ニュース

シェンクDD-159-歴史

シェンクDD-159-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

シェンク
(DD-159:dp。1,211、1。314'5 "、b。31'0"、dr。9'4 "s。
35 k。; cpl。 122、a。 4 4 "、1 3"、12 21 "tt。;cl。Wickes;

シェンク(DD-159)は、1918年3月26日にニュージャージー州カムデンのニューヨーク造船所によって起工され、1919年4月23日に発足し、メアリージャネットアール嬢が後援しました。そして1919年10月30日にComdrに就役した。 N.H.ゴスインコマンド。

シェンクは大西洋艦隊に所属し、シェイクダウン後、ニューヨークとチェサピーク湾の間で運航しました。 1920年7月から9月にかけて、彼女はメキシコの東海岸沖をパトロールし、1921年初頭、カリブ海での艦隊演習に参加しました。彼女の乗組員は、1921年11月7日にサウスカロライナ州チャールストンで許可された補数の50トンに減らされ、1922年6月9日にフィラデルフィアで退役しました。

シェンクは1930年5月1日に再就役し、夏の間はレジストを訓練しました。 1931年1月、彼女はカリブ海の艦隊問題XIIに参加し、翌年にはハワイ沖の艦隊問題XIIIにも参加しました。満州と中国の上海での日本の軍事行動に起因する極東の緊張の高まりにより、彼女は1932年6月まで偵察艦隊と共に太平洋に留まりました。シェンクは1933年2月に艦隊問題XIVのために再び太平洋に戻り、留まりました。 1934年4月に彼女がより多くの艦隊演習のためにカリブ海に再入国するまでそこにいた。その後、ノーフォークシェンクでのオーバーホールと交代予備軍の間に、1935年5月からヨーロッパでの戦争の勃発まで大西洋と湾岸に沿ったクルーズで海軍兵学校と海軍兵学校のミッドシップマンが訓練されました。

1939年9月9日、シェンクは東海岸沖で中立パトロール任務を開始し、オーバーホール後、さらなるパトロールのためにキーウェストに移動しました。 1940年の夏、彼女はアナポリスから2回の士官候補生クルーズを行いました。その後、1940年8月22日から12月8日まで、1941年1月15日から3月18日まで、1941年6月27日から7月14日まで、カリブ海でさらにパトロールを実施しました。

1941年9月15日、シェンクは重要な戦争資料をイギリスに運ぶ護送船団を護衛する任務のためにアルジェンシャニューファンドランドに到着しました。彼女は9月29日に最初の護送船団と共にアルゼンチンを離れ、米国が第二次世界大戦に突入したとき、駆逐艦は2隻の護送船団を護衛して、アイスランド沖のイギリス軍の護衛と合流し、船を護送してアルゼンチンに戻しました。彼女は1943年4月までアルゼンチンとアイスランドの間の護送船団ルートに留まり、荒天とドイツの潜水艦と戦った。 1942年2月19日から5月9日までと1942年8月18日から1943年3月23日までの2つの長い期間、彼女はアイスランドに拠点を置き、アイスランドの港に出入りする船団を護衛しました。彼女の船団は2回攻撃されました。 1942年8月15日と1943年2月6日から8日まで。天候も頻繁に被害を受け、古い船に軽微な構造的損傷を引き起こし、1943年3月13日、強風により彼女は錨を引きずり、SSエクスターミネーターと衝突しました。アイスランドの港。その後、シェンクは修理のためにボストンに送られました。

より南のルートに再割り当てされたシェンクは、1943年4月28日に護送船団の護衛任務を再開し、夏の間、東海岸の港、カリブ海、北アフリカの間で護送船団を護衛しました。彼女は1943年10月26日に護送船団と共にチェサピーク湾に戻り、オーバーホールと訓練の後、護衛空母カード(CVE-11)を中心に構築されたハンターキラーグループに加わりました。このグループは、1943年11月24日から1944年1月2日まで、アゾレス諸島近くの敵潜水艦に対してパトロールを実施しました。シェンクの戦争サービスの最高点は、グループがUボートの集中を見つけた1943年のクリスマスイブに来ました。夜のほとんどの間レーダーと音の接触をストーカーし、6回の攻撃を行った後、シェンクは水中爆発を聞き、U-645の終わりを示す油膜を見ました。ほぼ即座に、別の潜水艦がシェンクの戦隊メイトであるリアリー(DD-158)を沈めました。シェンクは彼女のASW作戦を継続し、後にタスクグループの司令官から彼女の役割を称賛されました。カードへの集中的なウルフパック攻撃の防止。爆雷が14発しか残っていないにもかかわらず、リアリーが沈没した後も攻撃的な行動を続けたことと、リアリーの生存者を巧みに救出したことに対して。

1944年2月と3月、シェンクは東海岸からカサブランカへの往復の護送船団をもう1回航海しました。そして、4月17日から6月10日まで、彼女は東海岸に沿って軍隊を運ぶ航海でアンタイオス(AG-67)を護衛しました。 7月10日から8月29日まで、彼女はバミューダで潜水艦の訓練サービスを提供し、ブルックリン海軍工廠に入り、そこで武装を剥奪されました。その後、彼女は航空機の魚雷標的船として、空軍大西洋艦隊の司令官の下で任務に割り当てられました。 1944年9月25日に再分類されたAG-82は、戦争が終わるまで、ロードアイランド州クオンセットポイント沖の学生パイロットにターゲットサービスを提供しました。このサービスには危険が伴います。船は、設定された深さで走ることができなかった運動魚雷によって2回穴をあけられ、1回は低空飛行の航空機に衝突しました。シェンクは1946年1月に不活化のためにボストン海軍工廠に到着した。 5月17日に廃止され、6月5日に海軍名簿から削除され、1946年11月25日にメリーランド州ボルチモアのボストンメタルズ社に廃棄のために売却されました。

シェンクは第二次世界大戦での奉仕で1つのバトルスターを獲得しました。


DD-159シェンク

シェンク(DD-159)は、1918年3月26日にニュージャージー州カムデンのニューヨーク造船所によって起工され、1919年4月23日に発足し、メアリージャネットアール嬢が後援し、1919年10月30日に就役しました。 N.H.ゴスインコマンド。

