ニュース

アウグスタラウリカ

アウグスタラウリカ


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

アウグスタラウリカは、スイスのバーゼル近郊にある保存状態の良い古代ローマ遺跡です。紀元前15年に設立されたアウグスタラウリカは、1世紀半ばまでに、人口2万人を超える繁栄する植民地に成長しました。今日残っている場所の中に、アウグスタラウリカには、50列の劇場、いくつかの公共および民間の建物の残骸、メインポンプルームに接続された地下のローマの下水道の迷路があります。

アウグスタラウリカの歴史

ローマ人の上院議員ルキウスムナティウスプランカスが率いるローマ人は、紀元前44年頃にアウグスタラウリカの植民地を設立し、地元のガリア族の集落をラウラチと名付けました。しかし、植民地化が成功し、アウグストゥス皇帝が中央アルプスを征服したのは紀元前15年のことでした。

この都市は、ライン川の近くの高原とジュナ山脈のふもとに設立され、征服されていないゲルマニアに対するフロンティアを確立しました。したがって、ローマ人はアウグスタラウリカで強力な防御を構築しました。山のふもとにカストラを築き、北、東、西側の急な斜面で街を守った。

西暦2世紀までに、アウグスタラウリカは繁栄した貿易の中心地であり、地元の属州の首都でした。推定人口は2万人で、アウグスタラウリカはスモークポークとベーコンを帝国全体に輸出しました。典型的なローマの都市として、アウグスタラウリカは円形劇場、フォーラム、いくつかの小さなフォーラム、水道橋、公衆浴場、さまざまな寺院、アルプス北部で最大の劇場などの機能も備えていました。

西暦250年に大地震が街の多くを襲い、その直後、アレマン人のドイツ人または略奪したローマ軍がアウグスタラウリカを破壊しました。街に残っていたものは、ライン川の要塞、カストラムラウラセンスに移されました。 1442年までに、これらのコミュニティの子孫は川に沿って分割され、半分はハプスブルク家の領土になり、もう一方はスイス人になりました。 1803年にナポレオンがハプスブルク家を破った後、どちらもスイスになりました。

今日のアウグスタラウリカ

今日、発掘されたアウグスタラウリカとその後のローマのカストラは、国家的に重要な遺産となっています。廃墟となった集落は一般に公開されており、訪問者は円形劇場、水道橋、木星と大聖堂の寺院があるフォーラム、そして印象的な劇場の遺跡を見ることができます。

建設された商業地域の多くはまだ発掘されていませんが、パン屋、陶芸家、タイル窯の遺跡を見ることができます。近くには、アウグスタラウリカの最も重要な発見物が収蔵されているローマ博物館の中に立ち寄ることもできます。ハイライトは、カイザーアウークシュトの宝物です。1961年に発見された、司令官が所有している可能性が最も高い宝物です。博物館には、日常生活を説明するために再建されたローマの家も含まれています。

アウグスタラウリカへの行き方

車でお越しの場合、アウグスタラウリカはバーゼルからA3に沿って車で18分です。アウグスタラウリカの反対側の道路の反対側に駐車場があります。公共交通機関でお越しの場合、SBBバーゼル駅からのS1列車は、30分ごとに出発し、アウグスタラウリカから徒歩11分のカイザーアウークシュまで23分かかります。


スイスのローマの歴史

私たちがバーゼルを訪れていたとき、私たちはいとこと彼女の夫によってアウグスタラウリカに連れて行かれました。彼らが私たちにそれらについて話すまで、私たちは遺跡に気づいていませんでした。ヨーロッパの真ん中にこのような保存状態の良い地域を見つけたのは驚きでした。私たちは、円形劇場、住宅、作業エリアを探索するのに数時間を費やしました。保存グループは、この地域の生活と歴史を示す素晴らしい仕事をしました。この地域を訪れる人は必見です。

これは歩き回って見るのに良い場所です。かなり広いので、中を過ごすよりも天気の良い日に歩き回る場所です。ピクニックを持ってきて、食事をしたり、日陰でリラックスしたり、子供たちが退屈したときに廃墟を見ながら休憩したりする場所がたくさんあります。

もちろん、ローマ、そしてアウグスタラウリカを訪れるなら。少し空っぽに見えます。しかし、その場所はかなり散歩するのにいいです。

バーゼルのすぐ外にあるアウグスタラウリカは、アルプスの北にある最大のローマ人居住地ではないにしても、最大の集落の1つでした。まだまだ見るべきことがたくさんあります。博物館、コンサートが時々行われる円形劇場、8月にはローマの兵士、剣闘士、ショップ(実際にはテント)、屋台などが並ぶ大きなローマの祭りがあります。

これは訪問するのに素晴らしいサイトです。スイスについて考えるとき、必ずしもローマ時代の遺跡について考える必要はありませんが、これはあなたの旅行に非常に追加されます。遺跡や博物館を探索するのに数時間かかります。

スイスのローマ時代の遺跡。アウグスタラウリカを2回訪れました。毎年恒例のローマフェスティバル(RömerfestAugustaRaurica)に一度、毎年8月と先日開催されます。
お祭りは素晴らしかった。よく広がっていて、見るべきものがたくさんあります。剣闘士の戦い、騎兵隊の追跡、軍団の行進、そして有益でインタラクティブな屋台がたくさんありました。
唯一の欠点は、私が家族と一緒にいて楽しかったことですが、とても暑くて日陰がほとんどなかったので、十分早く出発しなければなりませんでした。また、かなり混雑していて、時々活動をよく見るのが少し難しかったです。

動物園がどんなものか見たかったので、先週戻ってきました。
まあそれはゴミだった。私たちが訪れたとき、数羽の鳥がそこにいて、そのような小さな公園を見るために駅からトレッキングする価値はありませんでした。恥ずかしいほど悪い!

