ニュース

エルナン・コルテスへのリンク-歴史

エルナン・コルテスへのリンク-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


コルテスは、1485年にスペインのカスティーリャ王国のエストレマドゥーラ州のメデジンで、マルティンコルテスとカタリナピザロアルタミラノの一人っ子として生まれました。彼の母親を通して、彼は後に現代ペルーのインカ帝国を征服したフランシスコ・ピサロの従兄弟でした(アステカを征服するためにコルテスに加わった別のフランシスコ・ピサロと混同しないでください)。

コルテスはサラマンカで授業を受けましたが、祖父のように法律を勉強するのではなく、1501年に16歳で帰国したことで両親をひどく失望させました。彼はイタリアでの戦争で名声と栄光を求めるか、新世界のスペイン植民地で運を試すかを選択しました。


エルナン・コルテス

エルナン・コルテス・デ・モンロイ・イ・ピザロ、第1マルケス・デル・ヴァッレ・デ・オアハカ (1485年– 1547年12月2日)メタングヤン 征服者 ibat Espania a migumpia king pamaniakup king Imperiung Aztec para kang Charles V、ari ning Castilla ampong Holy Roman Emperor、aniang umpisa ning kalabing anam a siglu odilanua。 KayabeyaiCortéskingdaiohenerasiun da areng talasakup a Castilang migumpis king mumuna nang dake ning pamaniakup da king Americas dengCastila。 [1]

Mibait ya王メデジン、エストレマドゥーラ、王カスティーリャ、王はpamiliang ibat kareng mababang ranggung mapia(貴族が少ない)、pinili nangmanintunan王BayungYatu(新世界)。カイバット王キューバのミンタヤ王イスパニョーラ島、nung nu ya mekatanggap エンコミエンダ、sinaguli yang meging alcalde(市長)ning metungで、マラティングバレン。 Aniang 1519、mepili yang capitan ning katlung pamaglakbe(遠征)king kalibutnan a labuad(本土)、metung a pamaglakbe nung nu metung ya karengmigpondu。 Uli ning pamipate na king gobernador ning Cuba、iDiegoVelázquezdeCuéllar、yang meging sangkan ning pamagkansela king pamaglakbe、bagengenasíkasungCortés。 Karas na king kontinenti、pepaliarinengCortésingmetungamatagumpeng pamamaralan o taktika nign pamakikampi kareng aliwang tubung lahi laban karengaliwa。 Aniang migparala yang tubud ing Gobernador ning Cuba ba nengparakapiCortés、lebanan na la at simbut、kapamilatan da reng karagdagang sundalus antimong pandagdag king kayangpuersa。 Sinulat yang diretsukingariiCortésbalangmakilaladeng kayang tagumpe lipat ning miparusan uli ning pamagalsa(反乱)。 Kaibat neng pepabagsak ing imperiung Aztec、pikgalubanan deng bansag a マルケスデルヴァッレデオアハカ iCortés、kabang mibie ne man king matas a ranggung mapia、i Antonio de Mendoza、ing mas prestihiyosung bansag a Virrey oViceroy。 Mibalik ya kingEspaniaiCortésaniang1541、nung nu ya meteng payapa dapot maki sukal alub。

Uling karengkontrobersialadapátnangCortésampoingkakulangankareng apagtiwalan a pikuanan impormasiun tungkul kaya、e malaguang sumabing bageng siguradu o malino tungkul king kayang pangatau o kapagnasan(動機)。 Uling pamurian do aniang minuna deng conquistador、e re pekasuriingtungkulkangCortés。 Aniang belikan da kaibat ing karelang ugali king kontekstu ning makabayung panamdam laban king kolonialismu ampo ing misnang meragul a pamangalang king katulirang pantau(human rights)、alimbawa ketang w:Black Legend(Leyenda Negra o Matuling a Alamat、e murin KangCortésantingmetungatauoindibidual。Ulingkarengpamagbayung deti king pamanigaral king amlat、masiadu lang simpli deng pamaglarawankangCortés、at papalto reng masiadung marok o masiadungmayap。


マリンチェは誰でしたか?

マリンチェはアステカの征服の重要人物でした。しかし、彼女はヒロインでしたか、それとも裏切り者でしたか?それはあなたが誰に尋ねるかによります。

スペインとアステカ戦争(1519–21)の主なプレーヤーはよく知られています:エルナンコルテスとモンテスマ。あまり知られていませんが、それほど重要ではありませんが、奴隷にされ、ガイドと通訳を務め、コルテスの愛人になった、華麗で多言語で亡命したアステカの女性です。彼女はDoñaMarina、Malintzin、そしてより広くLaMalincheとして知られていました。

LaMalincheに関する包括的なドキュメントはほとんどありません。歴史家が知っていることは、さまざまな現代の著作での彼女の言及を通してつなぎ合わされています。コルテス自身が手紙の中で彼女に簡単に言及し、彼女を通訳者として特定しただけでしたが、学者のコーデリア・カンデラリアは次のように書いています。 フロンティア:

スペイン人にとっての彼女の最も重要な価値は、単に言語学であるだけではありませんでした。彼女は、地域のガイド、先住民の習慣や信念の顧問、そして有能な戦略家としての役割を果たした通訳/連絡係でした。コルテスにとって彼女の最も重要でない役割は、女性に最も頻繁に期待されることであったようです:彼の愛人としての彼女の機能。

La Malincheは、アステカの娘であるMalinalとして生まれました。 cacique (チーフ)。これは彼女に異常なレベルの教育を与え、彼女は後でスペイン語のガイドと通訳としてそれを活用しました。父親の死後、母親から奴隷に売られた。その後、母親は娘の突然の失踪を説明するために葬式を行いました。

