ニュース

シェルホールの周りのドイツの埋葬、ティプヴァル

シェルホールの周りのドイツの埋葬、ティプヴァル

シェルホールの周りのドイツの埋葬、ティプヴァル

ここでは、ソンムのティプヴァルの砲弾の穴の周りにドイツの埋葬マーカーのコレクションがあります。これらの埋葬の多くは、この地域での激しい戦闘で失われていたでしょう。

リチャード・ヴァン・エムデンの写真を提供してくれたPen&Swordに感謝します。 ソンム:兵士自身の言葉と写真での壮大な戦い


シュヴァーベンリダウトの捕獲

NS シュヴァーベンリダウトの捕獲 (Schwaben-Feste)は、第一次世界大戦中の1916年のソンムの戦いでの戦術的な事件でした。堡塁は、長さ500〜600ヤード(460〜550 m)、幅200ヤード(180 m)のドイツの強みであり、1915年以来段階的に建設され、ティプヴァルの村の近くにあり、アンクル川を見下ろしています。第一次世界大戦中、西部戦線のソンムセクターでドイツの防御システムの一部を形成し、大量の機関銃の据え付け、塹壕、掘り出し物で構成されていました。リダウトは、1914年のアルバートの最初の戦いの間にこの地域に到着したドイツ南西部のシュヴァーベンからの第26予備師団によって防御されました。第36(アルスター)師団の軍隊は1916年7月1日までリダウトを捕獲しました。暗くなった後、ドイツの砲撃と反撃によって強制退去させられた。

イギリス軍は、9月3日、第49(ウェストライディング)師団が朝の霧の中で西からこの地域を攻撃するまで、砲撃下にあった。第36(アルスター)師団の歩兵は人の土地を越えませんでしたが、ドイツの歩兵が手榴弾を使用して側面から反撃したため、ドイツの大砲と機関銃がアイルランド軍を襲ったときに敗北しました。 9月下旬、イギリス軍はティプヴァル山稜の戦い(9月26〜28日)の間に堡塁に足を踏み入れました。攻撃と反撃は10月14日まで続き、第39師団の軍隊が最後のドイツ軍の足場を奪い、10月15日から21日までドイツ軍の反撃を撃退しました。堡塁の場所は、ティプヴァル記念碑とアルスタータワーの間にあります。


戦場の他の象徴的な場所

オーストラリア国立記念碑、ヴィレ=ブルトヌー

アミアン-サンクエンティン道路に位置するヴィレブルトヌーは、わずか16km離れたアミアンの防衛における重要な位置でした。毎年4月25日、アンザックデーは、1915年のガリポリキャンペーン中にこの日に最初の洗礼を受けたアンザック(オーストラリアおよびニュージーランド軍団)を記念してここで記念されます。

カンティニーの記念碑

カンティニーの戦いは、1918年5月28日に行われた第一次世界大戦の最初のアメリカの攻撃でした。

ロバート・リー・ブラードが指揮する第1アメリカ歩兵師団(約4000人)の連隊が、オスカー・フォン・フティエ将軍の第18ドイツ軍によってそれまで保持されていたカンティニーの村を占領しました。

ソイエクールウッド

この記憶の場所は、フランスの最高司令官ジョッフルによって計画された1916年のソンムの大攻勢を証明しています。戦いの目的は、北東からのドイツの通信を遮断することでした。

ソイエクールウッドは1916年の塹壕との戦いの傷跡を残しており、砲弾の穴や採石場は木々に半分隠されている可能性がありますが、それでも恐ろしい戦いを思い出してください。

妖精の村

1916年2月の鉱山戦争によって完全に破壊されたファウは、元の定置で再建されなかったソンムの唯一の村です。現在の村は100メートル先にあります。教会や家屋を含むいくつかの建物の基礎を保存しているかつての村を散歩することができます。


ティプヴァルの復元–フェーズ2

ティプヴァル記念碑は、間違いなく、コモンウェルス戦争墓地委員会(CWGC)で私たちが気にかけている最も壮大な建築物です。

記念碑は約90年間ソンムの戦場を監視してきましたが、今日ではそれなしでこの風景を想像することは困難です。何世代にもわたるCWGCスタッフは、この露出した場所での風、雨、霜、雪による絶え間ない衝撃にしっかりと耐えられるように精力的に取り組んできました。今度は私たちの番です。

私たちには大きな課題があります。記念碑のコンクリートの芯は強いままですが、象徴的な外観と色を与える赤レンガの外皮は徐々に劣化し、場所によってはコンクリートの芯から分離しています。レンガのポインティングを復元し、この外部のレンガのファサードを固定する必要があります。これらの作業を行うためには、記念碑を包むための巨大な足場が必要になります。記念碑の複雑な形状を考えると、これ自体が課題です。

内部では、複雑な内部排水システムが記念碑を通して雨水を運んでおり、これは現在、アップグレードが切実に必要とされています。それらの指揮するアーチの後ろには、狭いアクセスハッチとらせん階段を通してのみ到達できる隠された部屋の迷路があるので、その仕事をするために入るのは言うよりも簡単です。

最後になりましたが、行方不明者の名前が記されたポートランドストーンパネルを復元しています。何年も天候にさらされた後、いくつかのパネルが侵食されましたが、実際には、多くのパネルが古くなっており、一部の名前を削除したり、他の名前を追加したりする必要があるためです。これを正しく行うには、入念な歴史的調査、慎重な設計作業、熟練した設置が必要です。

私たちはこれらの課題にとらわれることなく、世界中から素晴らしい専門家チームを擁しています。敬意はCWGCが行うすべてのことに根付いており、ティプヴァルでの私たちのアプローチは、可能な限り元のデザインと元の素材を尊重することです。

このアプローチには時間がかかります。つまり、記念碑は2021年から長期間閉鎖されますが、この重要な作業の必要性を理解していただければ幸いです。私たちが終わったとき、記念碑は将来の世代のための戦争の費用の物理的な思い出させるものとして残ります。

ティプヴァルメモリアル修復プロジェクトの詳細をご覧ください

記念館の閉鎖は、記念館で無料で利用できる新しいデジタル展示会– In the Shadow of Thiepval –の開始と同時に行われます。この展覧会は、記念碑の陰にある風景の歴史と訪問者を再接続することを目的としています。

今日の訪問者は貝殻で傷ついた戦場を探索することはできませんが、自分のモバイルデバイスを使用することで、ティプヴァルリッジが長年の戦争によってどのように変化したかを物語る歴史的な画像、個人的な物語、サウンドスケープ、インタラクティブなオーバーレイマップにアクセスできます。

