ニュース

ジンバブエ政府-歴史

ジンバブエ政府-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ジンバブエ

ジンバブエの憲法によると、大統領は国家元首であり、国民の多数決により6年の任期で選出された政府に先んじています。

議会は議会の家で構成され、最長5年の寿命があります。議会の家には、コモンロール選挙人によって選出された120人のメンバー、8人の知事、10人の首長、12人の大統領任命者、議長、および検事総長がいます。

現在の政府
大統領ムガベ、 ロバート
副社長ムシカ、 ジョセフ
副社長ムゼンダ、 サイモン
最小防衛のセケラマイ、 シドニー
最小教育、スポーツ、文化チグウェデレ、 アイネイアース
最小エネルギーと電力開発のミジ、 アモス
最小環境と観光のネマ、 フランシス
最小金融と経済開発のムレルワ、 ハーバート
最小外務省マデンジ、 スタン
最小保健・児童福祉パリレンヤットワ、 デビッド
最小高等教育および高等教育チョンボ、 イグナティウス
最小内務のモハディ、 ケンボ
最小産業と国際貿易のムンベンゲグウィ、 サミュエル
最小司法、法務、議会問題ちなまさ、 パトリック
最小土地、農業、および農村の再定住の作る、 ジョセフ
最小地方自治体、公共事業、および国立住宅のチョンボ、 イグナティウス
最小鉱山および鉱業開発ちんどり-ちにんが、 エドワード
最小公共サービス、労働、社会福祉モヨ、 7月
最小農村資源と水開発のムジュル、 ジョイス
最小中小企業開発のニョニ、 シテンビソ
最小大統領府の特別事務局Nkomo、 ジョン
最小運輸・通信マンウェンデ、 目撃者
最小青年育成、ジェンダー、雇用創出マニイカ、 エリオット
最小情報と広報のための州のモヨ、 ジョナサン
最小国家安全保障のための国家ゴッシュ、 ニコラス
最小科学技術開発のための国家のムチェナ、 オリビア
最小国営企業および国営企業のための州のマングワナ、 ポール
最小農地改革プログラムのための州のブカ、 フローラ
中央銀行総裁ツンバ、 レナード
駐米大使ムバコ、 Simbi Veke
国連常駐代表、ニューヨークJokonya、 ティチャオナジョセフベンジャミン


ジンバブエの農地改革:人種と歴史

2000年にジンバブエで、黒人のアフリカ人が白人の少数派(土地の大部分を所有していた)の農場を占領し始め、そこに住む家族を恐怖に陥れ、黒人のアフリカ人のために土地を奪うと脅迫しました。占領軍はジンバブエ大統領のロバート・ムガベに勇気づけられました。

政治的

  • 白人の少数派は、植民地時代の名残であるジンバブエの土地の多くを所有しています。
  • 土地の一部は、独立後、現在の所有者への補償とともに再分配されることになっていた。しかし、ほとんどの土地は大衆に再分配されませんでした(ほとんどは軍隊と大統領の支持者に行きました)。
  • ムガベは、選挙支援を確保するために、活動を奨励し、補償なしで、より広範な再分配を脅かしています。
  • 英国、米国、南アフリカは、平和的解決のために賠償基金に寄付することを申し出ました。

経済的

•多くの黒人ジンバブエ人は、農業用地が不足していることに貧困と不満を抱いています。

NS最近、多くのニュースの見出しが、南アフリカ、ペルー、ホンジュラス、ブラジル、ジンバブエなどの発展途上国における土地の不平等な分配に焦点を当てています。農地改革はこれらの国々の政治にとって目新しいものではありませんが、土地の不均一な分布がこれらの国々の多くの貧しい人々の生活や生活に悪影響を及ぼしているため、この問題はますます注目を集めています。何年にもわたる不平等の結果はしばしば欲求不満であり、それは政治的行動、さらには暴力や戦争にまで沸き起こります。

農地改革は、一般的に、土地を所有していない人々、つまりテナントと農場労働者の利益のために、土地の財産または権利を再分配することとして定義されています。ジンバブエの土地改革の問題は、アフリカ南部やその他の地域の土地、革命、開発の政治における有益な事例研究です。以前はローデシアとして知られていたジンバブエは、1965年にイギリス植民地支配からの独立を達成し、1980年に白人少数民族支配からの独立を達成しました。イギリスの入植者が1890年に到着して以来、土地はジンバブエの政治の中心的な問題でした。 1890年の侵略前にジンバブエに住んでいた先住民族からの土地の。 1980年の独立までに、約4200人の白人農民(人口の1%未満)が耕作地の70%以上を支配し、ジンバブエの1,200万人の黒人住民は残りの土地で生計を立てなければなりませんでした。ロバート・ムガベ大統領(1980年の独立以来唯一の大統領)による農地改革の約束にもかかわらず、ほとんど変わっていません。一部の土地は再分配のために州によって購入されましたが、この土地は主に忠実な支持者と政府関係者に与えられました。 2000年2月、再分配の目的で補償なしに白い土地を押収することを求める国民投票は失敗した。これは国民投票を支持したムガベ大統領の政府にとって恥ずべきことでした。国民投票が失敗した直後、退役軍人は白人が所有する商業農場を占領し、野党の白人少数派や他の支持者を脅迫または殺害し始めた。このような土地と人種問題に対する不安に直面して、ジンバブエは2000年6月に議会選挙を行い、将来の土地改革の範囲は不明であるが、野党は大幅な利益を上げた。


コンテンツ

サンと製鉄文化による侵略編集

石器時代の証拠は、現在主にカラハリ砂漠に住んでいるサン人が、ほぼ3、000年前にこの地域の最初の住民の祖先であることを示しています。紀元300年にさかのぼるいくつかの鉄工文化の名残もあります。初期の鉄工についてはほとんど知られていませんが、彼らはサンに圧力をかけ、徐々に土地を乗っ取ったと考えられています。