カンデラリアによると、トレーダーは最終的にマリナルを cacique タバスコで、1519年にコルテスが到着するまで住んでいました。 cacique マリナルを含む彼に仕える若い女性のグループをコルテスに提示した。彼女はすぐに自分を区別した。スペイン人は彼女に敬意を表する名前&#8220DoñaMarina&#8221を付け、アステカ人は彼女の名前に-tzinの名誉補遺を付けて、彼女をマリンチェにしました。

コルテスの旅行中、マリンチェは翻訳者として不可欠になり、ある言語から別の言語に機能的に翻訳できるだけでなく、説得力のある話し方、戦略化、政治的つながりの構築も可能になりました。カンデラリアは、ラマリンチェがスペインの征服者を破壊から直接救った2つの瞬間を引用しています。かつて、トラスカラで、彼女の鋭い観察により、コルテスに対する先住民の陰謀が明らかになりました。&#8221別の機会に、ラマリンチェは彼女を率いた老婆と友達になりました。モンテスマからの危険な差し迫った攻撃についての重要な情報に。カンデラリアはこう書いています:

この情報を武器に、コルテスは計画を変更し、テノチティトランに直接進む前にチョルラを回避することにしました。この変化は先住民を驚かせ、さらにスペイン人の神秘的な力を説得しました。これらの機会やその他の機会に、ラマリンシュの存在は生か死かを決定的に変えました。

彼女がスペインの成功に不可欠だったように、ラマリンチェは物議を醸す人物です。カンデラリアは、T。R。フェレンバッハが次のように述べていると述べています。&#8220メキシコの歴史に悪役が1人いるとすれば、彼女はマリンチェです。彼女は最高の民族的裏切り者になる予定でした。&#8221しかし、カンデラリアは、マリンチェの歴史は過度に厳しく、当時の文脈で彼女に会うことを拒否したと主張しています。彼女は、&#8220La Malincheは、奉仕し、従うために飼育されたと述べています。&#8221

マリンチェのコルテスの愛人としての役割でさえ、彼女が非常に悪意を持っていたため、複雑です。学者クリスティーナダウンズはで説明します 西部の民間伝承 マリンチェはもともと奴隷としてコルテスに与えられたものであり、彼らの関係が愛や熱意さえも含んでいたという兆候はありません。

さらに、マリンチェはスペイン人を取り巻く神秘主義の空気に免疫がなかったかもしれません。カンデラリアは、モンテスマ自身が彼らの死または不死について確信が持てなかった場合、確かにラマリンチェも同じ不確実性を経験したと指摘しています。彼女は自分自身を最も運命的な運命の神聖に選ばれた参加者と見なしたかもしれません。&#8221

週に一度

最も重要なことは、Candelariaは、La Malincheが自分の民に背を向けるという行為は、幼い頃に自分の母親から奴隷に売られていたと考えると、より心理的に理にかなっていると指摘しています。カンデラリアは、&#8220アステカからのこの追放者、&#8216彼女自身の人々、&#8217は他に何ができたでしょうか?&#8221

マリンチェは自分の人生の記録を残していません。彼女について私たちが知っていることは、完全に中古の説明、または歴史家の解釈に依存しています。マリンチェの人生のすべての物語が最終的に明らかにするのは、特に知的で機知に富んだ女性であり、裏切られ、奴隷にされ、2つの帝国の間で争われ、どういうわけか彼女自身の歴史上の巨人として浮上しています。


エルナン・コルテスへのリンク-歴史


スペイン生まれの征服者エルナンコルテス(1485–1547)と彼の兵士の軍隊は、アステカの首都テノチティトランを見た最初のヨーロッパ人でした。彼の街の目撃証言は、これまでに書かれた数少ないものの1つです。これは、コルテスが皇帝カール5世に宛てた、アステカメキシコの旅について語った手紙に由来しています。コルテスの街、その商業、市民への配慮は、率直に称賛され、政治的に鋭敏でした。コルテスの軍事的征服は準合法であり、王の支持を確保するために、テノチティトランのような壮大な戦利品の約束を守る必要があったからです。

ヨーロッパの読者は、16世紀にテノチティトランのこのビジョンをよく知るようになりました。この手紙は、1522年にスペイン語で最初に出版され、1524年にニュルンベルクでラテン語に翻訳されました。すぐにベストセラーになり、他の版はイタリア語とフランス語で出版されました。 。それに付随する地図も同様に改訂および再発行され、「コルテスの2番目の手紙からのテノチティトランの地図」と題されたVistasギャラリーで見ることができます。

エルナン・コルテスの手紙は、テノチティトランの住民が通りを歩いているときに遭遇する可能性のあるものの感覚を提供します。巨大な市場には農産物から陶器まであらゆるものがあり、コルテスは幅広い販売商品とそのような販売を監督した人々の両方について説明しています。彼はまた、比較のポイントとしてスペインの慣習や都市を呼び起こし、ヨーロッパの読者に彼らが知っているかもしれない(またはもっと簡単に想像できる)場所を思い起こさせます。

しかし、1521年までに、テノチティトランとその市場は取り壊され、再建され、名前が変更されました。コルテスによるこの手紙の再出版の禁止を含む、ヒスパニック以前と征服時代の歴史へのアクセスを制限するためのスペインの継続的な努力は、植民地に一種の歴史的記憶喪失を引き起こしました。征服の広範囲にわたる破壊と先住民の人口動態の崩壊の後、メキシコシティの17世紀の住民は、ヒスパニック以前の時代とその慣行についての理解が限られていました。この手紙がメキシコで出版され、ヒスパニック以前のテノチティトランに関する地元の知識がより身近になったのは、独立後の19世紀になってからでした。テノチティトランの地図を見る ビスタ ギャラリー。


