ニュース

ボールコート、モンテアルバン

ボールコート、モンテアルバン


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


モンテアルバンのボールコート

Easy-access(EZA)アカウントを使用すると、組織内のユーザーは次の用途でコンテンツをダウンロードできます。

  • テスト
  • サンプル
  • コンポジット
  • レイアウト
  • ラフカット
  • 予備編集

これは、ゲッティイメージズのウェブサイトにある静止画像とビデオの標準のオンライン合成ライセンスを上書きします。 EZAアカウントはライセンスではありません。 EZAアカウントからダウンロードした素材でプロジェクトを完成させるには、ライセンスを確保する必要があります。ライセンスがないと、次のようにそれ以上使用することはできません。

  • フォーカスグループプレゼンテーション
  • 外部プレゼンテーション
  • 組織内で配布される最終資料
  • 組織外に配布された資料
  • 一般に配布される資料(広告、マーケティングなど)

コレクションは継続的に更新されるため、ゲッティイメージズは、ライセンス供与時まで特定のアイテムが利用可能になることを保証できません。ゲッティイメージズのウェブサイトでライセンス対象物に付随する制限を注意深く確認し、それらについて質問がある場合はゲッティイメージズの担当者に連絡してください。 EZAアカウントは1年間有効です。ゲッティイメージズの担当者が更新について話し合います。

[ダウンロード]ボタンをクリックすると、リリースされていないコンテンツを使用する責任(使用に必要な許可の取得を含む)に同意し、制限に従うことに同意したことになります。


最も有名なサポテコ寺院、モンテアルバン

南ピラミッドの頂上に立つモンテアルバンは、サポテカ人がこの壮大な場所を故郷と呼んだ時代にあなたを簡単に連れ戻すことができます。

メキシコには長い歴史と多様な人口があり、60以上の先住民文化を含む数千年前にさかのぼります。それらのグループの中で最大のグループの1つであるサポテコ族は、オアハカ州南部に集中していました。彼らの栄光の時代の最も有名な名残、そして確かに最も息をのむようなものは、オアハカの街からわずか数マイルのところにある広大な複合施設、モンテアルバンです。

このサポテコ族の王冠の宝石は、メキシコで最も研究されている遺跡の1つです。南ピラミッドから北を見る。

しかし、モンテアルバンは多くの点で謎です。谷底から1200フィート上に位置し、約45エーカーの広大な場所です。その高さで、科学者は17,000から25,000人もの人々がこの地域に住んでいたと推定しています。しかし、この場所には、構造物が建設された場所に川や識別可能な淡水の供給がありません。実際、建物を建設するために使用された石のいくつかは、サポテコ族が車輪も輓獣も利用できなかったため、人間が谷から引き上げなければなりませんでした。この場所は防御的な属性のために選ばれたと推測されます(防御のために建てられた壁はモンテアルバンの北側と西側に沿っています)。

天文台にあるこれらのいくつかのような巨大な石は、下の谷から運ばれ、敷地内の多くの建物の一部です。

科学者たちは、他の先住民であるオルメカやミシュテカもモンテアルバンに住み、使用していたことを知っていますが、サポテコ族はこの場所と最も密接に関連しています。

これは、そこに住んで死んだ人々にとって、そして現代の研究者にとっても重要な場所である埋葬室につながります。

Zapotecsは古代の遺跡と最も関連がありましたが、Mixtecsはその遺跡を死者を埋葬する場所として使用することを好みました。

1987年、国連の世界遺産条約は、モンテアルバンとオアハカ市の市内中心部を世界遺産として宣言しました。モンテアルバンが世界遺産に登録された理由の中には、「この地域の基本的な年表と芸術的なスタイルを示し、壮大な寺院、ボールコート、墓、象形文字が刻まれた浅浮き彫りの遺跡があるユニークな次元…モンテアルバンは、知識、伝統、芸術的表現の文明を表しています。優れた計画は、南北に建てられたラインビルディングの位置で証明されており、空きスペースとボリュームの両方と調和しています。それは、メソアメリカと世界的な都市主義の両方におけるサイトの驚くべき建築デザインを紹介しています。」世界遺産のウェブサイトによると。

考古学者は、ビジターセンターでこれらのような多数の彫刻された石を発掘し、それぞれが物語を語っています。

複合施設全体の多くのように、時間はこの石の彫刻を侵食しました。

これらのレプリカの彫刻は、オリジナルが研究者によって発見されたエリアに残されています。左から2番目はお腹の調子が悪いのかもしれません。

中央に復元された石の柱は重要でしたが、同じくオアハカにあるミトラのものほど洗練されていませんでした。

モンテアルバンには、ピラミッド、テラス、埋葬室、天文台(メソアメリカで最初と考えられている)、パティオ、市場と商業のエリア、住宅、およびまだ発掘されていない他の多くの場所を含む、数十の建物があります。モンテアルバン(メソアメリカで最も多い)には170の既知の埋葬墓があり、総面積の多くと同様に、まだ発掘されていないものもあります。

展望台が手前にあるグレートプラザは、市場や商業が行われた場所だったと考えられています。

階段は急で大きいです。上下に細心の注意を払う必要があります。

天文台はメソアメリカで最初のものであると信じられており、古代のコンピューターで星を追跡するために建設されました。

遠くにいる訪問者のグループが、ボールコートを左手前に置いてシーンを調査します。

ほんの一例として、グレートプラザは長さが300ヤード以上(そして幅が200ヤード以上)伸びており、正確な南北軸に配置されています。ノースプラットフォームは、モンテアルバンで最大の石造りの建造物の1つで、渓谷と田園地帯の360度のクリアな景色を眺めることができます。モンテアルバンの時代とその地域の地震活動から、人間と自然の厳しさに耐えるように建てられたことが明らかです。

