ニュース

シャドウェルLSD-15-歴史

シャドウェルLSD-15-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

シャドウェル

(LSD-15:dp。4,490、1。457'9 "、b。72'2"、dr。18'0 "s。15.4k。(tl。);cpl。326;a。15 ''、 10 40mm。; cl。カサグランデ)

当初はトマホークと名付けられ、その後英国への割り当て時にウォーターウェイと改名されましたが、LSD 15は米国に再割り当てされ、シャドウェルと名付けられました。彼女は1944年1月17日にバージニア州ニューポートニューズのニューポートニューズ造船所とドライドック社によって起訴された。 1944年5月24日に発売されました。ミスメアリーグリーンマンが後援。 1944年7月24日、Comdr中尉に就役しました。ウィリアム・K・ブルックスが指揮を執る。

シェイクダウン後、シャドウェルは1944年8月26日にハンプトンローズから出航しました。彼女は9月1日にパナマ運河を通過し、サンディエゴに向かい、そこでドッキング期間を過ごしました。サンディエゴでほぼ1か月後、彼女は太平洋艦隊に参加するために10月2日に出発しました。到着すると、シャドウェルは南太平洋の島々の間の重い水陸両用装備の輸送に雇われました。この間、彼女はソロモン諸島のツラギ島とガダルカナル島、アドミラルティ諸島のニューヘブリデスマヌス島のエスピリトゥサント島、ニューギニア島のホランディア島とアイタペ島を訪れました。

1944年12月28日、シャドウェルはアメリカ陸軍の第1060エンジニア大隊の部隊に乗り込み、機動部隊78でニューギニアから出航しました。リンガエン湾、ルゾン、PIへの航海中ずっと沈黙を守ったしかし、1945年1月9日(リンガエンD-day)に、シャドウェルの砲手はジークをはねかけることによって彼らの価値を証明しました。シャドウェルはすぐにニューギニアのホランディアのステージングエリアに戻り、第1060陸軍工兵隊の追加部隊に乗り込み、レイト、P.I。に向けて出発しました。レイテで、彼女はタスクグループ78.8に参加し、すぐにリンガエンになりました。

1945年1月24日の夕方、タスクグループはフィリピンのシキホール島の南を航行し、3機の雷撃機に攻撃されました。 2人は護送船団の戦闘空中哨戒によって飛散したが、3人目は暗闇に逃げ込んだ。それはすぐに戻り、島の丘から急降下し、攻撃を押し返しました。護送船団の対空砲は敵を倒しましたが、魚雷を放すことができるようになる前ではありませんでした。空中投下された「魚」が右舷側の船体中央部のすぐ前でシャドウェルを襲い、幅60フィートの彼女の底に穴を開けた。着陸船は水をひどく取っていて、すぐに沈み始めました。護送船団は、必要に応じて2隻の駆逐艦が乗組員を避難させるために待機している間、蒸気を発しました。シャドウェルの乗組員は沈没船を救うために必死に働き、朝までに彼らの努力は報われました。シャドウェルは自分の力で蒸気を発し、トリックホイールでレイテを操縦していました。当時シャドウェルに乗っていた500人以上の男性のうち、死者はなく、死傷者は3人だけで、すべて軽傷でした。

レイテ島で一時的な修理が行われ、彼女が耐航性があると見なされたとき、シャドウェルはアドミラルティ諸島のマヌスに蒸気を送りました。そこで彼女は乾ドックに入り、恒久的な修理のために太平洋を横断する前にさらに一時的な修理を受けました。 5月4日、彼女はワシントン州ブレマートンに到着し、ネイビーヤードに入った。ちょうど2か月後、彼女は7月11日に出航し、艦隊に再び加わるために庭を出ました。彼女は14日と15日にカリフォルニア州サンフランシスコに立ち寄り、燃料を補給してバラストに乗り、ハワイに向けてコースを設定しました。 7月23日、彼女はマウイ島沖のマアラエア湾に停泊し、翌日、真珠湾に移りました。シャドウェルは28日、マーシャルの西太平洋、特にエニウェトク環礁に向けて出航しました。彼女は8月6日にそこに到着し、翌日フィリピンのサマールに向けて出発しました。サマールに向かう途中、彼女は2回、最初はサイパンに、次にグアムに迂回し、8月13日に到着しました。シャドウェルはその同じ日に第3艦隊に参加するために出発し、敵対行為の停止から2日後の17日、TG30.8に参加しました。 10日後、上陸船は東京湾沖の相模湾に到着しました。 2日後、湾自体に係留されました。 Shadwe11は、1946年5月まで東京に係留されたままで、そこでボートプールを運営していました。

1946年半ばに米国に戻ると、シャドウェルは不活性化前のオーバーホールを受け、1947年7月10日に予備として任務から外されました。彼女は大西洋予備艦隊の部隊としてテキサス州オレンジに停泊しました。

1950年9月20日、シャドウェルはテキサス州オレンジで再就役し、その後5年間、アトランティ西部とカリブ海で活動しました。ラブラドール、グリーンランド、ニューファンドランドまで北に伸びています。シャドウェルは、1951年の「ブルージェイ」と「コンベックス」、1953年の「パインツリー」など、いくつかの北極圏の遠征と演習に参加しました。残りの時間は、東海岸沿いとカリブ海で過ごしました。

1956年、カリブ海での1回の作戦の後、シャドウェルはノーフォークを出発し、地中海の第6艦隊との任務を遂行しました。したがって、彼女は展開のスケジュールを開始し、大西洋とカリブ海の任務を地中海でのクルーズと交互に行い、1971年に廃止されるまで続きました。

シャドウェルは、その間の15年間に10回、「真ん中の海」を巡航し、寄港地を訪れました。 1959年、シャドウェルは最初のヘリコプター搭載ドックランディングシンになりました。 1961年、彼女は艦隊のリハビリテーションと近代化(FRAM)のオーバーホールを受けました。彼女は1962年10月にキューバの検疫を支援する大西洋にいました。1964年2月に彼女はサウスカロライナの海岸での水陸両用演習「クイックキックV」に参加しました。 7か月後、6回目の地中海展開への移行中に、シャドウェルはスペイン沖で処刑された作戦「スチールパイク」に参加しました。 1968年1月、彼女はカリブ海で「Sl> ringBoard」作戦に従事していました。

1968年8月、シャドウェルは5か月の配備の後、地中海を出発しました。彼女は19日にバージニア州リトルクリークに入り、不活化のオーバーホールを行いました。 8か月後の1970年3月9日、彼女は予備として任務から外されました。 9月9日、シャドウェルは国防予備船隊のグラウンドであるバージニア州ジェームズ川に移送されました。 1974年まで、彼女はジェームズ川に停泊し続けています。


カサグランデ-クラスのドック型揚陸艦

NS カサグランデ クラス 第二次世界大戦中にイギリス海軍とアメリカ海軍が使用したドック型揚陸艦のクラスでした。 19隻が計画されましたが、2隻、USS フォートスネリング およびUSS ポイントディファイアンス 完了する前にキャンセルされました。

