ニュース

アルフレッドテイラー

アルフレッドテイラー


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ココアメーカーの息子であるアルフレッドウォーターハウスサマセットテイラーは1863年に生まれました。彼は、ブライトン近郊のプレストンビレッジとマールボロ大学の家庭教師から教育を受けました。教育を終えた後、彼はロイヤルフュージリアーズの第4大隊に加わりました。

1883年に父親が亡くなると、彼は45,000ウォンを相続しました。彼は後に、彼が「幸運に恵まれて以来、私は職業を持っていなかったが、喜びの生活を送ってきた」と認めた。 1894年女性のなりすましであるテイラーとアーサー・マーリングは、フィッツロイ通りでジョン・プレストンが行ったパーティーで女性の服を着ていたとして逮捕されました。

テイラーはオスカーワイルドに会い、彼が彼を何人かの若い男性に紹介したと言われています。 1895年、クイーンズベリーの第9侯爵は、息子のアルフレッドダグラスがワイルドと性的関係を持っていることを発見しました。彼はのオープニングナイトを混乱させることを計画しました 真面目であることの重要性、1895年2月14日のセントジェームズ劇場で、ショーの終わりに彼がお辞儀をしたときに、腐った野菜の花束を劇作家に投げました。ワイルドはその計画を知り、警官が彼の入り口を禁止するよう手配した。

2週間後、クイーンズベリーは彼のカードをワイルドのクラブであるアルベマールに残し、彼を「ソムドマイト」であると非難しました。ワイルド、ダグラス、ロバート・ロスは、名誉毀損でクイーンズベリーを訴える意図で弁護士のチャールズ・オクタビウス・ハンフリーズに接近した。ハンフリーズは、ワイルドとダグラスの間の同性愛活動に関するクイーンズベリーの主張に真実があるかどうかをワイルドに直接尋ねた。ワイルドは彼が起訴について無実であると主張し、ハンフリーズはクイーンズベリーの逮捕状を申請した。

クイーンズベリーは3月30日に正当化の嘆願を入力しました。オーウェン・ダドリー・エドワーズは次のように指摘しています。リチャード・ヘン・コリンズ裁判官が、クイーンズベリーの顧問であるエドワード・カーソンQC MPがワイルドから華麗な再会を続けた後、ワイルドが起訴を取り下げる試みを終える前の4月3〜5日、中央刑事裁判所オールドベイリーでのクイーンズベリーの裁判。彼の作品の不道徳についての質問についての証人ボックス、そしてその後、下層階級の背景が非常に強調されていた男性の若者との関係についての質問でワイルドを押しつぶした。」リチャード・エルマン、 オスカーワイルド (1988)、ワイルドが証人としてダグラスを呼ぶのではなく、事件を放棄したと主張しました。

クイーンズベリーは無罪であることが判明し、彼の弁護士はその証拠を検察官に送った。ワイルドは4月5日に逮捕され、ホロウェー刑務所に連行されました。翌日、アルフレッド・テイラーも逮捕されました。テイラーはワイルドに対する証拠を提出することを拒否し、両方の男性は刑法改正法(1885)に基づいて犯罪で起訴されました。警察は彼の部屋でかなりの女性の服のコレクションを見つけました。テイラーはワイルドに対して女王の証拠を提出することを拒否し、2人の男は一緒に試されました。

ワイルドとテイラーの裁判は、4月26日にアーサーチャールズ判事の前で始まりました。クイーンズベリーの罪状認否が指名したとされる10人の性的パートナーのうち、5人はワイルドの起訴から除外された。チャールズの下での裁判は、4時間後に陪審員の意見の不一致で終了しました。アルフレッド・ウィルズ判事の下での2回目の裁判は、5月22日に始まりました。ダグラスはどちらの裁判でも証拠を提出するよう求められなかったが、ワイルドへの彼の手紙は彼の詩と同様に証拠に入れられた。 二つの愛。その結論を説明するために呼ばれました-「私はあえてその名前を話さない愛です」ワイルドはそれが「若い男への年長者の愛情」を意味すると答えました。

両方の男性は有罪とされ、重労働で2年の懲役刑を宣告されました。オスカー・ワイルドがひどい猥褻罪で有罪とされた2人の既知の人物は、男性の売春婦、ウッドとパーカーでした。ワイルドはまた、サボイホテルで2回の別々の機会に未知の人物とひどい猥褻を告発した2つの罪で有罪判決を受けました。これらは実際、ウッドの恋人でもあったダグラスが犯した行為に関連している可能性があります。

テイラーは解放されると、1920年代にシカゴでウェイターとして働いていたことを除いて、彼について何も知られていない米国に移住しました。

アルフレッド・テイラー:私には職業がありません。私がトイレで小さな男の子と危うい状況に巻き込まれたために公立学校から追放されたのは事実ではありません。確かに、私は自分の部屋にたくさんの若い男性が住んでいて、同じベッドで寝ていました。

チャールズ・ギル:メイソンとの模擬結婚を経験したことはありますか?

アルフレッド・テイラー:絶対に真実ではありません。

チャールズ・ギル:あなたはあなたの部屋に女性のドレスを持っていましたか?

アルフレッドテイラー:東洋の衣装。

チャールズ・ギル:女性のドレス?

アルフレッド・テイラー:はい。

チャールズ・ギル:女性のかつら?

アルフレッド・テイラー:説明します。そうだった...

チャールズ・ギル:女性用のストッキングはありましたか?

アルフレッド・テイラー:はい。

チャールズ・ギル:あなたがチャペル・ストリートに住んでいたとき、あなたは深刻なお金の問題に直面していましたか?

アルフレッド・テイラー:-私は破産裁判所を通過したばかりでした。

チャールズ・ギル:破産してから、この副官に与えられることを知っていた金持ちの紳士のために若者や若い男性を調達して、実際に生計を立てていませんか?

アルフレッド・テイラー:いいえ。

チャールズ・ギル:裕福な男性を不道徳だと非難すると脅して、裕福な男性から多額のお金を引き出したことがありませんか?

アルフレッド・テイラー:いいえ。

チャールズ・ギル:あなたはセントジェームズレストランでパーカーズと知り合いになりましたか?

