ニュース

ハーシーのチョコレートが第二次世界大戦中に連合軍に力を与えるのにどのように役立ったか

ハーシーのチョコレートが第二次世界大戦中に連合軍に力を与えるのにどのように役立ったか

これは第二次世界大戦で最も有名な偉業の1つです。1944年6月6日、D-Dayの侵攻中に、16万人以上の軍隊がノルマンディーの海岸を襲撃しました。あまり知られていないのは、歴史的な使命であるハーシーのチョコレートバーの前、最中、後に、ありそうもないスナックが連合国に力を与えるのに役立ったことです。

1937年、米陸軍は非常食用に特別に設計されたバーを作成することについてハーシーカンパニーにアプローチしました。ハーシーのチーフケミストであるサムヒンクル氏によると、米国政府は新しいチョコレートバーについて4つの要求しかありませんでした。重量が4オンスで、エネルギーが高く、高温に耐え、「茹でたジャガイモよりも少し味が良い」必要がありました。軍は、兵士が緊急でない状況でそれを食べるほどおいしいバーを望んでいませんでした。

最終製品は「D配給バー」と呼ばれ、チョコレート、砂糖、カカオバター、スキムミルクパウダー、オーツ麦粉をブレンドしたものです。粘性のある混合物は、ハーシー工場で設定された通常のチョコレートバーの製造を通過するには厚すぎることが判明したため、最初は各バーを手作業で4オンスの型に詰める必要がありました。

続きを読む:連合軍がナチスを敗走させるために悲惨な着陸をどのように克服したか

味に関しては、まあ、それを試したほとんどの人は、茹でたジャガイモを食べたほうがいいと言っていました。

脂肪とオーツ麦粉の組み合わせにより、チョコレートバーは緻密なレンガになり、砂糖はダークチョコレートの圧倒的な苦味をほとんど覆い隠しませんでした。高温に耐えるように設計されているため、バーを噛むことはほぼ不可能でした。それを食べたほとんどの男性は、それを噛む前にナイフでスライスを剃らなければなりませんでした。

男性がそうするのを阻止するための米陸軍の最善の努力にもかかわらず、いくつかの配給バーはゴミ箱に入れられました。戦争の後半、ハーシーは、太平洋戦争の極端な温度のために特別に設計された、トロピカルバーとして知られる新しいバージョンを発表しました。戦争の終わりまでに、同社は30億以上の配給バーを生産しました。

D-Dayの配給では、バーだけが甘いものではありませんでした。砂糖は軍隊を元気づける簡単な方法でした、そしてそれが提供したエネルギーの急速な爆発はキットバッグへの歓迎された追加をしました。 D配給とともに、軍隊は3日分のK配給パックを受け取りました。これらは、Dレーションのような栄養スナックではなく、食事の代替品として考案されたもので、コーヒー、缶詰の肉、プロセスチーズ、大量の砂糖が含まれていました。戦争中のさまざまな時点で、男性はオレンジまたはレモンの粉末飲料、キャラメル、チューインガム、そしてもちろん、より多くのチョコレートを見つけることができました。

チョコレートに加えて、ハーシーは海軍の対空砲用の部品も製造しました。そして、アメリカ軍を支援するための全国的な取り組みに加わった時代の食品の巨人は、会社だけではありませんでした。ハインツは、タバコで照らすことができる自己発熱缶を作成しました。ケロッグは兵士の朝食用にKレーションを提供しました。

続きを読む:ハーシーのかつてチョコレート労働者によるストライキを激しく抑制した


ミルトン・S・ハーシー

ミルトン・スネーブリー・ハーシー (1857年9月13日-1945年10月13日)はアメリカのショコラティエ、ビジネスマン、慈善家でした。

製菓事業の訓練を受けたハーシーは、フレッシュミルクを使用したキャラメルの製造を開拓しました。彼は大量輸出を達成したランカスターキャラメルカンパニーを立ち上げ、それを販売して、以前は高級品であった大量生産のミルクチョコレートを供給する新しい会社を立ち上げました。

最初のハーシーバーは1900年に販売され、非常に人気があったため、ペンシルベニア州ハーシーに自分の会社の町を建てることができました。ハーシーの慈善活動は、もともと地元の孤児のための寄宿学校にまで及びましたが、2016年の時点で約2,000人の学生を収容しました。[1]第二次世界大戦で、同社は海外で奉仕する軍隊のための特別な非溶融バーを開発しました。 Hershey'sとして知られるHersheyCompanyは、世界最大の製菓メーカーの1つです。


チョコレートは後付けでした

今日、ハーシーはチョコレートの代名詞です。しかし、必ずしもそうとは限りませんでした—ミルトン・ハーシーのキャンディー製造への最初の主要な進出は、キャラメルの世界でした。

による ハーシーコミュニティアーカイブ、ハーシーは1886年にランカスターキャラメルカンパニーを設立する前に2回失敗しました。3回目の試みは魅力的でしたが、会社は完全に失敗に近づきました。

ハーシーは以前の失敗の後で悪い信用に悩まされていました、そして彼のキャラメル会社も失敗するという深刻な危険にさらされていました。銀行の出納係が自分でローンに共同署名することで救助に来て、ハーシーに会社を続けるための原材料のバッチに必要な現金を与えました。それは成長し始め、1892年までに彼は競合他社の施設を購入していました。ハーシーのキャラメルは、最高級の輸入原料で作られ、最終的にはParadox、Empire、Icelts、Jim Crack、RolyPolyと呼ばれる製品が含まれていました。彼のキャラメルへの関与は最終的には短命でしたが、利益を上げました。彼は1900年にキャラメル事業を100万ドルで売却しました。今日のお金では、それはほぼ3000万ドルです。


ハーシーのフィールド配給Dバーは熱で溶けず、「茹でたジャガイモよりも少しだけ美味しかった」

高エネルギーのチョコレートバーは兵士によって使用され、兵士がそれを御馳走として使用しないように、おいしいのではなく口当たりの良いものにされました。

それはすべて、1937年にポールローガン大尉が空挺部隊の長距離配備中にライトフィールドの配給を要求したときに始まりました。食事は、破壊されない、ポケットサイズ、耐熱性、そして非常に栄養価の高いものである必要がありました。

彼はこれでうまくいくかもしれないと思ったので、究極のミリタリーチョコレートバーをハーシーに頼りました。

この重要なプロジェクトへのハーシーの関与は、1937年4月、ポールローガン大尉がハーシーチョコレートの社長であるウィリアムマリーと、ハーシーのチーフケミストであるサムヒンクルと会ったときに始まりました。男性は、米兵の栄養ニーズを満たすチョコレートバーの製造を計画し、実験することを決定しました。

1976年、ペンシルベニア州ハーシーのハーシーチョコレートファクトリー。写真提供者

チョコレートバーの要件は単純でした。ローガン大尉の考えは、それらをあまり美味しくすることではなかったので、兵士たちは緊急時にのみそれらを使用しました。味はお風呂用の味で、茹でたジャガイモより少し美味しいとのことでした。

それにもかかわらず、キャンディーバーの高い栄養は恐ろしい味を補った。バーはまた、4オンスの重さがあり、砂漠の任務中の高温に耐える必要がありました。

マリーとヒンクルは、ハーシーの背後にいる主人公であるミルトン・ハーシーに、興味深い軍隊プロジェクトについてすぐに話しました。彼はこれに非常に興味を持っており、計画と生産から始めるように彼らに指示しました。