シェンクは大西洋艦隊に所属し、シェイクダウン後、ニューヨークとチェサピーク湾の間で運航しました。 1920年7月から9月にかけて、彼女はメキシコの東海岸沖をパトロールし、1921年初頭、カリブ海での艦隊演習に参加しました。彼女の乗組員は、1921年11月7日にサウスカロライナ州チャールストンで許可された補数の50%に減らされ、1922年6月9日にフィラデルフィアで退役しました。

シェンクは1930年5月1日に再就役し、夏の間は予備役を訓練しました。 1931年1月、彼女はカリブ海の艦隊問題XIIに参加し、翌年にはハワイ沖の艦隊問題XIIIにも参加しました。満州と中国の上海での日本の軍事行動に起因する極東の緊張の高まりにより、彼女は1932年6月まで偵察艦隊と共に太平洋に留まりました。シェンクは1933年2月に艦隊問題XIVのために再び太平洋に戻り、留まりました。 1934年4月に彼女がより多くの艦隊演習のためにカリブ海に再入国するまでそこにいた。その後、ノーフォークシェンクでのオーバーホールと交代予備軍の期間を挟んで、1935年5月からヨーロッパでの戦争の勃発まで、大西洋岸と湾岸に沿ったクルーズで海軍予備軍と海軍兵学校のミッドシップマンを訓練しました。

1939年9月9日、シェンクは東海岸沖で中立パトロール任務を開始し、オーバーホール後、さらなるパトロールのためにキーウェストに移動しました。 1940年の夏、彼女はアナポリスから2回の士官候補生クルーズを行いました。その後、1940年8月22日から12月8日まで、1941年1月15日から3月18日まで、1941年6月27日から7月14日まで、カリブ海でさらにパトロールを実施しました。

1941年9月15日、シェンクは重要な戦争物資をイギリスに運ぶ護送船団を護衛する任務のためにアルジェンシャニューファンドランドに到着しました。彼女は9月29日に最初の護送船団と共にアルゼンチンを離れ、米国が第二次世界大戦に突入したとき、駆逐艦は2隻の護送船団を護衛して、アイスランド沖のイギリス軍の護衛と合流し、船を護送してアルゼンチンに戻しました。彼女は1943年4月までアルゼンチンとアイスランドの間の護送船団ルートに留まり、荒天とドイツの潜水艦と戦った。 1942年2月19日から5月9日までと1942年8月18日から1943年3月23日までの2つの長い期間、彼女はアイスランドに拠点を置き、アイスランドの港に出入りする船団を護衛しました。彼女の船団は1942年8月15日と1943年2月6日から8日に2回攻撃されました。また、天候も頻繁に被害を受け、古い船に軽微な構造的損傷を引き起こし、1943年3月13日、強風により彼女は錨を下ろして衝突しました。アイスランドの港でSSエクスターミネーターと一緒に。その後、シェンクは修理のためにボストンに送られました。

より南のルートに再割り当てされたシェンクは、1943年4月28日に護送船団の護衛任務を再開し、夏の間、東海岸の港、カリブ海、北アフリカの間で護送船団を護衛しました。彼女は1943年10月26日に護送船団と共にチェサピーク湾に戻り、オーバーホールと訓練の後、護衛空母カード(CVE-11)を中心に構築されたハンターキラーグループに加わりました。このグループは、1943年11月24日から1944年1月2日まで、アゾレス諸島近くの敵潜水艦に対してパトロールを実施しました。シェンクの戦争サービスの最高点は、グループがUボートの集中を見つけた1943年のクリスマスイブに来ました。夜のほとんどの間レーダーと音の接触をストーカーし、6回の攻撃を行った後、シェンクは水中爆発を聞き、U-645の終わりを示す油膜を見ました。ほぼ即座に、別の潜水艦がシェンクの戦隊の仲間であるリアリー(DD-158)を沈めました。シェンクは彼女のASW作戦を継続し、後にタスクグループの司令官から彼女の役割を称賛されました。爆雷が14発しか残っていないにもかかわらず、リアリーが沈没した後も攻撃的な行動を続けたことと、リアリーの生存者を巧みに救出したことで、カードへの集中的なオオカミの群れ攻撃を防ぐことができました。


シェンク đượcđặtlườnvàongày26tháng3năm1918tạixưởngtàucủahãngNewYorkShipbuildingCorporationởニュージャージー州カムデン。 NOđượcHạトゥイVAOngày23タン4 NAM 1919đượcDJOđầuBOI COメアリージャネットアール、VAđượcđưaRA HOATđộngVAOngày30タン10 NAM 1919dướiquyềnCHIウイCUAハムチュオン、チュンTA HAI泉N. H.ゴス。

GiữahaicuộcthếchiếnSửađổi

シェンク đượcphânvềHạmđộiĐạiTâyDương、vàsaukhihoàntấtchạythửmáy、đãhoạtđộngtạik Từtháng7đếntháng9năm1920、nótuầntrangoàikhơibờbiểnphíaĐôngcủaMéxico、vàđầunăm1921đãthamgiacác Từngày7tháng11năm1921、biênchếthủythủđoàncủanóbịcắtgiảm50%tạiCharleston、South Carolina、vànóđượcchoxuấtbiê

シェンク đượcchonhậpbiênchếtrởlạivàongày1tháng5năm1930、vàtiếnhànhhuấnluyệnquânnhândựbịvàomùタン1 NAM 1931 NO GIAnhậpハムđộiTAIブンタウビエンカリブCHOcuộcタップTRAN VAN DJEハムđộiXII ROI trong NAM TIEPテオcũngTHAM GIAcuộcタップTRAN VAN DJEハムđộiXIIIngoàiコイハワイで歌いました。やるtìnhトラン倉タンGIA唐TAIヴィエンĐông行うCAC HOATđộng泉SU CUAニャットバンタイ男チャウVA国営百貨店HAI、チュンコック、NO TIEP TUC O・ライKHU VUCタイビンズオンcùngハムđộiトゥアンtiễu町đếnサング6 NAM 1932 。 シェンク MOT LAN NUA岸壁TRO LAI KHU VUCタイビンズオンVAOタン2 NAM 1933 CHOcuộcタップTRAN VAN DJEハムđộiXIV VA O LAIđâyCHOđếnタン4 NAM 1934川崎重工NO DJIđếnブンタウビエンカリブCHO CACcuộcthựcタップkhác。 SAU DJO、XenのKEgiữaCAC GIAIđoạnđạiTU VAルイVEtìnhトランDU BIルアンphiênTAIノーフォーク、NO THAM GIAフアンluyệnCHO泉nhânDU BIcũngNHU HOCビエンSI泉CUA HOC VIEN HAI泉ホアKY、thực飛燕CAC chuyếnđidọctheobờbiểnĐạiTâyDươngvàvịnhMexicotừtháng5năm1935chođếnkhichiếntranhnổratạiChâu

