ニュース

ニカラグアの基本的な事実-歴史

ニカラグアの基本的な事実-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

人口2009 .............................................. 5,891,199

GDP購買力平価2008年168.3億ドル
GDPPer Capital 2008 $ 2,900失業............................................。 ........................ 3%

1991-97年の平均年間成長率
人口(%)....... 2.8
労働力(%)....... 3.7

総面積................................................ ................... 365,700平方マイル
貧困(国の貧困ラインを下回る人口の割合)...... 50
都市人口(総人口の%)............................... 63
出生時の平均余命(年)..........................................。 ......... 68
乳児死亡率(出生1,000人あたり)....................................... 43
子供の栄養失調(5歳未満の子供の割合)............................. 12
安全な水へのアクセス(人口の%)................................... 62
非識字率(15歳以上の人口の割合)........................................。 ..37 ..37


ニカラグアの基本的な事実-歴史

ニカラグアは広範囲にわたる不完全雇用を抱えており、世界で最も所得格差が大きく、西半球で1人当たりの所得が3番目に低い国の1つです。国は過去数年間でマクロ経済の安定に向かって進んでいますが、年間GDP成長率は国のニーズを満たすには低すぎるため、国は財政および債務の資金調達義務を果たすために国際経済援助に依存することを余儀なくされています。 2004年初頭、ニカラグアは重債務貧困国(HIPC)イニシアチブの下で約45億ドルの対外債務削減を確保し、2007年10月、IMFは社会のための財政的スペースを創出する新しい貧困削減および成長施設(PRGF)プログラムを承認しました。支出と投資。 IMFとの関係の継続性は、投資を抑制しているORTEGAを取り巻く民間セクターの懸念にもかかわらず、ドナーの信頼を強化します。米国-中央アメリカ自由貿易協定(CAFTA)は、2006年4月から発効しており、多くの農産物および製造品の輸出機会を拡大しています。しかし、石油価格の高騰によるエネルギー不足は、成長の深刻なボトルネックです。


ニカラグアの歴史

ニカラグアの名前は、1400年代後半から1500年代初頭にそこに住んでいた先住民に由来しています。彼らの首長はニカラオと名付けられました。ヨーロッパ人は、エルナンデスデコルドバがスペイン人の入植地を設立した1524年までニカラグアに到着しませんでした。 1821年、ニカラグアはスペインからの独立を獲得しました。

独立後、ニカラグアは、ライバルの政治グループが権力を争う中、頻繁に内戦を経験しました。 1909年、トランス・イストミアン運河を建設する計画のために保守派と自由党の間で敵対行為が拡大した後、米国は国に介入しました。 1912年から1933年まで、米国は運河で働くアメリカ人に対する敵対的な行動を防ぐために国に軍隊を持っていました。

1933年に米軍がニカラグアを去り、1936年に国家警備隊のアナスタシオソモザガルシア司令官が大統領に就任しました。彼は米国との強い絆を維持しようとし、2人の息子が彼の後任になりました。 1979年、サンディニスタ民族解放戦線(FSLN)による蜂起があり、ソモサ家の在任期間は終了しました。その後まもなく、FSLNはリーダーのダニエルオルテガの下で独裁政権を結成しました。

オルテガと彼の独裁政権の行動は米国との友好関係を終わらせ、1981年に米国はニカラグアへのすべての対外援助を停止した。 1985年には、両国間の貿易も禁輸されました。 1990年、ニカラグア内外からの圧力により、オルテガ政権はその年の2月に選挙を実施することに合意しました。ビオレタ・バリオス・デ・チャモロが選挙に勝利しました。

チャモロの在任中、ニカラグアはより民主的な政府の創設に向けて動き、経済を安定させ、オルテガの在任中に発生した人権問題を改善しました。 1996年に別の選挙が行われ、マナグアの前市長であるアルノルド・アレマンが大統領に勝利しました。

しかし、アレマンの大統領職は汚職に関して深刻な問題を抱えており、2001年にニカラグアは再び大統領選挙を行った。今回、エンリケ・ボラノスが大統領に勝利し、彼のキャンペーンは経済を改善し、雇用を構築し、政府の腐敗を終わらせることを約束しました。しかし、これらの目標にもかかわらず、その後のニカラグアの選挙は汚職に見舞われ、2006年にFSLNの候補者であるダニエルオルテガサーヴドラが選出されました。


FSLNの出現

サンディニスタ民族解放戦線(FSLN)は、キューバ革命の成功に触発された3人の社会主義者であるカルロスフォンセカ、シルビオマヨルガ、トマスボーエによって1961年に設立されました。 FSLNは、1920年代にニカラグアでアメリカ帝国主義と戦ったアウグストセザールサンディノにちなんで名付けられました。彼は1933年にアメリカ軍の追放に成功した後、1934年に最初のアナスタシオ・ソモザの命令で暗殺され、州兵を担当していました。 FSLNの目標は、特に米国帝国主義を終わらせるために、サンディニスタの国家主権のための戦いを継続し、ニカラグアの労働者と農民の搾取を終わらせる社会主義革命を達成することでした。

1960年代、フォンセカ、マヨルガ、ボージはすべて亡命に多くの時間を費やしました(FSLNは実際にはホンジュラスで設立されました)。 FSLNは州兵に対していくつかの攻撃を試みましたが、十分な新兵や必要な軍事訓練がなかったため、ほとんど失敗しました。 FSLNは、1970年代の大半を、田舎と都市の両方に拠点を建設するのに費やしました。それにもかかわらず、この地理的な分割により、FSLNの2つの異なる派閥が生まれ、ダニエル・オルテガが率いる3番目の派閥が最終的に出現しました。 1976年から1978年の間、派閥間のコミュニケーションは事実上ありませんでした。


ニカラグアに関する10の事実

これはあなたが前に知らなかったかもしれない国についての10の事実です。

1.ニカラグアは 2つの海岸、それぞれが異なる海に隣接しています。太平洋は国の西にあり、カリブ海は東にあります。

2.ニカラグアの首都はマナグアですが、グラナダの街はおそらく観光客の間で最も人気があり、実際には ラテンアメリカ大陸で最も古い都市。 1524年にエルナンデスデコルドバによって設立されました。エルナンデスデコルドバは国の通貨であるコルドバに名前を付けました。

3。 乾季 ニカラグアでは12月から5月まで実行され、最も雨の多い月は通常6月と10月です。訪問する最も人気のある時期は11月です。

4.人々、そして 経済活動のほとんどは、マナグアとニカラグアの2つの五大湖周辺の西部高地に集中しています。

5.ニカラグアの国技は 野球、サッカーよりもさらに人気!

