioned protest of Josiah Quincy, of Massachusetts, in the debates in the House of Representatives, on the admission of Louisiana. Referring to the discussion over the slave votes and the West in the Constitutional Convention, he declared, “Suppose, then, that it had been distinctly foreseen that, in addition to the effect of this weight, the whole population of a world beyond the Mississippi was to be brought into this and the other branch of the legislature, to form our laws, control our rights, and decide our destiny. Sir, can it be pretended that the patriots of that day would for one moment have listened to it? … They had not taken degrees at the hospital of idiocy. … Why, sir, I have already heard of six States, and some say there will be, at no great distance of time, more. I have also heard that the mouth of the Ohio will be far to the east of the centre of the contemplated empire. … You have no authority to throw the rights and property of this people into botch-pot with the wild men on the Missouri, nor with the mixed, though more respectable, race of Anglo-Hispano-Gallo-Americans who bask on the sands in the mouth of the Mississippi. … Do you suppose the people of the Northern and Atlantic States will, or ought to, look on with patience and see Representatives and Senators from the Red River and Missouri, pouring themselves upon this and the other floor, managing the concerns of a seaboard fifteen hundred miles, at least, from their residence and having a preponderancy in councils into which, constitutionally, they could never have been admitted?”

    Like an echo from the fears expressed by the East at the close of the eighteenth century come the words of an eminent Eastern man of letters at the end of the nineteenth century, in warning against the West: “Materialized in their temper with few ideals of an ennobling sort little instructed in the lessons of history safe from exposure to the direct calamities and physical horrors of war with undeveloped imaginations and sympathies—they form a community unfortunate and dangerous from the possession of power without a due sense of its corresponding responsibilities a community in which the passion for war may easily be excited as the fancied means by which its greatness may be convincingly exhibited, and its ambitions gratified. … Some chance spark may fire the prairie.”

    Here, then, is the problem of the West, as it looked to New England leaders of thought in the beginning and at the end of this century. From the first, it was recognized that a new type was growing up beyond the mountains, and that the time would come when the destiny of the nation would be in Western hands. The divergence of these societies became clear in the struggle over the ratification of the federal constitution. The interior agricultural region, the communities that were in debt and desired paper money, opposed the instrument but the areas of intercourse and property carried the day.

    It is important to understand, therefore, what were some of the ideals of this early Western democracy. How did the frontiersman differ from the man of the coast?

    The most obvious fact regarding the man of the Western waters is that he had placed himself under influences destructive to many of the gains of civilization. Remote from the opportunity for systematic education, substituting a log hut in the forest clearing for the social comforts of the town, he suffered hardships and privations, and reverted in many ways to primitive conditions of life. Engaged in a struggle to subdue the forest, working as an individual, and with little specie or capital, his interests were with the debtor class. At each stage of its advance, the West has favored an expansion of the currency. The pioneer had boundless confidence in the future of his own community, and when seasons of financial contraction and depression occurred, he, who had staked his all on confidence in Western development, and had fought the savage for his home, was inclined to reproach the conservative sections and classes. To explain this antagonism requires more than denunciation of dishonesty, ignorance, and boorishness as fundamental Western traits. Legislation in the United States has had to deal with two distinct social conditions. In some portions of the country there was, and is, an aggregation of property, and vested rights are in the foreground: in others, capital is lacking, more primitive conditions prevail, with different economic and social ideals, and the contentment of the average individual is placed in the foreground. That in the conflict between these two ideals an even hand has always been held by the government would be difficult to show.

    The separation of the Western man from the seaboard, and his environment, made him in a large degree free from European precedents and forces. He looked at things independently and with small regard or appreciation for the best Old World experience. He had no ideal of a philosophical, eclectic nation, that should advance civilization by “intercourse with foreigners and familiarity with their point of view, and readiness to adopt whatever is best and most suitable in their ideas, manners, and customs.” His was rather the ideal of conserving and developing what was original and valuable in this new country. The entrance of old society upon free lands meant to him opportunity for a new type of democracy and new popular ideals. The West was not conservative: buoyant self-confidence and self-assertion were distinguishing traits in its composition. It saw in its growth nothing less than a new order of society and state. In this conception were elements of evil and elements of good.

