ニュース

バイヤードラスティン:ゲイ公民権指導者およびMLKの顧問

バイヤードラスティン:ゲイ公民権指導者およびMLKの顧問


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1963年8月28日の朝、マーティンルーサーキングジュニア博士はリンカーン記念館の階段から20万人以上の群衆に話しかけました。キングは、リンカーンがゲティスバーグ演説を発表してから100周年を記念して、国内の人種的骨折を修復することを望んでいました。群衆は、彼の独創的な「I Have a Dream」スピーチのプラットフォームである、ワシントン大行進の3月に集まっていました。

キングが公民権運動の顔として話している間、別の男が舞台裏に立っていました。これは運動に不可欠な力です。彼はバイヤード・ラスティンでした。彼の人生は、彼の人種だけでなく、彼が同性愛者だったという理由で、運動が戦った非常に偏見によって形作られました。ラスティンは、自分自身の差別に直面している間でさえ、他人の権利のために戦うことに人生を費やしました。

行進のためにワシントンにバスで運ばれた数十万人にとって、ラスティンは運動の代名詞でした。結局のところ、彼は行進の主な主催者でした。 「Rustinはこの行進を8週間で、携帯電話なし、電子メールなし、FAXなしで[組織]しました。そのため、彼と彼のチームは[電話を一生懸命]働いていました。彼らは常に文字を入力していました」と、の編集者であるMichael G.Longは言います。 抵抗しなければならない:バイヤード・ラスティンの手紙での生活 との共著者 バイヤード・ラスティン:見えない活動家。 「私が聞いたところによると、本社は常に混乱状態にありました。そして、ラスティンはそのような環境で繁栄しました。」

ラスティンが混乱の中で落ち着きを見つけることができたのは当然のことです。 1912年に生まれ、ペンシルベニア州ウエストチェスターで祖父母に育てられたラスティンは、幼い頃からクエーカー教徒の非暴力と平和の価値観を学びました。それらの信念と彼自身への彼の自信は、彼のセクシュアリティを肯定した彼の祖母、ジュリア・ラスティンによって強化されました-当時はほとんど前例のない反応でした。 「バヤードによれば、彼女は彼が男性と付き合っていることについてはそれほど心配していませんでした。彼女は彼が選んだ男性についてもっと心配していました」とロングは説明します。

1937年、ラスティンはニューヨーク市立大学に通い、人種問題に関するリーグの進歩的な見方に惹かれたため、ヤング共産党リーグに参加しました。しかし、第二次世界大戦の開始とともにグループの焦点が米国の人種的不公正ではなくソビエト連邦を支援することに移ったとき、ラスティンは組織を去りました。ラスティンは戦争に断固として反対し、徴兵への登録を拒否した後、1944年に「良心的兵役拒否者」として逮捕され投獄されました。

グループを去った後、ラスティンは社会主義に注意を向け、1941年に和解フェローシップ(FOR)に加わりました。グループは当時A.J. Musteは、すべての人々の平和、労働者の権利、平等を提唱しました。ただし、それらの人々が同性愛者である場合を除きます。

1953年、FORでの作業中に10年以上にわたって何度も逮捕された後、カリフォルニア州パサデナで駐車中の車の中で別の男性とセックスしたことで逮捕され、起訴されたとき、ラスティンは学生および総務の秘書としての立場から解雇されました。 「性的倒錯」で。彼のセクシュアリティが彼に対して使用されることは何度もありました。

しかし、FORの経験は無駄ではありませんでした。ラスティンが彼のメンターであるA.フィリップランドルフに会ったのは、社会主義への関心を通してでした。 1941年、ラスティンはランドルフとムステとともに、国防総省の黒人労働者の差別と闘うためにワシントン大行進を提案しました。行進が実を結ぶ前に、フランクリンD.ルーズベルト大統領は防衛産業を黒人労働者に開放する大統領命令に署名しましたが、ラスティンとランドルフの間の絆は数十年続きました。

実際、1956年にアラバマ州モンゴメリーでキングと会い、モンゴメリーバスボイコットへの支持を示すようにラスティンを説得したのはランドルフでした。若い王は、ラスティンとの出会いの後、永遠に変わるでしょう。

「博士。キングはガンジーを読んでいましたが、その時点で彼は平和主義を生き方として受け入れていませんでした。そのため、ラスティンがモンゴメリーに到着したとき、キング博士の家は銃でいっぱいでした」とロングは説明します。 「キング博士に平和主義を生き方として受け入れるように本当に勧めたのは、バイヤード・ラスティンと他の数人の平和主義者でした。」

ラスティンの促しで、平和主義と非暴力は公民権運動の基礎となるでしょう。しかし、この会合は、両者の間の長く、時には希薄な関係の始まりを示すでしょう。

彼らが出会ったとき、キングはラスティンの性的指向と、1953年のラスティンの道徳的容疑での逮捕に気づいていました。しかし、ラスティンは素晴らしい戦略と組織力を披露しました。キングは、活発な講演者であり強力なリーダーでありながら、それほど強力ではなかった分野です。そのため、少なくとも当面の間、ラスティンの性的指向は見過ごされていました。

1950年代に公民権運動が拡大したとき、ラスティンはキングの内輪の一部でしたが、他の人々は彼を責任と見なしていました。緊張が頭に浮かび、公民権活動家の最悪の恐怖は1960年の民主党全国大会で実現されました。

ランドルフ、キング、ラスティンは、ロサンゼルスで開かれた大統領候補ジョンF.ケネディと彼のランニングメイトであるリンドンB.ジョンソンの民主党全国大会で行進するための取り決めを開始し、公民権に関する党の不振な立場に抗議した。それに応じて、民主党の指導部は、黒人議員のアダム・クレイトン・パウエルを派遣して、行進が起こる前にそれを止めさせた。そして、彼はラスティンの性的指向を武器として使用しました。