ハーシーは、キャンディーがあまり美味しくないように作られているという事実に非常に面白がっていました。これは、これまで試みられたことのないキャンディー生産の偉業です。

ファッジバー付きの米軍Cレーション(左端)。

技術者は、&#8220Field Ration D&#8221バーを、キャプテンローガンのすべての要件を満たすチョコレートバーを考案しました。バーは、オーツ麦粉、カカオ脂肪、脱脂粉乳、砂糖、および人工香料で安定化されました。

彼らは実際には口の中で溶けませんでした:代わりに、彼らは兵士の歯を壊す力を持っていました。チョコレートバーの内部も美味しくありませんでした。

D配給バーはカカオでいっぱいだったので、反発する苦味は米兵の味蕾にとってグルメな拷問でした。

さらに、兵士たちは、兵士の消化器系に対するチョコレートの影響から、冗談めかしてバーを「ヒットラーの秘密兵器」と名付けました。

アイテムが表示された第二次世界大戦からの米軍のCレーション缶の選択。フォトクレジット

おそらく、軍隊の苦情はハーシーの耳に届き、チョコバーの味と食感を再構築しました。このようにして、ハーシーのトロピカルチョコレートバーは、米兵による不利なレビューへの答えとして誕生しました。それは少し美味しく、米軍が良い戦いをするのを助けました。

名誉ある陸海軍の&#8220E&#8221プロダクションアワードは、1942年8月22日にハーシーのチョコレートコーポレーションに、究極のミリタリーチョコレートとその卓越した戦争努力に対して授与されました。

これは確かに簡単に獲得できる賞ではありませんでした。エドモンド・B・グレゴリー少佐はハーシーを称賛しました:&#8220ハーシーチョコレートコーポレーションの男性と女性は、戦闘の最前線で兵士をバックアップするという彼らの素晴らしい仕事を誇りに思う理由があります。&#8221

陸軍-海軍&#8220E&#8221賞。工場が軍隊に最高品質の戦争装備を供給した場合、第二次世界大戦中に「生産における卓越性」のために企業と工場に与えられた名誉でした。戦争資材の生産を奨励するために作成されました。

毎週約2400万本のバーが生産されていたため、ミリタリーキャンディーバーの成功は目に見えました。戦争の終わりに、ハーシーは30億を超える「フィールド配給D」バーを生産し、アメリカのGIを支援する役割を果たしました。兵士たちは、食欲をそそるバーを常に食べるとは限りませんでした。

結局のところ、彼らはチョコレートの苦味に精通していない無防備な民間人とより良い味の食べ物と交換するためにそれらを使用しました。

兵士たちはいつも食欲をそそるバーを食べるとは限りませんでした。結局のところ、彼らはチョコレートの苦味に精通していない無防備な民間人とより良い味の食べ物と交換するためにそれらを使用しました。


コンテンツ

初期の編集

1873年に製菓業者に弟子入りした後、ミルトンS.ハーシーはフィラデルフィアにキャンディーショップをオープンしました。この店は6年間営業していた後、ハーシーはデンバーで別の菓子職人に弟子入りし、そこでキャラメルの作り方を学びました。ニューヨークでの別の失敗したビジネスの試みの後、ハーシーはペンシルベニアに戻り、1886年にランカスターキャラメルカンパニーを設立しました。キャラメルでの新鮮な牛乳の使用は成功を収めました[13]そして1900年にチョコレート製造機を見た後。ハーシーは1893年にシカゴで開催された世界コロンビア博覧会で初めてキャラメル会社を1,000,000ドル[13](今日は31,108,000ドルに相当)で売却し、チョコレートに専念しました。彼に質問した人々に、彼は「キャラメルは単なる流行ですが、チョコレートは永続的なものです」と言いました。

1896年、ハーシーはミルクチョコレートキャンディーのレシピを作成して改良できるように、ミルク加工工場を建設しました。 1899年、彼はハーシープロセスを開発しました。これは、従来の方法よりもミルクの品質に敏感ではありません。 1900年に、彼はハーシーズバーまたはハーシーバーとしても知られるハーシーズミルクチョコレートバーの製造を開始しました。

ペンシルベニア州ハーシー編集

1903年、ハーシーは故郷のペンシルベニア州デリー教会でチョコレート工場の建設を開始しました。後にペンシルベニア州ハーシーとして知られるようになりました。 [13]工場は窓なしで建てられたので、従業員が気を散らさないように、町は労働者とその家族が住むための安価な場所でした。従業員の士気を高めるために、ハーシーは余暇活動を提供し、後にハーシーパークとなるものを作成しました。この工場のミルクチョコレートバーが人気を博し、会社は急速に成長しました。

ハーシーキス編集

1907年に、彼は新しいキャンディーを発表しました。一口サイズの平底の円錐形のチョコレートで、「ハーシーキス」と名付けました。最初は、それぞれを手で四角いアルミホイルで包みました。 1921年に機械包装が導入されたことで、プロセスがスピードアップし、パッケージの上部に小さな紙のリボンが追加されました。これは、それが本物のハーシー製品であることを示しています。 [13]今日、7000万個のキャンディーが毎日生産されています。 [14]紹介された他の製品には、ミスター・グッドバー(1925)(ミルクチョコレートのピーナッツ)、ハーシーのシロップ(1926)、セミスイートチョコレートチップ(1928)、カリカリご飯のクラッケルバー(1938)が含まれていました。

リースのピーナッツバターカップ編集

ハリーバーネットリースは、H.B。を設立した後、リースのピーナッツバターカップを発明しました。リースキャンディーカンパニーは1923年に亡くなった。[15]リースは1956年5月16日にフロリダ州ウェストパームビーチで亡くなり、6人の息子に会社を任せた。 [16] 1963年7月2日、H.B。 Reese Candy Companyは、Hershey Chocolate Corporationと、非課税の株式対株式の合併で合併しました。 2020年、57年間の株式分割の後、[17]リース家が受け取ったハーシー普通株式の元の666,316株は、25億ドル相当のハーシー株式1600万株に相当し、年間配当は5140万ドルでした。 [18] [19] 1969年、リースとハーシーの合併からわずか6年後、リースのピーナッツバターカップはハーシーカンパニーのトップセラーになりました。 [20] 2012年9月20日の時点で、リースは米国で最も売れているキャンディーブランドであり、売上高は26億3000万ドルで、世界で4番目に売れているブランドであり、売上高は26億7900万ドルでした。その売上高のわずか7600万ドル(2.8%)が米国外にあります。 [21]

ユニオン化編集

労働総同盟が支援する組合が工場労働者を組織化しようとしたため、1930年代後半に労働争議がハーシーにやってきた。 1937年に失敗した着席ストライキは、暴力的なロイヤリスト労働者に終わり、地元の酪農家は、工場を離れようとしたときにストライキの多くを殴打しました。 1940年までに、アメリカ労働総同盟の加盟組織は、ベーカリー、製菓、タバコ労働者、穀物ミラーズ国際連合の地方支部第464号の初代会長となったジョン・シアラーのリーダーシップの下でハーシーの労働者を組織化することに成功しました。ローカル464はまだハーシーの労働力を表しています。

M&ampMの編集

第二次世界大戦の少し前、ハーシーの長年の大統領ウィリアムF.R.の息子であるブルースマリーマリーは、フォレストマーズと契約を結び、M&ampM(マースとマリーの略)と呼ばれる砂糖でコーティングされたハードチョコレートを作成しました。マリーは、第二次世界大戦の配給中にハーシーチョコレートを使用した製品に20%の関心を持っていました。 1948年、火星はマリーを買収し、ハーシーの主要な競争相手の1つになりました。 [22]

