ニュース

大英軍が正面に向かって料理をしている、1914年

大英軍が正面に向かって料理をしている、1914年


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

大英軍が正面に向かって料理をしている、1914年

ここでは、1914年の戦闘の早い段階で、正面に向かう途中の休憩所でイギリス歩兵のグループが料理をしているのが見えます。軍隊がライフルを散らばらせているため、このエリアはかなり安全である必要があります。


ダーダネルスキャンペーン

1915年3月、第一次世界大戦中(1914-18)、イギリス軍とフランス軍は、ヨーロッパとアジアを隔てる戦略的に重要な海峡を支配することを期待して、トルコ北西部のダルダネレスでトルコ軍に対して不運な海軍攻撃を開始しました。ダーダネレスでのキャンペーンの失敗は、その年の後半にガリポリで続いたキャンペーンとともに、大きな犠牲者を出し、イギリスの最初の領主であるウィンストン・チャーチルの評判を含む連合軍の戦争司令部の評判に深刻な打撃を与えました。ダルダネレスでのトルコに対する攻撃的な海軍攻撃の支持者であった提督。


第一次世界大戦における戦闘の回復力–歴史的レビュー

第一次世界大戦は、ほとんどの兵士が積極的な参加者になるとショックを受けたというひどい経験でした。兵士たちはこの戦争の厳しい現実にどのように対処できたのでしょうか。親しい友人や仲間を次々と戦いで失ったにもかかわらず、どうやって彼らは続けることができたのでしょうか?説明に反する状況で、彼らはどのようにして兵士、ましてや人間として機能することができたのでしょうか?塹壕戦は、人の力を奪い、日を追うごとに機知に富んだ異星人の世界でした。そのような状況で、兵士たちはどのようにして鋭敏になり、任務を遂行したのでしょうか。これらの質問や他の多くの質問は、AlexanderWatsonの研究の主題です。 第一次世界大戦に耐える:ドイツ軍とイギリス軍の戦闘、士気、崩壊、1914〜 1918年。 「軍事的回復力と戦闘動機の一般的な省略形である「士気」を構成するものの問題は、この本の中心であるだけでなく、戦場でのパフォーマンスに関する20世紀の文献の中心でもあります」(p.140)。ワトソンは、第一次世界大戦での兵士の経験を掘り下げ、彼らの物語と、彼らがどのようにして戦争に「耐える」ようになったのかを記録します。ワトソンが読者の前に絶えず置いている中心的なテーマは、4年間の計り知れない期間にわたる兵士の「回復力」です。兵士は、第一次世界大戦に「耐える」ために回復力がなければなりませんでした。もし彼がそれらの生来の資質を持っていなかったら、彼はすぐに犠牲者になるか、戦闘が無効になるでしょう。どちらの結果も戦争努力に有害でした。レジリエンスは多くの兵士が共有する共通の属性であり、士気と持久力に密接に関連していました。これらはすべて変数であり、まとめると成功につながります。しかし、これは普通の戦争ではありませんでした。

兵士や戦場の居住区の写真は、英語で知られているどの言葉よりも多くの意味と力を伝えます。ポール・ファッセルの表紙を飾っている若い兵士から多くのことが推測されています 大戦争と現代の記憶 さまざまな個人がさまざまな意味と真実を抽出します。しかし、写真が照らすことができなかったのは、彼らを深く苦しめた心理的な恐怖と恐怖でした。この戦争は独特でした。これらの課題のために、士気が大きな懸念事項であった理由を理解することは理解できます。それは、フィールド・マーシャル・ヘイグからサンドハーストから出たばかりの小隊のサバルタンまで、すべての将校を心配していました。そのような恐ろしい状況で戦時中に士気をどのように作り出すかはそれほど確実ではありませんでしたが、それは成功の主要な要素と考えられていました。戦場と塹壕自体の性質は、最強の男を割るのに十分でした。自分の運命や仲間の兵士の運命を自分でコントロールできないことは、受け入れるのが大変でした。 「不快感や塹壕の客観的な危険性ではなく、制御不能の概念がストレスの主な原因でした。 ’(p。34)。敵が肉眼では見えない距離のどこかに潜んでいることを知ると、恐怖が高まりました。激しい恐怖、倦怠感、そして戦争が無期限に続くかもしれないという知識にもかかわらず、兵士たちはよく戦うことができました。ワトソンは、これらの兵士は祖国、愛する人、未来のために戦ったため、以前に提案されたよりも回復力があり、勝利を収めると確信していたと主張している(pp。53、82–3)。ワトソンの意見では、それが核心でした。兵士たちは、最終的には敵を打ち負かし、その後、以前の生活に戻ることができると信じていました(p.183)。自分で選んだ未来への信念は、その夢が実現するまで続けるための強力なインセンティブでした。

彼の最新の記事では、彼の著書であるアレクサンダー・ワトソンと彼の同僚であるロンドンのキングス・カレッジのパトリック・ポーターのために行われた研究の続きが、犠牲的イデオロギーの役割と、それが戦闘のパフォーマンスと士気に与える影響を調査しています。主題とその重要性にほとんど注意を払わない。 (2)ワトソンとポーターは、ビクトリア朝の英国の文化と価値観に少年時代から将校や他の階級が深く根付いていたため、犠牲的イデオロギーは塹壕では当たり前だったと主張しています。個人的な手紙や日記は、犠牲を示すカラフルな言葉を明らかにします。 「勇気」、「犠牲」、「名誉」、「ただ」などの刺激的な言葉は、兵士が職務の遂行を伝える際に使用する「ハイディクション」の例です。(3)これらの若い男性は英国の輝かしい過去を痛感していました。 、世界での彼女の場所と彼女の帝国。彼らは深い意識を持っており、彼ら自身をその保存の保証人と見なしていました。英国の先駆的な過去とのこの個人的な同一性と現在の若い男性との関連性は、愛国心を非常に重視したボーイスカウトのような青年組織の直接の結果でした。サム・プライクは、英国の称賛された歴史への感謝を燃やしながら、ボーイスカウトが英国の若者に美徳と性格を称賛する上で果たした極めて重要な役割を探ります。アウトドア、冒険、そして英国の英雄的な過去とのアイデンティティの感覚を養います。

