ニュース

アメリカ101:副大統領の役割は何ですか?

アメリカ101:副大統領の役割は何ですか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


VP:歴史的に不幸

「私たちの国の始まり以来、副大統領は厄介な役職でした」とモンデールは言いました。 「その居住者は、概して、悪名高いほど不幸でした。」副大統領は、行政と立法の2つの支部に分類される政府内の唯一の公職です。 「その驚くべき事実にもかかわらず、その歴史のほとんどにわたって、どちらの支部も彼に会いたがらなかった。」

たとえば、最初の米国副大統領ジョン・アダムズが上院を主宰したいと思ったとき、憲法は副大統領を任命しましたが、上院は彼の考えや提案を締め出しました。伝えられるところによると、欲求不満のアダムズは副大統領を「人間の発明がこれまでに考案した中で最も重要でない役職」と呼ぶようになった。

ほぼ2世紀の間、副大統領は彼らの役割に不満を持っていました。カルビン・クーリッジ大統領の副大統領であるチャールズ・ドースは、オフィスの無益さと、大統領の健康状態をチェックするために毎朝新聞を見ることが彼の仕事であったことについて冗談を言っていました。

副大統領の職務を規定する法律や規定はありませんが、ウォルター・モンデールが先例を作ります。


カマラハリスは副大統領として歴史を作っています。彼女のスタイルはそれをどのように反映しますか?

カマラ・ハリスが最初の黒人、南アジア人、女性の副大統領として歴史を築くにつれ、ファッションのリーダーたちは彼女のスタイルの選択が、特にアメリカ人デザイナーを宣伝するものになることを望んでいます。

「彼女はアメリカのファッションを高揚させる義務があると思います。そうすることで、彼女はそれに価値を付加するからです」と、しばしば無視されたり消されたりする黒人デザイナーを強化することを目的としたオンラインプラットフォームであるBlack FashionFairの創設者であるAntoineGregoryは述べています。歴史。 「流行している人々は、ヨーロッパのデザインをより重視しています。多くのアメリカ人デザイナーは、同じ認識、同じタイプのプレス、または同じタイプの可視性を取得していません。」

そして、ヨーロッパの数十億ドル規模のコングロマリットとは異なり、多くのアメリカ人デザイナーは、COVID-19に激しく打たれた中小企業の経営者であるとグレゴリーは指摘します。ファッションスタイリストで9年の業界ベテランは、ハリスのスタイルが、特に有色人種が所有する脆弱な中小企業を支援するバイデン政権のプラットフォームを反映することを望んでいると述べました。

「ジャッキーケネディのウェディングドレスをデザインしたアンロウは、その功績を認められませんでした。当時の誰かのキャリアの高さだったはずの瞬間、彼女は完全に書き留められました。黒と茶色のデザイナーは常により大きなファッション界の一部でしたが、彼らは常に除外されてきました」とグレゴリーは言いました。

しかし、ハリスは、若い、民族的に多様なアメリカ人デザイナーを昇進させるために彼女の役割を使用したホワイトハウスの最初の女性ではありませんでした。

ファッションと人種の歴史家キンバリー・ジェンキンスは、「ミシェル・オバマがアメリカのデザイナーやブランドを擁護するために働いた方法とは異なり、アメリカを統一する試みだと思います。彼女は多様性の豊かさを祝いたいと思います。サポートが必要な才能。アメリカは文化と遺産のタペストリーであり、彼女はそれを祝いたいと思うでしょう。」

ライアソン大学のファッション研究の助教授であるジェンキンスは、副学長の役割はファーストレディの役割とは大きく異なり、人々はこの2つを混同してはならないと述べた。彼女は就任式でハリスが彼女のシグネチャーコンバーススニーカーを着用することを期待していませんが、ジェンキンスは副社長が彼女が最も本物だと感じる服の選択に忠実であり続けると予測しています。

関連している

スタイルカマラハリスは何年もの間真珠のネックレスを身につけてきました–これがその象徴です

「スタイリングの決定は協調的である必要があります。現在、ハリス副大統領がこの非常に重要な立場にあるのを見ていますが、彼女は最前線に立っており、ファーストレディとは大きく異なります。良くも悪くも、黒人女性は、ステイシー・エイブラムスで見たのと同じように、他のすべての人に強いと見なされることがよくあります。私たちは、彼らを育てることなく、彼らが強いことを期待しています。」

ジェンキンスは、ハリスが彼女の任期を通して落ち着いた色とシャープなスーツを好み、実用的で快適で保護的なワードローブを優先することを期待しています。

マリークレールのシニアニュースおよびカルチャーエディターであるネハプラカシュは、ハリスがステラシモーナなどのデザイナーのステートメントジュエリーを身に着けることで、南アジアの伝統を彼女のスタイルに取り入れることができると考えています。

「東洋のファッションやトレンドについて好きなことを西洋の服に取り入れ、これら2つのタイプの遺産を融合させている第2世代と第3世代のデザイナーがたくさんいます。副大統領エレクトの驚くべき点は、彼女も2つの文化が融合していることです」と、インドとジャマイカからそれぞれ米国に移住したハリスの母親と父親を引用して、プラカシュ氏は述べています。

デザイナーのニキとリティカ・シャムダサニは、南アジアの職人技と技術の認知度を高めるために、2017年にブランドサニを作成しました。 2020年2月、ノースカロライナ州の2人の姉妹は、Rent The Runwayと契約を結び、衣料品レンタルアプリで利用できる最初の南アジア風のブランドになりました。

「刺繡からビーズ、カットまで、南アジアの影響を愛する西洋のファッションの例はたくさんあります。私たちは本質的に存在する米国スタイルの規範の一部です」と27歳のニキ・シャムダサニは言いました。

「サリーが多くのスタイルの1つであるときに、私たちのファッションの理解がサリーに集中している非南アジア人が非常に多い」と彼女は続けた。ディワリだけでなく、彼女が南アジアのファッションを新しい文脈に持ち込む最初のボールや州のディナーのために、彼女のためにサリーを作ります。」

バラク・オバマ前大統領の日焼けしたスーツに対する騒動を想起し、19歳のリティカ・シャムダサニは、ホワイトハウスのスタイルはより保守的に傾く傾向があり、女性は服を着るときにさらに高い水準に保たれると述べました。ノースカロライナ州立大学の2年生は、副大統領の選択が彼女の価値観の増幅と見なされ、アメリカの指導者がどのように見えるかについての認識を拡大することを望んでいると述べました。

彼女がどのデザイナーを着ているかに関係なく、ハリスはメッセージを共有するために彼女の服を使用する機会があります。

「彼女が自分のストーリーに合ったものを選んでくれることを願っています。そして、黒人デザイナーが(その一部である)ことを願っています。彼女は非常に豊かなバックグラウンドから来ており、あなたができる最も強いことはそれから引っ張ることです。就任式の画像は歴史書に掲載される予定なので、これは黒人デザイナーが自分のキャリアがどうなるかを決めたものを超えて生きるチャンスです」とグレゴリー氏は述べています。

