ニュース

黒海からのギリシャの女性の墓石

黒海からのギリシャの女性の墓石


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


墓石の象徴主義

墓石や墓標を選ぶとき、その背後にある象徴性についてほとんど知識のないデザイン要素を選ぶことがよくあります。この墓地の象徴の用語集は、多くのデザイン要素の意味を理解するのに役立ちます。エンブレムの形で見られるさまざまなシンボルについてもっと知りたい人にとって、エンブレムの記事は非常に役に立ちます。

アカンサスの葉

アカンサスは、ほとんどのギリシャの墓地が配置された岩場に関連付けられています。エデンの園の平和の象徴。

アメリカ外征軍

アルファオメガ

2世紀に使用された非常に古い記号、アルファベットの最初と最後の文字(ギリシャ語)、人生の始まりと終わり。

初期のクリスチャンは錨を偽装した十字架として、そして秘密の待ち合わせ場所への道を導くための目印として使用しました。キリスト教の希望の象徴であり、カタコンベの芸術における葬儀の象徴として見られます。それはまた、海運地域の職業上の象徴でもあり、船員の守護聖人である聖ニコラスの属性でもあり、希望と不動を象徴していました。鎖が壊れた錨は、生命の停止を表しています。

神の代理人であり、しばしば死者の天国の守護者を指しており、精神性を象徴しています。天使は、さまざまな象徴性を持つあらゆる種類のポーズで表示されます。 2人の天使に名前を付けることができ、それらが運ぶオブジェクトによって識別されます。剣を持っているマイケルと、角で描かれているガブリエルです。
トランペット(またはおそらく2つのトランペット)を吹く &ndashは審判の日を表し、復活の呼びかけ。
亡くなった魂を運ぶ- 彼らの腕の中で子供として、または死者を抱きしめる保護者として。 &ldquomessengers of God&rdquoは、故人を天国に護衛することがよくあります。
飛行- 再生。
多くの天使が雲の中に集まった- 天国を表します。
嗚咽する- 悲しみ、または早すぎる死を悼む。

生の勝利または死の勝利。

アームズアウトストレッチ

ベビー&rsquoSチェア

小さな空の家具は、子供たちの満たされていない生活を象徴し、子供が椅子に小さな靴を履いていたことを表しています。これは、子供時代とのつながりであり、大人になることができないことを象徴しています。

仏陀の紋章。 7節の竹は、仏教における7度の印心と召喚を表しています。日本の記念碑について、献身と誠実さの象徴。

宗教的な信徒または聖職者を意味します。

飛行中の鳥

魂の飛行。鳥による魂の表現は古代エジプトにまでさかのぼります。永遠の命。

信仰、読み書きを学ぶ、学者。祈り、または知識、あるいは記憶(犬の耳のページがある場合)。それは生命の書を表すかもしれず、しばしば聖書として示されます。人気のある形は見開きの本です。アラビア文字は、本をコーランとして識別します。

復活も軍隊。

魂。それはキリストの復活の象徴です。その意味は、蝶の生活の3つの段階、毛虫、蛹、蝶に由来します。 3つの段階は、生、死、そして復活の象徴です。短命。

キャンドルは精神や魂を象徴しています。キリスト教の文脈では、ろうそくはイエス・キリストを象徴することができます。燃えるろうそくを墓に残すというカトリック教徒の慣習は、故人のために祈りが言われたことを意味します。

キャンドル、炎あり

中世の思想家たちは、黄金の鎖が魂を体に結びつけていると考えることがありました。墓石のリンク切れは、体からの精神の切断とその後の解放を意味する可能性があります。チェーンはまた、貧しい人々に立派な埋葬をすることに専念していることからそう呼ばれる、国際奇数フェロー勲章の記章でもあります。

秘跡聖杯は、奉献された聖体を表す白い円に関連して現れることがよくあります。 2つの項目が組み合わさって、聖体拝領のカトリックの儀式を意味します。僧侶の頭石にはしばしばこれらのシンボルがあります。

子供の墓を天使のように。神の知恵または正義。

キリストという言葉のCHとRに対応する2つのギリシャ文字、chi(X)とrho(P)の組み合わせによって形成される十字のような形、したがってイエス・キリストのシンボル。

円はキリスト教以前のものであり、その本来の象徴的な意味はキリスト教によって採用されています。それは永遠と終わりのない存在の象徴として広く知られています。墓地で非常に一般的で、その通常の表現は円で囲まれた十字です。上下に並んだ2つの円は、地球と空を表しています。 3つの相互接続された円は、聖三位一体を表しています。