訪問者は、ティプヴァルが平和な農業コミュニティから戦争で引き裂かれた戦場に、そして最終的に私たちが今日知っている記憶と記念の場所に変わるのを見ることができます。彼らは1916年にティプヴァルリッジを奪うために戦って死んだ男たちの物語を発見することができ、記念碑で記念されたすべての個人のデータベースを検索することができます。彼らはまた、記念碑自体について学び、次の世代のためにティプヴァルを保護するためにCWGCによって行われている作業についてもっと知ることができます。

オンサイトWifiにログオンして展示を表示する方法の詳細については、メモリアルの入り口にあるCWGCトレーラーにアクセスしてください。

Orpenによる絵画©IWMArt 2377

1916年のソンムの戦いは、第一次世界大戦中の大英帝国軍の分水嶺でした。戦闘の141日間で、数千人が死亡し、多くは決して回復も特定もされませんでした。彼らの最終的な休息場所は不明のままです。

CWGCのティプヴァル記念碑は、世界最大の連邦戦争記念碑です。 1915年7月から1918年3月の間にソンメの戦場で亡くなった72,000人以上のイギリス人と南アフリカ人の軍人の名前が付けられています。

ソンムに向かって行進するハルコマーシャル©IWMQ 743

命を落とした人々の多くは戦時中のボランティアであり、町、職場、クラブから形成された「パル大隊」にしばしば採用されました。他の人々は戦うために世界中からやって来ました。損失の規模は、今日の連邦全体のコミュニティに深刻な影響を及ぼしました。フランスの村や森の名前は、デルビルウッド、ポジエール、ボーモンハメル、マメッツ、ウォーレンコート、アンクル、クルスレット、ギーユモン、ティプヴァルなど、戦った世代と愛する人を失った世代の記憶に刻まれました。

記念碑の設計図

エドウィン・ラッチェンス卿によって設計されたティプヴァル記念碑は、ソンムでの記念の中心です。高さ45メートルの高さで、一連のアーチの形をしており、直角に連動し、塔に向かって上昇しています。 16の地上の橋脚のそれぞれの基部の周りには、名前が刻まれたポートランド石のパネルがあります。建設は1929年に始まりました。1,000万個以上のレンガと100,000立方フィートの石が、合計117,000ポンドの費用で使用されました。これは、現在の1,000万ポンドに相当します。

もともとはアンクル川の上の戦争で荒廃した風景の中で育ちましたが、現在は成熟した木々と田園地帯に囲まれています。もともとは「ソンム記念碑」として知られていましたが、行方不明者を記念し、英国とフランスの同盟を称えるという2つの目的を果たしています。そのファサードの高いところにフランス語で刻まれています、 「感謝の大英帝国から、フランス軍とイギリス軍へ。」

記念碑は1932年8月1日に発表されました。一日中着実に雨が降りましたが、何百人もの人々が参加するのを止めませんでした。群衆の中には、委員会に雇われた数人を含む多くの退役軍人、倒れた同志の墓の世話をするためにフランスに残っていた男性がいました。

1940年代の記念碑を訪れるドイツ兵

第二次世界大戦中、ティプヴァルはドイツ軍に占領されました。数人の好奇心旺盛なドイツ兵が訪れて跡を残しましたが、記念碑に被害はありませんでした。塔の頂上には今でも落書きが見られます。

その発表以来、記念碑は絶え間ないメンテナンスを必要としてきました。記念碑の後部から墓地に通じる石段は、記念碑の周りの壁に他の修正もあった1960年代に建てられました。 1950年代、そして再び1970年代には、侵食の結果として、大幅な改修とその後のレンガの交換が必要になりました。 2015年には、さらなる保全作業を行うための主要なプロジェクトが発表されました。

就任式では、プリンスオブウェールズがフランス語と英語で話し、「物質的な表現…人間の手と人間の芸術が成し遂げることができる限りの永続性」によって死者を称えるという戦争墓地委員会の決意を宣言しました。そのコミットメントは今日まで続いています。


短いガイド

駐車場の舗装道路を見ると、公園を形成するために続く塹壕が続いていることがわかります。

最初に目にする記念碑は、ニューファンドランド連隊が仕えていた第29師団の記念碑です。赤い三角形は分割記章を形成しました。

その後すぐに、イギリスの最前線の塹壕を形成した地面のオープンスペースに出て、人のいない土地に出ます。

ほとんどの訪問者は単にカリブーの記念碑に住んでいますが、右側のエリアは、第1Bnエセックス連隊がいたエリアを含む戦場の重要な部分でもありました。
前進しようとしています。

すぐ左にあり、マウンドで持ち上げられているのは、ロイヤルニューファンドランド連隊のカリブー記念碑です。

行方不明の記念碑

記念碑の基部(西部戦線にある5つのうちの1つ)の周りには、ニューファンドランドの行方不明者の記念碑があります。

人間のいない土地にある危険の木

ブロンズの3つのタブレットには、第一次世界大戦で命を落とし、墓が知られていない、ロイヤルニューファンドランド連隊、ニューファンドランド王立海軍保護区、商船の800人以上のメンバーの名前が付けられています。

記念碑の頂上までらせん状の小道を歩き、公園の右側を見下ろします。

遠くに小さな墓地があります。これはY渓谷墓地であり、その朝のニューファンドランド人の標的です。

左側と遠くには、1916年11月のソンムの最後の日にボーモン=アメルを占領する第51(ハイランド)師団の記念碑が見えます。

これらの地点とカリブーの間のスペースは1916年には無人の土地でしたが、ニューファンドランド連隊が被った犠牲者の多くは、この地点に到達するまでに、後部の塹壕からの枯れた火にすでにさらされていました。駐車場。

公園を渡って歩く

地面は1918年と同じように今日もクレーターが残っており、有刺鉄線用の鉄のピケットはまだ残っています。放牧羊の怪我のため、ワイヤー自体が取り外されました。

連隊が実際には幹線道路の近くにある塹壕から始まったこと(駐車場にマークされている)と、前進するニューファンドランド人が出て塹壕の上を歩いたことを忘れないでください。

ここからパネルに従って、イギリスの塹壕に入ります。彼らは年月を経て和らぎましたが、笛が鳴り始めた瞬間、そしてあなたがやろうとしているときに兵士が塹壕を出て無人の土地を横断し始めた瞬間を想像するのはまだ簡単です。

ニューファンドランドの人々が第2の波にあり、その最初の波はすでにドイツの機関銃によって粉砕されていたことを思い出す瞬間でもあります。

ドイツの塹壕はすでにはっきりと見えており、私たちにとっては徒歩約4分です。彼らが砲弾の引き裂かれた地面を横切って歩いたとき、兵士が25 kgを超える装備を運んでいたことを考えると、弾丸の雹に直面した交差点ははるかに長くかかったでしょう。