  • イギリス海軍
  • アメリカ海軍
  • スペイン海軍
  • ギリシャ海軍
  • フランス海軍
  • 中華民国海軍
  • 4,032トン(軽い)
  • 7,930トン(航海)
  • 喫水線で454フィート(138 m)
  • 457フィート9インチ(139.52 m)oa
  • 2軸タービン、2ボイラー
  • 7,000 shp(LSD13-21および25-27)
  • 9,000 shp(LSD22-24)
  • 次のいずれかの取り決め:
    • 3×LCTマークVまたはVI また
    • 2×LCTマークIIIまたはIV また
    • 14×LCMマークIII また
    • 41×LVTまた
    • 47×DUKW
    • 1×5 "/ 38砲
    • 12×40mmボフォース砲(2×2)、(2×4)
    • 16×20mm砲

    1940年代

    当初はレンドリース法に基づいて認可され、名前が付けられました トマホーク、その後名前が変更されました 水路 英国への割り当て時に、LSD-15は米国に再割り当てされ、名前が付けられました シャドウェル。彼女は1944年1月17日にニューポートニューズ造船所とドライドック社によって起工され、バージニア州ニューポートニューズで1944年5月24日に打ち上げられ、メアリーグリーンマン嬢が後援し、1944年7月24日にウィリアムK.ブルックス中尉が指揮を執った。

    シェイクダウン後、 シャドウェル 1944年8月26日にハンプトンローズから出航しました。彼女は9月1日にパナマ運河を通過し、サンディエゴに向かい、そこでドッキング期間を過ごしました。サンディエゴでほぼ1か月後、彼女は太平洋艦隊に参加するために10月2日に出発しました。到着時に、 シャドウェル 南太平洋の島々の間の重い水陸両用機器の輸送に採用されました。この間、彼女はソロモン諸島のツラギ島とガダルカナル島、ニューヘブリデス諸島のエスピリトゥサント島、アドミラルティ諸島のマヌス島、ニューギニア島のホランディア島とアイタペ島を訪れました。

    1944年12月28日、 シャドウェル アメリカ陸軍の第1060エンジニア大隊の部隊に乗り込み、機動部隊78(TF&#16078)と共にニューギニアから出航しました。彼女の船団は潜水艦、水上、空中の攻撃を受け続けましたが、スクリーニングユニットは非常に効率的でした。 シャドウェルの銃は、P.I。ルソン島のリンガエン湾への航海中ずっと沈黙を守っていました。しかし、1945年1月9日(ルソン島侵攻のD日)、 シャドウェルの砲手は、A6Mゼロを飛ばすことでその価値を証明しました。 シャドウェル ニューギニアのホランディアのステージングエリアにすぐに戻り、第1060陸軍工兵隊の追加部隊に乗り込み、その後、レイテ、P.I。に向けて出発しました。レイテで、彼女はタスクグループ78.8(TG&#16078.8)に参加し、すぐにリンガエンになりました。

    1945年1月24日の夕方、タスクグループはフィリピンのシキホール島の南を航行し、3機の雷撃機に攻撃されました。 2人は護送船団の戦闘空中哨戒によって飛散したが、3人目は暗闇に逃げ込んだ。それはすぐに戻り、島の丘から急降下し、攻撃を押し返しました。護送船団の対空砲は敵を倒しましたが、魚雷を放すことができるようになる前ではありませんでした。空中投下された「魚」が襲った シャドウェル 右舷側の船体中央部のすぐ前で、彼女の下部の幅60&#160フィート(20&#160m)に穴を開けました。着陸船は水をひどく取っていて、すぐに沈み始めました。護送船団は、必要に応じて2隻の駆逐艦が乗組員を避難させるために待機している間、蒸気を発しました。 シャドウェルの乗組員は沈没船を救うために必死に働き、朝までに彼らの努力は報われました。 シャドウェル 彼女自身の力で蒸気を発し、トリックホイールでレイテを操縦していました。乗船している500人以上の男性のうち シャドウェル 当時、死傷者はなく、死傷者は3人だけで、負傷者はわずかでした。

    レイテで一時的な修理が行われ、彼女が耐航性があると見なされたとき、 シャドウェル アドミラルティ諸島のマヌスに蒸しました。そこで彼女は乾ドックに入り、恒久的な修理のために太平洋を横断する前にさらに一時的な修理を受けました。 5月4日、彼女はワシントン州ブレマートンに到着し、ピュージェットサウンドネイビーヤードに入りました。ちょうど2か月後、彼女は7月11日に出航し、艦隊に再び加わるために庭を出ました。彼女は14日と15日にカリフォルニア州サンフランシスコに立ち寄り、燃料を補給してバラストを取り、ハワイに向けてコースを設定しました。 7月23日、彼女はマウイ島沖のマアラエア湾に停泊し、翌日、真珠湾に移りました。 28日、 シャドウェル 西太平洋、特にマーシャルのエニウェトク環礁に向けて出航しました。彼女は8月6日にそこに到着し、翌日フィリピンのサマールに向けて出発しました。サマールに向かう途中、彼女は2回、最初はサイパンに、次にグアムに迂回し、8月13日に到着しました。 シャドウェル 同日、第3艦隊に参加するために出発し、敵対行為の停止から2日後の17日、彼女はTG&#16030.8に参加しました。 10日後、上陸船は東京湾沖の相模湾に到着し、2日後、湾自体に係留された。 シャドウェル 1946年5月まで東京に係留されたままで、そこでボートプールを運営していました。

    1946年半ばに米国に戻り、 シャドウェル 不活化前のオーバーホールを受け、1947年7月10日に予備として任務から外されました。彼女は大西洋予備艦隊の部隊としてテキサス州オレンジに停泊しました。


    USN&#8211引退した水陸両用作戦艦

    このページには、前のページにある強襲揚陸艦は含まれていません。

    水陸両用輸送ドック

    オースティン級 LOA 570&#8242 TDISP 16,900トン(12、すべて引退、1はインド海軍に移管)

    USSデンバーLPD-9、1985 NARA:330-CFD-DN-SC-85-08314

    USSドゥビュークLPD-8(1967-2011)ベトナム戦争のベテラン。現在、ワシントン州ブレマートンでは非アクティブです

    USSダルースLPD-6(1965&#8211 2005)、廃棄のために2014年1月にテキサス州ブラウンズビルに曳航

    USSポンスLPD-15(1971&#8211 2017)は非アクティブで、廃棄されます。 2012年に、ルイスB.プラークラスに開発されたコンセプトをテストするために、アフロートフォワードステージングベースに変換されました。

    USSデンバーLPD-9の最終航海佐世保日本2014米海軍を出発:1461456マスコミュニケーションスペシャリストシーマンキャメロンマカロック

    アンカレッジ級 ドック型揚陸艦LSDLOA 553&#8242 TDISP 14,200トン(5、1は中華民国(台湾)海軍でまだ活動中)

    USSフォートフィッシャーLSD-40、香港、1992 NARA:330-CFD-DN-SC-92-09505LTJGジェフヒルトン

    USSペンサコーラLSD-38(1971)1999年に中華民国海軍にROCS Hsu Hai(LSD-193)として移管され、大幅にアップグレードされ、現在使用中です。

    USSペンサコーラLSD-38は、1985年にM-60タンクを搭載したウェルデッキ、LCACを搭載しています。NARA:330-CFD-DN-SC-85-08015

    トーマストン級 ドック型揚陸艦LOA510&#8242 TDISP 11,500トン(8、2はブラジルに移送され、そのうちの1つは予備の唯一の残りのユニットです)