シャムダサニ姉妹は、ハリス副大統領をプラバルグルンまたはオータムアデイグボで構想しましたが、ジェンキンスはデザイナーのチャールズハービソンからの訴訟を期待していました。しかし、グレゴリーの予測—クリストファージョンロジャース—は正しかった。

ハリスは、2人のブラックサザンデザイナーによって作成された服で権力を握りました。ヴォーグによれば、ロジャーズが就任式のために単色の紫色の外観を身に付け、彼女は彼女の前に来たサフラゲットと、議会に選出された最初の黒人女性であり、大統領に立候補した最初のシャーリー・チザムに敬意を表した。初のコンサートでは、ハリスはサウスカロライナのデザイナー、セルジオハドソンによる真っ黒なタキシードコートのアンサンブルを着ていました。

就任式の前夜、ハリスはCOVID-19で失われた命の追悼式で、パイアーモスのカスタムトレンチコートを着用しました。ハイチ系アメリカ人のブランド創設者兼デザイナーであるカービー・ジーン・レイモンドは、副大統領のようにカリブ海出身です。


副大統領府が無から何かへとどのように進化したか

副社長室には圧倒的な過去があります。国の創設者はそれをバックストップ手段と見なしました。副大統領は、大統領が死んだり、障害者になったりした場合、一種の待機中の大統領になるでしょう。しかし、創設者たちは、役職者は職務が不足している、またはある憲法制定会議の代表者が「雇用なし」と述べたように結論を下した。そこで彼らは、たった1つのタスクで上院の大統領を務めるという1つの追加の役割を考案し、最終的なタイブレーク投票を行いました。

関連性のあるコンテンツ

若い共和国の初期には、副大統領はしばしば下手な冗談や嘲笑の対象でした、そして理由があると、有名な政治ジャーナリストのジュール・ウィットカバーは言います。彼は、この立場は「国政を統治する上でほとんど重要性や有用性がない」と述べた。

Witcoverの新しい百科事典ボリューム アメリカの副大統領:無関係から権力へスミソニアンブックスが発行した、オフィスの進化をたどり、アメリカの副大統領ごとに1つずつ、47の伝記エッセイを特集しています。アーロン・バー、スピロ・アグニュー、アドレー・スティーブンソン、ネルソン・ロックフェラーのような彼らの多くは、悪名高いまたは著名なキャリアでよく知られていますが、アラバマのウィリアムR.キングやニューヨークのウィリアムA.ウィーラーのような他の多くの人は今では主に忘れてしまった。

ウォルター・モンデール、アル・ゴア、ジョー・バイデン、ディック・チェイニーへの著者のインタビューは、現代の副大統領について洞察に満ちた解説を提供します。バイデン氏は次のように述べています。「世界が変化した方法、アメリカの大統領が負う責任の幅と範囲は、大統領のプレートが非常にいっぱいであるという理由だけで、副大統領が深刻な任務を処理することを事実上要求します。」

私たちはウィットカバーに、国の副大統領の裏話のいくつかを詳しく説明するように頼みました。副大統領の役割がどのように変わったかを説明し、48番目を選ぶ際に次の大統領にいくつかのアドバイスを提供します。

なぜこの本を書きたかったのですか?
大統領の長年の記者として、私は大統領の継承の重要性と実行中の仲間の賢明な選択を理解するようになりました。私は個人的に、1968年にロサンゼルスで大統領候補のロバート・ケネディが暗殺され、1975年にサクラメントでジェラルド・フォード大統領が暗殺され、3か月後にマイアミでロナルド・レーガンが暗殺されたのを目撃しました。 1972年にメリーランド州シルバースプリングの病院でジョージウォレスのために。これらの経験、そしてリチャード・ニクソンをはじめとするすべての副大統領と一緒に旅行して報告することは、最も印象的でない選択のいくつかについての考察とともに、同じ信念を持ち帰りました。これらすべてから、大統領候補者が直面する最初で最も重要な決定である副大統領候補者の選出は、大統領候補者自身の資格の観点から検討されるべきであると結論付けました。

副大統領府は後付けでした。なぜ作成されたのですか?  
大統領を選ぶ選挙人団を創設するにあたり、建国の父は、各選挙人が2つの名前を提出し、次点者が副大統領になることを決定しました。党が結成される前の期間、2人の勝者がライバルの見解と政策を反映する可能性については考慮されていませんでした。副大統領として一緒に奉仕する反連邦主義者。この問題は修正第12条で修正され、各事務所の個別の指名と選挙が規定されました。

ジョン・アダムズが副大統領になったとき、彼は次のように書いています。しかし、私がすべてかもしれません。&#8221(John Trumball、1973、National Portrait Gallery) トーマス・ジェファーソンは、選挙人票3票でジョン・アダムズの大統領職を失った後、副大統領になりました。 (マザーブラウン、1786年、ナショナルポートレートギャラリー) マーティン・ヴァン・ビューレンは、副大統領の職から直接大統領に選出された最初の人物でした。 (正体不明のアーティスト、1837年、ナショナルポートレートギャラリー) 1864年、ハンニバルハムリン(上)、リンカーンの副大統領は、連合の擁護者であるアンドリュージョンソンを支持して、密かにチケットから降ろされました。 (マシューブレイディ、日付不明、ナショナルポートレートギャラリー) リンカーンは、彼の再選を安心させ、戦争を終わらせるために、2期目にハンニバルハムリンよりもアンドリュージョンソン(上記)を選びました。 (ジョン・サーテイン、1865年、ナショナル・ポートレート・ギャラリー) 1940年、FDRはヘンリーウォレス(上記)を彼のランニングメイトに選びました。 (アーネストハムリンベイカー、1948年、ナショナルポートレートギャラリー) フランクリン・D・ルーズベルトは、政治顧問の助言に基づいてハリー・トルーマン(上記)を選びました。 (Guy Rowe、ナショナルポートレートギャラリー) 1973年、スピロ・アグニューは司法取引で刑務所の時間を逃れるために辞任を余儀なくされました。 (&#169 Jack Davis、「Agnew on Tightrope」、1973年、ナショナルポートレートギャラリー) リチャード・ニクソンの辞任後、ジェラルド・フォードが社長に就任しました。 (&#169デニスブラック、1975年、ナショナルポートレートギャラリー) 副大統領を務めた後、ウォルターモンデールは大統領に立候補し、ジェラルディンフェラーロを彼のランニングメイトとして選びました。 (&#169ダイアナウォーカー、1984年、ナショナルポートレートギャラリー) ジョージH.W.ブッシュにとって、この事務所は大統領職への足がかりであることが証明されました。 (&#169 Michael Arthur Worden Evans、1984年、ナショナルポートレートギャラリー) アル・ゴア副大統領、ジョージ・ブッシュ大統領とリチャード・チェイニー副大統領(&#169ダイアナ・ウォーカー、2001年、ナショナル・ポートレート・ギャラリー)