ボーイスカウトのような青年組織が成功を収めているため、犠牲的イデオロギーは兵士の手紙の中で「最も明確かつ個人的に明らかにされている」。(5)彼らが成功しなかった場合、犠牲的イデオロギーはこれらの手紙に著しく欠けている可能性がある。男性の士気に悪影響を及ぼしています。しかし、一部の歴史家は、他のランクは「高いディクション」を示す可能性が低く、その点で部分的に正しい可能性があると主張しています。しかし、彼らは彼らの祖国への愛国心と献身の本当の感覚を持っていました、そして証拠は同じように言います。 「そのような感情は、実際に通常想定されているほど珍しいことではありませんでした。数万人の兵士の手紙から編集された検閲報告書は、とりわけ理想主義的な信念と犠牲的意欲の継続的で広範な証拠について明確に述べています。ランク。 ’(6)犠牲的イデオロギーは、ワトソンの初期の研究の論理的拡張であり、士気と犠牲的意欲が第一次世界大戦の結果と密接に関連しているという彼の論文を補完します。

士気は多次元であり、その多くの複雑さを理解するために広角レンズアプローチに値するため、士気の補足的な考慮事項は議論する価値があります。 S. P.マッケンジーは、ワトソンとは異なるが補完的な角度から士気を見ています。彼は、戦争中の士気のうねりの要因として、上級職員と最前線の将校および他の階級との間の拡大するギャップに十分な注意を払っています。英国海外派遣軍の上級将校の士気は、前線の状況に触れていない。しかし、リーダーシップの変化は、士気と戦争の過程にプラスの影響を与えたいくつかの具体的な変化につながりました。ハイグはこれらのイニシアチブの背後にある創造的な天才ではありませんでしたが、それでも彼の部下を助ける可能性のある新しいアイデアにオープンマインドでした。彼の部下を認めることは、「ほとんど超人的な労作を経験した」。 」と疲れ果てて疲れていたハイグは、部下の士気を維持するのに役立つプログラムを受け入れていました。(8)士気は重要でしたが、兵士の福祉と精神的健康も重要でした。平和と未来について話し合った教育プログラムは、戦線の絶え間ないストレスに対する緩和ケアに役立ちました。それは「兵士の思考を形作り」、ぼんやりしたり自己満足したりするのではなく、集中して警戒を怠らないようにするのに役立ちました。彼らが彼らのCOの祝福を持っていることを知って参加してください。男性の無修正の感情の信頼できるバロメーターを証明する興味深い証拠は、第3軍の検閲官ハーディー大尉の証言です。ソンムの戦いの後、彼は、男性は一般的に元気に話していて、「兵士たち」が弾力性と忍耐力のある男性は、ハーディー大尉が第3軍の検閲官として過ごした年月によって裏付けられています。

極度の緊張戦争が男性に迫るだろうと予想して、現場の男性を支援し、彼らの精神を高めるために慎重な措置が取られました。士気を高め、慰めと慰めを与えるために、何千人もの従軍聖職者が正面に派遣されました。しかし、戦争の初めに出された指令は、牧師が病んでいる男性を前線で管理することを妨げました。指令は1915年に取り消されましたが、兵士は牧師から距離を置いていたとマッケンジーは述べています。(11)これは、男性が牧師を切実に必要としていたが、最も暗い時間に彼らを奪われた機会でした。さらに、彼らがアクセスを許可されたとき、牧師たちは精神的な指導と慰めではなく宣伝をもたらしました。それが彼らが最も望んでいたことでした。牧師が慰め、兵士たちに耳を傾けることを許可されていれば、士気は指数関数的に上昇した可能性があります。マッケンジーは、ハイグに対する厳しい批判を認識し、ハイグの行動と教育プログラムの迅速な実施を称賛することによって、バランスの一部を是正しようとしました。マッケンジーは、ハイグのポール・ファッセルが個性とユーモアを欠いた無能な指揮官として描いた絵とは対照的に、彼の部下がフラグを立てて救済を熱心に求めているのを見るのに十分な知覚力のある男としてハイグを描いています。男性またはファッセルとしての彼らの心の状態はほのめかしますが、彼らの状態を知らされたときに断固として行動しました。マッケンジーは、ハイグの記憶のリハビリに少し貢献しました。

現場での兵士のパフォーマンスは、彼の制御が及ばない状況によって決定される可能性があります。敵対的な環境では、兵士はすぐにさまざまな試練に遭遇する可能性があり、行き詰まりを安全にナビゲートするために力の「内部予備力」を利用する必要があります。(13)オックスフォードの歴史家ヒューストラカンは、士気を植え付ける3つの一般的なモードをほのめかしています。軍。これらの方法は、主要なグループ、イデオロギーの教化、および罰です。ストラチャンの意見では、それらはすべてメリットがありますが、戦争の現実に備えて男性を準備することはできません。しかし、訓練は多くの不確実性を軽減し、男性がより効果的に戦争環境に移行することを可能にし、過去の経験の知識を確保することができます。しかし、もっと重要なことは、それは戦争の未知の変数のために兵士を精神的に準備します。 「したがって、トレーニングの価値は大部分が心理的です。それは、自信を生み出すことを可能にするプロセスであり、エンパワーメントの一形態です。」(14)