6.ニカラグアという名前は 「ニカラオ」と「アグア」の2つの単語の組み合わせ。 ニカラオは、スペイン人が1500年代に到着したときに、ニカラグア湖のほとりを占領したインディアンの部族でした。 「アグア」はスペイン語で水を意味します。

7.今日、 主な言語はスペイン語です、東海岸の先住民族は、ミスキート語、相撲、ラマなどの母国語と英語のクレオール語を話しますが。

8.ニカラグア スペインからの独立を獲得 メキシコ革命が1821年9月15日に終了した後。9月15日は独立記念日として祝われ、ニカラグアの国民の祝日です。

9.おそらく ニカラグアの最も有名な特徴、ニカラグア湖 広大な8,264平方キロメートルをカバーし、430以上の火山島があります。また、ユニークな種類の魚が生息しており、その一部は世界の他の場所には存在しません。

10.多くの ニカラグア料理 とうもろこしをベースにしています。キャッサバ、豆、唐辛子もさまざまなニカラグア料理の材料として広く使用されています。最も一般的なニカラグア料理の1つは、ナカタマルです。野菜を詰めたオオバコの葉で煮たヤグルマギクの餃子です。


  • 正式名称:ニカラグア共和国
  • 政府の形態:共和国
  • 大文字:マナグア
  • 人口:6,085,213
  • 公用語:スペイン語、英語、先住民の言語
  • お金:ゴールドコルドバ
  • 面積:49,998平方マイル(129,494平方キロメートル)

地理

ニカラグアは中央アメリカで最大の国であり、ニューヨーク州よりも面積がわずかに大きいです。国は北をホンジュラス、南をコスタリカと国境を接しています。太平洋は西に国境を提供し、国の東の国境はカリブ海にあります。

ニカラグアは、ハリケーン、地震、火山活動により災害に見舞われました。ニカラグアは火山の深部からの蒸気を地熱エネルギーとして利用することができます。

ほとんどの人は、太平洋岸とマナグア湖の間の西太平洋低地地域に住んでいます。東海岸に沿って、モスキートコーストと呼ばれる地域は中央アメリカで最も年間降雨量があります:100から250インチ(2,540から6,350ミリメートル)。

ナショナルジオグラフィックマップによって作成された地図

人々と文化

地元の人々は自分たちをニカラグアと呼んでいますが、ほとんどの部外者は人々をニカラグアと呼んでいます。

ほとんどの人はメスティーソ、またはネイティブとスペイン語を組み合わせたものです。イギリス人は17世紀にプランテーションで働くためにニカラグアに黒人の奴隷を連れてきました。多くのニカラグア人は奴隷の子孫です。

自然

マナグア湖は、サメが生息する唯一の淡水湖です。オオメジロザメは、大西洋からリオサンファン川を上って移動することで湖に入ります。サメは淡水に適応できますが、今では湖で見つかることはめったにありません。

オオハシ、ボアコンストリクター、サル、イノシシ、ジャガー、ナマケモノなど、多くのエキゾチックな動物がニカラグアで見られます。マナティーとウミガメは、カリブ海沿岸の離島のサンゴ礁にあるカヨマヨール生物保護区で泳ぎます。

国には70以上の保護地域があり、多くの絶滅危惧種の生息地を保護するのに役立ちます。ボサワ生物圏保護区には、12種類の毒ヘビを保護する雲霧林があります。

ニカラグアの環境に対する最大の脅威は、森林伐採、土壌侵食、水質汚染です。


宗教

ニカラグアの文化の中で宗教は重要な役割を果たしています。宗教の自由と寛容は政府と憲法の両方によって促進されており、分離はありません。宗教当局は、主要な州の発展について指導を行っており、政治危機の際に政党間を仲介することがよくあります。

多くの宗教的な祝賀会が全国で行われます。これらのイベントは、ダンス、音楽、伝統的な解釈で大勢の人を魅了する、大声で楽しいお祝いであることがよくあります。

各市や町には公式の聖人がいます。 「サントパトロノ」、植民地時代から指定されています。祝福と引き換えにこれらの聖人に贈り物を贈るだけでなく、「フィエスタスパトロナレス」と呼ばれるお祝いが行われ、数日間続くことがあり、カラフルな民俗イベントです。これらのフェスティバルのハイライトは、トランペット、クラリネット、ドラム、シンバルが集まってエネルギッシュなメロディーを生み出す「シックヒーローズ」と呼ばれるフィルハーモニーバンドである傾向があります。


コンテンツ

ニカラグア湖は淡水湖であるにもかかわらず、ノコギリエイ、イセゴイ、サメが生息しています。 [2]当初、科学者たちは湖のサメは固有種であるニカラグア湖のサメであると考えていました(Carcharhinus nicaraguensis)。 1961年に、標本の比較に続いて、それは広く普及しているオオメジロザメと同義でした(C. leucas)、[6]世界中の他の場所で淡水に侵入することでも知られている種。 [7]サメは湖の中に閉じ込められていると推定されていたが、1960年代後半、湖を結ぶサンファン川の急流に沿ってジャンプできることが発見されたとき、これは正しくないことが判明した。カリブ海のニカラグア—ほとんど鮭のようです。 [8]これらの動きの証拠として、湖の中でタグ付けされたオオメジロザメは後に外洋で捕獲され(逆もまた同様)、旅を完了するのにわずか7〜11日かかるものもあります。 [6]湖には、一般的な地域に固有の少なくとも16のシクリッドを含む、他の多くの種類の魚が生息しています。これらのどれもニカラグア湖に厳密に固有のものではありませんが Amphilophus labiatus ニカラグア湖とマナグア湖にのみ自生しています。 [9] [10]外来のシクリッド、ティラピアは、湖内の水産養殖で広く使用されています。それらが生み出す大量の廃棄物と、在来の魚種が抵抗力のない病気を引き起こすリスクがあるため、それらは湖の生態系に対する深刻な脅威となる可能性があります。 [11]