母性愛情、最愛の娘

神を崇拝者から隠すベール

三位一体、アイルランドの象徴。

棺、石棺、墓地の記念碑

ノーブルライフ。
壊れた-早期死亡
完了-人生が完了したことを意味します
上に壷-死の象徴
骨壷の覆い-埋葬を意味する葬式の標識
アーチ道あり-天国の入り口

ホラ貝

クリスト、聖母マリア、聖人、天使など

その聖なる人物への献身は、天国に到達するための彼らの援助を望んでいます。

すべての宗教的信念と象徴性の間の結びつきは常に強いものでした。クリスチャンにとって最大の象徴的なメッセージは十字架にあります。十字架や十字架は、愛、信仰、善から恐怖や恐れに至るまで、多くの要約的なメッセージを生み出すことができます。 (つまり、Ku-Klux-Klanの燃える十字架の使用)。世界中にはさまざまな種類のキリスト教の十字架がありますが、北米ではほんの一握りしか一般的ではありません。
ボトニークロス- その変更された三つ葉(三葉)の端のためにそのように名付けられた、三位一体を表します。
カルバリークロス- 3つの階段またはブロックに立っているラテン十字は、信仰、希望、愛を意味します。愛は時々慈善に置き換えられます。
ケルト十字-クロスピースの周りの円は永遠を象徴しています。その起源は、イギリス諸島のケルト文化にまでさかのぼることができます。聖パトリックが間もなく改宗する異教徒に説教したときに、月の女神を象徴する円でマークされた神聖な立っている石がどのように示されたかについての伝説があります。パトリックは円を通るラテン十字の印を作り、最初のケルト十字を作る石を祝福しました。それは、父と聖霊との息子のそれと三位一体との信者のそれの両方の永遠と団結の二重の象徴として役立つと言われています。それは聖パトリックの説教の共通のテーマでした。
イースタンクロス- 正教会(ロシア/ギリシャ)のキリスト教で使用されているこの十字架の上部水平肩は、イエスの頭の上の碑文を表しています。下の傾斜した肩は、十字架につけられたイエスのフットレストを表しています。
フルーリークロス/ゴシッククロス-この花の咲く十字架は、より開いたフレアアウトの端によって大人のクリスチャンを象徴しています。
イオンクロス- ケルト十字と同様に、その端は外側にフレアします。イオンクロスは、永遠の救い、愛、栄光を意味します。クロスピースの周りの円は永遠を象徴しています。
ラテン十字-キリスト教の最も古いシンボルの1つであり、最も一般的に使用されている形式であり、デザインも最もシンプルです。当初、それは神の印と呼ばれていました。

クロスアンドクラウン

死に対するキリストとの勝利

クロスアンドアンカー

もう一つの初期のクリスチャンのシンボルは、キリストを&ldquohopeとして私たちが魂のアンカーとして持っていることを、誠実で不動の両方で&rdquoと呼んでいます(ヘブライ6:19)。

クロスソード

高位の軍人。

報酬と栄光。栄光に満ちた魂と天使を称えるか、翼のある頭蓋骨を覆うときの死の勝利を指し示します。十字架と並置されることは、地上の生活には苦しみが含まれ、来世には勝利が含まれることを示す場合があります。

サイプレスツリー

若さの死、欲望、芸術、恵み、美しさ、深い敬意。

子供の無実、幼児のイエス、若者、義の子、優しさ、思考の純粋さ。

アメリカ革命の娘達/息子

忠誠心とマスターが愛する価値があったことを意味します。

キリスト教、神の犠牲、永遠の命の勝利、復活。

救い、天国への魂の担い手。復活の考えを描いています。

聖霊を表すキリスト教の重要な象徴的な動物。白い鳩はクリスティのバプテスマの物語で言及されています。 &ldquoそしてジョンは記録を残しました、「私は聖霊が鳩のように天から降りてくるのを見ました、そしてそれは彼の上に住んでいます。&rdquo(聖書ジョン1:32)降りる鳩は墓の記念碑の一般的なモチーフです。ユダヤ教は鳩を平和の象徴として認識しています。

ドアとゲート

来世の天国の入り口への通路。

キリスト教では、罪と世俗的な喜びを描写するか、復活を表す場合があります。中国人にとって、ドラゴンは宇宙をその脅威にもたらした帝国の力の象徴です。それはまた、私たちの誰もが真に習得することができない混沌とした力である宇宙自体を表しています。セントジョージによって描かれている場合、罪に対する勝利を描いています。

カーテン/カーテン

パーラーで遺体が安置されていた頃は、すべてを黒で覆うのが習慣でした。派手なフリルとタッセルを備えたカーテンは、単純なシュラウドよりも手の込んだものです。それらは、遺体が正面玄関から取り出され、家族の次の死のために装身具が収納された後も、喪の表現が長引くことを可能にします。カーテンも舞台を整えることができます。別れ、彼らははっきりとした抜粋を明らかにします。そのような展示で重要なのは、石の主役または中心的な物体です。

何よりもカーテン

セントジョンの象徴である勇気とおそらく軍事的キャリアを示唆している

三角形の目

三位一体の神の目、すべてを見て、すべてを知っています。ヨーロッパのルネサンス期には、三角形(聖三位一体)に囲まれた神の目を描くのが一般的でした。円に囲まれ、光線を放射する三角形内の目は、真の神の神聖さを象徴するために使用されます。

イチジク、パイナップル

フルールドリス

炎、情熱、熱意、母。

F.L.T. (チェーンの3つのリンクで)
I.O.O.F.

友情、愛、そして真実。これは、&ldquoThe Three Link Fraternity&rdquoとしても知られる兄弟組織であるインディペンデントオーダーオブオッドフェローのシンボルです。この慈悲深い社会社会は、1700年代にイギリスで始まりました。この組織は、未亡人や孤児の世話をし、一般的には良い仕事をしています。

世俗的な喜びを描いているか、復活を表している可能性があります。

南北戦争従軍会中の北軍。

ガーランドまたはリース

花輪、花輪、花輪の使用は古代ギリシャの時代にまでさかのぼり、贖いの勝利の象徴としてキリスト教に採用されました。勝利、記憶の古代のシンボルは、永遠の命に渡されました。
アイビーリース-陽気さ、陽気さの象徴。花輪と花輪は一緒に記憶を象徴しています。
月桂樹の花輪-通常、芸術、文学、陸上競技、または軍隊で区別を獲得した人に関連付けられています。
Maiden&rsquos garland-白い紙またはリネンのガーランド、装飾されたストリーマー、そして非難のない評判の未婚女性の葬式で運ばれた単一の白い手袋。花輪は葬式の後で教会に掛けられ、腐敗させられました。その後、破片は墓地に埋葬されます。