    But the fundamental fact in regard to this new society was its relation to land. Professor Boutmy has said of the United States, “Their one primary and predominant object is to cultivate and settle these prairies, forests, and vast waste lands. The striking and peculiar characteristic of American society is that it is not so much a democracy as a huge commercial company for the discovery, cultivation, and capitalization of its enormous territory. The United States are primarily a commercial society, and only secondarily a nation.” Of course, this involves a serious misapprehension. By the very fact of the task here set forth, far-reaching ideals of the state and of society have been evolved in the West, accompanied by loyalty to the nation representative of these ideals. But M. Boutmy’s description hits the substantial fact, that the fundamental traits of the man of the interior were due to the free lands of the West. These turned his attention to the great task of subduing them to the purposes of civilization, and to the task of advancing his economic and social status in the new democracy which he was helping to create. Art, literature, refinement, scientific administration, all had to give way to this Titanic labor. Energy, incessant activity, became the lot of this new American. Says a traveler of the time of Andrew Jackson, “America is like a vast workshop, over the door of which is printed in blazing characters, ‘No admittance here, except on business.’” The West of our own day reminds Mr. Bryce “of the crowd which Vathek found in the hall of Eblis, each darting hither and thither with swift steps and unquiet mien, driven to and fro by a fire in the heart. Time seems too short for what they have to do, and the result always to come short of their desire.”

    But free lands and the consciousness of working out their social destiny did more than turn the Westerner to material interests and devote him to a restless existence. They promoted equality among the Western settlers, and reacted as a check on the aristocratic influences of the East. Where everybody could have a farm, almost for taking it, economic equality easily resulted, and this involved political equality. Not without a struggle would the Western man abandon this ideal, and it goes far to explain the unrest in the remote West to-day.

    Western democracy included individual liberty, as well as equality. The frontiersman was impatient of restraints. He knew how to preserve order, even in the absence of legal authority. If there were cattle thieves, lynch law was sudden and effective: the regulators of the Carolinas were the predecessors of the claims associations of Iowa and the vigilance committees of California. But the individual was not ready to submit to complex regulations. Population was sparse, there was no multitude of jostling interests, as in older settlements, demanding an elaborate system of personal restraints. Society became atomic. There was a reproduction of the primitive idea of the personality of the law, a crime was more an offense against the victim than a violation of the law of the land. Substantial justice, secured in the most direct way, was the ideal of the backwoodsman. He had little patience with finely drawn distinctions or scruples of method. If the thing was one proper to be done, then the most immediate, rough and ready, effective way was the best way.

    It followed from the lack of organized political life, from the atomic conditions of the backwoods society, that the individual was exalted and given free play. The West was another name for opportunity. Here were mines to be seized, fertile valleys to be preëmpted, all the natural resources open to the shrewdest and the boldest. The United States is unique in the extent to which the individual has been given an open field, unchecked by restraints of an old social order, or of scientific administration of government. The self-made man was the Western man’s ideal, was the kind of man that all men might become. Out of his wilderness experience, out of the freedom of his opportunities, he fashioned a formula for social regeneration, — the freedom of the individual to seek his own. He did not consider that his conditions were exceptional and temporary.

    Under such conditions, leadership easily develops, — a leadership based on the possession of the qualities most serviceable to the young society. In the history of Western settlement, we see each forted village following its local hero. Clay, Jackson, Harrison, Lincoln, were illustrations of this tendency in periods when the Western hero rose to the dignity of national hero.