ショナ語ルール編集

8世紀から9世紀頃、バントゥー語を話すショナ語(ゴコメレ、ソト-ツワナおよび関連する部族)が北から到着し、サンと初期の鉄工の両方が追い出されました。このグループはマショナ族を生み出し、おそらくイエメンのセナを経由してこの地域に到着した古代ユダヤ人の子孫との合併を通じてレンバ族も生み出しました。 15世紀までに、ショナ語はムンフムタパ帝国(モノモタパまたはムウェンムタパ帝国とも呼ばれる)として知られる強力な帝国を設立し、その首都はジンバブエの古代都市であるグレートジンバブエにありました。この帝国は現在、ジンバブエ(この都市にちなんで名付けられました)とモザンビークの近代国家に属する領土を支配していましたが、帝国は15世紀の終わりまでに分割され、南部はウロズウィ帝国になりました。

ポルトガル人は早くも1505年にショナ州を征服しようと試み始めましたが、1513年まで海岸に限定されていました。州もライバルの派閥によって引き裂かれ、金の取引は徐々に奴隷の取引に取って代わられました。帝国はついに1629年に崩壊し、回復することはありませんでした。政府の残党は、モザンビークにカランガと呼ばれることもある別のムタパ王国を設立し、1902年までこの地域を統治していました。[1]

ムフェカネ編集

ムフェカネ (ズールー)、別名 ディファカネ また リファカネ (セソト語)は、「押しつぶす」または「散乱する」のようなものを意味するアフリカの表現です。 1815年から1835年頃にかけて、ツゲラ川とポンゴロ川の間でングニ人を征服したズールー族の王であり軍の指導者であるシャカの権力が台頭した結果、アフリカ南部で広範囲に及ぶ混乱と混乱が起こった時期について説明しています。 19世紀の、そして地域に軍国主義の王国を作成しました。ムフェカネはまた、ンデベレ王国、ムフェング、マコロロなどの他のグループの形成と統合、そして現代のレソトなどの国家の創設にもつながりました。

1817年、南部ショナ地域はムジリカジに侵略されました。ムジリカジは元々、ズールー軍によって自分の領土から西に押し出されたズールー王シャカの中尉でした。 Transvaal Ndebeleとの短い同盟の後、MzilikaziはNdebeleの人々のリーダーになりました。ショナ人の多くは法人化され、残りはンデベレ王国に税金を払った衛星領土になりました。彼は彼の新しい国をMthwakazi(イギリス人は後にMatabelelandと呼んだ)と呼びました。これはサン人がaba Thwaと呼んだ元の入植者に由来する名前です(Ndebeleは自分たちをMatabeleと呼んでいましたが、言語の違いのため、地元のソトツワナ人によってNdebeleと呼ばれていました。)ムジリカジのトランスバールへの侵入は、先住民や後に歴史家がムフェケーンと呼ぶようになった、相互に関連する膨大な一連の戦争、強制移住、飢饉の一部でした。トランスバールでは、ムフェカネはソト・ツワナの諸公国の町や村、その政治体制や経済をひどく弱体化させ、混乱させ、非常に弱くなり、まもなく南から到着するヨーロッパ人入植者によって植民地化されやすくなりました。

Ndebeleがトランスバールに移動すると、バベンダの残党は北にウォーターバーグとゾウトパンスバーグに後退し、ムジリカジは現在のプレトリア近くのマガリーズバーグ山脈の北に彼の首長クラールを作り、モセガの北への貿易ルートを守るための重要な軍事前哨基地を作りました、現代の町ジーラストの場所からそう遠くない。 1827年頃から1836年頃まで、ムジリカジはトランスバール南西部を支配していました。それ以前は、バール川とリンポポの間の地域はヨーロッパ人にはほとんど知られていませんでしたが、1829年にロバートモファットがムジリカジをモセガに訪れ、その日から1836年の間に、英国の商人や探検家がこの国を訪れ、その主要な特徴を知らせました。 。

ボーアの対立編集

1830年代と1840年代に、オランダの開拓者の白人の子孫、総称して フォールトレッカーズ また トレックボーア、イギリスの支配から逃れるために何百人もの扶養家族と共にケープ植民地を去った。グレートトレックと呼ばれるようになったこの脱出は、しばしば移民の入植者を地元の軍隊に対抗させ、短命のボーア共和国の形成をもたらしました。 1835年から1838年の間に、トレッカーはバール川を渡り、ンデベレ連隊と小競り合いを始めました。 1836年10月16日、ヘンドリック・ポティエターの下のボーア人の列が、約5,000人のンデベレ軍に攻撃されました。彼らはポティエターの家畜を捕まえることに成功したが、彼のラガーに侵入することはできなかった。ツワナの首長の一人であるモロッコは、後にポティエターにワゴンをタバ・ニシューの安全な場所に引き戻すよう説得しました。そこでは部下が食料と保護を求めることができました。 1837年1月、100人以上のボーア人と約60人のツワナ人が復讐を果たして戻ってきました。 PotgieterとGerritMaritzに率いられて、彼らはMosegaのMzilikaziの入植地を襲撃し、Limpopo川を渡って彼を運転しました。著名なフォールトレッカーズはすぐにムジリカジが没収した領土を主張し、その後の到着はトランスヴァールにさらに深く押し込み続けました。

フォールトレッカーズ党は1851年までにムジリカジに嫌がらせをしましたが、翌年、南アフリカ共和国のバーガー人がついに永続的な平和を交渉しました。しかし、1867年にムスワカジの近くで金が発見され、ヨーロッパの植民地勢力はこの地域にますます関心を寄せるようになりました。ムジリカジは1868年にブラワヨの近くで亡くなりました。彼の息子であるロベングラは、1888年のラッド条約により、マタベルランド東部の多くの土地でケープ帝国主義者のセシルローズに独占的な鉱業権を与えるなど、ヨーロッパの貿易業者にいくつかの譲歩を与えました。金は近くのマショナランドに存在することがすでに知られていたため、ラッドの譲歩により、ロードスは1889年に英国南アフリカ会社を設立するための勅許状を取得しました。