それで、私たちはローマ時代の遺跡やすべてを見たほうがいいと思いました。お祭りが開催されていないときの様子をご覧ください!
それで美術館の方に少し歩いてみると、見た目が印象的で、前回は見られなかった劇場が見えました。
フォーラムの寺院とローマの家をもう一度見に行きました。これは、長い草とそよ風があり、人ごみがなく、素晴らしく快適な別の体験でした。

下水道はかっこよく見えたのでチェックしたかったのですが、疲れていました。数時間歩いた後、私たちはそれを1日と呼ぶことにしました。

全体として、2回の訪問を考慮すると、ローマの祭りは間違いなくチェックする価値があると思います。その楽しさと見ることとすることがたくさんあります。しかし、アウグスタ・ラウリカで特別なことは何もない日には、私は合格すると思います。


古代ローマのドイツ、スイスの遺産が保存されています

「血まみれの剣闘士の戦いがここで行われました」と、ドイツ最古の都市トリーアにあるローマ円形劇場への観光客の挨拶のパンフレットを読んでください。

彼らはまだそうしますが、はるかに少ない血で。

ローマ帝国は、その終焉から1、500年以上経った今でも、現代のトリーアの活気に満ちた部分です。フランス、ルクセンブルグ、ベルギーの国境近くにある今日の105,000の都市は、かつて西ローマ帝国の行政首都であり、そのモノリシック建築でローマセグンダ(第2ローマ)として知られるようになりました。ローマ人はトリーアに高水準の生活水準、絶妙な芸術作品、そして彼らの有名な建築と工学のスキルをもたらしました。

北ヨーロッパでは、アルプスから北海への弧を描いて、かつては北東ガリアとアッパーゲルマニアと呼ばれていた場所に、ローマ文明と帝国の名残が今でも簡単に見つかります。

モーゼル川沿いのトリーアと、スイスのドイツからライン川を渡ったところにあるアウグスタラウリカは、地方のポストをはるかに超えて、最も保存状態が良く、最も重要なローマの都市の2つです。古代の建物、活発な発掘調査、発掘された銀と金の貯蔵庫があり、どちらの場所もユネスコの世界遺産に指定されています。訪問には、ローマ人によって設立されたモーゼル川とラインラントの有名なブドウ園が含まれます。

剣闘士のヤンクリューガーは、毎週5月から10月まで、トリーアのローマ円形劇場で古代に足を踏み入れます。彼はふんどしとサンダルを履いて、ローマの剣闘士が必要とする肉体的なスタミナについて直接学びたい男性のためにテストステロンを燃料とするクラスを率いています。

ローマントリーアの4世紀の全盛期には、2万人が円形劇場の座席を埋め、戦車、エキゾチックな動物、音楽、剣闘士による戦いを特集したプレゼンテーションを鑑賞しました。奴隷や捕虜、そして生死を問わず白兵戦のスタイルを学んだ召使いもいました。

アウグスタラウリカの再建された劇場は、西暦200年の全盛期に10,000人を収容しました。娯楽の他に、劇場は政治的および宗教的な集会にも使用されました。町には別の円形劇場があり、剣闘士が致命的な戦闘を行いました。 —アウグスタラウリカ美術館

「私が死ぬかどうかは関係ありません」と、これらの戦闘機の態度でした、とクルーガーは言いました。実際、剣闘士は、ラテン語で「死にかけている私たち、あなたに敬礼します!」と言って、アリーナに入るときに皇帝に敬意を表します。多くの人が観客の前で名誉ある死と見なされていた場所に行き、解放された人もいれば、古代のスポーツヒーローとして競技から引退した人もいました。

クルーガーの生徒(一度に約8人)は、一般的に、冒険の味を求めている若い男性または中年の男性であり、親指を立てるパフォーマンスを達成しようとしている間、切り傷や打撲傷に苦しむことをいとわない。ありがたいことに、「歴史そのものを自分の体で感じた」後、全員が一枚で帰国します。

これは気弱な人向けではありません。クルーガーは、短剣、防御シールド、馬の毛で作られたレギンス、鉄のヘルメット、熊手に似た敵やトライデントを捕らえるための貨物タイプのネットなど、学生が使用する重機のいくつかを展示しました。

インストラクターのヤン・クルーガーは、かつては最後まで戦いを繰り広げていたものを実演し、ローマの円形劇場で観光客が見守る中、トリーアで剣闘士のクラスの1つを率いています。 —トリーア観光局