    The Western man believed in the manifest destiny of his country. On his border, and checking his advance, were the Indian, the Spaniard, and the Englishman. He was indignant at Eastern indifference and lack of sympathy with his view of his relations to these peoples at the short-sightedness of Eastern policy. The closure of the Mississippi by Spain, and the proposal to exchange our claim of freedom of navigating the river, in return for commercial advantages to New England, nearly led to the withdrawal of the West from the Union. It was the Western demands that brought about the purchase of Louisiana, and turned the scale in favor of declaring the War of 1812. Militant qualities were favored by the annual expansion of the settled area in the face of hostile Indians and the stubborn wilderness. The West caught the vision of the nation’s continental destiny. Henry Adams, in his History of the United States, makes the American of 1800 exclaim to the foreign visitor, “Look at my wealth! See these solid mountains of salt and iron, of lead, copper, silver, and gold. See these magnificent cities scattered broadcast to the Pacific! See my cornfields rustling and waving in the summer breeze from ocean to ocean, so far that the sun itself is not high enough to mark where the distant mountains bound my golden seas. Look at this continent of mine, fairest of created worlds, as she lies turning up to the sun’s never failing caress her broad and exuberant breasts, overflowing with milk for her hundred million children.” And the foreigner saw only dreary deserts, tenanted by sparse, ague-stricken pioneers and savages. The cities were log huts and gambling dens. But the frontiersman’s dream was prophetic. In spite of his rude, gross nature, this early Western man was an idealist withal. He dreamed dreams and beheld visions. He had faith in man, hope for democracy, belief in America’s destiny, unbounded confidence in his ability to make his dreams come true. Said Harriet Martineau in 1834, “I regard the American people as a great embryo poet, now moody, now wild, but bringing out results of absolute good sense: restless and wayward in action, but with deep peace at his heart exulting that he has caught the true aspect of things past, and the depth of futurity which lies before him, wherein to create something so magnificent as the world has scarcely begun to dream of. There is the strongest hope of a nation that is capable of being possessed with an idea.”

    It is important to bear this idealism of the West in mind. The very materialism that has been urged against the West was accompanied by ideals of equality, of the exaltation of the common man, of national expansion, that make it a profound mistake to write of the West as though it were engrossed in mere material ends. It has been, and is, preëminently a region of ideals, mistaken or not.

    It is obvious that these economic and social conditions were so fundamental in Western life that they might well dominate whatever accessions came to the West by immigration from the coast sections or from Europe. Nevertheless, the West cannot be understood without bearing in mind the fact that it has received the great streams from the North and from the South, and that the Mississippi compelled these currents to intermingle. Here it was that sectionalism first gave way under the pressure of unification. Ultimately the conflicting ideas and institutions of the old sections struggled for dominance in this area under the influence of the forces that made for uniformity, but this is merely another phase of the truth that the West must become unified, that it could not rest in sectional groupings. For precisely this reason the struggle occurred. In the period from the Revolution to the close of the War of 1812, the democracy of the Southern and Middle States contributed the main streams of settlement and social influence to the West. Even in Ohio political power was soon lost by the New England leaders. The democratic spirit of the Middle region left an indelible impress on the West in this its formative period. After the War of 1812, New England, its supremacy in the carrying trade of the world having vanished, became a beehive from which swarms of settlers went out to western New York and the remoter regions. These settlers spread New England ideals of education and character and political institutions, and acted as a leaven of great significance in the Northwest. But it would be a mistake to believe that an unmixed New England influence took possession of the Northwest. These pioneers did not come from the class that conserved the type of New England civilization pure and undefiled. They represented a less contented, less conservative influence. Moreover, by their sojourn in the Middle region, on their westward march, they underwent modification, and when the farther West received them, they suffered a forest-change, indeed. The Westernized New England man was no longer the representative of the section that he left. He was less conservative, less provincial, more adaptable and approachable, less rigorous in his Puritan ideals, less a man of culture, more a man of action.

    As might have been expected, therefore, the Western men, in the era of good feeling, had much homogeneity throughout the Mississippi valley, and began to stand as a new national type. Under the lead of Henry Clay they invoked the national government to break down the mountain barrier by internal improvements, and thus to give their crops an outlet to the coast. Under him they appealed to the national government for a protective tariff to create a home market. A group of frontier States entered the Union with democratic provisions respecting the suffrage, and with devotion to the nation that had given them their lands, built their roads and canals, regulated their territorial life, and made them equals in the sisterhood of States. At last these Western forces of aggressive nationalism and democracy took possession of the government in the person of the man who best embodied them, Andrew Jackson. This new democracy that captured the country and destroyed the older ideals of statesmanship came from no theorist’s dreams of the German forest. It came, stark and strong and full of life, from the American forest. But the triumph of this Western democracy revealed also the fact that it could rally to its aid the laboring classes of the coast, then just beginning to acquire self-consciousness and organization.