左のボールコートは、サポテコ族の文化において主要な役割を果たしました。優勝チームのキャプテンは死刑にされたと考えられています。

科学者たちは、モンテアルバンでの建設は紀元前500年頃に始まったと信じています。 (おそらくそれ以前に)そして次の1500年かそこらの間人が住んでいました。しかし、研究者が推測できるのは、西暦1、000年以前またはその前後のどこかであるという理由から、モンテアルバンは放棄されました。モンテアルバンの終焉に関連するいくつかの推測は、メキシコシティの外の寺院の衰退(モンテアルバンから重要な貿易相手を奪う)、過酷な気候で非常に多くの人々を維持するために必要な土地の集約農業、または政治的財産を異文化間の戦争。

1,200フィート下の谷は、現代の都市オアハカが繁栄する場所です。寺院群には一年中給水がありませんでした。

西洋人によるモンテアルバンの最初の研究は、スペインの王冠に代わって1800年代初頭に始まりました。本格的な研究は1850年代後半に始まり(グレートプラザを含むスケッチを含む)、1890年代半ばに行われ、1900年代の最初の数年間まで続いたより詳細な作業が行われました。

建物が修復されている場所がいたるところにあります。

遠くにオアハカ市があり、前景に発掘調査の概要が見えます。

しかし、モンテアルバンの壮大さの一部を明らかにするのは、1931年の最初の発掘から始まったアルフォンソカソの作品でしょう。メキシコシティで生まれたカソは、多くの発見をしました。最も重要なものの1つは、カソが金と翡翠の遺物を発掘した墓VIで発見されました。

修復作業は骨の折れる作業です。この技術者は、復元されたサイトの主要部分から離れた壁で作業します。

高原の場所は、シーンに真の威厳を与えます。

Zapotecsは、歯科や脳外科手術を含む多くの分野で高度なスキルを持っていると信じられていました。どうやら、この人は多くの仕事を必要としていました。

モンテアルバンでは、メキシコ政府の支援と、年間を通じてサイトを訪れる世界中からの何千人もの観光客が支払う入場料を通じて、修復作業と研究が続けられています。


今日のモンテアルバン

特に週末は、サイトが非常に混雑します。モンテアルバンはかなり広い範囲をカバーしているので、快適な靴を履く価値があります。日陰が少ないので、晴れたら帽子と水を持参してください。モンテアルバンからの眺めは、特に晴れた日には素晴らしいです。

遺跡の入り口には、モンテアルバンで行われた発掘調査の資料が展示された優れた博物館がありますが、英語の看板はあまりありません。ガイドが利用可能です-彼らは入り口の外に潜んでいます。公式のものもあればそうでないものもあるので、必ず資格情報を確認してください。


識別子

題名

ボールコート、モンテアルバン、メキシコ

クリエイター

中くらい

寸法

地理的位置

モンテアルバン、オアハカ州、メキシコ

主題

出版社

アメリカ自然史博物館研究図書館

権利

リポジトリで利用可能な権利に関する情報。

リポジトリ

アメリカ自然史博物館

コレクション

引用

&copy2021アメリカ自然史博物館研究図書館
オメカを搭載

アメリカ自然史博物館

79番街のセントラルパークウエスト
ニューヨーク州ニューヨーク10024-5192
電話番号:212-769-5100

アメリカ自然史博物館は、障害を持つ人を含むすべての訪問者がそのWebサイトにアクセスできるようにすることに取り組んでいます。詳細については、AMNHアクセシビリティページをご覧ください。


オアハカパート2:丘の上のサポテカ市モンテアルバン

Zapotecの古代モンテアルバンの北プラットフォームからの眺め。 驚いたことに、キャロルと私はモンテアルバンに恋をしました。私が見たほとんどの公開された写真は、リモートでそれを正義とはしていません。古代遺跡は素晴らしいだけでなく、オアハカの3つの素晴らしい渓谷の見事な360度の景色を提供する山の最上部にあります。サポテカ文明はメソアメリカで最も注目に値するものの1つでしたが、通常の理由ではありませんでした。彼らはテオティワカン、トルテカ、アステカのような偉大な帝国を作り上げませんでした。彼らはマヤのような都市国家の幅広い星座を構築しませんでした。 Zapotecsが達成したのは、ほとんど信じられないほどの長寿の文明でした。早くも紀元前600年から、彼らはメソアメリカで最も初期の最も神秘的な文明であるオルメカと接触していました。その後、サポテコ族はテオティワカンと同盟を結び、紀元800年の古典派音楽の終わりまでマヤ文明と交易しました。モンテアルバンが辞退して放棄された後も、サポテコ族はこの地域にとどまりました。彼らは到着したミシュテカと、後に上昇するアステカ帝国と衝突しました。スペイン人が到着したとき、彼らはまだ文化的に活発でした。 Zapotecsは、南北アメリカで最初の本格的な書記体系を開発しました(残念ながら、まだほとんど解読されていません)。一部の言語史家は、サポテコ語はオルメカ語自体から派生している可能性があると考えています。これらの他のすべての文明がはるかに短い期間で上下したことを考えると、全体として驚くべき成果です。 Zapotecsが持っていたのは、権力を維持することでした。