アルフレッド・テイラー:それは外にあり、私は友人から彼らに紹介されました。

チャールズ・ギル:あなたは彼らにあなたの住所を何のために与えましたか?

アルフレッド・テイラー:ええと、知り合いになって、お互いが好きになると思うとき。

チャールズ・ギル:あなたはピカデリーで若い男性と話す習慣がありますか?

アルフレッドテイラー:私はあなたが何を意味するのか知っています。いいえ。

チャールズ・ギル:あなたはピカデリーに入りますか?

アルフレッド・テイラー:はい、いつもです。

チャールズギル:セントジェームズ?

アルフレッド・テイラー:はい。

チャールズ・ギル:アルハンブラ宮殿や帝国で男性を逮捕したことはありますか?

アルフレッドテイラー:決して。

チャールズ・ギル:ワイルドさんをよく知っていましたか?

アルフレッド・テイラー:はい。

チャールズ・ギル:ある若者に、彼は男の子が好きだと言いましたか?

アルフレッド・テイラー:いいえ、決して。

チャールズ・ギル:彼がそうだと知っていましたか?

アルフレッド・テイラー:彼は若い人たちが好きだと思います。

チャールズ・ギル:なぜチャールズ・パーカーをワイルド氏に紹介したのですか?

アルフレッド・テイラー:ワイルド氏は彼の影響力を利用して、ステージでの作品を手に入れるかもしれないと思いました。

チャールズ・ギル:フィッツロイ通りの襲撃に関与したマーリングという男を知っていましたか?

アルフレッド・テイラー:はい。

チャールズ・ギル:彼が何であるか知っていますか?

アルフレッド・テイラー:私はかなり聞いたことがあります。

チャールズ・ギル:あなたとチャールズ・パーカーは両方ともその襲撃で逮捕されましたか?

アルフレッド・テイラー:はい、しかし私たちは拘留から解放されました。

Charles Gill:Kettner'sでの夕食の理由は何でしたか?

アルフレッド・テイラー:それは私の誕生日を記念してでした。夕食が終わった後、パーカーズと私はリトルカレッジストリートの自分の部屋に帰りました。

チャールズ・ギル:なぜあなたは自分の部屋でお香を燃やしたのですか?

アルフレッド・テイラー:私はそれが好きだったからです。


ハドソン-モホークの遺伝的および家族の回顧録:テイラー

[この情報はVol。 IV、pp。1522-1524of Hudson-Mohawk Genealogical and Family Memoirs、edited by Cuyler Reynolds(New York:Lewis Historical Publishing Company、1911)。これは、R 929.1R45のスケネクタディ郡公立図書館のリファレンスコレクションにあります。特に子孫のリストでは、オリジナルのフォーマットの一部が、読みやすくするためにわずかに変更されている可能性があります。]

この名前の多くは、ウィリアム征服王の下でヘイスティングズの戦いに参加したノルマン人の男爵であるタイユフェールに由来し、この名前は徐々にタイユフェール、テイラー、テイラー、テーラー、テーラー、テイラーに変わりました。テイラーという名前は非常に一般的な英語の家族名であり、アイルランドでも非常に一般的に見られます。家族の支部は、スコッチと英国のプロテスタントへの助成金の時に北アイルランドに定住しました。そこから、いわゆるスコッチ-アイルランドの人種が降りてきました。ニューヨーク州アルバニー郡ニュースコットランドの町のテイラー家は、このスコットランド-アイルランド系アメリカ人の子孫です。

(I)ロバート・テイラー 1757年頃にアイルランドのダブリンで生まれ、1834-35年にニューヨーク州アルバニー郡のニュースコットランドで亡くなりました。彼は1783年にアメリカに移住し、ゆっくりとした嵐の通路の後、以前はニュースコットランドの農場に定住していた叔父のサミュエルテイラーに加わりました。彼は叔父と一緒に暮らし、農場の開墾と改善を手伝いました。農場はサミュエルの死後、遺産として彼にもたらされました。その時、財産は大部分が壊れておらず、重く木造でした。ロバートは土地全体を継承しませんでしたが、その後の購入によって、彼のエーカーが275になるまで、彼の持ち株を増やしました。彼の死の時、彼は家を建てた上によく改善された財産と他の実質的な改善を持っていました。この農場はまだ家族の名前であり、現在「3つのテイラー農場」として知られているもので構成されていました。彼は偉大なエネルギーと直立した性格の人でした。彼はメアリーホッタリングと結婚しました(ホータリングとフータリングとも呼ばれます)。彼女は家族のTribesHill支部の子孫であり、オランダ移民の祖先の子孫でした。ロバートと彼の妻は熟した年を生き、古いセンター長老派教会の墓地に並んで埋葬されました。彼らは両方ともその会衆のメンバーでした。子供達:

  1. 1785年2月18日生まれのマティアスは1846年2月24日に亡くなりました。彼はニュースコットランドの町の農民でした。彼は1790年2月10日にアイルランドで生まれたフィービーアーウィンと結婚し、1862年1月26日に亡くなりました。 、そのうちの2つはまだ生き残っています(1910年)。
  2. ジョン、前を見てください。
  3. ロバート(2)はレンセリア郡に定住し、晩年に成功した農民になり、アルバニーに引退し、娘の家で亡くなりました。90歳という極端な年齢に達したため、2回結婚し、両方の問題を抱えていました。妻。
  4. サミュエルはスケネクタディに定住し、そこで貿易を行っていたが、後にイリノイ州セントラリアに移され、そこで問題を残して亡くなった。
  5. レイチェル、ロバート・コウトリーと結婚した。
  6. ハリエット、ジョセフ・モークと結婚した。
  7. レベッカ、ウィリアム・パンボーンと結婚した。
  8. &#8212&#8212&#8212&#8212、ウィリアム・モークと結婚し、問題を残しました。