エルナン・コルテスとアステカ文明

このコースでは、スペインの征服者であるエルナンドコルテスを、メキシコへの遠征に焦点を当てて見ていきます。コースは、メシカ文明を紹介する講義から始まり、新世界のスペイン企業を紹介します。征服者がメキシコと彼らの莫大な富をどのように知っていたか、そしてエルナンドコルテスがこの人々を見つけて征服するための遠征隊のリーダーとして選ばれるようになった方法を学生が理解できるように、つながりが作られます。このコースでは、モンテスマIIの下でのスペインの征服者とメキシコ文明との衝突について詳細に調査します。一次資料は、学生を時代の精神に引き込むために引用または言い換えられることがよくあります。ヘルナンドコルテスとモンテスマIIの人々は、この闘争の中でしばしば見られ、比較されます。彼女はスペイン人に大きなアドバンテージを提供したので、マリンチェの人も時々議論されます。このドラマの多くの紆余曲折は本当に魅力的であり、人間の本性の多くの側面を示しています。当時のスペインの兵器、有名な芸術表現、テノチティトラン市内のメキシコの旅行、水、食料の流通など、物語に光を加える他のトピックが探求されています。報道には、メシカだけでなく、地域の他の人々のグループに対して、エルナンドコルテスが戦った多くの軍事戦闘も含まれます。最後に、スペインの征服者とメキシコの人々の間の紛争の遺産と結論を扱ういくつかの講義があります。このコースは、500を超えるパワーポイントスライドを使用した音声ナレーションを使用した34のビデオ講義で構成されています。多くの場合、カバレッジを強化するための補足ビデオ、Webリンク、または追加のPowerpointスライドがあります。ビデオ講義を完了する時間は約4時間半です。このコースは高校生以上を対象としており(真面目な中学生も恩恵を受けます)、ビデオ講義を視聴する能力だけが必要です。


広告

数の広大な不平等— 650人のヨーロッパ人対数百万人のアステカ人—は、ヨーロッパ人の数頭の馬と厄介な銃によって与えられた利点を上回りました。しかし、より大きな結果は、アステカの軍事戦術が、戦場で敵を殺すのではなく、後で犠牲にするために敵を生きたまま捕らえることを強調したという事実でした。したがって、非常に数が多い一方で、より攻撃的な征服者は優れたゲームプランを持っていました。 (彼のスリムなリソースを考えると、コルテスは通常、戦いよりもブラフを好んだ。)

訪問者は、2015年8月7日にメキシコシティ中心部のテンプロマヨールで発掘された犠牲者を表す古代の石の頭蓋骨の壁を通過します。撮影:Rebecca Blackwell / AP

ネイティブの通訳の助けを借りて、コルテスはモクテスマ帝国の過ちをすぐに認識し、テノチティトランの覇権を打倒することを熱望しているが、それだけでは不可能な部族と同盟を結びました。このようにして、彼は数十万人のやる気のある戦士を彼の貧弱な冒険者のバンドに加えました。そして彼は、彼の到着とケツァルコアトルの予告された復帰との間の偶然の一致を注意深く利用して、敵の心に疑いを植え付けました。そのため、アステカの社会と政治は洗練されていましたが、コルテスは外交、戦術、情報収集において、本拠地でモクテスマを上回りました。実際、テノチティトランへのコルテスのゆっくりではあるが着実な行進に対する統治者の反応は、エリザベス・キューブラー・ロスの5段階の悲しみ、つまり否定、怒り、交渉、抑うつ、受容とほぼ一致しています。モクテズマはさまざまな方法で侵入者を無視し、彼らを思いとどまらせ、金で賄賂を渡して彼らを去らせ、そして待ち伏せして殺そうとしました。何もうまくいかなかったとき、彼はうつ病に陥り、コルテスは抵抗することなく大都市に足を踏み入れることができました。 「モクテスマがもっと精力的で決心していたら、彼はコルテスを海に簡単に押し戻すことができたでしょう」とライオンズは振り返ります。


エルナン・コルテス:征服の達人

1521年8月13日、コルテスと彼の強化された軍隊は、テノチティトランの土手道を横切って群がり、3年以内に始めた征服を完了しました。

Lebrecht Music&Arts Photo Library / Alamyストックフォト

1521年8月13日、スペインの征服者エルナンコルテスは、アステカの人々の支配者であるクアウテモックの降伏を受けました。驚異的な引き渡しは、影響力が大西洋から太平洋に広がり、メキシコ中部から南にグアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドルとなる部分にまで及んだ強大な帝国の粉砕された首都であるテノチティトランの廃墟の中で起こりました。 80日間の包囲の後、コルテスはひどい解決に至りました。彼は都市を破壊するよう命じました。家ごと、通りごと、建物ごとに、彼の部下はテノチティトランの壁を倒し、瓦礫に砕きました。かつての帝国のすべての部族からの使節は、後に彼らを長い間服従と恐怖に陥らせていた都市の破壊された遺跡を見つめるようになりました。

しかし、コルテスはどのようにして征服を成し遂げたのでしょうか?彼がメキシコ湾岸に足を踏み入れてから3年も経っていませんでしたが、彼は比較的少数の男性でメソアメリカで最大の権力を破壊しました。彼の最初の部隊は、11隻の船、110名の船員、553名の兵士(32名のクロスボウマンと13名の火縄銃(初期の火器)を含む)、10門の重機関銃、4門のファルコネット砲、16頭の馬で構成されていました。部隊の規模は衰退し、流れましたが、彼は最後の攻撃の開始時に彼と一緒に持っていた1,300人以上のスペイン人を指揮することはありませんでした。