ThếChiếnIISửađổi

Từngày9tháng9năm1939、 シェンク thựchiệnnhiệmvụTuầntraTrunglậpngoàikhơivùngbờĐôngHoaKỳvàsaumộtđợtđạitu、nóđiđ TrongmùaHènăm1940、nóthựchiệnhaichuyếnđihuấnluyệnhọcviênsĩquantừアナポリス。 SAU DJO、NOティエンハンCACđợtHOATđộngTUAN TRA TAIブンタウビエンカリブTừngày22タン8đếnngày8タン12 NAM 1940Từngày15タン1đếnngày18タン3 NAM 1941、VATừngày27タン6đếnngày 14tháng7năm1941、xenkẻvớicáchoạtđộnghuấnluyệnvàsửachữatchữatronggiaiđoạnnày。

Vàongày15tháng9năm1941、 シェンク điđếnアルジェンシャ、ニューファンドランドlàmnhiệmvụhộtốngcácđoàntàuvậntảichởcácnguồntàinguyênsốngcònsangAnh NO ROI ArgentiacùngđoànタウヴァンTAIđầuティエンVAOngày29タン9、VA CHOđến川崎重工ホアKYchínhthứcTHAM GIAチェンtranhザgiới木海、chiếcタウKHUチュックDJA HOトンハイđoànタウDJIđếnMOTđiểm編giữađại dươngngoàikhơiIcelandđểgặpgỡcáctàuhộtốngcủaHảiquânHoànggiaAnh、rồihộtốngđoàntàungưụ NótiếptụchộtốngvậntảitrêntuyếngiữaArgentiavàIcelandchođếntháng4năm1943、chốngchọilạithờitiết TrongハイđợtケオDAI、Từngày19タン2đếnngày9タン5 NAM 1942 VATừngày18 NAM 1942đếnNAM 1943年3サング23ngày8タン、NOđặtができるCU TAIアイスランドDJE HOトンCACđoànタウRA VAO CAC倉アイスランド。 Trongハイディップ、CACđoànタウMàNO HOトンBI TANコング、VAOngày15タン8 NAM 1942 VATừngày6đếnngày8タン2 NAM 1943ThờitiếtkhắcnghiệtcũngゲイファンティエットHAI、国営百貨店LànhữngHU HAI NHE CHO cấutrúccontàucũvàvàongày13tháng3năm1943、mộtcơncuồngphongđãkhiếnnóbứtdâyneovàvachạmvớichiếcSS 害虫駆除業者 trongmộtcảngアイスランド。 シェンク đượcgửivềボストンđểsửachữa。

ĐượcđiềuvềcáctuyếnđườngphíaNam、 シェンク tiếpnốinhiệmvụhộtốngvậntảivàongày28tháng4năm1943、vàtrongmùaHèđãhộtốngcácđoàntàugiữ NO岸壁TRO LAIビンチェサピークcùngMOTđoànタウVAOngày26タン10 NAM 1943、VA SAU MOTđợtđạiTU VAフアンluyệnDJA THAM GIA MOTđộiTIMダイエットđượchìnhタンチョンquanhタウサンベイHOトング カード。 ĐộiティエンハンCACcuộcTUAN TRAチョンタウガムđốiプオンTAI KHU VUC PHUができる泉đảoアゾレスTừngày24タン11 NAM 1943đếnngày2タン1 NAM 1944ツァオđiểmtrong CAC HOATđộngCUA シェンク làtrongđêmGiángSinh1943、khiđộipháthiệnmộtlựclượngtậptrungtàungầmUボートđốiphương。 Lầntheodấuvếtradarvàsonarđốiphươngsuốtđêmvàthựchiệnsáuđợttấncông、nóthànhcôngtrongviệctiê U-645。 Hầunhưcùnglúcđó、tàuchịem リアリー trúngngưlôiđốiphương。 シェンク thànhcôngtrongviệcngănchặncuộctấncôngcủa "Bầysói"nhắmvào カード cũngnhưcứuvớtnhữngngườisốngsótcủa リアリー.

Trongtháng2vàtháng3năm1944、 シェンク thựcヒエンMOTchuyếnKHUホイkhácTừBOĐôngđếnカサブランカ、VATừngày17タン4đếnngày10タン6、NO HOトンCHOchiếctrongviệcヴァンchuyểnビンたLiNH DOCテオブンタウBOĐông。 Từngày10tháng7đếnngày29tháng8、nógiúpvàoviệchuấnluyệntàungầmtạiバミューダ、rồiđivàoXưởnghải Sauđó、nóđượcchuyểnthộcquyềnTưlệnhKhônglựcHạmđộiĐạiTâyDươngnhưmộttàu Đượcxếplạilớpvớikýhiệulườn AG-82 từngày25tháng9năm1944、nóphụcvụnhưmụctiêuchohọcviênphicôngngoàikhơiQuonsetPoint、RhodeIslandchođếnkhichiếntranhk῿ ĐâyKhongのファイLàMOTnhiệmVUtoàn、川崎重工詐欺タウハイLAN BI NGU LOIthựcタップđâmthủng行うチョンKhongのLAN OđúngDJOサウđượcCAIđặt、VA MOT LAN NO BIかもしれベイベイTHAP VA PHAI。

シェンク được町ngừngHOATđộngTAIXưởngHAI泉ボストンVAOngày17サング5 NAM 1946年十NOđược町マンネリコイdanhサックスĐăngBA HAI泉VAOngày5サング6 NAM 1946 VAlườnタウđượcBAN CHOハングボストン金属O社ボルチモア、 Marylandvàongày25tháng11năm1946đểtháodỡ。

シェンク đượctặngthưởngmộtNgôisaoChiếntrậndothànhtíchphụcvụtrongThếChiếnII。


サービス履歴[編集|ソースを編集]

