ニュース

エバートンフットボールクラブ

エバートンフットボールクラブ


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

エバートンは、聖ドミニコ教会がクイーンズヘッドホテルのビレッジストリートで会議を開いた1879年11月に設立されました。彼らはすでにクリケットチームを持っていましたが、冬の月に別のスポーツを見つけたいと思っていました。セントドミンゴチームはスタンレーパークでプレーし、セントピーターズチャーチとの最初の試合で6-0で勝利しました。翌年、クラブはエバートンFCに改名されました。周辺エリアの後。

1880年、エバートンは、ブラックバーンローバーズの創設者であるジョンルイスによって最近設立されたランカシャーフットボール協会に参加しました。エバートンは1884年にリバプールカップで優勝しました。

1884年、ジョン・ホールディングはエバートンがアンフィールドで所有していた土地でプレーするよう手配しました。スタンドが建てられ、参加者数はゲームあたり8,000人に達しました。

1888年3月2日、ウィリアム・マクレガーはアストン・ヴィラ、ブラックバーン・ローバーズ、ボルトン・ワンダラーズ、プレストン・ノースエンド、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンに手紙を回覧しました。 。」

ボルトン・ワンダラーズのジョン・J・ベントレーとブラックバーン・ローバーズのトム・ミッチェルは、この提案に非常に前向きに反応しました。彼らは、1888年3月23日に開催される会議に他のクラブを招待することを提案しました。これには、エバートン、アクリントン、バーンリー、ダービー郡、ノッツ郡、ストーク、ウォルバーハンプトンワンダラーズ、オールドカルトゥシアンが含まれます。

翌月、フットボールリーグが結成されました。ランカシャーの6つのクラブ(エバートン、プレストンノースエンド、アクリントン、ブラックバーンローバー、バーンリー、ボルトンワンダラーズ)とミッドランドの6つのクラブ(アストンヴィラ、ダービーカウンティ、ノッツカウンティ、ストーク、ウェストブロムウィッチアルビオン、ウォルバーハンプトンワンダラーズ)で構成されていました。サンダーランドが除外された主な理由は、リーグの他のクラブが北東への旅費に反対したためです。マクレガーはまた、リーグを12のクラブに制限したいと考えていました。したがって、水曜日のシェフィールド、ノッティンガムフォレスト、ダーウェン、ブートルの申請は却下されました。

フットボールリーグの最初のシーズンは1888年9月に始まりました。プレストンノースエンドは1試合も失うことなく最初のチャンピオンシップを獲得し、「無敵」という名前を獲得しました。エバートンは8位でフィニッシュした。彼らは次のシーズンで2位でフィニッシュし、再びチャンピオンとなったプレストンにわずか2ポイント差をつけて、はるかに良い成績を収めました。

1888年11月、フットボールリーグの最初のシーズン中に スポーツクロニクル エバートンの選手、アレック・ディックが「ルフィアニズムの一部で後ろで別の選手を打った」方法を説明しました。暴行の犠牲者であるノッツ郡のアルバート・ムーアは、右内側で重傷を負わなかった。新聞はさらに次のように報じた。「エバートンチームの1人か2人が対戦相手に非常に激しくプレーし、試合中は大声でうめき声が多かった。チームがフィールドを離れると、育てたエバートンの男たちが急いでいた。観客の怒りと棒が使われた。ディックが選ばれ、重い棒で頭を殴られ、臆病な仲間に打撃が与えられ、エバートンの男の頭の側面に重傷を負わせた。」

NS スポーツクロニクル 「私たちの特派員は、ディックは彼の言葉が粗雑である間、紳士的なゲーム以外のものをプレイしたと付け加えています。しかし、これらの欠陥でさえ、トレントブリッジで管理されたような臆病で厳粛な罰に値しませんでした」。事件の結果、アレック・ディックはシーズンの残りの期間、フットボールリーグによって中断されました。

エバートンは1890-91シーズンにフットボールリーグチャンピオンシップを獲得しました。チームの3人の主なスターは、英国のインターナショナル、フレッドギアリー、エドガーチャドウィック、アルフミルワードでした。プレストンノースエンドは2位で終了しました。ギアリーは20ゴールでトップスコアラーであり、ミルワード(12)とチャドウィック(10)がそれに続いた。

1891年、アンフィールドスタジアムの借地権者であるジョンホールディングが地面を完全に購入し、家賃を年間100ポンドから250ポンドに引き上げることを提案しました。アンフィールドで7年間プレーしていたエバートンは、彼の要求を満たすことを拒否し、グディソンパークに移りました。ホールディングは、アンフィールドでプレーするためにエバートンアスレチックと呼ばれる新しいクラブを設立しました。フットボールアソシエーションはエバートンアスレチックという名前を受け入れることを拒否したため、リバプールフットボールクラブに変更されました。

1891-92シーズン、エバートンはボブハワースとジャックベルを買収してチームを強化しました。しかし、彼らは新しいチャンピオンであるサンダーランドに5位でしか終えることができませんでした。

翌シーズン、エバートンは3位でフィニッシュした。彼らはまた、ウェストブロムウィッチアルビオン(4-1)、ノッティンガムフォレスト(4-2)、シェフィールド水曜日(3-0)、プレストンノースエンド(2-1)を破って、ウォルバーハンプトンとの決勝戦に到達するために、FAカップで好成績を収めました。放浪者。ボブ・ハワースがキャプテンを務め、ファローフィールド・グラウンドで40,000人のファンが見守っていたエバートンは、決勝で1-0で敗れました。

エバートンは、サッカーリーグの第1部で、2位(1894-95)、3位(1895-96)、7位(1896-97)、4位(1897-98)、4位(1898-99)で引き続き好調でした。エバートンは1897年のFAカップ決勝にも出場しました。アストン・ヴィラとの決勝戦を見るために、60,000人の観衆がクリスタルパレスに到着しました。チャーリー・アザスミスがオープニングゴールを決めたが、エバートンはジャック・ベルとリチャード・ボイルのゴールで反撃した。アストン・ヴィラは引き続きゲームを支配し、ジョージ・ウェルドンとジミー・クラブトリーからさらに2人を追加しました。これで得点が終わり、アストン・ヴィラは1888-89シーズンにFAカップとフットボールリーグのダブルを達成したプレストン・ノースエンドの偉大なチームをエミュレートしました。

ヴァルター・バルマーはエバートンと契約し、エバートンのフーズ・フーの作者であるトニー・マシューズによれば、彼は「クランチタックル」を持った「シックセットディフェンダー」でした。彼は両方のフルバックポジションでクラブのためにプレーしました。エバートンは、2位(1901-02)、3位(1903-04)、2位(1904-05)を終えた時点で非常に良いサイドでした。

