ニュース

ヨルムンガンドと戦うトール

ヨルムンガンドと戦うトール


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


ヨルムンガンド

北欧神話では、 ヨルムンガンド (古ノルド語: ヨルムンガンド、発音[ˈjɔrmunˌɡandr̥]、「巨大な怪物」を意味する[1])、別名 ミッドガルドサーペント また 世界の蛇 (古ノルド語: Miðgarðsormr)、海の蛇、ロキと巨人アングルボザの真ん中の子供です。による Prose Edda、オーディンはアングルボザによってロキの3人の子供、オオカミのフェンリル、ヘル、ヨルムンガンドを連れて行き、ミズガルズを取り巻く大海にヨルムンガンドを投げ入れました。 [2]蛇は大きくなりすぎて、地球を取り囲み、自分の尻尾をつかむことができました。 [2]その結果、それは世界の蛇の名前を受け取りました。尻尾を離すと、ラグナロクが始まります。ヨルムンガンドの大敵は雷神トールです。ウロボロスの一例です。


ヨルムンガンド:北欧神話の世界を巻き起こすミッドガルドの蛇

バイキングの精神的景観をストーカーしたすべての神、巨人、獣、精霊の中で、世界を巻き起こす蛇であるヨルムンガンドは、今でも最も有名なものの1つです。ヨルムンガンドは、ミッドガルド(人間の世界)を一周するほどの大きさの海の怪物であったため、ミッドガルドの蛇としても知られています。この巨大な獣がかき混ぜると、嵐、地震、そして津波が噴出します。ヨルムンガンドは海の深みに横たわり、地球を取り囲み、自分の尻尾を口に抱え、ラグナロクの日を待っています。蛇が尻尾を放して攻撃を開始すると、ラグナロク(神々にとっての「最後の」暗い日)が始まると言われています。

ヨルムンガンドの裏話

北欧神話で言及されているさまざまなドラゴン(古ノルド語:Dreki)がいくつかありますが、ヨルムンガンドはそれらすべての中で最も有名であり、自然界で最も畏敬の念を起こさせる力の1つと見なされています。しかし、彼は、彼らの運命の予言における彼の主役の前に、生き残ったバイキングの物語にまれで短い登場をするだけです。これは、深海の力のこの擬人化のために船乗りのバイキングがどれほどの恐れと畏怖を抱いていたかを示しています。

ヨルムンガンドの始まりは、最初はそれほど不吉に見えなかったかもしれません。彼はロキの息子であり、いたずら、狡猾、裏切り、そしてトラブルの形を変える神でした。ロキは、アイアンウッドに住んでいた恐ろしい魔女で巨人(ヨトゥンまたは「貪欲」)であるアングルボザと不倫関係にありました。彼女はまた、ロキに他の2人の子供、フェンリル(悪夢のオオカミ)とヘル(死者の女性)を産んだ。補足:ロキはまた、スレイプニル(オーディンの8本足の空飛ぶ馬)を含む他の子供たちの父親として、形を牝馬に変え、スヴァジルファリという種の種馬と交配させました。

しかし、この不聖なトリオはまだ若いうちに、オーディンと神々は彼らを見つけました。オーディンはすべてのバイキングパンテオンの中で最も賢い神ですが、彼でさえ運命にさらされています。その運命的な出会いで、オーディンと神々はロキの呪われた子供たちを殺しませんでしたが、彼らが害を及ぼすことができない場所に彼らを脇に置いてみました。それで、彼らはヘルを死者の世界に送りました。フェンリル、彼らはペットとして飼おうとしました(失敗しました)。そして、輝く、きらめく蛇、ヨルムンガンドはオーディンによって海に投げ込まれました。ヨルムンガンドは成長し、地球全体を取り囲むまで成長し、最終的には自分の尻尾と再び出会いました。

ミッドガルド蛇のためのトールフィッシュ

オーディンは神々の王だったかもしれませんが、多くのヴァイキングにとって、トールは通常お気に入りでした。トールは雷の強大な神でした。彼は「地球の守護者」と「人間の友」と呼ばれ、常に公正で忠実で恐れを知らない守護神でした。確かに、トールはロキの反対でしたが、彼らはもともと素晴らしい友達でした。トールの最も有名な物語の1つは、ヨルムンガンドのために釣りに行った方法です。

スカルドは、トールがヨルムンガンドを探していた理由を常に言っているわけではありません。 Prose Eddaは、トールが蛇との再戦を望んでいたことを示唆しています。巨人のウートガルザ・ロキは、魔法を使ってトールに、ヨルムンガンドを海から引きずり出そうとしているときに、飼い猫を持ち上げようとしていると思わせました。結局、トールはその「猫」の足の1つだけを床から引っ張っていました。それで彼は、ヨルムンガンドの広大な力が神自身の驚異的な力と勇気にとって完璧な挑戦であったことに気づいたかもしれません。あるいは、トールは彼とヨルムンガンドが最後の日に死ぬまで戦う運命にあることを知っていたのかもしれません。

いずれにせよ、トールは、(物語のいくつかのバージョンでは)ティル神の疎遠な父親でもあった、彼自身が大きなサイズと強さの反社会的巨人であるヒュミルと釣りをすることになった。ヒュミルはボートを海に向かって漕ぎ出し、すぐに数人のキャストでクジラの群れを捕まえました。

荒々しい巨人はトールに自慢しました、しかし神は牛の頭で彼自身のフックを注意深く餌にした。トールはラインを強くキャストし、ラインとベイトを深く沈めました。少しまで長くはありませんでした。トールは大きなものを引っ掛けていた。

ヨルムンガンドが水面から立ち上がったとき、ヒュミルは恐怖で反発した。恐ろしい海のドラゴンがトールを襲ったが、トールは、物語の1つのバージョンでは、神の足がボートの底を突き破るまで引っ張り続けた(右に見られるスウェーデンのルーンストーンに描かれているように)。海は津波でかき回され、空は真っ暗になりました。トールは後退しませんでしたが、彼がモンスターの頭にミョルニルを向けたとき、絶望的なヒュミルは彼のラインを切りました。

ヨルムンガンドは深海に沈みました。彼の時はまだ来ていませんでした。 Prose Eddaによると、トールは非常に怒っていたため、ヒュミルは彼の賞金を奪い、巨人を船外に倒した。しかし、ヒュミルは神の命を救ったばかりかもしれません。

ラグナロクのヨルムンガンドとトール

古エッダの巫女の予言と他の情報源はすべて、ヨルムンガンドが一日の終わりにトールと戦う運命にあることに同意しています。ラグナロクでは、これまでで最大の戦いが繰り広げられ、トールはヨルムンガンドを見つけるまで巨人の壁を打ち破ります。地球の息子トールは、海の支配者と戦うでしょう。トールは、ミョルニルをクリーチャーの頭に何度も降ろすと、雷と稲妻を降らせます。しかし、ヨルムンガンドはすべての蛇の中で最大であるだけでなく、有毒でもあります。トールはヨルムンガンドを殺しますが、神はドラゴンの毒で死ぬ前に9つのステップを踏みます。

他の文化における世界を巻く蛇と尻尾を噛むドラゴン

ヨルムンガンドは、人間の想像力を彩る何千年も何百もの文化にまたがる世界を揺るがす蛇だけではありません。実際、尾を飲み込むドラゴンのイメージは、世界中で、そして歴史を通して見つけることができます。円形のヘビのこのシンボルは、 ウロボロス。最も早く知られている ウロボロス 描写は、紀元前13世紀のファラオツタンカーメン(「キングツタンカーメン」)の墓からのものです。それ以来、同様の画像が古代中国、ペルシャ、ヒンドゥー、ギリシャ、さらにはメソアメリカの遺跡や工芸品にも現れています。ウロボロスはまた、古代末期から中世にかけて、グノーシス主義者、気密主義者、錬金術師の間で神秘主義の言葉で目立つように取り上げられました。

北欧神話は明確であり、他の世界の神話の単なる続きと見なすことはできません。 NS ウロボロス 尻尾を噛むヘビのシンボルは、ヨルムンガンドよりもはるかに無害です。これは、バイキングが世界を破壊し、人類の神聖な保護者を殺すのを待っている波の中で殴り書きされたと本当に信じていた、巨大で恐ろしい邪悪な獣です。ただし、明らかな形態を超えた興味深い類似点があります。ヨルムンガンドは、世界の終わりを待つ間、自分の毒牙を自分の尻尾に沈めることに満足しています。ラグナロクの物語の多くのバージョンでは、世界が終わった後、それは新たに始まります。善と悪の両方が私たちの世界の灰から生じ、そのサイクルは(おそらく)繰り返されます。カール・ユングのような人間の心の専門家は、ヴァイキングがほとんど同じ話にたどり着くために他の伝統と接触する必要がなかったと指摘するでしょう。代わりに、これらは私たちがよりよく理解できる画像にレンダリングされた普遍的な人間の考えと恐れです。

Sons of Vikingsは、バイキングジュエリー、バイキングウェア、角杯、室内装飾品など、バイキングにインスピレーションを得た何百ものアイテムを提供するオンラインストアです。

バイキングの歴史の詳細については、こちらから入手できる400ページ以上のセルフタイトルの本をお勧めします。


ヨルムンガンド

Jormungand(&#8220YOUR-mun-gand&#8221古ノルド語と発音) ヨルムンガンド、&​​#8220Great Beast&#8221)、&#8220Midgard Serpentとも呼ばれます。&#8221は、目に見える世界であるMidgardを囲む海に住むヘビまたはドラゴンです。彼はとても巨大なので、彼の体はミッドガルド全体の周りに円を描いています。彼は、ヘルとフェンリルとともに、ロキと巨人のアングルボザの3人の子供のうちの1人です。

トール神は彼の特定の敵です。それらの間の2つの戦いはエッダで語られています。 1つは、トールがヨルムンガンドを釣って、巨大なヒュミルがラグナロクをもたらすことを恐れてラインを切断し、ヘビを深海に送り返したときにのみ、彼を引き上げることができませんでした。しかし、ラグナロクが到着すると、トールとミッドガルドの蛇はお互いを殺す運命にあります。

ヨルムンガンドは、ゲルマン人のさまざまな支部のキリスト教以前の宗教に彼が存在したことからも明らかなように、元のゲルマン部族の宗教にすでに登場している可能性があります。たとえば、大陸のドイツ人は地震を中世への彼の動きに起因すると考えました。 [1]