南大西洋でのシェイクダウンの後、 ハーバート 1920年5月1日までカリブ海で訓練を受け、7月20日に大西洋艦隊駆逐艦隊と共にカリブ海に戻りました。 ハーバート 東海岸に沿ったヤマトシビの練習、対空訓練、および短距離戦闘の練習に参加しました。彼女は1922年6月27日にフィラデルフィアで退役した。

ハーバート 1930年5月1日に再就役し、ロードアイランド州ニューポートの偵察艦隊に加わった。次の4年間、彼女は東海岸と西海岸の両方の海域で活動し、毎年の艦隊問題と戦闘練習で重要な役割を果たしました。 1935年1月16日から1939年8月まで ハーバート 海軍予備役と士官候補生の練習船を務めた。戦争がヨーロッパを席巻したとき、彼女は1939年10月2日にアゾレス諸島を経由してポルトガルに航海し、1940年7月までそこに留まりました。

米国に戻ると、駆逐艦はオーバーホールを受け、10月10日は健全な学校訓練のためにニューロンドンに報告しました。 ハーバート &#39の訓練は、1941年のほとんどを戦闘練習、魚雷訓練、対潜水艦作業に費やしたため、ヨーロッパで着実に激化する戦争に対応しました。

第二次世界大戦[編集|ソースを編集]

アメリカの戦争への参入とともに、 ハーバート キーウェスト北からハリファックスとアイスランドまでのアメリカ沿岸に沿った護送船団の護衛として活動した。 Uボートがパトロールする沿岸およびカリブ海を航行する事実上無防備な商船を誘導します。 ハーバート 潜水艦の略奪に対して頻繁に爆雷攻撃を行った。 1943年4月から6月にかけて、シチリア侵攻の蓄積が激化する中、彼女はジブラルタルと北アフリカを訪れました。ハンターキラーパトロールが続いた。 2回目のパトロールの後、 ハーバート バミューダからカサブランカまで護送船団を護衛し、1943年11月22日にチャールストンに戻って高速輸送艦に改造した。

護送船団の護衛[編集|ソースを編集]

コンボイ エスコートグループ 日付 ノート
HX 165 1941年12月17〜24日&#911&#93 ニューファンドランドからアイスランドへ
オン51 1942年1月2-11日&#912&#93 アイスランドからニューファンドランドへ
HX 172 1942年1月28日〜2月4日&#911&#93 ニューファンドランドからアイスランドへ
オン65 1942年2月12〜19日&#912&#93 アイスランドからニューファンドランドへ

補助サービス[編集|ソースを編集]

ハーバートAPD-22 1944年3月23日、真珠湾を経由して太平洋に向けて航海し、水陸両用訓練のためにサンディエゴに到着し、ニューギニアのサデスト岬に向かいました。 5月27日ビアク島侵攻のための上陸部隊。 7月30日、サンサポール岬地域のワルサイに上陸した後、さらなるパトロールと護衛任務が行われ、9月15日が発見されました。 ハーバート モロタイ沖。軍隊は海軍の覆いの下に着陸し、フィリピンからすぐ近くにある飛行場を確保しました。これは、太平洋を横断する島巡り戦争の次の主要なステップです。レイテ湾への最初の着陸の2日前の10月17日、 ハーバート 湾への入り口を支配していたホモンホン島にレンジャーズを上陸させた。駆逐艦は、1944年の残りの期間中、ほぼ一定の日本の空襲の下でフィリピンに留まり、1945年1月にリンガエン湾に支援部隊を上陸させました。

フィリピンから、 ハーバート 硫黄島への護衛任務のために北に移動し、1945年3月18日にレイテ島に戻り、太平洋戦争の最大の水陸両用作戦である沖縄の侵攻に備えました。最初の着陸の前日である3月31日に沖縄に到着、 ハーバート パトロールと護衛の任務を引き受けた。 神風 彼女の周りの負傷した船を攻撃しますが ハーバート 手つかずのままでした。駆逐艦は、バックステージングエリアから沖縄まで護送船団を護衛する2隻の航海の後、家に帰り、6月19日にサンディエゴに到着しました。 ハーバート 1945年9月25日にサンディエゴで廃止され、1945年10月24日に海軍船籍簿から打撃を受け、1946年5月23日にメリーランド州ボルチモアのボストンメタルカンパニーにスクラップとして売却されました。&#913&#93


連合軍がアトランタを占領

南北戦争の結果はまだ疑わしいため、北軍はユリシーズS.グラントに希望を向けました。ユリシーズS.グラントは、1864年3月にすべての北軍の指揮を執り、ジョージワシントンが戦時中に最後に保持した階級である副将軍に昇進しました。この立場で、グラントは、&#x201Callの軍隊を一緒に使用して、複数の戦線で同時に南軍を攻撃する計画を思いついた。&#x201D&#xA0

彼はいわゆるオーバーランド方面作戦に参加しました。この作戦では、大規模な北軍が南軍のロバートE.リー将軍と南部の首都バージニア州リッチモンド周辺での血なまぐさい戦いに参加しました。しかし、わずか数週間で推定55,000人の死傷者(死亡、負傷、行方不明)を負った後、グラントは撤退を余儀なくされ、リッチモンドが物資を調達するために依存していた鉄道ハブであるバージニア州ピーターズバーグの包囲を開始しました。&#xA0

バージニア州のバミューダハンドレッド半島とシェナンドアバレーでは、小規模な連合軍はこれ以上うまくいきませんでしたが、アラバマ州モビールに対する計画された攻撃は、ルイジアナでの悲惨なレッドリバー方面作戦の後でさえも軌道に乗ることはありませんでした。負傷に侮辱を加えるために、7月の南軍の襲撃者はワシントンD.C.に入るのに髪の毛の幅の範囲内に入った。

ウィリアム・T・シャーマン(中央、大砲に腕を組んでいる)は、アトランタの包囲中にフィールドを調査します。

アトランタに対するキャンペーンだけが進展しているようでした。グラントの後継者であるウィリアム・T・シャーマン将軍の下で、西部の最高連合軍司令官として、約10万人の兵士が5月にテネシー州チャタヌーガを出発し、鉄道に沿って南に向かった。彼らの道には、南軍のジョセフ・E・ジョンストン将軍が率いる約63,000人の軍隊が立っていた。彼は一連の強力な防御陣地を取り、長いラウンドアバウトの北軍の行進に追いつかれた後、毎回撤退した。&#xA0