    USS Spiegel Grove LSD-42、1984 NARA:330-CFD-DN-SC-85-03922

    USSエルミタージュLSD-34(1956&#8211 1989)は、現在予備のNDDCearáG-30として1989年にブラジルに移管されました。

    USSエルミタージュLSD-34は、1964年にハリファックスNSを訪れた際のキャリアの初期段階にあります。クレジット:カナダ国立図書館文書館/国防省著作権はCrownHS-75047が保有

    USSアラモLSD-33(1956&#8211 1990)はリオデジャネイロG-31 1990としてブラジルに移管され、現在処分を待っています

    ローリー級 LPDドック型揚陸艦LOA519&#8242 TDISP 14,100トン(3ユニット、1ユニットは1972年の指揮艦に改造、すべて廃棄または沈没)

    USSバンクーバーLPH-2、1991 NARA:330-CFD-DN-SC-05-01655

    USSバンクーバーLPD-2(1963&#8211 1992)カリフォルニア州スイスン湾をレイアップ。 Scrapped 2013 Brownsville TX

    カサグランデ級 ドック型揚陸艦LOA458&#8242 TDISP 4,500トン(17、4隻は英国海軍で提供され、現在はすべて廃棄または沈没しています)

    USSサンマルコスLSD-25、HMCSラブラドール近郊、1957年。カナダ国立図書館文書館/国防省LAB-2362著作権はCrownに帰属します。

    USSシャドウェルLSD-15(1944&#8211 1970)は、海軍研究所によって1988年から2017年にかけてモビール湾ABのリトルサンド島の損傷制御試験船として使用されました。潜水艦の帆やヘリコプターの機体など、模擬構造物が取り付けられていたようです。その後、船体が接地されて大幅に劣化したため、元シャドウェルはその場で廃棄されました。プロセスはここで読むことができます。

    橋の両側にある40mm対空砲の上に取り付けられた&#8220igloos&#8221に注意してください。これらは現在ではまれですが、戦後初期から非アクティブな艦隊にほぼ普遍的に適用され、1990年代までは銃(時には5&#8243まで)で非常に一般的でした。 USSシャドウェルLSD-15、1968 NH107627海軍歴史および遺産司令部の厚意による。シャドウェルは1945年9月2日に東京湾で行われた降伏式に出席していた。

    スクラップ その場で モビール湾のリトルサンド島で、第二次世界大戦の設計に革新的な大きなウェルデッキの全範囲が明らかになりました。

    USS Comstock LSD-19(1945-1976)は、ROCS Chung Cheng(LSD-191)が1984-2012年にサービスを提供し、人工魚礁2015として沈没したため、中華民国(台湾)に移管されました。

    USS Comstock LSD-19は、1965年6月、ベトナムのチューライで上陸用舟艇に軍隊を降ろしました。


    Laststandonzombieisland

    NS 元USSシャドウェル(LSD-15) 19隻の最後のメンバーである7,300トン、457フィートのワニです。 カサグランデ-cラスドック型揚陸艦。 1944年に就役した彼女は、第二次世界大戦で魚雷に襲われ、神風特攻隊を撃墜しました。彼女は、戦争が終結した1945年9月の運命の日に、日本の東京湾にある第3艦隊の一員でした。

    より良い日には、USSシャドウェル(LSD-15)地中海、1968年6月NHCカタログK-51142

    世界中で25年以上の忠実な奉仕を経て、彼女は1970年3月9日に任務から外され、やめられました。 1976年に彼女の名前は海軍名簿から削除され、彼女はもはや軍艦ではありませんでした。

    ただし、海軍研究所の安全性と生存性のための海軍技術センターの船上火災スケーリングセクションは運営および維持されています シャドウェル 海軍の本格的な&#8220Real Scale&#8221損傷制御施設として、過去30年間の能動的および受動的な防火、洪水、化学(模擬)防御に関する統合された研究、開発、テスト、評価研究を専門としています。このように、彼女は彼女のビルダーが想像もしなかった程度に改装され、計装されました。

    海軍研究所の元USSシャドウェルは、廃止された米国海軍の着陸船ドックであり、海軍の本格的な損傷制御の研究、開発、テスト、および評価のプラットフォームとして機能します。アラバマ州モビール湾に係留されたこの船は、消防技術、戦術、手順、および損害管理慣行をテストして、運用中の海軍および民間の船上消防措置の安全性を向上させるために、制御されたデモンストレーションで定期的に炎上します。 (ジョンF.ウィリアムズによる米海軍の写真/リリース済み)

    ハイテクシステムの中で、この船は、ONR用に構築されたバージニア工科大学のSAFFiRロボット消防士のテストベッドとなっています。

    海軍研究局が後援する船上自律消防ロボット(SAFFiR)は、アラバマ州モビールにある海軍研究所の元USSシャドウェルでテストを受けています。SAFFiRは、船員の損傷制御と検査操作を支援するために開発されている2ペダルのヒューマノイドロボットです。海軍船に乗って。 (ジョンF.ウィリアムズによる米海軍の写真/リリース済み)

    1988年からモビール湾に拠点を置き、現在は処分リストに載っています。

    シャドウェル は所定の場所で解体され、すべての火災試験はNRL168エーカーのチェサピークビーチデタッチメントにある陸上施設に移されます。

    以下は、2015年の彼女のオールハンズビデオで、彼女を特別なものにした理由のいくつかを強調しています。


    10人の有名な天才と彼らが選んだ薬

    インテリジェンスは、レクリエーショナルドラッグの使用の可能性の増加に関連していますか?これは興味深い仮説であり、近年勢いを増している仮説です。

    知的能力と薬物使用の間に決定的な関連性が存在する場合、誰かがそれを確立するまでにはしばらく時間がかかる可能性があります。そうは言っても、これは確かなことです。歴史には、実験者の実験家の公正なシェア以上のものがあります。歴史上最も影響力のある10人の科学技術の先見者と、彼らが選んだ薬に会いましょう。

    1.ジークムント・フロイト—コカイン

    フロイトにとって、コカインは彼がそれを真の不思議な薬と見なした個人的な耽溺以上のものであり、長年にわたって幅広い用途での使用の大きな支持者でした。彼の婚約者であるマルタに宛てた手紙の中で、フロイトは次のように書いています。うつ病や消化不良に対して定期的に非常に少量を投与し、最も素晴らしい成功を収めています。」

    フロイトは、1884年に「UberCoca」というタイトルのそのようなレビューを発表しました。興味深いことに、フロイトの論文は、依存症の治療法として薬物代替を提案した最初の論文の1つでした。モルヒネをコカインに置き換えることは、回復に逆効果であることが現在わかっていることですが、代替療法の概念は今日まで続いています。 (フロイトとコカインの関係の概要については、Scicuriousによるこの投稿を確認してください。)

    2.フランシス・クリック— LSD

    伝えられるところによると、ワトソン、クリック、フランクリンを発見したDNA構造のフランシス・クリックは、すべての生命情報を収容する分子構造を決定するために働いていた間、彼のLSD実験について多くの友人や同僚に話しました。