パイオニアコラム編集

1890年、ロードスはパイオニアコラムとして知られる入植者のグループをマショナランドに送りました。 400人以上のパイオニアコラムは、探検家で大物ハンターのフレデリックセラウスに導かれ、正式に指定されました。 英国南アフリカ会社警察 (BSACP)約100人のベチュアナランド国境警備隊(BBP)を伴う。彼らがハラリヒルに到着したとき、彼らはフォートソールズベリー(現在のハラレ)を設立しました。ロードスは勅許状の前から入植者に土地を分配していたが、勅許状はイギリス政府との彼のさらなる行動を正当化した。 1891年ま​​でに、枢密院勅令はマタベルランド、マショナランド、ベチュアナランドをイギリスの保護領と宣言しました。 1892年までに、部隊の兵士の数は減少し、BSACPは、マショナランドホース、マショナランドマウント警察、マショナランドコンスタビュラリー、そして後にソールズベリーホース、ビクトリアレンジャー、ラーフレンジャーが追加された多数のボランティア部隊に置き換えられました。 。 BSACPは後にブリティッシュサウスアフリカポリス(BSAP)と改名され、この部隊は20世紀のほとんどの間一緒にいました。

ロードスはこの地域の白人居住地の継続的な拡大に既得権益を持っていたため、現在は法的義務の対象となり、1893年にビクトリア砦(現在のマシンゴ)近くのショナに対するンデベレによる残忍な攻撃を攻撃のふりとして使用しました。ロベングラ王国。

戦争の最初の戦いは1893年11月5日、インペンビシ川から数マイル離れた野外でラージャーが攻撃されたときに発生しました。ラージャーは670人のイギリス兵で構成され、そのうち400人は、ジョン・ウィロビー卿によって計算されたインベズ連隊とイングブ連隊を合計1700人の戦士と戦った。ラージャーは、マキシム機関銃5門、7ポンド砲2門、ガードナー銃1門、ホッチキス1門の小砲を持っていました。マキシム機関銃が中心となり、自国の力を弱体化させました。他のアフリカ連隊はすぐ近くにあり、推定5000人でしたが、この部隊は戦闘に参加しませんでした。

ロベングラには、ブリティッシュ・サウス・アフリカ警察の700人未満の兵士に対して、8万人の槍兵と2万人のライフル兵がいましたが、ンデベレ人の戦士はイギリスのマキシム機関銃に匹敵しませんでした。レアンダースタージェームソンはすぐに彼の軍隊をブラワヨに送ってロベングラを捕まえようとしましたが、王は逃げてブラワヨを彼の後ろの廃墟に残しました。白人入植者のグループはシャンガニ川沿いのロベングラを見つけるために派遣されましたが、1893年にマタベルランドのシャンガニ川での戦闘でこのパトロールのほぼすべてのメンバーが殺されました。事件はローデシア植民地で永続的で目立つ場所を達成しましたシャンガニパトロールとしての歴史であり、ほぼ英国のカスターの最後のスタンドに相当します。しかし、これはンデベレ人にとって勝利ではありませんでした。やや不思議な状況下で、ロベングラ王は1894年1月に亡くなり、数か月以内にイギリス南アフリカ会社がマタベルランドの大部分を支配し、白人の入植者が到着し続けました。

ジェームソン侵入事件(1895年12月29日-1896年1月2日)は、1895年から96年の新年の週末に、レアンダースタージェームソンと彼のローデシアンおよびベチュアナランドの警官によって行われたポールクリューガーのトランスバール共和国への襲撃でした。これは、トランスバールで主に英国の駐在員(Uitlandersとして知られている)による蜂起を引き起こすことを目的としていましたが、そうすることができませんでした。襲撃は効果がなく、蜂起は起こらなかったが、第二次ボーア戦争と第二次マタベレ戦争を引き起こすのに大いに役立った。

第二次マタベレ戦争、または第一次マタベレ戦争 チムレンガ、現代のジンバブエでよく呼ばれるように、1896年と1897年の間にNdebeleとShonaの人々による英国南アフリカ会社の支配に対する反乱が含まれていました。

によると ユネスコのアフリカの一般的な歴史-植民地支配下のVIIアフリカ1880-1935、「チムレンガは、ショナ語で武力抵抗の形態と呼ばれ、1896年3月にマタベレランドで、6月にマショナランドで始まりました。最初の犠牲者は、英国南アフリカ会社に雇われたアフリカの警官で、3月20日に殺害されました。ヨーロッパ人に対する最初の攻撃3月22日にエセックスベールの町で発生し、7人のヨーロッパ人と2人のアフリカ人が殺されました。1週間以内に130人のヨーロッパ人がマタベレランドで殺されました。アフリカ人はマティーニヘンリーライフル、リーメットフォード、象銃、マスケット銃、大失敗で武装しました。伝統的な槍、斧、こぶ、弓と矢と同様に」。 [2]

Ndebeleの精神的/宗教的指導者であるMlimoは、この対立につながった怒りの多くを助長したと信じられています。彼は、白人の入植者(それまでに約4,000人)が干ばつ、イナゴの疫病、当時国を襲った牛疫の原因であるとンデベレ人とショナ人に確信させました。 Mlimoの戦闘への呼びかけはタイミングが良かった。ほんの数ヶ月前、イギリス南アフリカ会社のマタベルランド総局長であるレアンダースタージェームソンは、ジェームソン侵入事件でトランスバール共和国と戦うために彼の軍隊と兵器のほとんどを送っていました。これは国の防衛を混乱させた。 Ndebeleは1896年3月に反乱を開始し、1896年6月にShonaが加わりました。

イギリスの南アフリカ会社はすぐに軍隊を派遣してンデベレ人とショナ人を抑圧しましたが、イギリス人が先住民の戦士に包囲された植民地の主要な要塞を解放するのに数か月かかりました。 Mlimoは最終的に、アメリカのスカウトであるフレデリックラッセルバーナムによってマトボヒルズの彼の寺院で暗殺されました。 Mlimoの死を知ると、Cecil Rhodesは武装せずに原住民の要塞に大胆に歩き、impiに彼らの腕を置くように説得しました。 [3]このようにして戦争は1897年10月に終わった。