ジョンストンは、数値的に優れた敵と正面から交戦することを恐れて、彼らを攻撃に駆り立てようとしました。この戦略はかつて有効でした。彼の塹壕で保護された兵士は、6月27日にケネソー山を襲撃した約3,000人の北部人を削減しましたが、自分たちの兵士は1,000人未満しか失いませんでした。&#xA0

しかし、この挫折もほぼ毎日の小競り合いも、シャーマンが前進を続けることを妨げませんでした。多くの場合、1本の稲妻が15人の部下を殺したり負傷させたりする嵐など、大雨が降っていました。 7月の第2週までに、シャーマンの部隊はアトランタの郊外に到着しました。アトランタは、鉄道のハブと製造センターとして機能していた約20,000の都市でした。

ジョン・ベル・フッド中尉

絶え間ない撤退にうんざりしていた南軍のジェファーソン・デイビス大統領は、7月17日にジョンストンをチカマウガの戦いで右足が切断され、ゲティスバーグの戦いで左腕が永久に不自由になった攻撃的なジョン・B・フッド将軍と交代した。正直なところ、フッドは、主に奴隷労働によって建設されたアトランタを鳴らす大規模な防御フィールドワークに依存しないことを決定し、代わりに攻撃を続けました。&#xA0

彼の最初の攻撃は7月20日に行われ、シャーマンの指揮下にある3つの軍隊の1つをピーチツリー・クリークを越えて追い返そうとしました。しかし、北軍は曲がったものの、最終的にはその地位を維持し、少なくとも2,500人を負わせながら約1,700人の死傷者を出した。

思いがけないことに、フッドは2日後、アトランタの戦いとして知られるようになる第2のシャーマン軍を標的にしました。戦闘の前に、彼は何千人もの兵士を秘密裏に送り、北軍の左翼を一晩行進させた。予定より数時間遅れてポジションに到着したにもかかわらず、彼らは敵を驚かせました。&#xA0

しかし、北軍の司令官がその朝に部隊を再調整したため、遅延はコストがかかることが判明した。その結果、彼らは側面や後方から攻撃されるのではなく、特定の南軍の師団に正面から会うことができた。戦闘の過程で、南部の人々は一見あらゆる方向からの暴行の後に暴行を開始し、高位のジェイムズ・B・マクファーソン将軍を殺害し、一時的にユニオンラインを突破した。それでも、ヤンキースはマクファーソンの後任であるジョンA将軍の下で結集しました。&#x201Cブラックジャック&#x201Dローガン、そして暗闇が落ちたとき、反乱軍は彼らを追い払うことに近づきませんでした。&#xA0

繰り返しになりますが、南軍は北部の南軍よりも多くの死傷者を出しました。これは、すでに限られた人員を考慮すると、特に壊滅的な結果である3,700人に比べて6,000人と推定されています。

ジェイムズ・B・マクファーソン少将は、戦争中に殺された2番目に高いランクの北軍将校でした。

7月28日、フッドはさらに別の戦いを開始しました。これは9日間で3回目です。しかし、彼の軍隊はエズラ教会で再び敗北しました。これは、北軍側の632人とは対照的に、約3,000人の兵士を犠牲にした遭遇です。フッドがフィールドでシャーマンと効果的に対峙できなくなったことが明らかになったので、ヤンキースはアトランタへの砲撃を強化し、鉄道の供給ラインを切断するように操縦しました。&#xA0

ユニオンの4回目の勝利の真っ只中に最後の列が落ちた後、9月1日にフードが街を避難させ、敵の手に渡らないように長い軍需品の列車を爆破しました。 。ヤンキー軍が翌日注ぐ準備をしていたので、アトランタの市長は正式に降伏しました。 &#x201CAtlantaは私たちのものであり、かなり勝ちました&#x201Dシャーマンは電報で自慢しました。

ほんの数週間前、リンカーン大統領は彼の再選のチャンスを疑っていた。 &#x201CIは殴打されるだろう&#x2026そして何か大きな変化が起こらない限り、ひどく殴打される&#x201D彼はホワイトハウスの訪問者に言ったと言われている。それでも、アトランタの占領は、その後のシェナンドアバレーでの北軍の勝利とともに、国民の気分を完全に変えました。リンカーンは引き続き人気投票の55%を獲得し、11月には3州を除くすべての州で、軍隊から圧倒的な支持を受けました。&#xA0

その間、シャーマンの軍隊はまだアトランタにいて、市内の残りの民間人の1,600人以上を国外追放し、工場、倉庫、鉄道施設、および多数の個人の家を破壊しました。 &#x201C人々が私の野蛮さと残酷さに対して遠吠えを起こした場合、&#x201Dシャーマンは別の将軍に手紙を書きました、&#x201CIは戦争は戦争であり人気を求めるものではないと答えます。&#x201D

シャーマンは、チャタヌーガからアトランタまでの補給線を攻撃していたフッドを追いかけることに多くの時間を費やすのではなく、前進することに決めました。 11月15日、彼と約60,000人の男性が、いわゆる海への進軍に出発しました。そこでは、アトランタからサバンナまで、ジョージアの大衆を略奪し、その他の方法で恐怖に陥れ、線路を破壊しました。&#xA0


ディッカーソン 東海岸沿いとカリブ海で活動し、1921年に南米沖の連合艦隊作戦に参加し、バルパライソ、カヤオ、バルボアを訪れた後、ハンプトンローズに戻り、そこで大西洋艦隊がW.G.ハーディング大統領によってレビューされました。 1921年11月にニューヨーク海軍工廠に入る。 ディッカーソン 1922年6月25日にそこで廃止されました。

1930年5月1日に再稼働、 ディッカーソン 東海岸とカリブ海で作戦を再開し、空母との戦術演習、魚雷発射、艦隊との機動を行った。 1932年と1933年に再び&ndash34、彼女は西海岸での連合艦隊の操縦のためにパナマ運河を通過しました。後者の巡航から戻った後、彼女は1934年5月31日にニューヨークのブルックリンで行われた大統領艦隊レビューに参加し、8月にノーフォーク海軍造船所に入り、そこでオーバーホールのために回転予備戦隊19に配属されました。 1935年に彼女は訓練飛行隊に所属し、チャールストンとフロリダとカリブ海の間で活動する海軍予備役のメンバーのための練習船を務めました。