キットカットとロロ編集

1969年、ハーシーはRowntree'sから、米国でキットカットとロロを製造および販売するライセンスを取得しました。ハーシーのライバルであるネスレが1988年にラウントリーズを買収した後も、契約を尊重する必要があったため、ハーシーは引き続き米国で製品の製造と販売を行っています。ハーシーが売却された場合、ライセンスはネスレに戻ります。 [23]これは、2002年にハーシーが真面目な買い手を引き付けようとして失敗したことの難点となり、ネスレでさえ、経済がうまくいかないと感じてハーシーの提示価格を拒否した。 [24]

キャドバリーの編集

1988年、ハーシーは米国で多くのキャドバリーブランドの製品を製造および販売する権利を取得しました(モンデリーズインターナショナルの一部であるガムとミントを除く)。 2015年、彼らは英国の輸入業者を訴え、英国のキャドバリーチョコレートの輸入を停止しました。これは消費者を怒らせたと伝えられています。 [25] [26]モンデリーズとハーシーの合併が検討されたが、ハーシーが230億ドルの現金と株式の入札を断った後、2016年に放棄された。 [27]

その他の20世紀の販売と買収編集

1977年、ハーシーは1845年に設立されたY&ampS Candiesを買収し、Twizzlersの甘草キャンディーのメーカーになりました。

1986年、ハーシーはルーデンの咳止めドロップブランドを買収したときに、咳止めドロップに簡単に参入しました。しかし、2001年までに、このブランドはファルマシア(現在はファイザーの一部)に売却され[28]、ルーデンは最終的にプレステージブランドの製品になりました。 [29]ハーシーはルーデンの5番街のバーを維持しました。

1996年、ハーシーはHuhtamäkiからLeaf CandyCompanyのアメリカ事業を買収しました。

1999年、ハーシーパスタグループはいくつかのエクイティパートナーに売却され、ニューワールドパスタ会社(現在はエブロフーズの一部)を設立しました。

21世紀編集

2002年7月25日、ハーシートラストカンパニーがハーシーフーズコーポレーションの支配持分を売却しようとしていることが判明しました。ハーシー株の価値は1日で25%上昇し、1900万株以上が取引されました。その後55日間にわたって、広範囲にわたる報道と、ペンシルベニア州検事総長マイク・フィッシャー、ハーシーのコミュニティ、およびドーフィン郡孤児院上級裁判官ウォーレンG.モーガンからの圧力により、売却は中止されました。 2002年9月17日にハーシーフーズを125億米ドルでウィリアムリグレージュニアカンパニー(現在はマーズインコーポレイテッドの一部)に売却することを決議した7人のハーシー受託者は、フィッシャー検事総長とモーガン裁判官によって解任されました。 [30] 17人の受託者のうち10人が辞任を余儀なくされ、地元に住む4人の新しいメンバーが任命された。元ペンシルベニア州司法長官のリロイ・S・ジマーマンが、再構成されたミルトン・ハーシー学校評議員の新しい議長になりました。ジマーマン氏は、ミルトンハーシースクールトラストが常にハーシーカンパニーへの関心を維持することを公約しています。

2005年、Krave Jerkyは、マラソンのトレーニングを行い、健康的なエネルギー源を探した後、JonSebastianiによって設立されました。 [32]プライベートエクイティグループであるAllianceConsumer Growthは、2012年にKraveJerkyに投資しました。[33] Hershey'sは2015年に2億4000万ドルで会社を買収しました。 [34]ハーシーは、2020年後半に、2016年にセバスチャーニによって設立された食品産業のインキュベーターであるソノマブランドにクレイブジャーキーを売却する予定でした。[35]

2005年7月、ハーシーはカリフォルニア州バークレーを拠点とするブティックチョコレートメーカーのScharffenBergerを買収しました。 [36] 2005年11月、ハーシーはサンフランシスコを拠点とするショコラティエであるジョセフシュミットコンフェクションズを買収し、2006年11月、ハーシーはオレゴン州アッシュランドを拠点とするブティックチョコレートメーカーであるダゴバオーガニックチョコレートを買収しました。

2006年6月、フィラデルフィア市議会議員のフアンラモスは、ハーシーに、違法な街頭ドラッグに使用されていた種類のパッケージに類似しているため、ミントの一種である「アイスブレーカーパック」の販売を停止するよう求めました。 [37]

2006年9月、ABCニュースは、いくつかのハーシーチョコレート製品が乳化剤としてカカオバターを植物油に置き換えるために再処方されたと報告しました。同社によれば、この変更は、価格を上げたり、サイズを小さくしたりするのではなく、製品の製造コストを削減するために行われたとのことです。一部の消費者は味が違うと不満を漏らしたが、同社は、同社が主催するブラインド味覚テストでは、消費者の約半数が新しいバージョンを好んだと述べた。新しいバージョンは、食品医薬品局の「ミルクチョコレート」の公式定義を満たさなくなったため、変更されたアイテムは、「ミルクチョコレート」と「チョコレートで作られた」から「チョコレートキャンディー」と「チョコレート」にラベルが変更されました。 [38]

2011年12月、ハーシーは、ブリティッシュコロンビア州アボッツフォードに本拠を置く株式非公開の製菓会社であるBrookside FoodsLtd。を買収することに合意しました。 [39]

2015年4月、ペンシルベニア州ハーシーのイーストチョコレートアベニューにあるハーシーチョコレート工場は、多目的開発に道を譲るために取り壊されました。 [40]

2016年、ハーシーはニューヨークを拠点とするチョコレートスナック食品会社であるbarkTHINSを買収し、その年の収益は2億9千万ドルで6500万ドルから7500万ドルになると見込んでいました。 [41] [34]

ハーシートラストの反対により、2016年8月にハーシーをモンデリーズインターナショナルに売却する試みは中止されました。 [23]

2017年、ハーシーはテキサス州オースティンに本拠を置くSkinnyPopのメーカーであるAmplify Snack Brandsを、約16億ドル相当の全額現金取引で買収しました。 [42]

2018年9月、ハーシーはB&ampGFoodsからPirateBrandsを4億2000万ドルで全額現金で購入すると発表しました。 [43] [44] [45]

2019年8月、ハーシーはプロテインバーメーカーのOne BrandsLLCを3億9,700万ドルで買収すると発表しました。 [46]

2019年10月、Hershey'sは、Yuenglingとのコラボレーションを発表し、Yuengling Hershey's Chocolate Porterというタイトルの限定リリースのコラボレーションビールを製造し、Hersheyの最初のライセンスビールパートナーシップになりました。 [47]

ミルトン・S・ハーシーは自分の子供を持つことができず、1909年に孤児になった白人の男の子のためにハーシー工業学校を設立しました。 [48]妻の死から3年後の1918年、ミルトン・ハーシーは約9000万ドルを寄宿学校に寄付し、ハーシー・カンパニーの普通株の40%を寄付した。 [49]学校の当初の目的は、若い男性を貿易で訓練することでしたが、最終的には大学の準備に焦点を合わせるようになりました。 [49]ハーシー・トラスト・カンパニーは学校の議決権を行使し、設立以来受託者である。 [50]

そのデザインの多くは、ハーシーキスの街路灯などのハーシーチョコレート製品に似ています。 [51]ミルトン・ハーシーは1945年に亡くなるまで学校の運営に携わっていた。ハーシー工業学校は1951年にミルトン・ハーシー学校に改名された。[52]