一見すると、そのような勝利は、コルテスが驚異的な能力の指揮官であったことを示唆しています。それでも、当時の学者たちは彼の将軍を長い間過小評価しており、代わりに彼の成功を3つの異なる要因に帰している。最初は、スペインの軍事技術の相対的な優位性でした。 2つ目は、天然痘がアステカ族を大幅に減少させたため、効果的な抵抗力を発揮できなかったという概念です。そして3つ目は、コルテスのメソアメリカの同盟国が主に彼の勝利の功績を認めたという信念です。

スペイン人がメソアメリカの敵に対して明確な技術的、戦術的、文化的利点を享受したということは、コルテスの勝利が容易になったという意味ではありません。

征服者の軍事技術 彼らが出会ったすべての部族よりも間違いなく優れていた。戦士の武器と鎧は木、石、皮で作られていましたが、スペイン人の武器と鎧は鉄と鋼で作られていました。アトラトル、スリング、シンプルな弓(黒曜石、フリント、魚の骨が付いたミサイル)は、クロスボウの威力や射程に合わせることができませんでした。黒曜石のフレークが埋め込まれた恐ろしい木製の剣であるクラブとマクアフティルは、綿、布、羽の戦士の粗野な鎧を簡単に突き刺したトレド鋼の長いパイクと剣によってはるかに優れていました。そして最後に、スペイン人の火薬兵器(小さな大砲と火縄銃のような初期の肩から発射される兵器)は、同様の技術を持たないメソアメリカ人の間で大混乱を引き起こしました。

スペイン人はまた、メソアメリカ人には知られていなかった馬の使用から恩恵を受けました。征服者は自由に使える乗り物がほとんどありませんでしたが、部族の歩兵はスペインの騎兵隊の速度、機動性、衝撃効果に匹敵することができず、彼らの武器は騎兵を撃退するのに適していませんでした。

ヨーロッパの軍事科学と実践に反対したとき、メソアメリカの戦争方法も否定できない弱点に苦しんだ。部族は戦闘における秩序を非常に重視しましたが、部族はそれぞれ独自の首長と旗の下で部隊を会社に編成し、秩序ある前進と撤退の価値を理解していましたが、彼らの戦術は比較的洗練されていませんでした。彼らは、偽装退却、待ち伏せ、待ち伏せなどの作戦を採用しましたが、敵のラインの一点に力を集中させること、または前方攻撃ユニットを支援および救済することの重要性を理解できませんでした。このような欠陥により、征服者は100対1の数を上回っていても勝利することができました。

彼らの文化の深く根付いた側面もアステカ人を妨げました。社会的地位は、殺された敵の数ではなく、神々への犠牲のために捕らえられた数によって測定された戦闘のスキルに部分的に依存していました。したがって、戦士は敵を完全に殺すつもりで戦ったのではなく、敵を負傷させたり驚かせたりして、拘束されてランクを通過できるようにしました。倒れて苦労している複数のスペイン人がこの慣習に彼の人生を負っていたため、彼の仲間は彼を救うことができました。さらに、メソアメリカ軍は、農業労働者の徴収に依存しているため、十分な軍隊を動員して維持する能力に制限を課していたため、長期にわたるキャンペーンの準備ができていませんでした。彼らは、植え付けと収穫の季節に効果的に戦争を行うことができず、5月から9月の雨季にキャンペーンを実施しませんでした。夜の行動も珍しいものでした。一方、征服者は戦場で敵を殺すように訓練されており、勝利を収めるまで、昼夜を問わず、どのような状況でも一年中戦う準備ができていました。

スペイン人がメソアメリカの敵に対して明確な技術的、戦術的、文化的優位性を享受したからといって、コルテスの勝利が容易になったわけではありません。彼は、援軍と補給のための適切な機会だけで、彼らの故郷で数十万の決心した敵と交戦しました。 2つの明らかな事実は、新世界の敵に対する彼の成功は、技術的優位性と同様に確固たるリーダーシップの結果であったことを示しています。第一に、彼のまばらな資源にもかかわらず、コルテスは彼がメソアメリカ軍に対していたのと同じ技術を持っていたヨーロッパ人に対して同じように成功しました。第二に、コルテスは、明らかに不利な状況で戦っているときでさえ、彼がアステカに勝つことができることを示しました。

コルテスは神聖ローマ皇帝カール5世への手紙で勝利を宣言し、テノチティトランのアステカの首都のこの詳細な地図を含めました。 (Le Monde.fr)

1520年4月、 テノチティトランでの征服者の地位がますます不安定になると、昨年11月からスペイン人が人質になっていたアステカの支配者モンテスマ2世は、コルテスの船がスペイン人の同胞を乗せて湾岸のセンポアラに到着したことを知らされ、彼は励ましました。遅滞なく出発する征服者。コルテスの軍隊は、彼らが差し迫った救出であると想定したことに大喜びしましたが、司令官自身は、新しい到着者が同盟国ではないことを正しく疑っていました。それらはキューバの知事であるディエゴ・ベラスケス・デ・クエラによって送られました。彼の命令は1519年にコルテスが彼の遠征を開始するために従わなかったものであり、その目的は強化することではなく罰することでした。

沿岸からの報告によると、艦隊は約900人の兵士を乗せた18隻の船で構成されており、そのうち80人の騎兵、80人の火縄銃騎兵、150人のクロスボウマンが十分に準備され、重機関銃で支えられていました。艦隊の船長は、ベラスケスの親友であるパンフィロ・デ・ナルバエスでした。彼は、コルテスを捕らえ、知事の権威に対する反逆で彼を投獄するという彼の意図を秘密にしませんでした。