ジオメトリコンパス

開いた位置で、しばしば開いた本の上に表示され、コンパスのフリーメーソンの所属の角度内に文字&ldquoG&rdquoがあります(FreemasonsFreeおよびAcceptedMasons)。

キリスト、キリストの血、神の世話、または最後の晩餐を表します。

葉のあるブドウ

死神

片手-神の手
両手(握りしめられた)-最初に亡くなった人がもう一方の手を握り、配偶者を天国に導く聖なる結婚。
両手(祈る-献身を暗示する)。
2本の手(手のひらを見る人に向け、各手の4本の指を2本の指の2セットとして配置)&ndashユダヤ人のシンボルは、故人が神殿の司祭であるコーヘンであることを示しています。これは、正統派シナゴーグでの奉仕の終わりにコーエンが行った手のジェスチャーであり、その祝祷であり、コーエンを普遍的に代表するようになりました。

ミュージシャンの守護聖人である聖セシリアの旧約聖書のシンボルでダビデと関連付けられています。天国での崇拝の象徴、希望。神への賛美。

ハート(オスの鹿)

忠実さ、神への渇望、またはキリストがサタンを殺害することのいずれかを表しています。

愛、死亡率、神への愛、勇気と知性。
出血- キリストは私たちの罪のために苦しんでいます。
とげで囲まれています-キリストの苦しみ。
炎上- 極端な宗教的熱意を意味します。
剣で刺された- 聖母マリアは、キリストの誕生時にマリアへのシメオンの予言を思い起こさせます。&ldquoYea、剣はあなた自身の魂を突き刺します。&rdquoそれは慈善を表すためにも使用できます。

勇気または寛大さ。聖ジョージ、聖マーティン、聖モーリス、聖ビクターの属性。これらはすべて、馬に乗ってキリスト教芸術で表現されました。

時間の短命の迅速さ。死とファーザータイムの擬人化された人物に関連するその使用は、遺体安置所の象徴の長い伝統から来ています。単独で使用されることはめったにありませんが、通常、ハート、星、葉、神聖な花のつる植物と一緒に現れました。
その側に- その時は故人のために止まった。
翼- 時間とその迅速な飛行。

IHS(IXCと見なされることもあります)

古代言語で綴られた彼の名前の略語、またはラテン語のIesu Hominum Salvator(イエス、人類の救い主)の略語としてさまざまに解釈されるイエス・キリストへの献身を意味します

それは永遠に緑のままであるため、それは長い間不死の永遠の生命の象徴でした。また、友情を意味する場合があります。

鍵は精神的な知識、または天使や聖人の手に握られている場合は天国に入る手段を表しています。

織り交ぜられたケルト族の結び目は、復活と永遠の命を表しています。

これは、子供の墓に見られる最も一般的な動物のシンボルです。宗教芸術での子羊の使用はキリスト教以前のものであり、エジプト人によって最初に使用されたようです。それは純粋さと無実を意味します。子羊はキリストの象徴であるため:&ldquo世界の罪を取り除く神の子羊を見よ。&rdquo(聖書、ヨハネ1:29)それはキリスト教芸術において非常に規則正しく時代を超えて現れます。

知識、学習への愛情、そして精神の不滅。

無邪気さ、純粋さ、そして復活。多くの場合、聖母マリアと復活に関連付けられており、女性の墓に使用されます。葬式でのユリの使用は、死んだ魂の無実の回復を象徴しています。

スズラン

幸福、純粋さ、謙虚さに戻る

神の力を象徴し、悪霊から墓を守ります。他の保護者のように、ライオンの時計はそれが描かれている石と同じくらい永遠です。ライオンはまた、彼らが守っている魂の勇気と決意を思い起こさせます。彼らは亡くなった人々の精神を表しています。復活。

神の神の臨在のユダヤ人のシンボルである7本の枝の燭台。ローソク足の7つの枝は、精神的な自己表現の7つのチャネルを表しています。

キリストの二元論&ndash半分の神、半分の人

朝顔

復活、喪、若さ、別れ、人生の簡潔さ、出発、死の人生の始まり。

強さ。イエス・キリストの十字架が作られた木だったと考えられています。小さな開拓者の墓地では、樫の木の近くに子供たちの墓を置くのが一般的です。樫の木は、キリスト教以前の時代の生命の木でした。ドルイド僧はオークを崇拝しました。

オリーブの枝

洪水後に鳩がノアにもたらした安全の平和の象徴

ポール、ピック、スペード

霊的な勝利、成功、永遠の平和、イースターに関連した死に対するキリストの勝利の象徴。

記憶と謙虚さを象徴しています。

パッションフラワー

キリストの情熱の要素:レースの冠-いばらの冠、5つの雄しべ-5つの傷、10枚の花びら-10人の忠実な使徒。

肉の腐敗、復活、魂の美しさ、不死を象徴しました。

これは、正五角形の側面が出会うまで伸ばして作った五角形の五角形です。この図はキリスト教以前のものであり、ギリシャの哲学者であるピタゴラスによって使用されることが最初に知られていました。その後、中世には、五芒星は魔術師や魔術師によって使用されました。五芒星は悪に対する保護を提供すると信じられていました。キリスト教は、十字架上でキリストが受けた5つの傷を示唆するために、その姿と象徴性を採用しました。五芒星がキリスト教とウィッカ(魔術)の両方で使用されていることに注目するのは興味深いことです。