1938年に駆逐艦戦隊10、大西洋戦隊に配属され、 ディッカーソン の飛行機の警備員を務めた ヨークタウン (CV-5)ノーフォーク沖で活動し、1939年春にカリブ海での艦隊着陸演習に参加しました。彼女はその夏の終わりにノーフォークから出航し、ポルトガルのリスボンにある戦隊40-Tに参加しました。彼女はヨーロッパの海域で過ごした1年間、カサブランカからの難民の避難を支援するスペインの港を訪れ、国務省の特別任務を遂行しました。彼女は1940年7月25日にノーフォークに戻った。

ディッカーソン キーウェストの中立パトロールに配属され、1940年10月の第2潜水艦隊とのニューロンドンでの短期間の任務を除いて、1941年10月までカリブ海でパトロールを続けた。この間、彼女はSSの6人の生存者を捜索して回収した。 リビーメイン 9月中。アメリカが戦争に参加した後、彼女はニューファンドランドのアルジェンシャに送られ、そこでパトロールを続け、1隻の護送船団をアイスランドに護衛して帰国しました(1941年12月と1942年1月)。

1942年3月までに ディッカーソン 沿岸巡視と護衛任務のためにノーフォークに戻った。 3月19日、ノーフォークに戻ったとき、彼女は駆逐艦に発砲し、チャートハウスにひどい損傷を与えた正体不明の船を目撃しました。の4つ ディッカーソン&rsquosの乗組員は、彼女の指揮官であるJ. K.Reybold少佐を含めて殺害されました。攻撃している船は神経質な商人、SSとして識別されました リベレーター、 と ディッカーソン 修理のためにノーフォークに続きました。彼女は4月に任務に復帰し、ノーフォークとキーウェストの間の船団を8月までキーウェストとニューヨークの間で10月まで、ニューヨークとキューバの間で1943年1月まで護衛しました。

1943年前半 ディッカーソン カリブ海で操業し、タンカーの護送船団をジブラルタルとアルジェに護衛しました。彼女は参加しました カード (CVE-11)中部大西洋岸での攻撃作戦のための6月のカサブランカでのハンターキラーグループ。 7月17日から8月13日まで、彼女は北アイルランドのロンドンデリーに出航し、イギリス艦隊の部隊との演習を行い、サウスカロライナ州チャールストンに戻って高速輸送艦に乗り換えました。彼女は1943年8月21日にAPD-21に再分類されました。

ディッカーソン 1943年11月1日にノーフォークから太平洋に向けて出航した。彼女は護送船団をエスピリトゥサントからガダルカナルまで護衛し、その後、パトロールと地元の護衛任務でソロモン諸島に留まりました。 1944年1月30日、彼女はニュージーランド人の偵察グループをグリーン島に上陸させ、ボートが敵の飛行機に襲われた後、2月1日の真夜中過ぎに彼らを再乗船させました。 15日と20日、彼女は島を占領して占領するために島に軍隊を上陸させ、3月20日には、反対することなくエミラウ島に海兵隊を上陸させました。

1944年4月 ディッカーソン ミルンベイに到着し、ニューギニア地域での2か月間、セレオ島とアイタペへの着陸を支援しました。 After a brief repair period at Pearl Harbor, she arrived at Roi in the Marshalls to embark an underwater demolition team from Dent (APD-9) and carried them into action at Saipan and Guam. She remained in the Marianas as supply, control and fire support ship for her team until the end of July, then returned to the west coast for overhaul the following month.

ディッカーソン returned to action in November 1944 with her arrival at Aitape, New Guinea. After escort duty in New Guinea, she sailed 27 December for the invasion of Lingayen Gulf, Luzon, on 9 January 1945, again supporting the operations of an underwater demolition team. She reported to Ulithi at the end of January for repairs, then joined the screen of a logistics support force for the invasion of Iwo Jima 19 February. She returned to Leyte with 58 prisoners of war, then departed again 24 March with an LST-LSM convoy which was assigned to capture the island of Keise Shima, on which heavy artillery would be placed for the bombardment of Okinawa.

Her mission complete, ディッカーソン was with the transports southwest of Okinawa on the night of 2 April when the Japanese attacked in strength. One of the suicide-bent planes approached the destroyer in a long, low glide, and slashed off the tops of her two stacks before smashing into the base of her bridge, toppling her mast and starting intense gasoline fires. Almost simultaneously another plane scored a direct hit on the center of her forecastle. The explosion tore a hole in the deck almost the complete width of the ship. Despite immediate fire and damage control measures, ディッカーソン&rsquos crew was forced to abandon ship when the raging fires threatened her forward magazine. Fifty-four officers and men, including the commanding officer, were lost. Bunch (APD-79) and Herbert (APD-22) stood by to rescue survivors, and Bunch succeeded in putting out the fires which had virtually demolished ディッカーソン。 The smouldering hulk was towed to Kerama Retto, then was towed out to sea and sunk on 4 April 1945.


USS Schenck (DD-159)

USS Schenck - Wickes-class destroyer. Article "USS Schenck (DD-159)" in English Wikipedia has 49.3 points for quality (as of March 1, 2021). The article contains, among others metrics, 28 references and 9 sections.

In this language version of Wikipedia the article has the best quality. Also, this article is the most popular in that language version.

Since the creation of article "USS Schenck (DD-159)", its content was written by 39 authors in English Wikipedia and edited by 54 authors in all languages.

The article is cited 138 times in English Wikipedia and cited 364 times in all languages.

The highest Authors&rsquo Interest rank from 2002:

The highest popularity rank from 2008:

There are 4 language versions for this article in WikiRank database (of the considered 55 Wikipedia language editions).

The quality and popularity assessment was based on Wikipedia dumps from March 1, 2021 (including revision history and pageviews for previous years).

The table below shows the language versions of the article with the highest quality.


Mouth Thermometers

Larry Dale Gordon / The Image Bank / Getty Images

In 1612, the Italian inventor Santorio Santorio invented the mouth thermometer and perhaps the first crude clinical thermometer. However, it was both bulky, inaccurate, and took too long to get a reading.

The first doctors to routinely take the temperature of their patients were Hermann Boerhaave (1668–1738) Gerard L.B. Van Swieten (1700–1772), founder of the Viennese School of Medicine and Anton De Haen (1704–1776). These doctors found temperature correlated to the progress of an illness. However, few of their contemporaries agreed, and the thermometer was not widely used.


