ニュース

シャンルウルファ軍事司令官

シャンルウルファ軍事司令官


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


軍の批判的人種理論であるマルクス主義を批判した後、宇宙軍将校が解雇された

宇宙軍の司令官は、軍におけるマルクス主義の理想を批判する彼の本を宣伝している間に公のコメントがなされた後、先週解雇されました。

ミリタリードットコムは、第11宇宙警戒中佐のマシューローマイアー中佐が、L。トッドウッドの「情報作戦」ポッドキャストに参加して自己出版した本を宣伝した後、「彼の指導力に対する自信の喪失」で解雇されたと最初に報告しました。 &#8220Irresistible Revolution:Marxism&#8217s Goal of Conquest&amp the Unmaking of the American Military。&#8221

宇宙軍のスポークスパーソンはMilitary.comに、ローマイアーの発砲は&#8220Lt。最近のポッドキャストでローマイアー中佐が行ったパブリックコメントに基づいていると語った。ホワイティング将軍は、これらのコメントが禁止されているパーティザンの政治活動を構成しているかどうかについて、コマンド主導の調査を開始しました。&#8221

ポッドキャストで、元戦闘機のパイロット兼インストラクターであるローマイアーは、軍の多様性と包摂の訓練の拡大と、国防長官ロイド・オースティンが主導する過激主義を根絶するという焦点を絞った任務を批判しました。

彼は、政策は「マルクス主義に根ざした批判的人種理論に根ざしており」、軍の文化に影響を与えていると述べた。これらの変化は「私たちを分裂させるだろう、それは私たちを統一しないだろう」とローマイアーは言った。

ローマイアーは、彼の戦隊を訓練するための過激主義訓練の「話し合いのポイント」に関する70ページの小冊子を渡されたと述べた。それらの論点の中には、過激主義の行為としての1月6日の米国議会議事堂の襲撃を含む例がありました。

ハッチ法および国防総省指令1344.10は、軍人が制服を着ている間、勤務中、または連邦財産内または連邦財産上で、政治団体または政党に対して支持または反対を示すことを禁じています。

軍人は、勤務時間外に公の場で個人的な政治的意見を表明することが許可されていますが、それらの意見が陸軍に悪影響を及ぼさない限りです。

ローマイアーの本の説明は、軍事文化と政策への影響を含む「マルクス主義イデオロギーの歴史と包括的な物語」、そして「私たちがすぐにコース修正を行わないことを選択した場合」の将来の影響を調べていると述べています。

ローマイアーはMilitary.comに、自分の本について公務や弁護士と話し合ったが、国防総省のセキュリティレビューは必要ないと語った。

&#8220私の意図は、党派的な政治に従事することではありませんでした。私は特定の政治的イデオロギー(マルクス主義)についての本を書きました。これは、国防総省が歴史を通じて名誉あることを行ってきたように、将来、政治的に無党派に戻ることを期待しています」とローマイアーはMilitary.comに語った。

共和党のマット・ゲーツ議員は日曜日にローマイアーを支持してツイートし、発砲は「明らかに報復的」であり、「これについては上院軍事委員会で行動を模索する」と付け加えた。

ローマイアー中佐は、私たちの軍隊の目覚めの試みとさらに悪いことについて真実を語る愛国者です。


トルコ軍がシリア北東部での将来の作戦のために司令部を開設

3月30日、トルコの国防相のフルシアカルと総務部長のヤサールグレロ将軍は、シリア北部のユーフラテス川の東で可能な軍事作戦を管理する、シャンルウルファの南東部にセンターを開設しました。

アナドル通信社によると、2人の司令官は、シャンルウルファのシリア国境近くに配備されたトルコ軍も検査した。

新しい司令部は、米国が支援するクルド軍が自己管理を確立したシリア北東部の現在の状況を終わらせるというトルコの決意を反映しています。トルコは、これらの部隊を国家安全保障への脅威と見なし、人民防衛隊(YPG)などの一部をテロリスト集団として認識しています。

以前、トルコのレジェップタイップエルドアン大統領は、3月31日に開催される予定の地方選挙の後、シリア北東部の問題を「現場で」解決することを誓った。トルコ大統領は、自国が「テロリスト回廊」を容認しないと警告した。その南の国境に」。

「私たちはそれをやろうとした人々に必要な教訓を教えました、そして私たちは将来彼らにも同じことをするでしょう」とエルドアンは言いました。


コンテンツ

冷戦編集

もともと、南ヨーロッパ連合軍は、地中海地域における2つの主要なNATOコマンドの1つであり、もう1つは、マルタ島を拠点とする地中海連合軍であり、この地域の海軍活動を担当していました。アメリカ海軍のロバート・B・カーニー提督が1951年6月19日に南ヨーロッパ連合軍司令官(CinCAFSOUTH)に任命されたが、[4] AFMEDは1953年まで活性化されなかった。アメリカ人とイギリス人は、地中海からスエズ運河とその先まで伸びるイギリスの伝統的な海軍の通信線を指揮する指揮官の1人を維持したいと考えていました。 1951年から2003年まで、南ヨーロッパ連合軍の司令官は常にナポリを拠点とする米国海軍の提督であり、米国海軍の司令官である米国海軍ヨーロッパの地位を保持し、米国のみの指揮系統内の米国欧州軍の海軍サービスコンポーネント司令官。 AFSOUTH本社は、ナポリのニシダ島に設立されました。

AFSOUTHの最初の指揮系統は、アイゼンハワーが好んだ古典的な3つの陸、海、空の本部で構成されていました。連合国陸軍南ヨーロッパ(LANDSOUTH)、連合海軍南ヨーロッパ(NAVSOUTH)、および連合空軍南ヨーロッパ(AIRSOUTH)はすべてイタリアに設立されました。 [5]ギリシャとトルコは1952年初頭に同盟に加わった。[6] [7] 1952年9月8日、新しい連合国陸軍司令部、連合国陸軍南東ヨーロッパ(LANDSOUTHEAST)が、トルコのイズミルに本部を置いて創設された。 、米国の将校、ウィラード・G・ワイマン中尉の指揮下。 [8]この指揮下では、イズミルに本部を置き、部下のテッサロニキ上級司令部の支援を受けて、戦争の場合にはギリシャ軍とトルコ軍のほとんどになることになっていた。

最初のAIRSOUTH司令官は、USAFの米国少将David M.Schlatterになりました。 1953年10月14日、第6連合軍の戦術空軍もイズミルに設立され、少将R.E.L.が指揮しました。イーストン、USAF、そしてギリシャとトルコの防空のために南ヨーロッパの連合空軍に責任があります。 [8]トルコの第1および第3戦術空軍、およびギリシャ空軍のロイヤルギリシャ第28戦術空軍の3つの国家空軍司令部がそれに割り当てられました。実際の部隊に関しては、これはF-84航空機の2つのギリシャの翼と4つのトルコの戦闘爆撃機グループ、およびいくつかのB-26A蚊を意味しました。