丘の上のサポテコの街、モンテアルバンの地図。 モンテアルバンは、中央オアハカバレーのサポテコ族の町の連合によって作成された計画都市でした。サポテコ族はしばらくの間権力を握っていました、そして彼らの書かれた言語と正確なカレンダーは紀元前600年の初めに完全に開発されました。紀元前500年頃、人間の労働力のみを使用して、サポテコ族はモンテアルバンの建設を開始しました。彼らは、相互に接続された3つの小さな山の頂上を平らにして、大きなピラミッドと宮殿を保持しました。生活空間と農業のためのテラスは、丘の側面を同心円状に輪になって走っていました。主要都市は、セロデジャガーまたはジャガー山の頂上に建設されました。都市計画は上に示されています。平坦化された領域は12エーカーにもなる可能性があり、南(左上)と北(右下)に大きなプラットフォームがあります。 2つのプラットフォームは、両側に寺院や宮殿が並ぶ巨大な広場で区切られていました。このグランドプラザの中心には、宗教的および天文学的な目的で建設されたいくつかの建物がありました。モンテアルバンに関する私の2部構成のセグメントの過程で、これらの古代の建造物の多くを紹介します。
モンテアルバンの北プラットフォームから南東を眺める。 オアハカ州の真ん中で3つの大きな谷が交差しています。モンテアルバンの山頂の場所は、その交差点の中心を占めており、遠くに見える現在の都市オアハカのすぐ西にあります。オアハカの谷の地図については、ここをクリックしてください。衛星ビューにオーバーレイとして表示されるマップを必ず待ってください。なぜ山の頂上に建てるのですか?考古学者は、この非常に困難で、費用がかかり、時間のかかるプロジェクトには、少なくとも3つの正当な理由があると考えています。第一に、当時の川の谷は洪水に見舞われがちでした。第二に、丘の頂上は明らかな防御位置と、接近する侵略軍に対する優れた見張り点を提供しました。第三に、この深く広く行き渡っている宗教社会では、山の高さがサポテコの宗教的および政治的指導者を彼らの神々に近づけました。 遠くから2500年前のテラスを見ることができます。上には、モンテアルバンコンプレックスを形成する他の2つの丘の頂上があります。上記のサイトは、それと他の小さな丘の頂上がまだ掘削中であるため、訪問者に公開されていません。しかし、一般の人々が住み、耕作しているテラスは、丘の頂上のすぐ下を左から右に走っているのがはっきりと見えます。モンテアルバンの主要な複合施設が位置する丘は1940メートル(6,400フィート)にあり、谷底から400メートル(1,300フィート)の高さにあります。モンテアルバンのサポテコ族は「雲の人々」と呼ばれることもあります。最盛期には、市内とその周辺に3万人もの人々が住んでいた可能性があります。
北プラットフォームの丸い角は珍しい機能です。 メインプラットフォームを平らにするとき、ビルダーは北端に大きな岩層を残し、それを北プラットフォームの基礎の一部として使用しました。プラットフォームは、上に見られるように、角が丸い高い壁に囲まれています。これらのコーナーは、サポテコ族の建造物の他の場所には見られない非常に珍しい特徴であり、ユカタンのウシュマルにある魔術師のピラミッドを除いて、メソアメリカのどこにも見られることはめったにありません。モンテアルバンの栄光の中で、滑らかに漆喰で美しく塗装されたこれらすべての建造物を見るときは、覚えておいてください。しかし、廃墟とはいえ、古代の天然石はそれ自体が温かみのある美しさを持っています。
グレートプラザの西側から見たノースプラットフォーム大階段。 ノースプラットフォームはそれ自体が完全に複雑であり、私は2番目のモンテアルバンセグメントのかなりの部分をそれに捧げてきました。寺院のピラミッドの複合体のいくつかは、大きな階段の頂上から上昇しているのを見ることができます。
南プラットフォームに向かって真南を向いたメインボールコートの眺め。 メインのボールコートは、モンテアルバンの東側、ノースプラットフォームのすぐ南にあります。トルテカ帝国の首都であるトランやマヤの都市チチェンイツァで見られるものと同様の方法で建設されています。レイアウトは大文字の「I」に似ており、上下に短いクロスピースがあり、長いトランクが傾斜した壁で縁取られています。壁は古代には滑らかだったので、硬いゴム製のボールが場で跳ね返ることができました。観客は壁の上部とコートの端に沿って座っていたでしょう。
少し南東に見えるボールコートの別のビュー。 背景には2号館と呼ばれるお寺が見えます。このボールコートは2つの点で珍しいです。まず、他のいくつかの素晴らしいボールコートの両側にある大きな石の指輪は存在せず、明らかにサポテコのゲームの一部ではありませんでした。第二に、メソアメリカで発見された他のほぼすべてのボールコートとは異なり、人身御供がゲームに関連しているという証拠はありません。元のゲームのすべてのルールを知っている人は誰もいませんし、サポテコ族にとってそれが持っていた宗教的重要性を完全に理解しているわけでもありません。ゲームは紛争を解決するのに何らかの役割を果たした可能性があります。ミシュテカは、サポテカ文明の衰退(750-800 AD)の後にこの地域に移り、その慣習の多くを採用しました。オアハカ州の高地ミシュテカ地域では、モンテアルバンのこの素晴らしいボールコートでかつてプレイされていたものに関連したボールゲームを、古代の観客の叫びと歓声に合わせてプレイしています。
ステラはボールコートの上に上がります。 石碑は、多くの古代メソアメリカの遺跡の主要な建物の近くまたは前に置かれた直立した石のスラブです。それらはしばしばその文明の歴史の中で素晴らしい出来事を記念するために場面と日付で刻まれます。アクセスが制限されていたため、ここの石碑に近づくことができませんでした。ワールドカップのサッカーの試合での勝利を記念して立てられた銅像のように、「ホームチーム」にとって大きな勝利を記録しているのかもしれません。
モンテアルバンボールコートのもう1つの珍しい特徴。 私がメキシコで見た他の古代のボールコートとは異なり、モンテアルバンコートはそれぞれ、コートの対角線上にある2つのコーナーにニッチを備えています。これらのニッチには、球技に関連した神々の像が含まれていたようです。あなたはまだニッチの根元にある石に彫られたレリーフを見ることができます。