(II)ジョンロバートとメアリー(ホッタリング)テイラーの次男は、1790年頃にスコットランドの元のテイラーの家屋敷で生まれ、1850年に亡くなりました。彼は父親の農場の1つを継承し、彼は彼の活動的な生活の中で耕作しました。彼はオランダ改革派教会の会員になり、政治のホイッグ党員でした。彼は、1796年にニューヨーク州アルバニー郡ギルダーランドで生まれたクリスチャンナのニュースコットランドで結婚し、1882年に亡くなりました。分離。彼は初期の巡回大臣の流行の後、サドルバッグを持って馬に乗って旅行し、彼の後ろに乗った娘を伴っていました。彼は、結婚式、葬式、洗礼で彼のサービスが絶えず求められていた国についてよく知られていました。彼の大臣の労働に加えて、彼は現在ロバート・ボイド・テイラーによって占められている農場を耕作しました。彼は独立戦争の兵士でした。彼はレイチェル・ヴァン・デル・ボガートと結婚した。 VanHuysensとVanDer Bogertsは、アルバニー郡の初期のオランダ人入植者の1人でした。ジョンとクリスチャンナ(ヴァンホイセン)テイラーの子供たち:

  1. ニュースコットランドの農民であるジェームズは、活動的な年月を終えてニューヨーク州アムスターダムに引退し、75歳でハンナフックと結婚し、息子のジョンL.が若くして亡くなりました。男らしさ。
  2. メアリーJ.は、ギルダーランドの子供たちの農民であるイスラエルグッドフェローと結婚しました:ジェームズ、ルイーズ、クリスチャンナ。
  3. レイチェル、未婚で亡くなりました。
  4. ハリエットは、クラークスビルの住人であるニコラス・フックと結婚し、93歳で多くの子孫がいます。
  5. ルーシー・ミッチェルと結婚したジョン・V・Hは、30歳で亡くなり、現在イリノイ州シカゴに住んでいるウィリアム・ジェームズがフローレンス・ロックウェルと結婚しました。問題はありません。
  6. サラL.、ギリアンヴァンオリンダと結婚し、両方とも亡くなり、娘を残し、
    1. クリスチャンナ、ウィンフィールドL.ヤングとの結婚後に亡くなりました、問題ありません
    2. キャサリンはウィリアム・マティアスと結婚し、フロイドとホイットニーを持っています。

    (III)ロバートボイドジョンとクリスチャンナ(ヴァンホイセン)テイラーの息子であるテイラーは、1829年3月10日、ニューヨーク州アルバニー郡ニュースコットランドのテイラーホームステッドで生まれました。彼は公立学校で教育を受け、結婚するまで家にいました。彼がまだ所有している家屋敷近くの農場に定住した。彼は生涯農民でした。彼は政治の共和党員であり、長年にわたって改革派教会の執事および長老でした。彼は1852年12月7日、エリザベスのニュースコットランドで結婚し、1831年8月17日に生まれ、1909年11月28日、ニュースコットランドのピーターとメアリー(オストランダー)ファーベックの娘として亡くなりました。ピーター・ファーベックは生涯農民であり、彼が生まれた農場で亡くなりました。彼はジョン・ファーベックの息子であり、革命中にアメリカで奉仕するためにイギリス軍にオランダから入隊した。彼は植民地時代に捕らえられ、釈放された後、革命軍に加わり、自由のために戦った。彼は彼の少年時代の友人、&#8212&#8212&#8212&#8212マッキンベがこの経験に同行しました。戦争が終わった後、彼はニュースコットランドの土地を購入しました。そして、それは数世代の間家族の家屋敷になりました。彼は&#8212&#8212&#8212&#8212クーンズと結婚しました。彼らは長い年月を過ごし、ニュースコットランドの長老派教会の会員であり、その会衆の墓地に埋葬されました。ロバートボイドとエリザベス(ファーベック)テイラーの子供たち:

    1. アルフレッドJ.、前を見てください。
    2. メアリー・アンは未婚で18歳で亡くなりました。
    3. ジョン・ボイドは、現在ニューヨーク州スケネクタディのゼネラル・エレクトリック・ワークスと関係があり、キャサリン・ワンズの子供たちと結婚しました:ヴリーランド・レンセリアー、シャーロット、スタンリー。
    4. 家のエーカーの農民であるピーター・レンセリアーは、ネリー・ワンズの子供たちと結婚しました。
      1. クララ、1895年生まれ
      2. ダドリーアルコット、1900年生まれ。

      この家族はす​​べて改革派教会のメンバーであり、男性は共和党の有権者です。母親は高貴な性格の女性であり、活発な教会員であり、深く嘆き悲しんで亡くなりました。

      (IV)アルフレッドJ。ロバートボイドとエリザベス(ファーベック)テイラーの長男は、1854年6月19日、ニューヨーク州アルバニー郡ニュースコットランドのホームファームで生まれました。彼は町の学校で教育を受け、農民、職業として育てられました。彼は首尾よく続いた。彼は現在、ニューセーラム近くの州道にある素晴らしい農場に住んでいます。彼は何年もの間、改革派教会の執事であり長老でした。政治的に彼は共和党員です。彼は1874年12月30日、ニュースコットランドのアンナプルデンスで結婚しました。アンナプルデンスは現在彼女の家であるマクミランホームステッドファームで生まれ、ウィリアムJ.とエリザベスW.(ラッシュモア)マクミランの娘であり、アレクサンダーマクミランの曾孫です。スコットランドの血統のニュースコットランドで生まれました。彼女の先祖は町の初期の入植者でした。彼は&#8212&#8212&#8212&#8212スミスと結婚しました。彼は86歳で亡くなり、彼女は中年で亡くなりました。アレクサンダーマクミランには子供がいました:

      1. ジョン、前を見てください。
      2. アンドリュー、結婚したエリザ幼い子供たち:オールデン、デビッド、ジョン、アレクサンダー。
      3. スカハリー郡の農民である反乱のベテランであるジェームズA.は、3人の妻を亡くし、最初の問題を抱えていました。
      4. クラークスビル近郊の農民であるアーロンは、ジェイコブ、ウィリアム、ネルソン、ヘレンの子供たちを亡くしました。
      5. キャサリン、故人、マシューヤングと結婚した。
      6. ウィリアム、故人はマーガレット・セイガーと結婚した。
      7. 故人のメアリーは、ニュースコットランドに住むロバート・モークと結婚した。
      8. アレクサンダー、故人はマーガレット・ヴァン・シャイクと結婚し、問題を残しました。彼の未亡人は、メアリーの元夫であるロバート・モークと結婚しました(2番目)。