シミュレーションは、実機銃の発砲、自発的な強制行進、私有と露出、夜間攻撃などの音に兵士を調整するのに大きな価値があります。この訓練は、戦闘地帯での兵役に備えて兵士を準備する上で非常に貴重です。彼らの生活は、この訓練と、真の戦場の状態を模倣する能力に大きく依存している可能性があります。 Strachanの考えでは、激しいトレーニングに代わるものはありません。訓練によって男性が固くなるほど、彼は有能な兵士になるだけでなく、彼自身の能力に自信を持つようになるでしょう。自信は士気と密接に関連しています。トレーニングは、男性が生き続けるだけでなく、専門的な方法で職務を遂行するための適切なスキルセットを持っていることを保証します。男性が基本的なトレーニングであろうとなかろうと、トレーニングレジメンを経験するとき、彼らはより良い男性を経験し、自分自身とチームの能力に自信に満ちています。ワトソンとストラチャンは、男性には限界があることをよく知っており、何年にもわたる厳しい戦いに備えるためのトレーニングはありません。ストラチャンによれば、男性は「勇気の有限のストック」を持っており、戦闘準備を保証し、崩壊を防ぐための最良の方法は、今後の課題に十分に前もって準備することです。(15)戦闘の衝撃を最小限に抑えることができれば、士気は低下しません。男性は、心と体が揺さぶられたときに彼らを維持するために彼らの「内なる予備力」を利用することに慣れているので、苦しみます。訓練がなければ、男性は戦争の残酷さに備えることができず、勝利はより費用がかかるでしょう。

成功した将軍は、あらゆる機会を利用して部下を訓練しました。ストラチャンは、ウィリアムスリム中尉と、第二次世界大戦中のビルマでの指揮下での部隊の変容に十分な注意を払っています。タラック・バルカウィの研究で証明されているように、スリムの訓練計画は東南アジアでの戦争の流れを変えました。(16)無敵に見えた敵に対してそのような憂鬱な状況で戦い続ける動機は説明するのが難しいです。バルカウィは、それは帝国や他の国家的な結びつきやイデオロギーへの忠誠ではなく、 基本訓練 異なる人種や背景の男性の間で他に類を見ない絆を築いた西洋の戦争方法に固有のもの。ドリルは、ジャングルで外傷性の裁判に苦しんだ兵士のリハビリテーションの一形態として機能し、これらの兵士が戦闘準備の整ったユニットに再統合するのを助けました。規律、正確な動き、そして仲間の兵士との調整は、インドの兵士の精神に深く根付いていました。この訓練計画は、ほとんどのインド人と植民地時代の兵士を日本人と彼らの武力の伝説に対して不浸透性にしたとバルカウィは信じています。

士気を損ない、人的資源に悪影響を与える可能性のある潜在的な脅威は、シェルショックの犠牲者でした。臨床心理士で歴史家のエドガー・ジョーンズによる明らかな記事は、シェルショックの性質とそれが正面と家庭の両方でどのように治療されたかに光を当てています。(17)ジョーンズは、医療関係者がいる正面で効果的な治療が行われたと結論付けています。効果的に治療することができます。さらに、医療関係者はこれらの男性が受けた外傷から切り離されていなかったため、治療は前線に沿ってより治療的でした。彼らもその影響を受け、彼らの窮状を真に理解することができ、彼らを治療するのに最適な場所にいました。ジョーンズの同僚であるロンドンのキングスカレッジの精神医学教授であり、キングス軍事健康研究センターの所長であるサイモンウェセリーは、ジョーンズの評価に同意します。正面近くで行われたリハビリテーションは、おそらく「数日間の休息、食事、清潔な衣服、睡眠」で構成されていました。(18)

ウェッセリーとジョーンズによれば、回復期に男性を英国に送り返すことは間違いでした。統計によれば、故郷で精神科医療を受けた男性は現役に戻る可能性が低いことが示されています。一方、「前向き精神医学」として知られる前線で治療を受けた男性は、帰国する可能性が高く、帰国した男性ほど苦しむことはなかった。(19)戦場や、戦争で熟練し、その治療に熟練した医療官が受けた治療の種類を確認するのは難しいですが、前線で治療されたときに経験した急速な回復の兵士には何か言われることがあることを証拠は示しています。より多くの治療センターが利用可能であり、陸軍がシェルショックを無視するのではなく治療する提案に対してよりオープンであったならば、兵士は彼らが施設によって追放されるのではなく、彼らが世話をされるだろうとより自信を持っていただろう。これは、彼らが不十分に準備された条件によって克服された唯一の疎外された兵士です。男性はセンチメンタリズムやイデオロギーからではなく、仲間のために戦うとワトソンが主張することに、まったく反対します。 「男性はイデオロギーのためではなく、歩兵訓練の主要な野心である緊密で自立した自立した部隊のメンバーであるために戦う」(20)訓練と結びついた「一次群論」理論はストラチャンが士気を維持する上でイデオロギーが果たすことができる重要な役割を却下することは士気に不可欠であるとストラチャンが信じる要因、しかし、ウェッセリーが行ったように、ストラチャンはすることを躊躇している。しかし、ウェッセリーは率直な承認をしており、「なぜ男性が戦うのか、なぜ彼らが戦いで崩壊するのか、普遍的な説明はありません」と考えるのを一時停止する必要があります。(21)

士気への女性の貢献と戦争努力について議論しなければ、士気の多くの微妙な色合いのより包括的な理解は不完全です。スーザン・グレイゼルは、フランスで女性が果たした前向きな役割を調査する思慮深い記事の中で、フランスの女性が家で母親、正面近くで親友や恋人の役割を果たしたことを示しています。グレイゼルの研究は、「社会秩序における従来の道徳の保証と潜在的な脅威の両方として見られる女性は、道徳を維持するための鍵であると認識された」ことを示唆している。(23)しかし、関係には常に緊張があった。女性と軍人の間、そして家族のいない兵士と養子のマレーヌまたは「ゴッドマザー」との間で始まった「プラトニック」な関係。モラルを安定させることができるまさにその制度もまた、その最大の脅威でした。 「士気を維持する可能性のある女性も、士気を損なう可能性があります」。これらの個人的なつながりは、男性が戦った理由に意味を与えました。 「未知の男性と女性の関係は、女性に演じる役割を与え、男性は戦う個人的な理由を与えました。」(25)会ったことのない男性と女性によって培われた遠距離恋愛は、士気を高める強力なものでした。彼らは、より良い生活が彼らを家に帰って待っているという希望を植え付けました。男性が戦い、信じ続けたのは、これらの深く個人的な関係でした。戦闘の動機と士気は、最前線で男性との関係を確立する女性の積極的な関与によって大幅に強化されました。戦争で荒廃したフランスの真っ只中にロマンスが咲くのを見つけることは珍しくありませんでしたが、多くの兵士と女性は、喜びと情熱を支持して彼らの道徳をさりげなく捨てました。