彼のクラスは、200ドルのGladiator for a Dayセッションから、実際の武器が出る前の鈍いレプリカから始まる3日間続く4,000ドルのパーソナライズされた「ExtremeGladiator」プログラム(ホテルとディナー付き)まで多岐にわたります。

トリーアの円形劇場から歩いてすぐのところにあるインペリアルバスは、温浴エリアと冷浴エリアが分かれた大規模な集会所であり、水を104度に加熱する炉のある複雑な迷路のトンネルがあります。現代の「スパデイ」の前身である入浴者は、冷水または温水でリラックスしたり、マッサージを受けたり、スクレーパー、軽石、または発酵尿を使用して体毛を取り除き、皮膚をきれいにしたりすることができます。

堂々としたポルタニグラや黒い門など、トリーアのローマ建築の傑作の多くは、今でも街の不可欠な部分です。観光案内所に隣接しており、古代世界で最大の保存された城門です。近くには、コンスタンティヌス皇帝を聴衆ホールとして務めた帝国の玉座の間、またはバジリカがあります。それもまた、長さ220フィート、幅90フィート、高さ108フィート以上の大規模に構築されています。建物は古代から残された最大の単一の屋内スペースとして存続します。今日、それはプロテスタント教会として使用されています。

トリーアの物語は、街のライニッシュランデスミュージアムに集められています。ここには、床のモザイク、墓碑、1990年代に発見されたローマの金貨の最大のコレクションなどの宝物が展示されています。

トリーアの南東約3​​50マイル、ライン川沿いにあるのは、スイスのバーゼルから電車またはバスですぐのアウグスタラウリカのローマ時代の集落です。

これも重要なローマの遺跡ですが、トリーアとは異なり、廃墟となった町は、苦労して栄光の時代に戻された田舎の環境にあります。ライン川の国境前哨基地としての始まりから、政治的および文化的中心地としての役割まで、アウグスタラウリカは繁栄しているローマの町での日常生活を紹介しています。

考古学的発見に基づく歴史の多くは、ローマ市民権を与えられたケルト人である上流階級の人々の生活に焦点を当てています。

敷地内の博物館のハイライトは、古代末期からの最も重要な発見の1つであるカイザーアウークシュ銀の宝物です。大皿、スプーン、コインなど、270個の銀の工芸品で構成されています。偶然の発掘調査の結果、侵入者からすぐに隠されていると思われるアイテムが見つかったのは、1962年のことでした。

アキレスプレートは、スイスのアウグスタラウリカローマの町で発掘されたシルバートレジャーを構成する270のローマの遺物の1つです。 —アウグスタラウリカ美術館

トリーアと同様に、アウグスタラウリカには、かつて剣闘士が演じた円形劇場があり、ライン川の隣には浴場跡があります。通りや古代の家々に囲まれた野原に囲まれたウォーキングツアーで紹介され、寺院の敷地を見渡す壮大な野外劇場が現在も使用されています。市民会館、またはフォーラムの多くは、広いフィールドの下にあります。一方の端には円形の骨董品の残骸があり、100人の男性の評議会が町の問題を整理しました

今日の教区教会の近くで見つかった証拠は、コンスタンティヌス大帝が西暦313年にキリスト教を宗教として認めた時代にさかのぼるキリスト教コミュニティがここにあったことを示しています。西暦380年に、それはローマの国教になりました。

発掘調査による160万点の遺物が保管されているトリーアとアウグスタラウリカのローマ時代の遺跡を歩く訪問者は、これらのローマの権力の中心の物語を細心の注意を払ってまとめた人々に感謝の意を表する必要があります。

発掘された魚の鱗や種のような単純なものは、これらの都市に住むローマ人がサバや地中海のデートを楽しんだことを証明することができます。それぞれが、今日の近くのブドウ園の前身である大量のワイン取引をしていました。

そして、アウグスタ・ラウリカで見つかった墓石のこの碑文が示すように、忘れられない幽霊が呼びかけています。

「Eusstataの記憶と永遠の記憶に、これまでに生きた中で最も甘い妻(65年)

「アマトゥス(彼女の夫)はこの石を置きました。」

もしあなたが行くなら

行き方:トリーアはフランクフルト空港から電車で3時間です。途中、列車は風光明媚なライン川とモーゼル川の両方の谷を通過します。街は近くのルクセンブルクへの旅行の良い拠点です。ドイツの歴史的ハイライト

(www.historicgermany.com)は、トリーアとドイツの他の12の都市への旅行者ツアーの設定を支援し、強力な歴史的および文化的サービスを提供しています。パートナーを通じて、トリーアでの1日、宿泊、鉄道旅行を含む4日間の「ライン川とモーゼル川の都市」を1日1人あたり110ドル未満で提供しています。

グラディエータースクール(ドイツ語):