    The next phase of Western development revealed forces of division between the northern and southern portions of the West. With the spread of the cotton culture went the slave system and the great plantation. The small farmer in his log cabin, raising varied crops, was displaced by the planter raising cotton. In all except the mountainous areas, the industrial organization of the tidewater took possession of the Southwest, the unity of the back country was broken, and the solid South was formed. In the Northwest this was the era of railroads and canals, opening the region to the increasing stream of Middle State and New England settlement, and strengthening the opposition to slavery. A map showing the location of the men of New England ancestry in the Northwest would represent also the counties in which the Free Soil party cast its heaviest votes. The commercial connections of the Northwest likewise were reversed by the railroad. The result is stated by a writer in De Bow’s Review in 1852 in these words: —

    “What is New Orleans now? Where are her dreams of greatness and glory? … Whilst she slept, an enemy has sowed tares in her most prolific fields. Armed with energy, enterprise, and an indomitable spirit, that enemy, by a system of bold, vigorous, and sustained efforts, has succeeded in reversing the very laws of nature and of nature’s God, — rolled back the mighty tide of the Mississippi and its thousand tributary streams, until their mouth, practically and commercially, is more at New York or Boston than at New Orleans.”

    The West broke asunder, and the great struggle over the social system to be given to the lands beyond the Mississippi followed. In the Civil War the Northwest furnished the national hero, — Lincoln was the very flower of frontier training and ideals, — and it also took into its hands the whole power of the government. Before the war closed, the West could claim the President, Vice-President, Chief Justice, Speaker of the House, Secretary of the Treasury, Postmaster-General, Attorney-General, General of the army, and Admiral of the navy. The leading generals of the war had been furnished by the West. It was the region of action, and in the crisis it took the reins.

    The triumph of the nation was followed by a new era of Western development. The national forces projected themselves across the prairies and plains. Railroads, fostered by government loans and land grants, opened the way for settlement and poured a flood of European immigrants and restless pioneers from all sections of the Union into the government lands. The army of the United States pushed back the Indian, rectangular Territories were carved into checker-board States, creations of the federal government, without a history, without physiographical unity, without particularistic ideas. The later frontiersman leaned on the strong arm of national power.

    At the same time the South underwent a revolution. The plantation, based on slavery, gave place to the farm, the gentry to the democratic elements. As in the West, new industries, of mining and of manufacture, sprang up as by magic. The New South, like the New West, was an area of construction, a debtor area, an area of unrest and it, too, had learned the uses to which federal legislation might be put.

    In the mean time the old Northwest 1 has passed through an economic and social transformation. The whole West has furnished an area over which successive waves of economic development have passed. The Indian hunters and traders were followed by the pioneer farmers, engaged in raising unrotated crops after this came the wave of more settled town life and varied agriculture the wave of manufacture followed. These stages of development have passed in succession across large parts of the old Northwest. The State of Wisconsin, now much like parts of the State of New York, was at an earlier period like the State of Nebraska of to-day the granger movement and the greenback party had for a time the ascendency and in the northern counties of the State, where there is a sparser population, and the country is being settled, its sympathies are still with the debtor class. Thus the old Northwest is a region where the older frontier conditions survive in parts, and where the inherited ways of looking at things are largely to be traced to its frontier days. At the same time it is a region in many ways assimilated to the East. It understands both sections. It is not entirely content with the existing structure of economic society in the sections where wealth has accumulated and corporate organizations are powerful but neither has it seemed to feel that its interests lie in supporting the programme of the prairies and the South. In the Fifty-third Congress it voted for the income tax, but it rejected free coinage. It is still affected by the ideal of the self-made man, rather than by the ideal of industrial nationalism. It is more American, but less cosmopolitan than the seaboard.

    We are now in a position to see clearly some of the factors involved in the Western problem. For nearly three centuries the dominant fact in American life has been expansion. With the settlement of the Pacific coast and the occupation of the free lands, this movement has come to a check. That these energies of expansion will no longer operate would be a rash prediction and the demands for a vigorous foreign policy, for an interoceanic canal, for a revival of our power upon the seas, and for the extension of American influence to outlying islands and adjoining countries, are indications that the movement will continue. The stronghold of these demands lies west of the Alleghanies.