Schenck DD- 159 - History

Containing perhaps the best narrative account of ピアリー in World War II.

One of 25 consecutively-numberedクレムソン-class flush-deckers built at Philadelphia&rsquos William Cramp & Sons Ship & Engine Building Company, ピアリー was laid down 9 September 1919, the same day as sisters Stewart, DD 224, and 法王, DD 225. At her launch 6 April 1920, she was named for explorer RAdm. Robert E. Peary, who had passed away six weeks earlier, and christened by his daughter, Marie Peary Stafford.

ピアリー commissioned 22 October 1920 and in 1922 was sent to the Far East. Through 1931, she was assigned to the Yangtze Patrol Force thereafter until World War II, she participated in the Asiatic Fleet&rsquos annual deployments to Chinese waters as prewar flagship of Destroyer Division 59 (with 法王, Pillsbury, DD 227, and John D. Ford, DD 228), one of Destroyer Squadron 29&rsquos three divisions.


ESCAPE
On 8 December 1941, following a collision with Pillsbury weeks before, the two ships were nearing the end of a repair and general overhaul availability at Cavite Navy Yard when news came that war with Japan had been declared. Work was doubled and progress made but ピアリー still had her bow wide open and powerplant dismantled in &ldquocold iron&rdquo condition on the afternoon of the 10th when high-level bombers appeared.

ピアリー&rsquos casualties. Above: 10 and 28 December 1941 below: 19 February 1942.

Source: Bureau of Personnel casualty report, NARA .

Their attack set widespread fires and demolished the yard&rsquos power plant, cutting power and water pressure on fire mains. One bomb hit ピアリー&rsquos foremast, showering her with fragments and setting fires, killing eight and wounding many more including her commanding officer, LCdr. Harry H. Keith, who was hit in the knees. While undamaged Pillsbury backed clear from her berth across the pier, bucket brigades brought ピアリー&rsquos fires under control and her crew removed the wounded.

Within the hour, however, fires in the yard spread to the wooden docks and adjacent warehouses, putting ピアリー at risk from exploding acetylene cylinders, torpedo air flasks and warheads. Not a moment too soon, ホイップアーウィル (AM 35) returned

from patrol to haul her clear.と Pillsbury joining in, the &ldquoWhip&rdquo played hoses on her, moored her to a buoy in nearby Cañacao Bay and removed her remaining casualties to the local hospital, for which Whipporwill&rsquos CO, LCdr. Charles A. Ferriter, received a Navy Cross.

By the end of the day, ピアリー was operating under her own power. Over the next weeks, replacements were found for some of her crew and, under command of Lt. John M. Bermingham (who was awaiting orders home after completing a tour as Stewart&rsquos XO), repairs needed to make her seaworthy (if not battleworthy) were made.

On 17 December, as the Japanese secured footholds on Luzon and Mindanano and air raids became an almost-daily event, most seaworthy ships at Cavite were released to sail south to safety. ピアリーPillsbury requested permission to join them but instead were formed with PT boats into striking forces under the direction of RAdm. Francis W. Rockwell. Two torpedo mounts were landed from each destroyer and each made a round-trip run to Mindoro&mdashピアリー with three PTs on 23 December.


RETREAT
On Christmas Day, Adm. Hart learned that Gen. MacArthur had declared Manila an open city, making Cavite untenable. Refueling at Sangley Point there, Pillsburyピアリー watched facilities being blown up as rumor spread that the two destroyers were to be scuttled.

Off Corregidor, 26 December, they were again attacked by air&mdashピアリー by fifteen high-altitude bombers in two groups. Maneuvering to evade, she was not hit but near misses did minor damage. Then RAdm. Rockwell finally granted permission to put to sea by the &ldquobest route&rdquo to join Task Force 5, then concentrating at Surabaya, Java.その間 Pillsbury took departure via an &ldquooutside route&rdquo for Balikpapan, ピアリー followed in the evening via an &ldquoinside route&rdquo south.

At 1000 on the 27th, ピアリー made Campomanes Bay, Negros Island, where her crew camouflaged her with green paint and palm fronds, hoping to elude Japanese patrol bombers. Underway to nearby Asia Bay after five enemy planes passed overhead without sighting her, she remained unobserved by five more planes in the afternoon. When darkness fell, she shaped a course through Pilas Strait in the Sulu Archipelago to the Celebes Sea, mistaking an island for an enemy cruiser en route and intending to continue southwest toward Makassar Strait.

On the 28th, while Pillsbury made Balikpapan without incident, ピアリー was attacked twice more.

In the morning, a four-engine plane first thought to be an American PBY began shadowing ピアリー as a report was received of the presence of enemy ships to the southwest, so ピアリー proceeded southeast toward Menado (Manado), Celebes (Sulawesi) and the small Dutch-Australian base at Ambon. At 1420, an hour after she sighted land, three other Japanese planes appeared. In a two-hour attack, the quartet dropped 500-pound bombs each then two each dropped two torpedoes at a range of only 500 yards. With split-second timing, ピアリー backed her starboard engine and the first two torpedoes narrowly missed the bow seconds later, the other two torpedoes passed up her starboard side about ten yards off as a third bomber approached from astern. NS ピアリー put on speed to evade, its bomb fell 100 yards in her wake and she emerged with only strafing damage to her stacks.

Unknown to ピアリー, an Australian PBY from Ambon had also sighted her aircraft &ldquoescort&rdquo and, recognizing it as Japanese, misidentified her as Japanese also. Making landfall at Menado at 1645, it appeared the approach of darkness made it unnecessary to take shelter there. Instead, after inquiring by blinker whether Bangka Strait was mined but receiving no answer, ピアリー turned northeast into the passage inside Bunakeng (Bunaken) Island. There, off Kina (Kima) at 1800, three Australian Lockheed Hudson bombers appeared. Withholding fire, the crew cheered the sight of them until they commenced two bombing runs each. More accurate than the Japanese, their near misses killed one man by &ldquofriendly fire&rdquo (the phrase coined in ピアリー&rsquos deck log). Two more were wounded as shrapnel peppered the ship, perforating the hull shell plating in several places including the steering compartment and parting the wheel ropes. A fourth was blown overboard by ピアリー&rsquos own after 4-inch gun as the ship heeled in a sharp turn (he was rescued by a fishing boat and spent the war working coal mines in Japan).