エバートンは1905年から1906年のシーズンに、チェスターフィールドタウン(3-0)、ブラッドフォードシティ(1-0)、シェフィールド水曜日(4-3)、リバプール(2-0)を破って好成績を収めました。エバートンはクリスタルパレスで行われたFAカップ決勝でニューカッスルユナイテッドを1-0で下した。

1908年4月、エバートンはウーリッジアーセナルのバートフリーマンと契約しました。トニーマシューズはで主張します アーセナルWho'sWho これは「初期の大きな移籍の失敗の1つ」だったと。彼の新しいクラブでの彼の最初のシーズンで、彼は38ゴールを記録し、リーグのトップスコアラーになりました。フリーマンは、1910年にバーンリーに加入することを許可される前に、86試合で驚くべき61ゴールを記録しました。

エバートンは1914年から15年のシーズンまで再び第1ディビジョンチャンピオンシップを獲得しませんでした。残念ながら、第一次世界大戦はリーグサッカーに終止符を打ち、この非常に優れたチームは解散しました。

1925年3月、ディキシーディーンは、3,000ポンドの移籍金でエバートンの第1部に加わりました。ディーンは、クラブでの最初のフルシーズン(1925-26)でエバートンの最高得点者でした。の エバートンの誰が誰だ (2004)トニー・マシューズは彼を次のように説明しました。

彼は1926年にホリウェルで重大なオートバイ事故に見舞われ、頭蓋骨と顎が骨折しました。彼は医者から二度とサッカーをすることはできないと言われた。彼らは特にボールを頭に向けることによってもたらされる危険性について心配していました。

ディキシー・ディーンはそのアドバイスを無視し、1926年から27年のシーズンで再びエバートンのトップスコアラーになりました。これには、多数の目標が含まれていました。 1927年2月、ディーンはイングランドでウェールズと対戦した最初の国際キャップを獲得しました。ディーンは10分後に得点し、ゲーム終了の1秒前に追加しました。翌月、彼はスコットランドに対してさらに2得点を挙げました。 1927年5月、ディーンはベルギーとルクセンブルグの両方に対してハットトリックを記録しました。イングランドでの最初の5試合で、彼は驚くべき12ゴールを決めました。

ディーンは1927年から28年のシーズンにセンセーショナルな形でした。彼はそのシーズンに7回のハットトリックを記録し、39試合で記録的な60のリーグゴールを達成しました。エバートンはそのシーズン、ライバルのハダースフィールドタウンより2ポイント多い53ポイントで第1ディビジョンのタイトルを獲得しました。

ディキシーディーンはまた、1928-29シーズンのエバートンのトップスコアラーでした。彼は1929-30年にこの偉業を繰り返しましたが、エバートンが降格するのを防ぐことはできませんでした。エバートンは1930年から31年のシーズンに簡単に第2ディビジョンチャンピオンシップを獲得しました。ディーンは12回連続のリーグ戦で得点し、再びクラブのトップスコアラーでした。

エバートンは1931年から32年に第1部選手権で優勝しました。ディーンはそのシーズンに8回のハットトリックを記録し、7年連続でエバートンの最高得点を記録しました。ディーンはまた、1933年のFAカップ決勝でクラブがマンチェスターシティに3-0で勝利したことを含め、エバートンで28のFAカップゴールを決めました。

ジョーマーサーは1933年4月にエバートンでデビューしました。当時のチームには、ディキシーディーン、クリフブリットン、テッドセイガー、アルバートゲルダード、ジャックジョーンズが含まれていました。

1936年12月、エバートンはトミーロートンに6,500ポンドの手数料で署名しました。それはティーンエイジャーにとって記録的な料金でした。彼にクラブへのサインを勧めるために、彼の祖父はグディソンパークの副グラウンドマンとしての仕事を与えられました。契約の魅力の1つは、ロートンがディキシーディーンと遊ぶ機会を得たことです。彼らが初めて会ったとき、ディーンはロートンに腕をまわして言った。ディーンは30歳で、いくつかの重傷を負った後、トップに立つ時間があまりないことを知っていました。ディーンは約束を守り、トレーニング分野でロートンと多くの時間を過ごしました。エバートンの左内側でプレーしたゴードン・ワトソンは、後に次のように回想しました。 。

クラブに加入してから6週間後、トッテナムホットスパーとの第5ラウンドのFAカップのタイの前にディキシーディーンが休息したため、トミーロートンはウォルバーハンプトンワンダラーズとのアウェーマッチの最初のチームに入れられました。ロートンはイングランドのセンターハーフであるスタン・カリスと対戦するのは難しいと感じたが、最後から15分でゴールを決めた。

エバートンはトッテナムホットスパーと1対1でFAカップの引き分けを行い、リプレイではディキシーディーンと一緒にトミーロートンと対戦することが決定されました。 2分にロートンはペナルティエリアの外からのすさまじいシュートで得点した。ディーンはジョー・マーサーの方を向いて言った:「まあ、それでそれだ。それは白鳥の歌だ。それで終わりだ」ディーンは、この才能のある選手が彼の側に立つまでそう長くはかからないことに気づきました。

20分後、アルバート・ゲルダードはディーンが2-0を上げるためのセンターを提供しました。ディーンは後に3分の1を追加しましたが、トッテナムホットスパーは次のラウンドに進むために4点を獲得しました。

次の試合では、エバートンがリーズ・ユナイテッドを7-0で下し、ディーンとロートンの両方が良いゴールを決めました。 1936-37シーズンの終わりに、ディーンは36回のリーグ戦で24ゴールを記録しましたが、ロートンは10回に3回のゴールを記録しました。

エバートンの若いフルバックであるジョン・ジョーンズは後に、クラブのメインコーチだったのはディキシー・ディーンだと主張した。ショーを運営したのはディキシーと、イングランドのセンターハーフであるチャーリー・ジーとトミー・ホワイトでした。時折、彼らはミーティングを呼び、若者たちに何をすべきかを教えていました。それがコーチングの最良の方法でした。私は今まで経験したことがあります。」ロートンは同意したが、「彼らが今までに言ったことは、同じシャツを着た男性にそれを渡すことを確認することだけだった」と主張した。

1937-38シーズンの初めに、トミー・ロートンは右内側でプレーし、ディキシー・ディーンはセンターフォワードでプレーしました。ペアリングは機能せず、エバートンは2人の男性が一緒にプレーしたときにゲームに勝つことができませんでした。 1937年9月8日、ディーンはドロップされ、ロートンはマンチェスターシティと対戦するためのセンターフォワードとして彼に取って代わった。ロートンは4-1の勝利で得点し、ディーンはクラブを去る前にエバートンのためにあと2試合しかプレーしませんでした。