1953年の後半、地中海連合軍内のさまざまな国海軍は6つの副主任従属司令部(Sub-PSC)に編成され、それぞれが提督(1つはフランス(MEDOC)、1つはギリシャ、1つはトルコ、1つはイタリア、 2つの英国)。戦争時には、CINCAFMEDは、地中海全体のシーレーンの通信を確保する責任があります。 [6]

AFSOUTHの最初の演習のいくつかは、1952年に行われました。古代の壁作戦は、カーニー提督の全体的な指揮下で、地上の小型ユニットの戦術訓練、陸上ベースの戦術航空支援、および空母ベースの航空支援を含む一連の軍事演習でした。 [9]エクササイズグランドスラムは、1952年2月25日から3月16日まで地中海で開催された海軍合同演習でした。 -潜水艦戦(ASW)作戦と海軍の砲撃海岸爆撃。 [10]ロングステップ作戦は、1952年11月に地中海で開催された10日間の海軍演習でした。これには、170隻以上の軍艦と700機の航空機が関与し、トルコ西海岸に沿った大規模な水陸両用攻撃が特徴でした。 [11]

1953年のAFSOUTH演習には以下が含まれます。

  • 「イタリック溶接」—米国、イタリア、トルコ、ギリシャが関与するイタリア北部での空海軍と地上を組み合わせた演習[12]
  • 「Weldfast」—英国、ギリシャ、イタリア、トルコ、および米国の海軍が関与する地中海での水陸両用上陸演習の組み合わせ[12]

1957年、ディープウォーター作戦はソビエトの攻撃からのダルダネルの防御をシミュレートしました。演習には、8,000の強力な水陸両用上陸が含まれていました。

イギリスの地中海艦隊の撤退、政治的に決定された指揮体制の軍事的困難、および軍事指揮体制からのフランス軍の撤退は、南部地域の指揮体制の再編成を余儀なくされた。連合軍地中海は1967年6月5日に解散し、南部と地中海のすべての部隊がAFSOUTHに割り当てられました。 [1]

AFSOUTHは、1960年代と1970年代に演習を継続しました。その中には、1974年に地中海全域で実施された5か国の海軍および空中演習である「ドーンパトロール」がありました。[13]演習への米国の貢献はUSSに基づいていました。 アメリカ 空母打撃群。 1960年代、Exercise DeepFurrowは毎年開催されていたようです。ディープフローは、1973年9月20日から29日まで連合国遠征軍の南部地域で実施されます。ギリシャ、トルコ、およびAFサウスコマンドの他の国からの軍隊は、CINCSOUTHによって毎年予定されているExercise Deep Furrow73に参加します。陸軍はギリシャとトルコのトラキアで作戦を行い、海軍はエーゲ海を含む東地中海で演習を行い、海軍の活動には水陸両用と空母の作戦が含まれます。演習の一環として、地上ユニットは英国と米国のホームステーションからトルコ北西部に空輸され、トルコ国軍がそれらを受け取る計画を実行します。トルコ国軍はまた、ギリシャ軍とNATO航空部隊との作戦を実施し、作戦領域全体で戦闘爆撃機と偵察支援を提供します。ターキッシュトラキアでの演習のハイライトは、1973年9月25日の多国籍水陸両用上陸と1973年9月26日の多国籍空挺作戦です。

1967年から、コマンドの名前が2004年に変更されるまで、AFSOUTHの全体的な形状は大きく変化しませんでした。5つの主要な従属コマンド(PSC)がありました。 [14]ギリシャが軍事構造に参加していたとき、ギリシャは1974年にトルコがキプロスに侵攻した後、NATOの軍事構造から撤退し、NATO当局による交渉の舞台裏で、1980年10月に戻った。陸軍司令部、南ヨーロッパ連合国軍と南東ヨーロッパ連合国軍は、それぞれイタリアとトルコを守る任務を負っていた。それぞれが司令官、AFSOUTHに直接責任を負い、戦術空軍、イタリアの第5連合軍戦術空軍、およびトルコの第6連合戦術空軍によって支援されました。 2つの連合軍の戦術空軍は、CinCAFSOUTHの責任者である米国空軍将校ComAirSouthの下で、イタリアのナポリに本部を置く連合空軍南ヨーロッパの全体的な空軍指揮下にありました。 [15] ComAirSouthは、第16空軍司令官の米国全国任命を長期間開催した。

政治的配慮により、この地域の海軍の指揮は分割されました。南ヨーロッパの連合海軍は、ナポリで、イタリアの提督の下で、地中海でNATOの連合軍の海軍のほとんどを運用していました。しかし、核武装した海軍の支配を維持したいという米国の願望のために[16]、米国第6艦隊はCinCAFSOUTHに直接報告し、南ヨーロッパ海軍打撃支援部隊(STRIKFORSOUTH)という別の本部の支援を受けた。

6番目の指揮官は、ギリシャの陸軍防衛を担当する連合軍の指揮官であり、連合国陸軍中南ヨーロッパまたはLANDSOUTHCENTと名付けられました。しかし、それが実際に運用可能であったかどうかは定かではなく、1998 / 99NATOハンドブックには「まだアクティブ化されていない」と記載されています。これらのPSCの下には、シチリア島シゴネラにある地中海の海事空軍などの小規模な本部があり、南の潜水艦部隊[17]と、多国籍の護衛である地中海海軍の対潜水艦活動の調整を担当していました。戦隊は定期的に発動しました。