地域情報:ローマの建築物のほとんどとランデスミュージアムは市内中心部にあり、ポルタニグラの隣にある市内の観光案内所から徒歩で簡単にアクセスできます。

観光情報:トリアーには、ヤンクリューガーの剣闘士学校、宿泊施設、イベント、レストランに関する情報があります。

Rheinisches Landesmuseum:トリーアの考古学博物館には、ローマ時代の宝物が展示されています。

行き方:スイスのバーゼルに近く、ライン川沿いにある博物館と、ローマ建築とモニュメントのある発掘された町は、バーゼルから電車またはバス51番ですぐです。バーゼルからライン川の遊覧船で到着することもできます。博物館の展示品には、銀の宝物、ローマの芸術と工芸品、上流階級のローマの家が含まれます。入場料がかかります。敷地内の散歩は無料です。

地域情報:バーゼル観光局には、宿泊施設、アトラクションの交通機関、レストランに関する情報があります。ホテルや観光案内所で販売されているバーゼルカードは、アウグスタラウリカを含む地元の交通機関や美術館の割引へのワンストップパスです。


古代末期のユダヤ人の生活:コロニア・アグリッピナからアウグスタ・ラウリカまで

現代のケルンの場所にあるローマ植民地の市議会がユダヤ人に奉仕を強いることを許可した西暦321年からのローマ皇帝の命令のおかげで、ユダヤ人は北ヨーロッパの州で後期ローマ社会の一部であったことがわかります。少なくとも17世紀前。現代のスイスのローマの町アウグスタラウリカで、メノラーを背負った同年代の小さな指輪が発掘されました。これは、ヨーロッパの後期ローマ帝国にユダヤ人がいたことをさらに証明しています。

しかし、これらの帝国の前哨基地での生活はどのようなものでしたか?ユダヤ人は異教徒やキリスト教徒の隣人とどのように関係していましたか、そして私たちはどのように知っていますか?レオベック研究所が共有歴史プロジェクトでこの歴史を探求している間、古代ローマでのユダヤ人の生活、後期ローマ社会の社会的および政治的構造、および特にユダヤ人が果たした役割。

トーマス・オッテン博士は、ケルンの考古学地区にあるMiQua –LVR-ユダヤ博物館の創設者です。前史と初期史、古典考古学、古代史を学んだ後、彼はレニッシュ記念碑と景観保全協会を管理し、2006年から北ラインウェストファリア建設省の公共記念碑機関の保全と保全部門を率いました。 2016年。2010年から2015年の間に、彼は連邦政府に代わって考古学展をキュレーションしました。彼はケルン大学考古学研究所で講義を行っています。

Werner Eck教授は、1979年から2007年までケルン大学の古代史教授でした。彼は、Erlangen-Nürnberg大学で古代史の博士号を取得しました。彼はローマ帝国の歴史の第一人者であり、「ローマ帝国の歴史における先駆的な洞察」により、国際研究でマックスプランク賞を受賞しました。彼は1983年から84年までプリンストンの高等研究所の会員であり、1999年から2000年までテルアビブ大学のサックラー高等研究所の会員でした。彼はh博士です。 NS。エルサレムのヘブライ大学の1人であり、イスラエルのアレクサンダーからムハンマドまでの碑文の多言語コーパスであるCorpus Inscriptionum Iudaeae / Palaestinaeの共同編集者の1人です。


Índice

Na margem sul do Reno、osítioestende-senosterritóriosdascomunasdeAugst-AugustaRáurica-edeKaiseraugst、noeixodecomunicaçãokeligaRomaàGermânia、peloPassodeSãoBernardo、Avêntico、at Soleura atual e Windisch、eassuasligaçõescomAugustaRauricaatravésdaGargantadoTaubenloch。アウトロ・ラド・オ・リオ・レノ・タンベム・フェイバーセウ・オ・コメルシオ・エ・アズ・リガソエス・コム・オ・レスト・ド・ベール。

Devido ao terreno、localidade estavadivididaemtrêspartesjuntoaorioosartesãosecomerciantes、meio da colinaasresidências、e no cimo da colina o campo militar、construídoporvolta do ano270。

Segundoainscriçãoemumtúmulo、LúcioMunácioPlancofundouem 44 a.C. emBasileiaaColôniaRáurica。ポルタドアノ200contava-se cerca de 20 000生息地、númerosuperioraodeAvenches。 Mesmo sem nunca ter tido um papelmuitoimportanteaníveleconómicodecomunicações、sua "idade de ouro" ocorreu entreofimdoséculoIemetadedoséculoIII、quando quase tudo que circulava entre o Baixo 。

Em 1582 Andreas Ryff e Basile Amerbach oJovemfizeramescavaçõesnaruínadoteatro、oquefazdestesítiooprimeirocampodeinvestigaçãoarqueológicoaNortedosAlpes、eaSociedadedeHistóriaedeArqueologiade Basileia f comprar a zona doteatroromanodosítioem1884paraimpedirqualquerdepreciação、oquealiástemcontinuadoafazer pois comaajudadafundaçãoPro-Augusta、emesmopeloCantãodeBasileia-Campo、continuam a comprar