2番目の比較研究は、フランスの女性と男性のダリエンスを、イギリス軍の日記や手紙に頻繁に出てきたダリエンスと比較するのに役立ちます。面白い事例証拠に満ちた洞察に満ちた研究は、フランスとフランダースのイギリス海外派遣軍と接触している女性の性的役割を明らかにしています。(26)ギブソンは、第一次世界大戦中にセックスを見る際の正統性に挑戦する2つのポイントを説得力を持って主張します。第一に、非戦闘員は前線で女性を「独占」しなかった。第二に、同性愛者または同性愛者の関係は例外的であり、異性愛者の関係を記録している豊富な文献を無視しながら、フッセルやニーアル・ファーガソンのような学者によって「強調されすぎた」。その他。彼はフッセルの主張に真っ向から取り組んでいる。男性は 'でした。(28)しかし、女性を楽しむための余暇をほとんど残さない深刻な時間的制約がありました。 「列から出てきた軍隊は、睡眠、食糧、女性の順で必要でした」(29)ニーアル・ファーガソンは次のように述べています。 戦争の哀れみ、兵士がこの地獄の穴で再現することを切望していたのは家庭生活のようなものでした。(30)これらの感情は、楽しむための御馳走としてセックスと自家製の商品を並置したカナダの二等兵の回想に明らかです。それは普通のミルクではなく、「温かい牛のミルクの大きなボウル」でした。パンだけでなく、「焼きたてのレンガオーブンのパン」でした。(31)この兵士は、生き物への深い感謝を反映したすべてのエッセンスを味わいました。当然のことと思われるものは家に帰ります。正面では、兵士に家と正常さを思い出させるものが何でも押収されました。セックスは、戦闘パフォーマンスとその構成要素、規律、士気の研究で際立って特徴的です。たとえば、第二次世界大戦中に恐ろしい損失を被った後の東南アジアの植民地軍の劇的な転換を説明しようとするカウシクロイの最近の記事にあります。( 32)両方の世界大戦を網羅する学術文献の復活は、士気に影響を与えた正当であるが見過ごされている要因としてのセックスに特別な注意を払っています。ロイの例に従ったさらなる研究は、ヨーロッパと太平洋で歓迎されるでしょう。

多くの人から、イギリス兵はドイツ軍よりも少し優れた占領軍と見なされていました。フランスは「人口統計上の無人の土地」に似ていたため、女性はお金が足りないか、交際を切望していたため、イギリス兵に惹かれました。(33)それは、人間関係を否定された両当事者にとって便利な関係でした。兵士たちは、女性が3つの理由のいずれかでサービスを提供していることを知っていました。 34)トラブルは決して遠くなく、セックスには「略奪、酩酊、逮捕への抵抗、そして一般的な無秩序」が伴いました。(35)最高司令部にとってさらに大きな懸念は、性病の蔓延でした。治療は通常2か月続き、英国の最も貴重な商品である将校を危険にさらす恐れがありました。ほとんどの関係は戦争の終結で終わりました、そしてさらにもっと奇妙なのはほとんどの地元の人々が彼らが去るのを見て喜んでいたということです。これらの女性は勇気と大胆な行動をとっていました。彼らは男性に以前の生活の味を与えるために少しずつ努力し、他の緩和ケアでは不可能な方法で安堵とリラックスをもたらしました。確かに、一部の歴史家にとって、彼らは戦争の陰の英雄でした。


最前線の塹壕は、住むのにひどく敵対的な場所である可能性があります。ユニットは、しばしば濡れて、冷たく、敵にさらされており、塹壕であまりにも多くの時間を費やすと、すぐに士気を失います。

その結果、イギリス軍は男性を絶えず出し入れしました。戦闘の合間に、ユニットはおそらく月に10日を塹壕システムで過ごし、そのうち、最前線で3日を超えることはめったにありませんでした。 1か月間ラインから外れることは珍しくありませんでした。

大規模な攻撃などの危機の瞬間に、イギリス軍は時折最前線で最大7日間を過ごすことができましたが、わずか1、2日後にははるかに頻繁に交代しました。


5.ブービートラップ

ブービートラップ 19世紀半ばから、第一次世界大戦中に軍隊によって無害な物体に意図的に偽装された爆発装置を説明するために取り上げられた、かなり無害ないたずらまたは悪ふざけを指すために使用されていました。それを「戦争の汚いトリックの1つ」と呼んで、英国のジャーナリスト、フィリップ・ギブス卿(1877-1962)は、彼の日々の戦争回想録に不吉に書いています。 バポームからパッシェンデールへ (1918)「敵は…動きの遅いヒューズと「ブービートラップ」を残して、無害な棒に触れたり、箱の蓋を開けたり、古いものにつまずいたりすると、男を少しずつ吹き飛ばしたり、一生盲目にしたりしました。ブート。"


一次情報源

(1)彼の両親への手紙の中で、王立砲兵隊の私立プレッシーは、西部戦線で男性が受け取っていた食物の質を説明しました。

ビスケットは固いので、固い面に置いて石などでつぶさなければなりませんでした。手に持ってレンガの壁の鋭い角にぶつかり、手を痛めただけです。時々、砕いた破片を数日間水に浸しました。次に、加熱して水気を切り、コンデンスミルクを一皿の材料の上に注ぎ、それを降ろします。