1989年の構造編集

冷戦の終わりには、次のコマンドで構成されていました。

  • 連合国遠征軍、ベルギー、モンス
    • 連合軍南ヨーロッパ (AFSOUTH)、イタリア、ナポリ
      • 連合国陸軍南ヨーロッパ (LANDSOUTH)、イタリア、ヴェローナ
          、ミラノ、ボルツァーノ、ヴィットリオヴェネト
        • 、マラティヤのイスタンブール、エルジンジャン
      • (5 ATAF)、イタリア、ヴィチェンツァ(6 ATAF)、トルコ、イズミル
  • ギリシャのラリサにある第7連合軍戦術空軍(7 ATAF)、ギリシャ空軍の計画された指揮官であるが、実際には確立されていない
    • ジブラルタルの司令官ジブラルタル地中海(COMGIBMED)、ジブラルタルの王立海軍大将の下で、司令官英国軍ジブラルタルを兼ねていた
    • 西地中海司令官(COMMEDWEST)は、フランス海軍の提督の下で、1962年までアルジェで、その後トゥーロンで、フランスが1966年にNATOの統合コマンド構造を離れた後、コマンドはNAVSOUTHに吸収されました。
    • 中央地中海司令官(COMEDCENT)、ナポリ、イタリア海軍提督(COMEDEAST)、アテネ、ギリシャ海軍提督
    • マルタのイギリス海軍大将の下で、地中海艦隊が解散した後、南東地中海司令官(COMMEDSOUTHEAST)は、NAVSOUTHに吸収されました。
    • トルコ海軍提督(黒海を含む)の下、アンカラの北東地中海(COMEDNOREAST)司令官
    • 地中海司令官海軍空軍(COMMARAIRMED)、イタリア、シゴネラ海軍航空基地、米海軍艦隊航空団地中海司令官
    • ナポリのコマンダー潜水艦地中海(COMSUBMED)、コマンダー米海軍潜水艦グループ8

    ポスト冷戦時代の編集

    1992年から、AFSOUTHはバルカン半島でのNATO作戦に深く関与し、当初は1992年7月に開始された国連武器禁輸作戦「海上監視」のNATO海上執行に関与しました。この作戦は、同様の西ヨーロッパ連合の取り組みと融合し、 1993年7月からのシャープガード作戦。AFSOUTHはまた、イタリアのAIRSOUTH本部からの作戦拒否飛行などの活動を指揮した。最高司令官AFSOUTHは、1995年12月からボスニアヘルツェゴビナ、IFOR、SFORでNATO平和維持ミッションを指揮しました。1999年半ばから技術的にKFORを担当している間、マイクジャクソン将軍の自伝、 兵隊、 ベルギーのSHAPEのウェズリー・クラーク将軍は、少なくとも1999年の連合緊急対応軍団のHQ KFORツアー中は、AFSOUTHを経由せずに、KFORの活動の多くを直接監督したことを示しています。

    1951年7月10日以降、南ヨーロッパ本部連合国軍は、他のNATO諸国と協力して、イタリア北東部セクターの防衛を担当しました。その間の40年間、本部はソビエト主導のワルシャワ協定による潜在的な侵略に対抗するための計画と研究を作成しました。ヴェローナ市で53年間過ごした後、2004年6月15日に合同司令部南(JCS)になりました。[18]また、マドリッドの南西合同本部とイズミルの南東合同司令部/合同司令部も閉鎖されました。

    共同軍司令部ナポリ編集

    2004年のJFCナポリとしてのAFSOUTHの再編成は、2002年のプラハサミットによって開始されたNATOの変革の一環であり、連合軍の軍事構造を連合軍の作戦上の課題に適応させ、新しい千年紀の新たな脅威に立ち向かうことを目的としています。新しいNATOコマンド構造はよりスリムで、はるかに広い範囲の任務を遂行することに焦点を合わせています。

    NHQサラエボは引き続き活動を続けており、1999年に設立された旧コソボ軍(KFOR)通信ゾーン西部の派生物であるNATO本部ティラナもあります。通信ゾーン西部は2002年6月17日にNHQティラナと改名され[19]、現在は防衛を行っています。現在NATOのメンバーであるアルバニア軍を支援することを目的とした改革と安全保障部門の改革顧問の役割。

    2013年には、さらなるコマンド構造の再編成が実施され始めました。連合海事司令部ナポリ、[20]連合航空司令部イズミール[21]、および連合軍司令部マドリッドはすべて非アクティブ化されました。 [22]

    2013年から、連合海上司令部は、連合海上司令部ブランサムと連合海上司令部ナポリ、および3つのコンポーネントコマンド、ドイツのラムシュタインの連合海上司令部、トルコのイズミルの連合海上司令部、英国のノースウッドの連合海上司令部の指揮を開始しました。 [23]

    NATOとルーマニア国防省の代表は、2015年12月1日に、ルーマニアのブカレストにある本部多国籍部南東部(HQ MND-SE)本部を活性化しました。[24] [25]新しい本部は、合意された準備行動計画の一部として活性化されました。 2014年のウェールズサミットで。 JFCナポリはMND-SEの運用管理として機能します。師団本部は、北大西洋理事会の承認と最高裁の指示により、NATOの事前計画に基づく第5条の作戦を含む、さまざまな任務のためにルーマニアとブルガリアのNATO軍統合部隊の指揮統制を実行する準備ができています。連合国遠征軍司令官。

    NATO軍事司令部構造は、2つの戦略的司令部で構成されており、国際軍事スタッフによって指揮されています。[26]

    SACEURの下のコマンド-連合国遠征軍司令部ブランサム、連合国遠征軍司令部ナポリ、および連合軍司令部ノーフォークは作戦レベルのコマンドであり、本部連合海上司令部、本部連合海上司令部および本部連合海上司令部は戦術レベルのコマンドです。 [27] SACEURには、共同支援および有効化コマンドの運用コマンドもあります。 [28]


    カイザーヴィルヘルム2世と第一次世界大戦

    1914年8月に戦争を引き起こした危機の間のウィルヘルムの行動はまだ物議を醸しています。彼が1908年にうつ病エピソードに苦しんだユーレンブルク-ハルデンとデイリーテレグラフのスキャンダルに続く批判によって心理的に壊れていたことは疑いの余地がありません。さらに、カイザーは1914年に国際政治の現実に触れていませんでした。他のヨーロッパの君主との彼の血縁関係は、1914年6月にボスニアのサラエボでオーストリアの大公フランツフェルディナンド(​​1863-1914)が暗殺された後の危機を管理するのに十分であると考えました。ウィルヘルムは将軍からの圧力を受けてドイツの動員命令に署名したが、1914年8月の第1週にドイツはロシアとフランスに対して宣戦布告したと伝えられている。

    第一次世界大戦が進行中、カイザーはドイツ軍の最高司令官として、軍事指揮の上位レベルの変更を行う権限を保持していました。それにもかかわらず、彼は戦争中は主に影の君主であり、最前線をツアーしてメダルを配った広報担当者として彼の将軍に役立ちました。 1916年以降、ドイツは事実上、パウルフォンヒンデンブルク(1847-1934)とエーリッヒルーデンドルフ(1865-1937)の2人の将軍によって支配された軍事独裁政権でした。


    カオスの司令官:米国史上最悪の5人の将軍

    これらのアメリカの司令官は歴史のための戦いに負けました。

    すべてのアメリカの将軍が素晴らしかったらいいのにと思います。ジョージ・ワシントン、ユリシーズ・グラント、またはジョージ・パットンが指揮を執っていたとしたら、ベトナムやイラクはどのようになっていたでしょうか。