    In the remoter West, the restless, rushing wave of settlement has broken with a shock against the arid plains. The free lands are gone, the continent is crossed, and all this push and energy is turning into channels of agitation. Failures in one area can no longer be made good by taking up land on a new frontier the conditions of a settled society are being reached with suddenness and with confusion. The West has been built up with borrowed capital, and the question of the stability of gold, as a standard of deferred payments, is eagerly agitated by the debtor West, profoundly dissatisfied with the industrial conditions that confront it, and actuated by frontier directness and rigor in its remedies. For the most part, the men who built up the West beyond the Mississippi, and who are now leading the agitation, came as pioneers from the old Northwest, in the days when it was just passing from the stage of a frontier section. For example, Senator Allen of Nebraska, president of the recent national Populist Convention, and a type of the political leaders of his section, was born in Ohio in the middle of the century went in his youth to Iowa, and not long after the Civil War made his home in Nebraska. As a boy, he saw the buffalo driven out by the settlers he saw the Indian retreat as the pioneer advanced. His training is that of the old West, in its frontier days. And now the frontier opportunities are gone. Discontent is demanding an extension of governmental activity in its behalf. In these demands, it finds itself in touch with the depressed agricultural classes and the workingmen of the South and East. The Western problem is no longer a sectional problem it is a social problem on a national scale. The greater West, extending from the Alleghanies to the Pacific, cannot be regarded as a unit it requires analysis into regions and classes. But its area, its population, and its material resources would give force to its assertion that if there is a sectionalism in the country, the sectionalism is Eastern. The old West, united to the new South, would produce, not a new sectionalism, but a new Americanism. It would not mean sectional disunion, as some have speculated, but it might mean a drastic assertion of national government and imperial expansion under a popular hero.

    This, then, is the real situation: a people composed of heterogeneous materials, with diverse and conflicting ideals and social interests, having passed from the task of filling up the vacant spaces of the continent, is now thrown back upon itself, and is seeking an equilibrium. The diverse elements are being fused into national unity. The forces of reorganization are turbulent and the nation seems like a witches’ kettle:

    Double, double, toil and trouble,

    Fire burn and cauldron bubble.

    But the far West has its centres of industrial life and culture not unlike those of the East. It has state universities, rivaling in conservative and scientific economic instruction those of any other part of the Union, and its citizens more often visit the East, than do Eastern men the West. As time goes on, its industrial development will bring it more into harmony with the East.

    Moreover, the old Northwest holds the balance of power, and is the battlefield on which these issues of American development are to be settled. It has more in common with all regions of the country than has any other region. It understands the East, as the East does not understand the West. The White City which recently rose on the shores of Lake Michigan fitly typified its growing culture as well as its capacity for great achievement. Its complex and representative industrial organization and business ties, its determination to hold fast to what is original and good in its Western experience, and its readiness to learn and receive the results of the experience of other sections and nations, make it an open-minded and safe arbiter of the American destiny. In the long run the centre of the Republic may be trusted to strike a wise balance between the contending ideals. But she does not deceive herself she knows that the problem of the West means nothing less than the problem of working out original social ideals and social adjustment for the American nation.


    • Gavan Daws - Shoal of Time: A History of the Hawaiian Islands
    • Harry Ritter - Alaska's History: The People, Land, and Events of the North Country (Alaska Pocket Guide)
    • Hilary Stewart - Looking at Indian Art of the Northwest Coast
    • Daniel Hurewitz - Bohemian Los Angeles: and the Making of Modern Politics
    • Iris Chang - The Chinese in America: A Narrative History
    • Lillian Faderman and Stuart Timmons - Gay L. A.: A History of Sexual Outlaws, Power Politics, And Lipstick Lesbians

    For millennia, wooly mammoths roamed the Ice Age steppes of Alaska and Beringia. Glen McDonald of UCLA examines their extinction in a scientific study.


    The Gadsden Purchase

    The Gadsden Purchase was a strip of land in the American Southwest that was acquired from Mexico and essentially completed what would be the continental United States. The land was acquired largely because it was seen as a potential route for a transcontinental railroad.

    The Gadsden Purchase, when it was acquired in 1853, became controversial as it came to play a part in the great national debate over enslavement.


    ビデオを見る: 魏志倭人伝邪馬台国の秘密真日本の歴史 (六月 2022).