    実際、2004年のインタビューで、Gerrod Harkerは、Crick'sの親友であるDick Kempと、ケンブリッジの学者の間でのLSDの使用について話したことを思い出し、Daily Mailに、大学の研究者がLSDを「思考ツール」として少量使用することが多いと語っています。 「」明らかに、クリックはある時点でケンプに「LSDで二重らせんの形を実際に知覚した」と語った。

    3.トーマスエジソン—コカインエリクサー

    1863年、フランスの化学者アンゲロマリアーニは、有効成分がコカインに他ならないコカの葉で処理されたボルドーワイン「ビンマリアーニ」を発明しました。ボルドーのエタノール含有量は、ワイン1液量オンスあたり7mgを超える濃度でコカの葉からコカインを抽出する可能性があります。トーマス・エジソン—多作なアメリカの発明家で悪名高い不眠症(おそらく驚くことではないが)—は、コカインが混入したエリキシルを定期的に消費することが知られている時代の多くの人々の1人でした。

    4.ポール・エルデシュ—アンフェタミン

    ポール・エルデシュは、19時間働く習慣があり、老後もよく知られており、同僚の玄関先に現れて、数学的な対話に「心を開く」ことを要求する傾向があることでよく知られています。これまでに生きた中で最も多作な数学者であり、歴史上他のどの数学者よりも多くの査読付き論文を発表しています。

    彼の秘密は?彼によると、アンフェタミン。ここに含まれているのは、1998年にエルドスの事実上の伝記作家でサイエンスライターのポールホフマンによって出版された本からの抜粋であり、エルドスのアンフェタミン使用の傾向を説明しています。

    エルドスのすべての友人のように、[仲間の数学者ロナルド・グラハム]は彼の薬物使用について心配していました。 1979年、グラハムはエルドスに500ドルを賭け、アンフェタミンの服用を1か月間やめられなかった。エルデスは挑戦を受け入れ、30日間冷たい七面鳥に行きました。グラハムが支払いを済ませ、事業費として500ドルを帳消しにした後、エルドスは「私は中毒者ではないことを示しました。しかし、仕事は何もしませんでした。朝起きて、白紙の紙をじっと見つめます。普通の人と同じように、私には何の考えもありません。あなたは数学を1か月前に戻しました。」彼はすぐに薬の服用を再開しました、そして数学はそれのために優れていました。

    5.スティーブジョブズ— LSD

    LSDはスティーブジョブズにとって大きな問題でした。どのくらいの大きさですか?明らかに、ジョブズは1960年代にLSDを実験することは、「彼が人生で行った2つか3つの最も重要なことの1つ」であると信じていました。さらに、彼は、サイケデリックスに参加していなかったという理由だけで、彼が知っていて一緒に働いていた人々が理解できない部分があると感じました。この後者の感情は、最近出版された伝記にも表れています。ジョブズは、ビル・ゲイツの想像力の欠如と彼が解釈したものを、サイケデリックな実験の欠如と関連付けるところまで進んでいます。

    「ビルは基本的に想像を絶するものであり、何も発明したことがないので、テクノロジーよりも慈善活動に慣れていると思います。恥知らずに他の人のアイデアをはぎ取っただけです。」

    「彼はもっと広い人になるだろう」とジョブズはゲイツについて語る。

    6.ビルゲイツ— LSD

    ビル・ゲイツは完全にLSDを実験したので、これはおかしいですが、プレイボーイとの1994年のインタビューからの抜粋は、彼がジョブズよりもはるかにオープンではなかったことを明らかにしています。

    プレイボーイ:LSDを服用したことはありますか?
    ゲイツ:私の誤った若者はずっと前に終わった。
    PLAYBOY:それはどういう意味ですか?
    ゲイツ:つまり、25歳未満でやったことがあり、その後はやらなくなったということです。
    PLAYBOY:あるLSDストーリーでは、テーブルをじっと見つめ、コーナーが目に入ってくると思っていました。
    ゲイツ:[笑顔]
    PLAYBOY:ああ、認識のちらつき。
    ゲイツ:それはその境界の反対側にありました。若い心は、私がこの年齢ではできなかったと思う特定の種類のグープに対処することができます。私はあなたが年をとるにつれてあなたがあなたの体に投げかける睡眠不足やどんな挑戦にも対処する能力があるとは思いません。しかし、私は一日の仕事を逃したことはありません。

    7.ジョン・C・リリー— LSD、ケタミン

    神経科学者のジョンC.リリーは、電子脳刺激の分野のパイオニアでした。彼は脳内の痛みと快楽の経路をマッピングした最初の人物であり、人間、イルカ、クジラの間の種間コミュニケーションを探求する科学の全部門を設立し、世界初の感覚遮断チェンジャーを発明し、LSDやケタミンなどの精神を変える薬を使って広範な個人実験を行いました。

    種間コミュニケーション、個人的なサイケデリックスの使用、感覚遮断に関するリリーの実験はしばしば重複していることに言及する必要があります。

    8.リチャード・ファインマン— LSD、マリファナ、ケタミン

    ファインマンは、脳に何が起こるかを恐れて、薬物使用に常に注意を払っていました。たとえば、依存症の症状を示し始めたとき、アルコールをあきらめました。 「ご冗談でしょうファインマンさん!」の中で、彼はこう書いています。幻覚に興味があったのに、後でLSDを使った実験をするのを嫌がったのと同じ理由です。」

    それにもかかわらず、ファインマンの好奇心は、ジョンC.リリーと彼の感覚遮断タンクに他ならぬ知り合いになったときに彼を最大限に活用しました。ファインマンは、LSD、ケタミン、マリファナを簡単に実験しました。これらは、冷静なときよりも早く、隔離によって引き起こされる幻覚を引き起こしていました。

    9. Kary Mullis — LSD

    キャリー・マリスは誰ですか?言い方を変えてみましょう。1980年代から生物医学研究所で働いていた場合、ポリメラーゼ連鎖反応(別名PCR、DNAの単一セグメントを変換できるラボ技術)を実行した可能性が非常に高いです。何百万もの同一のコピー)、または少なくともそれに精通している。あなたはそれを感謝するためにMullisを持っています。 MullisはPCR技術自体を発明しませんでしたが、生物医学研究の分野に革命を起こすほど大幅に改良し、その過程でノーベル化学賞を獲得しました。

    マリスの躍進の秘訣は? 1994年9月号のCaliforniaMonthlyで、Mullisは、60年代と70年代に、サイケデリックスを使った「心を開く」実験を「どのコースよりもはるかに重要」とまで言って、「LSDをたくさん取った」と述べています。彼は]今までに取った。」数年後、BBCのサイケデリックスサイエンスのドキュメンタリーのインタビューで、ムリスは声を出して「LSDを服用していなかったら、PCRを発明しただろうか」と口をそろえて言った。彼はそれに答えた、「私は知らない。私はそれを疑う。私はそれを真剣に疑う」。

    10.カール・セーガン—マリファナ

    著名な天体物理学者で宇宙学者のカール・セーガンは、マリファナを定期的に吸うだけでなく、このリストの他の人ほど公にはされていませんが、知的追求を強化するためにマリファナを使用することを強く支持していました。そうは言っても、セーガンは、マリファナの使用の美徳を語った「マリファナの再考」というタイトルの1971年の本にエッセイを寄稿しました。この作品は「ミスターX」という仮名で書かれました。その真の作者の正体は、セーガンの死後にのみ明らかにされました。