      アレクサンダー・マクミランの長男であるジョンは、1818年頃にスコットランドで生まれ、70歳で亡くなりました。彼は1813年に生まれたプルデンスマッカロックと結婚し、1909年7月9日に97歳で亡くなりました。彼らには子供がいました:

      1. ウィリアムJ.、前を見てください。
      2. 1836年生まれのチャールズは、リジー・レリーアと結婚した一人の息子フランクとキャサリン・フックと結婚した。
      3. 1837年のハンナ・キャサリンは、1900年以来、ニューヨーク州アルバニー郡のヴォールヒーズビル副保安官のトーマス・タイガートと結婚しました。
      4. ヴォールヒーズビルのアレクサンダーはハンナ・タイガートの子供たちと結婚しました。ローラ、亡くなったエステル、ルース、グレース、モード、後者は亡くなりました。

      ジョンとプルデンス(マッカロック)マクミランの長男であるウィリアムJ.は、娘のアルフレッドJ.テイラー夫人が現在所有している農場に定住しました。彼は政治の共和党員でした。彼は改革派教会の信仰で育てられましたが、後に妻と一緒に友の会の会員になり、そこで彼らは信仰をもって亡くなりました。彼は、結婚後に住んでいた古いラッシュモア農場で生まれたエリザベスW.ラッシュモアと結婚しました。彼女は1837年10月に生まれ、1907年2月25日に亡くなりました。彼女はスコッチ家系のタイタスとアニー(ウッド)ラッシュモアの娘であり、友の会のメンバーであり、どちらもラッシュモア農場で亡くなりました。一世紀以上前に、それが厚く覆われていた木材を一掃しました。彼らには4人の子供がいました:

      1. エリザベスW.、ウィリアムJ.マクミランと結婚。
      2. オリベットA.は、現在ニュージャージー州ラザフォードに住んでいるジョンH.ホタリングと結婚しました。
      3. マリエッタ、若くして亡くなりました。
      4. ヘンリーは大学在学中に17歳で亡くなりました。

      ウィリアムJ.とエリザベスW.(ラッシュモア)マクミランには、アルフレッドJ.テイラーと結婚したアンナプルデンスという子供が1人いました。テイラーズの本拠地は古いラッシュモア農場であり、後にマクミラン農場が相続によってアルフレッドJ.テイラー夫人にやって来ました。 AlfredJ。とAnnaPrudence(McMillan)Taylorには4人の子供がいます。

      1. 1877年5月12日生まれのエイダはアルバニー高校を卒業し、フランクJ.ハレンベックと結婚しました。彼らはホームファームに住み、耕作しています。テイラー氏は活発な労働から引退しました。
      2. 公立学校で教育を受けた1881年3月2日のフィレンツェは、ニュースコットランドの農民であるジョージH.マーティンと結婚しました。
      3. グレース、1887年4月22日、スケネクタディ高校の卒業生は、ニュースコットランドの子供たちの農民であるフランクW.マーティンと結婚しました。
        1. フランシスE.、1907年8月21日生まれ
        2. チェスターショー、1910年1月27日。

        ページのトップに移動|前の家族:オストランダー|次の家族:ヒックス

        http://www.schenectadyhistory.org/families/hmgfm/taylor.html2020年4月28日更新

        Copyright 2020 Schenectady Digital History Archive&#8212スケネクタディ郡公立図書館のサービス


        1922年に着工。

        。 1924年5月に完成したサザンブリーチャリーは、完成時から閉鎖までテイラーズ地域のバックボーンとして機能していました。 1928年のピエモンテ印刷所の完成と1938年の2つの会社の最終的な合併を含め、継続的に拡大し、ピーク時の施設は1,000人以上を雇用し、独自の製粉所の村、会社の店、教会、野球場、ゴルフ場ですら。

        サザンブリーチャリーアンドプリントワークスは、グリーンビル地域の他の工場で生産された商品を加工しました。複合施設の西半分にあるオペレーションの漂白部分は、布地を漂白して染色し、印刷所はさまざまなパターンの布地を印刷しました。


        家系の名前AlfredTaylorには64の人口調査レコードがあります。アルフレッドテイラーの国勢調査の記録は、彼らの日常生活への窓のように、あなたの先祖がどこでどのように働いたか、彼らの教育レベル、ベテランの地位などを教えてくれます。

        家系の名前アルフレッドテイラーのために利用可能な2つの移民記録があります。乗客リストは、あなたの先祖がいつ英国に到着したか、そして彼らがどのように旅をしたかを知るためのあなたのチケットです-船の名前から到着と出発の港まで。

        アルフレッドテイラーの名前で利用できる48の軍事記録があります。あなたのアルフレッドテイラーの祖先の中の退役軍人のために、軍事コレクションは彼らがいつどこで奉仕したか、そして物理的な説明さえも洞察を提供します。

        家系の名前AlfredTaylorには64の人口調査レコードがあります。アルフレッドテイラーの国勢調査の記録は、彼らの日常生活への窓のように、あなたの先祖がどこでどのように働いたか、彼らの教育レベル、ベテランの地位などを教えてくれます。

        家系の名前アルフレッドテイラーのために利用可能な2つの移民記録があります。乗客リストは、あなたの先祖がいつ英国に到着したか、そして彼らがどのように旅をしたかを知るためのあなたのチケットです-船の名前から到着と出発の港まで。

        アルフレッドテイラーの名前で利用できる48の軍事記録があります。あなたのアルフレッドテイラーの祖先の中の退役軍人のために、軍事コレクションは彼らがいつどこで奉仕したか、そして物理的な説明さえも洞察を提供します。


        ヒラリー・クリントンとトーマス・アルフレッド・テイラーのパンツ:子供をレイプするには村が必要

        これは1975年のヒラリー・クリントンです。彼女は「フェミニストのアイコン」になりつつあったので、もちろん、12歳の子供をレイプしたことを認めた41歳の男性を守るためにステップアップしました。年老いた子供。レイプ被害者と一緒に車の中にいた別の男性と10代の少年の犯罪の目撃者が2人いました。犯人は子供にアルコールをかけ、レイプした。