夫の常連客/グランジ所属。

出産する、再生、忠実度。

ピッチャーまたは水差し

男性の墓石に見られる伝統的なユダヤ人のシンボルは、司祭の職務を遂行する前に神殿の司祭の手を掃除する責任を負ったレビ人を意味します。

平和、休息、睡眠、永遠の睡眠、慰め。

永遠の旅への通路。

永遠。ピラミッド型の墓石は、悪魔が墓に寄りかかるのを防いだと考えられていました。

Requiescat In Pace(Rest In Peace)の短縮形

RODまたはSTAFF

目覚め、勇気、警戒。

聖母マリアに関連する愛、美しさ、希望、絶え間ない愛、&ldquorose、とげのない&rdquo赤いバラは殉教を象徴し、白いバラは純粋さと処女を象徴しています。
バラの開花のさまざまな段階は、死亡時の人の年齢を示しています。
ただのつぼみ- 一般的に12歳以下の子供
部分開花- 一般的にティーンエイジャー
満開- 通常は20代前半から半ばです。故人は人生の最盛期に亡くなりました。
バラのつぼみ、壊れた-人生は短くなり、通常は若い人の墓に見られます。
バラのつぼみ、参加- 二人の間の強い絆(例:同時に亡くなった母と子)
バラのつぼみ、同じ枝にいくつか- 秘密
ロゼット- 主、救世主の希望、約束、愛。
バラの花輪- 美と美徳は報われました。

人生と時間の象徴。巻き上げられた両端は、長さが不確かな巻物のように展開し、過去と未来が隠されている人生を示しています。多くの場合、天使によって記録されている人生を表す手で握られています。巻物はまた、名誉と記念を示唆することができます。

自分の尻尾を飲み込んでいる様子は、精神的な努力を表しています。

原産国としてのアイルランド。

埋葬での貝殻の使用は、実際にはキリスト教以前のものであり、エジプトの埋葬慣行よりも前のものです。シェルは、出産、復活、巡礼の象徴です。貝殻、小さな石、硬貨は、墓地に残された伝統的な物です。この行為にはいくつかの意味があります。それは、死者を岩のケアンの下に埋めて動物を清掃することから体を保護するという古代の習慣への象徴的な言及、または個人が忘れられていないことを思い出させるものかもしれません。
ホタテ貝- 十字軍、巡礼者、巡礼者の旅、復活、永遠の命の象徴は、1つの人生の旅を意味します。ピューリタンの伝統的なシンボルである、誕生と復活のシンボル。

&ldquolast収穫&rdquoとしての死。

スカル/スケルトン

サークルのヘビ

天国での永遠の命。

馬に乗った兵士

次の意味は記念碑の職人によって一律に意図されていないと述べている情報源もありますが、馬が両方の前蹄を空中に持っている場合、その人は戦闘で死亡したと述べている情報源もあります。片方のひづめが上がった場合、馬が4つすべてのひづめを地面に置いていれば、その人は傷の結果として死亡し、その人は自然の原因で死亡しました。

それは地球と地球の存在を表しています。一部のモニュメントでは、角を下向きおよび上向きにするために立方体または正方形が反転しています。これは、地球の存在と地球と天国の方向を示しています。

ナット付きリス

宗教的な瞑想または精神的な努力。

五芒星- キリストの生涯を象徴し、キリストの五つの傷を表すこともあります。
五芒星の五芒星-この星は、ペンを1回ストロークするだけで描画されます。その正確な起源は不明であり、その意味は時代とともに変化してきました。キリスト教以前のケルトの司祭たちはそれを魔女の足と呼んでいました。ソロモンの封印とも呼ばれ、中世にはゴブリンの十字架として知られていました。今日、このシンボルはグラフィティアーティストやいわゆる悪魔学の実践者の間で人気があります。国防総省のように、それは悪に対する保護力を持っていると信じられています。ウィッカの信念では、それは悪魔に対する保護と安全の象徴を表しています。古代バビロニア人はこのシンボルを魔法の魅力として使用していました。五芒星の五芒星は五感を表しています。ユダヤ教では、それは5冊のモザイク本を表しています。このシンボルは、フリーメーソンの組織でも採用されています。
ダビデの星- 六芒星またはマゲンダビデ(ダビデの盾のヘブライ語)、それは通常、ユダヤ教の象徴として使用されます。星は実際には2つの三角形で構成されています。それは、上向きと下向きの三角形である火と水の錬金術の兆候によって象徴されるように、神の保護を意味します。星は古代にさかのぼることができ、いくつかの小アジアの文化やギリシャの都市国家で使用されています。ユダヤ教にとって、ダビデの星は20世紀の初めに広く使われるようになりました。ユダヤ人の活動家であるセオドア・ヘルツェルは、パレスチナをユダヤ人の故郷として宣伝する彼の著作の中でこのシンボルを採用しました。

日焼けの設定

SUN RISING / SHININGまたはw / RAYS

新たな生命の復活

正確な起源は不明ですが、使用されている最も古く、広く普及している記号の1つと見なされています。仏教の記念碑によく見られる、仏陀の海の中心であり、仏陀の存在の教義を表しています。中国人にとって、卍は時計回りと反時計回りに男性と女性を象徴する2つの形を持っていました。ローマ人によっても使用され、後に第二次世界大戦中にドイツのナチ党によって使用されました。