アメリカの副大統領:無関係から権力へ

アメリカの副大統領は、アメリカの歴史を通して副大統領の包括的な検査です。高く評価されている政治ジャーナリストで作家のジュール・ウィットカバーは、47人の副大統領のそれぞれを、副大統領の在任中の個人的な経歴と業績、またはその欠如を含めて記録しています。

なぜ副大統領はそれほど重要なことをせずに何年も勤めたのですか?
死、障害または辞任の場合に大統領を交代させ、上院を主宰するという2つの憲法上の機能だけで、彼らは行政府で統治義務を負わず、実際には給与の目的で立法府の一部と見なされていた。 。大統領は、統治の役割を彼らに委任することに傾倒していないか、またはその意思がなく、その役職はしばしば求められていませんでした。アダムスはアビゲイルを書いた:&#8220これでは私は何もない。しかし、私がすべてかもしれません。&#8221

この状況はいつ変わり始めましたか?大統領候補はいつ彼らの実行中の仲間を選びましたか? &#160
1832年のジャクソン大統領は、彼の副大統領として彼の最高政治戦略家であるマーティン・ヴァン・ビューレンを個人的に選び、彼の助言に大きく依存しました。大統領が次に彼のランニングメイトを選んだのは、エイブラハムリンカーンが再選のチャンスを強化するために、ウォーデモクラットのアンドリュージョンソンを支持して、彼の初任期副大統領であるハンニバルハムリンを辞任することを選んだ1864年でした。 1940年、FDRは、ヘンリー・ウォレスが彼のランニングメイトになることを第3期を求めないという脅威の下で要求しました。 4年後、彼は政治顧問の助言を受けてハリー・トルーマンに黙認した。アイゼンハワー大統領は、彼が選考に発言権を持っていたときは気づかず、トーマスE.デューイとハーバートブラウネルのアドバイスに従いました。

副大統領が最初に深刻な統治責任を引き受けたのはいつですか。
1972年、民主党の大統領候補であるジョージ・マクガヴァンが選んだ立候補者であるミズーリ州のトーマス・イーグルトン上院議員は、病歴があることが判明し、チケットから削除されました。 4年後、民主党の大統領候補ジミー・カーターは、繰り返しを望まず、すべての副大統領候補をより徹底的に尋問し、上院での経験とその互換性のためにミネソタ州のウォルター・モンデール上院議員を選んで、6、7人にインタビューしました。モンデールは、副大統領の役割をどのように視覚化したかについての論文を作成し、ウェストウィングに事務所を与えられ、大統領顧問およびパートナーとして大統領執務室に完全にアクセスできるようになった最初の人物でした。このパターンの後には、特にビル・クリントン大統領とアル・ゴア、ジョージ・W・ブッシュとディック・チェイニー、バラク・オバマとジョー・バイデンが続いた。

あなたの意見では、誰が最良の選択であり、最悪の選択でしたか?
チェイニーは副大統領の中で最も影響力があり関与してきましたが、戦争の成立と大統領権限の拡大における彼の影響力も最も物議を醸したものでした。モンデールとバイデンは、大統領によって割り当てられた責任を引き受け、彼らとの強力な個人的かつ建設的な関係を維持する上で特に最も効果的でした。

私の考えでは、最悪で弁護の余地のない選択は、上院で平凡な記録を持っていたダン・クエール上院議員のジョージ・ブッシュ初代大統領によって、候補者および副大統領として多くのガフに与えられ、将来の大統領。彼の選択を特に無責任にしたのは、レーガン大統領の暗殺未遂で、ブッシュが副大統領になってからわずか10週間で大統領に就任することに近づいたという事実でした。この選択をきっかけに、2008年、共和党の候補者であるジョン・マケインは、アラスカのあまり知られていないサラ・ペイリン知事を選びました。彼女はカリスマ的な候補者でしたが、その日の主要な問題に関して洗練されていないことが証明されました。ニクソンは、アグニューに不満を持っていたが、ある時、大統領の継承順位から彼を追い出すために彼を最高裁判所に任命することを検討した!ニクソンは後に、ウォーターゲート事件での彼自身の解任に対する「保険政策」と見なし、誰もアグニューを大統領に昇格させたくないと主張した。さらに後で、アグニューがメリーランド州知事として賄賂を受け取ったとして起訴に近づいていたとき、彼は司法取引で刑務所の時間を逃れるために辞任を余儀なくされました。したがって、アグニューは間違いなく最悪の副大統領でした。

そして、あなたの見積もりでは、誰が最も重要な副大統領の選択でしたか?&#160  
1864年、リンカーンは最初の副大統領であるハンニバルハムリンを密かに辞任し、南北戦争での連合の擁護者であるアンドリュージョンソンを支持して、彼の再選と終結能力を保証する統一チケットを作成しました。戦争。大統領として、ジョンソンの再建政策は、北部の批評家によって旧南部の社会秩序を回復すると見なされ、戦後を複雑にしました。これは、ハムリンの下でより多くの癒しの政策を見た可能性があります。

最も無私無欲でありながら、最も虐待された副大統領は誰でしたか?
ウッドロウ・ウィルソン大統領の下のトーマス・マーシャルは、ヴェルサイユ条約の批准への支持を求めたため、1919年に崩壊した後、ウィルソンの健康の深刻な性質について暗闇にさらされました。彼は大統領によってウィルソンへのアクセスを拒否されました。妻だが、大統領の障害に基づいて大統領を求めるアドバイスには抵抗した。

副大統領は本当に大統領への足がかりでしたか?
最初の2人の副大統領、アダムスとジェファーソンが元の二重投票システムの下で大統領に選出された後、ヴァンビューレンは副大統領のオフィスから直接選出された最初の大統領であり、ジョージHWブッシュが1980年。全部で、47人のうち8人は大統領の死によって昇進し、1人はリチャード・ニクソンの辞任でジェラルド・フォードであり、それ以来誰も昇進しなかった。事務所は時折大統領指名への足がかりとなったが、ブッシュ大統領以外のこれらの副大統領は誰も大統領に選出されなかった。

