ニュース

米国の特殊作戦:知っておくべき6つのこと

米国の特殊作戦:知っておくべき6つのこと


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1.アメリカの特殊部隊の起源は、1676年までさかのぼることができます。
ネイティブアメリカンがイギリス人入植者とそのインド人同盟国と衝突したフィリップ王戦争は、アメリカ史上最も血なまぐさい紛争の1つでした。 1676年、プリマス植民地のジョサイアウィンスロー知事は、ベンジャミンチャーチ大尉に、いわゆる「スカルキングの戦争方法」で訓練されたイギリス兵とキリスト教化されたネイティブアメリカン軍で構成される会社を設立する許可を与えました。これらの型破りな軍隊は紛争に決定的な影響を及ぼし、アメリカ軍による直接的な能力での先住民部隊の最初の使用を構成しました。これは現在、特殊作戦技術の重要な部分です。

2.グリーンベレー帽として知られる米陸軍特殊部隊は、英国のコマンドースクールから同名のヘッドギアを入手しました。
第二次世界大戦中、独特の緑色のベレー帽をかぶったイギリスの戦闘機が運営するスコットランドの集中コマンドー学校で訓練を受けたエリート米陸軍レンジャー隊のグループ。登山、川の横断、野外での生存に関する厳格な訓練を含むプログラムを卒業すると、兵士たちは同じベレー帽を手に入れました。当時、米軍はベレー帽の着用を許可していなかったが、ベレー帽を獲得した人々は、通常の軍隊とは別に、フィールドにいる間、密かにベレー帽を着用していた。

3.ジョン・F・ケネディ大統領は、グリーンベレー帽の歴史において重要な役割を果たし、陸軍特殊部隊の特別な英雄です。
1961年、ケネディ大統領がノースカロライナ州フォートブラッグへの旅行の準備をしていたとき、彼はすべての陸軍特殊部隊の兵士が彼の訪問のために緑色のベレー帽を着用するようにウィリアム・ヤーボロー准将に知らせました。訪問に先立って、米陸軍は特殊部隊の制服の一部としてベレー帽を公式に承認し、ヤーボローは彼自身の緑色のベレー帽を身に着けて大統領に挨拶した。ケネディは1962年も特殊部隊への支援を続け、緑色のベレー帽を「卓越性の象徴、勇気のバッジ、自由のための戦いにおける区別の印」と呼びました。今日まで、陸軍特殊部隊は、1963年の暗殺記念日である故大統領の墓に花輪と緑色のベレー帽を毎年11月22日に置いています。

4. 1980年のイラン人質危機からの放射性降下物は、軍隊の改革と、米国特殊作戦軍(SOCOM)の議会による創設を引き起こしました。
米国議会は、当時のジミー・カーター大統領が50人以上を救助するよう命じたイーグルクロー作戦の失敗を受けて、陸軍、海軍、空軍、海兵隊の特殊作戦軍を監督する組織であるSOCOMを創設しました。イランの米国大使館で人質にされている外交官。その悲惨な任務は、軍内の改革と再編成の必要性、特にさまざまな特殊作戦部隊間のより多くの調整の必要性を浮き彫りにしました。軍の各部門には独自の作戦を実行する特殊作戦軍がありますが、SOCOMは、さまざまな部隊の工作員が訓練慣行と装備を標準化し、必要に応じてスムーズに協力することを保証します。

5. 2015年、米国の特殊部隊は147か国、つまり地球上の国の75%に配備されました。
いつでも、米国の特殊作戦傘下の部隊は70から90カ国のどこでも活動しています。これらの数字を考えると、特殊作戦部隊のすべてのメンバーが英語以外の少なくとも1つの言語に堪能である必要があるのも不思議ではありません。ほとんどが大学の学位を持っており、多くは、彼らが働く地域や国を真に理解できるようにするために、大学やカリフォルニア州モントレーの防衛言語研究所などの他の機関で集中的な言語と文化のトレーニングを受けています。

6.空軍特殊作戦コマンド(AFSOC)の下のエリートチームの中には…コマンドーウェザーマンがいますか?
彼らのモットーは「EyesForward」です。特殊作戦気象チーム(SOWT)のメンバーは、最高の体調の熟練した戦闘機だけではありません。彼らはまた、しばしば敵対的な領域にある気象データを解釈し、空軍と地上軍に重要な情報を提供します。最初のSOWTが1918年にフランスでの第一次世界大戦の戦闘作戦に参加して以来、これらの大胆な予報官は世界中の紛争や任務に関与してきました。 SOWTは、海軍シール、デルタフォース、陸軍レンジャーなどの他の特殊作戦部隊に組み込まれており、2011年にオサマビンラーディンを殺害した襲撃など、対テロ戦争で最も注目を集めた作戦のいくつかに参加し、戦闘を支援してきました。海賊行為、無料の人質、そして人道的援助を提供します。


シールの人生は、痛み、恐れ、そして疲労感に満ちています。シールの作成についての詳細をご覧ください。


マスター軍曹スコットサターリー 軍は民間人から多くを学ぶことができると言います

マスター軍曹スコットサターリーは 本当 物を撃つのが得意です。彼は、ワシントン州のジョイントベースルイスマコードに拠点を置く米陸軍のエリート第1特殊部隊グループのメンバーです。彼はまた、全国的にランク付けされた競争力のある精密ライフル射手であり、軍の最高の射手の1人です。

あなたが彼に会ったら、あなたはこれのどれも推測しないでしょう。 Satterleeは柔らかく、謙虚で、ほとんど自虐的です。彼は自分の能力に自信がありますが、自慢していません。