        で報告されているように ワシントンフリービーコン 1975年にクリントンのアラナ・グッドマンがよく研究した記事で、彼女自身のぎこちない入場により、クライアントの罪悪感について陪審員をだまそうとするために、犯罪からの証拠の不正なテストを故意に調整しました。ニューヨークの研究室に液体が入っていないレイピストのパンツの一部は、検察官の他の証拠を反証するために否定的な研究結果を使用すると脅迫しました。彼女はまた、犠牲者の精神状態について虚偽の主張をし、彼女を不安定な嘘つきと呼んだ。最終的に、レイプ犯を非難する強力な証拠にもかかわらず、検察はクリントンのクライアントに、奉仕された時間よりも少しだけ長く訴えさせました。

        この物語には皆のための教訓があります。

        アカデミックフェミニスト (多くのフェミニストジャーナリストを含むカテゴリー)は現在、40年前に子供レイプ犯が手首を叩いて降りるのを助けるために汚いトリックを使用したことでクリントンを批判するように設計した人に山積みになっています。これは奇妙に聞こえるかもしれませんが、アカデミックフェミニストは本物のレイピストを本物の刑務所に入れることに興味を持ったことはありません。

        実際(女性の研究クラスで学ぶことはないという事実)、現代のフェミニスト運動の最初から、アカデミックフェミニストはレイプを罰することよりもアイデンティティ政治を演じることにはるかに興味を持ってきました。 N.O.W.の最初の会議では、女性に対する暴力を非難すると、一部の少数派の男性が犯したレイプで有罪判決を受けることを恐れて、女性に対する暴力はグループのプラットフォームとして含まれることすらありませんでした。

        ほとんど黒人の女性と子供たちのレイプの責任を黒人のレイプ犯に負わせるよりも、すべてのレイプ被害者をバスの下に投げ込むほうがよい。現代のフェミニズムの初めから、人種的および民族的感受性&#8212 犯罪を犯した&​​#8212は、犠牲者や犯罪そのものよりも重要であり、すべての人の正義の倫理は言うまでもありません。

        [この態度は、犯罪者の色に関係なく、とにかく女性と子供を保護するために警察と協力し始めた他のフェミニスト女性の臨界量をうんざりさせたことに注意する必要があります。これらは サービスプロバイダー タイプは一般的に政治から遠ざかることを好みます、そして彼らはアカデミックフェミニストや他の政治的ボトムフィーダーと混同されるべきではありません]

        今日に早送り: アカデミックフェミニストは過去数年間、普遍的な罪に向けて3月を完成させてきましたが、刑務所の時間はありません。すべての男性、特に白人の友愛の兄弟のための再教育だけです。

        アカデミックフェミニストは常に、犯罪の実際の犠牲者よりも刑務所を空にすることを重視する左派でした。彼らは、レイプ犯を投獄するよりも、政治的目的のためにレイプ事件を悪用したいと考えています。

        たとえば、アマンダマルコット スレート クリントンが単にではなかった理由を説明するために、彼女の擦り切れた目に見えない被告側弁護士倫理規定を振り回しています 12歳のレイプ被害者の欺瞞と性格暗殺を使用して、レイプ犯のクライアントを降ろす:マルコットによると、クリントンは 超右 12歳のレイプ被害者の欺瞞と性格暗殺を使用して、レイプ犯のクライアントを降ろす 彼女はヒラリー・クリントンだから:

        被告側弁護士には不快であるが必要な仕事があり、クリントンは彼女が義務付けられていることをしました。それは彼女のクライアントに憲法上義務付けられた適切な弁護を与えることでした。 …陪審員が、女性が日常的にレイプの告発をしているというこの神話に基づいて無罪判決を下している限り、被告側弁護士はそれを使い続けます。ここでの問題は、レイプ神話を助長するより大きな文化であり、レイプ神話に対して圧倒的な証拠を持っているレイプ犯の無罪判決を得るためにこれらの神話を悪用する弁護人ではありません。

        マルコットによれば、他の誰もがレイプ神話を使用しているので、法的基準はレイプ神話を使用することです。したがって、クリントンはレイプ神話を使用することによってクライアントに本当に良い防御の利益を与えていました。彼女がそのように彼女の原則を捨てるのは非常に難しいですが、ちなみに、兄弟がレイプ神話を使用している場合、レイプが含まれていなくても、彼が悪い冗談を言っているだけであっても、彼はできればアマンダ・マルコット、ヒラリー・クリントン、そして他の何百万人もの女性によって破壊されます。

        はい、これはアカデミックフェミニストの考え方です。それは、あなたの心があるはずの暗い小さな場所で、ジュディス・バトラーによる悪い入れ墨や悪い散文の破片からのインクと交差するマスカラすべてと関係があると思います。他の人々はそれをアイデンティティ政治と呼んでいます。

        アマンダ・マルコット、防衛倫理スペシャリスト、猫と

        アカデミックフェミニストは確かに彼らの主張を示しています このヒラリーの防衛で子供レイプ犯を擁護することで。少なくともマスクはオフです。

        しかし、ここには別の話があります。それは、アカデミック・フェミニズムの保守的な批評家がアイデンティティによる罪悪感の体制と戦うときに覚えておくべきだという話です。教訓はこれです:現実の世界では、実際の法廷では、実際のレイプ被害者は依然としてそのような恐ろしい、屈辱的な不当にさらされており、実際のレイプ犯と子供の痴漢はまだ彼らの犯罪から離れています ほぼすべての場合.

        5人に1人の女性が大学でレイプされていると主張するばかげた学術的な偽の統計を忘れてください。実際の法廷では、レイプ被害者の5人に1人が法廷で1日を過ごすことはありません。地獄、レイプ被害者の5人に4人以上は、法廷で1日を過ごすことはありません。ですから、アカデミックフェミニストとの戦いで忙しい間は、大学のキャンパスで起こっていることが実際の刑事司法制度に関係していると誤解しないでください。

        そして、あなたが自分自身に正義を要求し終えたら、あなたは本当のレイプの犠牲者に正義を要求するべきです。あなたが戦っているキャンパスフェミニストのようにならないように。あなたのような。

        ヒラリー・クリントンが子供のレイプ犯を解放した巧妙な欺瞞について語った歓喜にうんざりした後は、クリントンの復活に喜んではいけません。まだ子どもの犠牲者が関わっていますが、何もありません。彼女に起こったのはおかしい。まだ正当化されるべき不正があります。

        ヒラリー・クリントンのレイプ防衛も重要な話です それは、刑事弁護のために通過するひねくれた嘘と証拠の規則を歪める卑劣な戦術をむき出しにするからです。保守派が本当に善悪、正義と不公正、そしてアイデンティティ政治の転倒を気にかけているのなら、レイプ被害者に対して犯されたこれらの真の不公正の周りに円を描くことはできません。 私はキャンパスフェミニストに迫害されているので、これは私とは何の関係もありません.