途中に石化した遺骨があります 危険ツリー。これはドイツの大砲にとって非常に目立つランドマークであり、イギリスの残党がそこに到達すると、砲弾の雹に遭遇しました。

さらに数分歩くと、その7月の朝から、Y渓谷墓地と多くのニューファンドランドラブラドールの休憩所に到着します。

墓地のすぐ後ろには、ドイツ人が使用していた峡谷があります。これはもう入力できませんが、ハイランダーの記念碑の後方に沿ってさらに見下ろすことができます。

墓地は、1916年11月にこの地域で戦った第63(王立海軍)師団の多くの埋葬地でもあります。

3つの墓地

さらに左側に沿って、ソンムの戦いの第5フェーズで1916年11月13日にようやくこの地域を占領した第51(ハイランド)師団の記念碑に到着します。

ハンター墓地と呼ばれる別の小さな墓地もあります。異常に丸いのは、かつてのシェルホールにあります。その名前の由来は誰も知らないようです。

最後に、ドイツの最前線の一部とY渓谷に到着します。

第51(ハイランド)師団の男性の記念碑でもある木製のケルト十字に注目してください。

右に歩き回ると、後部ゲートとボーモン・アメルまでの道があります。ここから、Y渓谷の素晴らしい景色を眺めることができます。

樹木が茂った空き地を通って公園の入り口に戻ると、ホーソンリッジ墓地2番が見え、木々の間にはホーソーンリッジ1番の小さな墓地があります。すぐ右側にはホーソーンの場所を示す露頭があります。私の。

カリブーから戦場を見渡す

2006年7月1日、連隊はボーモン・アメルに戻り、90周年記念に参加しました。


ティプヴァルリッジ

9月初旬のクールセレットでのカナダの勝利により、軍団は村のすぐ後の新しい路線まで数百メートル上昇しました。数週間後、ハイグのバイトアンドホールド計画の一環として、第1師団と第2師団が新しいカナダの路線から飛び降り、現在の位置から北西に約1,000メートルのティプヴァルリッジに到着しました。師団は攻撃のために計画された6000ヤードの前線の半分を完全にカバーし、尾根の上にあるドイツ軍の高い位置に向かって白昼に前進します。

3日間の砲撃の後、第1師団と第2師団は、9月26日の12時35分に攻撃しました。ほとんどのソンムの攻撃と同様に、準備を操作したり隠したりする余地はほとんどなかったため、ドイツ軍の対抗砲撃のほぼ直後に師団が捕らえられました。カナダの砲撃は最前線の塹壕が機能するのを防ぐことができましたが、銃をさらに後方にノックアウトすることはできませんでした。両方の師団は、命を大幅に失ったものの、ノーマンズランドを横切って移動することに成功し、3時間の闘争の過程でほとんどを走り抜けて、反対側の塹壕に墜落しました。クルスレットと同様に、問題は塹壕を保持するよりも塹壕を占領することであり、ヘシアン、ケノラ、ゾラーングラーベンの一部を保持する大隊は、複数のカウンター攻撃に対してそれらを保持するのに苦労しました。

一日の終わりまでに、まだ完全に捕らえられていない尾根の塹壕システムと作戦のイギリス軍司令官、ヒューバート・ゴフは夜の攻撃を中止し、朝に再び始まることを計画した。しかし、ドイツ連隊は夜間に撤退し、尾根の頂上にある要塞化されたレジーナ塹壕システムに統合されました。レジーナ塹壕を調査するためにいくらかの努力がなされ、カナダ師団はケノラ塹壕の周りで小競り合いを続けましたが、ティプヴァルの大規模な戦いは当分の間終わりました。その日のカナダの損失は非常に大きく、ティプヴァルの連合軍の損失の合計は12000を超えていました。

技術の進歩

クルスレットで使用された後、ティプヴァルは新しいイギリスのマークI戦車の2番目の雇用場所でした。カナダの師団は、戦闘のために残りの2両の戦車を使用することができました。一方は、彼らを悩ませ続けた機械的問題の犠牲者であり、もう一方は、ドイツ軍の砲弾からの直撃によってノックアウトされました。 。クルスレットと同様に、その使用法の規模が小さいこと、調整の問題、および機械的な故障により、タンクは効果的ではありませんでした。

注目の参加者

チャールズ・エドワード・レイノルズ中尉、DSO&ampMC第29大隊 –レイノルズは、ティプヴァルの最初の数分間に達成された唯一の目標の1つである、第29大隊の新しい陣地で発砲していたドイツ軍陣地に対する攻撃でDSOを受け取りました。 W.A.テナント軍曹とともに、レイノルズが攻撃を主導し、2人のドイツ人将校を殺害し、強みを発揮しました。テナントとレイノルズは党の唯一の生存者でした。

イートンモーターマシンガンバッテリー(カナダマシンガン隊)の指揮官、エドワードルーウィンナイト少佐の埋葬。ナイトは1916年9月26日に殺害されました。写真提供:カナダ国立図書館文書館。 |カナダの色で初めて着色されました。 ]


クラス6の歴史第5章本と埋葬が私たちに教えてくれるものテキスト内の質問と回答

質問1。
ヨーロッパ内の言語間の類似点に気づきましたか?
答え:
インド・ヨーロッパ語族には言語のグループがあります。 Soi de Indianの言語は、アッサム語、グジャラート語、ヒンディー語、カシミール語です。英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語などの多くのヨーロッパ言語がこのファミリーに属しています。彼らは私に似た言葉を持っていますマタ(サンスクリット語)。 (ヒンディー語の母親(英語)

質問2。
聞いたことがある言語をリストして試してみて、それらが属する家族を特定してください。
答え:
亜大陸で使用される言語は次のとおりです。

  1. タミル語、テルグ語、カンナダ語、マラヤーラム語はドラヴィダ語族に属しています。
  2. アッサム語、マニプリ語はTibetoButman家に属しています。
  3. マラーティー語、オリヤー語サンタル語オーストロ&#8211アジアの家族

質問3。
女神として崇拝されていた2つの川に名前を付け、地図上で見つけます。
答え:
女神として崇拝されている2つの川は、ビース川とサトレジ川です。

質問1。
戦車も重要だったと思いますか?あなたの答えの理由を挙げてください。詩を読んで、モードは何ですか?言及されている輸送。
答え:
戦車は主要な輸送手段であったため、重要でした。他の輸送手段はカートでした。