(2)リチャード・ビーズリーは、第一次世界大戦中の彼の経験について1993年にインタビューを受けました。

トレーニングでは食べ物はほぼ食べられましたが、フランスでは飢えていました。私たちが住んでいたのはお茶と犬のビスケットだけでした。週に一度肉をもらったらラッキーだったけど、近くの死体の匂いがする水だらけの塹壕に立って食べようと想像してみてください。

(3)ハロルド・チャピン、カリプソ・チャピンへの手紙(1914年11月29日)

可能であれば、ますます忙しくなります。昨夜かなり遅く到着した旅団命令は、7.45と8(2つのバッチ)の代わりに7.30ですべての軍隊の朝食をとることを含みました。半分は水で満たされ、カートとワゴンが積み込まれ、店のいたるところに出てきました。

私たちは仕事に分類されています。私は料理を続けたいと思います。これは、これまでと同じように役立つ仕事であり、誠実なハードワークを必要とする仕事でありながら、実際の発砲ラインに入る必要がないため、これは良いことです。私には野心がありません。迷い殻の火と疫病は私が直面したいすべてですありがとう、発射ラインが好きな人に彼らが望むすべての弾丸を持たせてください。

(4)グラハム少佐は、西部戦線の兵士に供給された食糧について家族に手紙を書いた。

食べたり飲んだりするのに十分すぎるほど私たちがいつも持っていた食べ物について間違った印象を持っているはずです。私はあなたにランダムに一日のメニューを与えます:朝食-ベーコンとトマト、パン、ジャム、そしてココア。昼食-シェパーズパイ、鉢植えの肉、ジャガイモ、パン、ジャム。お茶-パンとジャム。夕食-オックステールスープ、ローストビーフ、ウイスキーとソーダ、ネギ、ライスプディング、コーヒー。私たちは食料品店を提供し、ハロッズは私たちに毎週小包を送るように命じられました。しかし、あなたが私たちに時折贅沢を送りたいのであれば、それは大歓迎です。

(5)ロバート・グレイブスは彼の自伝で第一次世界大戦の彼の経験について書いた、 すべてのThaに別れを告げるNS。この一節は、大隊が非常に大きな犠牲者を出した攻撃を指します。チョート、ヘンリー、ヒルの3人の尉官だけが生き残った。

ヒルは私にその話をした。ヒルが到着したとき、大佐と副官はミートパイに座っていた。ヘンリーは言った:「報告しに来てください、サー。私たち自身とすべての企業の約90人の男性。」

彼らは見上げた。 「それで、あなたは生き残ったのですか?」大佐は言った。 &quotまあ、残りはすべて死んでいます。チョートさんは「A」の残りを指揮したほうがいいと思います。爆撃官(彼は渡っていなかったが、本部に残っていた)は「B」の残されたものを指揮するでしょう。ヘンリー氏は「C」社に行きます。ヒルさんから「D」へ。あなたが必要な場合はどこであなたを見つけるか教えてください。おやすみなさい。」

ミートパイやウイスキーの飲み物を提供されなかったので、彼らは敬礼して惨めに出かけました。副官は彼らを呼び戻しました、ヒル氏、ヘンリー氏。」

ヒル氏は、通常の大佐と副官が一時的に苦しんでいる少尉にホスピタリティを提供できるかどうかについて、心の変化を期待していると述べた。しかし、それはただでした:&quotMr。ヒル、ヘンリーさん、私はちょうど今、彼らの肩ひもがボタンを外された状態で塹壕にいる何人かの男性を見ました。これは将来発生しないことを確認してください。」

(6)ノーサンバーランド・フュージリアーのプライベート・ハロルド・ホーンが1978年にインタビューした。

並んでいる各企業の配給関係者は、土嚢で結ばれ、通常はパン、堅パン、12オンスの缶詰の肉(いじめっ子)で構成されていた配給を持ち帰りました。缶、缶詰ジャム、缶詰バター、砂糖とお茶、豚肉と豆(上に豚脂を載せたベイクドビーンズ)、タバコ、タバコ。時々私たちはManconochieRationsを手に入れました。これは缶入りのアイリッシュシチューの一種で、木炭ブレイザーの上ですばやく加熱することができました。塹壕の近くに調理室を置くことができれば、新鮮な肉、ベーコン、野菜、小麦粉などが送られ、料理人は適度においしい食事を作ることができました。食べ物とお茶は「ディキシー」(蓋がフライパンとして使用できる大きな鉄の容器)で一緒に送られました。

(7)ジョン・モナッシュ将軍、手紙(1917年1月11日)

大きな問題は、もちろん、食料と弾薬の供給です。前者の用語は肉、パン、食料品、干し草、わら、オート麦、木材、石炭、パラフィン、キャンドルを含み、後者はカートリッジ、シェル、榴散弾、爆弾、手榴弾で構成されます、フレア、およびロケット。私の人口2万人の毎日の欲求を満たすには、数百台の荷馬車と118台の巨大な大型トラックを備えた数千人の男性と馬が必要です。

食べ物に関しては、最前線のすべての男性が定期的に熱い食べ物(コーヒー、オキソ、お粥、シチュー)を摂取していることも確認する必要があります。彼らはそれを自分で調理することはできません。少なくとも火の煙の兆候があれば、その場所は即座に砲撃されます。そして、彼らは定期的にそれを手に入れなければなりません、さもなければ彼らは風邪や凍傷で死ぬか、時には切断を意味する「塹壕の足」を手に入れます。

(8)シクスト・フォン・アーミン将軍、第一次世界大戦中にドイツ軍によって発行された報告書。

戦闘の正確な状態が不明な場合、ラインに入る新鮮な軍隊に3番目の鉄の配給を供給する必要があります。加えて、すべての軍隊は、パン、ラスク、ソーセージ、缶詰ソーセージ、缶詰脂肪、ベーコン、缶詰および燻製肉、およびタバコの供給の増加を求める彼らの要求に全会一致でした。温かい食事の準備のために固化したアルコールの緊急の必要性もありました。

さまざまな場所で、コーヒー、お茶、ココア、ミネラルウォーターなど、あらゆる種類の液体飲料を豊富に供給する必要性がさらに強調されています。 On the other hand, the supply of salt herrings, which increase the thirst, was found to be, as a general rule, very undesirable. There is no necessity for an issue of alcoholic drink in warm and dry weather.