AugustaRauricapossuíatodasasinfraestruturasdeumacolóniaromanaumaCúria、ao ladodeumaFórumRomano、e oAnfiteatro。 redondezasmostramumamisturadetípicadeculturaromanaeautóctoneとしてのシダーデe。 Encontraram-se em seis templos galo-romanos que formavam uma verdadeira cintura na periferia ocidental da cidade、eexisteminscrições、esculturasecerâmicasrelacionadascomos sacerdotes do culto imperial、flâminesaugustais(フラミネスオーガスタレス)-、cominscriçõesdasnumerosasdivindadesinvocadas。


アウグスタラウリカに類似または類似した古代遺跡

スイス北西部のカイザーアウークシュト川沿いにあり、バーゼルの東に少し離れています。発電所の建設と運転の計画は、長年にわたってますます注目を集める論争の対象となっていました。ウィキペディア

紀元前2世紀からのローマ軍によるこの地域の段階的な征服から始まり、西ローマ帝国の衰退で終わる約6世紀のローマ共和国と帝国の一部。 。繁栄する帝国にスムーズに統合され、ローマ人が地方政府に従事するために先住民の貴族を雇い、新しく設立された植民地都市を接続する道路のネットワークを構築し、分割したため、2世紀までにその人口はより広いガロローマ文化に同化されましたローマの州の間のエリアを上ってください。ウィキペディア

ライン川沿いのスイス北西部の都市。スイスで3番目に人口の多い都市で、人口は約18万人です。ウィキペディア


参考文献編集

  • 共有する –作品をコピー、配布、送信する
  • リミックスする –作業を適応させる
  • 帰属 –適切なクレジットを付与し、ライセンスへのリンクを提供し、変更が加えられたかどうかを示す必要があります。あなたは合理的な方法でそうすることができますが、ライセンサーがあなたまたはあなたの使用を承認することを示唆する方法ではありません。
  • 同様に共有します –素材をリミックス、変換、または構築する場合は、オリジナルと同じまたは互換性のあるライセンスの下で投稿を配布する必要があります。

https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0 CC BY-SA 3.0 Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 true true


アドアルマ! RömischesMilitärdes1.Jahrhundertsn.Chr。アウグスタラウリカで。アウグストのフォルシュンゲン、バンド28

全体として、バーゼル近郊のアウグスタラウリカ1の遺跡からの考古学的発見物は、古代ローマ世界で最も綿密に発掘され、目録が作成され、保存され、展示され、(現在)公開されている遺跡の1つです。 Eckhard Deschler-Erb [ED-E]は、アウグスタラウリカの低地(カイザーアウークシュト)にあるCastrum Rauracenseでの仕事中に、現在の巻のアイデアを思いつきました。 2で アドアルマ!、ED-Eは、軍事発見のレビューを市区町村全体と合計872個のオブジェクトに拡張します。

この本の紹介(11-13)は、研究の歴史をスケッチし、その目的と方法論を述べています。次のパート「検索結果の分析」(14-73)は、次のようにセクションとサブセクションに分かれています。

攻撃的な武器:大砲、重い槍(ピラ)、槍(iacula / hastae)、矢、剣、短剣。
防御装備:ヘルメット、盾、グリーブ、鎖帷子と鎖帷子。
ベルトとエプロンのパーツ。
騎兵用タック:ペンダント、ブライドルパーツ、サドルパーツ、ライダーの装備。
追加の機器:留め金、&#8220ボタン&#8221、および識別できない金具の断片。信号楽器:(マウスピース)さまざまなホーン(チューバ、リトゥウス、コーヌ、ブッキナ)。

各カテゴリーの説明は、多くの写真と詳細な線画、日付による発見の分布を示すチャート、および考古学文献の同じまたは類似の項目の議論に読者を主に導く327の脚注によって強化されています。

この本の次の2つのセクション(74-104)は、アウグスタラウリカの歴史の文脈で発見を評価します。特に、ED-Eは、慎重に編集された時間分布パターンを利用して、軍事的プレゼンスのピークの期間(ティベリウス、ネロ、および程度は低いがフラウィウス朝)を開示しています。彼はまた、多くの地図や図表、下部の町と中央の上部の町(8月)およびその郊外の島ごとの島ごとに、空間的に集中を見つけます。 ED-Eはまた、この地方都市で時間の経過とともに進化した生活の社会的および経済的条件について、興味深く賢明な推論を行います。

9つ以上の一致(111-123)により、ユーザーは(a)特定のアイテムを扱う他の作品3を参照または相互参照し、(b)Rmermuseum Augstの外のコレクション4で保持されている発見物の場所を特定できます。(c)現在のボリュームのカタログ番号を博物館の在庫番号と比較し、(d)カタログ番号をfind-complex(アセンブリ)番号および在庫年と関連付け、(e)5つの終端でオブジェクトの日付を確認します(AD 30、50、70 / 75、110、150)、および(f)島または地域内で、日付ごとにアイテムを配置します。