国内最大の淡水源であるニカラグアはそれを呼んでいます ニカラグア湖 また マール・ドゥルセ (文字通りスペイン語で「甘い海」、「淡水」は アグア・ダルシー)。湖には、太平洋に向かって西に吹く東風によって引き起こされるかなりの波があります。湖には、火山島であるオメテペとサパテラ、およびソレンティナメ列島の群島があります。湖は定期的に強い嵐で有名です。

過去37年間で、ニカラグア湖の生態学的状態についてかなりの懸念が表明されてきました。 1981年に環境天然資源省(MARENA)が環境アセスメント調査を実施し、サンプリングされた水源の半分が下水によって深刻に汚染されていることを発見しました。毎日32トン(70,000ポンド)の生下水がニカラグア湖に放出されていることがわかりました。湖の岸に沿って位置する産業は、長期間にわたって排水を投棄していた。 Pennwalt ChemicalCorporationが最悪の汚染者であることが判明しました。ニカラグアの経済状況は、全国的な処理施設の建設を妨げてきました(ニカラグアの給水と衛生を参照)。

ニカラグア政府は、32年間で最悪の干ばつが湖に被害をもたらし、2014年に、水の消費量を減らすために、鶏よりもイグアナを育てて食べるよう市民に勧めました。 [12]また、湖を通るニカラグア運河の計画は、運河の建設および運営中に塩水およびその他の汚染につながる可能性があります。


コンテンツ

ニカラグアでの米国による最初の武力介入は、タフト大統領の下で起こった。 1909年、彼はニカラグアのホセサントスゼラヤ大統領の転覆を命じました。 1912年8月から9月にかけて、2,300人の米海兵隊がコリント港に上陸し、レオンとグラナダへの鉄道路線を占領しました。親米政府は占領下で結成されました。 1914年のブライアン・チャモロ条約は、ニカラグアの米国に永続的な運河の権利を付与し、米国が運営するパナマ運河が使用可能になる10日前に署名されたため、米国の許可なしにニカラグアに競合する運河を建設することはできませんでした。 [6]

1927年、アウグストセザールサンディーノの下で、米国の占領とニカラグアの設立の両方に対して大規模な農民蜂起が開始されました。 1933年、海兵隊はニカラグア国家警備隊を撤退させ、内部の治安と選挙を担当しました。 1934年、州兵の長であるアナスタシオソモザガルシアは、サンディーノを捕まえて殺害するよう部隊に命じました。 1937年、ソモザは州兵の支配下にありながら大統領に就任し、1979年まで家族が支配していた独裁政権を樹立した[7]。

政権の崩壊は、1972年の壊滅的な地震に対応して国に与えられた数百万ドルの対外援助の横領に起因しています。独裁政権の多くの穏健な支持者は、革命的な感情の高まりに直面して独裁政権を放棄し始めました。サンディニスタ(FSLN)運動は救援を組織し、その影響力を拡大し始め、革命の指導者となった。 [8]人気のある蜂起により、1979年にFSLNが政権を握った。米国は長い間社会主義FSLNに反対しており、革命後、カーター政権は財政的および物的援助でソモシスタを支援するために迅速に動いた。ロナルド・レーガンが就任したとき、彼はコントラと呼ばれる反サンディニスタグループへの直接の支援を強化しました。これには、前の独裁政権に忠実な派閥が含まれていました。議会がコントラへのさらなる資金提供を禁止したとき、オリバー・ノースは、議会によっても禁止された武器販売を通じて資金提供を続けました。 [9]

ニカラグアの提出物編集

(a)米国は、ニカラグア内外での軍事的および準軍事的行動の募集、訓練、武装、装備、資金調達、供給およびその他の方法での奨励、支援、支援、および指示において、ニカラグアに対する条約の義務に違反していたこと。 (4)国連憲章第18条および第20条米州機構憲章第8条国の権利と義務に関する条約第1条第3条、米州機構の義務と権利に関する条約第8条内戦の出来事。 (b)米国が慣習国際法に違反したこと1.次の方法でニカラグアの主権を侵害したこと:ニカラグア領海への空中、陸路、海路の侵入によるニカラグアに対する武力攻撃直接および間接的な手段によるニカラグア空域への空中侵入ニカラグア政府を威嚇します。 2.ニカラグアに対する力と力の脅威を使用する。 3.ニカラグアの内政に介入する。 4.海洋の自由を侵害し、平和的な海上商取引を妨害する。 5.ニカラグア市民の殺害、負傷、誘拐。

ニカラグアは、そのような行動はすべて中止し、米国は国民、財産、経済への損害に対して政府に賠償金を支払う義務があることを要求しました。

不履行当事者である米国が、裁判所の判決の有効性に反対する議論を提起した唯一の加盟国であり、「管轄権も提出する能力もない」という決定を通過したと主張したことは注目に値する。ニカラグアの主張に反対することで米国を支持したメンバーは、裁判所の管轄権、その調査結果、または訴訟の実質的なメリットに異議を唱えませんでした。 [10]

非常に長い判決は、最初に291のポイントをリストし、その中には、米国が「違法な強制力の使用」に関与していたというものがありました。申し立てられた違反には、ニカラグアの施設と海軍艦艇への攻撃、ニカラグアの港の採掘、ニカラグアの空域への侵入、訓練、武装、装備、資金調達、軍隊の供給(「コントラ」)、ニカラグアのサンディニスタの転覆の試みが含まれていました。政府。これに続いて、裁判官が投票した声明が出されました。 [11]

調査結果編集

裁判所は、1979年から1981年の間に、ニカラグアとエルサルバドルの武装勢力との間の武器の流れの証拠を発見しました。しかし、ニカラグア政府がこれに帰属するか、米国の対応が比例していたことを示す十分な証拠はありませんでした。裁判所はまた、1982年、1983年、および1984年に、グアテマラとコスタリカの領土への特定の国境を越えた侵入がニカラグア政府に帰属する可能性があると認定しました。しかし、グアテマラもコスタリカも、米国が一方的に介入した後の1984年に、エルサルバドルが米国の介入を要求したことはありませんでした。[1]