ハーシー郊外の最初の工場は1963年6月15日にオンタリオ州スミスフォールズに開設され、3番目の工場は1965年5月22日にカリフォルニア州オークデールに開設されました。 [53] 2007年2月と4月、ハーシーズはスミスフォールズ[54] [55]とオークデール[56] [57]の工場が2008年に閉鎖され、一部はメキシコのモンテレーにある新しい施設に置き換わると発表した。オークデール工場は2008年2月1日に閉鎖された。[58]ブラジルのサンロケにあるハーシーチョコレート工場は2002年8月に開設された。ハーシーのアジア事業は主にインドのマンディディープにある工場から供給されている。 [2]

ハーシーへの訪問者は、ハーシーのチョコレートワールドビジターセンターとそのシミュレートされたツアーライドを体験できます。パブリックツアーはかつてペンシルベニア州とカリフォルニア州の工場で行われ、ハーシーズチョコレートワールドがオープンするとすぐに1973年にペンシルベニア州で終了し[59]、2001年9月11日の同時多発テロに続いてカリフォルニア州でセキュリティ上の懸念から終了しました。 [57]

2012年9月18日、ハーシーは新しく拡張されたウェストハーシー工場を開設しました。工場は3億ドルの予算で完成しました。 [60]

2018年3月9日、ハーシーはペンシルベニア州ヘーズルタウンシップにあるキットカット製造施設を拡張するために着工しました。拡張プロジェクトには6000万ドルの予算があり、施設でさらに111人の雇用を創出することが見込まれています。 [61]

  • 1998年7月、募金イベントのために販売されていた100 g(3.5オンス)のミルクチョコレートバーが、成分に記載されていないアーモンドの痕跡が含まれていた可能性があるため、回収されました。 [62]
  • 2006年11月、オンタリオ州のスミスフォールズの生産工場は一時的に閉鎖され、いくつかの製品が懸念された後、自主的に回収されました。 サルモネラ 生産ライン内の大豆レシチンに汚染が見られる可能性があります。リコールに関与した製品のほとんどは、小売レベルには到達しなかったと考えられていました。 [63] [64]

ハーシーは教育に多大な貢献をしてきました。彼らの最も注目すべき貢献の1つは、エリザベスタウンカレッジオナーズプログラムでした。 [65]このプログラムは1999年に設立され、基金を通じて部分的に資金提供されています。

2015年、ハーシーは、ガーナの子供たちの基本的な栄養をサポートする持続可能なサプライチェーンの構築を支援するクリントングローバルイニシアチブへの取り組みを発表しました。 [66]

ハーシーは子供と家族に長期的に焦点を当てており、Children's Miracle Network、Ronald McDonald House、United Way(UW)などの組織との長年にわたるパートナーシップを生み出しています。 2016年、同社はこれらの組織に486,200ドル以上を寄付しました。 [67]

ハーシーは、持続可能で倫理的なカカオの購入を保証するプログラムがなく、フェアトレード措置で競合他社に遅れをとっていると批判されています。 [68]

「バーを上げろ、ハーシー!」キャンペーンは、グローバルエクスチェンジ、グリーンアメリカ、オアシストラスト、および国際労働者の権利フォーラムによって2010年9月に開始されました。 Raise the Barキャンペーンの目的は、ハーシーに「ハーシーのカカオ供給から強制労働と児童労働を排除するための即時行動をとる」ことを約束することでした。そのトップ5の販売チョコレートバー[。]は、その後2年ごとに少なくとも1つの追加のトップ5販売バーを100%フェアトレード認証にしています」と「すべての製品のハーシーのカカオの大部分は2022年までにフェアトレード認証になります」。圧力は特に、2012年10月3日にハーシーのシャーフェンバーガーラインの輸送を停止すると発表したホールフーズマーケットに向けられました。 [69]キャンペーンは、「ホールフーズの決定は、巨大なチョコレートメーカーがサプライチェーンでの児童労働への取り組みを拒否した結果として、シャルフェンバーガーとダゴバの製品を運ぶことへの懸念を公に表明した40以上の自然食品小売業者と協同組合に続く」と述べた。 [69]同日、ハーシーは「2020年までに世界のチョコレート製品ラインに100%認定されたカカオを調達し、西アフリカのカカオ地域での児童労働をなくすためのプログラムを加速する」と発表した。 [70]

2019年、ハーシーは、購入の約50%しか農場レベルまでさかのぼることができなかったため、チョコレート製品に子供の奴隷労働がないことを保証できないと発表しました。 NS ワシントンポスト このような慣行を4年以内に根絶するという2001年の公約は、2005年の期限でも、2008年と2010年の改訂された期限でも守られておらず、2020年もその結果が達成される可能性は低いと述べた。 。 [71]

2021年、ハーシーは、コートジボワールのカカオ農園での奴隷制を支援し、殴打したと主張するマリ出身の8人の元子奴隷が提起した集団訴訟で指名されました。訴訟は、ハーシー(ネスレ、カーギル、マース、インコーポレイテッド、オラムインターナショナル、バリーカレボー、モンデリーズインターナショナルとともに)が故意に強制労働に従事したとして非難し、原告は不当な濃縮、過失による監督、および精神的苦痛の故意による精神的苦痛に対する損害賠償を求めました。 。 [72]


ユダヤ料理が好きですか? Nosherレシピニュースレターにサインアップしてください!

イスラエルに旅行したり、コーシャスーパーマーケットを訪れたり、イスラエルのいとこがたまに訪れたりしたことがある場合は、エリートチョコレート、イスラエルのプレミア、そして非常に愛されているチョコレート会社に出会ったことがあるかもしれません。テーマパークを除いたイスラエル版のハーシー&rsquosのように、(少し)おいしいものを提供していると考えてください。

私たちはここTheNosherでイスラエルのチョコレートにかなり夢中になっており、お気に入りの種類のイスラエルのチョコレートをランク付けするという骨の折れる作業に着手しました。そして、誰が私たちを責めることができますか?ガル・ガドットとジミー・ファロンでさえイスラエルのチョコレートが大好きです。

しかし、実際には魅力的な歴史を持つエリートの優位性に気付かずに、イスラエルのチョコレートバーのリストを調べることは不可能です。

エリートは1920年代にラトビアで設立されました。この会社は元々&ldquoLaima&rdquoと呼ばれていましたが、これはラトビアでの幸運を意味します。 1930年代までに、ライマはそのお菓子をフランス、イギリス、エジプトなどに輸出していました。しかし、1933年、ナチスが政権を握ると、会社の3つのパートナーの1つであるエリアフプロムチェンコが家族と一緒にイスラエルに移住しました。そして彼は彼と一緒に機械、そしてもっと重要なことに、お菓子の専門家を連れてきました。

1934年、同社はテルアビブの近くに工場を開設しました。第二次世界大戦中、エリートはこの地域に駐屯しているイギリス軍と連合軍にチョコレートを供給する契約を獲得しました。プロムチェンコはベイルートに工場と店舗をオープンしましたが、1948年のイスラエルの独立戦争の前になんとか閉鎖しました。1958年、エリートはイスラエルと世界のコッシャーシーンで有名なブランドであるインスタントコーヒーの製造を開始しました。

1970年代に、エリートは別のスイーツ工場であるLiberと合併しました。つまり、同社は現在、イスラエルの象徴的なガムブランドAlmaであるMekupeletチョコレートバーなどのお気に入りを販売しており、イスラエルでバズーカガムのライセンス販売者にさえなりました。 1997年、エリートは現在イスラエルで最大の食品会社であるシュトラウスに買収され、今でもイスラエルで最も愛されているチョコレートバーとなっています。