参考文献とイラストクレジットのリスト(124-127)の後に、すべての発見物のカタログ(128-189)が続きます。各アイテムについて、以下が提供されます:在庫ナンバープレートおよび/またはイラスト番号 アドアルマ! find-complex番号同じfind-complexの寸法と重量、タイプ(槍の先、バックルなど)と材料の短いセラミックとコインの地域と島(広く、時には狭く固定されている)による正確な検索スポット説明は、以前の出版物のリポジトリ引用を示します。

この本は、1:2または2:3のスケールですべてのオブジェクトの優れた線画(Stefan Bieriによる)を示す45ページのプレートで締めくくられています。 46番目のプレートは、地域と島の番号が示されているサイト全体の地形図です。

これは、8月のフォルシュンゲンシリーズの価値がありハンサムな作品であり、その高い生産価値は、完全な戦闘装備のローマ軍団兵を示す魅力的な4色のカバーにまで及びます。考古学的発見の彼の綿密な調査によって、ED-Eは、並外れた明快さと正確さで重要なローマの前哨基地で軍隊と部分的には市民生活さえも肉付けしました。彼の本は、学生と専門家の両方のニーズを満たします。

1.を参照してください 古典的なサイトのプリンストン百科事典、s.v。 Augusta Rauricorum(http://www.perseus.tufts.edu/cgi-bin/ptext?doc=Perseus%3Atext%3A1999.04.0006%3Aid%3Daugusta-rauricorum)、およびAlex R.FurgerとPaulaZsidi(edd。) 、 ローマから、アウグスタラウリカ/アクインクム:zweirömischenProvinzstädtenのDas Leben (バーゼル1997)、http://bmcr.brynmawr.edu/1998/98.6.13.htmlでレビューあり。

2. Eckhard Deschler-Erb、etaliiを参照してください。 DasfrühkaiserzeitlicheMilitärlagerinderKaiseraugsterUnterstadt、Forschungen in Augst、Band 12(Augst1991)。

3. E. Deschler-Erb(上記の注2)A。Kaufmann-Heinimann、 8月:DierömischenBronzenderSchweiz 1 (マインツ1977)id。、 NeufundeundNachträge:DierömischenBronzenderSchweiz 5 (Mainz 1994)S.Fünfschilling、&#8220RömischeAltfundevonAugst-Kastelen、&#8221 Interne AugsterArbeitspap。 2 [未発表](1993年8月)S。Deschler-Erb、 Beinartefakte aus Augusta Raurica:Rohmaterial、Technologie、Typologie und Chronologie。アウグストのフォルシュンゲン、バンド27(1998年8月)。

4.歴史博物館バーゼルシュバイツァーリッシュランデスミュージアムチューリッヒサムルンフレイ、カイザーアウグスト。


そして次は?

バーゼル-ライナハ断層のみがバーゼル周辺の地震の原因である場合、再発時間は約2000年である可能性が高く、バーゼルには準備する十分な時間があります。時間がかかりすぎる、おそらく:政治家は、将来の1回以上の選挙サイクルのイベントに簡単に興味を持っていないでしょう。すべての政治は短期的です。結局のところ、影響を受ける可能性のある子供たちは現在投票できません。子供たちの投票を追いかける政治家はうまくいかない傾向があります。ただし、さらに多くの障害が関係している場合は、別の障害が次に失敗する可能性があるため、再発時間を使用して次のイベントを予測することはできません。その場合、次の地震はいつでも発生する可能性があります。それは問題を提起します(またはむしろ高揚させます):バーゼルはどれくらいよく準備されていますか?

2012年に行われた冷静な評価は、それほど良くはないことを示唆しました。この評価では、バーゼル近郊のM6.6地震をモデル化し、重大な影響を予測しました。

  • 1,000人から6,000人の死者
  • 60,000人の負傷者
  • 短期的には160万人がホームレスになっています(そうです、あなたはその権利に気づきました:何らかの理由でそれは住民の2倍の数です)
  • すべての建物の半分に損害が発生し、その最も安定した通貨であるスイスフランの500億を超える物的損害が発生しました。

このような出来事はスイスの安定を深刻に損なう可能性があり、政治家が政治的解決策を模索することを期待するほど深刻です。さらなる研究が必要であると判断します。結局のところ、それはなくなるかもしれません。


Cuntegn

Tenor l’inscripziun sepulcrala dal chau d’armada da CaesarLuciusMunatiusPlancusèvegnidafundadainaColonia en il territori dals Rauracs probablamain ils 21 da zercladur da l’onn 44 a.C. Da quel temp n’haninsperòpudìcumprovarfin ussnaginsチャット。 IglèpussaivelchelaColonia numnada n'habetgpudìvegnirrealisada– en consequenza da la guerraCivilach'èproruttasuenterlamort da Caesar – ubain che la ColoniadaPlancusn'èbetgvegnidafundadasper Augst、mabain a Basileaバシリア)。

Ina Colonisaziunromanadurablahaperòpirgìlieusuenterlaconquista da las Alps Centralas sut l’imperatur Augustus l’onn 15 a.C. Il pli vegl chat ch’hapudìvegnircumprovàfinqua cun agid da la dendrocronologia deriva da l’onn 6 a.C.