などの最近のヒット映画 ゼロ・ダーク・サーティ, ローン・サバイバーアメリカンスナイパー アメリカの特殊作戦コミュニティがかつてないほど脚光を浴びています。これは、「サイレントプロフェッショナル」と呼ばれることが多いコミュニティにとっては奇妙な出来事です。

サターリー氏は、通常は記者とは話をしないと言っています。しかし、別の兵士が彼に彼の話を共有するように勧めました。

Satterleeは、競争の激しい射撃の世界で銃器について多くのことを学んだと言います。それは彼がどのように撃つか、そしてなぜ彼が軍隊が兵士を戦争に備える方法の欠陥を認識するようになったのかに影響を与えました。

彼は、JBLMの特殊部隊高度市街戦コースの作戦軍曹です。世界中で何年にもわたる戦闘展開、兵士の訓練、米国中の民間兵器の射撃の後、彼は、銃器の訓練についての考え方を根本的に刷新する時が来たと考えています。

彼は、新しいアプローチは、兵士と民間人を問わず、多くの命を救うことができると言います。


あなたの訪問を計画する

20年以上にわたり、米国陸軍空挺&特殊作戦博物館は、私たちが最も大切にしている自由を守るために勇敢に戦ってきた人々の物語を語ってきました。博物館は、私たちの空挺部隊と特殊作戦部隊の伝説的な偉業を保存し、称えてきました。

博物館は、地元の学術および文化コミュニティの付属物として機能し、兵士と退役軍人、その家族、および一般の人々に軍事史のトレーニングと指導を提供しています。友人や家族との訪問を計画することをお勧めします。

ニュース&イベント

内からの勝利:アメリカ人捕虜体験

米陸軍空挺特殊作戦博物館は、2021年5月7日から一時的なギャラリーで「内からの勝利:アメリカ人捕虜体験」を主催しています&#8211 9月&hellip

朝鮮戦争記念館の旅

米陸軍空挺特別作戦博物館(ASOM)は、空挺特別作戦博物館財団の寛大な支援を受けて、博物館に「朝鮮戦争記念館」を開設します。

メリンダ・パッシュとの著者訪問

メリンダ・パッシュが彼女の著書「最も偉大な世代の影の中で:韓国戦争と戦ったアメリカ人」について話しているときに、著者と直接会って訪問してください。この&hellip


違い#1-要件

米軍のすべての支部には、入隊前の要件があります。

すべての兵士、船員、空軍兵、または海兵隊員(支部または部隊に関係なく)に共通の基本的で一般的な要件、および軍種に固有のその他の資格があります。

特殊作戦部隊は、資格を得るために満たすのが難しい要件があることで有名です。

入国要件が厳しいため、そもそも特殊作戦部隊をエリートにし、軍隊から高く評価されているのはこのためです。

関連記事&#8211ネイビーシールウォッチ

海軍シールの要件

将来の海軍シールは、以下を含む基本的な要件を満たす必要があります。

将来のシールはまた、「良い道徳的性格」を示す必要があります。これは、前科(またはその欠如)やその他の要因を通じて伝統的に調べられます。

海軍のシールが男性だけに開かれているというのは誤解であることに言及する価値があります。

米軍は最近、女性の船員がシールのようなエリート部隊に加わる権利を承認した。

しかし、2020年の時点で、海軍SEALsにはまだ最初の女性メンバーがいません。

米国海兵隊の要件

将来の海兵隊員は、以下を含む基本的な要件を満たさなければなりません。

  • アメリカ合衆国の市民
  • 高校の卒業証書(またはGED相当)
  • アルコールや薬物乱用の履歴はありません
  • 軍の入口処理ステーションの健康診断に合格する
  • 最小スコア32で武装サービス職業適性バッテリー(ASVAB)に合格します。海兵隊の軍事職業専門分野(MOS)には、はるかに高いASVABスコア要件があります。

シールのように、海兵隊員は現在、女性が組織に参加することを許可しています。

唯一の例外は、歩兵、大砲、戦車および両生類のトラクターの乗組員などの戦闘兵器の専門分野です。

海兵隊には、2つの主要な特殊作戦部隊があります。MarineRaidersとForceRECONです。

フォース偵察ユニットは通常、世界の危険な地域で情報を収集するために軍によって割り当てられますが、レイダースは優先度の高い危険なターゲットを排除するように設計された小さな致命的なチームです。

とにかく、すべての海兵隊員は、陸軍と海軍の通常の軍人と比較して、よりエリートの兵士と見なされます。


ジョージ・シスラー

ジョージK.シスラーは米国陸軍諜報員を務めました。彼は、ベトナム戦争での極めて重要な攻撃の際の勇敢な努力により、死後名誉勲章を授与されました。囲まれ、数が多いシスラーは、負傷した兵士を運び、空爆を呼び、小隊を調整して集結させながら敵の砲火に突撃した。片手で敵の陣地を攻撃したとき、彼は致命傷を負った。

ジョージ・シスラーは、米国陸軍諜報員を務めました。彼はまた、かつて骨折しながらパラシュートで降下した彼のタフさでも有名でした。 ASU ROTC部門のレンジャーチャレンジチームは、彼に敬意を表してSisler’sRaidersと名付けられました。

ジョージ・シスラーは米陸軍諜報員を務めました(写真:米陸軍)


特殊作戦の何がそんなに特別なのですか?