副大統領候補は、1人の大統領候補に任せるのではなく、党員集会や大会によって別々の予備選挙で選ばれるべきであるというさまざまな提案がありました。これは良い考えですか?
私の考えでは、それは非常に欠陥のある考えです。一つには、最高の候補者は大統領の指名を求めるでしょう。もう1つは、大統領候補との不一致の可能性が残っていることです。最後に、最近の歴史は、大統領と副大統領の間の個人的およびイデオロギー的な互換性が、円滑で生産的な仕事上の関係にとって重要であることを示しています。大統領候補は、どのランニングメイトが効果的な統治パートナーになる可能性があるかを判断するのに最適な立場にあります。しかし、選ばれたランニングメイトがうまくいくという保証はありません。だからこそ、大統領候補者の選択は、投票箱で大統領候補者自身の資格を評価する際の有権者の基準となるべきだと私は信じています。

副社長の選出について、次期社長に何かアドバイスはありますか?
モンデールのモデルに従い、あなたが誇りに思うことができるランニングメイトを選択し、彼または彼女があなたの選択を正当化する方法であなたの靴をいっぱいにすることを確信してください。

BethPy-Liebermanについて

Beth Py-Liebermanは、スミソニアン協会での展示会、イベント、出来事をカバーする美術館の編集者です。彼女は20年以上スミソニアンチームのメンバーです。


米国の副大統領のしくみ

門を出てすぐに、現職の指導者が任務を終えた後、副大統領を務める人が大統領に勝つことに明確なショットを持っていたように見えた。初代大統領ジョージ・ワシントンの副大統領であるジョン・アダムズは、ワシントンの在任後、選挙に勝利した。アダムズ大統領の2番目の指揮官であるトーマス・ジェファーソンは、副大統領を務めた直後に大統領に選出されました。しかし、ジェファーソンの権力への移行は、現職の副大統領にとって長い乾いた呪文の始まりを示した。彼の在任後、次の選挙で直接大統領に選出されたのは、1836年のマーティンヴァンビューレンとジョージH.W.の2人の副大統領だけでした。 1988年のブッシュ[出典:エンカルタ]。どうしたの?

歴史家は、後知恵を持って、一般的に、副大統領の地位の重要性における主要なターニングポイントとして第12修正条項の通過を指摘しています。副大統領はもはや大統領の地位を争う実行可能な(敗北したものの)候補ではなく、国政選挙の大統領候補と副大統領候補を指名するのは政党に任されていた。この指名はうっかりして党の切符を作ってしまい、副大統領候補を率いる能力ではなく、支持者への訴えに基づいて選ぶ習慣が生まれた。現代でも、副大統領は一般的に大統領候補を相殺するために選ばれるので、組み合わせて、チケットはできるだけ多くの有権者にアピールするでしょう。

19世紀を通じて、副大統領は上院大統領としての義務以外に政府において実際の役割を果たしていませんでした。これはセオドア・ルーズベルトによって変わりました。 1901年に大統領が暗殺された後、ルーズベルトは大統領に昇進し、アメリカ史上最も活発で人気のある大統領の1人になりました。ウッドロウ・ウィルソン大統領の副大統領であるトーマス・マーシャルは、116年ぶりに内閣会議に出席しました(最後の副大統領はジョン・アダムズでした)。

20世紀初頭には、副大統領のエンジンが復活し、フランクリンルーズベルト大統領の下でオフィスが全開になりました。ルーズベルト大統領は、12年間の在任中に、3人の副大統領を務めさせ、これまでにないほどの権力を彼らに与えました。ルーズベルトは内閣会議に副大統領を含めた(ただし、ウォレン・ハーディング大統領は会議に副大統領のカルビン・クーリッジを含めようとした最初の大統領だった)。ルーズベルト大統領はまた、副大統領が立法をめぐって議会の指導者との交渉に関与することを慣習とした。

ルーズベルトはまた、彼の最後の副大統領であるハリー・トルーマンを、核爆弾を作成するためのマンハッタン計画などの秘密のプロジェクトのループから外した副大統領に大きな間接的な影響を及ぼしました。ルーズベルトが在任中に亡くなったとき、トルーマンは1945年に爆弾についての確かな知識なしに戦時中の大統領として引き継いだ。 4年後、議会は、副大統領が国家安全保障会議に常任議席を置くことを要求する法律を可決しました。

現代では、大統領は副大統領により多くの責任を与えています。ジョン・ケネディ大統領は、リンドン・ジョンソン副大統領に宇宙計画とNASAの開発を担当させました。ジェラルド・フォード大統領の下で、ネルソン・ロックフェラー副大統領は、疑いを持たないアメリカ人に対するLSDのテストを含む、CIAによる虐待を調査する委員会を率いました。

リチャード・ニクソン副大統領は、比喩的にも文字通りにも事務所をさらに拡大しました。ニクソンが副大統領執務室にいた間、副大統領執務室が(上院ビルの従来のオフィススペースに加えて)事務局ビルに開設され、副大統領のスタッフも拡大されました。


副大統領はどのように選ばれますか?

アメリカ合衆国の副大統領の選出は大統領によって行われます。候補者が大統領職に立候補しているとき、彼は候補者が選挙に勝ったときに副大統領になる実行中の仲間を選択します。

副大統領の資格は大統領の資格と同じです。選ばれる候補者は35歳以上であり、少なくとも14年間その国に居住している米国市民でなければなりません。

潜在的な副大統領は選挙が行われる前に選ばれるので、彼らは選挙への潜在的な影響のために部分的に選ばれることがよくあります。大統領候補は、主要な人口統計を把握できる、または有権者が重要と見なす分野で高いレベルの経験を持っているランニングメイトを選ぶことがよくあります。多くの場合、トップランニングメイト候補者は、特定の選挙の主要な州で人気があります。

ほとんどの副大統領は重要な立法経験を持っており、大統領候補者はしばしば彼ら自身の経験と専門知識の分野を彼らの副大統領が選んだもので補完しようとします。選挙後の執行部への貢献の可能性に基づいて、実行中の仲間を選択する必要があります。そのため、各大統領候補は、副大統領の選択が政党、国、および彼自身にもたらすプラスの効果を考慮する必要があります。


ジョン・ホダク

副所長-効果的な公共管理センター

シニアフェロー-ガバナンス研究

副大統領の討論は、候補者が選出された場合に大統領をどのように助けるのが最善か、そして政権がどのような種類の政策を追求するかに焦点を当てた退屈な出来事になる傾向があります。これらの議論の背景には、チケットが成功した場合、どちらかの個人が大統領になる準備ができている必要があるという認識が常にあります。しかし、2020年のレースでは、アメリカ史上最古の2人の大統領候補が登場します。そのうちの1人は現在深刻な健康危機と戦っています—ドナルド・トランプ大統領—そしてもう1人は1980年代に一連の健康問題に取り組んできました—元副大統領ジョー・バイデン。トランプ氏が再選されるか、バイデン氏が来月勝つかにかかわらず、彼らは年配の男性にとって特に危険であることが証明された致命的なパンデミックの間に誓約されます。そしてアメリカ人は、彼らがオフィスに立候補したからではなく、彼らがオフィスを引き継いだので、それらの2人の個人の1人が簡単に大統領になることができるという新たな認識でVPの議論を見ているでしょう。