大会の前に、パウエルはキングを脅迫するために仲介者を送り、彼らが行進を進めるならば、彼はキングがラスティンと関係を持っていると非難し、行進を殺すだけでなく、運動に致命的な打撃を与える可能性があると言った全体。

キングは、彼の親しい親友であり、アドバイザーであり、スピーチライターであるクラレンス・ジョーンズを含む同僚やアドバイザーと相談した後、ラスティンから距離を置くことにしました。南部キリスト教指導会議からのラスティンの消極的な辞任は、キングが恐れの戦いに敗れた数少ない機会の1つでした。

「キング博士が彼のために立ち上がらなかったか、それ以上のバックボーンがなかったことに失望したので、それは彼にとって個人的に苦痛な状況だったと思います」と、ラスティンの死の時のパートナーであるウォルター・ネーグルは言います。 1987年。「しかし、キング博士とバイヤードに公平を期すために、バイヤードはこれが政治的な動きであり、動きの観点から、キング博士が政治的に話したことを行う方がおそらく良いことを理解しました。」

パウエルの脅威に応えて、ジョーンズは火と戦った。彼は、キングについてのうわさでマスコミに行ったら、パウエルが代表していた地区であるハーレムに、パウエルが一緒に寝ていたすべての女性のポスターと写真を散らかすだろうと語った。脅威は機能し、キングは1960年民主党全国大会に抗議し、ラスティンを唯一の犠牲者とした。

ラスティンは、SCLCの傘下の外で、公民権問題に関するランドルフとの仕事を続けました。ラスティンが行進、抗議、デモの組織化に関与していなかった1960年から1963年まで、運動はほとんど進展しませんでした。キングは、多くの人が命を犠牲にした運動が勢いを失っていることを認識し、1963年のバーミンガムキャンペーン中にラスティンをゆっくりと再統合しました。このようにして、ワシントン大行進(前年のランドルフによる提案)が形になり始めました。 、ラスティンはすでに関与しているでしょう。

ラスティンにとって残念なことに、運動の中からの批判者たちはまだ彼の関与に反対しました。ラスティンが20年前にキャンセルされたワシントン大行進の再構想版を組織することが提案されたとき、NAACPの事務局長ロイ・ウィルキンスは断固として反対した。

「あなたがクエーカー教徒であることは知っていますが、それは私が弁護しなければならないことではありません。兵役逃れを弁護しなければなりません。乱交を擁護しなければならない」とウィルキンスは主張した。 保護者。 「問題は同性愛になることは決してなく、乱交になるでしょう、そして私はそれを擁護することはできません。そして事実はあなたが若い共産党リーグのメンバーだったということです。そして、私はあなたの言うことを気にしません、私はそれを守ることができません。」

ウィルキンスはポイントを持っていた。ワシントン大行進の指揮をとるラスティンと共に、彼らはこれらの質問に必ず遭遇した。しかし、行進を意図された歴史的な出来事にするのに適した人は誰もいませんでした。そこで、当時学生非暴力調整委員会のメンバーだったキングとジョン・ルイスが計画を立てました。

キングとルイスは、ラスティンを直接関与させる代わりに、党員集会を開いてランドルフを指名して行進を主導した。運動で尊敬されている人物であるランドルフは、他の人から反対を集めることはありませんでした。

「しかし、キングとルイスは、ランドルフが行進の公式ディレクターになった場合、彼はバヤードを彼の代理として任命することも知っていました」とロングは言います。 「そして、Bayardは本当に行進をリードする人になるでしょう。」

それで、ランドルフを監督、ラスティンを副官として、行進の準備が進んでいました。そしてもう一度、ラスティンの過去と私生活は、運動を止めようとするために使用されました。サウスカロライナ州の上院議員ストロムサーモンドは、行進が「共産主義者、兵役逃れ、同性愛者」によって組織されていると主張した後、全国的なメディアの注目をバヤードにもたらしました。

しかし、かつてのムーブメントのアキレス腱の影響はその効果を失っていたように思われます。メディアから質問されたとき、キングはラスティンを支持して出てきただけでなく、運動内のすべての指導者もそうしました。ウィルキンスでさえ、進歩のために彼の予約を脇に置いた。

この行進は、誰もが想像するよりも成功を収め、国とラスティンの両方にとってターニングポイントとなりました。

「それは南部での恐怖の夏の終わりに来ました。メドガーエヴァース、バーミンガム消防ホース、犬の暗殺。多くの落胆と欲求不満がありました」とネーグルは回想します。 「ワシントン大行進がやって来ました。それは本当に人々に活力を与え、彼らに刺激を与え、彼らの希望を再び高め、精神を新たにしたと思います。」

行進の成功に続いて、ラスティンとキングは何年も一緒に働き続けました。彼らの見解はまだ時々衝突しましたが。

1968年の貧者の行進を計画している間、ラスティンはデモの有効性に疑問を呈しました。彼は国の貧しい人々のために戦うという考えを支持しましたが、彼はタイミングがわからず、それがすでに苦しんでいるコミュニティでの暴力につながるのではないかと心配していました。彼は公に意見を表明し、裏切りの感情を抱く王につながりました。

ラスティンは再び、キングの計画プロセスから追放されました。しかし、1968年4月4日にキングが暗殺された後、ラスティンはキングが不在のときにキャンペーンを主導するためにメンフィスから飛行機で行くことに同意しました。しかし、彼の関与に反対する運動内のリーダーシップで、ラスティンは彼の合意を撤回しました。

ラスティンは、1980年代の同性愛者の権利のためのイベントで講演し、活動家としての役割を継続しました。ラスティンがインタビューを行ったのは、彼の人生の最後の年であるこの時期でもありました。 ワシントンブレード、 市民権運動において黒人と同性愛者の両方であることの二重性と、それが彼の性的志向を隠すことを拒否したことをどのように形作ったかを思い出します.