モザンビークでは、彼らはイスラム国家に関連する過激派の略奪から身を守るために新兵を訓練しています。彼らは長い間、アフガニスタンのタリバンを標的にしてきました。イランのカセム・ソレイマニ将軍の暗殺からオサマ・ビンラーディンの殺害まで、最近のすべての注目すべき軍事イベントに関与した、彼らを戦士のフォレストガンプと呼ぶかもしれません。これらは、SEAL、Green Berets、Marine Raidersを含むアメリカの特殊作戦部隊であり、世界中で最も致命的でトリッキーな任務のいくつかを任されています。これらのエリートユニットには多くの矛盾があります。特に、戦略的重要性がかつてないほど大きいと主張する人もいますが、現在20年間で展開強度が最も低いということです。読む。

未来はどうなるか

軍縮? 木曜日に上院外交委員会の公聴会で発表された文書によると、海外に配備された特殊作戦部隊は、62カ国で合計5,000人近くに上った。これは2020年から15%の落ち込みであり、2001年の9.11攻撃が「対テロ戦争」を引き起こして以来、最低レベルでした。アフガニスタン、イラク、ソマリアを拠点とする兵士の大部分。彼の後継者であるジョー・バイデンは、5月までにすべての軍隊をアフガニスタンから撤退させるかどうかという難しい選択にすでに直面しているため、彼らを争いに送り返すことを熱望しません。これまでのところ、彼は6か月の遅延を検討しています。しかし、彼は木曜日に、来年そこに彼らを「描くことができない」と言った。

それほど速くはありません、司令官。 それでも、それは特殊作戦部隊が危害を加えられないままでいるという意味ではありません。すべての米国特殊作戦部隊を指揮するリチャード・クラーク将軍は、同じ文書で、アメリカが中東の過激主義をかわすことから影響力と戦うことへと転換するにつれて、エリートグリーンベレー、海兵奇襲部隊、海軍シール、および他の特殊部隊がアジアに向かうと述べた。ロシアと中国。 「配備された部隊の約40%がGPC要件に焦点を合わせます」と彼は言いました。「大国の競争」という用語を使用して、これらの高度なスキルを持つ軍隊に彼が想定する役割を強調しています。

約束不足、配信超過。 特殊作戦部隊は、明白な戦争と希薄な平和の間の灰色の領域で戦います。彼らの予算はわずか約130億ドルで、軍の総予算のわずか2パーセントです( ブラックホーク・ダウン 著者マーク・ボウデンは次のように書いています アトランティック、それは1隻の空母の費用です)。それでも、軍はここ数十年でその戦略を大きな銃、飛行機、戦車から特殊作戦部隊による小さなストライキを介してアメリカ軍を振るうことにシフトしました。これは、予算のごく一部にもかかわらず、ワシントンのハードパワーを投影することを不釣り合いに任されている軍隊の一部の絵を描いています。

募集:サイバー兵士。 特に戦場がますますオンラインになっている場合は、完全な戦争よりも小規模な任務を遂行する方が簡単です。 「私たちはコーダーが必要です」とクラークは昨年の特殊作戦部隊産業会議で何千人もの防衛産業の代表に語った。メッセージは、軍が物理的なドアを爆破することに加えて、仮想のドアを開く必要があるということでした。イラクとアフガニスタンでの長い戦争の容赦のない地形に加えて、ビデオゲームのように過激主義の暴力を称賛するバイラルビデオ、デジタルスパイが潜む極秘サーバー、さらには新進の技術者が採用される可能性のある大学など、新しい戦場があります。敵。

変更の必要性

PTSD。 過去10年間、特別作戦はますます悲惨な状況下で現代の戦争の矢面に立たされており、任務間の回復時間はほとんどありません。軍の自殺は全体的に減少しましたが、特殊作戦部門の自殺は驚くほど急増しています。彼らはほとんど無敵と見なされているため、特殊作戦部隊のメンバーもPTSDの治療を求める可能性が低くなります。部隊と家族の保護タスクフォースは、特別な作戦メンバーにより良いケアと治療へのアクセスを提供することを目的としています。しかし、一部の人にとっては、癒しへの答えは軍事システムの外にあります。 OZYの詳細をご覧ください。

文化支援チーム。 CSTは、テロとの闘いにおいて女性を活用する方法としてアフガニスタンで始まりました。保守的な文化が未婚の女性が家族以外の男性と接触することを禁じていることを考えると、彼らは1,400万人以上の女性アフガニスタン民間人との個人的なつながりを確立するために特に重要でした。それらの女性の民間人、特に独身の民間人に到達することは、他の人ができない情報を潜在的に抽出できるため、非常に重要でした。アメリカが勝利への道を単に爆破することができない未来において、効果的にコミュニケーションすることができる女性を持つことはすべての最大の武器であるかもしれません。

多様性の増大。 少数派は、エリート部隊になるための多くの構造的障壁に直面しているため、特殊作戦部隊では明らかに過小評価されています。 RAND Corporationの調査によると、黒人およびヒスパニック系のサービスメンバーは、特殊作戦訓練の卒業率が6〜10%低くなっています。特別な操作についての知識を増やし、有色人種の人々がトレーニングを開始して完了することを奨励するプログラムは、表現の問題を解決するために不可欠です。

戦場の勢力

ネイビーシールズ。 海棲哺乳類のように、それらは水陸両用です:それは「海の空気と土地」を表す名前にあります。シールは、第二次世界大戦と朝鮮戦争の間に作成されたいくつかの特殊な海軍ユニットとして始まりました。しかし、彼らは1962年に、南ベトナム軍に秘密の河川任務を遂行するよう訓練する直前に、彼ら自身の公式組織に分岐しました。しかし、ほとんどの人は、SEALチーム6が2011年にパキスタンに侵入し、9.11の首謀者であるオサマビンラーディンを殺害するまで、彼らのことを聞いていませんでした。海軍の新兵のほぼ半数がSEALに参加したいと考えていますが、これらの申請者の6%だけが肉体的および精神的な要件を満たしています。その最初のカットを行う人のうち、4分の3はトレーニング中に洗い流されます。これには、スキューバダイビングの腕前を証明することは言うまでもなく、20分未満で1,000ヤードを泳ぎ、31で4マイルを走る必要があります。