L’inscripziun da fossa da Munatius Plancus inditgescha sco num da la Colonia be a moda generala ‹Colonia Raurica›。 In’inscripziun Fragmentara dal temp dad Augustus menziunesch ina Colonia P [aterna](?)M [unatia](?)[Felix](?)[Apolli] naris [Augusta E] merita [Raur] ica。 Sco ch’il term ‹Emerita› mussa – premess che la reconstrucziun da l’inscripziunècorrecta– sa tractavi d’ina Colonia daveterans。

Abstrahàdaquestaperditgarudimentara chatt’ins emprimas cumprovas segiras dal num Augusta pir tar il geograf Ptolemaeus vers 150 s.C. (en furmagrecascoAugústaRauríkon、quai che correspunda al num latin Augusta Rauricorum)。

Cun quai sa metta Augusta Raurica en retscha cun pliras autras Coloniasch’èn vegnidas Fundadas dal temp dadAugustus。 Igl presentan numnadamain anc duas ulteriuras impurtantas basas dal plan da conquistas dad Augustus che portan il surnum da l’imperatur:Augusta Praetoria al pe sid dal Grond Son Bernard、oz Aosta、ed Augusta Vindelicum、oz Augsburg、sco avantpostavers。 Questas trais Augustae enserran las Alps occupadas dad Augustus en furma d’in triangul、il qual drizza siavasta basa dal Cumbel dal Rain fin al Danubi vers la Germania betgoccupada。

En il decursdalasexchavaziunsèsisamussàchelacitadgiascha sin ina planira auta、betg lunsch davent dalRain。 Il flum Ergolz edilViolenbachhamagliàまたはdala terrassa in triangul、dal qual la basa sa chatta a l’ur nord dal Giura ed ha ina ladezza da ca. 1キロ。 Il ‹piz› dal triangul guardaversilRainsituàenilnorde furma in chau che sa numna Kastelen e che regorda piaadinchastè(カステルム)。 La distanza da la basa fin al punct da culminaziun dal triangul mesira medemamain radund 1km。 Sin questa surfatscha autach’è circumdada en il vest、en il nord ed en l’ost da rievensspundivshaninserigìlacitad。 Las indicaziuns da l’architect dal plan da la citad、ilqualavevaconcepìilplanorizo​​ntale l’extensiun da la citad、hanilsgeometerstransponìsinlacuntrada。 mintga edifizi public impurtanthaninsattribuìsiaplazza。 En emprima lingia vala quai per il tempel daldieuプリンシパルJupitercun l’altar grond davant il punct central sontg、partirdalqualèvegnidaconcepidalarait davias。 Per quest intent han ins l’emprim tratg tras il triangul ina lingia longitudinala che deviescha da la direcziun nord per 36° vers vest per lung da quella è vegnida construida la via principala da la citad. Parallel tar questa lingia longitudinala han ins concepì ulteriuras vias en ina distanza da mintgamai 55 meters. Alura è l’axa longitudinala vegnida sutdividida en 16 parts tuttina grondas che mesiran mintgamai 66 m (225 pes romans). Ils puncts da tagl han ins collià a 10 vias traversalas. Uschia è resultada ina rait da vias rectangulara e quartiers da citad da ca. 50 sin 60 meters. La via è vegnida munida cun in fundament solid da glera e da mintga vart supplementarmain cun foss d’aua. Las vias principalas disponivan en pli da vias da peduns cuvertas ch’eran spartidas dal traffic tras retschas da colonnas.

Ils cunfins da la Colonia Raurica na sa laschan betg pli fixar cun tutta segirezza. Ins emprova da deducir quels or da la retrospectiva cun prender en mira l’extensiun da l’Augstgau dal temp medieval tempriv. Tenor quai avess la colonia tanschì davent da Basilea dal Rain si fin a la sbuccada da l’Aara, alura da l’Aara si fin a la sbuccada da la Sigger sutvart Soloturn, da qua fin a la Lüssel e silsuenter per lung da la Birs puspè fin a Basilea. Questa supposiziun para però da correspunder be parzialmain a la realitad. Tenor perscrutaziuns pli novas dependevan numnadamain bains purils cun buls da quadrels da las legiuns da Vindonissa er administrativamain dal champ da legiunars da Vindonissa, oz Vindisch (AG). Tals bains tanschan però sur il Bözberg fin a Frick ed en la val vischina dal flum Sisseln, la quala vegn cunfinada en il vest tras la Mumpferfluh che croda andetgamain vers il Rain. Or da las relaziuns geograficas po perquai vegnir concludì che la Colonia Raurica tanscheva en l’ost fin al Mumpf dad oz (mons firmans = muntogna da finiziun, da cunfin). Interessantamain sa chattava en quest lieu medemamain in’insla dal Rain cun in’autra colonia romana che correspunda a la citad odierna da Bad Säckingen (l’etimologia da quest num stat en connex cun la provinza Maxima Sequanorum dal temp da Diocletian il bratsch dal Rain situà en il nord, il qual sparteva l’insla da la terra franca tudestga, è vegnì emplenì l’onn 1830). En il vest vegn, sco gia menziunà, ad esser stà staziunà in post da duana en vischinanza da la sbuccada da la Birs sper Basilea. Fossas a cremaziun dal temp preroman ch’èn vegnidas chattadas il 1937 sper la baselgia da Neuallschwil laschan supponer ch’in tal post sa chattava er sper il stradun al nord che maina en direcziun da l’Alsazia (vers Blotzheim).