        何千人ものレイプ被害者がおり、何十万人もが本物のレイプの被害者であり、正義を否定されています。ヒラリー・クリントンのぎこちない話は、1975年にレイプ犯を降ろすのがいかに簡単であったかを示しており、今日考えられるほど状況は変わっていません。

        キャンパスのフェミニストは彼らを気にかけないので、私たちは保守的な男性がこれらの犠牲者のために進んで立ち上がる必要があります。その小さなレイプされた少女は、スピーチコードとフラタニティに対するキャンパスの審判に責任がありません。証拠の歪んだ規則と、それを男性に貼り付けたり、フェミニストに貼り付けたり、捕食者を通りに跳ね返してアティカスフィンチを演じたりしていると信じている陪審員が偏見を持っているため、猛禽類は今でも日常的に歩いています。子供の痴漢は今でも日常的に服役時間以下に罪状認否をしている。保守的な運動がレイプの主題に関与しようとしているのであれば、彼らはまた、学界のファンタジー領域でフェミニストと戦うことに全力を注ぐのではなく、これらのレイプ被害者のために立ち上がるべきです。見てよかったです キャンパスを気にする そして、TruthRevoltとPhiBeta Consは、不当とレイプの尋問を拡大して、実際の法廷を含めました。

        政治的ポイントの採点がすべてではありません。アマンダ・マルコットやヒラリー・クリントンのような人だけがそのような告発の罪を犯すべきです


        TAYLOR系図

        ウィキツリーは、誰にとっても永遠に100%無料である、ますます正確な共同家系図を育てている系図学者のコミュニティです。ぜひご参加ください。

        TAYLOR家系図のコラボレーションにご参加ください。成長するには、優れた系図学者の助けが必要です 完全無料 私たち全員をつなぐ家系図を共有しました。

        重要なプライバシーに関する通知と免責事項:個人情報を配布する際には、注意を払う責任があります。ウィキツリーは最も機密性の高い情報を保護しますが、 利用規約プライバシーポリシー.


        バンクーバーの隠された過去の内部–ライオンズゲートブリッジの秘密の歴史&#8230

        今週、私は最初の夏の散歩をスタンレーパークの護岸の周りで行いました。もちろん、ライオンズゲート橋の巨大なフレームの下を通りました。橋の下の空気は冷たく、最も日当たりの良い日でも、その下は暗くて暗いです。ダウンタウンとノースショアの素晴らしい景色を望む、ブリッジデッキとはまったく異なる感覚。

        多くのバンクーバー市民にとって、ライオンズゲートブリッジは街の構造の一部であると感じています。ダウンタウンとノースショアを結ぶ主要な動脈。これは、私たちの街で最も有名なランドマークの1つです。

        それでも、ライオンズゲートブリッジの存在は、主に一人の男性、アルフレッド「AJT」テイラーの決意と起業家精神によるものです。

        1887年にビクトリアで生まれたテイラーは、貿易によるエンジニアリング請負業者でした。 「狂騒の20年代」までに、テイラーはバンクーバーの新進気鋭の起業家の1人であり、ブリティッシュコロンビア州全体で鉱業と建設にビジネス上の関心を持っていました。家の近くで、彼は不動産の金がウエストバンクーバーの森林に覆われた斜面にあると確信するようになりました。

        当時、ウエストヴァンは、人口が3,000人しかない、かなり人里離れた人口の少ない場所でした。バラード入り江の「最初のナロー」に架かる橋がなかったので、ウエストヴァンからバンクーバーに行くということは、2番目のナローを経由してフェリーまたは長いドライブを利用することを意味しました。

        「皇后」は1930年にファーストナロウズを通過します。当時は橋はありませんでした! CVA 260-277

        テイラーは、最初のナローに橋が架けられた場合、突然ウエストバンクーバーが住むのに非常に望ましい場所になることを知っていました。バンクーバーのダウンタウンへの通勤時間は、数時間ではなく数分になります。彼は橋の州のフランチャイズを巧みに確保し、すぐに国民の支持を得るために必要な政治キャンペーンに着手しました。

        テイラーはいくつかのヘビー級の反対を持っていました。カナダ太平洋鉄道(CPR)は、バンクーバーのダウンタウンと高級なショーネシーに広大な土地を所有していました。 The CPR was worried that any plan to develop West Vancouver would mean these prestigious land-holdings becoming devalued. They were prepared to fight, lobbying the City of Vancouver hard to turn-down the proposal.

        Ultimately it would go to a vote. Taylor vs. the CPR. In 1927 a plebiscite was put to the citizens of Vancouver on Taylor`s bridge proposal. Interestingly, Vancouverites turned down Taylor`s plans.理由? A reluctance to build a road through the city’s most prized asset, Stanley Park.

        But Taylor was nothing if not determined. After moving to London to lick his wounds and consider his next move, he quickly used his considerable powers of persuasion to convince the wealthy Guinness family to become his financial backers (yes, the same family whose company makes the beer!).

        On his way to build the Lions Gate it appears.

        Taylor formed a company, British Pacific Properties Ltd., that was bankrolled by the Guinness family. With his provincial franchise for the bridge, and now some serious financial muscle, he was ready for a second assault on the first narrows.

        Moving back to Vancouver in 1930 he found the Great Depression was starting to take its toll on BC. With the Municipality of West Vancouver in serious financial trouble, he made them an offer. $75,000 for 4,700 acres of land. Equating to $18.75 an acre. In return Taylor’s company promised to contribute around $1M of improvements to the municipality, such as building water mains and installing electric cabling.

        (Incidentally, a single acre of land in West Vancouver today will set you back around $3M – $5M.)