    グルーネヴァルト、 イーゼンハイム祭壇画

    マティアス・グリューネヴァルト、 イーゼンハイム祭壇画、イーゼンハイムの聖アントニオ病院の礼拝堂での眺め、c。 1510-15、木に油彩、9&#8242 9 1/2&#8243 x 10&#8242 9&#8243(ウンターリンデン美術館、コルマール、フランス)(写真:vincent desjardins、CC BY 2.0)

    献身の対象

    ルネッサンスキリスト教の最も素晴らしく奇妙な芸術作品のリストを編集する場合、最高の栄誉はマティアスグリューネヴァルトのイーゼンハイム祭壇画に行く可能性があります。

    1512年から1516年の間に建設され、塗装された巨大な可動式の祭壇画は、本質的に折り畳み翼で覆われた彫像の箱であり、聖アンソニー兄弟によって建てられたイーゼンハイム病院の献身の中心的な対象として機能するように作成されました。聖アンソニーは、皮膚病に苦しむ人々の守護聖人でした。普段芸術で彼に同行している豚は、皮膚感染症を癒すために豚の脂肪を使用することへの言及ですが、それはまた、アンソニーが癒しの評判やバスケットの守護聖人としての彼の評判とはまったく関係のない、豚飼いの守護聖人としての採用につながりました-織工、ブラシメーカー、および墓掘り人(彼は最初、空の墓所で、一種の宗教的な隠者であるアンカライトとして住んでいました)。

    イーゼンハイム病院では、アントニンの僧侶が病気で死にかけている農民の世話に専念しました。彼らの多くは、真菌に感染したライ麦粒を消費することによって引き起こされる麦角虫症の影響に苦しんでいます。聖アンソニーの火として一般に知られている麦角虫症は、幻覚、皮膚感染を引き起こし、中枢神経系を攻撃し、最終的には死に至りました。幻覚剤LSDが最終的に同じ菌株から分離されたというのは、彼の祭壇画に対するグリューネヴァルトのビジョンに付随するものではないかもしれません。

    マティアス・グリューネヴァルト、 イーゼンハイム祭壇画 (完全に開いた位置、アグノーのニコラスによる彫刻)、1510-15

    彫刻された祭壇

    彫刻が施された木製の祭壇は、当時ドイツで人気がありました。祭壇画の中心にある、アグノーの中央に刻まれた金色のアンサンブルのニコラスは、聖ジェロームと聖ジェロームの立像が並ぶ、髭を生やした聖アンソニーのアントニンの秩序にとって重要な3人の聖人のかなり堅実で想像を絶する表現で構成されています。オーガスティン。下の、通常は塗装されたパネルで覆われている彫刻されたプレデッラでは、彫刻されたキリストが座っている使徒の中央に立っており、両側に6つずつ、3つの別々のグループにグループ化されています。したがって、アグノーの内部アンサンブルは対称的で、合理的で、数学的であり、数値的な完成度が豊富です&#8211 1、3、4、12。

    マティアス・グリューネヴァルト、イーゼンハイム祭壇画(閉鎖)、1510-15

    塗装パネル

    グリューネヴァルトの描かれたパネルは、地球上の地獄のさまざまな世界のビジョンから来ています。そこでは、キリストと多くの聖人を苦しめた肉体的および心理的苦痛が、不協和音のサイ​​ケデリックな色で描かれたビジョンとしてレンダリングされ、歪んだ人物(男性、女性、天使と悪魔—ストリーキングの光に照らされ、不気味な異世界の風景に配置されます。塗装されたパネルは折りたたまれて、3つの異なるアンサンブルが現れます。その一般的な閉じた位置では、中央のパネルが近くにあり、恐ろしい夜間のはりつけを描いています。

    はりつけ(詳細)、マティアス・グリューネヴァルト、 イーゼンハイム祭壇画, 1510-15

    不気味で歪んだキリストは十字架に広げられ、彼の手は苦しみに身もだえし、彼の体は痘の鮮やかな斑点でマークされています。聖母は若い聖ヨハネ福音伝道者の待っている腕に急降下し、反対側の洗礼者ヨハネ(はりつけでは一般的に描かれていません)は中央の苦しんでいる体に向かってジェスチャーをし、「彼はしなければならない」と書かれた巻物を持っています増加しますが、私は減少しなければなりません。」強調された肉体的苦痛は、病院の住人の識別のポイントである、thaumaturgic(奇跡の実行)であることが意図されていました。側面のパネルには、矢で体を突かれたことで疫病の聖人として長い間知られている聖セバスティアヌスと聖アントニウスアボットが描かれています。

    マティアス・グリューネヴァルト、 イーゼンハイム祭壇画 (2番目の位置)、1510-15

    2番目の位置は、この復活の約束を強調しています。そのパネルは、受胎告知、多くの音楽の天使との聖母子、そして復活を描いています。左から右への進行は、キリストの人生のハイライトリールです。

    はりつけ(詳細)、マティアス・グリューネヴァルト、 イーゼンハイム祭壇画, 1510-15

    プレデッラのパネルには嘆きがあり、キリストの広大で恐ろしく穴をあけられた死体は、死と復活を熟考するための招待状として提示されています。

    特異なビジョン

    聖母子(詳細)、マティアス・グリューネヴァルト、 イーゼンハイム祭壇画,1510-15

    しかし、3つのシーンはすべて、聖書の釈義の非常に特異で個人的なビジョンです。ミュージカルの天使たちは、ゴシック様式の野外ステージで不気味なオレンジイエローの光に照らされ、隣接する謙遜のマドンナは、ちらつき、燃えるような雰囲気に照らされた夕暮れの風景の中に座っています。 clouds.

    Resurrection and Annunciation panels , Matthias Grünewald, イーゼンハイム祭壇画, 1510-15

    The Resurrection panel is the strangest of these inner visions. Christ is wreathed in orange, red and yellow body halos and rises like a streaking fireball, hovering over the sepulcher and the bodies of the sleeping soldiers, a combination of Transfiguration, Resurrection and Ascension.

    Far left and far right panels seen when altarpiece is fully open (here illustrated sided-by-side). The Temptations of Saint Anthony (left), Anthony visited by Saint Paul (right), Matthias Grünewald, イーゼンハイム祭壇画, 1510-15

    Hybrid demons

    Grünewald saves his most esoteric visions for the fully open position of the altar, in the two inner panels that flank the central sculptures. On the left, St. Anthony is visited in the blasted-out wilderness by St. Paul (the first hermit of the desert)— the two are about to be fed by the raven in the tree above, and Anthony will later be called upon to bury St. Paul. The meeting cured St. Anthony of the misperception that he was the first desert hermit, and was therefore a lesson in humility.

    Temptations of Saint Anthony panel (detail), Matthias Grünewald, イーゼンハイム祭壇画, 1510-15

    In the final panel, Grünewald lets his imagination run riot in the depiction of St. Anthony’s temptations in the desert sublime hybrid demons, like Daliesque dreams, torment Anthony’s waking and sleeping hours, bringing to life the saint’s torment and mirroring the physical and psychic suffering of the hospital patients.

    Grünewald’s mastery of medieval monstrosity echoes and evokes Hieronymus Bosch and has inspired artists ever since. The entire altarpiece is a paean to human suffering and an essay on faith and the hope for heaven in the troubled years before the Reformation.