軍の経歴。
壊れた剣- 人生は短くなりました。
交差した剣- 戦いで命を失った。

地上の悲しみ、キリストのいばらの冠、出身国としてのスコットランド、記憶。

キリストのすべてを覆う愛。生命、生命の木。

トーチを点灯または直立させると、生命を表します。

トーチ反転

TRIANGLE / TREFOIL /
トリケトラ

キリスト教では、正三角形は三位一体のシンボルです。聖三位一体を表す他の幾何学的形状は、三つ葉、トリケトラ、三角形内の円、円内の三角形、およびトリケトラと円です。古代エジプト人にとって、三角形はピタゴラス教徒への神の頭の紋章であり、それは知恵を象徴していました。三角形の別の使用法は、三角形で囲まれた目のシンボル(神の目)にあります。

復活の先駆者。

ギリシャの喪のシンボル、魂の器としての体、古代の死者の灰の貯蔵所として始まった&ndash人気のある喪のシンボル。

炎のあるベッセル

永遠の炎または人間の永遠の精神。

秘跡、神の血、神

シダレヤナギ

喪、悲しみ。自然の嘆き、悲しみの象徴。

復活、パンとワイン(クリスチャン)、出産。修道院のパン屋は小麦粉を使って聖体拝領のウエハースを作り、それをある種の聖なる植物にして、司祭の墓石を飾るのに適しています。

翼のある顔

故人の魂の肖像。

翼のある地球

最初のエジプトの太陽神、Reのシンボル。ビクトリア朝のモニュメントでは、それは再現できる力の象徴であり、翼を持って、「神、すべての主、創造主」を意味します。

翼のある頭蓋骨

死すべき男からの魂の飛行。

翼のあるホイール

聖霊を象徴しました。

十字架にぶら下がっている女性

信仰。 Toplady牧師の賛美歌&ldquoRock of Ages&rdquoに付随する元の図面。柱や錨にしがみついている女性としても見られます。白いブロンズのモニュメントとフリーメーソンの墓の記念碑に共通のモチーフ。


ネイティブアメリカンの伝説:スカイウーマン(Ataensic、Atahensic、Ataentsic)

名前:スカイウーマン
部族所属:イロコイリーグ、ワイアンドット
ネイティブ名:Ataensic、Ata-en-sic、Ataentsic、Atahensic、Ataensiq、Aataentsic、Athenic、Ataensie、Eataentsic、Eyatahentsik、Iaatai​​entsik、Yatahentshi Iotsitsisonh、Iotsitsisen、Iottsitison、Iottsitisonh 'tci、Iagentci、Eagentci、Yekëhtsi、Yagentci Awenhai、Awenha'i、Awenha:ihWa'tewatsitsiané:kareAientsik、Aentsik
別名:祖母の月、空から落ちた女性
タイプ:母なる女神、スカイスピリット、最初の女性
他の部族の関連人物:ノコミス(アニシナアベ)、私たちの祖母(ショーニー)

スカイウーマンはイロコイの母なる女神で、空の穴から落ちて地球に降りてきました。彼女は、タブーに違反したか、嫉妬深い夫の裏切りによって天から追い出された天の存在でした。水鳥は彼女を海に運び、カメの背中に乗せ、それが彼女の家(タートルアイランド)になりました。女性は、双子の文化の英雄であるスカイホルダーとフリントの祖母または母親(バージョンによって異なります)であり、グッドスピリットとバッドスピリットとしても知られています。

スカイウーマンについての神話は、コミュニティごとに大きく異なります。一部のイロコイ神話では、スカイウーマンは地球に到達するとすぐに出産で死亡するマイナーなキャラクターですが、他の人では、彼女は創造の物語全体の中心的なキャラクターです。いくつかの神話では、スカイウーマンは双子の母親ですが、より一般的には、彼女は娘、テカウェラクワまたはブレスオブザウィンドの母親であり、娘は双子を産みます。一部のイロコイの伝統では、双子は善と悪を表していますが、他の双子はどちらも悪ではありませんが、フリントはスカイホルダーの創造、生活、昼、夏の破壊、死、夜、冬を表しています。神話の多くのバージョンで、スカイウーマンはフリントを支持しました。通常、フリントはスカイホルダーがテカウェラクワを殺したと彼女をだまして考えさせたためですが、スカイウーマン自身がスカイホルダーの人間の創造物とその方法を承認しなかったためです。他のバージョンでは、スカイウーマンは彼女の孫の両方を等しくサポートし、世界には生と死の両方がなければならないと宣言しました。スカイウーマンは、多くのイロコイの人々によって月と関連付けられています。いくつかの伝統では、スカイウーマンは他の人では月に変わり、スカイホルダーは彼女の死後彼女の体を太陽、月、星に変えました、そしてさらに他の人では、太陽、月、星を作ったのはスカイウーマン自身でした。

スカイウーマンは、イロコイの神話ではさまざまな名前で呼ばれています。 「スカイウーマン」という名前自体はタイトルであり、彼女の名前ではありません。彼女はスカイピープルの一人であるカリオナケであるため、スカイウーマンです。彼女自身の名前は、Ataensic(おそらく「古代の体」を意味するヒューロンの名前)Iagentci(「古代の女性」を意味するセネカの名前)IotsitsisonhまたはAtsi'tsiaka:ion(「肥沃な花」と「成熟した」を意味するモホークの名前)としてさまざまに与えられています花」)アウェンハイ(カユガとセネカの名前は「成熟した花」も意味する)とアエンティック(おそらくヒューロンから借りたイロコイ族)。彼女は祖母または祖母の月と呼ばれることもあります。