Tut en tut cumpigliava la Colonia Raurica uschia il chantun Basilea, la part inferiura dal Fricktal (AG) e la part orientala dal Giura situà en il chantun Soloturn. Quai dat in territori da radund 700 km².

Suenter sia fundaziun è il lieu sa sviluppà ad ina citad romana cun radund 10 000 fin 15 000 abitants, pia da dimensiun considerabla per las relaziuns al nord da las Alps. Dal temp da la pli gronda fluriziun – durant il lung temp da pasch dal prim al terz tschientaner – disponiva Augusta Raurica da tut quai che tutgava tar la vita romana. Igl aveva in teater, in amfiteater, in forum principal, divers forums pli pitschens, in aquaduct, divers tempels e plirs bogns publics. Ed er il mastergn fluriva: uschia fimentav’ins per exempel schambun e charnpiertg per l’export en autras parts da l’Imperi roman.

Vers l’onn 250 ha in grond terratrembel destruì considerablas parts da la citad. Vitiers èn vegnidas pli tard ulteriuras destrucziuns tras invasiuns dals Alemans e/u da truppas romanas sblundregiantas dal temp da la crudada dal Limes. En consequenza da quai èn sa furmads dus novs abitadis, ils dus Augst: d’ina vart la colonia marcantamain pli pitschna situada sin la collina dal castel dad Augst, da l’autra vart l’impurtanta basa Castrum Rauracense situada al Rain e munida cun in mir da citad. Quests dus novs abitadis furman quasi l’origin dals dus vitgs dad oz, Augst e Kaiseraugst.

A l’entschatta han omadus vitgs però furmà in’unitad sut il num Augst e sa chattavan en l’Augstgau. L’onn 1442 èn ils dus lieus alura vegnids spartids per lung dals flums Ergolz e Violenbach. Il territori situà al vest dal cunfin ha vinavant fatg part dal domini da Basilea ch’è s’allià il 1501 a la Veglia Confederaziun. L’onn 1833 è Augst daventà ina part dal chantun Basilea-Champagna.

La part dal Frickgau situada en l’ost dal cunfin Ergolz e Violenbach – il territori da Laufenburg – è vegnì sut domini habsburgais. Per pudair differenziar meglier ils dus lieus, è quest ultim vegnì numnà uss – pervi da l’appartegnientscha al Sontg Imperi roman – Kaiseraugst. Quest lieu è pir vegnì il 1803 tar la Svizra, suenter ch’ils territoris habsburgais en la regiun eran ids a perder en rom da las Guerras da coaliziun.

L’amfiteater dad Augusta Raurica è vegnì erigì l’onn 200 s.C. e purscheva plazza a 6000 aspectaturs. Ma gia suenter 70 onns è l’amfiteater ì en decadenza. Ozendi serva l’amfiteater restant (ch’è vegnì reconstruì al lieu original) sco tribuna al liber per concerts e festas popularas. En pli han ins installà ina preschentaziun multimediala.

Ina gronda part dals edifizis romans è vegnida perscrutada e conservada tras exchavaziuns. Igl èn quai en emprima lingia edifizis publics:

  • il teater, il qual furma in’unitad architectonica cun
  • il tempel sin il Schönbühl
  • il forum principal cun il tempel da Jupiter, la basilica ed il lieu da reuniun dal cussegl da la citad
  • l’amfiteater, dal qual èn però sa mantegnidas restanzas be rudimentaras
  • l’aquaduct che provediva Augusta Raurica nà da Liestal cun aua da baiver (or dal flum Ergolz) quel sa lascha visitar en il Heidenloch a Liestal ed en il nordost da Füllinsdorf.

Vitiers vegnan divers edifizis privats (ina taverna, ina pasternaria, ina vaschlaria e furns da brischar quadrels) sco er in tschancun dals chanals d’aua persa. Radund 80 % dal territori ch’era surbajegià dal temp dals Romans n’han ins percunter betg anc perscrutà. Augusta Raurica vala sco citad romana il pli bain mantegnida al nord da las Alps, damai ch’i n’è sa sviluppada sin ses territori nagina citad medievala u moderna. En vastas parts da la vischnanca dad Augst regia in scumond da bajegiar ordvart rigid. Lubientschas da bajegiar vegnan be concedidas a moda restrictiva e suenter vastas examinaziuns archeologicas. Tenor la politica d’exchavaziun vertenta duain parts dad Augusta Raurica vegnir conservadas sapientivamain en la terra per generaziuns futuras.

Ils pli impurtants chats, per exempel il stgazi d’argient da Kaiseraugst u la statuetta da Victoria [2] , èn vegnids rendids accessibels a la publicitad en il Museum roman ad Augst, ensemen cun in edifizi sper il teater ch’è per part vegnì reconstruì.