トミー・ロートンは、1937年10月2日にエバートンがアンフィールドでプレーしたときにマージーサイドダービーで得点するために、17年362日で最年少のプレーヤーになりました。リバプールは2-1で負けました。それは1931年以来のアンフィールドでの彼らの最初の勝利でした。ロートンはリーズユナイテッドに対しても得点し、8試合で5になり、エバートンはテーブルを登り始めました。リーズの試合後の月曜日、ロートンは楽屋に入って「朝の男の子」と言って先輩選手を怒らせた。その結果、ロートンは完全に服を着て風呂に投げ込まれました。

エバートンは1937-38シーズンに14位でフィニッシュし、ロートンは39回のリーグ戦で28ゴールを挙げてクラブのトップ射手になりました。彼はまた、第1部全体で最高得点者でした。これは、18歳の人にとっては驚くべき成果でした。

エバートンの180試合で38ゴールを決めた後、1938年7月にアルバートゲルダードはボルトンワンダラーズに4,500ポンドで移籍しました。トミーロートンはゲルダードを売却する決定に非常に腹を立てました。トーリー・ギリック、ウォーリー・ボイズ、ジミー・カスキーのような他のウィンガーだが、アルバートはスタン・マシューズをチームから遠ざけていた前のシーズンだけイングランドでプレーした。彼がいなくて寂しいと思った」

エバートンは1938-39シーズンの最初の4試合で優勝しました。 5番目の試合は、ハイベリーで現在のリーグチャンピオンであるアーセナルと対戦しました。 15分後、トミー・ロートンはアレックス・スティーブンソンにパスしました。アレックス・スティーブンソンは至近距離から得点しました。ロートンは38分に2位になりました。サンデー・ピクトリアルのジョージ・ケイシーは、それをロートンの「もう一つの不思議なゴール」と表現しました。

後半、ブリン・ジョーンズは30ヤードからアーセナルの得点を挙げた。しかし、ロートンはウィルフ・コッピングからの打撃を受けたものの、エバートンは彼らのリードを維持した。ロートンは常に空中でアーセナルのディフェンダーを打ち負かし、コッピングは彼が「ジャンプしすぎている」と警告し、「私のレベルまで下げなければならない」と警告した。ロートンが後で思い出したように、「次回、私たち二人が十字架に向かったとき、私は鼻から血が流れて地面にたどり着きました。ウィルフは私を見下ろしていて、彼は言った。高い!'私の鼻が折れた。アーセナルがエバートンに来たとき、コッピングは再び私の鼻を折った!彼は固かった、ウィルフ。あなたが彼と対戦したとき、あなたはいつも彼を覚えている何かを持っていた。」

チャーリー・バカン デイリークロニクル トミー・ロートンがエバートンの2-1での勝利の主な理由であると主張しました。

そのシーズン、エバートンはウォルバーハンプトンワンダラーズを4ポイント上回って、第1ディビジョンリーグのタイトルを獲得しました。トミー・ロートンは、38試合で34ゴールを挙げたクラブのトップ射手でした。ロートンは2シーズン連続で第1ディビジョンのトップスコアラーでした。

エバートンは、国境の北からジャック・マギルとダン・ドイルが到着した後、大幅に改善し、1883年から84年のシーズンにリバプールカップで優勝しました。リバプールのアンフィールド地区にあるプライオリーロードの閉鎖された地面に移動すると、所有者のクルーイット氏は、しばしば興奮するサポーターのためにクラブを退去させることに決めました。彼らはアンフィールドロードのフィールドに移動しました。エバートンはフィールドでの継続的な成功を楽しんでいましたが、クラブの前会長で後にリバプールのロードメイヤーであるジョン・ホールディングは、彼らの成功を考慮して地代を引き上げるべきだと感じました。しかし、エバートン委員会はその提案を完全に拒否しました。グッディソンロードの地面へのさらなる動きが生じました。 Floulding氏はエバートンの名前を維持するためにあらゆる努力をしましたが、プレーヤーの大多数が新しい場所に移動したため、彼は名前をリバプールフットボールクラブに変更することを余儀なくされました。リバプールは、エバートンのように、世紀の最後の10年間に多くの成功を収めました。

ゲームDickof Evertonの進行中に、A。E。Mooreを後ろから叩きました。これは、活発な口頭での出会いを生み出すルフィアニズムの一部です。エバートンチームの1人か2人が対戦相手に非常に熱心にプレーし、試合中は大声でうめき声を上げました。ディックは選ばれ、重い棒で頭を殴られ、臆病な仲間はエバートンの男の頭の側面に重傷を負わせる打撃を受けました。サッカー選手たちは興奮した群衆の中で別れましたが、頑丈なオランダとフランク・サッグが救助に向かったため、サッグはディックを襲った男を掴むことに成功しました。しかし、巡査はすぐに到着したが、彼は逃げ出した。サグ、ホランド、および他の1人か2人が、ディックをパビリオンに保護しました。パビリオンでは、彼の怪我が見られました。サッカーのこの劇的な側面はノッティンガムにとって新しいものであり、この臆病な怒りの加害者が確保されず、警察に引き渡されなかったことは非常に残念です。これは、サッカー、ノッツクラブ、そして町の評判に関心を持つすべての立派な人々の気持ちになると確信しています。

私たち自身の特派員は、ディックは紳士的なゲーム以外は何でもしましたが、彼の言葉は粗雑だったと付け加えています。しかし、これらの欠陥でさえ、暴徒法の下でノッティンガムの「子羊」によってトレントブリッジで管理されたような臆病で厳粛な罰に値するものではありませんでした。

ディキシー・ディーンは、パワフルな右足シュートと並外れたヘディング能力を備えた、不滅の、力強い、威勢のいいサッカーであり、間違いなく、彼の時代の最も偉大なセンターフォワードの1人でした。

その理由(彼がディキシーと呼ばれることを嫌った理由)は、当時「ディキシー」がアメリカ南部の州に関連する色の問題と関係があると感じていたため、彼がその起源、またはハーフカーストであるという推論が含まれていたためです。


エバートンファースト

エバートンフットボールクラブの歴史は、神聖なグディソンパークの芝生を飾った選手以上のものです。

エバートンには、キャビネット内のトロフィー以上のものがあります。トフィーは、サッカーの世界で絶え間ない革新者であり、絶え間なく最高を目指し、新しい規範を確立しながら、新しい偉業を最初に達成しました。 Nil Satis Nisi Optimum(「最高のものだけで十分です」)のモットーは、これ以上適切ではありません。

1888年にサッカーリーグの創設メンバーの1人になってから、ファンがテキストメッセージで試合のチケットを購入できる新しいサービスを発表するまで、エバートンは常に新しいアイデアの最前線に立ってきました。

私たちが最初に背中に数字をつけ、最初に専用のサッカースタジアムを持ち、最初に海外ツアーに参加したことをご存知ですか?