    悲しいかな、それを確率の法則または単に宇宙のカルマと呼んでください、しかしすべての国は悪い将軍と良い将軍を生み出します—そしてアメリカも例外ではありません。

    悪い将軍とは何ですか?それを定義することは、悪い食事を定義するようなものです。戦場での失敗は非難を正当化すると言う人もいます。他の人は、それは勝利ではなく、重要な使命を果たすことに成功したと言うでしょう。

    しかし、何らかの理由で、一部のアメリカの司令官は歴史のための戦いに負けました。これがアメリカで最悪の将軍の5人です:

    ホレイショゲイツ:

    偉大な将軍は偉大な才能を持っており、通常はそれに匹敵するエゴと野心を持っています。それでも、戦争の最中に最高司令官を裏切ることは、野心を少し行き過ぎています。元イギリス軍将校であったゲイツは、1777年にサラトガでイギリス軍がアメリカ軍に重大な敗北を喫した際に大陸軍の司令官として名声を博しました。

    多くの歴史家は、ベネディクトアーノルドや他の人々がサラトガの真の勝利者であると信じています。ゲイツは別のことを考え、ジョージ・ワシントンよりも優れた指揮官だと思った。誰かが上司より頭がいいと思ったのは初めてではありません。しかし、ゲイツはアメリカ独立戦争を運命づけたかもしれない。

    反乱の最も暗い日々の間に、ワシントンの軍隊がニューヨークから追い出され、ジョージ王の星が優勢であるように見えたとき、不満を抱いた将校と政治家の「コンウェイ陰謀団」はワシントンを追い出し、ゲイツを任命する計画に失敗した。

    ゲイツが南部のアメリカ軍を指揮するために送られたとき、それがどれほどうまくいったかを見ることができます。彼の貧弱な戦術的決定は、1780年にサウスカロライナで行われたカムデンの戦いで、彼の軍隊がレッドコートとロイヤリストのより小さな部隊によってルーティングされる結果となった。

    ワシントンも敗北の彼の分け前に苦しんだ。しかし、彼の粘り強さとインスピレーションは、最悪の時代を通して大陸軍をフィールドに留めました。それが彼の顔が1ドル紙幣にある理由です。ゲイツが指揮を執っていたとしたら、私たちはシリングとペンスで食料品の代金を払っているかもしれません。

    ジョージ・マクレラン:

    南北戦争は、ブラクストンブラッグやアンブローズバーンサイドなどの悪い将軍を生産するための工場でした。

    しかし、何よりも最悪だったのは、リンカーンとユニオンが素晴らしいことを期待していた、いわゆる「若いナポレオン」であるマクレランでした。マクレランは素晴らしい主催者であり、ウェストポイントで訓練を受けたエンジニアであり、北軍をほぼゼロから構築するために多くのことを行いました。

    しかし、彼は本質的に過度に用心深いものでした。リンカーンの攻撃的な行動への嘆願にもかかわらず、彼のポトマック軍は躊躇して動いた。その指揮官マクレランは、論理が豊富な資源を享受したのは北であると彼に告げるべきだったのに、南軍が彼をはるかに上回っていると確信した。

    連合がその軍隊に提供できる人と物資。しかし、ニューヨークやシカゴの工場でさえ生産できないものがあり、それがその時でした。リンカーンがよく知っていたように、北軍が戦争に負ける唯一の方法は、北が最終的に疲れて、南が脱退することを許可することに同意した場合でした。ヘイストは、ロバートE.リーと彼の北バージニア軍のような手ごわい敵の手によって死傷者と敗北の危険を冒しました。代替案は、合衆国を崩壊させることでした。

    マクレランの後任となったユリシーズ・グラントはこれを理解していました。彼は歯を食いしばり、南軍がそれ以上取ることができなくなるまで絶え間ない攻撃で南軍をすり減らした。マクレランは、大統領と最高司令官の口を悪くしたプロトダグラスマッカーサーでした。グラントは政治家に政治を任せ、やらなければならないことをした。

    リンカーンが北軍の指揮下でマクレランを保持していたら、多くの元アメリカ人はまだ「ディキシー」を口笛で吹いているかもしれない。

    ロイド・フレデンドール:

    フレデンドールには、指揮官を試すような本当の問題がなかったわけではありません。ひどく経験の浅い米兵は、エルヴィン・ロンメルのアフリカ軍団の退役軍人に対抗していることに気づきました。アメリカ人は十分な軍隊、物資、空気の覆いを欠いていました(アメリカの将軍が敵の爆撃機に砲撃されている間に最後に戦闘をしなければならなかったのはいつですか?)

    それでもフレデンドールの解決策は、陸軍工兵隊に最前線から100マイル離れたところに巨大な掩蔽壕を建設するよう命じることでした。彼はまた、このコマンドの明快さの宝石のように、他の誰も理解していない個人的なコードで彼の軍隊に命令を出しました:

    コマンドを移動します。たとえば、ウォーキングボーイ、ポップガン、ベイカーの衣装、ベイカーの衣装の逆の衣装、そして現在の場所の真北にあるMのビッグフェローをできるだけ早く。 Mの左側にある5つのグリッドの正方形であるDで始まる場所で、名前がJで始まるフランスの紳士に上司に報告してもらいます。

    カスリーヌの災害は影響を及ぼしました。それはヨーロッパの米軍にとって屈辱的な火のバプテスマであり、さらに重要なことに、イギリスの司令官は残りの戦争の間、彼らのヤンク同盟国をアマチュア兵士として解任させました。

    ダグラス・マッカーサー:

    マッカーサーをアメリカで最悪の将軍の一人として挙げることは物議を醸すでしょう。しかしその後、マッカーサーはパンが酵母で繁栄するように論争で繁栄しました。

    南太平洋キャンペーンと仁川上陸作戦が示すように、彼は確かに有能な戦士でした。しかし、1941年にフィリピンで指揮官を務めていたときのように、彼は非常に悪い判断も示しました。日本人が真珠湾を攻撃し、次にフィリピンを攻撃することは確実であると知らされたマッカーサーは、航空機を分散させることができませんでした。アメリカ艦隊の不在下での日本の攻撃—そして敵が彼の空軍を一掃する前に日本の飛行場を攻撃すること。

    しかし、彼の最高の業績は韓国での悪い将軍でした。はい、仁川上陸作戦は最初の北朝鮮の攻勢を妨げませんでした。しかし、北朝鮮への突発的な前進は、戦略的比率の失敗でした。半島の北半分を横切って分散した柱で前進することは、少しずつ破壊されることへの誘いでした。北朝鮮の中国との国境への進出は、毛沢東の赤旗でもあり、毛沢東は国境にいる米軍が米国の侵略の前兆であると恐れていた。