(9) Harold Chapin, letter to Calypso Chapin (18th March 1915)

We are fed on Bully Beef (ordinary Fray Bentos, you know the brand) and lovely hard biscuits which I adore. Last night I added to my menu a bloater and some bread and marmalade, "duff" and coffee - having scraped an acquaintance with some of the engine room artificers who invited me to sup in the fo'castle. It was very hot in there but we supped in low neck. Great fun!

(10) Harry Patch, Last Post (2005)

Our rations - you were lucky if you got some bully beef and a biscuit. You couldn't get your teeth into it. Sometimes if they shelled the supply lines you didn't get anything for days on end. There were five in a machine-gun team, and everything we had was shared amongst us. I used to get a parcel from home. My mother knew the grocer pretty well. There was always an ounce of tobacco and two packets of twenty cigarettes. That was handed to Number One to share out. That ounce of tobacco - Number Three was a pipe-smoker, same as I was - was cut in half. He had half and I had half. The cigarettes - thirteen each for the others and they took it in turns to have the odd one. And if you got a pair of socks, and somebody else had a pair with holes in, they'd chuck them away and they'd have the new ones. That was the life we lived because we never knew from one moment to the next when something would come over with our number on.

Drink was either weak tea or water drunk from old petrol cans. As for food, we had Crosse & Blackwell's plum and apple jam and dog biscuits. The biscuits were so hard we used to throw them away. One day I looked through the metal aperture that we used to fire through, and two dogs were out there fighting over one of our biscuits. They were fighting over which one should have it. Their owners had probably been killed by shell fire. They were simply strays. They were fighting over a biscuit to keep alive. I thought to myself, "Well, I don't know, there's two animals out there fighting for their lives, and here we are, two highly civilised nations, and what are we fighting over?"


40 (Plus 1) Fascinating Facts about WWI

When the guns fell silent at 11 AM on what is now known as Armistice Day (November 11, 1918),Private George Edwin Ellison’s name would forever be engraved in history as the last British soldier to die during WWI. Ellison had served in the Western Front for four years he was killed at exactly 9:30 AM, four-and-a-half hours from when the armistice was signed. He was also one of the 11,000 individuals killed on the war’s last day – quite an astounding number of casualties.

In connection to the forthcoming centenary of the start of WWI and the coming Armistice Day celebration this November 11, here are 40 other fascinating facts about the 1914-11918 Hostilities – “the war that was meant to end all wars”…

1. 19 was the official age for a British soldier to be sent overseas to serve but many lied about their ages. Approximately 250,000 British lads did that and served whilst they were still under-aged. The youngest was reported to be only 12.

2. A soldier’s average life expectancy while in the trenches was six weeks。 Some of the people who were mostly at risk of early death were the junior officers and the stretcher bearers.

3. の中に four years of WWI, 25 million tons of supplies were sent to the British forces serving on the Western Front – three million tons of food and five million tons of hay and oats for the horses.

4. As the war progressed, food rations for the soldiers were significantly reduced to keep up with the supply-man ratio. There usual meal while in the trenches was maconochie– so named after the company that made this thin soup of turnips, potatoes and carrots. Other food servings included bully beefMarmite.There was also a small ration for rum and tea, but soldiers found the latter with terrible taste since water at that time was treated with chloride of lime to purify it.

5. だいたい 6,000 men were killed on daily basis during WWI。 This amounted to over 9 million deaths throughout the war.

6. An amazing number of 65 million men coming from 30 various countries fought in WWI.

7. Over 25 million miles of trenches were dug and zigzagged through the Western Front alone. A number of these trenches were nicknamed Bond Street また Death Valleywhile the German lines were dubbed as Pilsen Trench,so on.

8. Germans had superior trenches compared to the Allied ones。 These trenches were built to last, some had even shuttered windows and doorbells! Trenches of opposing sides were 50 yards apart in Hooge which was near Ypres.

9. NS soldier get to spend 15% of the year in the frontline, that would be about no more than two weeks at a time.

10. 間に Battle of Mons in 1914, the British troops efficiently fired their Lee-Enfield rifles the it got the Germans to believe they were up against machine guns.

11. その間 Christmas of 1914, a truce ensued between the opposing sides, unofficial at that, and along two-thirds of the Western Front observed that。 A couple of German soldiers played a football match with British troops in No Man’s land near Ypres, Belgium. Germany won the game 3-2 though not on penalties.

12.casualties on the Western Front, 60% were caused by shellfire。 There were also about 80,000 cases recorded that were due to shell shock.

13. In 1917, George V was forced to change the royal family’s name from Saxe-Coburg-Gotha to Windsor due to growing anti-German sentiment within Britain. A number of British road names were changed, too.

14. Some of the well-known people who served during WWI were authors AA Milne、 NS creatorWinnie the Pooh JRR Tolkien of the popular Lord of the Rings Trilogy sculptor ヘンリー Moore そしてその British actor Basil Rathbone.

15. Not one of the soldiers had the protection of metal helmets at the start of the war in 1914。 NS フランス語 were the first to use and introduce them in 1915。 Future British prime Minister ウィンストンチャーチル donned on a French one when he served in the frontline in 1916.