北欧神話と宗教に関するより優れた情報をお探しですか?このサイトは究極を提供しますが オンライン トピックの紹介、私の本 バイキングスピリット 北欧神話と宗教への究極の紹介を提供します 期間。また、北欧神話のベスト10の本の人気リストも作成しました。これは、おそらくあなたの追求に役立つでしょう。

[1]シメック、ルドルフ。 1993年。北方神話の辞書。アンジェラホール訳。 NS。 215。


バイキングの象徴:ヨルムンガンド

世界の果てで死ぬ運命にある三頭のヘビ。あなたはおそらく以前にこのシンボルを聞いたことがあるか、見たことさえあります。 ヨルムンガンド、またはミッドガルドの蛇、 ラグナロクの間、または日の終わりに海から立ち上がって、毒素や毒を空中に吐き出し、トールに打ち負かされる偉大な蛇です。彼はまた、かなり有名な北欧のシンボルであり、彼の敬虔な敵と戦うシーンは、有名なバイキングの領土全体の遺物に見られます。



世界の蛇としても知られるヨルムンガンドは、ロキとアングルボザ(「悲しみをもたらす者」)という巨人に生まれました。彼の兄弟は偉大なオオカミフェンリルであり、彼の妹は冥界の女神ヘルです。彼についてもっと読みたいのなら、詩をチェックしてください 家の頌歌 古エッダで見つかったウールヴル・ウガソンによる。

本当に後で世話をするタイプの男であるオーディンは、ヨルムンガンドを早く捕まえて海に投げ込み、そこで餌を与えて成長し、地球全体を一周しました(ミズガルズとしても知られています。もちろん、ミッドガルドの蛇で)。大したことではありません。ですから、オープンウォーターがあなたに特定の恐怖感を与えるなら、どこか、深く、深く、偉大なウミヘビ自身があなたのボードショーツを見上げていることを知ってください。しかし、心配しないでください。ヨルムンガンドの運命はトールにあります。トールはラグナロクの最中に彼を殺し、9歩歩き、自分で死にます。


ヨルムンガンドがトールに釣り上げられる

トールが彼の巨大な友人、ヒュミルと一緒に泳ぎに行ったという話があります。ヒュミルのお気に入りの牛の頭を餌として(許可なく、失礼と金属の両方で)使用して、雷の神とマーベルのヒーローはなんとかヨルムンガンドを引っ掛けて、彼を水面に引き寄せました。おそらく、お互いに戦う最終的な運命を知っていて、ビッグショーのために2つが上になりましたが、ヒュミル(恐らく恐怖から、またはおそらく彼は牛の友人を失うことに腹を立てていたため)は線を切り、ヨルムンガンドはその下に沈みます別の日の戦いを待つために表面。

蛇は通常トールの敵として表示されるので、雷の神に連れて行かれた場合、これはあなた自身のエールホーンの素晴らしいシンボルかもしれません。または、ロキの大ファンや愛好家の場合。または、海の蛇が好きな場合、または海とそこに住む恐ろしくて不思議なものに対する特別な愛情を見つけた場合。または、あらゆる種類の蛇やドラゴンが本当に好きな場合。彼を間違えないでください ニーズヘッグ Yggdrasilまたはギリシャ語のルーツをかじる人 ウロボロス 自分のしっぽを食べる人。それらはすべて非常に異なる生き物であり、ドラゴンは一般的にお互いに間違われるのを好まない。

不思議なことに、最近、ヨルムンガンドは日本で人気のある漫画やアニメのシリーズに彼の名前を付けています( ヨルムンガンド)、およびマーベルコミックシリーズと呼ばれる ミッドガルドの蛇。そしてそうです–後者はマーベル自身のトールとかなり関係があります。


トールの神話の隠されたクリスチャンの意味

善と悪の間の最後の戦争の最後の戦いで、父なる神の息子は蛇の形で悪を打ち負かしますが、そうすることで、彼自身の人生をあきらめます。おなじみですか?ラグナロクでのトールの北欧神話とメシアの聖書の予言との間には、いくつかの驚くべき類似点があります。キリストが北欧神話に先行していたので、北欧神話が実際に福音によって知らされた可能性はありますか?

新しい映画を見て興奮している トール:ラグナロク?トールの神話と以下のキリストの生涯と予言との間のすべての不気味な類似点をチェックしてください!

1)2匹の蛇の物語

聖書はしばしば古代の蛇、悪魔について言及しています。彼は最初にエデンの園に現れ、最後に再び現れ、黙示録の聖母女王の子供をむさぼり食うのを待っています。北欧神話には大きな蛇もいます。ミッドガルドサーペントまたはヨルムンガンドと呼ばれています。

ヨルムンガンドは、古ノルド語で「巨大な怪物」を意味します。ヨルムンガンドは、ヨトゥンヘイムの巨人であるアングルボザのロキの子供であり、フェンリスオオカミと同じ名前の領域を主宰するヘルの兄弟です。 YoungerEddaまたはProseEddaで述べられているように、オーディンは蛇を取り、それを海に落としました。オーディンはヘルをニヴルヘイムに投げ込み、そこで彼女は病気や老齢で亡くなった男性を按分することになっていました。エッダの段落XXXIVによると、ヘルは「大きな所有物」も持っていました。

&#8220 [H]彼女の壁は高く、彼女の門は素晴らしいです。彼女のホールはみぞれと呼ばれています-彼女の料理を冷やし、飢饉は彼女のナイフのアイドラー、彼女の奴隷のスロヴェン、彼女の女中のつまずきの穴、病気に入る彼女の敷居、彼女のベッドキラリと光るベール、彼女のベッドハンギングです。彼女は半分青黒で半分肌色(それによって彼女は簡単に認識されます)で、非常に低くて激しいです。&#8221

2)ラグナロクとアルマゲドン

ラグナロクは基本的に北欧神話のハルマゲドンです。これらは善と悪の間の最後の戦いです。黙示録の善と悪の最後の戦いはメギドの平原で行われるため、「アルマゲドン」という名前が付けられました。キリストの受難、死、そして復活は福音書で起こりますが、黙示録でも寓話的に繰り返されます。

アングルボザとロキの子供たちは、北欧神話の他の場所に再び現れます。ヨルムンガンドとフェンリスオオカミはどちらもラグナロクの有効数字です。ラグナロクでは、フェンリスのオオカミが父なる神オーディンと戦うことが予言されています。オーディンの息子であるトールがヨルムンガンドと戦うことがさらに予言されています。

これらの類似点を確認してください:1)トールは父神オーディンの息子です。同様に、イエスは父なる神の御子です。 2)北欧神話における善と悪の最後の戦いは、ラグナロクとトールと蛇ヨルムンガンドの間です。キリスト教における善と悪の間の最後の戦いは、イエスと蛇、サタンとの間の十字架です。

古エッダの詩巫女の予言では、ラグナロクは3羽の雄鶏の鳴き声から始まります。 42番目のスタンザでは、深紅色のオンドリFjalar(&#8220hider&#8221または&#8220deceiver&#8221の古ノルド語)がヨトゥンヘイムの森で鳴き、次に黄金のオンドリGullinkambiがヴァルハラのアース神族に鳴き、最後に名前のない煤が鳴ります。 -ヘルの赤いオンドリのカラス。

別のパラレル:北欧神話の最後の戦いは、3人の雄鶏の鳴き声から始まります。同様に、オンドリはキリストの情熱の初めに鳴きます。たとえば、マタイによる福音書第26章34節で、イエスはペテロに、「今夜、雄鶏が鳴く前に、あなたは私を3回否定します」と言っています。彼の角を吹く、 似ている 黙示録のラッパの爆風に、cf。黙示録8:7。ユグドラシル、世界樹、そして震えとうめき声、 似ている キリストが十字架につけられた木に釘を打ち込むことへ。

蛇ヨルムンガンドは海で身もだえし始め、津波のような巨大な波を作り出します。船ナグルファルは、蛇が深部でスラッシングしたため、係留が解除されました。完全に死者の指の爪と足の爪で作られた船は、東から出航します。

ラグナロクのGylfaginningの説明によると、フェンリスのオオカミはオーディンを起訴します。オオカミの目と鼻孔は炎を吹きかけ、その口は大きく開いています。上顎は天をこすり、下顎は地球を引きずります。同時に、フェンリスオオカミの横でさえ、ヨルムンガンドは空気を充電して満たし、海は毒のスプレーをします。空は2つに分かれており、「ムスペルの息子」は炎に包まれたビフロストを横切って走ります。 似ている 黙示録の4人の騎手に黙示録6:1-8で。

オーディンと彼の息子、トールは一緒に突進して、残りのアース神族と一緒にオオカミと蛇に会いました。戦争の神ティルも猟犬ガルムと対になっています。オーディンは、金の兜と複雑な鎖帷子を身に着け、槍のグングニルを持って、戦争の最前線で戦いの平原に乗ります。オーディンはフェンリスオオカミに対して前進します。トールはオーディンの側に移動しますが、蛇と戦闘を行っているため、父親を助けることができません。

オーディンはフェンリスオオカミと戦って死に、丸ごと飲み込まれます。オーディンのもう一人の息子であるヴィーザルは、オオカミの顎を引き裂き、槍で心臓に刺すことで父親に復讐します。

ヨルムンガンドは、突進する雷の神に対して巨大な口を開きます。トールはヨルムンガンドを殺しますが、蛇に毒されます。トールは地球に落ちる前に9歩歩きます。これでラグナロクは終わりです。

3)サーペントのストライク:最後で最も驚くべきパラレル

トールとイエスの最後の類似点が最も重要ですが、説明が必要な場合があります。

キリストの受難、死、そして勝利はすべて創世記で予告されています。創世記のほんの数行で、福音全体が予言されています。これはプロトエバンジェリウムと呼ばれ、「最初の福音」と訳されます。これが、創世記3:15です。

&#8220 [蛇]と女の間に敵意を抱きます
そしてあなたの種と彼女の種の間
彼はあなたの頭を傷つけるでしょう、
そして[蛇]は彼のかかとを傷つけます。&#8221

プロトエヴァンジェリウムには予言が詰まっていますが、ここでは、蛇であるサタンと女性の種であるキリストに関係するものだけを取り上げます。これについての詳細は、これらの他の投稿をチェックしてください:聖書の最大の詩と人類の歴史の最初の予言。

キリストは蛇の頭を「傷つける」と予言されていますが、蛇であるサタンはキリストのかかとを「傷つける」でしょう。これらの打撲傷は傷であり、それは致命傷です。イエスは蛇の頭蓋骨を砕き、彼を打ち負かします。しかしそうすることで、蛇はイエスのかかとを打ち、イエスは蛇の毒によって毒殺されます。

あなたはトールとのつながりと彼の蛇との戦いを見始めていますか?