コルテスは躊躇する余裕がなかったので、ナルバエスが力と味方を集める時間を与えました。しかし、テノチティトランから出て新しい到着者と交戦することも重大なリスクをもたらしました。コルテスが全力を尽くした場合、彼はアステカの首都を放棄しなければならないでしょう。モンテスマ2世は王位を取り戻し、抵抗は間違いなく固まり、固まり、彼が最初に受けた暫定的な歓迎とは対照的に、再入国は血と戦いの問題になります。しかし、駐屯軍を置き去りにすることは、彼がナルバエスに対して導くであろうすでに数が多い部隊の規模をさらに縮小するでしょう。スペインの司令官は、数値計算では判断できない大胆な要素を迅速に決定したため、後者のコースを選択しました。

コルテスはわずか70人の軽武装の兵士と一緒に行進し、2番目の指揮官であるペドロデアルバラードを残して、テノチティトランをスペイン軍の3分の2で拘束しました。これには、すべての大砲、大部分の騎兵隊、ほとんどの火縄銃騎兵が含まれます。 。宅配便業者に誤った情報を提供し、転送された金の賄賂で将校の忠誠心を損なうことによって、ナルバエスに対して優位に立つためにできる限りのことをした後、コルテスは全速力で行進しました。彼は山を越えてチョルラに行き、そこで120人の援軍を集め、トラスカラを通ってベラクルスの海岸まで行進し、さらに60人の兵士を迎えました。. コルテスはまだ3対1を上回っていましたが、彼のすべての技術、大胆さ、エネルギーを耐え忍び、5月27日の夜の大雨の中の急速な攻撃で敵を圧倒しました。ナルバエス自身が捕らえられたが、アステカの富の物語に魅了された彼の部下のほとんどは、コルテスと一緒に彼らの多くを容易に投げ入れた。ナルバエスの意外な敗北の直後、大胆な征服者は、数値的に有利なメソアメリカ軍を同様に打ち負かすことができることを証明しました。

大胆な征服者は、数値的に有利なメソアメリカ軍を打ち負かすことができることを証明しました

彼の帰りに テノチティトランに、コルテスは、アルバラドがアステカ人の挑発されていない虐殺にふけり、以前は従順だった大衆を殺人的な怒りに駆り立てたことを発見した。スペイン人はすぐに首都に閉じ込められて包囲されていることに気づき、路上での激しい戦闘は敵を征服することができませんでした。モンテスマでさえ、彼に致命傷を負わせた石のシャワーで皇帝の平和への訴えに応えた彼の民をなだめることはできませんでした。スペイン軍が食糧と水を不足し、日ごとに多くの兵士を失ったため、コルテスは6月30日から7月1日の夜に都市から撤退することを決定しました。ボロボロの残骸になり、コルテスは最初にテノチティトランに導いた力の5分の1しか残しませんでした。征服者が新世界で被った最悪の軍事災害である一夜の戦いは、スペインの歴史の中で次のように衰退するでしょう。 悲しき夜 (「悲しき夜」)。

この大失敗により、コルテスは物資の利点がほとんどなくなりました。彼の馬の半分だけが生き残りました、そして、コラムは退却の間にその粉、弾薬と大砲のすべてとそのクロスボウと火縄銃のほとんどを失いました。それでも、スペインの司令官はなんとか彼の旗を揚げる力をまとめることができました。敵対的な村の群れを避けるために北に幅木を張って、彼はメソアメリカの同盟国の故郷であるトラスカラに向かった。

その後の数日間、アステカの小競り合いはコルテスの退却する柱に影を落とし、スペイン人がトラスカラのフロンティアに近づくと、小競り合いはテノチティトランの戦士と力を合わせ、征服者と彼らの避難所の間のオトゥンバの平原に集まった。このように罠が仕掛けられ、7月7日、数値的に優れたアステカ人と困惑したスペイン人が、メソアメリカ人に有利になるはずの戦いで出会った。しかし、再び、コルテスは残りの騎兵隊を巧みに使って敵のフォーメーションを破壊することでテーブルを回しました。それから、大胆なストロークで、彼は敵の指揮官を標的にした決意の騎兵隊の突撃を個人的に導き、彼を殺し、彼の色を捕らえました。彼らの指導者が殺害されたのを見て、アステカ人は徐々に後退し、最終的に征服者が彼らの道を押し進めることを可能にしました。疲れ果て、飢え、病気でしたが、彼らはすぐに同盟国になり、暴行から安全になりました。

1つの長年 スペインの征服に関する思想の学校は、コルテスの成功を疫学的気まぐれに帰しています。つまり、ヨーロッパで導入された天然痘がアステカ族を荒廃させたため、首尾一貫した防御を行うことができませんでした。実際、コルテスは多くの敵を打ち負かし、病気がその影響を感じさせるかなり前に帝国の中心に進んでいました。天然痘は1520年にセンポアラに到着し、ナルバエス遠征に同行したアフリカの奴隷によって運ばれました。その時までに、コルテスはすでにポントンチャンで軍隊を打ち負かし、トラスカラのよく組織された軍隊がテノチティトランのアステカの首都に入り、その支配者を人質にした。