質問2。
地図1(教科書の2ページ)を見て、リグヴェーダに記載されていない5つの川をリストします。
答え:
リグヴェーダで言及されていなかった川は次のとおりです。

質問1。
教科書の前のセクションを読んで、ラージャが何をしたかを知ることができるかどうかを確認してください
答え:
ラジャには首都、宮殿、軍隊がなく、税金も徴収していませんでした。一般的に、息子は自動的に父親をラジャとして引き継ぐことはありませんでした。議会はしばしば勇敢で熟練した戦士であるリーダーを選びました。

質問2。
「Jana」や「Vish」などの名前はおなじみのように聞こえますか。
答え:
「ジャナ」という言葉はよく知られており、人々やコミュニティ全体を表すために使用されていました。それはまだヒンディー語や他の言語で使用されています。

質問1。
巨石を作るために人々がしたことはいくつかあります。リストは48ページの教科書に記載されています。正しい順序で並べてみてください。
答え:

  1. 地球の穴を掘る。
  2. 適切な石を見つける
  3. 岩を壊す
  4. 石を形作る
  5. 死者の埋葬
  6. 石を所定の位置に配置する

質問2。
ハラパンの都市では鉄が使われていましたか?
答え:
考古学者は、ライオンがハラッパーの都市で使用されたことを示すことができる証拠を発見していません。

質問1。
これが首長の体だったと思いますか?あなたの答えの理由を挙げてください。
答え:
彼は他の人々のファイルとは異なるタイプの埋葬をしていたので、おそらくこれは首長の遺体でした。彼は、集落の中心にある5部屋の家(敷地内で最大の家の1つ)の中庭にある大きな4本足の粘土の壺に埋葬されているのが発見されました。

この家にも穀倉がありました。体はあぐらをかいていた。もう1つは地面に埋められ、まっすぐに配置され、ファイルの頭は北に向いていました。

質問2。
チャラックはどのようにして人体について非常に詳細に知ったと思いますか。
答え:
チャラカは彼の著書チャラカ・サンヒタの中で、人体には360の骨があると述べています。 Charakは、歯、関節、軟骨を数えることでこの数字に到達しました。彼は人体の骨格の残骸の詳細な研究をしたかもしれません。彼は埋葬地(おそらく貧しい人々)から骨の構造をとったのかもしれません。

質問1。
この証拠を使用して、イナムガアンの人々の可能な職業をリストします。
答え:
考古学者は、小麦、大麦、米、豆類、キビ、エンドウ豆、ゴマの種子を発見しました。多くの動物の骨、それらが食物として使用されたことを示すカットマークが付いているものも多く発見されています。それらには、鳥、ワニ、カメ、カニ、魚に加えて、牛、水牛、山羊、羊、犬、馬のお尻、豚、サンバー、アンテロープノウサギ、マングースが含まれます。

ベル、アムラ、ジャムンデート、さまざまなベリーなどの果物が集められたという証拠があります。このことから、国民の主な職業であると結論付けることができます。

質問2。
リグヴェーダのラージャとこれらの王の違いを1つ挙げてください。
答え:
リグヴェーダの「ラージャ」は宮殿に住んでいませんでした。当時の中国の王のように、彼らには首都、都市、軍隊がありませんでした。

質問3。
あなたが3000年前にイナムガアンに住んでいて、チーフが昨夜亡くなったと想像してみてください。今日、あなたの両親は埋葬の準備をしています。葬式のために食事がどのように準備されているかなど、シーンを説明してください。何が提供されると思いますか?
答え:
酋長は昨夜亡くなりました。コミュニティ全体がアイリスの家の近くに集まり、最後のオマージュを支払いました。たぶん彼らは白い服を着ています。外の畑では、人々は埋葬に必要なものを集めていました。火が灯され、料理をしている人もいます。

たぶん、ご飯は泥の壺で野菜と一緒に調理されているのかもしれませんし、彼らは首長が楽しんだその食べ物を調理しているのかもしれません。人々は聖なる祈りを唱えているかもしれません、さもなければ、周りには沈黙がありました。

クラス6の歴史第5章本と埋葬が教えてくれること運動の質問と回答

質問1。
列を一致させます:
答え:

スクタ よく言われる
戦車 戦闘で使用
ヤグナ 犠牲
ダサ 奴隷
巨石 石の岩

質問2。
文章を完成させてください:

  1. 奴隷は&#8230&#8230&#8230に使用されました。
  2. 巨石は&#8230&#8230&#8230にあります。
  3. 表面のストーンサークルまたは岩は&#8230&#8230&#8230に使用されていました。
  4. ポートホールは&#8230&#8230&#8230&#8230に使用されました
  5. イナムガアンの人々は&#8230&#8230&#8230を食べました。
  1. 奴隷は様々な仕事に使われました。
  2. 巨石は北、東、カシミールのデカンにあります。
  3. 埋葬地を覆うために、表面のストーンサークルまたは岩が使用されました。
  4. 埋葬地に入るためにポートホールが使用されました。
  5. イナムガアンの人々は果物、シリアル、肉を食べました。

質問3。
今日私たちが読んでいる本は、リグヴェーダとどのように違うのですか?
答え:
リグヴェーダと現代の本の最も重要な違いは、今日の本は書かれ、読まれているということです。代わりに、ヴェーダは学生によって暗記され、後に話し、聞き、そして暗記することによって後の世代に受け継がれました。

質問4。
考古学者は、埋葬された人々の間に社会的な違いがあったかどうかを調べるために、埋葬からどのような証拠を使用しますか?
答え:
考古学者は、過去を再構築し、社会について話すのに役立つ埋葬場所を見つけました。ブラマギリでは、考古学者は、33個の金のビーズ、2個の石のビーズ、4個の銅の腕輪、1個の巻き貝の殻で埋められた1つの骨格を発見しました。他のスケルトンにはポットが数個しかありません。

これらの決勝戦は、埋葬された人々の間で地位にいくらかの違いがあったことを示唆しています。金持ちの人もいれば、貧しい人もいれば、酋長も信者もいました。

質問5。
ラジャの生活は、ダサやダシの生活とどのように異なっていたと思いますか?
答え:
ラジャの生活は、ダサ/ダシの生活とはかなり異なっていました。

  • ラジャは宗教儀式に参加しました。ダサスがそうすることを許されなかったのに対して、戦争に参加しました。
  • ラジャスには宮殿がなく、税金も徴収されませんでしたが、ダサスは所有者の所有物として扱われたのに対し、ラジャスは無料でした。