イエスは文字通り蛇の頭蓋骨を打ちます。時々、キリストの受難のように、イエスはゲツセマネの園で蛇の頭蓋骨をかかとで押しつぶしているように描かれています。しかし、まだもっと文字通りの瞬間があります。キリストは、ヘブライ語で「頭蓋骨の場所」と呼ばれるゴルゴタで十字架につけられます。したがって、キリストの十字架は頭蓋骨に刺されます。

最後に、キリストが十字架上で古代の蛇であるサタンを打ち負かすには、犠牲の神の小羊として、彼自身の死が必要です。このようにして、蛇に殺されるキリストの預言が成就します。キリストのかかとも実際には釘で刺されています。イエスは十字架で死に、蛇は犠牲者を主張します。

最後のパラレル:
1)最後の戦いで、トールは蛇ヨルムンガンドを殺しますが、それでも蛇の毒によって殺されます。
2)悪の最後の敗北で、イエスは蛇サタンを殺しますが、それでも蛇がかかとを打つことによって殺されます。

私はあなたにこの質問を残します:北欧神話ははりつけのずっと後に発展したので、北欧神話の起源は部分的にキリスト教であった可能性がありますか?

&#8220ペンで祈る&#8221キャロラインと一緒に暮らす

あなたはChurchPOPが好きですか?

刺激的なコンテンツを受信トレイに無料で配信しましょう!

この無料サービスの一環として、EWTNニュースおよびEWTNで時折オファーを受け取る場合があります。私たちはあなたの情報を貸与または販売しません、そしてあなたはいつでも退会することができます。


コンテンツ

中世のゲルマン形式 Þórr (古ノルド語)、 ドナー (古高ドイツ語)、 トール (古英語)、 トゥーナー (古フリジア語)と Thunar (古ザクセン語)は同族語であり、同じ起源の言語の兄弟です。 [2]それらはゲルマン祖語の神名から派生しています*Þun(a)raz (「雷」)、[3]これはケルトの神の名前と同じです タラニス (*のメタセシスによるトナロス cf. OBrit。 タナロ、ガリア。 タナルス)、さらにラテン語の形容詞に関連する トナン (木星に付属)、「雷」の一般的なインド・ヨーロッパ祖語の語根を介して*(s)tenh₂-。 [4]学者のピーター・ジャクソンによれば、これらの神名は元々、インド・ヨーロッパ祖語の雷神の元の形容詞(またはエピクレーシス)の化石化の結果として出現した可能性があります*特典wunos、ヴェーダの天気の神パルジャニヤはまた呼ばれるので stanayitnú- (「サンダーラー」)。 [5]

英語の平日の名前 木曜日 古英語から来ています Þunresdæg、「Þunorの日」を意味します。古ノルド語と同族です Þórsdagr 古高ドイツ語で ドナレスタグ。これらの用語はすべて、ゲルマン祖語の平日から派生しています*Þonaresdag ('の日 *Þun(a)raz')、ラテン語の翻訳 アイオビスが死ぬ コード:latコードに昇格:la ( 'Day of Jove' cf. modern Italian giovedì コード:itaがコードに昇格:it 、 フランス語 ジュディ、スペイン語 ジューブス)。として知られている慣行を採用することによって ゲルマニカの解釈 ローマ時代、古代ゲルマン人はラテン語の週暦を採用し、ローマの神々の名前を自分たちのものに置き換えました。 [6]

ヴァイキング時代から、神名を含む個人名 トール 非常に頻繁に記録されますが、この期間より前の例は知られていません。 トールトールのハンマーペンダントを身に着けている大規模なバイキング時代の慣習と同様に、キリスト教化の試みに対する反抗的な反応として、バイキング時代にベースの名前が栄えた可能性があります。 [7]

ローマ時代編集

ゲルマン人の初期の記録はローマ人によって記録されました、そしてこれらの作品でトールは頻繁に言及されます–として知られているプロセスを介して シンクレティズム (ローマ人によって類似していると認識された特性により、ローマ以外の神がローマの神として識別される場合)–ローマの神ジュピテル(別名 ジョーブ)またはギリシャローマ神話の神ヘラクレス。この最初の明確な例は、ローマの歴史家タキトゥスの1世紀後半の作品に見られます。 ゲルマニア、スエビ(ゲルマン人の連合)の宗教について書いているところ、彼は次のようにコメントしています。ヘラクレスと火星は、許可された種類の動物の供物によってなだめます」と付け加え、スエビの一部も「イシス」を崇拝していると付け加えています。 [8]この場合、タキトゥスはオーディン神を「水星」、トール神を「ヘラクレス」、テュール神を「火星」と呼び、スエビのイシスの正体が議論されてきた。トールの場合、ヘラクレス神との同一性は、少なくとも部分的にはトールのハンマーとヘラクレスのクラブの類似性によるものと思われます。 [9]彼の中で 年代記、タキトゥスは再び、彼が彼に捧げられたものとしてヴェーザー川(現在はドイツ北西部)の向こうにある森を記録するゲルマン人による「ヘラクレス」の崇拝について言及しています。 [10]

ローマ帝国が占領したドイツの地域では、紀元2世紀と3世紀にさかのぼる硬貨や奉納品が、「ヘラクレス」を指すラテン語の碑文とともに発見されています。したがって、実際には、さまざまなレベルの可能性で、トールを参照してください。 シンクレティズム. [11]

ポストローマ時代編集

神の名前の最初の記録された例は、民族移動時代に現れます。そこでは、紀元7世紀にさかのぼり、バイエルンで見つかった宝石(腓骨)、ノルデンドルフの腓骨に、名前を含むフサルク長老の碑文があります。 Þonar、 NS。 ドナー、トールの名前の南ドイツ語形式。 [12]

ほぼ現代的な報告によると、キリスト教の宣教師聖ボニファティウスは、8世紀に「ジョーブ」に捧げられた樫の木、ドイツのヘッセン地方のドナーズオークを伐採しました。 [13]

8世紀の後半頃、古英語は次の名前の人物について言及しています トール (トール)が記録されており、サクソン人の神を指している可能性が高い人物です。関係で、 トール 古英語のテキストで時々使用されて光沢があります 木星、神は詩で参照されるかもしれません ソロモンと土星、雷が「燃えるような斧」で悪魔を襲うところ、そして古英語の表現 þunnorad (「サンダーライド」)は、神の雷鳴のヤギ主導の戦車を指す場合があります。 [14] [15]

ドイツのマインツからの9世紀のADコーデックス。 古ザクセン語の洗礼の誓い、古ザクセン語の3つの神の名前を記録します。 ううおでん (古ザクセン語「ウォダン」)、 Saxnôte、 と Thunaer、正式にキリスト教に改宗するゲルマン異教徒によって繰り返される公式の悪魔としての彼らの放棄によって。 [16]

おそらく11世紀のケント王室の伝説には、トールと呼ばれるケントのエクベルトの悪意のあるリーブの物語が含まれています。 þunoreshlæwe (古英語 'Thunor's mound')。 Gabriel Turville-Petreは、これを地名の発明された起源と見なし、Thunorが神の名前であったことを記憶喪失したことを示しています。 [17]

ヴァイキング時代編集

11世紀には、クロニスタのブレーメンのアダムが Gesta Hammaburgensis Ecclesiae Pontificum アダムが「最強」と表現するトールの像が、スウェーデンのガムラ・ウプサラにある三重王位(ウォーデンと「フリコ」に隣接)の中央にあるウプサラの神殿に座っていること。アダムは、「トール、彼らは、彼が雷と稲妻、風と嵐、晴天と豊饒を支配する空を支配している」と「トールは、彼のメイスで、木星のように見える」と詳細に述べています。アダムは、ウプサラの人々がそれぞれの神々に祭司を任命したこと、そして祭司が犠牲を捧げることになっていたことを詳しく述べています。トールの場合、彼は続けます、これらの犠牲は疫病または飢饉が脅かされたときに行われました。 [18]同じ作品の初期に、アダムは1030年に、英国の説教者であるウルフレッドがトールの表現を「冒涜」したために集まったゲルマン異教徒によってリンチされたことを伝えている。 [19]

トールを呼び出すルーン文字が刻まれた2つのオブジェクトは、11世紀のもので、1つはイギリスのもので、もう1つはスウェーデンのものです。最初の、イギリスのカンタベリーからのカンタベリーチャームは、トールに、 木曜。 [20] 2番目のKvinnebyのお守りは、トールと彼のハンマーの両方による保護を呼び起こします。 [21]

4つ(またはおそらく5つ)のルーンストーンで、「トールが聖なるように(これらのルーン/この記念碑)!」と書かれたトールへの呼び出しが表示されます。呼び出しは、デンマーク(DR 110、DR 209、およびDR 220)で3回、スウェーデンのヴェステルイェートランド(VG 150)で1回表示されます。 5番目の出現は、スウェーデンのセーデルマンランド(Sö140)で見つかったルーンストーンで発生する可能性がありますが、読み取りには異議が唱えられています。 [22]

トールのハンマーの絵画的表現は、デンマーク(DR26およびDR48)とスウェーデンのヴェステルイェートランド(VG 113)およびセーデルマンランド(Sö86およびSö111)で見つかった合計5つのルーンストーンに表示されます。 [22]このデザインは、中央に十字架があることが多いキリスト教のルーンストーンに対する異教の反応であると考えられています。石の1つであるSö86は、ハンマーの上に顔またはマスクを示しています。 AndersHultgårdは、これがトールの顔であると主張しています。 [23]少なくとも3つの石は、蛇ヨルムンガンドのトール釣りを描いています。デンマークのThyのHørdum石、スウェーデンのAltunaのAltuna Runestone、イギリスのGosforthのGosforthCrossです。スネ・リンドクヴィストは、1930年代に、ゴットランド島のイメージストーンであるアルドレVIIIが、物語の2つのシーンを描いていると主張しました。 [25]

SønderKirkebyRunestone(DR 220)は、デンマークのルーンストーンで、「May Thor hallow theserunes!」と書かれています。碑文