以下は、エバートンフットボールクラブが誕生以来達成してきた重要なランドマークのいくつかの広範なリストです。


歴史的なサッカーキット

2つの主要なサッカークラブがあるほとんどの都市では、忠誠心は家族の中で実行される傾向があります。同じ家族の一部のメンバーが赤をサポートし、他のメンバーが青を支持するのが一般的であるリバプールではそうではありません。 2つのクラブは実際には密接につながっています。エバートンは、スタンレーパークでプレーした聖ドミニコ教会の学校に通う若者のグループによって1878年に結成されました。

デイヴィッド・フランスの調査によると、クラブの元の色は青と白の縦縞のサージシャツであり、これまでに明らかになった縦縞への言及が最も早く確認されています。 (「ストライプ」という用語は、一般に1870年代の水平フープを指していました。)

市内で急速に名を馳せたセントドミンゴのFCは、1879年11月にエバートンになりました。当時、参加したプレーヤーは以前のクラブのシャツでプレーするのが通例でした(プレーヤーはそれらのアマチュアで独自のキットを提供する必要がありました)日々)。そのような雑多なアレンジではなく、秘書はすべてのシャツを黒く染め、2インチの緋色のサッシュを縫い付けました。JonathonRussellによって発見された詳細は、1881年10月1日のリバプールクーリエのシーズン開幕戦のレポートに掲載されました。リバプール協会に対して: 新しいエバートンのコスチュームは、黒のジャージとパンツ、白のホースで構成され、深紅色のサッシが肩から腰まで横向きに吊るされており、プレーヤーにすっきりとしたビジネスのような外観を与えます。。この衣装により、チームは有名な陸軍連隊にちなんで「ブラックウォッチ」と呼ばれるようになりました。

今では有名なロイヤルブルーのジャージが採用されたのは1901年のことでした。ここに示されている初期のキットは、David Franceのコレクションのクラブ元帳から検証され、SteveFlanaganによって提出されました。

1880年にエバートンは2,000人以上の群衆を魅了し、1884年にプライオリーロードの閉鎖された地面に移動しました。地主はすぐに彼の土地の乱暴な支持者の数に反対し、クラブは再びアンフィールドロードから離れた新しい地面に移動しました。 1887年、エバートンは初めて英国のFAカップに出場し、ボルトンワンダラーズとの一連の激しい試合の後、プレーヤーへの支払いをめぐる論争に巻き込まれました。エバートンが1か月間停止されただけでなく、最近優勝したリバプールカップも没収されました。

1888年、エバートンは新しいフットボールリーグに招待され、1891年に最初のリーグチャンピオンシップを獲得しました。この成功により、家主はクラブのアンフィールドの家の年間家賃を2倍にすることになりました。クラブはこの需要を満たすのではなく、スタンレーパークの北にあるミアグリーンフィールドとして知られる荒れ地をリースしました。数か月以内に、イギリスで最初の専用サッカースタジアムが、キネアード卿によって開かれ、グディソンパークと名付けられた場所に建設されました。その間に、現在空いているアンフィールドでプレーするために、新しいクラブ、リバプールFCが結成されました。皮肉なことに、リバプールはエバートンが残したケンブリッジの青/白のシャツのセットで数シーズンにわたって判明しました。

1893年と1897年にエバートンはFAカップ決勝に到達しましたが、1906年までトロフィーを獲得せず、翌年、もう一度ファイナリストに敗れました。第一次世界大戦中にリーグが中断される前の最後のシーズンである1914年から15年に、エバートンは2度目のリーグタイトルを獲得しました。

エバートンのシャツの紋章の最初の証拠は、1912年から13年にかけてのものです。白い盾のモノグラムです。これは、逆転したものの、20年代には通常の機能になりました。

1925年、エバートンはトランメアローバーズの若いディキシーディーンと契約しました。ディーンはローバーズの多くの試合で27ゴールを記録し、エバートンの最初のシーズンでは38試合で32回ネットを獲得しました。 1927年から28年にかけて、ディーンは39試合で60ゴールを記録したときに歴史を築きました。これは、破られる可能性が低い記録です。驚いたことに、ジョージ・キャムシェルは前シーズンの記録を59ゴールで記録し、シーズンの残り3試合でディーンはまだカムセルに8ゴール遅れていました!ディーン時代はクラブの黄金時代と見なされていますが、1930年から31年にかけてディビジョン2でシーズンの屈辱を受けました。 「Toffees」(この地域で生産されたストライプミント風味のボイルドスイーツにちなんで名付けられました)は、1928年と1932年にリーグタイトル、1933年にFAカップ、1939年に5回目のリーグチャンピオンシップを獲得しました。ディーンは1937年に引退しましたが、彼のマントはトミーに引き継がれました。ロートン。もう一度戦争がクラブのキャリアを中断し、サッカーが再開したとき、ロートンはチェルシーでプレーしていました。

エバートンは、1930年にショーツにストライプを導入した最初のクラブの1つでした。これは、1966年にドロップされるまで、他の点では保守的な衣装の特徴となりました。

新しい公式のエバートンの紋章は、1938年にクラブの秘書テオケリーによって設計されました。彼の設計には、クラブのモットーである「ロックアップ」(1787年に村の刑務所として建てられた地元のランドマーク)が含まれていました。 Nil Satis、Nisi Optimum (最高のものだけで十分です)下の巻物に。これは、1938/39シーズンの初日にケリーとエバートンの会長であるE.グリーン氏が最初に着用したクラブネクタイに登場しましたが、チームのシャツにはさらに40年間登場しませんでした。

戦後すぐの期間は裁判を証明し、1951年にエバートンはディビジョン2に降格しました。彼らは1954年にトップフライトに戻りましたが、残りの10年間は​​不毛の時期でした。 1961年にマネージャーとしてハリー・カタリックが到着したことは、クラブの運命が復活したことを示しています。 1962年に4位でフィニッシュした後、クラブは1963年にチャンピオンになり、1966年にFAカップで優勝しました。 1968年に「Toffees」はFAカップ決勝で敗れましたが、1970年には、ジョーロイル、ハワードケンドール、アランボールをフィーチャーしたキャッタリックの最後の素晴らしいチームが再びリーグチャンピオンシップを獲得しました。

対照的に、クラブは1970年代にはまったく成功しませんでしたが、ライバルのリバプールは国内およびヨーロッパの大会で比類のない成功を収めました。

1972年、ファッションへの譲歩で、クラブのイニシャルが当時の典型的な台本でチームシャツに刺繍されました。これらは1976年に平野の水平の首都に置き換えられました。