質問6。
学校の図書館に宗教に関する本のコレクションがあるかどうかを調べ、このコレクションから5冊の本の名前をリストします。
答え:
宗教に関する生の本は

  1. ガムグランスサーヒブ&#8211シーク教徒
  2. ゾロアスター教&#8211 Zend-Ei-Avesta
  3. イスラム教&#8211コーラン
  4. クリスチャン&#8211聖書
  5. ユダヤ教&#8211旧約聖書

質問7。
覚えた短い詩や歌を書き留めます。詩や歌を聞いたり読んだりしましたか?どうやってそれを心から学びましたか?
答え:

私たちはその詩を聞いて、先生の助けを借りて心から学びました。

質問8。
思い出のある短い詩や歌を書き留めてください。詩や歌を聞いたり、ラコウしたりしましたか?どうやってそれを心から学びましたか?
答え:
リグヴェーダでは、人々は彼らが行った仕事と彼らが話した言語の観点から説明されました。下の表に、あなたが知っている6人、男性3人、女性3人の名前を記入してください。それぞれについて、彼らが行っている仕事と彼らが話す言語を述べてください。説明に何か他のものを追加しますか。


シェルホール周辺のドイツの埋葬、ティプヴァル-歴史

2016年7月に入ると、100年前の1916年7月1日に始まったソンムの戦いに思い出が戻りました。4か月半の間に、約50万人のイギリスと帝国の兵士が殺されました。英国軍の全歴史における単一のキャンペーンでの人命の損失。

チップステッドの年配の住民の中には、スターロックレーンのトビーコテージのレグエメットを覚えている人もいますが、この戦いの後の段階での彼の経験を聞いたことがないかもしれません。 Regは、1916年9月26日、ソンムの展開の中心近くにあるティプヴァルで「オーバーザトップ」になりました。

レグは1895年に生まれ、1915年に20歳で、第11回ロイヤルフュージリアーズに私兵として加わりました。エセックスとスコットランドで訓練を受けた後、彼はフランスに送られ、そこでエターブルの「ブルリング」で厳しい戦闘訓練を受けました。その後、彼は前線に送られ、そこで支援活動に関与しました。8月に、彼の部隊であるDカンパニー、第11大隊、ロイヤルフュージリアーズ、第54旅団、第18師団が、ティプヴァルへの暴行と特別訓練を指揮することになっていると言われました。続いて。

20歳のRegEmmettは、イギリス陸軍に入隊します。

彼らは、被告が1914年以来そこにいて、以前のすべての攻撃を打ち負かしたドイツ軍第180連隊であるドイツ軍の亀裂であるため、どれほど厳しいかを告げられました。これは、1916年9月26日のティプヴァルでの戦いに関するRegの個人的な説明です。

1916年9月、私は第11(サービス)大隊のDカンパニーでプライベートとしてソンムに仕えていました。ロイヤル・フュージリアーズ(第54旅団、第18師団)は、他の師団と一緒に、ティプヴァルへの次の攻撃に備えて、8月中旬に集中的な特別訓練を行いました。

1916年6月のイギリス海外派遣軍の総配備。レグは南にあるイギリス第4軍の一部であり、フランス第6軍に隣接しています。

1916年7月1日、ソンム地域の第4軍による歩兵攻撃計画。第11大隊、ロイヤルフュージリアーズ第18師団の一部として、キャンペーンの中心にあるティプヴァルを攻撃するためにレグが配備されました。

上昇する地面のこの重要な強みは、戦場の広い領域を指揮し、以前のすべての攻撃に耐えていました。戦闘中、第18ウォーテンバーガー連隊によって防御されていた。 (第26予備課) 彼らは自分たちの強さを確信していると評判だったので、安心することを拒否し、最後まで自分のポストを守りました。

青で強調表示されているロイヤルフュージリアーズでのレグの前進。ロイヤルフュージリアーズは左側面にあり、エセックス、サフォーク、ミドルセックスとともに前進しています。

私たちの砲兵力はこれまでに使用されたものよりも大きく、これは私たちがそこに着く前にドイツの塹壕を爆破するだろうと私たちに言った警官によって私たちは演説されました。私たちの前には忍び寄る砲弾の弾幕があり、私たちが彼らに乗る前にドイツ人が彼らの掘り出し物から立ち上がって機関銃を操作する時間がないように、私たちはこれに注意深く従うことになりました。

また、私たちのために爆破する戦車の支援を受けることになりましたが、以前に戦車で行動していた人々は、戦車から遠ざけるのに十分なことを知っていました。ドイツ人は戦車に火を集中し、リコケットは危険でした。

HMLS「クレームドメンテ」は、ティプヴァルシャトーのすぐ北にあり、リアステアリングメカニズムの一部を失いました。このタンクは回収されず、この地域でのその後の操業を通じてそこに置かれ、石油ランプの信号ステーションと避難所として使用されていました。

これらの準備は大きな緊張感を生み出しましたが、ある日私たちが予備の地面に行進し、将校と一緒に歩兵方陣に形成されたとき、それは和らぐことはありませんでした。その後、副官が到着し、注意を向け、多くの儀式を行い、部門命令から次のように読みました。

「--- 1916年の日、---連隊の私的---は軍法会議によって裁判にかけられ、敵に直面して脱走の罪を認められました。彼は死刑を宣告され、その判決は正当に実行されました。 --- 1916年の---日に出て」

The officers then took charge and marched us back to our billets. The effect of this announcement was mixed - some were just sorry for the poor devil. Others, myself included, were inclined to doubt if it really happened and thought it was put on just to frighten us. Afterwards I actually met a man who said he had been one of just such a firing party at the Base, so maybe it was true.

But still the preparations for the great day had not finished for we were marched out onceagain and lined up in battle order, The Divisional Commander, Major-General F.I, Maxse, drove in and addressed us from the back of his staff car:

"The 180th Regiment of Wurtembergers have withstood attacks on Thiepvalfor two years. but the 18th Divisionwill take it tomorrow.”

We did not think much of this and there were mutterings: "All very well for you, you old so-and-so", etc.

That night, stretched out on the floor with my head on a sack of bombs. I joined in singing one of our favourite songs:

I don't want to go in the trenches no more,

Jack Johnsons and whizz-bangs they whistle and roar,

Where the Alleymans can't get at me.

The next day we moved up to the front line under the deafening roar of our artillery pounding the German lines. For this attack our packs and greatcoats were left behind and our haversacks, which were marked with yellow strips, were to be worn on our backs so that our planes could see how far the advance had gone and could report to HQ. There had been a special issue of ammunition and bombs and I went into action carrying live Mills bombs in a small canvas sack which I carried over my right shoulder resting on top of my haversack, Not the sort of parcel one would wish to have with machine-gun bullets flying about!