        Unemployed Vancouver men line-up for food during the Great Depression, 1931. Re N4.1

        Given their parlous financial state the Municipality of West Vancouver gladly accepted Taylor’s low-ball offer and a big piece of Taylor’s puzzle fell into place. The Great Depression also helped another piece of the puzzle move into position. Keeping Stanley Park pristine didn’t feel so important when people were losing their jobs and homes. Any proposal for a large scale construction project that would create jobs and drive further development suddenly got a much warmer reception.

        Taylor personally financed a second plebiscite in 1933 and this time he got the result he wanted. Vancouver’s electorate overwhelmingly supported the project, passing it by 2-1 margin.

        Perhaps inevitably the battle was not yet over for Taylor. Four more years of wrangling with the federal government followed his plebiscite win. Undoubtedly the CPR had a hand in dissuading the feds from approving the project, but legitimate concerns about the impact of the bridge construction on the shipping lane beneath it were also wrestled over.

        Stanley Park is ‘reconfigured’ to include the Causeway, 1937. VPL: 19129

        Finally Prime Minister William Lyon MacKenzie King officially approved the project in 1936 and work began on March 31, 1937. Amazingly the shipping lane through Burrard Inlet only closed for one single hour during the entire construction of the bridge, at 4.50am on May 2, 1938. (Beat that Port Mann bridge workers!).

        On Nov 12, 1938 the Lions Gate bridge opened and the rest, as they say, is history.

        Alfred Taylor died in New York City aged 57 in 1945. According to his wishes, he was cremated and his ashes scattered from the Lions Gate Bridge. Next time you stroll under the Lions Gate on a walk round the Stanley Park seawall, spare a thought for one of city’s most driven entrepreneurs – the man who built the Lions Gate bridge.


        Alfred Taylor – coal dealer and silversmith

        My 3x great grandmother’s sister, Sarah Mills married Alfred Taylor on 4 November 1847.

        Alfred Taylor was of full age, widower, coal dealer, residence New John Street West, father William Taylor, grocer.

        I had been able to follow Sarah on the census records from 1861 to 1901 (refer my previous post about Sarah), and had found a possible entry on the 1851 census:

        1851 census of England, Aston Manor, Aston, Warwickshire, folio 147, page 7, household of Alfred Taylor, age 36 digital images, ancestry.com, ancestry.com.au (http://www.ancestry.com.au/ : accessed 14 Jun 2019) citing PRO HO 107/2062.

        This census listed Alfred as a silversmith, rather than a coal dealer.

        My next step was to check the directories for Birmingham.

        Page 261 of 1855 White’s Directory of Birmingham has in the Birmingham Alphabetical List one entry:

        Taylor Alfred, silversmith, 9 Howard st h 245, Hagley rd

        There was an entry for Alfred Taylor in the England & Wales, Prerogative Court of Canterbury Wills, 1384-1858 collection. The Probate date was 6 October 1855, and his residence was Birmingham. This will was for Alfred Taylor of Birmingham, Silversmith. The will mentions his wife Sarah Taylor. It also mentions his brother, William Taylor, of Birmingham, coal dealer, and a son, William Alfred Taylor. Alfred appointed his brother William executor.

        In the 1849 Post Office Directory of Birmingham, page 159, there is only one Alfred Taylor – coal merchant, Old Wharf

        White’s Directory and Gazetteer of Birmingham for 1849 (page 262 – Birmingham Alphabetical List) also has just one entry – Taylor Alfred, coal merchant, Old Wharf h. Frederick place, Villa Street

        I was also only able to find Alfred Taylor, coal merchant at Old Wharf in the 1850 directories.

        It was in the 1852 directories that there was a mention of both. 1852 Slater’s Directory of Birmingham, page 362 has:

        Taylor, Alfred, manufacturer of gold spectacles, 9 Howard Street

        Taylor, Alfred, coal merchant, Old Wharf house Well Street

        What made things even more confusing is that there are entries in the 1858 directories for Alf Taylor, silversmith, at 9 Howard Street.

        Were there two Alfred Taylor’s, or were these entries for the same Alfred Taylor, and did he have two businesses?

        In searching for a marriage in the Birmingham, England, Church of England Marriages and Banns, 1754-1937 collection for an Alfred Taylor who married in 1840 +- 10 years there was only one other entry: an Alfred Taylor married Caroline Skelding on 22 September 1836 at Handsworth, St Mary. Unfortunately, this was just before the certificates started to show occupations, residences and father’s name and occupation, so I was unsure if it was the same Alfred.

        I used the GRO indexes to find the birth entry for Alfred Taylor’s son, William Alfred Taylor, who was born about 1839, and his mother’s maiden name was Skelding. This showed me that the family on the 1851 census was for the Alfred Taylor who had been married to Caroline Skelding, and was now married to a Sarah.

        The question I now asked was whether it was possible that there were two Alfred Taylors in Birmingham who were widowers, and who married a woman named Sarah between 1839 and 1851. To test this I used FreeBMD to search for:

        Surname Taylor, First name(s) Alfred, Counties Staffordshire and Warwickshire, date range Mar 1839 to Dec 1851

        There were only two entries in the Birmingham registration district one of these was in December 1851, so it was after the 1851 census. The other was the marriage of Alfred Taylor and Sarah Mills.

        It therefore seems that there was one Alfred Taylor, and the directory entries relate to the same man.

        I then decided to do (redo) some research on Sarah’s father Nathaniel Mills, and found the website https://jqheritage.co.uk/nathaniel-mills-silversmith/. This included the section about Sarah’s brother, also named Nathaniel Mills “Mills then decided to go into the sewer pipe business. In 1853, the workshop moved to 9 Howard Street”.

        This was further evidence that these entries in the directories were for Sarah’s husband, Alfred Taylor. He had been a coal merchant, and then had joined the Mills family as a silversmith.

        In making a further search of the directories, this time for Nathaniel Mills, I found a directory that listed Nathaniel and William Mills at 11 ½ Howard street, and Alfred Taylor at 9 Howard Street

        Ancestry.com, “UK, Midlands and Various UK Trade Directories, 1770-1941,” database and images, Ancestry.com (https://www.ancestry.com.au/ : accessed 14 Jun 2019) entry for Nathaniel Mills, 1855 Post Office Directory of Birmingham Original data: Midlands Historical Data collection of Trade Directories. Tony Abrahams. Midlands Trade Directories 1770–1941. Midlands Historical Data, Solihull, West Midlands.