もっとお腹が空いた?私たちの短いビデオを見てください、しかしチョコレートの渇望の準備をしてください。


ベルリンキャンディ爆撃機

困難、混乱、喪失の時代に、私たちは善、希望、喜びを求めます。そして時々、チョコレートバーの優しいジェスチャーで楽しんだ瞬間のように、私たちが予期しない方法でそれらを見つけることがあります。

第二次世界大戦が終わった後、ロシア軍はベルリンの連合国の支配地域を封鎖しました。その結果、200万人のドイツ国民が食糧、石炭、医薬品から切り離されました。水と土地へのアクセスが遮断され、空が唯一の道となった。

1948年6月、第二次世界大戦中に米空軍のパイロットであったゲイルS.「ハル」ハルヴォルセン大佐がベルリン空軍に配属され、待望の食糧、燃料、物資をベルリン市民に届けました。この努力は、米国ではヴィトルズ作戦と呼ばれ、英国では平野作戦と呼ばれていました。

ある日、彼の任務の早い段階で、27歳のハルヴォルセン大佐はベルリン飛行場に沿った有刺鉄線の柵に集まっているドイツの子供たちのグループを見つけました。お菓子やお菓子が欲しかったので、米軍の注目を集めている子供たちを見るのはよくあることでした。しかし、このグループはおやつを探していませんでした。これらの子供たちは希望と自由の兆候を探していました。

彼らは飛行機と彼らが運ぶことができる物資の数について尋ねました。彼らは自分たちの状態の理由を理解し、世界が彼らを助けるために何をしていたかについてもっと知りたいと思っていました。彼らが何も持っておらず、空腹であるのを見て、ハルヴォルセン大佐は2本のガムを提供しました。それは彼が持っていたすべてでした。彼は彼らがもっと多くを求めることを期待していましたが、子供たちは親切なジェスチャーに感謝し、ハルヴォルセンの航空機の任務について聞きたかっただけでした。

彼らにもっと与えたいと思って、ハルは大胆な約束をしました。彼らがそれらを共有することに同意する限り、彼は彼らにもっとおやつを持ってくると約束しました。しかし、彼はおやつを柵から渡さず、空から落としました。彼は彼らに、彼が近づくと翼を小刻みに動かすので、それが彼が空中にいることを知っているだろうと言った。

ハルはキャンディーの配給を他の軍人と組み合わせて、ハンカチとひもからチョコレートとガムのパラシュートを作りました。 1948年7月18日、リトルヴィトルズ作戦が放映されました。ハルはそれらの子供たちへの約束を守り、お菓子のパラシュートを空から落としました。下の子供たちは、キャンディーを積んだパラシュートを捕まえるためにスクランブルをかけました。人々は、これらの英雄的な親切な行為のために、彼をアンクルウィグリーウィングスとベルリンキャンディボンバーと呼び始めました。

「リトル」ヴィトルズ作戦のニュース(キャンディーパラシュートドロップに付けられた特別な名前)はすぐに米国に届き、子供たちやあらゆる種類のキャンディーメーカーがミッションにキャンディーを提供するために行動を起こしました。そこから、残りは歴史です。 1949年9月のベルリン空輸の終わりまでに、アメリカのパイロットは25万個以上のパラシュートと23トンのキャンディーをベルリンの子供たちに落としました。

ハルヴォルセン大佐は、次のように語っています。

ハーシー・カンパニーからそのようなサポートを受けられたことは素晴らしい気持ちでした。」ハルは、「あなたがする小さなことは素晴らしいことへと変わる」と結論づけています。

ハルヴォルセン大佐は、引退をはるかに超えて与えることへの彼の愛を続けています。 The Gail S. Halvorsen Aviation Education Foundation was established in 2016 to help children gain a passion for science, technology, engineering, and mathematics disciplines while learning about the principles of attitude, gratitude, and service before self. After all, as Hal always says, it’s the little things that put you on the path of life, the small acts of kindness.


Several dozen miles from the Pennsylvania Capitol in Harrisburg, the town of Hershey pumps sweet chocolate smells from a 2-million-square-foot manufacturing plant. Street signs with cocoa-inspired names such as Chocolate, Java and Granada mark tree-lined avenues lit by lamps shaped like Hershey Kisses. Everything in this town of about 13,000 residents seems to reflect the Hershey's Chocolate Company that spawned it. To understand how an area once was home to little more than dairy farms was transformed into the headquarters of America's largest chocolate and confectionary maker, one must understand the man behind the transformation: Milton S. Hershey.

Hershey was not born with a clear, predestined path to becoming the king of a vast chocolate empire and one of the country's richest people. He was born in a fieldstone farmhouse on September 13, 1857, near Derry Church, the small town that would eventually become Hershey, Pennsylvania. He was the only surviving child of Henry and Fanny Hershey, both descended from the Pennsylvania Dutch. The family was of Mennonite stock, and the tradition instilled the young M.S. Hershey with hard-working and frugal values that he would keep for the rest of his life.

As soon as he started his schooling at seven years old, Hershey appeared headed for a rough education. He changed schools often, attending seven different ones as his family moved throughout the region. The lack of constancy led him to finally drop out at 14 and pursue an apprenticeship instead. He first worked with the publisher of the pacifist newspaper Der Waffenlose Waechter, German for "The Unarmed Watchman." There he slowly learned that he was not cut out for the printing business. He was fired when he angrily threw the owner's hat into the printing machinery.

Hershey's mother then paid to send him to apprentice with Joseph H. Royer, a confectioner in nearby Lancaster. Hershey worked at Joe Royer's Ice Cream Parlor and Garden, a popular spot for the townspeople. He enjoyed the work much more than that at the printer, and Royer soon promoted him to candy-making duties in the kitchen.

After four years of learning the trade, the 19-year-old Hershey decided to start his own candy business. With his apprenticeship savings and $750 from his mother and aunt, he headed to Philadelphia to make his fortune. He rented a three-story building on Spring Garden Street, spending his days boiling, stretching and cutting caramel and his nights selling them for pennies. He then expanded into selling nuts and baked goods. Yet despite his efforts and constant financial help from his mother's family, Hershey could not keep his fledgling business profitable. The venture folded after six years, and he returned to Lancaster.

Successive attempts at selling his candy ended similarly. He arrived in Denver in 1882 just in time for a local depression that hampered his work. Similar travels to Chicago, New Orleans and New York City also failed. Problems pestered Hershey, ranging from unforgiving landlords to young troublemakers setting his cart on fire and sending his horse bolting. Money problems followed him, and New York police finally confiscated his candy-making equipment after he defaulted on a payment. He used his last few dollars to buy a ticket back to Lancaster and to ship his remaining things home. At 30, he was nearly bankrupt.

These early failures did not squash Hershey's spirits. He set out to once again raise capital for another business, but this time no relative would offer help. None trusted his track record. He finally amassed enough money from loans to rent a warehouse that once housed one of Thomas Edison's electric plants. In addition to his caramel duties, he worked on the side as a handyman and salesman in order to make ends meet, and his mother and aunt helped wrap the candy that he churned out. And finally, luck smiled on him.

An English candy importer named Decies happened to taste one of the caramels. He asked Hershey if he could sell them in England. Hershey had never thought of that before, but he knew his product was suited for export in Denver he had learned to use fresh milk in his creations, which would stay fresh longer than others.