「エルサルバドルに関して、裁判所は、慣習国際法において、他の州の反対派への武器の提供は、その州に対する武力攻撃を構成しないと考えている。ホンジュラスとコスタリカに関して、裁判所は、ニカラグアからこれら2つの州の領土への国境を越えた侵入に関する十分な情報があるため、ニカラグアによる武力攻撃に相当するかどうかを判断することは困難です。裁判所は、これらの侵入も武器の供給も疑わしいと判断しました。集団的自衛権の行使を正当化するものとして信頼されるかもしれない。」 [12]

コントラによる人権侵害に関して、「裁判所は、コントラと合衆国政府との関係が、法的な目的で、合衆国政府の機関とコントラを同一視することが正しいかどうかを判断しなければならない。裁判所は、コントラが米国の援助に完全に依存していることを示すには、利用可能な証拠が不十分であると判断し、裁判所が確立できない正確な範囲である部分的な依存を推測することができます。指導者が米国によって選ばれたという事実から、そして組織、軍隊の訓練と装備、作戦の計画、目標の選択と提供された作戦支援のような他の要因から。米国は実際に、コントラをその代理として扱うことを正当化するような程度の統制を行使しました。上記の結論に達した後、裁判所はコントラは彼らの行為、特に彼らによる人道法違反の申し立てに対して引き続き責任があると見ています。合衆国が法的責任を負うためには、その国が、申し立てられた違反が行われた過程での作戦を効果的に管理していたことを証明しなければならないだろう。」[12]

裁判所は、米国はその異議にもかかわらず、裁判所の管轄権の対象であると結論付けました。裁判所は、11月26日に、国際司法裁判所規程の第36条(すなわち、強制管轄)または1956年の友好、商取引および航海条約のいずれかに基づいて、事件の管轄権を有するとの11票の判決を下しました。米国とニカラグアの間。憲章は、疑わしい場合には、裁判所自身が管轄権を有するかどうかを決定することであり、国連の各加盟国は裁判所の決定に従うことを約束することを規定しています。裁判所はまた、本件は容認できると全会一致で裁定した。 [13]その後、米国は「この場合、さらなる手続きに参加しないことを決定した」と発表した。裁判所の管轄権の決定から約1年後、米国は、裁判所の強制管轄権への同意を撤回するというさらに根本的な措置を講じ、拘束力のある国際判決に対する以前の40年間の法的コミットメントを終了しました。国際司法裁判所の一般的な強制管轄権の受諾宣言は、1985年10月7日に国務長官が国連に提出した6か月の終了通知の後に終了した。[14]

裁判所は、ニカラグアに対する違法な強制力の使用を「中止し、差し控える」よう米国に求め、米国は「他の州に対して強制力を使用しないという慣習国際法の下での義務に違反している」と述べ、それを命じたが賠償金を支払うために、米国は従うことを拒否した。 [15]安全保障理事会の常任理事国として、米国はニカラグアによって試みられたいかなる執行メカニズムも阻止することができた。 [16] 1986年11月3日、国連総会は94-3の投票(エルサルバドル、イスラエル、および米国が反対票を投じた)により、米国に遵守を促す拘束力のない[17]決議を可決した。 [18]

裁定編集

1986年6月27日、裁判所は次の判決を下しました。

  1. 1984年4月9日にニカラグア共和国によって提出された申請によって提起された紛争を裁定する際に、裁判所は、但し書き(c)に含まれる「多国間条約留保」を下で行われた管轄権の受諾の宣言に適用する必要があると決定します。 1946年8月26日に寄託されたアメリカ合衆国政府による裁判所法第36条第2項
  2. この事件の主題であるニカラグア内外の軍事および準軍事活動に関連してアメリカ合衆国が維持している集団的自衛の正当化を拒否する
  3. アメリカ合衆国は、コントラ軍の訓練、武装、装備、資金提供、供給、またはニカラグア内外の軍事および準軍事活動を奨励、支援、支援することにより、ニカラグア共和国に対して、その違反で行動したと決定します。下の義務 他国の事柄に介入しない慣習国際法
  4. アメリカ合衆国は、1983年から1984年のニカラグア領土への特定の攻撃、つまり1983年9月13日と10月14日のプエルトサンディノへの攻撃、1983年10月10日のコリントへの攻撃、4/5のポトシ海軍基地への攻撃によって決定します。 1984年1月、1984年3月7日のサンファンデルスルへの攻撃、1984年3月28日と30日のプエルトサンディノでのパトロールボートへの攻撃、1984年4月9日のサンファンデルノルテへの攻撃、さらにサブパラグラフで言及された介入行為による攻撃(3)力の行使を伴う本契約は、ニカラグア共和国に対して、以下の義務に違反して行動した。 他の州に対して力を行使しない慣習国際法
  5. アメリカ合衆国は、ニカラグア領土の上空飛行を指示または承認することにより、および本書のサブパラグラフ(4)で言及されるアメリカ合衆国に帰属する行為により、ニカラグア共和国に対して、以下の義務に違反して行動したと決定します。 他国の主権を侵害しない慣習国際法
  6. アメリカ合衆国は、1984年の最初の数か月間にニカラグア共和国の内海または領海に地雷を敷設することにより、ニカラグア共和国に対して、以下の義務に違反して行動したと決定しました。 他国に対して力を行使したり、その業務に介入したり、その主権を侵害したり、平和的な海上商取引を妨害したりしない慣習国際法
  7. 本書のサブパラグラフ(6)で言及されている行為により、アメリカ合衆国は、ニカラグア共和国に対して、米国間の友好、商取引および航海に関する条約の第XIX条に基づく義務に違反して行動したと決定します。アメリカとニカラグア共和国は1956年1月21日にマナグアで署名しました
  8. アメリカ合衆国は、本書のサブパラグラフ(6)で言及されている、それによって敷設された鉱山の存在と場所を知らないことにより、この点で慣習国際法に基づく義務に違反して行動したと決定します。
  9. アメリカ合衆国は、1983年に「Operacionessicológicasenguerrade guerrillas」というタイトルのマニュアルを作成し、それをコントラ軍に配布することにより、人道法の一般原則に反する行為の委託を奨励したが、犯された可能性のあるそのような行為は、アメリカ合衆国の行為としてアメリカ合衆国に帰属すると結論付ける根拠
  10. アメリカ合衆国は、本書のサブパラグラフ(4)で言及されているニカラグア領土への攻撃により、また1985年5月1日にニカラグアとの貿易に対する一般的な禁輸を宣言することにより、その目的と目的を奪うために計算された行為を行ったと決定します。 1956年1月21日にマナグアで署名された締約国間の友好、商取引および航海の条約
  11. アメリカ合衆国は、本書のサブパラグラフ(4)で言及されているニカラグア領土への攻撃により、また1985年5月1日にニカラグアとの貿易に対する一般的な禁輸を宣言することにより、第XIX条に基づく義務に違反して行動したと決定します。 1956年1月21日にマナグアで署名された締約国間の友好、商取引および航海の条約
  12. アメリカ合衆国は、前述の法的義務の違反を構成する可能性のあるすべての行為を直ちに停止し、差し控える義務があると判断します。
  13. アメリカ合衆国は、上記の慣習国際法に基づく義務違反によりニカラグアに生じたすべての傷害について、ニカラグア共和国に賠償を行う義務があると判断します。
  14. アメリカ合衆国は、1956年1月21日にマナグアで署名された締約国間の友好、商取引および航海条約の違反によってニカラグアに生じたすべての傷害についてニカラグア共和国に賠償を行う義務があると決定します。
  15. そのような賠償の形式と金額は、当事者間の合意に失敗し、裁判所によって解決されることを決定し、この目的のために、事件のその後の手続きを留保します。
  16. 国際法に従い、平和的手段により紛争の解決を模索する義務を両当事者に想起させる。 [12]