    The 30 Most Disturbing Human Experiments in History

    Disturbing human experiments aren’t something the average person thinks too much about. Rather, the progress achieved in the last 150 years of human history is an accomplishment we’re reminded of almost daily. Achievements made in fields like biomedicine and psychology mean that we no longer need to worry about things like deadly diseases or masturbation as a form of insanity. For better or worse, we have developed more effective ways to gather information, treat skin abnormalities, and even kill each other. But what we are not constantly reminded of are the human lives that have been damaged or lost in the name of this progress. The following is a list of the 30 most disturbing human experiments in history.

    30. The Tearoom Sex Study

    Image Source Sociologist Laud Humphreys often wondered about the men who commit impersonal sexual acts with one another in public restrooms. He wondered why “tearoom sex” — fellatio in public restrooms — led to the majority of homosexual arrests in the United States. Humphreys decided to become a “watchqueen” (the person who keeps watch and coughs when a cop or stranger get near) for his Ph.D. dissertation at Washington University. Throughout his research, Humphreys observed hundreds of acts of fellatio and interviewed many of the participants. He found that 54% of his subjects were married, and 38% were very clearly neither bisexual or homosexual. Humphreys’ research shattered a number of stereotypes held by both the public and law enforcement.

    29. Prison Inmates as Test Subjects

    Image Source In 1951, Dr. Albert M. Kligman, a dermatologist at the University of Pennsylvania and future inventor of Retin-A, began experimenting on inmates at Philadelphia’s Holmesburg Prison. As Kligman later told a newspaper reporter, “All I saw before me were acres of skin. It was like a farmer seeing a field for the first time.” Over the next 20 years, inmates willingly allowed Kligman to use their bodies in experiments involving toothpaste, deodorant, shampoo, skin creams, detergents, liquid diets, eye drops, foot powders, and hair dyes. Though the tests required constant biopsies and painful procedures, none of the inmates experienced long-term harm.

    28. Henrietta Lacks

    Image Source In 1955, Henrietta Lacks, a poor, uneducated African-American woman from Baltimore, was the unwitting source of cells which where then cultured for the purpose of medical research. Though researchers had tried to grow cells before, Henrietta’s were the first successfully kept alive and cloned. Henrietta’s cells, known as HeLa cells, have been instrumental in the development of the polio vaccine, cancer research, AIDS research, gene mapping, and countless other scientific endeavors. Henrietta died penniless and was buried without a tombstone in a family cemetery. For decades, her husband and five children were left in the dark about their wife and mother’s amazing contribution to modern medicine.

    27. Project QKHILLTOP

    Image Source In 1954, the CIA developed an experiment called Project QKHILLTOP to study Chinese brainwashing techniques, which they then used to develop new methods of interrogation. Leading the research was Dr. Harold Wolff of Cornell University Medical School. After requesting that the CIA provide him with information on imprisonment, deprivation, humiliation, torture, brainwashing, hypnoses, and more, Wolff’s research team began to formulate a plan through which they would develop secret drugs and various brain damaging procedures. According to a letter he wrote, in order to fully test the effects of the harmful research, Wolff expected the CIA to “make available suitable subjects.”

    26. Stateville Penitentiary Malaria Study

    Image Source During World War II, malaria and other tropical diseases were impeding the efforts of American military in the Pacific. In order to get a grip, the Malaria Research Project was established at Stateville Penitentiary in Joliet, Illinois. Doctors from the University of Chicago exposed 441 volunteer inmates to bites from malaria-infected mosquitos. Though one inmate died of a heart attack, researchers insisted his death was unrelated to the study. The widely-praised experiment continued at Stateville for 29 years, and included the first human test of Primaquine, a medication still used in the treatment of malaria and Pneumocystis pneumonia.

    25. Emma Eckstein and Sigmund Freud

    Image Source Despite seeking the help of Sigmund Freud for vague symptoms like stomach ailments and slight depression, 27-year old Emma Eckstein was “treated” by the German doctor for hysteria and excessive masturbation, a habit then considered dangerous to mental health. Emma’s treatment included a disturbing experimental surgery in which she was anesthetized with only a local anesthetic and cocaine before the inside of her nose was cauterized. Not surprisingly, Emma’s surgery was a disaster. Whether Emma was a legitimate medical patient or a source of more amorous interest for Freud, as a recent movie suggests, Freud continued to treat Emma for three years.

    24. Dr. William Beaumont and the Stomach

    Image Source In 1822, a fur trader on Mackinac Island in Michigan was accidentally shot in the stomach and treated by Dr. William Beaumont. Despite dire predictions, the fur trader survived — but with a hole (fistula) in his stomach that never healed. Recognizing the unique opportunity to observe the digestive process, Beaumont began conducting experiments. Beaumont would tie food to a string, then insert it through the hole in the trader’s stomach. Every few hours, Beaumont would remove the food to observe how it had been digested. Though gruesome, Beaumont’s experiments led to the worldwide acceptance that digestion was a chemical, not a mechanical, process.

    23. Electroshock Therapy on Children

    Image Source In the 1960s, Dr. Lauretta Bender of New York’s Creedmoor Hospital began what she believed to be a revolutionary treatment for children with social issues — electroshock therapy. Bender’s methods included interviewing and analyzing a sensitive child in front of a large group, then applying a gentle amount of pressure to the child’s head. Supposedly, any child who moved with the pressure was showing early signs of schizophrenia. Herself the victim of a misunderstood childhood, Bender was said to be unsympathetic to the children in her care. By the time her treatments were shut down, Bender had used electroshock therapy on over 100 children, the youngest of whom was age three.

    22. Project Artichoke

    Image Source In the 1950s, the CIA’s Office of Scientific Intelligence ran a series of mind control projects in an attempt to answer the question “Can we get control of an individual to the point where he will do our bidding against his will and even against fundamental laws of nature?” One of these programs, Project Artichoke, studied hypnosis, forced morphine addiction, drug withdrawal, and the use of chemicals to incite amnesia in unwitting human subjects. Though the project was eventually shut down in the mid-1960s, the project opened the door to extensive research on the use of mind-control in field operations.

    21. Hepatitis in Mentally Disabled Children

    Image Source In the 1950s, Willowbrook State School, a New York state-run institution for mentally handicapped children, began experiencing outbreaks of hepatitis. Due to unsanitary conditions, it was virtually inevitable that these children would contract hepatitis. Dr. Saul Krugman, sent to investigate the outbreak, proposed an experiment that would assist in developing a vaccine. However, the experiment required deliberately infecting children with the disease. Though Krugman’s study was controversial from the start, critics were eventually silenced by the permission letters obtained from each child’s parents. In reality, offering one’s child to the experiment was oftentimes the only way to guarantee admittance into the overcrowded institution.

    20. Operation Midnight Climax

    Image Source Initially established in the 1950s as a sub-project of a CIA-sponsored, mind-control research program, Operation Midnight Climax sought to study the effects of LSD on individuals. In San Francisco and New York, unconsenting subjects were lured to safehouses by prostitutes on the CIA payroll, unknowingly given LSD and other mind-altering substances, and monitored from behind one-way glass. Though the safehouses were shut down in 1965, when it was discovered that the CIA was administering LSD to human subjects, Operation Midnight Climax was a theater for extensive research on sexual blackmail, surveillance technology, and the use of mind-altering drugs on field operations.