グランドプラザの東側、南プラットフォームに向かっています。 長さ300メートル、幅200(984ft。lg、656ft。wd。)のグレートプラザのサイズは、非常に広角のレンズを使用するか、非常に詳細な距離から撮影しないと、キャプチャするのが困難です。消えます。東側(上)、西側、中央部の3枚の写真を見せてみました。プラザの東側の約半分には、広い階段が向かい合った2つの寺院があります。それらの間の芝生のエリアには、水神社と呼ばれるくぼんだ長方形のエリアがあります。これらの構造はすべて、互いに宗教的および天文学的な関係を持っています。ボールコートは左下に見えません。左側の次の大きな建造物はII棟、続いてP棟です。写真の右側には、グレートプラザの中央にある建造物、I、H、G棟、および展望台(別名Building)があります。南プラットフォームに隣接するJ。
グレートプラザの西側、南向き。 来場者の小さな姿は、プラザの巨大さを感じさせます。この写真の左側は、前の写真で見たグレートプラザの中央にある建造物です。真南は南プラットフォームです。右側(西)には、ダンサーの宮殿で区切られたMとKの2つの建物があります。モンテアルバンのセグメント2の西側にある建物を見てみましょう。
グレートプラザの中央の建物。背景にはサウスプラットフォームがあります。 複合体全体の中心性のため、これらの構造は特別な重要性を持っていたに違いありません。実際、南プラットフォームの大階段に最も近い建造物であるJ棟は、モンテアルバンの建造物の中で最も古いもののひとつであり、サポテカの征服の歴史の一部をその側面に記録しています。
北東を向いたII棟(左)とP棟(rt。)。 P棟には非常に珍しい特徴があります。大階段の約半分のところに開口部があります。シャフトは、構造内の小さな部屋にまっすぐに達します。年に2回、5月上旬と8月に、太陽はこの開口部の真上を通過し、下の部屋に光の軸を送ります。シャフトは、星系プレアデス星団を見るための「サイトチューブ」としても使用できます。写真の左側には、広場の東側にあるP棟の大階段と中央グループのH棟の間にある水神社の周りに集まった小さなグループが見えます。
水神社。キャロルとガイドが神社の左側に立っています。 中央構造物を取り巻くくぼんだ部分に水が充満した。どうやらこの神社は、宗教的な目的と水源としての実用的な目的の両方を満たしていたようです。メキシコの偉大な考古学者アルフォンソ・カソは、コウモリの神の見事に彫られた翡翠のマスクが、右側の見えないところにある南東の角に埋葬されているのを発見しました。写真右上の背景にP棟があります。神社の西側(キャロルとガイドの後ろには見えない)にトンネルの開口部があります。水神社の東側とP棟の間に対応するトンネル開口部があります。
石段は、サポテコ族の司祭が使用した古代のトンネルへと続いています。 トンネルは中央グループのH棟とP棟に通じています。P棟への1つは、年に1回の太陽の頭上通過からの光線を捕らえるために垂直シャフトが上昇する部屋へのアクセスです。オアハカ渓谷の半乾燥の特徴を考えると、水神社の重要性をよりよく理解することができます。水はほとんどのメソアメリカ文化にとって非常に重要な問題であり、特にこの半乾燥地帯では、サポテコ族も例外ではありませんでした。したがって、彼らは雨と稲妻の両方の神を持っていました コシーホ Zapotecで、そしておそらく水の女神。
中央グループの建物Hには、いくつかのユニークなZapotec機能が含まれています。 Zapotec寺院建築の典型的な特徴の1つは、メイン階段の両側にある広くて平らな傾斜面です。宗教的な儀式のために、大勢の人々がグレートプラザを占領する可能性があります。いわば「中心の中心」としてのH棟の位置は、統治者-司祭が畏怖の念を起こした群衆に完全に囲まれることを可能にするでしょう。あなたがそうするなら、一種の古代劇場インザラウンド。トンネルの入り口からH棟の寺院の頂上にこっそりと移動した僧侶の突然の出現は、センセーションを巻き起こしたでしょう。
Zapotecアーキテクチャのもう1つのユニークな機能は、肩甲骨と呼ばれます。 この機能は、モンテアルバンの多くの建物に見られます。上の写真にあるように、底面が開いた長方形で構成されています。肩甲骨は通常、人の首から吊り下げられ、胸骨に載っている装飾です。建築的には、これらの「肩甲骨」は長方形の石のデザインの両端からぶら下がっています。
階段は展望台J棟の入り口に通じています。 この建物は、サポテコ族だけでなく、モンテアルバン自体にもユニークです。天文台は、巨大な天文ポインターのような形をした5面のピラミッドです。その珍しい形に加えて、その壁はサポテコ族が隣人を征服した歴史的記録として機能しました。天文台は、グランドプラザの中央グループの南端、サウスプラットフォームの大階段の直前にあります。
天文台(J棟)は鏃の形をしています。 矢印の頭は南西を指しており、市内の他のすべての場所の厳密な南北方向から45度の角度になっています。前の写真に見られる階段は、左下のデザインの暗い領域です。元の構造の上に、僧侶だけがアクセスできる長方形の寺院がありました。考古学者は、プラネタリウムを使用して紀元前250年の空を再現しました。右上の鏃頭の先から階段の真ん中を下って(北東に)伸びる線は、P棟とその不思議な垂直軸の真上を通ります。他の測定値は、サザンクロスとカペラの星系の設定に対する方向を示しています。鏃の先端の両側には、初期のサポテコ族の征服を祝う魅力的なレリーフ彫刻が施された大きな平らなエリアがあります。天文台はモンテアルバンで最も古い建造物の1つです。
天文台の矢じりの先端に彫られたレリーフ。 上記のレリーフ彫刻は、天文台の外壁を覆うために使用された多数の1つです。両側に2つの塔がある城のような構造のように見える上部のデザインは、モンテアルバンを表すシンボルです。この下には逆さまの頭があり、近隣の町や都市の転覆を表しています。デザインの特定の側面は、征服された町の名前を示しています。サポテコ族は、自発的な協力によってモンテアルバンとその文明を築き上げませんでした。彼らは征服された人々に対する鉄の拳の支配を維持し、それを通して彼らは賛辞を得て、彼らの偉大なピラミッドと宮殿を建てるために労働を強制しました。
南向きの北プラットフォームからの眺め。 廃墟のこの部分には、1本の大きな柱が残っています。柱の右側には、テオティワカン帝国の影響を裏切る壁の一部があります。壁の下部を見ると、垂直セクションの下に、床に合うように外側に傾斜している小さなセクションがあることがわかります。これは、キャロルと私がメキシコシティの北にあるその大きな廃墟を訪れたときに見たテオティワカン建築の非常に典型的な特徴です。実際、ノースプラットフォームの大部分は、商人や外交官が住んでいた「テオティワカン地区」だったのかもしれません。その帝国が紀元前100年から西暦500年の間に開花したとき、サポテコ族とテオティワカン族の間には明らかに強い商業的および政治的関係があり、テオティワカン族で「ザポテコ族地区」が発見されました。しかし、テオティワカン族と同じくらい大きくて強力であったため、サポテカ族は彼らより長く長持ちしました。