法的な明確化と重要性編集

判決は、力の使用の禁止と自衛権を取り巻く問題を多くの点で明らかにした。 [19]ニカラグア領海に地雷を敷設した場合と同様に、コントラの武装と訓練は、非介入と強制力の使用の禁止の原則に違反していることが判明した。

ニカラグアのエルサルバドルでの武力反対派との取引は、非介入の原則と強制力の使用の禁止の違反と見なされるかもしれないが、「武力攻撃」を構成するものではなかった。自衛権。

裁判所はまた、米国がエルサルバドルの集団的自衛で行動していると主張していると見なし、エルサルバドルが自衛を理由に米国の支援を要求したことがなかったため、この条件に達していないことを認めた。

鉱山の敷設に関しては、「警告や通知なしに他の州の海域に鉱山を敷設することは、違法行為であるだけでなく、1907年のハーグ条約第VIII号の根底にある人道法の原則の違反でもあります。」

審査員の投票方法編集

裁判官の投票–ニカラグア対アメリカ合衆国

運用パラグラフ
ジャッジ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
ナゲンドラ・シン大統領(インド) はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
Lacharrière副社長(フランス) はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
裁判官前(イタリア) はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
エリアス裁判官(ナイジェリア) 番号 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
ラックス裁判官(ポーランド) はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
ムベイ裁判官(セネガル) はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
Ni裁判官(中華人民共和国) 番号 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
織田裁判官(日本) はい 番号 番号 番号 番号 番号 はい 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい はい
ルダ裁判官(アルゼンチン) 番号 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
シュウェーベル裁判官(アメリカ合衆国) はい 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい 番号 番号 番号 番号 番号 番号 はい
セッテ・カマラ裁判官(ブラジル) 番号 はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい
ロバート・ジェニングス裁判官(イギリス) はい 番号 番号 番号 番号 番号 はい はい はい 番号 番号 番号 番号 はい はい はい
アドホックコリアード裁判官(ニカラグア) はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい

異議編集

シュウェーベル裁判官の反対意見は、実際の判決の2倍の長さでした。シュウェーベル裁判官は、サンディニスタ政府が現在不平を言っているのと同様の外国の介入の支援を受けて権力を握ったと主張した。彼は、サンディニスタ政府が国際的に認められ、その後違反した約束と引き換えに大量の対外援助を受けたと主張した。彼は、サンディニスタ政府が実際にエルサルバドルの反政府勢力を支持したという証拠を引用し、ニカラグア自身のCIAの目撃者は、エルサルバドルの反政府勢力を決して支持したことがないという彼らの主張と矛盾していると述べた。 CIAの目撃者は、1981年初頭以来、武器の出荷の証拠はないと述べたが、シュウェーベルは、証拠を見たボーランド議員などのコントラ援助の反対者が武器の出荷が進行中であると信じた理由を信頼できる形で説明できないと主張した。彼はさらに、ダニエル・オルテガが1985年と1986年の声明でそのような積荷を公に認めたと主張した。さらに、反政府勢力の指導部がニカラグアで時折活動したことに異議はなかった。

彼は、1981年8月、米国はニカラグアへの援助を再開し、エルサルバドルの反政府勢力を支援しないというニカラグアの公約と引き換えに政権交代を支援しないことを申し出たと述べた。 These proposals were rejected by the Sandinistas, and judge Schwebel argued that the U.S. was entitled to take action in collective self-defense with El Salvador by authorizing Contra aid in December 1981. He stated that further U.S. proposals to resolve the issue made in early 1982 were also ignored by the Sandinistas. The Sandinista government in 1983 began advancing proposals in which it would undertake not to support the rebels, but Schwebel noted that these were coupled with demands that the U.S. cease supporting the lawful government of El Salvador. The judge noted that since early 1985 the U.S. had increasingly made regime change a primary objective but argued this was not inconsistent with self-defense because it was reasonable to believe that Nicaragua would not maintain any commitments unless Sandinista power was diluted.

The judge said that both sides of the wars in Nicaragua and El Salvador had committed atrocities. He said the U.S. mining of Nicaraguan harbors was unlawful in regard to third parties, but not Nicaragua. [20]

First witness: Commander Luis Carrión Edit

The first witness called by Nicaragua was Nicaragua's first Vice Minister of the Interior, Commander Luis Carrion. Commander Carrion had overall responsibility for state security and was in charge of all government operations in the "principal war zone". He was responsible for monitoring United States involvement in military and paramilitary activities against Nicaragua, directing Nicaragua's military and intelligence efforts against the contra guerrillas.