        There are 64 census records available for the last name Alfred Taylor. Like a window into their day-to-day life, Alfred Taylor census records can tell you where and how your ancestors worked, their level of education, veteran status, and more.

        There are 2 immigration records available for the last name Alfred Taylor. Passenger lists are your ticket to knowing when your ancestors arrived in the UK, and how they made the journey - from the ship name to ports of arrival and departure.

        There are 48 military records available for the last name Alfred Taylor. For the veterans among your Alfred Taylor ancestors, military collections provide insights into where and when they served, and even physical descriptions.

        There are 64 census records available for the last name Alfred Taylor. Like a window into their day-to-day life, Alfred Taylor census records can tell you where and how your ancestors worked, their level of education, veteran status, and more.

        There are 2 immigration records available for the last name Alfred Taylor. Passenger lists are your ticket to knowing when your ancestors arrived in the UK, and how they made the journey - from the ship name to ports of arrival and departure.

        There are 48 military records available for the last name Alfred Taylor. For the veterans among your Alfred Taylor ancestors, military collections provide insights into where and when they served, and even physical descriptions.


        In 1975, Hillary Clinton — then known as Hillary Rodham — taught at the University of Arkansas School of Law, where she founded the University of Arkansas School Legal Aid Clinic. It was during this time that she defended Thomas Alfred Taylor, a 41-year-old man accused of raping a 12-year-old girl.

        In her book “Living History,” Clinton recalls that Mahlon Gibson, a Washington County prosecutor, told her that the accused rapist “wanted a woman lawyer” to defend him, and that Gibson had recommended Clinton to Judge Maupin Cummings. “I told Mahlon I really didn’t feel comfortable taking on such a client, but Mahlon gently reminded me that I couldn’t very well refuse the judge’s request.”

        Gibson corroborated Clinton’s story in a 2014 interview with CNN.

        CNN, June 25, 2014: Gibson said Clinton called him shortly after the judge assigned her to the case and said, “I don’t want to represent this guy. I just can’t stand this. I don’t want to get involved. Can you get me off?”

        “I told her, ‘Well contact the judge and see what he says about it,’ but I also said don’t jump on him and make him mad,” Gibson said. “She contacted the judge and the judge didn’t remove her and she stayed on the case.”

        In a separate 2014 interview, Clinton said she had an “obligation” to represent Taylor. “I had a professional duty to represent my client to the best of my ability, which I did,” she said.

        In her book, Clinton writes that she visited Taylor in the county jail and he “denied the charges against him and insisted that the girl, a distant relative, had made up her story.” Clinton filed a motion to order the 12-year-old girl to get a psychiatric examination. “I have been informed that the complainant is emotionally unstable with a tendency to seek out older men and engage in fantasizing … [and] that she has in the past made false accusations about persons, claiming they had attacked her body,” according to an affidavit filed by Clinton in support of her motion.

        Clinton also cited an expert in child psychology who said that “children in early adolescence tend to exaggerate or romanticize sexual experiences and that adolescents with disorganized families, such as the complainant’s, are even more prone to such behavior,” Clinton wrote in her affidavit.

        Update, Oct. 19: Clinton’s motion was denied, according to court documents obtained in September by a Pennsylvania lawyer who took an interest in the case.

        Ultimately, expert testimony from a scientist “cast doubt on the evidentiary value of the blood and semen the prosecutor claimed proved the defendant’s guilt in the rape,” Clinton writes in her book. Clinton negotiated a plea deal and Taylor was charged with “Unlawful Fondling of a Child Under the Age of Fourteen” and was sentenced to one year in a county jail and four years of probation, according to a final judgment signed by Cummings.

        In 2014, the ワシントンフリービーコン published the audio of an interview that Arkansas reporter Roy Reed conducted with Clinton in the 1980s. In the interview, Clinton recalls some unusual details of the rape case, and she can be heard laughing in three instances, beginning with a joke she makes about the accuracy of polygraphs.

        Clinton: Of course he claimed he didn’t. All this stuff. He took a lie detector test. I had him take a polygraph, which he passed, which forever destroyed my faith in polygraphs. [laughs]

        At another point, Clinton said the prosecutor balked at turning over evidence, forcing her to go to the judge to obtain it.

        クリントン: So I got an order to see the evidence and the prosecutor didn’t want me to see the evidence. I had to go to Maupin Cummings and convince Maupin that yes indeed I had a right to see the evidence [laughs] before it was presented.

        Clinton then said that the evidence she obtained was a pair of the accused’s underwear with a hole in it. Clinton told Reed that investigators had cut out a piece of the underwear and sent the sample to a crime lab to be tested, and the only evidence that remained was the underwear with a hole in it.

        Clinton took the remaining evidence to a forensic expert in Brooklyn, New York, and the expert told her that the material on the underwear wasn’t enough to test. “He said, you know, ‘You can’t prove anything,'” Clinton recalled the expert telling her.

        クリントン: I wrote all that stuff and I handed it to Mahlon Gibson, and I said, “Well this guy’s ready to come up from New York to prevent this miscarriage of justice.” [laughs]

        The emails we have received about this case contain some misinformation. Some have claimed, for example, that Clinton volunteered for the case and the accused rapist was found not guilty. That’s not accurate, as we just explained. But Clinton did laugh in the retelling of some unusual aspects of the rape case, and we leave it to others to decide whether her laughter was appropriate or not.

        ソース

        Hillary Rodham Clinton. The White House. Accessed 16 Jun 2016.

        School of Law Legal Clinics. University of Arkansas School of Law. Accessed 10 Jun 2016.

        State of Arkansas V. Thomas Alfred Taylor. CR 75-203. Washington County Circuit Court. 7 Nov 1975.

        Clinton, Hillary Rodham. “Living History.” Simon & Schuster, 2003.

        Clinton, Hillary Rodham. Interview with Mumsnet. 4 Jul 2014.

        Butler Center for Arkansas Studies. The Encyclopedia of Arkansas History & Culture. 10 Mar 2015.

        Goodman, Alana. “The Hillary Tapes.” Freebeacon.com. 14 Jun 2014.

        Q: Can employers, colleges and universities require COVID-19 vaccinations?


        ビデオを見る: The Pretty Reckless - T In The Park Festival 2011 Full TV Special (かもしれません 2022).