16. Air raids which occurred on Britain and were carried out by Zeppelins and other other WWI crafts as well as the naval shelling Scarborough, Hartlepool and Whitby had casualties of more than 700 people.

17. Disease is the main reason for about a third of the soldiers’ deaths during the war. Trench foot, the number one condition that plagued the soldiers and was caused by the damp and cold, was eased with the use of duck boards.しかし、 semi-sanctioned brothels set-up just behind the frontline had about 150,000 soldiers sick with venereal infections.

18. About 346 British soldiers were shot down by their own side, and the number one reason for this was desertion. Another ratification was called the Field Punishment No. 1 – offenders were strapped to a post or gun wheel which was usually located within the enemy’s firing range.

19. Aside from taking up thousands of jobs males left at home for the war, about 9,000 women also served in France as part of their Women’s Army Auxiliary Corps and served as cooks or drivers during the war.

20. There were about 16,000 faithful war objectors who refused to take part of WWI many of which were given a white feather as a sign of cowardice. A number were given non-combatant responsibilities while the others were imprisoned.

21. The most popular WWI recruitment poster with the slogan “Your Country Needs You!”持っていました Lord Kitchener featured on it with a pointing finger.

22. There were so-called Pals Battalions during the war and these included groups that had banded together – schoolboys, railway workers and there were even two groups composed of professional football players.

23. だいたい 2,446,719 Britons volunteered for the war by the end of 1915. Nevertheless, induction was still needed and was introduced for 18 years old up to those aging 41 in 1916.

24. The Victoria Cross was given 628 times.これは youngest recipient had been 16-year-old Jack Cornwell who refused to leave his post despite suffering from fatal injuries during the Battle of Jutland.

25. One of WWI’s greatest blasts happened at Messines Ridge, in Belgian West Flanders when the British set off a million pounds of explosives under the Germans the explosion that resulted from the said blast was heard 150 miles away from London.

26. In 1917, the loss of British shipping to German U-boats meant food shortages for the British. The government had to ban the use of rice during weddings and pigeon feeding due to this.

27. Animals were also used during WWI. There were about 100,000 homing pigeons used as message carriers. One particular bird called Cher Ami saved 200 US soldiers who had been cut off when it delivered their message to rescuing forces in spite of its bullet wound.

28. NS British Army had 870,000 horses at the height of war. Dead horses were melted down for their fat, the latter used in making explosives.

29. WWI also had dogs – they were employed to lay down telegraph wires terriers became rat hunters.

30. NS periscope rifle was developed to allows soldiers to see over the 12-feet deep trenches.他の advanced weapons in WWI そうだった flame throwers and tanks。 NS first tank came out in 1915 and was nicknamed Little Willie. 戦車, from then on, were named males if they were armed with cannonsfemales もしも machine guns.

31. 多くの Trench language permeated the English vocabulary – there were lousy and crummy のために lice that beset the soldiers in the trenches as well as dud, bumf and blotto. Trench butterflies was the term for the bits of toilet paper blown about in the battlefield.

32. The Eiffel Tower was essential in intercepting radio messages made by the Germans that eventually led to the execution of Mata Hari, Dutch dancer who was also a German spy. British nurse Edith Cavell was shot by the Germans through a firing squad when they discovered she had been helping soldiers escape behind German lines.

33. At the start, the soldiers’ only protection against gas attacks was cloth soaked in their own urine。そうだった British officer Edward Harrison who invented the first practical gas mask saving thousands of lives throughout the war.

34. The Defence Of The Realm Act 1914 was an amendment which included these set of rulesBritons were not to talk over the phone using foreign language it was also forbidden to buy binoculars and to hail a cab at night. Even alcoholic drinks were watered down and it was mandatory for pubs to close down at 10 PM.

35. The battle away from the Western Front was just as ferocious. Lawrence of Arabia forged his well-known name during the war in the Middle East while in the Gallipoli campaign, which failed by the way, the Allies suffered 250,000 casualties 彼らの中で fight against the Turks.

36. The war in the air was also fierce &#8211 Germans had Baron von Richthofen, dubbed as the レッドバロン, as their air force’s star pilot. He shot down 80 war planes of the Allies. On the other hand, the British force’s air ace だった Major Edward Mannock who was able to shoot down 61 of the enemy’s planes. Both, however, died in action.

37. Superstitious beliefs were rampant among soldiers in the trenches。 Some swore they saw angels appearing over the trenches saving them from disaster while others stated that they saw phantom cavalry.

38. Britain spent £6million daily to fund the war by 1918。 WWI’s total cost was estimated to amount to £9,000million.

39. As soldiers returned to their homes after the war, there ensued a baby boom. 出生 had significantly increased by up to 45% between 1918 to 1920。しかし influenza pandemic the occurred in 1918 killed more people throughout the world than WWI did.

40. July 1, 1916 – the morning of the Battle of the Somme – British soldiers had 60,000 casualties, over 20,000 were dead。それは worst toll within a day in the whole military history。 The Allied forces were able to advance six miles that day.


DAILY DIET

The standard Army ration pack, containing identical food for every soldier, was not introduced until after the conflict. Men carried emergency "iron rations" in a tin and in 1914 the war department set out its aims for feeding troops.

These allowances, supposedly per person per day, were: 1¼lb fresh or frozen meat, or 1lb salt meat 4oz bacon 20oz of bread or 16oz of flour or 4oz of oatmeal 3oz of cheese 4oz of butter or margarine noz of tea, 4oz of jam or 4oz of dried fruit pinch of pepper pinch of mustard 8oz of fresh vegetables or a tenth of a gill lime juice half a gill of rum or 1pt of porter maximum of 2oz of tobacco.


Strange But True: During WWII the British Government Bought all of The World’s Tea

The British and drinking tea are two things that go hand-in-hand. Everyone knows that the English love a good cuppa, but most do not realize the extent of this.