グリーンベレー。 ジョンF.ケネディ大統領のあまり知られていない遺産の1つは、彼が「グリーンベレー」と呼んだ米陸軍特殊部隊の拡大を擁護したことです。エリート兵士はケネディにとって非常に重要だったので、彼の家族は暗殺から数時間以内に彼らの存在を要求し、翌日、46人のグリーンベレー帽が彼の名誉警備隊の一部として彼の葬式に出席するためにワシントンに旅行しました。グリーンベレーは、人道支援から麻薬対策、心理戦まで、あらゆるものを網羅しています。シールのように、選択プロセスは残酷であり、荒野で助けを借りずに新兵を6日間生き残るための陸上ナビゲーションテストを含む、1年以上の厳しいトレーニングを完了します。約7,000の現役グリーンベレーがあります。

フランス外人部隊。 アメリカ人ではありませんが、そのランクの中にはアメリカのボランティアがいます。 9,000人以上の男性が伝説的なフランスの遠征軍に参加しており、あらゆる人種、宗教、国籍の健常な男性を受け入れています。大衆文化では、多くの人が「忘れる」ことに参加します—失われた愛、犯罪歴、または他国の軍隊との悪い記録。それらの怪しげな歴史に加えて、外国人としての地位から、彼らを「消耗品」と呼ぶ人もいます。レギオンは1831年にルイフィリップ王によって最初に作成され、1883年にフランスの将軍が北アフリカに向かう途中のレギオネア兵士に「あなたは死ぬことを意図した兵士です」と呼びかけました。特典?無料の食事、無料の住居、無料のフランス語クラス、月額約1,500ドルからの給与、3年間の勤務後にフランス帰化の申請を開始する能力。しかし、共和国は誰もが武装することを望んでいないため、最近の採用基準には身元調査が含まれています。

ブラックウォーターと他の現代傭兵。 傭兵は、紀元前2500年にアマルナ文書で最初に言及されて以来、戦争の一部となっています。傭兵への言及は、まあ、心地よいものではありませんでした(ハビル人、彼らに使用される言葉は、「略奪者」または「殺人者」に関連しています。最新のイテレーションは、元海軍シールのエリック・プリンスによって開始され、2009年に「XeServices」に、2011年に「Academi」に改名された悪名高い「Blackwater」のような民間軍事会社に多くの元特別作戦を引き付けました。飛び散った画像。トランプは、事務所を去る直前に、2007年にイラクで発砲して14人の民間人を殺害した、4人のブラックウォーター請負業者を赦免しました。恐ろしい方法で国のメンバー。専門家は、この事件が世界的に活動する傭兵に対するより多くの説明責任につながることを望んでいます。

スキャンダルと挑戦

特別扱い? 自殺の驚くべき増加と、暴行や配偶者殺人から性的暴行や児童レイプに至るまでのあらゆる事件が広く報道されているため、特殊作戦部隊はますます精査されています。 1月、国防総省の監察官は、一部のエリート部隊が戦争犯罪を犯しているかどうかの調査を開始しました。一部の元特別作戦メンバーが彼らの行動について自慢していることを考えると、見つけるのにそれほど多くの調査は必要ないかもしれません。トランプによって休憩を与えられた別の元兵士は、死んだ捕虜と一緒に写真のポーズをとったことで有罪判決を受けたが、検察官がギャラガーが友人に送ったテキストメッセージにもかかわらず彼を不法に殺したことを明らかにしたエドワードギャラガーでした。私のハンティングナイフで彼を手に入れました。」

新進の資格。 米国特殊作戦軍の調査では、特殊作戦部隊全体でリーダーシップが侵食され、より多くの違法行為と倫理違反につながっていることがわかりました。 2020年の報告書は、一部の特別なopsメンバーが「特別な」部分を少しやりすぎており、「不健康な資格の感覚」につながっていることを発見しました。ソリューション?より実践的なリーダーシップと「悪いリンゴ」を早い段階で捨てること。

兵士「P.I.A.」 タッカー・カールソンは3月初旬、軍の階級を女性化しようとしていると彼が呼んだことを批判したときに話題になりました。フォックスニュースのホストは、「中国の軍隊がより男性的になる一方で、最高司令官バイデンの下の軍隊は「より女性的に」なりつつあると主張しました—彼のケースとして妊娠中の女性のために設計された飛行服を着ている空軍将校の写真を使用します勉強。国防総省の指導者たちは、身長の要件を調整しながら、指導的役割のために女性を採用し、ランクの多様性を推進しています。そして、彼らは批判に親切に応じませんでした。陸軍の最高入隊者であるマイケル・グリンストンは、女性が「私たちの最も致命的な部隊を性格で率いる」とツイートしました。女性は、特に性別分離された社会において、民間の女性との友情を築くことができるため、明日の戦争に勝つための鍵と見なされているのは事実です。

信頼性と透明性。 特殊作戦部隊は2020年に世界の国々の80%で活動していました。しかし、他の軍事部隊とは異なり、プロジェクトの多くが分類されていると見なされていることもあり、彼らが行っていることについての透明性が驚くほど不足しています。 3月、バイデンは、特別なoppsユニットを制圧するために、戦争地帯の外でテロ対策ドローン攻撃を制限しました。現在、上級CIAと軍関係者は、ストライキを実施するためにホワイトハウスの許可を得る必要があります。