1978年、テオ・ケリーの紋章がついにエバートンのシャツを飾りました。細部は時間とともに変更されていますが、基本的なデザインはそれ以来維持されています。たとえば、アンブロは、クラブとの契約の最後のシーズンである1982-83年の新しいバージョンを発表しました。

ルコックスポルティフは、1983年にエバートンのキットサプライヤーとしてアンブロを、狭い影のストライプと印象的な襟を備えたクラシックと見なされるデザインに置き換えました。フランスの会社はまた、クラブの紋章を再設計しました。この衣装の象徴的な地位は、1981年にマネージャーに任命された元プレーヤーのハワードケンドールがチームを率いて1984年にFAカップで優勝したときに解決されました。

1985年、エバートンはリーグとヨーロッパカップウィナーズカップで優勝し、FAカップのファイナリストに敗れました。 1986年に再びFAカップのファイナリストになり、1987年にブルースが再びリーグで優勝しました。

アンブロは、ルコックスポルティフの白いヨークが付いた人気のないシャツの後、1986年に支持を取り戻しましたが、フランスの会社の紋章のデザインは、より伝統的なデザインが導入された1991年まで維持されました。

長い間リバプールに敗れてきたサポーターは、今では大きな期待を抱いていましたが、エバートンが別のトロフィーを獲得したのは1995年で、ジョー・ロイルがチームを管理しているFAカップでした。

新しいミレニアムの最初のシーズンには、クラブの紋章の新しいバージョンが導入されました。

それ以来、クラブは大きなトロフィーを獲得することができませんでしたが、トップフライトでは一貫したミッドテーブルサイドを維持し、FAカップのファイナリストであった2009年に最も接近しました。

2013年5月に、再現を容易にすることを目的とした新しい簡略版のクラブクレストが発売されましたが、これは支持者からはあまり受け入れられませんでした。抗議請願で22,000の署名が集められた後、クラブは謝罪を発表し、2014-15年に導入される代替案について協議することを約束しました。約20,00人の支持者がこのプロセスに参加し、圧倒的多数が「バージョンA」に投票しました。これにより、テオケリーの1938年のデザインのすべての図像が復元されましたが、適切にモダンな外観になりました。

アンブロストリップに着用されることが明らかになったとき、クレストストーリーにさらにひねりが加えられました。これは、ナイキが資産収奪の恥ずべき例で売却した後、この象徴的な英国ブランドがトップレベルのサッカーに戻ったことを表しています。新しいストリップは、エバートンの1924キットからインスピレーションを得ました。

ソース

  • (a)エバートンの公式ウェブサイト
  • (b)クラブカラー(ボブビッカートン)
  • (c)スポーツヒーロー
  • (d)フットボールフォーカス
  • (e)Goodison Gloryの100年(Ken Rogers 1992)
  • (f)サッカー統計学者協会-ピートワイアット提供
  • (g)スティーブフラナガン
  • (h)フィル・パーカー
  • (i)デビッドキング
  • (j)ジョンフラッド
  • (k)ピートの絵の宮殿
  • (l)bluekipper.com-1881年にさかのぼるチーム写真の最高のコレクションを備えた優れたファンサイト。強くお勧めします。
  • (m)AlexanderHowellsが提供するPlayfairFootball Annual 1948-49
  • (n)サイモン僧侶
  • (o)efchistory.co.ukは、DavidFranceによって提供されたチーム写真の別の優れたコレクションを備えた別の歴史的なサイトです。
  • (p)エバートン博士の壮大な執着(David France&David Prentice 2008)ISBN 978 1905 266791。
  • (q)英国映画協会のアーカイブ(Youtube)
  • (r)キースエリス(HFKリサーチアソシエイト)
  • (s)クリストファーウォラル
  • (t)デイヴィッド・フランス
  • (u)ウィリーケイ
  • (v)Jonathon Russell
  • (w)ジョージ・チルバーズ
  • (x)Kingsley(Wrexham FC)によって提出されたアスレチックニュース(1893年5月8日)

写真提供:Blue Kipper.com(c)DavidFranceCollection。紋章はエバートンFCの所有物です。

後世のためにオンラインで保存されているDavidFranceコレクションも参照してください。


エバートンフットボールクラブ-歴史

-過去数か月にわたってご利用いただきありがとうございます

-それは奇妙で、最終的には非常に残念でしたね。

-それでも、私たちはカルロのプロジェクトの開始段階にあり、来シーズンが私たちを栄光への道にさらに連れて行ってくれることを願っています!

-8月に会いましょう!

-COYB!

新しいセクション

-サイトに最近追加されたものを思い出してください。

-エバートンのキャプテンを最も多く務めたのは誰ですか?
-私たちの各シーズンでチームのキャプテンを務めたのは誰ですか?
-毎シーズン、クラブのキャプテンは誰ですか?
-新しい「エバートンキャプテンセクション」ですべての答えを見つけてください!

-2005 / 06年のエバートンの23位は誰でしたか?
-私たちのために13番のシャツを着た外野手は何人いますか?!
-エバートンの選手がこれまでにスポーツした最高の数は何ですか?
-新しい「背番号セクション」を使用して、すべての背番号の質問に回答できるようになりました。

-一緒に最も多くのゲームを始めた11人のエバートンプレーヤーはどれですか?
-連続してどうですか?
-私たちにとって最も多く一緒に始めた2人のプレーヤーはどれですか?
-ホーリートリニティはどうですか?それとも1995年のFAカップ優勝チーム?またはディーンとロートン?一緒に何回?
-新しい「頻繁/連続/思い出に残るスターティングラインナップ」セクションをご覧ください-すべてが揃っています!

-これまでで最も古いスタメンは何でしたか?そして最年少?
-私たちの最も古い季節と最も若い季節はどれですか?どのマネージャーが若者と一緒に行き、誰が古いコジャーと一緒に行きましたか?!
-それはすべて、新しい「平均スタメン年齢セクション」にあります!

-シングルシーズンで最も代役を務めたエバートンの選手は誰ですか?!
-すべての大会とリーグだけで?
-新しい「1シーズンで最も多くのサブアプリ」セクションに答えがあります!

-どのエバートンの代役が私たちにとって最も多くのゴールを決めましたか?
-どの野党サブが私たちに対して最も得点しましたか?
-新しい「代理人による目標」セクションでお知らせします!

-テストクリケット選手のシャツやキャップの数が少ない
-それは彼らが彼らの国の歴史年表の観点からどこに適合するかを示しています
-これで、すべてのエバートンプレーヤーが着用する番号を確認できます!
-「年代順に番号が付けられたエバートン選手」セクションをご覧ください!