VPの討論は、ユタ大学のキャンパスにあるほとんど空のホールで行われます。候補者は、通常よりもかなり離れています。彼らは伝統的な物理的接触から締め出されます:討論の前後の握手と後世のための並んだ写真撮影。しかし、ディベートの司会者であるスーザン・ペイジは、2人の候補者に、これまで以上に、継承、健康、ウェルネス、および第25修正に焦点を当てた一連の質問を投げかけるでしょう。無能力または死んだ大統領についてのオープンな議論は気味が悪いように見えるかもしれませんが、トランプ氏とバイデン氏の年齢と健康の歴史はそれを要求します。

通常の選挙年には、副大統領候補が大統領候補の攻撃犬となることが多く、討論中には確かに多くの攻撃や批判があります。しかし、今年はほとんど平年ではありません。副大統領候補はほとんどの場合、大統領のオーラを投影し、討論で指揮を執ることを望んでいますが、そのアプローチは水曜日の夜に最も重要です。両方の候補者が完全な政治戦争から離れて、病気の大統領と他の複数の危機に直面している国の厳粛な現実に焦点を合わせることが重要になるでしょう。

ペンス副大統領はうまくいくはずです。 COVID-19に関する記者会見で見たように、彼の性格は落ち着いていて、制御されており、安定しています。これらは、討論の場で彼を助ける属性です。しかし、彼の存在とレトリックは、傲慢な大統領に従順な「イエスマン」の感覚をしばしば醸し出しています。冷静で、落ち着いて、集められたものは、従順な議論ではうまく機能しますが、従順なものはそうではありません。彼は必要に応じて大統領を引き継ぐ準備ができているように見えるだけでなく、彼自身が強力なリーダーであり、自分の船を船長にする準備ができていることを示す必要があります。これは、他の副大統領と同じように、ペンス氏の出発となります。その課題は、個人的な強さを示すことと、チームメンバーのいずれかによって上演されることを恐れている檻のような偏執的な大統領をガタガタ鳴らさないこととの間の微妙な境界線を歩く必要性によって拡大されます。

予備選挙で効果的かつ強力な討論者であることを示したハリスさんにとって、夏と秋に彼女にとってうまくいったアプローチを修正することが重要です。バイデン氏を含む候補者を平準化するための彼女の粘り強い、起訴的なアプローチは、政治の場での彼女の強さを示しました。現在、彼女の課題は、検察官のカマラ・ハリスから離れて、大統領のカマラ・ハリスに向かうことです。彼女が深く気にかけている問題に焦点を合わせ、社長として追求することが重要だろう。討論の一部は、バイデン氏が大統領に選出された場合、彼女がどのようにバイデン氏を助けるかということに焦点を当てます。しかし、ディベートのパフォーマンスは、バイデン氏がいなかった場合に彼女が誰になるかを示す必要もあります。アメリカは、政治の場で誰にでも匹敵することができる戦闘機を愛していますが(重要な、残りの性別の偏見がある国で走っている女性候補者にとってさらに重要な特性)、アメリカが今必要としているのは、安定した、強く、共感的なリーダーです。独立して統治する。

多くの点で、ペンス氏とハリス氏は、大統領が最初の討論でできなかったことを行うのに非常に適しています。部屋にいる大人であり、同時に力と思いやりを示す人です。親として—ミスター娘の業績について話し合うときはペンスが輝いており、ハリスさんは継子について話し合うときに「ママラ」というあだ名を抱いています。それぞれが国の親になることができ、闘争を見たときに助けてくれる準備ができています。両方のVP候補者は、彼らが家族にとって何であるかを国のためにすることもできます。それは、安定していて自信を持っている岩です。

ペンス氏とハリス氏には、大統領と元副大統領が先週しなかったことをする機会があります。それは、アメリカが今望んでいる大統領候補になることです。 That is critically true this week with renewed focus on a single reality: one of them may be president sooner than planned.


Cheney – Most Powerful US Vice President Ever?

Vice President Dick Cheney is widely considered to be the most powerful vice president in American history. He was a key architect on the war on terror and the Iraq war and -- according to recent news reports ? has played a significant role in shaping domestic policy. More from VOA's Bill Rodgers.

NS President Bush's vice president, Dick Cheney has brought a wealth of experience to the job. A former White House chief of staff, a former congressman, and defense secretary under the first President Bush, Cheney knows how Washington works. And this may be why, when he ran for president in 2000, Mr. Bush chose Cheney to be his running mate.

Stephen Hess is an expert on the presidency at the Brookings Institution.

"George W. Bush, who had no national experience, his experience was entirely as a governor of a state, chose Dick Cheney very specifically because of his very deep national experience ? both as a chief of staff to a president, President Ford, as secretary of defense, and as a powerful congressman in the House of Representatives. So he chose him because he knew how to run things in Washington."

The American Constitution assigns no specific role for the vice president, except to preside over the Senate and cast a vote when there is a tie. Past vice presidents have tended to travel a lot, representing the president overseas.

Former Vice President Al Gore carved out specific areas of interest, such as the environment, to work on.

But Cheney is especially influential and powerful. A recent series in The Washington Post newspaper described the extent of his power.

Norman Ornstein is with the American Enterprise Institute. He says, "A couple of things that emerge about Dick Cheney. The first is that he is an extraordinarily savvy and tough-minded bureaucratic infighter. He knows through decades of experience, how the buttons are pushed, how to make things happen and how to keep things from happening. What we've got is somebody with experience and savvy who has strong views, who has decided to assert those views across the widest range of areas."

Areas such as the Iraq war, the interrogation and treatment of terrorist suspects, and picking potential nominees to the Supreme Court.

The Washington Post articles also described Cheney's impact on domestic issues, including intervening in a dispute over water use in Oregon that led to the deaths of tens of thousands of salmon.

The personal relationship between President Bush and his vice president is unknown. But White House spokeswoman Dana Perino recently described it this way: "I think that the president thinks of the vice president as a very close and trusted advisor ? somebody who has nothing but the country's best interests at heart."

But the Post series and a widely-publicized attempt by Cheney to ignore an executive order on handling classified information have prompted criticism. His reputation also suffered following the conviction of his top aide, Lewis "Scooter" Libby on perjury charges in the CIA leak case.

Political scientist Norman Ornstein adds, "Having a vice president in the loop, having a vice president act as a trusted confidante of the president, as a strong political adviser, even as somebody with a delegated, substantive role, is a perfectly good and appropriate thing. Having a vice president who has a kind of a free rein to roam over the landscape, and who has such an expansive view of his own power and imperviousness to checks and balances, is pretty alarming frankly."

But as long as he retains the trust of the president, Dick Cheney seems likely to continue to work the levers of power in Washington.