2.残酷な母

この子殺しの奇妙な物語は、セシリア・コステロからダブリナーズ(ワイル・ワイル・ワイルと呼ばれるバージョンを録音した)、ナンシー・カーまで、誰もが歌っています。それは、2人の生まれたばかりの子供をナイフで殺す女性に関するものです。しかし、刃は洗えなくなります-彼女がそれを拭くほど、それは「より赤く」成長します。それから彼女は教会の入り口で2人の赤ちゃんに会い、彼らが彼女のものであるなら彼らを素晴らしく扱うだろうと彼らに言います。彼らは彼女の子供たちの幽霊であることが判明し、彼女は彼女が地獄に行くと彼女に言います。


黒海からのギリシャの女性の墓石-歴史

古代の埋葬習慣

使徒8:2「そして敬虔な人々はスティーブンを彼の埋葬に運び、彼を大いに嘆いた。」

そして敬虔な男たちはスティーブンを彼の「埋葬」に運びました

古代オリエントの埋葬習慣

古代の埋葬習慣は、今日とは大きく異なっていました。イスラエルを含む古代の東部の文化では、体がどれほど急速に分解するかのために、埋葬は常に急いで行われるべきものでした。イスラエルでは、死体との接触で即座に汚損がありました。彼らは通常数時間以内に死者を埋葬しますが、一晩で埋葬することはめったにありません。

最も近い親戚は死者の目を閉じ、発表後、嘆きは嘆き悲しみから始まります。泣き女が立ち会うのが通例でした。最も貧しい家族でさえ、少なくとも1人の会葬者を雇うべきです。

行列は静かではなく、会葬者、歌手、楽器、通常はフルートとともに、全員が胸を打ち、服を引き裂きました。ミュージシャンが行列の後ろで演奏している間、体を運ぶビールまたはフラットボードが最初に行きました。これは、イエスが若い男を死からよみがえらせたときの状況に光を当てるかもしれません。

ルカ7:11-16 11さて、翌日、彼はナインと呼ばれる町に行き、彼の弟子たちの多くは彼と大勢の群衆と一緒に行きました。 12彼が町の門の近くに来たとき、見よ、死んだ男が処刑されていた。彼の母の一人息子であり、彼女はやもめであった。そして、街からの大群衆が彼女と一緒にいました。 13主は彼女を見たとき、彼女を思いやり、「泣かないでください」と言われた。そして彼は言った、「若い男、私はあなたに言います、起きます」。15それで、死んだ彼は立ち上がって話し始めた。そして彼は彼を母親に差し出した。 16すると、すべての人に恐れが生じ、彼らは神をほめたたえ、「偉大な預言者がわたしたちの間に立ち上がった」、「神はその民を訪ねた」と言った。

埋葬が非常に緊急だったので、手の込んだものは何もありませんでした。少しの儀式と多くの急いで。死んだ人は通常、彼らが最も頻繁に着ているのが見られた最も一般的な服を着ていました。

防腐処理のためではなく、常に臭いを抑えるために、体を洗い、香水や香辛料で油を注ぐのが通例でした。裕福な家族は、より高価でより重い香水を買う余裕があります。手足は亜麻布(墓帯)で包み、顔と頭は小さな布で覆って縛りました。体を整えたのは、愛する友人や親戚、主に女性でした。ユダヤ人は棺桶を使用せず、防腐処理もしませんでした。

ギリシャ人と火葬

ギリシャ人の場合、死者を火葬するのが通例でしたが、ユダヤ人の場合はそうではありませんでした。タキトゥス(Hist。v。5)は、ローマの慣習とは対照的に、「死体を燃やすのではなく、埋める」というユダヤ人への敬虔さの問題であると述べました。緊急事態またはキャンプを汚損から浄化することを指しました。

体は早い時期に墓に運ばれ、そこでビール(フラットボードまたはストレッチャー)が取り外され、体が地面に降ろされ、野生動物から保護するために石の山で覆われました。墓は通常、地球に掘られた浅い穴でした。後の時代には、各家族が家族の墓を持つのが通例でした。墓または「墓」は通常、自然の洞窟であるか、遺体を置くためのニッチがある丘の中腹の岩から切り出されました。家族は、可能な限り先祖代々の墓を売ることはありませんでした。

いくつかの墓は地下に彫られており、階段が下りていました。墓は通常、大きな円形の石で封印され、その端に立って、そのために切り取られた溝の中で所定の位置に転がされました。通常、墓が乱されたかどうかを示すストラップまたはシールがありました。

家族が裕福だった場合、入り口の石は通常、写真、名前、そして通常は慰めの言葉で精巧に彫られていました。 Greeks and Romans often carved pillars around the entrance.

It was customary for visitors to come on the 3rd, 7th, and 40th days after the burial for mourning, with their heads covered, faces black with dirt and ash, and in poor clothing, sometimes torn and rent, and they would sing a dirge and wail. In many cultures there was much violence done to their own bodies to show their grief, though the Bible forbade the mourners from cutting themselves. Some shaved their heads, fasted, and meditated in total silence.