Commander Carrion began by explaining the condition of the contras prior to United States' aid in December 1981. Commander Carrion stated that the contras consisted of insignificant bands of poorly armed and poorly organized members of Somoza's National Guard, who carried out uncoordinated border raids and rustled cattle (presumably for food).

In December 1981, the U.S. Congress authorized an initial appropriation of 19 million dollars to finance paramilitary operations in Nicaragua and elsewhere in Central America. Because of this aid, Commander Carrion stated that the contras began to become centralized and received both training and weapons from the CIA. During 1982 the contra guerrillas engaged the Sandinista armed forces in a series of hit and run border raids and carried out a number of sabotage operations including:

  1. the destruction of two key bridges in the northern part of Nicaragua, and
  2. the planting of bombs in Nicaraguan civil aircraft in Mexico and in the baggage area of a Nicaraguan port.

The United States Central Intelligence Agency, and Argentine military officers financed by the CIA, were engaged in the training of the contra forces. The guerrillas received both basic infantry training as well as training in specialized sabotage and demolition for "special operation groups".

The U.S. Congress apportioned new funds for the contras to the amount of $30 million at the end of 1982. This made it possible for the contra forces to launch a military offensive against Nicaragua. According to Commander Carrion, the offensive known as "C Plan" had the objective of capturing the Nicaraguan border town of Jalapa in order to install a provisional government, which could receive international recognition. This plan failed.

After the failure of the Jalapa offensive the contras changed their tactics from frontal assaults to economic warfare against State farms, coffee plantations, grain storage centers, road junctions, etc.

The CIA began to support the contras by setting up and coordinating a communications and logistical system. The CIA supplied aircraft and the construction of airfields in the Honduran border area next to Nicaragua. This allowed the contras to carry out deep penetration raids into the more developed and populated areas of the Nicaraguan interior. U.S. Army engineers created this airfield. The purpose of these deep penetration attacks upon economic targets was to weaken the Nicaraguan economy, causing a shortages of goods.

As a part of its training program for the contras, the CIA prepared and distributed a manual entitled Psychological Operations in Guerrilla Warfare. This manual included instructions in the "use of implicit and explicit terror", and in the "selective use of violence for propaganda effects". Commander Carrion explained that the manual was given to the Contras, "All of these terrorist instructions have the main purpose of alienating the population from the Government through creating a climate of terror and fear, so that nobody would dare support the Government". The manual calls for the "neutralization" (i.e. assassination) of Sandinista local government officials, judges, etc. for purposes of intimidation. It was openly admitted by the President Reagan in a press conference that the manual had been prepared by a CIA contract employee.

After the United States Congress approved an additional $24 million aid to the contras in December 1983, a new offensive was launched, named Plan Sierra. This offensive involved approximately 7000 members of the contra forces. As in earlier attacks, the initial objective of this offensive was to capture the border town of Jalapa to install a provisional government, which the CIA informed the contras would be immediately recognized by the United States Government. But this contra offensive was also repulsed by the Nicaraguan government forces.

In the beginning of 1984, the contras made a major effort to prevent the harvesting of the coffee crop, which is one of Nicaragua's most important export products. Coffee plantations and state farms where coffee is grown were attacked, vehicles were destroyed, and coffee farmers were killed.

Commander Carrion testified that the ability of the contras to carry out military operations was completely dependent upon United States funding, training and logistical support. Carrion stated that the U.S. Government supplied the contras with uniforms, weapons, communications equipment, intelligence, training, and coordination in using this material aid.

In September 1983, CIA operatives blew up Nicaragua's only oil pipeline, which was used to transport oil from off-loading facilities to storage tanks on shore. The United States was also directly involved in a large scale sabotage operation directed against Nicaragua's oil storage facilities. This last attack was carried out by CIA contract employees termed by that organization as "Unilaterally Controlled Latin Assets" (UCLAs). The CIA personnel were also directly involved in a helicopter attack on a Nicaraguan army training camp. One of the helicopters was shot down by Nicaraguan ground fire resulting in the death of two U.S. citizens.

Commander Carrion testified that the United States was involved in the mining of Nicaragua's ports between February – April 1984. The mining operation was carried out by CIA ships directing the operation from international waters, while the actual mining was carried out by CIA employees on board speedboats operating inshore. After the mine-laying was completed the speedboats returned to the mother vessel. [21] [22]

Carrion stated that 3,886 people had been killed and 4,731 wounded in the four years since the contras began their attacks. Carrion estimated property damage at $375 million. [23]

Commander Carrion stated if the United States stopped aid, support and training, this would result in the end of the contras military activities within three months. Asked why he was so sure of this, Commander Carrion answered, "Well, because the contras are an artificial force, artificially set up by the United States, that exists only because it counts on United States direction, on United States training, on United States assistance, on United States weapons, on United States everything. Without that kind of support and direction the contras would simply disband, disorganize, and thus lose their military capacity in a very short time". [21]

Second witness: Dr. David MacMichael Edit

David MacMichael was an expert on counter-insurgency, guerrilla warfare, and Latin American affairs, he was also a witness because he was closely involved with U.S. intelligence activities as a contract employee from March 1981 – April 1983. MacMichael worked for Stanford Research Institute, which was contracted by the U.S. Department of Defense. After this he worked two years for the CIA as a "senior estimates officer", preparing the National Intelligence Estimate. Dr. MacMichael's responsibility was centered upon Central America. He had top-secret clearance. He was qualified and authorized to have access to all relevant U.S. intelligence concerning Central America, including intelligence relating to alleged Nicaraguan support for, and arms shipments to the anti-Government insurgents in El Salvador. He took part in high level meetings of the Latin American affairs office of the CIA. Including a fall 1981 meeting, which submitted the initial plan to set up a 1500-man covert force on the Nicaraguan border, shipping arms from Nicaragua to the El Salvador insurgents. This plan was approved by President Reagan. [23] [24]

"The overall purpose (for the creation of the contras) was to weaken, even destabilize the Nicaraguan Government and thus reduce the menace it allegedly posed to the United States' interests in Central America. "

Contra paramilitary actions would "hopefully provoke cross-border attacks by Nicaraguan forces and thus serve to demonstrate Nicaragua's aggressive nature and possibly call into play the Organization of American States' provisions (regarding collective self-defense). It was hoped that the Nicaraguan Government would clamp down on civil liberties within Nicaragua itself, arresting its opposition, so demonstrating its allegedly inherent totalitarian nature and thus increase domestic dissent within the country, and further that there would be reaction against United States citizens, particularly against United States diplomatic personnel within Nicaragua and thus to demonstrate the hostility of Nicaragua towards the United States".