Kamala Harris Elected As First Black, Asian American Vice President

There are several villages that helped raise Sen. Kamala Harris (D-Calif.), who is now the first Black woman, Asian American, HBCU graduate, daughter of Jamaican and Indian immigrants to be elected vice president of the United States.

Ahead of the election, Black women across the United States were pounding the pavement campaigning for Harris. People in Harris’ ancestral village of Thulasendrapuram, India, prayed for her and Democratic presidential nominee Joe Biden’s victory. Howard University leaders also prayed for Harris and celebrated the historic moment at a special Election Day event. The ladies of Alpha Kappa Alpha Sorority, Inc. hosted “Stroll to the Polls” to fight voter suppression and show support for Harris, their soror.

Though her name was second on the ballot to Biden’s, Harris’ role in the 2020 election — at the height of an economic downturn, a pandemic and extreme racial tension — is especially significant. Her win as vice president-elect matters so much, not only for America’s history, but for its future, too.

Harris had the audacity to fight for a seat in the White House while proudly leaning in to her identities. In an interview with The Washington Post, Harris said that when she first ran for an office, she struggled with the fact that America’s election processes force candidates to define themselves into neat boxes. But now she doesn’t spend much time trying to categorize herself.

“I am who I am. I’m good with it. You might need to figure it out, but I’m fine with it.”

Harris, only the second Black woman in this country’s history to be elected a U.S. senator, kicked off her journey to the White House with a presidential bid of her own, and was among the most diverse class of Democratic presidential candidates ever. Announcing her candidacy on Martin Luther King Jr. Day in 2019, she ran on a platform of providing Dreamers a pathway to citizenship, abortion rights, and pay equity along racial and gender lines. She was one of the only candidates to dedicate room on her platform to the Black maternal mortality crisis. She suspended her campaign on Dec. 3, 2019, citing a lack of funding. But she got another chance to fight when Biden announced her as his running mate in August.

Harris’ line sisters — the women who pledged her sorority with her — celebrated the announcement, then immediately got to work supporting her. Lorri Saddler, who crossed AKA with Harris and 36 other women at Howard University in 1986, told HuffPost that she and her line sisters regularly host meetings and prayer calls Harris supports them through their various ups and downs as they support her. Saddler, the dean of undergraduate admissions at Clark Atlanta University, said Harris’ rise puts the significance of HBCUs and the Divine Nine historically Black fraternities and sororities in the national spotlight.

“It speaks to the strength of the Divine Nine. She’s one of all of us, not just one of Alpha Kappa Alpha. She’s one of all of us,” Saddler said. “I think at the core of all of us is service. 。 And we are hearing that call and we are proceeding accordingly.”

Harris had a lot up against her on her road to the White House. Her record as a longtime California prosecutor was called into question early, especially because her cases often greatly affected Black communities. Her war on truancy led to the arrest of some parents. This criticism came even before the nationwide call to defund the police and reform the criminal justice system, causing Harris to defend her record in interviews and on the debate stage.

But Glynda Carr, the national director at Higher Heights, a political action committee dedicated to electing more Black women at the federal and state levels, told HuffPost that as Harris takes office, she will continue to address this criticism and do the work to gain the trust of those communities.

“It is the job of candidates, like Kamala Harris, to be able to address that head-on. And I do believe that, throughout the campaign, she was able, frankly, to introduce herself,“ Carr said. “Our elected leaders continue to need to talk about who they are, and what their vision is, and their experience. And so that will be her work in the next 100 days as we move from campaigning to moving towards governing.”

Harris’ identity also became an issue, even in a country that claims it’s a “melting pot.” Trump, yet again, stoked the birtherism flame as he questioned whether she was born in the United States.

The senator — who was born in Oakland, California, and was a part of the second class of students to integrate the state’s public schools — is undoubtedly a Black, Asian American woman. None of her identities take away from her stake in one community or the other. They emphasize how these groups are not a monolith.

Yet throughout the campaign, she was still treated like a Black woman — stereotyped, disrespected and disregarded. And after the vice presidential debate, Trump referred to her as “a monster,” adding to the litany of nice-nasty microaggressions during her debate with Vice President Mike Pence, who consistently tried to railroad Harris with interruptions and lies. Harris remained poised and gave America a glimpse of the firm conviction of a powerful Black woman. Carr said the debate, despite its racist undertones, was one of Harris’ most relatable performances during the campaign.

“When she governs as the first and last person in the room with Joe Biden, she’s going to bring all of those identities with her into those rooms,” Carr told HuffPost. “But she also is a reminder of the fact that there are conscious and unconscious biases of women, and women of color, and Black women. And so when she, during the debates, said, ‘I’m speaking. I’m speaking’ — every woman, regardless of race and ethnicity, has been in a position where they saw and felt that, and that was a coalescing point for her.”

Harris follows in the footsteps of the Black women who leveraged their political power for the betterment of themselves and their communities. Now, the shirts that align Harris with Shirley Chisholm, Barbara Jordan and Harriet Tubman are a bit premature — but the sentiment that she stands on the shoulders of these women is spot-on. Harris was able to break through because every Black woman, from Sojourner Truth to Stacey Abrams, risked their livelihoods to ensure that a new path was attainable for Harris and those coming after her. That includes the Black American women at the polls and in the streets who lead the country in political engagement.

“Black women hold the power in this election,” Harris wrote in Essence magazine. “That’s why generations of Black women marched and organized and fought to give us this right. Many never got to vote themselves. But they pressed on knowing that, one day, Black women would be a force in our democracy. That, when it mattered most, we would be the ones to mobilize our communities and vote for what’s right: honesty and integrity, decency and dignity, equality and justice.”

Her job doesn’t end here, obviously. Harris is a product of the villages that helped lift her up to this position. Now, as she is set to take office as the first Black and Asian American female vice president , she has a duty to help lift up those communities — from those disenfranchised by the very system she works in to the other Black and Asian American women gearing up to run for office in an effort to make change.


Meet Kamala Harris, America's new Vice President

The old photograph shows two children sitting together by the pond, doing experiments involving tadpoles. The boy has a Beatles-ish bowl haircut the girl’s hair is “wild”. He is future San Francisco city councilman Aaron Peskin she is Kamala Harris, the next vice president of the United States.

“I’ve known her all my life,” says Mr Peskin, a doyen of municipal politics who has spent decades serving the city that made Kamala Harris – right down to attending the same kindergarten and school in nearby Berkeley, California. Now 56, he believes their shared upbringing helps explain why she is dangerous to Donald Trump.

In August, Ms Harris was finally unveiled as the running mate for Democratic presidential candidate Joe Biden (ending weeks of political coquetry from his campaign). As the daughter of an Indian mother and a Jamaican father, she would be not only the first woman in the White House but also the first black woman and the first Asian-American.