特にある瞬間は、彼のセクシュアリティについてオープンにするという彼の決定を動機付けるのに役立ちました。 1940年代にジムクロウサウスでバスの後ろに向かって歩いた後、白人の子供が手を伸ばしてネクタイに触れたが、母親に止められた。彼女は子供を叱り、ラスティンや彼に似た人には触れないように言いました。

「今、そのバスの後ろに静かに座っていると、私と遊ぶつもりだったほど人種関係に無邪気だったあの子は、たくさんの黒人が後ろに行って静かに座っているのを見たでしょう。ラスティン氏は、ポッドキャストを通じて2019年初頭にリリースされたインタビューで、「彼らはそこに戻ってきて、誰もそれに抗議するのを見たことがない」と言ってしまうだろう」と語った。 ゲイの歴史を作る。

「その直後、私は同性愛を宣言することが絶対に必要でした。そうしなければ、私は偏見の一部だったからです」と彼は続けた。 「私は、私を破壊する努力の一部である偏見を助け、それに賭けていました。」

ラスティンは1987年8月24日に亡くなりましたが、非暴力のための彼の戦いは、1963年のワシントン大行進に触発された無数の人々の間で生き続けました。 2013年、バラクオバマ大統領は、公民権運動における彼の揺るぎない経歴に対して、死後、ラスティンに大統領自由勲章を授与しました。


ワシントン大行進を設計したのは誰ですか?

1963年8月にワシントン大行進に向かう途中のバスの船長だったとしたら、その組織の天才が誰であるかを知っていたでしょうし、ライフ誌の表紙に彼の写真が載っていても驚かなかったでしょう。一週間後。それでも、公民権運動のすべての指導者の中で、バイヤード・ラスティンは、彼が閉じたゲイの男だったからではなく、彼が誰であるかを隠そうとしていなかったので、最も深い影の中で暮らし、働いた。それは、彼の以前の共産党との関係と相まって、責任であると考えられていました。

それでも、彼の批判者が何を言おうと、行進の完璧な日は常にあり、ラスティンの何十年にもわたる声高であるが常に非暴力的な抗議へのコミットメントの美しく集中した表現があります。マーティンルーサーキングジュニア博士が言ったように、それはアメリカの歴史の中で「自由のための最大のデモンストレーション」でした。そのため、この50周年を記念して、黒人の歴史の英雄から1つの新しい名前を子供たちに教える場合は、それをバイヤードラスティンにしてください。


彼の育成

活動家は祖父母のジュリアとジャニファー・ラスティンによって育てられましたが、彼は彼らが彼の両親であると信じて育ちました。彼の兄のフィレンツェは実際には彼の母親であり、彼の父親は西インド移民のアーチー・ホプキンスでした。

ベヤードは良い教育を受けました。彼はオハイオ州のウィルバーフォース大学とペンシルベニア州のチェイニー州立教師大学で学び、1937年にニューヨークに移り、ニューヨーク市立大学で学びました。

彼は政治に強い関心を持っていて、党に幻滅する前に、1936年に短期間若い共産党に加わった。


バイヤード・ラスティンが公然とゲイであることを語る

彼のセクシュアリティへの反発にもかかわらず、バイヤード・ラスティンは公然と同性愛者であり続けました。そして、ラスティン自身によると、出てくることは「絶対に必要だった」。

2019年の初めに、ポッドキャスト ゲイの歴史を作る バイヤード・ラスティンと ワシントンブレード。インタビューの中で、ラスティンは彼が常に同性愛嫌悪の攻撃の標的であったことを共有しています。そして残念ながら、公民権運動内のラスティンの仲間は彼の弁護に飛びつきませんでした。

&#8220ある時点で、私が同性愛者であることについてキング博士に非常に大きなプレッシャーがあり、特に私がそれを否定しないため、彼は私が彼と一緒に働き続けることが危険かどうかを調査する委員会を設立しました。 &#8221ラスティンは ブレード.

しかし、それは私たちに提供された唯一の録音ではありませんでした ゲイの歴史を作る。ポッドキャストのホストであるエリックマーカスは、ラスティンの生き残ったパートナーであるウォルターネーグルからテープを受け取りました。レコーディングの中で、ラスティンは自分のセクシュアリティについてオープンにするのは責任だと感じたと説明しています。彼は、1940年代のアメリカ南部での隔離されたバスでの特定のイベントの後、そのように考え始めたと言います。

&#8220 2番目の席を通り過ぎて後部に行くと、白い子供が私が着ていたリングネクタイに手を伸ばして引っ張った。&#8221彼は音声で思い出した。 &#8220母親が言ったところ、&#8216ドン&#8217tはn *****に触れないでください。&#8217&#8220

ラスティンはそれから考えを思い出しました、&#8220私が今そのバスの後ろに静かに座っていると、私と遊ぶつもりだったほど人種関係に無邪気だったその子供は、たくさんの黒人が後ろに行くのを見たでしょう静かに座って、「彼らはそこに戻ってそれが好きだ、私は誰もそれに抗議するのを見たことがない」と言ってしまうだろうと言った。&#8217&#8220

代わりに、彼はバスライダーの先入観とその幼い子供の開花する世界観を混乱させる機会を見ました。

&#8220私はその子供に借りがある&#8221彼は彼自身に言った、&#8220黒人は後ろに座りたくないことを知って教育されるべきであり、それゆえ私は逮捕されるべきであり、これらすべての白人をバスは私がそれを受け入れないことを知っています。&#8221