In response to repeated questions as to whether there was any substantial evidence of the supply of weapons to the guerrilla movement in El Salvador- either directly by the Nicaraguan Government itself-or with the knowledge, approval or authorization of the Nicaraguan Government of either non-official Nicaraguan sources, or by third country nationals inside or outside Nicaragua, using Nicaraguan territory for this purpose, Dr. MacMichael answered that there was no such evidence. In the opinion of the witness it would not have been possible for Nicaragua to send arms to the insurgents in El Salvador in significant amounts (as alleged by the U.S. Government) and over a prolonged period, without this being detected by the U.S. intelligence network in the area. Counsel for Nicaragua, asked the witness several times whether any detection of arms shipments by or through Nicaragua had taken place during the period he was employed by the CIA. (MacMichael) answered repeatedly that there was no such evidence. He also stated that after his employment had terminated, nothing had occurred that would cause him to change his opinion. He termed the evidence that had been publicly disclosed by the U.S. Government concerning Nicaraguan arms deliveries to the El Salvadoran insurgents as both "scanty" and "unreliable". The witness did however state that based on evidence, which had been gathered immediately prior to his employment with the CIA, evidence he had already actually seen, there was substantial evidence that arms shipments were reaching El Salvador from Nicaragua – with the probable involvement and complicity of the Nicaraguan Government – through late 1980 up until the spring of 1981. But this evidence, which most importantly had included actual seizures of weapons, which could be traced to Nicaragua, as well as documentary evidence and other sources, had completely ceased by early 1981. Since then, no evidence linking Nicaragua to shipments of arms in any substantial quantities had resumed coming in. [24]

Third witness: Professor Michael Glennon Edit

Mr. Glennon testified about a fact-finding mission he had conducted in Nicaragua to investigate alleged human rights violations committed by the Contra guerrillas, sponsored by the International Human Rights Law Group, and the Washington Office on Latin America. Glennon conducted the investigation with Mr. Donald T. Fox who is a New York attorney and a member of the International Commission of Jurists.

They traveled to Nicaragua, visiting the northern region where the majority of contra military operations took place. The two lawyers interviewed around 36 northern frontier residents who had direct experience with the contras. They also spoke with the U.S. Ambassador to Nicaragua, and with senior officials of the U.S. Department of State in Washington after returning to the United States.

No hearsay evidence was accepted. Professor Glennon stated that those interviewed were closely questioned and their evidence was carefully cross-checked with available documentary evidence. Doubtful "testimonies" were rejected, and the results were published in April 1985.

The conclusions of the report were summarized by Glennon in Court:

We found that there is substantial credible evidence that the contras were engaged with some frequency in acts of terroristic violence directed at Nicaraguan civilians. These are individuals who have no connection with the war effort-persons with no economic, political or military significance. These are Individuals who are not caught in the cross-fire between Government and contra forces, but rather individuals who are deliberately targeted by the contras for acts of terror. "Terror" was used in the same sense as in recently enacted United States law, i.e. "an activity that involves a violent act or an act dangerous to human life that Is a violation or the criminal law, and appears to be intended to intimidate or coerce a civilian population, to Influence the policy of a government by intimidation or coercion, or to affect the conduct of a government by assassination or kidnapping.

In talks with U.S. State Department officials, at those in Managua U.S. Embassy, and with officials in Washington, Professor Glennon had inquired whether the U.S. Government had ever investigated human rights abuses by the contras. Professor Glennon testified that no such investigation had ever been conducted, because in the words of a ranking State Department official who he could not name, the U.S. Government maintained a policy of "intentional ignorance" on the matter. State Department officials in Washington- had admitted to Glennon that "it was clear that the level of atrocities was enormous". Those words "enormous" and "atrocities" were the ranking State Department official's words. [25]

Fourth witness: Father Jean Loison Edit

Father Jean Loison was a French priest who worked as a nurse in a hospital in the northern frontier region close to Honduras.

Asked whether the contras engaged in acts of violence directed against the civilian population, Father Loison answered:

Yes, I could give you several examples. Near Quilali, at about 30 kilometers east of Quilali, there was a little village called El Coco. The contras arrived, they devastated it, they destroyed and burned everything. They arrived in front of a little house and turned their machinegun fire on it, without bothering to check if there were any people inside. Two children, who had taken fright and hidden under a bed, were hit. I could say the same thing of a man and woman who were hit, this was in the little co-operative of Sacadias Olivas. It was just the same. They too had taken fright and got into bed. Unlike El Coco, the contras had just been on the attack, they had encountered resistance and were now in flight. During their flight they went into a house, and seeing that there were people there, they threw grenade. The man and the woman were killed and one of the children was injured.

I would say that kidnappings are one of the reasons why some of the peasants have formed themselves into groups. Here (indicates a point on the map) is Quilali. Between Quilali and Uilili, in this region to the north, there are hardly any peasants left of any age to bear arms, because they have all been carried off.