トールのハンマーを描いたスウェーデンのセーデルマンランドのルーンストーン

トールの釣り旅行を描いた4つの石の1つであるスウェーデンのアルトナ石

アルトナ石碑に描かれたミョルニルとトールのクローズアップ。

トールの釣り旅行を描いた4つの石の1つであるゴスフォースの描写

ルーン(᛭ᚦᚢᚱ᛬ᚢᛁᚴᛁ᛭) ×þur:uiki× スウェーデンのVelandaRunestoneで、「mayÞórrhallow」を意味します。

ヴァイキング後の年齢編集

ノルウェーが「公式に」キリスト教化されてから1世紀以上経った12世紀、ノルウェーのベルゲンにあるブリッゲンの碑文に見られるルーン文字のメッセージが書かれた棒で証明されているように、トールは依然として住民によって呼び出されていました。スティックでは、トールとオーディンの両方が助けを求められます。トールは読者を「受け取る」ように求められ、オーディンはそれらを「所有する」ように求められます。 [26]

古エッダ 編集

の中に 古エッダ、異教の時代に達する伝統的なソース資料から13世紀に編集された、トールは詩に登場します(または言及されます) Völuspá, グリームニルの言葉, スキールニルの歌, ハールバルズルの歌, Hymiskviða, ロキの口論, Þrymskviða, アルヴィースの言葉、 と ヒュンドラの歌. [27]

詩の中で Völuspá、死んだvölvaは宇宙の歴史を語り、トールの死を含む偽装された神オーディンに未来を予言します。トールは、ラグナロクで行われた巨大な神話の戦争中に大蛇と戦い、そこで巨大なヘビを殺しますが、その後、獣の毒に屈するまでに9歩しか歩けません。

ベンジャミンソープ翻訳:
次に、Hlôdynの強大な息子がやって来ます。
(オーディンの息子はモンスターと戦うために行きます)
彼の怒りのミズガルズのVeorはワームを殺します。
9フィートはフィオルギンの息子に行きます、
敵を恐れなかった蛇に頭を下げた。
すべての人は彼らの家を見捨てるでしょう。 [28]

ヘンリーアダムスベローズ翻訳:
そこにHlothynの息子が来る、
明るいヘビは上の天国にギャップします
.
蛇に対してオーディンの息子が行きます。
怒りで地球の守護者を襲う、—
彼らの家から4番目にすべての人が逃げなければなりません—
フィヨルギュンの息子の運賃は9歩です。
そして、大胆不敵に沈む蛇に殺された。 [29]

その後、völvaは、火が世界を飲み込む前に空が黒くなり、星が消え、炎が空の前に踊り、蒸気が上昇し、世界が水に覆われ、そして再び上昇し、緑になり、肥沃です。 [30]

詩の中で グリームニルの言葉、オーディン神、変装して グリムニール、そして拷問され、飢え、喉が渇いたことで、トールはエルムトとエルムト川、そして2つのケルムト川を毎日歩いていることを含め、若いアグナーの宇宙論的伝承を伝えています。そこで、グリムニールは、トールは巨大な宇宙論の世界樹、ユグドラシルの裁判官として座っていると言います。 [31]

スキールニルの歌、神フレイのメッセンジャー、スキールニルは、トール、フレイ、オーディンが彼女に腹を立て、彼女が彼らの「強力な怒り」を危険にさらすなど、多くの脅威と呪いで、フレイが打たれた公正なゲルズルを脅かしています。 。 [32]

トールはの主人公です ハールバルズルの歌、ここで、「東から」旅行した後、彼は入り江に来て、ハールバルズル(オーディン、再び変装)と名付けたフェリーマンに出会い、彼からの乗り物を呼びかけようとします。入り江から叫んでいるフェリーマンは、すぐにトールに失礼で不快であり、彼をフェリーに乗せることを拒否します。最初、トールは舌を握りますが、ハールバルズルはより攻撃的になるだけで、詩はすぐにトールとハールバルズルの間の空飛ぶ試合になります。 Hlesey(現在はデンマークのレス島)の女性。結局、トールは代わりに歩くことになります。 [33]

トールは再び詩の主人公です Hymiskviða、神々が狩りをして獲物を食べた後、彼らは飲みたいという衝動を持っています。彼らは「小枝を振って」、彼らの言うことを解釈します。神々は、エーギルの家で適切な大釜を見つけることを決定しました。トールはエーギルの家に到着し、彼が陽気であることに気づき、彼の目を見て、神々のためにごちそうを準備しなければならないと彼に言います。イライラして、Ægirはトールに、神々は最初にエールを醸造するのに適した大釜を持って来なければならないと言います。神々は捜索しますが、そのような大釜はどこにも見つかりません。しかし、ティルはトールに、エリヴァーガルの東に解決策があるかもしれないと言い、ヒュミルに住んでいて、彼はそのような深いやかんを所有しています。 [34]

それで、トールがエギルの家で山羊を確保した後、トールとテュールは彼ら全員のためにエールを醸造するのに十分な大きさの大釜を探してヒュミルのホールに行きます。彼らが到着すると、テュールは彼の900頭の祖母と金で覆われた母親を見て、後者は角で彼らを歓迎します。トールを見て喜んでいないヒュミルが寒い屋外からやって来た後、テュールの母親は彼らが適切に強い大釜を見つけるのを手伝います。トールは2頭の牛(残りは1頭を除いてすべて食べる)の大きな食事を食べてから、眠りにつく。朝、彼は目を覚まし、次の夜に釣りに行きたいこと、そしてたくさんの食べ物を捕まえるが、餌が必要であることをヒュミルに知らせます。ヒュミルは彼に牧草地から餌を取りに行くように言いました、それはトールにとって問題ではないはずだと彼は期待しています。トールは外に出て、ヒュミルの最高の牛を見つけ、頭を切り落とします。 [35]

詩の原稿の裂け目の後、 Hymiskviða トールとヒュミルがボートに乗って海に出て、突然再び迎えに行きます。ヒュミルは一度に数頭のクジラを捕まえ、トールは牛の頭で彼のラインを餌にします。トールは彼のラインをキャストし、巨大な蛇ヨルムンガンドが噛みつきます。トールは蛇を船上に引き寄せ、ハンマーで頭を激しく叩きます。ヨルムンガンドは叫び声を上げ、原稿に別の脱落が現れる前に、水中から騒々しい騒ぎが聞こえます。 [36]

2番目の脱落の後、ヒュミルはボートに座って、不幸で完全に沈黙し、岸に戻ってきました。海岸で、ヒュミルはトールがクジラを自分の農場に連れ戻すのを手伝うべきだと提案しました。トールはボートとクジラの両方を拾い上げ、それをすべてヒュミルの農場に持ち帰ります。トールがテュールの母親の提案でヒュミルの頭にクリスタルゴブレットを投げて首尾よく粉砕した後、トールとテュールは大釜を与えられます。テュールはそれを持ち上げることができませんが、トールはなんとかそれを転がすことができます、そしてそれで彼らは去ります。ヒュミルの家から少し離れたところに、ヒュミルに率いられた多頭の存在の軍隊が2人を攻撃しますが、トールのハンマーによって殺されます。彼の山羊の1頭は足が不自由ですが、2頭はなんとか大釜を戻し、エールをたっぷりと持っているので、それ以降、毎年冬にテュールに戻ります。 [37]

詩の中で ロキの口論、半神ロキは海の実体エーギルのホールで神々と怒って飛びます。ただし、トールは不特定の目的で東にいるため、イベントには参加しません。詩の終わりに向かって、飛行はトールの妻であるシフに向きを変えます。シフはロキが一緒に寝ていたと主張します。神フレイのしもべベイラが介入し、山がすべて揺れているので、トールが家に帰る途中だと思っていると言います。ベイラは、トールが喧嘩に平和をもたらし、ロキがそれに応じて侮辱するだろうと付け加えた。 [38]

トールが到着し、ロキに沈黙するように言い、ロキの頭をハンマーで体から引き裂くと脅します。ロキはトールになぜそんなに怒っているのかを尋ね、トールがオーディン(ラグナロクの予告された出来事への言及)を食べるとき、トールが「オオカミ」(フェンリル)と戦うことをそれほど敢えてしないだろうとコメントします。トールは再び彼に沈黙するように言い、彼を空に投げ込むと脅します。そこで彼は二度と見られなくなります。ロキは、トールがかつて手袋の親指で恐怖に身をかがめたので、東での時間を自慢するべきではないと言います(ウートガルザ・ロキの魔法による欺瞞を含む物語、 Prose Eddaギルファギニング)—これは「トールのようではなかった」と彼はコメントしています。トールは再び彼に沈黙するように言い、ロキの体のすべての骨を壊すと脅しました。ロキはまだしばらく生きるつもりだと答え、ウートガルザ・ロキとの出会いに言及してトールを再び侮辱します。トールは4回目の呼び出しで無音に応答し、ロキをヘルに送ると脅します。トールの最後の脅威で、ロキは、トールのためだけに彼がホールを去るだろうとコメントして、「あなたがストライキをすることを私だけが知っている」と言い、詩は続きます。 [39]

コメディ詩で Þrymskviða、トールは再び中心的な役割を果たします。詩の中で、トールは目を覚まし、彼の強力なハンマー、ミョルニルが行方不明になっていることに気づきます。トールはロキの方を向いて、ハンマーが盗まれたことを誰も知らないと彼に言います。二人は女神フレイヤの住居に行き、ミョルニルを見つけようと試みるために、トールは彼女に羽のマントを借りてもいいかと尋ねます。フレイヤは同意し、銀や金でできていてもトールに貸すと言い、ロキは羽のマントを口笛で飛ばします。 [40]

ヨトゥンヘイムでは、ヨトゥンヘイムルが手押し車に座り、雌犬のために金色の首輪を編んで、馬のたてがみを整えています。スリュムはロキを見て、アース神族とエルフの間で何が間違っているのかを尋ねます。なぜヨトゥンヘイムでロキだけがいるのですか?ロキは、エルフとアース神族の両方に悪い知らせがあると答えました。トールのハンマー、ミョルニルがなくなったということです。スリュムは、フレイヤが妻として彼に連れてこられた場合にのみ、ミョルニルを地球の下に8つのリーグを隠し、そこから回収すると述べています。ロキは飛び去り、羽のマントが口笛を吹き、ヨトゥンヘイムから離れて神々の宮廷に戻ります。 [41]