We were given a final rum ration supposed to go into the water bottle but in this instance mostly drunk at once in case we never had another chance: while for some this was to be the first time "over the top" we had no illusion - we had seen too much of it before.

Zero Hour was at l2.35pm, 26th September. The officers compared watches and gave the order to advance. So we climbed out of our trenches and all hell was let loose. Shells crashed over and around us, machine-guns chattered as their fire swept to and fro across our path as we stumbled forward through no-man's-land, doubled over in the faint hope of dodging the bullets.

We had been told not to bunch together as that would be an easy target, so from the first eachman was on his own

Here and there were men crumpled up in a shell hole, or writhing in agony tangled up in barbed wire, many dead. The ground was up hill and we did not have far to go to reach the German front line that had been smashed by our artillery fire: and where we found a few Germans. We shot anything that moved and dragged ourselves out over the parados and on to the next trench.

We had been told to make for the ruin of the Chateau and dazed and exhausted as I was I dragged myself to a little hill where there was a pile of stones - all that was left of the Chateau I supposed. Here the German machine-gun fire became fiercer than ever, just sweeping above the ground. I threw myself into a shell hole and seizing my chance as the bullets whistled over my head I slid from shell hole to shell hole into a third German trench where some of our boys were held up.

The Chateau at Thiepval as it was before war visited the area in 1914

The heap of rubble that was once the Chateau at Thiepval, in September 1916

Hand to hand fighting followed, the Germans contesting every yard. Two of our Officers were killed and another wounded. Eventually, the arrival of a Lewis gun enabled us to clear the trench. This allowed us to get on with the special job our company had been given: "mopping up" the German dug-outs, making sure there were no live Germans in them.

An officer allotted each of us a number of dug-outs to clear. These dug-outs had been well built - very different from our scratched out holes - real engineering jobs and many were intact, not touched by our shelling . They were 20 to 30 feet deep and it was a perilous job tackling them. I started by shouting down them, telling any Germans left to come up. If there was no response I fired a few shots and then threw down a Mills bomb.

We got quite a few - some came holding their hands up and shouting "Kamerad", others held up photographs of their wives and children. We had to be very quick on them for some still had a bit of fight in them . One dug-out in particular contained a large number of Germans with a couple of machine-guns and since they could not be got out the place was set on fire. Several were killed as they came out, the others died in the fire.

The prisoners were sent back down the line in the charge of a corporal and escort, but many got shot on the way down. The escorts told me later that many of our boys were mad with what they had gone through and the strain of it all and just shot at anything in a German uniform.

It was getting dark now and although the firing seemed to have moved on we were warned that there would probably be a German counter attack so we started to get the trench ready to resist, building up the parados into a parapet facing the enemy. This meant heaving the German dead over the top - a gruesome job which covered us with blood. This done we waited through the night - some explored the dug-outs that were found to be well stocked with drink and cigars and came up wearing German helmets. Those who had them divided up their rations and tried to get a little sleep through sheer exhaustion.

The counter attack never came and next morning we were relieved. So we drifted back in small parties to find a small group had set up on the road with dixies of hot soup. We asked after our friends, who had got a blighty one, who had become a land-owner? Then the Official Photographer came along and for the benefit of those at home. We had to put on a cheerfulness which we were far from feeling.

But we had done it! Thiepval had been captured!

Triumphant soldiers of the 11th Battalion, Royal Fusiliers, after the capture of Thiepval. Reg is ringed, back row, centre

The following are extracts from the Official Notes and Orders of Battle at Thiepval on 26 th September, 1916. When set against Reg’s personal account, they make poignant reading:

Prior to the attack the Corps artillery paid "special attention to the demoralization and isolation of the enemy's strongholds, Zolern Redoubt, Stuff Redoubt, Theipval and Schwaben". The 18th Divisional artillery had been attached to Ist Canadian Corps, so the 25th and 49th Divisional artilleries were allotted to cover the 18th Divisional attack.

Care was taken to avoid destroying certain hostile trenches which we were determined to occupy and consolidate and some specified communication trenches in the German lines were spared for our own use.

The barrage 'lifts' were to move at the rate of 100 yards in 3 minutes at the start, increasing the pace to 100 yards in 2 minutes when the shelled area was passed .

Four tanks of C Company were employed with the 18th Division on 26th September. Two were assigned to the assault on the Chateau: one became ditched early on and took no part in the action, while the others went on to assist greatly in the fight for the Chateau ruins before being ditched.

Of the 346 officers, other ranks and others who suffered death by sentence of Courts-Martial during the Great War 322 were executed in France and Belgium . One soldier is known to have been executed on 22nd September 1916.

During the period Battalion was at Raincheval refitting was carried out by the Quartermaster. All deficiencies in wire cutting equipment, etc, being made up. Yellow distinction patches were sewn on all haversacks and stencilled with the letter of Company or Headquarters. Smoke helmets inspected and deficiencies made up and Iron Rations completed.

Every man (with the exception of Specialists) will carry: -

Rifle and equipment (less pack).

1 Bandolier in addition to his equipment ammunition (170 rounds in all ) .

Note: The haversack will be carried on the back.

Heavy shrapnel fire was to give the signal for the first wave of infantry to leave its trenches and advance straight for the main German defences south of THIEPVAL at a slow walk. The distances across No Man's Land averaged 250 yards.

770 guns and mortars would be used in the bombardment. The troops were urged to keep close up to the barrage: “Keep within 30 yards of your barrage . There you will be safe and can fight."

Bosch front line [i .e. working south to north] fighting every yard. They found the Bosches waiting for them in the trench the whole way. The Lewis Guns were pushed up and did useful work shooting along the trench, but the teams suffered a number of casualties. In the meantime the Middlesex had been checked on the right by an intense fire from the CHATEAU but the timely arrival of a TANK enabled them to get on.

' 0' Company cleared altogether 25 dug-outs in the front line and in many of them Germans showed fight. In one of them in particular there was a large number of the enemy with two machine guns and as they could not be got out peaceably the place was set on fire. Several are believed to have perished in the flames and 11 men were killed as they came out an additional 14 who were only wounded were sent to the rear. In addition to the prisoners mentioned above another 40 men were captured and sent back .

One specially meritorious bit of work may be mentioned - about half an hour before ' Zero ' Lieut Sulman was given a copy of a German map which showed the position of the telephone headquarters . He showed it to his men and told them to do their best to find the place and put the operators out of commission . L/Cpl Ruddy and four men nosed about until they found the dugout – quite a palatial place, with a magnificent installation. They captured over 20 men inside and cut all the wires.