第二次とも呼ばれるローデシアのブッシュ戦争 チムレンガ またはジンバブエ解放戦争は、1966年から1979年のゲリラ戦争を指し、ローデシアと デジュリ ジンバブエの独立。それは、イアン・スミスの主に白人の少数派政府とローデシア戦線と、2つのライバルの黒人民族主義運動との間の三者間の対立でした。 、ジョシュア・ンコモのマルクシストジンバブエアフリカ人民連合(ZAPU)は、主にンデベレ人によって支援されていました。それぞれロバート・ムガベとジョシュア・ンコモが率いる運動。 [4]

概要編集

1964年のローデシア・ニヤサランド連邦の崩壊に伴い、軍はイギリス軍による大規模な再編成を受けました。 1965年、南ローデシアは1965年に「一方的な独立宣言」(UDI)で問題を解決しました。 1966年4月以降、ソビエトが支援するゲリラのグループが、ホワイトルール政府を打倒することを目的として、隣接するザンビアからローデシアに着実に侵入しましたが、第2チムレンガは、攻撃が行われた1972年12月21日に本格的に開始されたと一般に考えられています。センテナリー地区の農場で行われ、翌日には他の農場がさらに攻撃されました。

1973年にゲリラ活動が増加すると、「ハリケーン作戦」が始まり、軍は戦争の準備をしました。 1974年、治安部隊による大規模な努力により、多くのゲリラが殺害され、国内の数は100人未満に減少しました。しかし、ポルトガルがモザンビークの植民地から撤退した1974年に、第2チュメレンガの第2戦線が出現しました。

1976年、増え続けるゲリラの流入を封じ込めるために、「スラッシャー」と「リパルス」の作戦が開始されました。同時に、2つの主要なゲリラ派閥間の競争が激化し、タンザニアの合宿で開かれた戦闘が発生し、600人以上が死亡した。ソビエトは彼らの影響力を増し、ジンバブエ人民革命軍(ZIPRA)ゲリラの訓練と管理においてより積極的な役割を果たし始めました。おそらく遅すぎるので、ローデシア人は敵に戦争を起こすことを決定し、1976年にローデシア人が1200以上のゲリラを殺し、大量の武器を捕獲したモザンビークの主要基地への襲撃で始まった国境を越えた作戦、ステップアップされました。 1977年、「ディンゴ作戦」はモザンビークのシモイオやテンブエなどの大規模なゲリラ収容所への大規模な襲撃であり、その結果、数千人のゲリラが死亡し、ローデシア人が切実に必要としていた物資を捕獲しました。

1978年9月、ゲリラは再び攻撃を開始し、ローデシアの旅客機であるエアローデシア825便をSAM-7ミサイルで撃墜しました。墜落を生き延びた10人の民間人は、その後、ZIPRAゲリラによって墜落現場で虐殺され、ローデシア治安部隊による大量報復の要求が高まった。その同じ年の10月、ローデシア空軍はルサカ郊外のZIPRAキャンプに大胆な「グリーンリーダー」攻撃を開始しました。ローデシアの戦闘機は襲撃の期間中ザンビアの空域を完全に占領しました。 1979年2月12日、戦争がさらに激化する中、別の民間旅客機であるエアローデシア827便が別の肩から発射されるミサイルに襲われ、59人の乗客と乗組員全員が航空機が巨大な火の玉に変わったときに殺されました。

ローデシア軽歩兵隊編集

ローデシア軽歩兵隊(RLI)は、ローデシア戦争の最前線にいました。それはローデシア軍の正規軍歩兵連隊であり、白人の新兵だけで構成されていた。大隊は、「コマンドス」1、2、3およびサポートコマンドスと呼ばれる4つの会社規模のサブユニットに編成されました。理論的には、各コマンドーには5つの「部隊」(小隊サイズの構造)がありましたが、ほとんどの場合、4つしかありませんでした。コマンドーの平均戦闘力は約70でした。ランク構造はトルーパー、ランス伍長、伍長、軍曹などでした。すべてのランクはローデシアのメディアによって「軍隊」と呼ばれていました。

RLIの最も特徴的な展開は、「火力」反作用作戦でした。これは、通常、コマンド/ガンヘリコプターと軽攻撃機を備えた3機のヘリコプターと1機のDC-3ダコタ(「ダック」と呼ばれる)によって現場に運ばれた32人の兵士の最初の波で構成される作戦上の攻撃または対応でした。サポート中。後者はセスナスカイマスターで、通常は2つの30 mmロケットポッドと2つの小さなナパーム爆弾(ローデシア製で「フランタン」と呼ばれます)で武装していました。 RLIはこの種の軍事作戦に非常に熟達し、大隊は戦争の最後の3年間で、約3000人の敵(大多数はジンバブエアフリカ国立解放軍)を殺害または捕獲しましたが、300人未満の死傷者と負傷者(巡視または外部作戦で発生した死傷者は数えません)。

消防隊に加えて、4つのコマンド部隊は、主にローデシア内で、時にはザンビアとモザンビークで、哨戒行動にしばしば使用されました。これらの作戦では、軍隊は1回のパトロールで5〜10日間、100ポンドをはるかに超える機器を運び、数週間、時には数か月間、戻って繰り返す必要がありました。また、彼らは上記の国々の敵陣営に対する多くの攻撃に参加しました。これらの攻撃のいくつかでは、大隊のほとんどまたはすべてが関与していました。

最初の大隊ローデシア軽歩兵隊は、1961年にブラワヨでローデシア・ニヤサランド連邦の軍隊内に最初に結成されました。大隊の核は、白い歩兵大隊だけでなく、C戦隊22(ローデシア)SASとローデシア装甲車連隊セルーススカウト(セルーススカウトではない)の人員を提供するために育てられた短命のナンバーワントレーニングユニットから来ました同じ名前の特殊部隊連隊)。

セルーススカウト編集

この期間中、セルーススカウトはローデシア軍の特殊部隊連隊として活動しました。彼らはイギリスの探検家フレデリック・コートニー・セルース(1851–1917)にちなんで名付けられ、そのモットーは pamwe cheteショナ語から翻訳された、は「すべて一緒に」、「一緒にのみ」または「一緒に進む」を意味します。セルーススカウトの憲章は、「国内および国外の両方でのテロリスト/テロリズムの秘密の排除」を指示しました。 [5]