天然痘はイスパニョーラ島とキューバの人口を荒廃させ、実際に本土に同様に壊滅的な影響を及ぼし、中央メキシコの人口の推定20から40パーセントを殺しました。しかし、パンデミックと同じくらい恐ろしいことでしたが、天然痘の死亡率がテノチティトランの崩壊またはスペインの最後の勝利の決定的な要因であったことは決して明らかではありません。この病気は、1520年6月にコルテスが海岸から戻ったときにテノチティトランに到達した可能性があり、9月までに、モンテスマの後継者であるクィトラワクを含む、市内の20万人の住民のおそらく半分が死亡しました。しかし、1521年の春にコルテスが最後の暴行のために戻ったときまでに、市は6か月間ほとんど病気にかかっていませんでした。征服者は天然痘について言及していますが、闘争の決定的な要因としては言及していません。確かに、彼らは抵抗の間で凶暴性や数の知覚可能な低下を見ませんでした。

数の問題に関して、一部の学者は、征服は主にスペイン人の多数のメソアメリカの同盟国の仕事であると示唆しました。新世界に到着して間もなく、コルテスは沿岸のトトナック族から、アステカ帝国は一枚岩の支配ではなく、征服者が悪用する可能性のある不満の骨折が存在することを知りました。ほぼ一世紀の間、メソアメリカ人はアステカの奴隷制の支配下で働き、彼らの大君主は犠牲者の血なまぐさい収穫を含む厳しい税金と支流の要求を課しました。帝国の中心であるメキシコ盆地内の都市でさえ、潜在的な反乱の大釜を煮詰めていました。彼らは機会だけを待っていました、そしてスペイン人の到着はそれを提供しました。何万人ものトトナック族、トラスカルテカ族などがスペイン人に食糧を供給し、戦士、ポーター、労働者としての役割を果たすことで征服を助けました。確かに彼らのサービスは征服のペースを速めました。しかし、その究極の成功を彼らに認めることはできません。結局のところ、回復力のある部族が自分たちでアステカ族を倒す意志と能力を持っていたとしたら、彼らはコルテスが到着するずっと前にそうし、スペイン人を順番に破壊していたでしょう。

アステカ帝国の転覆により、エルナンコルテスは、征服された領土の知事として王室に任命され、ニュースペインと呼ばれました。 (AKG-画像)

真に評価する アステカに対するスペインの勝利では、兵站上の課題、敵対的な上司の干渉、彼の指揮と反乱の中での派閥の分裂など、コルテスが直面した内部の問題も考慮する必要があります。

コルテスは、メキシコでの活動拠点として沿岸ベラクルスを設立し、主要な通信はスペイン帝国にリンクしています。しかし、小さな集落とその砦は、彼に追加の軍隊、馬、銃器、または弾薬を提供することができませんでした。コルテスの無駄のない指揮官は死傷者を出し、その細い資源を消費したため、増援と補給が必要でしたが、スペインの指揮官とキューバの知事との緊迫した関係により、そのような重要な支援は実現しませんでした。幸いなことに、彼自身と彼の指揮官にとって、コルテスは彼を苦しめたまさに逆境から成功を呼び起こすための特別な天才を持っていたようです。

ナルバエス遠征隊を打ち負かした後、コルテスは復讐者となる部隊を自分の部隊と統合し、人員、​​武器、装備を手に入れました。スペイン人がトラスカラで疲れ果てた後 悲しき夜、さらに多くのリソースが提示されました。ベラクルスは、ナルヴァエスが鎖でつながれているか死んでいる状態で、物事をうまく手に入れているに違いないと考え、援軍を伴ってベラクルスに2隻の船を派遣し、到着時に両方の指示が押収され、乗組員はすぐにコルテスに加わるよう説得した。同じ頃、ジャマイカの知事からパヌコ川への遠征隊を供給するために送られた、さらに2隻のスペイン船が沖合に現れました。船長が知らなかったのは、党がひどく苦しんでおり、そのメンバーはすでにコルテスと力を合わせていたということです。着陸すると、彼らの部下も征服に参加するように説得されました。したがって、コルテスはさらに150人の男性、20頭の馬、武器と弾薬の貯蔵庫を獲得しました。最後に、ベラクルスに軍の店を積んだスペインの商船が置かれました。その船長は、自分の商品の準備が整った市場を見つけるかもしれないと聞いていました。彼は間違っていなかった。コルテスは船と貨物の両方を購入し、冒険好きな乗組員を彼の遠征に参加させました。 Such reinforcement was more than enough to restore the audacity of the daring conquistador, and he began to lay plans for the siege and recovery of Tenochtitlan.

While the ever-resourceful Cortés had turned these occasions to his advantage, several episodes pointed to an underlying difficulty that had cast its shadow over the expedition from the moment of its abrupt departure from Cuba—Velázquez’s seemingly unquenchable hostility and determination to interfere. Having taken leave of the governor on less than cordial terms, Cortés was perhaps tempting fate by including of a number of the functionary’s friends and partisans in the expedition. He was aware of their divided loyalties, if not overtly concerned. Some had expressed their personal loyalty to Cortés, while others saw him as their best opportunity for enrichment. But from the outset of the campaign still other members of the Velázquez faction had voiced open opposition, insisting they be permitted to return to Cuba, where they would undoubtedly report to the governor. Cortés had cemented his authority among the rebels through a judicious mixture of force and persuasion.

But the problem arose again with the addition of Narváez’s forces to the mix. While headquartered in Texcoco as his men made siege preparations along the lakeshore surrounding Tenochtitlan, Cortés uncovered an assassination plot hatched by Antonio de Villafaña, a personal friend of Velázquez. The plan was to stab the conquistador to death while he dined with his captains. Though Cortés had the names of a number of co-conspirators, he put only the ringleader on trial. Sentenced to death, Villafaña was promptly hanged from a window for all to see. Greatly relieved at having cheated death, the surviving conspirators went out of their way to demonstrate loyalty. Thus Cortés quelled the mutiny.