トールはロキに彼の努力が成功したかどうか尋ねます、そしてロキは彼がまだ空中にいる間に彼に言うべきです。ロキは、スリュムがハンマーを持っていることを発見したので、それは確かに努力であり、成功でもあったと述べていますが、フレイヤが妻としてスリュムに連れてこられない限り、それを回収することはできません。二人はフレイヤに戻り、ブライダルヘッドドレスを着るように彼女に言います。彼らは彼女をヨトゥンヘイムに連れて行くからです。憤慨して怒っているフレイヤは激怒し、アース神族のすべてのホールが彼女の怒りに震え、彼女のネックレス、有名なブリーシンガメンが彼女から落ちます。フレイヤははっきりと拒否します。 [42]

その結果、神々と女神が出会い、物事を話し合い、議論することができます。実は、ヘイムダル神は、フレイヤの代わりに、宝石、膝までの婦人服、ブライダルヘッドドレス、ネックレスのブリーシンガメンを備えた花嫁の格好をするべきだという提案を出しました。トールはその考えを拒否しますが、ロキはこれがミョルニルを取り戻す唯一の方法であると断言します。ロキは、ミョルニルがいなければ、ヨトナールはアスガルドに侵入して定住することができるだろうと指摘している。神々はトールを花嫁に扮し、ロキはトールをメイドとして連れて行き、二人は一緒にヨトゥンヘイムに向かうと述べています。 [43]

トールのヤギ駆動の戦車に一緒に乗った後、2人は変装してヨトゥンヘイムに到着します。フレイヤが彼の妻になるために到着したので、スリュムは彼のホールのヨトナールにベンチにわらを広げるように命じます。スリュムは彼の大切な動物や物について語り、フレイヤは彼の富に欠けていたすべてであると述べました。 [44]

夕方の早い時間に、変装したロキとトールはスリュムと組み立てられたヨトナールと会います。トールは猛烈に食べたり飲んだりして、動物全体とミードの3つの樽を消費します。スリュムはフレイヤの印象と対立する行動を見つけ、ロキはスリュムの前に座って「非常に賢いメイド」のように見え、「フレイヤの」行動は彼女が丸8日間何も消費しなかったためであると言い訳します到着したいという彼女の熱意のために到着する前に。その後、スリュムは「フレイヤ」のベールを持ち上げ、「彼女」にキスしたいと考えています。恐ろしい目が彼をじっと見つめ、一見火で燃えているようだ。ロキは、これは「フレイヤ」が熱心に8泊しなかったためだと言います。 [44]

ヨトナールの「惨めな妹」が現れ、「フレイヤ」からのブライダルギフトを求め、ヨトナールはミョルニルを「花嫁を聖化する」ために連れ出し、膝の上に置き、2人を「手」で結婚させる。女神ヴァール。トールはハンマーを見ると内部で笑い、それをつかみ、スリュムを打ち、すべての巨人を打ち負かし、彼らの「姉」を殺し、ハンマーを取り戻します。 [45]

詩の中で アルヴィースの言葉、トールは、彼が娘(名前のない、おそらくスルーズ)と結婚しようとしていることを発見すると、小人アルヴィースを彼の運命に騙します。詩が始まると、トールは結婚について話している小人に会います。トールはドワーフが反発していることに気づき、明らかに、花嫁が彼の娘であることに気づきます。トールは、トールが去っている間に神々の間で結婚式の合意がなされた、そしてドワーフは彼の同意を求めなければならないとコメントしている。そうするために、トールは言います、アルヴィースは彼がドワーフが訪れたすべての世界について知りたいことを彼に言わなければなりません。長い質疑応答のセッションで、アルヴィースは、世界のさまざまな人種の言語で知られている自然の特徴を正確に説明し、宇宙論的な伝承を与えます。 [46]

しかし、質疑応答のセッションはトールによる策略であることが判明しました。トールは、胸にこれ以上の知恵を持っている人を見たことがないとコメントしているにもかかわらず、太陽が彼を向かわせるのに十分なほど矮星を遅らせることができました。石「今、あなたに夜明け、矮星、今、太陽がホールを照らしている」。 [47]

詩の中で ヒュンドラの歌、フレイヤは、彼女が保護されるようにトールにブロート(犠牲)するようにヨトゥンの女性ヒュンドラに申し出、トールはヨトゥンの女性をあまり気にしていないとコメントしています。 [48]

Prose Edda, ハイムスクリングラ、およびsagas Edit

のプロローグ Prose Edda トールをトロイの王子として、そしてプリアモスの娘であるトロアナによってメノンの息子としてeuhemerises。トール、別名 トロールは、預言者シビル(シフと同一視)と結婚したと言われています。トールはさらにここで、ロリクスという名の首長によってトラキアで育てられたと言われています。彼は後に「トラキアの王」の称号を取得するために殺害し、「金よりも公平な」髪を持ち、持ち上げるのに十分な強さを持っていました。 10個のクマの皮。

の名前 アース神族 「アジアの男性」と表現され、 アスガルド 「アジアの都市」(つまり、トロイ)であること。または、トロイは トルコ (トルコ、つまり小アジア)、および アジアランド トールがアスガルドという名前の新しい都市を設立したスキタイです。オーディンはトールの遠い子孫であり、12世代によって連れ去られ、ドイツ、デンマーク、スウェーデンを横断してノルウェーへの遠征を指揮しました。

の中に Prose Edda、トールは4冊すべての本で言及されています プロローグ, ギルファギニング, Skáldskaparmál、 と ハッタタル.

ハイムスクリングラ、13世紀にスノッリ・ストゥルルソンによって作曲された、トールまたはトールの彫像はで言及されています Ynglinga saga, Hákonarsagagóða, ÓlafssagaTryggvasonar、 と Óláfssagahelga。の Ynglinga saga 第5章では、非常にエウヘメリズム化された神々の説明が提供されています。トールは、オーディンから与えられたゴジ(異教の司祭)であったと説明されています。東)現在のスウェーデンにある、神話上の場所であるÞrúðvangrの住居。佐賀の物語は、物語の時点で、一般的に使用されている多くの名前が由来していると付け加えています ソー. [49]

セントオラフ編集

12世紀頃、キリスト教化したノルウェー王オラフ2世(聖オラフc。995– 1030)の民俗伝統と図像は、トールとフレイの両方の要素を吸収しました。 [50]オラフの死後、彼のカルトはスカンジナビア全土に急速に広がり、そこでは多くの教会が彼と北ヨーロッパの他の地域に捧げられた。彼のカルトは教会論的要素と民俗的要素の両方を明確に混ぜ合わせました。トールから、彼は巨大な殺し屋としての素早い気性、体力、そしてメリットを継承しました。初期の描写では、オラフはきれいに剃っているように描かれていますが、1200年以降、彼は赤いあごひげを生やして現れます。 [51]何世紀にもわたって、オラフは民俗の伝統において、トロールと巨人の殺害者として、そして悪意のある力に対する保護者として考えていた。 [52]

現代の民間伝承編集

トールについての物語、またはトールに関する先住民の伝統に影響を受けた物語は、特にスカンジナビアで現代まで続いた。 19世紀に執筆した学者、ヤーコプグリムは、ノルウェー語など、神を指すゲルマン語に生き残ったさまざまなフレーズを記録しています。 Thorsvarme (「トールの暖かさ」)稲妻とスウェーデン人のために godgubbenåfar (「古き良き(仲間)が乗っている」)と言葉 tordön (「トールの鳴き声」または「トールの雷」)雷が鳴ったとき。グリムは、時々、スカンジナビア人はしばしば「もはや神の本名を言うのが好きではなかった、あるいは彼らは彼の父親の善良さを称賛したかった」とコメントしています。 [53]スウェーデンでは、人々が雷を「神の乗り物」と呼んだのは婉曲表現だったのだろう-*ās-ækia (自分の: *áss-ekja)結果として、現代のスウェーデン語で雷を意味します- åska. [54]

トールは、まだ彼を次のように呼んでいるデンマークの韻によって明らかなように、赤ひげを生やした人物として描かれたままでした Thormedsitlangeskæg (「長いあごひげを生やしたトール」)と北フリジアの呪い diis ruadhiiret donner regiir! (「赤毛の雷にそれを見てもらいましょう!」)。 [53]

稲妻がトロルとヨトナールを怖がらせるというスカンジナビアの民間伝承は、多くのスカンジナビアの民話に現れており、そのような存在と戦うトールの役割を後から反映している可能性があります。これに関連して、現代のスカンジナビアにおけるトロールとエティンの欠如は、「稲妻のストロークの正確さと効率」の結果として説明されています。 [55]

オランダでは、フェルウェのサガには次のような話があります Ontstaan​​ van het Uddeler- en Bleeke meer これはトールを特徴とし、彼は巨人と戦うことを特徴としています。 [56]

ハンマーペンダント、ハンマーコイン、Eyrarland Statue Edit

トールのハンマーを表す独特の形の約1000個のペンダントが、今日の北欧諸国、イングランド、北ドイツ、バルト諸国、およびロシアで発掘されました。ほとんどが鉄または銀の非常にシンプルなデザインです。約100は、装飾品を使用したより高度なデザインです。ペンダントはさまざまな状況(都市部や貯蔵庫を含む)で発見されており、さまざまな形で発生します。同様に、ハンマーの描写を特徴とするコインも発見されました。

アイスランドのアークレイリ近郊で発見された11世紀頃の銅合金の像であるエイラーランド像は、トールが座ってハンマーを握っている様子を描いている可能性があります。 [57]

スウェーデンのスカニアで見つかった銀色のトールのハンマーの図

スウェーデン、エーランド島のBredsätraで見つかった4.6cmの金メッキシルバーミョルニルペンダントの図

ノルウェー、ホルダランホルダランのFitjarで見つかったシルバーのトールのハンマーのお守りの図

デンマーク、メン島、マンデマルクからのトールのハンマーのお守りの図

アイスランドのアークレイリ地域のエイラーランド農場で回収された、西暦1000年頃の着席した人物の銅像。

スワスティカス編集

卍のシンボルは、トールのハンマーまたは稲妻を表すものとして識別されています。 [58]学者のヒルダ・エリス・デビッドソン(1965)は、トールの象徴としての卍の使用について次のようにコメントしています。

ハンマーの防護標識は、女性の墓で発見されたという事実からわかるように、女性が着用していました。戦士にも卍の形で使われていたようです。 。主に、それは光と火と関係があり、太陽の輪と関係があるように見えます。この標識がハンマーの代わりに使用されたのは、トールと稲妻の関係によるものかもしれません。トールの碑文のほかに、スカンジナビアの記念石に見られるからです。戦士の剣の柄柄と剣帯にそれを見つけたとき、その戦士は雷神の保護下に置かれていたと推測されます。 [59]