セルース・スカウトは人種統合された部隊(約70%の黒人兵士)であり、ゲリラ自身を装ってゲリラに対して大成功を収めた秘密戦争を行った。彼らの比類のない追跡能力、生存およびCOINスキルは、彼らを敵によって最も恐れられている軍隊の1つにしました。部隊はローデシアの国境内のすべての敵の死傷者の68%に責任がありました。 [6]

ブリティッシュサウスアフリカ警察編集

1890年代から存在するユニットであるBSAPは、白人の少数党政府による黒人の民族主義者ゲリラとの戦いの重要な部分を形成しました。部隊は暴動部隊を追跡戦闘チーム(後に警察反テロリスト部隊またはPATUと改名)都市緊急部隊と海洋部隊を結成し、1973年からロデシアの国家奉仕計画の一環として白い徴兵に場所を提供した。 1970年代後半まで、黒人のローデシア人はBSAPの副検査官よりも高いランクを保持することができず、白人のローデシア人だけが任命されたランクを獲得することができました。

愛国戦線編集

愛国戦線(PF)は、1976年に、白人の少数派支配との戦い中にZAPUとZANUの間の政治的および軍事的同盟として結成されました。両方の運動がそれぞれの軍事力に貢献しました。ZAPUの軍事部門は、主にザンビアから、ややアンゴラで活動するジンバブエ人民革命軍(ZIPRA)として知られており、ZANUのゲリラは1965年に結成されたジンバブエ国立アフリカ解放軍(ZANLA)として知られていました。タンザニアですが、主にルサカ、ザンビア周辺のキャンプから運営され、後にモザンビークから運営されました。愛国戦線の目的は、政治的圧力と軍事力によって白人の少数派政権を打倒することでした。

終戦編集

1979年に別の旅客機が撃墜され、ローデシア人はゲリラ基地への襲撃を開始し、防空システムとモザンビークに拠点を置くソビエトMiG-17を回避することに成功しました。ルサカのZIPRA本部でSASとセルーススカウトが襲撃を行い、ZIPRAのリーダーであるNkomoを殺すことができなかった。ローデシアの人々は戦争の増加と政治的孤立にうんざりしていたので、1979年のランカスターハウス憲法会議で、南アフリカ(その主要な支持者)とその後、1980年初頭に米国の多民族選挙が行われました。英国はこの新政府を承認し、新たに国際的に承認された独立国はジンバブエに改名されました。元RLI職員の中核は、ジンバブエ国軍の最初のジンバブエコマンド大隊を訓練して形成するために残ったが、RLI連隊自体は1980年に解散した。セルーススカウトも1980年に解散したが、その兵士の多くは南に旅行した。アパルトヘイド南アフリカ国防軍に参加し、そこで5個連隊コマンドーに参加しました。ムガベの勝利時に約11,000人の常連(約60%が黒人)と約35,000人の予備軍で構成されていたBSAPは、圧倒的多数が白人でしたが、ジンバブエ共和国警察に改名され、「アフリカ化」の公式方針に従いました。上級白人将校が引退し、彼らの地位は黒人将校によって埋められました。

多数決選挙後、ZAPUとZANUの間で激化していた競争が勃発し、マタベレランド州(ジンバブエ南西部)でゲリラ活動が再開されました。マタベルランドでの武力抵抗は、血なまぐさい政府の弾圧に見舞われた。ジンバブエではグクラフンディとして知られる、共産主義者の訓練を受けたエリート旅団によって行われた、その後の大量虐殺に近い虐殺で、少なくとも20,000人のマタベレが死亡した。和平協定が交渉され、1987年12月30日、ムガベは大統領制のビジョンを導くために憲法を変更した後、国家元首になりました。 1989年12月19日、ZAPUはZANU-Patriotic Front(ZANU-PF)という名前でZANUと合併しました。

ジンバブエの現在の時代は、支配的なZANU-PFによって第3チムレンガと呼ばれています[7]。ムガベ政権は、植民地の社会的および経済的構造は、ローデシアの支配が終わった後もほとんど無傷のままであり、少数の白人農民が国の耕作地の大部分を所有していると主張している(ジンバブエ内の多くの政党は、これらの主張は、20年間のZANU-PF規則、英国が支払った「意欲的な買い手-意欲的な売り手」政策、およびジンバブエの白人人口の減少を考慮したものです。 2000年までに、ZANUの過激派は、土地改革のための激しい闘争「第3のチムレンガ」を宣言しました。 「第3チムレンガ」の始まりは、ジンバブエの有権者をコンゴ民主共和国での貧弱な戦争からそらす必要性と、与党の移植と不適切さのせいにされた経済問題の深化に起因することがよくあります。

野党は、ZANU政府の撤去、土地問題の解決、民主主義の確立、法の支配と良い統治の再構築、および政府の腐敗の根絶を目的としたジンバブエの現在の闘争を簡単に説明するためにこの用語を使用しました。この用語は、ジンバブエの都市人口の間ではもはや流行しておらず、かつては反対派の用語集から削除されていた重力を欠いています。

現代ジンバブエ編集

1999年、ジンバブエ政府は、第二次コンゴ戦争中のローラン・カビラ大統領の政府を支援するために、かなりの軍事力をコンゴ民主共和国に派遣しました。これらの部隊は2002年に大部分が撤退した。


ジンバブエの長年の独裁者、ロバート・ムガベの興亡

最近退任したジンバブエ大統領のロバート・ムガベは、彼の国を「破滅」させた独裁者として長い間知られています。彼の37年間の権力の間に、ムガベの政策はハイパーインフレーションと崩壊するインフラストラクチャをもたらしましたが、権力を保持したいという彼の願望は不法な選挙と汚職をもたらしました。

2017年11月、予期せぬ軍事クーデターにより、93歳の独裁者が権力を奪われたようです。しかし、彼がどのようにして長い間持ちこたえたかを理解するには、植民地時代以降のジンバブエの指導者としての彼の役割を理解する必要があります。

ジンバブエが独立国になる前は、&#x201CRhodesia&#x201Dまたは&#x201CSouthern Rhodesia&#x201Dとして知られるイギリスの植民地でした。19世紀後半から、白人のヨーロッパ人がそこに移り住み、独自の政府を設立しました。彼らはまた、アフリカ人から土地を奪い、白人に土地を与えました。

しかし、第二次世界大戦後、南ローデシアの白人の少数派は、おそらく彼らがそれほど長く担当しないのではないかと心配し始めました。大英帝国は崩壊し、他のアフリカ諸国は独立を勝ち取っていたため、1965年、南ローデシアの白人首相であるイアンスミスは、「大英帝国の王冠、&#x201Dはサマンサパワーを アトランティック.