-誰が最も多く管理しているのか に対して エバートン?
-誰が最も管理しているのか クラブ 我々に対して?!
-さて、あなたが知る必要があるすべてをあなたに教える新しい「野党マネージャー」セクションがあります!

-「最も連続した試合のゴール」セクションが更新されました!
-これには、エバートンの選手が最も連続したホーム&アウェイゲームで得点した詳細も含まれています!

-シーズン中に50以上のゲームをプレイした最後のエバートンの男は誰でしたか?
-1シーズンで最も多くのゲームをプレイしたのは誰ですか?!
-新しい「シーズンの50以上の出演」セクションで教えてくれます!

-反対に、クラブで1ゲームしか管理しなかったプレーヤーは誰ですか?!
-新しいJustOneAppearanceセクションで調べてください!

-2017 / 18年にはすべての大会で39人の異なる選手を使用し、そのうち15人がゴールを決めました
-たくさんありますか?!他の季節と比べてどうですか?
-新しい「使用されたプレーヤーの数とゴールスコアラー-シーズンごとの」セクションで調べてください!

-シーズンのすべてのゲームでエバートンの最後の選手は誰でしたか?!
-新しいEverPresentsセクションを見てください!

-そして、過去にどのくらいの頻度で対戦相手に対してリーグの「ダブルス」を完了しましたか?
-あるいは、ダブルの受信側にいる頻度はどれくらいですか?!
-新しいリーグダブルスの賛否両論のセクションで確認できます

-どのエバートン選手が最も頻繁に交代したのか疑問に思ったことはありませんか?!
- well, now you can find out - have a look at the new Subbed Off section for full, fascinating details!

- Richarlison was the last Everton player to score on his debut
- who else has managed that feat for the club?!
- have a look at the new Scored on Their Debut section to find out!

- Wayne Rooney has long departed, of course, but who else has had 2 separate spells at the club?!
- the new Two or More Spells at Everton section will tell you!

- Jordan Pickford looks like he'll be our keeper for some years to come
- but who else has appeared for us between the sticks in the past?!
- the new Goalkeepers section has all the details!

- and don't forget there's also a new History In Short section too!
- you can see at a glance how many times we've finished in each position in the League
- and where exactly we've been knocked out of the various cup competitions
- have a peek!

You are free to copy any of the contents of this website provided that the use is not for commercial purposes
or for financial gain and that proper acknowledgement is given to Everton Results.全著作権所有。


Everton History | St Domingo?s

Steeped in fascinating history, Everton?s roots originate with St Domingo?s Methodist Church. Located on Breckfield Road North, between St. Domingo Vale and St. Domingo Grove.

In 1877 Rev. Benjamin Swift Chambers was appointed Minister of St. Domingo Chapel and created a cricket team for the youngsters in the area. Cricket was only played in the summer months, so there was room for another sport as the weather began to get colder. In 1878 the football club St Domingo F.C was formed, they played their first match at home against Everton Church Club and won 1-0.

Over time, the club became very popular, with many people who did not attend the chapel asking to join the team. It was decided that the name of the club should be changed and in November 1879 a meeting was held at the Queen?s Head Hotel, near Ye Anciente Everton Toffee House, to decide what it should be changed to. After much discussion, they came to the agreement that the team should be called Everton Football Club, after the surrounding area.

Everton originally played on an open pitch in the southeast corner of the newly laid out Stanley Park, the same site for the once proposed new Liverpool stadium. The first official match under the name Everton F.C. took place on December 20, 1879 against St. Peters they won 6?0.


Everton Mishmash - The history of Everton Football Club In One Image

Другие тоже интересуются этим изделием. Сейчас это изделие находится в корзине у следующего числа людей: 14.

Расчетная дата доставки определяется исходя из даты покупки, местоположения покупателя и продавца, времени обработки заказа и перевозчика. В силу других факторов (например, оформления заказа в выходные или праздничные дни) товар может быть доставлен позже. Указанная дата является лишь приблизительной, но мы надеемся, что вы получите товар как можно раньше.

"The best Everton thing I've ever got!"
"This will replace the TV as the central point of our house"
"Buy one for every room in the house"

Introducing 'The history of Everton Football Club In One Image'

After six months, 30,000 suggestions and 750 hours of illustrating hours…the Everton Mishmash is complete!

We commissioned illustrator Alex Bennett to work with Everton fans across our platform to illustrate all their favourite, treasured moments into one design.

From derby days to cup triumphs, to when Muhammad Ali shadow boxed with Everton fans in Hyde Park – we used all our platforms to invite Evertonians to provide their favourite Everton moments. Thank you to everyone who get involved with suggestions, or by sharing the fan project.

The end result can be viewed here: https://vimeo.com/288582356

NEW: The Everton Mishmash print has been updated! The new 2nd edition version of the Everton Mishmash, available from 12th November 2020 includes Carlo Ancelotti, Calvert-Lewin, James Rodriguez, Duncan Ferguson as manager (swinging the ball boy!) and a handful of other moments and banners.

WHAT IS THE MATERIAL TYPE AND SIZE?
This illustration is printed on high quality 170gsm silk.

DOES THE PRINT COME FRAMED?
No. The Everton Mishmash does not arrive framed. You can find recommended frame options over on GrandOldTeam.com

HOW WILL MY ORDER BE SENT?
We package orders in a durable cardboard tube, securely wrapped and packaged.

HOW LONG WILL MY ORDER TAKE?
We typically dispatch orders with Royal Mail within 1-3 working days.


Liverpool are quick to shout about their penalty shoot-out exploits in Europe, yet Everton were the first club to win a shoot-out in Europe.

Everton drew 2-2 with Borussia Monchengladbach before prevailing 4-3 on penalties.

Significant penalty shoot-outs include a 4-3 victory over Chelsea, a heart-breaking 2-4 defeat to ACF Fiorentina and a 4-2 victory over Manchester United in the FA Cup Semi-Final in 2009.


History of Everton Football Club to be explored by two specially appointed scholars

Two researchers will delve into the history of Everton and its Everton in the Community charity with their findings forming part of a new book about the football club.

Jake Lawton and Emily Liles were awarded scholarships to take on the year-long project after being picked from more than 130 applicants around the world.

Everton teamed up with Liverpool Hope University to offer the scholarships, which will lead to a Master of Research (MRes) degree for the chosen participants.

Everton Heritage Society was also involved in the competitive selection process to find the scholars, who will have fees amounting to £5,200 covered along with reasonable research expenses. The scholarships, starting this month, will be overseen by Hope&aposs associate professor Bryce Evans, a specialist in modern history.

Jake&aposs MRes theme will be &aposThe History of Everton FC, the People’s Club,&apos exploring Everton’s early pioneering of international football tours and their wider social impact.