スワスティカは、移民時代からバイキング時代にかけてのさまざまなゲルマンの物体に現れます。たとえば、デンマークのジーランドの3世紀のVærløseFibula(DR EM85123)、ブレスト-リトフスクのゴシック様式の先駆者、ベラルーシの多数の移民時代は、アングロサクソン初期の火葬壷を破壊します。 Saxon Englandは、ノルウェーのSognからの8世紀のSæbøの剣と、デンマークのRamsøからの9世紀のSnoldelev Stone(DR 248)です。

スカンジナビアの多くの地名には古ノルド語の名前が含まれています Þórr。宗教的重要性を指し示すものとしてのこれらの地名の識別は、前述の一般的な使用法によって複雑になります。 Þórr 個人名の要素として。カルトの重要性は、要素を含む地名でのみ保証されます。 -vé (異教のゲルマン神社の一種であるヴェの場所を示す)、 –hóf (宗教的な目的で使用される構造、異教徒のホブを参照)、および –lundr (聖なる木立)。地名 Þórslundr デンマークで特定の頻度で記録されています(そして、アイルランドの北欧の集落で直接認識しています。 コイルトメア)、 一方 Þórshof ノルウェー南部で特に頻繁に見られます。 [60]トルソ(ソア島)はスウェーデンの西海岸に現れます。トールは、ウップランド地方の多くの地名にも登場しています。

英語の地名では、古英語 トール (後にデーンロウに導入された古ノルド語の名前とは対照的に)比較的少数の痕跡を残しました。例には、*からのサンダースリーが含まれますThunoreshlæwThurstable (古英語「トールの柱」)。 [60] F. M. Stentonは、そのような地名は明らかにサクソンとジュートの領土に限定されており、アングリア地域では見られないと述べた。 [14] [61]

現在のドイツでは、トールにちなんで名付けられた場所はまばらに記録されていますが、 ドナースベルク (ドイツの「ドナーの山」)彼らの名前は神に由来するかもしれません ドナー、神の名前の南ゲルマン形式。 [60]

アイスランドでは19世紀になって、特定の種類のキツネが holtaþórr (「トール・オブ・ザ・ホルト」)、おそらく品種の赤いコートが原因です。 [62] 19世紀のスウェーデンでは、地球で見つかった滑らかなくさび形の石が呼ばれていました Thorwiggar (「トールのくさび」)、かつてトール神によって荒らしに投げ込まれたという人々の信念によると。 (サンダーストーンと比較してください。)同様に、隕石はその重量が非常に大きいため、民俗伝統ではトールの記念碑と見なされる場合があります。スウェーデンのゴットランド島では、カブトムシの一種(Scarabæusstercorarius)神にちなんで名付けられました ソーバッグ。カブトムシが逆さまになっているのが見つかり、それをひっくり返すと、トールの好意が得られる可能性があります。スウェーデンの他の地域では、カブトムシの名前はキリスト教化によって悪魔化されたようであり、そこで昆虫は次のように知られるようになりました Thordedjefvul また Thordyfvel (どちらも「トールデビル」を意味します)。 [63]

トールは、雷に関連する他のインドヨーロッパの神々によく似ています。ケルトのタラニス[64] [65]、エストニアのタアラ(またはタラピタ)、バルト海のペルクナス、スラブのペルーン[66]、特にヒンドゥー教のインドラ。髪と雷の武器であるヴァジュラは、マックス・ミュラーがすでに指摘した明らかな類似点です。 [67]学者たちは、インドラによるヴリトラの殺害とトールのヨルムンガンドとの戦いを比較した。 [65]過去には、トールは先住民の天空神またはバイキング時代のスカンジナビアへの輸入であることが示唆されていたが、これらのインド・ヨーロッパ語族の類似点により、今日、彼は最終的にインド・ヨーロッパ祖語の神に由来するものとして一般に受け入れられている。 [65] [68] [69] [70]

ジョルジュ・デュメジルのインド・ヨーロッパ語族の三機能仮説では、トールは2番目の機能である強さの機能を表しています。デュメジルは、追放の結果として、彼は軍隊を率いていないと述べ、インドラのほとんどの機能は事実上オーディンに引き継がれている。 [71]多くの学者は、特に後の民間伝承やサーミ人ホラガルレス(「グッドマントール」)に代表される彼の反射において、トールと出産との関連に注目している。デュメジルにとって、これは農民による神の大気の戦いの副作用である受精する雨だけの保存です。 [72]他の人々は、トールの人類との密接な関係を、そのすべての懸念において強調している。 [73]学者のヒルダ・エリス・デビッドソンは次のように要約しています。

トールのカルトは、男性の居住と所有物、そして家族と地域社会の幸福と結びついていました。これには畑の実りが含まれ、トールは主に神話の嵐の神として描かれていましたが、季節の繁殖力と保存にも関心がありました。私たちの時代には、遠い過去からの小さな石の斧が出産のシンボルとして使用され、春の最初の種を受け取るためにドリルによって作られた穴に農民によって配置されました。神話ではほとんど聞かれない黄金の髪のシフとのトールの結婚は、彼が雷雨の中で地球に来て嵐がもたらすとき、天空神と地球の女神の間の神の結婚の古代の象徴の記憶のようです畑を肥沃にする雨。このように、トールとオーディンは、青銅器時代に知られていた天空神の崇拝を続けているように見えるかもしれません。 [74]

現代では、トールは芸術とフィクションで言及され続けています。 F. J. Klopstockの1776年のトールへの頌歌から始まり、 Wir und Sie、トールは、アダム・ゴットロブ・エーレンスレーガーの1807年の叙事詩を含む、いくつかの言語の詩の主題となっています。 Thors reise til Jotunheim そして、同じ作者による、さらに3つの詩(ハメレンヘンテス, Thors fiskeri、 と トールベソガーヒュミル)彼の1819年に収集 Nordens Guder トールトランク (1859)ヴィルヘルム・ヘルツによる1820年の風刺詩 Mythologierne eller Gudatvisten J. M.Stiernstolpe著 Nordens Mythologie eller Sinnbilled-Sprog (1832)N。F. S.Grundtvigによる詩 ハーメン ThorThorild著 Der Mythus von Thor (1836)ルートヴィヒ・ウーラント Der Hammer Thors (1915)W.Schultev.BrühlHansFriedrichBlunck's Herr Dunnar und die Bauern (に発表されました MärchenundSagen、1937)および Die Heimholung des Hammers (1977)H。C.Artmannによる。 [75]英語では、例えばヘンリー・ワズワース・ロングフェローの「トールの挑戦」(1863)[76]と、ラドヤード・キップリングの2つの作品に登場します。 旅行の手紙:1892年から1913年 と「コールドアイアン」 報酬と妖精。 L.スプレイグドキャンプ ハロルド・シア 他の北欧神話と同様に、シアの多くのファンタジーの冒険の最初の段階でトールと会いました。

アーティストはまた、ヘンリー・フセリの1780年の絵画を含む、絵画や彫刻でトールを描いています。 ミッドガルドの蛇を殴るトール H.E.フロイントの1821年から1822年の彫像 ソー B.E.フォーゲルバーグの1844年の大理石像 ソー MårtenEskilWingeの1872年の絵画 トールの巨人との戦い K.エーレンバーグの1883年の素描 オーディン、トール、マグニ WilhelmRanischの1901年に出版されたE.Doeplerによるいくつかのイラスト ヴァルハラ (ソー トールと死ぬMidgardschlange ThordenHrungnirbekämpfend ThorbeidemRiesenÞrymalsBrautverkleidet トールベイヒュミル トールベイスクリミール ThordenFlußWimurdurchwatend)J。C。ドールマンの1909年の素描 トールと山シフとトール G.ポッペの絵 ソー E.ポットナーの1914年の素描 Thors Schatten H.ナッターの大理石像 ソー とU.ブレンバーの1977年のイラスト Die Heimholung des Hammers H. C.Artmannによる。 [75]

科学技術の分野で、スウェーデンの化学者イェンス・ヤコブ・ベルゼリウス(1779–1848)は、トールにちなんで名付けられた化学元素であるトリウムを発見しました。 [77]トールはPGM-17トールミサイルの同名でもあります。

1962年、アメリカのコミックアーティストであるジャックカービー、マーベルコミックの編集者であるスタンリーと彼の兄弟であるラリーリーバーがコミックに特集を作成しました。 ジャーニーイントゥミステリー スーパーヒーローとしてトールをフィーチャーしたシリーズ。 [78]このバージョンのトールは、赤毛ではなく、長髪の金髪として描かれている。雑誌はすぐにバックアップ機能「テイルズオブアスガルド」を追加し、カービィは最終的に北欧神話の物語を描き、雑誌のタイトルが変更されました ソー。リーとカービーは、スーパーヒーローチームのアベンジャーズの創設メンバーとしてトールを含めました。トールは、オーストラリアの俳優クリス・ヘムズワースによってマーベルシネマティックユニバースに描かれ、 ソー, アベンジャーズ, トール:ダークワールド, アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン, ドクターストレンジ, チームソー, トール:ラグナロク, アベンジャーズ:インフィニティウォー、 と アベンジャーズ:エンドゲーム。トールは他の出版社の漫画にも取り上げられています。サベージドラゴンの漫画では、トールは悪役として描かれています。ニール・ゲイマンの サンドマン コミック、トールは小さなタフィーハンマーを振るうバフーンとして描かれています。

2013年に最初に説明された、トールのヒーローは(Scutisorex thori)は、コンゴ民主共和国原産のトガリネズミの一種です。それとその姉妹種であるヨロイジネズミ(Scutisorex somereni)、椎骨がかみ合うことが知られている唯一の哺乳類種です。 [79]神が力と結びついていることから、チームはトールにちなんでトガリネズミに名前を付けた。 [79]

2015年から2017年まで、架空のバージョンのトールは マグナスチェイスとアスガルドの神々、アメリカの作家リック・リオーダンによって書かれ、ディズニー・ハイペリオンによって出版されたファンタジー小説の三部作[80]は、 キャンプ半血クロニクル、 と ケインクロニクル 同じ作者によるシリーズ。ニール・ゲイマンの本 アメリカの神々北欧神話 トールも備えています。