Tlachtli

編集者が提出内容を確認し、記事を改訂するかどうかを決定します。

Tlachtli、儀式球技に使用されるボールコート、またはフィールド( オラマ)コロンブス以前のメソアメリカ全体で演奏されました。おそらくオルメカ(ラベンタ文化、 NS。 800–NS。 西暦前400年)またはそれ以前に、ゲームはその後の文化、特にモンテアルバンやマヤのエルタジンの文化に広がりました( pok-ta-pok)およびToltec、Mixtec、およびAztec。アステカ時代には、 オラマ 貴族のゲームであり、しばしば重い賭けを伴いました。さまざまな神話が球技について言及しており、時には昼と夜の神々の間の争いとして言及されています。それはまだ孤立した地域で再生されます。 Tlachtliオラマ ナワトル語です。

セリフのある首都Iのような形をしており、南北または東西に向いているボールコートは天国を表しています。プレーヤーは、重いパッドを身に着けて、肘、膝、腰を使って、固いゴム製のボールを相手のコートの端に打ち込みました。後古典期(後 NS。 900 ce)、目的は2つの垂直の石のリング(コートの両側に配置されている)の1つを通してボールを打つことでした。ボールは太陽(または月や星)を表し、リングは日の出と日の入り、または分点を表しています。非常に暴力的なゲームで、重傷を負ったり、場合によっては死に至ることもありました。さらに、人身御供も周囲の儀式の一部でした tlachtli.


聖なるアステカ球技

スペインのカルロス5世と彼の宮廷は、16世紀初頭に国王の名前で土地が最近征服されたメキシコのボールプレーヤーのグループがゴムボールを巧みに打つ能力を示したとき、完全に驚いたに違いありません。彼らの腰で。アステカ帝国の征服者であるエルナンドコルテスが、スペイン半島への旅行の1つでこれらのプレーヤーを連れて行き、ヨーロッパ人の間で大きな賞賛を引き起こしました。

アステカのTlachtli戦士

半裸の体の公の光景にほとんど慣れていない聴衆は、これらのプレーヤーの体の筋肉の収縮を簡単に理解できました。彼らの唯一の服装は、maxtlatl(男性が伝統的に使用するふんどし)とお尻の革のプロテクターでした。膝、そして足首。

優雅で精悍な動きに加えて、それまで旧世界では知られていなかったアメリカ原産の素材であるゴム製の球形の物体の跳ね返りのスピードと力に観客は感銘を受けました。ボールはぼろきれや革でできていたため、遅くて重くなりました。

これらの男性が遊んでいたのは、私たちがプレヒスパニック球技またはウラマと呼んでいるものです。アステカ語は、オリンに由来します。これは、動き、闘争、反対の結合を意味し、ルートのウリまたはゴムに由来します。このゲームの他の名前は、それがプレイされる地域に応じて、tlachtliとpok-ta-pokです。

聖なる球技フィギュア

人生を一新する血

球技はスポーツや娯楽としてのみ行われることもありましたが、古代からウラマーは主に儀式的な神聖な目的を持っていました。それは、宇宙と普遍的な秩序の維持を保証するために、太陽の運命を神聖にするために使用されました。

犠牲による死は、ヒスパニック以前の宗教と宇宙進化論の象徴に統合され、古代メキシコ人のいくつかの神聖な儀式の本質的な部分でした。これらの儀式では、こぼれた血は闇の神々の逆の力と戦うことに貢献した要素になりました。ボールは太陽を象徴し、プレーヤーは恒星の存在を表しています。この儀式では、2つのチーム(それぞれ1人から7人の男性)が互いに対峙し、太陽の動きをサポートするチームもあれば、太陽の動きを止めようとするチームもありました。ボールが持つべきコースとは逆の動きをしたプレーヤーは、太陽と同じように斬首され、彼の死によって、太陽の絶滅の致命的な発生を回避し、それによって、大宇宙。