“We grew up in a truly diverse and truly integrated neighbourhood in Berkeley in the 1960s,” says Mr Peskin, whose own father was a second-generation Polish immigrant and whose mother came to the US from what is now Israel. (He described the photo to The Telegraph, but no longer has it.)

“It was a polyglot milieu where notions of racism and sexism did not exist. both of our families have realised the notion of the American dream.

"We don’t always agree, we’ve had some profound disagreements, but I do believe that this is a human being who can bridge multiple worlds.”

Such praise is bountiful among the governing classes of San Francisco and its neighbouring cities, where the political spectrum runs from moderate Democrat to radical socialist and where Ms Harris made her name by carefully weaving between the two.

Many insiders have nothing but good things to say about her – and also describe her as a consummate politician adept at building alliances and charming big money donors. The former point would appear to be proof of the latter.

Yet Ms Harris’ time as a prosecutor, district attorney and later attorney general of all California, charged with filling America’s jails, has embittered many on the Left, including leaders of the Black Lives Matter protests that have raged across the state.

For many she stands accused of about the worst possible charge during this historic reckoning with America’s ugly history of police racism and brutality: being a cop.

Vice-presidential debate

Ms Harris' skills came under the spotlight in the only vice-presidential debate on October 7.

Trading barbs through perspex shields, Republican Mike Pence and Ms Harris turned the debate into a dissection of the Trump administration's handling of the coronavirus pandemic, with Ms Harris labeling it "the greatest failure of any presidential administration".

Mr Pence, in charge of the president's coronavirus task force, acknowledged that "our nation has gone through a very challenging time this year", yet vigorously defended the administration's overall response to a pandemic that has - at time of writing - killed 398,000 Americans.

They also went head-to-head on abortion, the Supreme Court and the environment.

Growing up with the Black Panthers

Democrat bigwigs greeted Ms Harris’ candidacy with jubilation. State assemblywoman Buffy Wicks, who was endorsed by Ms Harris last year and whose patch includes Berkeley, said she was “crying with joy”, lauding Ms Harris as “the hope that me and my little girls need right now in this moment”.

Suzy Loftus, until recently the interim San Francisco district attorney under current mayor London Breed, tweeted a picture of herself with Ms Wicks, Ms Harris and two other women in city politics with the caption “Squad” and a fire emoji.

Ms Harris has considerable support from the tech industry too, and donations to the Biden campaign surged after he announced his pick.

Facebook’s chief operating officer Sheryl Sandberg, a heroine of white-collar empowerment feminism and the author of women’s workplace bible Lean In, posted on Instagram that it was a “huge moment for Black women and girls all over the world”.

Notably, she had made no similar statements about Joe Biden.

It was a marker of how far Ms Harris has come since her birth in Oakland, which lies alongside Berkeley just across the bay from San Francisco.

Her mother, Shyamala Gopalan, was from India, while her father Donald Harris was from Jamaica both had come to study at Berkeley’s famous university.

Oakland has a strong black community and its median income is about two-thirds of San Francisco’s, even after a decade of tech-induced gentrification.

Outside the US, it is perhaps most famous as the birthplace of the Black Panthers (as well as a prominent location for the Marvel superhero Black Panther).

As a child, Ms Harris was a beneficiary of America’s controversial school “busing” programme, ferried to a 95 per cent white school in Berkeley as part of an attempt at desegregation.

That history provided one of the Democratic primary’s most dramatic moments when she confronted Joe Biden over his historic opposition to the scheme which allowed her attendance.

It was there, too, that her meteoric career began: as a lawyer prosecuting in Alameda County, which includes Berkeley and Oakland.

Even then she had a vision of how criminal justice had to change, according to John Whitehurst, an Oakland-based Democratic political consultant who first met her in 2000.

“Because she’s so well-connected, everyone assumes that she was a creature of politics,” he says. “[But] not a political hack that ended up being district attorney. She used politics to achieve her goal in law enforcement.”

In 1990, she became Alameda’s assistant district attorney, and in 1994 fell into the orbit of the legendary California state assemblyman Willie Brown. Often called the “Ayatollah of the Assembly” – albeit largely because he referred to himself that way – his powerful political machine was the making of California’s current governor, Gavin Newsom.

As well as working with Mr Brown, Ms Harris dated him for about a year (he was 60 and she was 29), during which time he got her two well-paid state positions. To truly advance, however, she had to cross the towering Bay Bridge to San Francisco.

'The Tony Blair of San Fran'

It was, by all accounts, an exceedingly stupid place to build a city. For centuries California's native Ohlone peoples had mostly eschewed the windswept, rain-soaked peninsula that divides the San Francisco Bay from the Pacific Ocean in favour of the Bay's warmer eastern half.

The thousands of people who crammed onto the peninsular during the Gold Rush in the mid-19th century were not thinking about permanent habitation. Hence San Francisco, a city thrusting out into the water atop a chaotic set of hills, subject to mercurial microclimates – “the City”, as locals call it, as opposed to the “East Bay” where Ms Harris grew up.

For a mini-metropolis of just 850,000 people, San Francisco produces an absurd percentage of Democratic politicians, from Mr Newsom and Mr Brown through to senators such as Barbara Boxer and Diane Feinstein to Nancy Pelosi, current speaker of the House of Representatives. Yet almost none of them were actually born there.

“If you want to learn to sail a boat you go to where the water is. If you want to get good at politics, you come to where the activism is,” says Mr Whitehurst. “San Francisco’s budget is bigger than some state budgets. It’s not just a club sport, it’s a varsity sport.”

As a cauldron of America’s gay rights movement, the birthplace of its environmental movement and the hallucinogenic Mecca of its hippie subculture, this pastel-painted seaside town has become a savagely competitive arena for budding politicians who come from all over to court its ancient donor class.

It was natural for Ms Harris to make that pilgrimage too (“she benefits from being in a higher weight class,” says Mr Whitehurst). When she ran for district attorney in 2003 she was an outside third place, running against an incumbent, Terence Hallinan, whose family had helped run the city for 50 years.

The campaign was acrimonious: Mr Hallinan had been the one who head-hunted her. But she won, becoming the golden city’s first black district attorney, taking charge of criminal prosecutions.

Her platform combined Left-wing ideas (eschewing the death penalty, defending medical marijuana, declining to pursue jail time for marijuana possession offences) with tough rhetoric on violent crime. Mr Whitehurst describes it as a Tony-Blair-esque “third way”.

The victories continued: in 2011 she rose to become the attorney general of California, before finally becoming a senator in the national Congress in 2017.

Nose to the grindstone

Colleagues from that time describe her as meticulous and detail-oriented. Lenore Anderson, who joined her office in 2008 as chief of policy, says Ms Harris had “very high standards”.

“A powerful combination of meticulous attention to detail and to doing things at the highest standards, combined with a wonderful ability to laugh, to have a good sense of humour to enjoy the process of serving the public,” Ms Anderson goes on.