これらの名前を知っている

ドン・シップレイ。 特別なopsチームのメンバーは、自分のランクを非常に保護しています。以前の部隊になりすましたり、軍の善意を誇張したりする人々を追跡して公開する、ある種のYouTube探偵であるShipleyに聞いてみてください。 Shipleyは、1985年から2003年までサービスを提供してきた、歴史上最も長くサービスを提供しているSEALの1つです。しかし、彼も批判に直面しています。彼らの個人情報をオンラインで。

パリ・デイビス大尉。 1965年、デイビスの陸軍特殊部隊の仲間全員が北ベトナム軍の反撃によって撃たれ、負傷者を救出している間、彼は南ベトナムのボランティアを率いていました。彼は後に彼の英雄的功績により名誉勲章にノミネートされましたが、陸軍はどういうわけかノミネートを失いました。そして、彼の指揮官が彼を指名したとき、陸軍は再びそれを失いました!彼の指名を求め続けた彼のチームメイトは、彼のアイデンティティを反映して彼にメダルを授与することを拒否したことを知りました。大佐として引退したデイビスは、最初の黒人特別作戦将校の一人でした。しかし、何年にもわたって何もしなかった後、彼の指名は再び検討されるようになりました。つまり、81歳がついに認められるかもしれません。

ジーン・ユー。 彼はグリーンベレー帽として8年間務めた後、次のように書いています。 イエローグリーンベレット:アメリカ陸軍特殊部隊の周りでつまずいたアジア系アメリカ人の物語。民間人として、彼は台湾で彼の本を宣伝していました。その大統領は、台湾国民のチャン・アンウェイがアブサヤフのジハディストテロリストグループの武装集団に誘拐されたとき、たまたま彼の叔父でした。 An-Weiのリリースを手配します。 Yuは現在、サイバー犯罪対応会社であるBlackpandaを運営しています。

キャスリーンワイルダー。 1980年、キャスリーンワイルダー中佐は陸軍の特殊部隊資格コースを修了しましたが、卒業を拒否されました。しかし、彼女は、卒業を意味するバッジを身につけることを許可した陸軍に対する性差別の苦情で反撃し、勝ちました。 41年後の今、ワイルダーの夢が実現しました。陸軍は2020年7月に、別の女性がコースを修了し、グリーンベレー帽チームに最初に配置されたと発表しました。


最高のミリタリーカモフラージュパターン

投稿日:2018年3月31日02:42:18

カモフラージュは、世界中で人間や獣によって、狩り、隠れ、見られるために使用されています。多くの動物がカモフラージュを地域の環境に特化していますが、軍事的ニーズはさらに多様です。多くの場合、軍事用途は複数の場所でさまざまな条件で役立つ必要があります。牛が家に帰って新しいパターンが毎日プロトタイプ化されるまで、過去または現在の最も効果的な迷彩パターンは何であるかを議論することができます。ここで私たちが関心を持っているのは、プロダクションプリントに関する世論です。

軍人、奉仕または引退、パターン愛好家、ペイントボールまたはエアガンの戦士、または単に見栄えの良い布についてあなたの意見を表明したい場合は、ここに投票する場所があります。

最高のミリタリーカモフラージュパターンはオープンリストです。不足しているパターンを追加し、基準を尊重してください。

ランカーの他の記事:

この記事はもともとランカーに掲載されました。 Copyright 2015.FacebookのRankerのように。

リスト

米国の特殊作戦:知っておくべき6つのこと-歴史

あなたが私の半定期的な読者でさえあるなら、今ではあなたは私が現実シリーズを愛していることを知っています 選択:特殊操作実験、木曜日の夜の午後10時に放送されます。歴史に関するEST。 (または、ショーのサイトに追いつくことができます。)軍事的背景のない30人が、極端な肉体的および精神的課題に取り組みます。彼らのインストラクターは、海軍特殊部隊、特殊部隊グリーンベレー、陸軍特殊部隊など、さまざまな米国特殊作戦部隊の戦闘ベテランです。

過去数週間、私は多くのインストラクターと話をすることを光栄に思いました:ネイビーシール レイケア 忍耐力、正しい考え方の開発、そして私たちが実際に持っている唯一の制限がどのように自主的な陸軍レンジャーであるかについて タイラーグレイ 適応性、態度、精神的な強さ、そして人生にはフィニッシュラインとネイビーシールがない方法について ショーン・ハガティ 疑念を乗り越えることについて、そして能力がビジネスや生活においてどれほど重要であるかについて。

今週、シーズンフィナーレにちょうど間に合うように、13年のベテラン兼経営幹部であるネイビーシールマーカスカポネに、リーダーシップ、人材育成、優秀な個人やチームの指導について話しました。そして、すべてのリーダーが最も必要とする1つの品質。

あなたが人々を彼らの限界を超えて押しやると言うのは公正ですか?しかしそうだけ それらの小さな失敗は、教えられる、さらには変革の瞬間を生み出すことができますか?

これが問題です:少なくとも物理的には、誰もが壊れることはありません。

私たちはそれらを精神的に分解することにもっと興味があります。プッシュされたのと同じくらい強く、または特定のクラスをプッシュする必要があるのと同じくらい強くプッシュする必要があります。彼らが問題を理解できるように、私たちはそれらを精神的に分解したいと思っています。

もちろん、それは何人かの人々がやめることを意味します、そしてそれは大丈夫です。トレーニングを終えて、それがまったく簡単に思えた場合、それはあなたが何も学ばなかったことを意味します。最終的に、私たちは人々に、特に自分自身について学んでもらいたいのです。

それはどこです 本物 成長はから来ます。それはどこです 本物 自信はから来ます。

それには、人々を一定の圧力とストレスにさらす必要があります。これは、避けるべきだと考えるように条件付けられているものです。

ただし、これが高性能の性質です。より広い世界では、BUD / S [基本的な水中解体/ SEALトレーニング]が大きな注目を集めていますが、それはほんの始まりにすぎません。終わったら それ トレーニングでは、完了する必要のあるフェーズがまだあります。あなたはトレーニングの最終日までプッシュされます。