ボールゲームプレーヤーを説明するスペイン語の文書

しかし、球技の象徴性は、それとともに、闇の終わりをもたらしました。それはまた、豊穣儀礼でもありました。斬首されたプレーヤーの血は、雨、畑に栄養を与え、植物が努力することを可能にする貴重な液体を表しており、したがって、男性は栄養を与えられ、人生は続きました。このため、神聖なウラマーの終わりには、勝利したチームも打ち負かされたチームもありませんでした。斬首されたプレーヤーは、犠牲が名誉と見なされたために負けることはありませんでした。結局のところ、それは宇宙秩序の勝利を意味したからです。

TlachcoまたはBallCourt、神聖な空間

現在のウラマープレーヤーは、オープンエリアや遊歩道で、あらゆるタイプの観客の前で遊ぶことができますが、ヒスパニック以前の時代には、この儀式の象徴には、太陽の動きが起こった天体の設定を再現する神聖で閉じた空間が必然的に必要でした。

一部の研究者は、球技は、紀元前1500年頃にメキシコ湾沿岸の最初の住民であるオルメカの間で始まったと信じています。しかし、ベラクルスやタバスコのオルメカの大都市では、この儀式スポーツの存在の最も重要な証拠であるボールコートの痕跡はまだ見つかっていません。最も古い既知のウラマ裁判所はチアパスで発見され、紀元前600年の間に日付が付けられました。西暦100年この時からヨーロッパの征服まで、16世紀の初めに。メソアメリカ(メキシコ北西部から中央アメリカまで広がる)として知られるすべての地域で、球技の一般的な実践には特定の建築構造が必要でした。

Tlachcoまたはボールゲームコート

一般的に、この構造は、大文字の&#8220I&#8221、またはおそらく2つの&#8220T&#8221&#8216がベースで結合されていることを思い起こさせる独特の形状の大きなパティオで構成されていました。狭い中央部と2つの広い端が呼ばれます カベザレス またはヘッダー。これは大多数のウラマーコートの基本構造ですが、メソアメリカの領土全体でさまざまなバリエーションとサイズで見つけることができます。観客が試合を観戦する床に関連して沈んでいるものもあれば、広場と同じ高さのものもあります。しかし、それらはすべて傾斜した壁、またはタルド、および垂直面を持っています。これらの壁のいくつかには、ボールが跳ね返ったり通過したりする大きな石の輪が埋め込まれているため、ゲームは非常に壮観になりました。

上記の指輪、地面のマーカー、ニッチ、歩道、高いレリーフなどの彫刻された要素の存在は、これらの裁判所のそれぞれの儀式的で象徴的な感覚を識別することを可能にします。

ウラマ、聖なる球技

たとえば、現在のオアハカ州に属する地域では、モンテアルバン、ダインツ、ヤグルなどの最も有名なボールコートには、石の指輪がないという特徴があり、カベザレスや円形にニッチがあるものもあります。ボールが跳ね返ったと考えられていたパティオのディスク。一方、神々の都テオティワカン(メキシコの中央高原)では、ウラマーの法廷がまだ発見されていないのは奇妙に思えます。 However, the mural paintings of the Palace of Tepantitla portray both the players and the sacrificial rituals associated with this activity, and in the nearby La Ventilla area, a beautiful ulama marker has been found.

The archaeological sites of Tula, Xochicalco in Central Mexico, show that since 700 A.D. the particularity of this ritual sport was the presence of huge stone rings embedded in the walls that rest upon the taludes. This indicates that the game required the players to make the ball go through the ring, hitting it with their hips. In Tula these rings were decorated with reliefs of undulating serpents and the walkway with the images of warriors, elements which strongly link this city, capital of Quetzalcóatl, the Aztec’s main god, with the Mayans of the Yucatán Peninsula.

Sacred Ball Game Players

Mexico-Tenochtitlan, the center of the Aztec empire, had numerous courts for this ritual sport, the largest of them in the Templo Mayor. The inhabitants of El Tajín, on the coast of the Gulf of Mexico, for their part, erected many courts (seventeen) in their city, the same as the people of Toluquilla and Ranas, in the Querétaro mountain area, and those of Cantona. in Puebla. It is notable that the main court in El Tajín has, as significant elements, six magnificent reliefs that associate this ceremony with the worship of pulque, and depict the crowning moment of a player’s decapitation.

The cult of the ball game in these archaeological sites surely surpasses its practice in other Mesoamerican regions. If today these archaeological sites, with their many ball courts, still strongly impress us, imagine what it would have been like in their time of splendor, with this ritual sport being played simultaneously. with all its paraphernalia, in different ulama courts.

Sacred Ball-game participant

Without a doubt, the Mayan area in the Yucatán Peninsula is where the largest number of ball courts has been found. There is practically no site in all of this extensive area where at least one structure dedicated to this mythical ritual sport wasn’t built.

Of all of them, the Great Ballcourt in Chichén Itzá, Yucatán, built around the year 900 A.D., is the most spectacular. both because of its great dimensions and its well-preserved construction and sculptures. This architectural complex boasts, among others, the Temple of the North Cabezal, where phallic cults are depicted, and the Temple of the Jaguar, with its descending serpents, associated with the itzaes’ military victories. The rings or markers in this ball court have the shape of two undulating plumed serpents, associated with Kukulcán, the Mayan representation of the Aztec god Quetzalcóatl.