A good example of how important a cup of tea is to the British is the fact that the British government bought all the tea during WWII.

This phenomenal purchase started in 1942, which was a tough year for the British. They had been defeated by the Axis powers on the continent and had been obliged to withdraw their troops from Europe.

Their fortress of Singapore had fallen, and the country was close to being bankrupt.

The government had to find a way to keep up troop morale, and the answer was black tea. This resulted in the very unusual decision of buying all the black tea available in Europe.

So much tea was bought that it has been listed in the top five purchases of the war. It estimated that, based on weight alone, the British government bought more tea than it did artillery shells and explosives.

Members of 12th Parachute Battalion, 5th Parachute Brigade, 6th Airborne Division, enjoy a cup of tea after fighting their way back to their own lines after three days behind enemy lines in Normandy, June 10, 1944.

There are some historians who believe that the vast amounts of tea were Britain’s secret weapon. Tea was seen as a very visible symbol of unity for the nation at war. It was something that everyone could appreciate.

The troops could have something from home with them on the front while people still in the country could have something to calm themselves.

Tea on the front also ensured that the troops drank enough water to stay hydrated. The water that was sent to the troops was in old oil cans which left a strange aftertaste. The addition of tea masked this while energizing the men due to the caffeine content.

German prisoners taken during the battle are given tea by their captors.

The value of tea to the British was clearly illustrated when the Royal Air Force dropped 75,000 tea bombs into the occupied Netherlands. The bombs each had bags of tea from the Dutch East Indies and a message from the British about the Netherlands rising again.

Packages sent to prisoners of war by the Red Cross also contained a packet of Twinings tea.

However, the importance of tea for the troops was not something new to the British government or armed forces. There are reports that, in 1815, tea had been liberally distributed among British troops before the Battle of Waterloo.

The purchase of tea during WWII was simply making this military tradition official.

Tea time on Board HMT Stella Pegasi, 1942.

To ensure that they were able to drink their tea, the soldiers came up with ways to brew it.

The Benghazi burner is a simplified brazier which was used during the North African campaigns of WWII. The stove was made from a four-gallon steel fuel can which had been pierced on the top to allow oxygen to enter. The base of the can would contain sand onto which gasoline was poured.

The soldiers would stir the gasoline into the sand and then set it on fire. A second can would generally be placed on top of the burning one and used as a cooking vessel — or to brew tea.

The primary advantages of this burner were that it was silent and fast. The easy availability of sand, empty cans, and gasoline meant that tea could be made at any time.

However, this improvised cooker was not without its fault. The hot sand had been known to explode. The gasoline could also burn too quickly which made it unpredictable.

A soldier with the 2/7th Middlesex Regiment shares a cup of tea with an American infantryman.

Improvised tea-making facilities gave way to BVs or Boiling Vessels. These kettles have been a requirement in British armored fighting vehicles for the last 70 years.

There is even an informal tradition of the junior member of a vehicle crew being the BV Commander in charge of providing hot drinks to everyone.

While drinking tea is a British institution, there is another reason why this drink might have been shipped to the troops. The supply of tea greatly reduced the use of alcohol among the soldiers.

This ensured that the British fighters were always alert and sober while they waited for their next move.

The British Army in North Africa 1942: a mobile tea canteen in the forward area, July 31, 1942.

The tea the British government bought for the army was strong black tea from Ceylon, Assam, and Africa. East Asia was not a viable source as Chinese exports were close to zero and Japan was not seen as a preferred supplier.

The taste of the tea can be characterized by the fact that many suspected bromide had been added to reduce passionate interests in the soldiers. Many soldiers also reported that, when lukewarm, the tea looked like an unskimmed pool.

Supplying tea to the troops was a great way to boost morale on the front. Drinking tea was a social event which led to camaraderie and lifted everyone’s mood.


The strategy of the Western Allies, 1914

For some 30 years after 1870, considering the likelihood of another German war, the French high command had subscribed to the strategy of an initial defensive to be followed by a counterstroke against the expected invasion: a great system of fortresses was created on the frontier, but gaps were left in order to “canalize” the German attack. France’s alliance with Russia and its entente with Great Britain, however, encouraged a reversal of plan, and after the turn of the century a new school of military thinkers began to argue for an offensive strategy. The advocates of the offensive à l’outrance (“to the utmost”) gained control of the French military machine, and in 1911 a spokesman of this school, General J.-J.-C. Joffre, was designated chief of the general staff. He sponsored the notorious Plan XVII, with which France went to war in 1914.

Plan XVII gravely underestimated the strength that the Germans would deploy against France. Accepting the possibility that the Germans might employ their reserve troops along with regular troops at the outset, Plan XVII estimated the strength of the German army in the west at a possible maximum of 68 infantry divisions. The Germans actually deployed the equivalent of 83 1 /2 divisions, counting Landwehr (reserve troops) and Ersatz (low-grade substitute troops) divisions, but French military opinion ignored or doubted this possibility during the war’s crucial opening days, when the rival armies were concentrating and moving forward, the French Intelligence counted only Germany’s regular divisions in its estimates of the enemy strength. This was a serious miscalculation. Plan XVII also miscalculated the direction and scope of the coming onslaught: though it foresaw an invasion through Belgium, it assumed that the Germans would take the route through the Ardennes, thereby exposing their communications to attack. Basing itself on the idea of an immediate and general offensive, Plan XVII called for a French thrust toward the Saar into Lorraine by the 1st and 2nd armies, while on the French left (the north) the 3rd and 5th armies, facing Metz and the Ardennes, respectively, stood ready either to launch an offensive between Metz and Thionville or to strike from the north at the flank of any German drive through the Ardennes. When war broke out, it was taken for granted that the small British Expeditionary Force (BEF) under Sir John French should be used as an adjunct to France’s forces, more or less as the French might see fit. It is clearly evident that the French were oblivious to the gigantic German offensive that was being aimed at their left (northern) wing.