    19. Study of Humans Accidentally Exposed to Fallout Radiation

    Image Source The 1954 “Study of Response of Human Beings exposed to Significant Beta and Gamma Radiation due to Fall-out from High-Yield Weapons,” known better as Project 4.1, was a medical study conducted by the U.S. of residents of the Marshall Islands. When the Castle Bravo nuclear test resulted in a yield larger than originally expected, the government instituted a top secret study to “evaluate the severity of radiation injury” to those accidentally exposed. Though most sources agree the exposure was unintentional, many Marshallese believed Project 4.1 was planned before the Castle Bravo test. In all, 239 Marshallese were exposed to significant levels of radiation.

    18. The Monster Study

    Image Source In 1939, University of Iowa researchers Wendell Johnson and Mary Tudor conducted a stuttering experiment on 22 orphan children in Davenport, Iowa. The children were separated into two groups, the first of which received positive speech therapy where children were praised for speech fluency. In the second group, children received negative speech therapy and were belittled for every speech imperfection. Normal-speaking children in the second group developed speech problems which they then retained for the rest of their lives. Terrified by the news of human experiments conducted by the Nazis, Johnson and Tudor never published the results of their “Monster Study.”

    17. Project MKUltra

    Image Source Project MKUltra is the code name of a CIA-sponsored research operation that experimented in human behavioral engineering. From 1953 to 1973, the program employed various methodologies to manipulate the mental states of American and Canadian citizens. These unwitting human test subjects were plied with LSD and other mind-altering drugs, hypnosis, sensory deprivation, isolation, verbal and sexual abuse, and various forms of torture. Research occurred at universities, hospitals, prisons, and pharmaceutical companies. Though the project sought to develop “chemical […] materials capable of employment in clandestine operations,” Project MKUltra was ended by a Congress-commissioned investigation into CIA activities within the U.S.

    16. Experiments on Newborns

    Image Source In the 1960s, researchers at the University of California began an experiment to study changes in blood pressure and blood flow. The researchers used 113 newborns ranging in age from one hour to three days old as test subjects. In one experiment, a catheter was inserted through the umbilical arteries and into the aorta. The newborn’s feet were then immersed in ice water for the purpose of testing aortic pressure. In another experiment, up to 50 newborns were individually strapped onto a circumcision board, then tilted so that their blood rushed to their head and their blood pressure could be monitored.

    15. The Aversion Project

    Image Source In 1969, during South Africa’s detestable Apartheid era, thousands of homosexuals were handed over to the care of Dr. Aubrey Levin, an army colonel and psychologist convinced he could “cure” homosexuals. At the Voortrekkerhoogte military hospital near Pretoria, Levin used electroconvulsive aversion therapy to “reorientate” his patients. Electrodes were strapped to a patient’s upper arm with wires running to a dial calibrated from 1 to 10. Homosexual men were shown pictures of a naked man and encouraged to fantasize, at which point the patient was subjected to severe shocks. When Levin was warned that he would be named an abuser of human rights, he emigrated to Canada where he currently works at a teaching hospital.

    14. Medical Experiments on Prison Inmates

    Image Source Perhaps one benefit of being an inmate at California’s San Quentin prison is the easy access to acclaimed Bay Area doctors. But if that’s the case, then a downside is that these doctors also have easy access to inmates. From 1913 to 1951, Dr. Leo Stanley, chief surgeon at San Quentin, used prisoners as test subjects in a variety of bizarre medical experiments. Stanley’s experiments included sterilization and potential treatments for the Spanish Flu. In one particularly disturbing experiment, Stanley performed testicle transplants on living prisoners using testicles from executed prisoners and, in some cases, from goats and boars.

    13. Sexual Reassignment

    Image Source In 1965, Canadian David Peter Reimer was born biologically male. But at seven months old, his penis was accidentally destroyed during an unconventional circumcision by cauterization. John Money, a psychologist and proponent of the idea that gender is learned, convinced the Reimers that their son would be more likely to achieve a successful, functional sexual maturation as a girl. Though Money continued to report only success over the years, David’s own account insisted that he had never identified as female. He spent his childhood teased, ostracized, and seriously depressed. At age 38, David committed suicide by shooting himself in the head.

    12. Effect of Radiation on Testicles

    Image Source Between 1963 and 1973, dozens of Washington and Oregon prison inmates were used as test subjects in an experiment designed to test the effects of radiation on testicles. Bribed with cash and the suggestion of parole, 130 inmates willingly agreed to participate in the experiments conducted by the University of Washington on behalf of the U.S. government. In most cases, subjects were zapped with over 400 rads of radiation (the equivalent of 2,400 chest x-rays) in 10 minute intervals. However, it was much later that the inmates learned the experiments were far more dangerous than they had been told. In 2000, the former participants settled a $2.4 million class-action settlement from the University.

    11. Stanford Prison Experiment

    Image Source Conducted at Stanford University from August 14-20, 1971, the Stanford Prison Experiment was an investigation into the causes of conflict between military guards and prisoners. Twenty-four male students were chosen and randomly assigned roles of prisoners and guards. They were then situated in a specially-designed mock prison in the basement of the Stanford psychology building. Those subjects assigned to be guards enforced authoritarian measures and subjected the prisoners to psychological torture. Surprisingly, many of the prisoners accepted the abuses. Though the experiment exceeded the expectations of all of the researchers, it was abruptly ended after only six days.

    10. Syphilis Experiments in Guatemala

    Image Source From 1946 to 1948, the United States government, Guatemalan president Juan José Arévalo, and some Guatemalan health ministries, cooperated in a disturbing human experiment on unwitting Guatemalan citizens. Doctors deliberately infected soldiers, prostitutes, prisoners, and mental patients with syphilis and other sexually transmitted diseases in an attempt to track their untreated natural progression. Treated only with antibiotics, the experiment resulted in at least 30 documented deaths. In 2010, the United States made a formal apology to Guatemala for their involvement in these experiments.

    9. Tuskegee Syphilis Study

    Image Source In 1932, the U.S. Public Health Service began working with the Tuskegee Institute to track the natural progression of untreated syphilis. Six hundred poor, illiterate, male sharecroppers were found and hired in Macon County, Alabama. Of the 600 men, only 399 had previously contracted syphilis, and none were told they had a life threatening disease. Instead, they were told they were receiving free healthcare, meals, and burial insurance in exchange for participating. Even after Penicillin was proven an effective cure for syphilis in 1947, the study continued until 1972. In addition to the original subjects, victims of the study included wives who contracted the disease, and children born with congenital syphilis. In 1997, President Bill Clinton formally apologized to those affected by what is often called the “most infamous biomedical experiment in U.S. history.”

    8. Milgram Experiment

    In 1961, Stanley Milgram, a psychologist at Yale University, began a series of social psychology experiments that measured the willingness of test subjects to obey an authority figure. Conducted only three months after the start of the trial of German Nazi war criminal Adolf Eichmann, Milgram’s experiment sought to answer the question, “Could it be that Eichmann and his million accomplices in the Holocaust were just following orders?” In the experiment, two participants (one secretly an actor and one an unwitting test subject) were separated into two rooms where they could hear, but not see, each other. The test subject would then read a series of questions to the actor, punishing each wrong answer with an electric shock. Though many people would indicate their desire to stop the experiment, almost all subjects continued when they were told they would not be held responsible, or that there would not be any permanent damage.