その後、ラスティンは、人種であろうと性的指向であろうと、あなたの身元を確認し、その自己主張に固執することの重要性に気づきました。

&#8220その直後、私は同性愛を宣言することが絶対に必要でした。なぜなら、私がそうしなかった場合、私は偏見の一部だったからです&#8221彼は言いました。 &#8220私は私を破壊する努力の一部であった偏見を助け、賭けていました。&#8221

今日まで、バイヤード・ラスティンは、黒人コミュニティとLGBTQコミュニティの間でまだ歌われていないヒーローです。それでも、彼は間違いなく両方に大きな利益をもたらしました。この記事を読んでいる人は誰でも、感謝の気持ちを込めて彼の言葉やライフストーリーから離れることを願っています。ラスティンだけでなく、彼自身と私たち全員に見た責任への感謝。うまくいけば、私たちは皆、彼が構築しようとしていた世界に生きることができます。


マーティンルーサーキングジュニアの公民権運動の背後にいるゲイ活動家に会いましょう

マーティンルーサーキングジュニアは、人種差別だけと戦ったわけではありません。

キングは公民権運動の顔ですが、大臣から活動家、政治家から労働組合まで、運動を可能にするために同盟国の連立に依存していました。したがって、LGBTコミュニティに対するキングのサポートを詳述する公式文書はありませんが、彼の信頼できるアドバイザーおよびストラテジストの1人であるバイヤードラスティンが黒人のゲイの男性であったという事実は、同性愛に関するキングの見解について多くを語っています。

「マーティンルーサーキングの夢を信じるすべての人にアピールします」と、キングの未亡人であるコレッタスコットキングは1998年のスピーチで、「レズビアンとゲイの人々のために兄弟姉妹のテーブルにスペースを空ける」と述べました。時代の公民権運動は彼らの真っ只中に同性愛を拒絶したかもしれない、キングはラスティンにテーブルの席を与えた。

1912年に生まれたラスティンは、1940年代の初期の「フリーダムライダー」であり、50年代と60年代の急成長する公民権運動ですぐに目立つようになりました。彼は1956年にモンゴメリーバスボイコットを組織し、1963年にワシントン大行進を組織したことで有名です。その間、彼とキングは友情を築きました。

1987年に彼が亡くなった年に発表されたエッセイで、最近、 提唱する、ラスティンは、彼の同性愛が彼らの友情と運動内のラスティンの位置の両方にどのように影響したかについて詳しく述べました。

「キング博士が同性愛についてどのように感じたかを知ることは、彼が同情的であり、偏見を持っていなかったと確信していることを除いて、私には難しい」とラスティンは書いた。 &quotそうでなければ、彼は私を雇わなかっただろう。彼はそれについて私と話し合う必要があるとは決して感じませんでした。彼は彼自身の性生活についてそのような並外れた圧力にさらされていた。 J.エドガーフーバーは物語を広めていました、そして彼を閉じ込めるために非常に本当の努力がありました。ある時点で彼は決断を下さなければならなかったと思います。私が同性愛者であることは、キング博士にとっては問題ではなく、運動にとっても問題でした。」

1960年、ラスティンは、公民権運動内の同僚からラスティンとジョン・デミリオが彼の中で主張しているように、ラスティンとキングが恋人だったという噂を広めるためのラスティンの伝記。

ラスティンは、20世紀半ばのアメリカの同性愛嫌悪の気候が、キングとの友情に緊張をもたらしたことに気づいていました。彼のエッセイの中で、彼は次のように書いています。「当時の態度を考えると、人々はこれが問題だと感じたのは決して不利益な状況ではありませんでした。」

しかし、2013年に大統領自由勲章を授与されたラスティンは戦闘機であり、密室で重要な仕事を続けましたが、重要な瞬間、特にワシントン大行進でキングと並んで立っていました。行進を実現させたのは、ラスティンの優れたロジスティクスと組織化のスキルでした。アイリーン・モンロー牧師のような一部の活動家は、行進が「王を世界の舞台に押し上げた」ので、王が今日の伝説になったのはラスティンを通してだったと主張している。

ラスティンのエッセイは、キングがゲイであれストレートであれ、すべての男性の尊厳を支持したという響き渡る瞬間です。運動内の他の指導者がキングに反対し、彼の同性愛のためにラスティンを解雇するように彼に圧力をかけたことは、キングが彼の時代に先んじて指導者であったことの証拠です。

1964年の公民権法と1965年の投票権法が成功した後、ラスティンはゲイの権利に注意を向け、残りの人生を捧げました。彼の死の1年前の1986年に、彼は黒人の権利とゲイの権利運動の間の対話を作成する方法として、熱烈なスピーチ「The New N ****** AreGays」を発表しました。

「黒人はもはやリトマス紙でも社会変化のバロメーターでもない」と彼は言った。 &quot黒人は社会のあらゆる分野に存在し、人種差別から黒人を保護するのに役立つ法律があります。新しい「n ******」は同性愛者です。 。この意味で、ゲイの人々は社会変革の新しいバロメーターです。」

20世紀を通してゲイの黒人として生きてきたラスティンは、ゲイと黒人の両方としての交差する経験を彼の活動に取り入れました。彼は公民権運動を同性愛嫌悪を減らし、同性愛者の権利運動を人種差別を少なくしようとした。同時に、彼はストラテジストであり、キングのような人々が彼らの活動を抑制したり、彼らの政治的信念のより進歩的な要素をより秘密にし、したがって一般大衆にとってより口に合うようにするための政治的結びつきを完全に理解しました。

ラスティンはキングが善良で正直な男であることを知っていました。彼は「過激な愛」、「民主的な社会主義」、そしてすべての人々の平等を擁護しました。キングが自分自身を「同盟国」と名付けたかどうかは、時代遅れの夢であるだけでなく、キングの活動のアーカイブとすべての人々に対する彼の扱いを考えると、それほど重要ではありません。実際には、それはキングの公民権運動の間と彼の人生の最後の数十年を通しての両方でのラスティンの仕事であり、平等な国家に対するキングのビジョンの証拠として機能します。