The 23-year-old history graduate, who achieved a first class honours degree in Edinburgh, previously looked into the significance of football for prisoners of war during his studies. He also examined the spread of interest in professional football across the globe and discovered Everton had been an early team to undertake a foreign footballing tour in 1905.

Jake, who is originally from County Durham and has also worked with the Holocaust Educational Trust since 2013, said: “The more I delved into the subject, the more I realised there was an absence of material on the tours’ wider significance."

Aware of evidence that a particular tour of South America by Everton in 1909 was used as a means to challenge prejudice, Jake added: “It’s amazing to see an Everton director - a Mr E.A.Bainbridge - articulating these thoughts at a time you might not necessarily expect that to happen. It’s just one fascinating insight into the club’s rich history and I can’t wait to uncover more.”

Meanwhile 27-year-old Emily&aposs research will focus on &aposThe History of Everton in the Community: Football at the Service of Humanity,&apos exploring the charity’s mental health provision across different age groups alongside its work to tackle homelessness and food poverty during the last 32 years.

A first class sports journalism graduate, Emily has already worked on football and Everton related projects during her Staffordshire degree and beyond.

Originally from Dudley, she&aposs also a Rugby Football Union communications manager and has previously worked in media and communications teams at Aston Villa Football Club, The Football Association and the Everton women’s team.

She recalls an opportunity to witness the work of Everton in the Community while on a placement with Everton during her degree as something that made a deep impression on her though.

Emily said: “I remember sitting in on an Everton in the Community ‘Pass on the Memories’ session at Goodison Park - a gathering for dementia patients and their families.

"A different Everton player from every decade since the 1950s, including the late Tony McNamara, Graeme Sharp and then first team player Steven Naismith, told stories for the participants in the hope that it might jog the memory of an older patient to the point where they’d say ‘hey, I remember that..’ The impact on the guests was phenomenal. &quot

She added: “When it comes to community engagement in football, everyone looks to Everton as the leaders. No matter how busy it gets on the football or commercial side of things, community engagement should still be at the forefront of everything a club does. That’s what Everton in the Community is all about."

As well as producing a dissertation of around 30,000 words, Jake and Emily will write a 6,000-word chapter as part of the scholarship to be published in a new book exploring Everton’s social history and its impact on the wider community.

Professor Denise Barrett-Baxendale, chief executive officer at Everton and Hope&aposs current visiting professor in sport at the service of humanity, said: “Both Emily and Jake submitted research proposals that not only embrace the social impact of Everton and Everton in the Community across our illustrious history, but that also have resonance with the work that we are doing now – from strengthening our international links with one of the first clubs in South America to take our name, Everton de Vina Del Mar to our charity’s plans for The People’s Place, a new mental health facility close to Goodison Park.

“It&aposs by investigating the untold stories of our history that we can gain new perspectives on where we are now. We look forward to working with Jake and Emily and learning more about what they will discover.”

For more information about other Liverpool Hope University opportunities, and its virtual open day on October 24, visit the website here.


Everton Football Club - History

Human nature will cause some to blur the distinction between football, the one true religion, and other religions that may be more widely recognized as such. Thus, it is no surprise that many have wondered over the years whether Everton drew its support more from the Catholic or Protestant side of the City of Liverpool. And once you ask this question, it follows that the other lot must therefore support Liverpool FC.間違い!

Everton Football Club started life as St Domingo's Boys Club: cricket in the summer, and football in the winter. Despite the distinctly Latin flavour of the name, St Domingo's was a Methodist church in the Everton district of Liverpool. The football club was what might now be termed an outreach programme for the strapping youths of that parish. In this respect, Everton shared an initial religious connection with many of the other new clubs that were to form the Football League back in 1888.

Sam Johnstone of the Football Research Unit at Liverpool University says those speculating on the origins of the Liverpool-Everton, Protestant-Catholic thing are talking nonsense. "Both clubs were founded by the same people (essentially the wealthy, protestant middle classes of 19th-century Liverpool) from the same church (St Domingo's, a protestant church)," he says.

"The story of Liverpool's formation is familiar to all. Everton were formed in 1878, team falls out with John Houlding (the guy who owns Anfield), Houlding forms Liverpool FC in 1892, the rest we know about. What is more interesting is the involvement of the Masons. The guys who formed LFC and EFC were wealthy, middle class, protestant, businessmen and, importantly, pillars of the political and religious establishment (Houlding went on to become Lord Mayor of Liverpool). Freemasonry attracted these very people (for many reasons) and it is known that Houlding and his friend W Barclay were in the Lodge.

"And, of course, this was repeated nationwide. For those teams that didn't come specifically from the Catholic church (Glasgow Celtic), it was likely that the factory and mill owners were involved in charitable organisations, religion and politics (all masonic activities). It is no coincidence that the meeting that led to the formation of the FA took place in a pub called the Freemason's Tavern. Or am I just a conspiracy theorist?"

Whatever religious connection there might have been originally, it seems to have faded fast as the popular appeal of football grew and the name changed within a year to Everton Football Club. None of the early characters involved in establishing the club appeared to have expressed any religious position regarding the club, apart from a mild objection that early meetings were held in the public rooms of Houlding's Queens Head Hotel — within smelling distance of the evil alcohol that would have been anathema to the teetotal Methodists of St Domingo's.

There appears to be little real evidence to suggest any strong relationship between support of Everton and adherence to either the Catholic or Protestant faiths. Parental family ties appear to have been much stronger, with many current Evertonians citing fathers or grandfathers (of either religion) who were true blue, through and through.

On an individual basis, it must have been comforting for some to draw a parallel between allegiance to the club, and faith in God. But on a larger perspective, it seems that many families united by their religious origins include both true blues and other misguided souls who are seduced by the red devils from hell, aka Liverpool FC.

The possibility of a religious connection may be relatively recent and purely accidental. Through the 1950s, the Everton team took on a distinctly Irish flavour, with the likes of Peter Farrell and Tommy Eglington becoming big crowd favourites. This brought about a significant influx of Irish fans, and may have been responsible for suggesting a Catholic flavour. Prior to this, there may have been a majority of Orangemen with a history of family support for the club from the early part of the century. Either way, it probably matters very little today, to all except a few zealots and fundamentalists.

Other subtle clues help only to cloud the issue, such as an indefinable link (in the minds of some supporters) between Everton and Glasgow Celtic, rather than Glasgow Rangers — the Bears being more readily tied with Liverpool FC.

The religious division between the two Glasgow rivals is a very real factor that bears no comparison on Merseyside, where the two clubs grew from the same root. However, this last factor is immortalized in the words of one Goodison anthem that had its origin in the 1960s, when the historic internecine rivalry between Shankly's Liverpool and Catterick's Everton reached new heights: Oh we hate Bill Shankly, and we hate St John
But most of all, we hate Big Ron
And we'll hang the Kopites one by one
On the banks of the Royal Blue Mersey
So to hell with Liverpool and Rangers too
We'll drown them all in the Mersey
And we'll fight, fight, fight with all our might
For the lads in the Royal Blue Jersey.