2020年1月、Netflixが制作したストリーミングサービス ラグナロク。ショーでは、高校生のマグネ・セイアーが、ノルウェーを汚染し、人々を殺害している巨人と戦うトールの力と能力を受け取ります。 Netflixは2021年5月27日に第2シーズンをリリースしました。トール/マグネはデビッドスタクストンによって描かれています。


トールスルーヒストリー

トールは最も人気のある北欧神話の神の1つでしたが、彼の魅力はバイキング時代に限定されていませんでした。

学者たちはかつてトールはスカンジナビアの先住民の神であると考えていましたが、北欧神話と他の神との類似点から、彼がインド・ヨーロッパ祖語の神から来たことがほぼ確実であるように思われます。同様の雷神は、ヒンドゥー教の神インドラが彼の赤い髪を共有しているインドまで遠くに見つけることができます。

トールは雷と嵐の神でしたが、他の多くの人と同じように、彼はまた、豊饒と繁栄の神の側面を取り上げました。雨は土壌を肥やし、植物を成長させるので、多くの宗教は、そうでなければ破壊的な天空神が生命を与えることに手を貸していると認識しています。

北ヨーロッパでは、トールは北欧文化の最盛期よりずっと前に記録されました。ローマ人は、ほぼ間違いなくバイキングの雷神の直接の祖先であるゲルマンの神に注目しました。

ローマ人は通常、他の宗教が異なる名前と装いで自分のパンテオンを崇拝していると信じて、他の場所で出会った神々に自分の神々の名前を割り当てました。オーディンはアース神族の父であり王でしたが、ローマ人はトールを木星と関連付けました。

北ヨーロッパの人々に最初に出会ったローマ軍の指導者たちは、彼ら自身の雷を振るう天空神とトールの類似点をすぐに見ました。

彼らはまた彼をヘラクレスという名前で呼んだ。木星は年をとった賢い人物でしたが、トールはギリシャローマの英雄を定義する強さと冒険心で知られていました。

ローマの崩壊後の何世紀にもわたって、ゲルマン人はまだ完全に独自の書記体系を開発していませんでした。それでも、トールはドイツとイギリスの人々に説教を始めたキリスト教の宣教師によって時々記録されました。

8世紀の聖ボニファティウスの作品の記述によると、彼はドイツのヘッセン地方で異教の神に捧げられた木を切り倒したとされています。この木はドナーのオークと呼ばれ、ドナーはトールの古いドイツ語の名前です。

一世紀後、 Thunaerうおでん 異教のサクソン人の神々の中で、キリスト教の洗礼で悪魔として放棄されるように指名されました。彼の名前は、11世紀のキリスト教の伝説がトールを悪役として語っているケントでも存続しました。

ヴァイキング時代の証拠は、トールが神々の首長であるオーディンよりもさらに広く尊敬されていたことを示唆しています。オーディンはしばしば神秘的で当惑する人物でしたが、トールはその年齢の男性が望んでいた強さを擬人化しました。

トールに関連するシンボルは、スカンジナビア、ドイツ、および英国全体でよく見られます。考古学者は、保護の魅力があったと信じており、着用者に神の有名な力を与えました。

この頃、トールの名前はスカンジナビア中の人々と場所の両方で広く使われるようになりました。

当時から知られている多くの名前はトールに敬意を表しています。 Torvaldのような名前(Þólvaldr 「トールの支配者)とハルドール(Hallþórr“Rock of Thor」)は、今日まで北欧諸国で使用され続けています。

スカンジナビアと北欧の人々が定住した地域の両方で、トールの名誉にちなんで多くの場所に名前が付けられました。たとえば、エセックスでは、サンダースリーの村はもともと呼ばれていました Þunrezleah、または「トールの牧草地」。


ヨルムンガンド

北欧神話では、海の蛇 J rmungandr ロキと巨人アングルボアの真ん中の子供でした。オーディンはフェンリル、ヘル、エルムンガンドルの3人の子供を連れて行きました。彼はミズガルズを取り巻く果てしない海である海にジャームンガンドを投げ入れた。蛇は大きくなりすぎて、地球を取り囲み、自分の尻尾をつかむことができました。

ユルムンガンドルの大敵はトール神です。彼らの出会いを詳述する3つの既知の神話があります。 1つは、トールが巨大な王「tgar」a-Lokiによって巨大な猫に扮した蛇に遭遇することです。 「tgar」a-Lokiによって設定されたタスクの1つとして、トールは猫を持ち上げる必要があります。J.rmungandrのような巨大な生き物を持ち上げることはできませんが、彼は非常に接近しているため、「tgar」によって欺瞞が明らかになります。 a-ロキそれはまだ印象的な偉業です。

トールが巨大なヒュミルと釣りに行ったとき、別の出会いがありました。二人は乗れず、ハイミールがトールに餌を与えることを拒否したとき、トールは餌として使用するためにハイミールの最大の牛から頭を打ちました。彼らは、ヒュミルがしばしば座ってカレイを捕まえるところまで漕ぎ、彼は2頭のクジラを描きました。トールはもっと遠くへ行くことを要求したので、彼らはそうしました。ヒュミルはトールに、蛇のせいで彼らがいる場所は安全ではないと言ったが、トールは彼を無視し、ヒュミルの恐怖に彼らはさらに漕いだ。

トールはそれから強い線と大きなフック、そしてJ.rmungandrビットを用意しました。トールは蛇を引き上げ、2人を対峙させ、ジャームンガンドは毒と血をドリブルした。ヒュミルは恐怖で青ざめ、トールがハンマーをつかんで蛇を殺すと、巨人は線を切り、蛇を波の下に沈めたままにしました。

彼らの最後の会合はラグナルクで行われ、ユルムンガンドルは海から引きずり出されて空を毒殺します。トールはジュンガンドルを殺し、蛇の毒で死ぬ前に9歩歩きます。

J.rmungandrは、 ミッドガルドサーペント (Mi gar sormr)または 世界の蛇.


トールとキリスト教のすべての類似点についてどう思いましたか?次のすべての答えを見つけましたか?

  • トールは聖書の中で言及されていますか?
  • オーディンは聖書にありますか?
  • ラグナロクは聖書の中にありますか?
  • バイキングイエスは誰ですか?
  • ロキは聖書の中にいますか?
  • バイキングのイエスはいますか?

以下のコメントセクションであなたの考えやコメントを共有してください。また、記事を共有することも忘れないでください。読んでくれてありがとう!

私たちのスポンサーをチェックしてください

私たちのスポンサーをチェックしてください

関連記事

コメントを投稿

30コメント

たとえイエスがトールよりも根本的に現実的な存在であったとしても、私たちは私たちの文化のイエス神話を通してのみイエスを知っています。そして、私たちの精神と相互作用し、それを変えるのはこの神話です。無神論が技術的に真実であるとしても(ユニテリアンの「ここで話す」)、私が持っているものではありませんが、同様の神話は人類に同様の変容効果をもたらします。

イエスが実際に存在したので、「トールよりも根本的に現実的な存在」ですか? 「イエスの神話」とは何ですか?私たちの精神と相互作用し、それを変えるのはキリストの歴史上の人物です。

私たちは福音の物語とそれに関連する「物語」を通してイエスを知っています。いくつかの聖書学界では、「歴史的」イエスと「聖書的」イエスの間で区別がなされてきました。私たちは聖書の物語を通してのみイエスを体験します(そうです、そして伝統。そして&quotpsychological&#39peak&#39体験)。私はかつて福音派のクリスチャンに、「たとえイエスが存在しなかったとしても」福音が無効になることはないだろうと言いました。イエスが発明であったが、「聖なる」ものであるということは、いくつかのサークルで信じられています。

アナンダ・クーマラスワミー(ヒンドゥー教の聖人):「神話は、言葉で表現できる絶対的な真実への最も近いアプローチを体現しています。」

神話は具体化を求めているのではなく、科学とともに、常に人間が真実を求めている結果です。心を開いて福音書を読み、真の人と実話を実感してください。生きるためには、神話ではなく親が必要です。私たちは自分の神話を理解するために神を必要としています。ナサレスのイエスは神に具現化されており、おそらく神話として証言され、拒絶されることを愛するでしょう。

私のアイルランドのユニテリアン教会で、誰かが言った:「私はユニテリアンですが、キリスト教は私の&#39母国語です&#39」その人であるイエスはおそらく存在していましたが、彼の人生と使命の目的はクリスチャンにとって特別な意味を持っています。非キリスト教徒と同じ程度ではありません。古ノルド語にとって、トールの物語や他のそのような物語は、ノース人の構成の一部です。

私はここでは&#39anti-&#39キリスト教ではありません、私はあなたを保証します。

クリスチャンだけのキリスト?人間によって構成されたキリスト?それは間違いなく私の信仰ではありません。私たちはイエスを真剣に受け止め、救い主として受け入れるか、偽預言者として拒絶しなければなりません。私たちには神について明確な新約聖書があり、みことばが肉体になるので、ただ容認するか親切にすることは本当に反キリストであり、深刻です。

カントは、私たちは物事がそれ自体でどのようになっているのかについては何も知らず、それらが私たちにどのように見えるかだけを知っていると言いました。これは独我論ではありません。
伝統的なユニテリアンにとって、イエスは預言者であり、真の預言者でした。私たちユニテリアン主義者は、私たちがすべての取引のジャックである可能性があることを認める傾向がありますが、宗教的な問題に関しては誰のマスターでもありません。カトリック聖書には、改革派教会が異端ではなく、神の霊感よりも少ないと見なしている6冊の本があります。そしてオルトボックス聖書の別の6。
主流のキリスト教が最も軌道に乗っている宗教である場合、非キリスト教社会はかなりの程度までキリスト教を反映するでしょう。
正統派のクリスチャンソクラテスにとって、彼の人生と使命においては、ただの陽気な素敵な男ではなく、確かに非常にキリストのように見えるに違いありません。

このコメントは作者によって削除されました。

「イエスは彼に言った、「わたしは道であり、真理であり、命である。だれも父のもとに来るのではなく、わたしによって」ヨハネ14:6。ユニテリアンはどのようにしてイエスを真の預言者と呼ぶことができますか?それにもかかわらず、私たちが私たちの道、私たちの真実、私たちの人生としてイエスを必要としないなら(または正統派のクリスチャンだけが彼をそのように必要とします)、イエスは偽預言者です。
カトリックと改革された聖書の問題は何ですか?それは、私たちが何を必要とし、何が神の言葉を受け取るのに役立つかについてです。 4歳の男の子が父親について20語を使用し、兄が200語を使用している場合、解決策はそれらのどれも信じていないのでしょうか。
イマヌエル・カントは、理由を1つのボックスに入れ、信仰を別のボックスに入れていました。ええと、私たちには1つのユニークな人生、非常に短い人生があり、それが私たちにどのように見えるかについて統合失調症を行うことはできません。私たちは、私たちの理由と信仰の両方を持って、複数ではなく1人の&#8212人に責任があります。
もしも。イエスは真の預言者であり、神の子であり、私たちの救い主です。彼は理性と信仰をもって私たちを助けてくださると思います。彼はまた、ソクラテスと他のすべての知恵の多くを確認することができましたが、置き換えられませんでした。