    とにかく真央が介入したのかもしれない。しかし、マッカーサーの戦略は確かに、国連軍に重大な犠牲者を出した30万人の中国人「ボランティア」を解き放つのに役立った。国連が半島の大部分を支配することになる平壌の周りに自然の防衛線を保持する代わりに、国連軍は第二次世界大戦の圧倒的な勝利の後、米国の力のために屈辱的な逆で韓国にずっと後退しました。

    最後に、マッカーサーの不服従がありました。彼は、韓国を解放することは、5億5000万人の中国人を危険にさらし、おそらくロシアとの戦争をする価値があるかのように、中国を爆撃することを求めた。その軍事的知恵またはその欠如が何であれ、それはアメリカの政治システムの下で将軍によってなされるべきではなかった決定でした。彼がトルーマン大統領との意見の相違を公表したとき、トルーマンは当然彼を解雇した。

    トミー・フランク:

    2003年のイラク戦争の初期は、政権交代と国造りにおけるアメリカの不運な冒険の背後にある誤解と誤解を考えると、軍事的および政治的評判の墓地になるはずでした。しかし、侵略を指揮したフランクは、悪い状況をさらに悪化させた。

    批評家は、フランクと国防長官ドナルド・ラムズフェルドのような高官が、あまりにも少ない軍隊を使用した侵略計画を作成したと言います。取り乱したイラク軍を切り裂いてサダム・フセインを倒すのに大きな力は必要ないだろうが、イラクの大きさの国を確保するにはもっと大きな力が必要だった。

    そして、それでは何ですか?サダムが去った翌日に何が起こるかについての真剣な計画はほとんどなかったようです。好むと好まざるとにかかわらず、米軍が統治当局となるでしょう。それが国を統治できなかった、あるいは統治できなかったとしたら、誰がそうするだろうか?アメリカ、中東、そして世界の他の国々は、これらの不作為の結果をまだ刈り取っています。

    最後に、悪い将軍に関しては、マッカーサーを解雇することについてのトルーマンの不滅の言葉を思い出してみましょう。

    彼が大統領の権威を尊重しないので私は彼を解雇した。彼は雌犬の愚かな息子だったので私は彼を解雇しませんでしたが、それは将軍の法律に違反していません。もしそうなら、彼らの半分から4分の3が刑務所に入れられるでしょう。

    マイケルペック 外交政策の寄稿者であり、 戦争は退屈です。 Twitterで彼をフォローしてください:@ Mipeck1.


    シャンルウルファ軍事司令官-歴史

    RBTH
    2021年5月18日16:55GMT + 10

    ナポレオン・ボナパルトのスターは、アレクサンドル・スヴォーロフがもう少し長生きしていたら、決して上昇しなかったかもしれません。

    「世界のどの軍隊も勇敢なロシアの擲弾兵に抵抗することはできません」と、18世紀の最も優れた軍事指導者の1人であり、ロシア史上最大の軍事司令官である大元帥アレクサンドル・ヴァシリエヴィッチ・スヴォーロフは言っていました。彼の長い人生(1730-1800)の間に、彼は7つの大きな戦争に参加し、60の戦いに勝ち、1つの戦いを失うことはありませんでした!

    スヴォーロフは、ゆっくりと防御的に行動し、数値的に有利な場合にのみ攻撃することを好んだ当時の他の軍事司令官とは対照的でした。 「数字ではなく能力で勝つ」というのが彼の反応だった。非常にヒットアンドミスのマスケット銃や、ターゲットを攻撃する能力がさらに低いピストルからのボレーは、動きの遅いターゲットにのみ大きなダメージを与える可能性があると司令官は信じていました。軍隊を敵の砲火にさらすのではなく、たとえ数が多かったとしても、大胆かつ迅速な銃剣で敵を一掃します。 「弾丸はばかで、銃剣は立派な男だ」と彼は言っていた。

    Generalissimoは、「3つの軍事芸術」の原則、つまり目、速度、攻撃の判断を公言しました。目の判断は、敵の防御の最も弱い点を検出し、それを主な攻撃の焦点として使用する能力を意味しました。スピードは、戦場や行進での戦術的な機動性において、決定が下され実行された迅速さに現れました。「私たちの遅刻は敵の力を倍増させます。スピードと驚きは敵を混乱させ、打ち負かします。」そして攻撃とは、勝利を確実にするために協力することができるよく訓練されたユニットによる一貫した調整された行動を意味しました。 「2つのラインでは、最初のラインが[敵のライン]を壊し、2番目のラインがそれらを粉砕し、3番目のラインがそれらを終了するのと同じくらい3分の1の強さです。」

    3つの軍事芸術はすべて、トルコ人、ポーランドの反乱軍、フランス人との戦いでスヴォーロフによって首尾よく適用されました。多くの場合、敵の数を上回っていましたが(1774年のコズルドジの戦いや1789年のFoc&#537aniの戦いのように)、彼は決意と大胆さのおかげで勝利を収めました。

    兵士の後ろに隠れることはアレクサンダー・ヴァシリエビッチの習慣ではなく(「死は銃剣と勇者のサーベルから逃げる」)、これは1787年のキンブルンの戦いで彼の命をほとんど犠牲にしました。司令官はキャニスターショットで負傷しました。

    擲弾兵ノビコフはキンバーン唾の戦いでスヴォーロフを救助します。

    1789年のリムニク川による戦いは、軍事司令官の真の勝利でした。スヴォーロフは、10万人の強力なトルコ軍に対して7,000人のロシア軍と18,000人の同盟オーストリア軍しか立てることができませんでした。 Banking on surprise and speed, early in the morning of September 22, Alexander Vasilyevich secretly crossed the river, crushed the enemy's forward detachments and struck at the flank of the main Turkish army. The enemy camp, taken by surprise, was attacked with cavalry, causing panic among the Turks, and then the infantry finished the job. As a result, the enemy lost about 20,000, while the allied losses were estimated to be just 500. For his courage and decisiveness, the Austrians nicknamed Suvorov 'General Forwards'.

    Alexander Suvorov and the Battle by the River Rymnik.

    On December 22, 1790, Alexander Suvorov achieved the almost impossible. His troops took the reputedly impregnable Turkish fortress of Izmail on the Black Sea coast. The commander decided that the key to success should lie in a thoroughly-prepared assault. Not far from Izmail, earthen and wooden fortifications imitating the ditch and walls of the fortress were built and where soldiers were constantly trained. The weak point of Aydoslu Mehmed Pasha's garrison was the fact that the number of irregulars in it exceeded the regular troops. Suvorov banked on the professionalism, experience and fortitude of his soldiers and he was proved right: The fortress fell. The enemy lost up to 26,000, while the Russian army's losses were just under 2,000. 'One could decide to storm such a fortress only once in a lifetime," Alexander Vasilyevich would later say.