Carving depicting a decapitated player and beams of serpents

The reliefs on the walkways particularly stand out: they portray richly dressed players and the decapitation of one of them as a final offering to the creation of the Universe, which is why the blood which bursts from his neck is transformed into a beam of serpents, a fertility symbol par excellence. That is why the flowering plant that, like a climbing vine, also emerges from the decapitated man’s neck and covers the background, alludes to the main significance of this ceremony: the blood that was spilled in sacrifice nourishes the earth, thus allowing the continuity of life in the Universe.

Game, sport, or ritual: ulama symbolizes the sacred movement, vital and transcendent. It is a life that is transformed into death to perpetuate life it is man’s blood that fertilizes the earth and wards off the spectre of hunger, allowing the continuity of human existence on earth and preventing the darkness of night from forever taking over the world.
Although the game of Ulama has been slowly disappearing since the Spanish Conquest, today we are fortunate to find that it is being recovered in various Mexican regions. The state of Sinaloa has the great merit of having kept the game alive until our days, spreading it to faraway regions such as the state of Quintana Roo, where it is played in Xcaret Park in various modalities and with courts constructed expressly for this purpose, for the good fortune and enjoyment of all those who visit.


An Underground Temple Revealed

When Scott Hammerstedt saw the anomaly pop up on the computer screen, his first instinct was to keep quiet. There was no sense getting the others excited if it were a false alarm.

The Oklahoma archaeologist needed to run more data before he could confidently share the discovery of a lifetime. So, as other team members milled around the house after another long day of field work, Hammerstedt sat quietly tapping on his laptop and biting his tongue.

Within a half hour, he had what he needed. “Come look at this!” he finally exclaimed. And that is when the party started.

“I think we had a few cocktails that night,” Hammerstedt says. “Everyone was super excited.”

Hammerstedt, a senior researcher at the Oklahoma Archeological Survey, was part of a team of University of Oklahoma scientists who discovered what appears to be the remains of a buried religious temple, which could further explain the origins of the 2,500-year-old city of Monte Albán, home to one of North America’s oldest civilizations.

OU archaeology professor Marc Levine led the 2017 expedition to the site in the southern Mexican state of Oaxaca, where they used geophysical technology to explore what lies beneath an 11-acre expanse known as Monte Albán’s Main Plaza. Archaeologists have been studying the ancient site for nearly a century, but Levine and his crew were the first to survey the Main Plaza with the modern technological wonders of magnetic gradiometry, ground-penetrating radar and electrical resistance. Results of their findings were published earlier this year in the journal, Latin American Antiquity.

Using those three tools, Levine, Hammerstedt, Oklahoma Archeological Survey Director Amanda Regnier and a cadre of other specialists spent a summer month at Monte Albán, sweeping the plaza for clues to the city’s mysterious past. They had been working for three weeks, running across several interesting images, but had made no startling discoveries until the final week of their stay. That’s when images from what appeared to be the remains of three buildings in the center of the plaza area appeared on Hammerstedt’s computer screen.

“We were pretty excited, and all of our instruments confirmed the discovery,” Levine says. “The irony is that we were not even going to look in that area, so this was unbelievable. We feel very fortunate that we found something we could hang our hat on. It fulfilled all of our expectations and more for this project.”

Levine, who also serves as an associate curator at OU’s Sam Noble Oklahoma Museum of Natural History, says the buildings’ foundations are buried just a foot below ground. The walls were likely dismantled in antiquity and the materials, like stone blocks, reutilized for later constructions.

Each of the three imaging technologies used to locate the hidden structures works differently, with unique strengths and weaknesses, Hammerstedt says. By sweeping the plaza with all three instruments, the overlapping technologies compensated for limitations of each and provided more accurate images.

Through those images, the OU team could recognize structural attributes similar to later temples that had been excavated at Monte Albán. Levine says the close comparisons strengthen the argument that their discovery is a temple that was built during Monte Albán’s early history, sometime between A.D. 200 and 500 B.C.

The main building is square, with walls that are 59 feet long on a side, ranging from five to more than six feet thick, possibly to support heavy, stone block superstructures. The main building appears to have had columns on one end, a staircase and an entrance facing east.

As with all science, one discovery can lead to many more questions, and Monte Albán is no exception. While Levine thinks the remains were from a temple, he admits there are other possibilities and other questions, such as precisely when the buildings were built, who used them and when they were torn down and buried.

The answers will require excavation, which is complicated by Monte Albán’s status as a UNESCO World Heritage site, where excavation applications are heavily scrutinized.

Nonetheless, Levine is moving forward, hoping to obtain a permit to study the site further, even if only to excavate a small area to recover material, such as charcoal, that can be carbon dated to determine when the structures were built. The information could significantly advance understanding of the city’s historical development.

For generations, the ancient capital has been an international tourist attraction with hundreds of thousands of visitors each year. Inhabited from about 500 B.C. to A.D. 1,200, Monte Albán is built on a mountain and comprises terraces, artificial mounds, dams, canals and pyramids, along with magnificent temples, ball courts, tombs and carvings with hieroglyphic inscriptions.

Levine says an estimated 15,000 to 30,000 people populated the capital at its peak, with hundreds of thousands more living in adjacent communities that formed what amounted to an ancient metropolis with an interconnected system of government and markets.

“Monte Albán is one of the earliest urban societies in Mesoamerica,” Levine says. “Imagine it on a global map as one of the flickering lights where people were doing unusual things like building politically complex centers that were home to thousands of people.”

Just as in other parts of the world at that time, stratification within society began to develop with elites, commoners and a servant class, Levine says. Leaders would sponsor trade expeditions, sending parties hundreds of miles, where they would exchange goods as well as ideas.