1964年、南ローデシアでの選挙中に投票サインを読んでいる地元住民。(クレジット:Daily Express / Hulton Archive / Getty Images)

スミスは南ローデシアが今や独立国家であると宣言しましたが、実際には、人口の5%を占める白人が黒人の過半数に支配を強制したという認識されていない状態でした。言い換えれば、それは単なる植民地主義でした。別の形。スミスの行動は、第2チムレンガ、つまりジンバブエの独立のための戦争を引き起こしました。これは60年代後半から1979年まで続きました。

イリノイ大学の歴史学教授であるテレサ・バーンズは、ロバート・ムガベが権力を握ったのは、この抑圧的で激動の気候の中であったと言います。 Mugabe was a former Catholic school teacher who led the Zimbabwe African National Union, one of the two main wings of the nationalist movement, in the late 1970s. When Zimbabwe won independence, Mugabe became the country’s first democratically-elected leader in 1980, retaining power until 2017.

“Mugabe came to power in 1980 with a huge amount of legitimacy,” Barnes says. That first election was fair, and “really did represent the will of the majority of the people at that particular time.”

An armed soldier patrols a street in Harare, Zimbabwe on November 15, 2017. Zimbabwe’s army said it has President Robert Mugabe and his wife in custody and is securing government offices and patrolling the capital’s streets following a night of unrest that included a military takeover of the state broadcaster. (Credit: AP Photo)

At the beginning of his rule, Mugabe was a welcome relief from the war that had ripped through the country for over a decade. “In that kind of atmosphere, where people really wanted to work politically and work within the new system, Mugabe was able to gradually and then quite tightly consolidate power,” Barnes says.

In addition, she says that Mugabe was 𠇊 very canny politician,” who appealed “to key segments of the population” regarding the outcomes they had thought the liberation struggle would bring. “One of the first things he did was to appeal to the group of people who had fought in the liberation struggle,” she says.

In the mid-1980s, Mugabe shored up his popular support by promising to redistribute resources to soldiers who had fought for the war. He would continue to use the promise of land redistribution, which had been a major goal of the Second Chimurenga, as a way to maintain his popularity.

Over time, Mugabe’s actions made him less popular. For example, although he did end up redistributing land that had been given to white people back to black Zimbabweans in the 1990s, he made sure a lot of land went to his political cronies. But Mugabe was still able to retain his power by persecuting his opponents and holding unfair elections.

Zimbabwe’s President Robert Mugabe and wife Grace Mugabe, who had recently become the party’s next Vice President in November 2017. (Credit: Jekesai Njikizana/AFP/Getty Images)

Since 1980, the country’s elections “have become less and less free,” Barnes says. “Over time they’ve become more like sham elections, and Mugabe has ‘won’ every one of those”—such as in 2008, when he lost the election but manipulated the situation in order to retain power.

In early November 2017, Mugabe fired his vice president in an apparent move to give power to Mugabe’s wife (though Barnes says that the situation is probably a little more complicated than the wife narrative that is being reported). Soon after, a military coup unexpectedly took power, placing Mugabe under house arrest.

Barnes says that no one has ever attempted a coup against Mugabe before, and “I didn’t personally anticipate that his removal from power would lead to this.” But, she continues “the man is 93 years old—something had to happen eventually.”


With an economy based on cattle husbandry, crop cultivation, and the trade of gold on the coast of the Indian Ocean, Great Zimbabwe was the heart of a thriving trading empire from the 11th to the 15th centuries. The word zimbabwe, the country’s namesake, is a Shona (Bantu) word meaning “stone houses.”

Zimbabwe built upon these traditions and developed complex civilization that focused on mediating trade. While the northern cities facilitated trade routes between the Mediterranean, Red and Arabian Seas, Zimbabwe controlled the access to the highly desired African ivory and gold markets.


The People of Zimbabwe

Type of Government: parliamentary democracy

Languages Spoken: English (official), Shona, Sindebele (the language of the Ndebele, sometimes called Ndebele), numerous but minor tribal dialects

独立: 18 April 1980 (from UK)

National Holiday: Independence Day, 18 April (1980)

国籍: Zimbabwean(s)

宗教: syncretic (part Christian, part indigenous beliefs) 50%, Christian 25%, indigenous beliefs 24%, Muslim and other 1%

National Symbol: Zimbabwe bird symbol African fish eagle

National Anthem or Song: Kalibusiswe Ilizwe leZimbabwe [Northern Ndebele language] Simudzai Mureza WeZimbabwe [Shona] (Blessed Be the Land of Zimbabwe)


Essay: History of Zimbabwe Independence

Very few people know about the life of Africans, their culture and history. Many African countries existed as the colonies of the British Empire, France or the Netherlands. Zimbabwe is one of the countries that were under the rule of Britain. For more than 90 years Zimbabwe suffered from the European exploitation and civil war. Fortunately, the country proclaimed its independence in 1980. However, the new authoritarian regime did not improve the financial condition of Zimbabwe. On the contrary, President Robert Mugabe is known for his love for socialistic ideas and government-controlled economy. Under his government, Zimbabwean currency has become the most unstable one. The economy suffers from hyperinflation and reduction of social standards. In fact, independence is more important than financial stability. Therefore, let us pay attention to the efforts that have been taken to make Zimbabwe an independent state.