Whitewashed Tombs and Touching Dead Bodies

It was ceremonially unclean for a Jew to touch a tomb. This is why they were whitewashed with lime, so they could be easily seen and not accidently touched. The Lord had commanded them in the Law not to "touch" a dead body because the blood was not alive, and the life of the flesh is in the blood (Lev 17:11). Blood was set apart for sacrifice, and they could have nothing else to do with it.

Mark 16:3-6 3 And they said among themselves, "Who will roll away the stone from the door of the tomb for us?" 4 But when they looked up, they saw that the stone had been rolled away-- for it was very large. 5 And entering the tomb, they saw a young man clothed in a long white robe sitting on the right side and they were alarmed. 6 But he said to them, "Do not be alarmed. You seek Jesus of Nazareth, who was crucified. He is risen! He is not here. See the place where they laid Him.


Ancient Greece

Women in Ancient Greece were considered second class citizens to men. Before getting married, girls were subject to their father and had to obey his commands. After getting married, wives were subject to their husbands. Women were looked down upon by men and were considered no smarter than children.

Women were expected to stay at home and manage the household. In the city-state of Athens, men sometimes wouldn't allow their wives to leave the home. They were basically prisoners in their own homes. Women managed the household slaves and even lived in a separate part of the house.

Women married to wealthy men were often confined to their homes. Their jobs were to manage the household and to bear sons for the husband. They lived in a separate area of the home from the men and even ate their meals separate from the men. They had servants who helped with raising the children, doing household chores, and running errands. Most women, even wealthy women, helped to weave cloth for the family's clothing.

Poor women often had more freedom than wealthy women because they couldn't afford as many slaves. Because they didn't have a lot of slaves, poor women needed to leave the house to run errands, fetch water, and shop. They sometime took jobs as servants for the wealthy or worked in the local shops.

Did women have legal rights?

In some Greek city-states, such as Athens, women had few legal rights. In Athens, women generally couldn't own property, couldn't vote, and weren't allowed to participate in the government. In other city-states, women had a few more rights, but still had less rights than men.

Women usually had no say in who they married. They were "given" in marriage by their father to another man. Sometimes very young girls were wed to older men.

Slave women were the lowest class in Ancient Greece. They not only were slaves, but they were also women.

Life was different for the women of the city-state of Sparta. In Sparta, women were respected as the "mother's of warriors." Although they were not considered equal with men, they had more rights and freedom than the women of Athens. They were educated, played sports, allowed to walk around the city freely, and were also able to own property.


[article]

The strange case of the disappearance of the rich female grave

Whitley James. Gender and hierarchy in early Athens [The strange case of the disappearance of the rich female grave]. In: Mètis. Anthropologie des mondes grecs anciens、vol。 11, 1996. pp. 209-232.

Cet article contient des illustrations pour lesquelles nous n'avons pas reçu d'autorisation de diffusion (en savoir plus)

Avant de procéder à toute mise en ligne, les responsables des revues sollicitent les auteurs d'articles et d'illustrations pour obtenir leurs autorisations. Dans cet article, la personne disposant des droits sur les illustrations a dû refuser la diffusion libre et gratuite de son travail. Nous avons donc apposé des masques permettant de dissimuler l'illustration (et donc de satisfaire la demande de l'ayant droit) et de laisser un accès libre au texte de l'article.

Gender and Hierarchy in Early Athens The Strange Case of the Disappearance of the Rich Female Grave*

Athens was in many respects an unusual community in Early Iron Age Greece. For one thing it seems to hâve been exceptionally large. Though large, it was not an urban centre, if by that we mean a densely packed, nucleated settlement, of which the contemporary site of Zagora on Andros is an example. To judge from the indirect testimony of well deposits and graves, it seems to hâve been a loose agglomération of hamlets, each with its own cemetery. Still, it is difficult to get a clear picture of the settlement of Dark Age Athens, and so to define what made it distinctive. We are not so handicapped however when it cornes to the study of symbolic practices. It is the focus on the symbolic practices, particularly on the manner in which the dead were buried, that enables us to see more clearly the ways in which this society distinguished itself from its contemporaries. Of ail the communities of Early Iron Age Greece Athens is unique in having a distinctive form of burial for women, particularly for rich women of middling years, and it is the implications of this fact I wish to draw out. My subtitle however - «the strange case» - perhaps implies that hère is a problem which can be solved by the application of a certain deductive logic, in the same way that the

This paper was first given at a seminar organised by François de Polignac at the Centre Louis Gernet in Paris on the 18th October 1996. The seminar was very informai and helpful, and the trip to Paris that I enjoyed in every sensé wonderful. I could not hâve had a better setting to «fly a kite», as the phrase has it. I would like to thank everyone who attended for their comments, and especially to François de Polignac for inviting me. I would also like to thank ail those who hâve offered useful comments on earlier drafts of this paper, in particular Douglass Bailey, Sian Lewis, Ian Morris, Robin Osborne, Anthony Snodgrass and Hans Van Wees. I remain responsible for any remaining mistakes or omissions.


The History of Yemaya, Santeria's Queenly Ocean Goddess Mermaid

There has been a lot of discussion about mermaids lately. On Wednesday, it was announced that Chloe x Halle singer Halle Bailey would be cast as Ariel in the live-action remake of Disney’s The Little Mermaid。 What was meant to be a celebratory moment for the talented artist, became a heated dialogue on social media about the validity of having a young black woman play a white animated character adapted from a Hans Christian Andersen fairy tale.