    7. Infected Mosquitos in Towns

    Image Source In 1956 and 1957, the United States Army conducted a number of biological warfare experiments on the cities of Savannah, Georgia and Avon Park, Florida. In one such experiment, millions of infected mosquitos were released into the two cities, in order to see if the insects could spread yellow fever and dengue fever. Not surprisingly, hundreds of researchers contracted illnesses that included fevers, respiratory problems, stillbirths, encephalitis, and typhoid. In order to photograph the results of their experiments, Army researchers pretended to be public health workers. Several people died as a result of the research.

    6. Human Experimentation in the Soviet Union

    Image Source Beginning in 1921 and continuing for most of the 21st century, the Soviet Union employed poison laboratories known as Laboratory 1, Laboratory 12, and Kamera as covert research facilities of the secret police agencies. Prisoners from the Gulags were exposed to a number of deadly poisons, the purpose of which was to find a tasteless, odorless chemical that could not be detected post mortem. Tested poisons included mustard gas, ricin, digitoxin, and curare, among others. Men and women of varying ages and physical conditions were brought to the laboratories and given the poisons as “medication,” or part of a meal or drink.

    5. Human Experimentation in North Korea

    Image Source Several North Korean defectors have described witnessing disturbing cases of human experimentation. In one alleged experiment, 50 healthy women prisoners were given poisoned cabbage leaves — all 50 women were dead within 20 minutes. Other described experiments include the practice of surgery on prisoners without anesthesia, purposeful starvation, beating prisoners over the head before using the zombie-like victims for target practice, and chambers in which whole families are murdered with suffocation gas. It is said that each month, a black van known as “the crow” collects 40-50 people from a camp and takes them to an known location for experiments.

    4. Nazi Human Experimentation

    Image Source Over the course of the Third Reich and the Holocaust, Nazi Germany conducted a series of medical experiments on Jews, POWs, Romani, and other persecuted groups. The experiments were conducted in concentration camps, and in most cases resulted in death, disfigurement, or permanent disability. Especially disturbing experiments included attempts to genetically manipulate twins bone, muscle, and nerve transplantation exposure to diseases and chemical gasses sterilization, and anything else the infamous Nazi doctors could think up. After the war, these crimes were tried as part of the Nuremberg Trial and ultimately led to the development of the Nuremberg Code of medical ethics.

    3. Unit 731

    Image Source From 1937 to 1945, the imperial Japanese Army developed a covert biological and chemical warfare research experiment called Unit 731. Based in the large city of Harbin, Unit 731 was responsible for some of the most atrocious war crimes in history. Chinese and Russian subjects — men, women, children, infants, the elderly, and pregnant women — were subjected to experiments which included the removal of organs from a live body, amputation for the study of blood loss, germ warfare attacks, and weapons testing. Some prisoners even had their stomachs surgically removed and their esophagus reattached to the intestines. Many of the scientists involved in Unit 731 rose to prominent careers in politics, academia, business, and medicine.

    2. Radioactive Materials in Pregnant Women

    Image Source Shortly after World War II, with the impending Cold War forefront on the minds of Americans, many medical researchers were preoccupied with the idea of radioactivity and chemical warfare. In an experiment at Vanderbilt University, 829 pregnant women were given “vitamin drinks” they were told would improve the health of their unborn babies. Instead, the drinks contained radioactive iron and the researchers were studying how quickly the radioisotope crossed into the placenta. At least seven of the babies later died from cancers and leukemia, and the women themselves experienced rashes, bruises, anemia, loss of hair and tooth, and cancer.


    1950 – 1970 [ edit |ソースを編集]

    On 20 September 1950, Shadwell was recommissioned at Orange, Texas. She operated for the next five years in the western Atlantic and Caribbean. Ranging as far north as Labrador, Greenland, and Newfoundland, Shadwell participated in several Arctic Circle expeditions and exercises including "Bluejay" and "Convex" in 1951 and "Pinetree" in 1953. The remainder of her time was spent along the eastern seaboard and in the Caribbean.

    On Friday, 4 February 1955 Customs Inspector George M. Bacon was killed when he tripped and fell aboard the USS Shadwell, which was docked in Hampton Roads. The vessel had just returned from a tour of the Caribbean and had requested Customs clearance. Inspector Bacon fell approximately 20 feet into the interior dock-well, resulting in significant trauma to his head. He was pronounced dead on the ship. Inspector Bacon was a U.S. Army veteran of World War I veteran and had served with the United States Customs Service for several years. He was survived by his wife, two sons, grandson and brother.

    In 1956, after one Caribbean operation, Shadwell departed Norfolk for a tour of duty with the 6th Fleet in the Mediterranean. Thus she began a schedule of deployments, alternating Atlantic-Caribbean duty with cruises in the Mediterranean, which lasted until she was decommissioned in 1971.

    Ten times, during the intervening 15 years, Shadwell cruised the "middle sea" and visited its ports of call. In 1959, Shadwell became the first helicopter-carrying dock landing ship (She had her call letters changed from LSD to LPH when she carried helicopters ). In 1961, she underwent a Fleet Rehabilitation and Modernization (FRAM) overhaul. She was in the Atlantic supporting the Cuban quarantine in October 1962. In February 1964, she participated in the amphibious exercise "Quick Kick V" on the coast of South Carolina. Seven months later, during the passage to her sixth Mediterranean deployment, Shadwell took part in Operation "Steel Pike" executed off the coast of Spain. In 1967, she won the Marjorie Sterrett Battleship Fund Award for the Atlantic Fleet. In January 1968, she was in the Caribbean engaged in Operation "Spring Board." On 8 July 1969, she was involved in a night-time collision with the Cambria (APA-36) off Malta. Ώ] The CO who had just taken command a few days earlier was relieved. [ 要出典 ]

    During August 1969, Shadwell departed the Mediterranean after a five-month deployment. She entered Little Creek, Virginia, on the 19th to begin inactivation overhaul. Eight months later, on 9 March 1970, she was placed out of commission, in reserve. On 9 September, Shadwell was transferred to the James River, Virginia, group of the National Defense Reserve Fleet. Shadwell was struck from the Naval Vessel Register on 1 November 1976.


    Shadwell LSD-15 - History

    April 05, 2021 - 15 Most Wanted Addition - The U.S. Marshals are intensifying the manhunt for a former Marine turned murder suspect. Raymond Samuel “RJ” McLeod, Jr., is now a 15 Most Wanted fugitive, and the first fugitive to make his debut on the list with a reward of up to $50,000 for information directly leading to his arrest. McLeod, 37, is wanted by the San Diego Police Department for the 2016 murder of 30-year-old Krystal Mitchell, and authorities believe he fled the country and is hiding out in Central America or Mexico.続きを読む

    The following individuals are considered armed and dangerous. Do not attempt to apprehend any of these fugitives yourself. Anyone with information is urged to contact the nearest USMS District Office, the U.S. Marshals Service Communications Center at 1-800-336-0102 , or submit a tip using USMS Tips.

    />Wanted Poster
    />News Release