Business boomed for his "Crystal A" caramels. Orders poured in faster than he and the workers he hired could fill them. Only four years after arriving back in Lancaster, he was not only renting the whole building but had also built two new floors and bought adjacent properties. He soon had to build plants in other cities, including branches in New York and Chicago. All of them churned out his many caramel creations, which he gave exotic names like Lotuses, Cocoanut Ices, Icelets and Uniques. Hershey continued playing an everyday role making them despite the newfound success. He would help in the Lancaster plant, shoveling cinders into dump carts and rolling candy. The boss who would eventually become known as "Dad Hershey" needed to be personally involved, eating with his workers in the cafeteria and persuading construction workers to teach him a little of their trade.

While keeping his hand in all areas of his business, Hershey reserved the bulk of his attention for the sweets. Although chocolate became vital to production, Hershey initially used it only to coat some of his candies. In 1892, he had attended the World's Columbian Exposition in Chicago. It was here that the future chocolate king saw and bought chocolate-making machinery from Germany. More than a hundred "novelties" were coated with that chocolate, and they became some of his best sellers. He told his cousin, "Caramels are only a fad. Chocolate is a permanent thing."

He was able to pursue this when the American Caramel Company, his chief competitor, offered $1 million — roughly $24 million today — to buy Crystal A in 1900. After the sale, he surrendered the factory, machinery, stock, formulas and trademark. However, he refused to sell his chocolate rights and the needed equipment. He rented a wing of his former factory and was soon selling his new line. "This was the best business deal I ever made, because most of my competitors became my customers," he said.

Business soon outgrew the rented wing in Lancaster, and Hershey began looking for a new place. He considered another site in Lancaster and places in Baltimore and Yonkers, New York. Eventually, he decided to forego cities entirely and picked a spot next to Spring Creek near his hometown of Derry Church. The site was near the many dairy farms that he would need, and a nearby quarry could supply building materials. The location was also relatively close to the ports of Philadelphia and New York.

Surveyors arrived in January 1903, and construction began that March. In a race with construction, M.S. Hershey tinkered with a new formula for making chocolate. Milk chocolate in particular was not popular at the time it was a luxury good produced exclusively and in secret in Switzerland and Germany. Hershey wanted to produce it in mass quantities and make it affordable for all. He spent weeks experimenting, using powdered milk as the Swiss used and then trying cream and sugar. The heating temperature, cooking time and order of ingredients were all subject to manipulation during the many 16-hour workdays put in by Hershey and his staff. For a while it seemed as though construction might finish before the right recipe was found.

The breakthrough finally came from John Schmalbach, a trusted worker from the Lancaster plant who visited for a single day. After a few hours, he found the combination of chocolate-making elements that Hershey wanted. The many trials finally yielded the Hershey Process, which would form the basis for the company's production for decades. The chocolate made with this recipe could be stored for several months without spoiling and although the fermentation of milk fat caused a slightly sour hint that Swiss chocolate lacked, Americans would come to expect the taste from their chocolate. In fact, other American manufacturers would have to add that taste to suit public demand.

The factory officially went into operation in the winter of 1904. Work slowed in Lancaster, and then transferred completely to Derry Church. As workers changed locations and new ones were hired, Hershey set about accommodating them. From the outset, he planned to build an entire town around his manufacturing complex. As Michael D'Antonio described it, the plan called for "a perfect American town in a bucolic natural setting, where healthy, right-living, and well-paid workers lived in safe, happy homes." Experience had taught the boss that employees appreciated being treated fairly. The town plan allowed them to live independently in a true community, complete with churches, stores, public trolley transportation and a fire department where he volunteered. Homes had modern amenities such as electricity, indoor plumbing and central heating during a time when less than 8% of American homes were wired for power. Architects also had instructions to give each new house its unique style and charm. In the following years, an amusement park, golf courses and a zoo were added to the budding community.

Milton Hershey credited his wife Kitty with the idea for his next great venture: a school for underprivileged boys. Kitty noted that although the childless couple traveled all over Europe and lived comfortably, they still had more money than they could spend. She suggested putting some of it toward a boarding school. Hershey dreamed of guaranteeing the students the well-rounded education that he never had. In addition to the usual writing and math, he wanted them to learn practical skills. "I want to see that every one of them learns a trade," he said. "Let them learn to earn their own livings. Some will want to be farmers, and they ought to be taught the best methods of farm management. But there will be others who want to be electricians, carpenters, type-setters or plumbers. We'll give them a chance to learn all these things."

Hershey thereby deeded 486 acres of farming land to the Hershey Trust Company for the construction of a school for orphaned boys. The Hershey Industrial School, which would later be renamed the Milton Hershey School, took in its first two students in 1909, followed by others from Lebanon, Harrisburg and beyond.

Jack Kerstetter, one of the thousands who have attended the school, compiled some of his recollections in his memoir, Behind the Chocolate Curtain. He described the place as one "set apart from the outside world, not as a fence around any school, or as a stone wall separating East and West Berlin, but just an invisible curtain founded by a man who had an idea and shared his love" (Qtd. Hinkle, 2004). Kerstetter wrote of how Hershey established a student work program whereby twelve-year-old pupils could earn 25 cents and then graduate to 50 cents at 15. The businessman also taught them to budget, encouraging them to put half of their earnings and allowances into a savings account. Upon graduation, he sent them into the world with $100, the same amount he had carried sewn into his jacket pocket as he had struggled to make a living.

In the early years, students lived in the very homestead on which Hershey had been born. Eventually the student body increased to the point of needing additional rooming space, and other buildings were converted to dormitories and kindergartens. Almost every year brought additional students, and that trend accelerated when the school started accepting girls as well as boys.

In the meantime, Hershey's company was growing as quickly as his school. In 1919, it earned $58 million, roughly equivalent to $273 million today according to the U.S. Federal Reserve. Mounting sugar prices associated with the ongoing world war caused problems, but even they could not topple the company. Although his company ran a deficit and had to allow a bank to mortgage the property and oversee control, M.S. Hershey increased production and efficiency company-wide to return Hershey's to the black by 1921.

Hershey also took the lead in securing his workers. During the Great Depression of the 1920s and 1930s, he gave jobs to about 600 construction workers from the area. Hershey ignored the advice of those close to him who said it was not the proper time to start a building campaign. Hershey saw that the community needed help and that supply costs were low. While much of the rest of the country sat unemployed, Hershey's workers built new hotels, schools, a community center, a stadium and a sports arena. All these new sights also created jobs in the tourist trade.

The Hershey influence stretched far beyond American soil. During World War II, for example, Hershey's supplied American troops in Europe and the Pacific with more a billion chocolate bars. Special "Ration D" or "Tropical" bars did not melt in the hot and humid Pacific theater. Parts of the plant in Hershey were even dedicated to churning out munitions. After the war, the company was awarded five Army-Navy E Production Awards for its service.

The Hershey brand expanded beyond those iconic chocolate bars and Hershey Kisses with such goods as Twizzlers, Icebreakers, Reese's, Almond Joy, Milk Duds, Mr. Goodbar, Bubble Yum and dozens of other varieties. Besides becoming the largest chocolate maker on the continent, the company also started new ventures. Hershey's Chocolate World, a visitor's center, opened with mascots, presentations, shows, shops and restaurants. The trust company ran, and continues to run, the Hershey Bears professional hockey team, Hersheypark, Hersheypark Stadium and the GIANT Center, all of which are situated in the town of Hershey.