Prisoners of War. All prisoners will, as far as possible, be handed over to the 11th Royal Fusiliers. Where this is not possible, Battalions capturing prisoners will conduct them to the Divisional Cage. During the period 26th September to 1st October 1916 the 18th Division captured 8 officers and 839 other ranks.

On 26th and 27th September the 11th Royal Fusiliers lost 3 officers killed, 7 officers wounded, and 49 other ranks killed, 171 wounded and 5I missing.

Reg continued on with several less dangerous operations, before being sent home where he was commissioned. He became involved in training new recruits, before he was retired on medical grounds for fainting on parade!

Reg went on to become a very successful banker and family man before he retired in 1965 to Chipstead. He always read the lesson on Remembrance Sunday in St. Margaret’s Church.

Reg was prominent member of the” Western Front Association” and in August 1988, Rupert Courtenay-Evans arranged to join a party and go and revisit his old battle fields, with Rupert’s two teenage sons. This was a fascinating experience for all, especially as Reg played us a tape and sang along with "I want to go Home”.

Reg returns to France, 1988

Thiepval memorial to the 73,000 British and South African troops, killed on the Somme, with no known graves. Reg is in the foreground aged 94

Reg laying a wreath in memory of his fallen comrades at the Thiepval Memorial in 1988

Reg died on the 14 th of May 1991 aged 96, a year or two after his beloved wife Jean, to whom he had been married for over 60 years.

"Truly a grand old man" as the Rev. John Wates, then curate at St. Margaret’s Church, said at his funeral.


World War One Battlefields

This page covers Vimy Ridge itself the memorial, the tunnels, cemeteries and other sites within the preserved battlefield area. Vimy Ridge is located about 5 miles north of Arras, near Lens, and is conveniently en route from the Channel ports if you are traveling to the Somme. The Park is well signposted.

There are also many other sites of interest, many particularly relevant to Canadians, in the villages and area around Vimy Ridge. A separate page covers the area around Vimy, and a really good guidebook covering the sights on and around Vimy Ridge, plus other areas, is the Holt’s Battlefield Guide to the Western Front: North.

The attack at Vimy Ridge which was undertaken by the Canadian Corps (of the First Army) on Easter Monday, the 9th of April, 1917, is often seen as the first unequivocal success gained by the Allied (in this case Canadian) forces during the course of trench warfare. The Germans had held the heights at Vimy Ridge since the trench lines settled in late 1914, and the French (who then held this part of the line) had failed in attempts to take it in May and September of 1915. The sector was taken over by the British early in 1916.

The Canadians attack at Vimy Ridge. Image from Library and Archives Canada

The attack at Vimy was part of an offensive mounted primarily to draw the German’s attention from a major French offensive on the Aisne, which was launched a week after Vimy on the 16th of April, 1917. However, the French attack was not the major breakthrough that had been hoped for by their Commander, Nivelle.

The Canadian Corps in April 1917 was commanded by General Julian Byng, who later rose to command the Third Army. After the War in 1919 he received a peerage, as the first Viscount of Vimy and Thorpe-le-Soken. Later he was Governor General of Canada from 1921 to 1926.

Like Messines, the prior planning for the assault was extremely thorough, leaving little to chance, and included the use of tunnels to bring attacking troops up to the front lines with less risk to them and less warning for the Germans. Air superiority was also an important factor, although achieved at considerable cost – the number of aircraft lost led to the month being known as ‘Bloody April’ by the Royal Flying Corps. The air offensive began on the 4th of April, timed to coincide with a massive artillery bombardment, although this was hindered by poor weather. Over the five days of the 4th to the 8th of April, the RFC lost 75 aircraft and 105 men – 19 killed, 13 wounded and 73 reported missing.

Canadian graves at Vimy. Image from Library and Archives Canada

The weather on the day of the attack (which was carried out at 5.30 a.m.) was poor, with snow and rainstorms, but the attack was a great success, not only in gaining for the Allies the commanding position on the heights – and you only have to stand here to appreciate what that meant – but also in drawing German reserves away from the planned French offensive on the Aisne. In recognition of the Canadian achievements here, April the 9th was in 2003 declared a national Day of Remembrance in Canada to mark the anniversary of the battle.

Vimy Ridge Canadian National Memorial Site

Vimy Ridge is now owned by the Canadian Government, and the site is maintained as a memorial to the Canadian Forces who fought in the Great War. There are two main areas which are most visited – the site of the Memorial, and the area of preserved trenches. There are separate parking areas near both, although it is only about a 15 minute walk between the two.

The Vimy Ridge Memorial

The car park nearest the memorial is located next to a memorial to the Morrocan Division. From here, a path framed by a French and a Canadian flag leads to the memorial itself. An information plaque is located here too. Once you reach the memorial, its scale can be appreciated. Standing by the memorial itself one can see for miles across the plains, past the slag heaps of Lens, including the twin slagheaps of the Double Crassier (see photo below). These are now larger than they were during the War, but driving in this region of France many similar smaller slagheaps can be seen – they are a feature of this area.

The Vimy Ridge Memorial is a stunning piece of architecture, dominating the landscape for miles around. It was opened in 1936 and a major restoration programme took place in 2006. The memorial is in the form of two large pylons, and is carved from limestone, which stands out as almost white, especially in bright sunlight. There are 20 figures sculpted as part of the memorial, appearing on the sides and at the top of each of the pylons, and also there are figures around the base. One of the most striking is the weeping woman who looks out from the edge of the base, towards the double crassier.

It’s possible to walk down behind the memorial on the opposite side from the approach path, and appreciate it from the other side too in fact this is a very impressive view as the land slopes away from the memorial on this side.

Visitor Centre

From the memorial it is a very short drive (well-signposted), or a 10 minute walk to a new Visitors Centre, which opened in April 2017. There are also toilets here (toilets are also located not far from the memorial to the right hand side from the car park).

The Visitor Centre is a low white building, and there is a circular map of the Western Front set into the ground by the path leading to the Centre. Inside are displays of various artefacts to the left hand side, and in cases in the centre of the room, as well as information on the memorial itself. There are also vending machines for hot and cold drinks, and also a water fountain.

Preserved Trenches

As at the Newfoundland Memorial Park at Beaumont Hamel on the Somme, ground in the memorial park has been left undisturbed, and there are trenches and shellholes clearly visible in the grass. In one area, the trench outlines have been made more permanent by the addition of concrete “sandbags”, and you can walk along these trenches, which are deeper than those at Beaumont Hamel or Sanctuary Wood.

Recently, a new centre has been opened next to these preserved trenches, and there is additional car parking here too.