マーティンルーサーキングジュニアは、ゲイの公民権の先駆者であるバイヤードラスティンの指導を受けました。

バイヤード・ラスティンは先駆的な、公然と同性愛者の公民権活動家でした。マーティンルーサーキングジュニアのワシントン大行進の建築家。

ラスティンは、モンゴメリーバスボイコット中に非暴力の教訓をキングに紹介しました。これは種を蒔き、公民権運動につながりました。

しかし、ラスティンは運動のために背景にとどまり、政治的責任としてその指導者によって犠牲にされただけでした。

バイヤード・ラスティン

また、公民権運動の多くの指導者は、バスの後ろに座るようにラスティンに言いました。

「ルスティンは、1960年代に作成された膨大な量の文学のすべてにほとんど登場しません」と、本「失われた預言者:バヤードラスティンの生涯と時代」の著者であるジョンデミリオは述べています。 「彼は歴史上家のない男です。」

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校の女性学助教授であるアンジェラ・ボウエン氏は、2003年にロングビーチのプレステレグラムに語った。

「バヤードは同性愛嫌悪であったため、特に黒人指導者に追放されました。彼は同性愛者だったので、彼らに恥をかかせると彼らは言った」と彼女は言った。

「バイヤードは彼らがほとんど気にしないことを知っていました、そして彼は彼の時代に先んじていました」とボーエンは言いました。

一部の黒人指導者は、ラスティンの性的指向が責任になるのではないかと心配していましたが、強力な眠れる車ポーターの兄弟会の会長であるA.フィリップランドルフは、行進の主催者としてラスティンを擁護しました。

大統領自由勲章

彼の死から25年以上後、ラスティンはついに国への貢献が認められました。彼は死後、2013年に大統領自由勲章(米国で最も高い民間人の栄誉)を授与されました。ラスティンは1987年に75歳で亡くなりました。

Rustinは、LGBTコミュニティを含むほとんどの人にまだ知られていませんが、National Justice Coalitionは、その認識の欠如を変えることを望んでいます。それは、他の人がラスティンの遺産を覚えて尊重することを奨励するために、バイヤードラスティン2013記念プロジェクトを立ち上げました。

1912年にペンシルベニア州ウェストチェスターで生まれたラスティンは、祖父母に育てられ、社会正義の熱烈な支持者である祖母の影響を強く受けました。

1942年、ラスティンは和解フェローシップとアメリカフレンズ奉仕委員会を代表してカリフォルニアに行き、戦争中に強制収容所に収容されていた日系アメリカ人を助けました。

ラスティンはまた、ガンジー非暴力の献身的な宣教師でもありました。ラスティンは、1943年から1946年までの3年間、第二次世界大戦に対する良心的兵役拒否者として連邦刑務所で過ごしました。

1年後、ラスティンは南部で最初の「フリーダムライド」を開催しました。ライダーは殴打され、逮捕され、罰金が科せられました。ラスティンはノースカロライナのチェインギャングで22日間奉仕しました。

非暴力チャンピオン

1956年、モンゴメリーバスボイコットの初期段階で、ラスティンは26歳の王に会いました。ラスティンは、非暴力的な抗議行動の仕組みについて若いリーダーを教育しました。

「ルスティンの最大の歴史的遺産は、ガンジーの武装非暴力のメッセージを米国と黒人の自由闘争にもたらすために誰よりも多くのことをしたことです」とデミリオは言いました。

さらに、ボーエンはP-Tに次のように語った。「バヤードは(公民権運動において)誰よりもはるかに広かった。 「マーティンルーサーキングは、キングのような人が必要なときにやって来ました。彼はその場に立ち上がって成長した。

「しかし、すでにその幅と幅、概観と国際主義をすべて持っていたバイヤード・ラスティンのような人は、(同性愛嫌悪のために)彼がこれまで物事をリードすることになる人ではないことを知るのに十分賢いです」とボーエンは言った。

平等のビジョン

公民権運動と同性愛者の権利に関するラスティン自身の言葉は、「2つの十字架の時間:バイヤードラスティンの収集された著作」という本に掲載されています。

この本の共同編集者であるデヴォン・カルバドは、2003年にP-Tに、ラスティンは平等に関する壮大なビジョンを持っていると語った。

「ルスティンは、性的指向や人種などに関係なく、私たち全員が人間の家族に属するという観点から、ゲイの権利や人種平等などの問題に取り組みました」とカルバド氏は述べています。

「ラスティンは、私たちが人々であるという理由だけで私たちが共通の目的で団結していると信じていました。私たちがこの人道的理想からどれだけ離れているかの尺度です。」


バイヤード・ラスティン:ワシントン大行進を組織したゲイ公民権指導者

バイヤード・ラスティンが公民権の主催者であり活動家であり、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの顧問としての彼の仕事で最もよく知られていることをご存知ですか? Biography.comからこの歌われていない活動家についてもっと学び、あなたが認められるべきだと思う他の公民権指導者をあなたの立法者に知らせてください。

バイヤードラスティンは誰でしたか?