Steering by hand, ピアリー resumed her course through Bangka Strait and then stood out to the south. By 2000, however, the starboard engine&rsquos thrust bearing was found to be overheating and an examination revealed that the bearing had been wiped. As fuel was known to be low and an acute shortage of boiler feed water was also discovered, it was hoped these could be found at Dutch-held Ternate, colonial capital of the Halmahera region. Accordingly, after examining charts for a suitably deep shoreline surrounded by high land where she could be concealed, ピアリー sent a dispatch and shaped a new course east across the Molucca Sea, making 22 knots on her port engine.

It was after midnight, with the navigator conning and the captain steering from the after deck house, when she entered the narrow channel between Ternate&rsquos island neighbor Tidore and tiny Maitara. At 0500 on the 29th, she tied up to palm trees on Maitara&rsquos northeast side facing Ternate. There, so effectively camouflaged that friendly PBYs did not at first see her, she found fuel and took on water and stores as her engineers worked on the thrust bearing.

Underway once more for Ambon at 1830 on the 30th, ピアリー&rsquos starboard thrust bearing again failed en route but at 1430 on the 31st she made Ambon Bay. Refueling overnight as the Australians apologized for attacking her, she took departure shortly after 1000 on New Year&rsquos Day 1942 under the escort of now-friendly aircraft. Without charts of Australia, she anchored in Clarence Strait off Darwin at 1600 on the 2nd then followed パロット through the minefields to Port Darwin and anchored there at 0840, 3 January, with her crew hoping that their next destination would be the West Coast.


LOSS
On 6 January, the day Lt. Bermingham was promoted lieutenant commander, the Japanese launched their first air attacks on Ambon on the 30th, they commenced landing operations on 3 February, the remaining Australian garrison surrendered.

Meanwhile, it became apparent many of ピアリー&rsquos crew had contracted what was later diagnosed as malignant malaria at Ternate. The disease having been eradicated elsewhere, the men had not been vaccinated against it. Twenty-eight crewembers were stricken of whom 8 eventually died.

ピアリー began operating from Darwin from 17 January on anti-submarine patrol, convoy and escort missions, including one to beleaguered Timor. On 15 February, she and ヒューストン (CA 30) stood out as escorts for another convoy to Timor. Sighted, the convoy was attacked the following morning by 36 land-based bombers and 10 seaplanes, followed by reports that a carrier task force was also operating in striking range. Returning to Darwin, the convoy arrived on the morning of 18 February.

Ordered to join Admiral Doorman&rsquos force (soon to be engaged in the Battle of the Java Sea), ヒューストンピアリー immediately refueled. As they stood out of Port Darwin that evening, ピアリー picked up a submarine contact. A long search ended without result but consumed vital fuel.その間 ヒューストン continued westward alone (to fight in the Battle of the Java Sea and be sunk in Sunda Strait 1 March), therefore, ピアリー was ordered back to Darwin again to top off. She stood in and anchored at 0100, 19 February.

Just before 1000 that morning, the first of 188 bombers from carriers 赤城, 加賀, 飛龍Soryu plus 54 land-based bombers from Ambon began attacking the port. In combination, they sank eight ships and demolished the port, ending its usefulness as an Allied base.

As the first wave came in, William B. Preston (AVD 4, ex-DD 344) got under way and survived nearby ピアリー, refueling from tanker British Motorist and unable to slip her anchor quickly, barely got underway and did not survive. Five bombs hit: the first exploded on the fantail, the second, an incendiary, on the galley deck house the third did not explode the fourth hit forward and set off the forward ammunition magazines the fifth, another incendiary, exploded in the after engine room.

Even as she was sinking, a .30 caliber machine gun on the after deck house and a .50 caliber machine gun on the galley deck house continued firing until the last enemy plane departed, the last unknown gunner &ldquofiring even while the water rose . 。 。 still at the gun controls&mdashloading, aiming and firing, unaided&mdashwhen the ピアリー went down stern first&rdquo at about 1300.

Eighty-nine officers and men including LCdr. Bermingham were killed in her sinking 57 survived, 20 of whom were wounded. ピアリー was struck from the Navy List 8 May 1942 and received one battle star for World War II service Captain Bermingham was posthumously awarded the Navy Cross.


EPILOGUE
2番目のUSS Robert E. Peary, Edsall-class DE 132, was laid down 30 June 1942, commissioned in 1943 and retired in 1966 a Knox-class frigate FF 1073, commissioned in 1972 and was transferred to Taiwan in 1995.

On 8 April 1944, USS John M. Bermingham, エヴァーツ-class DE 530, commissioned decommissioned 12 October 1945, she was scrapped in 1946.

Meanwhile, in the 1950s, diver Carl Atkinson salvaged one of ピアリー&rsquos four-inch guns. In 1992, it was emplaced in Darwin&rsquos Bicentennial Park as the Peary Gun Memorial where, in 2001, a memorial service was conducted and a plaque dedicated on the 50th anniversary of the ANZAC Treaty. Pointing toward ピアリー&rsquos final position, the gun is today an icon of enduring ties between Australia and the United States that date from the events surrounding her loss.

References: Deck logs, action reports and other records from the historical research of E. Andrew Wilde Naval Historical Center: Dictionary of American Naval Fighting Ships Roscoe Darwin City Council Environment and Infrastructure Committee minutes.


Schenck DD- 159 - History

Сканированное изображение
Эти товары созданы при помощи сканирования оригинального печатного издания. Старые издания доступны в основном в сканированном виде, поскольку их электронные версии никогда не существовали или не могли быть предоставлены издателем.

Загружаемые файлы PDF таких книг были обработаны распознающими тект программами (OCR), с целью превращения картинки в текст. Результаты распознавания размещаются в невидимом виде под картинкой каждой сканированной страницы, что позволяет вести поиск по тексту. Однако художественно оформленный или "рукописынй" текст, как правило, остаётся не распознанным такими программаи - и, как следствие, остаётся недоступен для поиска.

These PDF files are digitally watermarked to signify that you are the owner. A small message is added to the bottom of each page of the PDF containing your name and the order number of your purchase.

Warning: If any files bearing your information are found being distributed illegally, then your account will be suspended and legal action may be taken against you.


ビデオを見る: DD159 (かもしれません 2022).