It is reasonable to analyze the history of Zimbabwe independence starting from the period of the British rule. In the 1880s, the British South Africa Company arrived to the current territory of Zimbabwe. This company was headed by the British businessman Cecil Rhodes who was a keen supporter of imperialism. He came to Africa to research the territories according to their usefulness for mining. Moreover, he wanted to expand the British empire to the enormous extends. According to the idea of Cecil Rhodes, The British Empire controlled the production of the precious metals and other resources as well as the labor in this colony. In 1890s BSAC obtained the new name ‘Rhodesia’ in honor of Cecil Rhodes. Very soon the name changed to ‘South Rhodesia’ that occupied the territory of modern Zimbabwe.

South Rhodesia was known for its typical colonial lifestyle. The whites seized vast lands of Zimbabwe and developed agriculture there. The local black population was moved to the so-called reservations. They remained without lands and could not support their living. There were laws that prohibited the local Africans to own lands in white areas. This racial division of land was very harmful for the local people. Secondly, Africans were excluded from the political process. They could not vote and occupy any notable public positions. Finally, they could not send their children to good schools and had to live in the special non-white areas. Thus, the colony lived according to the laws of apartheid that existed in South Africa. South Rhodesia had to fight against the Axis forces during World War 2.

The middle of the 20 th century is known for the growing influence of African nationalism. The local Africans organized numerous groups struggling for their self-determination. The post-war period is associated with the collapse of the colonial system in Africa. Many colonies received independence and chance for the prosperous future. The first native-born Prime Minister of Rhodesia Ian Smith decided to make his country independent. Doubtless, the British refused to provide South Rhodesia with independence therefore, Ian Smith made his mind to proclaim independence unilaterally. The Unilateral Declaration of Independence of 1965 stated that South Rhodesia was no longer under the British rule. This document announced the first break of the UK since the US Declaration of Independence. The UK and the entire UNO did not treat South Rhodesia as a legal state. The country occurred in the international isolation for its anti-colonial movement. Very soon, in 1970, the country called itself a republic but still remained unrecognized by anyone. The UK did not reestablish its control over South Rhodesia with the help of brutal force and the country remained in further isolation and suffered from international sanctions.

The weakness of the Rhodesian government was perfect for the African nationalists who wanted to throw away the whites from the continent. The Rhodesian Bush War started. This civil war lasted from 1964 to 1979 and its aim was to create black majority in the government of the state. African nationalists were dissatisfied with the dominance of the whites in political and economic life of Rhodesia. The most fertile lands belonged to the white farmers while the black people had to work on the poor land. Thus, the government of Ian Smith had to struggle against the forces of Zimbabwe African National Union and Zimbabwe African People’s Union. The most influential personality of the radical wing of African nationalists was Robert Mugabe. Nationalists were supported by the free African states, china and the USSR. Ian Smith and his Rhodesian security forces were supported by South African Army. Therefore, it is impossible to say that the Rhodesian Bush War was a local military conflict of civil war. Many countries were interested in the result of this war that was won by the left-wing nationalistic forces.

Robert Mugabe, being the most recognizable representative of African nationalists, became Prime Minister and then President of Zimbabwe. He made his mind to act in the same severe way applied by the British imperialists in the 19 th and 20 th century. He began to prosecute the white population of Zimbabwe instead of building a prosperous and socially-equal state.


Robert Mugabe: The Creation of Zimbabwe

A 1978 accord between Smith’s government and moderate black leaders paved the way for the election of Bishop Abel Muzorewa as prime minister of the state known as Zimbabwe Rhodesia, but it lacked international recognition because ZANU and ZAPU had not participated. In 1979 the British-brokered Lancaster House Agreement brought the major parties together to agree to majority rule while protecting the rights and property of the white minority. After winning new elections on March 4, 1980, Mugabe worked to convince the new country’s 200,000 whites, including 4,500 commercial farmers, to stay.

In 1982 Mugabe sent his North Korean-trained Fifth Brigade to the ZAPU stronghold of Matabeleland to smash dissent. Over five years, 20,000 Ndebele civilians were killed as part of a campaign of alleged political genocide. In 1987 Mugabe switched tactics, inviting ZAPU to be merged with the ruling ZANU-PF and creating a de facto one-party authoritarian state with himself as the ruling president.


Republic of Zimbabwe

Robert MUGABE, the nation's first prime minister, has been the country's only ruler (as president since 1987) and has dominated the country's political system since independence.

His chaotic land redistribution campaign, which began in 2000, caused an exodus of white farmers, crippled the economy, and ushered in widespread shortages of basic commodities. Ignoring international condemnation, MUGABE rigged the 2002 presidential election to ensure his reelection.
The ruling ZANU-PF party used fraud and intimidation to win a two-thirds majority in the March 2005 parliamentary election, allowing it to amend the constitution at will and recreate the Senate, which had been abolished in the late 1980s. In April 2005, Harare embarked on Operation Restore Order, ostensibly an urban rationalization program, which resulted in the destruction of the homes or businesses of 700,000 mostly poor supporters of the opposition.

President MUGABE in June 2007 instituted price controls on all basic commodities causing panic buying and leaving store shelves empty for months. General elections held in March 2008 contained irregularities but still amounted to a censure of the ZANU-PF-led government with significant gains in opposition seats in parliament.

MDC opposition leader Morgan TSVANGIRAI won the presidential polls, and may have won an out right majority, but official results posted by the Zimbabwe Electoral Committee did not reflect this. In the lead up to a run-off election in late June 2008, considerable violence enacted against opposition party members led to the withdrawal of TSVANGIRAI from the ballot. Extensive evidence of vote tampering and ballot-box stuffing resulted in international condemnation of the process.

Difficult negotiations over a power sharing agreement, allowing MUGABE to remain as president and creating the new position of prime minister for TSVANGIRAI, were finally settled in February 2009.

Morgan Richard TSVANGIRAI sustained non-life threatening injuries in a car crash on 6 March 2009 when heading towards his rural home in Buhera. His wife, Susan Tsvangirai, was killed in the collision.
(出典:CIA-ワールドファクトブックおよびその他)

時間:
現地時間= UTC + 2h

首都: Harare (pop. 1.5 million)

他の街: Bulawayo, Chitungwiza, Mutare, Gweru, Kwekwe, Masvingo, Marondera.