バイヤード・ラスティンは、1912年3月17日にペンシルベニア州ウエストチェスターで生まれました。彼は、1930年代にニューヨークに移り、平和主義者グループと初期の公民権運動に関与しました。非暴力の抵抗と組織のスキルを組み合わせて、彼は1960年代にマーティンルーサーキングジュニアの主要な顧問でした。彼は彼自身の市民的不服従と開かれた同性愛のために数回逮捕されたが、平等のために戦い続けた。彼は1987年8月24日にニューヨーク市で亡くなりました。

初期の人生と教育

バイヤードラスティンは1912年3月17日、ペンシルベニア州ウエストチェスターで生まれました。彼は両親がジュリアとジャニファー・ラスティンであると信じるように育てられましたが、実際には彼らは彼の祖父母でした。彼は思春期の前に真実を発見しました。彼が彼の兄弟であると思った女性、フィレンツェは実際には彼の母親であり、西インド移民のアーチー・ホプキンスとラスティンを持っていました。

ラスティンは、オハイオ州のウィルバーフォース大学とペンシルベニア州のチェイニー州立教師大学(現在のペンシルベニア州チェイニー大学)に通っていました。どちらも歴史的に黒人の学校です。 1937年に彼はニューヨーク市に移り、ニューヨーク市立大学で学びました。彼はその活動に幻滅して辞任する前に、1930年代に若い共産党リーグに一時的に関与しました。

政治哲学と公民権のキャリア

彼の個人的な哲学では、ラスティンはクエーカー教の平和主義、マハトマガンジーによって教えられた非暴力の抵抗、そしてアフリカ系アメリカ人の労働組合幹部A.フィリップランドルフによって支持された社会主義を組み合わせました。第二次世界大戦中、彼はランドルフのために働き、戦争関連の雇用における人種差別と戦った。大臣兼労働組織者であるA.J. Musteに会った後、彼は和解フェローシップを含むいくつかの平和主義グループにも参加しました。

ラスティンは彼の信念のために数回罰せられました。戦争中、彼は徴兵への登録を拒否したときに2年間投獄されました。彼が1947年に隔離された公共交通機関に対する抗議に参加したとき、彼はノースカロライナで逮捕され、数週間チェーンギャングで働くことを宣告されました。 1953年に彼は同性愛活動に公に従事したことで道徳的容疑で逮捕され、60日間刑務所に送られましたが、彼は公然と同性愛者として生き続けました。

1950年代までに、ラスティンは人権抗議の専門家の主催者でした。 1958年、彼はイギリスのアルダーマストンでの行進の調整に重要な役割を果たしました。この行進では、10,000人の参加者が核兵器に反対するデモを行いました。

マーティンルーサーキングとワシントン大行進

ラスティンは1950年代に若い公民権指導者のマーティンルーサーキングジュニア博士に会い、1955年に主催者および戦略家としてキングと協力し始めました。彼はキングに非暴力的抵抗のガンジーの哲学について教え、市民的不服従の戦術について助言しました。 。彼は1956年にアラバマ州モンゴメリーでの隔離されたバスのボイコットでキングを支援しました。最も有名なのは、ワシントン大行進の組織の重要人物であり、キングは伝説的な「I HaveaDream」スピーチを行いました。 1963年8月28日。

1965年、ラスティンと彼の師であるランドルフは、アフリカ系アメリカ人の労働組合員のための労働組織であるA.フィリップランドルフ研究所を共同設立しました。ラスティンは公民権運動と平和運動の中で彼の仕事を続け、演説者として非常に需要がありました。

後のキャリアと出版物

ラスティンは、彼のキャリアを通じて数々の賞と名誉学位を受賞しました。 His writings about civil rights were published in the collection Down the Line in 1971 and in Strategies for Freedom in 1976. He continued to speak about the importance of economic equality within the Civil Rights Movement, as well as the need for social rights for gays and lesbians.

Bayard Rustin died of a ruptured appendix in New York City on August 24, 1987, at the age of 75.

Want to become a more engaged civic participant? It’s never been easier. Just continue engaging with the Starbucks Action Center for more actionable content!

Every day, you can stay updated on what’s happening in government and take meaningful action. It’s never been simpler to follow key developments on issues you care about and make your voice heard.

Using the Starbucks Action Center it’s now easier than ever to learn about the issues that matter most to you, connect with your lawmakers, and join a vibrant community of civic action-takers. This is today’s version of reading the paper, listening to public radio, and writing a letter to your representative. It doesn’t matter if you’re a Republican, Democrat or Independent – make your voice heard.


Bayard Rustin: Gay Civil Rights Leader and MLK's Adviser

Bayard Rustin: Martin Luther King’s Views on Gay People

This 1987 essay by Bayard Rustin reveals a personal account of MLK's feelings toward gay people.

It is difficult for me to know what Dr. King felt about gayness except to say that I’m sure he would have been sympathetic and would not have had the prejudicial view. Otherwise he would not have hired me. He never felt it necessary to discuss that with me. He was under such extraordinary pressure about his own sex life. J. Edgar Hoover was spreading stories, and there were very real efforts to entrap him. I think at a given point he had to reach a decision. My being gay was not a problem for Dr. King but a problem for the movement.

He finally came to the decision that he needed to talk with some people in his organization. Reverend Thomas Kilgore, a good friend of mine and pastor of Friendship Baptist Church, was a man Dr. King turned to. Reverend Kilgore asked Martin to set up a committee to advise him. The committee finally came to the decision that my sex life was a burden to Dr. King. I think it was around July when they advised him that he should ask me to leave. I told Dr. King that if advisors closest to him felt I was a burden, then rather than put him in a position that he had to say leave, I would go. He was just so harassed that I felt it was my obligation to relieve him of as much of that as I could. Someone sent his wife a tape in which he was supposedly having an affair with another woman.

There was also another problem: some of the people in the Democratic Party were distressed at Dr. King’s marching, as he did in 1960 and in 1964, against the conventions of both of the major parties calling for more immediate relief to black people through Congress. Adam Clayton Powell, for some reason I will never understand, actually called Dr. King when he was in Brazil and indicated that he was aware of some relationship between me and Dr. King, which, of course, there was not. This added to his anxiety about additional discussions of sex.