Conspiracy theorists will suggest that his thread underlies the incomprehensible treatment (directed at Glasgow Rangers) handed down to Everton's Nineties cult-hero, Duncan Ferguson, by a Scottish hierarchy steeped in religious bigotry that has no place in football. However, as far as Everton FC are concerned, the links with the two Glasgow clubs seem relatively evenly balanced.

The record books show that transfers of players from both the Glasgow clubs have occurred consistently since the earliest years of EFC. And recent ties, such as the loans of Ian Durrant and Duncan Ferguson from Rangers in 1994, and Dave Watson's Testimonial against Rangers in 1997-98 — contrasted with Neville Southall's testimonial opponents Celtic a couple of years earlier — must demonstrate that no such preferential or religious connection exists in practice. The mix continued with ex-Rangers manager, Walter Smith, bringing in ex-Celtic midfielder John Collins. Richard Gough and Paul Gascoigne both played for Rangers David Moyes and Alan Stubbs both played for Celtic.

An echo of sectarian divisions can still be heard in football, so try not to confuse the two teams (as Michael Howard did at the beginning of his career). Liverpool are the Catholic team and play in red at Anfield. Mention Xabi Alonso, maybe with knowing raised eyebrows don't mention Michael Owen except with a knowing sneer. Everton are the Protestant team and play in blue at Goodison Park. Mention Dixie Dean, not Wayne Rooney.

We received a number of letters sent to the ignorant journalist at 保護者:

You refer to Liverpool FC as the Catholic team and Everton FC as protestant. Where did you get that from?

Today the sectarian divide between the teams no longer exists except as a memory. But when it did exist Everton was always seen as the catholic team and Liverpool as the protestant team.

The origins of Everton's catholic support lie in the late 19th century when Dr Baxter, a prominent Catholic doctor and a leading light in the catholic community, joined the Everton board. He brought with him the thousands of Irish Catholic families from the Scotland Road area who duly became Everton supporters, despite Everton's origins as a Methodist team (the old St Domingo's).

The Catholic dimension was maintained in various ways at Everton, not least in the 1950s when the core of the Everton team hailed from the Republic of Ireland.

This is what led the Labour MP for Walton, the late Eric Heffer, to explain in his biography Never a Yes Man that he was obliged to lean towards Everton because as the catholic team it was closer to his own High Anglicanism than the more orange-tinged Protestantism of Liverpool FC.

I came from a large Catholic family and was educated at Catholic schools. Support for Everton was instilled in me by family and school alike (including via the priests and Christian Brothers). Indeed when I first started attending games (and was taken to both grounds) I observed that while nuns took charitable collections at the Gwladys Street, it was Salvation Army members who did this at the Kop.

The two most recent examples of the divide I personally witnessed were:

● At a derby game in 1986 when Everton supporters were allocated a third of the kop. I was at the very edge of the Everton section and was greeted by Liverpool supporters holding up banners and placards and waving them at us. The legend on these placards was "Ulster says no" – the protestant slogan at the time of the Anglo-Irish Agreement. Amongst the Everton supporters there were more than a few Irish tricolours waved back at the protesting Liverpool fans

● At Dave Watson's testimonial match (late 1990s), Everton versus Rangers, a huge mob of Rangers fans stormed up Goodison Road attacking Everton fans and screaming at them "fenian bastards".

I would like to stress that I regard the sectarian divide as a bad thing and I am glad that it has faded so much from the scene in football. You should take note of that yourself – the religious division between the teams no longer exists in any meaningful sense and it is wrong to suggest, as you do in the article, that it does. I have long since ceased to be a catholic myself, though I remain a devout Evertonian.

However, since you do mention it in your article you ought to have gotten it right in the interests of historical accuracy.

I would be grateful to hear your views on this. Perhaps you have information that I don't have and my understanding of the history of the teams is and always has been wrong (though that will not cause me to change my allegiance today. ).

Regards, from an ex-catholic but forever an Evertonian.

Mark Hoskisson (20 October 2004)

in your attempts to offer advice on how to negotiate the minutiae of Liverpool culture (http://politics.guardian.co.uk/comment/story/0,9115,1331351,00.html) you will have, uniquely in my memory, managed to equally offend both Catholics and Protestants, Evertonians and Liverpudlians.

To paraphrase a popular Goodison chant (a chant shared with Catholic Celtic fans, incidentally), "if you knew yer 'istory" you would know full well that both Everton and Liverpool owe their existence to the efforts of socially reformist Methodists during the late 19th century. Therefore, if we were to be purists about this, then the only people eligible to support either team would be temperant non-conformists, with an active concern for the plight of the needy.

My own predominantly Catholic family has always been split between red and blue. Likewise, there are plenty of big Protestant families who are similarly divided in their support for the two clubs. One of the reasons that Everton and Liverpool have, mercifully, been able to maintain a relatively healthy, and for the most part friendly, rivalry is precisely because – unlike Glasgow – our footballing allegiances are in no way rooted in divisive sectarian religious differences.

No doubt, in order to add an extra dimension to their fandom, fans on both sides have from time to time sought to claim a religious divide. Such bigoted behaviour is not only unwelcome to the vast majority of scouse football fans, but also historically and culturally groundless.

Personally, I'm now free of Rome's clutches, although residual sense of guilt and neurosis alas remains, much of which I channel into my often agonised following of EFC. For future reference, I would offer you the same advice as I would Boris Johnson - do your research.

You could do worse than to start here

Steve Rooney (20 October 2004)

ps: Which denomination do you imagine erstwhile lifelong Evertonian Wayne Rooney belongs to?

PLEASE Please please correct the uncorroborated statement in your article claiming that Liverpool and Everton have religious allegiances. They don't, either deliberate, historical or accidental.話の終わり。

Merseyside Derbies have been famously trouble free due to the fact that there are no common divides between the 2 clubs, not geographic, social religious. There isn't even a division by family with hardened Evertonian families having reds amongst them and vice versa.

One of my first memories of going to Everton as a youth in the early '70s was the chant of "Celtic/Rangers, Celtic/Rangers", where you chanted the name of the Glasgow team that you supported (ie, declaring your religion), and it was always a 50:50 split. I understand the same happened at Anfield.

To my knowledge, there is no evidence whatsoever for the statement you made, and you should retract it. It might seem a minor point, but for the uneducated it starts a myth. Liverpool might have its faults but mindless religious bigotry attached to its two great football teams isn't one of them.