政府:
Type: Parliamentary.
Constitution: 21 December 1979.
Independence: 18 April 1980 (from UK)

地理:
Location: Landlocked country in Southern Africa, between South Africa and Zambia.
Area: 390,757 sq. km. (150,872 sq. mi.)
Terrain: Desert and savanna, mostly high plateau with higher central plateau (high veld) mountains in east.

気候: Subtropical and tropical, moderated by altitude rainy season (November to March).

人:
Nationality: Zimbabwean
Population: 14.2 million (2016 est.)
Ethnic Groups: Shona 71%, Ndebele 16%, other African 11%, white 1%, mixed and Asian 1%.
Religions: Christianity 75%, offshoot Christian sects, animist, and Muslim.
Languages: English (official) Chishona, Sindebele with various dialects.
Literacy: 90%

天然資源: Coal, chromium ore, asbestos, gold, nickel, copper, iron ore, vanadium, lithium, tin, platinum group metals.

Agriculture products: Corn, cotton, tobacco, wheat, coffee, sugarcane, peanuts sheep, goats, pigs.

業界: Mining (coal, gold, platinum, copper, nickel, tin, clay, numerous metallic and nonmetallic ores), steel wood products, cement, chemicals, fertilizer, clothing and footwear, foodstuffs, beverages.

輸出-商品: platinum, cotton, tobacco, gold, ferroalloys, textiles/clothing

Imports - commodities: machinery and transport equipment, other manufactures, chemicals, fuels, food products

Imports partners: South Africa 48.1%, China 12.1%, India 5.2%, Zambia 4.6% (2015)

Note: External links will open in a new browser window.

Official Sites of Zimbabwe

Parliament of Zimbabwe
Official website of the Parliament in Harare.

外交使節団
Zimbabwe - Permanent Mission to the United Nations
Site of Zimbabwe's representation to the UN.

Map of Zimbabwe
Political Map of Zimbabwe.


Google Earth Zimbabwe
Searchable map and satellite view of Zimbabwe.
Google Earth Harare
Searchable map and satellite view of Zimbabwe's capital city.
Google Earth Victoria Falls
Satellite view of Victoria Falls.

アフリカの政治地図
All 54 countries of Africa on one map.
アフリカの地図
アフリカのレリーフマップ。

News/Newspapers

Zimbabwe has draconian media laws require journalists to be accredited by a state-appointed commission. Police regularly arrest and deport foreign journalists for working in the country without clearance. (出典:BBC)

allafrica.com: Zimbabwe
Current news from Zimbabwe.
クロニクル
Government controlled press (Bulawayo).
The Daily News
Daily independent newspaper, with the largest circulation.
Financial Gazete
Weekly independent press.
ヘラルド
Government controlled press.
Standard Online
The Zimbabwe Standard Online, independent press.
Zimbabwe Independent
Online Edition of the Zimbabwe Newspaper, independent.
The Mirror
Government influenced national news.
ZimEye
International edited Zimbabwe and Africa news.
The Zimbabwean
Zimbabwe news published from UK and South Africa.
The Zimbabwe Situation
News and links relating to the crisis in Zimbabwe.
ZimNews
Zimbabwe based news site.

International News Sources
Allafrica.com - Zimbabwe
With news from Zimbabwe.
Mail & Guardian
Leading newspaper from South Africa, covers all Africa with current information.

無線
SW Radio Africa
The Independent Voice of Zimbabwe.
Zimbabwe Broadcasting Corporation
Zimbabwe TV, Radio, and News.

芸術と文化

HIFA, Harare International Festival of the Arts
Annual international arts festival in five main disciplines: music, theatre, fine arts, dance and spoken word.

National Museums and Monuments Of Zimbabwe
Online guide to National Museums and Monuments Of Zimbabwe.

Dandemutande
A resource of Zimbabwean music & culture.
The Mbira Page
Mbira, Marimba and Chimurenga styles of music from the indigenous cultures of Zimbabwe
Zimbabwe Music Guide
A guide to Chimurenga, Jit, and Sungura styles from Zimbabwe.

ビジネスと経済

ZimTrade
Zimbabwe trade information portal.

旅行およびツアーの消費者情報

Destination Zimbabwe - Travel and Tour Guides

Discover Zimbabwe: Bulawayo and the Bulawayo Railway Museum, Bumbusi National Monument, Chimanimani District (mountainous area), Danangombe (Dhlo-Dhlo) archaeological site, Harare, Eastern Highlands, Hwange National Park, Ruins of Khami, Lake Kariba (the world's largest man-made lake), Masvingo Province (Great Zimbabwe ruins), Matobo National Park, Nyanga National Park, Victoria Falls, Victoria Falls National Park, Victoria Falls Bridge.

Find accommodation, hotels, attractions, festivals, events, tourist boards, safaris, hiking, climbing, tours and much more.


Explore Zimbabwe
Guide by Zimbabwe Tourism Authority (ZTA)

教育

Africa University
A private, Pan-African and United Methodist-Related institution close to Mutare.

環境と自然

Environment - current issues:

Deforestation soil erosion land degradation air and water pollution.
Poor mining practices have led to toxic waste and heavy metal pollution.
The black rhinoceros herd, once the largest concentration of the species in the world, has been significantly reduced by poaching.

歴史

Zimbabwe's History
Condensed to a page of bullet points by AfricaNet

Zimbabwe's history: Key dates
Brief overview of Zimbabwe's post-colonial history by BBC News.


ソリューション

Zimbabwean government adopted the use of foreign currency. This move aids commerce as trading becomes easier when dealing with stable currencies like the US dollar and the European Euro. Zimbabwe adopted the use of Rand to facilitate easy trading with the neighboring countries in the southern part of Africa. This move was slowly bringing back the lost faith in the monetary currency of the country.

Printing of the Zimbabwean dollar stopped in 2009. Zimbabweans were then encouraged to use a foreign currency of their liking. This further enhanced confidence in the currency they adopted as opposed to Zimbabwean dollar that could not inspire confidence among the locals.

The government through the Reserve Bank of Zimbabwe unveiled convertible coins. This move resulted in reduced prices of goods as retailers rounded up prices because of lack of coins.


ビデオを見る: アフリカ 南アフリカジンバブエ Africa3 South Africa Zimbabwe (かもしれません 2022).