Hershey kept busy in his old age with these investments and others things. He opened the doors of his mansion for the country club. He continued having business lunches with his managers, keeping close tabs on the company he founded. He still made regular appearances in the experimentation grounds at the factory. His nurses listened to many stories about his youth and his time with Kitty. On his 80th birthday, 6,000 Hershey's employees threw him a party at the arena, complete with a 3-foot-tall cake, four local bands, flowers, speeches and the children from his school.

Time finally caught up to Milton S. Hershey on October 13, 1945, when he died of a heart attack at 88. He died at the Hershey Medical Center a year after retiring from the board, and he is buried next to his parents and wife in the cemetery of the town that bears his name.

Before he died and without public fanfare, Hershey had willed the vast majority of his wealth to the Milton Hershey School through the Hershey Trust. Thanks to the stock shares and assets, the school is one of the wealthiest in the world. Its 1,300 students and staff enjoy about $66 billion in assets for its programs. More than for the huge company he built — with its nearly 14,000 employees and $4 billion annual sales — or for his personal riches, M.S. Hershey's legacy will endure through things such as his school. After all, this was a man who often proclaimed, "Business is a matter of human service." His public projects, his philanthropies and the true community he built all serve as lasting reminders of that conviction.

The new era without the long-time leader brought new challenges for the Hershey's. The brand's different branches developed sometimes strained and confusing relationships among one another. The commercial enterprises grumbled over their ownership by the Milton Hershey School and its trust. Other candy giants, particularly Mars and Nestlé, posed new competitive challenges.

Even if fierce competition within the industry and internal problems slowed growth, Hershey seems to have risen to the challenges. The company recorded about $4 billion in sales in 2005, led in part by active development of new goods for the new century, such as candy for dieters and variations of old favorites. Times have changed dramatically since the business officially began operating under the Hershey name in 1894, but it has shown it can adapt. Perhaps still greater challenges lay ahead.


In 1942, the Hershey Hotel Was a Chocolate-Scented POW Camp

Escorted by agents of the U.S. State Department and the Pennsylvania Motor Police, their caravan of cars wound up a hill past hastily assembled guard shacks and a barbed wire fence. The automobile passengers had difficulty perceiving the incongruity of their destination—a five-story brick edifice with a Spanish-style tile roof, hundreds of windows, wide open terraces and carefully manicured gardens overlooking dairy farms, a school for orphans, a large factory and a blacked-out company town. This was a prison unlike any other, and it was to be their new home.

After succumbing to a German offensive in the spring of 1940, the French government agreed to an armistice that nominally kept France and its colonies intact, even as her capital became occupied territory and many of her citizens Nazi captives. A collaboration regime governed the unoccupied portion of the state from the town of Vichy, as Free French forces vowed to carry on the fight in France’s colonies.

The United States initially granted Vichy France full recognition as Franklin Roosevelt sought to neutralize French military assets and encourage opposition to the Nazi occupation force in northern France. From the outset, however, American officials were distrustful of the Vichy French diplomats sent to the United States.

Vichy France’s ambassador to the U.S., Gaston Henry-Haye, was dining at the Chinese embassy on November 8, 1942, when news reached him about Operation Torch, the Allied invasion of French North Africa. Four days later Germany invaded the remainder of France to protect its southern flank, and the Vichy regime was compelled to hand over its American diplomats to the Nazis. Given the situation of these citizens, Secretary of State Cordell Hull began reconsidering the status of the Vichy officials on American soil, even though France and the U.S. were not technically at war. Henry-Haye and his compatriots soon found themselves in a strange kind of diplomatic limbo, fated to become pawns in the increasingly volatile fight between Axis and Allies.

Vichy France Ambassador Gaston Henry-Haye. (Photo: Public Domain/WikiCommons) 

Ten years earlier it was not war but the state of economy foremost in the minds of Americans, including confectionery king Milton Hershey and those who inhabited the factory town he built. Because its products remained relatively affordable, the Hershey Chocolate Corporation fared better than many companies during the Great Depression. Demand for construction workers and prices for building materials were plummeting, so Milton Hershey seized the opportunity to serve his altruism, his penchant for a bargain and his dream of building a grand hotel on Hershey’s highest point. In spite of its scale, its unique design and its luxurious furnishings, the Hotel Hershey was completed in just 18 months and opened in 1933. Hershey defended its extravagance: “Other men have their yachts to play with. The hotel is my yacht.”

With war looming in the late 󈧢s, Milton Hershey shrewdly sought out government contracts to develop cocoa-based products specifically for military rations. The relationships developed in this arrangement may be what led Hotel Hershey general manager Joseph Gassler to extend an extraordinary invitation to Secretary Hull in regards to his Vichy French problem on Nov. 12, 1942:

I have the honor to advise you that Hotel Hershey has placed its facilities at your service … I shall be very happy to have these people as our guests and assure you, my dear Secretary, that we will do our utmost, in every respect, to give the high standard of service which the famous Hotel Hershey knows how to give.

The specifics of his offer asked $7.50 per day to house adults and $4 for children and guards with the State Department picking up the tab for incidental expenses and gratuities. With the war pilfering both his customers and his staff, Gassler, who was also a close confidant to Milton Hershey, perhaps saw the predicament of the Vichy diplomats as an opportunity to improve his employer’s fortunes and standing. A mere two days later the New York Times published a large aerial photo of the Hotel Hershey under the headline, “Where French Diplomats Will Be Housed.”

The second-floor entrance to Hotel Hershey. (Photo: Matt Chan/flickr)

The first group of detainees to arrive at the hotel included Henry-Haye, seven members of his Washington, D.C. staff and their families. For the next 10 months, as many as 94 French citizens—those the State Department deemed a security risk—attached to consulates in New York, Chicago and elsewhere had the opportunity to experience, in the words of the タイムズ, “one of the most secluded vacation spots in Central Pennsylvania.” Although not allowed to leave unescorted, the French were able to avail themselves of the sprawling lawns, rose gardens, a nine-hole golf course, tennis courts, a game room and the large patio offering a stunning view of a nascent Hershey Park. A makeshift chapel offered Sunday mass, and a lycée gave the children some semblance of normalcy.

The fountain in the lobby of the Hershey Hotel. (Photo: Public Domain/WikiCommons) 

Few of Hershey’s citizens knew much about what was happening on the hill above them, although two busboys at the time, John Vetrulli and his cousin William Cognoli, later recalled some details in a 1993 newspaper interview. The French dressed formally for meals, which often included Burgundy wine paid for by the U.S. government (the detainees paid for mixed drinks). Henry-Haye allowed his large Dalmatian to accompany him to the dining room. The children seemed happy enough, and Vertrulli even traded a stamp collection with one French boy for $10 and some French coins.

According to State Department reports, however, the adults among the detainees bristled at any attempt at control, “behaving like spoiled children … with utter disregard to the rules and regulations regarding their boundary limits.” The French made up excuses for doctor’s visits and shopping excursions, spoke disrespectfully with the guards and even vandalized hotel property. Swastikas appeared on the snow-covered lawns, and one gentleman who used the caddyshack as a makeshift art studio was found to be painting a portrait of Philippe Petain, the collaborationist head of Vichy France.

Philippe Pétain, Chief of State for Vichy France, at his final meeting with the departing American ambassador William D. Leahy, 1942. (Photo: Public Domain/WikiCommons)

Only Henry-Haye and 16 others remained by September 30, 1943, as many of the French, particularly those with families, had agreed to work with the Allies and were released. No longer wishing to bear the expense for so few prisoners, the State Department moved the Vichy diplomats to a smaller establishment in Warm Springs, Virginia, closer to other detained Axis officials. A prisoner exchange with Germany did not happen until early 1944 in Lisbon, where the well-fed Henry-Haye commented to one American just out of a Nazi internment camp, “You have indeed lost a lot of weight.” Although he was re-appointed mayor of Versailles upon his return, Henry-Haye was barred from public office after the war.