Whatever advantages the Spaniards enjoyed, victory would have been impossible without his extraordinary leadership

But hostility toward the conquistador and his “unlawful” expedition also brewed back home in the court of Spanish King and Holy Roman Emperor Charles V. In Cortés’ absence his adversaries tried every means to undermine him, threatening his status as an agent of the crown and seeking to deny him the just fruits of his labors. The commander was forced to spend precious time, energy and resources fighting his diplomatic battle from afar. Even after successfully completing the conquest, Cortés received no quarter from his enemies, who accused him of both defrauding the crown of its rightful revenues and fomenting rebellion. On Dec. 2, 1547, the 62-year-old former conquistador died a wealthy but embittered man in Spain. At his request his remains were returned to Mexico.

Setting aside long-held preconceptions about the ease of the conquest of Mexico—which do disservice to both the Spanish commander and those he conquered—scholars of the period should rightfully add Cortés to the ranks of the great captains of war. For whatever advantages the Spaniards enjoyed, victory would have been impossible without his extraordinary leadership. As master of the conquest, Cortés demonstrated fixity of purpose, skilled diplomacy, talent for solving logistical problems, far-sighted planning, heroic battlefield command, tactical flexibility, iron determination and, above all, astounding audacity. MH

Justin D. Lyons is an assistant professor in the Department of History and Political Science at Ohio’s Ashland University. For further reading he recommends Aztec Warfare: Imperial Expansion and Political Control, by Ross Hassig The Spanish Invasion of Mexico 1519–1521, by Charles M. Robinson III and Conquest: Cortés, Montezuma, and the Fall of Old Mexico, by Hugh Thomas.


Vasco Nunez de Balboa, Discoverer of the Pacific

Vasco Nuñez de Balboa (1475-1519) was a Spanish conquistador and explorer of the early colonial era. He is credited with leading the first European expedition to discover the Pacific Ocean (which he referred to as the "South Sea"). He was a popular leader among his people for the way he manipulated Indigenous populations, cultivating strong ties with some local groups while destroying others.


Cortes Meets Montezuma

When the Aztec ambassadors brought to Tenochtitlan the news that Cortes, heedless of Montezuma's wishes, was already over the mountains, and moving across the plains to Mexico, the Emperor, beside himself with terror and anxiety, shut himself up and refused to eat, finally convinced that the Spaniards were indeed sent by the gods to overturn the might of his mountain empire, which had been so secure until these strange white beings had invaded his land.

Despondently Montezuma summoned his nobles in council. Cacama, the King of Tezcuco, not knowing how he was to hate the white men later, advised the Emperor to receive Cortes courteously as ambassador of a foreign prince. Cuitlahua, the Emperor's brother, urged him to gather his forces and drive back the white men before they set foot in the kingdom. Hopelessly Montezuma disregarded both suggestions.

"Of what avail is resistance when the gods have declared against us?" he answered, and prepared to send one more embassy to Cortes almost at his gates.

Cacama himself headed this embassy which was to invite Cortes to Tenochtitlan. He was a young fellow, only twenty-five, strong and straight. He traveled in a litter decorated with gold and gems and covered with green plumes.

Cacama found Cortes in the town of Ajotzinco on Lake Chalco, where the natives were entertaining the Spaniards most hospitably. He told Cortes that he came from Montezuma to bid him welcome to Tenochtitlan, and, as proof of Montezuma's friendship, Cacama gave Cortes three large pearls. Cortes in return gave the Indian prince a chain of cut glass, which was as valuable to him as were the pearls to the Spanish general. Then with many assurances of friendship, Cacama went back to Tenochtitlan and Cortes resumed his march.

The way lay along the southern shore of Lake Chalco, through beautiful woods, cultivated fields and orchards of fruit trees unknown to the white men. Finally they came to a great stone dyke five miles long, which separated the fresh water of Lake Chalco from an arm of the salt lake of Tezcuco. In its narrowest part, the dyke was only a lance's length in breadth, but in its widest, eight horsemen could ride abreast. The white men crossed it with eyes open for all the strange sights about them: the floating gardens, rising and falling with the swell of the lake the canoes filled with Indians, darting hither and thither like swallows the many small towns built out on piles far into the lake and looking, at a distance, "like companies of wild swans riding quietly on the waves." Halfway across the dyke, they found a good-sized town, with buildings which stirred great admiration in the Spaniards. They stopped for refreshment and here, so near to the imperial city, Cortes heard no more of Montezuma's cruelty and oppression, only of his power and riches.

After this brief rest, the white men went on. Their march was made difficult by the swarms of curious Indians who, finding the canoes too far away for a complete view of the strangers, climbed up on the causeway to gaze at them. Cortes had to clear a way through the crowd for his troops before they could leave the causeway and reach Iztapalapan, the city of Montezuma's brother, Cuitlahua, on the shores of Lake Tezcuco.

Cuitlahua had invited many neighboring caciques to help him receive Cortes with proper ceremony. The Spaniards were welcomed with gifts and then invited to a banquet in Cuitlahua's palace, before they were assigned their quarters.

Cortes greatly admired Cuitlahua's city, especially the prince's big garden. It was laid out regularly and watered in every corner by canals which connected it with Lake Tezcuco. The garden was filled with shrubs and vines and flowers delightful to smell and see. It had fruit trees, too in one corner was an aviary of brilliant song birds in another a huge stone reservoir stocked with fish. The reservoir was almost five thousand feet in circumference and the stone walk around it was broad enough for four persons to walk abreast.