それでも、プレッシャーはそれだけではありません。圧力は決して終わりません。あなたは絶えずプッシュされ、学び、プレッシャーとストレスに対処しています。

それには非常に正当な理由があります。ストレスに慣れていない人は、極度のストレスにさらされると、心拍数が上がるために反応も機能もできなくなり、真っ直ぐに考えることができず、物事を覚えていません。ストレスが引き継ぐ。

あなたがいつもストレスに対処し、そしてストレスの多い状況が発生したとき、あなたは「そこにいて、それをして、反応する方法を知っている」という心の枠組みに戻ることができます。だから私たちはそのように訓練するのです。あなたがプレッシャーやストレスを取り、それでも問題を解決し、それでも成功することを学ぶとき。それはあなたが何でも達成できるときです。

人を育てるとき、特定の人のためにどのボタンを押すべきかをどのように理解しますか?

最初は、全員が同じ規模で開始します。人々はさまざまなサイズ、さまざまな形、さまざまな背景で来ます。そのため、最初は物理的なストレスをかけて、どのように反応するかを確認します。

彼らがストレスにさらされているとき、彼らの個性が現れます。プレッシャーを上げ始めると、人々は彼らの本当の色を見せ始めます:100パーセントを出すもの、灰色の男性[溶け込んで目立たない人々]、そして座っている人々。

すぐに、私たちは座っている人々に襲い掛かります。

最終的に、私たちは誰が本当にそこにいたいのかを理解しようとしています。そして圧力の下で、正しい理由でそこにいる人々が現れ始めます。

それには幅広い人々が含まれます。優れたアスリートは、最初は強くなったり速くなったりするかもしれませんが、殴打されると、それに対処する方法がわからず、やめます。多くの場合、最高のアスリートはトレーニングを受けられません。時々それは灰色の男性です:彼らは最大でも最強でもありません、そしてあなたは彼らにすぐに気づきません、しかし彼らは一生懸命働いています。そして、あなたは彼らの目に、彼らが少し「ずれている」と言う何かを見ます。

私たちがしていることをするためには、あなたは少し「離れている」必要があります。その苦痛を味わうことを楽しむ人を探しています。たとえば、誰も寒さを楽しんでいません。しかし、何人かの人々は彼らがそれをしている理由を理解しているので、彼らはそれをしている間それを楽しんでいます。彼らはなぜそれをしているのか、そしてそれから何を得るのかを知っています。

私を信じてください:私たちの誰もが寒いのが好きではありません。しかし、私たちは私たちを知っていました 持っていました 寒くなる。

あなたがリーダーであり、人々を育成し、人々を後押ししているとき、どのようにして、好かれたいという自然な欲求を脇に置きますか?

私たちの大多数は、私たちのような学生がいるかどうかを気にしません。

悪い意味ではありません。私たちはそれをこのように見ています:シールでは、私は将来私と一緒に働く人を見つけるためにそこにいます、彼らに依存する18人の小隊で大きな責任を引き受けます。ですから、私たちの仕事は、彼らが私たちを好きになることではなく、適切な人を見つけることです。私たちの仕事は、それを成し遂げることができない人々、正しい理由でそこにいない人々を取り除くことです。戦士になっている人を作ります。

ですから、彼らは皆私を100パーセント尊敬していて、結局、彼らは通常私を好きです。彼らは私が声を上げているかどうかには理由があることを知っており、それを尊重しています。私は有益であるように努めます。

それはコーチによく似ています。 The ones I respected the most--and liked playing for the most--were the ones who pushed me to be the best I could be.

絶対。 You respect the people who don't let you take the easy way out. We should all pray for a life where everything doesn't fall your way, because when it does, you don't grow.

Pray for a hard life, for challenges, for speed bumps. because then you're constantly growing and learning.

What advice do you have for people who train and develop others. which is basically every small-business owner?

There's this assumption that everyone in the military yells. I'm not a yeller. Anybody can yell. Anyone can yell and try to motivate people that way. That's not me.

If I raise my voice, or I'm speaking to someone in a direct way, it's for a good reason. I don't speak much. The things I do say I have thought through.

I try to step back and take in the whole picture and say, "How would I do this differently? How can I teach this individual in a way they will best understand?"

When you're talking instead of yelling, people listen. They ask questions. They comprehend.

If someone talks to me, and explains to me, and shows me, that's huge. Lots of special ops guys are guys that need to see it, feel it, touch it, and それから やれ。

Take the time to talk. Take the time to show. Take the time to let people do what you've shown them. That way, you've covered the full spectrum of how people learn. and you've shown them that you care enough to take the time to make sure they learn.

Even though you're putting people under pressure, you're also setting up an environment where they can succeed, not fail.

We never set people up for failure. In the military, on The Selection, or in the business world, you never want to set people up to fail.

Your primary job as a leader is to give people every opportunity to succeed. That doesn't mean making things easy, though--it means pushing people to learn to grow and adapt and perform at the highest level they possibly can.

When you find the right people,that's what "success" means: doing the absolute best you can.


Differences Between Foreign Internal Defense (FID) and Counter Insurgency (COIN)

Here at SpecialOperations.com , we frequently get questions from our readers, many of whom are or will shortly be aspiring members of our Special Operations Forces. Since most of our articles deal with the training aspect of SOF, we always welcome them.

We had a question and answer session this past weekend in one of our forums which led to several questions being asked after the fact via social media. One of them, I felt deserved a column all of its own.