On October 1, 1943, the Hotel Hershey immediately re-opened its doors to the public. After several renovations in the intervening years, including the 2001 addition of a spa offering chocolate-inspired treatments, the Hotel continues to offer a one-of-a-kind experience to those who can afford its luxuries. While many went without the luxury of liberty during World War II, this episode in Hershey showcased the United States’ commitment to diplomacy during a time when war overshadowed other ideals and notions of comfort.


US Navy is ‘under cyber siege’ from Chinese hackers hemorrhaging national secrets

Posted On April 29, 2020 15:48:21

An internal US Navy review concluded that the service and its various industry partners are “under cyber siege” from Chinese hackers who are building Beijing’s military capabilities while eroding the US’s advantage, The Wall Street Journal reported March 12, 2019.

Chinese hackers have repeatedly hit the Navy, defense contractors, and even universities that partner with the service.

“We are under siege,” a senior Navy official told The Journal. “People think it’s much like a deadly virus — if we don’t do anything, we could die.”

Breaches have been “numerous,” according to the review. While China is identified as the primary threat, hackers from Russia and Iran have also been causing their share of trouble.

Sailors stand watch in the Fleet Operations Center at the headquarters of US Fleet Cyber Command/US 10th Fleet, Dec. 14, 2017.

(US Navy Photo by Mass Communication Specialist Samuel Souvannason)

Secretary of the Navy Richard Spencer launched the recently concluded review in October 2018, warning that “attacks on our networks are not new, but attempts to steal critical information are increasing in both severity and sophistication.”

“We must act decisively to fully understand both the nature of these attacks and how to prevent further loss of vital military information,” he added.

In one high-profile incident lin 2018, Chinese government hackers stole important data on US Navy undersea-warfare programs from an unidentified contractor. Among the stolen information were plans for a new supersonic anti-ship missile, The Washington Post reported in June 2018, citing US officials.

That and a second breach led Navy leadership to order the review.

The Journal described the findings of the internal Navy cybersecurity review as “dire,” adding that the report “depicts a branch of the armed forces under relentless cyberattack by foreign adversaries and struggling in its response to the scale and sophistication of the problem.”

The Navy and the Pentagon reportedly “have only a limited understanding of the actual totality of losses that are occurring,” meaning the situation could be even worse than the Navy fears.

Last week, The Journal reported that Chinese hackers have targeted more than two dozen universities in the US and elsewhere in an attempt to steal military secrets, particularly those related to maritime technology.

The Navy is not the only US military service branch in China’s crosshairs.

Adm. Philip Davidson, head of US Indo-Pacific Command, told the Senate Armed Services Committee in April 2018 that Beijing is snatching anything not nailed down — “stealing technology in just about every domain and trying to use it to their advantage,” Stars and Stripes reported.

A US defense official previously told The Journal that China was targeting America’s “weak underbelly,” saying that cybersecurity breaches are “an asymmetric way to engage the United States without ever having to fire a round.”

China has repeatedly denied engaging in cyberattacks against the US or other countries.

This article originally appeared on ビジネスインサイダー。 Follow @BusinessInsider on Twitter.

私たちが好きなより多くのリンク

強大な歴史

Higgins Boats

Higgins Industries designed and built two basic classes of military craft.

The first was landing craft, constructed of wood and steel and used to transport fully armed troops, light tanks, field artillery, and other mechanized equipment and supplies to shore. These boats helped make the amphibious landings of World War II possible.

Higgins also designed and manufactured supply vessels and specialized patrol craft, including high-speed PT boats, antisubmarine boats, and dispatch boats.

LCVP (Landing Craft, Vehicle, Personnel)
The LCVP was the most famous landing craft designed and produced by Higgins Industries. It could land soldiers, and even jeeps, on a beach. LCVPs were used in North Africa, Europe, and the Pacific during the war.

From the Eureka.
The LCVP (Landing Craft, Vehicle, Personnel), the best-known landing craft designed by Andrew Higgins, evolved from a boat he created before the war for use in the swamps and marshes of Louisiana. Trappers and oil companies needed a rugged, shallow-bottomed craft that could navigate these waters, run aground, and retract itself without damaging its hull. Higgins developed a boat that could perform all these tasks: a spoonbill-bowed craft he called the Eureka. Over time he modified and improved his craft and found markets for it in the United States and abroad.

。 to the LCP(L)
During the 1930s Higgins tried to interest the U.S. Navy in adapting his shallow-draft Eureka for use as an amphibious landing craft. The navy showed little interest, but Higgins persisted. After a long struggle, he finally secured a government contract to build modified Eurekas for military use. The new boat was called the LCP (Landing Craft, Personnel) and, later, the LCP(L) (Landing Craft, Personnel, Large). In its most advanced form the LCP(L) measured 36 feet in length. It could transport men from ships offshore directly onto a beach, then retract itself, turn, and head back to sea.

The LCVP (Landing Craft, Vehicle, Personnel) was developed because the U.S. Marines needed a boat capable of transporting vehicles to shore. Higgins adapted the LCP(L) to meet this requirement. He replaced the LCP(L)'s rounded bow with a retractable ramp. The new craft was tested for the first time on May 26, 1941, on Lake Pontchartrain. It carried a truck and 36 Higgins employees safely to shore. The LCVP became the military's standard vehicle and personnel landing craft. Thousands were in service during the war.

New Orleans" Home of the Higgins Boats
"If Higgins had not designed and built those LCVPs, we never could have landed over an open beach. The whole strategy of the war would have been different."
--General Dwight D. Eisenhower

The city of New Orleans made a unique and crucial contribution to America's war effort. This was the home of Higgins Industries, a small boat company owned by a flamboyant entrepreneur named Andrew Jackson Higgins. The story of Higgins' role in the war is little known today, but his contribution to the Allied victory was immeasurable.

World War II presented Allied war planners with a tactical dilemma--how to make large amphibious landings of armies against defended coasts. For America this was a particularly thorny problem, since its armed forces had to mount amphibious invasions at sites ranging from Pacific atolls to North Africa to the coast of France.

Higgins' contribution was to design and mass-produce boats that could ferry soldiers, jeeps, and even tanks from a ship at sea directly onto beaches. Such craft gave Allied planners greater flexibility. They no longer needed to attack heavily defended ports before landing an assault force. Higgins' boats were used in every major American amphibious operation of World War II. His achievements earned him many accolades. The greatest came from General Dwight D. Eisenhower, who called Higgins "the man who won the war for us."

From the Bayou to the Battlefront
Before World War II Andrew Higgins operated a small boatyard, building workboats designed to operate in the shallow waters of Louisiana's bayous. During the 1920s and 1930s America's military began exploring ways to make amphibious landings. Higgins became involved in this effort, adapting designs for shallow-draft boats he had developed for peacetime uses. His company created amphibious assault craft capable of shuttling men and equipment quickly and safely from ship to shore. When the war came, business boomed. Higgins built new factories with mass production lines and employed thousands of workers. He even opened a training school for boat operators.

New Orleans Naval Giant During World War II Higgins Industries grew from a small business operating a single boatyard into the largest private employer in Louisiana. The company turned out astounding numbers of boats and ships. In September 1943 the US Navy had 14,072 vessels. Of these, 8,865 had been designed and built by Higgins Industries.