"In the city of Iztapalapan, Cortes took up his quarters for the night. We may imagine what a crowd of ideas must have pressed on the mind of the conqueror, as, surrounded by these evidences of civilization, he prepared with his handful of followers to enter the capital of a monarch, who, as he had abundant reason to know, regarded him with distrust and aversion. This capital was now but a few miles distant, distinctly visible from Iztapalapan. And as its long lines of glittering edifices, struck by the rays of the evening sun, trembled on the dark-blue waters of the lake, it looked like a thing of fairy creation, rather than the work of mortal hands. Into this city of enchantment Cortes prepared to make his entry on the following morning." [Prescott's Conquest of Mexico ]

It was on the 8th day of November, 1519, that Cortes started on the march that was to take him into the City of Mexico. The general with his cavalry was in the van behind him came his few hundreds of infantry—weather-beaten and disciplined by the summer's campaign next, was the baggage while the six thousand Tlascalans closed the rear. The little army marched back along the southern shore of Lake Tezcuco until it reached the great causeway of Iztapalapan, which ran across the lake straight north to the very heart of the City of Mexico. The dyke was broad enough for ten horsemen to ride abreast Cortes and his army, as they advanced, still wondered at the strange, beautiful sights about them. Less than two miles from the capital the dyke was cut by a shorter dyke running in from the southwest, and at the point where this dyke joined the main causeway of Iztapalapan there was built across the causeway a stone fortification twelve feet high, which could be entered only by a battlemented gateway. It was called the Fort of Xoloc.

At Xoloc Cortes was met by a body of Aztec nobles who, in their holiday dress, came to welcome him. As each noble separately had to greet Cortes, and as there were several hundred of them, the troops had time to get acquainted with the Fort of Xoloc. Later they grew to know it even better.

After the ceremony was over, the army went on along the dyke of Iztapalapan, and presently came to a canal cut through the causeway and spanned by a wooden drawbridge. To Cortes, as he walked over it, must have come the question whether getting out of Mexico would be as easy as getting in.

There was not much time to wonder about the future, however, for now Montezuma, the great Emperor, lord of Anahuac, was coming forth to meet Cortes. In the midst of a throng of great men, preceded by three officers of state bearing golden wands, came Montezuma's royal litter shining with gold, shaded by a canopy of brilliant feather work, adorned with jewels and fringed with silver, and borne on the shoulders of his nobles who, barefooted, walked with humble, downcast eyes.

The royal train halted and Montezuma descended. His attendants spread down a cotton carpet, that his royal feet might not touch the earth, and over this, supported on one side by Cuitlahua and on the other by Cacama, Montezuma came to greet Cortes.

He was about forty years old—six years older than Cortes. His dark, melancholy eyes gave a serious expression to his copper-colored face, with its straight hair and thin beard. He moved with the dignity of a great prince, and as he passed through the lines of his own subjects, they cast their eyes to the ground in humility.

As Montezuma approached, Cortes threw his reins to a page and dismounted, and with a few of his chief men went forward to meet the Emperor. The two great men looked at each other with a keen interest.

Montezuma very graciously welcomed Cortes to his city, and Cortes answered with great respect, adding many thanks for all the Mexican's gifts. He hung on Montezuma's neck a cut glass chain and, except for the interference of two shocked nobles, he would have embraced him.

Montezuma appointed Cuitlahua to escort the Spaniards to their quarters in the city, while he himself entered his litter and was carried back to his palace, followed by the Spaniards with colors flying and music playing. Thus Cortes triumphantly entered Tenochtitlan.

The Spaniards looked around them with the keen interest of people in a place of which they have heard much and see now for the first time. As they had entered by the southern causeway, they were marching through the broad avenue which led from the Iztapalapan dyke straight to the great temple in the center of the city. The houses on this street belonged to the nobles and were built of red stone with broad, flat roofs defended by the parapet which turned every housetop into a fort. Wonderful gardens surrounded the houses and sometimes were laid out on the roofs.

The streets were crowded with people, as eager to see the Christians as the Christians were to see them. The Indians were awed by the white faces and the glittering armor and the horses, but they had only anger for the Tlascalans. The white men might be gods, but the Tlascalans were the Aztecs' bitterest enemies, and it was not pleasant to Aztec eyes to see their foes walking confidently through the Mexican city.

The procession, crossing many bridges where the canals cut the avenue at various places, came at length to the heart of the City of Mexico, the great square, from which ran the four broad avenues. North, south and west these avenues ran to the three causeways that joined the city to the neighboring mainland. The avenue running east stopped at the lake front. In the center of the square stood the great temple in its courtyard surrounded by a high wall cut by a gate opposite each avenue. The temple itself was, excepting the sacred temple of Cholula, the largest and most important of the land.

Opposite the temple, on the southwest corner of the great square, was the royal palace which Montezuma had erected. On the west side was the old royal palace built fifty years before by Montezuma's father, Axayacatl. This palace was given to the Spanish army for their quarters.

Montezuma was in the courtyard of the palace of Axayacatl waiting to receive Cortes and his train. He took from a vase of flowers a chain made of shells ornamented with gold and joined by links of gold, and as he threw it over Cortes' head, he said, "This palace belongs to you, Malinche, and to your brethren. Rest after your fatigue, for you have much need to do so, and in a little while I will visit you again."'

Then he and his followers withdrew, and the white men were left with their allies in their palace in Tenochtitlan. Through much danger and untold hardships, in the face of Montezuma's commands, they had reached his city, and he had housed them in a royal palace. The Spaniards must have wondered that night if the thing were real or if they were in a dream.


ビデオを見る: ONFEET. Nike Cortez Classic Leather BlackWhite (かもしれません 2022).