One of our readers emailed me at my private email address….which I would love to know how he got it, but would be a story for another time. He had a great question which read: “I hope to begin Selection in the next few months and have been reading everything I can get my hands on about SOF (Good man) and I am very confused about the differences between what is FID (Foreign Internal Defense) and what is COIN (Counter Insurgency). Am I just stupid or is (sic) the two similar?”

First off my friend, no you are not stupid. There is always confusion as to what constitutes FID and COIN. In fact, most of the Army is probably confused about it as well. So, don’t worry about it. When you reach the course, hopefully, all of those questions will be answered for you.

However, for the purposes of this discussion, let’s take a look at FID as well as COIN and perhaps we can clear it up for you just a little bit. So first we’ll begin with Foreign Internal Defense or FID. What is it and what is the definition of FID?

Foreign Internal Defense is defined by the Army “ Participation by civilian and military agencies of a government in any of the action programs taken by another government or other designated organization to free and protect its society from subversion, lawlessness, insurgency, terrorism, and other threats to its security ”

FID is the backbone of what Special Forces does along with Unconventional Warfare (UW).In an earlier piece, I wrote about the art of teaching in Special Operations. And it is an art. The key to FID is to build rapport with the host nation (HN) forces. And having the language and cultural background to understand, adapt and thrive with the HN is vital. Special Forces troops receive anywhere between 4-6 months (minimum) of language training before they go the operational groups.

Read Next: Special Operations Forces Standards Must Remain High

FID, like UW, isn’t that sexy, linear, short term operation that makes for great YouTube videos but they stop wars from happening and the entire concept is for the SOF unit to work themselves out of a job and have the HN forces conducting unilateral operations on their own.

In a combat situation or wartime FID mission, the SOF units lead and sometimes creates a new unit where the need exists. The units are selected, trained and then led by SOF personnel. The next phase is the SOF unit then advises the HN units through the entire mission sequence and accompanies them on their missions. And once the HN forces are capable of conducting unilateral operations with no US assistance, then the mission is complete.

During peacetime or limited conflict, the HN will request US assistance through diplomatic channels which is then passed thru DOD down to USSOCOM. At times it can move quickly or be a long convoluted process. But once the troops are deployed it is a gradual operation where multiple deployments will take place, sometimes over several years. The HN and US SOF frequently build great relationships at the operational level.

And a successful peacetime FID operation stops the need to for the US to be forced to commit combat conventional forces in the future. It was widely discussed among SF troops for years that every SF officer should spend time among HN forces as a guest of their military. Although a great idea, the shortage of manpower has never allowed that to happen.

While FID is not an SOF-type mission only, SOF personnel are vastly better prepared to conduct peacetime FID operations over the conventional units. SOF are designed to facilitate operations not only by, with and through other forces and nations but also with politically sensitive agencies and organizations.

The Army Manual 3-24 defines counterinsurgency (COIN) as the “military, paramilitary, political, economic, psychological, and civic actions taken by a government to defeat an insurgency.” The most bizarre thing about COIN is that in the Army’s own manual, it says “Insurgencies and its tactics are as old as warfare itself”, and history is chock full of insurgencies against occupying or hostile powers. The Hebrews under Moses rebelling against Egypt, nearly every country in the European and North African region rebelling against the rule of the Romans etc.

Yet the Army acts like COIN is a new phenomenon every time it faces it. And every time they do, they start from scratch and send hundreds of staff guys to re-write the manual and saddle the troops with a host of new acronyms to learn.

While there is an abundance of COIN doctrine and material available, each insurgency is different and the commanders have to recognize and use their situational awareness, good judgment and above all patience in achieving their goal.

Read Next: “What Were Green Berets Doing in Niger?” - Their Job

COIN is a subset of FID and the ultimate goal of the US in a COIN environment is having it end in a FID mission. However, our enemies are not going to take on the conventional might of the US in a conventional type conflict like World War II because they know, they will surely lose. They instead enter into protracted, limited war. And it is this type of conflict that the US military has always struggled with.どうして?

Because the US has always operated on the premise that to win, they must defeat the enemy on the field of battle and demand unconditional surrender. In an insurgency, the insurgent army may lose nearly every tactical battle but still achieve their goals strategically. Tactical actions in the COIN realm must be linked not only to strategic and operational military objectives but also to the host nation‘s essential political goals.

COIN to be effective requires decision making at all levels, not just at the high command of the military and political offices. The tactical level military units at the conventional level don’t normally have the cultural expertise and the language capability that the SOF units do.

But for the counterinsurgency to be effective and win requires political victory. That is the strategic sympathies of the population must be won. What we called in an earlier age the “hearts and minds” approach. Success isn’t just defeating the insurgents on the field of battle. But it is to identify the root causes that allowed the insurgency to exist in the first place. Then, along with the host nation, the US must implement sustainable political, economic, military, and social solutions.

The HN will be guided by their Internal Defense and Development (IDAD) goals of which FID or Security Assistance Forces (SAF) can be applied. Regardless, the COIN, to be effective must be partnered with the HN forces (military, political, economic) at all levels

So is it clearer now? Just like mud eh? Don’t worry as time goes on and hopefully you graduate the course, you’ll be asked to re-invent the wheel all over again. Someone will task a bunch of officers to rewrite the COIN and quite possibly the FID manuals and the Big Army will act like it never heard of it before. And while the definition of UW has and will change again, SF will continue to drive on in that realm as they are the best-equipped unit to handle that. But that is a piece for another time.


The default setting is the perfect beginning stage for every player who is not that experienced with playing this game. However, as the game progresses and you get a little experience you should try to play with the settings to see how the game can be improved. It is definitely worth the try. Make all the changes you can to perfect your game.