    Russian army captured Izmail fortress.

    On November 4, 1794, during the suppression of the Polish Uprising led by Tadeusz Kościuszko, Suvorov's troops stormed the Praga suburb of Warsaw, as a result of which around 12,000 Polish soldiers and townspeople were killed. "At five in the morning, we went on the attack and, at nine o'clock, the Polish army that had been defending Praga and Praga itself along with its inhabitants were no more. In the course of four hours, a terrible revenge was exacted for the carnage our own men had sustained in Warsaw!" recalled General Ivan von Klügen, referring to the so-called Warsaw Matins of April 17, 1794. This was when, at the start of the uprising, the residents of the city had suddenly attacked and killed a large part of the Russian garrison during morning service in the run-up to Easter. For all that, just before the storming of Praga, Suvorov invited the townspeople immediately to flee to the Russian camp (which led to many people being saved), while giving his own troops the following order: "Do not enter houses enemies asking for mercy are to be spared do not kill the unarmed do not fight women do not touch children." Warsaw itself capitulated on November 9 without a fight.

    Alexander Suvorov enters Warsaw.

    Catherine II showered Suvorov with ranks and honors, but Paul I, who succeeded her to the throne in 1796, was not as favorably disposed to the commander. Used to the simple army life, Alexander Vasilyevich was sharply critical of the Prussian army ways introduced by the Emperor - the plaiting and powdering of hair and constant drill sessions, reviews and parades. "Hair powder isn't gunpowder, a ringlet isn't a gun, a plait is no cutlass and I'm not Prussian, but a natural-born Russian," he once said and was soon exiled to his estate.

    An exiled Suvorov receiving orders to lead the Russian Army against Napoleon

    With the formation of the Second Coalition against the French in early 1799, however, the allies asked the Russian ruler to send Suvorov to enemy-occupied Italy at the head of allied troops. Within a short space of time, the French sustained crushing defeats at the hands of 'General Forwards' in battles on the rivers Adda and Trebbia, so the whole region was occupied by the allied Austrian army.

    General Suvorov at the battle by river Adda on April 27, 1799.

    The Italian campaign was followed by the Swiss campaign, which, as it turned out, proved to be the elderly commander's last. In the course of several weeks, while coming under constant attack from superior enemy forces, Suvorov's troops fought their way across the Alps, smashing General Andre Massena in the Mutten (Muota) Valley along the way. Alexander Vasilyevich managed to preserve his weary army, breaking out of the encirclement in which it had found itself and leading it to the Austrian border. "In conquering the enemies of the Fatherland everywhere and through the whole of your life, there was one thing you had not achieved - victory over nature itself, but now you have gained the upper hand over nature, too," a delighted Paul I said in a message to Suvorov and ordered the highest military rank - that of Generalissimo - to be bestowed on him.

    Suvorov crossing the Alps in 1799.

    Suvorov's name resonated throughout Europe. He was admired by enemies and allies alike. The famous British naval commander Horatio Nelson, who would go on to destroy the French fleet in the Battle of Trafalgar in 1805, wrote to the Generalissimo as follows: "I am being overwhelmed with honors, but I was today found worthy of the greatest of them all: I was told that I was like you."

    The two supreme commanders of the era - Napoleon Bonaparte and Alexander Suvorov - undoubtedly knew about each other. "He is a hero, he is a spectacular warrior, he is a magician!" is how the Generalissimo described the French commander in a letter to his nephew. "He vanquishes both nature and men. He has cut the Gordian knot of tactics. Unperturbed by numbers, he attacks his adversaries everywhere and smashes them totally. He knows the invincible power of pressing home an attack." Bonaparte, for his part, was much more reticent in his praise, asserting that Suvorov had the heart but not the mind of a good commander. There was no opportunity to discover which of the two was the more accomplished in the art of warfare - they never faced each other on the battlefield.


    Military Commander, Sanliurfa - History

    By TERRY BOYD | STARS AND STRIPES Published: March 6, 2003

    We &mdash my buddy Levent and I &mdash are sitting at the balcony bar at the Edessa Hotel, the second most expensive joint in Sanliurfa, Turkey.

    Sanliurfa is so far off the beaten path that I half expect to see Sir Richard Burton, T.E. Lawrence and all the other 19th- and 20th-century explorers who once roamed the Middle East clustered around the bar across from us.

    In the new century, Sanliurfa remains an exotic destination by just about any measure.

    Modern and ancient by turns, the town has a holy site and &mdash for my money &mdash the most authentic bazaar in Turkey. But in the grasp of some of Turkey&rsquos more conservative imams, it has maybe three restaurants where you can get a drink, one of those being the Edessa. After days of crisscrossing southeastern Turkey&rsquos immense plains, we are deeply, gratefully into our second raki &mdash Turkey&rsquos anis-flavored national drink &mdash when I overhear a Canadian tourist at an adjoining table making light of Sanliurfa&rsquos sacred shrine.

    &ldquoWe saw the carp pond today,&rdquo she tells a table full of her fellow travelers, most of whom are from Toronto.

    I don&rsquot know if it was the raki, the fatigue or if the woman really was as condescending as she sounded, but Levent &mdash a native of Toronto &mdash and I turn on her simultaneously. With not so much as a howdy-do, we launch into tirade/lectures: The Pool of Abraham &mdash a glorious oasis of clear pools, oriental architecture, mosques and gardens &mdash is holy to several Islamic sects, and could you please make an ass of yourself somewhere beside the town&rsquos second-best bar?

    Sanliurfa is like that &ndash a place so genuine that it instills notions of being a conservator, a guardian of tradition, if you would. On the other hand, there is no affluence without an influx of tourists, even though that badly needed cash will change Turkey&rsquos Wild, Wild East forever.

    At the town&rsquos bazaar, we run into Ara Guver, an Istanbul-based author and contract photographer for a number of international publications, including Time magazine. Jaunty in his photojournalist get-up, Guver looks a bit out of place amid Osama bin Laden lookalikes in flowing robes and beards.

    &ldquoHere is real!&rdquo he exclaims as he rests on a bench after a morning of shooting. &ldquoIstanbul has lost everything!&rdquo

    A bit of hyperbole, but I understand the sentiment. Istanbul is still my favorite city in the world, but it long ago lost its soul to modernity. This place has not.