ユニテリアンの返事-神はすべての人の中に住んでいます。私たちの中にこの神を見つけることが、なぜここにいるのかです。イエスはこの神への道を見つけ、他の人がそこに行く道を見つけるのを助けようとしました。他の人がこの方法を見つけたかもしれないということは可能です。道は常に存在していたに違いありません-または平行した道。根本的に重要なのは、私たちが神を求めるべきであるということです。この探求について良いアドバイスをすることは重要です。

あなたはおそらく今私のコメントにうんざりしているでしょう。そして、私はあなたとあなたのユニテリアンのやり方を尊重しなければなりません。
しかし。しかし。私はこれらすべての選択肢、パラレル、実際に見つけることなく探していることに悲しみを感じます。

この投稿は、キリストについての福音書と北欧の神話との類似点から始まりました。
私はノルウェーの海岸近くに住んでいます。私の先祖はトール神と真実を求めているヴァイキングでした。福音との良い類似点はありますが、北欧神話の実は、私たちの時代にISが行っているように、悪でした。アイルランド人(?)として、あなたはヴァイキングとリンディスファーンへの彼らの襲撃について聞いたことがあります。私はそれを誇りに思っていません!

私の主イエスである神に感謝します。そして、ノルウェーの海岸に宣教師を送り、イエス・キリストについて話してくれたアイルランド人に感謝します!数年後、私の祖先は他の国で邪悪なことをするのをやめ、夫が望むように多くの妻を連れて行き、望まない子供たちを森に残し、山の棚から老人を押し出し、新しい殺害で殺害を報復し、地球なら人間を犠牲にしましたその収穫をもたらさなかった。

何年も後、ノルウェーの宣教師がマダガスカルに到着し、彼らに福音を伝えました。これは良い知らせです。そして、原住民は尋ねました:&quotあなたはどれくらいの間これを知っていましたか?なぜあなたは以前に私たちに話さなかったのですか?」

主イエスについての良いたよりが再びアイルランドに到着しますように! :)友人からの挨拶で、グーグル翻訳で。ノルウェーで。

はい、もちろん。非ローマヨーロッパにおけるキリスト教への初期の魅力の多くは、それが人身御供の「必要性」を終わらせたことでした。

数年前、妻(レギオンシスター)と私はコペンハーゲンで休暇を過ごしました。私たちは食事をとるためにパブに入った。 「観光客?」地元の人が尋ねた。 &quotはい、アイルランドから。私たちは聖杯と原稿のために来ました。」周りの笑顔。

ハハ、いいコメント!キリストによるトロイの木馬の侵入を表す限り、聖杯の盗難は気にしません:)

非歴史的な福音と非歴史的なイエスの提案に対する解毒剤を探している人には、「イエスの事件」を読むことをお勧めします。その作者はブラント・ピトレとロバート・バロンです。それは、理にかなった徹底的な証拠の提示です。

提案ありがとう!面白そうだし、Amazonでプレビューして、注文すると思います。
Wordonfireのインタビューでも良い紹介です。ありがとう!

同意しました!私は今、ピトレ博士のイエスの事件を二度読みましたが、それはとても良いことです。また、ピトレ博士はノートルダムセミナリーで何度も私の教授を務めていました。素晴らしい男!ピトレ博士は聖書を通して、イエスが単なる預言者ではなく、神ご自身であると主張しなかったことを示しています。ジョンの「eimi」ステートメント。彼はまた、匿名の福音書理論の嘘を完全に明らかにしています。素晴らしい本!

これは最も有益なコメントスレッドでした。私はニュージャージー州北部で育ち、ノルウェー人とユダヤ人の隣人(イタリア人、アイルランド人、ドイツ人のビッグ3と一緒に)に隣接していました。絶対的な真実は、議論されていた謎を解き明かす鍵です。それがなければ(HIM)、ドアは反対側にあるものを一瞬だけ垣間見るのに十分なだけ広く開かれます。この観察は、私たち自身の近視によって汚染されています---原罪の影響。 http://eucharist-emc2.blogspot.comにある私のブログは、その目標としてこの真実の完全性を持っています。

神はあなたとあなたの仕事を祝福します。

コメントありがとうございます、マイク!

私の中にバイキングがあり、私のDNAが目覚めたばかりです。私はアイルランド系で、私の土地の言語と文化はすべてなくなっています。だから今、私は私の前に母親を呼びました。マリが山にやってきた。私は彼女を描いた後、彼女を研究しました。バスク神話。彼女はすべての子供たちにやってくる水を管理しています。ヴォルヴァの目覚め。あなたはオーディンが紀元前に私たちのすべての賢明な父であるヴェルディック時代に戻っているのを見るでしょう。彼がインドで生まれ変わったのをまだ見守っています。ヴェルディック時代のヘリーウッドはそれから漫画を作ろうとしましたが、スターシードの子供たちの真の啓発が始まったのは本当です。あなたは雇うためにバイキングを読むだけです。私の父のバイキング部族スビはバスク山脈で私の母に会いました。彼は安全のために彼女をアイルランドに連れて行きました。キリスト教は魔女がいると言って彼らを燃やしているすべての女性を殺していました。ヒーラーのマリのシャルメンは、ヴォルヴァの知識を燃やして盗んだ。今、あなたは大きな製薬会社が私たち全員を殺している。不均衡を参照してください。アイルランドとバスクをつなぐのは、ミレスイス王とマリ・スコッタです。今日のアイルランドのイギリス人のスペイン語とエジプトの血は、彼らが誰であるかを知りません。オーディンの子孫シンクレアプロジェクト。これらの本を研究するANASTASIAThe Ringing Cedar by VladimirMegreロシアの本YouTubeで無料のオーディオ彼女はそれらを見せてくれますアナスタシアはヴェドラスですこれらの本はKainsの血統であるSerpantの人々に目を開かせます

非常に素晴らしい投稿私はもっと読むためにこの投稿をお勧めする必要があります:https://viking-store.com/blogs/viking-norse-mythology/ragnarok-history

このコメントは作者によって削除されました。

スコット、あなたは情報が不足しているか、ひどく偏ったキリスト教のサイトからあなたの「情報」を入手しているか、不正直です。古ノルド語の宗教は、多くの世紀によってイエスよりも前から存在しています。 https://en.m.wikipedia.org/wiki/Old_Norse_religion

ローマ人によってまとめられた聖書(当時コンスタンティンが支配していた)が歴史上の人物イエスと人気のある神話を混ぜ合わせているため、イエスと他の神話との類似点が存在します。
https://en.m.wikipedia.org/wiki/Jesus_in_comparative_mythology

正直な人は理解するでしょう:神話は口コミで交換され、歴史的にも論理的または道徳的にも理由がありません(キリスト教を含む多くの宗教は、洪水、病気、強姦者の司祭、そして想定される「全能の」残虐行為は、何かを信じることを可能にします。人々はただ何かを信じるのが好きです。これが宗教が存在し続ける理由であり、子供たちの頭に入れられ、人々を「良い」(異性愛者であり、人々を制御するためのツールとして暗い時代に外国人によってまとめられた本に提出する「真の」信者)と「悪い」(非信者、非異性愛者、証拠、理由、論理を使用して世界を理解している人々)。

最後にもう1つ、地球は人間のために作られたものではありません。人間は、人間が地球を傷つけるという証拠を押しのけるために、この神話を自分自身に言い聞かせます。それは私たちの財産ではありません。それはたくさんの生命体のための唯一の家です。しかし、「聖なる」本には次のように書かれています。どうして?これらの本は暗黒時代に単純な心で書かれたからです。ルネッサンスのずっと前。啓蒙時代のずっと前に。情報化時代よりずっと前。証拠、理由、論理を使用する必要がありますか?はい。啓蒙時代は、教会の絞め殺しに対して、プロの人間である多くの良いものをもたらしました。

宗教、特にキリスト教は、他の情報源からのものがキリスト教であると主張するのが好きです。いいえ、人権、平等、民主主義、その他の素晴らしいことはキリスト教徒ではありません。キリスト教は、女性を母親の役割に引き下げるもう1つの家父長制の宗教です。キリスト教は「クリスマス」ツリーを思いつきませんでした。 「クリスマス」の木は、北欧の宗教を信じていた人々がしたことであるため、人々が家の前や家の中に置くものです。キリスト教が北欧の宗教国に到着すると、教会は人々に家の中や前に木を置くのをやめるように命じました。しかし、人々は止まりませんでした。そのため、教会はこのツリーを「クリスマスツリー」と呼んでいます。インターネットにアクセスでき、信頼性が高く、偏見のない情報源からの情報を簡単に見つけることができます。ローマ人が「クリスマス」にしたものを調べてください。 Jul(自然を利用するのではなく自然を愛する北欧の宗教)とSaturnalia(ローマのもの、人々は1日平等でした)に基づいていることがわかります。

事前に情報を確認し、嘘を広めないでください。

これらすべてについてもう少し深く考える必要があります。また、私の知識は、両方の分野での長年の研究と学術研究から得られます。

そうです、北欧神話はイエスよりも前からあります。北欧神話は、イエスの誕生の2000年前に創世記に書かれたイエスの予言よりも前のものではありません。この予言は、創世記の書物よりもかなり前のものです。トールの神話と比較して私がしていることの多くは、創世記第3章15節に含まれているキリストの予言に基づいています。

また、これを自問してみてください。北欧神話に関する私たちの知識はどこから来ているのでしょうか。主にエッダから。さて、エッダを書いたのは誰ですか?つまり、今日私たちが知っているように、誰がエッダを保存して翻訳したのでしょうか。キリスト教の宣教師。これらのクリスチャンは、大小を問わず、何らかの形で神話を形作りました。したがって、今日の神話を知っているように、トールはイエスに基づいていました。


ビデオを見る: ヨルムンガンド チェキータさん (六月 2022).