With the great choice of weapons, it is necessary to know what each one can do. Being fully familiar with the way you can achieve your goal in the battle is crucial for making progress. You must always know what your weakness is, as well as the strengths you can rely on.


Can you spot the signs of a military dating scammer?

Dear Ms. Vicki,

I met a sergeant in the Army on Facebook from the Zoosk dating site. We have been texting since May. His name is Sgt. Larry Williams, and he was in Afghanistan from Fort Campbell.

He started asking me to send $400 for a secure phone line. I tried to raise the money but was making myself sick trying. He says he was deployed to Africa about three weeks ago, and kept asking about the money. I told him I just did not have it.

His response was that he could not take the texting, so I said I guess that meant that we were over. He responded that he would rather forget about the phone than to lose me.

Is He For Real?

Hi, Ms. Vicki.

I really need your help because I’m trying to help my Army guy from Fort Campbell. You see, he is deployed and he needs my help financially or he cannot come home from downrange and see me for his R&R because he has to pay his fees.

His commander contacted me and said he still needs $12,000 before he can be released. At first, it was three thousand and I sent it. Then I was contacted saying he needs more.

This man is the love of my life and I really want to be with him. He has been through so much on these deployments to Iraq and Afghanistan. It’s so unfair that the military would put all of these restrictions on them before releasing them. He needs to relax and enjoy himself instead of going from one war to the next. He hasn’t been home in three years!

What can I do to draw attention to my soldier’s situation? Should I call my congressman, my senator -- who?

Stuck in a Serious Situation

Dear Ms. Vicki,

I’m writing you to find out if I am being scammed by this man who I met on Facebook. He is a lieutenant colonel in the army and stationed at Fort Campbell. We have been communicating online for the past year. He really has my heart now, and I can’t wait to finally be in his arms.

He is in special operations and has a lot of covert operations. One minute, he is in Afghanistan and the next minute he is in Africa. I have to send him money from time to time so that he can stay in constant communication with me, but that’s OK because I understand that he cannot have access to his money because he is constantly on the go.

I hadn’t heard from him for over three weeks, and I was so worried. Two days ago, he called me and said he needs money so he can come home. First, he will go to Nebraska to visit his family and then he will come and see me in Kentucky.

I’m supposed to pay $3,500 in fees to his unit so they can release him, and he will give me the money when he comes home and goes to his bank, Wells Fargo.

My family is very upset with me because they think I’m crazy for sending money to someone I have never met. I think I’m in love and helping a man who is serving our country. They say I’m being scammed. What do you think, Ms. Vicki?

Please Tell Me I Am Not Being Scammed

Each of these letters has a clue that shows the correspondent is a military romance scammer, not an actual service member. Below is our list of military scammer clues. Did you spot these clues? Did I miss any?

Met on a dating site. Lots of military members do use dating sites to meet people in their community. But you should know that bad guys use dating sites, too. They are trolling for women they can scam. If this “service member” swears he loves you and wants to marry you before he has even met you, beware. If he asks for money, it is a scam. Report him to the website and stop communicating with him.

Gives an imaginary name. Just because someone you met online gives you a name, rank, duty station or even military ID card, that doesn’t mean that this is a real person. It probably means they just have Photoshop. If they ask for money, it is a scam.

Cannot access his bank account. Military members can access their money from overseas. They pay bills online, buy items from websites and even arrange for car loans. If they ask you for money -- even a loan, this is a scam.

Needs money to come home from down range. During a year-long deployment, service members may be sent home for R&R. Their travel arrangements are made and paid for by the government. If they ask for money, it is a scam.

Commanding officer calls. Commanding officers in the United States military do not call girlfriends, fiancées or family members asking for money. If they ask for money, this is a scam.

Can’t get internet, food or travel money. Service members do not have to pay for internet connections, food or travel expenses etc. while deployed. Even if a service member misses a connecting flight, the military takes care of this. If someone you met online claims to be stranded in an airport, do not send them money. If they ask for money, this is a scam.

Claim to be Special Forces. Liars love to claim they are in Delta Force, Army Rangers, Navy Seals or Special Ops. If these individuals really were in special ops, they would never tell you -- never. If they ask for money, this is a scam.

Deployed for three years. Military members can be sent on an unaccompanied tour for a year or two. Deployments in the past have lasted up to fifteen months. Claiming to be deployed for three years is a play for your pity. If they ask for money, this is a scam.

Your family and friends think you are crazy. If your family and friends think this is a scam, it is. These people know you and they are not blinded by love. They know if someone asks you for money, it is a scam.

You suspect this isn’t for real. If you think this person you are talking to online isn’t for real, you are probably right. Trust yourself and stop communicating now before he asks you for money.

Women, please stop being so naïve and gullible. One woman wrote me and said she had given more than $20,000 to a man who is supposedly a service member. Afterward, she was a victim of bank fraud and her home was vandalized.

The man she was communicating with knew all of her personal information, including where she lived. This is serious because this woman put her life in jeopardy! She quickly moved to a different location.

The bottom line is that if you are communicating with a "service member" who starts asking you for money, don’t pass go. Stop communicating with him immediately. He may have stolen the identity of someone real.

These scammers are professionals who know just how to tug your heartstrings. The people behind military dating scams do not give up easily. Block their emails, their Facebook posts, their texts, their phone calls.

So what can you do about a scammer? Unforutnately, there isn't much you can do. Scammers are frequently located overseas, limiting prosecution options U.S. officials have.

If you feel you have been scammed by a person claiming to be in the U.S. military, your best bet is to contact the Federal Trade Commission (FTC) and the Internet Crime Complaint Center (IC3).

Spending your money -- and more importantly the hours of your life -- on a scam artist is not bringing you closer to love. Mark your involvement with a scammer as a mistake and keep a sharp eye out the next time.