I don’t want you to think that Dr. King was the only civil rights leader who raised these questions. Although Dr. King had been relieved by my officially leaving, he continued to call on me as Mr. Garrow makes clear in his book, Bearing the Cross, over and over. Now this all took place around 1960 but in 1963 when the question came up whether I should be the director of the March on Washington, I got 100 percent cooperation. On this occasion, it was Roy Wilkins who raised the question. Roy was my friend. He told me he was going into the meeting to object. He made it quite clear that he had absolutely no prejudice toward me or toward homosexuality but he said: “I put the movement first above all things, and I believe it is my moral obligation to go into this meeting and say that with all of your talent, I don’t think you should lead this important march. They are not only going to raise the question of homosexuality. Although I know you are a Quaker and I know you paid a heavy price for your conscientious objection, they are going to call you a draft dodger.” He was referring to my three years in prison as a conscientious objector in 1943, ’44, and ’45. “But,” Mr. Wilkins also said, “you were once, and you’ve never said you weren’t, a member of the Young Communist League. Therefore, they are going to raise three questions: the question of homosexuality, the question of draft-dodges, the question of your being a Communist. The fact that you are a Socialist is a problem, because people in the United States don’t differentiate between Socialism and Communism.” We also had a long discussion about how the Communists had co-opted the term Socialist, although the two systems are totally different: one is democratic and one is totalitarian.

Mr. Randolph [who was president of the Brotherhood of Sleeping Car Porters and president of the A. Philip Randolph Institute] took the view that it was important for him to have me. Mr. Randolph was finally made director of the march. “But I want to warn you before you vote that if I’m made leader, I’m going to be given the privilege of determining my staff,” he said. “I also want you to know I’ll make Bayard Rustin my deputy.” He turned to Martin and said: “Dr. King, how do you vote?” And Dr. King said: “I vote yes.” He turned to Jim Farmer. Jim Farmer said: “I vote yes.” Then he turned to Roy Wilkins. Roy said: “Phil, you’ve got me over a barrel, I’ll go along with you.” So, it was never a prejudicial situation it was that given the attitude at that time, people felt this was a problem. I think there were others who felt: How many problems can a guy have and expect us to elevate him to the directorship of this march?

From an interview conducted by Redvers Jeanmarie, March 1987.

から Time on Two Crosses: The Collected Writings of Bayard Rustin, edited by Don Weise. Copyright 2014. Excerpted by permission of Cleis Press.


The Unapologetically Black, Queer, and Movement-Oriented Activism of Bayard Rustin

Queer history is incomplete without Black history. That’s why we’re chronicling the stories and lives of influential Black queer figures throughout the month of February. Below, we take a look at Bayard Rustin, an influential civil rights activist, queer leader, and Quaker.

While many laud Martin Luther King Jr.’s accomplishments during the civil rights movement, less acknowledged are those of Bayard Rustin, whose upbringing within the nonviolent Quaker community became a huge influence on King and the leadership behind the March on Washington. Rustin was a close advisor to MLK who remained in the shadows of the movement partly due to his sexuality, but their work together was just a sliver of all he accomplished in the six decades he worked as a peace activist and openly gay Black leader.

Rustin was born in West Chester Pennsylvania in 1912 to a young mother who did not have the capability to raise him by herself. Rustin was mostly raised by his grandparents and thought his mother was his sister for much of his young life. His grandmother was a Quaker, and Rustin attributes this upbringing to the development of his activism, with Quaker values like that of the single human family — where no member of the family is considered more important than another — and integrity influencing his decision to come out and live openly as a gay man long before it was commonplace or safe.

It was Rustin’s willingness to embrace his own integrity that shaped his organizing path. In the mid-1930s, Rustin was expelled from Wilberforce University, a historical black college (HBCU), for organizing a strike against the university for the poor quality of the cafeteria food. He later attended Cheney University of Pennsylvania, another HBCU, and was awarded a posthumous “Doctor of Humane Letters” degree at the college’s 2013 commencement. Rustin was also briefly involved in the Young Communists League, quitting after the League demanded he stop protesting racial segregation in the U.S. military. Despite his short stint with the organization, his name was on the FBI’s radar.

A year later, Rustin moved to Harlem and enrolled in City College where he became involved in the effort to free the Scottsboro Boys, a group of nine young Black men who had been accused of raping two white women in Alabama. He continued his work alongside the Quakers, and began working with members of the Socialist Party USA — particularly A. Philip Randolph, who went on to become a deep influence on Rustin’s personal philosophy.

Rustin’s life really started heating up at the onslaught of World War II. Rustin joined the Fellowship of Reconciliation (FOR), an interfaith nonviolent peace organization, as a race relations secretary. FOR director A.J. Muste was uncomfortable with Rustin’s openness about his sexuality, and tirelessly tried to convince Rustin to “change.” Nevertheless, Rustin continued to travel the country as an openly gay man with FOR, speaking out about desegregation. Before the Freedom Rides, Rustin led some of the first attempts to desegregate interstate bus travel. In 1943, he wrote the “Interracial Primer,” warning people that race riots would ensue if integration did not come quickly. In 1944, Rustin was sentenced to three years in prison for failing to appear before the draft board. After angering prison administrators by being openly gay and organizing desegregation protests, he was ultimately transfered to a high security prison and only served 26 months.

Rustin continued to engage in civil disobedience at great personal risk. After his release, he was frequently arrested for protesting colonial rule in Africa and India. In 1947 he continued his freedom rides, this time more formally as the Journey of Reconciliation, an effort meant to test the ruling of Morgan v. the Commonwealth of Virginia, which banned racial discrimination in interstate travel. Rustin was arrested in North Carolina and sentenced to 30 days on a chain gang for violating state Jim Crow laws. In the early 1950s, Rustin made a trip to West Africa where he spoke to Ghanaian and Nigerian independence movement leaders. There, he reaffirmed that the struggle for liberation was not a singularly Black American issue, but a transnational one that affected all of the Black diasporas.