“Monte Albán is one of the first urban societies in Mesoamerica,” Levine says. “So, it has long been considered a place to test and investigate ideas about the origins and development of complex urban societies. We want to know why these cities arose in Mesoamerica the same way we ask why they were established in Mesopotamia or in Egypt or China.

“America is another one of those areas in the world where we can examine the initial development of social inequality with powerful leaders, powerful states. There was a constellation of early cities that were doing similar things at the same time.”

But Levine says Monte Albán became a regional capital, conquering nearby neighbors and ultimately controlling a large area.

“So, Monte Albán and places like it represent real milestones in world history. It is important for us to understand the history of how we got to where we are today. In many ways, we can relate to Monte Albán’s urban society because it’s somewhat like our own,” Levine says.

People can relate to a social system where there is a capital city and outlying developments, similar to modern-day urban and suburban communities, he says.

“In many ways, this is easier than relating to a hunter-gatherer group that moves across the Rocky Mountains, traveling dozens of miles hunting elk,” he says. “That’s very different from our experience, but Monte Albán represents a pivotal point in history when people began living in cities, where trade and commerce became more important than ever before, and social differences emerged between the haves and the have-nots.

“We talk about ‘the 99%’ today. This is the beginning of sharp social distinctions between commoners and elites, so Monte Albán is an important place to study early inequality and we need to understand its history.”

Levine says there is scientific debate over what drove the growth of Monte Albán. How did the city attract tens of thousands of people to live in the region and why was its culture prosperous and successful for so long?

Some argue religion was the glue that held society together through powerful religious leaders and ideas. Others believe Monte Albán was founded on militarism with strong commanders who provided protection in an uncertain social environment filled with conflict and conquest.

Levine says the discovery he and his team made in 2017 could play a significant role in answering questions about Monte Albán’s origins, growth and long prosperity.

“If we found a temple at Monte Albán that dates to the earliest period, if we can verify it is a temple, then that may support the idea Monte Albán, early on, was a kind of religious mecca that attracted people to come live there, and religion was the social glue and engine that ran the place,” Levine says.

“So, the significance of our discovery is that it can transform our understanding of what Monte Albán really was,” Levine adds. “And, in a broader sense, it can weigh in on these kinds of meta-arguments and clarify what early Mesoamerican civilization was all about, showing us the most important catalyst for the development of complex societies in the New World.”

Oklahoma Archeological Survey researcher Hammerstedt credits geophysical technology for revolutionizing archaeology by allowing scientists to cover every inch of open space within an excavation site. Because of such technology, he says, archaeologists are returning to large plaza areas like the one they explored at Monte Albán to look for answers long hidden.

“On the day we made our discovery, I knew we had found some interesting stuff,” Hammerstedt says. “But I didn’t know at the time we had something that interesting. I can say I have only been to Mexico once in my life, but while I was there, I dropped the mic.”

As their discovery celebration wound down in 2017, Levine wondered what he would tell the local media, and he finally concluded it would be a simple story that any archaeologist would love to share.

“I told them that I found a buried temple,” he says.

Chip Minty is a Norman-based writer and the principal of Minty Communications, LLC.


The Importance of the Rubber Ball

Before we talk about the significance of the “ball-game” in many of the civilizations of Mesoamerica, we want to address different important aspects that went into the logistics of the game. One of the most important pieces of the game is the ball. While, in modern times, we consider the availability of balls for different sports and activities to be a given fact, the acquisition of a ball was extremely important. The ball that was used for the “ball-game” in Mesoamerica was in fact made of rubber. The use of rubber was important in the Olmec, Aztec and Maya civilizations of Mesoamerica.

Rubber was created by taking latex from rubber tress (that were in abundance in Mesoamerica) and adding juice from morning glory vines. The advanced engineering skills these civilizations used to make different types of rubber are very impressive. Rubber was important not only for making this ball but also for other things such as making rubber sandals.To create different types of rubber they changed the amounts of latex and juice that they added to their mixture. According to Rachel Kaufman of National Geographic News, “A 50-50 blend of morning glory juice and latex created rubber with maximum bounciness, while a 75-25 mix of latex and morning glory made the most durable material.”[1]

Rubber was a large part of the lives of these civilizations. Often, we tend to think of ancient civilizations are primitive and as our developments in modern time being the most sophisticated and advanced. However, rubber serves as an example of the incredibly advanced developments these civilizations had. Specifically in the Aztec civilization, their manipulation of rubber showed their intensely scientific minds and their engineering capabilities. It is important to remember that while our modern civilizations are very advanced as well, there is a great deal that we can learn from the developments in technology made in ancient times.

The type of court used to play the “ball-game” depended on the zone where it was being played. For example, in the lowlands Mayan area the ball courts had open ends which were thought to keep entry to the courts limited for ritual purposes. The courts had vertical walls with stone rings in the center.

The highland Maya zones were shaped like an “I” and had slanted walls. They also had stone heads on each wall. The size and structure of the courts suggests a relationship to the significance of the ritual and the authority of the ruler of that site. Generally speaking however, the ball game was played with the rubber ball in an attempt to get the ball in the hoop, wherever the hoops were placed on the courts. The location of the hoops changed depending on the court, as well as the incline of the walls. Since they could not use their hands, those who were playing used protectors on their knees and hips in order to be able to hit the ball. More specific rules, however, were particular to the site of the ball game and were subject to change. Despite any differences in the layout of the game and specific rules, overall, the game had to be played using ones body to try to put the ball in the hoop.


ビデオを見る: モンテアルバン オアハカ (かもしれません 2022).