    Around us, people buy and sell every conceivable item. Craftsmen bang copper and brass into utilitarian forms. An Arab woman in purple robes carefully takes a lighter so as not to touch the male vendor&rsquos hand. Spicy lamb on the grill mixes with incense. Old Arabs and Turks squat while appraising kilos of loose tobacco.

    And the tea. Vendors race up and down the indecipherable, catacomb-like hallways, trying to keep up with a never-ceasing demand for the reddish-black brew.

    As we try to take in our surroundings, Guver tells us to savor what we are seeing. &ldquoTake lots of pictures because in five years when you come back, it won&rsquot be the same.&rdquo

    Twenty years ago, he says, he came here and there were no signs of the 20th century. No traffic jams. No billboards or commercial clutter.

    &ldquoIt was pure,&rdquo he said. &ldquoTwenty years from now, it will be sucked into the Industrial Age.&rdquo

    The government in Ankara added &ldquoSanli&rdquo (&ldquoglorious&rdquo) to the town&rsquos former name of Urfa in 1973, a salute to the contribution its fighters made 50 years earlier after they turned the tide in Ataturk&rsquos 1923 revolution that made Turkey the Middle East&rsquos first secular republic.

    Glorious or not, the town plainly is not every traveler&rsquos cup of tea, and one guidebook describes it as &ldquoa town of no great beauty.&rdquo Guver scornfully quotes an Istanbul colleague, who he said places Sanliurfa smack dab in the middle of &ldquomud-hut Turkey.&rdquo

    違います。 I call it God&rsquos country in the most literal sense an Anglo-Jewish agnostic can get away with without being struck by lightning. Quite apart from Mecca, the sacred birthplace of Islam, Turks consider Urfa the historic heart of Islam via its supposed connection to early Jewish prophets who preceded Muhammad.

    Abraham and Lot lived here &mdash or near here, in Harran to the south, according to the Bible &mdash and Urfa was the target of two Crusades because this was once, believe it or not, part of the Holy Roman Empire.

    Though it&rsquos never mentioned by name in the Quran, some Muslims believe Adam was born here by the description of the Garden of Eden. Of the 28 prophets of both the Quran and Torah, at least 20 resided in Urfa, according to Cahit Uyanak, the former Imam at the Abdurrahman Mosque and Madrassa, or religious school, on the west corner of the Pool of Abraham.

    The ruins of a Macedonian fortress above, the series of pools is one of the most inviting sights in Turkey, surrounded by acres and acres devoted to open grassy areas and shady tea gardens. You can see mosques and minarets dating back 600 years to the Selcuks, along with late Ottoman architecture.

    The series of large pools &mdash where the water comes from in this arid land is anyone&rsquos guess &mdash dates to at least the 12th century, but there are multiple legends and religious explanations in Islam for the sight.

    Most claim that Abraham died here and ascended to heaven. Where the beliefs diverge is how he returned. Some say that he was reincarnated as a carp, and thus the swarming schools of overfed carp are treated reverently to this day. Time and again, boys crouching beside the pools assure me that they witnessed a cohort grab a particularly enormous one, only to be immediately struck blind.

    Beliefs and legends aside, the Pool of Abraham is one of the most serene, inviting places I&rsquove ever passed the hours. Just being there, drinking tea and watching the pilgrims feed the fish is as close to a religious experience as I may ever have. And I hope it never changes.

    Which makes me &mdash a secular Westerner &mdash an ally of Uyunak, the ultra-conservative hoja who used to be head imam at the Pool of Abraham. We meet Uyunak, a clean-shaven, dignified man straight out of Turkish middle management, when Levent and I decided to look up local Muslim dignitaries to find out more about the religious history.

    At first, Imam Uyunak doesn&rsquot want to talk to us, but Turkish hospitality dictates he offers tea. With gentle urgings from his young, gentlemanly replacement, the old imam warms to us, and we spend hours talking about the world, Islam&rsquos place in it, and his former fiefdom.

    Soon it comes out that he has a story to tell. Uyunak was the Imam of Abdurrahman Camii (mosque) and Madrassa until a few months earlier, when he included a none-too-subtle parable in his Friday sermon. With Sanliurfa&rsquos mayor and municipal officials in attendance, he analogized local corruption to a huge pool with a crack in it, and thousand of liters of water leaking out.

    Yet, official bookkeeping (shades of Enron, here) maintains the pool is full. &ldquoHow can that be?&rdquo Uyunak said.

    Local officials were not pleased that the old man was basically accusing them of siphoning off the pools&rsquo proceeds and promptly retired him, leaving him to survive on a pension of 10 million Turkish lira a month (about $7).

    But the real issue, Uyunak says, was he fought the city&rsquos plan to install a cultural center at the site with Turkish folk dancing in an open-air theatre. &ldquoI warned the municipality, &lsquoDon&rsquot change the authenticity of the site!&rsquo &rdquo Uyunak said. &ldquoThey were going to have dancing here. This is the home of Abraham, and they were going to have women dancing almost bare naked!&rdquo

    Levent fights to keep a straight face, then looks at me. I am not laughing.

    I&rsquom thinking about the uneasy relationship between secular Turks and the devout brethren they so fear. I flash back on a busload of Turkish teens dressed in short shorts and revealing shirts I had seen earlier, traipsing loudly around the Pool of Abraham, and I decide this is one the Imam should win.

    &ldquoI agree,&rdquo I say, almost involuntarily.

    &ldquoYou do?&rdquo the Imam says, looking at me for a long time.

    &ldquoYou know,&rdquo he says as we part, &ldquothe thing I find most surprising is that non-Muslims are so often more respectful than the locals.&rdquo

    And I think about all the tension between the Islamic world and the West since Sept. 11, and how religious traditions come together here &mdash no matter how fanciful the legends &mdash and I think the Imam&rsquos words are the most hopeful I&rsquove heard in months.

    Young men start as children working as apprentices at the thousands of iron and copper works at Sanliurfa&#39s bazaar.
    TERRY BOYD / S&S


    Turkish Military Opens Command Center For Future Operation In Northeastern Syria

    On March 30, Turkey’s Defense Minister, Hulusi Akar, and Chief of General Staff, Gen. Yasar Gulero, inaugurated a center in southeastern province of Sanliurfa that will manage any possible military operation east of the Euphrates River in northern Syria.

    The two commanders also inspected Turkish forces deployed near the Syrian border in Sanliurfa, according to the Anadolu Agency.

    The new command center reflects Turkey’s determination to end the current situation in northeastern Syria, where US-backed Kurdish forces have established a self-administration. Turkey consider these forces a threat to its national security and recognize some of them, like the People’s Protection Units (YPG), as terrorist groups.