In 1953, Rustin was arrested in Pasadena, California for “lewd conduct” for having sex with two men in the back of a car. The entire debacle was publicized, and though Rustin had never denied being gay, this new spotlight changed his career trajectory entirely. Rustin pled guilty to “sex perversion,” was registered as a sex offender, and was asked to resign from the FOR he’d spend much of his subsequent career as an activist behind the scenes. In 1955, Rustin was part of the task force that wrote “Speak Truth to Power: A Quaker Search for an Alternative to Violence,” a hugely influential pacifist essay. However, he remained an anonymous contributor, worried that his sexual orientation would be used by critics to dismiss the veracity of the work.


California pardoned a gay civil rights leader. Activists want clemency for more LGBTQ+ prisoners

The California governor has launched an initiative to grant clemency to people historically prosecuted for being gay, starting with a posthumous pardon for Bayard Rustin, a celebrated gay civil rights leader.

Rustin, who worked alongside Martin Luther King Jr and helped organize the March on Washington, was arrested in 1953 for having consensual sex, convicted under a “vagrancy” law long used to prosecute LGBTQ+ people.

Governor Gavin Newsom announced on Wednesday that his office would pardon Rustin, who died in 1987, and also allow others subjected to this kind of discriminatory policing to apply for clemency. Rustin, who also helped organize the Montgomery bus boycott and who was given a posthumous presidential medal of freedom by Barack Obama, was sentenced to 60 days in jail and forced to register as a sex offender after his arrest.

Black and LGBTQ+ lawmakers praised the pardon for Rustin, which some of them had formally requested. Some activists and civil rights attorneys, however, said they were eager to see the governor move beyond largely symbolic measures – and address the harms facing queer and transgender people incarcerated today.

“The governor has so much power,” said Colby Lenz, a legal advocate for LGBTQ+ prisoners in California. “It’s great he’s doing this initiative, but it’s painful when I think about visiting so many queer and trans people who are incarcerated who continue to face so many barriers to release.”

Newsom’s new clemency program relates to a law that previously criminalized consensual gay sex, which was repealed in 1975. In 1997, California allowed people convicted under that law to get off the sex offender registry, but that process did not remove their underlying conviction and did not constitute a pardon. The initiative unveiled this week seeks to identify eligible pardon candidates and allow people to apply.

A spokesperson said the office did not have numbers on how many people might be eligible, and it is unclear if anyone currently incarcerated would be affected.

Newsom’s announcement said he was tackling “historic homophobia in the justice system”. But activists said they would like to see the effort extend to contemporary discrimination in the way LGBTQ+ people are arrested, prosecuted, sentenced and ultimately denied release.

Lenz, who is part of a coalition that lobbies the governor’s office for the release of trans prisoners, says she would like to see the pardon effort extend to currently imprisoned trans people, who are disproportionately represented in the system, and can face high rates of violence and abuse inside.

Survived and Punished is one of the partner groups, which advocates for survivors of abuse and domestic violence who were incarcerated after defending themselves, such as the famous case of Cyntoia Brown, sentenced to life at age 16 for murder, but recently released. There are numerous trans women incarcerated with similar cases in California, said Lenz, who estimated that Newsom has received at least 50 clemency requests on behalf of trans prisoners but has yet to grant any.

Janetta Johnson, a trans rights activist in San Francisco who was formerly incarcerated, agrees that for the trans community “their crimes are survival crimes because of lack of opportunities, lack of access to employment and housing”. Some end up in prison because they fought their abusers, she said, and trans people often face harsher sentences. “[The governor] needs to acknowledge the discrimination and punitive punishment for the queer and trans community.”

Lenz has also advocated for queer cisgender women who have faced homophobic prosecution and abuse inside, and she noted that biases throughout the process can make it especially hard to get pardons and releases for LGBTQ+ people.

Amber-Rose Howard, the executive director for Californians United for a Responsible Budget, a group that works to reduce the prison population, said she was pleased to see the news about Rustin and the clemency initiative, but that she hoped it would be a first step: “We will not address mass incarceration until we start to think about people convicted of more serious offenses.”

Assemblywoman Shirley Weber and state senator Scott Wiener previously called on Gavin Newsom to posthumously pardon civil rights leader Bayard Rustin. Photograph: Rich Pedroncelli/AP

While Rustin’s offense was a misdemeanor, Howard noted that many queer and trans people languishing in California prisons today were locked up for serious felonies, some sentenced to life without parole, meaning they will die inside if not granted a pardon: “I hope the conversation opens up … and I’m really hoping to see a lot of pardons answered.”

Lynly Egyes, the Transgender Law Center legal director, noted that there were a range of laws that were still used in the US to criminalize trans people, such as loitering ordinances that have been described as “walking while trans” offenses. In addition to granting pardons to people criminalized in this way, a governor’s pardon power could also save immigrants from detention and deportation when they are facing removal due to a criminal conviction.

“I would really hope the governor is using pardons to help all people who need to be released,” she said.

Newsom has commuted the sentences of just over 20 people in his first year in office. His predecessor, Jerry Brown, issued commutation orders for 283 people.

A Newsom spokesperson did not respond to questions about advocates’ calls for broader pardons for LGBTQ+ people.

The announcement on Wednesday echoes the recent apologies from police officials about the historic cases of law enforcement violence against LGBTQ+ people in the infamous Stonewall riot and similar attacks.

Newsom similarly made made history when he formally apologized to Native Americans last year, acknowledging the brutal genocide and “war of extermination”. Indigenous leaders in the state praised the announcement but also called for specific reparations.


ビデオを見る: 公民権運動1 エメットティル (六月 2022).