“Was she someone that people gravitated towards? Absolutely.”

Niki Solis, who was a manager in the city’s public defender office when Ms Harris was district attorney, says she feels compelled to highlight her achievements, despite the fact that the two were often opposed.

“There is no question in my mind that she was the most progressive prosecutor in California. There's no question, and for people to even want to debate that is ludicrous to me,” says Ms Solis, now a deputy public defender.

She describes Ms Harris as “receptive, respectful, always professional”, praising her decisions to stop prosecuting underage girls for prostitution – a cause Ms Solis was particularly passionate about – and her steadfast refusal to seek the death penalty, even in a case where a police officer was killed.

“There are times where she didn't agree and she was straightforward about it. But she seemed to be very receptive, and she considered our position. That to me is what's important in a leader: someone who is going to listen to folks who are viewed as their adversaries,” Ms Solis said.

Others have described Ms Harris as “a zealot about public service” who worked 12- to 14-hour days and responded to inquiries about her health with the stony declaration: “I don’t get sick.”

Seducing the Golden Gate aristocracy

Hard work, of course, only gets you so far in San Francisco. It is a historical centre for the old money of America’s West Coast: the Haas family, the Shorensteins, the De Youngs, the Gettys (as in Getty Images), the Swigs, and so on.

Enter Kamala Harris’ other great skill: schmoozing the rich.

“She burst on the scene and absolutely enchanted an element of San Francisco society that would not otherwise be engaged in something like the district attorney’s race,” said Dale Carlson, a veteran San Francisco PR man and lobbyist.

“The financial support that they have provided to her has been quite exceptional.”

Two of her biggest backers have been Susie Tompkins Buell, a co-founder of the clothing companies Esprit and North Face, and Mark Buell, whose career has woven in and out of municipal government and real estate development.

Both are Democrat Party mega-donors, with Ms Tompkins Buell being “very close” to Hillary Clinton (she is sometimes described as her “soulmate”), who also donated to a legal firm handling sexual assault allegations against Donald Trump.

Mr Buell, meanwhile, is reportedly so good at fundraising – sweet-talking donors with a “reassuring and slow voice” – that Ms Harris once sat down just to watch him do it. “Mark gets on the phone with people he has known in this town for decades,” she said of him. “He’s really extraordinary.”

Mr Carlson says: “They were the prime movers behind Kamala's first campaign, and they have been there ever since. The Pacific Heights crowd” – referring to a rich San Francisco neighbourhood whose hilltop location offers sweeping views of the Golden Gate Bridge and the dramatic hills nearby – normally would not have got involved in a district attorney race.

“Susie and Mark provided [access] to that community for Kamala, and they fell in love with her. So campaign finance has never been an issue for her.”

Mr Peskin tells a similar story. “Ms Harris has worked the political establishment and the liberal monied establishment to bring money to this effort to unseat Donald Trump. She was born of a truly diverse background and has learned how to raise money as a politician.

“I’ve never cultivated those relationships with that strata of society, so I really cannot tell you how she did that.”

The ‘top cop’ who is toxic to the Left

But if Ms Harris won allies in her ascent, she made many enemies in the San Francisco metro area, arguably the most progressive place in America. Despite Donald Trump’s efforts to paint her as a dangerous radical, the critique there often goes the other way.

Her record as a prosecutor and as district attorney has led to accusations that she is too supportive of the police and enabled the unfair incarceration of people whose convictions were based on faulty evidence.

Many LGBT Americans have never forgiven her for fighting, as California’s attorney general, to block a transgender woman serving a prison term from receiving sex reassignment surgery. She later said that the case had been “contrary to [her] beliefs”, but she had fought for her “client”, in this case the state, as a lawyer would.

In fact, simply being a prosecutor is enough to make her toxic for many supporters of the George Floyd protests, whose key slogans include “all cops are b------s” and “abolish the police”.

Briahna Joy Gray, Bernie Sanders’ former national spokeswoman, said: “We are in the midst of the largest protest movement in American history, the subject of which is excessive policing, and the Democratic Party chose a ‘top cop’”:

We are in the midst of the largest protest movement in American history, the subject of which is excessive policing, and the Democratic Party chose a “top cop” and the author of the Joe Biden crime bill to save us from Trump.

The contempt for the base is, wow.

— Briahna Joy Gray (@briebriejoy) August 11, 2020

I know a lot (white) of people on my lefty feed have their reservations about Harris, but I'd like to point out that a lot of (nonwhite) people on my lefty feed are excited to vote for her. in a way people are not *EXCITED* to vote for the actual nominee.

— Elie Mystal (@ElieNYC) August 11, 2020

One Oakland Leftist put it even more bluntly: “He.文字通り。 Chose. A. Cop. Read the room, bro.”

Ms Anderson, now president of criminal justice reform organisation the Alliance for Safety and Justice, argues that voters should see Ms Harris’ decisions in the context of California’s political climate at the time, which favoured tough-on-crime policies and long sentences.

Ordered by the Supreme Court in 2011 to bring down the population of its heaving prisons, the state has recently embraced policies designed to reduce the numbers sent to prison, legalising marijuana and scrapping “three strikes and you’re out” laws, which put people behind bars for life if they had two previous convictions.

“When you rewind the clock and you look at where the state stood, her positions were absolutely forward thinking and outside of the norm of what prosecutors were saying at the time, for sure,” Ms Anderson concludes.

Today San Francisco and its neighbours are divided cities, with housing activists and Black Lives Matter supporters frequently facing off against the tide of Silicon Valley money that has flooded the local economy and driven out many of the oddballs who once found refuge here.

Perhaps it is appropriate that Ms Harris should so divide opinions in the place where she cut her teeth. It is still possible that she will fall between two stools, rejected as a “cop” by the Left while maligned as a “San Francisco Democrat” by Trumpists.

Mr Whitehurst, however, believes her “third way” may prosper again. “Make no mistake, she is a left-of-centre or progressive Democrat,” he says. “But she doesn't follow a dogma or ideology. And that’s been true her whole career.”

What could Harris's role as vice president be?

If the woman we saw throughout the presidential campaign trail is anything to go by, vice-president Harris is going to bring a new method of attack to the White House. Throughout history, the role of the vice president has become renowned for their invasion of the political opposition, and Kamala Harris has proved she is well and truly fit for this task thus far.

Laying out her carefully crafted argument against Republican candidate, Mr Pence, in the vice presidential debate of October 8th, Senator Harris maintained her calm, yet forceful and intellectual character to suggest that she would spend the presidential term fighting for Mr Biden and their party, in a way which is unique to her character.

Vice-president Harris is a fighter who will attack with a collected temperament, in a way which is entirely new to the White House, and the US as a whole.

As vice-president, she will no doubt become a figure of hope for women across the US, and the world.