    Earlier, Turkey’s President Recep Tayyip Erdogan vowed to solve the issue of northeastern Syria “on the field” after the upcoming local elections, which is set to be held on March 31. The Turkish President warned that his country will not tolerate a “terrorist corridor” on its southern border.

    “We have taught the necessary lesson to those who tried to do that and we will do the same to them in the future,” Erdogan said.


    Military Commander, Sanliurfa - History

    By LIZ SLY, MISSY RYAN | The Washington Post | Published: October 12, 2019

    BEIRUT — The Turkish invasion of northeastern Syria has forced the U.S. military and its Syrian Kurdish allies to sharply curtail military operations against the Islamic State at a critical moment in the ongoing fight to stamp out the group's residual presence, creating an opening for the militants' comeback, U.S. and Kurdish officials say.

    Hundreds of fighters with the Kurdish-led Syrian Democratic Forces (SDF) have been relocated from areas where the anti-Islamic State operations were focused on the front lines with Turkey, drawing manpower and resources away from the daily raids and missions that have thwarted an Islamic State revival.

    Defense Secretary Mark Esper said on Friday that the United States had not abandoned its Kurdish allies and that the 1,000 troops deployed there would continue hunting down the remnants of the Islamic State. The militant group lost territorial control of its self-proclaimed caliphate earlier this year but is making strenuous efforts to resuscitate its organizational structures across Syria and Iraq.

    "We will continue to work with the 80 members of the Defeat-ISIS coalition and the Syrian Democratic Forces to ensure the defeat of ISIS," he said, using the acronym for the Islamic State.

    U.S. officials privately acknowledged, however, that the tempo of operations against the Islamic State in Syria has "significantly tapered off" since the Turkish offensive began, according to one official who spoke on the condition of anonymity because he was not authorized to speak to the news media.

    A senior SDF official said the anti-Islamic State fight had come to a complete halt, because U.S. troops cannot operate without their SDF partners on the ground, and the SDF is unable to participate in missions while also confronting Turkey. "We are focusing on the Turkish fight," said the official, speaking on the condition of anonymity in accordance with ground rules established by the SDF.

    The most immediate concern is that Islamic State fighters and their families will escape from any of the 20 or so prisons and camps dotted around SDF-held territory. Only about 1,500 of the 10,000 fighters, including foreigners, Iraqis and Syrians, are detained in prisons in the border area. The SDF continues to guard all the prisons and camps where Islamic State fighters or family members are being held, it said.

    In the first instance of a prisoner escape since the invasion began, five Islamic State detainees managed to flee Friday during the panic triggered by a mortar strike on a prison on the outskirts of the Syrian city of Qamishli, according to SDF officials and CCTV video. Tensions have also been rising at the al-Hol camp near the Iraqi border, which houses 70,000 women and children displaced by the fighting.

    There are also thousands of Islamic State fighters still on the run. They have managed to blend in among the Arab communities they once ruled or are camped out in desert hideouts, officials say.

    The most worrisome pockets are hundreds of miles to the south of the front lines with Turkey, in the province of Deir al-Zour and along the Euphrates River valley leading to their former capital of Raqqa, overwhelmingly Arab areas that were already chafing under the rule of the Kurdish-dominated SDF.

    Until this week, U.S. troops and their SDF partners had been conducting raids and missions daily to root out sleeper cells, financiers and recruiters, and they believed they were managing to stay a step ahead of the militants' efforts to regroup, according to U.S. officials. In the week immediately preceding the Turkish incursion, SDF forces alongside coalition partners captured three Islamic State figures linked to explosive attacks and militant sleeper cells, the U.S. military said.

    The progress could be reversed with the pause in the effort, risking a vacuum that the Islamic State could exploit to step up its attacks or perhaps seek to seize territory again, said the SDF commander, Gen. Mazloum Kobane. "We have to keep them under pressure so that they cannot regroup," he said.

    There had been no reason until this week to believe the Islamic State was in any position to take over territory, as it did in 2014, when its sweep through Iraq and Syria brought U.S. troops back to the region, he said. Although scattered attacks still take place, they are small in scale. A bomb outside a restaurant in the town of Qamishli that killed three people was claimed by the Islamic State on Friday. An attack in Raqqa overnight Monday was initially presented by the SDF as a major assault, but it turned out to involve a lone suicide bomber who killed himself and one SDF fighter at a security post.

    The group either lacks the capacity to launch the kind of sustained, repeat suicide bombings that preceded the rise of its "caliphate" in 2014, whether in Iraq or Syria, or is biding its time until it feels the moment is right, U.S. officials say.

    Rather, the group has been focused on reviving the financial and recruitment networks that helped swell its ranks and fueled the insurgency in the past, according to U.S. and Kurdish officials.

    Although the militants lost control of their territory, their organizational structures remain largely intact, said Hassan Hassan of the Center for Global Policy, who is from Deir al-Zour, Syria.

    "Vigilance is important. ISIS is coming back slowly, but the danger is real," he said. "Their organization still functions. You would imagine it shattered, but it seems to be robust. It's not back yet, but they are rebuilding and still have that kind of fear and ability to scare and terrify people in the areas."

    In recent weeks, the militants have shifted their focus from carrying out small-scale attacks on security forces to intimidating residents and abducting or assassinating those who collaborate with the SDF in Arab areas, said Mazloum. Doubts about the durability of U.S. support for the Kurds could further deter local residents from cooperating with U.S. and SDF efforts to stabilize communities by restoring local governance and services.

    The repercussions also could be felt in neighboring Iraq, which has been hit in the past 10 days by a wave of popular unrest that risks detracting attention from the Islamic State fight. There, the Islamic State has had more time to regroup from its defeats and has made greater progress in reactivating its networks, military officials say. Militants who are thought to have escaped from the final defeat at the battle of Baghouz have been arriving in Iraq to reinforce local cells, including foreigners, said an Iraqi Kurdish intelligence official, speaking on the condition of anonymity because he is not authorized to speak to the press.

    The Iraqi army has sent reinforcements to the Syrian border to guard against a spillover of chaos in Syria that could bring a surge of Islamic State fighters into Iraq, an Iraqi army spokesman said. But already it is clear that Islamic State operatives are reestablishing a degree of freedom of movement across an arc of territory stretching from eastern Syria to eastern Iraq, said the intelligence official.

    Pentagon officials said they had not noticed the wave of protests that has engulfed Baghdad and much of southern Iraq affecting operations against the Islamic State. But the Kurdish intelligence official said it has already become clear that the upheaval was distracting government attention from efforts to coordinate much needed operations against the expanding Islamic State presence.