But the origin story of mermaids is one of diverse folklore and spirituality, that spans across the world in many different iterations, with some being of African descent.

Often depicted as a queenly mermaid, Yemaya is considered the Ocean Mother Goddess in Santería, an Afro-Caribbean religion practiced around the world. With anchored roots in the Yoruba religion, Yemaya was brought over to the New World by enslaved Africans as early as the 16th century.

As one of the eldest children of Olodumare, the Supreme Being or Creator of the Universe, Yemaya is one of the most widely worshipped of the Orishas or “demi-gods” associated with different elements or forces of nature. As an oral tradition, Yemaya’s attributes, manifestations, and origin stories can vary depending on where you are in the world (especially between Brazil, Cuba, Haiti, and the US), including the pronunciation and spelling of her name.

Yemaya is perhaps the most nurturing of all the Orishas, and it’s believed that all of life comes from her deep nourishing waters. Her strong and protective energy can be found virtually everywhere, but especially near oceans and lakes. She’s associated with the numbers seven and ten, the colors blue and white, pearls, silver, conch shells, and doves. Offerings for her include molasses, coconut cakes, white flowers, and watermelon.

For practicing witches, Yemaya has a fierce, nurturing, gentle energy often associated with the moon and sorcery. As the "Mother of All," she is said to help in matters of self-love, fertility, emotional wounds, trauma, and healing work. But if you cross her, disrespect her terrain, or hurt one of her children, she has a serious anger streak. Wielding a broad blade, she’s known to “bathe in the blood of her enemies,” or manifest in the form of a tidal wave.

The story of Yemaya was originally brought over to Cuba via the transatlantic slave trade. Since Cuba was occupied and colonized by Catholic Spaniards, the practice of Santería was illegal. Under the highly-censored, Communist rule of Fidel Castro following the Cuban Revolution, the religion continued to be outlawed, and it was only until recently that it was openly recognized and legalized in the island country.

Like many religious practices outside the dominant norm, the Orishas and their symbolism, rituals, and folklore had to be kept a secret, and eventually syncretized with those of the Roman Catholic Church. And who is the reigning Lady in Catholicism? Mother Mary, of course.

Eventually, the practitioners, priests, and priestesses of Santería slowly syncretized the Goddess of the Sea – Yemaya – with the image of Mother Mary. In iconography, both holy mother figures are shown dressed in blue and white. One seen as giving birth to the son of God and one gave birth to all living things. Although the Virgin Mary is traditionally depicted as a white woman (a misrepresentation in history, but that’s another story), Yemaya is depicted as a woman of color. Radiantly rising from the sea, her dark skin shining under the moon, Yemaya rules over her domain with grace, beauty, and maternal wisdom.

It is said that Yemaya’s spirit transcends all, but it’s easier for us to understand divine forces when we attribute human qualities to them from the Greeks to the Christians to the Hindus, virtually every world religion has done this for all iterations of modern "mermaids".

Yemaya is also often depicted as a mermaid. But symbols and iconography have a way of grounding the spiritual into something more tangible so that we can better understand it. And Yemaya exists outside narrow boxes of classification, outside of iconography. She takes all forms, yet we strive to put a face to her. It’s not her race, clothes, or even geographical limitations that define her, but rather her powerful presence.


To Request Information about Records

For further information about the photographs and graphic works held in the Still Picture unit at College Park, contact:

Mail: Still Picture Reference
Special Media Archives Services Division
National Archives at College Park
Room 5360
8601 Adelphi Road
College Park, Maryland 20740-6001

Telephone: 301-837-0561

ファックス: 301-837-3621

If you’d like to use an image from the Still Picture Branch holdings, please see our Copyright and Permissions page.


Did the ancient Greeks get their ideas from the Africans?

The sitcoms you watch on TV have their roots in classical Greek comedy. The algorithms that fuel the Internet infrastructure you use are based on Greek mathematics. The doctors that save lives every day first take an oath based on a treatise written by the Greek physician Hippocrates. Even the scientific method dates back to ancient Greece.

We here in the modern world owe much to the advancements of the classical Greeks, that much is clear. But have you ever wondered where the Greeks got their ideas?

From 1900 to 1100 B.C., a great civilization reigned over what is now present-day Greece. The Mycenaens created works of art, established trade with other nations and lived in great cities. And then suddenly, mysteriously, the Mycenaean culture collapsed. Greece fell into darkness.

Nomadic tribes came from the North to where a bustling, urbane civilization once stood. Trade ceased, and Greece turned inward. For 500 years Greece stood silent, in what historians now call the 暗黒時代。 And then, almost overnight in historical terms, a new dawn broke over Greece. Homer created his epic poems the "Iliad" and the "Odyssey," emphasizing honor and virtue to his new countrymen. Trade resumed, once separate city-states united into a democratic republic. Classical Greece was born.

­Where did this meteoric rise to prominence come from? Scholars attribute much of Greece's development to its internalization. For 500 years it was peacefully allowed to redevelop itself, astoundingly without any outside threats. But the loftiest of the pursuits of the Greeks would not have been possible were it not for another nearby civilization, one that was established millennia before even Mycenae was founded. The culture was called Kemet。 You know it as Egypt.

The civilization that built the Sphinx, raised the pyramids and built the world's first library also produced the world's first physician, created geometry and astronomy and were among the first to explore the nature of our existence. And they passed their knowledge along to the Greeks. Modern people, in turn, have benefited greatly from this early education.

So what exactly did the Greeks learn from the Kemites? Find out on the next page.