There are also nominal firesteps, and because this high land had such value, the trench lines were close together here. You can stand in either the German or the Canadian trenches, and see how close the enemy trenches were in this sector from the infantry soldier’s perspective. In this example below, the enemy lines were just before the trees (if you enlarge this image by clicking it, there is a green signboard elevated above the far trenches to show the opposing lines). There is not much distance separating them at all.

A mortar bursting on the barbed wire at Vimy. Image from Library and Archives Canada.

The park covers a large area, and as you walk or drive around it you are struck by the devastation caused here – and of course right across the Western Front, although in most places all traces have now vanished. But here at Vimy, although now grass-covered and grazed by sheep, rather than bare earth with twisted metal and the torn remains of soldiers, you can still see the shell craters and trenchlines from 90 years ago.

The war-scarred land at Vimy

Grange Tunnel

One of the most interesting things to see at Vimy is Grange Tunnel. This is a network of underground passages, around which there are guided tours. These are only some of the tunnel networks that riddled this small part of the Western Front. They are astonishing. The tour lasts around 40 minutes, with guides usually being Canadian students. However, although the tour sticks to the main tunnel, you can see running off it many other branches, and the sheer scale of this impressed me hugely. How many miles of tunnels were dug across the Western Front, and still remain under the ground? More information on Grange Tunnel, and on Vimy can be found at the Veteran Affairs Canada website.

Cemeteries

Down a small road running to the left as you drive through the park from Neuville St Vaast towards the memorial, are the two war cemeteries which are located within the Memorial Park. This small road ends in a one way loop, with the first cemetery directly ahead.

これは Canadian Cemetery No. 2。 There is a Maple Leaf on the cemetery gate although the burials here are not exclusively Canadian. As well as the many known Canadian and British soldiers buried here there are also many unknown burials. In fact, more than two-thirds of those buried in the cemetery are “Known Unto God”, as the inscription on their headstones reads. Although the cemetery was started just after the Canadians took Vimy Ridge in April 1917, the majority of the graves were moved here from elsewhere, over a period of years after the Armistice. They were either moved from smaller burial grounds, isolated graves or else were bodies recovered from the battlefield as the years went by. This explains the high proportion of unknown burials.

Although the setting within the memorial park is fairly peaceful, the noise from the nearby A26 motorway can be clearly heard. The roads throughout the park are also popular with local joggers, and groups or individual runners pass every so often, especially in the mornings.

Rows of headstones are positioned right against the walls of the cemetery at the front and on the sides, some way from the other graves in the cemetery. In many CWGC war cemeteries this layout is because these headstones are actually special memorials to soldiers either known or believed to be buried within that cemetery here however most do mark actual burials (comprising Plots 19, 20 and 22). Special memorial ‘headstones’ form two short double rows on either side of the Great Cross, on the right side of the cemetery. In addition there are some special memorials which are by the wall right behind the Great Cross, with a Duhallow block indicating that these soldiers were killed in action in 1917, and buried then in two other Canadian Cemeteries near here however, their graves were subsequently lost. Generally, this was either as a result of the graves being damaged or destroyed by later shellfire, or else when graves from the smaller cemeteries were moved, the location of some graves could not be found. Private Thomas Leatherbarrow is commemorated by one of these special memorials. He was born in Lancashire in England, but enlisted in Calgary in July 1915. He was aged 30 when he died on the 12th of April 1917, serving with the 50th Battalion, who took part in an attack on the 12th of April in front of Souchez, in what their war diary describes as a ‘blinding snowstorm’. However, the poor visibility meant they suffered relatively few casualties one officer and three men (Leatherbarrow being one of these), although another eight were reported missing.

Duhallow block in front of special memorials at Canadian Cemetery No. 2

On the other side of the short one-way loop is a contrasting cemetery.これは Givenchy Road Canadian Cemetery a small, original wartime cemetery. It is also of an interesting design, with the stone wall surrounding it being circular. This may perhaps represent the fact that the burials were really a mass grave in a shell-hole, as can be seen at the Lichfield and Zivy Crater cemeteries near here, and described on the area around Vimy page. Perhaps the burials here were slightly more organised, as there are actually rows of headstones unlike at Lichfield and Zivy craters. There are two longer rows where the headstones are almost touching, and then a shorter row, and finally a single grave by itself comprises row D.

Givenchy Road Canadian Cemetery

Despite the fact that all burials here are Canadians, there is no Maple Leaf symbol on the cemetery gate. The plan in the register shows a layout quite different from today. The layout used to include beds of flowering shrubs around the edge of the cemetery, and the plan shows this bed coming right up to the single grave in row D set by itself. This grave (which is that of Private Henry Kirkham) is also shown as right next to the entrance, but it is now set a little way back from this. Today there are no borders of flowering shrubs, apart from very small beds either side of the gate. Two seats are also marked on the plan these too have gone.

A small wooden cross was set in the earth by the grave of Private James Chalmers, remembering that he was originally from Walls, Orkney. His parents address there is given in the register. James Chalmers was an engineer who enlisted in Vancouver in November 1915, and was only 24 when he died. He was with the 54th Canadian Battalion, which was one of those that attacked at 5.30 a.m. on the 9th of April. They encountered strong resistance from a German strongpoint at Old Boot Sap, although they reached their objectives. The battalion on their left however did not, and the men of the 54th suffered from snipers on their unsupported left flank. They thus had to withdraw slightly. James Chalmers was one of around 100 men killed of the 350 who attacked that morning. The majority of those buried here died on the 9th of April 1917, and the remainder died in the few days after that. This cemetery was one of many small cemeteries made at that time, and was originally known as CD1 – these small cemeteries were given such short designations.

Givenchy Road Canadian Cemetery

As well as many sites in the area around Vimy, it is only around another 30 miles or so on to the Somme battlefields.

ソース

Ralph Barker: The Royal Flying Corps in France
Major & Mrs Holt: Battlefield Guide to the Western Front
Commonwealth War Graves Commission website


Ieper – Tyne Cot Cemetery

The Tyne Cot Commonwealth War Graves Cemetery and Memorial to the Missing near Passendale is the largest British military cemetery in the world with 11,954 burials. Along the walls of the inclosing arc are the names of another 35,000 missing for the years 1917-1918. The mud of the Passendale campaign particularly contributed number of missing. The area like most military cemeteries was the site of a battle that took place on October, 4 1917. There are three German bunkers in the cemetery, two are readily visible and the third is under the Cross of Sacrifice that is part of every Commonwealth Cemetery.

Given its size, importance, and proximity there were dozens of British tourists and several tour groups. It was quite a marked contrast from some of the remoter cemeteries that where wrapped in quiet. On the other hand, we did get to eavesdrop on the tour and learn a few things.


ビデオを見る: עדותו של גן ניסים (1月 2022).