Father Loison described many examples of violence, mostly indiscriminate, directed at the civilian population in the region where he resides. The picture that emerges from his testimony is that the contras engage in brutal violation of minimum standards of humanity. He described murders of unarmed civilians, including women and children, rape followed in many instances by torture or murder, and indiscriminate terror designed to coerce the civilian population. His testimony was similar to various reports including the International Human Rights Law Group, Amnesty International, and others. [26]

Fifth witness: William Hüper Edit

William Hüper was Nicaragua's Minister of Finance. He testified about Nicaragua economic damage, including the loss of fuel as a result of the attack in the oil storage facilities at Corinto, the damage to Nicaragua's commerce as a result of the mining of its ports, and other economic damage. [27]

After five vetoes in the Security Council between 1982 and 1985 of resolutions concerning the situation in Nicaragua [2], the United States made one final veto on 28 October 1986 [28] (France, Thailand, and United Kingdom abstaining) of a resolution calling for full and immediate compliance with the judgment. [29]

Nicaragua brought the matter to the U.N. Security Council, where the United States vetoed a resolution (11 to 1, 3 abstentions) calling on all states to observe international law. Nicaragua also turned to the General Assembly, which passed a resolution 94 to 3 calling for compliance with the World Court ruling. Two states, Israel and El Salvador, joined the United States in opposition. At that time, El Salvador was receiving substantial funding and military advisement from the U.S., which was aiming to crush a Sandinista-like revolutionary movement by the FMLN. At the same session, Nicaragua called upon the U.N. to send an independent fact-finding mission to the border to secure international monitoring of the borders after a conflict there the proposal was rejected by Honduras with U.S. backing. A year later, on November 12, 1987, the General Assembly again called for "full and immediate compliance" with the World Court decision. This time only Israel joined the United States in opposing adherence to the ruling. [30] [31]

The United States refused to participate in the merits phase of the proceedings, but the Court found that the US refusal did not prevent it from deciding the case. The Court also rejected the United States defense that its action constituted collective self-defense. The United States argued that the Court did not have jurisdiction, with U.S. ambassador to the United Nations Jeane Kirkpatrick dismissing the Court as a "semi-legal, semi-juridical, semi-political body, which nations sometimes accept and sometimes don't." [32]

The United States had signed the treaty accepting the Court's decision as binding, but with the exception that the court would not have the power to hear cases based on multilateral treaty obligations unless it involved all parties to the treaty affected by that decision or the United States specially agreed to jurisdiction. The court found that it was obliged to apply this exception and refused to take on claims by Nicaragua based on the United Nations Charter and Organization of American States charter, but concluded that it could still decide the case based on customary international law obligations with 11-4 majority.

After five vetoes in the Security Council between 1982 and 1985 of resolutions concerning the situation in Nicaragua [3], the United States made one final veto on 28 October 1986 [28] (France, Thailand, and United Kingdom abstaining) of a resolution calling for full and immediate compliance with the Judgement. [29]


歴史

Early Nicaragua

The agricultural revolution reached the Nicaraguan region around 400 BC. Then Christopher Columbus landed on the coast of Nicaragua in 1502.

in 1523, the Spaniards came to power and they founded Granada and Leon. The Spaniards divided the land among themselves into large estates and conquered Nicaragua that the natives were forced to work on.

In the seventeenth century, British, Dutch, and French pirates sometimes invaded Nicaragua’s Atlantic coast.

However, there was little change in Nicaragua until the early 19th century. In 1821, part of Central America seceded from Spanish rule and formed the Central Provinces.

In 1838, however, Nicaragua became completely independent.

Independent Nicaragua

During the19th century, Nicaragua divided between liberals and conservatives. In 1855, an American adventurer named William Walker came to power in Nicaragua and in 1856 declared himself president. However, he was expelled in 1857.

Jose Santos Zelaya made himself dictator of Nicaragua in 1893.

In 1912, the United States sent a navy to occupy Nicaragua. They remained there until 1933.

Anastasio Somoza Garcia became the leader of Nicaragua.his family and he controlled the country for the next 42 years, in 1936. Anastasio Somoza Garcia was assassinated in 1956, but his son Luis Somoza took over the dictatorship of Nicaragua. He died in 1967 and was succeeded by his younger brother Anastasio Somoza Debil.

Modern Nicaragua

Meanwhile, in 1961, the Frente Sandinista de Liberation or Sandinista National Freedom (FSLN) was formed.

They started a long guerrilla war. In 1972, a strong earthquake shook Managua. Somoza and his entourage provided more international aid, and opposition to his regime increased. In 1978, riots spread throughout Nicaragua.

Finally, in 1979, the Sandinistas launched an attack. On July 17, 1979, Samoza fled abroad, and on July 19, the Sandinistas captured Managua. The long campaign against Samoza cost 50,000 people.

Meanwhile, in 1972, an earthquake the Nicaraguan capital, Managua, devastated that killed thousands.

Daniel Ortega became President of Nicaragua in 1984, while relations with the United States deteriorated. The United States ended its aid in 1981 and imposed trade sanctions in 1985. (Canceled in 1990).

In 1990, the opposition Sandinistas the Union Nacional Opositora (UNO) won parliamentary and presidential elections. Violeta Chamorro became the first woman president of Nicaragua.

In 1997, Arnoldo Aliman became president. Daniel Ortega was President in 2006 and re-elected in 2011.

Today, Nicaragua is still a poor country. Nicaragua is an agricultural country but tourism is a growing industry.

Many people from Nicaragua work abroad and it is very common to be underemployed at home. In 2020, Nicaragua had a population of 6.6 million.

Nicaraguan culture

Music based on religious roots is one of the most important cultural parts of Nicaragua. In general, music in this country is considered to be dependent on American art.

In Nicaragua, a similar culture is observed in relation to the captives of the American countries. On the other hand, in this country, people consider indigenous languages as an important part of their culture. Music and dance are used in combination.

Folk music is heard repeatedly in the streets during the month of May, and this month is dedicated to folk music. Among the various cultures found in Nicaragua, people try to learn the culture of multinational life.

Nicaraguan people are sometimes bilingual. Using two dialects to speak is an important part of Nicaraguan culture.

Music in Nicaragua has a profound influence on the indigenous and European parts.

Musical instruments in this country are often traditional. Holding the instrument on the knee is one of the most important parts of Nicaraguan music, which is very unique and has special aspects.

Music has a wide range of scientific backgrounds among different social groups.

It is clear that the urban culture in this country has gone through a long process. also education is free for students in this country.

Geography of Nicaragua

Nicaragua is a country located in Central America and its capital is the city of Managua.

By area, Nicaragua is the largest country in Central America. Nicaragua has borders with Costa Rica to the south and Honduras to the north. The country has the Pacific Ocean on its west coast.


ビデオを見る: עובדות מטורפות שישגעו לכם את המוח (かもしれません 2022).